小説の最近のブログ記事

「犯人に告ぐ」などの作品を通じて、雫井脩介は、好きな作家の一人だが、新聞の広告かなにかで、「検察側の罪人」という作品が映画化されたとしり、おっ、原作を読まなくては、と早速、文春文庫版の上下二巻を買って、読み始めた。

ストーリーは、司法試験に受かり、検事として、沖野啓一郎が、ベテラン検事の最上毅の研修を受けるところから始まる。

研修を通じて、沖野は最上の指導に感銘し、最上は沖野を、なかなか見所のある奴だと思った。

その後、沖野は最上から仕事を貰うかたちになり、次第に難しい案件を与えることで、沖野を鍛えていった。沖野は、懸命に頑張って、最上の期待に応えていった。

さて、最上には痛恨の過去があった。それは、大学時代、北海道出身の者が主に入る、北豊寮というところにいたときのことである。

その寮は、久住夫妻によって運営されていたが、夫妻には由季という娘がいた。まだ中学生だった由季を、最上や同僚たちは、勉強を教えるなどして妹のように可愛がった。

ところが、悲劇が襲った。なんと、侵入してきた男に、由季が強姦殺人されたのである。最上や、由季を知る同僚たちにとって、それは何十年たっても忘れられない痛恨事だった。その件で、もう一つ痛恨事があった。それは、警察の捜査で、松倉という男が容疑者として浮かび上がり、嫌疑は相当濃厚だったのに、松倉はのらりくらりと訊問を躱し、アリバイの証言もあって、なんとか松倉は逃げ切った。警察も最上も、切歯扼腕だった。

それから、かなりの年数がたち、最上のところに、蒲田の老夫婦殺しの事件が知らされた。ところが、上がってきた容疑者の名前を見ていくうちに、最上はなんと、松倉がいたのである。

最上は目を瞠った。そして、担当検察官に沖野を指名し、頑張るように発破をかけた。その期待に応えて、沖野の訊問は峻烈を極めた。しかし、松倉は、しらばっくれる様子もなく、自分は知らないというばかりだった。

そこで刑事が別方向から攻めると、なんと、松倉は、今更由季殺しを自白した。あいにくこちらはもう時効だった。

そうしているうちに、もしかしたら松倉よりも本ボシかもしれないと思われる、弓岡という男の存在が浮かび上がった。最上は、弓岡に注意しつつも、松倉の追及の手綱を緩めないように沖野に指示した。しかし、松倉は膠着状態だった。

一方で、警察は、弓岡を追っていたが、弓岡は、なぜか突然行方を晦ました。全く、足取りさえ掴めなかった。

そうしていると突然、蒲田夫婦殺しに使われたと思われる凶器が河原でみつかり、それの包み紙に松倉の指紋が発見されたことから、一気に松倉の線で固まり、ついに法廷に持ち込むことができた。

しかし、松倉の訊問を当初から担当してきた沖野は、最上のやりかたに対する違和感が臨界点を超え、ついに検察官を辞めた。そして、松倉の担当弁護士や、週刊誌の記者と連携して、最上を追い詰めていくのだが、不思議に最上は、なぜか沖野に対する怒りを顕にしないのだった。

以下はストーリーの佳境なので、省略するが、最初は最上の強引さが憎たらしかったが、次第に何が正義なのか分からなくなり、いろいろ考えさせられた。

そういえば、以前に読んだ、雫井の「火の粉」も、元裁判官と犯罪者が出てくる心理ホラーでなかなか面白かった。やはり雫井は、隅におけない。

なお、映画の配役では、最上が木村拓哉で、沖野が二宮和也となっているが、個人的にはもう少し強面の俳優がふさわしいような気もする。ただ、あまり俳優を知らないので、誰がいい、みたいには指摘できないが。

黒の十字架

user-pic
0

森村誠一の「黒の十字架」の解説を先に読んで、そこに書いてあった「小説の書き方」を読むことにしたのは、ブログに書いたとおりである。

そこで、森村氏の小説に対する深い思いに感じ入った私は、改めて「黒の十字架」を読み始めた。すると、流石のストーリー・テラー、ぐんぐんストーリーに引き込まれていくのを感じた。

最初に登場するのは、A県警の捜査一課の土谷という刑事。意外にも古本漁りが好きな土谷は、なんとたまたま、自分が昔の恋人に贈った詩集を見つけた。古本屋の主人にその本の出所を聞いてみると、あるアパートが浮かびあがったが、そこに住んでいた人は既に引っ越していた。

