歴史の最近のブログ記事

私の小学生レベルの忍者知識では、伊賀と甲賀はライバルなのだが、産経新聞の記事によると、伊賀と甲賀の連携を示す文献が存在するらしい。以下、記事から引用させて戴く。

伊賀市は、「忍者の里」の伊賀衆と甲賀衆が織田信長に侵攻される直前に密接な関係にあったことを示す戦国時代の文書を、6月中旬にも初公開する。専門家は「民衆の高い自治能力を示すとともに"リアル忍者"に迫る貴重な史料。実物を見る価値は大いにある」と話す。
文書は、9通からなる「伊賀国上柘植村(いがのくに・かみつげむら)并(ならびに)近江国(おうみのくに)和田五反田村山論(わたごたんだむらさんろん)関係文書」の中の「甲賀郡奉行惣・伊賀奉行惣連署起請文(きしょうもん)」。天正元(1573)年に地侍集団の「伊賀惣国一揆(そうこくいっき)」と「甲賀郡中惣(ちゅうそう)」が、燃料や飼料となる柴や草を採取する境界域の入会地(いりあいち)の利用に関する取り決めが記されている。

要するに、織田信長に対抗するために伊賀と甲賀が一致団結し、軍事だけでなく日常生活レベルで連携したらしい。

だが、

しかし、起請文が作成された翌年の1574年に甲賀郡中惣は信長に攻略され、1581年の第2次天正伊賀の乱で伊賀惣国一揆は信長の徹底的な焦土作戦で壊滅した。

ううん、残念。しかし、のちに伊賀は、本能寺の変でも述べたように、徳川家康に協力して、徳川幕府でも御庭番の重要な役割を担った。

なお、以前は見向きもしなかったこのような記事に興味を持ったのは、最近まだ少ししか読んでいない、磯田道史、「日本史の内幕」中公新書で、古文書ベースの歴史理解の重要性を知ったからである。

ということで、いろいろ本を眺めて興味を広げておくのは悪くないと思う。

私は日本史の知識がナイーブで、おそらくちょっと物知りの小学生にも負けるだろう。例えば、日本史ではないが、ほとんど国民の常識の一部になっている三国志のストーリーにも私はおそろしく無知で、最近、狩野直禎著、「三国志」の知恵、講談社現代新書を眺めている次第である。

そんな私なので、本郷和人著「日本史のツボ」文春新書を書籍広告で見かけたとき、この本は私の知識の飢えを満たしてくれそうな気がして、散歩がてら立ち寄った近所の文教堂で買って、早速読み始めた。するとまさに私の期待に応えてくれる本だった。

「日本史のツボ」の特徴は、日本史を、「天皇」、「宗教」、「土地」、「軍事」、「地域」、「女性」、「経済」の七つの章に分ける。これをみて私は、おおっ、と叫んだ。というのは、特許サーチャーとして技術動向調査を依頼されたとき私は、依頼者に相談して、複数の検索軸を決める。一旦検索軸が決まると、個々の特許がその検索軸に該当するかどうかの1ビットのフラグを立てる。

なので私は、本郷氏が、日本史を説明するために選んだ七つの「検索軸」をなるほど、と思った。尤も、日本史初心者の私はこの検索軸が妥当かどうか判断する能力をもたない。単に、「少し遅れて」歩くだけである。

「天皇」では、天皇がまず、有力豪族の王として現れたことが示される。要するに最初は、天皇のいえども一介の有力豪族であったにすぎず、その有力豪族を天皇へと押し上げたものは、唐や朝鮮などからの外圧であった。すなわち一致団結して、外圧に当たるということである。

そのような段階では、天皇といえども武張っており、壬申の乱などの激しい権力闘争も繰り広げられた。また、遣唐使が送られ、律令など大陸の制度が導入された。ところが安史の乱などにより唐の力が衰退すると、遣唐使が廃止され、天皇家を巡る緊張も弛緩してきた。律令による土地の国有化は功を奏さず、私有地たる荘園が増えてきた。すると荘園を警護する者としての武士が台頭してきた。

天皇家はというと、和歌や文学などの国風文化に傾倒していった。古事記や日本書紀が編纂され、その一方で平氏や源氏が力をつけ、後白河上皇などが権力を奪回しようと試みたが、すべて退けられた。

源平の戦いに勝利した源頼朝による鎌倉幕府の成立により、完全に武士は朝廷から独立した。

その鎌倉幕府も、その後の金銭経済の流れにより崩壊し、南北朝の動乱が起きると、これを制した足利尊氏は、金銭経済を背景に、鎌倉でなく京都を本拠地として室町幕府をつくった。

その後、朝廷の権力はいよいよ衰退し、官位を認定する権門体制だけが朝廷に残った。

室町幕府から徳川幕府になると、いよいよ朝廷の権威は形骸化したが、徳川幕府が奨励した儒学の思想そのものに天皇回帰の部分があり、それが水戸学など、幕末の尊王攘夷につながった。明治維新により、天皇家が権力の座に就いた。

「宗教」では、日本特有として多神教と、世襲という二つの特徴がある。そのことは、神道だけでなく、仏教が取り入りられても同じだった。世襲ということは、安定且つまったり、ということである。仏教は大陸文化導入の一環で肝要であった。しかし、仏教は日本式に改変され、巧妙に世襲が仏教に組み込まれた。そして、奈良仏教も平安仏教も次第に形骸化していった。

そこで現れたのが鎌倉仏教、具体的には法然である。法然は仏教を易行化することで、武士にも仏教を広めた。法然の弟子の親鸞の浄土真宗は、さらに先鋭化して一向宗として、戦国武将をも恐れた。それはまるで、阿弥陀如来の一神教のようだった。なので、織田信長は、一向宗を徹底的に弾圧した。

さて、朝廷にあって、一般的に神官よりも僧侶の方が地位が上だったが、徳川幕府になって儒教の方が仏教よりも優勢になった。そして、明治維新になって廃仏毀釈で仏教は一気に勢力を弱めた。

「土地」では、古代は律令に基づく土地管理制度があったといわれているが、それはあくまでも建前で、公地公民も非現実だった。そこで現実的には私有地の荘園が増えていった。特に寄進地系荘園では、守ってもらう代わりに年貢を納めるという制度があった。しかし、年貢を納めたくないので、武装して自力救済をする者が増えた。これが武士の起こりである。

武士が源頼朝に期待したことは、新恩の給与と本領の安堵である。また、源頼朝は、所務沙汰、すなわち土地関係の判定の体系として御成敗式目を定めた。しかしその後、土地ベースよりもむしろ金銭経済に移行し、なので後の室町幕府は、鎌倉でなく金銭経経済の中心、京都に置かれた。それでも、室町幕府は職の体系としての天皇を必要としたが、戦国大名は、一層天皇に依存しない体制を築いた。

「軍事」は、日本史において極めて重要な概念で、戦略、戦術、兵站に留意する必要がある。さらに、勝つためには、経済力 + 情報力 + 大義名分が必要である。兵站については豊臣秀吉が巧みで、徳川家康もそれを学んだ。

「地域」に関しては、中世の頃は博多から瀬戸内海をへて京都までが日本であった。東は夷狄であった。なので関所は関東にしかなかった。また、武士は田舎ベースで自力救済のタイプと、皇族の警護のタイプがあった。

「女性」に関しては、古代は女性天皇がおり、他にも北条政子や、室町幕府の日野富子などがいて、妻の実家の家格が重要だったが、戦国時代を経て、世間が安定してくると、女性が出張る余地が少なくなってきた。

「経済」では、平安後期、地方から吸い上げられた富を蕩尽する存在としての上皇が言及される。その時期、時流に乗ったのが平清盛だった。清盛は太宰府を掌握して莫大な財産を稼いだが、源頼朝は商業よりも農業を重んじ、倹約を説いた。しかしそれでは金銭経済に対応できない。それで後の足利尊氏は京都に拠点を移した。

しかし、応仁の乱で経済の中心としての京都が疲弊すると、経済の拠点は地方に広がった。甲斐の武田信玄や、九州の大友宗麟などである。しかし、彼らはあくまでも地方経営だったが、織田信長は、全国規模の経済流通を構想した。信長の継承者である豊臣秀吉はさらにその経済政策を推し進めた。ところが徳川幕府になって、金銭経済から米本位の経済となった。

以上、粗くまとめてみたが、どれだけ身についているかまったく自信がない。まあ、ぼちぼち勉強するとする。

新聞広告で、鴻上尚史「不死身の特攻兵」講談社現代新書を見つけて、おっこれは買いだ、と即決した。なぜなら、私の戦史の興味の中でも特攻兵のとこは興味の主要トピックの一つだからである。それで例によってオムニセブンで注文を試みたが、品切れで在庫待ちだった。任意のセブンイレブンで気軽に受け取れるというスキームを私は気に入っているのだが、ベストセラーに対する品薄感はあって、まあ仕方ない。そこで、アマゾンをみたら在庫があったので、即注文した。そして、届いたらすぐに読み始めた。

