囲碁の最近のブログ記事

市技

user-pic
0

先日数年ぶりに所用で、故郷の尾道市に帰省した。ちょっと時間が空いたので、海岸通りを散歩していたら、新しいビルに囲碁クラブがあるのを見つけた。最近はかなり囲碁にも興味をもってきたので関心をもったが、そこでのんびり碁を打つほどの時間はないので、散歩を続けつつ、考えた。

というのは、今から8年くらい前、まだ私の両親が健在だった頃である。商店会を歩いていたら呉服屋の二階に囲碁クラブがあって、当時はいまほど囲碁に興味はないものの、へぇこんなところに囲碁クラブがあるんだと様子をみたら、窓ガラスは割れていて、半ば廃屋でどうみても営業しているとは思えない。そうだよね、いまどきこんな地方で囲碁クラブなんて成立しないよね、と勝手に納得したのだった。

だから、アクティブな囲碁クラブが尾道市に存在することに驚いたのだが、ああ、と今更思い出した。尾道市は数年前に因島市を合併したのだった。そして因島市はもともと本因坊秀策の出身地で囲碁の盛んな地で、それにうまく便乗して尾道市は囲碁を市技にした。そして囲碁を活用して、地域を活性化することを図った。それは見事に成功し、いまでは尾道市は観光客が増え、囲碁の全国レベルの大会も結構開かれている。

さて、尾道から帰ってきて、海岸どおりの囲碁クラブをグーグルで検索したら、ホームページがあって、見てみたら、尾道北高校の福島あきらさんという名前が見えた。私がええっ、と思ったのは、尾道北高校というのは私の母校だからである。さらに記事をみていくと、福島あきらさんは、2年生でアマ六段、女流の強豪で、全国高校囲碁選手権大会の女子個人戦で三位に入ったという。

やるじゃん、と思ったのは、私の母校は地元ではそこそこの進学校なのだが、かつて囲碁部も将棋部もなく、棋道に関しては伝統があるとは言い難いのであって、そんな強豪が後輩にいるんだよね、といううれしい驚きである。

でもよく言うよねと自分で思うのは、確かに私は尾道北高校の卒業生なのだが、高校時代不良ではないにしても、生意気な生徒で何人かの先生に嫌われており、誰一人私が頼れる先生はいなかった。

同窓会も大学のときは一度だけ参加したが、先生に敬遠されていたので歓迎されず、その後二度と同窓会に出なかった。なので、いまから数年前、地元にいる同級生から直接電話があって、おい、たまには同窓会に顔を出せよとたしなめるように言われたが、あっさり断った。

そんな情けないOBなのであまりおおっぴらに応援する立場でもないのだが、密かに福島あきらさんにエールを送るとしよう。

日本棋院のホームページを観ていたら、以前にNHKの囲碁フォーカスの司会をしていた戸島花さんがツイートしていて、「将棋の先崎学九段にお会いできて嬉しかったです。」みたいに書かれていたので、あれっ、先崎学九段は病気じゃなかったのか、と怪訝になった。

実際、先崎学九段は11月15日のB級2組の順位戦、横山泰明六段戦も不戦敗なったばかりで、これでB級2組で最初に大石七段と指して負けた後、5戦続けて不戦敗で6連敗、アナウンスによると、来年3月末まで休場「一身上の都合」とのことなので、降級点は確実である。

戸島花さんのツイートを辿ると、囲碁の穂坂繭さんのツイッターに着いた。穂坂繭さんといえば、先崎学九段の奥さんで、日本棋院東京本院所属のプロ三段。ツイッターによると、数週間前に、西荻窪に「囲碁・将棋スペース棋樂」を開設し、囲碁と将棋を交互に指導しているようである。ホームページもあって、こちらである。

