囲碁の最近のブログ記事

昨日の電王戦は、佐藤名人ならもしかしてなんとかなるのではと思ったが、結局ポナンザに敗れてしまった。毎日新聞の記事から引用する。

コンピューターの将棋ソフト「PONANZA」(ポナンザ、開発者・山本一成さんと下山晃さん)と佐藤天彦名人(29)が対局する第2期電王戦二番勝負第1局は1日、栃木県日光市の日光東照宮で指され、ポナンザが71手で勝って先勝した。第2局は5月20日、兵庫県姫路市の姫路城で指される。

私は昨日、観戦し忘れたので、遅ればせながらニコ生のサイトに行ってみた。タイムシフト視聴しようとしたら、プレミアム会員限定だというので、困っていると、棋譜をみつけたので、パソコン上で棋譜を辿ってみた。すると、先手がポナンザで、後手が佐藤天彦名人。

私はポナンザの初手でいきなり驚いてしまった。なんと▲38金なのである。こんな初手がどうみてもいいとは思えず、お前はパソコン・ソフトの分際で、人間の名人をおちょくっているのか、とちょっとムッときた。

▲38金を咎めるには、振り飛車がいいのではと私は思ったのだが、佐藤名人は冷静に△84歩と応じて、結局、力戦調の相掛りとなった。その後、ポナンザはむざむざと佐藤名人に飛車で歩を只で取らせるし、佐藤名人の筋のいい攻めに対して、いかにも危なっかしく受けるのだが、コンピュータ・ソフトなりに見切っていたようで、カウンターの反撃を開始した段階で、佐藤名人の方がどうしようもなくなっていた。

まさか、これって手合い違いじゃないよね、と自問するのだが、私の棋力程度でそんなこと分るはずもない。しかし、こういう負け方は、囲碁の白石六段が解説している、AlphaGo対中韓のトップ・プロとの対戦の棋譜と似ている。すなわち、人間側の達人が筋のいい手を繰り出して、観戦する人間は、おっ、コンピュータ・ソフトに一発入れたかと期待するのだが、コンピュータ・ソフトは、そんな応酬は見切っていたようで、全局を支配する手で大勢を抑えてしまう。

そういえば、ワールド碁チャンピオンシップで井山六冠は、囲碁ソフトで決して世界トップとはいえないDeepZenGoに敗れてしまった。しかし井山六冠は、レジリエントに、何ごともなかったかのように、その後も名人リーグや十段戦で人間相手に勝ちまくっている。

もう既に勝負はついたんだよね、という私の今更の問いに、囲碁の棋士は笑いながら、将棋の棋士は渋面をつくりながら、静かに頷くのだろう。

ねずげんたさんにコメント戴いた、Wの悲劇であるが、悲劇はダブルで終わらず、ついにトリプルに及んでしまった。

すなわち、三日目の3月23日の対戦で、DeepZenGoが井山九段に勝ち、なんと井山九段は三連敗で、最下位の四位になってしまった。

一方、韓国のパク・ジョンファン九段が中国のミ・ウィティン九段を破り、三戦全勝で優勝した。まとめると、以下のとおりである。

  1. パク・ジョンファン九段(韓国) 3勝0敗
  2. ミ・ウィティン九段(中国) 2勝1敗
  3. DeepZenGo(AI) 1勝2敗
  4. 井山裕太九段(日本) 0勝3敗

井山九段にとって残念な結果だったが、これはたまたまであって、実力ではないと信じる。なぜなら、井山九段はパク・ジョンファン九段にも、ミ・ウィティン九段にも優勢に進めていて逆転されたからである。普段の井山九段ならこんなことはほとんどなく、おそらく最近の連日の対局で疲れていたのだろう。それが決して単なる気休めで言っているわけでないのは、先日も井山九段は、世界トップランカーの柯潔九段に一勝一敗の五分だったからである。そもそも、井山九段は、誰と打っても、逆転することはしょっちゅうだが、逆転されることはめったにない。また、たしか井山九段はパク・ジョンファン九段にも、ミ・ウィティン九段にも、対戦成績は多くないが勝ち越しているはずである。

