歴史の最近のブログ記事

本能寺の変

user-pic
0

本能寺の変は、日本史の、いわゆる一つの事件であったが、その通説は、エグスプロージョンの本能寺の変でも踊られているように、明智光秀が、長い間上司の織田信長から屈辱的な扱いをうけてきて、信長が本能寺で手薄な警備の状態になったときに、その屈辱の念をぶつけて、討ったということらしいのだが、一方で明智光秀は、単に復讐の念に駆られてそうしてしまった、というだけでなく、信長に代わって天下をとるという野望があったらしい。

すると、どうやって信長を討つかということ以上に、討った後のことが重要になってくる。喩えていうと、ある会社で、幹部社員が社長の方針が絶対に受け入れられないで、自分がなんとか代わりに社長に就きたいという野望をもったとき、いきなり社長を殴ったりするのは最悪の策で、寧ろ、怒りをぐっと抑えて、社内、あるいは場合によっては社外にも味方を増やして根回しすることが肝要になってくる。そのあたりがどうなっているのかと思いつつ、ずっと前に、高柳光寿著、人物叢書「明智光秀」吉川弘文館を買っておいたのに、私の悪い癖で、この本は長い間積読のままである。

一方で、NHK大河ドラマに触発されて井伊直虎に関する本を読み、それとの関連で松本清張の「徳川家康」角川文庫を読んで徳川家康という記事を書いたところ、山椒魚さんからのコメントで、家康の伊賀越えに関して、文芸社文庫、明智憲三郎著「本能寺の変 431年目の真実」を紹介されたので、興味をもってその本を買い、即読み始めた。

そこで私なりに、この本の内容を粗く要約してみる。まず、明智光秀は、足利将軍の兵部大輔、細川藤孝の中間(足軽以下の低い身分)だった。しかし、光秀は極めて優秀なので、足利義輝が暗殺された後、足利義昭が旗揚げしたとき、家臣として抜擢され、奉公衆として一気に昇進した。あれっ、暗殺された足利将軍といえば、嘉吉の乱もあったが、そこで殺されたのは、足利義教であり、別の将軍だった。嘉吉の乱では義教は、一色、土岐の二大豪族を改易したことで強い恨みを買った。じつは明智光秀は、その土岐の一族である。

さて、織田信長が上洛し、足利幕府との連立政権を樹立し、その後足利義昭と袂を分かったとき、信長は光秀の優秀さに目をつけ、ヘッドハントした。信長は新興のベンチャー企業のように冷徹なまでに実力主義である。

こうして光秀は抜擢されて、信長の腹心の一人になり、重要な作戦行動にも同行した。ところが、光秀にとって困ったことがあった。それは、四国の長宗我部を討つように、との信長からの指示があったことで、光秀にとって長宗我部は土岐の同族で、討つことなどとんでもないのであった。

さらに困ったことは、信長の唐攻めの方針である。信長は、天下統一後、功績のあった大名に与える領地が不足することに気づいており、それなら中国を攻めて領土を奪い、そこに部下の大名を封じればよいと考えた。天才信長らしからぬ杜撰な計画だが、それほどに部下の論功行賞は大きな課題なのだろう。そして、そうなった暁には光秀は確実に中国に移封され、最早土岐氏一族を護ることは叶わない。これは絶対に容認できない。

そこで光秀は、密かに徳川家康にコンタクトし、安土城で秘密の会議をもった。信長を討ったあと是非とも家康の協力が必要だとおもった。

一方、長年の同盟で信長は、徳川家康の実力を知り、このまま徳川を放置しては、天下統一の妨げになるので、早晩制圧すべきであるとかんがえた。そこで立てた計画が、本能寺に茶会と称して家康とその家臣たちを呼び寄せ、一網打尽にすることである。その殺戮計画のために本能寺には光秀とその部下が密かに配置された。しかし、天才信長にしては、光秀が徳川と通じて裏切る可能性に十分に配慮しなかった。将棋の升田ではないが、「錯覚よくないよく見るよろし」なのだろうか。

決定的な見落としで信長が頓死すると、光秀軍は反対する織田の陣営を征伐し、公家や細川藤孝の協力を求めたが、いまいち協力的でなかった。どうも羽柴秀吉は、こうなることを予測し、手を打っていたらしい。そもそも、本能寺の変が読み筋だった証拠に、秀吉は事件を聞くと、下準備していたか、毛利との和議をあっさりまとめて大急ぎで戻ってきた。

徳川家康一行は、当然こうなることは知っていたので帰路も準備万端で、伊賀越えは伊賀忍者たちに十分根回しして護衛してもらったので、あまり危険もなく岡崎城に戻れた。そもそも家康は、織田に討たれて落ちてきた伊賀者たちを鄭重に匿い、このことで伊賀忍者たちは徳川に恩義を感じていたのである。幕府樹立後も伊賀忍者たちはお庭番としてCIAのような役割を果たした。そもそも半蔵門という名前は、伊賀忍者の首領、服部半蔵にちなんでつけられたものである。

一方で、頼みの徳川軍は、なかなか動かない。その一つの理由に、東陣で旧武田領にいる織田軍の残党を討つことに忙しかったというのもあるが、あまりに早く西陣を動かして光秀への加勢を明示してしまうと、秀吉軍に対して旗幟鮮明となって、あとで示しがつかなくなってしまう。

結局、光秀軍は、武運拙く討伐されたが、家康は光秀と同盟関係にあったことをとうとう秀吉に悟られないで済んだ。しかし、井伊家に対する扱いからもわかるように、いったん結んだ同盟関係というか信頼関係をとことん大事にするのも家康のやりかたで、家光の乳母で、権勢をふるった春日局は、明智光秀の重臣であった斎藤利三の娘であった。明智憲三郎氏は、家光の「光」は光秀にちなんでいると指摘されるのだが、そこまでありえるのだろうか。

戻って、秀吉は、後に部下に「惟任退治記」を執筆させて、光秀が怨みと野望で信長を討ったという説を確定させた。「惟任退治記」の内容が、エグスプロージョンにもつながる、俗説というか通説のようになっている。天下統一して豊臣秀吉となると、秀吉は、信長の意向を継承して、周囲の反対を押し切り、唐攻めを強行した。

徳川家康は唐攻めには反対で、自らの幕府を確立すると、唐攻めのような外国侵略によらず、大名への論功行賞をハンドルする新しいパラダイムを考え出した。それはそれで、移封を受ける大名にとって苛酷なものとなったかもしれないが、唐攻めよりはましであろう。

ところが、明治維新で打ち建てられた政府は当然にアンチ徳川で、するとアンチ徳川の秀吉の唐攻めが年代を隔てて復活した。

ということで、本能寺の変という特異点を中心に、多くの歴史的事件が広がっていくのであって、このことを私に理解させてくれた文芸社文庫、明智憲三郎著「本能寺の変 431年目の真実」は、とても啓発的な好著なのである。

徳川家康

user-pic
0

井伊直虎に関する本を読んだことで、木と森に書いたように、松本清張の「徳川家康」角川文庫を読んでみた。徳川家康に関する話はあまりにも有名で、いまさらまとめるもなにもないものだが、専ら自分の勉強用に簡単に要約してみる。

さて、徳川家康は、1542年に三河の国、岡崎に生まれた。父は松平広忠、母は水野氏の於大である。ちなみに、井伊直虎が生まれたのは、1536年らしいから、直虎の方が8歳くらい年上ということになる。家康の幼名は、竹千代といった。

なお、家康が生まれた時代は、今川義元と武田信玄の力が強大で、織田氏が次第に力をつけてきていた。そんな時代にあって、竹千代が生まれた松平氏は弱小国で、周囲、特に今川義元に最大限に従順を誓って、なんとか生き残りを図っていた。このあたり井伊家とまったく同じである。

そんなとき、困ったことが起きた。竹千代の母の兄が、織田氏と通じているという噂が立ったのである。それが今川氏に対していらぬ嫌疑をもたらしてはと、広忠は於大の方を離縁した。事情が事情だけに、文句もいわずに於大は実家に帰った。

