軍事の最近のブログ記事

私は情報処理技術に関与してきたので、諜報技術に興味がなくもない。特に暗号にはそこそこ興味があって、こちらに書いたような、オリジナルな暗号アルゴリズムを考案したこともある。

しかし、スパイ一般が、ジェームス・ボンドのように女性にもてて、運動神経抜群という私とは真逆な人間となると、私はただ僻んで敬遠するよりないのである。

そんな私がさいきん、スパイに対する興味を少しだけ高めたのはおそらく、ジョン・ル・カレのナイロビの蜂を読んだせいである。

その高まった興味の状態で、「秘録 陸軍中野学校」畠山清行著、保阪正康編、新潮文庫を古書店でみかけたので迷わず買って、読み始めた。以下は私なりのこの本についてのメモである。

ところで、日本は諜報技術に疎く、今ではスパイ天国だと言われる。第2次大戦中でも、暗号が米軍に漏れているのも気づかず、予定どおり作戦を実行して罠に嵌るなど、諜報というか情報そのものに対するセンスのなさを喧伝されてきた。

しかし、もともとそんな国民でなかったと思われるのは、戦国時代の忍者の跳梁である。伊賀、甲賀の忍者は、当時世界的にみても諜報技術で高い水準にあったはずなのである。

ところが、徳川家康が天下をとると、諸大名に忍者の類を抱えることを禁止し、幕府は忍者技術を独占し、お庭番とした。その独占は、日本の諜報技術をほとんど枯死させてしまった。そして江戸時代から明治になっても、日本国は諜報技術軽視の悪しき伝統を継承してしまった。

しかし流石に、それではまずいだろうという意見が陸軍に出てきて、陸軍省兵務局に防衛課が設けられた。その後、軍務局課員の岩畔中佐、兵務局付の秋草中佐、福本中佐ら、陸軍で比較的防諜センスのある人達が上層部に働きかけて、「情報勤務要員養成所設立準備事務所」ができたのは、1937年のことだった。陸軍中野学校の前身である。

じつは特殊任務員養成機関として、満州のハルピンに訓練所があるにはあった。しかしこれは半官半民で、陸軍直轄ではなかった。

こうして学校設立案が固まると次は生徒募集であるが、陸軍士官学校卒業生から選ぶ方がいいという意見と、陸軍予備士官学校卒業生から選ぶ方がいいという意見が対立した。陸軍士官学校は軍人教育を叩きこまれた純粋培養人材、陸軍予備士官学校は一般の高等専門学校、大学を卒業した民間人である。

結局、陸軍予備士官学校卒業生から選ぶ方に決定されたのは正解だった。なぜなら、防諜は語学を始め、幅広い知識を必要とする。

で、結局、情報勤務要員養成所は陸軍予備士官学校卒業生のえりすぐりの秀才を集めることに成功した。スパイというものは、少なくとも日本では、ヤクザと同じで、馬鹿ではできない悧巧はやらないのであるが、戦争という大義のために、悧巧に無理やり指名したのだった。

最初は九段下にあった情報勤務要員養成所であるが、いかにも仮住まいの体であったところ、中野に空き屋がみつかり、そこに引っ越して改装した。かくして、陸軍中野学校の誕生である。

陸軍中野学校の初代校長は、秋草中佐であるが、学校というからには教科書が必要である。ところが、その秘密的性質により、諸外国もノウハウを書いたテキストなど発行していない。困り果てて陸軍の資料庫を探した秋草は、プリント刷りを発見した。明石元二郎大佐の「革命のしをり」である。

他でもない、明石元二郎大佐こそは、帝政ロシアにあって、場合によってはレーニンとも手を組み、反政府活動を支援して後方攪乱することにより、日露戦争を勝利に導いた立役者なのであった。

その明石大佐の精神を継ぎ、学校生は日々謀略の勉強と訓練に励んだ。陸軍中野学校の訓練はもちろん厳しいが、一方で、普通の軍隊にはありえない自由なものだった。すなわち、軍服でなく平服を着用し、天皇は人間であると平気で議論し、門限に拘らず新宿の赤線街に遊びにいったりした。それもまた防諜の訓練であること論を俟たない。

