小説の最近のブログ記事

償いの報酬

user-pic
0

二年近く前にローレンス・ブロック「八百万の死にざま」田口俊樹訳、ハヤカワ文庫を読み、古きよきニューヨークの風情が描かれた好作だと思ったのだが、それから続編は読まないできた。

ところが急に同じ作者の「償いの報償」田口俊樹訳、二見文庫を読もうと思ったのは、気まぐれというか、「八百万の死にざま」の続きのような位置づけの作品らしくて、主人公のマット・スカダーのその後が知りたいという興味もあったからである。

さて、「八百万の死にざま」で事件に関与したストレスか、断酒に失敗したスカダーは、心を入れ替えて再び断酒を再開し、AA(Alcoholics Anonymous)すなわち断酒サークルに日課のように通う日々だった。

そんなスカダーは、幼馴染で犯罪常習者のジャック・エラリーに声をかけられた。スカダーは、多少の懐かしさは感じつつ、なにしろ札付きのワルだったので、複雑な気持ちもあった。

ところが、ジャックが意外なことをいう。断酒プログラムの一環としてジャックが、過去に犯した罪を償う「埋め合わせ」ステップを実施しているのだという。断酒プログラムのステップにあまり詳しくないスカダーは、へえ、そんなステップがあるのかと思っただけだった。

しかし、それからスカダーは、驚くべき知らせを聞いた。なんとジャックが殺されたのだという。しかも頭だけでなく口にも銃弾を撃ち込まれたのだという。とはいえ、この事件を真に憂慮していたのはジャックの支援者(スポンサー)のグレッグ・スティルマンであった。なぜなら、真面目なスポンサーであるグレッグは、ジャックに対して断酒プログラムを律儀に勧めすぎたことがジャックを追い込んでしまったのだ、と懸念したのだった。

そしてグレッグは、ジャックから立場により入手している五人の埋め合わせ者リストをスカダーに渡し、これらの者の誰かがジャックを殺害した犯人かどうか調べてほしいと依頼した。グレッグの誠実な人柄に好意をもったスカダーは、埋め合わせ者リストの一人一人と会っていった。すると、ジャックの犯罪歴に関与したような者ばかりなのでいかにも曰くつきで怪しかったが、どうも誰もジャックの殺害に関与したとは思えない。

ところが、スカダーは、納得いかず調査を続けるうち、昔のジャックの重大犯罪の共犯者が浮かび上がってきた。そしてここから、関係者が殺され始めた。スカダーにも危機が忍び寄ってきた。

ここからは佳境なのでストーリーを追うのを省略するが、もし「八百万の死にざま」並みのハードボイルドを期待すると、ちょっと肩すかしをくうかもしれない。

じつはこの作品は、ローレンス・ブロックが1982年に「八百万の死にざま」を発表してから25年も経ったあとの、ブロックが72歳のときの作品で、それだけ年数を経て「八百万の死にざま」の続編を書くという円熟を改めて感じる次第である。

そういえばローレンス・ブロックには、殺し屋ケラーシリーズというのもあるらしくて、暗殺者グレイマンとはまた違った、ブロック版のというのもそのうち読んでみたい。

グレイマン・シリーズ3の「暗殺者の鎮魂」を読んでしばらくして、次の「暗殺者の復讐」を読むことにした。

「暗殺者の復讐」では、ジェントリーが、「暗殺者の鎮魂」のとき、マンハンターという刺客を差し向けてきたことに対する報復として、ロシアのシドレンコの居住地を襲った。シドレンコの側も、ジェントリーの来襲は当然に予想していて、多数のならず者を周囲に配置していたが、いかんせん警備のプロではなく、街の愚連隊に毛が生えた程度なので、ジェントリーの敵ではない。

ただ、ジェントリーも、シドレンコを殺傷した後の脱出路をきちんと確保していなかった面があり、行き止まりになって焦った。そして強行突破でなんとか逃げ出したものの、シドレンコよりはるかに手強い新たな追手がいた。それは、民間警備会社、タウンゼント・ガバメント・サービスの派遣するチームである。

タウンゼント・ガバメント・サービスは、CIAのカーマイケルから、グレイマン、すなわちジェントリー殺しを高い賞金で依頼されたのである。そこでタウンゼントはまずUAV、すなわち無線操縦の無人飛行機でグレイマンを追跡した。シドレンコを襲った場面も、UAVによって撮影されていた。

タウンゼント・ガバメント・サービスの社長のリー・バビットは、UAVだけでは限界があるので、ジェントリーと似た経歴の、ラッセル・ウイトロック、通称デッドアイという独行工作員を雇った。すなわち、デッドアイは、グレイマンの「生態」に詳しいので、UAVでスウェーデンのある都市で、大まかな居所が確定されると、その中でグレイマンが潜んでいそうなアパートの当たりをつけた。あとは、タウンゼントの部隊がそこを襲う手はずである。

