小説の最近のブログ記事

ルージュ

user-pic
0

新聞の書籍広告を眺めていたら、誉田哲也の「ルージュ」という新刊の文庫本が掲載されていた。「硝子の太陽」というサブタイトルもある。

誉田哲也はちょっと食傷感があるので、ちょっとなぁ、と思ったが、これは姫川玲子シリーズなので、惰性で読むことにして、散歩のついでに書店に立ち寄ったついでに買った。実は美人なのに無駄に真面目で仕事熱心という姫川のキャラが好きだったりする。

するといきなり、28年前の昭島市での一家四人殺しという凄惨な事件の記述から始まった。その事件は、犯人が一家四人を次々に殺害しただけでなく、死体を一室に並べ、証拠隠滅のために銃で死体を損壊するという猟奇じみたものだったが、なぜかほとんど捜査されることなく、時代の経過とともに忘れ去られた。

そして、それから28年を経て、世田谷区の祖師ヶ谷で、一家三人殺しという大事件が起きた。その手口は実は、昭島の事件と酷似していたのだが、昭島の事件は世間から完全に忘れ去られていたので、二つの事件を結びつける者はほとんどいなかった。

ともかく、大事件なので、世田谷署には警視庁捜査一課から、菊田を含む姫川の班が招集された。

殺された一家は、長谷川繭子というアイドルなので、姫川たちは、ファンの逆怨みというかストーカーの線で、交遊関係を洗ったが、全くというほど手掛かりが見つからなかった。

それでも、現場付近で聞き込みしていると、姫川は、何やら怪しげな男とすれちがった。それで、監視カメラを駆使して調べてみるとどうも、上岡慎介というジャーナリストらしい。祖師ヶ谷一家殺しの事件を独自に調べているらしい。なんでも、白人を見かけなかったか、と聞きまわっているらしくて、姫川は怪訝になった。

ところが、ほどなくして、上岡は殺されてしまった。犯人が口封じしたのだろうか。

そして、上岡の殺人事件の帳場が立ち、姫川の仇敵である、ガンテツこと勝俣健作たちの班が動員された。

すると、ガンテツは、上岡のパソコンなどの私物を検めたのだが、こっそり、上岡のUSBメモリを押収した。

ここにある資料を使って、姫川たちに一泡ふかせようという算段である。

姫川たちの班はというと、祖師ヶ谷の事件が膠着状態なので、上岡の殺しの方に手掛かりを求めてやってきた。

そこで姫川は、まさにガンテツの仕掛けた罠?に乗って、祖師ヶ谷の事件と、昭島の事件を繋ぐ細い糸に気付き、隠密に動き出した。

ここから佳境に入るのだが、この小説はなぜか、凄惨な事件で始まった割には淡々とした出だしだった。

そこから、菊田とか葉山とかガンテツが出てきて、常連感が溢れて親密ムードになってきたところで、ストーリーはやま場を迎え、重い雰囲気になったはずなのに、どうも文体が軽い。これが誉田哲也の乗り、といえばそうなのかもしれないが、仕方がないのか。

それでも、数年後に姫川シリーズの新刊が出たら、買うだろうな。

以前からなんとなく、吉村達也という推理作家が気になっていて、どの作品がお薦めなのだろうと適当にアマゾンで調べたら、「邪宗門の惨劇」という作品が評判がいいようなので、徳間書店の文庫版を注文して、読むことにした。

すると、いきなり、推理作家の朝比奈耕作という人物が登場した。これは、内田康夫の浅見光彦のような、シリーズ化された主人公なのだろうか。

そんな朝比奈は、二日後の、中学のときのクラス会に出る予定だったが、急に、熊谷須磨子という同級生から手紙をもらった。それは、北原白秋の詩を引用した手紙なのだが、とても奇妙な、マザーグース的な残酷さを秘めた詩で、本当にそれが北原白秋の詩なのか怪訝になった。

それだけでも、怪しさ一杯なのだが、手紙は、渋谷区松濤にある自宅への招待で終わっていた。

そこで、クラス会の幹事の久本に電話できいてみると、熊谷と仲良しの島宏美から聞いたのだが、熊谷は死んだのだという。

推理作家の朝比奈も、その展開には流石に驚き、いよいよ熊谷の招待を怪しんだが、結局、作家としての好奇心が優った。あと、自宅は、山奥ではなく、渋谷区松濤という、都心である、というのも、安心感を誘った。

