小説の最近のブログ記事

海堂尊の「ブラックペアン1988」の続きで、「ブレイズメス1990」を読んでみた。同じく講談社文庫である。すると、それなりに面白いがどうしても地味さが目立った「ブラックペアン」から一気にストーリーが盛り上がった。すると、「ブラックペアン1988」は、「ブレイズメス1990」の盛り上がりのための準備だったともいえる。

「ブレイズメス」は、東城大学医学部の佐伯外科の垣谷講師と世良が、学会出席のためフランスのニースへ向かうシーンから始まる。垣谷は発表者だが、世良は単なるオマケである、少なくとも見かけは。別の観点でいうと、世良のような駆け出しの医師が学会に随行するというのは異例だった。

しかし、世良には佐伯から託された密命があった。それは、フランスに隣接する小国家、モナコのモンテカルロ・ハートセンターの天城雪彦部長に、東城大に招聘するための手紙を渡すことである。なので、世良は学会のあと、いろいろ伝手を頼ってモンテカルロ・ハートセンターに行ってみたのだが、どうも簡単には会えないようである。そもそも世良は、フランス語はおろか英語も得意ではないので、ちょっとしたことを問い合わせるのも大変である。

そもそも天城雪彦は伝説の外科医で、ニースの学会でも周囲が待望するのに学会発表をドタキャンしたりといつも物議をかもしている。それでも、佐伯教授の手前、空手では帰国できない世良は、必死で天城にコンタクトしようと関係方面に聞き込んで、夜にカジノに行くと会えるかもしれないということを突き止めた。

そこで、世良にとって場違いなカジノで我慢してじっと待っていると、ようやく天城らしき男が現れた。すると天城は、金持ちしか相手にせず、手術するかどうかをルーレットの賭けで決めて、全財産の半分を払わせるということを知り、世良は、こんな奴、医者の風上にもおけないと憤った。それで、佐伯からの手紙を天城に渡せば最低限、佐伯に対する義理は果たすのだが、このまま天城のことを知らないで帰るのはまずいという気持ちが次第に強くなり、天城と話した。すると、次の日、天城が手術の様子をみせてくれるという。世良が手術に立ち会うと、その手術は、心臓動脈の直接吻合法(ダイレクト・アナストモーシス)という今まで見たこともないもので、それはまさに神技で、世良は感動した。

それでなんとか天城を東城大に招聘したいという気持ちが強くなったが、当の天城は興味がない様子である。それでも世良が懇願すると、それならお前の人生を賭けてルーレットで決めようという。そこである意味、世良が医師生命を賭けて天城とすると、なんとか天城に勝利し、いきなり天城を日本に連れ帰ることになった。

なのに帰国しても佐伯は特に世良を褒めるでもない。それだけでなく天城の面倒を一手に引き受けろというので、仕方なくそうしていたら、東城大で、よそ者天城に対する反発は強く、それをもろに世良も被ることになって、完全に東城大医学部で世良は浮いてしまった。

そんな様子に全く頓着しない天城は淡々となにか準備している。仕方なく天城と会話しているうちに世良は、天城が単なる銭ゲバでなく、ある使命感をもっていることに気づき始めた。大金持ちと選択的に付き合っているのも、少なくとも自分の蓄財のためだけではない。

あるとき天城が東城大外科のミーティングで明かしたのは、スリジエ(cerisier:フランス語で桜の木)ハートセンターの設立である。それは東城大心臓外科とまさに被るので、東城大外科の反発は頂点に達したが、天城は独特の有無を言わせぬ論理で、説伏していった。

そして、ついに天城がぶち上げた、前代未聞の大イベント。それは大成功で、スリジエハートセンターの設立へとつながるのだが、それに全面協力したはずの高階は、大いに不満の様子だった。

こうして次巻へと続く。

最近警察小説を読むと、島崎佑貴の「爪痕」の小々森巡査部長のように、捜査能力はあるのにキャラが癖が強すぎて、万年ヒラみたいな警官が主人公のものがあったりする。

本の折り込み出版案内でみた、榎本憲男の「巡査長真行寺弘道」中公文庫もそうかな、と思って注文し、着いたら早速読み始めた。

主人公の真行寺は、警視庁の警察官になったばかりの頃の強烈な体験から、一種の正義感で、昇進を諦めた。すなわち、昇進試験は受けないし、残業もほとんどせず、マイペースで単独行動し、趣味のオーディオに生きがいを見出している。そんな真行寺だが、独特の勘の鋭さが卓越しており、その点の信頼感で、なんとか警視庁の捜査一課に在籍を許されている。

あるとき真行寺は、女性上司でキャリアの水野玲子課長から、老人介護施設へ捜査に行くことを命じられた。その事件とは、その老人介護施設が介護ロボットを導入していて、いつも優しい言葉を入居者に話しかけるのに、急に暴言を吐くようになり、それがショックで亡くなった老人が出たというもので、誰かがなにかの意図でロボットの会話を操作した疑いがある、というものだった。

