小説の最近のブログ記事

クランⅤ

user-pic
0

クランⅣまで読んできた経緯で、クランⅤを買ったのだが、買ってしばらくは積読していた。というのは、よく分からない「神」という存在を勿体つけて引っ張りすぎ、焦れてきたからである。

それでも、買って2ヵ月くらい経ったら、流石に読んでみたくなった。読み始めるといきなり、日本の大物たちによる鳩首会談が始まった。警察庁長官の羽左間、警察庁警備局長の加茂、関東中央警備の専務の槍田、EGホールディングスの廣井である。しかし、この会議の真の黒幕は、東園グループの中枢の能登令子である。能登は神の代理人を名乗り、誰一人反論できないものをもっている。

そんな鳩首会談の目的は、クランをいかに無力化(neutralize)するかである。実際もうその行動は採られており、クランのリーダーの千徳は襲われて意識のない状態である。公安の区界も身動きがとれない状態である。

そしてクラン討伐チームはついにクランのアジトを突き止め、包囲した。しかし、千徳が抜けたあとの実質のリーダー上郷は、こうなることを意識して、きちんと地下通路の逃げ道を用意していた。

そこから逃げた者たちは、クランに対する暴力行為の実行者である裏理事官を探すチームと、ソンシを探すチームに分かれた。しかし、クランの一部は、神に深く関与すると思われる潤互生体研究院に潜入する役割を負った。まさに命がけである。

さらにクランの検視官、綾織はなんと、意図的にアジトに残った。逮捕しに来る警察に物申すのだという。クランは追い詰められ、みんな命を張っていることがわかる。

また、なんと、クランの仕切り役である区界とも連絡がとれなくなった。

しかし、クランの側にも成果があった。手を尽くして、公安に取られえらている渋谷駅の助役、猪野を奪回したのである。その猪野の計らいで、ある場所に裏理事官らしき者がやってくることになった。そこを一網打尽にしようと、クランのメンバーでスナイパー平津戸が狙う。しかし、そこに現れたのは意外なメンバーだった。

さらに、千徳や区界が戦線離脱した後の実質的リーダーである上郷は、警察とは別系統の権力者と折り合いをつけ、なんとかアンチ・クランのグループに対抗することにした。

そしていよいよ、最終巻となるクランⅥが待望される。

桜さがし

user-pic
0

なんとなく疲れてくるとミステリー小説を読みたくなるのだが、そこでふと手に取ったのは、かなり前から買ってあった、柴田よしきの「桜さがし」文春文庫であった。実はそんなに面白いことを期待わけではなく、新規開拓の意味だったりする。

「桜さがし」は、単一の長編小説かと思っていたら、「一夜だけ」、「桜さがし」、「夏の鬼」、「片想いの猫」、「梅香の記憶」、「翔べない鳥」、「思い出の時効」、「と金色の花びら」という八編の短編からなる。

ただ、短編といっても独立ではなく、全編を通して元中学の先生で今は作家である浅間寺竜之介と、その教え子である成瀬歌義、安枝陽介、田津波綾、大河内まり恵の四人が一貫した登場人物である。

「一夜だけ」は、教え子たちが中学を卒業して九年目、浅間寺が京都の山奥にログハウスを建てたと聞いたので、教え子たちは車でログハウスを訪ねることにした。ところが、ログハウスに近い山道で、脱輪した自動車をみつけた。女の人が一人佇んでいる。そもそも狭い道なので、車に動いてもらわないと困る。そこで四人が行ってみると、その女性の夫が助けてくれる人を探しにいっているという。ともかく四人で車を脱輪からどかし、行先の目印を残して、自分たちの車でその女性をログハウスに連れていった。すると後からその女性の夫も車でやってきた。そして浅間寺のもてなしでみんな楽しく盛り上がった。ところが数日して、その夫婦が車で河原に落ちて死んでいるという事故がみつかった。自殺かとおもったら、歌義たちはそうではないかもしれないという証拠をみつけた。

「桜さがし」は、まり恵が結局会社を辞めてしまう話。その話の中で、特殊な桜が、ある殺人事件のアリバイの立証に役立つのだった。

「片想いの猫」は、陽介との恋愛を解消した綾が、大学農学部の一ノ瀬と待ち合わせて、夜の街に繰り出した。じつは一ノ瀬は、大学の指導教授とある女性を巡って恋敵になり、破れたのだった。しかし、綾も一ノ瀬と一悶着あった。

