囲碁の最近のブログ記事

無頼派

user-pic
0

依田九段は、囲碁界最後の無頼派と呼ばれているらしいが、国語辞典によると、無頼派とは定職もなく、品行の悪い人という意味らしい。そういう意味では、きちんと囲碁のプロという定職のある依田九段は無頼派なんだろうか。

まあでも、依田九段は、カジノで何億円もすっているという剛の者なので、無頼派の本来の意味はともかく、藤沢秀行ばりの無頼派と呼ぶしかない。

ただ、単なる生活破綻者だと無頼派と呼ばれる前にダメ人間の烙印を押されて、社会的に葬られる。なので、本来のニュアンスではないが、きちんと一本筋の通った本業があって、生活の一部が破綻するのでないと、無頼派とさえ呼ばれない。

そういう意味で、将棋界で無頼派と呼ばれる棋士はいただろうか。小池重明がプロ棋士ならそうだったかもしれないが、小池は所詮アマだった。では、芹沢九段はというと、無頼派というより、単に名人になれず拗ねていただけなのではないだろうか。佐藤大五郎は嫌われ者というだけで、別に生活は破綻していない。

それで私は、将棋のプロには無頼派はありえないのではないかと思う。それは将棋というゲームの性質なのだろうか。私は、そうではなく将棋の制度にある、と思う。具体的には順位戦制度である。すなわち、順位戦があると、あまりにも放埓なことをしているといくら実力があっても、あっという間に順位戦から放り出されてしまい、無頼たる芯を失ってしまう。もっというと、三段リーグも息苦しすぎるし、将棋界は、個性の横溢をいまいち妨げていろところがないだろうか。せめて、里見がプロ棋士になれる環境であってほしかった。

その無頼の原因であるが、なんといってもてるエネルギーが大きすぎて河が氾濫するようなものだろう。それは羽生や井山も、もてるポテンシャルは相当であるが、その巨大な才能が、エネルギーが正しくコントロールされて流れることを許すのだろう。

なので、秀行先生であれ、依田九段であれ、その本流がなにかの原因でときどき詰まって、河から洪水が起きるのだとしか思えない。別の見方をすると、戦国時代なら、信長のように大活躍したかもと思ったりする。違うか。

私は囲碁の白石七段のブログを毎日楽しみにしているが、そのブログで、芝野七段が日中竜星戦で中国の柯潔九段に勝った、とあったので、それは凄いと気持ちが高ぶった。そこで、ウェブで探してみたら、毎日デジタルの記事があったので、引用させて戴く。

囲碁の第4回日中竜星戦(囲碁・将棋チャンネルなど主催)が29日、中国・北京で打たれ、芝野虎丸七段(18)が中国の柯潔(か・けつ)九段(20)に白番中押し勝ちした。世界最強棋士の一人を内容でも圧倒、同棋戦の日本勢初勝利をもたらした。
日本と中国、それぞれで開催された「竜星戦」の優勝者同士が対決する早碁のテレビ棋戦で、過去3回は中国の世界トップ級棋士に、日本勢が苦杯をなめていた。
芝野は昨年7月、プロ入りからの史上最速記録、2年11カ月で竜星戦を優勝。本因坊戦や名人戦で最年少リーグ入り記録も更新し、昨年、年間最多勝を挙げている。【最上聡】

さらに白石七段のブログの一部を引用させて戴く。

4図(実戦)
白1、3の切り2発!
黒勢力は決して強くないとみて、破壊しにいきました。
ずっと狙っていたのでしょうね。
芝野七段は、誰と打っても遠慮するということがありません(笑)。

誰に対しても芝野七段は、最強の戦いを挑むが、それはまさに井山七冠がそうであり、すると近い将来、井山対芝野の天下分け目の戦いが繰り広げられるだろうと予測しても、あまりにも自明な命題でありきたりすぎるというところである。

囲碁との対比で、将棋界は藤井六段に続く若手がいまいち目立たない。私は将棋界は三段リーグを含む奨励会と順位戦制度が、若手の進出にややブレーキになっていると思うのだが、どうなんだろう。