ところが、行ってみると、都心にこんな古くて陰気な建物があるのか、というくらい、お化け屋敷のような洋館だった。

ドアには鍵が掛かっていなかったので、そろりと入ってみると、なんと女の啜り泣きが聞こえるではないか。

行ってみるとなんと、朝比奈の中学の同級生の浜野由紀絵と島宏美だった。なんでここに、と聞くと、やはり熊谷から招待の手紙をもらったのだという。

で、朝比奈が、島宏美に、熊谷と親しいのでは、と聞くと、そんなことは全くない、という。当然、熊谷が死んだという話も知らない。

それで、このままここにいたら、危険だと判断して、島と浜野にここから出ようと持ちかけたら、二人は悲しそうに首を振る。まるでトラップのように、この屋敷は、入ることは出来ても、出られないのだった。

そうしていると、わずかに室内を照らしていた蝋燭が次第に消え、北原白秋の金魚という不気味な詩が朗読され、さらにものものしい、邪宗門という北原白秋の詩も読み上げられた。

そしてついに、血の惨劇が、というストーリーで、ここからが佳境なので、このあたりで止めておくが、ある意味、横溝正史風のなかなかのホラーミステリーだと感じた。

おそらく朝比奈耕作が主人公となる惨劇シリーズがあるようなので、他にもそのうち読んでみよう。

それにしても、清純派と思っていた北原白秋に、奇妙な詩があるなんて。また、かなり数奇な人生らしい。そのうち、伝記を読んでみよう。

甘い罠

user-pic
0

鏑木蓮は、好きな作家の一人なので、古書店で、「甘い罠」講談社文庫を買ったのだが、タイトルからして、恋愛ミステリーのようで、そういうのはあまり好きではないので、とりあえず積ん読にしておいた。

ところが、ふと裏表紙をみると、糖質ダイエットをテーマにした料理ミステリーなのだという。それで、最近微妙に栄養学に興味がある私は、急にこの本を読み始めた次第である。

さて、この小説の主人公は、水谷有明。普通にみたら男性の名前だが、有明は、「ありあ」と読み、女性である。

有明の父親は、食品会社を経営しており、その影響で食品や料理に興味をもった有明は、料理研究家になった。

今や売り出し中の新進気鋭の料理研究家なのだが、実は有明は、下手なグラビアアイドルも顔負けの美貌の持ち主で、そのお蔭もあって、世間で注目を集めてきた。しかし、有明は、美人料理研究家と見られるのは嫌で、あくまでも実力で勝負したいと思っている。

そんな水谷有明に、イオングループをもじったと思われる、オゾングループの城田社長が注目した。というのは、オゾングループは、独自のコンセプトのレストランの経営を企画しており、有明に、料理のコンサルティングを依頼しようとした。

そこで城田は、若手の精鋭で、レストラン部門企画部課長の八牧英二に、有明を、東北の農家に案内させ、オゾングループのレストランの構想を、有明に説明した。八牧は元々、東北の農家の出身なので、どのあたりに熱心な農家があるかを、よく知っている。

それで、有明は、すっかりそのコンセプトに魅せられ、是非ともオゾンの仕事を受けたいと思った。

ところが、有明に、ある問題が起きた。父親がかなり重度の糖尿病だと分かったのである。食品を生業とする者の職業病ともいえるが、放置できないので、糖尿病を克服した人のことを聞き、糖質制限ダイエットが有効だと知った。

実際に父親が、糖質制限ダイエットに取り組んでみたところ、糖尿病の改善に著効があり、有明は、すっかり糖質制限ダイエットに惚れ込み、そのためのメニューを、オゾンのレストランに導入しようと企画した。しかし、その企画は、日本の米を基調としたニューをコンセプトとするオゾンの方針に対立するもので、有明は、降ろされることを覚悟した。

ところが、城田社長は、有明を降ろす代わりに、料理の鉄人風のコンテストを提案してきた。それは有明にとってどうみても勝ち目のないもので、逃げる手もあったが、有明は勇気をもって受けることにした。

さて、結末はいかに、であるが、作者の鏑木氏自身が糖質制限ダイエットの経験者で、いろいろ体験したことと、調べた蘊蓄も豊富に記載されていて、なかなか勉強にもなるのだった。

それにしても、この小説をミステリーとは普通、呼ばない。まあ、面白いんだけど。

あと、相当美人という有明の容姿の描写が少ないのも、ジェフリー・ディーヴァーのアメリア・サックスみたいで、趣きがある。

人間豹

user-pic
0

最近、新聞の書評だったか、広告だったか、江戸川乱歩の「人間豹」集英社文庫を見かけて、久しぶりに乱歩を読むか、と注文した。

学生時代は、松本清張をベースに、横溝正史と乱歩もよく読んだ。社会人になってから、清張と横溝正史は、ぽつぽつ読んだが、なぜか乱歩は読まなかった。決して嫌いなわけではないが、単なる気まぐれでだろう。