以下、私なりにざっくり要約し、場合により感想を挟んでみる。まず、戦時中、福岡に振武寮という施設があった。そこは、特攻に行って、飛行機の故障や怖気づく、その他の理由で生還した特攻兵を収容する施設であり、主要な目的は、帰還した特攻兵を原隊に残しておくと周囲に悪影響を及ぼすので隔離するということであり、そこでは特攻兵は日々、お前らは人間のクズだと怒鳴られ、また特攻にチャレンジするよう強制される。

さて、「不死身の特攻兵」の主人公は、佐々木友次氏。1923年6月23日に北海道の当別村生まれ。鴻上氏はテレビ番組の企画として特攻隊のことを考えていたらたまたま、特攻に何度も行ってその都度帰還し、現在もご存命の佐々木氏に手を尽くしてインタビューすることができ、その結果がこの本に盛り込まれている。鴻上氏がなんとか佐々木氏に会えたのは2015年10月22日。老齢で病気がちで、入院されていた。そこから鴻上氏は複数回に亘ってインタビューすることができたが、佐々木氏は2016年2月9日に病没されたので、このインタビューはまさに、千載一遇のチャンスだったわけである。

佐々木氏の経歴に戻ると、佐々木氏は七男五女の兄弟の六男。子供の頃から飛行機が好きでたまらず、毎日上空の飛行機を眺めていた。14歳で小学校を卒業すると、逓信省航空局仙台地方航空機乗員養成所に入所した。逓の管轄といいつつ実質は陸軍の予備役を養成する場所で、陸軍と同じ鉄拳でのしごきもあった。ここで50時間くらい飛行機に乗ると、茨木の鉾田陸軍飛行学校に配属された。そこで九九双軽に乗り、急降下爆撃などの訓練を受けた。佐々木氏は天性の飛行機乗りで、周囲はその技量に目を瞠った。

養成所卒は予備役なので、陸軍少年飛行兵よりも格下なのだが、操縦の技量は、養成所卒の方が上のとこが多かった。指導方法が系統的で訓練時間が多いからである。

1944年10月20日、鉾田飛行場に角が生えた九九双軽がやってきた。角は前方から延びており、先端に雷管がある。要するに、角の先端が触れると爆発するという特攻用の改造らしい。

しかも、陸軍航空隊の中でもぴか一の腕の持ち主である、鉾田飛行団の岩本大尉がそれに乗って南方に行くよう命令された。それを聞いて岩本大尉だけでなく、鉾田飛行団の研究部の福島大尉も激怒した。なにしろ、岩本大尉のような最精鋭を特攻の一番乗りにさせることで、誰も逆らえないという雰囲気をつくりだすという意図がみえみえだった。しかも、そんな小手先では、米軍の空母にほとんど被害は与えられないことが自明であった。

しかし命令とあらば仕方がない。岩本大尉は、結婚して間もない妻に別れを告げた。こうして、フィリピンを拠点として、岩本大尉を隊長とする部隊が第四航空軍下に結成された。佐々木氏もその隊の所属となった。これが陸軍初の特攻隊である万朶隊である。

与えられた飛行機は、角が生えた九九双軽で、機関銃や旋回銃もとりはずされて、爆弾を装備して突っ込むしかなくなっている。

ともかく特殊装備の九九双軽で万朶隊はフィリピンのリパ飛行場に向かって飛んだ。途中、佐々木氏は、台湾とフィリピンの間のバシー海峡をみて感激した。子供の頃からバシー海峡を飛行機で横切るのが夢だった。

ある日、岩本大尉は、万朶隊の隊員を集めて重要なメッセージを伝えた。それは、与えられた特攻用九九双軽では、爆弾を投下できないようになっていたので、投下できるようにした。それは軍の命令に違反することだが、そもそも操縦者も飛行機も足りないところで、特攻を仕掛けてその両方を失っては、徒に消耗が増えるだけだ。命を無駄にしてはいけない、というものだった。そんな岩本大尉のメッセージに岩本氏は感激した。

出撃命令があるまで、万朶隊は急降下だけでなく着陸訓練もした。明らかに特攻以外の行動も意識している。

そんな万朶隊の将校五人がある日、マニラに呼ばれて九九双軽で飛び立った。それからしばらくして、リパ飛行場は激しい空襲を受け、死傷者が出た。その後、マニラの第四航空軍司令部から、岩本大尉らは出発したかと連絡があった。着いているはずの時間だった。しかし実は岩本大尉らはグラマンの攻撃を受け、戦死していた。

万朶隊の将校を失った佐々木氏ら残った隊員は、悲嘆に暮れるとともに、どうすればいいのかわからず茫然とした。ともかく残った万朶隊のメンバーは、第四航空軍の指揮を受けるためにルソン島のカローカン飛行場に移動した。

1944年11月12日午前3時、アメリカ軍艦隊発見の報により、佐々木氏らに特攻の出撃命令が下った。

佐々木氏は、レイテ湾で軍艦を見つけて降下したが、見失ってしまい、代わりに揚陸船に向けて800キロ爆弾を落とした。身軽になった佐々木氏は、当初の予定により、ミンダナオ島のカガヤン飛行場に不時着した。

結局、万朶隊の成果は、この日佐々木氏が爆弾を落とした揚陸船の被害だけだった。なのに大本営発表では、戦艦と輸送船を撃沈したことになっていた。それだけではない、佐々木氏は戦死していたことになっていた。

佐々木氏がカガヤン飛行場からカローカン飛行場に戻ってみると、第四航空師団の参謀長、猿渡大佐から、大本営発表では、戦艦と輸送船を撃沈したことになっているので、今度は本当に戦艦を沈めてもらいたい、本当に死んでもらいたい、と言い渡された。

そして11月15日午前5時に二回目の出撃となった。ところが雲が多くてコンデションが悪く、僚機を見失い、基地に戻ってきた。近藤伍長機は墜落し、石渡軍曹機は行方不明になった。

第三回の出撃は、11月25日の正午近くだった。ところが出撃しようとしたら、グラマン編隊の猛爆撃に遭い、慌てて飛行機から離れた。一緒に飛び立つはずの奥原伍長は空襲で死んだ。

第四回の出撃は、11月28日の午前10時。佐々木氏の単騎出撃で、佐々木氏を死なせるだけの目的のように思えた。ところが、天候が悪いからと直掩機が引き返したので、佐々木氏も帰還した。どうも直掩機の隊長が佐々木氏に同情したらしい。

第五回の出撃は、12月4日だった。出発して3時間たって、レイテ湾に着いたとき、向こうから敵機が来襲してくるのが見えたので、直掩機から離脱して爆弾も切り離して逃げた。カローカンにすぐに戻るのも怖くして、いったんネグロス島のバコロド飛行場に着陸した。

第六回の出撃は、12月5日だった。極度の疲労状態なので休ませてくれと申し出たが聞き入れられず、鉄心隊を直掩機として出撃した。大型船が見えたので攻撃態勢に入ったら、高射砲で撃たれた。ともかく大型船に爆弾を落としたら、被害を与えたようだった。帰還したら極度の疲労のためか耳が聞こえなくなったのでカガヤン飛行場に着陸し、静養した。

出撃ではなく、カガヤンからカローカンに戻るために離陸したら、雨が激しくなり、何もみえず仕方なく田んぼに不時着した。激しい衝撃で意識を失った。住民に救助されて、近隣にいた日本軍にカローカンまで連れていってもらった。参謀長の怒りはさらに増していた。

第七回目の出撃は、12月14日だった。このときは飛行機の整備不良で飛べなかった。

第八回目の出撃は、12月15日夜だった。懲罰的に一機だけの出撃で、直掩機もなしだった。直掩機もなしでどうしようもないではないかと馬鹿馬鹿しくなくって帰還した。

第九回目の出撃は、12月18日だった。飛行中にエンジントラブルになり、帰還した。戻るとひどい熱で苦しかった。マラリアだった。12月20日も出撃命令が来たが、高熱のため免除された。

そうしていると、12月25日にレイテ戦の負けが確定した。カローカンに米軍が上陸してくるというので、飛行隊のトラックに便乗して逃げた。

1945年3月には特攻隊の生き残りで集成飛行隊が組織され、佐々木氏もそれに加わったが、なにしろ飛行機は一機もなかった。

佐々木氏らがエチャーゲという場所にいると、米軍が侵攻してきたので必死で山の中に逃げ込んだ。そこで虫やミミズなど食べてなんとか生き延びた。ひどい下痢と空腹の日々だったが、なんとか8月15日を迎え、やっと戦争が終わった。