真行寺は、その原因を突き止めることに困って、秋葉原に真空管を買いに出かけた。自宅の自慢のオーディオの真空管が切れてしまったからである。ところが真行寺は、真空管を売っている店で不思議な若い男に出会った。黒木という男で、やはりオーディオ・マニアらしく、意気投合して、高尾にある黒木の住まいに招待された。真行寺の住まいは八王子にあるので好都合である。

黒木の住まいで話していると、真行寺は、黒木が相当なレベルのハッカーであるということを知った。それで、老人介護施設の暴言ロボットのことを質問してみると、黒木は有意義なアドバイスをくれた。そのアドバイスで真行寺は事件を解決できたが、それはまだ序の口で、より本格的な事件が起きた。それは、元警察官僚で国会議員の尾関一郎が新宿の一流ホテルの部屋で不審死したというものだった。

真行寺は、勘でこれは事件だと想定し、水野課長に新宿署に帳場を立てるように依頼した。そして現場検証により、猛毒の成分を含むコンドームがみつかった。もしかしてこれで毒殺されたのかもしれない。

捜査してみると、尾関に呼ばれたデリヘルの女が、途中で誰かにそのコンドームを渡されたことが分かった。そこから真行寺の執拗な聞き込みが始まった。すなわち、デリヘルの店長、尾関の秘書、尾関の妻などである。

真行寺は、いろいろな情報を集めたが、どうもいまいちはっきりしない。そこで、最早昵懇になった黒木に相談してみた。すると黒木は、卓越したハッキング技術により、様々なサイトに潜入し、真行寺に多くの有用な情報を提供してくれた。

そうして真行寺に次第に分かってきたことは、尾関が、政敵との軋轢の末に殺されたのではないか、ということである。

そこで真行寺の勘がまた働いた。それは、尾関は何か自由への戦いを仕掛けていたのではないか、ということである。そこで真行寺は黒木に依頼して、さらなるハッキングを行ってもらうとともに、真行寺と黒木は、自由に関する哲学的議論を重ねたりした。

そこからさらに、尾関が護ろうとした自由の中身も次第に見えてきたのだが、ちょっとクラン的に大風呂敷を広げた面もなくはない。でも、榎本憲男の新しい工夫であるとはいえる。

無常の月

user-pic
0

昔からSFはそこそこ好きなので、ラリー・ニーヴンという大家の名前は当然に知っていたし、それで確か「中性子星」という作品を読んでみたことがある。ところが、その科学的世界観がどうも私の趣向にあわなくて、とりあえず敬遠した。

しかし、最近の感性拡大プロジェクトのマイブームにより、多少の違和感は気にしないでやっぱりラリー・ニーヴンも読んでみようと、代表作の一つ、「無常の月」を含む七編の短編が入ったハヤカワ文庫を買って読むことにした。

そこでともかく、「無常の月」を読んで、感想を書いてみる。すると、私はいきなりあれっ、と思った。というのは、「無常の月」を「無情の月」と思い込んでいたのである。英語でいうなら、Merciless Moon. 要するに、なにかの引力の加減で月が地球に衝突して、人類が滅びる、というものである。ところがよくみると、英語のタイトルはInconstant Moon. ううん、これでは不定の月ではないかと思うのだが、それだとしっくりこないので無常の月になったのであろう。

で、その無常の月はどうなったかというと、ある日の夜、急に異常に輝き始めたのである。夜なのに月明かりでまるで昼のようである。

平均以上の科学知識をもつ主人公の男は、なぜ月が異様に輝いているか思案し、それは太陽の光が強くなって、それが月に反射して地球に照っているという考えに想到した。

男が街に繰り出すと、人々は終末を感じ取って狂気に染まっている。男は、太陽が超新星になったかと想像した。だとしたら、もうどうしようもない。そういえば、いま月面にはアポロの宇宙飛行士がいる頃である。おそらく彼らはとっくに焼き殺されているだろう。

男はせめて、最後は愛し合って死にたいと、恋人を訪ねた。ところが急に大雨になってきた。そこで太陽が超新星化したのでない場合も考慮して、とりあえず買えるうちに食料と水を買い溜めすることにした。大雨がひどくなり、洪水のように水嵩が増してきたが、幸い恋人の住まいは高い階にある。そこにいればもしかして生き延びられるかもしれない、超新星でなく一時的なフレアであればいいが。

それから急に雹が降ってきて、騒然となってきた。いったいどういう結末なのかわからないまま終わる。この不安と未知数は、確かにこの作品の優秀性のひとつの理由だろう。1972年のヒューゴー賞短編部門受賞作。

