災害の最近のブログ記事

台風一過

user-pic
0

9月21日は関東を台風が直撃するとのことで警報が発せられていたが、能天気な私は何も深く考えず出社した。午前中発明の会議があったからである。

会議が終わってみると、社内がなんとなく落ち着かない。台風で交通機関の乱れが予想されるので、早退が呼びかけられるらしかったが、まだ社内放送もないし、依然として私は能天気に仕事に打ち込んだ。

午後になると風雨がひどくなってきて、いよいよ社内放送があり、本当に帰宅する人達が増えてきた。しかし私は、これくらいで電車は止まらないだろうと高をくくって、会社に居残っていた。それでも、帰宅すべきだとしつこく言われるので、午後3時頃、流石に帰宅することにした。

会社から駅までの道のりは、風で傘の骨が折れ曲がり、風雨は容赦なく私の体を濡らした。それで駅に着いたときはすっかり濡れネズミで、ゲゲゲの鬼太郎に出てくるネズミ男もかくや、という有様だった。

ところが駅に着くと、電車は全面運休で、駅からタクシーを拾おうにも、タクシー待ちは長蛇の列だった。それで駅から歩いて帰宅することを考えた。実際、3月の大震災で電車が運休になったときは、1時間かけて歩いたことがあり、今回も歩いて歩けないこともないだろうと楽観視し、止せばいいのにほとんど傘の役割を果たさない折れ傘を握り締めて歩き始めた。

しかし雨と風は、私に30メートル以上も歩くことを許さなかった。そこで私は、ちょっとずるいことを考えた。というのは、普通に駅でタクシーを待つと長蛇の列だが、少し駅から離れて待つと、お客さんを送り届けて駅に戻ってくるタクシーを待ち伏せすることができる。そういうのはアンアェアかと前にあるタクシーの運転手に確認したことがある。すると、駅からある程度の距離があればいいのではないかと言われたことがある。そこで、もう少し駅から離れる距離まで歩いて、タクシーを待った。

すると意表をついて、駅に向かうタクシーではなく、駅からやってくるタクシーに空車があった。意外に思いつつ手をあげるとなんとかタクシーに乗れた。聞くと、当該の駅をフランチャイズとするタクシーではなかった。フランチャイズでないので、駅でお客さんを乗せてはいけないという仁義がある。しかし、これも「駅からある程度の距離」という法則が利いて、ここならお客さんを乗せてもいいのではないかと、そのタクシーの運転手はいう。

タクシーの運転手は、私好みの会話が好きなタイプで話が弾んだ。すなわち、こんな風雨の日は運転したくない。なぜなら風でいろいろなものが飛んできて車体を傷つけるからだという。しかし稼ぎどきなのでタクシー会社は休ませてくれないという。なるほど、当たり前である。ともかく私が千載一遇のチャンスを拾った証拠に一台もタクシーが走っているのを見かけなかった。

帰宅してみると、都内に出かけた家人が経堂駅で足止めを食らっているという。台風でそこまでしか電車が運行してないのである。そこで、ちょっと休憩して、車で迎えにいくことにした。こんな風雨に一般道を通ると渋滞必至なので、東名で行くことにした。

ところが東名の横浜町田インターの乗り口までの道のりの長いこと、途中で、木が倒れてる箇所があって、作業のため一車線が使えなかったところもある。ようやく東名に乗ると、こんな台風に都内方面に行く人は多くないのか、あまり渋滞していなかった。ところがちょっとトイレに行きたくなったので、最寄の港北サービス・エリアに入った。そこでトラブルがあった。駐車してドアを開けたらそこに突風がきて、隣の車のドアに当たって傷つけてしまった。幸い、その車の運転手は紳士的な若い男性だったが、警察を呼んで調書をとっていると1時間もロスしてしまった。不注意による自業自得である。駆けつけた警官は、今日はこの手の事故が多いんです、と感慨なげに言った。そうして調書を作成すると、相手の男性に、あとで保険会社から連絡させることを約束して、その場を逃げるようにまた高速に乗った。

そういえば相手の男性は、あなたは悪くないです、台風のせいですといってくれた。考えられる最も紳士的な対応であろう。しかし事故は事故で不愉快になるのは避けられない。引き摺らないように気持ちを切り替え、あとは安全運転して経堂駅に行って無事自宅に帰った。ナビを使ったので道に迷うこともない。しかし、運転がもともと得意でない私には、一度も言ったことがない都内に、ナビとはいえ行って帰るのは結構なチャレンジで、無事帰ってきたときはどっと疲れた。

