小説の最近のブログ記事

池波正太郎の「錯乱」と題する春陽文庫は、短編集であって、「錯乱」の他にも「碁盤の首」、「刺客」、「秘図」、「賊将」と題する4つの短編が含まれているので、それぞれ簡単に纏めてみる。

まず、「碁盤の首」は、武功を誇る馬場主水が、通りがかりに、村娘を辱しめて、主君の眞田信之の命で、牢屋に蟄居させられたところから始まる。

戦国時代なら、村の女を手ごめにしたり、掠奪しても、武功があれば少々のことは許されたが、今や時代は、徳川幕府の下で統制されている時代、農民をないがしろにするようでは、幕府からの信頼感を喪うと、信之は、このようにきっちり、罰を与えた。

しかし、意識改革ができていない主水は、たかがこの程度と、不満でならない。それで、仮病を装って、油断させた隙に、逃亡した。それだけでも罪は重いのに、なんと主水は、幕府に訴え出て、主君を讒訴した。これはよい機会と、普段から信之をよく思わぬ幕府は、調べたが、とうとう証拠がみつからず、ついに不問となった。

これに怒り心頭の信之は、主水に刺客を差し向けたが、主水の行方は杳として知れず、信之は考えて、主水の一番の親友で、碁友の小川治郎左衛門に相談をもちかけた、というストーリーである。

「刺客」は、松代藩の藩主が、眞田信安の時代的の話。原八郎五郎は、藩主に気に入られ、相当な権限を与えられた。原八郎五郎は、遊び好きで、藩の金で女を囲ったり、やりたい放題で、藩主もそれに加担するものだから、ズブズブの関係で、どんどんエスカレートしていった。

そんな様子をみて、政敵たちが、手を拱いてみているはずはなく、幾度も刺客が差し向けられたが、八郎五郎の護衛陣が、返り討ちにしてきた。

さて、八郎五郎の護衛陣のリーダーに、児玉虎之助という者がいた。その虎之助には以乃という恋人がいて、互いに結婚を誓っていたのだが、あいにく、以乃の兄の小林郡助という者が猛反対して、結婚は許されなかった。

ところがなんと、小林郡助が八郎五郎に斬りかかって、虎之助の部下に討ち取られてしまった。これによって以乃は罪人の妹ということになり、蟄居させられ、それで世をはかなんで自殺してしまった。以乃は、虎之助あての遺書をしたためていたのだが、それは虎之助に渡されることはなかった。

そんな虎之助に八郎五郎から命令が下った。なんでも、八郎五郎の問題の所業をしたためたものかもしれない密書を携えた江戸への密使を斬れ、というものであった。そうして、腹心の部下とともに密使を待ち伏せして斬った虎之助が密書に見つけたものはなんと、以乃の遺書だった。これをきっかけに、虎之助は八郎五郎の所業を江戸に包みかくさず伝える決心をし、原八郎五郎は藩主信安の命で厳罰を受けた。その後は、内紛で藩が幕府から取り潰しをうけそうになったが、恩田木工らの努力で、なんとか無事をえた。虎之助も、恩田木工の温情で、なんとか厳罰を免れた。

次の「秘図」は、江戸内外の火災予防、盗賊逮捕、博徒取締りの火付け盗賊改めの元締め、徳山五兵衛の話。五兵衛は今でこそ、その厳しい捕り物で恐れられているが、若い頃はとりわけ女好きで、美丈夫で精力絶倫、艶聞が絶えなかった。その程度が過ぎて親に勘当された五兵衛は、若い頃は権十郎と言われたのだが、自棄になって京で、お梶という茶屋の美女といい仲になった。しかもその娘のお百合からも慕われた。

しかし、父親が次第に弱ってきて、使いの者が権十郎を連れ戻しにきた。勘当を解いて、後を継がせるのだという。それでお梶とも泣く泣く別れることになったのだが、そこでお梶から渡されたものに驚いた。あまりにも美しい秘図、すなわち春画だった。

父の許に戻ってきて、由緒ある家の娘と結婚させられた権十郎、改め五兵衛は、結婚して、いたく落胆した。妻はあまりにも性的に淡白だったのである。それで欲求不満の五兵衛は、身分からして濫りに歓楽街を遊び歩くわけにはいかず、ふとした思ついきから、皆の者が寝静まってから、お梶からもらった秘図を見て、見様見真似で自分も描いてみた。すると、それはいかにも密かに楽しい。それで夢中になって描いているうちに、癖になって止められなくなったという話である。

「賊将」は、若い頃人斬り半次郎と新選組などに怖れられ、それから西郷隆盛の下で武功をあげ、若くして陸軍少将まで昇進した桐野利秋の話。幼い頃、父が遠島になり、極貧の生活を強いられたが、持ち前の負けん気で剣の腕を磨き、示現流で並ぶものなき腕となった。強いだけでなく、美男子で女には優しかったので、たいそうもてた。