そういえば、解説によれば、ラリー・ニーヴンはジェリー・パーネルとの共作があるという。おお、と私は思い出した。ジェリー・パーネルといえば、日経バイトに混沌の館というパソコンオタク的な記事があり、毎号面白く読んだものだった。

ともかく、「無常の月」の洗礼で私はラリー・ニーヴンの作品に対する嗜好をえた。追々、読んでみることにする。

予告殺人

user-pic
0

アガサ・クリスティーの主なシリーズとしてポアロ・シリーズと、ミス・マープル・シリーズがあって、冊数は圧倒的に前者が多いが、佳品は後者に多いと何かの本で読んだことがある。ところが、私は後者はまだ、火曜クラブしか読んだことがない。それで、ミス・マープル・シリーズの名作の呼び声が高い「予告殺人」田村隆一訳、ハヤカワ文庫を読んでみることにした。

すると、舞台はイギリスの田舎町、チッピング・グレグホーン村だった。その村の住民の住民のスウェッテナム夫人は朝、ノース・ベナム・ニューズ・アンド・チッピング・グレグホーン・ギャゼットという長い名前のローカル紙を読んでいた。すると、異様な広告をギャゼットに見つけた。なんでも、10月29日金曜日、午後6時半にリトル・パドックスにて殺人お知らせ申し上げます、というもので、スウェッテナム夫人は当然驚いたが、夫人は夫にも相談して、好奇心によりリトル・パドックスに行ってみることにした。それにしても、10月29日って、おいらの誕生日ではないか、縁起でもないと思ったが、そんなのはあまりにも個人的なことで関係ない。

さて、世間の狭い田舎のこと、他の人達もこの広告に興味をもち、レティシア・ブラックロックが女主人であるリトル・パドックに、広告で指定された時間より少し前に、多くの人が集まった。ブラックロックは、集まった人たちにワインなどでもてなした。人々はこれは何かの趣向または催しなのだと、むしろ何があるのか期待した。

そして、午後6時半になると、突然灯りが消え、強盗のような男が侵入してきた。そして、手を上げろという。どうも銃をもっているらしい。すると銃声が三回聞こえ、男が血を流して倒れていた。電気を点けると、ブラックロックが血を流していた。銃で撃たれたか。

結局、犯人らしき男が自殺なのか死んだので、事件はあっさり解決なのだろうか。そこから警察が呼ばれ、検視したり捜査したりしたが、どうも不明な点が多い事件である。なのにまだ、ミス・マープルは登場しない。読んでいて私は焦れてきた。

しかし、警察署のクラドック警部らの捜査が進むと、ブラックロックに遺産相続の問題がからんでいることが分かった。すなわち、ブラックロックが死ぬと相続的にタナボタの人がでてくる。

このあたりでいよいよミス・マープルが関与し、警察のクラドック警部も次第に犯人を追い詰めていく。しかし、なかなか決め手がない。そして、追い詰められて神経質になった犯人は余計な殺人に手を染めてしまう。

そうしていよいよ場面は緊迫の度合いを高めていったとき、急にミス・マープルが姿をくらましてしまう。もしかして犯人に殺されたか。クラドック警部はいたく不安になる。なにしろ、素性が知れず、叩けば埃が出そうな人物はいろいろいる。

ここからが佳境なので記述を打ち切るが、イギリスの田舎で、一見他愛ない戯れのように始まった事件が、次第に錯綜し、アイルランドや欧州本土にもストーリーが広がっていく様は見事なストーリー展開で、流石アガサ・クリスティーである。嘘つきで信用のならない外国人メイドや、秘められた謎がありそうな美人の未亡人、未亡人に想いを寄せる一癖ありそうな若い作家が織りなす心理ミステリーや、いろいろな要素が詰まっている。

この小説が、クリスティーとしての作品というのにとどまらず、世界のミステリー小説の上位にランクされているのは同意できる。江戸川乱歩もこの作品を高く評価していたという。

ポアロのシリーズに比べていまいち地味な印象があるミス・マープル・シリーズも劣らぬクオリティのようである。「牧師館の殺人」あたりからじっくり読んでみるとする。

あと、付言すると、ミス・マープルは、推理により、踏み込まなくてはならないと判断すると、命の危険があるような場所にも出向く。それを以前は蛮勇と思っていたが、そうやって危機でも踏み込む精神が、抜群の推理力にもつながるんだよね、と思った。

また、老齢で特に身寄りのないミス・マープルは、万が一推理に基づく踏み込みで、生命の危機に陥っても、まあ、あたしゃあ、この歳まで生きたんだからね、と従容と死んでいくだろう。そういう開き直りもミス・マープルの強みだったりする。

