小説の最近のブログ記事

古書店で森村誠一の「黒の十字架」中公文庫をみつけて、久々に森村誠一の小説を読もうと、その解説を見てみたら、森村誠一の「小説道場」という本がなかなか面白いのだという。それは今、角川ワンテーママガジンの「小説の書き方」と「作家とは何か」の二分冊になっているらしくて、「小説の書き方」から読んでみることにした。

すると、「アイデアの構成」、「書き始めと結末」、「プロットの立て方」、「文章論」、「文体論」、「実作のサンプル」と、豊富な具体例を以て、生真面目に、ストロング・スタイルで小説の書き方が説明されているので、とても面白かった。

ただ、森村氏が、人間と人生を描くことが小説の第一義としているというのは、世間の多くの人は同意するだろうが、私はSFというか、哲学的というか、あまり人間が中心でない小説もありえるような気がして森村氏はコンサバすぎるのではとちょっと思った。ただ、人間も人生も描かない小説とは何かと自問しても意外に難しい。私は一種のSFとして、抽象的な科学理論の発展がメインの小説みたいなのがありえるのではと考えてみたことがあるが、それでも、それを研究するのが人間の科学者なら、やはり人間の物語に引き戻されてしまうのだろうか。

で、人間と人生を描くことが小説の第一義ということに同意すると、登場人物のキャラの作り方とか、長編と短編の違いとか、書き始めで読者をつかむ方法とか、小説のタイトルのつけ方とか、プロットの立て方とか、本人の作品、他人の作品を駆使しながら、手間をかけてよく書いていると感心した。ジャンルも決してミステリーにとどまらず、純文学、ドキュメンタリーなど広くカバーして、とても教育的に仕上がっている。それだけでなく、森村氏の小説に対する熱い思いが伝わってくる。何しろ、森村氏はミステリーから歴史小説、ドキュメンタリーに版図を広げ、今でも現役の作家である。一線を引いた作家が余興で小説論を書いているのとは違う。

あと、当たり前かもしれないが、改めてそうなんだと感心したのは、小説の虚構性である。すなわち、現実の事件を題材にしていても、そこに作者なりの虚構というか修飾を入れないと小説にならないという。その文脈で、事実は小説より奇なりということはないと森村氏はいうが、それは私は同意しない。なぜなら人間の想像を超えた事件というのは掃いて捨てるほどあると思う。

ただ、森村氏の小説に対する真摯な思いと、そのための方法論は痛いほどわかった。それで、私が本当に小説を書きたいならこの本は大変有用だと思うが、それでも私は小説を書くつもりはないし、多分書けない。

その理由は明らかで、私は一応文章に読みやすさはいれるべきと思っているが、それはあくまでも内容を相手に伝えるためであり、文章の芸術性に配慮するという発想がどうしても出てこないのである。別の言い方をすると私は詩心が全くなくて、乾いて散文的すぎる。そのあたりの自分の欠点をこの本を読んでいて改めて意識するのはあまり楽しいことではないが、まあ現実にそうだから仕方ない。だから小説だけでなく数学や科学も読書の版図に入れて、なんとか興味を刺激しているのかもしれない。

私は、ミステリーファンなので、当然に内田康夫という作家の名前は知っているが、今までなんとなく、食わず嫌いというか、その作家の作品を読むのは避けてきた。

ところが、あるとき、テレビドラマでミステリー番組を観ていたとき、浅見光彦という探偵が登場して。なかなか格好いいと思っていたら、その作家が内田康夫だった。それで、とりあえず内田康夫の作品を何か一つ読もうと思って、古書店に行ったところ、「しまなみ幻想」文春文庫というのが見つかり、これを買うことにした。

なぜなら、しまなみ海道というのは、私の出身地の尾道市から四国の今治を結ぶ大橋であり、私がなにかと土地鑑があるので、入り込みやすいかと思った次第である。

そのしまなみ海道であるが、1999年に開通したとき、尾道の市民は、これで全国から観光客が押し寄せ、尾道が賑わうかと期待したが、案に相違して、むしろ観光客は尾道を単なる通過点としてよそに行ってしまうので、期待外れだった。

ただ、愛媛県の側の港のそばの商店街はもっと大きい打撃を受けたようである。「しまなみ幻想」の村上咲枝の母親、美和の実家が特にそうだった。村上咲枝の母親は、今治の老舗の和菓子屋の娘で、その和菓子屋は古くから続く名門で、その和菓子も評判だった。