ともかく、先崎学九段が重大な病気じゃなかったようで、安心した次第である。

棋士とAI

user-pic
0

私は、つい先日まで囲碁名人であり、最近井山六冠(当時)に名人位を奪還されたが、高尾九段のファンであって、更新があった日には必ずそのブログを拝読させて戴いている。

その高尾九段に最近、AIと題する記事があった。そこに以下のような内容が書かれていた。

その「アルファ碁ゼロ」の棋譜が数多く
公表されたのですが、自慢ではないけど、
一局も並べていないですね。

その理由は以下のようなことらしい。

それに比べて、AI同士の対局は、
理解できない事が多すぎるし、ミスもないし、
流れもないので、面白さを感じないですね。

白石六段のブログを拝読させて戴くと、AIだって結構ミスするらしい。ただ、理解できない事が多すぎる、という趣旨のことは白石六段も仰っいて、するとAIの手の理解できなさを面白いと思うかどうかが分れ目なのだろう。

囲碁のプロ棋士の中で、三村九段、白石六段、大橋拓文六段、王メイエン九段あたりが確実にAI右派で、高尾九段はAI左派だと思うけど、そのことと囲碁の強さは多分あまり関係がない。ただ、じわっとAIがプロ棋士の世界に浸透しつつあって、AI左派の人たちも、時代の波に乗り遅れないためにAIも無視できなくなりつつあるのではないだろうか。

ちなみに、いうまでもないけど私は日常的に、AIまではいかないけど、コンピュータ活用右派で、普段の仕事でPerlなどのツールを使わないではほとんど仕事ができないといってよい。

そうやってコンピュータをがんがん使って、笑ってお仕事?している私が別格視されていたり抜群の実績上げていたりするかというとまったくそんなことなくて、まあ普通である。少なくとも無能ではないよね、と自己弁護のようにたまにつぶやくだけてある。

そうである理由は明らかで、人間の感覚作用というのは偉大で、これをうまく使うと凄い威力を発揮する。コンピュータの計算能力もまた偉大であって、これをうまく使うと効率が上がる。

どんなにAIが進化しても、右派の人と左派の人が協同してやっていかないとうまくいかない、という当たり前のことを改めて確認する次第である。

AlphaGo zeroの記事で、2017年11月号の数学セミナーは、「コンピュータ将棋・囲碁のこれから」という特集号だったと述べたが、これについてもう少し補足してみる。

一般的に、数学セミナーの毎月の特集で、内容についていけないことも然ることながら、この分野は誰それが権威であるとか、そういうことは全くわからない。ごくたまに、ああこの著者の本はもっているね(あえて、読んだとはいわない)と思ったりする。

しかし、コンピュータ将棋・囲碁特集だとちょっと事情が違って、私でも少しだけ関係者に当たりをつけることができる。

最初は、電通大の伊藤毅志さんの「コンピューターチェス・将棋・囲碁」と題する記事で、二人完全情報確定ゼロ和ゲームのための基本的なアルゴリズムとその歴史の概観になっているが、まさに斯界の権威らしい充実した内容となっている。

次はponanzaの作者の山本一成さんかと思ったら、なんとPreferred Networksの前田新一さん、齋藤優樹さん、藤田康博さんの「ディープラーニングのインパクト」と題する記事だった。ここは本来の数学セミナー的な専門的な内容で、私には難解であるが、実はPreferred Networksは、山本一成さんとともにPonanza Chainerを開発したのであり、その技術的内容が最後に結構詳しく書かれてあって、興味深かった。

次は、ある意味旬のチームDeepZenの加藤英樹さんの「コンピュータ囲碁とディープ・ラーニング」と題する記事で、ここは「ディープラーニングのインパクト」ほどディープに技術に入り込んでいないので私にもある程度理解できる。

次におおっと思ったのは、将棋の千田六段の「棋士の認識とコンピュータ将棋の影響」と題する記事で、いろいろな経緯で千田六段というとひっかかることもなくはないのだが、記事の内容は流石に日常的にコンピュータ将棋を研究に使っているだけあって、感心する内容だった。