広忠は、後妻として戸田康光の娘を娶った。その後、織田信秀が攻めてきたので、広忠は、今川義元に、兵を出すよう依頼した。すると、今川義元は、その見返りに、竹千代を人質に出すように言ってきた。今川からの下知とあっては、是非もない。そこで竹千代の一行が船で駿府に向かっているはずが、船はなぜか謀られて、織田の領地に向かった。じつは、戸田康光が密かに織田信秀と通じていたのである。

こうして竹千代を手に入れた織田信秀は、松平広忠に付くように言った。しかし広忠は、涙を飲んでこの申し出を断った。竹千代が殺されることよりも、松平氏が今川に取り潰されることを大とみたのである。

ところが、織田信秀は意外に紳士で、竹千代を鄭重に扱った。竹千代が生母と会えるように取り計らったりもした。

一方、竹千代を奪われたにも拘わらず寝返らない広忠を意気に感じて、今川は兵を出してくれ、織田信秀を攻めることになった。

ところが、そんな折り、急に広忠が病死してしまった。ただ、これは病死でなく、近臣に謀殺されたというのが真相らしい。これに応じて今川は岡崎城を占領し、織田信秀が病死すると、今川は織田信秀の庶子、信広を包囲した。そこで一種の捕虜交換で、信広が解放され、一方、竹千代が今川に引き渡された。こうして、竹千代の駿府での長い人質生活が始まった。

結局、竹千代は、八歳から十九歳まで、人質として駿府に住んだ。竹千代は、武芸が得意で、学問を好み、優秀な子供だった。また、幼少の頃から苦労したせいか、冷静沈着で忍耐力もあった。

駿府で元服した竹千代は、松平元信と名乗り、後に元康と改名した。そのとき織田の当主は、信長になっていた。信長はとんでもないバカ殿だとの噂があったが、それは信長がわざと奇行をしていただけで、本当は天才的武将だった。

今川軍の一員として元康は、織田信長の軍勢と戦い、武勲を上げた。じつは元康の祖父の松平清康は有名な武将で、流石その孫と、松平譜代の家臣たちは感嘆した。

この頃元康は、関口親永の娘、築山殿を娶った。そして長男、信康が生まれた。

それから大事件が起きた。それは、上京の野望を抱いて終りに入った今川の軍勢が、桶狭間で織田信長らの奇襲に遭い、今川義元他主だった家臣が討ち死にしたのである。

それで岡崎城に駐留していた今川の家臣たちも慌てて駿府に戻り、こうして元康は晴れて岡崎城の城主となった。今川義元亡きあと、その息子の氏真が継いだが、その器量を頼りなく思い、寝返って織田信長と和議を結び、今川と絶縁した。このころ、家康と改名した。

三河を平定した家康は、姓を徳川に変えた。また、長男、信康は織田信長の娘、徳姫を娶った。ここから徳川家康と織田信長は、固い信頼関係で結ばれた。そして織田信長の協力もあって、徳川家康は三河と遠州二か国の領主となった。

そうやって次第に力をつけてきた家康だったが、武田信玄の軍が上洛の途中で三河遠江に入り込み、それを徳川家康の軍勢が迎撃した。しかし、聞きしに勝る武田軍の強さの前に徳川軍は大敗し、家康は九死に一生を得て城に戻った。

やがて、武田信玄が病死し、息子の勝頼が継いだが、依然として武田軍は強かった。そこで家康は信長と連合して、長篠で武田軍を待ち伏せた。そこでは信長が、鉄砲を駆使した陣形を組み、武田騎馬軍団を壊走させた。

大打撃を受けた勝頼だが、謀略を以て、家康の妻、築山殿を誑し込み、息子の信康をも味方に引き入れようとした。しかし、信康の妻、徳姫を通じて、そんな様子が信長に知れ、信長は家康に、信康を切腹させるよう申し立ててきた。愛息であった信康を切腹させるに忍びなかったが、力関係で信長の指示に従わないわけにはいかず、渋々信康を切腹させた。このことは家康にとって、生涯に亘って痛恨事だった。ともかく、敵と通じた築山殿も処刑された。

その後家康は、永井氏と結婚し、次男秀康、三男秀忠が生まれた。それから家康は、信長と協力して、武田を完全に滅ぼした。そして家康は駿河も配下に入れた。

ところが、1582年のことである。京都にいる信長に挨拶しようと家康は近臣たちと出かけたところ、本能寺の変を聞いた。それで、明智の軍勢に襲われる危険があるので、堺から急遽三河に帰った。途中治安が悪く、なんども危機に陥ったが、なんとか逃れた。

一方、明智光秀を討った羽柴秀吉は、実質的に信長を継いだかたちになり、急速に力をつけた。それに不満をもつ信長の家臣たちは秀吉に戦を挑んだが、ことごとく打ち破られた。

相手の資質を見抜くことに長けた家康は、秀吉のただならぬ器量を見てとった。そして、秀吉とまともに対抗するのは得策でないと判断して、下手に出ることにした。そして、大阪城に出かけて秀吉に挨拶して、次男を秀吉に人質に差し出したりした。

これをみて秀吉も、家康を家臣とみなすようになった。そして、小田原城攻略に当たっては、家康軍は、秀吉軍と行動を共にした。そして見事小田原城攻略を果たすと、家康は、秀吉の勧めて、江戸に城を築いて移ることにした。

ところが、家康はなんとも周到な人で、優秀な部下を責任者に任命して、江戸の開発に当たらせた。このときの綿密な計画が、その後の江戸、そして東京の繁栄の基礎となった。

一方、小田原城攻略でさらに野望を膨らませた秀吉は、今度は朝鮮に出兵した。これには家康も流石に反対したが、聞き入れられなかった。

しかし、秀吉が病死すると、秀吉は、秀頼に後を継がせること以外は、自分の死後の準備をほとんどしていなかったので、大変混乱した。そこで家康は、手腕を駆使して事態を収束させた。そして、徳川軍は、会津の上杉景勝の軍勢と戦うために出陣した。

その様子をみていた石田三成らは、徳川軍を討とうと、兵を挙げた。しかし、それは家康の誘いの隙で、カウンターで石田三成らを滅ぼそうとした。そのための根回しも周到で、石田三成の陣営の中にも裏切るものが出てきて、徳川の東軍の圧勝と思われたが、石田三成方の西軍には獅子奮迅の働きをする者もでてきて、意外に僅差の東軍の勝利だった。

こうして、問題分子を一掃した家康は、まるで鉢植えのように譜代や外様の大名を配置し、周到に支配体制をつくった。

盤石の基盤を固めた徳川家康は、一気に大阪城に攻め入るかと思ったら、形式上、秀頼に忠誠を尽くすふりをして、大阪城の面々を安心させた。よほど危機に陥った場合を除き、じっくり構えて、無理をしないのが家康のやり方である。

やがて、謀略で外濠を受め、着々と大阪城の守りを弱めてゆき、大阪側から攻めさせるようにした。流石の家康も、戦況を楽観したが、意外な伏兵がいた。それが真田幸村で、以前にも徳川軍は、真田軍に苦しめられたことがあった。

真田軍は智略を駆使して戦い、あるときは、家康が肝を冷やすほどまでに徳川軍に迫ったが、戦況の不利は覆い難く、ついに大阪方は滅びてしまった。

ここからは、幕藩体制の確立という壮大な物語が続くのだが、それはまた機会があったら別途勉強してみる。

ともかく、何度も絶体絶命の危機を乗り切り、華美を嫌い、質実剛健で制度をつくり、一度目のチャンスは見送る将棋の大山のような戦術を駆使する徳川家康は、知れば知るほど偉大なのだった。個人的にも、鷹狩と学問を好み、死ぬまで修練を怠らなかった。

家康の学問好きは、朱子学の分野での林家の重用にもつながり、このことは、徳川思想小史で述べた、壮大な徳川文化の礎ともなった。

ところで、家康は、源頼朝を尊敬しており、その治績を記した「吾妻鏡」をいつも読んでいたという。境遇に似たものを感じるからなのだろうか。そこで今度は源頼朝に関する本を読んでみることにする。歴史の知識に疎い私にとって、広い空間に一つずつ点を打って、少しでも埋めようとする作業に似ているな、と苦笑する。