「棋翁戦てんまつ記」で、

私は自分に対する宿題として、まだ読んだことがない船戸、志水、北方の作品を少なくとも一つ読んでみることにした。
とかいたことを受けて、それを実行することにした。私は自分が律儀なのかどうかわからなくなる。ただ、若い頃に比べて自分に対しても他人に対しても少し律儀になったのは、突然の衝動で動くようなエネルギーが減ってきたからであろう。

そう思って自分の積読の本を見回すと、たまたま、北方謙三の「そして彼が死んだ」講談社文庫が目についたので、これが北方の代表作とは到底思えないが、これから読み始めることにした。

すると、「そして彼が死んだ」の主人公は小川正二で、車の修理工である。部下を二人使って、一応会社組織をつくっている。小川はもともと、車のレースのメカニック、すなわちレーシングカーのチューニングの仕事をしていて、かなりの技量だった。ところが、小川がぎりぎりにチューニングした車で、相棒のレーサーがテスト走行していて事故死した。

レーサーは、ぎりぎりの性能を試していたので、必ずしも小川のせいではないが、ともかく小川はメカニックの仕事が嫌になって辞めた。

そんな小川は、ある知り合いの坂田という中古車ディーラーの妻が若くして病死して、その葬式に出席したのだが、複雑な気持ちだった。なぜなら、かなり前、その妻だった女が若い頃、小川が付き合っていたからである。それだけではない、数年前も、小川は既に既婚で、その女も坂田と結婚していたのだが、たまたまどこかで会ったときふと、小川はその女と浮気したことがあった。坂田にはばれていないはずである。

しかし、なにかの含みで、そのことをこっそり坂田に告げ口した男がいたらしい。そのことが波紋を呼んだ。

すなわち、ある日小川が自分の工場で自動車修理の仕事をしていたら、矢部という男が車の修理を依頼してきた。ポルシェの事故車両の起こしである。起こしというのは、廃車同然に壊れた車をもとどおり走らせるようにするという修理で、これは違法というわけではないが、例えば車両保険に入っていて、車が事故で全損だと保険会社に認定されると、まるまる一台分の保険料が下りる。普通はそうなると廃車だが、もし起こしで、そこそこの修理手数料でもとどおり走れるようになるなら、随分得である。しかしそれはいかにもおかしい。

ちなみに「起こし」であるが、ある自動車修理工のホームページをみると、それは適当な漢字がないので、「オコシ」と書くとあった。で、何が正解かわからないので、一応「起こし」を使うことにする。

戻って、小川はイチゲンさんの仕事は基本的に受けない。なぜなら、起こしのような際どい仕事もきたりするからである。なので矢部からの依頼も当然断ったが、どうも矢部にはなんとなく親しみを感じて、結局ポルシェの起こしを受けてしまった。

実は、なんの面識のない矢部が仕事を依頼してきたのは、妻を寝取られたと知った坂田が、復讐のつもりで、知り合いの伝手で矢部を紹介したのだった。そして、矢部の起こしを受けたことが小川に災厄となった。なぜなら、矢部の商売敵の高井という男が、腕のいい小川のことを知って、本格的に起こしを依頼してきたからである。

小川はもちろん高井の依頼は断った。すると、高井はガラのよくない男を連れてきて強迫したが、硬派の小川は暴力を受けても屈しなかった。そこで高井は、小川が修理で預かっている車のタイヤを密かにパンクさせるという非道な手段を採った。

これを聞いた矢部は激怒した。もともと高井とは長年のライバルである。こうして、小川と矢部が組み、目には目、歯には歯で、高井に対して違法な報復を仕掛けた。それで泥仕合の膠着状態になったが、高井の相談で、ある大物実力者が、仲裁手段として、カーレースを提案してきた。なんと富士のサーキットで、競争して勝った方が相手のいうことを聞く。

ところが矢部は運転が苦手だし、小川はレースのメカニックだったといっても、レーサーであったことはない。しかし、仕方ない、頼めるレーサーもいない。仕方なく小川が出場することにした。高井の陣営のレーサーは誰か知らない。

ともかく、ここから男対男の血沸き肉躍る熱い戦い(表現がベタすぎるか)繰り広げられるのだが、ストーリーのコアなので省略する。

で、あまり期待しないで初めて読んだ北方謙三のハードボイルドだが、ストーリーが明快でなかなかよかった、というのが正直な感想である。今度はもっとメジャーなのを読むとしよう。といっても、何が北方謙三のメジャーな作品か知らないのだが。

典型的にはラストレシピがそうだが、私は、ある本を読んだあとで数年以内に、その小説がテレビドラマ化または映画化されることがある。ああ、最近ではがん消滅の罠もそうだった。

それは要するに、私の感性が世間に迎合している、すなわち私がミーハーということなのだが、意外にもそういうのは嫌ではない。なぜなら、ある程度ミーハーであることで精神を健全に保てると思うからである。例えば、数学のリーマン予想のようなことばかり考えていたら、あまり頑強でない私の頭はおかしくなる。そういうときにミーハーが心を中和してくれる。