明治維新の後、陸軍少将に就いてからは、いつまでも粗野にしているわけにはいかず、着飾ったり、香水をつけたりして、ハイカラに振舞った。しかし、西郷隆盛が、征韓論の件で職を辞して薩摩に戻ると、桐野も後を追い、そして例の西南戦争へと繋がるのだった。以上のとおり、最初は松代藩の話かと思ったら、最後は、もしかして、後の鬼平犯科帳の原点となると思われる「秘図」や桐野利秋の話の「賊将」もあり、どれも読ませる筆致で楽しめた次第である。

例によって新聞の書籍広告を眺めていたら、根本聡一郎の「ウイザードグラス」というのが目についた。双葉文庫である。

全く聞いたことのない作家で、どんなストーリーなのか想像もできないタイトルであるが、なぜかこれを読んでみようと、即注文して、届いたら、少しして読み始めた。

著者の根本聡一郎は、1990年生まれで、東北大学文学部出身。随分と若い、私からみてであるが。

主人公は、高峰陽輝、大学生である。陽輝は、旧姓が天瀬だった。もともと、父、母、兄の四人家族だったが、父のアメリカ転勤をきっかけに、離婚し、陽輝は母の方について高峰姓に戻り、兄の那月は父についてアメリカに移住した。

大学生になった陽輝は、独り暮らしになり、家族はバラバラになったが、陽輝は、子供のときから今まで、一貫して兄と仲良しだった。それでときどき連絡を取り合っていたのだが、ここ七ヶ月、連絡が取れなくなっていた。

兄は、グーグル社をもじった、Globe社に勤務していた。そんな兄から陽輝に、ある日、荷物が届いた。開けてみると、入っていたのは、眼鏡とスマホの組み合わせ。説明書によると、ウイザードグラスとある。すなわち、このウイザードグラスをかけると、一定の距離にある、スマホやパソコンの検索履歴が見えてしまう。

そこで、陽輝は、ウイザードグラスを大学の構内や電車の中で試してみた。すると、真面目そうな女の子の検索履歴が、意外な際どいキーワードで検索していたり、プライバシーがまるわかりで、陽輝は驚いた。

ところが、ウイザードグラスには、もう一つの機能があった。それは、Yellow brick modeといい、管理者が決めたターゲットの人物に、ナビゲーションする。問題は、陽輝には、どんな人物にナビゲーションされるのか、全く分からないことである。

陽輝にとって怪訝だったのは、そうやってターゲットにされた複数の人物が、罠のような冤罪に落とし込まれて、SNSやマスコミから叩かれて、社会的に抹殺されてしまったことである。

そこに不自然さを見てとった陽輝は、検索して、管理者の意図を察知した。しかし、そのときから、陽輝に危険が迫った。そして、もう駄目かと思ったとき、陽輝に、意外な救世主が現れた。果たして、陽輝の兄との関係は?というストーリーなのだった。

それにしても、最初は、「スマホを落としただけなのに」と同様の最新モバイル機器がらみのテーマだが、どうなるんだろう、と思っていたら、バイオレンス路線にはいかず、ちょっと拍子抜けした。しかし、後半になって、国際謀略がらみなり、俄然盛り上がったのだった。

錯乱

user-pic
0

池波正太郎は、たまたま「まんぞく まんぞく」を読んで面白かったと、池波正太郎をかなり読み込んでいる知り合いに話したら、それなら、と薦めてくれたのが、「錯乱」という短編である。アマゾンでみたら、春陽文庫で出ていた。それで、注文して見てみると、なんと、これ単独で直木賞を受賞している。すごい。それで、期待して読み始めた。

「錯乱」の主人公は、信州松代十万石の藩士、堀平五郎。武骨だが、円満な性格で、藩祖眞田信之をはじめ、多くの人からの信望が厚かった。また、棋道を奨励する藩の方針で、将棋をよくたしなみ、駒作りが趣味だった。

ところが、藩に一大事が起きた。信之の息子で現藩主の信政が卒倒し、病に伏したのである。

先が長くないと観念した信政は、まだ幼い息子、右衛門佐に家督を譲ることの遺言を口述した。そこには、暴君の甥、信利への懸念があった。そして、倒れて三日後に信政が亡くなると、藩内は騒然となったが、平五郎の目は異様な光を放った。平五郎は、幕府の、警察用語でいうところのエス、すなわち潜入スパイで、それも親子二代の筋金入りである。当時の言い方では、隠密である。もちろん平五郎は、そのことを妻にも一切明かしていない。

さて、家督の件で、案の定、信利は強烈な横槍を入れてきた。なにしろ、信利は、幕府にあって、実質的に権力を掌握している老中、酒井忠清の親戚なのである。なんとか松代藩を掌握したい酒井は、信之に、強く信利を推してきた。