それから佐々木氏は知ったのだが、参謀長から佐々木氏を殺すための狙撃隊も組織されていたのだった。いろいろな意味で、よく生き延びられたものだと思う。

それにしてもなぜ佐々木氏が生き残れたかと考えてみると、以下のような理由が考えられる。

  1. 爆弾を取り外せるようにしたり、無駄死にはいけないという岩本大尉の配慮と指導があった。
  2. どんな状況になっても、危険を察知して逃げることができるように不時着する飛行場を確認しておくという慎重な性格だった。
  3. 危険な状況でも冷静に飛行機を操縦できる抜群の技量があった。
  4. よいタイミングで終戦になった。最後に出撃すべきときに最早飛行機はなかった。
  5. 結局、生き延びる運があった。運は、それを持ち出すとすべて説明できてしまうので安易に持ち出すべきではないが、しかしそうとしか説明しようがない状況もある。

これを機会に、特攻兵のことをさらにいろいろ勉強してみることにする。

古書店で、奈良本辰也編、「おもしろ日本史副読本」徳間文庫という本をみつけた。少し前までの自分なら、こういう本はスルーしたと思うのだが、井伊直虎以来、今更日本史に興味をもった私は、とりあえず買ってみた。そして、ざっと読んでみると、話題が広い時代に亘っていて、なかなか面白い。そこで特に気に入った話題をピックアップして簡単に要約してみる。

平治の乱で敗れた源義朝と源頼朝は、馬で落ちていくところを捕らえられた。当然に殺される運命だったところ、頼朝は、平清盛の継母、池禅尼の命乞いによって助命され、伊豆への流刑で済んだ。清盛は結構詰が甘くて、義朝の妾、常盤の色香に迷い、のちに義経も逃がしている。

コメント:平清盛は血も涙もない独裁者でないのは人間味があってよい。しかし、結局、頼朝と義経は平家を滅ぼすのだが。

豊臣秀吉は、「茶の湯、鷹野の鷹、女くるひに過ぎ候こと、秀吉まねこれあるまじき事。」と養子の秀次に訓戒を与えたが、秀次がそれに従わなかったので、切腹を命じられた。

コメント:秀吉は、己をよく知っていたのか。それとも、上記の遊蕩を恣にする特権は自分だけだと言いたかったのか。

大友宗麟がキリシタンになったのは、その妻が嫉妬に狂って宗麟を呪い殺すように山伏に祈祷させたので、その対抗上だった。

コメント:嫉妬に狂った妻に対応するには、キリスト教の帰依しかなかったのか。

西田幾多郎は、額に脂汗が浮かぶほど熱中して頭が疲れてからでないと、本を開かなかった。

コメント:流石というか、道理で西田幾多郎の著作は独創的で難解なのだった。

鳥羽伏見の戦いで大阪城を接収した新政府軍は、庶民に、自由に城内を見物してよいと伝えた。すると、庶民がどっと押し寄せ、見物はおろか、城内の金目のものを分捕りあった。ところが二日目に城内で地雷が爆発し、かなりの犠牲者が出た。新政府軍の狙いは、城内を瀬踏みさせることだった。

コメント:庶民の欲に付け込んだ瀬踏みは、人道的にはどうだか。

秀吉の小田原城攻めのとき、伊達政宗は遅れて、秀吉の不興を買った。その理由は、表向きは日和見していたことになっているが、本当の理由は、出陣の前日、実母に毒殺されかけたからだった。実母は、政宗でなく次男の小次郎にあとを継がせたかった。

コメント:家庭はいつの時代も沼であり、ジャングルなのだ。

明治維新後、一人一姓を名乗ることになり、西郷吉之助の場合、秘書がうろ覚えで「隆盛」と伝えたが、本当は「隆永」だったという。弟の従道は、「隆長」を、じゅうどうと聞き間違えたのだという。

コメント:ううん、名前なんて、プログラムの変数名のようなものなので、どうでもいいのか。

斎藤修一郎は、ハーバード大学に留学していて、セオドア・ルーズベルトと親友だった。卒業を目の前にした斎藤は、仕送りが途絶えたので仕方なく、忠臣蔵を英訳して、ルーズベルトの世話で、「忠義のローニン」として出版できた。

コメント:持つべきものは、大統領になるような友人である、ということになる。

江戸後期、儒学者や国学者の間で廃仏論が沸き上がったが、特に目の敵にされたのは浄土真宗で、その理由は、浄土真宗の阿弥陀如来への信仰が、耶蘇教の唯一神信仰と似ているという理由だった。

コメント:日蓮宗だってそうだと思うのだが、やはり浄土真宗が一番力があったのか。

雨森芳洲は、81歳で和歌を学ぼうと思い立ち、古今和歌集を千回読んで、それから三年かけて一万首を詠んだ。そして88歳で亡くなった。

コメント:これは三浦雄一郎に匹敵する偉業かも。

秀吉の朝鮮出兵をやめさせるために、和平交渉使として沈惟敬がやってきた。沈惟敬は、長旅の疲れを癒すためといって、秀吉の目の前で丸薬を服用した。体力の低下を自覚している秀吉は、その丸薬を、乞うた。すると沈惟敬は、自らも毒見しつつ、秀吉に分けた。ところがその丸薬には遅効性の毒が仕込んであって、しばらくして秀吉は重い病の床についた。沈惟敬は、直ちに解毒剤を飲んだので無事だった。

コメント:秀吉は明らかに軽率だが、このころは耄碌していたのだろう。

本能寺の変があったあと、その知らせを聞いた黒田如水は秀吉に、「殿のご運の開かれるときがまいりましたな。かまえて上手になさいませ。」と申し述べた。これは才気に走った余計な一言で、これで如水は完全に秀吉の信頼を失った。

コメント:手が見えすぎるがゆえの黒田如水の指しすぎであった。

と書いてみると、なかなかのエピソードだと改めておもう。それで、これの続編がないかアマゾンで調べたが、見つからなかった。残念。

おっと、歴史的にはどうか知らないが私個人にとって重要なトピックを書き漏らすところだった。それは、神璽を盗られっぱなしの京都側が、吉野にスパイを入り込ませ、1458年、一の宮、二の宮を殺して玉を奪って逃げたという事件である。スパイたちは、赤松家の遺臣で、赤松家再興の約束を天皇からもらっていた。赤松家は、嘉吉の乱で滅びたままになっていたのだった。

コメント:私の先祖は赤松満祐に書いたような事情で、赤松家の家臣だった可能性も少しだけあって、それでこのエピソードを読んで、涙ぐみながら感激したのだった。

源頼朝

user-pic
0

私は、日本史の知識があまりにも乏しいことを自覚していて、それで今更のように日本史関係の本を拾い読みしている。松本清張の「徳川家康」角川文庫を読んだのもその一環である。

その松本清張の「徳川家康」の最後の方に、家康は、源頼朝を尊敬しており、その治績を記した「吾妻鏡」をいつも読んでいた、とあったので、源頼朝に関する本を読もうと思っていたところたまたま、古書店で三田誠広「夢将軍 頼朝」PHP歴史文庫をみつけたので、とりあえず買っておいた。

その本は例によって数か月放置されていたが、最近になってなんとなく読んで、源頼朝の生涯の波乱万丈性は徳川家康のそれに劣らないと感じた次第である。そこで、「夢将軍 頼朝」を読んだ感想というか、要約のようなものを簡単に書いてみる。

さて、京都にあって鳥羽法皇には六人の息子がいた。それは長男から順に、一の宮から六の宮と呼ばれた。一の宮が崇徳天皇になり、しかしそのあとなぜか、腹違いの六の宮が近衛天皇となった。そのように序列を無視したのは、六の宮の母が、鳥羽法皇の寵愛を一身に集めて皇后になった美福門院得子だったからである。ネポティズムの最たるものだが、当時の皇室ではそのようなことは日常茶飯事である。

それで割りをくった四の宮は、無聊を慰めるため、今様と管弦に没頭した。管弦が行われる館には、由良御前と呼ばれる女官がいた。大変美しく、しかも管弦の名手だった。その由良御前には息子がいて、四の宮は、その息子を鬼武者と呼んで、なにかと目を掛けた。

四の宮は、鬼武者が将来源氏の棟梁になるべき者だと称して、遠藤盛遠なる若者の武士を鬼武者の教育係として呼び寄せた。なぜ鬼武者が将来源氏の棟梁になるべきなのかというと、どうも由良御前の夫が、東国武士のレジェンドである源義朝であるがゆえらしい。すなわち、鬼武者が将来の源頼朝である。ただ、由良御前の夫が源義朝だからといって、人の出入りの多い宮にあって、鬼武者の本当の父親が誰なのかはわからない。