訓練内容は、英語、ロシア語、中国語、マレー語などの語学、暗号、変装、爆破、武道、世界情勢、歴史など多岐に亘った。まさにえりすぐりの秀才でないと無理で、軍人精神に凝り固まってはとても習得できない。

このように訓練を経た中野学校卒業生は、タイやビルマなどの南方、中国、ロシアなど各所に場合により民間人を偽装して派遣され、八面六臂の活躍をした。

しかし、中野学校の存在は秘匿され、中野学校に隣接する中野憲兵学校の学生さえ、単なる陸軍の研究所程度の認識しかなかった。

じつは「秘録 陸軍中野学校」は極めて多岐に亘る内容で、ここに紹介しきれなかった多くのエピソードを含み、著者の畠山清行自身も極めて変わった経歴で、私はまだ十分に読み切れていないといえる。追々、読み返してみたいと思う。

今更なんという当たり前のことを言うのだと言われそうであるが、米国留学のような本格的な英語の修行をしたことのない私にはやはり、英語を読むのは辛い。なので、毎週機械的に送られてくるTIMEを1ページも読まないで放置する週というのはそれほど稀ではない。

しかし、ちょっと前の号だが、TIMEの6月29日号は違った。見出しをみると、Putin's Secret Army - How the Russian President turned Chechen enemies into his closest allies とある。えっ、どういうことだ、と私は食い入るように記事を読んだ。以下は私なりの記事の要約である。

1990年頃、ソ連が崩壊したのに伴って、ウクライナ、グルジア、アルメニアが相次いでロシアから分離独立した。エリツィンが、チェチェンとの国境線を引いた。

伝統的にロシアにとって、黒海とカスピ海の間の戦略地域を支配することは重要である。その意味で、ロシアは是非ともチェチェンに対するコントロールを失いたくない。

そして、1999年頃、チェチェンのゲリラが、ダスゲダン地域に攻め入った。それを好機と捉えたプーチンは、チェチェンに攻め入った。そこらあたりは、アンナ・ポリトコフスカヤの「チェチェン やめられない戦争」三浦みどり訳、あたりに詳しい。といいつつ、私は買ってはいるが、この本をまだ読んでいない。なんという怠慢。

さて、プーチンは、本格的にチェチェンを空襲した。空軍をもたないチェチェンは、まったく対抗できなかった。そして、勝ち目がないと諦めた流石のチェチェンのゲリラは次々と投降した。それでもチェチェン国内にはまだ沢山の抵抗分子がいた。

そこでロシアは、チェチェンの指導者であるAkhmad Kadyrovに、国内のゲリラを掃討することの手助けをすることを申し出た。こうしてKadyrovは、ロシアが国内のゲリラを制圧するのを援助した。

しかし、ゲリラも手を拱いていない。2004年の首都グローズヌイでの軍事パレードで、爆弾を仕掛け、Kadyrovを爆殺した。それをみたKadyrovの息子のRamzanはモスクワに急行し、涙ながらにプーチンへの権限移譲を受け入れた。

その見返りに、ロシアから豊富な資金援助を受け、Ramzanは、屈強な武装部隊を組織した。そして、チェチェン国内のあちこちで、降伏か然らずんば皆殺しか、と迫った。

こうして、2009年頃までにチェチェンは平定され、チェチェンは少なくとも表面的にはロシアに忠誠を誓うまでになった。

そして今年になって、ウクライナへ進行する尖兵となったのもチェチェンの志願兵だった。もともと、子供のときから国民皆兵で軍事教練するような国だから、チェチェンの志願兵は屈強である。

