政治の最近のブログ記事

トランプ大統領が、難民や中東・アフリカからの入国禁止の大統領令を出したときは、なんたる暴挙と驚いたが、とりあえず連邦地裁で差し止められ、続いて連邦控訴裁も司法省の不服の提訴を退け、一応私は安堵した。朝日新聞ウェブの記事を引用する。

トランプ氏は4日朝、3日の地裁の決定についてツイッターで「法律執行を実質的に我が国から奪う、いわゆる裁判官の決定はばかばかしく、覆される」と発信。決定を出した裁判官に対し、正当性に疑問を投げかけた。
4日午後には「裁判官が国土安全のための入国禁止を止めることができ、悪意を持った人を含め、誰でも米国に入国できるようになるとは、どうなっているのか」と発信し、今度は司法が行政の決定を止めたことを問題とした。米国は憲法で三権分立を定めており、大統領が個別の裁判所の決定や判決を批判することはあっても、裁判官の資質を問題にしたり、司法と行政の関係を疑問視したりすることは極めて異例だ。

トランプ大統領を見ていると、私は外資系に勤務していたときの馬鹿な上司のことを思い出す。すなわち、日本のローカルな事情を全く考慮せず、エキセントリックな指示を繰り出して、私を含む部下をてんてこ舞いさせた。

あまりに馬鹿な指示で、ローカルの仕事のプロセスを破壊するので、私は部下に、あまり真面目にいうことを聞いてはいけない、と指示した。何かあったら、自分が責任をとる、と。

そしたら案の定、上司は真っ赤な顔をして、私を呼びつけ、自分の部屋のドアを閉め、厳しい調子で私を叱責するので、普段は弱気だが、開き直るとそれなりにタフな私も、流石に追い込まれた気持ちになった。それで仕方なく、指示に従うと約束した。

こう書くと、私がいつも上司に反抗してばっかりの反骨人間のように思われてしまうかもしれないが、その上司は米国で10人くらいの部下をもつ管理職をしていたとき、そのエキセントリックな性格により、部下全員から総スカンくらい、部下のいない専門職になって、窓際の日々だった。

ところが、よほど人材がいないのか、あるいは日本なんてどうでもいいのか、上位管理職がなぜかその人物を管理職として日本に差し向けたのだった。

で、トランプの入国禁止に戻って、やはり三権分立はいいよね、モンテスキューは偉いよねと思うのは、連邦地裁の一介の判事が、憲法に基づき、最高権力者であるトランプ大統領の命令を差し止めたことである。江戸の仇を長崎で、ではないが、10年前に外資系で酷い目にあった仇を少しだけとったような気になり、軽くガッツポーズした。

なにしろ会社組織というのは民主主義でも三権分立でもなく、馬鹿な上司の指示に反抗を貫くとリストラも覚悟しなくてはならないので、きちんと手続きに従い、理不尽な決定を却下できるというのは羨ましい。

とはいえ、民主主義でも三権分立でもないといっても、会社組織にもそれなりに安全弁が必要であり、その一つがやり過ごしである。それが利かなくなる組織というのは、エンジンオイルの切れた車のようにまずい。

そもそもが、トランプの入国禁止は、米国がいろいろな外国からの移民の才能でもっているという現実を忘れてしまっている。例えば、いろいろな先端技術や科学の英語の論文を眺めると、インド系、アラブ系、アジア系の名前で溢れており、いかにもアメリカ人ぽい名前をみつけること方が稀だったりする。

だから、グーグルもマイクロソフトも、トランプの入国禁止に反対である。外国からの優秀な移民の才能でそういう会社は保っている。

一方で、W.C. Skousenの"The Naked Capitalist"などを読んでみると、トランプの無茶な施策は、何かしら計画された愚かさのような気がしてならない。あまりにもわざとらしいのである。しかも、変な言い方だが、わざとらしさがわざとらしくて、おい、早く俺の裏の意図を読めよ、と言われているような気がする。喩えていえば、わざと馬脚がみえるように振る舞う9.11のようであるともいえる。

ということで、トランプの行状を静観しつつ、今後の帰趨を見極めたい。

先月、米国大統領選でドナルド・トランプが勝利したことに私は当惑の色を隠せなかったが、冷静に考えてみて、そんなに嘆くべきことかな、と最近感じつつある。

例えば、私はTPP亡国論に書いたように、アンチTPP論者であるが、トランプも反TPPであって、今後締結について見直すという。

また、私はオバマが米国大統領で初めて広島を訪れて原爆について言及してくれたことを広島県出身の者としてとても嬉しく思っている。そもそも2008年にオバマが米国大統領選挙で勝利したとき、米国の知り合いの黒人のJから、これは慶賀すべきことだというメールをもらって盛り上がったものである。

しかし、オバマが大統領になってから、私が勤務していた外資系の会社の劣化が目を覆うほどになってきた。それは偶然であって、オバマの施策の影響はないのだろうか。

それはオバマのせいではないにしても、少なくとも私が勤務していた外資系の会社は、オバマが大統領になった頃、インドや中国へのビジネス・シフトを加速し、世間で悪名を馳せるほどひどいリストラを敢行した。また、あるいみ私が勤務していた外資系の会社の経営の根幹の一つであったオピニオン・サーベイが廃止されたのもオバマが大統領になった頃である。そのことが大いに貢献して、私が勤務していた外資系の会社では、粗悪な管理職が横行した。

