小説の最近のブログ記事

私は、川瀬七緒の法医昆虫学捜査官シリーズのファンなので、文庫本で新刊の「メビウスの守護者」講談社文庫が出たと知ったら、すぐに買って読み始めた。

さて、「メビウスの守護者」は、東京都の奥地、西多摩の山中で起きたバラバラ殺人事件で、四日市警察署に所属する岩楯警部補が担当となった。四日市警察署というのは、普通に考えたら三重県にありそうなものだが、なぜか西多摩にあることになっている。警視庁のホームページをみたらそういうのはないので、特に作者が考えだしたものらしい。

ともかく、東京都といっても西多摩の山中は結構険しく、下手をすると遭難の惧れがあるので、岩楯のペアとして、地元で救助隊員でもある牛久巡査部長が就いた。牛久は、犯行現場の地元の仙谷村出身で、村の地形や環境など知りぬいているので、ベストのサポーターである。そもそも、牛久がパトロール中に、遺体の一部を発見したのが発端だった。

バラバラ殺人事件であるとは、発見されたのは男の腕で、左手首から先がなく、右手の指は全て切断され、掌の皮膚も剥ぎ取られていたというものであった。そして、担当が岩楯であることから、法医昆虫学捜査官の赤堀涼子が動員された。赤堀ファンの私は、よっ、待ってましたというところである。

ところが、捜査会議に出席した赤堀は、例によって、なんだあいつと周囲の警察官から白い目で見られる。赤堀自身は鉄面皮で動じないのだが、その保護者たる岩楯は気が気でない。特に捜査を仕切る女性キャリアの管理官、伏見は、女の敵は女なのか、赤堀を完全に無視しようとする。

そんな中で、検視官の解剖医、神宮の出した死亡推定時刻に対して、赤堀が法医昆虫学に基づき出した推定結果が、あまりにも時間的に前だったので、赤堀自身も怪訝になった。どうみても死体の見立ては神宮の死亡推定時刻の方が妥当に思える。それでいよいよ、捜査本部で赤堀は面子を失ったが、それでも赤堀は愚直に虫を信じ、岩楯、牛久と一緒に、仙谷村の山中を緻密に捜査した。

山中で見つかった昆虫たちをもとに赤堀は推理を行い、いろいろ仮説を試していくうちに、死亡推定時刻の謎が解けてきた。そしてその決定的な証拠を捜査本部に提出すると、流石の捜査本部も無視できなくなって、捜査方針を変え、仙谷村の山中を積極的に捜索し始めた。

その仙谷村であるが、寒村の閉鎖性も然ることながら、聞き込みすると、いかにも怪しい住人が複数上がってきた。その第一は、一之瀬という男とその息子の家族。ベンツに乗っていて妙にリッチだが、母親はいない。なんでも、息子の俊太郎の皮膚疾患の治療のため、自然環境がよいこの地に来たらしい。その俊太郎が天性の美男子で、女性の噂が絶えない。

他の住人で、さらに怪しいのが、中丸という家族。一家三人だが、その息子は犯罪歴と刑務所服役歴があって、今でも村で泥棒やストーカーなど、悪い噂が絶えない。

あとは、香水技術者というか調香師の綿貫ちづる。メディカルアロマセラピーにも詳しくて、村人の病気を治療したりして、村人から絶大な信頼を得ている。また、村で採れる特産物から香水を作る計画もあって、村おこしの旗手ともみられている。

こんな個性的な人たちに振り回されて、捜査は難航するが、それでも岩楯と牛久の聞き込みは、赤堀が推定する死亡推定日時あたりにタクシーでやってきた長身、長髪の男の存在を突き止めた。

一方の赤堀は、状況からして存在が極めてありえない、ミバエとトコジラミという昆虫から、推理を絞っていった。

ここからはストーリーのコアなので、記述を省くが、特許調査員で元昆虫少年でもある私は、赤堀の昆虫学の粋を集めた推理をとても興味深く読んだのだった。

ただ、そのような分野は必ずしも万人受けしないようで、アマゾンの評価はいまいち好意的でないが、私はこの小説の特異性を高く買うものである。次作の「潮騒のアニマ」が単行本として出ているようであるが、文庫本になったタイミングで読むとしよう。

アマゾンから頻繁に本の紹介メールが届くが、今までは大抵スルーしてきた。しかし、本ノートをつけるようになってからは、面白そうかどうかに拘わらず、とりあえず書名だけでも全部みて、少しでも興味がありそうなら、本ノートに記入するようにした。

