倫理の最近のブログ記事

知識と責任

user-pic
0

普通人間は勉強したり、トレーニングしたりして知識やスキルを身に着けるが、そうする理由は仕事に就くためだったり、仕事のクオリティを上げるためだったり、環境の変化に追随するためだったり、生活を豊かにするためだったり、娯楽のためだったりする。

知識やスキルを身に着けるための努力は、場合によりとても大変だったりするが、それを身に着けたあとは、基本的にいいことずくめで、よって勉強やトレーニングは望ましいものとされている。

ところが、シルバーバーチだったか、スピリチュアルの本を読んだとき、意表を突かれるステートメントに出会った。それは、知識を身に着けると責任が生じる、というものである。

意表を突かれるといったが、そんなの意表を突かれる方がおかしい、当たり前ではないか、といわれるかもしれない。例えば、ある刑事事件で、犯罪の証拠となる場面をみてしまったとする。それでも、それを警察に伝えるべきかどうか迷うということは当然ある。しかし、事件と関わり合いになりたくない、犯人から報復されたら困る、警察署に呼ばれて、時間を取られるなどの理由で、知らないふりして通すことは結構あるだろう。それでも、道義的には警察に知らせるべき、ということは一応誰でも認めるだろう。

他の場合で、旅客機の中で、乗客で急病で苦しむ人がいたら、この中にお医者様はいらっしゃいませんか、とアナウンスされることがある。こんなとき私だったら、格好つけていうのかもしれないが、ああ医者だったらよかったな、もし医者だったら、急病の人をもしかして助けられるかもしれないのな、と考えるかもしれない。しかし私はあいにく医者ではないし、救急治療のスキルもまったくない。いっぽうで、本当に医者が乗客にいて、面倒だな、黙っておこうと思う人は普通はいないと思うが、何かの事情で申し出ないということもあるかもしれない。だとしても、道義的には名乗り出るべき、ということは一応誰でも認めるだろう。

ところが会社の不祥事の場合はどうか。法律は会社の不祥事を内部告発したときに、告発した本人を保護すべきと謳うが、告発した人が無事に済むことはあえない。それでも、正義としては、きちんと不正は内部告発すべきである、ということが道義に適うということを否定する人はいないだろう。だとしても、不祥事を内部告発しないと罰するみたいな規定はつくるわけにはいかない。なので見て見ぬふりが横行しても、なかなかそれを問題視するわけにはいかない。

ところで、このブログで何度も書いたように、外資系にいたとき、私が同僚の誘いに応じて渋々であれ、内部告発めいた行動を採ったのは、元管理職として、あのような管理職の問題行動を見過ごしてはいけないという使命感のようなものが大きかったのは確かである。もちろん成算があったわけではない。いくらなんでも私はそこまで甘い人間ではない。ただ、上記シルバーバーチのステートメントも頭の片隅に浮かんだりした。

ここまで重大ではないが、最近も決断を迫られることがあった。それは、今勤務している会社におけるIT施策についてである。私は外資系にいたとき、12年くらい部門全体のシステム・セキュリティとIT運用の責任者だった。いろいろな面倒な会社のオーデットやシステム・トラブルに、いろいろな人に相談しながら、深夜まで対処した。そのころの記憶は薄れつつあるが、依然としてそのときの経験の蓄積はまだ大きいとおもっている。

そんな私の経験に鑑みると、今勤務している会社におけるIT施策はどうも合理性を欠くと判断した。一方で、外資系にいたときと違い、組織の階層の末端にいて、何か意見を具申することを期待される立場にない。それでも、しばらく迷った挙句に、知識がある者は誰であれ責任が生じるという原則により、可能な限り淡々と意見を述べた。私の立場でそんなことをいうと、もはや仕事の契約を打ち切られるかもしれないと懸念したが、この歳なので、そうなってもリスクは小さい。で、結局私の意見はスルーされただけで、がっかりしたが、お咎めがなかっただけでよかったというべきかもしれない。

このように、知識を得ると責任が生じるなら、なにも知識なんて習得しない方がいいということになる。しかし、それではいけない、知識に伴う責任を恐れて怠慢になってはいけないというのが、スピリチュアルの教えでもある。

ただ、別の見方をすると、例えば成績優秀で国立大学の医学部に合格して将来は安泰だと周囲はもてはやすかもしれないが、私からみると、知識に伴う責任を恐れない、なんという勇気ある行動と称えたくなる。

一方、企業の特許担当者として、医師や政治家、高級官僚、軍人などに比べるとはるかに責任の少ない安易な生活をしてきた自分ってどうよ、と苦笑するよりないのだった。

ちょっと前に、新聞の書籍広告で、司馬遼太郎の「ビジネスエリートの新論語」文春文庫というのをみかけた。一時は司馬遼太郎の小説はよく読んだが、最近では読んでいないので、この本に対するインセンティブは大きくないのだが、この本を読んで自分のサラリーマン生活を振り返ってみるのもよかろうと思って、とりあえず買って読み始めた。すると、この本は、司馬遼太郎氏が本名の福田定一で、20年前に刊行した本なのだという。

読み始めて、いきなりおおっと思ったのは、「サラリーマンの元祖」と題する内容で、「益なくして厚き禄をうくるは窃むなり」という箴言があったからである。というのは、私自身もらっている給料に加えて社会保険などを含めた諸費用も含めて会社が私のために費やしているコストに対して、いかにそれに上乗せした貢献を会社にするか、いつも考えていたし、今も考えているからである。