次は囲碁の光永六段の「囲碁の未来」と題する記事で、千田六段の記事の双対なのかもしれないが、ちょっと迫力に欠けるなあと思ってしまった。というのは、囲碁の棋士で囲碁AIを語るなら、第一人者は大橋拓文六段か王メイエン九段、あとは三村九段、白石六段も相当熱心である。この中から選んでほしかったなあというのが正直な感想である。

次は、はこだて未来大学の松原仁さんの「コンピュータ将棋・囲碁の今後」と題する記事で、松原さんも電通大の伊藤毅志さんと同様にこの分野で学会の権威である。そういえば、外資系にいたとき管理職研修に出たら、基礎研究所の知り合いのNさんがいた。私が将棋が趣味ですというと、松原さんの話題になった。松原さんは東大の同じ学科で同級生だったらしくて、Nさんは、コンピュータ将棋なんかやって、と苦笑いしていた。いまならもう少しポジティブな反応になるのではないだろうか。Nさんはその後、電通大の教授になられて、ホームページを見たら、知能情報研究室ということでAIも版図である。あれっ、コンピュータ将棋やコンピュータ囲碁は流石にやっていないか。

最後は、IBM Researchの岸本章宏さんの「チェッカー解明と人工知能」と題する記事で、えっ、今更チェッカーと思ったが、よく読むと完全解明の話で、一見シンプルなチェッカーも、コンピュータを駆使しても完全解明は相当大変のようである。するとオセロの完全解明ははるかに難しいし、将棋や囲碁となると、これはほとんど原理的に無理といってよい。

あっ、よくみたら、岸本章宏さんの記事は、コンピュータ将棋・囲碁特集とは別だった。かなり紛らわしい。

私は将棋連盟のホームページをみて、それから日本棋院のホームページをみるのが日課のようなものだが、日本棋院のホームページでは、白石勇一の囲碁日記を読むのが一番楽しみである。なにしろ、盤面図付きでほぼ毎日更新しているのに、ほとんど手抜きがなく、どんなレベルのアマチュアにも囲碁の面白さを伝えようとする熱意に溢れている。

そんな白石六段が去年、「やさしく語る碁の本質」マイナビという本を昨年出版したのだが、なんとなく今まで様子をみていて、最近買って読み始めたのだが、最初に以下のような言説が目についた。

中盤が終わるまで、地のことは一切考える必要がないといって過言ではありません。ヨセに入ってからでも十分間に合います。
では、何を第一にして打てばいいのでしょうか?それが本書のテーマである「石の強弱」です。

これをみて、私は、石の強弱が重要なのはわかるけど、いくらなんでも「中盤が終わるまで、地のことは一切考える必要がないといって過言ではありません。」ということはないのでは、と思ってしまった。なぜなら、プロ棋士の解説でも、ここは生き死にには関係ありませんが、やはり地としては大きすぎますね、みたいな言い方がされるからである。

でも、「やさしく語る碁の本質」の最初の練習問題を考えていて、ああそういうことかと分かった。もし白石六段が、地も大事ですが、まず石の強弱が大事です、といってしまうと、私も含めて多くのアマチュアは、結局、ああやはり地も大事なんだと、そっちに囚われて石の強弱に考えが及ばない。

実際私が、天頂の囲碁に教わっていると、地合いで先行しているつもりでも、弱い石を攻められて、もがいているうちに巨大な厚みをつくられて、それを囲われて大差になってしまうことが何度もあった。

それで、この本の教えに従い、石の強弱にフォーカスしてみると、アマ七段という天頂の囲碁に三子置いてもなかなか勝てないものの、石が一方的に攻められないで、むしろこちらが攻める展開になって、前よりは僅差になった。

ただ、最初は易しいと思っていたこの本も、第4章の「相手の石を攻める」あたりから、私のレベルでは難しくなって、プロの棋譜を観戦するという第7章では完全にお手上げになるくらいついていけなかった。まあ、何度も読み返すことにしよう、私の人生がどれくらす長いか全くわからないが。