そんな中で、これはと思った本は、即注文するのだが、最近そうやって買った本に、岩木一麻「がん消滅の罠」宝島社文庫がある。昔から買い物で後悔した経験は山ほどあるが、この本は正解だった。

私は幼児期、小児結核で親許を離れて入院した経験があるせいか、病院暮らしが深層心理に刷り込まれており、それで医療ミステリーも何気に好む。例えば、海堂尊のチーム・バチスタの栄光、帚木蓬生のカシスの舞い、などである。

ところが、「がん消滅の罠」は、がん関係の医学知識が本質的にプロットに関わっていて、私が今まで読んだ中で一番のハード医学ミステリであるような気がする。その理由は、作者の岩木氏の経歴にある。すなわち、岩木氏はもともとがんの研究者で、国立がん研究センターに勤務していたこともある。すなわち、そのがんの知識はまさに玄人なのであり、それを縦横に駆使してこの小説は書かれている。

この小説の主人公は、日本がんセンター呼吸器内科医の夏目典明と、その同僚でがんの病理研究者の羽鳥悠馬。いつも熱い夏目に対して、クールで世の中をいつも斜に見る羽鳥。

そんな夏目はあるとき、ある女性をステージⅣaのがんと診断した。ところが、その女性は治療を拒否して新興宗教の提供する自然食品に頼り、がんが完全に消えた。そのことは新興宗教の宣伝に利用され、夏目はたいそう困惑したのだが、その謎を羽鳥が解いてみせた。すなわち、患者の女性には双子の姉妹がいて、すり替わるという古典的詐欺だった。

えっ、そんなストーリーなのかと失望しそうになったが、これは序の口というか小手調べにずきないのだった。

すなわち、別の機会に夏目は、ある女性の肺がんを診断したのだが、その女性も間違いなくがんと夏目は診断した。最近ではがんと診断されただけで保険金が払われる保険がある。それで、その保険に入っていた女性は、幸便にも保険金をもらえたのだが、それからなんと女性はがんが完全寛解してしまったのである。このときも、双子の替え玉かと夏目と羽鳥が懸命にその理由を探ったが、どうみてもインチキとは思われなかった。

それがたまたまの奇跡的な寛解かと思ったら、なんと夏目は同様の案件を四つも扱っていて怪訝になった。そこで、保険会社の友人と調べていくうちに、湾岸医療センターという無名の医療機関が浮かび上がった。そこはなんと、夏目の大学時代の指導教官が理事長をやっていて、なんと政治家や官僚、実業家相手に高度がん治療をほどこしているらしいと分かってきた。

それを調べていくうちに、夏目と羽鳥は底知れぬ恐ろしい企みを知り、慄然とする、というストーリーで、これは空前の医療ミステリーだと感心した次第。

特にがん治療の仕組みを使ったプロットは流石に筆者の専門知識を駆使した絶妙の仕掛けというよりない。

柳広司の「ジョーカー・ゲーム」が期待を超えて面白かったので、その続編の「ダブル・ジョーカー」角川文庫もあまり間をおかないで、読み始めた。

「ダブル・ジョーカー」も短編集で、「ダブル・ジョーカー」、「蠅の王」、「仏印作戦」、「柩」、「ブラックバード」、「眠る男」の六篇からなる。

「ダブル・ジョーカー」は、帝国陸軍ナンバーツーの阿久津中将が、いまいましいD機関を潰すために、腹心の風戸中佐を呼びつけて、別の諜報機関である風機関を作るように指示した。

阿久津中将がD機関を蛇蝎のごとく嫌うのは、D機関が陸軍の本流エリートの天保銭組を馬鹿にしきっていることと、死ぬな殺すなの方針で、死を厭わぬ軍人の風上にもおけないことと、地方人たる帝国大学、早稲田大学などの普通の大学の卒業生を採用していることであった。

そこで阿久津は、スパイ疑惑がある元駐英大使の身辺を、D機関と競って探ることを風戸に指示した。風機関は陸軍内の精鋭を集め、D機関の腑抜けとは違って死ぬことも殺すのも厭わないので、D機関など目ではないと意気揚々だったが、陸軍のパラダイムにしがみついているので、傲慢で隙だらけで、D機関でいいようにあしらわれてしまったのだった。

「蠅の王」は、中国戦線の前線で戦う兵士たちを慰問するために、「わらわし隊」と称してお笑い芸人たちがやってくるストーリーである。その部隊の脇坂軍医は実はソ連のスパイで、特殊な方法でソ連に情報を流していたが、「わらわし隊」の中にスパイハンターがいるという情報が流されてきて、焦って手を打っているうちに自滅した。