こうなると、平五郎は忙しい。幕府の密使から、次々に、指示が下ってきた。具体的には、何か信之の弱みを握れ、ということである。

すると、平五郎はたまたま、信之の側の決定的な問題に関する情報を入手し、さあ酒井忠清にこれを伝えなくてはと思っているとき、信之から呼び出された。

ここからが佳境なので、ここで止めておくが、幕府の眞田家に対する根深い不信、黙々と隠密を続ける平五郎の苦悩、絶対権力である徳川幕府を向こうに回して、一歩も怯まない眞田信之の剛胆さと智略が、とても興味深かった次第である。

それにしても、平五郎は、誠実に隠密を勤めあげたと思うが、隠密にしては直球すぎたような気もする。私なんぞと比べては申し訳ないが、全く向かないのに、歯を食いしばって、ときに密かに涙しながら管理職をやっていた私自身が平五郎にかぶるのだった。

あと、これはあまりにも出来すぎた話のようであるが、知り合いに聞くと、これは史実に基づくものらしい。そういえば、同じくらいぶっ飛んだ話である「最低の軍師」も史実に基づくらしくて、すると、日本史には随所に、ありえないけど、ありえる話が埋まっているのだろう。

真犯人

user-pic
0

最近ほとんどリアルな書店を訪れない私が本を探すパターンは、新聞などの書籍広告、アマゾンからの本の紹介メール、本の折り込み広告パンフレット、本の末尾の書籍広告などであるが、アマゾンを適当に散策していて、評価コメントなどから面白そうと判断して買うパターンもそんなに稀ではない。

そうやって、アマゾン散策で見つけた本に、翔田寛の「真犯人」小学館文庫がある。コメントの数が多いことと、評価が高いことから、あまり迷わず注文して、届いたら読み始めた。

その翔田寛であるが、聞いたことがある作者だが、いつ読んだっけ?と考えたが、思い出せない。そこで自分のブログをグーグル検索してみたら、左遷捜査の作者だった。確かに「左遷捜査」はつまらなくなかったが、私的にはいまいち印象深くはなかった。しかし、誘拐児をなんと五年前に読んでいるのだった。すると、私にとって翔田寛は、あまり相性のよい作家ではないのかもしれない、「真犯人」は大丈夫か、とやや不安を感じつつ、読み始めた。

すると、2017年というかなり最近の時代設定で、裾野署の管轄の東名高速のそばで年配の男が倒れているというシーンから始まる。駆け付けた裾野署員の調べで、東京都世田谷区で中古車販売店を営んでいる須藤勲という男で、最近経営不振でいろいろなところから借金していたらしいので、強引な取り立ての関係かとも思われたが、それらしい証拠は挙がってこなかった。

裾野署の日下と柳という刑事が聞き込みしている間に、須藤勲に関して興味深い情報を聞いた。それは、須藤の息子が、誘拐されて殺されたという事件が起きたというのである。

そこで、日下と柳は捜査記録を読んでみると、なんと43年前に起きた事件で、被害者は尾畑守で当時5歳。なぜ姓が違うかというと、須藤はその事件の少し前に離婚していたからである。

日下と柳は当然に須藤の元妻、尾畑小枝子にもコンタクトした。そして、誘拐事件に言及すると当然に小枝子は嫌がった。小枝子には守以外に理恵という娘がいた。事件から43年が経過し、理恵は、立派な看護師になっていた。

結局、小枝子や理恵からはあまり手がかりが得られないので、日下と柳は、署内で改めて、もしかして、この事件にも関係があるかもしれない守君誘拐事件について、さらに事情を聞いてみると、なんと、守君誘拐事件の時効の一年くらい前に急に、特別捜査班が編成され、改めて徹底的に捜査が行われたのだという。結局その事件が解決していないところをみると、捗々しい成果はなかったのだろう。ともかく、その関係者がまだいますか、と署内で聞いてみると、その特別捜査班を管理官として指揮した、重藤という警視の人がいて、とっくに退職しているが、まだ存命だという。

そこで、是非ともと、日下と柳は、住所を聞き、重藤を訪ねてみた。すると、重藤は特別捜査班のことはあまりにも苦い記憶のようで思い出したくないのか、異様に口が重い。それでも、日下と柳がしつこく食い下がると、次第にポツリ、ポツリと、重藤は話し始めた。

すなわち、特別捜査班は、当時の県警本部長が受け狙いと自分の知名度向上のため、旗振りでぶちあげたもので、誰一人歓迎する警察官はいなかった。それを重藤に白羽の矢がたち、仕方なく重藤は、六人の特別捜査班のメンバーを選んだ。四人が一本釣りで、二人が継続捜査班の人員だった。

周囲の冷たい視線で最初は気合が入らなかった面々だったが、そこは警察官魂、互いに忌憚のない意見をぶつけて、過去の捜査の抜けを見出そうとした。

捜査を続けるうちに、須藤勲のこと、あまりにも頑な小枝子とその父、ネクロフィリアで少年に悪戯をする癖のある怪しい青年など、特別捜査班は関係者に直当たりで、核心に近いものを掴んでいったが、将棋でいえば詰みそうで詰まない、あと一歩というところで特別捜査班はある事情で解散に追い込まれ、重藤の痛恨になったのだった。