そもそも最近井山九段は対局が混んでいたし、ずっと六冠を維持しているのも相当疲れる。なので、DeepZenGoが井山九段に勝ったのは見事だが、本来の井山に勝ったわけではないと思う。

そういう意味では、今度の日曜の電聖戦で、一力七段と対戦して勝ってこそ、DeepZenGoは本物だし、もっというなら、パク・ジョンファン九段とミ・ウィティン九段の少なくともどちらかには勝ってほしかった。ただ、AIはこれからのプログラムの改良と機械学習でまだどんどん強くなるだろう。

井山九段も、百戦錬磨で、三連敗の痛手から速やかに回復し、また勝ち続けるだろう。高尾九段に名人位を取られたときも、そのあと他のタイトルは堅守した。結構レジリエントなのである。じゃないと多冠は維持できない、できるわけがない。

急に、♪春よ、遠き春よ~♪と頭の中を曲が流れてきた。

囲碁AI大会

user-pic
0

日本棋院のホームページによると、コンピュータ囲碁同士の選手権である、囲碁AI大会で、中国のFine Art(絶芸)が、日本のDeepZenGoを抑えて優勝したという。以下、引用:

2016年に登場したGoogle DeepMind社開発の「アルファ碁」の影響で注目を集めているコンピュータ囲碁ソフト界で、コンピュータ囲碁プログラム同士の大会、第10回UEC杯コンピュータ囲碁大会(主催:電気通信大学 エンターテイメントと認知科学研究ステーション、協賛:株式会社囲碁将棋チャンネル、協力:コンピュータ囲碁フォーラム、後援:公益財団法人日本棋院)が、2017年3月18日(土)、19日(日)に東京都調布市の「電気通信大学」で、国内外30チームが集まり行われた。(「アルファ碁」は不参加)

あらっ、「アルファ碁」は不参加なのか。尤も、アルファ碁 = Masterだとすると、日中韓のトップ・プロを相手に60連勝なのだから、最早人間は手合い違いといえる。あ、違った、今回の相手はコンピュータなのだった。なんにしても、今更戦うに値しないということか。

結果は決勝で、Fine Art/絶芸(中国:Tencent)が、DeepZenGo/ディープゼンゴ(日本:Team DeepZenGo)を、196手まで白番中押し勝ちを収め、初出場初優勝を飾った。なお準優勝のDeepZenGoは、3月21日(火)開幕の「ワールド碁チャンピオンシップ」に出場する。

そういえば、ワールド碁チャンピオンシップに書いたように、今回の成績に関係なく、DeepZenGoはワールド碁チャンピオンシップに出場するのだった。しかし、ワールド碁チャンピオンシップでの今回の相手は、井山裕太9段と、韓国ランキング1位パク・ジョンファン9段と、中国ランキング3位のミ・ウィティン9段。ミ・ウィティン9段は中国ランキング3位とはいえ、国内の選抜戦を勝ち抜いたので、実質国内1位と変わらない。すると各国の実質的なチャンピオンが出場するわけで、流石に、最早全盛期を過ぎた趙治勲9段より手強そうである。DeepZenGoは、昨年の11月24日の趙治勲との対戦のときよりどれくらい強くなっているのだろうか。

また、優勝したFineArt、準優勝のDeepZenGoは、3月26日(日)に行われる「第5回電聖戦」に出場し、一力遼七段と十九路盤にて互先で対戦する。世界最高峰のプログラムがどこまでプロ棋士に迫れるのか、こちらの対戦も注目される。

ああ、一力遼七段は確かに若手でも有望株であるが、FineArtに勝てるだろうか。これも注目である。

芝野龍之介

user-pic
0

以前から、将棋界だけでなく囲碁界の話題にも注意を払ってきたのだが、最近のような事件があると、将棋というか将棋連盟に関心をもつことが難しくなり、それを補償するように囲碁に関心が向いてしまうのは人情か。