「仏印作戦」は、ハノイで通信兵の役割を果たす民間人の話。あるとき陸軍の諜報機関という者から秘密の通信を送るように指示されるのだが、敵のスパイらしきものが近くにいるようで誰が味方か敵か分からなくなるという話。

「柩」は、D機関の創始者の結城中佐が昔、ドイツでスパイ容疑で捕まり、拷問を受ける話。そこからどう抜け出したか、その手腕がいまのD機関につながる。

「ブラックバード」は、日米開戦の少し前に米国で情報収集を行うD機関のスパイの話。うまくバードウオッチゃになりすますとともに、経歴を二重偽装して西海岸の町に溶け込みつつ、ワシントンの日本大使館員から情報を定期的に入手していたが、ちょっとした油断から重大な情報を逃してしまう。

「眠る男」は、「ジョーカー・ゲーム」の「ロビンソン」の裏面の話。

ということで、D機関の多様な側面を描いて、飽きさせることがないのだった。

春昼後刻

user-pic
0

春昼の続きで、春昼後刻を読んでみた。すると、今まで出家の語りの世界であったのが、現実の世界に還ってきた。

すなわち、散策子は、出家が裏山の蛇の矢倉を案内しようというのを断って、庵を辞した。なんとなく散策子は、海で入水自殺したという客人の轍を踏むのを恐れている風なのかもしれない。

歩いていると、この村にきて最初に出会った親仁に再び会ったので挨拶した。なんでも、親仁は、例の二階建ての屋敷で蛇を始末してあげて、感謝されたという。そのとき御新姐は、気分が悪くて二階で寝ていたのだという。

それから、果たして歩いて立ち去ろうとしている散策子に、声がかかった。それはなんと、御新姐。散策子に青大将のことでお礼を言う。あらっしまったと思う散策子だが、一目散に逃げるわけにもいかず仕方なく、会ったこともないのになぜ私と分かったかと尋ねると、それは人の出入りの少ない田舎ですものと応える。

御新姐はさらに続ける。あのとき二階から貴方のお姿をみかけると、気分が悪くなって寝込んだんですのよ、と。

それを聞いて散策子は逆上した、なんということを言うのかと。ところが動顛していてつい倒れ込むと、助け起こそうと御新姐が近づいてきた。そしてなんとか言い訳しようとする。

御新姐がいいたいことは、あの懐かしい客人の姿によく似た方を見かけたものだから、切なくなって、それは要するに気分が悪くなったとしかいうよりありませんこと、ということらしい。

そこから御新姐の言うことは、華麗というか可憐というか、多弁で妖しい言い回しで散策子を幻惑する。

さらに御新姐は散策子に絵を見せたのだが、それを一目見て散策子は蒼くなった。なんと、〇□△ばかり。これは死んだ人の戒名と思ってもらっていい、という。客人のことか。四角院丸々三角居士。

そこに通りがかったのは、角兵衛獅子の大人と子供。御新姐は、お金とともに子供にことづけを渡した。そこには、「君とまたみるめおひせば四方の海の水の底をもかつき見てまし」とある。誰にともあてもないことづけ。

散策子は、角兵衛獅子の行方を見極めたくて、まだ話し足りなそうな御新姐を辞して、角兵衛獅子を追いかけたが、見失ってしまった。ふと気づくと散策子は、海岸に来ていた。

客人は、一足先に幽界に行って御新姐を待っているのだが、御新姐はすぐに後を追うのはためらってきた。

散策子が見ていると、角兵衛獅子の大人と子供がやってきて、海に入った。ところが、子供の方は泳げなかったか、海に沈んでみえなくなった。角兵衛獅子の大人は、これはまずいと一目散に逃げた。

翌日、海辺に二人の死骸が打ち上げられた。それは庵室の客人が溺れた場所。そのうちの一人は、美にして艶の玉脇みを。ついに霊魂の行方を見極めたのだった。

というのが粗筋なのだが、実は泉鏡花の絢爛たる描写を1ミクロンたりとも再現できていないので、到底粗筋とはいえないのだった。いやあ実に難しい。

春昼

user-pic
0

泉鏡花は基本的にファンなので、古書店でみつけたらとりあえず買っておくのだが、その文章はいつまでたっても私に読みやすいとはいえず、つい積読になってしまう。ところが一方で、自分の気持ちの変転は分からないもので、急に積んであるうちの一冊の泉鏡花「春昼・春昼後刻」岩波文庫を読み始めた。