しかし、特別捜査班の活動は無駄ではなかった。なぜなら、その膨大な捜査記録と、元特別捜査班の協力により、裾野署のメンバーは、須藤勲殺人事件だけでなく、刑法的にはとっくに時効が過ぎている守君誘拐事件も、解決に至ったからである。あまりにも哀しい結末だったが。

という粗筋であるが、この小説は、「左遷捜査」や「誘拐児」よりも圧倒的な印象を私に残し、私は翔田寛の技量にひれ伏すのだった。

じんましんにも書いたように、今年に入って、仕事が多くて、疲れぎみで、どうも気分が優れない。それで、とりあえず軽いミステリー小説を探して、アマゾンを散策していたら、山邑圭の「刑事に向かない女」角川文庫というのを見つけて、これなんかいいんじゃない?とこれを読むことにした。

「刑事に向かない女」の主人公は、椎名真帆。父の姉である、伯母と住んでいる。伯母の夫もいたのだが、数年前に病気で亡くなった。

伯母は洋装店を営む傍らで、占いに凝っているが、それはあくまでも趣味である。

真帆が、両親でなく伯母に母親代りに育てられてきたのは複雑な経緯があるようなのであるが、真帆にはそのあたりのことが記憶にない。

そんな真帆は、スポーツに打ち込んだ普通の大学生活を送ったが、就職に際しては、楽して働けて残業もあまりない事務職を希望した。しかし、なかなか一般企業には入れず、ではと、警察の事務職の試験を受けたはずが、警察官の試験で、スポーツをやっていたせいか身体能力が高くて、受かってしまった、という次第である。

最初に配属された町田南署では交通課で、ビシビシ違反を取り締まっていたら、成績上位になり、推薦で荻窪東署に転勤になり、そこで刑事課強行犯係に配属されて、晴れて刑事になった。

しかし、刑事といっても、なかなか刑事としての自覚がなく、素人感覚なので、周囲を困らせ、あるいは呆れさせていた。

そんな荻窪東署の管内で殺人事件が起きた。新米刑事の真帆も、捜査に駆り出される。しかし、相棒のベテラン刑事は、まともに真帆を相手にしない。

さて、被害者は、山下尚美という三十代後半のOLだと分かった。それにしても、怪訝なのは、被害者が殺されていた場所が、荒れ果てた無人の家だということである。

そうやって、真帆なりに地道に捜査に参加していたのだが、よく分からない理由で、真帆は捜査から外されてしまった。真帆は腐って、警察を辞めたくなったが、懸命に気を取り直して、密かに単独捜査していると、真帆の素人発想が功を奏し、ある捜査上の鉱脈を探し当てた。ここから、同僚刑事の協力で、山下尚美の過去の捜査記録を読み進むにつれて、真帆は、自分の悲惨な過去に連なる事件を知ってしまい、茫然自失となってしまう。

しかし、刑事らしくないはずの真帆が、それでも気力を振り絞って事件に立ち向かうと、事件は、新たな展開を見せる、というストーリーなのだった。

それにしても、安易に周囲に馴染まず、違和感を大事にするという真帆のキャラは、なかなかである。普段は真帆に対抗意識をもち、冷たく接していた同僚も、最初は嫌々ながら、そして次第に自発的に真帆に協力するのだった。これも人徳か?

あと、真帆が住んでいるのは狛江で、私が東京に初めてでてきて住んだ場所が狛江なので、なにかといろいろ思い出してしまった。それから真帆の捜査は吉祥寺、調布へと及ぶのであるが、吉祥寺はほとんど私の仕事場のフランチャイズのようなものだし、調布といえば、オイラの元カノが住んでいたよね、とここまで書いてきて、別の自分から待ったがかかった。すなわち、元カノだって?それマジ? 冗談ならもっと気の利いた冗談言えよ、というので、冗談に決まっているだろ、と収めたのだった。

ということで、これの続編が出たらまた読みたいと思った次第である。

user-pic
0

高槁克彦は、かなり前に「写楽殺人事件」というのが、江戸川乱歩賞ということで、一応読んだのだが、いまいちピンとこなかった。それで、たまたま高槁克彦の「鬼」講談社文庫を見かけたときは、オカルト趣味に基づき、とりあえず買っておいたが、そのときは、この本を読む日が来るとはあまり想定しなかった。

なので、最近本を整理していて、たまたまこの本を見つけたときに、これを読もうと思ったのは、この本を買った当時はあり得なかったのであるが、おそらく最近の日本史のテイストが、この本を読むようにドライブしたのだろう。なぜなら、鬼というか、陰陽道は、日本史の背景の通奏低音だからである。