ところで、最近体操で、内村航平が全日本体操で11連覇を逃したが、それを打ち破ったのが白井健三でなく、谷川翔という聞いたことがない新人であるというのが、すごいと思った。

このようにどんどん凄い若手が出てくるというのがその分野の活性度だと定義しても、それなりに妥当だと思う。そういう意味では、まだ若い張本がニュースターである男子卓球も活気にあふれているし、女子卓球も若手中心で頼もしい。

一方、プロ野球はというと、カープのライバルチームなのであまり持ち上げたくはないのだが、やはりDeNAの若手の進境が著しい。すなわち投手では京山と東。先日のカープ戦では、運よくなんとかカープが勝ったが、今後苦しめられそうである。

カープも若手が頑張っていると思うのだが、DeNAと比べると相対的に年齢が高い。早く中村奨成が上がってきてほしいのだが。

依田九段のブログは、更新の頻度は低いのだが、独特の骨のあるご意見が興味深くて、私は読むのを楽しみにしている。例えば、三浦九段の件の補足で言及した記事である。

ところが、2018年4月3日の依田九段のブログの記事のタイトルは、「まさかの文春砲」だった。

一昨日、文春の記者から取材を受けました。電話で聞いた時は僕の自伝「どん底名人」の取材かと思ったのですが会って話を聞いてみると、どん底名人に書かれていないことを聞きたいとのこと。僕も驚きましたね。まさかの文春砲です。
2点の疑問点について質問されました。しかし、これは軽々に言える話ではないと言ってその場で答えることは断りました。
「依田さんが何も言わないと依田さんにとって厳しい内容の記事になりますよ」と言われましたがともかく、記事を見てからでないと対応できないと答えました。

これだけ読んでも私は、なんのことだか分らなかったが、2018年4月12日のブログの記事「お金返して!」をみてびっくりした。

今日発売の週刊文春に原幸子が僕を告発する記事「お金返して!」が載りました。前回の当ブログでは記事に対しては僕の手記で説明すると書きましたが、文字数が7000文字以上とかなりの量であるし、弁護士と相談した結果、とりあえずは記事の事実と違う所などを説明するという方向になると思います。

そこで私が早速、コンビニで週刊文春の4月19日号を買ったところ、確かに「お金返して!」という記事があった。それは、依田九段の奥さんで女流囲碁棋士の原幸子四段が思い余って述べたことを文春が記事にした内容であった。

すなわち依田九段は、囲碁の一流棋士で、名人位などのタイトルを保持していた頃は年収が一億近いことがあったが、株で失敗してすっからかんになったという。借金もしたので、その返済や税金の支払いにも困ったという。

それで、マンションを売って返済に充てることにしたが、それで得たお金は弁護士が管理し、ローンを返済した残りから、子供の教育費の分を確保することになったという。ところが、原四段によれば、その残高は依田九段が私物化してしまったのだという。

既に二人は別居し、離婚訴訟が進行しているという。

これだけみたら、どうみても依田九段に一方的に非があるようであるが、依田九段はブログで次のように弁明されている。

そして僕は記者に2つの事を必ず記事に書くように申し入れました。
それは僕はやましいことはしていないということ。
そして記事の内容については必ず説明する用意がある。この2点です。

私は三浦事件で、週刊誌の記事の内容を鵜呑みにすることの怖さを知ったので、ともかく、ことの進展を静観しようと思う。

DeepZenGo

user-pic
0

DeepZenGoについては、囲碁電王戦第1局の頃から注目してきたが、その頃はまだ少し人間棋士の方が厚かった。

ところが、そこからわずか半年後、ワールド碁チャンピオンシップで、DeepZenGoは、日本の最強棋士、井山七冠に勝つという画期的偉業を達成した。といいつつ、そのときDeepZenGoは、中国のミ昱廷九段と、韓国の朴廷桓九段には負けた。囲碁電王戦でも趙治勲名誉名人に1勝2敗で負けているので、そのリベンジとして、囲碁電王戦FINALとして、この三人と戦うことになった。DeepZenGoプロジェクトは、一応の成果を上げたとしてこの春で終了することになったことの有終の美を飾るというのもある。その結果は、以下のとおりである。

