囲碁の最近のブログ記事

コンピュータ将棋選手権に対応する、第1回世界電脳囲碁オープンが開催された。日本棋院のホームページから引用する。

囲碁AIによる世界大会「2017 中信証券杯 第1回世界電脳囲碁オープン戦」が8月16日、17日に中国の内モンゴルオルドス伊金霍洛旗大劇院で行われた。
17日に行われた決勝戦で、日本から出場したDeepZenGoが、中華台北のCGIに258手まで白番中押し勝ちし優勝を決めた。
世界各国から12ソフトが出場し、16日にスイス方式の5回戦による予選を行い、17日に上位8ソフトによる決勝トーナメントが行われた。
日本からはDeepZenGo、Rayn、AQの3ソフトが出場し、全3ソフトが予選を通過した。決勝トーナメントでは、1回戦でRayn、AQが敗れたもののDeepZenGoは韓国のDolBaramに勝利、続く準決勝では中国の絶芸に勝利し決勝進出を決めていた。
優勝した「DeepZenGo」は、18日10時頃から世界戦優勝経験者の孔傑九段と対局を行う。

実は前日の予選では中華台北のCGIが全勝で、DeepZenGoは3勝2敗だったので、決勝ではどうなるかと危ぶまれていた。なので、決勝戦ではDeepZenGoが中華台北のCGIに258手まで白番中押し勝ちし優勝を決めた、というのは相当な快挙である。

それにしてもDeepZenGoは、今年3月の囲碁AI大会では、中国の絶芸に敗れているので、コンピュータ囲碁の世界も日進月歩で予断を許さないことが分かる。

さて、囲碁の未来サミットで世界チャンピオンの柯潔に三連勝したことで、人間との対戦を「卒業」したAlphaGoに、他のソフトがどれだけ近づき、あるいは超えられるかが課題であろう。

芝野七段

user-pic
0

私は芝野虎丸のファンでずっと応援してきたが、日本棋院のホームページをみて、ええっと驚いた。以下、引用する。

第26期竜星戦(主催:日本棋院、囲碁・将棋チャンネル)の決勝戦が7月31日(月)に「竜星スタジオ」(日本棋院東京本院内)で行われ、芝野虎丸三段(日本棋院東京本院所属)が、余正麒七段(関西棋院所属)に黒番中押し勝ちをおさめ、すべての棋戦を通じて初優勝を果たした(タイトル獲得は8月1日付)。
芝野は17歳8ヵ月の優勝で、竜星戦の最年少優勝記録(第25期、一力遼七段の19歳1ヵ月)を更新。また、入段から2年11ヵ月(平成26年9月1日入段)で全員参加棋戦のタイトル獲得となり、井山裕太六冠が持つ最短記録(3年6ヵ月、第12期阿含・桐山杯)も更新した。
この優勝で芝野は七段に昇段(8月1日付)を決め、七段昇段の最短記録(坂井秀至八段=関西棋院、3年4ヵ月)をも更新した。

井山六冠の年齢記録を破っていきなり七段はすごいと思ったが、考えてみると、竜星戦はまだ本戦トーナメントが始まっていない段階で芝野の優勝を開示してしまったのだから、半端ないフライングである。

フライングといえば、藤井四段がNHK杯で千田六段に勝って連勝記録を伸ばしたことを放送前に報道してしまったこともかなり驚いたが、今回は昇段がかかっているので、突然、芝野七段と呼んだときの違和感を少しでも和らげる意図だろうか。

こういう飛びつけ七段みたいな制度は、順位戦が存在する将棋界にはなじまないのかもしれないが、しかし、基本的に今では囲碁界の方が将棋界より昇段が易しいとはいえないようである。

例えば、私がいつもブログを愛読ざせて頂いている囲碁の白石六段であるが、棋聖戦Cリーグに入るほどの実力者だが、自分の実績ではいまから昇段するのは実に大変だとおっしゃられていた。