さらに聞き込むと、そこに住んでいたのは、カフェに勤めていた矢代美代という女性で、どうも騙されて羽代市に連れて行かれたらしい。

そんなとき土谷は、羽代市に潜入捜査するように上司から指示された。羽代市の中戸組という暴力団の幹部として潜入している松原という警官からの連絡が途絶えたので、様子を探りに言ってほしい、という命令だったが、実はそれは実に危険で困難な使命だった。

なぜなら、羽代市は、地元の事業家、大場一成が完全に仕切っており、中戸組は大場の傘下であるばかりではなく、有力代議士と太いコネをもち、市政も警察も完全支配する独立国家の様相を呈しており、潜入した土谷は、どうしていいか途方に暮れながら、ともかく、紹介された、羽代警察の、アンチ大場である渡辺とコンタクトして、今後どうするか、相談した。

一方、騙されて羽代市に連れてこられた美代は、中戸組の管理の下で売春に従事させられており、辛い日々だった。

そんなとき、羽代市で殺人事件が起きた。それは、美代を誘って羽代市にやってきて、美代と同じ仕事をさせられていた和子が殺されてしまったのである。

そこで土谷は、渡辺の協力でこの事件を捜査していくうちに、次第に羽代市の実態が身をもって分かってきて、中戸組の支配やされた羽代警察の腐敗に絶望的な気持ちになるのだった。

そんなとき、美代が、監視の組員を誑かしてなんとか逃亡を図った。しかし、後をつけられて、連れ戻されてしまう。そして一緒に逃げた組員ともどもリンチに遭いそうなところをなんとか助けられ、二人は土谷のところに匿われた。しかし、中戸組に対して多勢に無勢、どうしようもなくなったとき、美代は知り合いの自衛隊員に助けを乞うことで死中に活を求めた。そうして、そこから自衛隊のクーデター計画が顕れてきて、一気に急転回になった。

ここからはまるで、福井晴敏の「川の深さは」のような展開になったが、軍事的というよりも、政治的記述が目立つと思ったら、あとがきで作者は、バイオレンス小説を読むのは好きだが、書くのは苦手だと正直に告白している。あれっ、森村誠一でバイオレンスな小説、あったんじゃない?と思ったが、バイオレンスというかミリオタもの、という意味では、森村誠一の作品にはない。

そう思うと、マーク・グリーニーや、スティーブン・ハンターなどのミリタリー関係の知識や戦闘シーン、すごいよね、と改めて感心した次第である。

また、森村誠一氏の誠実さも光る。

院内刑事

user-pic
0

新聞の書籍広告で、濱嘉之の「院内刑事」講談社+α文庫を見かけたとき、おっ、面白そうだな、と気になった。

実は濱嘉之は、そんなに好きな作家ではない。というのは、警察庁の公安部にいたという経歴をひけらかしているようなところがあるとともに、公安部にいたときの経験と知識を駆使してストーリーを作り上げるのはいいのだが、主人公がなぜか完全無欠のキャラになってしまい、人間味に欠けるような気がするからである。

ただ、やはり公安部の話は、なにやら国家機密ぽくて興味深い。それがなにやら病院とからむのも新規なので、読んでみることにした。

「院内刑事」の主人公は、廣瀬知剛。大学卒業後、警視庁に入り、主に警備公安畑を歩み、警部補時代は内閣官房内閣情報調査室で勤務し、その後、公安総務課で情報担当として警部に昇進し、管理職試験に合格した年に辞職した。明らかに、作者自身の経歴に酷似している。

そんな廣瀬は、警察時代に培ったスキルと人脈をもとに、川崎殿町病院リスクマネジメント担当顧問になった。

病院のリスクマネジメントの仕事は沢山ある。例えば、医療事故などが起きたときに、マスコミ対策をアドバイスするとか、患者の緊急搬送体制を確立する、などである。

そして、廣瀬が確立した体制がまさに活用されるときがきた。福岡から羽田に向かう旅客機内で、財務大臣が脳梗塞の症状を呈したので、空港に到着し次第、廣瀬自身が指揮して、空港から川崎殿町病院に搬送する手配をした。廣瀬は、昔の人脈を利用して、警視庁警備部警護課に連絡することを怠らなかった。また廣瀬は、内閣官房副長官とも太いパイプがあった。

そうして、財務大臣の手術は無事終わったのだが、検査により、財務大臣の体内から、ありえない薬物が見つかった。それは、一応医薬なのだが、財務大臣の健康状態にとって、むしろ脳梗塞を誘発するものであるように思えるものであり、政敵が仕組んだものである可能性がある。そこで廣瀬は、ある画策をした。それは、極めて優秀な、知り合いの元公安の担当官を呼び戻して、事件の捜査をさせることである。