そこで「益なくして厚き禄をうくるは窃むなり」と言われると私としては、得たりである。すなわち、「窃むなり」といってもノンワーキング・リッチたちは刑法的、あるいは商法的な罪を犯しているわけではない。ただ、倫理的に座り心地が悪かろうという程度であるが、私は倫理的なバツの悪さを重くみるのである。

さて、「益なくして厚き禄をうくるは窃むなり」と言った人物は誰かというと、大江広元。歴史に疎い私は、えっ誰だと思ったら、なんでも鎌倉幕府の官吏らしい。

大江広元は、生まれは京都で幼少の頃から秀才を謳われたが、門閥のコネがないので、仕方なく下級役人に甘んじていた。地位は従五位の下。それを、源頼朝が遣った使者が、いきなり正四位にする、とオファーした。給与もいままでの十倍である。迷ったが、そのオファーを受けた広元は、公文所別当、すなわち事務方の最高の地位に就いた。このあたり、いかにも平安時代でも奈良時代でもなく鎌倉時代である。

大江広元は一介の文人だから、武芸の達人でもなんでもない。一方当時の鎌倉幕府といえば権謀術策の渦巻くところで、親子兄弟といえども油断をしていると寝首を掻かれる。そんな鎌倉幕府にあって大江広元は、八十歳近くまで天寿を全うし、きちんと畳の上で死んだ。だからといって決して無為と無責任に徹したわけではない。むしろ彼なりに権謀術策を駆使したのである。

すなわち、義経が頼ってきたときには一応意見は聞くものの、実際はなにも支援しなかったし、頼朝が亡くなって愚物頼家が立つと、北条時政と組んで頼家を事実上幽閉し、北条氏のアドバイザーの役割を果たした。要するに大局観が絶妙なのである。

大江広元が優れているのは、決して地位を羨望することなく事務方に徹したことである。謀殺はプランしても加担はしなかった。いやむしろ、大江広元がそうすることを可能ならしめたのは、彼の抜群の行政能力とハードワークである。また公平性と、組織のためという筋を通した。

しかしやはり忘れてはならないのは、広元の抜群の大局観とバランス感覚である。広元ほどではなくても私も、会社のために可能な限り公正にハードワークした。しかし私に決定的に欠けるのは、大局観とバランス感覚なのだった。

あまりに初代サラリーマンで、鑑のような大江広元の紹介に感じいったので、「ビジネスエリートの新論語」の後の内容は流し読んだだけで特に印象が残らなかった。まあでも、この本は折に触れて再読することにする。

昔から不思議だよなあと思うことの一つに、例のポルポトが暗殺も戦死も獄死もせず、いわゆる、きちんと畳の上で死んだことである。あれだけ極悪非道なことをして恨まれていたので、どこからか弾が飛んできて頭蓋骨を砕いていてもおかしくなかったはずである。なのに、きちんと普通に寿命を全うしたのはなぜなんだろうか。

そんなのたまたまだよ、地球上には沢山人がいるんだから、そういうことがあってもおかしくないだろ、と言われたらそうなんだけど、私は腑に落ちないで、地獄の高利貸から運を借りるルートがあるんじゃないの?みたいな、聞く人が呆れて、その後口を聞いてくれなくなるようなことも考えたりする。

というのは、また前に勤務していた外資系の話であるが、リストラ盛んな頃、何も悪いことをしなくても、ちょっと業績が上がらないとか、ちょっと上司に生意気な口を聞いたくらいでリストラの候補になるのに、どうみても明らかなインシデントを起こして、即クビになるはずなのに、上司のお目こぼしを得て、なにを間違ったか、最高の業績評価で昇給さえする、という人がいたりしたからである。

また、私の周囲に、経費削減か何か知らないが、それをやってはお終いだろう、というありえないことを提案した人がいた。それが優れた施策だと嘯いて、米国本社に提案したら、なんと、それはいいアイデアだと米国本社の某管理職も同意し、承認した。

その施策に納得がいかない私は、その後も周囲の冷たい視線に耐えながら、将棋の端攻めをする要領で搦め手から手を作っていたら、他部門の人が私の意見に同意してくれて、結局、巡り巡って施策に同意した管理職は、なんであんなことを承認したんだと非難され、管理職を降ろされて左遷され、それから頑張ってなんとか再び昇進の階段を上ろうとしたらしいが、結局力尽きて会社を辞めたらしい。

その元管理職は、私が会社を辞めたとき、なんかhappy retirementみたいなメールを私に送ってきたことがあった。そのとき私はむっとして、なにがhappyだ、うぜえよ、と思ったが、大人げないので、無視せず適当に返事しておいた。その元管理職が会社を辞めたことを聞いて、その意趣返しで、ご苦労様メールを出そうと思ったが、なんか品がないようで、止めた。

で、おかしいのは、その非難のもととなる提案をした本人が未だに安泰であることで、そりゃ形式的には承認した瞬間に責任が上司に行って、提案した本人が免責になるのかもしれないが、世間というのはそういうものでなく、最低限、ありえない提案した本人も、左遷でなくてはおかしい。

そしてこの構図は、将棋連盟の三浦事件と同型だと思った次第である。すなわち、三浦事件は、渡辺竜王らが三浦九段を誣告して、それを理事たちが追認したことで、三浦九段が理不尽な休場と、タイトル挑戦権剥奪となった。それは後に無実と分かったことで、一部の理事が責任をとって辞めたが、渡辺竜王たちは何もお咎めがないだけでなく、将棋連盟のホームページにも、アイドル・アイコンとして登場し、アンチ渡辺の将棋ファンをして顔をしかめさせている。私も食欲がなくなる、というか酒が不味くなるので、なるべくあれは見ないようにしている。