次の日に、保険会社に連絡をとって手を打った。自分で交渉しなくていいというのは助かる。こうしてまあ、結構な台風で濃密な一日だった、と思い起こしている次第である。本来、台風の日に私の運転技術で遠方まで出かけるのは実は危険であった。車は横風を受けて軋むし、いろいろ物が飛んでくる。そもそもが東名は、強風で下り方面が不通になっていたほどである。

実は、自動車保険の更新のタイミングで、運悪く事故を起こしたことで、保険料が直前で数千円も嵩上げされてしまった。なんという間の悪さだろう。

しかし、ものは考えようで、「ブラック・スワン」のナシーム・タレブによれば、小さい事故の発生は致命的な事故の発生確率を減らすのだという。それはどうやって証明するのか分からないが、ともかく無事だったことに感謝するとしよう。

福島第一原発の事故があってから私は、放射線の影響などの記事で、過度に放射線を怖れる必要はないと書いた。

しかし当然に、世間の風評は私の思惑に沿うはずもなく、放射線恐怖症はとどまることを知らない。例えば、放射線を含む干草を食べた牛の肉の出荷が自粛になったのをみて、私は唖然とした。干草自体の放射線が大した量でないのに、それを食べた牛の肉にどれほどの放射線量が反映するというのだろう。非合理にもほどがあるが、マスコミは煽る一方である。

また、この関東地方の微量な放射線量に怖れをなして移住を考えている人もいるらしい。ご苦労様、お好きなようにといいたい。

しかし、「人は放射線になぜ弱いか」第3版、近藤宗平著、講談社ブルーバックスと似た趣旨で、是非とも読んで戴きたいのが、「放射能と理性」、ウェード・アリソン、峯村利哉訳、徳間書店である。この本を私は、池田信夫氏のブログで知った。この本は、原発を推進するために二酸化炭素地球温暖化説を持ち上げるのが気に食わないが、その他の点は、「人は放射線になぜ弱いか」と論旨はほぼ同じである。私なりに要約すると次のとおりである。

  1. LNT(しきい値なし直線)モデルは、細胞の自己修復機能を考慮に入れていないので妥当ではない。細胞を橋だとし、放射線を橋に対する衝撃だとすると、日々補修される橋は衝撃を累積しない。
  2. 放射線医学の統計によると、瞬時で100ミリシーベルト、1ヶ月の累積で100ミリシーベルトまでで人体に実質的な影響はない。
  3. 累積線量が10グレイ以下では障害はみられない。
  4. ウランは世界に遍在する有利な資源である。

そうはいっても、核兵器に対する世界的にネガティブな感情が原子炉と放射線の評判に悪影響を及ぼしている。しかし、原子力なしのシナリオは、地球温暖化のせいではなく、エネルギー資源の活用の欠如として、ありがたいシナリオではないと信じる。

批判的でもよいので、「放射能と理性」、ウェード・アリソン、峯村利哉訳、徳間書店が広く読まれることを期待する。

共同通信によると、以下のような軽い事故があった。

6月20日午前7時25分ごろ、茨城県古河市上大野の市道で、集団登校していた同市立上大野小の児童5人の列に、前方から走行してきた乗用車が接触した。列の先頭にいた6年の男児(11)にサイドミラーが接触、外れたミラーが列の後方にいた3年の女児(9)に当たった。古河署によると、2人が腕などの打撲で軽傷。地元消防などによると、2人を含む2~6年の4人が搬送され、いずれも軽傷としている。

このニュースをみて思い出すのは、4月18日に栃木県鹿沼市でクレーン車が歩道に突っ込んで登校中の小学生6人が亡くなった事故である。5月12日にも、大阪市浪速区の国道1号線でタンクローリーが歩道に乗り上げ、男性が二人亡くなるという事故が起きた。

このように、車が走っている道路のそばの歩道を、普通に歩くということは実は結構なリスクなのである。

これは自分が運転する立場でも感じることで、狭い道路で他の車と行き交うときヒヤヒヤする。例えば、対向車が少しでもセンターライン(ないこともあるが)をはみ出したら、もし仮に私が運転の名手だったとしてもどうしようもない。しかも、私は名手から遠い。一方、私が突然クシャミしてハンドルをもつ手がぶれたらどうする。それだって危ない。