そういえば先日、囲碁のグランドチャンピオン戦で、藤沢里菜女流本因坊が、高尾名人に勝ったのには流石に驚いた。藤沢里菜女流本因坊は、高尾名人にとって、藤沢秀行門下の妹弟子なので、つい気合いが入らなかったのかもしれないが、それにしても名人に勝つとはすごい。まあ、藤沢里菜女流本因坊ほどの才能ある人を女流と思ってはいけなくて、ふつうに若手有望プロとみるべきなのだろう。

ともかく、毎週の習慣で、日本棋院のホームページで対局結果というのを見ていて、あれっ、と思ったのは、芝野龍之介という名前を発見したときである。芝野龍之介というと、芝野虎丸三段のお兄さんだが、やはり囲碁が強いので有名で、たしか高校生のときアマ本因坊になったはずである。

なので、対局結果で芝野龍之介という名前をみたときは、ああ、アマチュアとしてプロ棋戦に出場しているんだな、と思ったら、芝野龍之介初段とあって、あれっ、いつの間にプロになったのか、と驚いた。

しらべてみると、芝野龍之介さんは、東京理科大の学生なのだが、去年、外来のプロ試験をうけて、ぶっちぎりで合格したようである。弟が活躍しているので、お兄さんとしても、後を追いたくなったのだろうか。なんとなく将棋の谷川兄弟を彷彿とさせるが、あっいかん、自分で谷川に言及しながら、気分が悪くなってきた。

対局結果によると、芝野龍之介初段は、おかげ杯で、鳥井裕太初段と大淵浩太郎四段に勝った。そのすぐ下では、棋聖Bリーグで、芝野虎丸三段が、元タイトル保持者の伊田篤史八段に勝っていた。ううん、なんという強い兄弟なのだろう。

あと、ウェブの記事によると芝野龍之介初段は、相模原市南区在住だそうで、なにげに私と近いのもいい。場所的には東林間のほうなので、実際はそんなに近いとはいえないが。ともかく、近所のよしみで?芝野兄弟を応援させて戴くことにする。

あっそうそう、全然脈絡がないが、最近うれしかったことがあって、それは、三浦事件を1億%クロというツイッターで煽ったハッシーこと橋本八段が、三浦九段と完全に和解し、二人は1時間くらい話し込んだのだという。三浦九段からみて、橋本八段も、絶対許せない人達の一員かとおもったら、どうやらそうでないようである。すると、橋本八段は、もともと渡辺竜王や小暮記者の仲間ではないのだろうか。いや、少なくとも橋本八段は小暮記者と仲良しだったはず。すると、三浦九段は橋本八段に心を許していいのだろうか。なんか裏がないのかどうも心配になったりする。

何にしても、戦国時代でいえば、徳川家康が織田信長と同盟を結び、ともかく西から攻められる懼れがなくなったようなもので、たたかうべき敵が減るのは望ましい。この勢いで、久保九段も千田六段も三浦九段に謝罪してくれないかな。あ、渡辺竜王は謝罪しないで、ラッシャー木村のように、そのままヒールを続けているのが、らしい、といえる。

囲碁ソフト「Master」で述べたように、Masterは中国・韓国の一流棋士たちを相手にして、なんと60連勝という圧倒的な強さである。

それで、数字的には強さは分かったのであるが、具体的な棋譜はどうなっているのだろうと、理解する棋力もないくせにおもっていたところ、私が好きな囲碁棋士の一人で、まいにちブログを更新している白石六段が、Master対棋士の棋譜解説を5局に亘って解説された。まだ今後も続くらしい。

それをみて、具体的な手の良し悪しなんて私には理解できないが、ともかく圧倒されたのは、対戦相手の棋士は、日本の一流棋士も決して容易に勝てないような世界ランカーばかりなのに、中盤以降どんどん差をつけられて圧倒されているのである。まったく付け入る隙がないといってよい。