第1局2018年3月24日(土)ミ昱廷九段(中国)[対局実績:第1回ワールド碁チャンピオンシップ]
第2局2018年4月1日(日)朴廷桓九段(韓国)[対局実績:第1回ワールド碁チャンピオンシップ]
第3局2018年4月7日(土)趙治勲名誉名人(日本)[対局実績:第2回囲碁電王戦]

全勝できなかったのは残念であるが、このメンバーに対して2勝1敗なら、まあまあであろう。

ところで私は、DeepZenGoの製品版である、天頂の囲碁7 Zenをもっている。これはもしかして、ワールド碁チャンピオンシップで井山七冠を破った版なのだろうか。もしかしてその一つ前の版かもしれないが、ともかくプロ棋士に匹敵する棋力であることは間違いない。

実は今の勤務先の上司は、囲碁がアマ六段で、コンピュータ囲碁も好きなので、天頂の囲碁7 Zenが発売になった直後に紹介したら、早速買ったようである。そこで、強さはどうですか、としばらくして聞いてみたら、いやあ三子でなかなか勝てない、と困っていた。上司はプロ棋士に三子の手合いなので、天頂の囲碁7 Zenはやはりプロレベルだと確信した。

私はというと、アマ七段という天頂の囲碁6 Zenになんとか三子で勝ち、二子で少し足りないというくらいまで肉薄したので、天頂の囲碁7 Zenには六子で打ってみた。すると、六子なら少し私が分がいいことが分かった。ところが、五子にすると、全く勝てない。勝てないといっても、中盤までは負けようがない絶対優位といつも感じるのだが、終盤で妖しくちょっかい出されて、少しずつ損していき、最後はいつも五目から十目くらい足りないというのが恒例で、それならと、序盤から積極的に攻勢をとってみると、反撃されて討ち死にするという有様で、五子でもしかして三十連敗以上していると思う。それなら正しくは六子の手合いのような気がするが、私は意地でも五子で打ち、年内になんとか十局に一局くらいは勝てるようになりたいと思っている。

一方、DeepZenGoの引退は残念だが、他にも有力囲碁ソフトは出てきているので、DeepZenGoのレガシーを引き継いで、一層の囲碁の深淵を極めてほしいと思う。もしそれから製品版として発売されるなら、買ってみたいものである。

囲碁と将棋

user-pic
0

最近の羽生永世七冠と、井山七冠の国民栄誉賞を受けてのブームだと思うが、週刊誌の広告の見出しだったか、囲碁と将棋、どちらを子供に習わせるのが得か、みたいなのがあった。

それをみて私は、ええっ、なんてこというの?と思った。というのは、一応アマ四段を自称してあまり文句は言われない程度の私は、将棋大会では負けてばっかりで恥ずかしいレベルであるが、それでも、それなりに将棋を知っている人の中で私程度の棋力に達する人でさえ、せいぜい数百人に一人の割合である。

だから、任意の子供が、それなりの指導者に習っても、ぎりぎり有意義なレベルといえるアマ初段に達することができる可能性はあまり高くない。

あと、囲碁か将棋かという問題だが、その選択にも任意性は少ない。というのは、数学と棋道は、好きなタイプというのは結構かぶるかもしれないが、数学に譬えて、代数脳と幾何脳という分け方をすると、代数脳が将棋で、幾何脳が囲碁である。これは私が勝手に考えたことであるがそれなりに正しいと思う。数論の志村五郎は将棋が好きで、外資系にいたときの研究者で計算幾何学の専門家の人は、囲碁でもアマ強豪だった。