ところがトランプは少なくとも、米国企業がビジネス拠点を米国外にシフトすることに反対している。私が勤務していた外資系の会社は今後、その方針を転換するだろろうか。

まったく話は変わるが、ぼんちゃんは、私のうたかたの記に関する記事へのコメントで、吉田拓郎の「舞姫」という曲に言及されていたが、同様の?趣旨で私が思い出したのは、吉田拓郎の「トランプ」という曲である。この曲は大学時代に同じ下宿にいた友人が、ギターで弾いて歌っていたので憶えたのだが、♪トランプを切ってみたの、あなたの名前の数だけ♪ではじまる、とても小粋な小品で、ドナルド・トランプには全く関係ないが、私の好きな曲の一つである。なので先日、知り合いとカラオケに行った際に歌おうしたら、この曲がカラオケにないので落胆した。

まあともかく、私のドナルド・トランプに対する印象は意外にもnot so badなのだった。

予想に反して、期待に反して、米国大統領選はトランプ氏が勝利したが、私は今年の4月くらいから米国大統領選のヒラリーの勝利を疑ったことがなかった。その理由は、当時、ベンジャミン・フルフォードが次期大統領はヒラリーだと宣言していたからである。

ええっ、お前はベンジャミン・フルフォードがいうことを額面どおりに信じるのかと言われると私も困るのだが、私は少なくともベンジャミン・フルフォードが9・11疑惑について書いていた本を読んで、ベンジャミン・フルフォードのファンになった。

しかし、次期大統領がヒラリーだと信じたのはそれだけではない。ヒラリーの対抗馬のトランプが、わざと失笑を買うような、道化を演じていたからであり、それをみて私は、ああトランプは、ヒラリーを大統領にするための当て馬、あるいは道化にすぎないとみくびった。

私がベンジャミン・フルフォードの言説を信じた他の理由に、クライシス・アクターのことがある。すなわち、こちらに書いたTIMEの記事は、クライシス・アクターの存在を隠喩的に私に訴えるもので、フルフォードの妥当性を感じさせた。

そうやって形勢を楽観していたので、TIMEに取り上げられるヒラリーのメール問題、ヒラリーの悲劇のヒロイン性、ヒラリーのinherentな不人気の記事もいまいち真面目に読まなかった。まったく、私が何百回、いや何千回と繰り返した、形勢の楽観による大局観の誤りである。

流石に私も、終盤トランプの人気が高まってきたのは分かっていたが、メディアはヒラリーの優勢を予想していたし、米国発の女性大統領が登場するのは間違いないと確信していた。

まあでも、トランプが大統領に決まってしまった以上、改めて米国の状況を勉強するよりない。さしあたっては、次のTIMEを精読することにしよう。日本の新聞記事より一歩踏み込んでいるので。

イスラム国

user-pic
0

テレビを観ていて、イスラム国はなにか、という素朴な疑問が湧いた。そもそも、去年の夏あたりからオバマ大統領がイラクのISISの爆撃を指示した、というニュースが報道されていたりしたが、ISISとは何かという素朴な疑問さえもたず、適当に聞き流していた。

そこで、私のいつもの手で、本屋に行ってみた。私が普段よく行くのは新刊本の書店よりもむしろ古書店なのだが、コンテンポラリーなトピックだと、どうしても新刊本の書店、ということになる。

そこで「イスラム国の正体」国枝昌樹著、朝日新書というのを買って、読み始めた。国枝昌樹氏は、元シリア特命全権大使で、私は平凡社新書「シリア」という著書を読んだことがあるが、現地に滞在していた強みで、現地に即した情報を盛り込んだ好著だと感じたので、この本を選んだ次第である。

この本によると、イスラム国というのは、もともと、ISIS = "Islamic State of Iraq and al-Sham"と名乗っていた、イスラム教スンニ派の過激派武装グループが、IS = "Isramic State"と改名し、2014年6月29日に独立宣言したものである。

しかし、欧米国家は当然ながら、他のイスラム国家でさえも認めておらず、さらにはアルカイーダとも決別している、というのだから、国際政治的に相当な荒くれというか、はみだし集団である。

そんなイスラム国であるが、その前身は、2004年頃、イラク国内でザルカウィが組織化した「タウヒードと聖戦軍団」である。2004年というと、まさに米国によるイラク戦争たけなわの頃で、喩えはよくないが、がんの手術をしたせいで、余計健康が悪化したようなものではないか。

「タウヒードと聖戦軍団」は、2004年10月に、アルカイーダに忠誠を誓い、「メソポタミアのアルカイーダ」に改名した。しかし、2006年にザルカウィが殺され、アブ・オマル・バグダディが後継者になり、2006年10月に、「イラク・イスラム国」に改名した。

ところが、2010年4月に、アブ・オマル・バグダディが殺され、後継者が、アブ・バクル・バグダディとなった。当たり前であるが、イラクあたりはなんとも物騒な場所である。

2011年11月、シリア内戦の勃発とともに、「イラク・イスラム国」のシリア支部として、ヌスラ戦線の存在が知られるようになった。「イラク・イスラム国」は、「イラク・大シリア・イスラム国」に改名してヌスラ戦線と対立し、さらにはアルカイーダと絶縁し、2014年6月29日に「イスラム国」と改名した。こうしてみると、「イスラム国」は尖鋭化の極みのような気もする。

さて、イスラム国の最高指導者、バグダディは、カリフを名乗る。イスラム国の主要なメンバーはイラク人であるが、外国人ももてるスキルに応じて要職に就けている。外国人としては、チュニジア人が一番多い。