その娘、美和は近所でも有名な美人で、今治で財閥の村上造船の息子、康彦の目にとまり、晴れて結婚となった。そして娘、美和が生まれて幸せ一杯だったのだが、しまなみ海道の開通が運命を変えた。すなわち、しまなみ海道により、主だったフェリー便が廃止になり、フェリー便でやってくる観光客で賑わっていた、美和の実家の和菓子屋はお客さんが激減し、次第に資金繰りもままならなくなった。

それで、資金繰りに窮して実家の和菓子屋の店主である美和の兄は、財閥に嫁いでいる美和になんとかならないかと相談したものの、美和としてもそのようなことを安易に嫁ぎ先に相談できるものでもなく、嫁ぎ先と実家の板挟みになり、ついに美和はノイローゼになり、しまなみ海道から海に身投げして自殺した、という次第なのだった。

それは村上家、特に咲枝にとって大変ショックなことだったが、昔から習っていて。それなりに才能があるピアノの稽古に打ち込むことで母との死別の悲しさを紛らわそうとした。それはなんと東京の島崎香代子という、母とも知り合いのところにわざわざ通うものだったが、村上家はなんとか娘が元気になるならと無理を許した。

咲枝は、気のおけない島崎先生に、母の自殺のことも話した。ところが、島崎香代子は、名探偵の浅見光彦とも知り合いで、つい浅見に、村上咲枝の自殺とその経緯を話した。すると、浅見は独特の勘から、これは自殺ではない、すなわち他殺の可能性があると考えたりした。そこで浅見は愛媛毎朝新聞の東京支局を訪れ、当時の新聞記事を閲覧させてくれるよう依頼した。すると、そこの次長の濱田氏がなんと浅見の名前を知っており、一遍知り合いになった。

それからしばらくしてである。濱田氏が驚くべきニュースを浅見に知らせた。それは、新居浜市での一見単なる車の事故死のニュースであるが、なんと亡くなった平林という女性は、村上美和が自殺する前にしまなみ海道の歩行路から海を見ていたというシーンの目撃者だという。これは事件だと浅見の血が騒ぎ、ついに今治市に出向き、地元の警察や、村上家、特に咲枝の協力で、事件解決に邁進するというストーリーなのだった。

それにしても私が不明の恥じたのは、なんとしまなみ海道の経路にある大三島というのは、ほぼ地元なのに、大山祇神社があり、武具や甲冑などの、日本でも有数の古代の宝物が存在する島でもある、ということさえ知らなかったことである。すると、私の出身の島など、格が違い過ぎて、比較するのも畏れ多い。

そういえば、そういう宝物も、この小説の重要なキーワードになっているのだった。流石内田康夫、なかなか手慣れている。そのうち他の小説も読んでみることにする。

おっと、忘れるところだった、この本のあとがきによると、内田康夫氏は、しまなみ海道が開通したとき、当時の愛媛県知事、加戸守行氏から、何か町興しのための小説を書いてほしいと依頼され、できあがったのがこの作品、ということである。そうやって依頼されるというのも大したものである。あと、かなり前、当時文部省の官僚であった加戸氏が書かれた著作権法の本を読んだことがあるが、卑近な実例もふまえ、あまり法律が得意でない私にも分かりやすい本で、感銘した記憶がある。きっと加戸氏は、文学趣味も豊かなのだろう。

私は警察小説でも、正統でないというか、補助的な捜査手段の係の担当者を主題としたものが好きである。具体的には、法医昆虫学捜査官とか、脳科学捜査官などである。

なぜなら、私がずっとサラリーマンとして裏方というか、インフラ整備のようなことばかりしてきて、損していたからで、正統でない捜査手段はどうしても冷遇され、あるいは無視される。

なので、たまたま新刊案内で、麻見和史の「警視庁文書捜査官」角川書店をみたとき、これはと直ぐに買って読み始めた。すると主人公は、鳴海理沙警部補という女性警官。女性の警部補といっても、姫川玲子のような強烈なインパクトはなく、地味である。

ただ、姫川玲子と似ているのは、年上で男性の部下がいることである。鳴海の場合は、八代という巡査部長である。八代は第一線の刑事として活躍していたが、文書捜査官として女性上司の下で毎日書類整理ばかりで、うんざりである。これはどうみても懲罰人事としか思えないのだが、思い当たるふしはない。