その警官は、秋本誠一郎という。かつて、中国の外事担当の公安だったが、中国大使館の機密漏洩問題に関して、全く無実なのに、責任を取らされる形で西多摩署の地域課に左遷され、それでも地道に務めた。それが、廣瀬が内閣官房副長官に働きかけることで晴れて、警視庁の公安部に異動し、福岡に飛んで、財務大臣の事件を調べることになった。

福岡で秋本は、財務大臣行き付けのクラブに通い、いかにも怪しいホステスを突き止めた。一方、廣瀬は、病院で、ヤクザと思われるモンスター・ペイシェントの対応に追われていた。

秋本は、そんな廣瀬とは独立に、福岡における政治的対立構造を調べていった。そして福岡を拠点にする大企業が財務大臣の政治的施策に強く反対していることがわかった。しかし、決め手に欠けていた。

そんなとき、やっとブレークスルーがもたらされた。廣瀬がいる病院に福岡在住の有名タレントが原因不明の感染症で入院し、ようやく快方に向かった頃、廣瀬がその有名タレントから、財務大臣の行き付けのクラブの裏の情報をたまたま入手し、それが秋本に伝えられて解決となった。

ということで、ストーリーとしてはいまいちはっきりとはせず、実際この本のアマゾンでの評判もあまりよくないが、公安警察に関する副読本として読めば勉強になるし、また私がかつて住んでいた福岡の活況を知ったのも、何気にうれしいのだった。

風の果て

user-pic
0

藤沢周平という作家は前から気になっていて、何冊か買い置いてもいるのだが、未読の作家に対する私特有のポテンシャル・バリアにより、まだ読めないできた。

ただ、あまり手を拱いていても仕方ないので、藤沢周平ファンの知り合いの一押しである「風の果て」文春文庫、上下二巻を買って読み始めた。

「風の果て」は、片貝道場という剣術道場に通う、五人の少年が成長していくにつれ、様々な運命に巻き込まれていくストーリーである。五人の少年とは、上村隼太、野瀬市之丞、杉山鹿之助、寺田一蔵、三矢庄六である。

上村隼太は、この小説の主人公で、後に桑原家に婿入りし、桑原又左衛門と名乗るようになった。

野瀬市之丞は、五人の中で一番剣の腕が立つが、奇襲のような技を使うので、道場の先輩たちに妖剣あるいは邪剣とそしられ、虐められたりしていた。しかし、生意気で負けず嫌いの市之丞は、先輩たちに反発し続けた。

杉山鹿之助は、五人の中では唯一の上士、すなわち父親が藩政の要職を担う家に生まれた。しかし、父親が藩の政争に破れ失脚中であり、杉山家しその捲土重来を目論んでいた。しかしそんな身分を前面に出さず、道場の仲間とは気さくに付き合った。

寺田一蔵は、ちょっと変人で、思い込みの激しいところがあった。

三矢庄六は、剣の稽古が熱心なのだが、五人の中で一番剣の才能がなく、道場の後輩にも抜かれるほどだった。ただ、おとなしいながらもきっちり筋を通す性格だった。

そんな五人は、楢岡図書という、藩政の要職にあった人の家によく集まって、楢岡から話を聞いた。それは、楢岡が杉山家と親戚関係にあるという縁からなのだが、ともかく五人は、楢岡から藩政の話を聞き、将来は藩政に加わりたいなどと思った。

五人が楢岡家に行くのには別の理由があり、それは千加という美人の娘がいたからである。千加は五人の共通のマドンナだったが、身分の違いもあり、誰も千加を娶れるとは思っていなかった、ひとり杉山鹿之助を除き。

ともかく、杉山鹿之助以外の四人は下士なので、藩政に加わる地位に進むには、それなりの地位の家に婿入りするよりない。それで最初に婿入りしたのは一蔵だったが、なんと妻は妖艶な年上で、離婚歴があった。一本気な一蔵は大丈夫かと危ぶまれたが、果たして後に悲劇的な運命をたどった。

隼太はというと、藩政の要職にあった桑山孫助から婿入りの話があったが、孫助が醜女という噂があり、気が進まず一旦は断った。しかし、以前に楢岡図書から聞いた太蔵が原の開墾を考えて行動しているうちに桑山孫助に見込まれ、桑原又左衛門を名乗るようになった。結局その縁で藩政の末端を担うようになった。