イスラム国は意外にも、資金的に潤沢である。その理由は、自国内に油田があるからである。また、きちんと税金を集めて、財政源ともしている。イスラム国にいて、税金など払わないと突っぱねることは確実に命の危険性が大きいだろう。なので、みんなきちんと払う。

イスラム国は場合により、銀行を襲ったりもする。また、イラク政府軍が敗走した後の武器を奪ったりもする。

イスラム国は、SNSやツイッターなどのITツールを通じて、常時世界中からリクルートしている。これに呼応して、欧米人も応募していることが話題になっている。そこに行くと自爆テロの尖兵にもなったりするので、なぜ応募するのかいかにも怪訝なのだが、どうも自国にあって居場所がないというか、疎外感に苛まれている人達が応募するようである。確かに、イスラム国に行くと同胞意識をもてるというか、疎外感はなくなるのだろう。

また、タリバンがそうであるように、イスラム国は、極端なイスラム原理主義を敷き、イスラム法である、シャリーアを厳密に適用する。そして、欧米の民主主義に敵意を示すとともに、女性の社会化を抑圧する。

こういうやり方で、安定した国家を維持できるのかどうか私にはわからないが、中東の地が今後、カオス理論のように、目まぐるしく変化していくことは間違いないだろう。例えば、TIMEの記事によると、仇敵であったイスラエルとアラブの伝統的なイスラム国家であるサウジアラビアが会談を始めているそうである。それは共通の敵であるヒズボラに対する対応らしいが、イスラム国などの存在によりボラティリティが高まった中東の状況のせいもあるだろう。

それにしても、2011年頃アラブの春と呼ばれて、中東が民主化すると期待されたが、逆にカオス化、泥沼化しているのはどうしたことだろう。そして、咲いた仇花が、イスラム国なのだった。まさに、チャゲアスの「ひとり咲き」である。

と、そのうちブログにアップしようと数日前に書いていたら、今日になって、以下のようなニュースが飛び込んできた。朝日新聞のWebから引用する。

AP通信は20日、過激派組織「イスラム国」が日本人2人を人質に取ったと、インターネット上のビデオで主張していると報じた。72時間以内に2億ドル(約236億円)を払わなければ2人を殺すと脅しているという。
報道によると、人質は、ゴトウ・ケンジさんとユカワ・ハルナさんとされる。
シリア国内では昨年8月、千葉市の湯川遥菜(はるな)さんとみられる男性が、「イスラム国」に拘束されている。また、映像通信会社「インデペンデント・プレス」のジャーナリスト、後藤健二さんは昨年4月、シリア取材中に湯川さんとみられる男性に接触している。報道が正しければ、人質はこの2人の可能性がある。

イスラム国に拘束されるとは、あまりにもお気の毒であるが、流石に日本政府も、2億ドルは払わないだろう。彼らは異教徒を処刑することをほとんどためらわない。実に困ったものである。

急進主義

user-pic
0

なにかのブログでみた、「フランス革命の省察」エドマンド・バーク著、佐藤健志編が面白そうだったので、買ってみた。すると、フランス革命の前提となる、急進主義の前提が以下のように述べられていた。

  1. 人間は、社会のあり方を望ましくする方法論を適切に考察する理性、及びそれを確実に実現してゆく能力をもっている。
  2. 社会を望ましくする方法論が二つ以上存在する場合、人間は個人的な利害関係や感情にとらわれることなく、どちらがよいかを冷静に判断できる。
  3. 上記二つの前提は、社会全体で成立している。言い換えれば、みずからのあり方を望ましくしようとすることにかけて、社会は首尾一貫した単一の意志をもっているとみなして構わない。
  4. 社会のあり方を変えることに伴うコストや副作用は、変化のスピードを上げたからといって顕著に増大することはない。

エドマンド・バークの主張は、このような急進主義に基づくフランス革命が結局失敗して、王政が復活したことを指摘する。ところが、今まで習ってきた歴史では、フランス革命は、暴政の王政に対して民衆が立ち上がった自由の勝利のように喧伝される。

おそらく、その後マルクスが唱えたプロレタリア革命も、フランス革命の「成功」に鼓吹されたるのであろうと思われる。

いや、それだけではない、会社組織の中でも、景気が悪くなると、迅速の組織を変化して時代に適合させなくてはならないと、組織変革が説かれる。そしてあえて、経験のない若者たちが指名されて、無規律ともいえる恣意的なプランで全体を引っ張ろうとする。

そういうのを聞いていると、レガシーを放擲することこそが至上命題のようになっていたりする。そして、傍からみていると、単に混乱を巻き起こしているだけなのに、確たる判断基準もなく成功が喧伝され、知らないうちに組織変革のプロジェクトは立ち消えになる。

要するに、急進主義などというものに安易に思考をゆだねて停止されてしまう人類そのものの性質が、急進主義の楽観主義を否定してしまうという一種矛盾を呈しているのである。

田中角栄

user-pic
0

もともと、田中角栄にさほど興味があったわけではないが、私のノーベル医学生理学賞の記事に対して、南木さんから戴いたこちらのコメントに関して田中角栄に興味をもつようになり、本屋でたまたま「異形の将軍-田中角栄の生涯」津本陽著、幻冬舎文庫 上下二巻をみつけたので、買って読むことにした。以下、自分用のメモである。