男性の八代からみて、鳴海は、整った顔立ちで、入念に化粧すれば相当な美人になる可能性があるが、容姿に配慮する様子もなく、鳴海は毎日書類を眺めて嬉々としている。それで八代は、警部補は何がそんなに楽しいんですか、と聞いたら、なかなか鋭いというか含蓄がある答えが返ってきて、八代は鳴海を見直したりした。

それでも矢代がオフィス内を歩いていると、同僚たちから倉庫番と揶揄されて腐るのだった。ところが、殺人事件が起き、文書捜査官に動員命令が下った。具体的な役割というよりも、お手並み拝見というところらしい。

ところが、鳴海は、現場に落ちていたレシートと、アルファベットのカードの情報を深読みして、犯人のアジトのようなところを割り出すとともに、事件の背景を推察した。そして、それが示唆する場所に行ってみると、確かに怪しい者がいた痕跡があり、存在意義不明だった文書捜査官が見直されてきた。

こうして一旦見直されると、文書はあちこちに溢れているので、文書捜査官が効果を発揮する場面も増えてきた。そして、手がかりが見つかったとき、たまたま周囲に手助けがいなかったので、鳴海は八代とともに、危ない場所に踏み込んだ。そう、鳴海は地味な性格であるが、姫川玲子と似ているところがあって、それは責任感と正義感が強く、危険を恐れないことである。それで鳴海と八代は大変な危険に陥ってしまったのだが。

あと、文章心理学を応用して独自の視点で鳴海は捜査を助けるのだが、ちらっと本人が漏らしたところによると、警視庁内の書類の欺瞞を暴くという密命も帯びているらしい。

そういえば、ジェフリー・ディーヴァーの悪魔の涙でも、文書検査士のパーカー・キンケイドという者が事件捜査に活躍した。巷に、警察内に、文書は極めてありふれているので、鳴海のような文書オタクにとって、世間は宝の山なのであった。

「警視庁文書捜査官」には続編もあるらしいので、また読んでみることにする。

何かの本の紹介で、笠井潔の「バイバイ、エンジェル」創元推理文庫というミステリー小説がなかなかユニークだと知って、とりあえず買っておいた。どうユニークかというと、なんでも探偵が哲学、特に現象学を弄するんだという。

私の乏しい想像力では、現象学でどう犯人を突き止めるのか全く想定できなくて、ともかく読んでみることにした。

すると、ピレネーの旧家デュ・ラブナン家のイヴォンが、スペイン戦争のレジスタンスに参加して失踪したというところから始まる。そのとき、デュ・ラブナン家の小作人のジョセフ・ラルースもイヴォンと行動を共にするが、単独で帰国し、イヴォンから山を贈与されたと主張した。主人がいないデュ・ラブナン家の人々は、それに抗弁できず、山はラルース家に取られてしまった。

ところが、その山から鉱脈が発見されて、ラルース家は裕福になった。やがてジョセフ・ラルースは行方不明になり、その財産は、経緯があってジョセフの次女のオデットに相続されることになった。

オデットは、山から鉱脈を探しあてた技師、ラルースと結婚したが、ラルースは事故死してしまった。

オデットは美人で男好きで、しかも財産があるので、オデットに言い寄ってくる男はいくらでもいた。それでオデットは、事業家のデュロワと付き合い始めた。

ところが、ラルース家は、イヴォンを名乗る者から、不吉な手紙をもらった。なんでも、裁きが行われるということを宣言するものである。

その手紙は、イヴォンの、ラルース家に対する遺恨を晴らそうとするもので、果たして、ラルース家の次女のオデットが惨殺された。そして、行方不明なはずのイヴォンの仕業か、それともそれを騙って誰かがやっているのかと話題になった。

警察署のルネ・モガール警視の娘、ナディアは、父の影響で推理好きで、大学の学友で正体不明の日本人、矢吹駆と事件のことの推理を議論した。その矢吹こそが、語学の天才且つ現象学の使い手で、ナディアをしばしば煙に巻くのだった。

しかし、モガール警視とその部下のバルベスの懸命の捜査にも拘わらず、第二、第三の殺人が起きてしまうのだった。そして矢吹は不思議な推理を繰り広げて、周囲の反発を買うというストーリーなのだった。

それにしても、作者は学生運動が盛んな時代に共産主義に与したらしくて、よくぞ無事その荒波を生き延びたものである。

登場人物のwordyさが当時の状況を活写していて、ノンポリだった私もかなり懐かしく思い出した次第である。

書斎の死体

user-pic
0

私は今、アガサ・クリスティーに対するテイストを涵養していて、特にミス・マープルものを読んでいるのだが、その三冊目として、ハヤカワ文庫の「書斎の死体」山本やよい訳を読むことにした。