杉山鹿之助は、父の後を継いで当主となり、なんと楢岡家の千加を娶った。そして、杉山忠兵衛を名乗った。

三矢庄六は、それほど豊かでない家に婿入りし、それなりに生活に苦労しながら真面目に頑張った。

桑原又左衛門は、藩政に加わると、持ち前の真面目な性格と頭のよさで、じりっじりっと昇進した。その昇進と、それによって得られる権力を又左衛門は喜んだが、一方で、藩政に加わることで生じる面倒な手続きや人間関係がときとして嫌になった。また、妻とも長く、関係がよくない。ふと町でみかけた庄六がその妻となかむつまいそうなので、羨ましさを感じたりもした。

さて、問題は野瀬市之丞である。婿入りせず、部屋住みのままであるが、なにやら杉山忠兵衛の用心棒あるいは手先のようなことをして裏扶持を得ているようでもある。それで、又左衛門にも密かに画策してきたりする。

あるとき又左衛門は、杉山忠兵衛から密かに呼び出され、市之丞とともに忠兵衛の護衛に当たった。何といっても、又左衛門は、片貝道場の五人の同僚のうちで市之丞に次ぐ使い手だった。しかしこれがとんだ陰謀だとあとで判明する。

そして、藩政の中核に昇進した又左衛門はついに、意見の不一致から杉山忠兵衛激しく対立した。それと関係あるのかどうか分からないが、又左衛門は市之丞から果し合いを申し込まれ、つい今までの人生を振り返る。

ということで、勧善懲悪ではない、実人生のような入り組んだストーリーで、私はつい自分の人生とも比べてみた。例えば、意図に反して昇進し、そのことを喜びつつも、部門運営に悩んだ自分の管理職経験を又左衛門になぞったり、なけなしの実務スキルで尖って周囲と対立し、あるいはうまく利用された経験を市之丞になぞったりした。

知り合いに聞くと、この陰翳あるストーリーも藤沢周平の一側面にすぎないらしくて、他の作品も読んでみることにする。

指し手の顔

user-pic
0

かなり前、ブックオフで、首藤瓜於の「指し手の顔」講談社文庫を見かけた。なんでも、「脳男」の続編らしくて、脳男が鮮烈に面白かったという印象をもつ私は、「指し手の顔」を迷わず買った。

「指し手の顔」は、主人公であり、愛宕医療センターの精神科医である鷲谷真梨子が、知り合いの茶屋刑事に会って相談するところから始まる。

なんでも真梨子は、自宅にあった鈴木一郎関係の書類が見つからないので、盗まれたのかもしれないと茶屋に相談したのだが、そんな曖昧な相談ではどうしようもなく、鈴木一郎が現れたのかもしれない、という留意にとどまった。

一方で真梨子は、念願かなって愛宕医療センターに精神科外来を立ち上げ、他病院の精神科医とも連携して多忙な日々を送っていたのだが、あるとき、他病院の精神科の外来に来ていた人がレストランで大暴れし、多数の怪我人を出すという事件があった。その人は元関取で、怪力なので暴れると手がつけられない。

担当していた医師に聞くと、その人は外来治療で落ち着き、今では教会に住んでボランティアをしていて、極めて模範的な活動状況だったらしい。

その元関取は、その後も別の場所で事件を起こし、ついに警察に捕まったのだが、その体には暴行というか拷問を受けたような後があり、真梨子は、米国留学時に聞いた、精神操作の人体実験のことを思い出した。

すると、真梨子の知り合いのケースワーカーがいうには、愛宕市の場末に妙な掘っ建て小屋があるそうである。

そこで、茶屋に相談して、その掘っ建て小屋に行ってみると、確かにそれらしい器具もある。そこで茶屋は、部下に命じて、その小屋を常時監視させた。

するとなんと、監視していた茶屋の部下二人が何者かに惨殺されてしまった。殺し方がいかにも猟奇じみている。そしてその後、小屋は焼かれてあるので、部下達を殺したのがまさに犯人に違いない。実は鑑識の機転で、小屋には監視カメラが事前に設置されており、映像の解析から、犯人は若い女らしい、と分かり、その画像をもとに警察は女を徹底的に捜したが、なかなか見つからなかった。

一方、鷲谷真梨子は、ある精神医学的な事例を聞くために、米国の留学時代の学友に連絡した。そして、ハン・マーシーなる人物がある精神医療のスキャンダルに関与していると知った。真梨子は青ざめた。なぜなら以前に、愛宕医療センターの重要なスポンサーに表敬で引き合わされたことがあったが、まさにその人が潘マーシーなのだった。

