小説の最近のブログ記事

特許調査員である私は、そんなに仕事として似ているわけではないが、情報を調べるという意味で探偵の仕事にも興味があって、それで探偵の探偵Ⅲまで興味深く読み、続きの探偵の探偵Ⅳも買ったのだが、主人公の紗崎が念願の復讐を果たしたことで、半ば完結してしまったように感じた私は、つい他の本に移ったまま、なかなか探偵の探偵に戻らないでいた。

しかし、何か借りがあるような気がして、そろそろopen endのままの「探偵の探偵」を読むことにした。すると、「探偵の探偵Ⅳ」では、紗崎は竹内探偵事務所に移籍し、琴葉はスマ・リサーチに残り、物理的に離れてしまったのだが、それ以上に「探偵の探偵Ⅲ」での事件で紗崎も琴葉も大きな心の傷を負ってしまった。

そのため紗崎は竹内探偵事務所で抜け殻のようになり完全に戦力外扱いを受け、一方の琴葉はスマ・リサーチの桐嶋から探偵としての訓練を受けるのだが、琴葉はこちらの才能がないのか、どうもなかなか上達しない。そんな琴葉はあるとき突然失踪してしまい、スマ・リサーチの社長以下、心配した。

ところが、驚くべき事件が起きてしまった。それは東京拘置所に拘置されている凶悪犯が侵入した何者かに殺され、なんと琴葉が関与した疑いがある、というのである。

東京拘置所は一旦拘置されると脱出するのは極めて困難であるが、一方、部外者が密かに侵入するのも、ある意味それ以上に困難である。そして、探偵として訓練を受けているとはいえ、まだ未熟な琴葉が単独で、そんな真似ができるわけがない。それで警察は、伝説のスーパー探偵で、琴葉とも縁が深い紗崎が琴葉に協力したに違いないと決めつけ、猛然と紗崎の跡を追った。

一方の琴葉は、警察の追手を逃れつつ、宿敵だった死神の師匠格の精神科医、姥妙が関与したに違いないと推理した。そしてそれらしい男をマークして追うと、その男は樫山といった。果たして樫山は実は姥妙かと怪訝になりつつ、ともかく樫山にアタックして情報を探っていると、いろいろな事実が浮かび上がってきた。

それから紗崎は警察の疑いを晴らすべく、捨て身の行動をとると、いよいよ姥妙と決死の対決を画策するのだった。

最後まで読み終えて、「探偵の探偵Ⅲ」までに比べるといまいち緊迫度が足りないような気がしないでもなかったが、ここまで命を張ってやってきた紗崎にはこれくらいの緩みもあってよいではないかと思ってしまう。

それにしても極めつけの美人で、しかも他人に頼りたがらない紗崎は、却って男の庇護欲を刺激し、スマ・リサーチの社長も、竹内探偵事務所の所長も、さらにはメディアの逢坂も、乱暴狼藉を繰り返す紗崎に甘く、急所で援助の手を差しのべてしまう。

私もつい紗崎に期待して続編が読みたいのだが、流石にⅣで完結だろうか。末尾には続編もありえるような一言があったが。

j-castニュースで、以下のような記事をみて驚いた。

北海道大学の読書サークルに所属する学生が、あるミステリ小説の感想をツイートしたところ、投稿を目にした作家本人から「バカ」「クズ」「猿」などと罵倒される騒動があった。
北大サークルの感想に反応したのは、東大法学部卒の作家・古野まほろ氏。ツイッター上で、学生の感想について「なんだその口の利き方は、本人の前で言えクズ」などと投稿。さらには、北大の偏差値を馬鹿にするような内容のツイートも投じている。

学生からのツイートの内容は、以下のようなものだった。

ミステリ愛溢れる1冊、ですが最後の謎解きは不要、もしくは必要だが面白くないという人が多かったです。暗唱のシーンが良かったですね。内容とは関係ないですが登場人物の名前が覚えられないのは何故か、という話題が盛り上がりました

で、古野氏がカチンときたのは、「登場人物の名前が覚えられない」という件のようらしいが、それがそんなに辛辣なコメントだろうか。私はかなり日常的にアマゾンの本のコメントを見ているが、相当厳しい内容のものがあり、これなど相当穏当のように思えるのだが。

じっさい私も一応、ミステリファンの端くれを自認しているが、特に多数の登場人物がいたり、カタカナの外国名の人が登場したりする場合、登場人物の名前が覚えられないとよく感じる。それは、頭が悪いからと言われたら、まあ反論できないが。

それにしても東大卒だからといって、北大を偏差値で馬鹿にするなど、ありえないことである。なお、私の知る範囲では、北大は少なくとも情報通信技術の分野で日本トップクラスのレベルにある。偏差値とか、本質的ではない。