ところが何を思ったか、ウイトロックが突然裏切ってタウンゼントの部隊を殺戮し、むしろグレイマンを救助した。グレイマンはウイトロックの意図がわからず当惑したが、ともかく命を助けられたことはありがたく思った。実はウイトロックは筋金入りのサイコパスで、ある深い意図があってグレイマンを助けたのだが、その意図はあとで明らかになる。

一方、ヨーロッパではモサドのチームが活動していた。そのチームはいわばイスラエルの大統領直属で、中東の反イスラエルの組織がイスラエルの大統領の暗殺を企てるのを事前に察知し、もし本当に暗殺の実行犯なら、強襲チーム、メツァダを派遣して駆除する。それを判断するのが、モサド情報収集部の目標決定官、ルース・エティンガーである。ルースはみるからに魅力的な女性だが、仕事には厳しい。

さて、ウイトロックが筋金入りのサイコパスである、というのは、イスラエルの要人を殺害して、イランの諜報部から莫大な賞金をせしめようという意図があり、そのことにジェントリーを利用しようという黒い意図があったからである。そのために、タウンゼントの部隊によって襲われたときジェントリーを助けたのだった。ただ、このことで、殺そうと追及する相手に全く不足していないジェントリーは、モサドからも追われることになり、一層窮地に陥った。そもそも、なんとしてもジェントリーを殺害したいCIAは、モサドに協力を要請した。

しかし、CIAとモサドは当然に一枚岩ではなく、特にルースは、ジェントリーのプロファイルの解析から、ジェントリーがなんの大儀もなくイスラエルの要人を狙うわけがないと思った。

このようないろいろな個人とグループのからみで事態が進展していくのであるが、それにしても感じたのは、まるで将棋や囲碁のAIと、棋士の関係が次第に露わになってきたことである。すなわち、ジェントリーが得意とするのは、ひそかに敵を攻撃することだけでなく、姿をくらましたり、危険を察知して逃げる独特の勘なのだが、無人飛行機、監視カメラ、顔認識や歩き方などの行動分析、のハイテクの発達で、ジェントリーは、培ったスキルと勘が陳腐化(obsolete)していく傾向を感じてしまったのだった。これもシンギュラリティか。

山の音

user-pic
0

少し前のことであるが、ゴールデンウイーク中に町田のブックオフに行った。全品二割引というセールだったからである。二割引というのがいいのは、もしかしたら読まないかもしれないけどとりあえず買っておこうという閾値が下がるからである。すると、相対的に読む可能性が低い純文学の名作を買うことにもあまりためらいがなくなる。

そうやって以前買った本に、森鴎外の「阿部一族・舞姫」新潮文庫がある。軽い気持ちで買ったこの小冊子のような本は、私の生涯でも上位にくる印象の深い本となった。きっと何度も読み返すことだろう。

今回、似たような乗りで買った本に、川端康成の「山の音」と、谷崎潤一郎の「陰翳礼讃」がある。どちらも新潮文庫である。それで、一種の気まぐれで、一連のミステリー、工学書、数学書の読書列に、そっと川端康成の「山の音」を忍び込ませた。

「山の音」は、第二次大戦が終わって間もない時代の、二世代同居家庭の話である。主人公は、その一家の主の尾形信吾。62歳で会社の社長である。鎌倉の自然豊かな地に住み、横須賀線で都内に通っている。もう歳で物忘れが激しくなったみたいな記述があるが、それと同い年の私としては苦笑するよりない。信吾の妻は保子で、信吾より一歳年上である。

長男の修一が同居している。普通のことであるが、あまり父と仲がいいとはいえない。ただ、父の会社に勤めていて、会社では上司・部下の関係なので、家庭でも指示されたら渋々父のいうことをきく。

修一の妻は菊子。まだ子供はない。じつは信吾は結婚する前に、今の妻の姉に憧れていた。その人は近所でも有名なくらい美人だった。ところが美人薄命の典型でその姉は亡くなってしまい、仕方なくというわけではないだろうが、信吾は妹の保子と結婚した。信吾は菊子に、その亡くなった姉の面影をみてしまい、平静でいられなくなることがある。

舅が息子の嫁に密かに想いを寄せるということはよくあることであるが、菊子は菊子で、ファザコンかというくらい信吾を慕っている。そして、信吾と菊子の間の限りなくプラトニックな関係は、この家で誰もが周知である。

さらにこの家庭で誰もが知っているのは、修一の浮気である。会社で、信吾の秘書のようなことをしている谷崎英子という女性がいる。じつは英子は修一の浮気相手の一人なのだが、さらに修一には絹子という別の本命の浮気相手がいる。戦争未亡人だという。

当時のことで、修一は出征し、いつ死んでもおかしくないような激戦をかいくぐってなんとか修一は帰還してきた。戦争PTSDなのかもしれないが、修一の心のどこかに空虚が巣くっており、その隙間を埋めることが戦争未亡人との浮気につながるのかもしれない。