「片想いの猫」は、陽介が会社の上司の妻の夏美と不倫関係にあった。一方、歌義は、アルバイトで勤務する法律事務所で、殺人容疑の女性のアリバイを調べるために、東寺の弘法さんの例会を調べた。そこにたまたま陽介と夏美も来ていたのだが、アリバイを立証するために二人の不倫がばれてしまった。

「梅香の記憶」は、スーパーモデルの鈴原美々が実は浅間寺と知り合いだったという話。それを美々と浅間寺が不倫関係なのかと疑ったまり恵だが、実は鈴原は自分の母親のことで痛撃の過去があり、それに梅香が絡んでいた。

「翔べない鳥」では、歌義が何者かに殴られて入院してしまった。なんでも歌義がアルバイトをしている法律事務所が関わっている裁判で、所員の歌義が逆恨みされたらしい。そのことにはなんと、飛べないペンギンの逸話がからんでいるという。一体どういう意味か。

「思い出の時効」では、綾は一ノ瀬を追って北海道に行ってしまい、陽介は仕事でドイツに転勤してしまった。残された歌義とまり恵は果たして幸せに結ばれるのか、という話。

「金色の花びら」は、ある男がビルから飛び降り自殺し、それには他殺の疑いもあると、浅間寺といい仲の女性陶芸家が、関与を疑われた。その疑いを晴らしたのが、金色の花びらなる食べ物の限定された有効期間のことで、それで女性陶芸家の嫌疑は晴れたのだった。

という恋愛を基調にして、ミステリーを香辛料にした、結構微妙な、それでいて稀有な小説群なのだった。

蘇える金狼を読み終えたら、実はまだ後編があった。それで当然のごとく後編の蘇える金狼(完結編)を買って読み始めた。

すると、蘇える金狼(完結編)は、主人公の朝倉が、横須賀の悪徳市会議員、磯川の自宅に威嚇射撃したところが始まった。それは単なる威嚇だったが、今後の取引になにほどか効果があることが期待された。

一方朝倉は、付き合っている京子を通じて、東和油脂の上司の小泉が関与しているスキャンダルを聞き出した。そして次の行動を計画して、別のアジトを確保した。そうしつつ、東和油脂の重役会議の様子を盗聴した。すると、やはり桜井が会社に恐喝を仕掛けていることが分かった。そこで朝倉は、桜井をつけて、桜井が東和油脂から受け取った金を強奪した。まったく朝倉はやりたい放題である。

一方東和油脂は東和油脂で、桜井に刺客を差し向けていた。結局桜井は殺されたが、今度は刺客が東和油脂を恐喝し始めた。そこで追い詰められた東和油脂は、屈強らしいと噂を聞きつけた朝倉を使って、刺客を始末することにした。何しろ熟練したファイターである朝倉が見事に使命を果たすと、今度は朝倉が邪魔になって、東和油脂を稚拙な手段で葬ろうとした。それはもちろんあっさり撥ねつけられ、東和油脂は朝倉に弱みを握られた。

そして朝倉は東和油脂から使いきれないほどの資産を得て、乗っ取り屋の鈴木とも結託し、社長令嬢と婚約し、盤石の態勢を築いた。

ここから朝倉は素直な道を選ばず、さらに複雑な手筋を駆使するのであるが、その内容は読んでのお楽しみである。

朝倉の八面六臂の活躍はついグレイマンを彷彿とさせるのだが、グレイマンは一応筋が通った行動で、決して意味もなく関係のない人は殺さないが、朝倉はサイコパスもいいところで、見ず知らずの人でも情婦でも、目的のためなら平気で手をかける。

それしても朝倉は哀しい男で信頼できる友人や、グレイマンでいうところのハンドラーに相当する者もおらず、ひたすら金、金であるが、そんなことで深い満足が得られるのだろうか。ひたすら馬車馬のように欲望に駆られるだけではないか。しかも海水を飲むように飲めば飲むほど渇く。

それでも私がついグレイマンを引用するのは、息つく間もないストーリーの展開と、大藪春彦の車と銃の圧倒的なディテールの記述である。一見ストーリーの本質でなくても、きちんとしたディテールがストーリーを輝かせることは、マーク・グリーニーの小説が証明済である。

ということで時間をおいて、解説の森村誠一イチ押しの大藪春彦の「汚れた英雄」あたりを読んでみるとする。

蘇える金狼

user-pic
0

大藪晴彦は、野獣死すべしがかなり面白かったので、他の大藪作品として私がタイトルだけは知っている「蘇える金狼」の角川文庫版をアマゾンの古本で買って、とりあえず積読しておいた。