AlphaGo zero

user-pic
0

最新号、すなわち2017年11月号の数学セミナーは、「コンピュータ将棋・囲碁のこれから」という特集号だった。他でもない数学セミナーがついに将棋・囲碁のAIソフトを取り上げるのだなあと感慨に耽っていたら、新聞の第一面に衝撃的な記事が掲載された。ここでは時事通信社の記事を引用させて頂く。

昨年3月、世界最強とされる韓国人棋士に圧勝した囲碁人工知能「アルファ碁」の改良版「アルファ碁ゼロ」が開発され、旧アルファ碁との対局で100戦100勝の成績を挙げた。
旧アルファ碁は過去のプロ棋士の対局を学習し、アルファ碁同士の対局(自己対局)を繰り返して進化を遂げたが、アルファ碁ゼロは「お手本」を必要とせず、自己対局だけで世界最強の能力を身に付けた。論文は19日付の英科学誌ネイチャー電子版に掲載された。
人工知能(AI)はさまざまな分野で目覚ましい進化を遂げているが、最初の学習には人間の専門家による知識が必要で、データ化や入手が難しいなどの問題があった。
米グーグル傘下の英グーグル・ディープマインド社が開発したアルファ碁ゼロは、過去の対局などの学習用データ入力なしに、白紙の状態から自己対局を繰り返して、指し手や盤面の評価を自ら学んでいくプログラムを搭載。旧アルファ碁では、人間の指し手の学習と訓練に数カ月かかっていたのに対し、アルファ碁ゼロは数日間、約500万回の自己対局で性能を向上させた。プログラムの改良により、計算に用いるコンピューターチップの数も少なくて済むという。

私が別の記事でみたところで補完すると、アルファ碁ゼロが100戦100勝したのは、去年3月にイ・セドルと戦った版であって、アルファ碁最後の対局で述べた、囲碁の未来サミットで柯潔九段と三番勝負した版ではない。そもそも柯潔九段と三番勝負した版は、イ・セドルと戦った版より三子強いというのだから、100戦してもう少し勝てるはずである。

そこで今恐ろしいことに気づいた。それは、イ・セドルと戦った版でも既に、人間のトップ棋士より強いといわれている。だから、イ・セドルに4勝1敗だったわけだが、そのイ・セドルと戦った版より柯潔九段と戦った版は三子強く、それよりもアルファ碁ゼロはさらに強いのだから、少なくともイ・セドルと戦った版より四子は強いということになる。しかもアルファ碁ゼロで囲碁AIの棋力が飽和しているわけではないはず。すると、アルファ碁ゼロと人間トップの差は、人間トップと並のアマチュア県代表の差よりも大きいということになって、いよいよ人間は及びでないということになる。ちなみに将棋の方でも、一部のプロ棋士は、ponanzaに角落ちでも自信がないという。恐ろしい時代になったものである。

さらにアルファ碁ゼロは、1つのニューラルネットワークしか使わないなど、アルゴリズムを合理化しており、そのためGPUより30倍速いというTPUチップを、4個使うだけでよい。

要するにこれは、アルファ碁開発で培ったノウハウを集大成した強化学習マシンなのだった。強化学習、すなわち教師なし学習なのだから、人間の棋譜など、事前に用意する必要はないということになる。

ただ、だからといって最初から人間の棋譜など不要とはいえない。なぜなら、人間の棋譜を駆使した初期版があってこそここまで進化できたわけだから。一人でここまでこれたわけじゃないぞ、誰のお陰だと思っているんだとつい人間は言いたくなるだろう、勝てない悔し紛れに。