ところが、武士の子にもかかわらず、鬼武者は、盛遠がいくら教えても剣や馬術はさっぱりだった。しかし、気合というか覇気は十分であった。

一方、鬼武者は、明法博士の下で律令を学んだ。そこに、中原親能と、大江広元と、三善康信という学友がいた。この中で広元の学才は群を抜いていた。学友たちはのちに、鎌倉幕府の礎を築く上で重要な役割を果たした。

さて、意外な人物が四の宮の関連であらわれる。西行である。西行は、発心に書いたように武術の達人であったが、友人の突然の死で発心し出家した、ということになっているのだが、この本では恋愛関係のもつれで出家したことになっている。ともかく、西行は全国行脚し、隠密のようなことをして源頼朝に情報提供する役割を担うことになる。

そんなとき、近衛天皇が崩御するという事件が起きた。それでパワーバランスの間隙で、意外にも四の宮が帝に選ばれた。実質的権力者、信西入道の提案である。こうして四の宮は、後白河天皇となった。後白河天皇の即位で、追い詰められた崇徳上皇らは配下の武士を結集して反撃のチャンスを窺った。

一方、信西入道が支配する天皇の側には、源義朝らがついている。無気味なのは実力者である平清盛らの集団が静観していることである。

そして突然、鳥羽法皇が斃れた。これでパワーバランスが崩れ、突然戦乱が起きた。いわゆる保元の乱である。

これは激しい戦いになったが、結果的に鳥羽法皇側が敗れ、崇徳上皇は讃岐に配流された。そして、源為義と平家弘が一族もろとも斬首された。保元の乱を以て武士の時代になったとされる。

保元の乱が終わって、鬼武者が元服した。鬼武者は源義頼の三男ながら、その血筋の高貴さにより、源氏の将来の棟梁とみなされた。

ところがついに平清盛らが挙兵した。平治の乱である。結果、源義頼らが戦死し、後白河天皇らは避難した。

頼朝は、平宗清に捕縛されるかたちで、平清盛との面会を仲介してくれる平頼盛に会った。頼朝は死を覚悟していた。敗戦の場合、一族郎党が討ち殺されるのが通例で、ましてや頼朝は源氏の棟梁である。生かしておいたら、源氏の一族が頼朝を担いで、兵力を集めて挙兵するかもしれぬ。

しかし、頼盛の一族が清盛に助命を乞うたので、なんとか死罪は免れ、伊豆への流刑となった。伊豆では安達盛長という者が待っていた。安達盛長は、頼朝の生涯を通じて頼朝の第一の側近を務めることになる。

頼朝の居所に、伊東祐親という者と、北条時政という者がそれぞれ別に監視役としてやってきた。監視といっても緩いもので、伊東祐親の娘の八重姫と情を通じることができ、息子までもうけた。

ところが、そのことを知った伊東祐親は、監督不行き届けを平家に咎められるのを恐れて、八重姫とその子を殺してしまった。そのことを祐親の弟の祐清が頼朝に知らせて、危機が迫っているといった。それを聞いて頼朝は、安達盛長を伴って必死で逃げ、祐清のアドバイスで北条の館に身を寄せた。そこで、頼朝は、後に妻となる政子にあった。しかし、政子ほど男勝りのやり手という言葉がふさわしい女性もおらず、頼朝は、大変な恐妻家になってしまう。

頼朝が北条の館に身を寄せていることを知ると、東国の武士たちが訪問してきた。平家と対立する者たちである。しかし、東国の武士たちの真意は分からず、また、東国の武士たちも見込みのない挙兵はしない。

そこで頼朝は、味方を増やすための説得の旅に出た。この動きを平家が手を拱いてみているはずもなく、平家が挙兵してきた。兵力に欠ける頼朝側の軍勢は、石橋山の合戦で惨敗し、頼朝も必死の思いで箱根の山を越えて逃げた。

しかし、捲土重来で一層の兵を集めていると、平清盛が病死した。それで動揺したか平家の態勢は崩れ、義経の活躍もあったりして、ついに平家を壇之浦で滅亡させた。

そこから頼朝は、大江広元などの文官を活用して、鎌倉幕府を築き上げた。妻の政子の手腕も大きかった。しかし、頼朝の晩年は、政子に牛耳られるとともに、二人の息子を相継いで亡くすなど、不遇であった。

ユージン・B・スレッジ「ペリリュー・沖縄戦記」伊藤真/曽田和子訳、講談社学術文庫を読んで、ある意味米軍を最も苦しめた沖縄戦の作戦を誰が立案したのだろうと調べてみたら、どうも、高級参謀だった八原博通大佐という人らしい。そこで、アマゾンで調べて、稲垣武著、「沖縄 悲運の作戦 異端の参謀 八原博通」新潮社を買った。そして例によってしばらく積読だったが、仕事が一段落したときにこの本を読み始めた。

八原博通氏は、1902年10月2日生まれで、鳥取県米子市の近郊の皆生村の出身である。多分私の父方の祖母と同じくらいの年齢のようである。

八原氏は8歳のとき、母を赤痢で亡くした。そのことは八原氏の性格に影を落とし、性格を陰気にした。しかし、学業は極めて優秀だった。父の宇三郎は、裕福でない資金をやりくりして、八原氏を米子中学に進学させた。そこでも主席卒業するくらい優秀だった。

もともとは八原氏の実家は資産家だった。しかし、父の宇三郎は、妻が病死したことの気休めに散々遊びまわり、資産の大部分を蕩尽してしまった。この父の悪癖は後にも出る。

さて、八原氏は、実家に経済的負担をかけたくないということと、父の再婚相手の義母と折り合いが悪いことから、陸軍士官学校に進学することにした。すると、授業料や生活費は官費でまかなわれる。

その頃は、大正デモクラシーというか、反戦ムードがみなぎる風潮で、陸軍そのものが軽視されていた。そんなところに入ったとびっきりの秀才の八原氏は、陸軍の関係者にとても大事にされた。

じっさい八原氏は、剣道や馬術などの術科を除き、学科はすべて抜群の成績だった。おとなしく謙虚な性格なので、特に反感は買われなかった。ただ、そうはいっても、陸軍士官学校はどうしても、幼年学校から上がってきた学生がメインストリームで、中学卒はどうしても傍流である。そういえば、硫黄島の戦いを指揮した栗林中将も、中学卒組だった。

陸軍士官学校を優秀な成績で卒業すると、八原氏は、当時最年少の24歳で陸軍大学校に進学した。戦術と語学が得意で、ここでも抜群の成績で恩賜の軍刀で卒業した。

陸大を卒業した四年目に八原氏は、米国に留学した。1932年のことである。米国では、現地の人たちとパーティをするなどして、努めて日常的に付き合い、英語を研鑽するとともに、米国人の国民性を学んだ。すると、独特の民度の高さがそこにあることが分かった。そして、もし将来戦うなら、とてもポテンシャルの高い強敵になると感じた。

米国から帰国すると、八原は、陸軍省人事局補任課に配属された。そうしていると、2.26事件が起きて、陸軍は騒然となった。反乱軍にシンパもいた八原は、反乱軍に誘われたが、熟考して見送った。

それから八原は、陸大教官に転出し、戦術を教えるとともに、自らも戦術を研究した。当時の陸大では、永田鉄山のバーデンバーデンの密約の仲間である、小畑敏四郎流の兵学が主流だったが、八原は、小畑とは逆の、不敗の態勢を整えてから勝利を考える方針の岡部直三郎を戦術の師と仰いだ。

八原は、無類の読書好きで、普段は温厚なのに、いざとなると梃子でも自説を曲げない頑固さがあった。その特質は、沖縄戦でいかんなく発揮される。

八原は1940年頃、タイ、マレーに民間人として潜入する使命を帯びた。来る戦争の準備である。そこでは現地のタイ政府や軍隊の人たちといろいろ軋轢はあったが、結果的に、タイと日本の間の平和進駐協定成立に貢献した。

しかし現地で赤痢とデング熱に侵され、しばらく闘病した。それが快方に向かうと東京に戻った。

自らの作戦家としての優秀さに自負がある八原は中佐から大佐への昇進が遅れたことに大いに不満をもった。また、対ソ連教育一辺倒の陸大の教育方針を批判した。そんなことで、八原は陸大首脳部から疎んじられていった。

そして八原は、南西諸島守備軍の参謀を任命された。沖縄の空港に降り立ったとき、八原は文字どおり島流しに遭った気分だった。

そんな八原のやる気をさらに殺いだのは、沖縄本島を中心になるべく多くの飛行場を作れという、大本営からの指示だった。要するに大本営の意図は、南西諸島を、米国太平洋艦隊を航空機で爆撃するための基地とするということだが、それは島を乗っ取った米軍に飛行場を利用されるという意味でもあるのだから、馬鹿馬鹿しいというのが現地の人たちの意見だった。