さて、「鬼」は、「髑髏鬼」、「絞鬼」、「夜光鬼」、「魅鬼」、「視鬼」の五篇からなる。

「髑髏鬼」に登場するのは、陰陽寮の実質的な責任者のような滋丘川人と、その部下の弓削是雄。

文徳天皇が崩御し、その御陵の選定を大納言安倍保仁が命じられた。そこで、滋丘川人が風水の知識を活かして、好適な土地を探した。川人は、一旦は理想の土地を見つけたと思ったのだが、実はそこは、古の地神が巣食う場所、果たして地神達が襲ってきた。川人は、首尾よく地神を退治して、その技量を改めて評価された。

それで、川人は、帝の御霊会の開催を任された。その後、川人は、陰陽寮の部下、弓削是雄を伴って、東国に赴いた。弓削の役割は、依り代、すなわち死者をこの世に招じて、宿らせること。是雄がその役割に選らばれたのは、道鏡の血筋ゆえ。

そして道すがら、二人は髑髏鬼に出会った。川人は、髑髏鬼と対話して、この鬼の力をうまく利用しようと画策した。

「絞鬼」では、陸奥で娘が鬼に襲われて喰われたり、嵐でもないのに神社の神木が倒れたり、など変事が頻発するので、陰陽寮の弓削是雄が陸奥に派遣された。「髑髏鬼」のときから時を経て、是雄は当代の有名陰陽師であった。

そのとき、陸奥では蝦夷の反乱が起きて、鎮守府将軍、小野春風は頭を悩ませていた。もともと春風は、神仏など信じないたちであったが、一応、是雄を鄭重に遇した。

さて、是雄は、春風の協力を得て、歩き回るうちに、毘沙門のあたりに、夥しい怨霊を感じた。果たして、女子供を食らうという絞鬼か。それを見極めるため、是雄は毘沙門に単身、泊まり込んで、真相を解明しようとしたら、放火され、これをなんとか凌いでいるうちに、ことの真相が見えてきた。

「夜光鬼」は、醍醐帝が四十六歳で崩御し、まだ九歳の朱雀帝が践祚したときのことである。さらに宇多天皇が崩御したときは、菅原道真に対する藤原時平の仕打ちへの怨霊であると、内裏は怯え、陰陽寮の賀茂忠行が招聘された。

そこで、忠行が様子を探るために歩いていると、異様な臭いと陰気を強く感じる場所に行き当たった。そこには夥しい死体と、片方だけの履き物の山。果たして、噂に聞く、新羅の鬼、夜光鬼か、と忠行は思ったが、調べていくと、どうも様子が違う。そして、それはある者の企みだと思い至った。

「魅鬼」は、内裏にとって最大の懸案の平将門がようやく討伐されて、京が安堵したときの話。なんと、将門の首が京に運ばれて、晒されることになった。

そのことを、陰陽寮の賀茂忠行は懸念していたのだが、より具体的に、忠行の息子の保憲は、将門の首を、このように粗略に扱うと、凶事が起きると心配した。保憲は、若輩ながら、生まれつき、視鬼、すなわち怨霊を視る能力がある。

さらに、明らかに人ではない、六人の影武者が跳梁しているという噂がある。しかし、怨霊の封じ込めは、熊野の修験僧であった浄蔵の担当で、陰陽寮には任せてもらえない。

それで仕方なく手を拱いていたのだが、忠行の若い弟子、安倍晴明も、このまま放置することはまずいと、忠行に主張したので、晴明の能力を高く買う忠行は、保憲、晴明とともに、将門の首について、調べてみることにした。

すると、忠行は、将門は魅鬼になったかも、と判断した。すると、怨霊ではないので、浄蔵の祈祷が通じない。そこで、独自に忠行は、将門の魅鬼に対処した。

「視鬼」は、「魅鬼」のときから、年月が経ち、安倍晴明が老齢に達した頃の話。一条天皇が践祚した頃、不吉な帚星が二つも空に現れ、世間は不安に包まれた。すると、案の定というか、娘たちが拐われ、体をバラバラにされるという事件が起きたという噂が流布した。それだけではない、大洪水が起きて田畑が全滅したり、夜盗が徘徊した。

それで、安倍晴明は、あの帚星は、命をもっている、と嘆息した。そのとき、晴明に随行していたのは、藤原道長。その言葉を聞いて、不安におののいた。

そこで、晴明は、公式に内裏で、晴明が祈祷することを提案したが、道長は、なかなかそれを受け入れる勇気がなかった。

それからしばらくして、晴明は、藤原保昌という者と会って、その弟の保輔の話を聞いた。なんでも、保輔は、ある事件を起こし、その責任をとって、自殺したのだという。ところが、跋扈している夜盗が実は、保輔に似ているのだという。

晴明は、陰陽師として、というよりも探偵のように、その謎を解いてみせる。

以上、読み終えて、多少の違和感は残るが、実に面白くて、勉強になった。高槁克彦の鬼シリーズの続編も是非読んでみるとする。

それにしても、陰陽師といえども、占いや祈祷だけでなく、政治的か駆け引きや、探偵的推理も行う、極めて人間的な存在なのであった。

魔性の群像

user-pic
0

久しぶりというわけでもないが、手許にあった森村誠一の小説を読もうと手に取った。「魔性の群像」徳間文庫で、全体でも300ページしかないのに、これにはなんと10もの短編が詰め込まれている。ふと、数学の名著の堀田良之「加群十話」朝倉書店を思い出した。