さて、「人間豹」は、神谷芳雄という青年が、カフェ・アフロディテに行くところから始まる。そのカフェの、弘子というウエイトレスが目当てである。

ところが、弘子と話していると、鋭い視線を送ってくる者がいる。そこに行ってみるとなんと、豹のような風体の怪しい男がいた。名前を恩田という。明らかに弘子に執心しているが、その日はあっさり帰った。そこで神谷は、人間豹が乗ったタクシーを、別のタクシーで追いかけ、居場所をある程度把握して、帰った。

次の日から神谷は、風邪を引いて一週間寝込んだが、風邪が癒えて出かけてみると、なんと弘子が行方不明になっていた。

そこで、前回の追跡で突き止めた場所に行ってみると、古い洋館があり、ノックしてみると、老人が出てきた。恩田というらしい。すると、人間豹の関係者か。そしてなんと、そこには弘子がいた。ところが弘子は目の前で惨殺され、神谷は監禁された。懸命の手段として、洋館に火をつけ、どさくさに紛れて、脱出した。

しばらくは弘子を喪った寂しさに呆然としていた神谷だが、たまたま大都劇場の歌姫、江川蘭子がとても弘子に似ているので、劇場に通っているうちに、蘭子と恋人どうしになった。

ところが蘭子もまた、人間豹に拉致され、惨殺されてしまった。手段に窮した神谷は、当代の名探偵、明智小五郎に依頼して、人間豹を捕まえてもらうことにした。実は明智小五郎の妻、文代は、蘭子に似ており、なんと明智は、妻を囮に、人間豹を誘き寄せようという大胆な計画を立てた。

もちろん、人間豹はやってくるが、変装しているので、一見わからない。しかし、明智小五郎も変装の名人なのであって、まさに狸と狐の化かしあい、裏の裏をかきあう壮絶なバトルとなった。

ところが、明智小五郎がちょっと油断した隙に、文代夫人が連れ去られ、絶対絶命に。さあ、明智はどうする、という展開で、いい意味で連載の少年漫画のように面白いのだった。

それにしても、この小説が書かれたのは、1930年から1931年にかけてで、日中戦争の頃で、その時代に鑑みると 妙に新しさを感じるのは、江戸川乱歩が時代の先端だったのだろうか。

松本清張の「男たちの晩節」角川文庫は、かなり前に古書店で買ってあり、アマゾンの評判もかなりいいのだが、どうもいまいち読む気がしなかったのは、老境の男が苦境に陥る話らしくて、それが私の今からの人生に当てはまりそうで、愉快でないからである。

そうはいっても、何かの参考になればと、重い腰を上げて、ようやく読み始めた。

「男たちの晩節」は、「いきものの殻」、「遺墨」、「筆写」、「延命の負債」、「空白の意匠」、「背広服の変死者」、「駅路」の八編からなる。

「いきものの殻」は、ある商社を定年退職した男が、毎年、社人会というオフィシャルなOB会に顔を出す話。本当は今更顔を出したくないのだが、それなりの土産物があることと、次長以上の地位にあった者でないと参加資格がない、ということで、プライドがくすぐられるので、惰性で毎年参加する。しかし、参加すると、元ライバルだった男もいて、露骨に避けるし、昔はいつも叱り飛ばしていた部下も大層昇進したようで、自分より羽振りがよさそうで、結局嫌になって早々に退席するという話なのであった。

「筆写」は、元学校の歴史教師で、今は自宅に隠居している男の話。息子夫婦と同居していて、孫もいるのだが、男は相手にされない。実は息子は、父親の影響か、大学で歴史学を専攻し、たまたま才能があったか、教授にまで上り詰め、執筆した一般書がかなり売れたことで、経済的にも余裕がある。

そんな息子がたまたま知り合いから、ある重要な日本近代史の資料を筆写してくれないか、と父親に依頼してきた。息子は自分で筆写する暇がない。なお、まだ複写機のない昔のことである。手間賃を払うというので、あまり懐が潤沢でない男は、引き受けることにした。そうしているうちに、最近その家で雇ったお手伝いさんが、器量はいまいちなのだが、男の面倒を大変よくみてくれるので、つい情が移って、お手伝いさんに息子からもらったアルバイト代を渡してしまう、ということがあった。それがばれて、お手伝いはクビになり、男は絶望の淵に沈むのだった。