そもそもレーダーなどのインフラの欠如でどうしようもないと八原は嘆いた。そしてともかく、南西諸島に分散させるのではなく、沖縄本島にリソースを集結すべき、というのが八原の意見だった。

ともかく、沖縄に牛島中将が着任し、長勇参謀長、その部下の八原高級参謀という体制ができあがった。

そうしているうちに、硫黄島で栗林中将以下が玉砕するという戦闘があった。玉砕直前に送られた栗林の打電の内容に、八原も感じるものがあった。

しかし、牛島中将率いる第三十二軍に、大本営から難題が突き付けられた。それは、第三十二軍から一個師団を抽出して、フィリピンに充当によ、という命令であった。長勇参謀長も八原も反対したがどうしようもなかった。こうして第三十二軍は、不足するリソースで米軍と戦わなくてはならなくなった。

ともかく来る米軍との戦闘に備えて、八原は複数の戦術案を作成するように命じられた。結局、検討の結果、八原は軍の主力を機動自由な地帯に秘匿掩護でき、長期に亘って敵を攻めることができる持久戦案を選択し、それは長勇参謀長と牛島中将にあっさり承認された。

一方で八原は、沖縄島民の疎開に腐心した。このままでは米軍が上陸してきて民間人が多く犠牲になることが目に見えていたからである。しかし、輸送船が米軍潜水艦に撃沈されることが相次ぎ、それを怖れた島民は疎開を渋った。

さて、八原は、熟考ののち、採りうる唯一の方策は、強固な築城であり、洞窟戦法であると想到し、それは長参謀長にも受け入れられた。そして長参謀長は、削岩機の必要性を大本営に訴えたが、受け入れられなかった。

そこで、サンゴ礁をベトンにした。洞窟を多数築いていったが、常に物資不足、武器不足がついてまわった。それでも、強力な砲台が随所に備え付けられていった。八原らは、本土決戦を遅らせるための持久戦で、捨て石になる覚悟を固めた。

そしてついに、ユージン・B・スレッジ「ペリリュー・沖縄戦記」にもあるように、1945年4月1日に米軍が沖縄本島に上陸してきた。当然に激しい攻撃を予期してした米軍は、無血上陸に当惑した。それもスレッジの本にもあったとおりである。

しかし、大本営は、この作戦の意味を全く理解せず、第三十二軍に非難を浴びせてきた。その責任は、立案した八原に押し付けられ、八原は完全に辛い孤立となった。

長参謀長は、大本営の命令に従い、一斉攻撃を仕掛けることを主張したが、八原はそんなことをしても負けを早めるだけだと、それこそ命をかけて反対した。しかし周囲の誰一人、八原の意見を受け入れない。そこにある意味天祐があった。敵艦来襲の知らせである。これで一斉攻撃は中止され、八原は安堵した。

一方、米軍は当初は、洞窟からの攻撃に手を焼き、大きな被害を出していたが、使い始めた火炎放射器が洞窟制圧に威力を発揮して、米軍はじりっじりっと盛り返してきた。

5月4日、ついに玉砕攻撃が決せられた。八原は今度も反対したが、命令が下ったとあってはどうしようもなかった。結局それは大失敗に終わり、牛島司令官は、八原にすべての策戦を委ねた。

そして八原はついに後退作戦を実行した。ところが後退作戦は沖縄南部を主戦場にしてしまい、民間人の犠牲者を増やすという痛ましいことになった。八原はこのことを生涯悔やみ、沖縄の人に会わせる顔がないと、戦後二度と沖縄の地を踏まなかった。

しかし戦局の悪化いかんともしがたく、ついに牛島司令官と長参謀長が自決することになった。そして長参謀長は、部下の参謀たちにこの地で自決せず、なんとか逃げて本土に到達し、この様を本土の友軍に報告するよう命令した。

そこで八原は懸命に逃げたが、米軍に見つかり、英語で交渉してなんとか無事捕虜になった。ほどなくして戦争が終わると、復員して地元の米子で細々と行商をして暮らした。決して楽な暮らしではなかったが、自衛隊からの誘いも断った。

八原が一時捕虜になって帰還したことが分かると、軍人仲間から、八原は懦夫だ、軍人の面汚しだと罵られ、それがいたたまれなくなり、「沖縄決戦」という本を書いた。これは沖縄決戦 - 高級参謀の手記 (中公文庫プレミアム)という本で出版されている。いずれこれも読むことにする。

本能寺の変

user-pic
0

本能寺の変は、日本史の、いわゆる一つの事件であったが、その通説は、エグスプロージョンの本能寺の変でも踊られているように、明智光秀が、長い間上司の織田信長から屈辱的な扱いをうけてきて、信長が本能寺で手薄な警備の状態になったときに、その屈辱の念をぶつけて、討ったということらしいのだが、一方で明智光秀は、単に復讐の念に駆られてそうしてしまった、というだけでなく、信長に代わって天下をとるという野望があったらしい。

すると、どうやって信長を討つかということ以上に、討った後のことが重要になってくる。喩えていうと、ある会社で、幹部社員が社長の方針が絶対に受け入れられないで、自分がなんとか代わりに社長に就きたいという野望をもったとき、いきなり社長を殴ったりするのは最悪の策で、寧ろ、怒りをぐっと抑えて、社内、あるいは場合によっては社外にも味方を増やして根回しすることが肝要になってくる。そのあたりがどうなっているのかと思いつつ、ずっと前に、高柳光寿著、人物叢書「明智光秀」吉川弘文館を買っておいたのに、私の悪い癖で、この本は長い間積読のままである。

一方で、NHK大河ドラマに触発されて井伊直虎に関する本を読み、それとの関連で松本清張の「徳川家康」角川文庫を読んで徳川家康という記事を書いたところ、山椒魚さんからのコメントで、家康の伊賀越えに関して、文芸社文庫、明智憲三郎著「本能寺の変 431年目の真実」を紹介されたので、興味をもってその本を買い、即読み始めた。

そこで私なりに、この本の内容を粗く要約してみる。まず、明智光秀は、足利将軍の兵部大輔、細川藤孝の中間(足軽以下の低い身分)だった。しかし、光秀は極めて優秀なので、足利義輝が暗殺された後、足利義昭が旗揚げしたとき、家臣として抜擢され、奉公衆として一気に昇進した。あれっ、暗殺された足利将軍といえば、嘉吉の乱もあったが、そこで殺されたのは、足利義教であり、別の将軍だった。嘉吉の乱では義教は、一色、土岐の二大豪族を改易したことで強い恨みを買った。じつは明智光秀は、その土岐の一族である。

さて、織田信長が上洛し、足利幕府との連立政権を樹立し、その後足利義昭と袂を分かったとき、信長は光秀の優秀さに目をつけ、ヘッドハントした。信長は新興のベンチャー企業のように冷徹なまでに実力主義である。

こうして光秀は抜擢されて、信長の腹心の一人になり、重要な作戦行動にも同行した。ところが、光秀にとって困ったことがあった。それは、四国の長宗我部を討つように、との信長からの指示があったことで、光秀にとって長宗我部は土岐の同族で、討つことなどとんでもないのであった。

さらに困ったことは、信長の唐攻めの方針である。信長は、天下統一後、功績のあった大名に与える領地が不足することに気づいており、それなら中国を攻めて領土を奪い、そこに部下の大名を封じればよいと考えた。天才信長らしからぬ杜撰な計画だが、それほどに部下の論功行賞は大きな課題なのだろう。そして、そうなった暁には光秀は確実に中国に移封され、最早土岐氏一族を護ることは叶わない。これは絶対に容認できない。

そこで光秀は、密かに徳川家康にコンタクトし、安土城で秘密の会議をもった。信長を討ったあと是非とも家康の協力が必要だとおもった。

一方、長年の同盟で信長は、徳川家康の実力を知り、このまま徳川を放置しては、天下統一の妨げになるので、早晩制圧すべきであるとかんがえた。そこで立てた計画が、本能寺に茶会と称して家康とその家臣たちを呼び寄せ、一網打尽にすることである。その殺戮計画のために本能寺には光秀とその部下が密かに配置された。しかし、天才信長にしては、光秀が徳川と通じて裏切る可能性に十分に配慮しなかった。将棋の升田ではないが、「錯覚よくないよく見るよろし」なのだろうか。

決定的な見落としで信長が頓死すると、光秀軍は反対する織田の陣営を征伐し、公家や細川藤孝の協力を求めたが、いまいち協力的でなかった。どうも羽柴秀吉は、こうなることを予測し、手を打っていたらしい。そもそも、本能寺の変が読み筋だった証拠に、秀吉は事件を聞くと、下準備していたか、毛利との和議をあっさりまとめて大急ぎで戻ってきた。