私は昔から、小室直樹氏のファンで、書店で目に付いたら、大抵買って読んできた。小室直樹氏は、その奇抜な言動から変人のように思われていたが、私のみるところ、氏の学問レベルは一線級である。例えば、「ソビエト帝国の崩壊」という本を私も読んだが、早くにソビエト帝国の崩壊を予言し、それは確かに当たった。

なので、最近古書店で、小室直樹氏の「世紀末・戦争の構造」徳間文庫を見つけたとき、迷わず買って、しばらくして読み始めた。

この本は、20世紀の末に、中東の湾岸戦争の意味を説明するために書かれたものである。それを説明するために先ず、キリスト教の本質が説かれる。私は以前から、なぜキリスト教の司祭に、道徳的に腐敗した人物が多いのか、疑問に思っていた。この本はそのことに対する説明を与えてくれる。

ともかく、この本が主張することは、キリスト教が近代の基礎を作った、ということである。趣旨としてはマックス・ヴェーバーのプロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神の主張と重なるものであるが、この本の方が論旨は粗いが、議論の版図は広い。以下、私の理解でまとめてみるが、この分野の私の知識レベルが低いので、まとめきれる自信はない。

さて、ヨーロッパでは、国ができる以前から国際社会が存在した。そこで国際法ができ、のちに世界がそれを採用した。なので、外交のプロトコルや国際法はヨーロッパを淵源とする。

ヨーロッパにあって、その国際社会を担ったのが、カトリック教会だった。カトリック教会こそは、近代国家の様相を呈していた。

ところで、正統的なキリスト教の本質は、カルケドン信条、すなわち、「イエス・キリストは完全な人であって、完全な神である。」というものである。それは、三位一体説を決定したニケア信条とも関連する。

理性的に考えるなら、イエスを神の代理人であり、人間である、とする方が妥当なような気がする。それで、アリオス派やネストリウス派は、カルケドン信条に反対したが、結局、反対派は迫害され駆逐され、実質的に舞台から消え去った。

ローマの国教は正統のキリスト教だったが、ローマを制服したゲルマン民族は、アリオス派やネストリウス派の異端のキリスト教だった。ところが、ゲルマン民族がフランク王国をつくると、正統のキリスト教に改宗した。

こうして、カトリックであれ、プロテスタントであれ、ギリシャ正教であれ、カルケドン信条に基づく、という意味では同じである。そのカルケドン信条の下では、イエスの言動を記した福音書が最高の啓典であるが、そこには戒律も規律も書かれていない。この点、イスラム教やユダヤ教とは全く異なる。

しかし、カソリック教会を組織し運営するためには、規律やルールが必要である。そこで、カソリック教会は、ローマ法の知識に基づき、独自の教会法を作成した。このような、カソリック教会が、近代法、近代国家の根源となった。

そんなカソリック教会は、「神の国」を地上において代表するものとされた。そうなると、カソリック教会の決定事項を吟味する者はなく、よってカソリック教会の組織上位のメンバーはやりたい放題で、腐敗極まりなかった。教会の権威はペテロに由来するので、客観的なものであり、聖職者個人の道徳的行動とは無関係である、とされた。

一方、イスラム教に基づくサラセン帝国は、侵攻した地でギリシャの文献を学び、ついにはギリシャ語にも熟達し、高い文化を誇った。プラトン、アリストテレスなどの文献がのちに西欧社会に伝わったのも、サラセン帝国のお蔭である。

イスラム教の、政教一体の教義も、当時にあっては時代に適合していたのかもしれない。それで統制された社会を築いたサラセン帝国は、発達した社会を享受したが、十字軍などの攻撃に悩まされた。それで、イスラム教の側もジハードの概念で反撃した。

ともかく、キリスト教国側は、幾多の宗教戦争を経て、人間行動における内外の峻別を確立した。すると、人間の外面行動に対しては絶対的権力を発揮しえるが内面的行動については指一本触れることができない、という基準を確立した。

また、封建制にあって、領主と農民の関係は、契約関係とされた。こういう内面の独立性と契約関係の重視は、のちの資本主義と自由主義のパラダイムにつながり、西欧世界の繁栄の根源となった。このあたり議論が粗すぎるが私の理解が足らな過ぎるので、仕方ない。

で、私の粗い理解では、キリスト教は、数学でいうところの素の集合論のようなものなのかな、というものである。そこには位相も、算法も定義されておらず、矛盾が内包されいても放置されている。そういう自由な枠組みのところにカソリック教会が、ローマ法に基づき別の規則をつくった。そこでは、キリスト教は、教会を権威づける働きしかない。

キリスト教の外にある教会のアドホックな規則は、プロテスタントやピューリタンによって否定され、あるいは別のルールに書き換えられた。そのルールは、プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神で述べられているように、より資本的親和性の高いものであり、その後のヨーロッパ社会の経済的繁栄の基礎となった。

一方、当時の時代に適応したrigidな体系を用意したイスラム教は、その後の時代の変化に適応することに苦労した。

ただ、ユダヤ教もそうであるはずなのに、イスラエルがそれなりに繁栄しているのはなぜだろう。

などと、「世紀末・戦争の構造」から離れて、粗すぎる宗教論を夢想してみるのだった。

井伊直虎

user-pic
0

私は歴史一般に知識も興味も乏しいが、それでも、日本史と世界史とを比べると、まだしも世界史の知識のほうがましだろう。相当に一応であるが、大学入試の社会の選択は世界史だった。

それでも、明治以降の日本の戦史に関してはそこそこ本を読んだので、そこだけはなんとか日本人の平均レベルかとおもっている。それ以前となると、せいぜいが司馬遼太郎の小説を何冊か読んだだけだったりして、かなり貧困である。

そんな司馬遼太郎の小説のうち、「城塞」だったか、大阪城の落城と豊臣家の崩壊を描いた小説をとくに興味をもって読んだ記憶がある。そのなかで、真田幸村が寡兵よく獅子奮迅の戦いで徳川方を苦しめたシーンが印象的だった。

私は基本的にNHKの大河ドラマはあまり観ないのだが、そんな印象が残っているので、昨年の「真田丸」は毎週、面白く観た。その興味をそのまま次に始まった「井伊直虎」に持ち越して観ると、これもなかなか面白い。すっかり俄か時代劇ファンになったかのようである。

なにしろ井伊直虎は女ながらに領主だというのだから、ハプスブルグ王朝のマリア・テレジアみたいな人なのかと想像した。そこで、ストーリーの進行を待ちきれなくなり、何か井伊直虎に関する小説を読んでみようとアマゾンで検索してみた。そして結局、高殿円「剣と紅」文春文庫を買ってよみ始めてみると、これが思いの外、力作でついストーリーに引き込まれた。そこで、なんとかあまり長くならないように留意しながら、要約してみる。

さて、徳川時代に四天王とも呼ばれた井伊家は、遠州井伊谷の名門で、井伊直平には直宗、南渓、直満、直義、直元という息子があった。南渓は息子の中で一番の度量に富んでいたがなぜか出家して禅僧になった。しかし、南渓は井伊家を巡る攻防でキーパーソンであり続ける。

直平が老齢になったので一線から引き、長男の直宗が井伊家の当主になった。井伊家は名門とはいえ、勢力を拡大した今川に対抗できず、今川の属国状態だった。そんな今川から出陣の下知が出ると井伊家はノーといえず、直宗が出陣し、結局討ち死にしてしまった。

そこで直宗の息子の直盛が井伊家の当主を継いだ。すると、そのうち直盛の跡取りも考えなくてはならないが、あいにく直盛には娘しかなく、なんとか娘を然るべき男と結婚させて、当主の候補を用意しなくては、というのが直満だけでなく井伊家の意図であった。そして直盛の娘、香こそ後の直虎だった。一方、香には許婚がおり、それが直満の息子、亀之丞で、のちの井伊直親である。

ところが井伊家の問題は、家臣の小野政直の存在である。小野政直は、今川とのコネを太くして、駿府との間を何度も行き来し、今川義元の下知を取り付けて、井伊家を恣にコントロールしようとする。なので、井伊家のほぼ全員から嫌われ、恨まれる存在だったが、今川の後ろ盾があるので表だって反抗できず、みんな切歯扼腕だったが、どうしようない。一歩間違えると、井伊家は今川に取り潰されてしまう。