田中角栄は、大正7年(1918年)5月4日、新潟県刈羽郡ニ田村で生まれた。角栄は、戸籍の上では長男だが、角一という事実上の長男は生まれてすぐに亡くなっている。

ニ田村はもともと、農業がベースだったが、近くに日本石油西山鉱業所があり、そこに働きに行く人が多く、そのため不景気知らずで村には活気があった。

祖母のコメは角栄を溺愛し、角栄はおばあさん子だった。しかし、角栄はまだ幼児の頃、屋根から落ちてきた雪に埋もれて死にそうになったことがあった。そもそも、雪かきしても角栄がみつからない。シャベルで傷つけたらいけないのでどうしても慎重に掘るのだが、このままでは死んでしまうと、多少のリスクを覚悟で鍬を下ろしたら、その先が角栄の頭に当たり出血した。それで埋もれている場所がわかり、角栄は救出された。

しかし、角栄の父の角次は農業に地道に従事するのが嫌いで、競馬などのギャンブルをして稼ごうとした。そんなことで定収入になるはずもなく、角栄の母のフメは、大変苦労した。家事と賃金収入のため必死で働いた。

角栄は4歳のときジフテリアになり、そのあと、ひどい吃音になった。これは、角栄の青年時代までずっと悩みの種だった。

小学校に上がっても角栄は、まともに話せないので、大変苦労した。また、病弱だった。しかし、短気で、怒ったら何をするか分からないところがあった。それでときどき切れると周囲は次第に恐れ、次第に角栄を苛める人がいなくなった。

角栄は、克服しようと、浪曲を覚えて自分でやってみることにした。すると、一度聞いただけで完全に記憶してしまうという異能を発揮した。このおそるべき記憶力は、政治家になったあとも威力を発揮した。この記憶力からも分かるように、角栄は、学校の成績が優秀だった。だから当時の中学に進み、さらに上の学校に進学することも考えられたが、苦労しているフメを慮って、小学校の高等科に進んだ。だから角栄の学歴の低さは家庭環境と両親に対する思いやりのせいであって、能力のせいではない。

小学校の高等科を卒業すると、県の柏崎の土木派出所で働きはじめた。後の土建屋の道は、ここから始まる。そこで角栄が幸運であったのは、理化学研究所の大河内所長に目を留められたことである。理化学研究所が、柏崎に進出しようとした経緯からである。

その縁で東京に出てこれることになった。とはいえ、いきなり大河内所長に会う目論見は外れ、角栄はあちこちで安い給料でアルバイトのような土建や設計の仕事に従事する羽目になった。ただ、それが角栄のスキルを養うにとても役立った。ある会社では、社長がとてもいい人で、私立の中央工学校に働きながら通うことができた。そこでも、英語以外の科目は得意で、優秀だった。

そうこうしているうちに、角栄は、海軍兵学校の試験を受けようと思い立った。角栄の能力なら、合格できたかもしれない。しかし、母が病気だとの知らせがあり、試験は断念した。しかし、そのうち、いよいよ理化学研究所の大河内所長から設計の仕事をもらうことができるようになり、次第に経済的にも豊かになってきた。

しかし、昭和13年の戦雲急をつげそうな頃、いよいよい角栄は軍隊に招集された。角栄の配属された部隊は、満州に出征した。そこで例によって古参兵による制裁に憤りながら軍隊生活を送っていると、胸膜炎を患い、病院に移送されたかと思ったら、内地に移された。生還を期待していなかった角栄は、感激した。しかし、帰国後、妹トシエが結核で亡くなってしまった。

ところが角栄も、原因不明の高熱で、危篤状態に陥った。結核だったようである。なんとか回復すると、結核のせいか除隊になった。そこで設計事務所を開設し、軍需景気に乗じて、荒稼ぎを始めた。知り合いの紹介で、はなという女性と結婚し、田中土建工業株式会社を設立した。

事業は順調に伸び、終戦になると、田中土建は、朝鮮の銀行などからもうまく資産を引き上げることができた。海軍の艦で護送されたというのだから、軍需物資の取引を通じて、相当軍部に食い込んでいたのかもしれない。

終戦に当たって、膨大な軍需物質が放出され、それによって成金が生じた。田中もそのうちの一人だった。

田中土建工業株式会社が顧問に、翼賛政治会の大麻唯男らを抱えていた関係で、角栄は衆議院に立候補することを薦められた。新潟三区から衆議院に立候補した角栄は、一度は落ちたものの二回目で当選を果たし、持ち前の資金力と人情と馬力で、民主自由党の中核に食い込んでいった。なにしろ一年生議員で、吉田内閣で、法務政務次官に任じられた。

しかし、角栄は、炭管疑惑事件で収賄の疑いで逮捕された。この事件ではなんとか追訴を逃れたものの、金権体質の角栄はこの後一貫して、適法と不法のぎりぎりの境を進んでいく。その間、新潟の地元の開発を進めることで地元では絶大な人気を得、選挙ではいつもトップ当選だった。

この後端折るが、党内の地位を高め、ライバルの福田赳夫に競り勝って見事角栄が内閣総理大臣に就いたのは、昭和47年(1972年)のことだった。しかし、政治家としてのピークは過ぎていたようで、内閣総理大臣になった後、角栄は、精神的にも肉体的にも次第に下り坂になっていく。懸案の日中国交回復は果たしたものの、景気も悪化し、田中内閣の支持率は、62%から27%に急落した。