昔はある程度年功があれば囲碁界は多くの人が九段になれたはずなのにえらい違いである。

まあともかく、芝野七段であれ、藤井四段であれ、若い人が出てきて頑張るのは業界を活性化するのに実に効果があってよいというものである。

少し前のことだが、日本棋院のホームページで、白石六段のブログをみていたら、王メイエン九段の「囲碁AI新時代」という本が素晴らしいという。白石六段ご自身が、マスター対日中韓一流棋士の棋譜解説を順次ブログに載せるくらいの囲碁AI通だし、王メイエン九段が誰よりも深い思い入れを囲碁AIに尽くしていることは私もよく知っているので、早速買って読むことにした。

そこで、私なりに理解して範囲で要約してみるが、囲碁も囲碁AIも、私のスキルというか理解している範囲はとても浅いので、甚だ不十分な要約であることをお断りしておく。

最初にこの本は、歴史的事件といってよい、イ・セドル対AlphaGoの棋譜解説から入る。そこのところは、「人工知能は碁盤の夢を見るのか? アルファ碁VSイ・セドル」ホン・ミンビョ/キム・ジノ著、ホン・ミンファ訳、東京創元社で読んだといえばそうなのだが、メイエン九段となると、なんとなくニュアンスが違う。なんというか、囲碁AIの立場に立って発言しているような気がするのが面白い。すなわち、メイエンさんは囲碁のプロ棋士だから、囲碁に深い愛があるとしても当然である。しかし、囲碁AIにも深い愛があるとなると、これは普通ではない。普通の棋士は、囲碁AIに対する尊敬はあっても愛はない。

また、メイエンさんは童心を重んじる。童心をもつと、これが筋でこう打つべきだ、みたいな前提が減り、うんそれもあるか、みたいな感想になる。それでメイエンさんの解説であるが、これが「標準理論」なんですけど、みたいな言い方をよくされる。実は「標準理論」という言い方は、普通のようでいて、物理学の場の量子論や高エネルギー物理学以外であまり使わない。羽生三冠もそうであるが、メイエンさんは囲碁以外にもいろいろな一般教養の勉強を相当されていると私はみてとった。

イ・セドル対AlphaGoの第2局の解説で感心したのは、AlphaGoは単に乱戦になりにくく負けにくい碁形を選んでいるだけ、というコメントである。なんかすごいことをサラリと解説して、それを、悪くなる展開を避ける計算量が支えている、とフォローする。要するに、人間には無理ですよ、ということである。だからメイエンさんは、AI囲碁に負けてもがっかりすることはないです、新しい時代の幕開けですと続ける。この最後のメッセージはこの本を一貫して流れる思想である。

さらに、イ・セドルがAlphaGoに勝った第4局のイ・セドルの「神の手」も実は苦し紛れだった、と喝破する。それに対してAlphaGoがとち狂ったようにみえても、あれは正常運転なのであり、水平線効果も想定の範囲内だみたいなニュアンスで説明される。要するに、AlphaGoの挙動も、人間が築いた基礎の路線上にあり、その基礎は案外的外れではなかった、という。

次は、DeepZenGo対趙名誉名人の対戦。ここではDeepZenGoがときどき、信じられないような狂手?を繰り出してくるのだが、調べれば調べるほど、DeepZenGoの方が正しいという場合が多い。ただ、未知の部分も多いので、結局人間の方が妥当という方に覆る可能性もあるという。

また、DeepZenGoとAlphaGoの棋風の違いにもメイエンさんは言及する。すなわち、一言でいうと、DeepZenGoは激しく、AlphaGoは明るいという。ただ、いかんせん、この時点ではDeepZenGoは、AlphaGoほど仕上がっていなかった。

さらに、メイエンさんは、囲碁界では、将棋界のようにAIに絶対負けたくないというこだわりはあまりなく、むしろAIがどう打つかに興味をもっているという。これを、ゲームの性質の違いかとメイエンさんは指摘するが、私は、将棋は、AIにじわりじわりと傷めつけられたが、囲碁は痛いと思う間もなくすぱりと斬られたからだと思う。拷問のようにネチネチ負かされ続けたら敵意も生じようというものである。