そして、代数脳か幾何脳かというのは、生まれつきだから、将棋と囲碁どちらを選ぶか親が決めても最終的には本人の傾向が大きいということになる。

一方で、社会的にみたら、将棋が指せるよりも、囲碁が打てた方が、得することが多い。財界人など囲碁ファンが多いからである。私の大学のときの将棋部のある同僚は、突然将棋を捨てて囲碁に乗りかえ、しかも一生懸命勉強して、電力会社の執行役員まで上り詰めた。私も同じことをしたかったというか、できたとも思えないが、それでもしがない派遣の特許サーチャーの身分で羨ましさがゼロということもなくなもない。

で、結論は、囲碁でも将棋でもいいが、子供がやりたいというなら親は支援すればいいのでは、ということになる。私が子供の頃は、そんなことをしたら親の死に目にあえないとか、そんな暇があったら勉強しろとよく怒られた。そういうプレッシャがなければそれでいいのだろう。ともかく囲碁や将棋は、やりすぎなければ、頭の訓練になって学校の成績も少しは上がるだろう。やりすぎなければ、であるが。

一力遼

user-pic
0

一力遼八段は、囲碁界でビッグネームであって、現在も棋聖戦で井山棋聖に挑戦中だが、十代前半からその才能は高く買われていて、まだ二十歳ながら、井山棋聖に次ぐナンバー2であることに疑問を呈する人はあまり多くないと思われる。

そんな一力遼八段であるが、なぜか井山棋聖にほとんど勝てない。棋聖戦も三連敗中であり、天元戦でも王座戦でも三タテで防衛されてしまった。

一般的にプロの第一人者と第二人者の差は僅差であり、ここまで一方的に星が偏ることはほとんどない。毎回の対戦はすごい熱戦でどちらが勝っても不思議でない内容なのに、どうしてここまで一力は負け越すのだろうか。

あと気になるのは、確かに一力は井山に次ぐ第二人者なのであるが、名人リーグにも本因坊リーグにも入っていないことである。不思議である。ちなみに、一力を猛追している芝野虎丸七段は、どちらのリーグにも入っている。

さらに気になるのは、一力が囲碁のトッププロの地位で早稲田大学に入学したことである。将棋では糸谷八段が阪大大学院に入学した例があるが、囲碁では現役の棋士の地位で大学に進学した例は他に知らない。

それでWikiをみていて、ええっと思ったことがあった。それは一力のお父さんが河北新報社代表取締役社長の一力雅彦氏で、家業を継ぐため早稲田大学に入学したという。家業を継ぐということは、囲碁は引退して会社の社長になるのだろうか、あんなに囲碁が強いのに、と怪訝でならない。それがあるので一力はいまいち囲碁に身が入らないのだろうか。いや、井山が相手でなければどんな強豪にも極めて高い勝率で勝っているのだが。

その井山であるが、LG杯朝鮮日報棋王戦決勝で中国の謝爾豪に敗れ、ぎりぎりのところで優勝を逃した。このギリギリさは、一力が今まで井山に負けてきたことと同じ推移律が井山と謝爾豪の間に成立してしまっているように思われた。ううん、世界の壁は厚い。

国民栄誉賞の続きであるが、ついに国民栄誉賞が確定した。去年の年末の報道の時点で必至がかかっていたようなものなので、改めてブログにするほどのものではないかもしれないが、マイルストーン的な意味で書いておく。

まず、アナウンス的に朝日新聞デジタルの記事を引用する。

政府は5日、将棋で史上初の「永世七冠」を達成した羽生善治氏(47)と囲碁で2度目の七冠独占を果たした井山裕太氏(28)に対する国民栄誉賞の授与を正式に決定した。棋士の受賞は初めてで、表彰式は2月13日に首相官邸である。
菅義偉官房長官は5日午前の記者会見で「歴史に刻まれる偉業を達成し、多くの国民に夢と感動を、社会に明るい希望と勇気を与えた」と授賞理由を述べた。

マイルストーン的にはこれで完了なのだが、折角なので蛇足のようなことも書いてみる。

さて、約一年前のことだが、将棋界は三浦事件の後始末で大童で、このまま将棋連盟は空中分解しそうな危機感があった。それを囲碁界は、対岸の火事として傍観していたと思う。それよりも謎の囲碁ソフト、Masterの旋風が吹き荒れていたというか。