また、数学や物理学などと違って、作家というのは私のみるところ、感性の仕事なのであって、おっ、すごいと思った作家がじつは高卒の学歴だった例は山ほどあって、最早学歴なんて関係ないと思っている。むしろ、規格外のスケールの大きい作品ほどそうだったりする。

さらにまずいのは、このツイートをきっかけに、古野氏がウェブ上で叩かれまくっていることである。例えば、このことをきっかけに、アマゾンの古野氏の著書のコメントに、最低ランクの評価の酷評がたくさん書かれまくっている。ちょっとしたきっかけから炎上してしまうのがウェブの怖いところである。これを払拭し、評判を回復するのは容易ではない。

そういえば、以前に藤岡真の「ゲッペルスの贈り物」創元推理文庫というのを買って、アマゾンのコメントをみたら、低評価の嵐で、他の著書もそうだった。その一番の原因は、何かの炎上ツイートがあったせいらしい。

すると、作家は、物書きとして稼ごうと思うなら、世間から非難を浴びるようなウェブ上のコメントは厳に避けるべきということになる。まあ、当たり前か。デパートで販売員がお客に喧嘩を売っていては確実に売り上げは激減だろう。

孤狼の血

user-pic
0

何気なくアマゾンを探索していたら、柚月裕子の「孤狼の血」という本が目についた。なかなか評判がいいようで、かの黒川博行が絶賛しているし、広島ヤクザが登場するのもいい。それで迷わずアマゾンで注文した。そして着いたら早速読み始めた。

すると、主人公は呉原市の呉原東署の暴力団係班長の大上章吾と、その部下の日岡秀一なのだった。ちなみに、呉原市とは、広島県の呉市をもじったものだが、あまりにもあからさますぎて、この程度なら呉市のままでよいとも思う。

そんな大上は広島県警でも名うてのやり手刑事で、警察庁長官賞を何度ももらっているほどである。しかし訓戒処分も何度もある。要するに、暴力団と癒着しているのである。なのでいつも県警の監察にマークされている。

そんな有名な刑事の部下となったことで日岡は緊張した。ちなみに日岡は、地元の名門国立大学、広島大学の出身で、国立大学を卒業したような学歴の者は普通はキャリアを目指すのだが、日岡は変わり者で、大学時代、空手ばっかりやっていてろくに勉強しなかったので現場の警察官になったのだった。

大上は、そんな部下の日岡をしごいた。例えば、呉原の街で屈強として知られているヤクザ者に、綾をつけてこいと日岡を嗾けた。なんか無茶苦茶な命令だと思いつつ日岡がヤクザ者に絡んで喧嘩になると、最初は空手の修行をしていた日岡の方が有利だったが、そこは実戦経験の差、日岡は反撃され、タジタジになった。それを傍でみていた大上は、おお、こいつはええ根性しとるのぉ、と感心したりした。

さて、呉原市には仁生会と尾谷組という暴力団の二代勢力があって、仁生会は広島の神風会系列、尾谷組は神戸明石組の系列である。尾谷組は少数精鋭だが、仁生会は旧綿貫組、瀧井組、五十子組、加古村組から構成されており、必ずしも一枚岩ではない。すなわち、加古村組は五十子組の配下にあって、五十子組が加古村組を使って、ヤクザとしても筋の通らぬあくどいシノギをするので、瀧井組の組長、瀧井銀次も、あん外道が、と苦々しく思っていた。ちなみに瀧井と大上は幼馴染というか喧嘩仲間というか、肝胆相照らす仲で、互いにチャンギン、章ちゃんと呼び合っている。

一方で、別の縁で大上は、尾谷組の若頭、一之瀬とも深い信頼関係にあった。要するに、大上は呉原のヤクザの要人と良好な関係を保ち、場合によって捜査情報を流すいっぽうで、カスリを貰い、そのおかげで大上は捜査費用に困ることがなかった。しかし、大上のそれは、相方で日岡の正義感には耐えがたい程度だったので、日岡は気持ちを抑えるのに苦労した。

そんなある日、大上は、加古村組の経営する悪徳サラ金の従業員が行方不明になったという事件を知った。そしてこれは殺人事件かもしれないと猛然と捜査を進めた。というのは、加古村組の上位組織の五十子組は、さまざまな因縁から大上にとって不倶戴天の敵だったからである。

一方で、加古村組の尾谷組に対する侮辱行為に端を発して、尾谷組の組員が加古村組の組員を殺害し、そこから大規模な抗争に発展していった。暴力団の抗争で堅気の人たちが亡くなったり怪我をすることを最も避けるべきと考えている大上は、瀧井とも一之瀬とも関係を密にして五十子組に挑んでいくのだが、ここからはストーリーの佳境なので、記述は避ける。

