巡査長真行寺弘道

user-pic
0

最近警察小説を読むと、島崎佑貴の「爪痕」の小々森巡査部長のように、捜査能力はあるのにキャラが癖が強すぎて、万年ヒラみたいな警官が主人公のものがあったりする。

本の折り込み出版案内でみた、榎本憲男の「巡査長真行寺弘道」中公文庫もそうかな、と思って注文し、着いたら早速読み始めた。

主人公の真行寺は、警視庁の警察官になったばかりの頃の強烈な体験から、一種の正義感で、昇進を諦めた。すなわち、昇進試験は受けないし、残業もほとんどせず、マイペースで単独行動し、趣味のオーディオに生きがいを見出している。そんな真行寺だが、独特の勘の鋭さが卓越しており、その点の信頼感で、なんとか警視庁の捜査一課に在籍を許されている。

あるとき真行寺は、女性上司でキャリアの水野玲子課長から、老人介護施設へ捜査に行くことを命じられた。その事件とは、その老人介護施設が介護ロボットを導入していて、いつも優しい言葉を入居者に話しかけるのに、急に暴言を吐くようになり、それがショックで亡くなった老人が出たというもので、誰かがなにかの意図でロボットの会話を操作した疑いがある、というものだった。

真行寺は、その原因を突き止めることに困って、秋葉原に真空管を買いに出かけた。自宅の自慢のオーディオの真空管が切れてしまったからである。ところが真行寺は、真空管を売っている店で不思議な若い男に出会った。黒木という男で、やはりオーディオ・マニアらしく、意気投合して、高尾にある黒木の住まいに招待された。真行寺の住まいは八王子にあるので好都合である。

黒木の住まいで話していると、真行寺は、黒木が相当なレベルのハッカーであるということを知った。それで、老人介護施設の暴言ロボットのことを質問してみると、黒木は有意義なアドバイスをくれた。そのアドバイスで真行寺は事件を解決できたが、それはまだ序の口で、より本格的な事件が起きた。それは、元警察官僚で国会議員の尾関一郎が新宿の一流ホテルの部屋で不審死したというものだった。

真行寺は、勘でこれは事件だと想定し、水野課長に新宿署に帳場を立てるように依頼した。そして現場検証により、猛毒の成分を含むコンドームがみつかった。もしかしてこれで毒殺されたのかもしれない。

捜査してみると、尾関に呼ばれたデリヘルの女が、途中で誰かにそのコンドームを渡されたことが分かった。そこから真行寺の執拗な聞き込みが始まった。すなわち、デリヘルの店長、尾関の秘書、尾関の妻などである。

真行寺は、いろいろな情報を集めたが、どうもいまいちはっきりしない。そこで、最早昵懇になった黒木に相談してみた。すると黒木は、卓越したハッキング技術により、様々なサイトに潜入し、真行寺に多くの有用な情報を提供してくれた。

そうして真行寺に次第に分かってきたことは、尾関が、政敵との軋轢の末に殺されたのではないか、ということである。

そこで真行寺の勘がまた働いた。それは、尾関は何か自由への戦いを仕掛けていたのではないか、ということである。そこで真行寺は黒木に依頼して、さらなるハッキングを行ってもらうとともに、真行寺と黒木は、自由に関する哲学的議論を重ねたりした。

そこからさらに、尾関が護ろうとした自由の中身も次第に見えてきたのだが、ちょっとクラン的に大風呂敷を広げた面もなくはない。でも、榎本憲男の新しい工夫であるとはいえる。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/4934

コメントする

月別 アーカイブ

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2018年6月13日 05:01に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「大谷、故障」です。

次のブログ記事は「ディジタルオーディオプレーヤー」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。