すると、最初の出だしから日和った。というのは、セント・メアリ・ミード村にあるゴシントン館という、バントリー大佐の自宅で事件が起きたからである。すなわち、バントリー大佐の書斎にある朝、なんと若い女の死体が横たわっていたのである。

なんということだと、バントリー大佐は早速警察に連絡した。なにしろバントリー大佐は、地区の首席判事であり、この地方の有力者である。一方、バントリー大佐の妻のドリーは、不安なので早速、ミス・マープルに連絡した。ちょっとうるさいが、何かと頼りになる友人なのである。

警察は、村に住んでいて、映画の道具係をしている、バジル・ブレイクという男を訪ねた。女がよく出入りしていて、何かと評判がよくないからである。ところがバジル・ブレイクは、警察に必要以上に突っ張って、一層心証を悪化させた。一応アリバイはあるようなので、容疑者ではないようであるが。

ゴシントン館に警察本部長のメルチェットと、その部下のスラックがやってきたとき、被害者の身元が割れた。ルビー・キーンという女性で18歳。ダンサーで、隣町のデーンマスというところにあるホテルでショーに出ていた。

そこでフットワークの軽いスラックが早速そのホテルに出向き、ルビーのことをよく知る、ジョージーという女性を連れてきた。ジョージーはルビーとは親戚で、ホテルで働くように誘った。なので、ルビーのことはよく知っている。スラックに連れられてゴシントン館にやってきたジョージーは、亡骸を確認して、ルビーだと認めた。

さて、ミス・マープルとドリーは、ルビー・キーンが働いてしたホテルにやってきた。いろいろと事件の原因を探るためであり、また、旧知のコーンウェイ・ジェファースンという富豪がいたからでもある。

コーンウェイは、妻と息子と娘を含めた四人で飛行機で旅行しているとき、飛行機が墜落し、妻と息子と娘をその事故で亡くし、本人はなんとか生き残ったが、重大な後遺症が残った。

その息子と娘にはそれぞれ妻と夫がいたので、その二人は義理の娘と息子という立場でそばにいいるものの、どうも血が通っていないのでつい、他人行儀である。

それでミス・マープルとドリーがいろいろ聞いたところでは、ジョージーがコーンウェイとブリッジをしたりして、親しくしている。また、ルビーもコーンウェイのところにやってきて、コーンウェイになぜか随分気に入られ、なんでも養子縁組して膨大な財産分与に預かるような話もあったらしい。すると、義理の娘と息子にとって遺産相続の重大な障害になるので、二人はルビーに対して殺意を抱いてもおかしくない、ということになる。

しかし、流石のミス・マープルも、おぼろげながら犯人像は掴んでいるのだが、いまいち決め手を掴めないでいた。そんなときである、一見この事件とは無関係のような、盗難車が郊外で焼かれ、その中から身元不明の黒焦げ死体がみつかるという事件があった。

ところがこの事件をきっかけとして、ミス・マープルの頭の中で、missing pieceが埋まり、一気に犯人像が結実し、その結果、なぜゴシントン館に若い女の遺体があったか、という謎も解かれるのだった。

そしてそのときのミス・マープルの推理は、論理一辺倒でなく、人間心理に対する洞察を最大限に駆使したものである、というのが興味深い。このような深い人間心理の洞察力をミス・マープルは、セント・メアリ・ミード村という田舎に住んでいるせいにしているが、それは実に興味深い。

なぜなら、私も瀬戸内海の孤島という、第一級?の田舎の出身だが、そこでは本当に島民たちのプライバシーがあからさまで、そういう開示されたプライバシーを教材として、独自の人間洞察の深みに達することも可能であるとそのとき子供ながらに感じたものである。

こうして私はミス・マープル・シリーズに今まで以上の共感を寄せるようになった次第である。

読書の嗜好は分からないもので、今までほとんど読んでいないドフトエフスキーでも読もうと、たまたま買ってあった、決してメインとはいえない「二重人格」小沼文彦訳、岩波文庫を開いて読もうとして、つい解説のところを眺めていたら、ゴーリキーという文字がみえた。

すると、そういえばゴーリキーの短編集も買ってあったよね、と書棚から「ゴーリキー短編集」上田進・横田瑞穂訳編、岩波文庫を探し出して、とりあえずこちらから読むことにした。まったく自分の気まぐれには呆れる。