しかし、ブラックペアンはどうか。それはまさに、テレビドラマで海堂尊の「ブラックペアン」がドラマ化されて放映されると知ってから、本を買って読むことにしたのだから、ミーハー度が一桁高い。でもいいじゃんと、適当に自分を慰める自分がいたりする。

さて、「ブラックペアン」は、講談社文庫では、「ブラックペアン1988」という題名で、バチスタシリーズのころから時代を遡った1988年の桜宮市、東城大学医学部付属病院が舞台である。

主人公は、まだ新米の研修医、世良。佐伯外科に属している。要領が悪いので、先輩医師や看護師にどやされながら、なんとか手術の補助を務めている。そして一段落して休憩室に行ってみると、見知らぬ人がいた。なんと栄華大から派遣されてきた高階講師だった。

高階といえぱ、バチスタシリーズでは病院長の要職だが、ここでは新米の一介の講師。食道がんの手術に威力を発揮する新兵器、スナイプAZ1988を携えてやってきた。これを使うと、極めて高度な技量を有する食道がんの手術が、中堅のスキルの外科医でもできてしまうという。

佐伯外科の絶対君主、佐伯教授はそれにあまり反発しないが、むしろナンバー2の黒崎助教授が猛反対した。それだけではない。はみ出し者だが妙に技量が高い渡海も高階に敵意をむき出しにする。

世良は、なんとか渡海の教えを受けて早く一人前の外科医になろうと努力するが、渡海に罵倒されて、外科医そのものから足を洗おうとする。そんな世良を慰めるのが、高階。

そんなとき、世良のところに医学生が研修にやってきた。なんと田口と、速水と、島津。後年のバチスタシリーズで活躍するメンバーである。この者たちは栴檀は双葉より芳しで、まだ学生なのに独特の個性を放っている。

そしてあるとき、佐伯は高階に、高階の補助なくスナイプで誰かが手術してみるように指示した。焦る高階。果たして大変なことになった。

別のあるとき、佐伯と渡海の因縁がからむ、ブラックペアンの謎が明らかになった。という一連のストーリーなのであるが、ペアンとはペアン鉗子という医療器具のことらしい。

結局、「ブラックペアン」は、バチスタシリーズよりは地味なものの、その分、医師であることはどういうことかという問いかけがきちんとなされていて、読み応え十分だった。

あまり期待しないで読んだ島崎佑貴の「爪痕」が独特のキャラで意外に面白かったので、その続編の「イカロスの彷徨」中公文庫を、ほとんど間髪を入れず読み始めた。「イカロスの彷徨」は、別の中公文庫の挟み込み新刊案内に掲載されていたのではなく、たまたまアマゾンの関連書籍としてリストされたのだった。

さて、「イカロスの彷徨」も、キャリアで厚労省麻薬対策課課長補佐の東順平の不埒な?試みから始まる。それは、意図不明であるが、部下に命じて山中に、覚醒剤100kgを埋めさせるというものだった。部下は怪訝ながら、上司の命令とあらばと、人里離れた山中にそれを埋めた。

東の意図は、末端価格70億円相当のその覚醒剤100kgの噂を世間に流し、暴力団にそれを取得させることにあった。すると、確実にどこかの組がそれを拾い、噂を聞いている他の組織との抗争になる。そういうシナリオを東が描いたのだった。

ところが、それを拾ったのは、たまたま山中を車で運転していた塩原一馬という建設作業員だった。それが覚醒剤らしいと知った塩原は驚いたが、塩原は、建設会社の作業員だが、真面目で犯罪歴もない。そのまま見過ごそうとしたのだが、実は事情があって妹と二人暮らしだった。両親から見捨てられ、なんとか安い給料で妹を養っているが、なにしろ生活が苦しい。妹に楽をさせたい。それで、これでいくらかでも収入になればと思い、悪友の深澤に相談した。

二人だけでは心細いので、深澤は絶対に信頼がおける二人に声をかけ、仲間に入れた。そして四人で六本木の管理が杜撰な店で、少しずつ売りさばき、各人はいささかなお金を得たが、なにしろ覚醒剤は100kgもあるので、これを一度に捌いて大金を一気に手に入れようと目論んだ。そして知り合いのヤクザである、元湯島組の八巻に声をかけた。

しかし、それはヤクザの性質を知らなすぎる深澤たちの大失態で、八巻は、ヤクザの後ろ盾のない深澤たちから、脅してすべての覚醒剤を強奪しようとした。深澤の仲間がそれを拒んだので、八巻の部下が襲ってきたが、二人が捕まり、深澤と塩原はなんとか逃げた。