しかし、もしこのまま渡辺竜王になんのお咎めもなく、今後もタイトルを防衛して繁栄を続けるなら、私はそれを、ポルポトではないにしても、やはり地獄から幸運を借金しているというか、幸運の30年ローンを組んでいるとしか思えない。

かと思うと、三浦九段のように、特に非難されることをしたわけでもないのに、勝手に幸運を奪われてしまう人もいる。そうやって奪われた幸運は、上記の人達に振る舞われるのだろうか。無意味に幸運を奪われる、というのは、霊格が高いということなんだろうか、と、この世の隠れたパラメータについて、ついいろいろ考えてしまう今日この頃だった。

利他主義

user-pic
0

TIMEという英語の雑誌をもう何十年も購読しているが、毎週一応目を通してますというのさえ、嘘になってしまう。なぜなら、忙しくて、あるいは単に気が向かなくてまったくページを開かないでそのまま放置してしまう号はそんなに稀でないからである。当たり前かもしれないが、英語を読むというのは何年たっても結構重い。

そのTIMEであるが、年に一度、THE 100 MOST INFLUENCIAL PEOPLEという特集号があり、例年、私はリストされている数少ない日本人や既知の人に関する紹介文を読んで終わりにしているのだが、今年は、全員とはいかないまでも、ある程度知らない分野の人達の記事も読んでみようとふと思った。これも、ココナッツオイルの効果だろうか。

その序文に、次のような記述があった。"Each year our TIME 100 list lets us step back and measure the forces that move us. Which is more powerful ? hope or proof ? Ambition or altruism ?"

ここで、ん?と考え込んでしまったのは、私はaltruismという単語を知らないからなのだった。その程度の単語も知らないレベルの英語力なのか、と馬鹿にされても、それが事実なのだから仕方がない。

それで辞書をみたら、利他主義とある。なるほど、と思った。ちなみに、American Heritage Dictionaryを引くと、Unselfish concern for the welfare of others; selflessnessとある。こちらの方が説明的でいい。

で、私はというと、hopeもproofもambitionもaltruismも積極的に採らないで生きているが、強いていうなら、hopeとproofではproofを採るし、ambitionとaltruismではaltruismを採る。一応数学好きなのでproofはいいとしても、altruismなんてよく言えるよね、と自分に対して抗議するのは、私はボランティア精神から遠くて、電車でも一旦座ると、よほどのことがないと席を譲らない。

それでも、ぎりぎり利他主義に言及できるかな、と思うのは、外資系で管理職をやっていた時代に、一日一度は、「すべては部門のために、会社のために」と自分に言い聞かせていたからである。言い聞かせていた理由は明らかで、私は根っからの自己中人間だからである。放置すると自分にとって楽しいこと、興味があることだけにのめり込んでしまう。それでは管理職の役目が果たせないので、そういうモットーを言い聞かせていた。

その成果の一端は、例えば、部門の人全員のパソコンにOSを導入して必要なアプリも導入するために連日深夜まで残業していたということがある。いくらパソコンが好きでもそんなの退屈なだけであるので、一応利他主義の発露であろう。すると本来の予算管理などの仕事の時間を奪うので、さらに残業は続いた。普通に管理職の仕事だけでも忙しいのに、その上シス担をやり、さらには電子出願関係のシステム開発もするというのだから忙しさは半端ではなく、当時子供が小さかったが、ウィークデーで夕食を一家団欒で食べたという記憶がほとんどない。どうみても理想的な父親から遠かった。今更家族に申し訳ないと思う。

それを心裡留保と呼ぶほどでもないかもしれないが、ともかく私は表面的には利他主義を装っていた。武道でも棋道でも形は重要であり、よって形だけの利他主義というのも無意味でないと思ったのは、そういう利他主義で以て私は社内の人脈を広げるとともに、自分が困ったときにヘルプしてくれる人達に不自由しなかった。

ただ、利他主義による人脈というのは、会社の権限機構に対しては無力であり、折角利他主義で積み上げた功徳も、一人の気まぐれな上位管理職の判断で、ろうそくの火を吹き消すようにあっというまに吹き飛んでしまう。それで何度も人間不信になるほど悩んだのだが、私が利他主義を完全には捨て去らなかったのは、利他主義は居場所を作り、自分の心身の健康にいいからである。でもそれって、"Selfish concern for the welfare of others"にならないかい?と自問すると、どうみても答えはyesになってしまう。

そこを問い詰めすぎると自分を保てなくなりそうで、最近ではある程度割り切って、本当にささやかであるが、依然として利他主義を続けることにした。その内容は具体的にここで書くつもりはないが、自分の限られたスキルまたはリソースを無償で提供して、少しだけ他人に役だってもらうというものである。将棋、コンピュータ等である。そういうクライアントを私はいま複数もっている。

そこで難しいのは、ついわずかでも見返りを求めてしまう、というさもしい根性が出てしまうことである。それと似ている感情として、つい恩着せがましくなってしまう、押しつけがましくなってしまう、ということがある。また、利他主義を続けるとクライアントとの人間的つながりができたような錯覚に陥って、ある程度それが続くことを願ったりする。それらはすべて煩悩であり虚妄であって、こだわるべきでないというのが仏教的に正しいであろう。ただ私は、病気などの止むを得ない理由でもない限り、クライアントを自分から見切らないつもりである。もちろん気紛れであれ、どんな理由であれ、向こうから切られるのは仕方ないといつでも思っている。

