大谷、故障

user-pic
0

最近すっかりプロ野球ファンになった私は、数か月前に、野球評論家の広岡氏の「日本野球よ、それは間違えている!」幻冬舎を読み、今までクールすぎる広岡はあまりファンではなかったが、そこに書いてある趣旨はいちいち納得した。

それは複数の章を含み、そのうちで一番納得したのは大谷翔平に関する記事である。その趣旨は要するに、大谷の二刀流は才能の無駄遣い、というものである。

ところが、大リーグ・エンゼルスでは大谷は、いきなり投打に亘って望外の活躍をし、アメリカでも注目を浴びた。日本人として当然に私はうれしいと思った。ただ、一点の疑念があったのは、上記広岡氏のステートメントがあったからである。

頑固な広岡氏は、いくら大谷が大リーグで活躍しても、「大谷の二刀流は才能の無駄遣い」という趣旨のことをウェブで発信し続け、それは単に黙殺され、あるいは広岡は大谷の才能を見誤っているみたいにコメントされた。

しかし、「広岡は大谷の才能を見誤っている」というのは全く正しくない。上記著書で広岡氏は、大谷を100年に一人の天才投手だと評価している。将棋界における藤井七段並みである。

そして広岡氏は、だからこそ、二刀流を封印して、投手に専念すべきと断言する。二刀流がなぜいけないのかというと、投手だけでもかなり激務なのに、その合間に指名打者で出場すると、体を休める暇がないし、打者として慣れない走塁で、怪我をする可能性が高まる。

そして現実問題、日本にいるときから大谷は実に故障が多く、戦線離脱の期間が長い。大リーグでもついに、故障した。以下、朝日新聞ディジタルから引用する。

大リーグ・エンゼルスの大谷翔平が右ひじの内側側副靱帯(ないそくそくふくじんたい)損傷で10日間の故障者リスト(DL)に入った。今後3週間は打者出場もせず、治療に専念する。指名打者でファン投票に候補入りしている7月17日のオールスター戦(ワシントン)出場も微妙になった。また、ヤンキースの田中将大も8日(日本時間9日)のメッツ戦で5回1安打1失点ながら、両太もも裏の張りを訴え、75球で緊急降板した。
大谷は7日、自身から採取した血小板を使って組織の修復や再生を図るPRP注射などの治療を受けた。3週間後に再検査をする。大谷は昨年10月にも、右ひじ内側側副靱帯に軽度の損傷が見つかったため、PRP注射を受けている。12月になり球団幹部は「予防的な措置」と話していたが、今回も同じ箇所を痛めていることから、復帰までに時間を要する可能性もある。

野球に怪我や故障はつきものとはいえ、シーズンが始まって二ケ月程度での故障というのは早すぎないか。

何度もいうが、広岡氏の指摘は卓見というよりもあまりにも当然である。プロの世界は二兎を追う者が成功できるほど甘くない。例えば、指将棋だけでなく、詰将棋回答や詰将棋創作でも卓越した才能をもつ藤井七段に対して、やはり詰将棋創作に才能をもち十七世名人の資格をもつ谷川九段は、詰将棋創作方面の努力をある程度封印するようにアドバイスした。藤井七段もその方針に従っているように思われる。

なので私は、大谷が、どこかで投手または打者のどちらか(おそらく前者)を択ぶことを決断することを期待するものである。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/4933

コメントする

月別 アーカイブ

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2018年6月12日 05:06に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「無常の月」です。

次のブログ記事は「巡査長真行寺弘道」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。