すると私の悪い癖で、ついその本の存在を忘れそうになるのだが、ふと思い出して「蘇える金狼」を読むことにした。

「蘇える金狼」の主人公は、朝倉哲也、29歳。独身でサラリーマン。鉄鋼、各種機械類、建設機械の大手メーカー新東洋工業の子会社、東和油脂の経理部に勤務している。早くから両親を亡くし、苦学して私大の夜間を卒業したのだが、不利な学歴にも関わらず成績がよくて、なんとか一流企業に就職することができた。東和油脂の経理部でも模範的な勤務態度で、同期の中では出世のレースのトップにいると見込まれていた。

しかし、それは表の顔で、すさまじい裏の顔があった。それは、利につけこんで稼ぎ、なにかでかいことをするという野望である。そのためには手段を択ばない。そしてその目的のため、ボクシングジムに通ったり、ピッキングの技術を磨いたり、新東洋工業の工場に忍び込んで銃を盗んだりと、遠大な計画のための準備を怠らない。

さて、哲也にとってサラーマンであることは、少なくとも朝9時から夕方5時まで束縛されるので、意図する遠大な計画のためにはマイナスだが、それでもサラーマンであることは次のようなメリットがある。

  1. 日常的に資金不足に苦しんでいる哲也にとって、薄給とはいえ毎月の固定給があるのは貴重である。
  2. 真面目なサラリーマンを演じることで、世間に対して裏のヤバい顔を覆い隠すことができる。
  3. 特に経理部にいることで、社内の裏金操作などの事情を推察することができる。

特に哲也にとって一番重要なのは3.で、なにかスキャンダルがあると察知することに巧みな哲也は、経理部の部長と次長に、裏金や、女を囲うなどの事実があるらしいと知り、これをネタに稼げるとほくそ笑んだ。

そして、喫茶店で、ある銀行の支店を眺めていて、セキュリティ的につけこめそうなやり方で現金が搬送されてくるのを知った。それから周到な準備に時間をかけ、現金強奪を敢行し成功した。それで2000万円近いお金が手に入ったのはいいが、2つ問題が生じた。1つは、折角強奪した金は銀行によって予め番号が控えられていることが分かったということである。もう一つは、現場から逃亡に使ったタクシーの運転手に顔を覚えられてしまったかもしれない、ということである。

まず前者であるが、現金でどこか怪しい箇所で麻薬を買い、その麻薬をさらに換金することでマネーロンダリングしようとした。そこで東京から少し離れた場所として、米軍の兵士が屯している横須賀に行ってみることにした。

ところが、横須賀では現地の暴力団が抗争しており、それに巻き込まれて哲也は命を落としそうになったが、絶妙の危機回避能力でぎりぎり逃げおおせただけでなく、なにほどかの麻薬と現金も得て東京に帰ってきた。

そして今度は、返す刀で、会社の次長が囲っている女を籠絡することにした。次長を通じて社内の事情を知るためには、ピロートークを利用するのが一番である。そもそも哲也は相当なイケメンであるとともに精力絶倫で、その気になれば大抵の女は落とせる。

こうして一歩一歩哲也は野望に近づいていくのだが、それにしても、激しい戦闘の連続であるにも関わらずそこに正義という一本の筋が通っているグレイマンに比べ、目的のためならなんの恨みもない女を殺しても平気な哲也の行動には今更暗澹たる気持ちになってしまう。

ただ、これはグレイマン・シリーズと似ているのだが、銃や車などのメカニックに対する徹底的なこだわりがいかにも好印象である。じつは私はそういうメカに弱いのであまりピンとこないのだが、ともかく細部まで注意が行き届いた小説であることの例証なのである。

そういえば、私が読んだ「蘇える金狼」は野望編ということで、その後編である「蘇える金狼」完結編もすかさずアマゾンで注文した。これは、読まずに死ねるか、というやつだろう。

暗殺者の復讐に続いて、ついに、グレイマン・シリーズの完結編と思われる、「暗殺者の反撃」を読むことにした。すると、他の巻と違って上下二巻もあってちょっとうんざりしたが、読み始めるとぐいぐい引き込まれて、すぐに長さは気にならなくなった。

さて、「暗殺者の反撃」ではジェントリーがついに、米国本土に帰ってきた。暗殺者の復讐で、ジェントリーがモサドの重要なミッションを助ける仕事をして、そのお礼にモサドのあるエージェントが米国に船で帰国する手はずを整えてくれたのである。