「ゴーリキー短編集」の最初にあったのは、「イゼルギリ婆さん」。場所は、ベッサラビアのアッケルマン近くの海岸。具体的には、ウクライナの南部の海岸に面した場所らしい。

葡萄を摘み終えたモルダヴィア人の一団は、海に出かけていった。しかし、この小説の語り部である私と、イゼルギリ婆さんは暗がりに残っていた。

ふと、イゼルギリ婆さんは雲の黒い影を指さして、ラルフが歩いていく、とつぶやいた。ラルフとは一体誰か。私は怪訝になり、イゼルギリ婆さんの語りは続く。

それは、何千年も前の昔の遠い国。土地は肥沃で、強い種族が住んでいた。そして種族は狩りのあと集まって、酒宴を催していたのだが、空から突然大鷲が舞い降りてきて、若い女を攫っていった。男たちは行方を捜したがとうとう見つけられないで、結局女のことは忘れさられてしまった。

それから20年経って、女が若者を連れてやってきた。聞いてみると、女は昔、鷲に連れ去られた女だった。そして、若者は女と鷲の間にできた子供だという。鷲が老いて死んだので、昔いた村に戻ってきた。

普通なら、行方不明だった女が息子を連れて戻ってくることは誠に慶賀すべきことである。ところが、若者は態度が無礼千万で傍若無人なので、村の長老たちは若者を受け入れるにはいかないと反対した。部族では、しきたりや礼節を重んじる。

すると、若者は突然、近くにいた若い女に手を出し、女が拒絶したので、女を嬲り殺しにしてしまった。これをみて村人たちは若者を捕まえて縛り上げ、さてどのような酷い死刑を与えるかと話し合ったが、どんな死刑も、殺したらそれで終わりなので、村人たちの復讐心を満足させなかった。

村人は、若者になぜ女を殺したか尋ねた。すると、女が自分を拒否したからだ、と短くいう。駄目だこりゃ、と村人たちはあきれ果てた。

長老は考えて、若者をラルラと呼び、徹底的に放置することにした。それで、若者は自分の父親である鷲のように自由で気ままな生活を始めた。そしてやりたい放題で、家畜も女も気の向くまま攫っていった。人々は当然に矢を射たりして攻撃したのだが、なぜか矢が通らず、殺せないのだった。こうして若者は残忍な日々を送ったが、何十年もそういう日々を送ったので倦んできて、ある日村にきて身を投げだした。さあ、殺してくれ、という意思表示である。

しかし、村人は叫んだ。あいつに手を出すな、殺してはいけない、奴を楽にさせるだけだ。仕方がないので、若者は自ら死のうとしたが、どうしても死ねないのだった。こうしてラルラと名付けられた若者は、死ぬことさえまかりならず、天涯孤独という深い悲しみを帯びたまま長い間歩き回っているという次第なのだった。

そこから一転して、イゼルギリ婆さんは昔の男性遍歴を語り始めた。今ではすっかり老いさらばえたイゼルギリ婆さんも昔はなかなか魅力的で、言い寄ってくる男に不自由しなかったらしい。また、イゼルギリ婆さんは、いまでいう肉食系というか、自らも男を求めて、ポーランド、トルコ、ハンガリーと放浪した。拘置所に囚われている恋人を、番兵を騙してなんとか逃がしてあげたこともある。なかなか男勝りの女だった。

そこからさらにガリシアに行き、暮らしているうちに、年取って次第に容姿が衰えてきて、言い寄ってくる男も少なくなってきたので、ここドルブージャに戻ってきた。

すると急にイゼルギリ婆さんは話題を変え、ほら向こうに青い火がみえるだろう、という。私は確かに、見えるので、あれは何だいと聞いた。そこからまた、イゼルギリ婆さんの驚くべき話が始まった。

それは、森に棲む勇敢な種族の話。しかし、災難が襲ってきた。強い敵に追われ、昼なお暗い森の奥深くに逃げ込んだ。逃げ込んだものの、どこかに脱出できるあてもなく、みんな気持ちが塞ぎ込んで、このまま自決するか、あるいは引き返して敵の捕虜になるかと囁きあっていた。

そこに名乗り出たのが、ダンコという若者。死んではいけない、捕虜になってはいけないとみんなを励まして、さらに森の奥に引き連れていった。ところがいくら進んでも、森は一層深くなるばかりで、皆はダンコに対する不信感を募らせていった。ダンコに対して、お前なんか死んじまえとありとあらゆる罵詈雑言を投げつけた。