「春昼・春昼後刻」は、「春昼」と「春昼後刻」の二つの中編からなっていて、続きものであるが一応独立しているので、「春昼」から読み始めた。

すると、ある男がある村を散策していて、畑仕事をしているお爺さんに声をかけるシーンから始まる。声をかけた理由は、目の前の屋敷に、大きな青大将が入っていったので注意したいが、自分はその家に面識がないので、お爺さんにその家に伝えてほしい、というものだった。なにしろ、その屋敷からは、若い婦人の声が聞こえたりしている。

ともかく、お爺さんが引き受けてくれたので、男は、屋敷の様子を眺めつつ、その場を立ち去った。屋敷からは、若い婦人と三十路の婦人がみえた。

ここからは、男は散策子と呼ばれる。そして、泉鏡花特有の絢爛たる自然の記述や動物が頻繁に登場してくる。さっきは青大将で、今度はヤマガカシ。

歩いていくと、住職の住まいがある。寺というには狭い。散策子は、懐紙の切れ端に「うたた寝に恋しき人を見てしより夢てふものは頼みそめてき 玉脇みを」と、美しく書いてあるのを見つけた。これは、小野小町の古歌である。すると、僧が現れた。この小説では出家と呼ばれている。

散策子は、出家の勧めに従い、お寺の仮庵室に逗留することにした。すると、出家は、仮庵室に逗留している間に思い詰めて亡くなった男に言及した。すると、散策子は俄然興味を惹かれた。それはまさに、散策子のような男だったらしい。

男は入水自殺したのだった。その二ヵ月後に細君が横浜の別宅から、例の二階建ての本宅に引っ越してきた。その細君がまさに、男が焦がれ死ぬほどの美人、玉脇みを。

その玉脇みをの夫は、昔あるとき、土中から甕を掘り出した。ところがその甕には金塊が。それを元手に事業を興し大発展したのが、玉脇済之助。

散策子以前に仮寓居にいた男、すなわち客人が、あるとき橋の欄干に腰かけていると、たまたま例の御新姐、玉脇みをが通りがかった。子連れだった。後で知ったのだが、先妻の子らしい。その子がハンカチを落としたのだが、たまたまそれを拾ったのが、客人のそばにいた釣り人。しかし、「ハンカチが落ちましたよ。」と呼びかけたのは釣り人で、御新姐が振り向いたとき客人と御新姐の目と目が合ってしまった。

次に客人が御新姐に会ったのは、浜から帰ってくるとき。そのとき御新姐の周りには荒くれ男が五人。それで客人はいたく気分を害した。掃き溜めに鶴というか、美女と野獣というか。

それに出会ってからというもの、客人は想いが嵩じて次第にやつれてきた。気分転換に町に出ると、客人はばったりと御新姐に出会った。

客人は一層変な気分になり、しばらくして深い山道に入っていった。すると、囃子の音がする。しかし、祭りらしい場所はみえない。しばらく歩いていくと、ようやく祭りの場所をみつけた。行ってみると、ご婦人がずらりと並んでいた。立っている人もいれば座っている人もいる。血を流している人もいる。

そこからふらりと歩み出てきたのは、御新姐。客人は御新姐の背中に△、□、〇を描いた。そしてふと正気に戻った客人は、夢中で駆け戻り、出家に懺悔した。

次の日、お寺に御新姐が訪ねてきたが、出家は仮寓居に客人を閉じ込めて、決して外から見えないようにした。しかし、ふとした隙に客人は仮寓居を逃れて、蛇の矢倉へ。それからしばらくして、客人の死骸が海で見つかった。

以上であるが、最後になるほど幻想性が増して、ストーリーについていきにくくなった。しかし、これこそが泉鏡花の真骨頂だろう。

柳広司は、「ソクラテスの妻」を最初に読むという変則的な出だしであったが、たまたまブックオフで、彼の代表作と思われる「ジョーカー・ゲーム」角川文庫を見つけたので、早速買って読み始めた。するとこれはまさに、陸軍中野学校をモチーフとした作品なのだった。