こうしてなんとか、ワシントンDCに上陸したエージェントは、文字通り着の身着のままで、無一文だった。そこで、ある麻薬密売人の溜まり場に目をつけて、そこを襲うことにした。すると当然に何人か攻撃してきたが、何人かを殺してお金と武器を奪うとともに、自分が米国に戻ってきたことを知らせるため、わざと指紋をこれでもかと残した。

ジェントリーは、第一級のリスク・アセッサーでもあるので、当然にCIAの膝元に帰ってくることが極めて危険であると分かっていた。しかし、ジェントリーにとって、どうして「見つけ次第射殺」という指示を受けたのか、その本当の理由をCIAの関係者から聞き出すことは、ある意味命よりも重大なことだった。そして、文字通り命を懸けてCIAと対決せざるをえないと覚悟していた。

ジェントリーの帰国を知ったCIAのカーマイケルは、直ちにヴァイオレータたるジェントリーを殺害する、JSOC特殊任務部隊からなるチームを立ち上げた。それだけでは不十分とみたカーマイケルは、サウジアラビアの米国における諜報部の責任者で、米国駐在のムルキン・アル-カザス、通称カズにもヴァイオレータ狩りを依頼した。しかし、これはCIAが国内で外国のテロリストを操ることになって、もし発覚したら大問題になる。わかっていても、偏執的になっているカーマイケルは、思いつくあらゆる手段をとらざるをえなかった。

カーマイケルが焦る理由もたしかにある。というのは、CIAは、ヨーロッパであれ、中東であれ、アフリカであれ、外部の組織を非合法に駆使することができた。しかし、米国内だと、法治国家としてCIAは大きな制約を受ける。なのでカーマイケルは、物理的に近いところにいるので手持ちのアセットを駆使してより有利にグレイマン狩りができるとは限らないのだった。

なので、カーマイケルはさらに、CIAをクビになっていまやフリーランスのジェントリーの元上官、ザック・ハイタワーにも、屋上屋のようにジェントリー殺しを依頼した。

するとジェントリーは孤立無援なのかというとそうでもない。カーマイケル直属の部下でジェントリーの元上司で今は、マシュー・ハンリーがいる。ハンリーは、ジェントリーが暗殺者の鎮魂でメキシコにいて、麻薬カルテルの組織に囚われて絶体絶命だったとき、ジェントリーの命を救った。ハンリーの暴挙?がなければ、ジェントリーといえども、確実に死んでいた。なので、ジェントリーは今回、カーマイケルが張り巡らしたあらゆる捜査網をかいくぐって、密かにハンリーにコンタクトした。

さらにまた、重要な役割を果たす人物がいる。それは、ワシントン・ポストの大物記者、キャサリン・キングである(関係ないが、私は、キャサリンというとどうしても、ジェフリー・ディーヴァーのキャサリン・ダンス・シリーズを想起する)。

キャサリンは、カーマイケル指揮下のCIAの動きに疑念をもって、そのことを記事にしようとしたが、カーマイケルの指示で差し止められてしまった。それでも、許される範囲でCIAを疑問視する記事を書いていると、それがジェントリーの目に留まり、ジェントリーは密かにキャサリンにコンタクトして、ある重大な依頼をした。

こうして、キャサリンのもつ人脈とジャーナリストのスキルを駆使した活躍で、ある真相がわかってくると、ジェントリーは最早生きていくことが無意味と感じるほどの絶望を感じたが、ハンリーと、ジェントリー側に付いたザックの絶大なる支援と激励で、ジェントリーは死中に活のような、常識ではありえない作戦を敢行し、カーマイケルの陣地に迫った。

ここからの展開と推移はストーリーのコアなので開示できないが、ううん、そんな理由でジェントリーはカーマイケルから長年命を狙われてきたのか、とうなってしまった。

それにしても、暗殺者グレイマンでは、よくできた、テンポのよい戦闘ものかと思っていたら、暗殺者の正義ではアフリカの絶望的な独裁制が描かれ、暗殺者の鎮魂では国家警察と麻薬カルテルの癒着が言及される。

さらに、暗殺者の復讐では、ターゲットを追い詰めるためのUAVや監視カメラなどの最新の機器や、モサドとCIAの関係の話になった。

それらすべてのストーリーの総集編として本作の暗殺者の反撃がある。ここまで読んで、その壮大且つディテールと蘊蓄も極めたグレイマン・シリーズは、希代の名作であると断言したい。

SRO Ⅶ

user-pic
0

SRO Ⅵを読んで、もう半年以上経つが、新聞でSRO Ⅶが出ると広告をみたので、慌てて本屋に買いにいった。よく考えたら、SROシリーズを新刊直後に読むのはこれが初めてである。

