小説の最近のブログ記事

法医昆虫学捜査官2から少し間をあけて、その第三作である「水底の棘」講談社文庫を買って、さっそく読み始めた。

ストーリーは、ある寒い11月の朝、赤堀が知り合いの昆虫コンサルタント、辻岡大吉に呼ばれるところから始まる。用件は、荒川でのセスジユスリカの駆除のサポートである。これは江戸川区から依頼された仕事である。すなわち、セスジユスリカのオスを、そのメスの羽音と同じ周波数の音で呼び寄せ、一網打尽にする、というものだった。

すると赤堀が、セスジユスリカのトラップの中に、オオクロバエとホオグロオビキンバエを見つけて、怪訝になった。というのは、ホオグロオビキンバエは死体を嗅ぎつけてやってくるが、夏にしか繁殖しないからである。

それから赤堀と大吉が河川敷を歩いていると、カラスたちが集まっている場所があった。さっきオオクロバエをトラップの中でみつけたことから、動物の死体があるのだろうと思って行ってみると、なんと人間の遺体があり、流石の赤堀も度肝を抜かれた。

ともかく警察に通報すると、やってきたのは、例によって岩楯警部補だが、相棒は法医昆虫学捜査官1にも出てきた、鰐川。

赤堀は、遺体には、メインのハエであるオオクロバエに混ざって、夏にしか繁殖しないホオグロオビキンバエがいて、再び沈思した。

遺体は早速司法解剖に付されたが、その結論は絞殺だった。遺体には刺青があり、蛍光インクを使った特殊なものだった。また、被害者は、割り柄ドライバーをもっていた。

そこで、岩楯と鰐川を含む捜査員は、特殊な刺青と、割り柄ドライバーをキーとして、被害者の身元を探った。

岩楯と鰐川は、名物鑑識員の堀之内から紹介された、伝説の刺青師に相談して、横須賀の刺青師に行き着いたが、なかなか被害者の身元を明らかにすることにはならなかった。また、割り柄ドライバーは、あまりに一般的すぎて、手がかりにならなかった。

さて赤堀は、警視庁から検視データを入手して精査することにより、肺の珪藻から、海から逆流してきたことが示唆されており、しかも絞殺でなく水死ではないかと推定した。しかし、このことは、遺体が川の上流から流れてきており、絞殺であるという警察の見解と真っ向から対立し、検死医は自分の面子が否定されたと激怒した。

そこで赤堀は、遺体からみつかった別のピースに注目した。それは、ウミケムシと、トラフジャコという意外な組み合わせである。これを検証するため、赤堀は、大吉とともに八景島の沖の海にダイビングして、仮設を確かめた。

その地道な積み重ねで、赤堀は、警視庁の見解を海水での溺死説に向けさせたが、そこから長い道のりが続くのだった。

というストーリーなのだが、今回は前作、あるいは前々作と比べて証拠に基づく推理の側面が強化され、本格推理の雰囲気が濃厚になったけれども、その分、アクション性が減り、ちょっと赤堀らしさが出てないかな、と感じたりした。

まあでも、昆虫とはいえないかもしれないが、海水性生物のウミケムシや、甲殻類のトラフジャコなどに対する蘊蓄が駆使されていて、昆虫だけでなく海洋性生物も好きな私は結構楽しめたのだった。

開化の殺人

user-pic
0

芥川龍之介の新潮文庫の「戯作三昧・一塊の土」から、「戯作三昧」に続いて、「開化の殺人」も読んでみた。

「開化の殺人」は、いわゆるミステリー小説風で、筆者が本多子爵から借覧した、内科医の故北畠義一郎の遺書の記述をたどる、という形式を採る。

北畠義一郎は有名な内科医であるとともに、劇作家でもあった。また、大男で精力的且つ情熱的でもあった。そんな義一郎は16のときに、10歳の従妹、明子に一目ばれしてしまい、その想いを頭から振り払うことがどうしてもできなかった。

しかし所詮、ならぬ恋ではあった。そんな様子をみていた義一郎の父は、このままでは息子が駄目になると、医学を学ぶために、義一郎を英国に留学させた。義一郎、21歳のときである。

ところが、三年を経て義一郎が帰国すると、明子は、ある銀行の頭取と結婚していた。それがあまりにもショックで、自殺しようとしたが、キリスト教の信仰がそれを許さなかった。それで到底日本に居る気分ではなかったので、再び英国に留学しようとしたが、父が激怒するので、仕方なく医業に専念したが、明子への想いは抑えるべくもなかった。