「ジョーカー・ゲーム」は、短編集で、「ジョーカー・ゲーム」、「幽霊」、「ロビンソン」、「魔都」、「ダブル・クロス」の五編からなる。

「ジョーカー・ゲーム」は、陸軍中野学校の秋草中佐に相当すると思われる結城中佐の提案で、陸軍内に防諜担当のD機関が設立される場面を描いたものである。すなわち、D機関は、中野学校と同様に陸軍士官学校や海軍兵学校など軍隊プロパーな学校ではなく、帝大などの一般大学の卒業生から採用すること、独特のトリッキーな試験があること、死んではいけないと教えられること、天皇制でさえ、普通に議論されること、宿舎に門限がないこと。軍服を着てはいけないことなどの方針があり、それが陸軍の猛反発を受けた。そこで陸軍の武藤大佐は、なんとかD機関の失態を見つけて咎め、閉鎖に追い込もうとしたが、結城中佐の反撃で武藤大佐が尻尾を捉まれ、逆にD機関に従わざるを得なくなったというストーリーである。すなわち、謀略となると、通常の陸軍の将校たちは、D機関は赤子の手を捻るようなものだった。

「幽霊」は、D機関の係員が、英国総領事館に、出入り業者を騙ってスパイとして入り込み、活動をするのだが、どう調べても英国総領事がスパイなのかどうかどうしても分からず、係員が悩むという話である。結局、結城中佐の判断で決着するのだが、英国総領事もなかなか一筋縄ではいかない強者なのだった。

「ロビンソン」は、イギリスに諜報活動のため潜入したD機関の係員が、スパイであることを見破られる話。結局係員はイギリス当局に捕まり、自白剤を注射されるのだが、結城中佐はそこまで見通して手を打っておいたという話である。

「魔都」は、戦時中の上海で、憲兵隊の下士官のスキャンダルをD機関の調査員が見破り、収束させる話である。

「ダブル・クロス」は、日本に来ているドイツ人スパイの死亡事件に関して、結城中佐がD機関のある曰く付きの調査員に調査を命じるのだが、それは実は調査員の適性テストだったという話である。

どのストーリーも激しいアクションや心理劇はないものの、スパイ独特の調略がスパイスが効いていて小気味よく、読ませるストーリーになっていた。強いて難をいうと、D機関の総帥の結城中佐の深謀遠慮が冴えすぎていることくらいであろうか。しかし、それくらいでないとスパイ小説としては面白くない。

なお、結城中佐のモデルである秋草中佐であるが、解説の佐藤優氏によると、終戦の日にソ連軍に投降し、悪名高きルビヤンカ監獄に収容された。そしてスパイ活動の罪で禁固25年の刑を受け、1949年3月にウラジミール監獄付属病院で病死した。

ソ連は、諜報活動のメッカなので一層、秋草中佐の今までの活動を問題視したのだった。

ゴルゴタ

user-pic
0

もう二年近く前、深見真のライフルバードを読んで、鮮烈な面白さを感じた。それで深見真の別の作品を読もうと思いつつ、そのままになっていた。

ところが久々にブックオフに行ってみると、深見真の「ゴルゴタ」徳間文庫があるではないか。次に深見真の作品を読むならこれだ、と決めていたので、即買いして即読みを始めた。優柔不断な私にしては珍しい。

「ゴルゴタ」の主人公は、陸上自衛隊の一等陸尉、真田聖人。より詳細には、対テロを想定した特殊作戦群に所属する。分かりやすくいうと、要するに猛訓練で鍛えられた特殊部隊である。

すなわち最屈強部隊なのだが、そんな中でも真田は最強を謳われている。そしてついに真田が属する部隊に出動命令が下った。すなわち、石川県の海岸に座礁した北朝鮮の工作船から武装した工作員たちが上陸し、警官を射殺して山に立て籠ったので、彼らを無力化するという指令が出されたのである。特殊作戦群は、日下部一等陸佐の指揮の下、作戦行動を開始した。真田は分隊長である。真田の分隊は、女性ながら精鋭の古馬二頭陸尉も所属する。こうして全員の協力で、特殊作戦群は一兵たりとも犠牲者を出すことなく、工作員たちを掃討した。

こうして作戦が完了して日常の訓練に励む真田は突然、警務官にコンタクトされた。自衛隊で警務官といえば普通、何か問題を起こした場合に調査する役割なので、真田は身構えたが、実は真田の家族に関する犯罪事件を知らせに来たのだった。 

すなわち、真田には妻があり、妊娠六ヶ月なので妻の実家で静養していた。そこを中学生五人の不良たちに押し入られ、妻と義理の母が殺されたのである。しかも妻は性的な暴行も受けていた。