さて、SRO Ⅶは、育児放棄というか幼児虐待のシーンから始まった。そこは夫婦と子供二人の家庭なのだが、両親が子供に暴力をふるったり、完全にネグレクトしたりで、子供のうち小さかった妹は栄養不足で死んでしまった。兄の方は父親から暴力を振るわれたが、必死で抵抗して、なんとか逃げた。

その男の子の名前は五味川良樹といった。逃げて家から出ても行くあてもないので、公園でぶらぶらしていると、イチという可愛い女の子に声をかけられた。キャンピングカーで集団で暮らしていて、寝るところも食べ物もある。お金も恵んでくれる。

そこには、ダーとマムという比較的若いカップルがいて、あとは全員子供である。しかし、寝るところも食べ物もお金も恵んでくれるといってもそれは、ダーとマムが仕切っている強盗団なのだった。しかし、ダーとマムは決して実行犯にはならず、子供たちにターゲットを襲わせる。相手は子供だと油断する。イチが一種のリーダーで犯行現場を取り仕切っていた。子供とはいえ殺人も平気で犯す。このあたり、三島由紀夫の午後の曳航を彷彿とさせるアンファンテリブルの冷酷ぶりである。

ところが、たまたま偶然でイチが交通事故に遭って、病院に運ばれるという事件があった。すると当然に警察がきていろいろ質問するので、ダーとマムはイチが余計なことをしゃべらないかと懸念し、イチに対して刺客を差し向けた。それに五味川良樹が反発して、ほかの子供たちも良樹の側に付き、革命というかクーデターのようなことになった。その動きが目立つのでついにSROのメンバーが捜査に動き出した。

それとは独立に、石塚美和子という看護師がいた。看護師の仕事だけでなく義理の母が寝たきりで面倒をみなくてはならないのに、リストラになった夫は全く協力してくれない。それでストレスが溜まっているところ、娘が問題を起こし、切れそうになった。

そんな美和子の勤務先は、東京拘置所の医務部である。しかもなんと、看護師としての美和子の担当は例の近藤房子だった。そんな近藤房子は、独特の鑑識眼で美和子をストレスを見抜き、こっそりと犯罪指南した。そこから美和子の人生は暗転していった。

一方、SROのメンバーは今回出番が少ないかと思っていたら、尾形の家庭問題があった。息子が不登校なのである。尾形は反省を込めて家庭中心にやってきたが、アンファンテリブルの事件に忙殺されているうちに、尾形の家庭は大変なことになった。

さて、美和子をロボットに仕立て上げた近藤房子は、いわば美和子を踏み台にして、ついに暗躍し始めた。

ということで、この巻は、次なる近藤房子の跳梁のための準備のような位置づけでいまいち地味であったが、まあこういう趣旨もありかと思うことにする。ともかく富樫倫太郎の文章が読みやすくて、ぐいぐい引き込まれるのが魅力である。

償いの報酬

user-pic
0

二年近く前にローレンス・ブロック「八百万の死にざま」田口俊樹訳、ハヤカワ文庫を読み、古きよきニューヨークの風情が描かれた好作だと思ったのだが、それから続編は読まないできた。

ところが急に同じ作者の「償いの報償」田口俊樹訳、二見文庫を読もうと思ったのは、気まぐれというか、「八百万の死にざま」の続きのような位置づけの作品らしくて、主人公のマット・スカダーのその後が知りたいという興味もあったからである。

さて、「八百万の死にざま」で事件に関与したストレスか、断酒に失敗したスカダーは、心を入れ替えて再び断酒を再開し、AA(Alcoholics Anonymous)すなわち断酒サークルに日課のように通う日々だった。

そんなスカダーは、幼馴染で犯罪常習者のジャック・エラリーに声をかけられた。スカダーは、多少の懐かしさは感じつつ、なにしろ札付きのワルだったので、複雑な気持ちもあった。

ところが、ジャックが意外なことをいう。断酒プログラムの一環としてジャックが、過去に犯した罪を償う「埋め合わせ」ステップを実施しているのだという。断酒プログラムのステップにあまり詳しくないスカダーは、へえ、そんなステップがあるのかと思っただけだった。