しかし、「魔性の群像」は、数学でなく、現代の世相を、以下の十の観点から描くものである。すなわち、「隣魔」、「食魔」、「ノロ魔」、「電話魔」、「猫魔」、「社魔」、「痴魔」、「煙魔」、「車魔」、「音魔」。

「隣魔」は、ある一家がマンションから一戸建てに引っ越してきて、喜んでいたら、一戸建て特有の近所づきあいで、なにかとややこしいことを言ってくる人がいたので、その家の主婦が、反撃にと、近所の人が捨てたごみを探って、プライバシーを暴いた。それを伝えたら近所の人は、余計なことをいわなくなったのだが、プライバシーを暴く面白さに嵌って墓穴を掘る、という話。

「食魔」は、ある事情から親戚に預けられた子供が、ろくに食べ物も与えられず、飼い猫と同じ餌を食べて育ったことから始まる。結局、親戚を恨んだが、猫とは仲良しになり、それから、あるホテルに就職できたものの、やはり底辺で、虐められていた。ところがたまたま、ある富豪の令嬢に見初められて、逆玉になったが、唯一痛恨だったのは、長年の友達の飼い猫を見限らざるをえなかった。それから何年かして、猫の呪いのようなことが起きた。

「ノロ魔」は、男がある女性と結婚して最初は楽しかったのだが、慣れてくると、女性が万事スローすぎるのが苦痛で、離婚してしまった。しかし、次第に別れた元妻のよさがわかってきた。

「電話魔」は、電話が好きでたまらない男性が、伝言ダイヤルで知り合った声美人に憧れた話。結局見合い相手にも、声美人の幻想をみてしまうという有様で、結婚してもなにかと落ち着かなかった。ところが、ある殺人事件にからんで、声美人と妻が交錯した。

「猫魔」は、豪邸の猫の警護を依頼されたセキュリティ会社の担当者が、不承不承猫を警護していたら、見失って、セキュリティ会社をクビになった、という話。それを腹いせに、猫を誘拐して、身代金を要求することにしたのだが。それにしても、この本では何かと猫が出てくるので、森村氏はよほど猫が好きらしい。

「社魔」は、ある会社に、有名私大で、そのミス大学にもなった美女兼才媛を採用した会社内で、その女性を秘書にしようと取り合いになったのだが、実力者の専務が結局射止めたという話。しかし、その女性は、きれいな花におそろしい毒があった。

「痴魔」は、女性の下着フェチの男の話。それはどうみても褒められた趣味ではないのだが、下着を漁るうちに、ある犯罪の証拠を突き止めてしまった。犯人も物フェチだった。「煙魔」は、極端に煙草が嫌いな男の話。その男は、妻の浮気の証拠をみつけて、ある犯罪を実行したが、極端に煙草が嫌いな性質により、追い詰められた、という話。

「車魔」は、車が大嫌いな男の息子が車を買いたいという。渋々応じたが、息子が事故を起こし、そのことで近所から報復されて大変な目に遭うのだった。

「音魔」は、互いに騒音でいがみあう人たちの話。一人は飼っている犬の鳴き声。一人は風鈴。一人はピアノ。それが単なるいがみ合いだけでなく、ついに犬が毒殺され、風鈴は盗まれ、ピアノの家には投石された。当然に犯人は三人の互いだと思っていたら・・・。

以上のようなストーリーで、ベタといえばベタなストーリーなのだが、流石森村誠一、適度に捻りが入っていて、短編も読ませる。これは、「加群十話」というよりも、今風の今昔物語なのかも、と思った次第。

何かの書籍広告で、「盤上に死を描く」宝島社文庫というのを見つけて、即注文した。将棋とミステリー小説の両方のファンとあっては、買う一手である。そして、届くと、比較的短いレイテンシで読み始めた。

作者は井上ねこ、という人で、もちろんペンネームだろうけど、1952年生まれで、すると私より2歳年上で、かなりな年輩だが、定年後ネット古書店を経営しているという。そして、「このミス大賞」に応募して、最年長受賞した、というのだから、なかなかすごい。

でも、私からみて、もっとすごいと思うのは、井上ねこさんが、がちの詰キストであることで、詰将棋パラダイスに応募して、半期賞を受賞したことがある、というので、真に尊敬する。そういうスキルと経験が、この小説にも活かされている。

さて、この小説の舞台な名古屋市で、主人公は、愛知県警の女性刑事、水科優毅。名前からして、あまり女性ぽくないが、実際、あまり女らしい趣味ではない。なぜなら、詰将棋が趣味で、学生時代は、詰将棋パラダイスの回答者だった。なお、詰将棋パラダイスは、この本では、詰将棋ユートピアと一応、変名されている。