そんなとき、井伊家に大事件が起きた。駿府に出かけた直満と直義が、駿府の今川の城で死に追いやられたのである。じつは武田信玄によって今川に追い出された、信玄の父、信虎が、家臣に、無断で井伊の地を支配させていた。これを知った直平は、直満と直義と、信虎らの家臣を討伐する計画をたてていた。これを知った小野政直は、直満と直義が今川に対する謀反を企んでいると、今川方に讒言した。そこで今川義元は、直満と直義を駿府に呼び出し、追求して生害に追い込んだのだった。

それを知った井伊家の全員が激怒し、たちまち小野政直の仕業と見抜いた。そして、気の荒い直平は、政直を叩き斬るといきまいたが、そんなことをしたらいよいよ井伊家はとり潰しになるので周囲は懸命に押しとどめた。

それから追加の下知が今川義元から来た。それはなんと、直満の息子の亀之丞を亡き者にすることと、小野政直の息子の政次を香と許婚にするように、とのものだった。

そこで当主の直盛は、南渓と相談して、南渓の知り合いの信州伊那谷に亀之丞を逃がした。小野政直が手配した追手から逃れる懸命の逃避行だった。

香は逃げられず、政次と婚約せざるをえない事態が近づいた。意外にも香は政次が嫌いではなかった。しかし、どうしても結婚してはならないという胸騒ぎがした。懸命に苦慮した香は思案の挙句、突然断髪し、出家することにした。

この奇抜な行動に井伊家も小野家もびっくりしたが、香の独特のキャラや、狡知に長けた南渓の策略でなんとか乗り切った。

亀之丞は、伊那谷にいる間に、きぬという大変美しい神官の娘と深い仲になり、息子まで生まれた。しかし、いつかは井伊谷に帰る予定の亀之丞は、きぬと一緒になるわけにはいかなかった。

そんな亀之丞に井伊谷に帰るチャンスが訪れた。井伊谷に武田の軍勢が攻め寄せてくるという情報がもたらされ、騒然となった。そのどさくさに紛れて亀之丞はなんとか井伊谷に逃げ帰り、亀之丞が去ったあと、伊那谷は焼野原になった。しかし、きぬは避難してなんとか生き延びた。

亀之丞が戻ったあと、当主の直盛は、亀之丞を養子にして、直親と改名し、跡継に据えた。もともとは香と夫婦になるはずだったが、時代は変わり、直盛は、奥山朝利の次女、日夜と結婚し、念願の息子、虎松をえた。直親を慕って伊那谷から井伊谷にやってきたきぬは、虎松の乳母となった。

そんな頃、今川は、織田征伐に兵を出すことになり、井伊からは、直盛を含む、主だった武将が動員された。直盛は今川の本隊に組み込まれた。ところがである、今川軍が桶狭間に差し掛かったとき、織田軍の奇襲を受け、今川義元とその側近、井伊直盛など多くの今川軍のメンバーが戦死した。

当主を失った井伊家は大変意気消沈したが、ともかくも直親を当主として出直すことになった。まだ若い直親を、南渓、奥山朝利などが懸命に支援した。

一方、義元を失った今川は、息子の氏真が継いだが、氏真が当主の器量がなく今川は混乱を極めてきた。そんな様子をみていた直親は、密かに徳川と通じて、同盟を結ぶことを探った。ところが、その様子を察知した小野政直は、今川に密告し、直親を謀殺した。さらには虎松を殺すようにとの下知が今川から出されるに及び、香と南渓は、懸命の計略により、虎松を、徳川に嫁入りした親戚に預けた。

さて、小野家は政直から政次の代になり、父にも優る謀略家の政次は、奥山家に対する待ち伏せ攻撃などにより、政敵を駆逐していった。

武将を務められる人材の不足に苦しむ井伊家は、苦肉の策で、祐圓尼として出家している香が、女ながら、井伊家の当主である地頭職に就き、直虎と名乗った。虎松の養母となった。

当主となった直虎は、南渓などの親戚をサポートを受けながら、獅子奮迅の努力で、井伊家とその領地を収めた。また、徳川家康の正室である瀬名姫が井伊谷出身であることから、親戚関係を駆使して、直虎は、虎松が、徳川家の小姓として取り立てられることを可能にした。なんとか細い攻めを繋げたのである。

しかし、直虎の力もそこまでだった。小野但馬守政次の暗躍で、井伊は今川に領地を召し上げられ、直虎は地頭職を追われ、ついに井伊家は消滅した。井伊谷は、小野但馬守政次が領主となった。

こうして徳川、武田、今川という三大勢力のパワーバランスに、井伊は生き残れなかった。まさに、ポーランド状態である。

そして、今川は徳川と戦争になり、井伊谷に徳川軍が侵攻してきた。その徳川軍に小野但馬守政次らは壊走し、結局捉えられて息子共々刑死した。

徳川の後、今度は武田が井伊谷に侵攻してきて、井伊谷はペンペン草が生えないくらい荒廃した。ほどなくして武田軍は信玄の病死で勢力を弱め、今川も次第に弱体化してきて、徳川が三河や駿府に対する支配権を強めた。

一方、徳川家では、虎松は家康に気に入られ、万千代という名前を与えれ、長篠の合戦に小姓として従軍し、その後の武勲により二万石の大名となり、井伊家譜代の家臣の中野越後守直之、奥山六左衛門が奉公するようになった。この様子を知って直虎こと香は、自分の意図が達成され、思い残すことはないと思った。

さて、香の壮年は激動の時期だったが、晩年は穏やかな日々だった。それでも、既に徳川譜代の有力大名になっていた万千代、こと井伊直政に相談して、小野政次の弟の息子たちの奉公を頼んだりした。小野家は、井伊家にあって獅子中の虫のように井伊家に仇名し、ほとんどの井伊の家臣に蛇蝎のごとく嫌われたが、不思議に香は小野政次に恨みを抱かなかった。

香は、44歳のとき、母安佐を亡くし、その頃から体調を崩してほぼ寝たきりになった。そして、織田信長が明智光秀に本能寺で討たれた年、47歳で亡くなった。生涯一度も結婚せず、子も産まなかった。少し早いように思われるが、井伊家を絶やさぬための努力のため根が尽きてしまったのだろうか。

私はときどき散歩がてら、座間神社に参拝する。すると行程で右手に自衛隊の基地があり、入り口付近に警備の人が立っていて、通りがかると律義に挨拶してくるので、無愛想で不躾な私も仕方なく挨拶を返す。

実はその自衛隊の基地には昔、陸軍士官学校があった。陸軍士官学校といえば、大阪から東京に出てきて入社した会社の上司が元陸軍士官学校出身の少尉で、部門で飲み会があると必ず戦争で南方に行った話をするのだった。それで私が軍歌を歌うと、おお、いいぞと喜んでくれるのだが、調子に乗って別の軍歌も歌っていると、馬鹿野郎、それは海軍だ、と叱られたものである。

そういう記憶があるので、私はいかなる意味でもミリオタではないが、引っ越した地元に陸軍士官学校があったという事実を何かとうれしく思ったものである。そういう思いでいたら、読売新聞に、陸軍士官学校に関する短い記事があったので、私なりにまとめてみる。

1937年9月、陸軍の幹部養成校がこの地に移転してきて、約8年間に亘り、多くの若者が軍事を学び、やがて戦地で散っていった。その敷地は500ヘクタール以上で、校舎だけでなく、大講堂、馬場、剣術場、皇族用の宿舎などがあった。ある記録によると、卒業生は18,476人だという。陸軍兵士の数からいくとかなり少数で、陸軍士官学校の卒業生が相当なエリートであったことがわかる。

陸軍士官学校があった一帯は、昭和天皇が、陸軍士官学校の卒業式の際、「相武台」と名付け、これがそのまま現在に至るまでの地名となった。そこで学校側は、記念碑にふさわしい巨石を2年くらいかけて探し、「相武臺」と名付けて学校のシンボルとして大切にされた。