個々の手の質というか技のレベルの高さは、私なんて全く及びもつかないことは明白であるが、それにも拘わらず、圧倒され方が、私が自宅のパソコンで天頂の囲碁6に三子を置いて圧倒されているのと雰囲気が似ている。要するに、中盤あたりまでは五分か少しいいくらいなのだが、知らない間に不利になっており、挽回しようと無理して討ち死にするみたいな感じが同型なのである。

で、もしかして囲碁のトップ棋士は、Masterに対して二子(まさか三子はないだろう)の手合いなのでは、と推定した。というのは、それくらいの力の差でないと、なかなか60連敗ということにならない。

しかし、二子だとしても、それはアマチュア・トップと、プロ・トップの差であり、プロ的には大差であろう。なので、いくらMasterが強いといっても、人間の棋士が二子を置いて打つということにはならないだろう。そんなことしたら沽券にかかわる。

ところで、いまいち記憶に自信がないのだが、以前に羽生三冠が、もし将棋の神様と対戦するとしたら、香落ちでは歯が立たないが、流石に角落ちではないだろう、みたいに言っていたような気がする。

その言葉を反芻すると、羽生三冠が言っている手合いというのは囲碁でいえば二子に相当するのではないか、すると、Masterは最早棋神の強さなのだろうか、とつい考えてしまう。

一方で、冷静に考えると、囲碁ソフトの強さがMasterで飽和しているなんてことは考えられず、今後も囲碁ソフトは(もちろん、将棋ソフトもそうであるが)進化していくが、最早人間からみたらその強さは縮退していて、見分けがつかないのかもしれない。それは、将棋でいえば、A級棋士と、C級2組で引退間際の棋士では、対戦すればほぼA級棋士が勝つだろうが、名前を隠して棋譜をみたら、私程度では強さの違いがあまりわからないかもしれない、というのと似ている。

なんにしても、人間の棋士がやりにくい時代になったものである。

囲碁の高尾名人というと、大橋拓文六段などと比較すると、必ずしも囲碁ソフト事情通というわけでもないのだが、以下のようなブログ記事をみて驚いた。

昨年末、ネット囲碁界に現れた「Master」。
結局は、昨年3月、イ・セドル九段を負かした
「AlphaGo」のバージョンアップしたソフトと判明。

人間に多少不利な条件だったとは言え、
日中韓台のトップ棋士が60連敗した事は、
最早、人間が勝てなくなったと言われても仕方がない。

しかし、棋士達に悲壮感は無いように思えました。
それより、レベルの高い碁を見ることができ、
楽しみや喜びの方が大きいのです。

私は50連敗したところまでは知っていたのだが、さらに60連敗まで伸びているとは。

しかし私が驚いているのはその点ではない。「棋士達に悲壮感は無いように思えました。」というくだりである。典型的には棋士の一分に書かれたような将棋の棋士の反応と天と地ほども違う。例えば、羽生や渡辺などトップ棋士がponanzaなどに挑んで60連敗しても嬉々としているシーンなんて想像できるだろうか。少なくとも私はできない。

ところで、大橋拓文六段のブログによると、中国の柯潔九段や韓国の朴廷桓九段がMasterに挑戦しており、白石六段のブログによると、中国の黄雲嵩五段も戦っていたり、まさにトップ棋士が闘っている。

また、大橋拓文六段のブログによると、中国には刑天という囲碁ソフトがあり、「世界のトッププレイヤーが束になって襲い掛かっていますが、刑天は20局打って勝率は8割」とのことで、Masterには及ばないものの、DeepZenGoよりかなり先行している。なんとかキャッチアップしてほしい。

なんでもそうなのだが、自分が少なくとも中級者程度のスキルがあるということと、他人に教えられるということは別物である。厳密にいうと別物というよりも、教えるためには中級者程度のスキルがあるということは流石に必要条件なのだが、それを土台にして教えるというのは教えるための独自のノウハウを必要とするということである。