こんなことがあって菊子が面白いわけがない。それでときどき反抗のように実家に帰るのだが、数日したらまた戻ってくる。信吾に会いたいのである。

これでだけでも家内は大変であるが、なんと信吾の長女の房子が、子供二人を連れて出戻ってきた。なんでも、房子の夫の相原は、犯罪に加担しているかもしれない困った人で、いろいろな意味で房子は同居していられないのだという。

信吾はそれは分かるのだが、今後のことを考えたら大変で、孫がきて可愛いみたいな気持ちになかなかなれない。

菊子は菊子で、当然ながら房子とうまくいかないのだが、それをみて信吾はつい菊子を庇う。それをみて、ああ実の娘より息子の嫁の方をかわいがるのかと房子は面白くない。

それだけではない、英子に紹介させて、修一の浮気相手の絹子に無理やり会いにいったり、それで気分を壊したのかどうか知らないが、英子が会社を辞めてしまい、信吾はいろいろ悩む。

しかしそれは序の口で、修一の浮気に反発して菊子が勝手に堕胎してしまったり、絹子が妊娠していて修一の子供かどうかわからないが産むと言い張ったり、房子の夫が知らない女と自殺未遂になったりと、信吾や保子の心労は募るばかりである。

それで信吾は菊子に離婚または、修一と二人で家を出て別の家に住むように提案したりするのだが、菊子に、離婚してもお父様のそばにいて面倒をみてさしあげたいですわと言われて、当惑しつつもうれしかったりする。

そうやって人々の感情は揺れるのであるが、鎌倉の自然豊かな地にあって、とてつもない事件は起きず、淡々と進むストーリーはもの哀しくも美しい。

本の裏表紙には、戦後文学の最高峰に位する作品である、とあるが文学初心者の私にはそのことはまだ実感できない。私には雪国の方が格調が高いような気がするのだが、「山の音」の家族内の葛藤や心理の揺れには、実人生に鑑み深く共感できるのもたしかである。

毒のある街

user-pic
0

香納諒一の孤独なき地徳間文庫が面白かったので、その続編である、「毒のある街」を読むことにした。

「毒のある街」は、主人公の沖が、南新宿の踏切のそばを歩いているとき、女が電車に飛び込もうとしているのを発見したところから始まる。沖は警察官としての責任感からなんとか救助できないかと急いだが間に合わなかった。ところが踏切の向こう側で制服警官が踏切に飛び込み、女を救助した。結果、女は大怪我をしたが、なんとか一命を助けられた。しかし、制服警官は電車に足を切断されて、出血多量で死んでしまった。そのとき、沖は女が妹を助けてほしいと微かに言うのを聞いた。

次の釈然としない気持ちで出勤した沖にさらに釈然としないことがあった。それは、村井がチーフになり、沖はチーフから降ろされてしまったのである。沖が落胆していると、事件の連絡があった。それは新宿のスクランブル交差点で神竜会の組員が二人、射殺されたのだった。どうも、関西の大手暴力団、共和会の出先である鳴海興業の仕業らしい。

そこで鳴海興業にガサ入れしなくてはと沖が思っていると、神竜会の西江から緊急連絡が入った。仕方なくいってみると、縛られて命の危険に晒されていた。そこに朱栄志から連絡があり、これは五虎界の首領、朱徐季が殺されたことの報復らしい。結局、沖は西江を救うことができなかった。ともかく朱栄志を追ったが逃げられてしまった。

めまぐるしいことに、そこに沖に連絡があり、南新宿の踏切で救助された女が入院している病院に来てほしいとのことだった。いってみると、女の父親ということで、明星銀行頭取の諸星勲夫がいた。また、女の夫、珠洲沢君夫がいた。女の名前は遥といった。

一方、朱栄志と一緒に女がいたことが分かっているが、調べるとその女は、朱徐季の孫娘の朱向紅らしい。朱向紅というと、香港でライバルのグループの一家をもろとも爆殺したことがあり、それで朱徐季が完全に面子を失い、朱向紅は絶縁された。要するに朱向紅は倫理観が壊れた異端児なのだが、それを朱栄志が保護しているという次第である。

そしてさらなる配役が登場する。それは共和会の斬り込み隊長の矢木とその部下の鬼崎である。共和会が新宿に進出する橋頭堡で、要するに鳴海興業を操っている。

すると、朱栄志が率いる五虎界と、共和会と、神竜会の争いで、それは明星銀行の利権を巡るもので、ここで自殺を試みた女の問題も関わってくる。そこで大事件が起きた。狂った女、朱向紅が沖の同僚の一人の自宅を爆破して、家族を殺傷してしまったのである。

誰が敵か味方か分からない錯綜した状況に独自の秩序を与えようとする朱栄志、そして絶対の復讐を誓う村井、沖などKSPの面々。ここからは佳境なので読んでのお楽しみなのだが、あまりに過激で錯綜したストーリーを堪能した次第である。

なお、この本の解説によると、香納諒一は、KSPシリーズを最初から十巻が予定された大河警察小説として構想しているらしくて、するともしかして大沢在昌の「新宿鮫」の現代版みたいなことも考えているのだろうか、とつい想定してしまうのだった。