徳川家康一行は、当然こうなることは知っていたので帰路も準備万端で、伊賀越えは伊賀忍者たちに十分根回しして護衛してもらったので、あまり危険もなく岡崎城に戻れた。そもそも家康は、織田に討たれて落ちてきた伊賀者たちを鄭重に匿い、このことで伊賀忍者たちは徳川に恩義を感じていたのである。幕府樹立後も伊賀忍者たちはお庭番としてCIAのような役割を果たした。そもそも半蔵門という名前は、伊賀忍者の首領、服部半蔵にちなんでつけられたものである。

一方で、頼みの徳川軍は、なかなか動かない。その一つの理由に、東陣で旧武田領にいる織田軍の残党を討つことに忙しかったというのもあるが、あまりに早く西陣を動かして光秀への加勢を明示してしまうと、秀吉軍に対して旗幟鮮明となって、あとで示しがつかなくなってしまう。

結局、光秀軍は、武運拙く討伐されたが、家康は光秀と同盟関係にあったことをとうとう秀吉に悟られないで済んだ。しかし、井伊家に対する扱いからもわかるように、いったん結んだ同盟関係というか信頼関係をとことん大事にするのも家康のやりかたで、家光の乳母で、権勢をふるった春日局は、明智光秀の重臣であった斎藤利三の娘であった。明智憲三郎氏は、家光の「光」は光秀にちなんでいると指摘されるのだが、そこまでありえるのだろうか。

戻って、秀吉は、後に部下に「惟任退治記」を執筆させて、光秀が怨みと野望で信長を討ったという説を確定させた。「惟任退治記」の内容が、エグスプロージョンにもつながる、俗説というか通説のようになっている。天下統一して豊臣秀吉となると、秀吉は、信長の意向を継承して、周囲の反対を押し切り、唐攻めを強行した。

徳川家康は唐攻めには反対で、自らの幕府を確立すると、唐攻めのような外国侵略によらず、大名への論功行賞をハンドルする新しいパラダイムを考え出した。それはそれで、移封を受ける大名にとって苛酷なものとなったかもしれないが、唐攻めよりはましであろう。

ところが、明治維新で打ち建てられた政府は当然にアンチ徳川で、するとアンチ徳川の秀吉の唐攻めが年代を隔てて復活した。

ということで、本能寺の変という特異点を中心に、多くの歴史的事件が広がっていくのであって、このことを私に理解させてくれた文芸社文庫、明智憲三郎著「本能寺の変 431年目の真実」は、とても啓発的な好著なのである。

徳川家康

user-pic
0

井伊直虎に関する本を読んだことで、木と森に書いたように、松本清張の「徳川家康」角川文庫を読んでみた。徳川家康に関する話はあまりにも有名で、いまさらまとめるもなにもないものだが、専ら自分の勉強用に簡単に要約してみる。

さて、徳川家康は、1542年に三河の国、岡崎に生まれた。父は松平広忠、母は水野氏の於大である。ちなみに、井伊直虎が生まれたのは、1536年らしいから、直虎の方が8歳くらい年上ということになる。家康の幼名は、竹千代といった。

なお、家康が生まれた時代は、今川義元と武田信玄の力が強大で、織田氏が次第に力をつけてきていた。そんな時代にあって、竹千代が生まれた松平氏は弱小国で、周囲、特に今川義元に最大限に従順を誓って、なんとか生き残りを図っていた。このあたり井伊家とまったく同じである。

そんなとき、困ったことが起きた。竹千代の母の兄が、織田氏と通じているという噂が立ったのである。それが今川氏に対していらぬ嫌疑をもたらしてはと、広忠は於大の方を離縁した。事情が事情だけに、文句もいわずに於大は実家に帰った。

広忠は、後妻として戸田康光の娘を娶った。その後、織田信秀が攻めてきたので、広忠は、今川義元に、兵を出すよう依頼した。すると、今川義元は、その見返りに、竹千代を人質に出すように言ってきた。今川からの下知とあっては、是非もない。そこで竹千代の一行が船で駿府に向かっているはずが、船はなぜか謀られて、織田の領地に向かった。じつは、戸田康光が密かに織田信秀と通じていたのである。

こうして竹千代を手に入れた織田信秀は、松平広忠に付くように言った。しかし広忠は、涙を飲んでこの申し出を断った。竹千代が殺されることよりも、松平氏が今川に取り潰されることを大とみたのである。

ところが、織田信秀は意外に紳士で、竹千代を鄭重に扱った。竹千代が生母と会えるように取り計らったりもした。

一方、竹千代を奪われたにも拘わらず寝返らない広忠を意気に感じて、今川は兵を出してくれ、織田信秀を攻めることになった。

ところが、そんな折り、急に広忠が病死してしまった。ただ、これは病死でなく、近臣に謀殺されたというのが真相らしい。これに応じて今川は岡崎城を占領し、織田信秀が病死すると、今川は織田信秀の庶子、信広を包囲した。そこで一種の捕虜交換で、信広が解放され、一方、竹千代が今川に引き渡された。こうして、竹千代の駿府での長い人質生活が始まった。

結局、竹千代は、八歳から十九歳まで、人質として駿府に住んだ。竹千代は、武芸が得意で、学問を好み、優秀な子供だった。また、幼少の頃から苦労したせいか、冷静沈着で忍耐力もあった。

駿府で元服した竹千代は、松平元信と名乗り、後に元康と改名した。そのとき織田の当主は、信長になっていた。信長はとんでもないバカ殿だとの噂があったが、それは信長がわざと奇行をしていただけで、本当は天才的武将だった。

今川軍の一員として元康は、織田信長の軍勢と戦い、武勲を上げた。じつは元康の祖父の松平清康は有名な武将で、流石その孫と、松平譜代の家臣たちは感嘆した。

この頃元康は、関口親永の娘、築山殿を娶った。そして長男、信康が生まれた。

それから大事件が起きた。それは、上京の野望を抱いて終りに入った今川の軍勢が、桶狭間で織田信長らの奇襲に遭い、今川義元他主だった家臣が討ち死にしたのである。

それで岡崎城に駐留していた今川の家臣たちも慌てて駿府に戻り、こうして元康は晴れて岡崎城の城主となった。今川義元亡きあと、その息子の氏真が継いだが、その器量を頼りなく思い、寝返って織田信長と和議を結び、今川と絶縁した。このころ、家康と改名した。

三河を平定した家康は、姓を徳川に変えた。また、長男、信康は織田信長の娘、徳姫を娶った。ここから徳川家康と織田信長は、固い信頼関係で結ばれた。そして織田信長の協力もあって、徳川家康は三河と遠州二か国の領主となった。

そうやって次第に力をつけてきた家康だったが、武田信玄の軍が上洛の途中で三河遠江に入り込み、それを徳川家康の軍勢が迎撃した。しかし、聞きしに勝る武田軍の強さの前に徳川軍は大敗し、家康は九死に一生を得て城に戻った。

やがて、武田信玄が病死し、息子の勝頼が継いだが、依然として武田軍は強かった。そこで家康は信長と連合して、長篠で武田軍を待ち伏せた。そこでは信長が、鉄砲を駆使した陣形を組み、武田騎馬軍団を壊走させた。

大打撃を受けた勝頼だが、謀略を以て、家康の妻、築山殿を誑し込み、息子の信康をも味方に引き入れようとした。しかし、信康の妻、徳姫を通じて、そんな様子が信長に知れ、信長は家康に、信康を切腹させるよう申し立ててきた。愛息であった信康を切腹させるに忍びなかったが、力関係で信長の指示に従わないわけにはいかず、渋々信康を切腹させた。このことは家康にとって、生涯に亘って痛恨事だった。ともかく、敵と通じた築山殿も処刑された。

その後家康は、永井氏と結婚し、次男秀康、三男秀忠が生まれた。それから家康は、信長と協力して、武田を完全に滅ぼした。そして家康は駿河も配下に入れた。

ところが、1582年のことである。京都にいる信長に挨拶しようと家康は近臣たちと出かけたところ、本能寺の変を聞いた。それで、明智の軍勢に襲われる危険があるので、堺から急遽三河に帰った。途中治安が悪く、なんども危機に陥ったが、なんとか逃れた。

一方、明智光秀を討った羽柴秀吉は、実質的に信長を継いだかたちになり、急速に力をつけた。それに不満をもつ信長の家臣たちは秀吉に戦を挑んだが、ことごとく打ち破られた。

相手の資質を見抜くことに長けた家康は、秀吉のただならぬ器量を見てとった。そして、秀吉とまともに対抗するのは得策でないと判断して、下手に出ることにした。そして、大阪城に出かけて秀吉に挨拶して、次男を秀吉に人質に差し出したりした。

これをみて秀吉も、家康を家臣とみなすようになった。そして、小田原城攻略に当たっては、家康軍は、秀吉軍と行動を共にした。そして見事小田原城攻略を果たすと、家康は、秀吉の勧めて、江戸に城を築いて移ることにした。