また別に商売ではないのだから、自分から積極的に別のクライアントは探さない。あくまでもたまたまの縁があったら、というだけのことである。そもそも私のリソースはかなり有限である。そこらあたりに私のselfishnessがみてとれるともいえる。

そういう関係は、大域的には単調減少なので、そうやって、年齢が進むにつれて、次第に人脈が減っていき、かりに、ささやかな利他主義の見返りが孤独死だとしても、それを想像するとどこか気持ちが浮き浮きしてしまうのはなぜなのだろう。不思議である。

絶対倫理観

user-pic
0

まだ独身だった頃から、渡部昇一の「人間らしさの構造」講談社学術文庫を何度も読んだ。その中で一番印象に残っている言葉は、内なる違和感を抑えつけない、ということである。

私は、典型的な日本企業を二つ経験してから、前に勤務していた外資系に転職した。外資系というのは初めてだったので、随分違和感を感じたが、それでも、自堕落な学生からサラリーマンになったときの違和感ほどではなかった。私は田舎者のナイーブさを抱えたままサラリーマンになり、自分を社会的に洗練する努力を怠ったので、最初に入った会社でも、次に入った会社でも、随分叱られもし、虐められもしたが、今にして思えば、生意気すぎたのでああいう目に遭うのも仕方ないと思える面があった。

そういう感性からすると、外資系の実力主義の雰囲気は、風通しがよくて私には寧ろ快かった。将棋大会でよく負かされる私は、優勝劣敗に馴染んでいるので、仕事の不備を上司に指摘されるのも、仕方がないとある程度納得した。

その後、大リストラで主だったシニアな人達が退職し、何かの偶然で私が管理職になってみると、同僚の管理職たちも私と同様に未経験で、いわば手さぐりで管理職をやっていたようなものだった。

実は私が管理職になる直前に、さらにひと波乱あり、私がこの人ならと期待していた管理職が辞めてしまった。そして私が管理職になった後も、私を管理職に登用してくれた部門長が責任をとって職を追われるということがあり、さらに混乱は深まった。正直いって、私も含めて、残った管理職は、経験といい資質といい、部門を運営するには力不足であった。

そこで米国本社は、将来の部門長候補として、若手のホープを登用した。私も、次世代の部門長候補と目して、自分なりの管理職スキルを伝授した。ところが正直いって、この人が完全な外れだった。

すなわち、今まで私と同僚だった既存の管理職たちは、私と同様に管理職の資質が十分ではないにしても、それなりに一生懸命やるという気概はあった。なので、困ったもんだと思いつつ、私はなんとか彼らと折り合いをつけることができた。私はハードワークして彼らをカバーすることさえした。

ところが、新任の管理職は、私の方針とは真逆の、部門のパフォーマンスを、わざわざ手間かけてまで低下させるようなことを遂行しようとする。しかも自分は手間かけないで、私とその部下に負担を押し付けてくる。それでは私は悩んで病気になりそうだった。しかも私と同僚だった旧来の管理職たちも、将来の部門長が誰かと考えて、私の側には就かなかった。

しかし新任の管理職は、部員たちには人気があった。なにしろ甘やかすのである。仕事の効率が上がらないのは私と私の部下たちのサポートが足らないせいだと、もっとサポートを強化しろといってくる。それは結局はスキルとモラールの不足であると当時感じたが、それをきちんと例証するためには、特許実務に書いたように、私が管理職を降りて実務をやってみて、他の人達のパフォーマンスを吟味する必要があった。

私の管理職の晩期には、管理職の常識では絶対にありえない、やってはいけないことも横行するようになり、私はいよいよ耐え難くなった。私はそれをモラル・ハザードだと呼ぶことにためらいはない。まあ、世の中にはいろいろな人もいるので、もしかしてそれをお前の考えすぎだという人もいるかもしれない。C'est la vie.である。

そして、最近の熊本地震で被災する人達の困難のニュースをみていて、2011年3月11日震災のことを思い出した。そのとき部門長は、適切とは遠い行動をとり、特にFさんが激怒した。そういうFさんに触発されて、私も、Nさんとともに部門ではきわめてマイナーであるレジスタンス勢力に加わった。

正直いって、私は定年間近で、ここで反抗してリストラになっても仕方ないと思った。というか、私の絶対倫理観では、結果がどうなれ、このことはきちんと上位マネジメントに諮るべきと思った。

ただ、まだ今から上位学校への進学を控えた息子さんがいらっしゃるFさんには、それはリスキーすぎる決断だったかもしれない。一方で、私は、自分と同様の違和感を抱えつつ、反抗しないで我慢していた人達がいたのも重々に感じていたが、今の時代おいそれとは転職もできないので、仕方ないだろうと、そういう人達の立場も理解していた。私だって若くて先が長ければそうしていただろう。

だから、元管理職でもあり、比較的身軽な立場である私が、先陣を切るべきところ、Fさんに負担をかけてしまったのは今でも大変申し訳ないと思っている。なにしろFさんは、健康がすぐれないのに、当然にこのことも含むもろもろのストレスが重なって亡くなってしまったのである。