池田信夫氏は、リスクの理論を次のように指摘する。

  • 人々は劇的だが小さなリスクを過大評価し、ありふれた大きなリスクを過小評価する:テロや原発は前者、タバコや交通事故は後者だ。
  • コントロールできそうなリスクは過小評価される:飛行機事故はコントロールできないので恐いが、自動車事故は自分でコントロールできる(と思う)ので恐くない。
  • 人々はリスクの絶対量ではなく、新しいリスクに強く反応する:毎年、世界で300万人以上がエイズで死んでいるが、もう誰も話題にしない。

このように、自動車は運転者にとっても、そのそばを歩行する人にとっても、結構なリスクであるが、誰一人として、自動車の撲滅を叫ばないし、100%の安全性が保障できないと運転してはいけないなんていわない。また、排気ガスは結構な環境負荷である。

だから原発はどうよ、なんて私はいわない。いわないけど、本当に自動車は、原発より安全なんだろうか。

放射線障害

user-pic
0

放射線障害に関する考察は、当然に放射線の影響での議論で尽きている訳ではなく、折に触れていろいろ考えている。例えば、広島原爆資料館のページには、次のような内容が書かれている。

原爆の特徴は、普通の爆弾では起こらない放射線の影響によって人体に大きな被害が加えられたことです。広島に落とされた原爆の放射線の影響は爆心地から半径2、3キロ以内、特に900メートル以内にいた人に致命的な影響を与え、その多くは数日以内に亡くなりました。
 また、爆発後市街地が大火災になるとともに、強烈な火事嵐や竜巻が起こり、市の北西部の地域に「黒い雨」が降りました。この黒い雨の中には放射能を含んだススやホコリなどの放射性降下物が多量に含まれていたため、遠い所にまで放射線の影響が及びました。
 爆発後には、長時間にわたって地上に残留放射線が残り、直接には被爆しなかった人でもその影響を受けた人もいました。

私が驚くのは、「その多くは数日以内に亡くなりました」という記述である。すなわち、その記述は、わずかながら、その激烈な放射線の環境を生き延びた人がいた、ということを示唆する。放射線の影響に書いたように、短時間のうちに650万マイクロシーベルト以上の放射線に曝されると、死亡率は100%なのである。どう考えても、原爆投下直後の爆心地の放射線量が650万マイクロシーベルト以下だったとは思えないのだが。

実際、次のような記述が広島原爆資料館のページにある。

山下博子(やました・ひろこ)さん=当時18歳=は、6歳の弟と爆心地から800メートルにあった大手町の自宅1階で被爆しました。被爆後、2人はなんとかメチャメチャになった家の外に出ようとしました。彼女は体に37カ所もけがをしましたが、幼い弟は無傷でした。無傷だった弟は、21日まで元気にしていたのですが、突然高熱を発しました。たくさんの髪の毛が抜け落ち、その後激しく吐血(とけつ)し亡くなりました。
それからまもなく、お母さんが博子さんの髪をとかすと、いとも簡単に毛が抜け落ちました。当時の人は、髪の毛が抜けることは死が近いことを意味すると言っていたので、博子さんは弟と同じ運命なのだ、とあきらめていました。しかし、博子さんはその後驚くべき回復を見せ、後遺症に苦しみながらも47年に結婚。彼女の髪もだんだんと元どおりになっていきました。
何度か外科手術を受けましたが、彼女はいつも「弟の短い人生を償うためにも、一生懸命生きなければ」と勇気を出して生きようとしています。

なんと、山下博子さんは、爆心地から800メートルで被爆して、生き延びた。そんなことがありえるのだろうか。しかも、髪が抜け落ちるという典型的な放射線障害の症状を呈していて、普通は死期が間近であることを示唆する。それでも回復して生き延びたのは、よほどの放射線耐性の高い特異体質なのだろうか。

山下さんの弟さんは、被爆しても15日間は元気だった。このことは、強度の放射線障害であっても、瞬時という意味の急性障害にはならないことを意味する。すなわち、放射線は、細胞のDNAを破壊するが、それはその後の細胞の分裂時に効いてくるのであり、赤血球や白血球、その他出来合いの細胞の働きは当座は影響を受けない。

山下博子さんが生き延びたのは、放射線の影響で述べたような細胞のDNA修復機能、アポトーシス機能、あるいは肝機能などを駆使した、修復機能が強い体質だったのであろう。平均的な放射線障害修復機能の持ち主では生き延びれないはずである。

一方、弟さんが亡くなったのは、状況から考えてどうしようもないと思うが、それでも、もし仮に遺伝的に山下博子さんと同様の放射線障害修復機能をもっていたとしても、より若年であったことが災いしたのだろう。いかなる意味でも、より若い方が放射線障害としては不利である。細胞の分裂がより盛んであるからである。