そして昭和49年(1974年)11月26日、角栄は総理大臣の地位を降りた。まだ頑張れたはずだが、一つには国税局との訴訟に疲れ、もう一つは、複数の女性関係が家族にばれ、家庭がある意味地獄だったことにも疲れたせいだという。しかも、豪胆なようでいて繊細な神経の持ち主で、総理の激務に耐え切れられなくなったのだろう。

最後にロッキード事件である。昭和51年(1976年)から事態は切迫してきて、丸紅の大久保専務、伊藤専務、檜山会長が逮捕されるに及んで、角栄も疑惑に晒された。

しかし、ロッキード事件自体不自然である。そもそも米国多国籍企業小委員会に偶然、ロッキード社の機密資料が届いたことから事件の究明が始まったからである。これが作為でなくてなんだろうか。

米国政府は、日中外交、中東石油の直接取引き問題、その他米国の意向を逆撫ですることで国威の発揚を図った田中角栄を許すことができず、総理退任後も隠然たる力をもつ角栄に止めを刺したかったのではないか。

実際、角栄は、晩年を検察と裁判手続きに明け暮れ、失意のうちに、平成5年12月16日に亡くなった。享年、75歳だった。

太平洋戦争と呼んでもいいし、大東亜戦争と呼んでもいいが、それに敗れて、マッカーサをトップとする進駐軍が日本に駐留したとき、戦争をサーバイブした知識人の採るべき道は以下のどれかだったと思われる。

  1. 進駐軍の方針に迎合して、民主主義・反共になる。
  2. 進駐軍が政治犯を解放したことから出所してきた共産主義者・社会主義者に共感して、共産主義・社会主義に世界の理想の実現を期待する。
  3. 戦前からの国粋主義者・軍国主義者であることを枉げず、生きていく。
  4. 特に人文科学、あるいは自然科学の研究者として、敗戦という政治的大転回になるべく恬淡として、戦前のままの研究を続ける。

進駐軍の方針に迎合して、民主主義・反共になる、というのは典型的には吉田茂である。そういう言い方は語弊があるが、毀誉褒貶はともかく、米国にうまく協力して戦後の繁栄の礎を築いた功績はあろう。民間では、CIAと正力松太郎で述べたように、正力松太郎はCIAに協力することにより、日本の戦後のマスコミなど、ある部分を牛耳った。

戦前からの国粋主義者・軍国主義者であることを枉げず、生きていく、というのは、マッカーサの統治下では存在が許されないので、ひっそり生きていくか、闇市など地下活動化するよりないであろう。あるいは、戦中、「尊皇攘夷」だったとしても、「攘夷」のところはちゃかっり外して、まさに現金に米軍を商売相手にしたかもしれない。しかし、それだと最早国粋主義者ではない。

特に人文科学、あるいは自然科学の研究者として、敗戦という政治的大転回になるべく恬淡として、戦前のままの研究を続けるというのは、典型的には湯川秀樹や朝永振一郎などの物理学者である。科学をやっていると、科学には国境はないと思うことが比較的容易で、すると、戦後も、サイクロトロンが米軍に廃棄されたことを恨めしく思いつつも、戦前と同様に研究を続けたはずである。物資は不足しても、理論物理はとりあえず、ノートと鉛筆があれば研究は続けられる。ギリシャ哲学者の田中美知太郎は、終戦に惑わされず、一貫してプラトンなどのギリシャ哲学を研究した。

さて、共産主義者・社会主義者である。この中には、戦前から共産主義者・社会主義者であって、投獄された人たちもいたが、大抵は、ノンポリあるいは軍国主義者で、共産主義者・社会主義者に転向した人たちである。そういう人たちは、「進歩的文化人」と総称される。

これに関して最近、「悪魔祓い」の戦後史―進歩的文化人の言論と責任 (文春文庫) 稲垣 武著をたまたま古書店でみつけて、一気に呼んだ。それの感想として、以下記す。必ずしも要約になっていない。

重苦しい、悲惨な戦争から開放されて、共産主義者・社会主義者に転向する気持ちは理解できる。それこそが戦争のない理想郷を実現する社会工学だと諸手を挙げて歓迎したとしても意外ではない。なぜなら、米国も英国も、そして旧日本軍も帝国主義によってドライブされた旧弊国家だからである。

そして、共産主義・社会主義の理想を具現するのが当時のソ連であってみれば、進歩的文化人達は、ソ連に一目ぼれし、恋に陥ちてしまったのである。

待てよ、ソ連は、日ソ不可侵条約を破って、終戦間際に突然日本に宣戦布告したのではなかったか。また、戦後、多数の日本軍兵士を抑留して、死に至らしめたのではなかったか。しかし、一部進歩的文化人は、シベリア抑留を適法とみなした。講和条約批准前だからというのである。そして、結局、抑留されていた人たちに特段の配慮をしなかった。

ソ連がハンガリーやチェコなどの周辺国に介入して傀儡政権を作ったときも、進歩的文化人達は、スターリンを崇拝し、特に非難しなかった。むしろ、ソ連は徹底的な民族デモクラシーの立場にあると礼賛する次第である。

フルシュチョフの時代になり、スターリン批判が行われても、問題をすべてスターリン個人の属性に帰し、共産主義自体の構造的欠陥としなかった。

中国で毛沢東が政権を採ると、進歩的文化人達は、毛沢東は、スターリンとは違い、哲学者であり詩人であると絶賛した。そして、進歩的文化人達の新しいアイドルとなった。その大躍進も、文化大革命も、共産主義の勝利以外の何物でもなかった。