その苦悩を抱えるうちに、一種の合理化機制で、明子という異性に対する恋愛の情を肉親への情に転換せしめることで、なんとか気持ちを鎮めた。

そのうち、明子の夫である満村恭平が、粗暴で女癖が悪く、明子を奴隷のごとく扱っていると聞き知しり、満村を殺害せんとの思いが湧き上がってきたが、さすがにそれに着手することに大いに逡巡した。

ところが、義一郎の友人である本多子爵が、明子と相思相愛であることを知り、なんとか添い遂げさせてあげたいとの思いが高まってきた。そこで、満村が観劇に行くというタイミングを見計らって、義一郎もそこに臨席した。

すると、観劇が終わっての帰路、様子をみていると、満村はどうも体調の不調を訴えているようである。義一郎はそれをみていて、得たりと、満村に近づき、内科医として丸薬を処方した。もとより北畠義一郎は天下に有名な内科医、満村は素直にそれを飲んだ。

ところが、その丸薬こそは、満村を地獄へと導く妙薬、果たして満村は斃れ、その死因は脳出血と検視され、疑う者はいなかった。

こうして本多子爵は晴れて明子と夫婦になったのだが、収まらないのは義一郎の気持ちで、今度は本多子爵に強い嫉妬を感じ、満村に対して採ったのと同じ手法を本多子爵にも採ろうしている自分に気づき、これは自ら死ぬよりないと決心、遺書をしたため、死後それが本多子爵の手に渡るように手配した次第である。

蓋し、北畠義一郎は脳出血で亡くなり、普通に病死として弔われたのだった。

というストーリーなのだが、これをミステリーとしてどうかとみる意見もあるようだが、これはミステリーというよりも、その擬古文調の文体により、森鴎外の舞姫うたかたの記をエミュレートしたような作品として読むのもありではないだろうか。

そのエミュレーションは、芥川が今昔物語や宇治拾遺物語を題材にして作品を書いたようなものではなく、雰囲気のエミュレーションなのだが、流石芥川、雰囲気が出ていると思われる。

知り合いからの紹介でマーク・グリーニーの「暗殺者グレイマン」、伏見威蕃訳、早川文庫を読んだとき、最初は怪訝というかあまり期待していなかったのだが、息もつかせぬ戦闘シーンに圧倒され、感動した。その後、知り合いからグレイマン・シリーズの続編をもらったとき、すぐにはグレイマン・シリーズの続きを読み始めなかった。理由は、グレイマン・シリーズは食べ物でいうところの激辛なので、しばらく間をあけたかったのである。

こうして、頃合いをみてグレイマン・シリーズ2の「暗殺者の正義」を読み始めると、グレイマンこと、コート・ジェントリーは、ある殺しの依頼で、ダブリンに来ているのだった。「暗殺者グレイマン」の最後で、ローラン・グループに救助されたので、当然ローラン・グループの依頼かとおもったら、シドレンコとかいうロシア・マフィアのような男の依頼だというので、あれっ、と思った。

ダブリンでグレイマンにとって肩慣らしのような殺人を完了すると、シドレンコの手下たちが迎えにきていて、シドレンコのアジトに連れていかれた。そしてシドレンコの依頼はスーダンの大統領の暗殺。グレイマンはしばし考えて、この依頼を受けることにした。スーダンの大統領は圧政を敷き、国民を苦しめている。その男を除去することは正義に適う。

そのあと、シドレンコが用意したホテルに滞在していたのだが、シドレンコの部下たちの監視が嫌で、外に脱出したところを何者か複数の男たちに襲われた。完全に高度なプロの動きで、完全に油断していたので、殺されると覚悟した。しかしよくみると、元CIAのときの同僚たちで、シエラ・チームと名乗った。特に、リーダーのシエラ・ワンであるザックとは因縁の仲だった。

シエラ・チームはグレイマンを殺しにきたのではなく、スカウトにきたのだった。すなわち、シドレンコの依頼をインターセプトして、スーダンの大統領を殺すのではなく拉致する。グレイマンはシドレンコのプランに従い、その機材や手段をそのまま使う。スーダンでグレイマンはスーダンでシエラ・チームに合流する。CIAはスーダンで事前に撹乱工作を用意している。