こうして、一定の割合で耐放射線障害が大きい特異体質の人がいることが分かる。それは、酒に強いなどの性質と似ているのかもしれない。サリンなどに象徴されるように、化学毒は一般に、放射線障害より急性且つ激烈である。それは、人間が、放射線によって撹乱されるところの情報的マシンであるよりまえに、化学的マシンであるからであるが、それでも、怪僧ラスプーチンの青酸カリ耐性などの例もある。

それと何かの記事で、ドクダミが放射線障害に効果があると読んだことがある。その真偽のほどは明らかでないが、原爆で被曝した人がドクダミを摂ることで症状を軽減したとあった。Webによると、ドクダミの有効成分は、ケルシトリン、デカノニールアセトアルレヒド、ラウリンアルレヒド、メチルノニルケトンなどであり、生理作用としては、利尿作用、血行促進などがあるが、これがどう被曝に効くのか、医学にも薬学にも素人の私には不明である。

ともかく、どんな実際的意味があるか分からないが、放射線障害については引き続き勉強を続けてみることにする。

失敗の力

user-pic
0

日本ビジネスプレスによると、今回の東日本大震災の結果、悪化していた日露の関係が軟化したようであるという。

東日本大震災は、全世界に大きな衝撃を与えた。もちろんロシアにもだ。ロシアの政府や国民は今まで見られなかったような深い思いやりの気持ちで、日本国民に哀悼の意を捧げている。同時に、もしもロシアで同じような災害が起きたら、日本のように社会は秩序を保っていられるのかという心配もわき起こっている。

いや、長い共産主義の闇をくぐってきたロシア人の我慢強さも半端ではあるまい。今は単にロシア人は、日本人の災厄に同情を寄せているだけであろう。

しかし当然にそれだけではない。ロシア人の同情のかなりの部分が実は、福島第一原発の事故にあることは明白である。ロシア人にとってチェルノブイリ原発事故は、未だ癒えない古傷である。このトラウマを共有する相手は未だいなかった。米国のスリーマイル島の事故程度では共感しあえない。しかし、福島第一原発の事故が忽然と目の前に姿を現してきた。隣国として、韓国、北朝鮮、中国は、福島第一原発の事故現場から放出される放射性物質に露骨な嫌悪感を表してきた。損害賠償してもらうぞとヒステリックに叫ぶ政府高官もいる。しかし、ロシアは違う。やっと古傷をあらわにして語り合える同志をここに見出したのである。

また、原発事故によって日本がエネルギー不足に陥るだろうと、エネルギー分野担当のセチン副総理と話をして、日本への石油・天然ガスの輸出を増量するプログラムを打ち出した。

少し前までは考えられなかったことである。

2009年5月に東京で署名された日ロ原子力協定は、今年から実行される。福島第一原発の事故が収まれば、日本とロシアの間で、原子力に関する新しい協力体制が進められるだろう。ちなみにアメリカの「ニューヨーク・タイムズ」は、チェルノブイリ原発事故の経験を持つロシアの原子力技術が世界で最も信頼性が高いとしている。

よほど愚かでない限り、人は失敗から多くのものを学ぶ。いや、失敗からしか学べないといってよい。すると、チェルノブイリ原発事故を経験したロシアがいまや世界で最高の原子力技術をもっているとしても全く意外ではない。日本は、福島第一原発の事故の惨状を決して無駄にはしないはずである。また、原子力技術をみすみす捨てることもないはずである。日本はこれで、必ずや世界最高の耐震構造の原発を開発するに違いない。

災い転じて福となす、いや災い転じて福島第一である。安全基準を維持しつつ、福島第一原発の早い沈静化を願ってやまない。そして福島第一の教訓から学び、次につなげようではないか。

廃炉処理案

user-pic
0

読売新聞によると、東芝が日立製作所に対して、共同で廃炉処理を行う提案をしたという。以下、引用しつつコメントする。

東京電力の福島第一原子力発電所の事故に伴う廃炉について、東芝が日立製作所に対して、共同で廃炉処理を行う提案をしたことが13日、分かった。
メーカーである東芝と日立が、廃炉を行うというのは妥当であろう。