そういう私なのだが、初心者指導で述べたように、年に一度公民館で将棋の先生をしたり、やはり年に一度近くの中学校で生徒たちに囲碁・将棋を教えるというコーナーを任されたりしている。そういうとき、自分が囲碁や将棋の系統的な指導方法をまったく知らないという現実にいつも愕然とする。それで、私以外の適任者がいれば喜んで交代する。現実に、担当の方にそういう言い方もする。しかし、あいにく、ボランティアで囲碁や将棋を教えようという人がなぜか、少なくとも私が住んでいる地域の近辺にあまり多くないようで、専ら私が行かせてもらっている。

そういう経緯で、先日も中学校に出かけたのだが、なにしろ私一人しか指導者がおらず、いままで会ったこともない中学生が10人くらい適当にがやがややっているだけなので、私が介在できる余地は極めて少ない。それで私は様子をみていて、質問やリクエストを受けるようにしている。駒の動かし方を聞かれるようなナイーブな質問にももちろん臆さない。

そんな私がぐっと構えるのは、なにか真剣に迫ってこられることである。といってももちろん中学生から告白されるなんてことはないのであって、要するに、ルールは全く知らないけれど、囲碁や将棋を教えてほしいと真剣に見つめられることである。すると、ううん、時間は45分しかないし大変だなあ、でもなんとかしようとつい考えてしまう。

45分というのは、前半45分、後半45分の併せて90分が私の持ち時間である。先日の前半は、囲碁のルールを全く知らない男女の中学生から、それでも囲碁を打ってみたいといわれて、ううんこれはチャレンジだと頭を抱えたが、ともかく思考を巡らして、具体的に二人で打ってもらいながら、教えることにした。

とりあえず隅から打つんだよ、と星や小目などを指定したら、そこはすぐ分ってくれて適当に隅を占めるように打った。そこから辺に展開する打ち方を教えつつ、地の概念を説明して、地というものを教えた。そうしつつ、石を取るという概念を教えて、あとは好きなように打ってもらい、ありえない手だけ修正して、終盤までなんとか囲碁っぽく引っ張ってこれた。そして、一応終局までいって、どうやって地を計算するかも説明した。対局した二人が満足そうなので、ほっとした。それにしても、囲碁を全く知らない人に囲碁を打った気持ちに浸ってもらうのはなかなか私にはチャレンジであった。

それでほっとして一息ついていたら、後半で今度は真剣な目で将棋を教えてほしいという女子中学生が現われた。ルールは全く知らないというので、ううんまたか、と悩んだが、流石に私は囲碁より将棋の方が文字どおり頭の中の持ち駒が多いので、工夫の余地がある。

そこでまず私は、駒の並べ方を説明して、駒の動かし方を一通り説明した。もちろんそれで完全に憶えてもらえるなんて期待しない。そこから私が仮想手順で相手の駒も動かして対戦することにした。なりゆきで戦法は、相掛にした。

そこからが私の工夫で、指しながら、急に立ち止まって説明する。さあ、ここではこの銀と金が頑張りたいよ、と叫んでいる。彼らに活躍させる手はどう? そう聞いても最初なのでもちろん分からない。そこで活用するとはどういうことか、と銀を繰り出す手をみせてあげたら、ああ、と頷く。

すると次に金を活用しなくてはならない場面で、どう金に活躍してもらう?と聞いたら、悩み始めた。そこで私は、将棋を覚えたばかりの人も、羽生さんも、盤面をみてどう指すかということで悩むのは同じなんだよ、と説明した。すると、なんと5分くらい長考して、本当に金を動かす正解の手を指したので、私は感動した。

私は、分らなくても延々と悩んで考えるのが重要なんだ、と説明した。中学校にいるということで、いっぱしの教育者気取りだった。

そうやって急所、急所でヒントを与えながら、手の候補を示唆していると、私が示唆した手ではないのに、玉の早逃げを独自に考えて指したので、将棋を20分前に知ったばかりの女子中学生がそんな手を指すのかと、むしろ当惑するほどだった。