ところで、いままで言及していなかったが、極め付きのキーパーソンがいて、それは小料理屋 志乃の女将、晶子である。大上はなにかある度に志乃に行き、酒を酌み交わしながら密談するのだが、大上と晶子は絶対ともいえる信頼関係にある。それは過去のさまざまの経緯によるものらしいが、それもストーリーのコアの一部であってみればここには開示できない。

そうして、読み終えてみると、これは昔読んだ、飯干晃一の実録小説「仁義なき戦い」の主題による変奏曲なのだなと強く思った。ストーリーはかなり違うが呉を舞台にしたあたり、雰囲気が色濃くでている。

そう思って、作者の柚月裕子さんのプロフィールをみると、岩手県出身で、現在山形に住み、横山秀夫のファンで、さらに飯干晃一の「仁義なき戦い」も熱心に読んだというから、その影響でこの小説の舞台を広島に設定したということらしい。

それにしても、プロフィールから、柚月裕子さんがかなりの美人であると知り、ネイティブな広島弁のセリフを駆使した、こてこてのヤクザ小説の作者とどうしてもイメージがあわないね、と苦笑した。

ちなみに、そこで駆使されている広島弁は、かなり純度が高く、分かりやすくなるように標準語で水割りされてはいない。なので、広島県出身の私はもちろん100%理解できるが、そうでないと理解できない部分もあるのではないかと思った。例えば、セリフに、「こんなぁ」というのが出てくるが、これは、二人称でも三人称でも使える代名詞で、あまり上品でない言い方であるが(広島弁に上品な言い方ってあったっけ)、「このような」という副詞と勘違いされないか。まあ文脈でわかるか。

あと、「孤狼の血」は映画化されて、来年5月に公開されるらしい。で、大上章吾役は役所広司ということだが、ちょっとイメージが違うがまあいいか。日岡秀一の松坂桃李はぴったり。

マーク・グリーニーのグレイマン・シリーズは、知り合いから紹介されて読み始め、最初は戦闘場面が多すぎるような気がしてちょっとついていけないものを感じていたのだが、次第に慣れてきて、そのテンポの速さが快感になった。

それで、暗殺者グレイマン暗殺者の正義暗殺者の鎮魂暗殺者の復讐暗殺者の反撃まで読んで、ジェントリーが宿敵、カーマイケルを倒したので、グレイマン・シリーズは流石にこれで完結だな、と思った。そもそもあれだけ豊富なコンテンツを駆使して書かれた作品なので、とりあえずネタ切れだろうと思ったからである。

ところが、同じ出版社、同じ翻訳者で、続編の「暗殺者の飛躍」が発刊されていると知り、むしろ当惑した。上述のように、あれだけの作品が既に出ているので、出涸らしのようになっていないか、という懸念である。それで様子をみていたら、最初にグレイマン・シリーズを私に紹介してくれた知り合いが「暗殺者の飛躍」を読んで、実に面白かった、流石にグレイマン・シリーズだという。そこで、得たりと、あまり重くもない腰を上げて、私も「暗殺者の飛躍」を読むことにした。

すると読み始めて、前作までの緊張感が薄れていることに気づいた。その理由は、暗殺者の反撃でカーマイケルがいなくなり、因縁のCIAによる見つけ次第射殺(shot on sight)命令が撤回されたからである。それだけでなく、カーマイケルがいた地位にジェントリーの理解者、マット・ハンリーが就き、ハンドラーを熟練の手配師、スーザン・ブルーアが担当するという願ってもない布陣である。

そしてジェントリーに与えられた使命は、逃亡中の中国サイバー部隊の天才ハッカー、范講を救い出し、望ましくは米国に連れてくることである。すなわち、中国のサイバーシステムを熟知する范講の知識は米国にとって極めて価値が高い。しかし、范を殺害しようと中国人民解放軍参謀部が追っているので、ジェントリーはとりあえず范が潜んでいると思われる香港に行った。

実はジェントリーは、范を殺害するため、中国人民解放軍参謀部がジェントリーの元ハンドラー、フィッツロイを雇ったことを知った。しかも、フィッツロイが手配した刺客が殺害に失敗して、その責任をとって中国人民解放軍参謀部の戴龍海のところに捕らえられていることを知った。そこで、暗殺者の正義でフィッツロイに恩義があるジェントリーは、CIAには内密に、戴龍海のところにいって、范講の殺害を請け負うことにした。その代わりにフィッツロイの助命を約束してもらうというものである。しかし本当はジェントリーは范講を殺害するどころか助けようとしているのだから、矛盾もいいところで戴を始め、周囲をだましながらミッションに向かって行動した。しかし流石にCIAはちゃんと実態を把握していた。