真田は一瞬、意味が分からなかった。しかし警察署を訪れて、妻と義母の変わり果てた姿を確認したときは、死体は見慣れているはずなのに慟哭した。

そして、葬式をなんとか終えると、真田は、犯人の中学生五人の動向を窺った。すると犯人たちは証拠をあまりに多く残していたのであっさり捕まり、まだ15歳以下の少年なので、法廷戦術で述べたように家庭裁判所で審判され、その罪状の重さから当然に事件は検察官に送致されるもとの期待されたが、不可思議にも少年たちは一番軽い保護観察処分に終わり、比較的短い保護観察の後、社会に復帰できるのだった。

その結果をなんとか覆そうと努力した真田は、それが不可能と知ると、自衛隊を辞めた。すると退職金が入り、少年たちの親に対する民事訴訟を起こし、相当の資金が手に入るとある計画を遂行するために、世間から姿を晦まし、潜伏した。

それからしばらくして、水死体がみつかった。身元を調べると、高校生らしいが、特になんらかの事件に関連しているとは思えなかったので、警察は淡々と処理した。それからしばらくして別の水死体がみつかった。身元を調べると、やはり高校生らしいが、手口が似ているので調べてみるとなんと、どちらの高校生も真田聖人の妻殺しに関連していると分かった。それでこれは真田の復讐らしいと警察は判断した。だとするとそれは由々しきことである。なぜなら、自衛隊最強だった男がその持てる技と知恵を振り絞って行動するわけで、生中の布陣では対抗できない。こうして警視庁最強の特殊部隊が動員された。

しかし、真田の強さは誰の想像も絶するもので、いかなる護衛や防護もものともせず次々に殺戮が続けられていく。そう、加害少年たちは荒ぶる神の怒りを呼び覚ましてしまったのである。そのことは、聖書のおどろおどろしい箇所が、この小説の随所で引用されていることから示唆される。

ともかく、この小説はスティーブン・ハンターの小説ライクに銃の蘊蓄も満載で、深見真の渾身の力作なのだった。

たまたま古書店で、山田悠介の「その時までサヨナラ」文芸社文庫というのを見つけて、あまり面白さを期待したわけではないが、とりあえず買った。

山田悠介の小説は今まで読んだことがないが、なんでもホラーの鬼才らしい。しかし、この小説は愛と絆の感動ミステリーらしい。ううん、恋愛ものが苦手な私はちょっと引いたが、なぜかすぐに読み始めた。ところが、あまり期待しないで読み始めたはずなのに、急に小説の世界に引き込まれた。よく分からないが、読ませるというか妙に読みやすいのである。

この小説の主人公は、森悟。講文社という出版社で、編集の仕事をしている。悟は、後藤田夏夫という若手作家を見出し、育ててきた。すると、才能と運に恵まれたか、後藤田の小説がどんどん売れ、それにつれて悟の社内の地位も次第に上がってきた。もう一息で編集長というところまできた。

悟は既婚で、四歳になる男の子、裕太がいる。おお、井山裕太と同じ名前ではないか。ところが、仕事にのめり込みすぎて、悟は家庭を放置し、妻の亜紀にも一切協力しなかったので、夫婦仲が険悪になり、離婚も時間の問題となった。

そんなことを悟は一切気にすることなく、会社の後輩の川田紀子と浮気したりして絶好調だった。ところが、晴天の霹靂のような失態が起きた。後藤田が新作の小説を書き、悟の指示でそれをUSBメモリの形で受け取った川田紀子が、USBメモリを電車の中ですられてしまった。

剰え、そのスリが愉快犯で、USBメモリの情報を世間に公開してしまったので、後藤田が激怒し、講文社に重大抗議してきたので、悟は完全に立場をなくした。出世などとんでもない。

そんな状態で妻との仲が完全に決裂し、妻は息子を連れて都内の実家に帰ってしまった。そうなっても悟は、妻子より会社の仕事の方の懸念が大きかったりする。

しかし、数日たって、仕事どころではない事件が起きた。なんと、妻が福島で電車に乗っているときに東北大震災が起き、電車が脱線し、息子はなんとか助かったものの、妻が事故死してしまった。

そうなると、息子の裕太を誰が面倒みるかだが、妻の両親はもともと悟にいい感情をもっておらず、孫を引き取るといってきかない。しかし、悟はそうするふんぎりもつかず、自宅マンションにいると、なんと、宮前春子という風采の冴えない女性が訪ねてきた。なんでも妻の知り合いで、妻から頼まれて、残った家族の面倒を見にきたのだという。