そうやって相手に好手を指すように誘導したこともあって、相手側の方が必勝になっていた。時間が迫ってきたので、ここでそちらに決め手があるよ、独自に考えてごらんといったら、本当に長考しはじめ、なんと本当に独力で決め手を選んできた。

時間がきたので終わったが、女子中学生が満足そうだったのでほっとした。こんな調子で毎日教えていたら、1年で初段までもっていくのも夢ではないよね、と思ったのだが、そんなシステムが学校にはないし、私もいまのところ余裕ないので、とりあえずはこの程度である。

ただ、もし将来中学校から将棋部をつくるので指導者をやってほしいといわれたら、みんな初心者の部員ばっかりでも、神奈川県予選を突破して全国中学団体戦に出れるように努力してみたいような気もするが、流石に私にはそんなこと無理かなとやってみないうちから引いてしまうのが私の悪い癖である。ともかく、将棋の効率的な指導法というのはきちんと学ぶに値する。私はその方面で、もしかしたら一応の才能はあるかもしれない。

先日、日本棋院のホームページをみていたら、ええっと思うことがあった。その内容を私なりにまとめてみると、以下のとおりである。

すなわち、日本棋院は、ワールド碁チャンピオンシップと称して、2017年3月21日(火)~23日(木)に日本棋院関西総本部で、日本、中国、韓国のトップ棋士を集めて囲碁を打つのであるが、そこに囲碁AIも参加するのだという。

その囲碁AIというところに先ず驚いたのだが、それが日本棋院推薦で、DeepZenGoだというのだからまた驚いてしまった。なぜなら、DeepZenGoは、趙名誉名人との囲碁電王戦をみるかぎり、まだトップ棋士に勝つには力が不十分と思われたからである。

そして勝負の世界では一般的に、今は実力がいまいちだが、数ヶ月あればキャッチアップできるはずだから、という前提で手合いを組むことはまずない。なので違和感があるのだが、そういえばアルファ碁VSイ・セドルも、アルファ碁が数ヶ月でキャッチアップする前提で手合いが組まれ、アルファ碁は見事その期待に応えたのだった。

だからといって、DeepZenGoが同じことができるという保証はまったくない。DeepZenGo開発チーム代表の加藤さんは、アルファ碁の論文に書かれていることを辿るつもりはない、と先日のインタビューで応えていた。その独自の工夫が、あと数ヶ月でどう実るかがみものである。

ところで、日本、中国、韓国のトップ棋士というとき、日本代表は井山六冠が決まっていて、これは誰も文句のないところだろう。韓国は、韓国ランキング1位、朴廷桓九段か。そして中国は、世界トップランカーの柯潔九段か。ともかくDeepZenGoを抜きにしても興味深い(抜きにしないでくれ、と加藤さんに言われそうである)。

そういえば、アルファ碁対柯潔の対戦はいつなのだろう。そして、それがあった後のワールド碁チャンピオンシップだとすると、前にも用いた私の下手な比喩で、ウオッカの後のビールにならないのだろうか。

一時は興味を失いそうになった第2回囲碁電王戦であるが、第2局でDeepZenGoが勝って一勝一敗になったことで俄然興味が復活し、勤労感謝の日の第3局は、満を持してニコ生にログインした。

さて、第1局はDeepZenGoの先番で、第2局は趙名誉名人の先番。そこで第3局は改めて握りで趙名誉名人の先番となった。

本局の解説は、井山六冠の解説と吉原由香里六段の聞き手という、日本棋院が用意したベストの布陣だった。立ち合いの小林覚九段もそうかもしれない。

第1局と第2局は、趙名誉名人は、作戦として余り普段打たないけれどもDeepZenGoも経験が浅いと思われる目外しを敢えて選んだが、本局は趙名誉名人は、普段の対局と全く同じの中国流を選んだ。

途中まで井山六冠も、まあプロでもよくある布石ですね、という進行だったが、DeepZenGoは序盤、一手ちょっと場違いなところに打ち、すかさず趙名誉名人にポイントを稼がれた。