するとダンコは、いきなり自分の手で自分の胸に手を突っ込み、心臓を取り出すと、それを頭上と高く掲て進み始めた。その心臓は赤々と燃え盛り、その心臓に鼓吹された人々は勇気をもってダンコの後に続いた。そうしてなんとか曠野に出ると、ダンコは力尽きて死んでしまった。ところが人々は曠野に脱出できたことが嬉しくてダンコの死んだことさえ気づかないでいると、一人の男がダンコの心臓がまだ燃え続けているのを発見し、おそるおそるその心臓を踏んづけてみると、心臓はパチンと割れて、青い炎が飛び散った。

それからというもの、雷が鳴る前になると、飛び散った青い炎が曠野にあらわれてくるのだという。

以上が「イゼルギリ婆さん」であるが、なんと幻想的なのだ、なんと荒唐無稽なのだと私は違和感で一杯になった。

これはゴーリキーの小説のほんの一側面らしくて、少しずつ他の小説も読んでみることにする。

古書店で、安部龍太郎の「風の如く水の如く」集英社文庫を見かけたとき、なんでも関ケ原の戦い関係らしくて、それは面白そうととりあえず買った。そもそもこの作家の警察小説が面白かったからというのもあるのだが、それが実は勘違いであることが分かるのに少し時間がかかった。

すなわち私は、安部龍太郎を、SROの富樫倫太郎と勘違いしていたのだった。富樫倫太郎は確かに、もともと歴史小説の作家で、そこから警察小説も書くようになったのだが、歴史小説の作家としては安部龍太郎の方が明らかに厚い。そもそも、安部龍太郎は直木賞作家でもある。

さて、「風の如く水の如く」は、関ケ原の戦いが東軍の勝利で終わった段階から始まる。東軍の総大将の徳川家康としては、論功行賞を行う必要があるが、それはなかなか難しく、すっきりいかないケースもあった。

論功行賞の判断を難しくしていたのは、猛烈な密告合戦があったからである。例えば、誰それは東軍に与していたけれども、実は西軍の誰それに内通していた、というものである。

そもそも、名目上豊臣家が正統であるため、建前からいくと西軍につくことになるのだが、問題は西軍を指揮する石田三成が豊臣家の主だった武将から圧倒的に不人気で反発されていたということがあり、豊臣家に忠誠を尽くすべき武将が三成憎しで東軍につくということがあったからである。

それでもパワーバランスは西軍に有利で、東軍の総大将家康は薄氷を踏む思いだったが、決定的だったのは、毛利秀元と小早川秀秋の裏切りである。その裏切りをもたらしたのは、父黒田如水の指示に従った、黒田長政の工作だった。

それは東軍にとって最大の貢献ともいうべき功績で、論功行賞でも相当有利に考慮されるべきだったが、そうは問屋が卸さなかった。なぜなら、密告により黒田父子に重大な疑惑が浮かび上がったからである。

そこで、徳川家康の側近、本多正純が事実確認のため、黒田家を訪れた。証拠は、黒田如水直筆の書状。その内容は、関ケ原の戦いで東軍・西軍が拮抗状態にある間に、黒田如水は九州を平定して力を蓄え、東軍・西軍が激闘で疲弊してある間に、駆け上って双方を打ち破り、天下を収めるという壮大な漁夫の利計画だった。

長政は一瞬絶句した。なぜなら、これは事実だったからである。しかし、長政も歴戦の雄で然る者、なんとか曖昧にして、とりあえず切り抜けた。

すると本多正純は、竹中半兵衛の息子、竹中重門や後藤又兵衛など、黒田長政の側近にも厳しい聞き込みを続けた。しかし、竹中重門や後藤又兵衛も尻尾を掴ませない。

こうして、先の見えない尋問が続くという展開なのだが、私が知らない関ケ原の戦いの背景の人間関係が詳述されていて、実に歴史の勉強になった次第である。

今までは歴史小説は食わず嫌いで敬遠してきたが、これを機会にぼつぼつ読んでいきたいと思う。なにしろ歴史小説は膨大な厚みがあって、名作も選り取り見取りである。

トッカン

user-pic
0

高殿円は、井伊直虎の生涯を描いた剣と紅がとても面白くて、その筆力に感心した。そこで、たまたま本屋でみかけた「トッカン」ハヤカワ文庫を読んでみることにした。

トッカンは実は、国税庁特別徴収官の話。私はこういう分野は疎いので勉強の意味もある。

トッカンの主人公は、京橋税務署の新米特別徴収官の鈴宮深樹。鬼上司の鏡雅愛の部下で、何か注意されても言い返せず、グッと詰まるので、グー子と呼ばれている。

なお、国税庁査察官は企業の法務担当者や弁護士などの法律の専門家が相手だが、国税徴収官は、一般人が相手。特に500万円以上の滞納者を相手にするのが、特別徴収官である。