開化の良人

user-pic
0

芥川の開化の殺人の双対のような作品である、「開化の良人」も読んでみることにした。

さて、「開化の良人」は、おそらく芥川じしんと思われる「私」が上野の博物館に行ってみると、明治初期の文明に関する展覧会が開かれていた、というところから始まる。そういえば、開化の殺人と違って、「開化の良人」は最早擬古文ではないのであって、こらあたり、明治初期からの時代的距離感を出す意図なのかもしれない。尤も、擬古文ではないからといって、私程度の教養では「開化の良人」がスラスラ読めるわけでもなく、変幻自在の語彙に何度も立ち止まったのはたしかである。そしてそれは、私のもっているハンディな国語辞典では必ずしもカバーされていない。

もどって、芥川じしんである私は、その明治初期の文明に関する展覧会で、数日前に紹介された本多子爵を見かけた。本多子爵は、開化の殺人で登場した人物であるが、そもそも仮名として言及されていたので、同一人物かどうか分からない。ともかく私は、折角なので本多子爵の方にいってみた。

じつは私は、本多子爵が大変内気な人物であると聞いていたので、話しかけるのが少し気後れだった。ところが、案に相違して、本多子爵は、その深い教養で、展示されている明治初期の作品を解説してくれた。それから急に私に、ある友人の話を聞いてほしいという。私が作家のはしくれであると先日紹介されたので、小説のネタにでもと思ったのかもしれない。

その友人の名前は、三浦直記という。本多子爵がフランス留学から帰る船内で知り合ったのだった。意気投合した本多子爵は、日本に帰ってからも、三浦と付き合った。

三浦の実家は資産家で、両親が相次いで亡くなると、三浦は莫大な財産を相続した。すると遊んで暮らせるわけだが、三浦は飲む打つ買うのような一般的な遊興には興味がなく、もっぱら自宅に籠って読書三昧だった。それは三浦が蒲柳の質だったということもある。

あるとき本多子爵が三浦と神風連の狂言を観にいったとき、大野鉄平の自害の場面で、同情できるかと聞くので、私が否定的な見解を述べると、三浦は不満そうだった。なにしろ三浦はあまりにも純粋な男だった。

そんな三浦に、いろいろ縁談はあったが、三浦は真の愛(アムウル)のない結婚は駄目だと、応じない。なので子爵は、三浦は当分結婚しないものとおもっていた。

ところが、本多子爵が所用で韓国の京城、すなわち今のソウルに行っている間に、三浦から結婚の通知が届いたので、驚いた。なんでも、萩寺に三浦が出向いたとき、藤井勝美という御用商人の娘を見初め、お互い憎からず想うようになり、ほどなく結婚したという次第である。

聞くところでは、三浦は結婚してから、子供のように快活になり、有名な画伯に細君の肖像画を描かせたりした。それを聞いてほっとした本多子爵は三浦の宅を訪ねてみた。すると細君は甲斐甲斐しく接待してくれるのだが、どうも三浦じしんは内心に悩みを抱えているように感じた。しかしもちろん、三浦は内心を打ち明けることはない。

それからしばらくして子爵が新富座にいってみると、三浦の細君を見かけた。その隣には楢山の女権論者の女史、そしてその後ろにはある大男がいたのだが、私はその大男に対して、言いようのない深い嫌悪感をもった。思い出すと、この大男は確か三浦の細君の従兄で、三浦宅を訪ねたときにもいた。

その後、子爵にはいろいろ所用があって、三浦にはしばらく会わないでいたが、あるとき三浦から、釣りに行こうと誘われた。子爵は、ははあ、これは何か打ち明けたいことがあるのだと察知した。

それで、釣りに行って話を聞くと、もう妻は離縁したというので、子爵は驚いた。それで事情を聞くと次のようだったという。すなわち、三浦は結婚した後、妻を愛せないと気付いたという。それは精神的なものか、あるいは蒲柳の質のため三浦が肉体的に強壮でなかったせいなのか説明されない。それから三浦は、妻が従兄の大男と不倫関係にあるのを気づいたが、それは容認していた。

ところがある事務手続きの間違いで、妻あての手紙が三浦の許に届き、うっかりそれを開封した三浦は驚いた。それはなんと、さらに別の男からの恋文で、妻が従兄の大男とのアムウルが真実ならばそれも赦そうと思っていたところ、その虚偽であることを知るに及び、さらには三浦に対して敵意ある監視を仕掛けてくるので、妻を赦せなくなったという次第なのだった。

結局、三浦はこの結婚生活の蹉跌のあと、以前の純粋な三浦とは違ってきた。まあこの結婚生活も、文明開化も時を経て振り返れば所詮は子供の夢か、という曖昧な話で終わるのだった。

萩原浩の「ハードボイルド・エッグ」双葉文庫をかなり前にたまたま古書店で買ったのだが、ついしばらく放置していたのは多分、この小説がレイモンド・チャンドラーの主題による変奏曲だからだろう。すなわち、その主人公のフィリップ・マーロウは嫌いではないのだけれども、どうもキザさに引いてしまうのである。