結局DeepZenGoは、右上の石を捨てて、厚みを築き、得意の模様の碁にした。すると当然ながら、趙名誉名人は左上の星の位置にある白石に付けて、模様を削減することを図ってきた。井山六冠がなんとなく趙名誉名人の方がいい、みたいなニュアンスで言うので、そうなのかなと思ってみていると、突然プレミア会員が入ってきて、追い出された。あれっ、まだ追い出されるほど沢山観戦者がいないのにな、と思って、何度も再度ログインしようとしても入れない。困ってしばらく考えて、マイケル・レドモンド九段とアンティ・トルマネン初段が解説している英語モードのチャンネルにログインした。こちらは流石に観戦者が多くないので、追い出されなかったが、どうしても英語だとあまり理解できない。それでもbetter than nothingで観ていると、どうも少しずつDeepZenGoが損をして形勢が悪化しているようである。なのにDeepZenGoの形勢判断は随分自分に有利なように判断しており、いくらなんでもそれは違うんじゃないの、と私でさえ思った。

それで所用があって一旦パソコンを閉じて、しばらくして日本語の解説の方にログインしてみたら不思議にログインできた。そして井山六冠は、よく分からないけど、趙先生の方が少し形勢がいいんじゃないですかね、と自信がなさそうにいう。ちなみに、井山六冠は、趙名誉名人と酒を飲んだり、カラオケに行ったりするような仲らしい。趙先生のカラオケは善悪を超えていると笑う。

さて、ただでさえ趙名誉名人の方が少し形勢がよさそうなのに、DeepZenGoはヨセで詰まらないミスを重ねて、井山六冠が目算したところ、ううん、趙先生の方が盤面10目くらいいいですかね、と言いにくそうにいう。井山六冠がそういうならもう駄目かと観念していたら、趙名誉名人が引導を渡すような手を打ち、応手に窮して、DeepZenGoはそこで投了してしまった。

私は観ていてなんか脱力した。当然かもしれないが、DeepZenGoはまだまだAlphaGoに及ばないな、と思ってしまった。

ただ、終了後の趙名誉名人のコメントが面白かった。すなわち、序盤は強いが、つまらないミスもするし、そこが人間臭くて面白い、というものだった。また、模様の碁を打つが、武宮九段とは違って、メイエンさんの碁みたいだと笑う。しかし、DeepZenGoがメイエンさんに似ているのは全く偶然ではなくて、メイエン九段はZenの初期の頃からその開発にアドバイスしてきて、まるで息子のように思い入れが深いのである。なので、メイエンさんは第2局でDeepZenGoが趙名誉名人に勝ったのを目を細めて喜んだことだろう。

さらに趙名誉名人で興味深かったのは、DeepZenGoでもAlphaGoでも、不利になったとき、あちこちに勝負手を仕掛けるということがないので大変助かる、という。実際のプロの対局では確かに、不利になると局面を複雑化し、あちこちにワナを仕掛けてくるので、正しく応接するのは大変である。そういうのって、コンピュータ囲碁に実装するのは大変なのだろうか。そういえばコンピュータ将棋はどうだったっけ? なんか勝負手を繰り出すというのはやるような、やらないような。

あと、将棋ソフトと違って囲碁ソフトというのはとてもディープラーニングが馴染むようで、またディープラーニングは特に布石で人間らしい手を生成するが、私のみるところ将棋ソフトは強くなるほど、手が人間から乖離していくようである。

最後に、日本棋院と囲碁ソフトの関係は、まるで両親の公認で付き合っているカップルみたいで、一方日本将棋連盟と将棋ソフトの関係は、まるで親に隠れて付き合って、それがばれて仕方なく条件付きで、あるいはできちゃった婚で親に認めてもらった関係のようだな、と苦笑いした。きっとAplhaGoが圧倒的な存在感で彗星のごとく囲碁界に現れて、それで有無を言わせず存在を認めさせたのだろう。

ともかく、次回の囲碁電王戦では、Zenが少なくとも勝ち越してほしいのものである。そうしないと、AlphaGoを乗り越えるなどという話には永遠にならないからである。