原子炉メーカーでもある東芝と日立は、独自に廃炉作業の工程や作業年数などを示した提案を東電に行っていた。4基が同時に重大事故を起こし、それぞれの廃炉作業を並行して行うのは世界でも例がない。爆発事故の影響で作業が難航する恐れもあるため、東芝が共同での廃炉処理を日立に呼びかけた。日立も、東芝と共同での廃炉処理について前向きな意向を示しているが、廃炉処理を終えるまでには10年以上かかるとみられる。

東芝は子会社の米ウェスチングハウス(WH)など米国4社と共同で、廃炉処理案を今月4日に東電に提出している。提案によると、東芝陣営は、最短10年程度で廃炉作業を終了するとしている。

ええっ、10年もかかるとは。チェルノブイリは確か、半年程度で作業を終えたのではなかったか。それとも、チェルノブイリのような石棺は行わないのだろうか。

具体的には今後、半年間程度で原子炉内の冷却作業とがれき処理を行い、さらに5年間で燃料棒や貯蔵プールの使用済み燃料を取り出す作業を行う。その後の5年間で建屋や原子炉の解体、土壌改良を行って更地に戻すとしている。

どうも石棺は行わないらしい。それにしても具体的に、放射性物質の飛散がいつ止まるのか、示してほしい。

一方、日立は、原子力事業を統合している米ゼネラル・エレクトリック(GE)や米プラント大手ベクテルなど7社による計30人の合同専門家チームを結成している。米スリーマイル島原発や旧ソ連のチェルノブイリ原発での復旧や処理作業にあたった経験を踏まえ、核燃料の取り出しや建屋・機器の除染、解体後の廃棄物の処分や最終的な解体までの作業・処理案を盛り込んでいる。すべての作業を終えるまでに約30年かかるとみられる。

ええっ、すべての作業を終えるまでに約30年? 私が生きているうちは無理ということになりかねない。まあ、私は関係ないが。それにしても、こういう解体作業を請け負う仕事は文字通り、ダーティー・ワークである。ご苦労様である。きっと仕事がダーティーであるほど心はクリーンという法則があるに違いない、知らないけど。

そう思っていたら、読売新聞により具体的な直近の計画があった。

東京電力は17日、福島第一原子力発電所の事故収束に向けた作業計画をまとめた工程表を発表した。

原子炉1~3号機では、発生した水素による激しい爆発の危険を避けるため、水素を追い出す目的で、炉心を取り囲む圧力容器と外側の格納容器の間に窒素を注入し、その後に真水で満たす「水棺」処理を実施。注入した水を循環させて炉を冷却する熱交換器も取り付ける。炉心が100度以下で安定する冷温停止状態になるまでには、最短でも6か月かかるとした。

なるほど、石棺ならぬ水棺とは、原子炉を止まらせるために様々なテクニックがあるものだ。なぜか土葬、水葬、火葬という言葉が浮かんだ。それでも、とりあえずの冷温停止状態に最短でも6か月とは、年内に冷温停止すればよし、ということか。

復旧

user-pic
0

今更いうのもなんだが、東北地方太平洋沖地震があって、東北地方の太平洋沿岸は壊滅的打撃を受けた。これを書いている4月中旬の時点では当然にまだ、東北地方は復旧は日暮れて道遠しである。なお、復旧でなく復興であるという人がいるが、それは言葉遊びだと思う。どっちでもいいではないか。