そういえば、チェチェンゲリラ従軍記の記事で私は、アンナ・ポリトコフスカヤを暗殺したのがFSBであるかのように書いたが、2006年の時点でチェチェンがロシアに降伏し、忠誠を誓っていたなら、アンナ・ポリトコフスカヤを暗殺したのがチェチェン人であってもなにもおかしくない、ということになる。まあ指示したのがFSBなら、意味は同じだが。

しかし、ロシアの自爆テロで書いたような事情だと、チェチェンがこのまま親ロシアを続けるとも思えない。一体どうなるのだろう。

たまたま読んだ「ロボットのしくみ」新星出版社に戦争ロボットのことが記述されていたので、私なりにまとめてみる。

戦争ロボットが以前によりも必要とされるようになった理由として、戦争様式の変化がある。すなわち、総力戦でなく重要施設に絞った攻撃が主流になってくるに従って、偵察や情報収集の必要性が増してきた。そのような役割は、人間よりも寧ろロボットが向いている。様々なセンサや通信機器を活用できるからである。

また、地雷などの爆発物処理の問題もある。人間が爆発物処理を担当すると、処理が失敗したときに危険が大きすぎる。

さらに、人材育成の問題もある。例えば有人軍用機が撃墜された場合、高価な戦闘機が失われるだけでなく、場合によりパイロットの命も失われる。パイロットを一人養成するのに約6億円かかると言われている。しかも3年から5年かかる。戦闘パイロットの命を容赦なく浪費した旧日本軍はあまりにも妥当性を欠いたのだった。

このような理由から米議会は、2015年までに軍事用地上車両の3分の1を無人化するように国防総省に提案している。

軍事用ロボットの典型的な例として、フォスター・ミラー社のタロンがある。タロンは、無線で遠隔操作され、クローラとカメラをもち、爆発物処理用のマニピュレータをもつ。タロンは2000年のボスニア紛争に投入され、2003年のイラク戦争にも使用された。タロンのような装備は、UGV(unmanned ground vehicle)すなわち無人地上車両とも呼ばれる。

もともと爆発物処理などの防御用だったタロンは、2008年に攻撃用としてもイラクで試用されたが、味方に銃を向けるという問題が発生してたった11時間で撤収された。敵と味方の識別がロボット兵器の課題である。

UGVとして分類されるロボットにはいくつかの種類があり、そのうちの1つにMTRS(man transportable robotic system)、すなわち個人携帯ロボットシステムがある。MTRSは攻撃用というよりも寧ろ主として索敵や偵察用である。MTRSの例として、アイ・ロボット社のバックポット、米海兵隊の四輪駆動装備のドラゴン・ランナー、イスラエルの無人偵察・戦闘ロボット、バイパーなどがある。

さらに山岳地帯などで荷物搬送に威力を発揮する四足歩行のビッグドッグがある。35度の傾斜でも荒地でも平気で登る強さがある。

さらに、最近特に問題となっているのは、UAV(unmanned air vehicle)、すなわち無人航空機である。有人戦闘機との値段の比較はどうかというと、無人航空機のRQ-4グローバルホークが約200億円、RQ-1Aプレデターが約20億円と必ずしも安価ではないが、通常戦闘機のF-15Jイーグルが約125億円、F-117ナイトホーク・ステルス戦闘機が約300億円とコストの比較は微妙であるが、パイロットの損失を考慮しなくていいのは朗報である。

UAVのうち特に戦闘能力をもつものをUCAV(unmanned combat air force)がある。またUAVには次のような分類がある。

  • 高高度長時間滞空:HALE(high altitude long endurance)、主としてRQ-4グローバルホークで運用。
  • 中高度長時間滞空:MALE(medium altitude long endurance)、主としてRQ-1Aプレデターで運用。
  • 低高度長時間滞空:LALE(low altitude long endurance)、主としてRQ-1Aプレデターで運用。

それでは今後の戦場はどうなるかというと、兵士とロボットの共同戦線になる。すなわち有人車両に付随して、MTRS、MULE(multifunctional utility/logistics equipment vehicle)すなわち多機能ロボット車、UAV、UGS(unmanned ground sensor)すなわち無人地上センサー、NLOS-LS(non-line of sight - launch system)が戦闘に加わるのだが、最早ロボットの方が主力に見えてくる。しかしこの無機質なおぞましさは一体何だろう。