さて、そんな水科は、不可解な連続殺人事件を担当していた。それは、次々に老女が絞殺されていく、というもので、部屋は荒らされていないし、金目の物も一切取られていない。被害者に、何か関連がありそうではない。

しかし、もっと不可解なのは、被害者が将棋の駒を握らされていたことである。それで水科は、何かの手掛かりが得られないかと、詰将棋を通じて旧知の、詰将棋ユートピアの主幹の、鶴本氏に相談してみた。すると、天才詰将棋作家とマニアの間で喧伝された、矢場秀一という青年がいたという。

すると、矢場が関与しているのかと思ったら、なんと世をはかなんで、若くして自殺してしまったのだという。なんでも、看寿賞間違いなしみたいな秀作を作ったのだが、ある詰将棋マニアが検討したところ、絶妙の余詰があって、賞は見送られた。その後、矢場は、詰将棋が作れなくなり、悩んで自殺したのだという。

しかし、ともかく、矢場の知り合いを当たることで、犯人らしき人物が浮かび上がってきた。そして、水科や、他の将棋好きな刑事たちの推理で、犯人が目指す詰将棋の構図がみえてきて、結局、事件は解決されたのだが、水科は、実は黒幕がいることに気づく、というストーリーなのだった。

で、読み終えて、私は実に面白いと思ったのだが、そこに私の将棋ファンとしてのポジティブなバイアスがあることは明らかであり、そうでないミステリー愛好家が読んでも面白いのだろうか、と疑問に思った。

すると、アマゾンのコメントは、まあまあで安心したが、将棋を知っていたらもっと楽しめたのに、というのがあって、ちょっと苦笑した。まあ、そうだよね。

幻夏

user-pic
0

アマゾンで適当に本を眺めていると、特にミステリー小説で、すごい数の評価が集まっている作品につい注目してしまう。そのうちの一つに、太田愛の作品がある。なんかアイドルみたいな名前で、最初に見かけたのは「犯罪者」という作品だが、文庫本で上下二巻で、ちょっと重そうなので、一旦はパスした。

それからしばらくして、アマゾンで太田愛の「幻夏」角川文庫を見かけて、これなら一冊で完結なのでいいか、と買って読んでみることにした。知らない作家の作品というのは、ジャンルに拘わらず、結構読み始めるときのバリアが大きい。読み通せるかと自問したら、まあ、と別の自分が応えた。いままで何百冊ミステリー小説を読んだか、数えたことはないが、読み通せなくて投げだしたのは一冊もないはずである。

この小説の主人公は、母親の水沢香苗と、二人兄弟の尚、拓の三人家族である。香苗の夫は柴谷哲雄という名前で、それなりに三人で暮らしていたのだが、哲雄が女子大生を撲殺するという事件があって、逮捕され有罪の判決をうけて刑務所暮らしを送るようになったとき離婚し、人殺しの家族と詰られるのに堪え切れなくて、一家三人で横浜に移り住み、香苗は生活のため、高級クラブでホステスを務めた。香苗は会った人が皆びっくりするような美人で、クラブでも評判だった。

ところが、やはり人殺しの家族との噂が立って、都会にはいられなくなり、都下の西稲城市に引っ越した。実際は西稲城市というのはないので、西東京市などと同様に小説用の仮想都市なのだろう。ともかく西稲城市は比較的郊外なので、流石の人殺しの家族の評判は追いかけてこなかった。そこで香苗は駅前のスナックに勤めた。手っ取り早く生活費を稼ぐ手はそれしかなかった。また、尚と拓は、今までひっそりと暮らしてきた経緯でなかなか友達ができず、いつも二人で遊んでいたが、あるときひょんなことから、相馬亮介という子供と友達になった。

それでいつも三人揃って登校していたのだが、あるとき尚が途中で忘れ物をしたと引き返し、拓と亮介は、後から学校に行ったのだろうとあまり気にも留めなかった。しかし二人は、尚に会うことはなかった。なぜなら、尚は失踪して、行方不明になったからである。たまたま、川のそばで尚らしき子供を見かけたという証言もあり、捜索されたが結局みつからず、川に流されたのだろうということで打ち切られた。

それから23年が経過し、相馬は警察官になっていた。拓は大学を卒業して、技術翻訳で生活していた。そのとき意外なことがあった。それは、香苗が今更、尚の行方を探すように、鑓水という探偵に依頼したからである。そこで鑓水は依頼を受けて、繁藤というスタッフを使って、活動を始めた。それにしても、香苗が鍵を渡して出ていったのも意外で、最早帰宅する意志がないのかと思われた。

一方、そのとき、世間を騒がせる事件が起きた。それは、常盤理沙という小学生が誘拐されたのである。その事件が注目された理由が他にもあって、それは、常盤理沙が元最高検察庁次長検事、常盤正信の孫だったからである。なので、何かの事件の逆恨みの線も検討された。

また、鑓水は相馬が個人的な知り合いで、相馬が水沢尚と個人的に知り合いだったことから、いろいろ相馬に質問した。しかし、昔のことでなかなか尚のことは憶えていなかった。