朝鮮戦争が始まると、進歩的文化人達は、あれは南朝鮮と米軍から仕掛けたのだと主張して憚らず、その後戦争が終わると、北朝鮮を地上の楽園であると、一方的な宣伝に便乗して、喧伝した。

もちろん、ベトナム戦争では、進歩的文化人達は、諸手を挙げて南ベトナム開放戦線と、北ベトナムを応援した。確かに米国の介入には無理がありすぎた。ドミノ理論も強引であった。

ところが、ベトナム戦争が終結して、ベトナムがカンボジアに侵攻したり、中越戦争が起きても、進歩的文化人達は沈黙を守った。その後国内で学生運動がおき、ついには連合赤軍が悲惨なリンチ事件や乗っ取り事件を起こしても、適切にこのことにコメントした進歩的文化人はほとんどいなかった。

ベルリンの壁が壊され、ソ連が崩壊したとき、今までの自分の共産主義思想に基づき、きちんとことにけじめをつけた進歩的文化人がどれだけいただろうか。私は寡聞にして知らない。むしろ、ロシアという国家の特殊性にこだわり、共産主義そのものの構造的欠陥に思索を広げなかったのではあるまいか。

ところで、「今こそマルクスを読み返す」(講談社現代新書) 廣松 渉著は、1990年刊であり、ソ連が崩壊する少し前に書かれたものであるが、次のような記述がある。

世界革命が真に達成された暁には、いわゆる「民族国家」の垣根もなくなります。
(中略)
計画経済ですから、計画・管理・統制といった仕事は残ります。
しかし、文化人類学の知見を持出すまでもなく、無階級社会においては、警察的な取締機構や監獄のような隔離・懲罰機関が存在しなくても、社会的秩序が保たれています。

これが確かにマルクスの述べたことの要約であるとしても、ナイーブすぎないか。廣松氏ほどの第一級の哲学者が、どうしてマルクスの主張することの社会工学的妥当性を検討してみないのだろうか。これが遠い将来に達成される目標だとしても、社会制御工学の方程式の時間を無限大にした解としての答えでないなら、それは夢想にすぎない。私にはむしろ、マルクス流社会制御工学の方程式は発散するよりないと、現実の大きすぎるいくつかのサンプルを眺めていて、想定せざるを得ない。そもそも、制御工学の方程式に必須の、フィードバック項がないのである。

一方、市場主義的社会制御工学の方程式は、確かにフィードバック項をもつがゆえに、いくつかの安定界を得ることはできるのかもしれない。しかし、それとても、t→∞ではやはり発散するのだろうか。こうしてすぐに悲観論に逢着してしまう私には、進歩的文化人がもっている、思考の力強さが足らないようである。

シオニズム

user-pic
0

以前にヘブライ語の復活で、エリエゼルによる古代ヘブライ語の復活のストーリーをみたとき、流石にユダヤ教に対する深い信仰心だと感心した。並みの決心ではこれほどの偉業は達成できない、と。そして、今でもエリエゼルとベン・イェフダ家は、イスラエルの人々に尊敬されていると信じて疑わなかった。

しかし、「イエラエルとは何か」ヤコブ・M・ラブキン、菅野賢治訳、平凡社新書を読むと、どうもその認識は違っているらしいと感じた。

そもそも主としてヨーロッパに住んでいたユダヤ人の共通言語はイディッシュ語で、それは言語学的には、ドイツ語の一方言として位置づけられる。イディッシュ語は今でも、世界中で400万人のアシュケナージ系・ユダヤ人によって使用されている。

それなら、ユダヤ人の統一国家を建てるなら、そこでの共通言語は、イディッシュ語でよかったはずである。なのになぜ、大変な困難を乗り越えて、イエラエルはヘブライ語を採用したのか。

そこには、ジャボチンスキーなどによって盛り上げられたシオニスト運動家たちの思惑があった。イギリス政府のシオニズム支持表明であるバルフォア宣言で、シオニストたちは勇気づけられた。そしてパレスチナにユダヤ人が移住し始めた。

ドイツのナチズム台頭は、パレスチナへのユダヤ人の移住を加速した。そして第2次大戦後の1948年、イギリス軍がパレスチナから撤退したとき、ベン=グリオンは、イスラエル国の建国を宣言した。

しかし、このような活動はそもそも、ユダヤ教の教えに沿ったものではなく、寧ろそれに反するものだった。そもそも、ユダヤ教によれば、神に導かれるかたちの建国でないと認めない。このような極めて政治的なユダヤ人国家の建国は、ユダヤ教の教義に悖るものであった。

しかも神の言語であるヘブライ語を日常語にすることは、冒涜であるとみなす敬虔なる人々がいた。

しかし、イエラエルの建国後、トーラーへの篤い忠誠心とユダヤ教の豊かな知識を有する人々はむしろ、脱宗教的な再教育を施されることになった。

これで私が納得いったのは、ずっと抱いてきたイスラエルの近隣アラブ諸国に対する、粗野ともいってよい非宗教的態度である。イスラエルは脱宗教の近代国家なのであり、軍事大国なのでもあった。

確かに、ユダヤ教の教義を墨守していては、近代国家としては立ち行かないだろう。しかし、このドライさは、あまりにも宗教的な場所であるエルサレムを包含する国家にはどうもそぐわないように思えてならない。