1945年に戦争が敗色濃厚になってくると、学校関係者は、記念碑が連合国によって破壊されるのを懼れて、地中に埋めた。戦後米軍はこれを掘り出して、元の位置に設置した。米軍はまた、陸軍士官学校の建物を接収して使用した。その生徒集会所は改修しつついまでも米軍が使用している。

陸軍士官学校の敷地内には、天皇陛下用の防空壕もあったが、その存在自体、生徒たちにも秘密にされていた。

戦況が悪化して、東京や横浜に対する爆撃が盛んになった1945年6月、陸軍士官学校は、長野県佐久市に移転し、その地で終焉を迎えた。移転した理由は、米軍の本土上陸作戦で、相模湾の上陸作戦の可能性が高まったので、難を逃れたのだった。

このため多くの備品が相武台から佐久市に運ばれ、比較的近年まで、陸軍士官学校の校長机が、長野県立望月高校の校長用机として使用されていたという。

こういう背景を知ると、座間神社参拝が少しだけ楽しくなる、というものである。

なんとなく小田急相模原駅の駅ビルに入っている新刊本屋を覗いてみると、有馬哲夫「歴史問題の正解」新潮新書が目に付き、「真珠湾攻撃は「騙し討ち」ではない」と帯にあったので、おおよくぞ言ってくれた、と即買って、読み始めた。

この本は初対面のような気がしなかったのだが、有馬哲夫氏は、原発・正力・CIAの著者で、もう8年以上前に読んでいるのだった。

さて、この本は、以下の11章からなる。

  1. 「南京事件」はプロパガンダから生まれた
  2. 真珠湾攻撃は騙し討ちではなかった
  3. ヤルタ会談は戦後秩序を作らなかった
  4. 北方領土はこうして失われた
  5. ポツダム宣言に「日本の戦争は間違い」という文言は存在しない
  6. 日本は無条件降伏していない
  7. 原爆投下は必要なかった
  8. 天皇のインテリジェンスが國體を守った
  9. 現代中国の歴史は侵略の歴史である
  10. 日韓国交正常化の立役者は児玉誉士夫だった
  11. 尖閣諸島は間違いなく日本の領土である

一部のものはスキップするが、この各々に短いコメントを付してみる。まず、「南京事件」はプロパガンダから生まれたであるが、それは当然に中国によるプロパガンダだろうと思ったら、どうも違うらしい。すなわち、米国が日本に原爆を落としたことの非難を逃れるため、その犠牲者より大きい数の犠牲者が南京であった、みたいに作ったらしい。それを中国が流用しているらしい。なお、日本軍が南京で全く残虐行為をしなかったということはなく、確かにそれはあったのだが、中国の兵士が便衣兵として民間人に紛れ込んだこと、その前提として蒋介石の軍が兵士を置いて早々に逃げ出したことなど、さまざまな理由もある。なんにしても30万人という犠牲者の数にはならないはずである。

真珠湾攻撃は騙し討ちではなかった、という話はよく聞くし、私はルーズベルトが真珠湾攻撃を知っていて、わざとしらないふりをしたのだと思っているが、この本では、ルーズベルトが戦争を仕掛けたかったという文献は文献があったといっているだけで、真珠湾攻撃を察知していたという文献は知らないといっている、ちょっと羊頭狗肉では。

ヤルタ会談は戦後秩序を作らなかった、は、ヤルタ会談はたんにルーズベルトの選挙対策で、たんなる雑談できちんとした記録もとられなかったそうで、なんということ、と思った。

北方領土はこうして失われたは、実は米国高官でソ連のスパイがいたせいだという。これも、なんとも。なんにしても、プチーンは決して北方領土返還に言及しそうにない。

原爆投下は必要なかった、は確かにそうなんだけど、原爆投下の理由で述べたこと以上の知らない話があまり出てこなかった。

天皇のインテリジェンスが國體を守った、はここでのインテリジェンスは知性という意味ではなくて、情報収集の意味で、天皇はいろいろな人からの情報を集めて、降伏しても大丈夫だと確信したらしい。

現代中国の歴史は侵略の歴史である、はまあいいとして、日韓国交正常化の立役者は児玉誉士夫だった、にはへぇと思った。児玉誉士夫は子供の頃朝鮮に住んでいて、大変な苦労したが周囲にいた朝鮮人が助けてくれて、それで日本に帰って軍部とつながりをもつようになっても、朝鮮の人達と太いパイプがあったらしい。戦後は、莫大な資金をえて、政府高官ともつながりをもち、李承晩が日本政府の要人と会談したいと要望したときも、仲介したらしい。また、児玉誉士夫は、CIAともつながりがあって、大変な大物だった。そういう背景があったので、日韓国交正常化の立役者にもなれた。

尖閣諸島は間違いなく日本の領土である、は米国がそう決めたから、ということのようである。一方で、先日新聞で、井上清著、「「尖閣」列島―釣魚諸島の史的解明」という本の広告をみた。この本は歴史的に、尖閣諸島は中国領である、と主張する。ただ、その本に対するアマゾンでのあるコメントは、国際法学者・松井芳郎氏の『国際法学者がよむ尖閣問題:紛争解決への展望を拓く』(日本評論社、2014年)が論破している、という。ということで、いろいろ調べてみないとここで軽々しくいえない。

ともかく、11章は軽重はあるものの、とても勉強になった次第である。

ペリリュー・沖縄戦記(パート1)の続きであるが、ペリリュー島からパヴヴ島に戻ってきたスレッジと何人かの仲間は、つかの間の安息を楽しんだ。スレッジはその間、上位将校の面接を受け、もしや米国本国に戻れるかと期待したが、結局そういう話にはならなかった。一方で、また戦いの場に臨みたいような複雑な気持ちももった。その都度、死の恐怖に襲われるのに、である。人間心理は不条理である。

クリスマスには七面鳥が振る舞われ、盛り上がったが、1945年2月になると、硫黄島の戦いのことを聞いた。すなわち、日本軍はペリリュー島での戦略を洗練させ、一層米軍を苦しめ、硫黄島での米軍の死傷者は、ペリリュー島の三倍にも達する激戦だった。

スレッジの所属する海兵隊の中隊は、ガダルカナルでの訓練を経て、3月27日、戦艦を含む大規模な船団として武装輸送艦で沖縄へと向かった。

沖縄へのDデイは1945年4月1日だった。慣例によりその朝は、ステーキと卵焼きが振る舞われた。上陸する海岸は嘉手納飛行場に面した海岸だった。例によって戦艦による激しい艦砲射撃の後の上陸となった。ペリリュー島での経験から、当然に水際での激しい攻撃を受けるものと覚悟していた部隊は、上陸時にほとんど何も攻撃がないことに拍子抜けした。

上陸時だけでない。スレッジの所属する中隊は、上陸してから約一か月も戦闘らしい戦闘も経験しないですごした。ふと、このまま戦争は終わるのかと錯覚するほどだった。しかしそれは、沖縄戦を指揮する牛島中将たちの深謀遠慮であって、敵を引きつけて叩くという縦深防御戦法だった。

5月1日、ついに中隊は戦闘に遭遇した。折から沖縄に豪雨が降り、中隊はぬかるんだ沼地のような大地に苦しめられた。激しい攻撃に、中隊は多数の死傷者を出した。

結局、米軍は膨大な死傷者を出しながらも、圧倒的な火器と物資の優位を利して、次第に占領地点を広げていった。5月15日の大名での戦闘は、ペリリュー島での戦闘に匹敵するくらい激しいものだった。ペリリュー島と違って、沖縄戦では米軍も死者を後方に連れ戻る余裕もなく、結局死者は当面放置された。

5月21日からはさらに激しい豪雨となり、高温と多湿は死者の体の腐敗を促進し、戦場には耐え難い悪臭が漂った。

5月29日になると、米軍は、日本軍の司令本部があった首里高地に攻め入り、沖縄戦は激しさを増した。しかし、6月中旬からの国吉丘陵の死闘こそが米軍にとっても最も厳しいものだった。死者が続出し、まさに敵や味方の屍とともに寝るような悪臭の沼地の劣悪な環境はベテランの歴戦の強者さえも発狂者を続出させるほどであった。スレッジが、肉体的にも精神的にも倒れないで発狂もしないでなんとか持ちこたえられたのは不思議である。スレッジは、後に本国に戻ってから大学の鳥類学の教授になるくらいだから、知性がある方なのだろうが、知性が発狂をふせいだのだろうか。だとしてもその理由は自明ではない。