悟は、何を馬鹿なことをいうのだ、そもそもお前は誰だ、帰れなどと喚くだけである。しかし悟はなぜか追い返しがたいものも感じ、宮前春子は居付き、裕太もある程度懐いているようである。それだけではない、春子は悟に家事を教えようとする。

そこから悟は、妻が福島に出向いた理由を探った。行先はなんでも、浄命寺というところらしい。

ここからはストーリーのコアなので省くが、様々な推理と偶然が重なり、浄命寺と宮前春子が関連付けられ、ありえないような秘密が明らかになった。そして、まさにお涙頂戴の結末。分かっていても私は泣けた。この本のクライマックスのところを私はたまたま、散髪屋で順番を待っているとき読んでいたのだが、目にゴミが入ってしまったようなふりをするのに苦労した。

山田悠介の作品は初めて読んで、そのreadabilityに感心したので、今度はお涙頂戴ではない、本来のホラーものでも読んでみることにしよう。

かなり前に古書店で、柳広司「ソクラテスの妻」文春文庫というのを見かけて、とりあえず買っておいた。ところがちらっと眺めたら、もともとかなり薄い本なのに、この本は十三篇の短編からなっていて、「ソクラテスの妻」はそのうちの一つに過ぎない。で、やや失望して積読することにしたのだが、それでもこの本を本棚でなく手許においておいたのは、生来のギリシャ趣味のせいだろう。

そんなわけで、この本の背表紙はいつも眺めていたのだが、ある日、ん?と気づいたことがあった。それは、柳広司って、たしか「ジョーカー・ゲーム」などのスパイ・ミステリーの書き手だったよね、ということである。気になる作家なのに、まだたまたま一冊も読んでいないので、いまいち印象がはっきりしていないのだった。

そんな柳広司がギリシャものの小説を書いたというのも面白いと思い、とりあえず「ソクラテスの妻」の十三篇の短編を読むことにした。

その十三篇とは、以下のとおりである。

  1. オイディプス
  2. 異邦の王子
  3. 亡牛嘆
  4. ダイダロスの息子
  5. 神統記
  6. 狂いの巫女
  7. アイギナの悲劇
  8. 最初の哲学者
  9. オリンポスの醜聞
  10. ソクラテスの妻
  11. 王女メディア
  12. ヒストリエ

オイディプスは、意に反して運命の悪戯により、父を殺し、母と交わることになったオイディプスの話である。

異邦の王子は、スキュタイの王子アナカルシスが、母の故国ギリシャに留学する話。ギリシャのソロンから学んで賢人になったアナカルシスであるが、故国に戻ってみると、認識の齟齬は大きかった。

恋は、クレタの王ミノスの娘、アリアドネが、アテナイの王アイゲウスの息子ポセイドンの末裔であるテセウスに恋する話。アリアドネは、アリアドネと糸として知られる手法でテセウスを懸命に逃がすのだった。

亡牛嘆は、クレタの王ミノスの妻パシファエが白い美牛に恋して、なんと牛と姦通してしまう話。そうして生まれたのがテセウスなのだった。これが原因の一つとなって結局クレタは滅んでしまった。

ダイダロスの息子は、パシファエの依頼でパシファエが牛と交われるような巧妙な模型をつくった天才職人ダイダロスと、その息子のイカロスの話。

神統記は、ニュクス、ヘレメ、ガイア、ウラノス、クロノス、ゼウスなどギリシャの神々が争う話。

狂いの巫女は、アルゴスの王アガメムノンがトロイア戦争から凱旋したとき、連れ帰ったトロイアの王女が波紋を引き起こす話。それを歓迎している風のアガメムノンの妻、クリュタイネストラは次第に荒れ狂った。

アイギナの悲劇は、アテナイから独立したアイギナが、オリーブの樹の女神像を持ち去ったことからアテナイ軍から攻め込まれる話。小国で大した軍備ももたないアイギナは風前の灯だったのだが。

最初の哲学者は、ミレトスの賢者、タレスの話。

オリンポスの醜聞は、美しい女神、アフロディテを妻にした、醜いヘファイストスの話。ヘファイストスが建築に精を出している間、アフロディテは男神を誘惑して浮気ばかりしていた。それに気づいたヘファイストスが反撃する話。