ところが、家康はなんとも周到な人で、優秀な部下を責任者に任命して、江戸の開発に当たらせた。このときの綿密な計画が、その後の江戸、そして東京の繁栄の基礎となった。

一方、小田原城攻略でさらに野望を膨らませた秀吉は、今度は朝鮮に出兵した。これには家康も流石に反対したが、聞き入れられなかった。

しかし、秀吉が病死すると、秀吉は、秀頼に後を継がせること以外は、自分の死後の準備をほとんどしていなかったので、大変混乱した。そこで家康は、手腕を駆使して事態を収束させた。そして、徳川軍は、会津の上杉景勝の軍勢と戦うために出陣した。

その様子をみていた石田三成らは、徳川軍を討とうと、兵を挙げた。しかし、それは家康の誘いの隙で、カウンターで石田三成らを滅ぼそうとした。そのための根回しも周到で、石田三成の陣営の中にも裏切るものが出てきて、徳川の東軍の圧勝と思われたが、石田三成方の西軍には獅子奮迅の働きをする者もでてきて、意外に僅差の東軍の勝利だった。

こうして、問題分子を一掃した家康は、まるで鉢植えのように譜代や外様の大名を配置し、周到に支配体制をつくった。

盤石の基盤を固めた徳川家康は、一気に大阪城に攻め入るかと思ったら、形式上、秀頼に忠誠を尽くすふりをして、大阪城の面々を安心させた。よほど危機に陥った場合を除き、じっくり構えて、無理をしないのが家康のやり方である。

やがて、謀略で外濠を受め、着々と大阪城の守りを弱めてゆき、大阪側から攻めさせるようにした。流石の家康も、戦況を楽観したが、意外な伏兵がいた。それが真田幸村で、以前にも徳川軍は、真田軍に苦しめられたことがあった。

真田軍は智略を駆使して戦い、あるときは、家康が肝を冷やすほどまでに徳川軍に迫ったが、戦況の不利は覆い難く、ついに大阪方は滅びてしまった。

ここからは、幕藩体制の確立という壮大な物語が続くのだが、それはまた機会があったら別途勉強してみる。

ともかく、何度も絶体絶命の危機を乗り切り、華美を嫌い、質実剛健で制度をつくり、一度目のチャンスは見送る将棋の大山のような戦術を駆使する徳川家康は、知れば知るほど偉大なのだった。個人的にも、鷹狩と学問を好み、死ぬまで修練を怠らなかった。

家康の学問好きは、朱子学の分野での林家の重用にもつながり、このことは、徳川思想小史で述べた、壮大な徳川文化の礎ともなった。

ところで、家康は、源頼朝を尊敬しており、その治績を記した「吾妻鏡」をいつも読んでいたという。境遇に似たものを感じるからなのだろうか。そこで今度は源頼朝に関する本を読んでみることにする。歴史の知識に疎い私にとって、広い空間に一つずつ点を打って、少しでも埋めようとする作業に似ているな、と苦笑する。

私は昔から、小室直樹氏のファンで、書店で目に付いたら、大抵買って読んできた。小室直樹氏は、その奇抜な言動から変人のように思われていたが、私のみるところ、氏の学問レベルは一線級である。例えば、「ソビエト帝国の崩壊」という本を私も読んだが、早くにソビエト帝国の崩壊を予言し、それは確かに当たった。

なので、最近古書店で、小室直樹氏の「世紀末・戦争の構造」徳間文庫を見つけたとき、迷わず買って、しばらくして読み始めた。

この本は、20世紀の末に、中東の湾岸戦争の意味を説明するために書かれたものである。それを説明するために先ず、キリスト教の本質が説かれる。私は以前から、なぜキリスト教の司祭に、道徳的に腐敗した人物が多いのか、疑問に思っていた。この本はそのことに対する説明を与えてくれる。

ともかく、この本が主張することは、キリスト教が近代の基礎を作った、ということである。趣旨としてはマックス・ヴェーバーのプロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神の主張と重なるものであるが、この本の方が論旨は粗いが、議論の版図は広い。以下、私の理解でまとめてみるが、この分野の私の知識レベルが低いので、まとめきれる自信はない。

さて、ヨーロッパでは、国ができる以前から国際社会が存在した。そこで国際法ができ、のちに世界がそれを採用した。なので、外交のプロトコルや国際法はヨーロッパを淵源とする。

ヨーロッパにあって、その国際社会を担ったのが、カトリック教会だった。カトリック教会こそは、近代国家の様相を呈していた。

ところで、正統的なキリスト教の本質は、カルケドン信条、すなわち、「イエス・キリストは完全な人であって、完全な神である。」というものである。それは、三位一体説を決定したニケア信条とも関連する。

理性的に考えるなら、イエスを神の代理人であり、人間である、とする方が妥当なような気がする。それで、アリオス派やネストリウス派は、カルケドン信条に反対したが、結局、反対派は迫害され駆逐され、実質的に舞台から消え去った。

ローマの国教は正統のキリスト教だったが、ローマを制服したゲルマン民族は、アリオス派やネストリウス派の異端のキリスト教だった。ところが、ゲルマン民族がフランク王国をつくると、正統のキリスト教に改宗した。

こうして、カトリックであれ、プロテスタントであれ、ギリシャ正教であれ、カルケドン信条に基づく、という意味では同じである。そのカルケドン信条の下では、イエスの言動を記した福音書が最高の啓典であるが、そこには戒律も規律も書かれていない。この点、イスラム教やユダヤ教とは全く異なる。

しかし、カソリック教会を組織し運営するためには、規律やルールが必要である。そこで、カソリック教会は、ローマ法の知識に基づき、独自の教会法を作成した。このような、カソリック教会が、近代法、近代国家の根源となった。

そんなカソリック教会は、「神の国」を地上において代表するものとされた。そうなると、カソリック教会の決定事項を吟味する者はなく、よってカソリック教会の組織上位のメンバーはやりたい放題で、腐敗極まりなかった。教会の権威はペテロに由来するので、客観的なものであり、聖職者個人の道徳的行動とは無関係である、とされた。

一方、イスラム教に基づくサラセン帝国は、侵攻した地でギリシャの文献を学び、ついにはギリシャ語にも熟達し、高い文化を誇った。プラトン、アリストテレスなどの文献がのちに西欧社会に伝わったのも、サラセン帝国のお蔭である。

イスラム教の、政教一体の教義も、当時にあっては時代に適合していたのかもしれない。それで統制された社会を築いたサラセン帝国は、発達した社会を享受したが、十字軍などの攻撃に悩まされた。それで、イスラム教の側もジハードの概念で反撃した。

ともかく、キリスト教国側は、幾多の宗教戦争を経て、人間行動における内外の峻別を確立した。すると、人間の外面行動に対しては絶対的権力を発揮しえるが内面的行動については指一本触れることができない、という基準を確立した。

また、封建制にあって、領主と農民の関係は、契約関係とされた。こういう内面の独立性と契約関係の重視は、のちの資本主義と自由主義のパラダイムにつながり、西欧世界の繁栄の根源となった。このあたり議論が粗すぎるが私の理解が足らな過ぎるので、仕方ない。

で、私の粗い理解では、キリスト教は、数学でいうところの素の集合論のようなものなのかな、というものである。そこには位相も、算法も定義されておらず、矛盾が内包されいても放置されている。そういう自由な枠組みのところにカソリック教会が、ローマ法に基づき別の規則をつくった。そこでは、キリスト教は、教会を権威づける働きしかない。

キリスト教の外にある教会のアドホックな規則は、プロテスタントやピューリタンによって否定され、あるいは別のルールに書き換えられた。そのルールは、プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神で述べられているように、より資本的親和性の高いものであり、その後のヨーロッパ社会の経済的繁栄の基礎となった。

一方、当時の時代に適応したrigidな体系を用意したイスラム教は、その後の時代の変化に適応することに苦労した。

ただ、ユダヤ教もそうであるはずなのに、イスラエルがそれなりに繁栄しているのはなぜだろう。

などと、「世紀末・戦争の構造」から離れて、粗すぎる宗教論を夢想してみるのだった。

井伊直虎

user-pic
0

私は歴史一般に知識も興味も乏しいが、それでも、日本史と世界史とを比べると、まだしも世界史の知識のほうがましだろう。相当に一応であるが、大学入試の社会の選択は世界史だった。

それでも、明治以降の日本の戦史に関してはそこそこ本を読んだので、そこだけはなんとか日本人の平均レベルかとおもっている。それ以前となると、せいぜいが司馬遼太郎の小説を何冊か読んだだけだったりして、かなり貧困である。