そこで、毒を以て毒を制すで、深澤は、半グレ集団のリーダー、境に話をつけ、覚醒剤を渡す代償に八巻に捕まった仲間を救うように依頼した。こうして、ヤクザと半グレの間の凄まじい抗争が始まった。

当然に人質は殺され、たまたまその死体が発見されたことから、警視庁が動き出した。その捜査に協力を要請されたのが、捜査一課の特命対策室四係で、糸川と小々森が捜査に加わった。

ここからストーリーが盛り上がるのだが、すさまじいバイオレンスのような抗争の裏で、小々森の冷たい智謀が活きる、なかなか冴えたストーリーなのだった。

それにしても、厚労省の東はいくらなんでもやり過ぎではないか。

砂の器

user-pic
0

何度も書いたような気がするが、私は大学時代に知り合いの紹介で松本清張の小説を紹介され、すっかりその面白さに魅せられてしまった。それで、大学生活が暇ということもあって、松本清張の作品は、目につく主なものはほとんど読んだような気がした。ところが今更、松本清張の主要な作品でまだ読んでないものがあることがわかり、慌てたりするのだが、いくらんなんでも代表作である「点と線」及び「砂の器」は、かなり自信をもって、確かに読みました、といえる。

それで、最近のマイブームの読み直しプロジェクトで、松本清張の原点を顧みるために、「点と線」と「砂の器」を読み直しの候補に選んだ。

ところが、「点と線」を最近読んだとき、ほとんどストーリーの幹も枝も記憶にないことが分かった。果たしてこれで読んだことがあると言えるのだろうか。それでせめて記憶にあまりないことの原因を考えてみた。するとそれはどうも、私の思考あるいは性格の杜撰さによるらしい。すなわち、数学が好きといいつつ私はどこか細かい論理が苦手なところがあり、よってアリバイ崩しの精密な議論についていけず、なんとなく流し読みしてしまったらしい。そうやって枝をぞんざいに扱うと、往々にして幹の理解もあやふやになったりする。

では、「砂の器」はどうかというと、こちらは、読んでからおそらく40年以上経っているのに、ストーリーの幹はかなり明確に記憶にある。この小説のでだしで、国鉄蒲田駅のそばのトリスバーで、若い男と初老の男が東北弁訛りで話していたこと、カメダという固有名詞が話されていたことが、そこの従業員のわずかの印象として残っていた。

なので、次の日の早朝、国鉄蒲田駅の操車場の線路で、男の惨殺体が発見されたとき、当然に聞き込みは近くのトリスバーでもなされ、若い男と初老の男が東北弁訛りで話していたこと、カメダというキーワードも捜査員が注目することになった。

その捜査員とは、ベテランの今西刑事と、相棒で若手の吉村刑事。今西刑事のキャラは、「点と線」の鳥飼刑事のそれとよく似ている。すなわち、当意即妙の冴えはないが、粘り強く思索を続け、あらゆる可能性に思いを巡らす。

そんな今西刑事の、東北弁とカメダに基づく推理は、今西と吉村を秋田県の亀田という場所へと導いた。すると、亀田では、怪しい男の挙動があったことが分かり、すわ犯人かと、今西と吉村が色めきたったが、結局なんの手がかりも得られず、二人の刑事は失意のまま東京に戻った。

ただ、事件とは関係ないかもしれないが、帰路に、ヌーボー・グループなる若者集団と出会ったことに、二人は興味をもった。ヌーボー・グループとは、若手の画家、建築家、音楽家、評論家などからなるグループであって、既存の概念を破壊して新たな概念を作り出すのだと標榜する異能集団で、彼らは時代の寵児なのだった。

とはいえ、今西と吉村は、解決間近と思えた蒲田操車場殺人事件の捜査になんの進展も見出せなかった。深い落胆のうちに、捜査本部は解散され、あとは主として今西などによる任意捜査の段階となった。しかしここからが今西の本領発揮だった。

突破口となったのは、岡山県に住む三木彰吉という男からの捜索願いで、それに対応していくうちに、蒲田操車場殺人事件の被害者が、三木彰吉の父の三木謙一であることが分かり、今西は展望が開けたような気がした。しかし、岡山県と東北弁とはどうみても関係がない。そこから、今西の洞察が始まる。日本方言分布を調べることである。そうして、出雲地方の一部に東北弁に似た方言を話す地域があることを今西は突き止め、快哉をさけんだ。岡山県と島根県なら確かにつながる。

ここまで読んで、私が「砂の器」のストーリーの記憶があまり減衰しなかった理由が、その方言分布にあることを今確認した。もともと言語全般に興味がある私は、そういう方言の細部の話に興味をもったのだった。そして、細部の興味が全体への理解をある程度保証するというのが、慣れ親しんだ心理学の法則である。