さて、私が住んでいる神奈川県だと、東北地方太平洋沖地震による影響は、かなり間接的であるが、記録的な意味で、被害と復旧の状況を書き留めておく。

  1. 電力
    電力は明らかにまだ不足で、本当に復旧するためには何年かかるかわからない。原発や火力発電所を新規に建造する必要があるからである。ただ、3月末に、とりあえず計画停電はなくなった。電力会社や企業が、2割程度節電して、なんとか需要を抑えているからである。ただ、夏場になると分からない。少なくとも、エアコンをがんがん効かすことは、罪とみなされるかもしれない。
  2. ガソリン
    ガソリンは、少なくとも3月21日頃までは、ガソリン・スタンドの給油待ちの車が長蛇の列で、短気な私は、到底並ぶ気がしなかった。車にまだ、半分程度ガソリンが残っていたせいもある。しかし、3月26日には、最早ガソリン・スタンドの給油待ちの車の列は見かけず、完全に復旧していた。思ったより早かったといえる。
  3. ペットボトルの水
    ペットボトルの水は、4月9日くらいになって、スーパーに普通に並ぶようになった。ガソリンよりも復旧に時間がかかるというのは、よく理解できない。ただ、まだ品薄ではある。まだ、往事の70%程度の供給かと思われる。
  4. 納豆
    納豆は、3月の終わり頃に、朝、スーパーに行けば、競わなくても買えるようになった。それで、午前中ならなんとか買えるという状態なのだが、夕方だと流石に売り切れている。まだ、往事の60%程度の供給かと思われる。
  5. 乾電池
    乾電池は、一時ほとんど姿を消していたが、4月のはじめ頃、単一を除き、戻ってきた。しかし、懐中電灯に使う単一は、まだ普通の店頭にはない。かなり増産しているようなのだが、もともとあまり消費されるものではないので、きっと余剰で困る日が来るだろう。
  6. 原発
    神奈川県で、マイクロシーベルトの数値が微妙に上がっているかもしれないが、福島第一原発の神奈川県に対する実質的被害はないとみる。ただ、原発の象徴的怖さのせいで、私が勤務している会社で、特に外国人が何人か、母国に逃げ帰ったのを聞いた。敵前逃亡ではないが、どうしてもこういう行為は腰抜けとみなされやすい。ただ、幼児を抱える家族がいるなら、理解できる。人間というものは飽きやすいもので、退避を迫られている身でないと、原発は話題にも上らなくなってきた。しかし、特に速やかに収束に向かっているわけではないので、引き続き、注視は必要である。

ところで、誰でも想像することであるが、東北地方太平洋沖地震レベルの地震と津波が、関東の沿岸、すなわち、東京・神奈川・千葉を襲っていたらどうなっていただろうか。すると、今では大抵のビルは耐震構造がしっかりしているので、市街地の被害は限定的だと思うが、下町では、倒壊と火事が起きたかもしれない。しかし、津波が来ると、お台場など、海岸にある施設は大変である。港区に海水が上陸するかもしれない。それでも、東京湾は三陸海岸と違って、リアス式でないので、津波の増幅作用は大きくないだろう。だから、私の楽観的観測では、関東に同規模の地震・津波が来た場合、経済的被害は東北より大きいが、人的被害は、東北より少ないのではないだろうか。東京・神奈川・千葉には原発がないのも大きい。

そもそも、江戸に津波が来たという歴史的な記述はないはずである。すると、東京に来るとしたら、一番ありえるのは、関東大震災級の直下型地震で、それはとりあえずの確率は高くないが、一応ありえる。実際、「地震のすべてがわかる本」土井恵治監修、成美堂出版によると、関東大震災は1923年で、その前の元禄地震が1703年である。そして現在の地震学の知見での予想は、次に起こるのは、今から100年以降である。現在の地震学は、規模はときどき間違えるが、周期については割合正確に言い当てていると思うのだが、楽観的すぎるだろうか。

私は、すべてのことを本を読んで学ぶといっていいくらいの読書マニアであるが、それにしても、東日本大震災があってから急遽、地震の入門書を買ったのは、あまりにも泥縄であった。

買ったのは、入門書はなるべく易しい本がいいという方針に従い、「地震のすべてがわかる本」土井恵治監修、成美堂出版というやたらビジュアルな本だが、それでも、地震学なんてまるっきり素人なので、いちいち、目から鱗だった。

この本によると、宮城県沖地震というのは、有史でも、何度も起きている。それを列挙してみると、

発生日規模津波
1793/02/17M8.2あり
1835/07/20M7.3なし
1861/10/21M7.4なし
1897/02/20M7.4なし
1936/11/03M7.5なし
1978/06/12M7.4あり
2011/03/11M9.0あり

最後の一行は、私が追加した。

これをみると、宮城県沖地震は、18世紀末から、30~40年周期でかなり規則正しく起こっており、残念ながら今回の東日本大震災も、過去の周期にほぼ沿っている。この本によると、宮城県沖地震の発生確率は、2001年から指数関数的に急速に立ち上がり、2041年までには必ず起こると書かれている。地震で、ここまで言い切れるものだろうか。そして、予定どおりこうして本当に地震が起きるものなのだろうか。実際、2011年の時点で、発生確率はなんと0.3まで高まっていた。

ところが読売新聞の記事には、「地震学の定説通じず」とある。なぜか。東北大学地震・噴火予知観測センターの松沢暢教授は、「ここで、マグニチュード9が起きるなんて、思ってもみなかった。」という。地震学によると、海溝型の地震は、海のプレートが陸のプレートの下に沈み込む境界で起きるが、M9クラスの大地震は、誕生して数千万年程度の比較的新しいプレートで発生すると考えられていた。新しいプレートは比重が小さく、沈み込む角度が浅くなって陸のプレートとの摩擦が大きくなる。すると、歪がたまりやすい。