そんな司馬遼太郎の小説のうち、「城塞」だったか、大阪城の落城と豊臣家の崩壊を描いた小説をとくに興味をもって読んだ記憶がある。そのなかで、真田幸村が寡兵よく獅子奮迅の戦いで徳川方を苦しめたシーンが印象的だった。

私は基本的にNHKの大河ドラマはあまり観ないのだが、そんな印象が残っているので、昨年の「真田丸」は毎週、面白く観た。その興味をそのまま次に始まった「井伊直虎」に持ち越して観ると、これもなかなか面白い。すっかり俄か時代劇ファンになったかのようである。

なにしろ井伊直虎は女ながらに領主だというのだから、ハプスブルグ王朝のマリア・テレジアみたいな人なのかと想像した。そこで、ストーリーの進行を待ちきれなくなり、何か井伊直虎に関する小説を読んでみようとアマゾンで検索してみた。そして結局、高殿円「剣と紅」文春文庫を買ってよみ始めてみると、これが思いの外、力作でついストーリーに引き込まれた。そこで、なんとかあまり長くならないように留意しながら、要約してみる。

さて、徳川時代に四天王とも呼ばれた井伊家は、遠州井伊谷の名門で、井伊直平には直宗、南渓、直満、直義、直元という息子があった。南渓は息子の中で一番の度量に富んでいたがなぜか出家して禅僧になった。しかし、南渓は井伊家を巡る攻防でキーパーソンであり続ける。

直平が老齢になったので一線から引き、長男の直宗が井伊家の当主になった。井伊家は名門とはいえ、勢力を拡大した今川に対抗できず、今川の属国状態だった。そんな今川から出陣の下知が出ると井伊家はノーといえず、直宗が出陣し、結局討ち死にしてしまった。

そこで直宗の息子の直盛が井伊家の当主を継いだ。すると、そのうち直盛の跡取りも考えなくてはならないが、あいにく直盛には娘しかなく、なんとか娘を然るべき男と結婚させて、当主の候補を用意しなくては、というのが直満だけでなく井伊家の意図であった。そして直盛の娘、香こそ後の直虎だった。一方、香には許婚がおり、それが直満の息子、亀之丞で、のちの井伊直親である。

ところが井伊家の問題は、家臣の小野政直の存在である。小野政直は、今川とのコネを太くして、駿府との間を何度も行き来し、今川義元の下知を取り付けて、井伊家を恣にコントロールしようとする。なので、井伊家のほぼ全員から嫌われ、恨まれる存在だったが、今川の後ろ盾があるので表だって反抗できず、みんな切歯扼腕だったが、どうしようない。一歩間違えると、井伊家は今川に取り潰されてしまう。

そんなとき、井伊家に大事件が起きた。駿府に出かけた直満と直義が、駿府の今川の城で死に追いやられたのである。じつは武田信玄によって今川に追い出された、信玄の父、信虎が、家臣に、無断で井伊の地を支配させていた。これを知った直平は、直満と直義と、信虎らの家臣を討伐する計画をたてていた。これを知った小野政直は、直満と直義が今川に対する謀反を企んでいると、今川方に讒言した。そこで今川義元は、直満と直義を駿府に呼び出し、追求して生害に追い込んだのだった。

それを知った井伊家の全員が激怒し、たちまち小野政直の仕業と見抜いた。そして、気の荒い直平は、政直を叩き斬るといきまいたが、そんなことをしたらいよいよ井伊家はとり潰しになるので周囲は懸命に押しとどめた。

それから追加の下知が今川義元から来た。それはなんと、直満の息子の亀之丞を亡き者にすることと、小野政直の息子の政次を香と許婚にするように、とのものだった。

そこで当主の直盛は、南渓と相談して、南渓の知り合いの信州伊那谷に亀之丞を逃がした。小野政直が手配した追手から逃れる懸命の逃避行だった。

香は逃げられず、政次と婚約せざるをえない事態が近づいた。意外にも香は政次が嫌いではなかった。しかし、どうしても結婚してはならないという胸騒ぎがした。懸命に苦慮した香は思案の挙句、突然断髪し、出家することにした。

この奇抜な行動に井伊家も小野家もびっくりしたが、香の独特のキャラや、狡知に長けた南渓の策略でなんとか乗り切った。

亀之丞は、伊那谷にいる間に、きぬという大変美しい神官の娘と深い仲になり、息子まで生まれた。しかし、いつかは井伊谷に帰る予定の亀之丞は、きぬと一緒になるわけにはいかなかった。

そんな亀之丞に井伊谷に帰るチャンスが訪れた。井伊谷に武田の軍勢が攻め寄せてくるという情報がもたらされ、騒然となった。そのどさくさに紛れて亀之丞はなんとか井伊谷に逃げ帰り、亀之丞が去ったあと、伊那谷は焼野原になった。しかし、きぬは避難してなんとか生き延びた。

亀之丞が戻ったあと、当主の直盛は、亀之丞を養子にして、直親と改名し、跡継に据えた。もともとは香と夫婦になるはずだったが、時代は変わり、直盛は、奥山朝利の次女、日夜と結婚し、念願の息子、虎松をえた。直親を慕って伊那谷から井伊谷にやってきたきぬは、虎松の乳母となった。

そんな頃、今川は、織田征伐に兵を出すことになり、井伊からは、直盛を含む、主だった武将が動員された。直盛は今川の本隊に組み込まれた。ところがである、今川軍が桶狭間に差し掛かったとき、織田軍の奇襲を受け、今川義元とその側近、井伊直盛など多くの今川軍のメンバーが戦死した。

当主を失った井伊家は大変意気消沈したが、ともかくも直親を当主として出直すことになった。まだ若い直親を、南渓、奥山朝利などが懸命に支援した。

一方、義元を失った今川は、息子の氏真が継いだが、氏真が当主の器量がなく今川は混乱を極めてきた。そんな様子をみていた直親は、密かに徳川と通じて、同盟を結ぶことを探った。ところが、その様子を察知した小野政直は、今川に密告し、直親を謀殺した。さらには虎松を殺すようにとの下知が今川から出されるに及び、香と南渓は、懸命の計略により、虎松を、徳川に嫁入りした親戚に預けた。

さて、小野家は政直から政次の代になり、父にも優る謀略家の政次は、奥山家に対する待ち伏せ攻撃などにより、政敵を駆逐していった。

武将を務められる人材の不足に苦しむ井伊家は、苦肉の策で、祐圓尼として出家している香が、女ながら、井伊家の当主である地頭職に就き、直虎と名乗った。虎松の養母となった。

当主となった直虎は、南渓などの親戚をサポートを受けながら、獅子奮迅の努力で、井伊家とその領地を収めた。また、徳川家康の正室である瀬名姫が井伊谷出身であることから、親戚関係を駆使して、直虎は、虎松が、徳川家の小姓として取り立てられることを可能にした。なんとか細い攻めを繋げたのである。

しかし、直虎の力もそこまでだった。小野但馬守政次の暗躍で、井伊は今川に領地を召し上げられ、直虎は地頭職を追われ、ついに井伊家は消滅した。井伊谷は、小野但馬守政次が領主となった。

こうして徳川、武田、今川という三大勢力のパワーバランスに、井伊は生き残れなかった。まさに、ポーランド状態である。

そして、今川は徳川と戦争になり、井伊谷に徳川軍が侵攻してきた。その徳川軍に小野但馬守政次らは壊走し、結局捉えられて息子共々刑死した。

徳川の後、今度は武田が井伊谷に侵攻してきて、井伊谷はペンペン草が生えないくらい荒廃した。ほどなくして武田軍は信玄の病死で勢力を弱め、今川も次第に弱体化してきて、徳川が三河や駿府に対する支配権を強めた。

一方、徳川家では、虎松は家康に気に入られ、万千代という名前を与えれ、長篠の合戦に小姓として従軍し、その後の武勲により二万石の大名となり、井伊家譜代の家臣の中野越後守直之、奥山六左衛門が奉公するようになった。この様子を知って直虎こと香は、自分の意図が達成され、思い残すことはないと思った。

さて、香の壮年は激動の時期だったが、晩年は穏やかな日々だった。それでも、既に徳川譜代の有力大名になっていた万千代、こと井伊直政に相談して、小野政次の弟の息子たちの奉公を頼んだりした。小野家は、井伊家にあって獅子中の虫のように井伊家に仇名し、ほとんどの井伊の家臣に蛇蝎のごとく嫌われたが、不思議に香は小野政次に恨みを抱かなかった。

香は、44歳のとき、母安佐を亡くし、その頃から体調を崩してほぼ寝たきりになった。そして、織田信長が明智光秀に本能寺で討たれた年、47歳で亡くなった。生涯一度も結婚せず、子も産まなかった。少し早いように思われるが、井伊家を絶やさぬための努力のため根が尽きてしまったのだろうか。

月別 アーカイブ

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち歴史カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは日常です。

次のカテゴリは災害です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。