これを聞いてグレイマンはとても不安だった。不確定要素が多すぎる。そもそも、スーダンの軍隊に対して、あまりに多勢に無勢である。

ともかくグレイマンは、シドレンコが手配した、武器密輸用の飛行機でスーダンに向かったが、都合により、目的地とは遠い場所の空港だった。そこで時間があったので空港のロビーで休憩していると、飛行機のパイロットが、男好きのする女をみつけて、飛行機に便乗させてほしいというので、飛行機に連れ込もうとした。女はスーダンを離れたいのだが、困っていたのである。

グレイマンは直感的にこの女と関わってはいけないと思い、パイロットに注意したが、聞かないので、グレイマンは女を無理やり降ろした。ところが女は何を思ったか空港で、身分を明かしてしまった。なんと、ICC(国際刑事裁判所)の捜査官でカナダ人、名前をエレン・ウォルシュといい、単身、武器密輸の調査に来ていたのだった。それを聞いてはスーダンの秘密警察は黙ってはおかない。女を車で連れ去ってしまった。このままでは確実に拷問の後酷く殺されてしまう。これを見過ごすことはグレイマンの正義に悖る。必死の思いで追跡して、なんとか女を救ったのだが、序盤からグレイマンのミッションは大狂いである。

そこはそれ、名にし負うグレイマン、手段を尽くしてキャッチアップし、シエラ・チームと合流した。しかし、ここからが真の艱難で、シエラ・チームもグレイマンも苦難に次ぐ苦難で、這う這うの体になった。それでもなんとかスーダンの大統領に迫ったのだが、そこで急に政治的な理由からCIAのミッションが様変わりした。

さて、グレイマンの正義はどう反応するか。ここからこそが佳境なのでストーリーへの言及は省略するが、アクションの連続というだけでなく、ストーリーの捻りといい、微妙なラヴ・ロマンスといい、「暗殺者グレイマン」以上のクオリティだと思われる。それにしても、グレイマンの正義であるが、ここまでボールドな正義を、私はみたことがない。

そして、マーク・グリーニーは天才ではあるまいか。あまり安易に天才と呼んではいけないが、私の乏しい語彙では、この絶妙のストーリー・テリングをそう呼ぶ以外に思いつかない。

戯作三昧

user-pic
0

芥川龍之介の新潮文庫の「戯作三昧・一塊の土」から、「戯作三昧」も読んでみた。「戯作三昧」は、天保二年九月、神田の銭湯、松の湯で、六十を越した老人が体を洗うシーンから始まる。

その老人を、曲亭先生と呼ぶ者がいる。呼ばれた老人こそ、馬琴滝沢瑣吉、南総里見八犬伝の著者である。声を掛けたのは、八犬伝のファンの一人。

そのファンは馬琴に、先生なら、歌や発句も得意でございましょうと煽てるのだが、馬琴はその気になれば、それなりの歌が作れるという自負はあるのだが、本音をいうと、その文章形式の小ささが彼の趣旨にあわないのだった。ここらあたりは趣味としかいえない。

それから馬琴は、銭湯の中を眺めながら、ストーリーの構想を思い浮かべた。ところがそこに、八犬伝の悪口をいう声が聞こえる。要するにあれは水滸伝の二番煎じだというのである。一方で十返舎一九や式亭三馬を褒める。

それを聞いて憮然としながら馬琴は銭湯を出た。どうみても妥当性を欠く批判だと思うのだが、悪口がボディーブローのようにヒットして気分がすぐれない。それで馬琴は、邪念を払うかのように、大作を書くことを誓った。

しばらくたって、馬琴の家を訪ねてきたのは、和泉屋市兵衛という本屋。いまでいう出版業者である。その和泉屋が馬琴に、最近江戸で話題になっている鼠小僧次郎吉の話をする。ようするに作品の催促であって、鼠小僧次郎吉をモデルして何か書け、そうすれば売れること間違いないというのである。また、馬琴のライバルを何人か挙げ、競争心を煽った。しかし馬琴は肯んじない。

馬琴の小説は、先王の道の芸術的表現である。しかし、先王の道が芸術に与える価値と、馬琴の心情が芸術に与える価値とは違う。

それから少しして、友人の渡辺崋山が、自身が描いた絵をもって訪ねてきた。雑談の後、馬琴は、自分の作品が公儀のお咎めを受けることがあると愚痴をいう。要するに検閲を受けるのだった。

崋山が帰ると、出かけていた家族が帰ってきた。そして孫が馬琴に、「もっと勉強しろ、癇癪を起すな、もっと辛抱しろ。」という。それは誰に教わったのだと聞くと孫は、観音様が言ったのだという。