ほぼ沖縄戦の収束がみえたとき、スレッジは、日本軍の残党を掃討するというとても嫌な仕事を命令された。それは洞窟に潜む日本兵を掃討することが主要な目的だったが、そこでは火炎放射器が威力を発揮した。恐れていたが、日本軍からの目だった反撃は最早なかった。

そして、6月21日、沖縄の日本軍が降伏して、沖縄戦は終わった。沖縄戦での米軍の死者・行方不明者は7613人で、精神を病んだ兵士は26221人にも及んだ。いかに沖縄戦が精神的にも辛いものであったかが分かる。

しかし、日本軍の沖縄戦での戦死者は、107539人で、米軍よりはるかに多く、さらに悲惨なのは、民間人の死者が42000人もいたことである。それはたまたま戦火に巻き込まれたというには多すぎる数であり、こうなることを懼れて、牛島中将は予め民間人を別の場所に移送しようとしたが、諸般の事情で移送しきれなかった。ともかく、ペリリュー島や硫黄島のような基地が戦地になるのに比べ、市街地が戦場になるのはあまりにも苛酷でなんとか避けなくてはならない。

なお、スレッジがここまで克明な戦闘記録を記憶にだけ頼って書けたのかと怪訝に思っていたところ、敬虔なるクリスチャンであるスレッジは、戦争に一冊の聖書を携えたという。それにことある毎に出来事をメモ書きしたらしいが、それは普通なら、血糊や豪雨で泥地で破損したはずのところ、ペリリュー島で戦死した日本軍の兵士がもっていた防水性のゴム袋を拝借して、それに聖書を入れていたのだという。それでなんとか最後までメモ書きが保てたということらしい。

なんにしても、ペリリュー島とそれに続く沖縄戦の激戦を生き抜くなど、通常の戦争の悲惨さ、残酷さを超えて神がかっているとしか言えない。

古書店で、ユージン・B・スレッジ「ペリリュー・沖縄戦記」伊藤真/曽田和子訳、講談社学術文庫を見かけたとき、とりあえず買ったのは、戦史好きな私の嗜好だが、一方で、なんかとても重そうで、数ヶ月放置していた。

ところが、リオ・オリンピックが終わってしばらくたつと、急にこの本を読みたくなった。なにか愛国心を鼓吹されたのだろうか。

さて、ユージン・B・スレッジは、マリオン・ミリタリ・インスティチュートに在籍していた1942年12月3日に、海兵隊への入隊を志願した。両親は、海兵隊に入ると砲弾の餌食になると心配したが、ユージンの決意は固く、結局海兵隊に入隊した。

海兵隊に入隊しても、すぐに訓練があるわけではなくて、ジョージア工科大学で授業を受けたりした。ところがある日、バスに乗ってサンディエゴに行くことになった。海兵隊のブートキャンプ、すなわち新兵訓練所である。そこで、ライフル、行軍、戦地の心構え、など徹底的に教育され、訓練された。所属は、第一海兵師団第五連隊第三大隊K中隊となった。

そこから、キャンプ・エリオットに移動し、最新兵器など学んだ。そこで実地訓練を受けたあと、ついに1944年2月28日、サンディエゴから輸送船で、ニューカレドニアに向かった。

ニューカレドニアでは、銃器訓練、上陸訓練、対日本軍の知識などを学んだ。1944年5月28日、軍用輸送船に乗り、ラッセル諸島へ向かった。ラッセル諸島では、第一海兵師団のあるパヴヴ島に滞在し、訓練を重ねた。そこでは日本軍がいかに悪辣か吹き込まれ、日本軍に対する憎しみを増幅した。

8月下旬には、パヴヴ島での訓練を終え、ガダルカナルに向かった。そしてそこでも上陸訓練など繰り返した。

そこで、行先が、ペリリュー島と聞いたが、どんなところか全く想像もつかなかった。ともかく小さい島で、日本軍がそれほど準備しているとも思われなかったので、米軍の首脳部は多少の犠牲は覚悟しなくてはならないが、三日もあれば制圧できるだろうと高をくくっていた。

そうしていると、ペリリュー島へのDデイである9月15日が迫ってきた。スレッジは、初陣であり、この闘いで死ぬ確率もかなり高いと考えると、不安で夜寝れなくなった。そして輸送艦でペリリュー島に近づき、9月15日の朝になると、Dデイの朝の恒例で、朝食はステーキと卵焼きだった。しかし、スレッジにとって不安でそんな朝食は砂を噛むようだった。

上陸する前に、米国海軍の戦艦は、ペリリュー島に激しい艦砲射撃を嵐を見舞った。それから、スレッジを含む海兵隊員たちは、アムトラックと呼ばれる輸送用車両で海岸から上陸していったのだが、予想どおり水際で激しい日本軍の攻撃があり、この時点でかなりの死傷者が出た。なお、この本では、日本軍はジャップではなくニップと呼ばれることが多い。Nipponをもじったのだろう。

日本軍の攻撃はあまりに激しいので、アムトラックでの追加の物資補給もままならなかった。ともかくスレッジたちは上陸して、ペリリュー島の空港の方へ向かった。空港を制圧して空路を確立することが喫緊の任務だったからである。

日本軍もそれを心得ているので、空港で激しい銃撃を行ってきた。それでも、海兵隊員たちは、銃弾の雨が降る中を、援護もなく空港を突破して走り抜けるように命令された。スレッジは、ペリリュー島と沖縄の戦闘を通じて、この空港突破ほど恐ろしい体験はなかったと告白する。じっさい、ここで多くの海兵隊員が死傷した。

しかも、夜になると、日本軍は得意の夜襲を仕掛けてくるので、塹壕でおちおち眠れない。ガダルカナルの戦闘で日本軍は無駄な自滅攻撃を行ったと批判されたが、ペリリュー島の日本軍はそういう反省も含めて訓練され、ずっと洗練されていた。個々の兵士の練度も高く、無駄弾を撃ってくることもない。追い込まれてもバンザイ攻撃のようなただ徒に命を無駄にする行動は採らなかった。

しかもペリリュー島は熱帯にあって、日中気温はなんと45℃にもなる。飲み水の補給もままならず、スレッジは塩の錠剤を飲んで耐えた。どの海兵隊員も激しい渇きと不潔と死の不安に慄いていた。とても生還できるとは思えなかった。しかしスレッジは、空耳のように「お前は生還できる。」という声を聞いた。周囲の誰も反応しないので、やはり自分だけに聞こえた空耳だったのだろう。しかし神の声だとしても不思議だった。

ところで、意外だったのは、米軍は、どんなに激しい戦闘であっても味方の死傷者を後方に運ぼうとすることである。日本軍は担架を担ぐ人達に対しても銃撃を容赦しないが、激しい戦闘なので仕方ないだろう。日本軍は基本的に味方の死者は放置していたが、それは兵力が不足しているので余裕がなく、やむを得ずそうしていたのだと思う。可能なら誰だって味方は救護したいはずである。

米軍首脳部の甘い予断では三日でペリリュー島は制圧できるということだったのだが、9月18日の時点で既に海兵隊は膨大な被害を受けており、戦局の見込みは立たなかった。

それでも圧倒的な物資と人員に優る米軍は、最初の一週間の戦いで、ペリリュー島の戦略的に重要な地点はすべて占領し終えていた。その代償は、3946人の死傷者だった。しかし、日本軍の人的被害の方がはるかに多い。

やはり物量と人員の優位には、どんな戦意も戦略も練度も、ある時間を経ると敵わない。なにしろ、米軍は損害を受けても、海路と空路を介して陸続と補給があるのである。補給といえば、スレッジの記述で、ええっと思ったのは、米軍は一定期間戦うと、後方から交代部隊がやってきて、後方に引き下がって休息がとれることである。そこで睡眠と食料を与えられて十分英気を養ってからまた前線に出ていく。こんなシステムをとっている米軍に対して、日本軍が士気と練度と戦略でいくら優っていても、ある有限の時間のうちに負かされてしまうだろう。なにしろ日本軍には補給もなければ交代要員もいない。時間が経つと必ず疲弊し物資は尽きてしまう。まさに戦略のε-δ論法である。