実際、シオニズムが産み落とす暴力に対して、ユダヤ教のラビたちから、多くの批判がなされているようである。今後、ポスト・シオニズムがどちらの方向に向かうのか、混迷するのか、注目を要するところである。

北朝鮮再訪

user-pic
0

北朝鮮の金正日総書記の専属料理人を10年以上務め、日本人では数少ない、北朝鮮のロイヤルファミリとの知遇を有する藤本健二氏が、北朝鮮を再訪するというので、驚いた。以下、産経新聞Webの記事の引用である。

北朝鮮の金正日総書記の専属料理人を10年以上務めた藤本健二さん=仮名=が20日、北朝鮮を再訪するため、成田空港から北京に向け出発した。
藤本さんは成田空港で、出発前の取材に「金正恩大将に招待されたので、断るわけにはいかない。(現地にいる)家族に会いたい」と話した。訪問の目的については明確にしなかった。 テレビ番組などで北朝鮮情勢について、積極的に発言していることには「(北朝鮮を)悪く言ったことはなく、不利にはならない」とも述べた。21日に平壌に入り、帰国は8月上旬の予定。 藤本さんは平成元年(1989年)から13年(2001年)まで、金総書記の料理人を務めた後に帰国。北朝鮮への再訪は初めてという。

なぜ驚いたかというと、金正恩で引用した「北の後継者 キム・ジョンウン」藤本健二著、中公新書ラクレによると、金正日総書記の料理人を担当しているうちに、金正日の側近が次々に粛清される様をみて、自分にも粛清が及ぶかと心配になって、必死の思いで「脱北」し、日本に逃げ帰ってきたからである。

日本に帰国後は、「金正日の料理人」など、北朝鮮の内情を暴露する本を出版した。そのことは決定的に北朝鮮上層部の人たちの神経を逆撫でしたはずであって、藤本氏の北朝鮮再訪など絶対にありえないと私はみていた。

ただ、「北の後継者 キム・ジョンウン」を注意深く読むと分かるのは、藤本氏は、金正恩を幼少の頃から知り、遊び相手になったり面倒をみていたので情が移っているせいか、北朝鮮の内情暴露本にあって、金正恩に対して異様にポジティブな記述に終始している。

今回の北朝鮮再訪が、そんな金正恩に対する思いと、自分は少なくとも金正恩を悪く書いていないという楽観がもたらしたのだとすると、甘すぎるのではないか。なぜなら、金正恩は最早、藤本氏が知る昔の金正恩ではなく、国家元首だからである。子供の頃から知る藤本氏に対して、叔父のような親しみはあるにしても、北朝鮮や中国などさまざまな利害のしがらみで動かざるをえない金正恩は、藤本氏に対して不如意な対応をとらざるをえないこともあろう。

ただ、その不如意な対応が、藤本氏の監禁というかたちになるとも考えにくい。それは冷え切った日朝関係をさらに悪化させるだけだろうからである。それよりもむしろ、金正恩は、藤本氏を最大限歓待し、友好的なメッセージを浴びせて、日本に帰ってから、北朝鮮の広告塔の役割を果たすように仕向けるのだろう。

問題は、日本のマスコミは藤本氏の発する北朝鮮の印象にほとんど配慮しないだろうことである。そういえば、田中宇氏も、北朝鮮を訪問して、開放が進んでいる様子を自らのウェブサイトで述べていた。そのことがほとんど注目された様子はないが、ともかくも、金正恩は、利用できるものはすべて利用して、自らの肯定的なイメージをつくりだすのに懸命のようである。

私は、ボスニア紛争で、一方的ではないにしても、セルビアのスロボダン・ミロシェビッツが悪玉だと信じていた。すなわち、ミロシェビッツが、現代のヒットラーよろしく、民族浄化(ethnic cleansing)を指示していたというストーリーである。

ただその一面的なイメージは、「戦争広告代理店-情報操作とボスニア紛争」高木徹著、講談社文庫を読むことで、明らかな修正を迫られた。

1992年4月9日に、ボスニア・ヘルツェゴビナ共和国の外務大臣、ハリス・シライジッチがジョン・F・ケネディ空港に降り立った。シライジッチの意図は、セルビアとの紛争を内戦として処理するのではなく、国際化、すなわち世界を巻き込み、その注目を集めることにあった。そのため、世界の最大国、米国に到来したのである。

そうはいっても、シライジッチに、米国内に然したる伝手はなかった。そこでとりあえず、人権運動家のデビッド・フィリップスに電話した。フィリップスはバルカン問題に関心をもち、それでサラエボに行き、シライジッチとも会ったことがあった。フィリップスとのコネでシライジッチは、ベーカー国務長官と会談することができた。

そこでベーカー国務長官はシライジッチに、有意義な提案をした。それは西側のメディアを使って欧米の世論を味方につけることであった。その後、ベーカー国務長官の手配で、シライジッチは、アメリカの主要なメディアの前で記者会見を行った。もともと大学の歴史学の教師だったシライジッチにとって、メディアと関わるなんて夢にも思っていなかった。

ただもちろん、ベーカー国務長官とその側近は、シライジッチに手取り足取りメディア指南するような余裕があるはずがない。そこでフィリップスは、シライジッチにはプロのPR(Public Relations)の専門家が必要であると判断し、名うてのPR、ジム・ハーフを紹介した。

PR会社とは、さまざまな手段を通じて世間に訴え、顧客に有利な世論を作り上げることを役割とする。ジム・ハーフが所属するルーダー・フィン社は、そのようなPR会社の中でも大手で一流との評判があった。特にジム・ハーフは、以前にクロアチアの契約を結び、セルビアに対するPR戦略を担当したことがあり、いわば土地鑑があった。