それを聞いて愉快になった馬琴は、何か感じるものがあり、流れるように構想が湧き、三昧に書き続けた。

というストーリーなのだが、これはどこまで、小説家としての芥川の、作品を書く心理というかモチベーションの感情移入があるのだろうか。かなりの思い入れがあるように感じるのは私だけだろうか。

凍原

user-pic
0

かなり前、新聞の書籍広告で、桜木紫乃という作家のミステリー小説をみて、そのうち読みたいと思った。そのとき、ペンネームから勝手に、幻想系か残虐系のミステリー小説を想定し、まあそれでもいいかと考えたりした。

そのような背景があったので、古書店で桜木紫乃の「凍原」小学館文庫をみつけたときは迷わず買って、早速読み始めた。

「凍原」の舞台は北海道、特に釧路である。そもそも桜木紫乃が釧路の出身で、今では江別市に住んでおり、ほとんどの作品が北海道が舞台だという。そういえば、警察小説の大御所、佐々木譲も北海道にちなんだ小説が多い。九州出身の作家が九州にこだわるよりも、北海道の作家が北海道にこだわる度合いが強いような気がするのだが、正しいだろうか。だとしたら、その理由はなんだろうか。

さて、「凍原」は、釧路に住む水谷貢という少年が、キタサンショウウオを獲りに湿原に出かけ、帰ってこなかった、という事件から始まった。警察は誘拐の線も検討したが、それらしい電話がかかってくるでもなく、湿原の沼に落ちたのだと結論づけた。釧路の湿原は風光明媚な場所で観光客もよく来るが、つい沼に足をとられると大の大人でもそのまま沈んで出られなくなるという恐ろしい場所である。

そのとき、北海道警釧路方面本部の片桐という刑事が捜索や関係者の聞き込みを担当した。片桐は、当然に水谷家に訪れるだけでなく、貢と一番の仲良しだった杉村純の家にもいってみた。

それから片桐は、なにかと水谷家や杉村家をサポートすることになった。その影響もあったか、水谷貢の姉の比呂は、北海道警の警官になった。比呂は、札幌勤務を経て、釧路に転勤になり、捜査に当たっては片桐と組んだりした。これもまた奇縁である。

そんなとき、釧路で殺人事件が起きた。札幌からやってきた車のセールスマンが首を絞められて殺されたのである。調べていくと、鈴木洋介という名前だと分かった。鈴木洋介は自分が幼少のころ、青い目が原因でいじめられ、結局両親は離婚した。鈴木洋介は自分の青い目が気になって、仕事の合間に先祖のルーツを調べた。するとどうも、祖母に当たる人が終戦後、樺太から引き揚げたらしいと分かった。樺太はロシアが近いので、ロシア人の血が混じっている可能性がある。そういう調査をたどって釧路に行き着いたらしい。

それにしても、どうしてルーツ探しが殺されることにつながったのか怪訝な片桐と比呂は、小樽で喫茶店を経営する鈴木洋介の姉から事情を聞いたりしたが、いまいちはっきりしない。

じつは釧路が長いベテランの片桐は、鈴木洋介が誰を訪ねて釧路に来たか、なんとなく心当たりがあった。その線で、札幌や室蘭、留萌で関係者から事情を聞くうちに、意外な犯人が浮かび上がってきた。

それにしても、終戦直後の樺太や留萌での出来事と、現在の出来事を交互に再現し関連付けるという手法は特に珍しいものではないが、寒冷地のことなので、ついヨハン・テオリンの黄昏に眠る秋を彷彿とさせる。

一方で、過去の出生が事件につながるという意味で、松本清張の砂の器のストーリーも思い出させる。

このように、「凍原」はいい意味で期待を裏切り、桜木紫乃が本格的で重厚な作家であることを私に知らしめたのだった。

川瀬七緒の法医昆虫学捜査官が結構面白かったので、その第二作である「シンクロニシティ」講談社文庫を買って、さっそく読み始めた。

ストーリーは、警視庁南葛西署管内で身元不明の死体が見つかったところから始まった。なんでも、夏の暑いときにトランク・ルームに放置されていたので、腐敗と悪臭がひどい。

担当刑事は例によって岩楯で、相棒に月縞という若手刑事を指名した。月縞は周囲から浮いている変わり者の刑事でみんな敬遠していたが、岩楯はもしかして見どころがあるかと独特の勘で感じた。