しかし、太平洋プレートは、1億年以上前に出来たという古さで、比重が大きく、沈み込む角度は10~30度と深いので、マグニチュードは7程度と予想されていた。

さらに地震学の定説を裏切ったのは、広い連動である。宮城県沖で起きた地震は、北は三陸沖、南は茨城県沖に達した。地震学によると、東北・関東で、これほどの連動型の地震は起きないといわれていた。

ただ、上記の表以前の869年の貞観地震では、マグニチュード8の大地震が起き、大津波があったが、このときも連動型の地震であった。

連動型の地震は、プレート同士が固定した固着域で起こる。しかし、固着域の周囲の非固着域では滑るので、歪の蓄積を緩和する。東日本大震災を起こしたプレートでは、固着域はパッチ状に存在しているため、その周囲の非固着域が歪の蓄積を緩衝し、これほどの大地震までには至らないはずなのである。大地震を引き起こすためには、パッチ状に点在する固着域が1つの巨大な固着域として振舞っていた可能性があるという。しかし、既存の地震学では、そのような振る舞いを説明できない。

別の謎は、プレート境界の滑りである。今回の地震でのプレート境界の滑りは、最大で20~30mとみられる。しかし、太平洋プレートが沈み込む速度は毎年8cmで、すると、20~30mの滑りの蓄積になるには1000年かかる。普通は、100年単位で歪が解消されるので、なぜ1000年も歪が蓄積し続けるのかも謎である。

このように、東日本大震災は、地震学にとってもチャレンジなのであった。それを煽るかのように、4月11日の午後5時16分ごろ、福島県浜通を震源とする震度6弱の比較的大きい地震があり、午後8時42分ごろにも茨城県北部を震源とするM5.9の地震があった。これは少なくとも、太平洋プレートでの地震ではない。太平洋プレートとの連動で説明されるのだろうか。

天災と人災

user-pic
0

先日の東日本大震災はまさに天災であり、天災の定義を改めて与えるまでもないだろう。それでは、天災の反対の概念のように思われる人災の定義はどのようか。広辞苑によると、「人間の不注意などが原因になって起こる災害」のことで、すると、人間の過失によって起こる災害であるともいえる。例えば、ダムの設計ミスでダムが決壊するとか、血漿製剤に間違えてエイズウイルスが混入するなども人災といえる。

しかし私はあえて、人間の悪意によってもたらされる災害、あるいは災難も人災に含めてみようと思う。すると、原爆の被害は明らかに、米国政府が意図して引き起こされた災害であるがゆえに、私の定義では人災に含まれる。

ところで先日、Webのニュースをチェックしていたら、原爆と、今回の東北の津波の両方に遭った女性のことが報道されていた。すなわち、子供のとき広島にいて原爆に遭い、命の別状はなかったが、随分怖い思いをした。そして広島から東北の親戚に身を寄せて暮らしているうち、今回の津波に襲われ、これもなんとか一命を取り留めた、という次第である。そこで記者は、当然かもしれないが、原爆と津波はどちらが怖いですか、と聞いた。それに対する女性の回答は、原爆も怖かったが、津波の方がもっと怖かったというものだった。

それに対する私の感想は、いくらなんでも、津波より原爆の方が怖いだろう、より一瞬に多くの命を奪うのだから、というものである。もし原爆より津波の方が怖いと感じたなら、それは、原爆がはるか昔のことなので、記憶が薄れてしまったからだろうと思った。

すなわち、人災を上記拡張した意味で考慮するとすると、私は、人災はほとんどあらゆる場合に天災により怖いという思い込みがある。その根拠は、高校時代に習った漢文の授業にある。古文も漢文もとても苦手だったが、内容として興味深いものもあり、今でも鮮明に記憶している内容は、ある中国の山奥に住んでいる村民の話である。そこは人食い虎が出て、何人も食われているというとても問題の村であった。しかし村民は村を離れようとしなかった。そこを通りがかった旅人が、どうして安全な隣町に逃げないのかと聞いたところ、村人が答えていうには、ここは確かに虎が怖い。しかし、村はよく治められており、税も過重ではない。隣村は、虎はいなくても、施政者が苛斂誅求であるという。苛政は虎より猛なり、なのである。そのようなストーリーだったと思う。