ジェントリーは、香港マフィアが范を匿っていることを知ったが、依然として行方は分からない。ジェントリーが香港マフィアと闘っていると、意外な敵があらわれた。SVR(ロシア対外情報庁)の精鋭秘密部隊(ザスロン)である。

ここから舞台はベトナムに移り、戴龍海の配下、ベトナム軍、ザスロンが入り乱れての乱戦となった。単身のジェントリーは流石に主導権を握れない。そこでジェントリーは知力を振り絞って、複数の勢力の均衡を衝く方策を採り、見事范を連れ出すのだが、奪回されてしまう。

そこから、妙な流れになり、ジェントリーはSVRの女性将校、ゾーヤ・ザハロワと妙な絡みが生じてきた。ここからはストーリーの佳境なので省略するが、スーザンによる手厚いバックアップのため、ジェントリーは前作ほどの危機にまでは追い込まれない。牙をむくCIAと、援助するCIAでは、囲碁でいうところの出入りの差が大きすぎる。そのため戦闘シーンはやや控えめだったが、謀略が入り組んでいて、これはこれでグレイマン・シリーズの新しい側面が出た佳作だと思う。

舞踏会

user-pic
0

芥川龍之介の新潮文庫の「戯作三昧・一塊の土」から、「開化の良人」に続いて、「舞踏会」を読んでみた。

「舞踏会」は、明治十九年十一月三日に、明子が父と一緒に鹿鳴館の舞踏会に出席したところから始まる。この明子とはおそらく、開化の殺人に登場した明子と同一人物なのだろう。

歩き進んでいくと、行き交う人々が、明子の美貌に目を瞠る。ただ、権高な伯爵夫人だけが、一点下品な気を示した。

そうしていると明子は、フランスの海軍将校に、訛りのある日本語で、一緒に踊って下さいませんか、と誘われた。明子は海軍将校と、「美しく青きドナウ」のワルツを踊り始めた。

海軍将校は明子の一挙手一投足に注意を注いでいた。やがて明子が踊りつかれた様子を見てとると、壁際の花瓶の菊の方に明子を連れていった。それから海軍将校は明子を食卓の方へ連れていき、一緒にアイスクリームを食べた。

それから海軍将校は、庭園の上の星月夜に黙然と目を注いだ。それをみて明子は甘えるように、「御国のことを考えていらっしゃるのでしょう。」と尋ねてみたところ、海軍将校は否定し、「私は花火のことを考えていたのです、我々のvieのような花火のことを」と応えた。

それから(34年がたった)大正7年のこと、既に五十路を過ぎていた明子は、一面識のある青年小説家と、鎌倉へ行く汽車の中で偶然会った。そこで明子は、鹿鳴館での舞踏会のことを話すと、小説家はとても興味をもち、「奥様はそのフランスの海軍将校の名前をご存知ではありませんか。」と聞いた。

すると明子は、「ええ、存じておりますわ、Julien Viaudと仰る方でございました。」と応えた。すると「では、Lotiだったのですね。あの『お菊夫人』を書いたピエル・ロティだったのですね。」と青年小説家は、応じた。

しかし、明子は不思議な顔をして、「いえ、ピエル・ロティと仰る方ではございませんよ。ジュリアン・ヴィオと仰る方でございますよ。」というばかりだった。

以上読み終えて私は、なんともそっけない小説だと呆れた。たんに明子が、ジュリアン・ヴィオ = ピエル・ロティとは知らなかったというだけのことだからである。

ただ、注解を読むと、ピエル・ロティの小説「お菊夫人」は当時話題であり、その本名がジュリアン・ヴィオであることも当時知られており、そういう小説家兼海軍将校をさりげなく小説に登場させたところが、「舞踏会」の趣向なのだろう。この種の小説は、芥川の小説にあっても、少なくとも私のような当時のことの教養がない者にとって、面白さを理解することが困難なもののひとつである。ましてや、解説で「舞踏会」は開化ものの傑作と言われては、う~んと考え込むよりない。

絶叫

user-pic
0

ちょっと新刊書店に行ってみたら、葉真中顕の「絶叫」光文社文庫が目につき、そういえば以前読んだこの作家のロスト・ケアが面白かったことを思い出し、すぐにこの本を買い、しばらく積んでおいて読み始めた。