あと、創薬などさまざまな分野に応用されると期待されるというが、こういう手法は有効なだけに逆にかなり分野を選ぶと思う。

ともかく私の当面の興味は、次のとおりである。

  1. この手法での囲碁ソフトの強さの上限はどこまでか
  2. 将棋にも強化学習は使えるか

七冠復帰

user-pic
0

今期の囲碁名人戦、高尾名人対井山六冠は、流石に井山がタイトルを奪取するとは思っていたが、こうもあっさり取るとは。以下、毎日新聞の記事から引用する。

囲碁の本因坊文裕(もんゆう、28)=井山裕太九段=が17日、2度目の全7大タイトル同時制覇を達成した。16日から静岡県熱海市で打たれた第42期名人戦七番勝負(朝日新聞社主催)の第5局で、197手で高尾紳路名人(40)に黒番中押し勝ちし、4勝1敗でタイトルを奪取。昨年11月に失った名人を奪い返したことで、約1年ぶりに7冠復帰を果たした。囲碁、将棋界で7冠復帰は史上初。

囲碁、将棋界で7冠復帰は史上初、というけど、そもそもが七冠を達成したのが羽生と井山しかいないのだから、羽生は7冠からタイトルを失った後、七冠には復帰できなかった、ということである。

そのことを以て、井山の方がレジリエントであるというのは妥当でないことはないのだが、羽生は7冠を達成した後最早目標を失くしてしまった、一方の井山にとって七冠は一里塚に過ぎなかった、というのが大きな違いではないだろうか。

すなわち、井山はいくら七冠を達成しても、中国と韓国には、井山が分が悪い囲碁棋士が少なからずいるから、井山は嫌でもさらに上をみて努力せざるをえない、というわけである。日本でそんな井山を追う一番手は、一力七段であるが、果たしていつ井山に追いつき、追い越せるだろうか。

ところで、プロ野球のCSであるが、予想を裏切って、ファースト・ステージでDeNAが阪神に二勝一敗でファイナル・ステージへの進出を決めた。去年に続きカープとファイナル・ステージを戦うというのだから、なかなか大したものである。やはりある雨の日の死闘での頑張りは無駄ではなかった。それにしても阪神は豊富な中継ぎ陣をもち、強いと思うのだが、どうしても人の好さが抜けず、ここ一番に弱い。典型的には9月に入っていきなり、広島に三連敗して、あそこでリーグ優勝は事実上無理になった。

さてカープも気を引き締めないと今のDeNAはかなり手強いと思われる。

コンピュータ将棋選手権に対応する、第1回世界電脳囲碁オープンが開催された。日本棋院のホームページから引用する。

囲碁AIによる世界大会「2017 中信証券杯 第1回世界電脳囲碁オープン戦」が8月16日、17日に中国の内モンゴルオルドス伊金霍洛旗大劇院で行われた。
17日に行われた決勝戦で、日本から出場したDeepZenGoが、中華台北のCGIに258手まで白番中押し勝ちし優勝を決めた。
世界各国から12ソフトが出場し、16日にスイス方式の5回戦による予選を行い、17日に上位8ソフトによる決勝トーナメントが行われた。
日本からはDeepZenGo、Rayn、AQの3ソフトが出場し、全3ソフトが予選を通過した。決勝トーナメントでは、1回戦でRayn、AQが敗れたもののDeepZenGoは韓国のDolBaramに勝利、続く準決勝では中国の絶芸に勝利し決勝進出を決めていた。
優勝した「DeepZenGo」は、18日10時頃から世界戦優勝経験者の孔傑九段と対局を行う。

実は前日の予選では中華台北のCGIが全勝で、DeepZenGoは3勝2敗だったので、決勝ではどうなるかと危ぶまれていた。なので、決勝戦ではDeepZenGoが中華台北のCGIに258手まで白番中押し勝ちし優勝を決めた、というのは相当な快挙である。

それにしてもDeepZenGoは、今年3月の囲碁AI大会では、中国の絶芸に敗れているので、コンピュータ囲碁の世界も日進月歩で予断を許さないことが分かる。

さて、囲碁の未来サミットで世界チャンピオンの柯潔に三連勝したことで、人間との対戦を「卒業」したAlphaGoに、他のソフトがどれだけ近づき、あるいは超えられるかが課題であろう。