それで鈴宮は日々、悪質滞納者のところに出向くのだが、当然にどこに行っても歓迎されるわけはなく、塩を撒かれたり、物を投げつけられたり、罵声を浴びせられたりで散々だが、部下を鍛えるためか、鏡は手を差しのべてくれない。それで鈴宮は日々鬱々として、こんな仕事は辞めたいといつも思っている。

ちなみに鏡は、高卒ながら税務大学校の首席卒業生で、本庁の国税庁所属のエリート。なので、大卒ながら公務員試験で他に受かるところがなく仕方なく税務署に入った鈴宮は何も言い返せない。

気の弱い鈴宮は、鏡に対してだけでなく、滞納者に対しても強いことがいえず、そうはいっても職務なので、国税徴収法第142条「徴収職員は、滞納処分のため必要があるときは、滞納者の物又は住居その他の場所につき捜索することができる。」という国家権力を発揮して斬り込んでいく。

ちなみに、国税庁は、警察のように捜査令状がなくても捜査できるので、ある意味最強の国家権力なのだった。

しかし、経験が浅い鈴宮は、ある狡猾な滞納者の奸計にひっかかって、接待強要の疑いが生じてしまった。もし本当にそうなら辞職しなくてはならない。鈴宮が死ぬほど悩んでいると、追い打ちをかけるように、鏡が、鈴宮に挽回するように指示した。

いろいろもがいているうちに、鈴宮は鏡の別の、とても思いやりの深い側面を発見した。そして一方的にきつく当たるだけが徴収官ではないと学び成長していく。

あと、鈴宮は実は親から勘当されていた。その理由は父親の稼業は和菓子屋だったが、景気が悪化して滞納したところを、辛辣な税務署員の差し押さえで倒産してしまった。そんな不倶戴天の敵に就職するとは許さんというものだったが、そうはいっても他に入れるところがなかったというのが鈴宮の言い分で、そのことも心痛のタネの鈴宮なのだった。

こういう鈴宮深樹の奮闘記で、続編もあるようなので、読んでみることにする。

私は以前、宮部みゆきのファンで、模倣犯とか、クロスファイアとか、夢中で読んだ記憶があるのだが、単なる気まぐれで、もう15年くらい読んでいないと思う。

ところが突然また宮部みゆきを読もうと思い立ったのは明らかに、棋翁戦てんまつ記の影響がある。そこで、宮部みゆき氏が、将棋は知らないといいつつ、独特の存在感を発揮されていた。

それで、古書店で、宮部みゆき氏の「東京下町殺人慕色」光文社文庫を見かけたのでとりあえず買って、しばらくして読み始めた。すると、独特の委細のあるストーリーと下町の人情が沁みてきた。

「東京下町殺人慕色」の舞台は、ウォーターフロントと呼ばれる墨田区あたりの下町で、主人公は、警察官の八木沢道雄とその息子の順。母親は警察官の夫に嫌気がさして離婚し、病院長の男と再婚した。

読み始めてしばらくして、なにかこの小説は、君たちはどう生きるかと雰囲気が似ていると思った。ただ、それにしては、その小説におけるおじさんのような存在がいない。はて?と思っていると、幸田ハナというかなり年配の家政婦がいた。

ハナさんは、家事全般が完璧にこなせるだけでなく、頭がよく、勘も働く。ちょうど、アガサ・クリスティーの小説予告殺人に出てくるミス・マープルのように推理能力もある。

さて、墨田川で事件が起きた。それは、ビニール袋に入れられたバラバラ死体が流れているのを母子が発見した、というものだった。当然に八木沢道雄は捜査に繰り出され、警察官の息子として順も事件に多大な興味をもった。そして、学校の同級生の友人、後藤慎吾とこの事件のことを話した。すると、慎吾の家は町内会長で、慎吾も町内の事情に通じている。で、慎吾がいうには、町内の一軒家に怪しい篠田東吾という画家がいて、そこに若い女が入っていって出てこなかったり、女性の悲鳴が聞こえたりしたことがあるという。また、才賀という屈強な秘書のような人もいるという。それで好奇心の強い順と慎吾は、その家の付近を偵察にいってみた。

