ディジタルオーディオプレーヤー

user-pic
0

mp3プレーヤーに書いたように、私は一昨年の12月に、mp3プレーヤーを買って、今までそんなに不満なく使ってきた。

でも、たまたま他の買い物でヨドバシカメラに行ったとき、mp3プレーヤーの別の機種をみてみようとパソコン売り場に行ってみたら、いくら探してもない。確かにそれはパソコン売り場にあったはずである。そこで店員に聞いてみたら、それは一つ上のオーディオ売り場だという。へぇ、そっちへ移動したんだと思った。

行ってみると、ディジタルオーディオプレーヤーのコーナーには、ソニーのウォークマンだのアップルの製品だのひしめいているが、私が目指すローエンドの製品がみつからない。で、よく探したら、目指す製品があった。一昨年の12月に買ったmp3プレーヤーと同じメーカーのグリーンハウスのものである。改めてその機種を示すと、GH-KANADB8 L001/1624である。

最初は、今のmp3プレーヤーでもそれなりに使えているので、見るだけにしようと思ったのだが、GH-KANART8-BK L534/1752という製品が、値段が3500円程度で、矩形の薄型の筐体で、内臓メモリは8GBであるものの、microSD/microSDHCで32GBまで外部メモリとして拡張できるというので、これを買うことにした。microSDHCは32GBだと7000円以上もするので、3500円程度のサンディスクの16GBを買った。

そこで私が早速行ったことは、GH-KANADB8に入っているのと同じファイルをGH-KANART8-BKにコピーすることである。そのファイルは私が使っているLenovoパソコンのHDDに格納されているので、コピーツールであるBUNBACKUPでGH-KANART8-BKにコピーした。

コピーをしてもそれで終わりではなく、GH-KANART8-BKのディスプレイになにやら調整中のメッセージが出る。音楽ファイルをインデックスしているらしい。そしてインデックスが終わると、ディスプレイにメニューが出るが、そこには以下がリストされている。

  • 再生中
    ここでは、直近まで聞いていた曲が続けて聴ける。
  • すべての曲
    ここでは、すべての曲がリストされるが、順序など不明で、あまり曲を聴くのにふさわしくない。
  • アーティスト
    ここでは、アーティスト毎に曲がリストされるが、取り込んだ音楽ファイルにきちんとアーティストが付いていないとリストされないので、限定的な使い方である。
  • アルバム
    ここでは、アルバム毎に曲がリストされるが、取り込んだ音楽ファイルにきちんとアルバム名が付いていないとリストされないので、限定的な使い方である。
  • ジャンル
    これは、Rock、Classicなどのジャンル分けがされるのが、どういう基準でジャンル分けされているか不明で、あまり意味がない。
  • プレイリスト
    プレイリストは5つあり、その各々に気に入った曲をいくつでもリストできる。この機能は重宝する。
  • メモリー選択再生
    これは、フォルダを開いていって、直接聴く方法である。GH-KANADB8と同じインターフェースである。
  • 録音ファイル再生

GH-KANART8-BKは、音楽ファイルだけでなく、写真、動画も再生できる。基本的に音楽ファイルは内臓メモリのMUSICフォルダに、写真はPICTUREフォルダに、動画はVIDEOフォルダにコピーする。ただ、私は音楽ファイル以外使用する予定はない。

さて、microSDHCの外部メモリであるが、そこにファイルをコピーしてもインデクシングの対象外であることが分かった。なので、外部メモリにコピーしたファイルは、メモリー選択再生で聴くことになるのだが、それでも、気に入った曲はプレイリストに入れればよいので、特に困らない。

あと、GH-KANART8-BKは、GH-KANADB8と違って充電方式である。3時間で充電完了、12時間保つというので、そんなに悪くない。

結局、GH-KANART8-BKの表示メニューのインターフェースがいいので、GH-KANADB8には二軍に落ちてもらうことにした。

こんなインターフェースなんて、iPodとか使っている人には時代遅れなのだろうが、極めてナイーブなディジタル田舎者には、この程度でもうれしいのだった。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/4935

コメントする

月別 アーカイブ

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2018年6月14日 05:08に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「巡査長真行寺弘道」です。

次のブログ記事は「交流戦の続き」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。