ストーリーに戻って、今西は、あまり関係がないと思っていたヌーボー・グループに対する興味が湧いてきた。すなわちヌーボー・グループはマスコミ受けしているので、新聞を読んでいても、かなりな頻度で採り上げられる。それだけならともかく、今西は日常生活でヌーボー・グループのメンバーと行き交うことになる。例えば、ヌーボー・グループのあるメンバーが交通事故に遭った現場に出くわしたりとか、である。

そのヌーボー・グループであるが、世間に人気なので、女性が群がり、どうしても異性関係が派手になってしまう。そのため、異性問題が生じ、ときとしてそれが警察沙汰になり、それも警視庁にいる今西の知るところとなる。

さらに、ヌーボー・グループは芸術的にラディカルさを標榜するが、その裏で、飽くなき野心が渦巻いていたりする。その理由はというと、ヌーボー・グループのメンバーは実は田舎出身で、貧しい生い立ちだったりする。そのことがつい、いろいろ無理をして、法的な許容範囲も超えたりする。

このあたり、松本清張自身の生い立ちとコンプレックスとも重なるのだろう。決してエスタプリッシュの位置にいないが、貧しい生い立ちで、ほとんど後ろ盾もなく、なんとか這うように東京に出てきた私にも、このあたりは共感できる。こんなことも、私が「砂の器」のストーリーを今に至るまでかなり鮮明に記憶している理由でもある。

ともかく、そういうヌーボー・グループの目立ったところが、今西の追及を可能ならしめたともいえる。そしてついに、今西は、ヌーボー・グループのあるメンバーの、あまりにも哀しい過去と、蒲田操車場殺人事件との関係を知り、辛い気持ちにもなったが、警察官としてこれを見過ごすことはできない。そうしてついに、この小説は、私がよく記憶している結末を迎えるのだった。

これが本戦のストーリーなのであるが、今回読み直してみて、私が細部を忘れていた多数の枝のストーリーというか、エピソードが横溢しており、それはむしろ本戦を圧倒する内容で、そこにこそ松本清張の真骨頂があることを今回改めて確認した次第である。

さて次は、どの既読の松本清張を読み直すか、それはある程度偶然と気まぐれに任せることにしよう。

点と線

user-pic
0

松本清張は、大学時代に、将棋部の同僚で数学科のI君の紹介で読み始め、あっという間にファンになり、数十冊は読んだと思う。そのときの反動で、社会人になって松本清張はほとんど読まないできたが、最近の傾向で、昔読んだ本を読み返すのもいいかと思っているので、当然ながら松本清張もその候補となる。

で、松本清張といえばとりあえず、「点と線」だよね、とその新潮文庫版を読んでみた。すると、ストーリーがほとんど記憶になく、読んだとしても40年以上前だと思うが本当に読んだのかと怪訝になってきた。

さて、「点と線」はアリバイ崩しもので、最初から犯人が分かっている。すなわち、犯人は若いがやり手の安田辰郎。どこかの官庁の出入り業者である安田商会を経営している。

仕事柄、よく顧客を接待する。そんな安田がよく使うのは、小雪という割烹である。安田はそれなりにイケメンなので小雪の女中に人気があったが、安田が密かに懇意にしていたのは、お時という女中だった。

そんなお時がたまたま数日の休暇をとったとき、安田は、小雪の女中二人に食事をご馳走しようと声をかけた。それで銀座の方で食事をした後、安田が鎌倉の自宅に帰るというので、東京駅に向かった。横須賀線に乗るためである。小雪の女中二人も見送るためついてきた。そのとき、二つ向こうのホームに九州行きの特急が止まっていた。なんとそこにお時がいて、ある男と列車の中で仲良く談笑しているのが見えた。それを小雪の女中二人も見届けた次第である。

ところがなんとその日から数日後、お時とその男は、福岡の玄界灘に面した海岸で、心中死体となって発見されたのである。

その事件に関与した福岡県警の鳥飼刑事は、二人が青酸カリを飲んでの死亡だと知った。女は東京の割烹の女中だが、男はなんと、いま汚職事件の渦中にある佐山というも官庁の課長補佐で、自殺してこの世から去ってくれると証拠隠滅で喜ぶものが沢山いるような状態だった。なので責任を被って自殺するというのもありえるが、そんな状態で自殺は変だと鳥飼刑事は感じた。鳥飼がさらに調べると、男がもっていた、社内レストランのレシートが見つかった。それはなんと一人分しかなく、女が同伴していて一人でレストランに行くのもなんか不自然だと鳥飼は感じた。

そうしていると、警視庁二課の三原という警部補が福岡県警を訪ねてきた。なんでも、例の官庁の汚職事件を追っていて、死んだのがその渦中にある佐山だと知って、調べにやってきたのである。そこで鳥飼がレシートの件を話すと、三原は興味をもった。