またメイエンさんは、DeepZenGo対趙名誉名人第3局のオペレータ投了の理由も説明する。なるほど、である。

さて、昨年末から今年にかけて席巻したマスターはAlphaGoの後継だが、棋風が、武宮から趙治勲に変わったようだという。激しく、地に辛くなった。とはいえ、AlphaGoの土台となるソフトは、バランス重視のErica。なお、Ericaといえば、囲碁ソフトとの対戦に書いたように、2010年10月の時点では、藤沢里菜初段(当時)にまだ、六子で負けている。今の私より少し強い程度か。

なお、強引な棋風のDeepZenGoは、AlphaGoほどDeepLearningとの相性がよくないという。ただ、前向きなメイエンさんはそれをDeepZenGoの伸びしろとみる。

囲碁AI一般でいうと、囲碁AIは意外に死活や攻め合いに強くないという。この点、終盤の即詰みを見逃さない将棋AIとの違いは顕著である。では、死活や攻め合いに強くない囲碁AIがなぜあんなに強いのかというと、その圧倒的な全局をみる目の広さと深さにある。すると、そもそも死活や攻め合いの場面にならない。

あと、囲碁AIのブレークスルーは、モンテカルロ法のプレイアウトにツリーサーチを組み合わせたMCTSであるが、それが水平線効果の原因でもある。最近では、MCTS + ポリシーネットワーク + バリューネットワークである。ただ、メイエンさんは、独特の知見から、プレイアウトになんらかのパラメータを適用ではないかと考えている。

さいごにメイエンさんは、完成度と共感度という二つの軸で考えることを提案し、囲碁AIは何を考えているかわからないということから、どうしても共感度という点で何があるので、そこに人間の出番がある、という。ただ、ここらあたりになってくると哲学的で、私にはよく分からなかったりする。

連勝記録

user-pic
0

29連勝で止まってしまった藤井四段の連勝記録であるが、奇しくも、囲碁の方の連勝記録も、坂田栄男九段が1963/10/11~1964/07/29の間に達成した29連勝が新記録である。

ただ、坂田九段の連勝記録は、タイトル戦や、タイトル戦の挑戦者決定戦などで、将棋でいえば相手はA級かB級1組クラスで、強者揃いである。

そういう意味では、藤井四段がプロ棋士になったばかりで予選から当たる相手はそれと比べてどうしても見劣りするが、私が言いたいのは別のことで、デビュー戦からの連勝記録というのはなかなか伸びないものである、ということである。藤井四段がこの記録を達成する前は将棋は10連勝であり、囲碁は12連勝である。要するに、プロになったばかりのときは、羽生や谷川といえども、ベテラン棋士の癖のある指し手に屈したりした。それがプロの水の洗礼を受けるということだろう。なので、デビュー戦からいきなり勝ち続けるというのは相当大変で、必ずしも坂田九段の連勝記録の方が大変とはいえない。

あと私は、今回の藤井四段の快進撃の要因の一つは、最初に加藤一二三九段ことヒフミンと指したことにあると思う。というのは、ヒフミンは相当アブナイような発言をしているのにマスコミにもてはやされ続けていて、ほとんど神がかっている。まあ、今の言い方だと神っているのだが、藤井四段はまさにヒフミンの影響で神って勝ち始め、あとは実力が次第に後押ししたのだった。

ところで、棋界での世界の連勝記録は、韓国の囲碁棋士、イ・チャンホが1990年2月27日から9月2日までに達成した41連勝がそうらしい。確かにイ・チャンホは一世を風靡したが、最近ではすっかり鳴りを潜めてしまった。なので、連勝記録は確かにすごいが時間がたつと単なる過去の記録にすぎなくなって、現在には何も関係なくなる。

だから藤井四段も、連勝記録を達成したことは忘れて、虚心に努力してほしいと願うものである。

NHKの将棋講座や囲碁講座の司会の女性が、有名アイドルになったのはいつからだろう、ともかく私は、現乃木坂46で将棋講座の伊藤かりんさんと、元AKBで囲碁講座司会の戸島花さんが気に入っていて、番組を観るときの楽しみだった。

ところが、今年の4月、NHKの囲碁講座をみてずるいじゃん、と思わず叫んでしまった。その理由は、囲碁講座で金髪美女が起用されていたからである。これでは、特異性(singularity)で将棋講座の伊藤かりんさんとバランスがとれない。