そこで私は、虎を天災、苛政を人災とみたてて、人災の方が天災より怖いのだと考えるようになったのである。

実際、ヒットラーによるユダヤ人虐殺、米国による北ベトナム空襲、クメールルージュによる虐殺、文化大革命と、「人災」による被害の程度は計り知れない。どんな天災も、これほどの人命を奪わないのではないか。

それでも、よく分からないのは、関東大震災という「天災」と、東京大空襲という「人災」の両方を経験している人は、関東大震災の方が怖かったという傾向にある、ということである。これは、両方経験しているわけなのだから、実感なのだろう。すると、人災の方が天災より怖いという私の思い込みは、頭の中だけで考えたことであり、感覚に沿ったものでないということになる。

天災の方が人災より怖いというのが正しいのだとすると、その理由は、天災の非人格性のゆえだろうか。すなわち、人災は人間によってもたらされるがゆえに、災いが生じるまでに交渉の余地がある、妥協してもらう余地がある。天災は有無を言わせない。例えば、東京に向かって飛んでくるものが、某国のミサイルであるより、巨大隕石であるほうがより怖いかもしれない。なにか後者の方がより圧倒的である。

しかし、とやはり思う。やはり天災の方が人災よりましである。なぜなら、津波が何かの兵器で人為的にもたらされたものであるなら、被災者は、絶望だけでなく、激しい怒りに駆られるだろう。今は、天災であるがゆえに、絶望し諦めるしかない。それは人災よりわずかに救いなのではないか。

と、議論すること自体が不謹慎なのかもしれない。

時事通信によると、原発避難で飼い犬が野良犬化し、咬まれた人もいるという。以下、引用:

東日本大震災から20日がたった31日、福島第1原発周辺からの住民避難が続く福島県では、住民が自宅などに放置したペットが問題化している。飼い主が避難所に連れて行けず、放して野良犬化したケースも多いといい、県や保健所が対応に追われている。

同県食品生活衛生課には27日現在で、「ペットを残して避難してしまったが、どうしたらいいか」との問い合わせが38件あり、「避難のためペットを預かってほしい」との要望も35件寄せられた。「原発20キロ圏内の自宅に犬をつないだまま避難した。何とかしてほしい」との相談もあったが、同課は「圏内への立ち入りはできず、直接行って何かできる状況ではない」と頭を抱える。

実情としては、人間が避難するのもやっとなのだから、ペットまで配慮が及ばないのは仕方がないが、しかし、犬をつないだままだと、確実に犬は餓死する。一方、放し飼いの状態で飼い主が立ち去ると、犬たちは生き延びるために、必然的に野犬化する。

私も猫を飼っているが、よく考えてみると、飼うという行為はどういう心理なのかいまいち自己分析できていない。ただ、人間あれ、犬であれ、猫であれ、生物が空間的に接近して暮らすことは、何かしら、心的世界も共有しているということのようである。すると、原子核理論のアナロジでいくと、飼い主とペットは、なにかしら心的量子の交換でインタラクトしている。しかし、人間の方が(多分)知能が高いので、人間の意向の方がより強くペットに作用するようである。

例えば、友人と話していて、そこの飼い猫は、先日の地震に大変怯え、余震があると、押入れの中に逃げ込んでしまうという。それを聞いて苦笑するのは、うちの猫は、3月11日のあの地震騒ぎの中、悠然と睡眠中で、地震が収まった夕方、寝ぼけ眼で、なんかあったの?ととぼけた様子で起きてきた。その歴然とした差にはがっかりだが、それも、飼い主とのインタラクションで涵養された個性であると考えると、少しだけ納得がいく。どうもうちの家族は神経質なようで、実はよほど能天気らしい。

戻って、放射能汚染で、飼い主はペットどころではないので、放置もやむをえない。放し飼いにされたペットたちは、飼い主とのインタラクションを絶たれて、生存本能で、野生化するのも仕方ない。そして、野犬化して人間を襲うようなら、どうしても多少手荒なことも仕方あるまい。非常時というのはもどうしてもおぞましいものである。

そう思ってテレビをみていたら、津波で流された家屋の屋根にすがって海を漂流中の犬が救助されていた。なにしろ地震から3週間も経っている。ほとんど飲まず食わずではないだろうか。こういうとき、人間よりも生命力の強さが発揮されるのかもしれない。自衛隊に助けられた犬は、本当に感謝感激雨あられという雰囲気で、愛想をふりまいていた。動物の表現力は、全く人間に劣らない。しみじみとコンラート・ローレンツの著作を思い出す次第である。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち災害カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは歴史です。

次のカテゴリは物理学です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。