そこから、状況が変わったのは、鑓水が、柴谷哲雄が犯したという殺人事件は実は冤罪で、真犯人が後で見つかったということである。そうやって、刑期を終えた哲雄は、晴れて、もともと人殺しではないことが証明されたわけだが、どういうわけか、出所後、うっかり石段から転げ落ちるという事故で亡くなっていた。

また、常盤理沙の誘拐犯らしき男を警察が捕まえたが、鑓水らが調べたところでは、その男はなんと、柴谷哲雄の裁判に関与した裁判官の息子だった。しかも、そのときの担当検察官は、常盤正信。そこで、鑓水と相馬は、もしかしたら、これは水沢尚事件とどこかつながっているのではないか、と疑念を抱き、調べていくと、相馬たちにも災厄が迫ったきた、というストーリーなのだった。

切迫したストーリーで手に汗握るという感じなのだが、最初は太田愛の重苦しい記述に、なかなかページが進まなかった。しかし、半分くらい読んたころから、佳境に入って、割合軽快に読み進められた。これは広い意味で、死刑狂騒曲と同様の、司法制度批判ものの小説なのだった。

ともかく、太田愛の優れた力量はきちんと認識したので、そのうち「犯罪者」あたりも読んでみよう。

池波正太郎は、有名な時代小説作家で、知り合いからも面白いと薦められていたのだが、怠惰な性格なので、そのうち読もうと思って、延び延びになっていた。

それが、和久田正明の「将軍の猫」を読んで、女剣士に興味をもった後で、古書店で池波正太郎の作品を眺めていたら、やはり女剣士もので、「まんぞく まんぞく」というのが目につき、どうみても代表作ではなさそうと思いつつ、これを読むことにした。

「まんぞく まんぞく」の主人公というか、ヒロインは、堀真琴。母は死別し、父は行方不明という悲しい境遇だが、七千石の旗本の堀内蔵助の養女となり、家臣の山崎金吾を父同然に慕って、暮らしている。

あるとき、真琴は、山崎と出かけて、目黒のあたりを歩いていた。目黒といえば、今でこそ都心だが、江戸時代では寂しい田舎で、道行く真琴に、通りがかった二人の浪人が目をつけた。

そのとき真琴は十六歳の少女で、浪人たちには格好の獲物にみえた。襲いかかる浪人に、山崎は当然に抜刀して斬りかかったが、浪人は剣の達人らしくて、山崎は斬り伏せられてしまった。こうなっては、守護を失った真琴は、風前の灯火。

ところが、突然現れた老人が強いこと。二人の浪人を蹴散らし、一人には鼻に斬り付けて、怪我を負わせた。この傷は、後で捕らえる際に、目印になる。老人は、法華寺に在留する、関口元道という医者で、剣の腕も一流だった。

父同然に慕う山崎金吾を失った真琴は、茫然自失の体だったが、屋敷に戻って、しばらくして気を取り直すと、御用聞きの友治郎を呼びつけ、老人たちを捕らえるための相談をした。なんとしても、一途な性格の真琴は、山崎の敵討をしたかった。しかし、憎き浪人たちの行方は、杳として知れなかった。

それから九年が経ち、真琴は二十五歳になっていた。当時なら、女でその歳なら年増で、結婚して子供かいるのが普通である。

しかし、真琴はひたすら剣の修行に励み、普通の男にはまず負けないだけでなく、道場の師範代が務まるレベルだった。もともと、浪人たちを倒すために始めた剣の修行だったが、才能もあったのか、めきめき上達して、剣の道そのものが面白くてたまらなくなった。

もちろん、堀内蔵助は真琴に見合いを薦めた。すると、七千石の旗本の跡取りになれるのは魅力的で、次々に候補があらわれたが、真琴はわがままにも、剣で自分を打ち負かした者としか結婚しないと言い張り、そこそこの身分でそういう男はまずいないので、今でも独身で、剣に邁進する日々だった。

そんな真琴が変曲点を迎えたのは、織田平太郎という者と見合いしたときである。例によって剣の手合わせによる見合いだったが、織田は馬鹿馬鹿しくなり、こんな女、抱く気もしないと言い捨てて、去ってしまった。それが真琴のプライドを立ち上がれないくらいに傷つけてしまった。

また、以前に真琴は、気まぐれと剣の腕試しのため、夜に武士に辻斬りし、髷をきり落としたことがあった。それが発覚し、その武士の指図で真琴に刺客が差し向けられた。

こうして、いろいろな意味で危機に落ちいった真琴は、一体どうなるのか、というストーリーで、ページを捲るのももどかしいほど、引き込まれてた。流石に、池波正太郎、読ませる。

さて、池波正太郎の小説のバリアを乗り越えたので、今後は鬼平シリーズとか、池波ワールドを堪能することにしよう。

月別 アーカイブ

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち小説カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは将棋です。

次のカテゴリは心理学です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。