一方、鈴木一郎は、まさにその潘財団に密かに画策していた。

こうして、謎の残虐な女、茶屋、潘マーシー、鈴木一郎が絡んで事件は複雑化し、ついには鷲谷真梨子とその関係者にも危険が忍び寄った。

ここから次第に佳境になるのだが、残虐シーンに精神医学の知見と、キリスト教的な色合いが混ざって、読んでいて次第に苦しくなってきた。

蓋し、首藤瓜於は第一級のホラーストーリーテラーであると思われる。

外資系にいたときの友人が西村京太郎のファンで、私はその友人の読書センスを評価していたので、西村京太郎もそのうち読もうかと思ってはいたが、その友人が特に推さないので、特に読むことはなく、ここまできた。なんか、ものすごい冊数の小説を出している作家であるのがベタかも、と敬遠したのかもしれない。

ところがたまたま、内田康夫の「しまなみ幻想」を読み、かなり面白かった。内田康夫もいい意味でベタな国民作家なので、西村京太郎も悪くないんじゃない、それなら一冊読もうかと、アマゾンで適当に検索して選んだのが、「仙台青葉の殺意」角川文庫である。

それで、いきなりええっと思ったのは、仙台の田中啓子という女性から十津川警部が手紙をもらうという件である。その手紙には、亡くなった夫、田中伸彦の手帳に、警視庁の十津川警部の名前があったのだという。それで、十津川警部に葬儀に出席してほしいのだという。

なんとも唐突な話なので、十津川はためらったが、持ち前の好奇心には打ち勝てず、仙台に行ってみることにした。すると、田中伸彦という人は食品会社の社長だったそうだが、沢山参列者があり、みな口を揃えて人格者だというのだった。

葬儀の後、田中啓子が十津川のところにやってきた。よくみると、まだ結構若くて、それなりに美人である。そんな啓子が十津川に、田中伸彦の遺品の手帳を呉れるのだという。驚いたが、十津川はもらうことにした。それだけでなく、形見分けとして、唐三彩もくれるという。よく分からないけど、十津川はそれもありがたくもらうことにした。

そうして十津川が東北新幹線で帰りながら、田中伸彦の遺品の手帳を見と、なにやら人名がいろいろ書いてある。すると、突然眠くなり、ハッと気づくと、田中啓子からもらった手帳が盗まれていた。

それから東京に戻ると、急に殺人事件の知らせがあった。殺されたのは高見という私立探偵で、なんとポケットには、手帳から破った一ページがあり、それはどうも、十津川が田中啓子からもらった手帳のようである。

そこで十津川は、あの手帳には何か犯罪の決定的な証拠が記されているに違いないと確信して、部下の北条や亀井と仙台に聞き込みにいった。すると、田中啓子の一つの目的は、十津川警部を事件の捜査に巻き込み、夫の仇をとってもらうことだということが明確になった。

ところが、田中伸彦と懇意だった市会議員が殺されるという事件が新たに起き、それでも田中啓子は決然と、真犯人に対決する姿勢を鮮明にし、十津川はそこまでやるか、と呆れた。

それからついに真犯人が姿をあらわすのだが、警察の力を借りてまでもあくまでも犯人を追い詰めたいという田中啓子の姿勢はなかなユニークで、十分に捻りが入ったストーリーになると思った。

うん、西村京太郎はなかなか悪くない。また別の作品を読んでみるとする。

砂の女

user-pic
0

私は学生時代、松本清張などの推理小説を主に読んでいたのだが、知り合いがほとんどいなくて孤独でちょっとノイローゼ気味になっていたとき、不思議に安倍公房の小説に親和性を感じて、「第四間氷期」、「水中都市・デンドロカカリヤ」、「R62号の発明・鉛の卵」などを読んだ。これももしかして純文学なのかもしれないが、私は当時もっぱら、SFとしてこれらを読んでいたような気がする。その流れで、当時本屋でみかけた「箱男」も読もうと思ったのだが、どうもいまいち馴染めず、それからなんとなく安倍公房と離れて久しいが、特に安倍公房の興味が途切れたわけではなくて、それは伏流となっていた。そして、当時よりも少しだけ純文学のテイストをまとった私は、一種の気まぐれで「砂の女」を択んだ、もしかして安倍公房の代表作かも、と知らないで。

読み始めると、ある男が軽い気持ちで、砂地に昆虫採集に出かけるのだった。男は学校の教師で、昆虫採集が趣味、というと、東大医学部で安倍公房の後輩の養老孟司もそのはずで、どこかで繋がっているのだろうか。