産経新聞のWebによると、ウサマ・ビンラディンに続き、アラビア半島のアルカーイダの幹部、アンワル・アウラキ容疑者が米軍によって殺害されたという。以下、引用:

【ワシントン=犬塚陽介】オバマ米大統領は30日、イエメンを拠点とするイスラム武装勢力「アラビア半島のアルカーイダ」(AQAP)幹部、アンワル・アウラキ容疑者(40)が同国で殺害されたと発表した。米国籍を持ち、流暢(りゅうちょう)な英語とインターネットを駆使して、アラビア語圏外のテロリスト予備軍に影響を与えてきたアウラキ容疑者の死亡は、テロとの戦いを続けるオバマ政権にとって「米国産テロリスト」の芽を摘み取る意味でも大きな前進となる。

オバマ大統領は同日の演説で、アウラキ容疑者の死はテロ組織への「大きな打撃であり、画期的な出来事だ」と成果を強調する一方、「(AQAPの)脅威は残る」と語った。

AP通信は米当局者の話として、中央情報局(CIA)と米軍特殊部隊が共同作戦を展開し、3週間にわたりアウラキ容疑者を監視。首都サヌアから140キロ離れたカシェフ郊外で、軍用機と無人機が容疑者らの車列を空爆したと報じた。

ビンラディンの場合もそうなのだが、どのような容疑であれ、外国に軍隊を送り暗殺を容疑者を暗殺するというのは法治国家としていかがなものなのだろうか。当該の国の警察権力に委ねることはできないのだろうか。

アウラキ容疑者は米ニューメキシコ州生まれで米大学卒業後、イスラム導師に。2004年に父親の母国イエメンに渡り、米国との「ジハード(聖戦)」を呼びかける過激思想をインターネットで流布。09年のテキサス州の陸軍基地での銃乱射事件や、デルタ航空機爆破未遂事件の実行犯とも連絡を取るなど、組織に属さない単独テロ実行犯の「精神的支柱」(テロ専門家)だったとされる。

国際情勢に疎い私は、アンワル・アウラキの名前を知らなかったが、なんでも、私が前に引用した、虚妄の?航空機テロの犯人に関与しているにらしい。ところがそこに書いたように、その事件はそもそもわざと失敗するような事件なのであって、もしアウラキがそれを指示していたら、一体どうよ、ということになる。

あと、アンワル・アウラキと、イエメンのアルカイダを率いるナシール・ワシヒ指導者との関係はどうなのだろうか。不思議なことに、アンワル・アウラキに関するWikiの記事にワシヒはあらわれてこない。

オバマ政権は昨年4月、アウラキ容疑者を米国人として初めてCIAの「暗殺リスト」に載せることを許可し、行方を追っていた。

米下院国土安全保障委員会のピーター・キング委員長は「この数年、アウラキは(国際テロ組織アルカーイダの指導者で5月にパキスタンで殺害された)ビンラーディン以上に危険な存在だった」と語った。

その「ビンラーディン以上に危険な存在だった」というステートメントは、あまりにも具体性を欠く。09年のテキサス州の陸軍基地での銃乱射事件や、デルタ航空機爆破未遂事件の実行犯と連絡をとっていたという証拠があるだけである。国際世界では、罪刑法定主義は適用されないのだろうか。そもそも国際刑法なるものがあるとも聞いたことがない。何にしてもアンワル・アウラキを殺害するにはあまりにも根拠が脆弱なのではないだろうか。

あと、今回殺害した人物はビンラディン以上に危険な奴だぞ、しかしまだまだアルカイダの脅威はあるぞ、という言い方は、少年向け連載劇画の常套ストーリーであり、いかにもベタすぎないか。橋田壽賀子あたりにストーリーを書いてもらえば、もう少し尤もらしいのにと思えてならない。