「遺墨」は、思想家として当代有名な学者の話。老境で視力が衰えてきたので、筆記が困難になり、補助として、速記の仕事をしていた若い女性を雇った。その女性に、筆記のついでに学問の初歩を手ほどきしているうちに、次第に親しくなり、女性が婚姻歴はあったが、今は独身でもあることから、ついに男女の仲となった。しかし、男が病に倒れ、そのとき駆けつけたのが、速記の女性だったので、形見としてその女性に遺墨の書を与えた。しかし、妻にばれ、激しく責められて、男は病で死んで行くのだった。

「延命の負債」は、印刷工場を経営する男の話。男は、ある印刷会社の営業マンとして、活躍していたが、心臓病の持病があった。それでも持ち前のやる気で、病気を庇いながら、独立して会社を興すまでになった。ところが、これから事業拡大というときに、病に倒れ、手術しないでは延命は難しいという状況になった。が、手術は大掛かりなもので、大変な費用がかかる。必死で借金し、なんとか心臓病の手術は成功したのだが、別の理由で亡くなったという話。

「空白の意匠」は、ある地方新聞社が、ある薬品の広告の傍に、その薬品を注射したために若い女性がショック死したという記事を掲載してしまった、という話。しかも、薬品の実名まで出してしまった。担当の広告代理店は、怒り心頭である。

その後、死亡の原因は、その薬品のせいではないと分かったが、その記事の扱いがまたまずく、さらに広告代理店を怒らせてしまった。広告部長は、上京して、広告代理店と製薬会社を訪ねる。しかし、どこも冷たい対応で、埒があかない。

そこからいろいろあって、結局広告部長が責任を取らされることになった。広告代理店に対する生贄である。

「背広服の変死者」は、あるサラリーマンが、人生に絶望して、身元が分からないようにして、人知れず死にたいと願う話。死にたい理由は、女をつくって妻と諍いがあったり、ギャンブルで借金があったりしただけでなく、新聞社の広告部の校正係という、あまりにも地味で日が当たらない仕事が嫌になった、というのもある。

死に向かって、最後に背中を押したのは、定年後への虞だった。自分よりはるかに押出しが強くて優秀そうな者たちが揃って、会社を辞めて転職したあと、仕事に失敗し、没落していった。自分には、それ以下の人生が待っていると考えると、いよいよ絶望が深まるのだった。

「駅路」は、叩き上げの優秀な銀行員が定年後、一人で旅行にでて、行方不明になったという話。家庭は少なくとも表向きは幸せで、ギャンブルも女関係もなかった。しかし、後から分かったのだが、出かけるときに、まとまった金を引き出しているのが気になった。

捜索願に応じて警察が捜査してみると、やはり男には女がいた。銀行員時代の元部下だった。それで失踪の原因は推定できたのだが、半ば偶然にそこには、殺人事件が関与していた、という次第なのだった。

以上読んでみて、どれも短編なのでメッセージが凝縮されている。そこで私は自分の人生を振り替えって、その回想をこの短編に振り掛けて攪拌してみた。なんともほろ苦い、塩辛い、美味とは遠い味わいなのだった。

数ヶ月前に、新刊本の折り込み広告で、榎本憲男の「巡査長真行寺弘道」中公文庫を見かけたとき、面白そうと思い、早速注文して読み始めた。

で、AIなど最新の科学技術を取り入れた、なかなかユニークな作品だと感心したが、一方で、警察推理小説としてはどうよ、という疑問が残った。そういう私の疑問をよそに、この小説は、高い評価を得ていると知った。世間で詰まらないとされている小説を面白く読む、という癖のある私は、少し当惑した。

そうして数ヶ月たった最近になって、新聞の書籍広告でなく、ある記者が、巡査長真行寺弘道の最新刊の「ブルーロータス」がなかなか面白い、と紹介していた。

それで、えっ、もう真行寺の新刊が出たのか、まあ買いだな、と即買って読み始めた。すると、ストーリーは、真行寺が、渋谷にある母校の大学の音楽サークルの部室を訪ねることから始まった。渋谷にある大学というと、青学だよね、と思ったら、確かに作者の榎本氏は、青学だった。尤も、大学名は小説には出てこない。

真行寺は、音楽サークルの部室に入ると、高校生らしき男の子が、血を流して倒れているのを見つけて、サークルの先輩でなく、警察官として、部室にいる学生に聞き込みした。すると、倒れているのは、森園という、付属高校の生徒で、部室によくやってくる巽リョートという、OBで歌手兼タレントみたいな人の指示で、森園にヤキを入れたらしい。