実際、月縞は異様な腐乱死体をみても吐き気をあまり感じないという、根性があった。それにしても蛆虫の発生がひどいので、蛆虫から何かがわからないかと、岩楯は例によって法医昆虫学捜査官の赤堀涼子に動員をかけ、赤堀は嬉々として捜査に加わった。

ところが今回は流石の赤堀も昆虫からなかなか辿れるものがない。それで、岩楯と月縞は、トランク・ルームを経営する会社の社長にコンタクトしたが、これがみるからに怪しく、叩けば埃がでそうで、この線を追及していけば犯人逮捕も時間の問題と思われた。

結局関係者で児童ポルノのDVDを販売し、麻薬を売っていた金髪男を逮捕し、この男が犯人に違いないと岩楯が猛然と締め上げたが、知らないものは知らないと頑として男は自白しない。そして岩楯は、この男は確かにワルだがもしかして殺人まではできないのではないか、と自信がなくなってきた。

一方の赤堀は、死体が発見されたトランク・ルームの周囲を懸命に探し、ん?と微細な昆虫の死骸に着目した。それはハッチョウトンボの半陰陽(ギナンドロモルフ)で、昆虫学者の赤堀にはそれが極めて珍しいものであることは理解できるのだが、トンボの専門家ではない赤堀には詳しいことがわからない。トンボの専門家である知り合いの研究者に聞いてみても、棲息地までは細かくは特定できない。それで赤堀は、昆虫採集のマニアをみつけ、懸命の努力で福島県青波郡枯杉村という場所を突き止め、岩楯、月縞と共に現場に向かった。赤堀が岩楯、月縞に声をかけたのは、以前に単独行動で生死の境をさまようようなひどい目にあったからである。

さて、枯杉村には病的なまでに美しい、日浦瑞希という女性と、東京から移住した、薮木俊介という球体関節人形作家がいて異彩を放っていたが、日浦瑞希は実はトランク・ルームで殺されていた被害者と縁があった。

また、枯杉村には不吉な伝説があり、瑞希はその因縁も帯びていた。こうして瑞希の放散する因縁で、赤堀や薮木も、強い情念に押しつぶされそうになるのだった。

ここからは佳境なのでこれ以上の記述は省くが、よろずのことに気をつけよ的にフィーチャーされているところがあって、第一作の法医昆虫学捜査官よりも赤堀の役割が地味ではあるがストーリーとしての完成度はこちらのほうが高いと思った次第である。

古書店にいくと、つい、まだ読んだことがない作家のミステリー小説を漁るのが習慣なのだが、そこに森村誠一の小説もたくさんある。しかし、森村誠一の小説をみても、どうしても既読感があって買う気にならなかったのだが、あるとき、それでは今更の原則に悖るのではないかとふと思って、とりあえず「棟居刑事の絆の証明」双葉文庫というのを買った。別に面白いだろうという期待はとくにもたなかった。

さて、いろいろ仕事が忙しく、ストレスがたまって、疲れもあったとき、気分転換で、USBプレーヤーで、音楽の版図を広げようと、あまり知らないアーティストの曲を聞こうとしたら、脳が拒否して、気持ちがこういうのである、「ベタだろ、ベタ。」。要するにベタな曲を聴かせろということらしい。そこで、瀬川瑛子の「長崎の夜はむらさき」を聴き、次に香西かおりの「無言坂」を聴いたら、脳が喜んだので、安堵した。

そして、こりゃあ、疲れたときのために、ベタな曲だけを格納したフォルダでも作成しておくかな、と考えたりした。曲順指定は、ファイル名の先頭に、連番を入れるだけでよい。

で、一方、小説についても、こんな気分のときはベタなのがいいよね、と「棟居刑事の絆の証明」を読み始めたら、久々に故郷に帰ってきたようなベタさで、うれしくてジーンとくるほどだった(大げさだが)。

さて、ストーリーは、棟居刑事が休暇をとって、後立山の全山を縦走したところから始まる。棟居はそのとき、途中の唐松岳で、行きずりの、女性を含む何人かのグループに出会い、たまたま出会い、カメラのシャッターを押すことを依頼された。

それからしばらくたって、棟居は、新聞で、蒔田直之という新人作家の紹介記事を読んだ。それでたまたまパソコンでウェブ閲覧中だったので、蒔田直之のホームページなるものを検索してみた。するとなんと、後立山の縦走のとき自分がカメラのシャッターを押した写真がアップロードされているではないか。どうも蒔田はそのツアーのメンバーのひとりだったらしい。