そういう意味では、十分な物資と交代要員をもちながら、米国海兵隊員の疲労と不安と苦痛は人間の限界を超えていた。すると、物資に欠乏する日本軍の兵士たちの苦痛や耐え忍ぶべき困難はどれほどであったろう。ちょっと想像もつかない。

さて、スレッジはある種の偶然と幸運により、膨大な被害をうけた海兵隊にあって、なんとか生き延び、ペリリュー島の戦いはまだ終わっていないが、9月15日のDデイから約50日ほど経過した10月29日にパヴヴ島に無事帰還した。

ここからは沖縄戦になるが、長くなったので稿を一旦打ち切り、あとはパート2とする。

昔から耳学問により、徳川時代の思想家になんとなく興味はもっているのだが、なにしろ知識が皆無に近い。日本思想史という意味では、当然であるが、空海や、道元、菅原道真など偉人は沢山いるのだが(といいつつ、知識がないのであまり列挙できない)、戦国時代を経て、徳川家康が日本を統一したことで戦乱の世が安定し、すると文化が栄えるので、徳川時代には多くの思想家が輩出した。そして特に徳川思想は明治に継承され、現代日本にも相当流れ込んでいるので重要であろう、みたいな認識で、この際、私の普段からの興味とはいささか遠いのだが、たまたま古書店でみつけた、源了圓著「徳川思想小史」中公新書を読んで、自己メモとして簡単にまとめてみることにした。なにしろ前提知識がないので、随分的外れなことを書いてしまうかもしれないが、それはそれで綾である。

さて、徳川思想は、朱子学から始まる。なぜ徳川幕府が経世の学問として朱子学を選んだのか、いくら考えてもわからない。というのは、私の知る限り、朱子学は思弁的な哲学体系であり、あまり政治に役に立たないのではないか。しかし、それは朱子学の一面にすぎず、朱子学が林羅山によって受容されたとき、上下定分の理、すなわち身分固定の思想として理解されたという。朱子学は多様な側面をもつのであって、武士の公的世界への責任感を引き起こしたり、あるいは朱子学には尊王論の一面もあり、徳川時代末期に水戸藩の思想的根拠になった。あれっ、水戸藩がその拠り所としたのは国学ではなかったか。それとも国学も朱子学の分派とみるのだろうか。全く何も分かってないので、困ったものである。

林羅山の学風は、山崎闇斎に受け継がれた。山崎闇斎は熱心な教師であったが、圭角の人であり、弟子たちは畏れていたらしい。ともかく山崎闇斎の基本的思想は「敬」の概念であり、その厳格な性格ですぐれた業績を残した。

朱子学の文脈で他に挙げられるのは、貝原益軒と新井白石である。貝原益軒といえば、「養生訓」を読んだことがあるが、医学啓蒙書のように感じた。じっさい、貝原益軒はベーコンに比すべき経験的合理主義者だったという。新井白石は歴史研究に新しい側面を拓いたのだが、彼も朱子学者に連ねられるのだろうか。

次は知行一致で知られる陽明学であるが、果たして陽明学が一度でも徳川時代にメジャーになったことがあるのだろうか。しかし、陽明学を受容した学者として、中江藤樹や熊沢蕃山がいる。結局陽明学はメジャーにならなかったが、西郷隆盛など討幕派たちの心術に影響を与えたようである。

さて、朱子学を儒学の一派とみたとき、始祖の孔子の教えからかなり乖離しているのではないか、と考えたとしてもおかしくないだろう。そこで原点回帰として古学が現われた。典型的には山鹿素行、伊藤仁斎、伊藤東涯、及び荻生徂徠である。古学者は、中国の古典的儒教文化に対する尊敬の念を持ち続け、そこに普遍的な人間的理念が展開されているとみなして、自己の人間性を培おうとした。これは果たして、マルティン・ルターが聖書そのものに拠ろうとしたことと似ているのだろうか。

徳川時代のように平和が長く続くと、武家よりも商人が幅を利かせてくる。そして商人、あるいは町人の思想として特筆すべきは、石田梅岩の心学である。石田梅岩は、商人の活動を神儒仏老荘で基礎づけた。まるでプロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神の文脈におけるカルヴァンのようではないかというアナロジは浅薄すぎるか。

そして、私にとって徳川思想の精髄というか繚乱のような開明思想に言及する。その担い手は富永仲基、三浦梅園、前野良沢、平賀源内、杉田玄白、山片蟠桃、海保青陵に言及する。これらの担い手は、蘭学などにも配慮し、自分の頭で合理的に世界観をつくりあげようとした。私は個人的には富永仲基、三浦梅園、山片蟠桃に特段の興味があるが、なにしろほとんど知識がないのだから、乃木坂46に対する興味とあまり変わるところがない。勉強しなくては。

さて、経世家の文脈で安藤昌益が言及されるが、彼はユートピア思想家であれ、経世家と呼ぶにふさわしいのだろうか。ちなみに、私が浮気をしないのは安藤昌益の教えに従うものであるが、単に女性にもてないから、という説の方が有力である。

駆け足できたので、もう国学に言及することになった。国学も古学と同様に朱子学を離れて原点回帰しようするものであるが、古学が孔子以前の先王の道に還ろうとしたのに対して、国学は、典型的には古事記、万葉集などに綴られている日本の古道に還ろうとするものであった。国学の創始者として挙げられるのは、契沖である。契沖は日本の古い文芸を研究することで日本古来の思想を探ろうとした。

契沖に続く国学者は荷田春満である。荷田は、神社の神官の子として生まれ、神道と歌学を基礎として自己の学問を形成し、国史、律令にも研究を広げた。

その荷田春満の弟子のような存在なのが、賀茂真淵である。賀茂真淵は古歌の研究を推し進めた。そしていよいよビッグネーム、本居宣長の登場である。その基準が私にはわからないが、徳川思想のビッグスリーは、伊藤仁斎・荻生徂徠・本居宣長だそうである。高校の日本史の教師は、ここ、試験に出るから憶えておこうね、というのだろうか。

本居宣長は、荻生徂徠の影響を受けて古文辞学に熟練し、実証的学問としての国学を確立した。

そして最後に挙げられる国学者として平田篤胤がいるが、私は平田篤胤の名を聴くとちょっと暗澹としてしまう。なぜなら、戦時中に軍部は、平田篤胤の思想をわざと誤解して、狂乱的な国粋主義に走ったからである。

次は幕末志士の思想である。幕末志士の思想というとどうしても、後期水戸学派が外せない。桜田門外ノ変で井伊直弼を斬ったのは、水戸藩士だった。

一方、幕末改革思想の担い手は、佐久間象山、横井小楠、吉田松陰である。佐久間象山は西洋思想を積極的に取り入れて、日本を強化しようとした。横井小楠は、世界の中の日本の位置づけ、外交など思索を続けた。吉田松陰は、攘夷論から出発し、一君万民の思想まで高めた。

以上、とりあえずキーワードを皮相的に並べたにすぎないが、ここをstemにして、徳川思想の勉強をしていきたいと思う次第である。

昔から、歴史は(も?)苦手なのだが、なぜかフランス革命に興味があって、フランス革命に関する本を数冊読んだのだが、どうもピンとこない。比較的最近読んだのは岩波文庫のマチエ「フランス大革命」ねづまさし、市原豊太訳、上・中・下の三巻なのだが、上を読み終えたところで挫折してしまった。原因はどうも、沢山登場人物が出てきて、混乱してしまうようである。

ともかくそんな私なので、古書店で、シュテファン・ツヴァイク「マリー・アントワネット」中野京子訳、角川文庫、上下巻、を見かけたとき、とりあえず買っておいた。

果たして読む気になるのかなと怪訝だったが、何かの偶然で比較的短い積読期間で読み始めた。中野京子さんの翻訳が、とても読みやすいのがよく、ぐいぐい引き込まれた。

さて時代は18世紀、オーストラリアのハプスブルグ家と、フランスのブルボン家は、長年戦争をしてきたが互いに疲弊し、なんとか講和しようとした。そのためには互いに親戚になるのが一番である。そして、ときのハプスブルグ家のマリア・テレジアの末娘、マリー・アントワネットが、ブルボン家のルイに嫁ぐことになった。愛も恋もない完全な政略結婚である。ところがルイはまだ16歳、マリー・アントワネットは14歳。