真行寺は、すぐにはアクションを採らないで、森園と話してみると、あまり一般受けしないかもしれないが、独自の音楽的感性をもっていて、サークルの先輩の巽リョートを露骨に軽蔑し、そのことで、リョートに恨まれていることが分かった。

そんな森園には、白石サランという彼女がいて、真行寺は会ってみて、とても美人なので驚いた。

そのサランは、マドラスというインド料理店でアルバイトをしていて、とても美味しいので食べにいったら、と勧める。ところが行ってみると閉まっていた。

そんなとき、荒川の河川敷で死体がみつかり、どうもインド人らしい、ということになり、インド料理店マドラスで店主と客がいい争っていたという証言があり、真行寺は独特の勘で、インド人の店主がで怪しいと睨んだ。実際、真行寺が鑑識に依頼して調べてみると、そこで見つかった血痕と河川敷の死体の血液が一致し、どうもインド料理店の店主が犯人らしい、ということになった。

一方で、殺されたインド人は北海道に行きたがっていた、ということと、北海道にインド人が所長である、自動運転の研究所がある、と聞いて、これは事件と関係があるらしいと睨み、真行寺は北海道に行ってみることにした。

一方で真行寺は、自宅を森園やサランに開放して、バンド演奏を録音させるとともに、母校の宗教学の教授に、インドにおける、ヒンドゥー教関係の宗教事情に関して、教えを乞うた。すると、教授は多忙なので、時任という助教を紹介してくれた。

こうして、インドの宗教と、人工知能的な自動運転技術を中心として、森園たちのバンドの活動を周辺として、ストーリーは複雑に絡まり、ほとんど類例のないミステリー小説となったが、ここまでくると、真行寺のやっていることは、果たして刑事といえるのか大いに疑問で、どうしても私は、この小説に、世間のような高い評価を与えることができず、いやあ自分も頭が固いなあ、と苦笑するのだった。

氷の森

user-pic
0

古書店で、大沢在昌の「氷の森」講談社文庫を見かけて、手に取ってみた。すると、これは、新宿鮫の原点のような作品だという。すると、新宿鮫のシリーズを読んだときの興奮が甦り、これは読むべしとの気持ちになって、買って読み始めた。

すると、この小説の主人公は緒方という、私立探偵。広島カープの監督と同じ姓なのが何気にうれしい。

最初読み始めたところでは、緒方は、レイモンド・チャンドラーが描くフィリップ・マーロウと実に似ていると思った。助手も置かず、単独で危険を顧みず乗り込んでいく。

しかし、マーロウと決定的に違うのは、緒方は、酒を一滴も飲めない体質なのだった。その性質は、いつも相手を当惑させる。

さて、緒方のところに、堀江という代議士から、娘を探してほしい、と依頼がきた。実際は北村という弁護士を介してだが。

で、調査を進めるうちに、外岡という、元ヤクザで今は堅気の仕事の会社を営んでいる男の息子が、堀江の娘のみつきと一緒にいるらしい、という情報を掴み、緒方は、外岡の会社に社長の外岡に面会しに行った。

そこで緒方は、当然に歓迎されるわけはなく、けんもほろろに対応されたが、ともかく父親の指示で、みつきが返され、とりあえず一件落着となった。

ところが、それで事は終わらなかった。外岡の息子の秀志は、父親に告げ口されたことが面白くなかったか、手下の舟木という若者を連れて、緒方の事務所にやってきた。匕首をもってきたので、少なくとも緒方を脅し、あるいは傷つけるつもりである。

ところが、秀志と舟木の予想外だったことに、緒方は武道の心得があって、相当手強いのだった。二人は撃退され、引き下がった。

そうしていると、伊藤という真面目そうな男が緒方の事務所に、案件の依頼でやってきた。なんでも、恋人が交通事故で亡くなったのだが、彼女のことをあまりにも知らないままなので、分かる範囲で調べてほしいのだという。 不可解な依頼だが、緒方は、これを受けることにした。

そうしていると、緒方に衝撃的ニュースが知らされた。なんと、秀志が殺されたのだという。まさか一緒にいた舟木が下手人なはずはないが、ともかく舟木は、緒方も知っている新宿のヤクザの監視下に入れられた。

ところが、監視下にあるなずなのに、舟木も死んでしまった。そうしていると、強面の外岡が、息子が殺されたことを調べてほしい、と依頼してきた。荒くれで、出来の悪い息子だったが、だからこそ一層可愛いという次第だった。

そこで緒方が調査を進めると、外岡と離婚した秀志の母親や、堀江みつきの知り合いなどから話を聞くうちに、秀志を精神的に支配している謎の人物の存在があるのでは、という疑念をもってきた。