すると、江戸川区鹿骨でNPO法人「カインド・ネット」の代表理事、神代武という人が殺害され、女性から通報があった、という事件から始まった。

そのエピローグに続いて、その翌年、国分寺のマンションの一室で女性が孤独死しているのが発見されるという事件があった。駆けつけたのは、国分寺署の女性刑事、奥貫綾乃とその部下の町田たち。どうせ自殺だろうと、あまりやる気がおきなかったが、死後かなりの時間が経過して腐乱しているのには流石にうんざりした。また、何匹もの猫の死体があることを怪訝におもった。調べていって、亡くなっている女性の名前は鈴木陽子だと分かった。戸籍を調べたら複数の離婚歴があって、奥貫は興味をもった。なぜなら、奥貫自身もバツイチだったからである。

さてストーリーは、鈴木陽子自身の生い立ちに移る。鈴木陽子は、ある地方都市で1973年10月21日に生まれた。サラリーマンの父親と、専業主婦の母親と、弟の四人家族である。母親はかなりの美人だったが、陽子はまあ特に不美人ということはないが十人並の容姿である。弟は秀才だったが神経質なところがあった。アスペルガーぽいともいえる。

特に学業も秀でていない陽子は中学で美術部に入り、そこの先輩に初恋した。しかし先輩は親の都合で引っ越してしまい、失恋となった。中学を卒業すると陽子は、成績が普通だったので、中堅クラスの高校に進学した。それから家族に事件があった。弟が急に亡くなったのである。それは交通事故だったが、実は自殺だった。いじめられて生きていくのが嫌になったらしい。

そのあたりから次第に陽子の人生は暗転していく。すなわち高校を卒業して、東京の大学に進学することに憧れたが、資金的なことなどで無理で、地元の短大に進学した。そこを卒業すると地元の町工場のようなところで事務員として働いていたが、そこで急に父が失踪するという事件が起きた。なんでも投資が失敗して負債がかさんだらしい。父の行方は結局不明なままだったが、債権者がやってきて住んでいる家が競売にかけられることになった。母は信州の親戚を頼っていった。結局ひとりぼっちになった陽子は思い切って東京に出てきた。

最初は電話によるカスタマーサポートのような仕事で、薄給のためアパート代、食費、光熱費を払うのがぎりぎりだった。それで休日に散歩していると保険の外交員の仕事でスカウトされた。

慣れない仕事で最初はノルマを達成できなかったが、次第に慣れてきて、かなり収入も増えた。しかし違法ぎりぎりのような無理なこともしたのでついにクビになってしまった。

このころ、親戚から追い出された母の面倒をみることになり、どうしてもまとまったお金が必要になり、そのため手っ取り早く稼げるデリヘルの仕事に付いた。それで次第に心身ともに疲弊してなげやりになって朝帰宅しているところを、車で拉致された。それは勤めが終わって朝帰りのデリヘル嬢を車で人気がないところに連れていき、金員を奪い、強姦し、場合によっては命も奪うという犯罪行為であり、デリヘル狩りと呼ばれる。

そこで機転をきかせて一命をとりとめた陽子は、逆にデリヘル狩りの首領に取り入った。それがエピローグで出てきた神代武だった。そこから陽子は神代の情婦のような存在になり次第に悪に手を染めていく。

ここからはストーリーの佳境なので省略するが、なんとも身につまされるというか、意外にあるあるな状況の連続で、巷には似たような事件があちこちに潜んでいるようで妙な迫力のあるストーリー、流石葉真中顕なのだった。

獄門島

user-pic
0

大学時代、知り合いの勧めで松本清張のファンになったが、社会派ミステリーの松本清張だけでなく、ある意味おどろおどろしい江戸川乱歩や横溝正史の小説も読むようになった。

特に横溝正史は、私の出身地の広島県や、その近くの岡山県の雰囲気がよく出ていて、それで期末試験が終わって疲れたときは、気持ちを癒すために横溝正史を読むのが定跡になっていたのだが、その横溝正史の作品の中でも、矛盾した言い方かもしれないが、ポジティブな意味で暗澹たる気持ちになりながら読んだのが、「獄門島」だった。というのは、瀬戸内海の孤島の出身である私は、孤島の暗さ、閉鎖性、排他性、視野の狭さや偏見といったネガティブな感情が心の基底に沁みついているが、「獄門島」を読むとそれらが、水に落としたインクのようにじわっと拡がってきて、一種哀しい懐かしさが私を包むのである。

それで新刊書店でたまたま角川文庫の「獄門島」を見かけたとき、なんとなくであるが40年ぶりの久々に再読してみたくなった。そもそもがなにしろ40年のブランクがあったせいか、信じられないほどストーリーが記憶にないのである。

読み始めると、金田一耕助が船で、岡山県笠岡市の沖にある獄門島に向かうシーンから始まる。なぜ金田一がそんな辺鄙な島に赴くのかというと、金田一が兵隊にとられてニューギニアに配置されていたときの戦友からの託けのためである。その戦友の名前は、鬼頭千万太といった。