それでも、0.1gくらいの微かな勇気を出して読み始めると、うむ、なかなか面白いではないか。

主人公の私は、フィリップ・マーロウに憧れて探偵になったのだが、現実は甘くなくて、結局、動物の迷子探しと、浮気調査くらいしか仕事がない。特に動物の迷子探しが多くて、狩人は都を駆けるの探偵と似ていなくもない。

さて、主人公の私は、名前が最上俊平というのだけれども、その名前は実はこの小説ではなかなか開示されない。で、情報の断片をかき集めてやっと分かるのだけれども、まあそれがgivenとして話を進める。

その俊平が、野々村夫人からの依頼を受けた、13歳の猫を見つける仕事を達成したとき、なんとなく俊平は秘書を置きたくなった。そして、オフィスにナイス・バディの美人の秘書がいて、なんとなく公私混同したような甘い関係を妄想しつつ、秘書を募集したのだが、応募があったのは、片桐綾という老婆。年齢は、more than 80ということくらいしかわからない。

そんなのすぐに断ればいいのに、なんとなく人がいい俊平が逡巡していると、片桐綾は勤勉に通い始めた。経理に詳しそうだし、弁当も作ってくれるで、渋々正式な秘書として認めてしまった。

そんなとき最上探偵事務所に、矢部という男から、チビというシベリアンハスキーの犬の捜索を頼まれたのが転機になった。なんでも矢部は引っ越し間近で、迷子になった飼い犬の行方にやきもちしているらしい。それで俊平は、思い当たる節があって、ホームレスのゲンさんの元を訪れ、いろいろ手段を尽くしているうちになんとか目当てのシベリアンハスキーを見つけたのだが、既に矢部は引っ越してしまっていた。引っ越したというけど、噂ではどうも、借金を抱えて夜逃げしたらしい。それで不憫なのは残されたチビ。それで俊平は、知り合いの柴原アニマルホームに引き取ってもらうことにした。

実は柴原の妻、翔子がなかなかの美人で、俊平は密かに横恋慕していた。それで理由をつけては柴原アニマルホームに通っていたのだが、突然チビが脱走し、しかも俊平は、翔子の父の相馬清一が死んでいるのを発見した。早速警察に通報したが、今まで探偵として家宅侵入や駐車違反などを繰り返してきた俊平は、警察に重要参考人として厳しい尋問を受けた。

結局検死により、犬が咬んだのが死因とされ、するとチビが咬んだのかと疑われたが、柴原は、噛み合わせが違うと主張し、暴力団の中塚組が飼っている猛犬の存在を示唆した。そこで、様子をみるため、俊平はゲンさんの助けを借りて、中塚組に忍び込んだのだが、そこで驚愕の事実を発見した。

その事実を確認すべく俊平は密かに横恋慕していた。それで理由をつけては柴原アニマルホームに通っていたのだが綾と行動していると、二人は真にハードボイルドな、絶体絶命の状況に陥るというストーリーなのだが、俊平は嫌っているようでも妙に綾に敬老精神を発揮し、綾は綾で痴呆一歩手前のようで妙に冴えているという次第で、読み終えてみるとすっかり人情ミステリーなのだった。

はて、レイモンド・チャンドラーが人情ミステリーを書いていたっけ、まあそれはこの際関係ないか。この小説がなかなか秀逸だったのは確かである。

マーク・グリーニーのグレイマン・シリーズであるが、グレイマン・シリーズ2の暗殺者の正義を読んでから、十分な緩和時間を置いたので、グレイマン・シリーズ3の「暗殺者の鎮魂」を読むことにした。

さて、グレイマン・シリーズ2で、CIAとシドレンコの両方を裏切って追われる身となったグレイマンこと、コート・ジェントリーは、南米に逃げてアマゾンのジャングルに身を潜めた。

それを追うように、シドレンコはマンハンターという刺客を差し向けたが、ジェントリーは、それをなんとか躱して、メキシコにやってきた。

メキシコでジェントリーは、GOPES(メキシコ連邦警察特殊作戦群)のリーダーであるエディー・ギャンブルとその部下たちが死亡したというニュースを聞いた。GOPESは、メキシコの麻薬カルテルの頭目である、ダニエル・デ・ラ・ロチャを暗殺する作戦を実施したが、それが事前にバレて爆殺されたという次第である。

実はジェントリーはCIAにいたとき、ラオスで地元の軍隊に捕らえられて牢屋に入れられ、瀕死の状態になったことがある。そのとき同じ牢屋にエディー・ギャンブルがいて、命を救ってくれた。

そのときの恩義もあって、ジェントリーはエディー・ギャンブルの墓地を探して追悼した。すると、そこに女がいて、エディーの妻、エレナだった。ジェントリーがエディーの旧知だと告げると、エレナは無理やりジェントリーを自宅に連れていった。

自宅にはエレナの両親、エディーの兄、エディーの甥、そして妹のラウラがいた。ジェントリーはラウラがあまりに美しいので、つい見とれた。しかし、最強の暗殺者も女性には晩生だった。