蒔田は勤めていた会社が倒産し、妻とも離婚し、やることなすことダメで自棄の気分転換でトレッキング・ツアーに参加したあと運気が変わり、懸賞小説に応募して見事当選し、作家デビューできたのだった。まさか、森村誠一自身の体験ではないよね。

一方、ツアーに参加した者の一人に岡野という探偵がいた。それが仕事の依頼がまったくなく干上がっているとき、運よく、斎藤という女性から仕事の依頼を受けた。すると、その女性もツアーに参加した一人で、ああ、あのときの、ということになった。しかし、依頼内容は重大で、行方不明になった姉を探してほしい、というものである。

この姉はたまたま、ある有名な赤坂の料亭に男と泊まっているところを、その料亭の玄関番の仕事をしている辻岡という男に見られた。ところが辻岡も例のツアーに参加していたというのだから、いくらなんでもこれは偶然の濫用のような気がするのだが、そういえば大学時代に私が知り合いから紹介された、松本清張の「霧の旗」という小説も、随分と偶然の連続だった。なのに私はそれも、また今回もあまり不愉快に感じない。不思議である。

ところが偶然の濫用はさらに続く。すなわち、ツアーには小金沢という男も参加していて、その男は、あまりよくない意味で、行方不明になったという斎藤の姉と交錯しているのだった。

ともかく、ツアー参加者という多数の鑑を駆使して棟居刑事やその同僚の刑事たちは捜査の網を絞っていくのだが、どうしてもミッシング・リングがつながらないで困っているとき、棟居刑事は独特の勘で、決め手らしきものに到達したのだった。

読み終えて、確かに森村誠一の小説はある意味ベタだったが、特に疲れたときに、このベタさの安心感はなにものにも代えがたい。他にも棟居刑事シリーズを読んでみるとしよう。

ヨハン・テオリンの黄昏に眠る秋は、読み始めで入りにくさを感じたが、最後は盛り上がったので結果ポジティブだった。なのでその続編の「冬の灯台が語るとき」を読もうと思ったが、確かアマゾンでほぼ絶版状態で高値がついていたので、しばらく様子をみていた。

すると最近になって早川書房が「冬の灯台が語るとき」を文庫本の新刊として出してくれたので渡りに船で買った。そして満を持して読み始めた。

「冬の灯台が語るとき」の舞台は、「黄昏に眠る秋」と同じ、エーランド島であるが、場所はより限定されて、そのウナギ岬である。ウナギ岬は航行の難所らしく、一対の灯台があるが、それでも嵐が来ると、船が難破したりする。1846年の冬も、あまりにもひどい嵐で、材木を積んだ船が難破し、五人の乗組員全員が溺死し、材木が岸に流れ着いた。

そして灯台大工たちは、流れ着いた材木を使って、予定よりも大きい家をウナギ岬のそばに建てた。それは死者の魂をよぴ寄せる行為なのかもしれない。

そう、「冬の灯台が語るとき」もまた、「黄昏に眠る秋」と同様に、時代を隔てて投影する物語なのであった。そして、1846年から約160年後、ヨアキム・ヴェスティンの一家がウナギ岬のそばの家に引っ越してきた。妻のカトリン、娘のリヴィア、息子のガブリエルも一緒である。

隣には、「黄昏に眠る秋」にも出てきた、新聞記者のベンクト・ニーベリの一家が住んでいる。ニーベリは、わざわざストックホルムから引っ越してきた物好きな一家のことを記事にしようとしている。

さて、エーランド島のこの地域にはほとんど警察がいないので、普段空き家同然の別荘を狙う押し込み強盗がいる。トミー、フレディの兄弟と、ヘンリクである。

一方、「黄昏に眠る秋」に出てきたイェルロフ・ダーヴィドソンは、この小説にも登場し、イェルロフの兄の孫であるティルダ・ダーヴィドソンから話をせがまれる。ティルダは、警察官としてこの地に赴任してきたのだった。ティルダは、不審な死だったかもしれない祖父のことをイェルロフから聞きたがっている。

ある日、ヨアキムは車でストックホルムに出かけた。そこにある以前の住まいに荷物を残してあるので、それを取りに行ったのである。ところがその間に悲劇が起きた。カトリンがウナギ岬の海に落ちて亡くなったのである。もちろんヨアキムは、おっとり刀でとんぼ帰りした。そこからヨアキムの悲嘆と苦悩の日々が始まった。そしてカトリンの死が事故なのか自殺なのか誰かに殺されたのか、突き止めたくなった。