そこで起死回生の策として、将棋連盟は最年少でプロ四段になった藤井少年に注目した。そして、当時最年長現役棋士であったヒフミンこと加藤一二三九段との対局を仕組んだ。それが当たり、また藤井少年が望外の強さを発揮して連勝したことで、ヒフミンもこれに便乗して一躍注目されるようになった。

しかし、これだけではまだインパクトが弱かった。そこで羽生は、斎藤七段との棋聖位を防衛すると、照準を完全に竜王位に絞り、他は捨てた。そして本来の実力を発揮して見事、永世七冠に就いた。なにほどかイベント・バイアスもあったと思うが。

それにしても羽生が永世七冠を獲得して一週間程度で、政府は羽生と井山の同時の国民栄誉賞の予定(内定といってよい)を発表した。これは予め羽生の永世七冠獲得を待っていた、ということになる。特許英語的にいうと、in response to Habu assuming the seven eternity crownsというところか。井山の国民栄誉賞は、羽生のそれに付随したようなニュアンスを感じた。でも、井山の再七冠は、羽生にも達成できなかった難事である。

ともかく、こうなってくると、囲碁と将棋のどちらが格上かという微妙な議論とは関係なく、一次的に将棋界が上位のような様相を呈する。なので、年末の紅白には将棋界を代表してヒフミンが審査員に選ばれ、将棋だけがNHK教育テレビとは別に、BSプレミアムで正月番組をもった。ああっ、これは囲碁界と将棋界の自発的対称性の破れだよなと思ったが、強い力と弱い力に書いたように、自発的対称性の破れは粒子に質量を与えたが、この場合、将棋界に重みが与えられるのだろうか。私にはこれは単なる量子的ゆらぎとしか思えないのだが。

別の見方で、三浦事件が実は羽生の永世七冠を終点として将棋界を盛り上げるための遠大な計画のとっかかりに過ぎないとしたら、その深く複雑な絵を描いた人物に感服するのだが、いくらなんでも国際政治でもそこまでsophisticated conspiracyというのは聞いたことがなく、そんなわけはないのであった。

国民栄誉賞

user-pic
0

12月13日(水)の朝刊をみて、ええっと驚いた。以下、読売新聞のウェブから引用する。

政府は、将棋で史上初の「永世七冠」を達成した羽生善治竜王(47)と、囲碁で初めて七冠を2度達成した井山裕太棋聖(28)に、国民栄誉賞を同時に授与する方向で最終調整に入った。
前人未到の偉業で将棋界と囲碁界の発展に寄与した功績を評価した。将棋・囲碁の棋士の受賞は1977年の賞創設以来初めてとなる。
政府関係者が明らかにした。安倍首相は13日にも両氏への授与を検討するよう指示し、有識者の意見を聞いた上で年内にも正式決定する。表彰式は年明けとなる見通しだ。

今までの国民栄誉賞の受賞者を思い出してみて、羽生竜王と井山棋聖が受賞することは全く遜色がないと思うが、今なのか、といううれしい驚きなのだった。囲碁・将棋は、なんとなく、スポーツや芸能と比べて人気が地味なのではないかという気後れがあったりする。

それにしても、こうなってみると、イベント・バイアスのバイアスは想像以上に大きかった、ということになる。なぜなら、なにかの間違い?で渡辺が竜王を防衛していたなら、永世七冠はなく、すると井山棋聖にだけ国民栄誉賞というのはバランスを欠くようでいかにも味が悪く、結局、囲碁・将棋の棋士への国民栄誉賞は流れてしまい、永遠にhappenしなかったかもしれない。

あと、冷静に考えると、羽生に比べて井山が少し若すぎるような気がしないではないが、羽生が永世七冠になった直後の今が旬で、やはりいろいろな意味で今しかないといえる。

ところで、今朝の朝刊をみると、政府は一年前半からこの国民栄誉賞授与を検討していたというのだが、その頃、七冠を維持していた井山はともかくとして、羽生は佐藤天彦にあっさり名人位を奪取されて不調を喧伝されていたのであり、永世七冠はその頃、夢物語に思えた。このあたりどうもよく分からないのであった。