芝野七段

user-pic
0

私は芝野虎丸のファンでずっと応援してきたが、日本棋院のホームページをみて、ええっと驚いた。以下、引用する。

第26期竜星戦(主催:日本棋院、囲碁・将棋チャンネル)の決勝戦が7月31日(月)に「竜星スタジオ」(日本棋院東京本院内)で行われ、芝野虎丸三段(日本棋院東京本院所属)が、余正麒七段(関西棋院所属)に黒番中押し勝ちをおさめ、すべての棋戦を通じて初優勝を果たした(タイトル獲得は8月1日付)。
芝野は17歳8ヵ月の優勝で、竜星戦の最年少優勝記録(第25期、一力遼七段の19歳1ヵ月)を更新。また、入段から2年11ヵ月(平成26年9月1日入段)で全員参加棋戦のタイトル獲得となり、井山裕太六冠が持つ最短記録(3年6ヵ月、第12期阿含・桐山杯)も更新した。
この優勝で芝野は七段に昇段(8月1日付)を決め、七段昇段の最短記録(坂井秀至八段=関西棋院、3年4ヵ月)をも更新した。

井山六冠の年齢記録を破っていきなり七段はすごいと思ったが、考えてみると、竜星戦はまだ本戦トーナメントが始まっていない段階で芝野の優勝を開示してしまったのだから、半端ないフライングである。

フライングといえば、藤井四段がNHK杯で千田六段に勝って連勝記録を伸ばしたことを放送前に報道してしまったこともかなり驚いたが、今回は昇段がかかっているので、突然、芝野七段と呼んだときの違和感を少しでも和らげる意図だろうか。

こういう飛びつけ七段みたいな制度は、順位戦が存在する将棋界にはなじまないのかもしれないが、しかし、基本的に今では囲碁界の方が将棋界より昇段が易しいとはいえないようである。

例えば、私がいつもブログを愛読ざせて頂いている囲碁の白石六段であるが、棋聖戦Cリーグに入るほどの実力者だが、自分の実績ではいまから昇段するのは実に大変だとおっしゃられていた。

昔はある程度年功があれば囲碁界は多くの人が九段になれたはずなのにえらい違いである。

まあともかく、芝野七段であれ、藤井四段であれ、若い人が出てきて頑張るのは業界を活性化するのに実に効果があってよいというものである。

少し前のことだが、日本棋院のホームページで、白石六段のブログをみていたら、王メイエン九段の「囲碁AI新時代」という本が素晴らしいという。白石六段ご自身が、マスター対日中韓一流棋士の棋譜解説を順次ブログに載せるくらいの囲碁AI通だし、王メイエン九段が誰よりも深い思い入れを囲碁AIに尽くしていることは私もよく知っているので、早速買って読むことにした。

そこで、私なりに理解して範囲で要約してみるが、囲碁も囲碁AIも、私のスキルというか理解している範囲はとても浅いので、甚だ不十分な要約であることをお断りしておく。

最初にこの本は、歴史的事件といってよい、イ・セドル対AlphaGoの棋譜解説から入る。そこのところは、「人工知能は碁盤の夢を見るのか? アルファ碁VSイ・セドル」ホン・ミンビョ/キム・ジノ著、ホン・ミンファ訳、東京創元社で読んだといえばそうなのだが、メイエン九段となると、なんとなくニュアンスが違う。なんというか、囲碁AIの立場に立って発言しているような気がするのが面白い。すなわち、メイエンさんは囲碁のプロ棋士だから、囲碁に深い愛があるとしても当然である。しかし、囲碁AIにも深い愛があるとなると、これは普通ではない。普通の棋士は、囲碁AIに対する尊敬はあっても愛はない。

また、メイエンさんは童心を重んじる。童心をもつと、これが筋でこう打つべきだ、みたいな前提が減り、うんそれもあるか、みたいな感想になる。それでメイエンさんの解説であるが、これが「標準理論」なんですけど、みたいな言い方をよくされる。実は「標準理論」という言い方は、普通のようでいて、物理学の場の量子論や高エネルギー物理学以外であまり使わない。羽生三冠もそうであるが、メイエンさんは囲碁以外にもいろいろな一般教養の勉強を相当されていると私はみてとった。