しかし、それからスカダーは、驚くべき知らせを聞いた。なんとジャックが殺されたのだという。しかも頭だけでなく口にも銃弾を撃ち込まれたのだという。とはいえ、この事件を真に憂慮していたのはジャックの支援者(スポンサー)のグレッグ・スティルマンであった。なぜなら、真面目なスポンサーであるグレッグは、ジャックに対して断酒プログラムを律儀に勧めすぎたことがジャックを追い込んでしまったのだ、と懸念したのだった。

そしてグレッグは、ジャックから立場により入手している五人の埋め合わせ者リストをスカダーに渡し、これらの者の誰かがジャックを殺害した犯人かどうか調べてほしいと依頼した。グレッグの誠実な人柄に好意をもったスカダーは、埋め合わせ者リストの一人一人と会っていった。すると、ジャックの犯罪歴に関与したような者ばかりなのでいかにも曰くつきで怪しかったが、どうも誰もジャックの殺害に関与したとは思えない。

ところが、スカダーは、納得いかず調査を続けるうち、昔のジャックの重大犯罪の共犯者が浮かび上がってきた。そしてここから、関係者が殺され始めた。スカダーにも危機が忍び寄ってきた。

ここからは佳境なのでストーリーを追うのを省略するが、もし「八百万の死にざま」並みのハードボイルドを期待すると、ちょっと肩すかしをくうかもしれない。

じつはこの作品は、ローレンス・ブロックが1982年に「八百万の死にざま」を発表してから25年も経ったあとの、ブロックが72歳のときの作品で、それだけ年数を経て「八百万の死にざま」の続編を書くという円熟を改めて感じる次第である。

そういえばローレンス・ブロックには、殺し屋ケラーシリーズというのもあるらしくて、暗殺者グレイマンとはまた違った、ブロック版のというのもそのうち読んでみたい。

グレイマン・シリーズ3の「暗殺者の鎮魂」を読んでしばらくして、次の「暗殺者の復讐」を読むことにした。

「暗殺者の復讐」では、ジェントリーが、「暗殺者の鎮魂」のとき、マンハンターという刺客を差し向けてきたことに対する報復として、ロシアのシドレンコの居住地を襲った。シドレンコの側も、ジェントリーの来襲は当然に予想していて、多数のならず者を周囲に配置していたが、いかんせん警備のプロではなく、街の愚連隊に毛が生えた程度なので、ジェントリーの敵ではない。

ただ、ジェントリーも、シドレンコを殺傷した後の脱出路をきちんと確保していなかった面があり、行き止まりになって焦った。そして強行突破でなんとか逃げ出したものの、シドレンコよりはるかに手強い新たな追手がいた。それは、民間警備会社、タウンゼント・ガバメント・サービスの派遣するチームである。

タウンゼント・ガバメント・サービスは、CIAのカーマイケルから、グレイマン、すなわちジェントリー殺しを高い賞金で依頼されたのである。そこでタウンゼントはまずUAV、すなわち無線操縦の無人飛行機でグレイマンを追跡した。シドレンコを襲った場面も、UAVによって撮影されていた。

タウンゼント・ガバメント・サービスの社長のリー・バビットは、UAVだけでは限界があるので、ジェントリーと似た経歴の、ラッセル・ウイトロック、通称デッドアイという独行工作員を雇った。すなわち、デッドアイは、グレイマンの「生態」に詳しいので、UAVでスウェーデンのある都市で、大まかな居所が確定されると、その中でグレイマンが潜んでいそうなアパートの当たりをつけた。あとは、タウンゼントの部隊がそこを襲う手はずである。

ところが何を思ったか、ウイトロックが突然裏切ってタウンゼントの部隊を殺戮し、むしろグレイマンを救助した。グレイマンはウイトロックの意図がわからず当惑したが、ともかく命を助けられたことはありがたく思った。実はウイトロックは筋金入りのサイコパスで、ある深い意図があってグレイマンを助けたのだが、その意図はあとで明らかになる。

一方、ヨーロッパではモサドのチームが活動していた。そのチームはいわばイスラエルの大統領直属で、中東の反イスラエルの組織がイスラエルの大統領の暗殺を企てるのを事前に察知し、もし本当に暗殺の実行犯なら、強襲チーム、メツァダを派遣して駆除する。それを判断するのが、モサド情報収集部の目標決定官、ルース・エティンガーである。ルースはみるからに魅力的な女性だが、仕事には厳しい。

さて、ウイトロックが筋金入りのサイコパスである、というのは、イスラエルの要人を殺害して、イランの諜報部から莫大な賞金をせしめようという意図があり、そのことにジェントリーを利用しようという黒い意図があったからである。そのために、タウンゼントの部隊によって襲われたときジェントリーを助けたのだった。ただ、このことで、殺そうと追及する相手に全く不足していないジェントリーは、モサドからも追われることになり、一層窮地に陥った。そもそも、なんとしてもジェントリーを殺害したいCIAは、モサドに協力を要請した。