で、番組を観ていて、ダイアナという名前だと分かった。ちょっとほっとしたのは、ダイアナの囲碁はまだ中級者の一歩手前の棋力で、ほとんどアマ初段に到達しようとしているかりんさんの方がその点は優っている。

そのダイアナのフル・ネームが、ダイアナ・ガーネットだと知って、私はええっ、と思った。なぜなら、プログラミング・スキルでも言及した、私の元上司の姓がガーネットだったからである。

その元上司は、父親の仕事の関係で子供のとき日本にいたことがあり、なので片言だが日本語が喋れた。その元上司には確か四人の子供がいて、娘も息子もいたはずである。その娘さんは父親の影響なのか日本びいきで、今から8年くらい前、日本のどこかの家庭にホームステイしていたはずである。なので、もしやと思ってダイアナ・ガーネットをWikiでみると、ワシントン出身とある。ええっ、と私はまた驚いた。上司は、ワシントン州シアトルの出身だったからである。ところがよく見ると、ダイアナの出身地はワシントンDCで、ワシントン州とは全く違い、流石に元上司の娘ではなかった、まあ当然か。

そのダイアナは実は歌手で、J-Popが好きで、ジェロみたいに日本の演歌も歌うようである。そこで、YouTubeでダイアナ・ガーネットで検索してみると、たまたま「また君に恋してる」や「津軽海峡冬景色」が見つかったが、聴いてみると実に美声で素晴らしい。なにかの歌のコンクールで、クリス・ハートを抑えて優勝したこともあるらしくて、その歌の実力は相当である。囲碁講座で歌の話題に全く触れないのはなぜだろう、まあ奥ゆかしいというか。

でも、ちょっとええっと、感じたことがあった。それは、さらにYouTubeを探していると、ダイアナ・ガーネットが日本の来たときインタビューを受けている場面があって、そのときの髪は黒髪だったからである。すると、今の金髪は染めているんだろうか。それにしても、米国人でも金髪に染めることがあるんだろうか。私の素朴な認識では、日本人で金髪に染めるというと渋谷あたりのちゃらい女性か、悪役のプロレスラーくらいなので、そっち方面に疎い私はいよいよわからなくなった。まあ、もともと金髪で、日本にきたとき、日本人に馴染もうと黒く染めていた可能性もあるが。

ともかくafter all, 私はすっかり、演歌の名手で囲碁もたしなむダイアナのファンになった次第である。

Yahooニュースによると、以下のように、アルファ碁対柯潔九段の三番勝負は、予想されたとおり、アルファ碁の三連勝で終わった。

【烏鎮(中国浙江省)=吉永亜希子】米グーグル傘下の英グーグル・ディープマインド社が開発した囲碁の人工知能(AI)「アルファ碁」と、世界最強と称される中国人棋士、柯潔九段(19)との対戦の最終第3局が27日、中国・浙江省烏鎮で行われ、アルファ碁が209手までで先番中押し勝ちし、3連勝で柯九段を圧倒した。(読売新聞)

第一局は半目勝負で、第二局、第三局は中押し負けなので、素人考えで第一局が一番接戦だったのかと思ったら、それはまったく違っていて、第一局は紛れのないアルファ碁の勝利、第二局、第三局はむしろ、柯潔九段の意欲的な打ち方が功を奏していて、局面を有利に進めていたという。ただ、柯潔九段に明らかな緩手というか失着が出て、形勢を損じてしまったようである。とはいえ、それが人間の棋士の限界ともいえる。はっきりいえることは、人間の囲碁の棋力の限界が、アルファ碁を超えられないだろうということである。なにしろ、いまのアルファ碁の棋力は、イ・セドルと去年対戦したときのアルファ碁に対して三子の手合いだというから、その強さは想像を絶する。