金田一と千万太はなんとか戦争を生き延びたのであるが、終戦後日本に帰還する船上で、千万太は病死してしまった。その今際に千万太は、「このままでは三人の妹が殺される。獄門島に行ってなんとかそれを防いでほしい」と依頼され、獄門島に向かっている、という次第である。ただ、そういう理由は表向きにはできないので、千万太の実家の鬼頭家に千万太の戦病死を伝えに行くという建前である。

獄門島に行ってみると果たして、想像以上に閉鎖的で排他的なところで金田一は面食らった。それでも、島の有力者であるお寺の和尚の了然、村長の荒木、漢方医の村瀬への紹介状を携えていたので、金田一は形式的には丁重に扱われた。

金田一が訪れた鬼頭家は、島一番の漁師の網元で、本鬼頭と呼ばれている。島にはそれ以外に、分鬼頭と呼ばれる網元の分家がある。本鬼頭では、太閤と呼ばれていた絶対権力者の嘉右衛門が亡くなり、千万太の父である与三松と、その三人の娘で千万太の妹である、月代、雪枝、花子と、千万太の従妹である早苗と、家政婦のお勝が住んでいた。しかし、千万太の母は既に病没し、千万太は狂人となって座敷牢に幽閉されているという次第だった。また、千万太とその弟の一は出征し、千万太は既に死亡、一も生死不明である。千万太が殺されると懸念していたのは、月代、雪枝、花子である。

さて、本鬼頭が女所帯なので、なにかと差しさわりがあると、金田一はお寺である千光寺に逗留して、典座の了沢に面倒をみてもらった。そのお寺の宿で金田一は、芭蕉と其角の俳句が書かれた屏風があった。そのことが後の事件に重要な意味をもつことをあとで金田一が認識する。

一方、分鬼頭であるが、当主の儀兵衛は痛風病みであり、そこに妖艶な美人のお志保がおり、お志保のそばには、よそ者で若いつばめのような美青年、鵜飼がいるという次第である。

こうしてみると、誰もが個性が強い曲者で、三姉妹を殺害する可能性があるように思えて、金田一は警戒した。そんな金田一は逆に、島の駐在警官の清水に警戒されて、監視されていたので苦笑していた。

そんな金田一はある夜、花子が殺されて動顛した。一方清水は、金田一を犯人と誤認して一度は金田一を留置場に入れるほどだった。ところが金田一が留置場いる間に第二の殺人が起き、金田一は疑いを一応晴らすものの、事態はさらに混迷していくのだった。

ここからはストーリーのコアなので記述を省略するが、孤島特有の閉鎖的な雰囲気が趣向を盛り上げ、私は暗闇のような孤島時代の生活を思い出して、ストーリーを堪能したのだった。

それにしても、この小説の独特のトリックは好みが相当分かれそうであるが、横溝正史の代表作の一つである佳品であることは疑いがないところだろう。横溝的な、あまりに横溝的な、というところである。

誉田哲也は、姫川玲子シリーズを通じてファンになった。それで、しばらくブランクはあるものの、古書店で「ケモノの城」双葉文庫を買って、読もうと思ってよく見たら、これは北九州連続監禁殺人事件を題材にした小説なのだった。私は、う~ん、あれかと悩んだ。あの事件はあまりにグロすぎて、食欲に悪影響がでるほどなので、とりあえず「ケモノの城」を読むのはサスペンドすることにした。

そして気分転換に新刊書店に行ってみたら、誉田哲也の「インデックス」光文社文庫が目についた。これは確か姫川玲子シリーズの短編集のはずだが、今まで単行本でしか出ていなかったので、見送ってきた。

さて、「インデックス」は、「アンダーカヴァー」、「女の敵」、「彼女のいたカフェ」、「インデックス」、「お裾分け」、「落としの玲子」、「夢の中」、「闇の色」の八篇からなる。

「アンダーカヴァー」は、詐欺で偽注文を大量に発生させ、資金をショートさせることで中小企業の社長を自殺に追い込んだ被疑者を玲子が警視庁で取り調べする話。そもそもこれは捜査二課の案件なので、玲子は明らかに担当が違うのだが、被疑者を特定するために玲子は、捨て身の潜入捜査をしたので、ごり押しして取り調べさせてもらったのだった。

「女の敵」は、知り合いの女を陥れて、男と関係させる悪辣な女の話。紆余曲折あって男が死亡してしまったことから事件が発覚した。

「彼女のいたカフェ」は、大型書店のカフェに勤める女性の話。そこに通う女性がいて、それは若い頃の玲子なのだった。大型書店のカフェに勤める女性は、ある事件に巻き込まれて、玲子に再開する。