戻って、元いた部門に残っていた人達に是非言いたいことは、保身に拘るあまりに、違和感をうやむやにしないでほしいということである。違和感を曖昧にして現状に満足して生きることは楽だし、その方が地位や収入にむしろ恵まれることもある。

ただ、違和感を曖昧にしてしまうと、それは確実に絶対倫理観にヒットし、知的能力、判断能力も低下させてしまう。sheerな知的能力、判断能力、そして倫理観がどれほど人生に本質的なのか私にはわからないが、Fさんに与したことをきっかけにして、愚直な生き方に拘ってみるつもりである。さいきんプラトンを再読し始めたのも、偶然ではない。

知り合いから、マックス・ヴェーバーの「プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神」を読了したと聞いて、ええっ、あの難解な本をよく読めたものだと感心した。

私は以前に中公バックスの「マックス・ヴェーバー」をもっていて、「プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神」も最初の方だけ読んだような気がするのだがなにしろ全く内容に記憶はない。そこで中公バックスの「マックス・ヴェーバー」を読み直そうと思ったのだが、捨てたつもりはないのだがどうしても見つからない。なので、岩波文庫の大塚久雄訳のものを買ったのだが、これは正解だった。というのは、1989年の改訳版で、読みやすくなっていたからである。

それで知り合いの示唆により、途中の膨大な注釈は無視して、「プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神」を読み始めた。なにしろ難解な本なので、巻末の大塚久雄氏による訳者解説を読むことで、論旨に馴染もうとした。確かに、この解説は、本文を読むためのよい触媒だった。

そうして、私もなんとか最後まで読み終えたので、自分なりに内容を要約してみる。正しく要約できている自信は全くない。

まず、ヴェーバーの観察によると、資本家、企業家、熟練労働者は、プロテスタント的色彩を帯びている。すなわち、ローマ・カソリック教会の旧規律が形式的だったのに、新しい規律であるプロテスタント的色彩、より具体的にはピューリタニズムは、家庭生活と公的生活の全体に亘って、厳しく厄介な規律を課すものだった。資本家、企業家、熟練労働者は、自発的にピューリタニズムを受け入れた。

すなわち、逆説的であるが、ピューリタニズムは経済的合理性と親和性があった。資本家になるということは、経済的ということを一度抽象化する必要があった、ということなのだろうか。

そして、ここでピューリタニズムというとき、ルター派よりもカルヴィニズムの方が資本主義精神に馴染む。要するにカルヴィニズムは、純粋に神の意図の実現として賃金の獲得、勤勉、そして禁欲を説く。それはまた、天職(Beruf)の概念につながる。それは、労働の自己目的化であるともいえる。

経済的な自己破壊に陥らないためには、伝統的でない独自な倫理観が必要というのだが、それがなぜピューリタニズム、あるいはカルヴィニズムなのか、私にはどうしてもやや牽強付会感は免れなかった。それは私がピューリタニズムというよりもキリスト教思想に全く馴染みがないせいだからかもしれない。

もともと、キリスト教は金儲けに対する嫌悪があったはずである。ところが、米国においてベンジャミン・フランクリンの時代に、利潤の追求が天職になっていった。そうなったきっかけは、修道士的禁欲を世俗的道徳より高く考えたりしないというルター派の考え方にあるのだが、それだけでは資本主義の精神につながるものではなかった。前記したように、禁欲的プロテスタンティズムこそが資本主義精神なのであるが、禁欲的プロテスタンティズムは代表的に以下の四種類に分けられる。

  1. カルヴィニズム
  2. 敬虔派
  3. メソジニスト派
  4. 洗礼派運動から発生した諸信団

さて、カルヴィニズムの教義は、現世にとって定められたことは、神の自己栄化だけであり、選ばれたキリスト者が生存しているのは、選ばれたキリスト者が生存しているのは、それぞれの持ち場にあって神の戒めを実行し、現世において神の栄光を増すためである。

ルターにおいては、職業労働もまた隣人愛から導き出されるのだが、そのことはあまり明確ではない。

カルヴィニズムでは、その初期では、自分が選ばれた者かどうかが分からないということが問題にならなかったが、後になって、そのことが重要になってきた。

ルター派は神の容器たることを強調し、パスカルは静寂主義を採った。カルヴィニズムは神の道具たることを強調し、救いについての不安を取り除くために禁欲的な行為を採った。

結局、カルヴァン派とならんで、プロテスタント的禁欲の独自な担い手になったのは、洗礼派、パブテスト派、メノナイト派、クウェイカー派だった。それらは労働は禁欲の手段であり、天職としての労働に励め、という方針を推進した。すなわち、労働は神の定めたもうた自己目的であり、神の栄光のために働け、という方針になった。

しかし、経済的に合理的な生活態度に向かおうとする傾向は、富の誘惑のあまりに強大な試練に対してはあまりにも無力で、宗教の形は残るが、精神は次第に形骸化していった。

言い換えると、ピューリタニズムのもたらした禁欲と天職義務であるが、ピューリタンたちは、神の栄光のために、単なる仮物のような外衣をまとっていたが、運命(というよりも、人間の本性)により、外衣は鋼鉄の檻と化した。

そうして、末人たち(letzte Menschen)は、最早ピューリタンの精神を忘れ、ひたすら営利活動に励む。その典型が米国人たちとヴェーバーは予想するのだが、それは慧眼というよりも、欲に目がくらみやすい人間という意味で当たり前のような気がするのだが、それは所詮後知恵だろうか。