それでは、今後のアルファ碁はどうなるのか。毎日新聞の記事から引用する。

囲碁AI、アルファ碁を開発した英ディープマインドのデミス・ハサビス最高経営責任者(CEO)は、今回の「囲碁の未来サミット」が「アルファ碁にとっての最後の対局イベントになる」と明らかにした。今後、「科学者をサポートできるような汎用(はんよう)性の高いアルゴリズム開発を目指す」としている。医療やエネルギー分野、革新的な新素材発明などでの活用が期待されるという。
アルファ碁については今年後半、処理効率の改善やより幅広い課題に対応するための手法について、詳しく解説する学術論文を公開する。「他の開発者がこのバトンを引き継いでくれることで、アルファ碁の進化を利用した強力な囲碁プログラムが生まれることを願う」としている。リクエストが多かったというアルファ碁の考え方の筋道が見られるようにする「研究ツール」の開発に取り組む。また、「世界中の囲碁ファンに向けて特別な贈り物をしたい」として、アルファ碁の自己対局の一部、50局を選んで公開する。(https://deepmind.com/research/alphago/alphago-vs-alphago-self-play-games/)。まず10局公開され、今後毎日10局ずつ追加する予定という。

もともと人工知能研究は、量子アニーリングも含めて、グーグルにとって世界戦略の中核に位置付けられるもので、その中で囲碁ソフトは人工知能研究の一里塚にすぎない。なので、上記のような、ある意味ドライすぎるコメントも当然なのかもしれないが、囲碁ファンや将棋ファンにとって、突き放された感じは否めないのではないだろうか。

ただ、将棋ソフトほどの層の厚さはなくても、囲碁ソフトにも中国のFine Artや、日本のDeepZenGoなど、有力なソフトがあるので、上記グーグルの研究成果を取り入れて、是非とも、いまのアルファ碁の棋力を凌駕することを目指してほしい。

別の課題として、私がもっている激指14のような、パソコン・ベースのプラットフォームで、プロと同等程度の棋力の囲碁ソフトが早く発売されることも期待する。私がもっている、アマ七段相当だという天頂の囲碁6 Zenでさえ私は三子を置いてほとんど勝てない程度の棋力なのだが、それでも、より上質の手というのを直に味わいたいものである。

日本棋院によると、5月23日に中国烏鎮市で「囲碁の未来サミット」が開催されるのだという。その中でも目玉の催しは、世界ランキング一位の柯潔九段と、AlphaGo三番勝負で、第一局は終わり、結果は271手までで白番のAlphaGoが半目勝ちをおさめた、のだという。

その結果をみて私はええっと驚いた、柯潔はAlphaGoに半目負けだって、と。

私はいくらなんでも柯潔が勝つだろうと思っていたわけではない。なぜなら、今のAlphaGoは、昨年3月にイ・セドルに4勝1敗だったAlphaGoではない。あれからどれだけ強くなっているのか想像もつかない。

なぜなら、昨年3月にイ・セドルと戦ったAlphaGoの後継と目される囲碁ソフト「Master」は、柯潔や井山を含む日中韓台のトップ棋士に60連勝したのである。

しかも、現バージョンのAlphaGoは、Masterをさらに強くしたものらしくて、すると柯潔もあっさり中押し負けかと思ったら、半目負けだなんて、流石柯潔、ものすごい健闘ではないか。この分だと、三番勝負でAlphaGoに勝ち越すことは難しいにしても、なんとか一矢を報いることはできるのではないか。

それにしても、将棋界は、佐藤天彦名人がponanzaに二連敗したのを最後に、叡王戦をコンピュータに挑戦する手合いではなくした。もしかして、公式にプロ棋士がコンピュータ・ソフトと指すことはもうないのかもしれない。

囲碁界は違う。今回の柯潔対AlphaGoが、プロ棋士がオフィシャルにコンピュータ・ソフトと指すことの最後になるはずがない。そもそも「囲碁の未来サミット」とは、囲碁界は、コンピュータ・ソフトをオーグメンテーションのツールにする、すなわちコンピュータ・ソフトを使って棋理を極めることを高らかに宣言するということであろう。