その場所が分かった順は、後日、一人でその家付近をうろついてみた。すると若い女性にたまたま出会ったので、聞いてみると、なんと篠田東吾の娘だという。それで中に案内されて、篠田東吾の代表作の「火炎」という作品をみせてもらうと、すごい迫力で感動した。それは東京大空襲を描いたもので、順は、こんな絵を描いた人が殺人犯なわけないと信じた。ただ、あとからやってきた才賀という男が妙に警戒しているのが気になった。

そういえば、東京大空襲に関しては、小杉健治の灰の男を読んだ。あまり知られていないが、これは傑作だと思う。

事件に戻って、捜査の手がかりがなくて困っている警察に、犯人かもしれない者から、手紙がきた。それには、死体の一部を埋めた場所が記されていた。そこで捜査員と鑑識課員が行ってみると、確かにそこには死体の一部を埋められていた。

ところが、その後も複数回同様の手紙がきて、その都度死体の一部がみつかってみると、どうも被害者は女性二人で、しかも一旦穴に埋められて掘り返されたらしいと分かってきた。しかし、警察はどうしてそんなことをしたのか全く突き止められなかった。

それでも、八木沢道雄と同僚の刑事たちは地道に捜査を進め、次第に網を絞っていったのたが、順は、ミス・マープルのようなハナの推理に駆られて、別の側面から事件の核心に迫るというストーリーなのだった。

読み終えて流石、宮部みゆき、ストーリーの起伏と彩りが巧みだと思った。そして、なぜかアルキメデスは手を汚さないと雰囲気が似ているような気がした。

それにしても、これほど沢山の他の小説を連想してしまう小説も珍しい。これは、広い意味の観念類似であって、きっとこの小説が名作であるという証拠なのだろう。

中性子星

user-pic
0

「素粒子論のランドスケープ2」に関して、ブラックホールのファイヤーウォールという記事を書いて、あ、そうだと、ラリイ・ニーヴンの「中性子星」を読んでみる気になった。

「中性子星」は、ベテラン宇宙パイロット、ベーオウルフ・シェイファーがナカムララインズをリストラになって、浪人暮らししているところから始まる。リストラになった、というのは正しくなくて、宇宙航空会社ナカムララインズは倒産したのだった。

シェイファーは収入が途絶えても、あいかわらず金遣いが荒いので、生活が逼迫してきた。それである店で星系間ヨットを眺めているとき、頭がなく三本足のケンタウルスのようなパペッティア人に声を掛けられた。なんでも、宇宙船のメーカー、ゼネラル・プロダクツ社の支社長なのだという。

その支社長は、中性子星、BVS=1に言及した。ゼネラル・プロダクツ社は以前に、ジンクス星の知識学会研究所から依頼を受けて、中性子星の調査の宇宙船を用意した。しかし、その宇宙船を操縦したラスキン夫妻は、中性子星に近づく途中で死亡した。

考えてみたら、超高密度の中性子星はブラックホールのような様相を呈しており、測地線を越えて近づくと外の世界との通信も途絶え、戻れなくなる。なので極めて危険なのだが、パペッティア人は知識学会研究所との契約に従い、中性子星の調査を再開する必要があった。それでシェイファーに声をかけた次第である。

ベテランパイロットであるシェイファーは、それが極めて危険なミッションであることはよく知っていたが、危険なだけに報酬も大きかった。いや、そもそも既に巨額の借金を負ってしまったシェイファーには、それを断るという選択肢はなかった。

そこで、シェイファーは、ゼネラル・プロダクツ社にいろいろ注文をつけて、少しでも安全に寄与する、核融合モータやレーザ砲などの装備をつけた。

地球政府の職員、ジクムント・アウスファラーは、シェイファーが怖気づいて逃亡するのを防ぐ手立てを打った。

こうしてシェイファーは、自らスカイダイヴァーと名付けた宇宙船で中性子星に近づいていった。そして、引力による自由落下だと、アインシュタインの原理によれば何も特別なことは起きないはずなのに、原因不明の強い力を受けて、シェイファーは苦しんだ。

それが何だかやっと理解したシェイファーは、紙一重の操作で危機を逃れ、なんとか帰還できた。その力とは、実はどの大学レベルの力学の教科書にも載っている。でも、意外に盲点になるのだった。

月別 アーカイブ

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち小説カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは将棋です。

次のカテゴリは心理学です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。