ところが、緒方がその人物に辿り着こうと調査を進めると、周囲の関係者が殺されたり、緒方の前に危険極まりない男たちが現れて、緒方が瀕死の目に遇わされたりするのだが、それにも屈せず、緒方は謎の人物を追及し続ける、というストーリーなのだった。

読み終えてみて、最初はちょっとチャンドラー風で、よくある探偵小説かと思ったら、中盤あたりから俄然緊迫してきて、流石大沢在昌だと感心した次第である。

今や押しも押されもしない大沢在昌だが、ライバルであり先輩の逢坂剛などの作品が売れまくっているのに、自分の作品はいまいちブレークせず、なんとかこれを打破しようと、乾坤一擲で気合いを入れて書いたのが、この作品なのだという。

この作品は、クオリティは高いので、そこそこ評価されたが、それでもせいぜい中ヒットで、大沢氏の期待に応えるほどではなかった。

しかし、これに続いて書いた新宿鮫シリーズが爆発的な大ヒットで、大沢氏は溜飲を下げたのだった。

私が思うに、この作品の主人公の緒方は、新宿鮫の鮫島に似ているけれども、ちょっとキャラが地味で分かりにくいと思う。

一方の新宿鮫は、新宿という魑魅魍魎の場所を舞台にし、東大を出たキャリア警官のはずなのに、事情があって新宿署預りのような干された立場で、なんとか正義を貫こうとする姿勢が分かりやすくて、共感を呼びやすいのであろう。すなわち、新宿鮫は、チャンドラー流のハードボイルドに対して、オリジナリティが高い、といえる。

最低の軍師

user-pic
0

最近、微妙に歴史小説に嗜好を持ち始めた私は、新聞広告にあった、蓑輪諒の「最低の軍師」祥伝社文庫をみて、おっ、面白そうと感じた。それは単なる直観であって、根拠はないが、こういう直観に裏切られたことはあまりないので、早速注文して読み始めた。

するとこれは、小田原に城を構える北条氏と敵対する上杉謙信が、関東に攻めて来るという前提における、臼井城の戦いの物語なのであった。臼井城は、今でいう、千葉県佐倉市にあって、小田原から遠く隔たっているが、交通の要地なので、必ずや上杉軍が攻めてくると予想された。

そこで、北条氏康は、北条氏与力である、臼井城城主、原胤貞に、家臣で精強で知られる、松田孫三郎とその配下、三百人余りを派遣した。

実は、上杉軍は一万人以上と予想され、しかも無敵の強さで知られている。一方、臼井城の軍勢は二千人余り、これに高々三百人余りを加勢しても焼け石に水、勝ち目はないと孫三郎は思ったが、剛胆な孫三郎は、そのときは討ち死にすればよい、とあまり意に介さなかった。

さて、孫三郎は、道中で、貧しい身なりをした、怪しい男に出会った。なんでも、白井浄三といい、孫三郎に対して無礼な口を聞き、煙りに巻くようなことをいう。自称軍師であり、易、すなわち占いができるというのだが、到底まともとは思えないので、孫三郎は適当にあしらって、臼井城に向かった。

臼井城に着くと、北条氏与力とはいえ、孫三郎たちに、何しに来た、と露骨に反発する者たちもいて、困った。剰え、お前たちは軍師もいないのか、やる気があるのか、と指摘され、したかなく、そうだ、と例の怪しい軍師を連れてくることにした。

そして、連れてきたものの、その貧相な風体もあって、浄三は、臼井城の家臣たちからまともに相手にされない。そもそも、原胤貞のところには、海野隼人という、れっきとした軍師がいた。れっきとした、とは、特に易の教育で権威がある、足利学校の卒業生だからである。

ところが、襲来する上杉軍に怯えて、海野が逃亡してしまい、仕方なく、浄三が、正式な軍師に据えられた。

こうなっても、孫三郎は浄三のことが信用できず、その生い立ちを聞いてみた。すると、浄三がしぶしぶ話すところによると、上方の生まれで、戦乱で両親を殺され、生き残っても、武家屋敷で奴隷のような目に遭った。そこで、写本の労役をやらされるうちに、漢籍や兵法書に馴染んだのだという。すなわち、浄三は、すべて独学で、まともな教育は受けていない。しかし、浄三には、詐欺のように相手を誑かす才能と、その場に応じて臨機応変に策を考え出す能力があり、これらを駆使して、軍師として華々しい実積があった。さらに、隠し球のように、浄三には、ある身分の高いお方との人的コネがあった。