イ・セドル対AlphaGoの第2局の解説で感心したのは、AlphaGoは単に乱戦になりにくく負けにくい碁形を選んでいるだけ、というコメントである。なんかすごいことをサラリと解説して、それを、悪くなる展開を避ける計算量が支えている、とフォローする。要するに、人間には無理ですよ、ということである。だからメイエンさんは、AI囲碁に負けてもがっかりすることはないです、新しい時代の幕開けですと続ける。この最後のメッセージはこの本を一貫して流れる思想である。

さらに、イ・セドルがAlphaGoに勝った第4局のイ・セドルの「神の手」も実は苦し紛れだった、と喝破する。それに対してAlphaGoがとち狂ったようにみえても、あれは正常運転なのであり、水平線効果も想定の範囲内だみたいなニュアンスで説明される。要するに、AlphaGoの挙動も、人間が築いた基礎の路線上にあり、その基礎は案外的外れではなかった、という。

次は、DeepZenGo対趙名誉名人の対戦。ここではDeepZenGoがときどき、信じられないような狂手?を繰り出してくるのだが、調べれば調べるほど、DeepZenGoの方が正しいという場合が多い。ただ、未知の部分も多いので、結局人間の方が妥当という方に覆る可能性もあるという。

また、DeepZenGoとAlphaGoの棋風の違いにもメイエンさんは言及する。すなわち、一言でいうと、DeepZenGoは激しく、AlphaGoは明るいという。ただ、いかんせん、この時点ではDeepZenGoは、AlphaGoほど仕上がっていなかった。

さらに、メイエンさんは、囲碁界では、将棋界のようにAIに絶対負けたくないというこだわりはあまりなく、むしろAIがどう打つかに興味をもっているという。これを、ゲームの性質の違いかとメイエンさんは指摘するが、私は、将棋は、AIにじわりじわりと傷めつけられたが、囲碁は痛いと思う間もなくすぱりと斬られたからだと思う。拷問のようにネチネチ負かされ続けたら敵意も生じようというものである。

またメイエンさんは、DeepZenGo対趙名誉名人第3局のオペレータ投了の理由も説明する。なるほど、である。

さて、昨年末から今年にかけて席巻したマスターはAlphaGoの後継だが、棋風が、武宮から趙治勲に変わったようだという。激しく、地に辛くなった。とはいえ、AlphaGoの土台となるソフトは、バランス重視のErica。なお、Ericaといえば、囲碁ソフトとの対戦に書いたように、2010年10月の時点では、藤沢里菜初段(当時)にまだ、六子で負けている。今の私より少し強い程度か。

なお、強引な棋風のDeepZenGoは、AlphaGoほどDeepLearningとの相性がよくないという。ただ、前向きなメイエンさんはそれをDeepZenGoの伸びしろとみる。

囲碁AI一般でいうと、囲碁AIは意外に死活や攻め合いに強くないという。この点、終盤の即詰みを見逃さない将棋AIとの違いは顕著である。では、死活や攻め合いに強くない囲碁AIがなぜあんなに強いのかというと、その圧倒的な全局をみる目の広さと深さにある。すると、そもそも死活や攻め合いの場面にならない。

あと、囲碁AIのブレークスルーは、モンテカルロ法のプレイアウトにツリーサーチを組み合わせたMCTSであるが、それが水平線効果の原因でもある。最近では、MCTS + ポリシーネットワーク + バリューネットワークである。ただ、メイエンさんは、独特の知見から、プレイアウトになんらかのパラメータを適用ではないかと考えている。

さいごにメイエンさんは、完成度と共感度という二つの軸で考えることを提案し、囲碁AIは何を考えているかわからないということから、どうしても共感度という点で何があるので、そこに人間の出番がある、という。ただ、ここらあたりになってくると哲学的で、私にはよく分からなかったりする。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち囲碁カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは哲学です。

次のカテゴリは宗教です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。