しかし、CIAとモサドは当然に一枚岩ではなく、特にルースは、ジェントリーのプロファイルの解析から、ジェントリーがなんの大儀もなくイスラエルの要人を狙うわけがないと思った。

このようないろいろな個人とグループのからみで事態が進展していくのであるが、それにしても感じたのは、まるで将棋や囲碁のAIと、棋士の関係が次第に露わになってきたことである。すなわち、ジェントリーが得意とするのは、ひそかに敵を攻撃することだけでなく、姿をくらましたり、危険を察知して逃げる独特の勘なのだが、無人飛行機、監視カメラ、顔認識や歩き方などの行動分析、のハイテクの発達で、ジェントリーは、培ったスキルと勘が陳腐化(obsolete)していく傾向を感じてしまったのだった。これもシンギュラリティか。

山の音

user-pic
0

少し前のことであるが、ゴールデンウイーク中に町田のブックオフに行った。全品二割引というセールだったからである。二割引というのがいいのは、もしかしたら読まないかもしれないけどとりあえず買っておこうという閾値が下がるからである。すると、相対的に読む可能性が低い純文学の名作を買うことにもあまりためらいがなくなる。

そうやって以前買った本に、森鴎外の「阿部一族・舞姫」新潮文庫がある。軽い気持ちで買ったこの小冊子のような本は、私の生涯でも上位にくる印象の深い本となった。きっと何度も読み返すことだろう。

今回、似たような乗りで買った本に、川端康成の「山の音」と、谷崎潤一郎の「陰翳礼讃」がある。どちらも新潮文庫である。それで、一種の気まぐれで、一連のミステリー、工学書、数学書の読書列に、そっと川端康成の「山の音」を忍び込ませた。

「山の音」は、第二次大戦が終わって間もない時代の、二世代同居家庭の話である。主人公は、その一家の主の尾形信吾。62歳で会社の社長である。鎌倉の自然豊かな地に住み、横須賀線で都内に通っている。もう歳で物忘れが激しくなったみたいな記述があるが、それと同い年の私としては苦笑するよりない。信吾の妻は保子で、信吾より一歳年上である。

長男の修一が同居している。普通のことであるが、あまり父と仲がいいとはいえない。ただ、父の会社に勤めていて、会社では上司・部下の関係なので、家庭でも指示されたら渋々父のいうことをきく。

修一の妻は菊子。まだ子供はない。じつは信吾は結婚する前に、今の妻の姉に憧れていた。その人は近所でも有名なくらい美人だった。ところが美人薄命の典型でその姉は亡くなってしまい、仕方なくというわけではないだろうが、信吾は妹の保子と結婚した。信吾は菊子に、その亡くなった姉の面影をみてしまい、平静でいられなくなることがある。

舅が息子の嫁に密かに想いを寄せるということはよくあることであるが、菊子は菊子で、ファザコンかというくらい信吾を慕っている。そして、信吾と菊子の間の限りなくプラトニックな関係は、この家で誰もが周知である。

さらにこの家庭で誰もが知っているのは、修一の浮気である。会社で、信吾の秘書のようなことをしている谷崎英子という女性がいる。じつは英子は修一の浮気相手の一人なのだが、さらに修一には絹子という別の本命の浮気相手がいる。戦争未亡人だという。

当時のことで、修一は出征し、いつ死んでもおかしくないような激戦をかいくぐってなんとか修一は帰還してきた。戦争PTSDなのかもしれないが、修一の心のどこかに空虚が巣くっており、その隙間を埋めることが戦争未亡人との浮気につながるのかもしれない。

こんなことがあって菊子が面白いわけがない。それでときどき反抗のように実家に帰るのだが、数日したらまた戻ってくる。信吾に会いたいのである。

これでだけでも家内は大変であるが、なんと信吾の長女の房子が、子供二人を連れて出戻ってきた。なんでも、房子の夫の相原は、犯罪に加担しているかもしれない困った人で、いろいろな意味で房子は同居していられないのだという。

信吾はそれは分かるのだが、今後のことを考えたら大変で、孫がきて可愛いみたいな気持ちになかなかなれない。

菊子は菊子で、当然ながら房子とうまくいかないのだが、それをみて信吾はつい菊子を庇う。それをみて、ああ実の娘より息子の嫁の方をかわいがるのかと房子は面白くない。

それだけではない、英子に紹介させて、修一の浮気相手の絹子に無理やり会いにいったり、それで気分を壊したのかどうか知らないが、英子が会社を辞めてしまい、信吾はいろいろ悩む。