CIA他多くの敵に狙われる身なので、ジェントリーは早々に立ち去ろうとしたが、デ・ラ・ロチャがエレナの一家を狙っていることが分かった。義侠心が強いジェントリーは、相当無理な戦いだが、なんとかエレナの一家を護ろうとした。しかし、こんな家にいたら攻められたらどうしようもない。ともかく、エレナが知っている山奥の無人の農場に避難することにした。

しかし、連邦警察にも強いコネがあるデ・ラ・ロチャは、すぐにその場所を突き止め、軍団を差し向けてきた。ただ、エディーの生き残りの部下が駆けつけてくれた。ここからは、ジェントリーが死力を尽くした闘いが始まった。しかし老人と女を抱えて、ジェントリーはどうしてもハンディがある。エレナの一家を救うにはアメリアに亡命させるしかない。しかしどうやって国境まで連れていくか。

ジェントリーは、アメリカ大使館員にコンタクトしたことで絶体絶命の危機に陥るが、救ってくれたのは意外な男だった。

ここからはストーリーの山場なので記述を省くが、智謀を振り絞った、非情ともいえるジェントリーの戦いが見事だった。

少し間をおいて、「暗殺者の復讐」を読むことにする。

孤独なき地

user-pic
0

以前に、香納諒一の噛む犬、徳間文庫を読んだとき、なかなか面白かったので、その後古書店で同じシリーズの「孤独なき地」を見つけたとき、とりあえず買っておいた。そして、しばらく待機時間を置いたあと、ようやく読み始めた。

このシリーズは、K・S・Pといい、歌舞伎町特別分署の略らしい。「孤独なき地」は、そんなK・S・Pの第一作なのだった。K・S・Pは、特に歌舞伎町での取り締まり強化のため設置された警察署なのだが、もともと歌舞伎町をテリトリーとする新宿署からみて、縄張り荒らしもいいとこで、迷惑千万である。そんなK・S・Pなので、まともな建物はもらえず、どこかの銀行の支店だったビルに入居している。

さて、この小説の主人公は、K・S・Pのチーフの沖幹次郎。筋骨隆々で、まだ若いのに頭はスキンヘッド。蛸入道のような容姿なので、まともに女性に相手にされない。しかし、仕事への思い入れは深く、独立独行でどんどん捜査を進め、高い検挙率を誇る。

そんなK・S・Pに、深澤という新しい署長が赴任した。東大出のキャリアである。なぜか、やはりキャリアの女性警部、村井貴理子を秘書として伴っている。深澤が赴任する日に、金森と藤崎というK・S・Pが、マル被を二人伴って出署してきた。沖はもともと、金森のことをいけ好かない奴だと思っており、なんといきなり点数稼ぎかよ、と顔をしかめた。

ところがである、いきなり銃弾が飛んできて、金森と一人のマル被を射殺し、藤崎はもう一人のマル被に刺され、もう一人のマル被は逃亡した。沖は、弾が飛んできたビルの場所を確認して、必死で駆け上がった。そして、途中の階で一人の狙撃手を射殺したが、屋上にいたもう一人の狙撃手は、取り逃がした。どうも、隣接するビルを伝わって逃げたらしい。予め逃亡経路も確保していたのである。沖は、これはプロの仕業だと直感した。

さて、歌舞伎町を仕切っている暴力団グループに、神竜会というのがあり、それに対抗するのが、中国マフィアの五虎界である。そこで沖は、知り合いの中国人ヤクザの幹部に会い、また、神竜会の西江という幹部にも会った。すると、西江は興味深い情報を話した。なんでも、金森たちが挙げたマル被たちはクレジットカードの仲介の仕事をし、そこに金森たちが関与したらしい。なので、逮捕は出来レースで、微罪として放免される予定だったという。ところが、ある警察関係者が情報を流し、金森たちが朝マル被たちを連れてK・S・Pにやってくることを知った、何者かが狙撃したという。要するに、マル被たちのビジネスが露見するのを防ごうとしたらしい。

こうして探っていくうちに、沖たちは、紅龍という新興中国マフィアや、東都開発という半導体関係の会社の関与を知った。また、五虎界にも事情を聞こうとしたら、むしろ向こうから拉致されるように連れていかれて、総帥の朱徐季とも会うことができた。

そうやって情報収集するうちに、狙撃犯の目途がつき、聞き込みに行こうとすると、なんと村井貴理子が付いてきた。沖は強く同行を拒否したが、一応村井は警部で上司なので、命令だといわれると拒否できない。ところが村井は、中国語と英語が堪能で中国人の聞き込みに威力を発揮し、女だてらに勇気もあり、沖は意外に助けられたのだった。

ここからはストーリーのコアなので詳細は省くが、新宿鮫なみの、警察の階層を無視した沖の強引な捜査と、不夜城並みの中国マフィア対日本のヤクザのバイオレンスにも痺れたのだった。香納諒一はやはり、なかなか読ませる。