さて、ついに上杉の軍勢が臼井城に迫ってきた。しかし、浄三はかねてより周到に用意した奇策を駆使して、上杉軍を翻弄した。孫三郎も八面六臂の活躍だった。

しかし、想定外の事態が起きた。それは、上杉謙信の本体が一万五千の軍勢を率いて、臼井城にやって来たのである。

こうなっては、臼井城は万が一にも勝ち目がなく、風前之灯だった。ここで、浄三の乾坤一擲の策が実行される。

というストーリーなのだが、多少脚色はあるにしても、浄三は実在の人物であり、臼井城の攻防も、かなりの程度、史実に基づくらしい。

すなわちこれは、際物ではなく、本格歴史小説なのであり、それを面白く描き切った蓑輪諒の手腕には実に感心した次第である。

マーク・グリーニーのグレイマン・シリーズがすっかりファンになったのだが、昨年、「暗殺者の飛躍」を読んだあと、次は当分でないと思った。英語の原作が出ても、翻訳が大変である。なので、ハヤカワ文庫の「暗殺者の潜入」を、たまたまアマゾンで見つけたとき、おおっ、早いと思って、少しして注文した。

それで、本が届いても、少し待機した。読み掛けの本があったかである。要するに、読み始めたらノンストップになるので、頭の中をある程度交通整理しておこうと思った。

読み始めると、舞台はパリで、ある場所でファッション・ショーが催されている。そして、そこになぜか、グレイマンがいる。ええっ、ファッション・ショーの会場で、誰かを暗殺するのかと思った。ところが、グレイマンのミッションは、あるファッション・モデルを拉致することらしい。なんか、グレイマンらしくない仕事だと思った。

グレイマンこと、コート・ジェントリーにその仕事を依頼したのは、自由シリア亡命連合のハラビー夫妻。要するに、ターゲットのファッション・モデルは、実はシリア大統領の情婦で、名前はビアンカ・メディナ。ジェントリーは、拉致するために、ビアンカが泊まっているホテルの部屋に侵入した。

すると、想定外にも、複数人からなる襲撃者があらわれ、ジェントリーは、ビアンカのボディーガードと、襲撃者の両方を相手にしなくてはならなくなって、ともかく襲撃者達を倒して、間一髪でビアンカを拉致、いや救出した。なぜならジェントリーがあらわれないと、ビアンカは確実に殺されていた。

ともかくハラビー夫妻のところにビアンカを連れていくと、怪しげな男がいた。元フランスの情報機関員のヴァンサン・ヴォランである。ともかく、ハラビー夫妻の狙いは、シリア大統領の外遊に随行しているビアンカから、外交上の秘密を聞き出すことである。

しかし、ビアンカはそれを峻拒し、ある条件が満たされたときのみ、応じてもいいという。すなわち、実はビアンカは、シリア大統領との間に6ヶ月の息子がおり、ベビーシッターのヤスミンとともにフランスに連れてきてくれるなら、という。いくらなんでもミッション・インポッシブルであるが、なんとジェントリーは、それを受けるという。私はそれは、ジェントリーにあまりにも相応しくないミッションだと思った。若い女性に続き、赤ん坊の拉致だなんて。

ジェントリーは、知り合いの武装訓練派遣会社を通じて、シリア大統領の私兵集団に潜入することにした。私兵として、ダマスカス市民に対する残虐行為に加担しつつ、ビアンカの息子に近づく方策を考えなくてはならない。

一方、シリア大統領も手を拱いていなかった。ビアンカを救出するために、部下の悪辣な工作員、セバスチャン・ドレクスラをフランスに送り込むことにした。ところが、ドレクスラは、大統領の夫人と不倫関係にあり、夫人からは、憎っくき情婦、ビアンカを殺すように依頼された。このミッション・インコンシスタントをどうするか、ドレクスラは悪知恵を最大限に働かせ、匿われているビアンカの許に迫った。

肝心のジェントリーはダマスカスにいて、パリに加勢はできない。それで、懸命に手に入れた携帯電話で、間欠的にヴォランと連絡を取るのがやっとである。そもそも、 大統領私兵の外人部隊として、周囲から身元を疑われつつ、隠密行動を織り混ぜる。それでいて、周囲に頼れる者は皆無で、CIAの作戦ではないので、スーザン・ブルーアの支援にも頼れない。

ここまで読んで、私は、あまりにも絶望的な状況に強いフラストレーションを感じたが、どんなときでも諦めないのがジェントリーである。掴んだ周囲の細い手掛かりを基に、少しずつ打開していく。