一方、ヨアキムは、その前年に、姉のエテルを水死で亡くしていた。しかしエテルは麻薬中毒者だったので、自殺または事故として処理された。しかもヨアキムは、二人の小さい子供を抱えている。なので、ヨアキムの苦悩はあまりにも大きい。

そんなヨアキムは、事件を担当したティルダを通じてイェルロフと知り合い、イェルロフからウナギ岬の歴史を聞き、いろいろな示唆を得た。

さらにトミー、フレディの兄弟と、ヘンリクの押し込み強盗が事件に絡み、しかも夜市ライクな、黄泉と現実が混交するようなウナギ岬のスピリチュアルな性質が事件に幻想性を加えてゆく。ここからは佳境なので記述を省略するが、「黄昏に眠る秋」よりも立体的でスケールの大きいストーリーに仕上がっていると感じた。ただその分、注意深く読まないとストーリーを見失ってしまう可能性がある。

最近私は、歴史小説に版図を広げたが、その分野で、ある雑誌で、垣根涼介という作家が誰かと対談していた。そこで私は、あっ、と気づいた。垣根涼介といえば、確か「月は怒らない」という本をもっていたよね、と。そこで唐突に、垣根涼介の「月は怒らない」集英社文庫を読むことにした。

「月は怒らない」は、チンピラの梶原という男が、中央線の電車の中で、ある男の痴漢を見つけるシーンから始まる。別に正義感が強いわけではないが、梶原はその男と被害者の女を電車から降ろし、男に暴力をふるってお金を奪った。痴漢という弱みがある男は警察にいけない。

あれっ、その被害者の女がこの小説の主人公なのかとおもっていたら、見事肩すかしくらわされて、今度は、梶原が市役所の戸籍係で、その受付の女性を見初める場面となる。梶原は、借金取りから頼まれて、債務者に支払わせるのが仕事である。支払わせるといっても、暴力を振るったり、脅かすのではなく、説得して遠洋漁業の船に乗せたりする。その労賃で返済させるという次第で、そのために市役所の戸籍が必要なのだが、その受付の女性は新規採用らしく、今までは見たことがなく、見た瞬間に不思議な気持ちになったのだった。

女性は身持ちが固く、なかなか梶原の誘いに乗らないが、それでも次第に梶原に靡いてきて、ついに梶原をアパートの部屋に入れた。そこからは男女の仲になった。

ここで女性の名前を開示すると、三谷恭子という。

恭子は、煌めくような魅力があるわけではないが、ダイコトミーを適用すれば、美人の方に入るだろう。そんな女性なので、ほかにも言い寄ってくる男がいる。大学生の弘樹と、警官の和田である。

その二人の男は、まったく異なる機会に恭子と出会い、独立に魅せられて付き合うようになった。こうして恭子は三人の男と並行して付き合っているのだが、時間をうまく隔離しているので、どの男も、他の男がいるとは気づいていない。いや、微妙に気づいていても、考えたくないので気づかないふりをしている、というべきか。

恭子は明らかに変わった女で、物欲が薄い。孤独を好む。たぶん性欲も強くないはずであるが、おそらく心の空虚を埋めるために、男と付き合っている。面白いのは、付き合っている三人の男に対するセキュリティ・レベルが違う。例えば、梶原と弘樹には体を許すが、和田には会っての雑談以上決して深めない。これは和田が既婚ということによる倫理観らしいのだが、三人の男と並行して付き合って倫理観もないような気がしないではない。ともかく恭子は明らかに、異性に対して、シングルタスクOSではなく、プリエンプティブ・マルチタスクOSのように割り切って付き合っている。

恭子はさらに、定期的に公園に通い、健忘症の老人と禅問答のような、哲学問答のような対話をする。そんな老人との対話で、急に、三人いる男を整理することを思い立つ。それによって生じるかもしれない修羅場をなぜか恭子は想定しない。

別れを切り出すと逆上した男もいた。それだけの原因が殺人になるケースは新聞の事件蘭でよくみる。しかし、恭子は相手をカーム・ダウンさせる不思議な力がある。それでともかくも平穏裡に別れた。