ともかく私は、ヴェーバーの主張を、ルネサンス後の近代的人間からストレートに資本主義的人間に移行するのでなく、一見資本主義的人間に反するような禁欲的ピューリタンとしての人間を一旦減る必要があった、という命題だと理解した次第である。これもヘーゲルの弁証法の一種なのだろうか。

賢さ

user-pic
0

よく、誰それは偉いとか、賢いとか、立派とか、いろいろな言い方があるが、それは要するに、学歴が高いとか、地位が高いとか、お金持ちとか、そういう俗な話だったりする。

そういえば亡くなった父は、偉いとか、賢いとかいうけど、いろいろ種類があるんだ、よく言っていた。それはどういうことはいちいち例示することはあまりなかったが、父の文脈では、船の操縦がうまいとか、魚釣りが得意とか、カラオケがうまいとか、歌をすぐ覚えるとかそんなニュアンスだったかもしれない。そういう特性を偉いと呼んでも、私は違和感はない。

一方で、警察小説を読んでいると、よく暴力団の話が出てくる。それによると、今の時代、切った張ったのヤクザというのは流行らなくて、大卒で法律学や経済学の知識があって、知恵を働かせて稼げるのが、偉いヤクザということになっているようである。

そして、そういうヤクザの幹部となると、下手な大企業のエリートサラリーマンが束になってかかっても敵わないくらい優秀なのもいる、と聞くと、元であるが、下手な大企業の非エリートサラリーマンだった私は、確かにヤクザの幹部だと、場合により体を張らなくてはならないし、頭も度胸も必要で、それはすごい資質なんだろうと同意する。

そこで再び、偉いとか、賢いとかいうけど、いろいろ種類があるんだ、という父の言葉が浮かんだ。すなわち、ヤクザの幹部になるような経済ヤクザだと確かに間違いなく頭がよくて腹も座っているのだが、一方で言えることは、大きい野望を抱いて、欲が深いだろう、ということである。

そう考えていると、今度は父の言葉でなく、エピクロスあたりのギリシャ哲学の教えを思い出した。すなわち、お金も地位も美女も得て、何不自由ないような暮らしをしていながら、欲が欲を呼び、拡大志向で生きていくのを、アメリカンドリームの世界では称賛するのかもしれないが、もし幸福を得るのが人生の目的なら、そんな燃費の悪い話はないのではないか。

すなわち、たった1キロを走るだけで1リットルのガソリンを消費するようなデラックスカーがあったら、みんなすごいというだろうか。それは流石に言わないのではないか。しかし世間は、そういう高燃費の生活にみんな憧れる。

また、どんなに取り締まっても麻薬が根絶されないのは、安易に一気に強烈な快楽に浸れるという愉悦から逃れられない人々がいる、ということである。

しかし、ほとんど努力を要することなく、一気に楽しめることは、中毒になってしまう。それは、すぐに飽きてより強烈な悦楽を求めたり、切れたときに禁断症状につながる。

こうして、努力を必要とし、なかなか楽しみを得られない地味な行為の意味がクローズアップされる。言い換えると、なかなか楽しみえられず、長い努力が必要で、大したコストを必要としない趣味の重要性に気づくことになる。

手前味噌になるが、その典型は将棋であり、数学(あるいは、数楽)であったりする。もし仲間がいなくても、一人で公園の砂場で、黙々と一人で遊べる子供がいれば、もし学校の成績がよくなくても、それは十分に賢いのではないか。

そう、まさにショーペンハウアーが指摘するように、すべての災厄は、人が一人でいられないことから生じる。これを言い換えると、すべての災厄は、人が手持ちの(ささやかな)リソースで満足できないことから生じる。

なので、私の賢さ、偉さの定義は、人が手持ちの(ささやかな)リソースで満足できることである。

もっと言うと、偉さとは、目の前のリソースで満足できない自分に、満足するように説得できる克己心であり、限られたリソースから、妄想により、珠玉のような楽しみを紡ぎだすイマジネーションである。

こんな種類の偉さのメトリックは、測定しにくい。そもそもなんで測定する必要があるのか分からない。

まあしかし、資本主義の世の中では、どうしても、限られたリソースから、妄想により、珠玉のような楽しみを紡ぎだすなどと戯言をいっても誰にも相手にされないで、もしかしたらどこかのフロントなのかもしれなくても、一見かっこいいベンチャーの社長の方がもてはやされる。

私はそういう世間から超然として(でもないか)、世間の誰からも評価されない、パソーナルな賢明さを、地味に磨くのであった。

倫理と論理

user-pic
0

倫理と論理というと、単なる語呂合わせのようでもあり、また、もし偉い哲学者がそういうテーマで本を書いたなら、なんとも難しい内容になりそうであるが、他でもない私なので、実は大変卑近な話なのであった。

まず、ここでいう倫理というのは文字通りの意味で、責任感とか誠実性のことである。一方、論理というのはもしかして倫理以上に意味が多様かもしれないが、ここでは仕事の判断能力、もっと一般化して業務遂行能力のような意味ももせたることにする。

そこで仕事の経験を通じて、私は、倫理と論理の間に次のような関係がある、と観察した。

  1. 倫理をいくら高めても、論理は高まらない。
  2. 論理をいくら高めても、倫理は高まらない。
  3. 倫理を下げると、論理も下がる。
  4. 論理を下げると、倫理も下がる。

この4つの命題を順にみていく。

まず、「倫理をいくら高めても、論理は高まらない。」であるが、精神の鍛練をして責任感をいくら高めても、仕事ができるようになるわけではない。仕事は、専門書を読み、あるいはOJTでスキルをつけるよりない。