しかしそれは序の口で、修一の浮気に反発して菊子が勝手に堕胎してしまったり、絹子が妊娠していて修一の子供かどうかわからないが産むと言い張ったり、房子の夫が知らない女と自殺未遂になったりと、信吾や保子の心労は募るばかりである。

それで信吾は菊子に離婚または、修一と二人で家を出て別の家に住むように提案したりするのだが、菊子に、離婚してもお父様のそばにいて面倒をみてさしあげたいですわと言われて、当惑しつつもうれしかったりする。

そうやって人々の感情は揺れるのであるが、鎌倉の自然豊かな地にあって、とてつもない事件は起きず、淡々と進むストーリーはもの哀しくも美しい。

本の裏表紙には、戦後文学の最高峰に位する作品である、とあるが文学初心者の私にはそのことはまだ実感できない。私には雪国の方が格調が高いような気がするのだが、「山の音」の家族内の葛藤や心理の揺れには、実人生に鑑み深く共感できるのもたしかである。

毒のある街

user-pic
0

香納諒一の孤独なき地徳間文庫が面白かったので、その続編である、「毒のある街」を読むことにした。

「毒のある街」は、主人公の沖が、南新宿の踏切のそばを歩いているとき、女が電車に飛び込もうとしているのを発見したところから始まる。沖は警察官としての責任感からなんとか救助できないかと急いだが間に合わなかった。ところが踏切の向こう側で制服警官が踏切に飛び込み、女を救助した。結果、女は大怪我をしたが、なんとか一命を助けられた。しかし、制服警官は電車に足を切断されて、出血多量で死んでしまった。そのとき、沖は女が妹を助けてほしいと微かに言うのを聞いた。

次の釈然としない気持ちで出勤した沖にさらに釈然としないことがあった。それは、村井がチーフになり、沖はチーフから降ろされてしまったのである。沖が落胆していると、事件の連絡があった。それは新宿のスクランブル交差点で神竜会の組員が二人、射殺されたのだった。どうも、関西の大手暴力団、共和会の出先である鳴海興業の仕業らしい。

そこで鳴海興業にガサ入れしなくてはと沖が思っていると、神竜会の西江から緊急連絡が入った。仕方なくいってみると、縛られて命の危険に晒されていた。そこに朱栄志から連絡があり、これは五虎界の首領、朱徐季が殺されたことの報復らしい。結局、沖は西江を救うことができなかった。ともかく朱栄志を追ったが逃げられてしまった。

めまぐるしいことに、そこに沖に連絡があり、南新宿の踏切で救助された女が入院している病院に来てほしいとのことだった。いってみると、女の父親ということで、明星銀行頭取の諸星勲夫がいた。また、女の夫、珠洲沢君夫がいた。女の名前は遥といった。

一方、朱栄志と一緒に女がいたことが分かっているが、調べるとその女は、朱徐季の孫娘の朱向紅らしい。朱向紅というと、香港でライバルのグループの一家をもろとも爆殺したことがあり、それで朱徐季が完全に面子を失い、朱向紅は絶縁された。要するに朱向紅は倫理観が壊れた異端児なのだが、それを朱栄志が保護しているという次第である。

そしてさらなる配役が登場する。それは共和会の斬り込み隊長の矢木とその部下の鬼崎である。共和会が新宿に進出する橋頭堡で、要するに鳴海興業を操っている。

すると、朱栄志が率いる五虎界と、共和会と、神竜会の争いで、それは明星銀行の利権を巡るもので、ここで自殺を試みた女の問題も関わってくる。そこで大事件が起きた。狂った女、朱向紅が沖の同僚の一人の自宅を爆破して、家族を殺傷してしまったのである。

誰が敵か味方か分からない錯綜した状況に独自の秩序を与えようとする朱栄志、そして絶対の復讐を誓う村井、沖などKSPの面々。ここからは佳境なので読んでのお楽しみなのだが、あまりに過激で錯綜したストーリーを堪能した次第である。

なお、この本の解説によると、香納諒一は、KSPシリーズを最初から十巻が予定された大河警察小説として構想しているらしくて、するともしかして大沢在昌の「新宿鮫」の現代版みたいなことも考えているのだろうか、とつい想定してしまうのだった。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち小説カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは将棋です。

次のカテゴリは心理学です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。