鯨統一郎は、不思議な歴史ミステリー小説を書く人で、以前に知り合いからの紹介で、「邪馬台国はどこですか」を読んだときは面白いと思ったのだが、それから歴史小説そのものに対する興味が下がったか、今に至るまで、鯨統一郎の小説は読まないできた。

ところが、最近、なにげに歴史小説に対する興味が甦った状態で、古書店で鯨統一郎の「北京原人の日」を見かけたとき、おっこれは読むべし、という思いが沸き上がって早速買って読み始めた。

「北京原人の日」の主人公は、山本達也。一応、カメラマンである。やっと出版社への就職が決まって出勤のためにバイクで向かっていると、突然空から人が降ってきた。そんなシーンは滅多になくて、カメラマンの本能でシャッターチャンスとばかりにバイクに乗ったまま写真を撮ったはいいが、体勢を崩して転倒し、後ろからダンプはくるわ、バスは来るわで、ぎりぎりで轢死は逃れたのだが、カメラは壊すし、怪我はするしで散々だった。すると、なんと空から降ってきた人は頭が砕けて即死のようだった。しかもなんと、軍服を着ている。

しかし達也は、怪我で痛くて、動けない。なんとか立ちあがると、バイクがなんとか動くので、どうして空から人が降ってきたのだ、どうして軍服なのだと怪訝になりながら出版社へ向かった。出勤すると、社長から、怪我で血だらけなのを見咎められた。それで、自分が怪我した事件を説明して、これはスクープだから取材させてくださいと社長に訴えたのだが、相手にしてもらえない。それで、図々しい達也は、近くにいた天堂さゆりという、なかなか美人の記者に声をかけた。じつは達也はイケメンで、女性に不自由したことがない。女性に不自由したことはないが、あまり真面目に働かないので、お金にはいつも不自由している。それで、さゆりを誘惑しようとしたのだが、全く相手にされない。

で、不真面目な達也は、いきなり毎日遅刻するので、速攻でクビになってしまった。そうしていると、空から人が降ってきた事件の解明が進み、なんと空から降ってきた人はなんと、北京原人の化石の一部をもっていたらしい。そして、ロックフェラー財団が、北京原人の化石全体を発見した者に2億円相当の賞金を与えるとの懸賞を出すという。

実は達也は、転んでも只て起きないというか、火事場泥棒というか、事故現場で黒革の手帳を拾っていた。それはどうも、空から降ってきた人がもっていた物らしい。そのノートには何やら人名が書いてあるが、状況からして北京原人に関係があるかもしれない。しかし自分には資金もなく、取材力もない。

そこで達也は、天堂さゆりのことに思い至った。イケメン力を駆使して天堂さゆりを誘惑しようと思った。なんなら、黒革の手帳のことを話してもよい。さゆりはさゆりで、達也のことが気になっていた。そこで、達也から連絡があると、紆余曲折はあったが、さゆりは達也の誘いに乗った。そしてついに恋人同士の関係になり、黒革の手帳に書かれていた人名を基に調査を進めた。

するとなんと、達也もさゆりも、何者かから襲われ、命からがらなんとか逃れた。それでも不屈の精神で調査を進めると、第二次大戦がはじまったタイミングで北京で、北京原人の化石が忽然と消えたという事件があったこと、そこにはまるで七三一部隊のような特務部隊があったらしいこと、などの事々が浮かび上がってきて、達也もさゆりも、茫然とするのだった。

いや、これはまだ序の口で、ここから鯨統一郎の歴史的大風呂敷の想像が横溢するのだが、それは読んでのお楽しみである。

ということで、鯨統一郎の他の作品も読んでみることにしよう。

若冲

user-pic
0

私は絵画に親しむ趣味はないが、去年だったかテレビで若冲という江戸時代の画家(絵師というべきか)の特集番組を観て、度肝を抜かれた。日本画でありながら細部まで写実的で、独特の陰影がある。それで、私には珍しく、作品集を買ってみたりした。

一方で、あの超絶テクニックがほとんど独学で身に着けたものであり、狩野派のように一派をなしたものでないと知り、いよいよ興味が高じた。

そんな想いを抱いていたところ、最近になって書籍広告で、澤田瞳子「若冲」文春文庫という本が刊行されたことを知り、早速書店で買って読み始めた。

すると、この小説は、いわゆる長編というよりも、「鳴鶴」、「芭蕉の夢」、「栗ふたつ」、「つくも神」、「雨月」、「まだら蓮」、「鳥獣楽土」、「日暮れ」の八つの短編からなり、ストーリーは緩くつながっている。

「鳴鶴」では、若冲こと伊藤源左衛門の状況が描かれる。すなわち若冲は、青物問屋「枡源」の長男として生まれ、父の三代目源左衛門が亡くなると、四代目源左衛門を名乗った。