次に、「論理をいくら高めても、倫理は高まらない。」であるが、よい例ではないかもしれないが、マンハッタン計画で原爆を開発した科学者たちは、日々の実験や研究でまさに論理を高めたのである。しかし、いくら論理を高めても、人類の平和を考えるという意味の倫理は全く高まらなかった。

次に、「倫理を下げると、論理も下がる。」であるが、これはまさに私が直接観察したことである。すなわち、私が管理職になって4~5年くらいたった頃、部門は活気があった。私は、特に予算管理・経費管理の仕事が大変なので、いつも夜11時くらいまで残業していたが、弁理士たちも夜10時くらいまで残業して明細書を書いたり、意見書を書いたりしていた。少なくとも面倒な仕事から逃げるという傾向はなかった。

ところが、ある人物が管理職になって、そんなに遅くまで弁理士たちが残業しているのは、非生産的な雑用に追われているからだ、と言い始めた。そして、雑用はすべて、私の部下のサポートの女性人に振ってきた。私は必死で私の部下を守ったが、私の部下に私を裏切る人も出てきて、守りきれなくなった。なぜなら、私の側につくよりも、そちらの若い管理職についた方が有望と思ったのだろう。まあ慧眼?か。同様の趣旨で、他の管理職も、その新人管理職の側につき、私は孤立した。

ではそうやって弁理士たちの生産性が上がったかというと、否であった。ただ私の部下と私が一層忙しくなっただけである。むしろ、弁理士たちは面倒なこと自体を厭い、楽するようになった。しかし、特許実務なんて面倒なことだらけである。そしてフォーマンスは目に見えて下がっていった。それをみて、おかしいではないかと指摘したら、新人管理職は、サポートが足りないのだという。これは論外だと思った。こうして真面目に努力するという意味の倫理が低下することで、仕事の質と量も下がっていった。実際、今に至るまで、改善されていない。

で、いくら言っても誰も私のいうことを聞かないので、管理職を降りたタイミングで私は、傲慢かもしれないが一つの見本を示そうと思った。それで、どんな難しい発明でも逃げないで明細書を書いた。難しすぎて、知恵熱を出して倒れたこともある。それで、一部の人には刺激になったのかもしれないが、結局私が辞めてみると、元の木阿弥になった。

ともかく、真面目に努力し誠実に仕事する、という倫理が低下すると確実に仕事のパフォーマンスが下がる。あまりにも当たり前か。

最後に、「論理を下げると、倫理も下がる。」であるが、ここで論理を下げるというのは説明が必要である。すなわち、本当はできるのに手を抜くというのは、論理を下げることにはならない。それは寧ろ倫理を下げることになる。論理を下げるというのは、適性がないのに勘違いして努力し続けることである。しかし、パイロットでもそうだが、仕事にはどうしても適性というものがあり、努力で埋められないことは結構多い。職業適性で書いた事件など、まさにそうである。もともと真面目な青年が、倫理的にありえない事件を引き起こしてしまう。

実は、怖ろしいのは、「倫理を下げると、論理も下がる。」と「論理を下げると、倫理も下がる。」の連鎖である。倫理が磁気で、論理が電気だとすると、この2つの命題は相俟って電磁波となって、スパイラルのように人間を転落させる。すると、あんなにいい人だったのに、あんなに真面目な人だったのに、という人が犯罪さえ起こす。

だから私は、上司に食ってかかってまでも、なんとか倫理を維持しようとした。また、暇さえあれば本を買って勉強し、OJTで頑張ることにより、論理を下げなかった。どちらが欠けても電磁波スパイラルに陥る。

多分であるが、まあちょっとくらい緩めてもいいかな、というのは論理よりも倫理の方だろう。確かに方便として緩めてよい場合もあるが、緩めたら後で修繕しておかないといけない。魂を売ったらまた買い戻さないといけない。すぐに買い戻さないと永遠に買い戻せなくなる。倫理を下げることで失うものの大きさをつい人は見ようとしない。いや、ショートレンジには見えにくいのかもしれない。

尊厳死

user-pic
0

先日、知り合い二人と新宿のとある大衆酒場に飲みに行ったとき、米国人らしき人達がそばにいた。私以外の二人は、何やら英語で米国人に話しかけていたようであるが、私は黙っていた。

その様子をみていた二人は、後で、「お前は少しは英語がしゃべれるのかと思ったぞ、失望した。」と私に言うので、私は困ってしまった。そもそも私は確かに20年以上も外資系にいて、少なくとも10年は米国人の上長をもつ管理職として、仕事で否応なく英語で打ち合わせなくてはならなかったので、生きていくため仕方なく必死で英会話を学んだ。しかし、英会話のセンスがないので、なかなかうまくならなかった。それでも5年以上毎日1時間以上、FENだのEnglish JournalのCDだと聴くという努力を続けてやっとなんとかしゃべれるようになった。それでも聞き取りは本当にネイティブのペースでしゃべられるといつまでも苦労した。しゃべる方がまだしも自分のペースでやれるので、楽なのである。

しかし、2006年に管理職を降りてからは、急速に英会話をする機会が減り、それから8年経ってみると、もともとメッキ程度の英会話力だったのだから、知り合いに嗤われるレベルなのも仕方ないのだった。