すると、魑魅魍魎に思えたシリアに、意外にセキュリティにつけ込む隙があるのだった。

ここからのジェントリーの活躍は、ストーリーのコアなので記述しないが、やはり感じるのは、前作の「暗殺者の飛躍」から、CIAのshot on sight命令が取り払われて、やや緊張感が下がったかな、というところである。それを補うように、「暗殺者の飛躍」では香港とベトナム、本作ではシリアと、地域性で委細を尽くしているので、面白さのレベルは下がっていない。

さて次作の舞台はどこだろうか。まだカバーしていないメジャーな地域に日本があるが、東京が舞台というのは、なんだかベタすぎる。なら、韓国のソウル、あるいは北朝鮮のピョンヤンか。ううん、時節柄、それも微妙すぎるか。

ミステリー小説が好きな私は、面白かった小説のタイトルをすぐに思い出すことができる。例えば、「砂の器」とか、「百舌が叫ぶ夜」などである。

しかし、その粗筋さえ知らされないで、「砂の器」と聞いても、どんなストーリーなのか、想像することは不可能であって、人によっては、借金取りに追われて、逃げられなくて蟻地獄に落ちたような人のストーリーだと思うかもしれない。

ところが、「スマホを落としただけなのに」という小説だったらどうだろう。大抵の人ならスマホを持っているので、ああ、スマホを落として、それを誰かに拾われ、その情報を悪用されて、ひどい目に遭うという話だろうと想像する。

それがあまりにもあからさまなので、新聞広告で、その題名を見たときは一旦スルーしようとしたが、スマホ・デビューして日が浅い私は、この小説にとても興味をもち、志駕晃著の「スマホを落としただけなのに」宝島社文庫を早速注文した。

そのストーリーはやはり予想どおりで、誰かがスマホを落とすのだが、落とした本人はある女性の彼氏で、そしてそのスマホを拾ったのが悪辣なクラッカーで、女性がそのクラッカーに脅されるという予想の範囲内のストーリーだった。

すなわち、スマホは匿名的に彼氏に返されるのだが、当然にスマホにあった情報はコピーされ、解析されていた。

さらに悪いことに、スマホには彼氏が個人的に撮った彼女の恥ずかしいポーズの写真が格納されており、それをクラッカーが見たものだから、クラッカーがエスカレートした。まさに、彼女はクラッカーのど真ん中の好みだったのである。

その彼氏のスマホの情報を元に、彼女のフェースブックに対して、なりすまし、アカウントの乗っ取り、情報漏洩など、ありとあらゆる攻撃が仕掛けられ、さらには彼氏のスマホにランサムウェアが送り込まれたりした。

彼氏と彼女は、知り合いから紹介されたコンピュータ・セキュリティの専門家に相談して、なんとか解決を図ったのだが、依然としてクラッカーからの嫌がらせは続いた。

その一方で、世間を騒がせる猟奇事件が明るみになった。それは、丹沢山中で、穴に埋められた女性の遺体が複数見つかった、という事件だった。

神奈川県警の担当者が出動して調べてみると、それは深い穴なので、本来なら埋められた死体が見つかることはないのだが、野生の鹿が増えて、草を爆食いしたので、土壌が弱くなり、雨などで崩れたらしい。

しかも、係員が調べると、何体もの死体が見つかり、さらに、掘ってある穴だけが見つかったりした。これは犯人が、今から追加の殺人を犯すつもりか?と警察が懸念した。ここらあたりまさに、富樫倫太郎のSROを彷彿とさせる。

犯人はレンタカーを使用していたらしくて、警察が近隣のレンタカーの営業所を訪ねてみたりところ、次第に犯人のプロフィールがあきらかに、なってきた。すなわち、多数の偽造免許証を駆使して身元を晦まし、殺人を繰り返すサイコパスなシリアルキラーである。

そして、スマホを落とした人達に最悪な事態が降りかかった。なんと、スマホを拾ったクラッカーが実はそのシリアルキラーだったのである。そうしてついに、スマホを落とした男の彼女に危機が迫ってきた。

というストーリーで、その細部の杜撰さを指摘する人もかなりいるが、基本的に新しいプロットに好意的な私は、こういう今風のホラーもなかなかだよね、と絶賛したい。

作者は、ニッポン放送のエンターテイメント開発局長という要職にあって、その仕事柄、アイデアを絞った経験がこの小説によく活きていると思う。

「ちょっと一杯のはずだったのに」という新作もあるらしいので、こちらもそのうち読んでみよう。

月別 アーカイブ

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち小説カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは将棋です。

次のカテゴリは心理学です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。