市技

user-pic
0

先日数年ぶりに所用で、故郷の尾道市に帰省した。ちょっと時間が空いたので、海岸通りを散歩していたら、新しいビルに囲碁クラブがあるのを見つけた。最近はかなり囲碁にも興味をもってきたので関心をもったが、そこでのんびり碁を打つほどの時間はないので、散歩を続けつつ、考えた。

というのは、今から8年くらい前、まだ私の両親が健在だった頃である。商店会を歩いていたら呉服屋の二階に囲碁クラブがあって、当時はいまほど囲碁に興味はないものの、へぇこんなところに囲碁クラブがあるんだと様子をみたら、窓ガラスは割れていて、半ば廃屋でどうみても営業しているとは思えない。そうだよね、いまどきこんな地方で囲碁クラブなんて成立しないよね、と勝手に納得したのだった。

だから、アクティブな囲碁クラブが尾道市に存在することに驚いたのだが、ああ、と今更思い出した。尾道市は数年前に因島市を合併したのだった。そして因島市はもともと本因坊秀策の出身地で囲碁の盛んな地で、それにうまく便乗して尾道市は囲碁を市技にした。そして囲碁を活用して、地域を活性化することを図った。それは見事に成功し、いまでは尾道市は観光客が増え、囲碁の全国レベルの大会も結構開かれている。

さて、尾道から帰ってきて、海岸どおりの囲碁クラブをグーグルで検索したら、ホームページがあって、見てみたら、尾道北高校の福島あきらさんという名前が見えた。私がええっ、と思ったのは、尾道北高校というのは私の母校だからである。さらに記事をみていくと、福島あきらさんは、2年生でアマ六段、女流の強豪で、全国高校囲碁選手権大会の女子個人戦で三位に入ったという。

やるじゃん、と思ったのは、私の母校は地元ではそこそこの進学校なのだが、かつて囲碁部も将棋部もなく、棋道に関しては伝統があるとは言い難いのであって、そんな強豪が後輩にいるんだよね、といううれしい驚きである。

でもよく言うよねと自分で思うのは、確かに私は尾道北高校の卒業生なのだが、高校時代不良ではないにしても、生意気な生徒で何人かの先生に嫌われており、誰一人私が頼れる先生はいなかった。

同窓会も大学のときは一度だけ参加したが、先生に敬遠されていたので歓迎されず、その後二度と同窓会に出なかった。なので、いまから数年前、地元にいる同級生から直接電話があって、おい、たまには同窓会に顔を出せよとたしなめるように言われたが、あっさり断った。

そんな情けないOBなのであまりおおっぴらに応援する立場でもないのだが、密かに福島あきらさんにエールを送るとしよう。

日本棋院のホームページを観ていたら、以前にNHKの囲碁フォーカスの司会をしていた戸島花さんがツイートしていて、「将棋の先崎学九段にお会いできて嬉しかったです。」みたいに書かれていたので、あれっ、先崎学九段は病気じゃなかったのか、と怪訝になった。

実際、先崎学九段は11月15日のB級2組の順位戦、横山泰明六段戦も不戦敗なったばかりで、これでB級2組で最初に大石七段と指して負けた後、5戦続けて不戦敗で6連敗、アナウンスによると、来年3月末まで休場「一身上の都合」とのことなので、降級点は確実である。

戸島花さんのツイートを辿ると、囲碁の穂坂繭さんのツイッターに着いた。穂坂繭さんといえば、先崎学九段の奥さんで、日本棋院東京本院所属のプロ三段。ツイッターによると、数週間前に、西荻窪に「囲碁・将棋スペース棋樂」を開設し、囲碁と将棋を交互に指導しているようである。ホームページもあって、こちらである。

ともかく、先崎学九段が重大な病気じゃなかったようで、安心した次第である。

月別 アーカイブ

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち囲碁カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは哲学です。

次のカテゴリは宗教です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。