それにしても、なぜ将棋界ではコンピュータ・ソフトに対するこだわりが強いのだろう。もしかして、度重なる電王戦で、すっかりライバル意識を醸成してしまったか。

一方、囲碁界では、有無を言わせず、黒船というか宇宙人による侵略のように突然AlphaGoに席巻されたので、妙な敵対意識をつくりだす暇もなくひれ伏したか。

私は将棋界も、AIに対していまの囲碁界と同様に振舞うべきとは思わない。だからといって、いまの将棋界のAIに対する態度がベストとは到底思えないのだった。

ともかく、とりあえず柯潔対AlphaGoの残り二局を見守ることにする。

昨日の電王戦は、佐藤名人ならもしかしてなんとかなるのではと思ったが、結局ポナンザに敗れてしまった。毎日新聞の記事から引用する。

コンピューターの将棋ソフト「PONANZA」(ポナンザ、開発者・山本一成さんと下山晃さん)と佐藤天彦名人(29)が対局する第2期電王戦二番勝負第1局は1日、栃木県日光市の日光東照宮で指され、ポナンザが71手で勝って先勝した。第2局は5月20日、兵庫県姫路市の姫路城で指される。

私は昨日、観戦し忘れたので、遅ればせながらニコ生のサイトに行ってみた。タイムシフト視聴しようとしたら、プレミアム会員限定だというので、困っていると、棋譜をみつけたので、パソコン上で棋譜を辿ってみた。すると、先手がポナンザで、後手が佐藤天彦名人。

私はポナンザの初手でいきなり驚いてしまった。なんと▲38金なのである。こんな初手がどうみてもいいとは思えず、お前はパソコン・ソフトの分際で、人間の名人をおちょくっているのか、とちょっとムッときた。

▲38金を咎めるには、振り飛車がいいのではと私は思ったのだが、佐藤名人は冷静に△84歩と応じて、結局、力戦調の相掛りとなった。その後、ポナンザはむざむざと佐藤名人に飛車で歩を只で取らせるし、佐藤名人の筋のいい攻めに対して、いかにも危なっかしく受けるのだが、コンピュータ・ソフトなりに見切っていたようで、カウンターの反撃を開始した段階で、佐藤名人の方がどうしようもなくなっていた。

まさか、これって手合い違いじゃないよね、と自問するのだが、私の棋力程度でそんなこと分るはずもない。しかし、こういう負け方は、囲碁の白石六段が解説している、AlphaGo対中韓のトップ・プロとの対戦の棋譜と似ている。すなわち、人間側の達人が筋のいい手を繰り出して、観戦する人間は、おっ、コンピュータ・ソフトに一発入れたかと期待するのだが、コンピュータ・ソフトは、そんな応酬は見切っていたようで、全局を支配する手で大勢を抑えてしまう。

そういえば、ワールド碁チャンピオンシップで井山六冠は、囲碁ソフトで決して世界トップとはいえないDeepZenGoに敗れてしまった。しかし井山六冠は、レジリエントに、何ごともなかったかのように、その後も名人リーグや十段戦で人間相手に勝ちまくっている。

もう既に勝負はついたんだよね、という私の今更の問いに、囲碁の棋士は笑いながら、将棋の棋士は渋面をつくりながら、静かに頷くのだろう。

ねずげんたさんにコメント戴いた、Wの悲劇であるが、悲劇はダブルで終わらず、ついにトリプルに及んでしまった。

すなわち、三日目の3月23日の対戦で、DeepZenGoが井山九段に勝ち、なんと井山九段は三連敗で、最下位の四位になってしまった。

一方、韓国のパク・ジョンファン九段が中国のミ・ウィティン九段を破り、三戦全勝で優勝した。まとめると、以下のとおりである。

  1. パク・ジョンファン九段(韓国) 3勝0敗
  2. ミ・ウィティン九段(中国) 2勝1敗
  3. DeepZenGo(AI) 1勝2敗
  4. 井山裕太九段(日本) 0勝3敗