ソクラテスの妻は、クサンチッペは別に悪妻でなかったという話。なにしろソクラテスは、女はつくらないものの藤沢秀行ばりの家庭放棄で、クサンチッペは弱り切って、人前でソクラテスに水を浴びせたりした。それでもソクラテスが堂々と刑死したときは嘆き悲しんだ。ちなみに、妻が悪妻だと夫が哲学者になるというのは逆で、夫が哲学者だから妻が悪妻になるのである。それはあまりにも当たり前でつまらないので、誰も言及しないだけである。

王女メディアは、ギリシャから来た美丈夫イアソンに、コルキスの王女メディアが恋をした話。イアソンが狼藉でコルキスの王アイエテスから追われて逃げたとき、メディアはイアソンに付いてきた。ところがメディアは、見かけによらず恐ろしい謀略家だった。

ヒストリエは、ヘロドトスが「歴史」を書くに至った経緯の話。

ということで、どれがギリシャ神話由来で、どれがそうでないか私には截然とは分からないが、これはこれでとても興味深いギリシャ説話入門なのだった。流石、柳広司である。

第三の女

user-pic
0

夏樹静子は、私が学生時代、松本清張や横溝正史、江戸川乱歩などを読みつつ、ミステリーに傾倒していた頃は、私の趣味にはあまりあわなくてほとんど読んだ記憶はない。

ところが、たまたま読んだWの悲劇が、ちょっとスタティックながら、そのセンスのよさに感心して、今更のように夏樹静子のファンになった。

そこでたまたま見かけた「第三の女」光文社文庫を買っておいたのだが、私の悪い癖であまり理由もなくしばらく積読で、気まぐれで突然読み始めたら、ううん、これがなかなか面白いのだった。

「第三の女」の主人公は、福岡の国立J大学の医学部衛生学教室の助教授、大湖浩平。多分であるが、国立J大学とは九大のことなのだろう。

その大湖であるが、学会に出席するためにパリに出張した際に、時間があったのでパリの郊外のしなびたホテルに足を延ばした。そこで夜レストランにいると、落雷で停電になり、様子を窺っていると、女性らしき人の気配が感じられた。大湖にはなぜか、それが運命の出会いのように思えたが、女性の方もそう思ったらしい。いきなり女性は、ある女を殺したいとつぶやいた。なんでもターゲットは、箱根のエメラルド・ビューというホテルの長女、永原翠らしい。不倫の果て、相手の男を殺したのが許せないということである。

一方の大湖もまた、殺したい人物を挙げた。それは彼の上司の吉見教授である。大湖は、衛生学の研究の一環で、ある食品会社の菓子を食べた複数の子供に癌が発生している事件を調査し、その菓子に発癌性物質が含まれていることを突き止めた。それを発表しようとしたところ、吉見教授に強く反対された。吉見教授は、賄賂でももらったか、食品会社と結託して、大湖の調査を握りつぶそうとした。剰え、大湖を辺地に左遷させようと画策している。

こうして互いの胸中が開示されると、二人の心理的距離は一気に縮まり、互いの容姿を確かめる間もなく、二人は愛し合った。大湖が勤務先と名前を名乗ると、女は、鮫島史子とだけ名乗った。

雷の閃光のような出会いの後、大湖は何事もないかのように福岡の自宅に帰った。妻と娘二人の平和な家庭だった。そんなとき、箱根から何気ないメッセージの葉書が届き、その後突然、吉見教授、自宅で殺されるという事件が起きた。

なんの確たる証拠もなく、大湖はこれは交換殺人の第一ステップだと悟った。そして、永原翠への第二ステップを執り行うべく、箱根に赴くことが要請されていると強く感じた。

そこから大湖は、稚拙ともいうべき幻惑手段を駆使しつつ、永原翠に接近していくのだが、一方で大湖は、鮫島史子の影も、サインも一切感じられないで、次第に自滅しそうになる、という切ないストーリーだった。

夏樹静子が流石だと感じたのは、トランプのほとんど手札を晒したような展開で、大湖の心理に没入するような描写と、切ないラブロマンスと、ミステリーとしてのトリックをちゃんと盛り込んでいることで、それはまるで上質の古典詰将棋の手順をみるようである。

ところで、アガサ・クリスティに「第三の女」という同名の小説があるのを知った。そこでアガサ・クリスティの「第三の女」の粗筋を調べてみたところ、この小説はクリスティの「第三の女」のオマージュになっていないように思われる。しかし、夏樹静子には、「そして誰かいなくなった」という作品があり、こちらは明らかなオマージュのようなので、「第三の女」もわかりにくいが潜在的な深い関連があるのかもしれない。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち小説カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは将棋です。

次のカテゴリは心理学です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。