しかし、若さ以外の問題があった。ルイが性的に不能だったのである。それは7年後、ルイが手術を受けるまで続いた。そのことが負い目になって王子は王女にわがままを許した。

ところがマリー・アントワネットは名うての遊び人で、贅沢好きで、勉強嫌いだった。まともに人の話を聞かず、誰に対しても上目線で、やりたい放題。それでルイ15世の妾とも衝突し、問題は大きくなってフランスとオーストラリアは一発触発の危機になった。

そこでマリア・テレジアはもてる外交手段を駆使してなんとかことを収めたが、手紙でマリー・アントワネットをこっぴどく叱った。こういうこともあろうかとマリア・テレジアは、ベルサイユに、目付け役のメルシ伯爵を送り込んでいた。

しかし、根性が入った遊び人であるアントワネットはこれくらいでは懲りない。またやりたい放題し始め、マリア・テレジアは気が休まる暇がなかった。

そうしているうちに、ルイ15世が崩御し、アントワネットの夫がルイ16世になり、アントワネットはなんと王妃になった。こうなるとアントワネットは怖い物はない。思う存分権力を振るうことができる。

王妃になってもアントワネットは、特定の限られた気に入った人以外には気遣いを全くせず、宮廷で評判が悪かった。

それでけやりたいことをやっても、アントワネットはベルサイユにいることが退屈になってきて、トリアノンに、自分のお気に入りの邸宅を建てさせた。それはそれは贅沢を尽くしたもので、いちいちアントワネットの好みを入れたので、費用は国家予算に影響を及ぼすほどだった。

トリアノンが完成するとアントワネットは、トリアノンに入り浸ってほとんどベルサイユに出向かないので、ベルサイユのアントワネット付の人々は失職しそうだった。こうして宮廷では、反アントワネットの気風が渦巻いた。

それなのにアントワネットはトリアノンに籠って仮面舞踏会やギャンブルなど、おおよそ王妃に相応しくない行為に耽った。そんな噂はフランス中に広まり、アントワネットは反感を買った。それでもアントワネットは街に出かけて行って国民に愛想を振りまくことをしなかった。

そんなとき、オーストリアから兄のヨーゼフがベルサイユを訪ねてきた。一つの目的は、おてんば王妃のアントワネットを諌めることだったが、もう一つはルイ16世と、男同志の話をすることだった。その話の具体的内容は分からないが、性的不能を治す手術のことだったらしい。その後ルイ16世は男性機能を回復し、ついにアントワネットとの間に男二人、女二人の子供をもつに至った。

そのときから、アントワネットは母としての自覚がでてきて、真面目に子供の面倒をみるようになった。しかし、それはつかの間の平和だった。なぜなら1789年、民衆が蜂起して、バスティーユ牢獄を襲撃したのである。

しかし、ルイ16世もアントワネットも、ただ革命を、民衆を敵視するだけで、きちんと時代の流れを把握しようとも、何か手を打とうともしなかった。

それだけではない、プロヴァンス伯爵やオルレアン公は、謀略をもってルイ16世とアントワネットを陥れようとした。

そんなとき、アントワネットの目の前に、スウェーデンの貴族、ハンス・アクセル・フォン・フェルゼンが現われた。そして二人あっという間に恋におち、その愛は終生衰えることがなかった。

さて、暴徒と化した民衆が、ベルサイユに迫ってきた。しかし、ベルサイユにはラ・ファイエット率いる国民軍がいる。ところがルイ16世が全く適切を欠く指示をするため国民軍はうまく働かない。こうして、民衆たちに引き立てられて、王家一族は、ベルサイユから、ルイ14世が住んでいた旧宮殿に連れてこられた。

そんな王家に援助を申し出た者がいた。ミラボーである。ミラボーは、王家と革命軍の間に立って、なんとか王家の立場を修復するように獅子奮迅の努力をしてくれたのだが、結局過労死してしまった。そしてミラボー亡き後、王家の立場は却って悪化した。

そして、これはいよいよ国外に脱出するよりないと、王家の国外脱出計画が周到に建てられた。それは成功の確率が高そうだったが、アントワネットの恋人、フェルゼンの懸命の策が却って裏目にでたり、その他やることなすこといちいち失敗して、王家一族はパリに連れ戻され、逃亡を図ったことでさらに立場が悪化した。

責任を感じたフェルゼンは、見つかれば惨殺されることが必至なのに、変装してアントワネットに会いにパリにやって来た。そして、ついに一夜をともにした。もう会えないだろうと決死の覚悟だった。

アントワネットは、こうなったらプロイセンとオーストリアの連合軍をフランスに攻め込ませるよりないと、フランス軍の動向を教える手紙をオーストリアに密かに送った。果たして連合軍はフランスに攻め入ってきたが、そのことが革命軍を一層激高させ、王家はタンプル塔に幽閉された。

そして、ルイ十六世が裁判にかけられ、あっさりギロチン台で死刑になった。いくら最早愛情はないとはいえ、長年連れ添った夫が亡くなったのはショックで、度重なる心労でアントワネットは白髪、老婆のような容姿になってしまった。まだ年齢は30台である。

しかし、容姿は衰えてもそこは元王妃、アントワネットには不思議な魅力があり、刑吏も日々アントワネットに出会う度に次第に、なんとかアントワネットに尽くしたいと思うようになっていった。そして、ある貴族がやってきた。刑吏に賄賂を与えているので、誰も咎めない。そして、アントワネットに逃亡を示唆するメッセージを残していった。ところがスパイにみつかり、あっさり計画は中止になった。

これで終わりかと思ったら、今度は、王党派のド・バッツ将軍が豊富な資金を駆使して、アントワネットを救出する計画を立てた。これは成功しそうだったのだが、偶然に邪魔か入り、見咎められたアントワネットはついに、子供たちからも引き離され、コンシェルジェリの独房に入れられた。そこに入るということは、やがてギロチンにかけられるということとほとんど等しい。しかし、アントワネットは最早死を恐れていなかった。ただ、子供たちと引き離されたことだけが残念だった。そして、フェルゼンともう会えないことも。

そこからさらにカーネーション事件というのが起き、いよいよアントワネットは追い詰められて、地下の日の射さないじめじめした独房に入れられてしまった。そしてついに裁判が始まった。

そこでは、あることないこと、罪状が読み上げられたが、どれ一つとして確たる証拠はなく普通の裁判ならあっさり無罪になるところだった。ところが、アントワネットの国選弁護士は何もきちんと弁護できない。というのは、ルイ16世の弁護士は、正義感が強かったのか実質的な弁護をしたところ、あとで王党派とみなされてギロチンにかけられた。まさに恐怖政治だった。

それでもアントワネットは、臆することなく立派に反論した。裁判官もたじたじだった。しかし出来レースなので、死刑の結論ありき、アントワネットは従容と死に就いた。とっくに覚悟はできていた。というよりもここ数年死よりも辛いことの連続で、死こそが待ち望んだ安楽だった。

残念なことに、アントワネットの死は、故国オーストリアになんら反響を呼ばなかった。ただ、オーストリア皇帝は、そうしないと不自然というだけのため、形式的な喪に服した。

唯一恋人のフェルゼンだけが、アントワネットの死を自分の死と同様に捉え、沈鬱になった。

ところで、シュテファン・ツヴァイク「マリー・アントワネット」は、最大限の客観性を以て書かれているので、かなり信頼がおける伝記になっていると思われる。そうしてみたとき、私がいままで聞いたアントワネットの俗説は、かなり違うと思われる。なにかアントワネットのことを悪く言っておけば、どんなデタラメを言っても許されるみたいな時期があったのだろうか。

ともかく今度は、マチエ「フランス大革命」などで外側からアントワネットについての記述を読んでみることにする。マリー・アントワネットは、私が想像していたよりもはるかに多様で複雑な個性の持ち主のようであるから。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち歴史カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは日常です。

次のカテゴリは災害です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。