今更自明だと思われるに違いないのだが、人類がもつ兵器についてについてまとめてみる。

  1. まず最初は、物理兵器である。あまり聞かない表現だが、要するに、機械的、あるいは熱により破壊する。すなわち、極めて慣用的な兵器が物理兵器なのである。ところが、原子力なるものも優れて物理学の成果であってみれば、核兵器も、広い意味で物理兵器である。よって以下のように類別される。
    • 矢、刀、銃、大砲など、機械的破壊を主要な目的とするもの。
    • 焼夷弾、火炎放射器など、熱的な破壊を主要な目的とするもの。
    • 核兵器。これは、機械的破壊と熱的な破壊の両方をともなうが、原子力エネルギーを利用するので、威力は、通常兵器よりも圧倒的に大きい。さらに、放射能という有害な副産物も生成し、その半減期(典型的には、プルトニウムの2万4000年)を考慮すると、なかなか厄介である。
  2. 化学兵器。前にも書いたが、生物はなにもよりもまず、化学的マシンであるため、安価に製造した化学物質が、人類に極めて大きい影響を与えうる。従って、化学兵器は原則的に使用が禁止される。
  3. 生物兵器。これは基本的に、細菌兵器と、ウィルス兵器に分類される。現代の医学では、きわめて毒性の強い細菌やウィルスを生成することができる。炭疽菌、インフルエンザ・ウィルスなどである。生物兵器は、伝染性をもつので、ある意味化学兵器以上に危険であり、よって、生物兵器も原則的に使用が禁止される。
  4. 環境兵器。これは、比較的新しいカテゴリに属するものであり、次のように類別される。SFと思われるかもしれないが、米国国防総省のページに次のようなコメントがある。
    • 地震兵器。これは、HAARPによって引き起こす可能性が示唆されている。すなわち、HAARPによれば、特定の地域に、低周波波動を送り、地殻の断層と共振させ、地震を引き起こすことができるという。また、HAARPでなく、地下で核兵器を爆発させて地震を引き起こす方法もある。
    • 津波兵器。地震とは独立に、海底に仕掛けた爆弾により、津波を引き起こす可能性も示唆される。
    • 気象兵器。これも、例えばHAARPをもちいる。すなわち、雨を降らしたり、旱魃にさせたり、ハリケーンを経路誘導したり、電離層に電磁波を照射することで、電波を乱したりすることができる。さらに、航空機で大気中に化学物質を散布して気候を制御することができる。
  5. 精神兵器。これは、直接人間の精神に影響を及ぼすものである。
    • 低周波電磁波によるもの。HAARPは、低周波の電磁波を送ることで人心をかき乱すことができる。すなわち、脳波とほぼ等しい低周波電磁波は、あきらかに有害である。別の例で、電線の下に住む家庭では、高い確率で癌になるという話もあった。いろいろな意味で、低周波電磁波は、人体に有害である。私のある知り合いなどば、佐世保銃乱射事件を、低周波電磁波による精神撹乱効果の実験台ではないかと示唆していたくらいである。
    • 超能力によるもの。実際、旧ソ連で、超能力の軍事適用の研究がなされていたのは有名な話である。それがいまは途絶えていると考えるべき理由はない。また、密教などの行者が、気の力で飛ぶ鳥を落としたり、人を呪い殺したりできるというのもよく知られている。
  6. 情報兵器。
    • これは典型的にはサイバーテロであり、今更多くの説明は要さない。
    • 風評攻撃。典型的には、放射線に対する過度の報道など、なにか悪意を感じるほどである。また、あえて間違えた情報を流布して撹乱するのは、スパイの常套戦術である。
    • そもそも、情報兵器は、孫子の用間篇にあるように、極めて古典的且つ時代に褪せない有効な兵器なのであった。

これで尽きているわけではないが、兵器というのはなんともおぞましい。まとめてみて、改めて感じる次第である。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち軍事カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは資源です。

次のカテゴリは金融です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。