そこで早速ハーフは、ワシントンのナショナルプレスクラブで、シライジッチの記者会見を企画した。シライジッチは米国の大学に留学した経験があり、英語は堪能だった。ただ、シライジッチがPRに慣れていないこともあって、ハーフによる最初の記者会見の企画は失敗だった。

しかしハーフは、ジム・マザレラ、ジム・バンコフという優秀なスタッフを駆使して仕掛ける。ハーフ自身がジムなので、三人のジムという訳である。ジム・マザレラは政界工作を主に担当した。ジム・バンコフはメディア対策を主に担当した。

彼らは、それまでに培ったすべてのテクニックを駆使してボスニア・ヘルツェゴビナに対する関心を喚起していった。その1つに、メディアと政界向けの「ボスニアファックス通信」がある。すなわち、ボスニア・ヘルツェゴビナの大統領府と衛星電話を結び、リアルタイムでサラエボの状況を知り、書面にしてファックス通信する。当時はまだインターネットによるメールがあまり普及していなかった。

一方で、ABC、CNN、ワシントンポスト、ニューヨーク・タイムズ、ニューズウィークなど、メジャーなメディアの主要な記者と、コネを駆使してシライジッチとの単独インタビューを行ってもらう。

さらに、米国大統領府、連邦議会、メディアという三角の力関係を巧妙に利用し、次第にボスニア・ヘルツェゴビナを、そしてアンチ・セルビアを、米国大統領府、連邦議会、メディアに売り込んでいった。

さらに、ジム・ハーフたちは、シライジッチを、よき役者になるように「改造」していった。すなわち、言いたいことでなく、いかに聴く者に訴えるようにメッセージを発するかに重点を置くのである。

それでもなかなか決定打が出ないでいらいらしているとき、格好のキャッチコピーが見つかった。それは、民族浄化(ethnic cleansing)である。ボスニア紛争の当時、あまり情勢に興味がない私にも、この言葉は強烈に響いた。それは、まるで他民族を根絶やしにしようとするような、ヒットラーの対ユダヤ人計画のようなおぞましい響きだった。ジム・ハーフたちは、セルビア人が他民族に民族浄化を行っていると訴えることで、決定的に世界世論をボスニア・ヘルツェゴビナに有利に導いた。ついにボブ・ドール上院議員をして、「ミロシェビッツはもう一人のサダム・フセインである。」と言わしめるまでになった。

このようなボスニア・ヘルツェゴビナのPR戦略に対して、セルビア側も手を拱いていたわけではない。ベオグラード生まれで若くしてアメリカに亡命してICNという薬品会社を立ち上げたミラン・パニッチを、セルビアのミロシェビィッツは首相に起用した。ビジネスを通じて知り合った米国の有望な人脈を駆使することを期待されたのである。なにしろ、ICNに豊富な資金がある。

しかし、ジム・ハーフも黙っていない。民族浄化に続くさらに有効なキャッチワード、強制収容所(concentration camp)に想到した。これはジム・ハーフが仕掛けたというよりも、ニューヨークのタブロイド誌が報道したものであった。ジム・ハーフはこれに目をつけ最大限に利用し、ボスニア・ヘルツェゴビナの立場を有利した。本当に強制収容所がセルビアにあったかどうか、今となっては疑問視されている。しかし、PR戦略としては、その程度の不確かさは許容範囲である。

ICNの資金を駆使したセルビアのパニッチもベストを尽くしたが、後れを挽回できなかった。その一番の理由は、有力なPR会社と契約できなかったことにある。資金的な問題ではなく、セルビアと米国の関係で、米国の会社は、セルビアの組織と契約できなかったのである。

それでもパニッチはベストを尽くした。主要国によるロンドン会議を企画し、米国受けする自分がセルビア大統領になれば、米国との関係も改善できると、ミロシェビィッツの追い落としまでたくらんだ。しかし、一旦反セルビアに傾いた国際世論は動かしがたく、セルビアは国連からの追放の憂き目にあった。

これは、ジム・ハーフの側の決定的勝利である。ただ、ジム・ハーフたちは、成功したのに、ボスニア・ヘルツェゴビナから、期待する額の支払いを得られなかった。なにしろボスニア・ヘルツェゴビナには十分な資金がなかったのである。それで、あれほど密に行動してきたのに、ルーダー・フィン社とボスニア・ヘルツェゴビナの関係はあっさり途絶した。

しかし、ルーダー・フィン社は不足する支払い以上のものを得た。ボスニア・ヘルツェゴビナに対して世論を有利に導いたという評判である。それでその後もクライアントから多くの依頼を得ることが゛てきた。

一方、スロボダン・ミロシェビッツは極悪人ではなかったのかもしれない。ジム・ハーフたちによるPR戦略を仕掛けられているときも、普通にやっていれば、真実は自ずと世間は分かると極めてナイーブであった。その後、ユーゴスラビア連邦共和国第3代大統領に就任したが、コソボ紛争でのアルバニア人住民に対するジェノサイドの責任者として人道に対する罪で起訴され、国際戦犯法廷で裁かれた。2006年3月11日に、65歳という若さで、収監中の独房で心臓発作で死亡しているのが発見された。相当な失意もあったのだろう。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち政治カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは心理学です。

次のカテゴリは教育です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。