井山九段にとって残念な結果だったが、これはたまたまであって、実力ではないと信じる。なぜなら、井山九段はパク・ジョンファン九段にも、ミ・ウィティン九段にも優勢に進めていて逆転されたからである。普段の井山九段ならこんなことはほとんどなく、おそらく最近の連日の対局で疲れていたのだろう。それが決して単なる気休めで言っているわけでないのは、先日も井山九段は、世界トップランカーの柯潔九段に一勝一敗の五分だったからである。そもそも、井山九段は、誰と打っても、逆転することはしょっちゅうだが、逆転されることはめったにない。また、たしか井山九段はパク・ジョンファン九段にも、ミ・ウィティン九段にも、対戦成績は多くないが勝ち越しているはずである。

そもそも最近井山九段は対局が混んでいたし、ずっと六冠を維持しているのも相当疲れる。なので、DeepZenGoが井山九段に勝ったのは見事だが、本来の井山に勝ったわけではないと思う。

そういう意味では、今度の日曜の電聖戦で、一力七段と対戦して勝ってこそ、DeepZenGoは本物だし、もっというなら、パク・ジョンファン九段とミ・ウィティン九段の少なくともどちらかには勝ってほしかった。ただ、AIはこれからのプログラムの改良と機械学習でまだどんどん強くなるだろう。

井山九段も、百戦錬磨で、三連敗の痛手から速やかに回復し、また勝ち続けるだろう。高尾九段に名人位を取られたときも、そのあと他のタイトルは堅守した。結構レジリエントなのである。じゃないと多冠は維持できない、できるわけがない。

急に、♪春よ、遠き春よ~♪と頭の中を曲が流れてきた。

囲碁AI大会

user-pic
0

日本棋院のホームページによると、コンピュータ囲碁同士の選手権である、囲碁AI大会で、中国のFine Art(絶芸)が、日本のDeepZenGoを抑えて優勝したという。以下、引用:

2016年に登場したGoogle DeepMind社開発の「アルファ碁」の影響で注目を集めているコンピュータ囲碁ソフト界で、コンピュータ囲碁プログラム同士の大会、第10回UEC杯コンピュータ囲碁大会(主催:電気通信大学 エンターテイメントと認知科学研究ステーション、協賛:株式会社囲碁将棋チャンネル、協力:コンピュータ囲碁フォーラム、後援:公益財団法人日本棋院)が、2017年3月18日(土)、19日(日)に東京都調布市の「電気通信大学」で、国内外30チームが集まり行われた。(「アルファ碁」は不参加)

あらっ、「アルファ碁」は不参加なのか。尤も、アルファ碁 = Masterだとすると、日中韓のトップ・プロを相手に60連勝なのだから、最早人間は手合い違いといえる。あ、違った、今回の相手はコンピュータなのだった。なんにしても、今更戦うに値しないということか。

結果は決勝で、Fine Art/絶芸(中国:Tencent)が、DeepZenGo/ディープゼンゴ(日本:Team DeepZenGo)を、196手まで白番中押し勝ちを収め、初出場初優勝を飾った。なお準優勝のDeepZenGoは、3月21日(火)開幕の「ワールド碁チャンピオンシップ」に出場する。

そういえば、ワールド碁チャンピオンシップに書いたように、今回の成績に関係なく、DeepZenGoはワールド碁チャンピオンシップに出場するのだった。しかし、ワールド碁チャンピオンシップでの今回の相手は、井山裕太9段と、韓国ランキング1位パク・ジョンファン9段と、中国ランキング3位のミ・ウィティン9段。ミ・ウィティン9段は中国ランキング3位とはいえ、国内の選抜戦を勝ち抜いたので、実質国内1位と変わらない。すると各国の実質的なチャンピオンが出場するわけで、流石に、最早全盛期を過ぎた趙治勲9段より手強そうである。DeepZenGoは、昨年の11月24日の趙治勲との対戦のときよりどれくらい強くなっているのだろうか。

また、優勝したFineArt、準優勝のDeepZenGoは、3月26日(日)に行われる「第5回電聖戦」に出場し、一力遼七段と十九路盤にて互先で対戦する。世界最高峰のプログラムがどこまでプロ棋士に迫れるのか、こちらの対戦も注目される。

ああ、一力遼七段は確かに若手でも有望株であるが、FineArtに勝てるだろうか。これも注目である。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち囲碁カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは哲学です。

次のカテゴリは宗教です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。