恭子対男はそれでいいのだが、彼氏同士は相手の存在を次第に知るようになり、ライバルなので互いに争った。

で、紆余曲折を経て、恭子は三人の男の一人だけと付き合うようになり、残りの二人の男は、諦めの境地でそれを眺めている。

この小説を一つの風俗小説として読むなら、いまいちインパクトが欠けた、スパイスの効かないラーメンのようになってしまうが、この小説を哲学小説、あるいは仏教小説として読むなら、独特の香りが漂ってくる。アマゾンの評価をみると、後者として読み、結構高い評価を与えている。

私もまた後者を採り、ストーリーの構成は全く違うが、なぜかトーマス・マンのトニオ・クレーゲルとの観念類似を感じたのだった。

法廷戦術

user-pic
0

アマゾンで本を探しているとき、姉小路祐の「法廷戦術」講談社文庫という本が目に付いた。なかなか高評価である。

私は、法律学を専門的に勉強したことはないが、社会科学の中では経済学よりも法律学の方がしっくりくる。それはもしかして、定義を与え、それに対する例の連続で記述が進むという点で、数学との類似を見て取っているのかもしれない。

そんなわけで、「法廷戦術」講談社文庫を買って、読み始めた。すると期待に違わぬ好作ぞろいだった。「法廷戦術」は短編集で、「審判は終わっていない」、「隠された法廷戦術」、「臨終結婚」、「完全有罪」、「白と黒の殺人」、「閑古鳥のたくらみ」の六篇からなる。

「審判は終わっていない」は、殺人を犯してしまった少年の審判の話。神戸家裁東灘支部のの指示で、長谷川多恵子調査官は、少年の調査書を作成する。

調査書には、A、B、Cの三段階があるが、飯伏判事は一番詳しいAを命じた。厳しい審判結果になりそうである。ところが実際に飯伏判事が下した審判は意外なほど軽いものだった。これは裏があると長谷川が懸命にに探って、あることが明らかになったのだった。

「隠された法廷戦術」は、ある法律事務所の南田という女性事務員が殺され、そこの運転手役である湯谷という所員が被疑者とされた。弁護人は、その法律事務所の所長である。しかし、その法律事務所の事務員である成田は、どうしても湯谷が犯人とは思えず、自分で聞き込みして周辺事実を探った。そうしているうちに意外な事実が浮かび上がってきた。

「臨終結婚」は、父親の財産を相続したいといつも思っている息子が義理で父親が入っているケアハウスを訪れると、父親がおらず、なんといつも父親の面倒をみているヘルパーの女性と結婚したのだという。このままではメインでそちらの方に遺産を相続されてしまうと男が慌てていると、都合よく弁護士があらわれた。それから状況はだんだん妙な方に進んだ。

「完全有罪」は、ヤメ検で羽振りのよい所長の弁護士が、刑務所を出所した男を身請け人として雇う話。ところが、その男がある事件の重要参考人として警察に連れていかれてしまった。その様子を怪訝そうにみていた人がいる。所長の検事時代の部下で、いまは弁護士をしているある女性である。その女性が正義感からいろいろ調べていると、いろいろなことが分かってきた。

「白と黒の殺人」は、現役裁判官が、知らないうちに殺人を犯したという話。その現役裁判官の大学の後輩である弁護士は、どうみても殺人なんか犯す人じゃない、なにか事情があるに違いないと調べているうち、裁判官の激務ぶりと、それによる問題点が浮かび上がってきた。

「閑古鳥のたくらみ」は、ある法律事務所に、ある女性が仕事の依頼をしてきた。なんでも離婚の手続きを依頼したいのだという。事情を聞くと、楽そうな案件なので、若いイソ弁に頼もうと思ったら、そのイソ弁は、どうしてもやむを得ない事情でしばらく実家に帰るので、休暇がほしいという。それで仕方なく自らいろいろ調べていると、離婚の手続きを依頼してきた女性の自宅で、遊びにきた知り合いの家の女の子が、誤って毒入りドッグフードを食べて死んだという事件があったらしい。それを聞いて驚いていろいろ調べていくうちに、ややこしい事情が次第に判明してきた。

こうやって私が下手な要約を書くと、どれもワンパターンのようにみえてしまうが、それは私の要約がまずいのであって、本当はありきたりのようで、トリック的にも法律的にもなかなか捻りの入った粒ぞろいのストーリーだった。著者は大学院で法律学を専攻しただけあって、法律の学説にも詳しく、それがストーリーに活きている。なによりも、現代の法曹界の問題を多面的に記述し、教育的な内容にも仕上がっていると思った。蓋し、姉小路氏は、手慣れているといえる。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち小説カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは将棋です。

次のカテゴリは心理学です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。