ところが源左衛門は子供の頃から絵が好きで、商売があまり好きでなく、せっかく四代目源左衛門になってもまともに働かない。それで、母のお清、次兄の幸之助、三兄の新三郎が商売を切り盛りしていたが、当然に源左衛門には強い不満をもった。それでお清は、結婚させればしっかりするだろうと、お三輪という女と娶せた。ところが源左衛門は相変わらず絵作三昧で、ろくにお三輪の相手もせず、お三輪は農家出身で商売は勝手が違うかどうも要領をえないでお清に叱られてばっかりだった。それでもともと気の弱い女だったか、また源左衛門がろくにサポートしてくれなかったということもあって、とうとう思い余って縊死してしまった。

それで源左衛門は現実逃避で一層絵作に耽溺し、お清はお三輪を責めてああなったという手前、源左衛門にあまり強いことがいえなかった。そうしていると、先代の源左衛門の妾の娘であるお志乃という女を引き取らなくてはならなくなり、お清は一層不機嫌になった。

ところで、源左衛門の妻、お三輪には弁蔵という弟がおり、一時は枡源で奉公し、お志乃ともよい仲だったのだが、いろいろあって他家に奉公に出された。それでお志乃は相手にしてくれる者がいないので、源左衛門の絵作の助手として染料を溶いたりする日々だった。すなわち、枡源のはみ出し者同士で、源左衛門とお志乃は連帯意識が生じた。

そしてあるとき、源左衛門は親戚一同を集めた。かりにも当主なのでそうする権限はある。その席で、弁蔵とお志乃を結婚させて枡源を継がせ、自分は隠居するという提案を源左衛門がしたところ、周囲の猛反対があった。弁蔵も、姉が枡源でいびり殺されたという強い恨みがあり、到底そういう提案は受け入れられない。で、弁蔵が出ていき、お志乃が追いかけたが、結局行方が分からなくなった。

源左衛門は一度言い出したら頑固なので、枡源を出て別の部屋を借りて住むようになった。源左衛門なしでは枡源には居られないお志乃は、源左衛門についていって、絵作の助手を続けた。

「芭蕉の夢」では、源左衛門は最早当主ではないので、茂右衛門と改名した。そして、大国寺の僧、大典から若冲という名前を賜った。そうやって人付き合いのほとんどを絶って絵作に励むのだが、同じ画家の池大雅は、数少ない友人だった。ともかく大典からお寺の障壁画の仕事をもらい、それが人目に付くと、次第に若冲の名前も次第に知られるようになってきた。じつは若冲が絵作に打ち込むのは、亡き妻、お三輪に対する深い思いを籠めるためだった。

またあるとき若冲は、自分の絵と全く同じ構図の贋作を発見した。それはもしや弁蔵では、と思った。その画家の名は、市川君圭といったが、どう考えても弁蔵以外ではありえず、今後、お三輪と君圭が、若冲が絵を描き続けるインセンティブとなった。

「栗ふたつ」では、茂右衛門の三兄の新三郎が病に伏せてしまった。それで、お志乃が看病に通うが、どうも新三郎は助からぬ容態らしい。そんなときお志乃に、縁談が降って湧いた。五条問屋町の明石屋という名門で、枡源の商売敵である。お志乃が渋っていると、新三郎が亡くなり、縁談どころではなくなった。そんなお志乃はあるとき、円山左源太なる者と出会った。なんと後の円山応挙だった。ともかく、紆余曲折をへて、お志乃は明石屋に嫁入りすることになった。

「つくも神」では、お志乃が嫁入りした明石屋が錦高倉市場の問屋に対して法的手段を採った。すなわち、錦高倉市場の問屋は正式な官許がないというのである。たしかに官許状は火事で焼けたため、証拠としては示せない。お志乃は泡をくって実家に戻り、なんとか錦高倉市場の問屋は反撃する必要がある。そこで若冲が、絵を通じて知り合った政府の高官の伝手で、明石屋の目論見を切り崩していった。

「雨月」では、枡源のお清がついに亡くなった。一方、若冲は与謝蕪村の娘を匿った。そして、京都人でない蕪村の悲哀を知る。

「まだら蓮」は、京都の大火の話。大混乱で、若冲は大事な人を失った。

「鳥獣楽土」は、晩年の若冲が大火の際に預かった子供を育て、その子の絵の才能を育んで、共作で見事な作品を仕上げる話。

「日暮れ」ではついに若冲が亡くなった。

こうして読み終えて、ある意味、澤田氏によって彩られてすぎている面がなくはないが、奇抜な異彩の画家としてしか認識していなかった若冲が、血の通った人間としてみえてきて、読み応えがあった。若冲の亡き妻や義理の妹、そして亡き妻の弟の存在は、素粒子論において理論的段階における、ディラックが仮定した陽電子、あるいはヒッグス粒子のように澤田氏の設定した仮想的存在かもしれないが、そういう存在がストーリーを極めて興味深くしている。しかも案外、そういう人物が歴史的に存在したかもしれないと思わせるものがある。

なんにしても、澤田氏の筆力と学識は、相当なものであり、私にはアマゾンでなされているいくつかの酷評がいまいち理解できなかったりする。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち小説カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは将棋です。

次のカテゴリは心理学です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。