男が砂地に行く理由は、砂地で昆虫の新種が見つけやすいという経験則があるからである。その日、男が昆虫採集に一区切りがついたので、現地の男に旅館はないかと訊ねた。すると、旅館はないが、民家は手配できるという。

それで安堵していってみると、砂地の中の深い穴の住まいだった。縄梯子で降りてみると、なんと女がいた。年齢不詳だが、よく見ると意外に若く、色気がないでもない。女は砂を運ぶ労役をするとともに、毎日食事をつくってくれる。なんでも、毎日砂が風で押し寄せるのでも一日たりとも砂運びは欠かせないのだという。ただ、夜の方が涼しいので、労役はほとんど夜で、すると必然的に寝るのは昼となる。

そして男がふと女の寝姿をみると、なんと全裸で、あけっぴろげなので驚いた。それは男を誘惑するためかと思ったらそうではなく、砂が降ってくる環境で寝るのは全裸が一番合理的なのだという。とはいえその後は、女は寝るとき最低限は隠すようになった。

男は、一体こんな暮らしがあるのかとうんざりして、そろそろ帰ろうと思ったが、なんと普段は縄梯子が取っ払われており、それがないと蟻地獄のように自力では脱出できないことが分かった。呼べと叫べど、誰も来ないので、仕方がないので女を縛り上げ、人質にして脱出を交換条件にすることにした。しかし全く功を奏さず、むしろ水の供給を絶たれて、死にそうになった。仕方ないので恭順の態度を示し、女も開放して、砂運びの労役に就いた。

すると女も喜んで男に尽くし、次第に本物の夫婦のようになった。しかし、それは男の作戦で、しっかり自力の脱出策を練っていたのである。そして女を欺いた懸命の工夫と努力でなんとか地上に脱出でき、追手も撒くことができたのだが、いかんせん、道に迷ってしまった。そして、底なし沼のようなところに迷い込んで死を覚悟していたら、近くにいた人に助けられ、結局、元の木阿弥で女のところに舞い戻った。女は安堵し、男も不思議に気持ちが落ち着いた。男は砂地でルーチンの日々に馴れ、それでも男はいつか脱出できることに一縷の望みを捨てないのだった。

という、かの国に拉致され現地妻と暮らしているうちに馴染んでいく男の話として読むと妙にリアリティがあるのだが、この小説が書かれたのはあの事件よりかなり前のはずである。それは、事件の予知というよりも、こういうストーリーが、それこそ今昔物語の頃から人間の深層にあった、と思うべきだろう。

目撃

user-pic
0

夏樹静子は、冊数は多くないのだが、Wの悲劇第三の女と読んで、どちらも好印象だったので、「目撃」光文社文庫を古書店で見つけたときは迷わず買って、しばらくして読み始めた。

すると、これは恋愛(不倫?)ミステリーなのだった。すなわち、主人公の桂木麻子の夫は化学メーカーの総務部次長で、工場排水が原因と思われる公害で近隣の住民から責められていることの矢面に立って、交渉し大変ストレスが溜まっている。

そうやって多忙のため夫がほとんど自宅にいないので、麻子は相手にもされず閑にしていたところ、たまたまある機会に幼馴染の各務徹夫に会い、恋愛感情が燃え上がり、暇をみて逢引きするようになった。

ところが、各務は、群馬医大の公衆衛生学の助教授で、なんと麻子の夫の会社から、工場排水の有毒性の鑑定を依頼され、問題なしの結論を出していた。こうしていよいよ、麻子は、各務との不倫が決してばれてはならず、それでいて各務とはいよいよ深みにはまる一方だった。

そうやって二人は薄氷の関係だったのだが、さらなる問題が起きた。麻子が逢引きした旅館から帰る朝、近所の杉並区善福寺の高利貸しの老人が殺されるという事件があり、その犯人かもしれない男と麻子が出会ったかもしれないのだった。だからといって、不倫の問題があるので決して警察に伝えるわけにはいかない。

そして麻子以外にもう一人犯人かもしれない男と出会った者がいた。それは小学生の恭太で、なんと川に落ちそうになっていたところを、犯人かもしれない男に助けられたのだった。

ところが、しばらくして恭太は災難に遭う。それは通学途中で、犯人かもしれない男に殺されそうになり、たまたまパトロールの警官に助けられたということがあり、その後、この事件を追う新聞記者の小暮が、心配になってときどき恭太の様子を見に行くのだった。