東京に帰って、三原は、安田が駅で、佐山とお時を見た件が気になった。いかにも作為的なのである。調べていくと安田が汚職事件の役人と仕事の付き合いがあることを知り、安田に会った。いかにも怪しいのである。そこで念のため三原が安田に、心中事件のときのアリバイを聞くと、なんとそのとき安田は北海道の取引先にいたという。三原はそれを聞いてがっかりした。九州の真反対ではないか。

しかし、三原はそれを知って安田を諦めるのではなく、なにかアリバイ崩しはないかとファイトを燃やして調べた。列車でなく飛行機を使った可能性も確認した。しかし、すべて何重にも鉄壁のアリバイが張り巡らさせており、絶望の淵に立たされた三原なのであった。

それでも、三原にアイデアが閃いてじりっじりっとアリバイを突き崩していく、というストーリーなのだった。

そういえば、誰だったかある評論家が、この小説の、東京駅の極めて限られた時間スロットで、二つ向こうのホームで小雪と男が親しげに話しているのを見かけるようにするということの必然性に難があると指摘したというが、私はそもそも、安田が東京駅で二人を女中たちに見せることや、疑似心中を装い、その後緻密なアリバイを仕組むという手の込んだことをしたことが却って墓穴を掘ったと思う。でも、それがないとアリバイ崩しのストーリーが成立しないわけだから、まあ仕方ないか。

爪痕

user-pic
0

中公文庫は、ミステリー小説の分野ではややマイナーであるが、それでも安部龍太郎のSROなど、私が気に入っている作品がいくつかある。そのSROの最新刊のSRO Ⅶを買ったとき、そのとき本に挟まっていた新刊案内に、島崎佑貴の「爪痕」というのが目についたが、なんとなくいまいちのような気がして、そのときはスルーした。

ところが、それから数か月して、アマゾンの「爪痕」に比較的好意的なコメントがいくつか散見されたので、じゃ、と買って読み始めた。すると、これは、小々森八郎という異様の性格の悪い警視庁捜査一課の刑事が主人公なのだった。

「爪痕」は、小々森の上長の粟飯原というキャリアの管理官が、キャリア仲間で厚生労働省のエリートと密談する場面から始まる。密談の内容は、どうも厚生労働省の麻薬取締の仕事に警察も加わってほしいという、常識とは反する依頼だった。なぜなら、麻薬取締は警察の組対の領分でもあり、その分野で厚生労働省と警察はいつも激烈なライバルである。

どうも裏がありそうと思いつつも、粟飯原は部下の特命対策室四係の女性係長である糸川警部補にこの話をもっていった。具体的には、長崎の敷島という島で大掛かりに麻薬が栽培され、販売されているらしいが、麻取は人員不足なので、そこに密かに警察から人を派遣してほしいということである。いきなり長崎県警に話を持ち込むとややこしくなるからである。

で、指名されたのが、糸川の部下の小々森巡査部長である。小々森は高い検挙率の実績で注目されていたが、なにしろ平気で嘘をつくし、上司に対する態度も最悪である。しかし、小々森は長崎出身で地の利があるし、粟飯原には別の思惑もあった。それは、この麻取とのやりとりでなにか問題があると、それを理由に左遷、あるいは免職させられるというものである要するに、小々森は警視庁で鼻つまみ者なのである。

ともかく小々森が敷島にいくと、なんとたまたま高校の後輩の神田という男がいた。なんでも一旦長崎県警に就職したものの、家庭の事情で警察を辞めて、故郷に戻ってきたという次第である。

で、小々森は、持ち前の無神経さで、神田に捜査協力を依頼した。それで神田が渋々受けると、地元をよく知る神田の案内で、島内で聞き込みを始めた。小々森は、麻薬ではないダミーの連続殺人事件の捜査としてやってきたのである。

ところが、ダミーの事件の捜査をしていると、小々森の聞き込みに過剰反応する複数の男たちが浮かび上がった。そこで、小々森と神田が様子を探っていると、男たちが小々森と神田を攻撃しようとやってきた。麻薬がばれるなら、殺すしかない、とまで考えたのだった。

一方、一見小々森たちに加勢しようとする男が現れた。それはどうも敷島に潜入捜査していた麻薬取締官らしい。そして、小々森、神田、麻薬取締官対怪しい男たちというバトルになった。しかし、折からの豪雨で、敷島と本土をつなぐ橋が流され、長崎県警からの応援が期待できなくなった。こうして孤立した小々森、神田、麻薬取締官が絶体絶命のピンチになったが、奸智に富んだ小々森がどうするか。

というストーリーなのだが、いちいち相手の神経を逆なでする、あまりにも性格が悪い小々森のキャラもなかなかユニークで新鮮で興味深かった次第である。

月別 アーカイブ

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち小説カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは将棋です。

次のカテゴリは心理学です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。