「インデックス」は、ブルーマーダーの続編みたいなストーリー。ブルーマーダーでは、多くのヤクザ関係者が殺されたのだが、死体が見つかっていないケースも多くあって、殺されたのか行方不明になったのか特定できないケースがあった。そこに玲子が独自の推理を働かせる。

「お裾分け」は、ある大金持ちの地主が殺された話。あまり性格のよくない地主で、借地人との間で悶着が絶えなかった。すると借地人の中に犯人がいそうなものであるが、玲子は独自の推理で、意外な人物をピックアップした。

「落としの玲子」は、美人だが性格のきつい玲子が、上司の今泉をやり込める話。

「夢の中」と「闇の色」は、同じストーリーの続きであり、ある女性が通り魔に襲われた事件がらみだが、単なる通りかがりではないのではないかと、玲子が推理した。そして捜査を続けるうちにある幼児虐待の事件に行き着いた。

以上のような様々なストーリーを含むのだが、姫川玲子シリーズらしからぬ、あまり残虐シーンのない緩いストーリーで、レベルとしては同じ作家のドルチェに近いか。

毀誉褒貶かあるようだが、まあこういう姫川玲子も悪くないと私は思う。

吉田修一は、怒り悪人と読んで面白かったので、「太陽は動かない」幻冬舎文庫を読んでみた。すると、この作品は、上記のものとは趣向が変わって、スパイ小説なのだった。

「太陽は動かない」の主人公は、鷹野一彦。AN通信情報部に勤務する。AN通信は表向きは、リゾートやスポーツの情報をネット配信する他愛ない会社であるが、本当の顔は、際どい情報を入手し、それを必要とする企業や団体に高く売りつけるという、犯罪すれすれの仕事をしている。

すなわち、いまの時代、情報はウェブ上で只で入手できるが、真にクリティカルな情報を得るためには場合により命がけの危険を冒す必要がある。なので、鷹野は場合により、生きるか死ぬかの行動をとることも厭わない。

そんな鷹野は今、ベトナムの高級ホテルに来ている。それはベトナムの大手国有石油会社が主催するパーティーで、ベトナムの沖合で巨大な油田がみつかったので、その開発のパートナーを求めるという趣旨である。

そんなパーティーなので、利権を求めて、韓国国家情報院との関係が深い韓国人、アンディ・キム、米国人の大学教授でCIAのエージェントと噂されているミスター・ホワイト、謎の絶世の美人AYAKOなど、一癖も二癖もありそうな面々が揃っている。

ところが当然に出席が期待された中国の国営エネルギー総合企業CNOXの面々がそこにいないことをみんな怪訝がった。

それはともかく、鷹野には重要なミッションがあった。それは、ベトナムの沖合の石油採掘に関して、日本と韓国のある会社が手を組もうとするのを阻止するために、天津の日本対韓国のサッカーの試合が行われるスタジアムにウイグルの反政府過激派組織が爆弾を仕掛ける予定というので、鷹野が天津に行って、ウイグルの反政府過激派組織の責任者に会えるように手筈を整えてくれないか、と依頼にいくというものである。

そこで、鷹野と、その部下の田岡が天津に飛び、鷹野は中国の情報フィクサー、張豪に、ウイグルの反政府過激派組織の責任者を紹介してもらった。するとなんと、その責任者というか首領は、シャマルという若い女性だったが、シャマルはみかけによらずタフで、百戦錬磨の鷹野もあしらわれてしまった。ともかく鷹野は、張豪の部下の張雨とともに爆弾を阻止する行動をとったが、なかなかうまくいかなかった。

そうしているうちに、CNOXが、石油でもない、太陽光発電でもない、まったく新しいエネルギー技術を開発を進めており、それには日本人がもつ技術が必須だと鷹野は突き止めた。

そこで日本に帰ってみると、既にアンディ・キムやAYAKOなど目ざとい奴らが暗躍しており、鷹野と田岡は必死でそれにキャッチアップしようとして、重大な危機に陥ったりした。

鷹野と田岡はなんとか、日本のエネルギー企業や、国会議員を巻き込みながら、なんとかCNOX、アンディ・キムやAYAKOの策動を一角を切り崩そうと努力していく、というストーリーで、流石吉田修一、なかなか緊迫感があって、読み応えがあった。

ただ、最近はエネルギー関係の工学書も読み漁っていて、多少の背景知識をもつ私には、その新技術なるものがいきなり既存の技術を一気に陳腐化してしまう、という件は流石に無理じゃないの、と思ってしまった。まあでもそれは細かい瑕疵であって、筆者はよく勉強しているといってよいと思う。