私が社会的地位や将棋などの勝負の実績等にほとんどみるべきものがないのは、要するに才能がないといってしまえばそうなのだが、より具体的には、駄目そうでも粘るとか、諦めないで手を尽くすという側面があまりに乏しいというのも大きい。

そんな私なので、囲碁電王戦第1局でDeepZenGoが序盤と中盤で優勢を築きながら、終盤の乱れで趙名誉名人に負けてしまったとき、ああ今回はDeepZenGoは趙名誉名人に三連敗だな、DeepZenGoが囲碁のプロ棋士に勝つのは多分来年のことだな。まああと1年あればなんとかなるだろう、と思ってしまった。そして、もし今回DeepZenGoは趙名誉名人に三連敗になったら、残りの2局は、独立したブログ記事でなく、囲碁電王戦第1局の記事の自己レスで簡単に触れる程度に留めようと思ったりした。

それでも、日曜の午後、特に用事がなかったので、ニコ生にログインして囲碁電王戦第2局を観戦した。本局はDeepZenGoの先番で、まるで武宮九段のような大模様を張った。しかし、趙名誉名人といえば、大模様にドカンと打ち込んで絶妙に凌いでしまう、名手。果たして上辺に打ち込んで居直ってしまった。

さて、本局の解説は先日井山から名人位を奪取したばかりの高尾名人で、聞き手は吉原由香里六段。昨日の万波奈穂三段も美人だけど、由香里さんはやっぱり華があっていい。そして、高尾名人も誠実な人柄があらわれて、解説がなかなか味がある。

そんな高尾名人が、DeepZenGoの打ち手に対してどうもいい顔をしない。打ち込まれた趙名誉名人の白石に対する追求が、プロ的にみて甘いというか、ここからDeepZenGoの方をもってあまり勝てる気がしないという。そういえば、趙名誉名人の様子をみていても、どことなく余裕があるというか、真剣に手を読んでいるのだが、一方、DeepZenGoの応手がプロ的でないというか一貫性を欠いている。

ところが、DeepZenGoは、そんな囲いがそのまま地になるわけないだろうという手で虚妄の?大模様を張り、相手は模様荒らしの達人、趙治勲である。その趙治勲がいよいよ、DeepZenGoが張った大模様に入ってきた。それに対するDeepZenGoの応手が生硬で、高尾名人が疑問を呈するので、なんか私は居たたまれなくなって、ちょっと散歩にいった。実はつたやでCDを借りていて、歩いて返しにいっただけである。

私は歩きながら、ううん、DeepZenGoはまだ天下の趙治勲と互先を打つなんて10年早いとはいはないが、1年は早いかと考えた。そして散歩か帰ってくると、もう終わっているではないか。

ええっ、と画面をみていると、DeepZenGo開発チームの加藤さんがインタビューに応えており、一方の趙名誉名人は沈黙している。いくら勘が鈍いといっても私は流石に、DeepZenGoが勝ったんだと察知した。

そして投了図をみるとなんと、凌ぎの名手、趙治勲の大石が、DeepZenGoが張った模様の中で死んでいた。そんなことがあるのか。

加藤さんがいうには、第1局の敗戦を反省して、DeepZenGoの考慮時間を長くとるように設定変更したのだという。それでDeepZenGoの凡ミスが減ったのかもしれない。

趙名誉名人は、DeepZenGoについての感想を聞かれて、ひたすら自分の打ち手の反省点を述べるばかりだった。そして、負けるつもりはなかった、とも言った。もしかして、前日の勝利で少し気が緩んだのだろうか。歴戦の勇がそんなはずはないと思うが。

ともかくこれで勝負は一気に盛り上がった。それが証拠に、今回の囲碁電王戦を観戦していて、今までニコ生から追い出されないできたが、DeepZenGoが勝った直後から、急に追い出されてしまった。

これは勤労感謝の日の第3局は必見である。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち囲碁カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは哲学です。

次のカテゴリは宗教です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。