その小暮は、恭太の他の一人の目撃者である女性のことが知りたくて、いろいろ手を尽くしたのだが、なかなか突き止められないできた。

一方麻子は、素性を明かさないで警察に事件のことを知らせるため、警察署に匿名の投書をしたのだが、なぜかその後、麻子の自宅に犯人かもしれない男から怪しい電話があり、麻子はもしたして投書が藪蛇だったかと大変後悔した。

それだけではない、モーテルで男が一酸化炭素中毒を装って殺される事件が起き、その被害者はなんと警察が、犯人の疑いが強い男だった。するといよいよ自分が疑われると、麻子の不安は極限状態になった。

ここまででも限界なのに、麻子の自宅には、殺された高利貸しの情婦だった女から電話がかかってきた。なんでも、海外にいきたいので何百万か出してほしいという。要するに体のいい強請りである。もし出し惜しむなら容赦なく警察に通報するという。

困った麻子は各務に相談して自宅に来てもらった。ところが自宅にくるというその元情婦が約束の時間になってもこない。こうして、これでもかと麻子の窮状が亢進していくのだが、麻子に、そして各務に救いはあるのか、不倫は一体どういう結末になるのか、というストーリーなのだが、麻子の不安が読者にも直接広がって、これは第一級の心理ミステリーだと思った。

そうそう、麻子の夫、桂木謙介にも注目である。

古書店で森村誠一の「黒の十字架」中公文庫をみつけて、久々に森村誠一の小説を読もうと、その解説を見てみたら、森村誠一の「小説道場」という本がなかなか面白いのだという。それは今、角川ワンテーママガジンの「小説の書き方」と「作家とは何か」の二分冊になっているらしくて、「小説の書き方」から読んでみることにした。

すると、「アイデアの構成」、「書き始めと結末」、「プロットの立て方」、「文章論」、「文体論」、「実作のサンプル」と、豊富な具体例を以て、生真面目に、ストロング・スタイルで小説の書き方が説明されているので、とても面白かった。

ただ、森村氏が、人間と人生を描くことが小説の第一義としているというのは、世間の多くの人は同意するだろうが、私はSFというか、哲学的というか、あまり人間が中心でない小説もありえるような気がして森村氏はコンサバすぎるのではとちょっと思った。ただ、人間も人生も描かない小説とは何かと自問しても意外に難しい。私は一種のSFとして、抽象的な科学理論の発展がメインの小説みたいなのがありえるのではと考えてみたことがあるが、それでも、それを研究するのが人間の科学者なら、やはり人間の物語に引き戻されてしまうのだろうか。

で、人間と人生を描くことが小説の第一義ということに同意すると、登場人物のキャラの作り方とか、長編と短編の違いとか、書き始めで読者をつかむ方法とか、小説のタイトルのつけ方とか、プロットの立て方とか、本人の作品、他人の作品を駆使しながら、手間をかけてよく書いていると感心した。ジャンルも決してミステリーにとどまらず、純文学、ドキュメンタリーなど広くカバーして、とても教育的に仕上がっている。それだけでなく、森村氏の小説に対する熱い思いが伝わってくる。何しろ、森村氏はミステリーから歴史小説、ドキュメンタリーに版図を広げ、今でも現役の作家である。一線を引いた作家が余興で小説論を書いているのとは違う。

あと、当たり前かもしれないが、改めてそうなんだと感心したのは、小説の虚構性である。すなわち、現実の事件を題材にしていても、そこに作者なりの虚構というか修飾を入れないと小説にならないという。その文脈で、事実は小説より奇なりということはないと森村氏はいうが、それは私は同意しない。なぜなら人間の想像を超えた事件というのは掃いて捨てるほどあると思う。

ただ、森村氏の小説に対する真摯な思いと、そのための方法論は痛いほどわかった。それで、私が本当に小説を書きたいならこの本は大変有用だと思うが、それでも私は小説を書くつもりはないし、多分書けない。

その理由は明らかで、私は一応文章に読みやすさはいれるべきと思っているが、それはあくまでも内容を相手に伝えるためであり、文章の芸術性に配慮するという発想がどうしても出てこないのである。別の言い方をすると私は詩心が全くなくて、乾いて散文的すぎる。そのあたりの自分の欠点をこの本を読んでいて改めて意識するのはあまり楽しいことではないが、まあ現実にそうだから仕方ない。だから小説だけでなく数学や科学も読書の版図に入れて、なんとか興味を刺激しているのかもしれない。