黒蟻

user-pic
0

半ば義理のように、クランⅤを買って読もうとしたら、折り込みで、中公文庫の新刊の広告があり、そこにあった、中村啓「黒蟻」が目についた。なんでも警察小説らしい。普通はスルーするのだが、気になってアマゾンで評価をみてみるとなかなか高評価である。そこで、最近使うようになったセブンイレブンのオムニ7でネット注文することにした。

「黒蟻」中公文庫が届くと、早速読み始めた。すると、主人公の黒蟻とは、そのフルネームは蟻塚博史で、警視庁捜査一課、殺人犯捜査第十一係主任という地位にある。

蟻塚博史の経歴はユニークであって、子供の頃、何かの事件で両親を殺されてしまったらしい。その事件を担当したのが、蟻塚嗣昌という警視庁捜査一課長にあった人で、遺児となった博史を不憫におもったか、養子にした。

ところが嗣昌には既に、博史より年上の息子がいて、浩市という名前で、学校でも評判の秀才だった。よくある話だが、当然に浩市と博史は折り合いが悪くて、ほとんどまともに会話しなかった。しかし、義父の嗣昌は博史をよく可愛がってくれた。

浩市は流石に秀才だけあって、東大法学部に進学し、その後も努力していまでは、警察庁警備局長にまで出世した。全国の警察でもナンバー3の地位である。

あるとき、警視庁の蟻塚班のところに、吉川美浪という飲食店勤務の女性から通報があった。その内容とは、自分の恋人の佐々木誠が銃をもって飛び出し、六本木のZEEという喫茶店で誰かと会うのだという。佐々木は、破門されたが元暴力団組員である。それでガセかもしれないと思いつつ、蟻塚班のメンバーは、六本木のZEEに向かった。

蟻塚班のメンバーは、主任の蟻塚の部下として、27歳の河合陽菜巡査、33歳の長岡淳一郎巡査部長、52歳の篠田哲夫巡査部長、30歳の安達今日子巡査長がいる。河合は見た目は華やかだが正義感の強い女性警官、長岡はいつも斜に構えて厭世的な態度をとる。篠田は警察歴が長いので、独自の情報網をもつ。安達はもしかして美人なのかもしれないが、いつもボーイッシュな恰好で頭も五分刈りなので男性と間違えられる。安達の特徴は、世界ランキング級のキックボクシングで、警察官であっても大抵の男は対抗できない。

さて、蟻塚班がZEEに張り込んでいると、確かに佐々木誠が現れ、店内のあるサラリーマン風の男に無理やり紙包みを渡すと、店から出た。すると当然に蟻塚達は佐々木誠を追って外に出たのだが、そこでびっくりすることが起きた。ZEEで爆弾が爆発し、6人が死亡、二十数人が重軽傷を負うという大惨事となった。

蟻塚班は佐々木に、爆弾のことを問い詰めたのだが、驚いた様子で、自分ではないという。どうみても芝居している様子ではない。そうしているうちに佐々木が銃を取り出したので、蟻塚班のメンバーも銃を構え、場合により射殺もやむを得ないと思っていたら、なんと佐々木は、銃で自殺してしまった。

結局、被疑者を目の前で自殺させてしまったことは蟻塚班の失点であるが、蟻塚は、父が元警視庁捜査一課長、兄が現職の警察庁警備局長という「蟻塚家の威光」によって、なんとか処分を免れた。

蟻塚は、どうみても佐々木が犯人とは思えないので、さらなる捜査が必要と考えたが、爆弾が絡んでいるので公安預かりになってしまうのかもと懸念した。ところがまったくありえないことに、佐々木の単独犯と認定されてしまい、しかも佐々木が元暴力団員だったことから、組対四課の担当になるという。

怒り心頭の蟻塚は、これは上層部からの横槍だと考えて、組対四課の課長の綾瀬にも談判にいったが、綾瀬はまったく食えない奴で相手にされない。それで蟻塚班は密かに佐々木の周辺を洗うことにしたが、突然、アンノウンなる者から情報のタレコミがあった。それによると、殺された者のうち、大手パチンコ会社の社長の息子が真のターゲットで、実はカジノ法案成立に基づく、パチンコ会社と警察庁、日娯連などの利権がらみの争いなのだった。

独自の正義感から捜査を進める蟻塚班のメンバーは、闇の実力者から差し向けられた暴力に痛めつけられながらも、不屈の根性で一歩ずつ真相を切り開いていくというストーリーは、ある意味クランに似ていなくてもないが、クランより地に足がついていて、現実味がある。続編も期待である。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち小説カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは将棋です。

次のカテゴリは心理学です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。