ただ、言い訳だが、英語の読み書きとなると、まだましだと思っている。というのは、28歳の頃から英語の雑誌TIMEを読み始め、今に至るまでずっと購読を続け、忙しくて読まない週もあったが、基本的には真面目に読んできた。そうやって日常的に英語を読んでいると書く方も自然になんとかなるものである。だから米国出張に行ったとき、知り合いのイギリス人にある文章を書いてみせたとき、君は会話は相当下手だが、文章は自分が知り合いのフランス人よりいい、と褒めてくれたのも必ずしもお世辞ではないと思っている。

なので私は今でも通勤電車でTIMEを読んでいるのだが、先日、TIMEで、'Death with dignity' advocateと題する短い記事をみつけた。ああ、日本でも話題になったあの'事件'なのだな、と勘が鈍い私でも察しがついた。そこで私なりに改めて記事をまとめてみて、必要に応じてコメントする。

ご当人は、Brittany Maynard. おそらく、仮名表記では、ブリタニー・メイナードなのだろう。そこで以下、メイナードで通すことにする。

メイナードは、今年の1月に末期の脳腫瘍と診断され、カリフォルニアからオレゴンに引っ越してきた。その理由は、オレゴンが、医師による安楽死が認められている数少ない州だからである。キリスト教が浸透している米国では、安楽死が認められている州はオレゴン以外にあと2つしかない。

そして、望みが叶って、メイナードは、医師に処方された安楽死薬を飲んで、11月1日に自らの意志であの世に旅立ったのだった。享年、まだ29歳だった。

メイナードが安楽死を選んだ理由は、日々悪化する末期癌の苦しみを避けたかった、ということである。私は一応スピリチュアリストなので、シルバーバーチの教えにより、死のタイミングは神に委ねるべきで、自ら選ぶべきでないと概念的には知っている。実際、世の中の良識あると言われる多くの人は、場合により声高に、メイナードのやり方に反対するだろう。しかし、私はどうしても自信をもってメイナードに反対できない。もちろん、私が末期癌になったとしてメイナードのやり方に倣うという自信もない。そういう曖昧な態度ではいけないのかもしれない。

米国では1990年代に、ジャック・ケヴォーキアンという医師が積極的に安楽死の処置を行い、議論を巻き起こした。自殺幇助の殺人罪で告訴され、収監されたほどである。

しかし、ケヴォーキアンの啓蒙活動の結果、安楽死に共鳴する人達が米国に増えているのも確かのようである。メイナードは、元教師として、死ぬ前の最後の数週間を、安楽死の啓蒙活動に充てた。それは、メイナード自身の最後の日々のイメージのビデオを発信するものだったが、決して死の影を強調するものではなく、家族との生活を楽しみ、訪れたたかった場所を訪ねてみるという、死よりも寧ろ生をイメージさせるものだった。

それを観た安楽死反対派の人たちは、メイナードに、意志を考え直すように訴えたのだが、メイナードは聞き入れず、自らが決めたとおりに死んでいった。

そういえば、私が尊敬する作家の一人、吉村昭氏は、晩年末期癌になったとき、自ら死期を早めたのだった。こちらのブログから、引用させて戴く。

そして手術から半年過ぎたある日、突然点滴の管のつなぎ目を外し、中心静脈に入れたカテーテルと胸に埋め込んであるカテーテルポートをむしり取る行動に出る。看護師や家族の静止に、末期がんの病人とは思えないような激しい力で抵抗する。延命治療を望んでいなかった夫の強い意志に、夫人も娘も「もういいです。」と涙声で看護師に告げるのです。そして数時間後に他界します。佐藤泰然のような死を選んだのです。

ある意味、メイナードと似ていないだろうか。

仙人試験

user-pic
0

優雅性で言及した、「道教百話」窪徳忠著、講談社学術文庫であるが、一話ずつ完結しているので、通勤電車で気が向いたら少しずつ読んでいる。

その「道教百話」に、仙人試験について記述があったので、私なりにまとめてみる。

すなわち、五斗米道を開いた張陵の許に、趙昇という人物が、奥義を授かるためにやってきた。ところが、趙昇が門に着いたとき、門番は一切取り次がないばかりでなく、散々罵った。何度取次を申し込んでも断られてしまうので、付近に野宿して40日あまり取次を申し込み続けた。これが第一の試験。

やっと取り次がれると、畠にやってくる動物を追い払う仕事をやらされた。ところが夕方になると突然、絶世の美人があらわれ、道もわからず泊まるところもないので、泊めてほしいと趙昇に頼んだ。そして趙昇が寝ていると勝手に部屋に入ってきて、隣で寝た。美女は足が痛いといって居座り続け、その間、手練手管で趙昇を誘惑したが、趙昇は拒み続けた。これが第二の試験。

次に、大金が道に落ちていたが、趙昇は全く気にしなかった。これが第三の試験。

第四の試験は、虎に食われそうになったこと。

第五の試験は、嘘いつわりの言いがかりをつけられ、それでも我慢して一言もいい争わなかったこと。

第六の試験は、病気もちの汚い乞食を世話すること。

第七の試験は、足を踏み外せば確実に落命する絶壁にある桃の実をとることであった。

要するに、忍耐と、勇気と、欲望を絶つこと、弱者に対する思いやり、これらすべてに卓越することで、趙昇はやっと仙人の奥義を学ぶことを許されたのだった。

仙人試験はなんと困難なのだろうと痛感するのだが、そうやって中国では、仙人がいかに俗人を超越しているか、示したかったのだろう。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち倫理カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは企業です。

次のカテゴリは医学です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。