私は、ミステリーファンなので、当然に内田康夫という作家の名前は知っているが、今までなんとなく、食わず嫌いというか、その作家の作品を読むのは避けてきた。

ところが、あるとき、テレビドラマでミステリー番組を観ていたとき、浅見光彦という探偵が登場して。なかなか格好いいと思っていたら、その作家が内田康夫だった。それで、とりあえず内田康夫の作品を何か一つ読もうと思って、古書店に行ったところ、「しまなみ幻想」文春文庫というのが見つかり、これを買うことにした。

なぜなら、しまなみ海道というのは、私の出身地の尾道市から四国の今治を結ぶ大橋であり、私がなにかと土地鑑があるので、入り込みやすいかと思った次第である。

そのしまなみ海道であるが、1999年に開通したとき、尾道の市民は、これで全国から観光客が押し寄せ、尾道が賑わうかと期待したが、案に相違して、むしろ観光客は尾道を単なる通過点としてよそに行ってしまうので、期待外れだった。

ただ、愛媛県の側の港のそばの商店街はもっと大きい打撃を受けたようである。「しまなみ幻想」の村上咲枝の母親、美和の実家が特にそうだった。村上咲枝の母親は、今治の老舗の和菓子屋の娘で、その和菓子屋は古くから続く名門で、その和菓子も評判だった。

その娘、美和は近所でも有名な美人で、今治で財閥の村上造船の息子、康彦の目にとまり、晴れて結婚となった。そして娘、美和が生まれて幸せ一杯だったのだが、しまなみ海道の開通が運命を変えた。すなわち、しまなみ海道により、主だったフェリー便が廃止になり、フェリー便でやってくる観光客で賑わっていた、美和の実家の和菓子屋はお客さんが激減し、次第に資金繰りもままならなくなった。

それで、資金繰りに窮して実家の和菓子屋の店主である美和の兄は、財閥に嫁いでいる美和になんとかならないかと相談したものの、美和としてもそのようなことを安易に嫁ぎ先に相談できるものでもなく、嫁ぎ先と実家の板挟みになり、ついに美和はノイローゼになり、しまなみ海道から海に身投げして自殺した、という次第なのだった。

それは村上家、特に咲枝にとって大変ショックなことだったが、昔から習っていて。それなりに才能があるピアノの稽古に打ち込むことで母との死別の悲しさを紛らわそうとした。それはなんと東京の島崎香代子という、母とも知り合いのところにわざわざ通うものだったが、村上家はなんとか娘が元気になるならと無理を許した。

咲枝は、気のおけない島崎先生に、母の自殺のことも話した。ところが、島崎香代子は、名探偵の浅見光彦とも知り合いで、つい浅見に、村上咲枝の自殺とその経緯を話した。すると、浅見は独特の勘から、これは自殺ではない、すなわち他殺の可能性があると考えたりした。そこで浅見は愛媛毎朝新聞の東京支局を訪れ、当時の新聞記事を閲覧させてくれるよう依頼した。すると、そこの次長の濱田氏がなんと浅見の名前を知っており、一遍知り合いになった。

それからしばらくしてである。濱田氏が驚くべきニュースを浅見に知らせた。それは、新居浜市での一見単なる車の事故死のニュースであるが、なんと亡くなった平林という女性は、村上美和が自殺する前にしまなみ海道の歩行路から海を見ていたというシーンの目撃者だという。これは事件だと浅見の血が騒ぎ、ついに今治市に出向き、地元の警察や、村上家、特に咲枝の協力で、事件解決に邁進するというストーリーなのだった。

それにしても私が不明の恥じたのは、なんとしまなみ海道の経路にある大三島というのは、ほぼ地元なのに、大山祇神社があり、武具や甲冑などの、日本でも有数の古代の宝物が存在する島でもある、ということさえ知らなかったことである。すると、私の出身の島など、格が違い過ぎて、比較するのも畏れ多い。

そういえば、そういう宝物も、この小説の重要なキーワードになっているのだった。流石内田康夫、なかなか手慣れている。そのうち他の小説も読んでみることにする。

おっと、忘れるところだった、この本のあとがきによると、内田康夫氏は、しまなみ海道が開通したとき、当時の愛媛県知事、加戸守行氏から、何か町興しのための小説を書いてほしいと依頼され、できあがったのがこの作品、ということである。そうやって依頼されるというのも大したものである。あと、かなり前、当時文部省の官僚であった加戸氏が書かれた著作権法の本を読んだことがあるが、卑近な実例もふまえ、あまり法律が得意でない私にも分かりやすい本で、感銘した記憶がある。きっと加戸氏は、文学趣味も豊かなのだろう。

月別 アーカイブ

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち小説カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは将棋です。

次のカテゴリは心理学です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。