語学の最近のブログ記事

私はブログのタイトルに、トートロジーのようなことをときどき書く。今日の「方言のローカル性」も当たりまえで、何かいいたいの、あたりまえじゃん、ということになる。で、必ずしも当たりまえとはいえないということを説明してみる。

まず、私と家内は、田舎に帰ってお見合いしたということもあって、同郷である。家内が広島県尾道市の市街地の出身で、私が尾道市とはいえ、島の出身である。

で、結婚というのはいろいろ面倒で大変で、それをいちいちここに書いてもしかたない。ただ、夫婦が同郷だといいのは、自宅で方言が普通に使えることである。方言が関西弁だったら、関西弁は準標準語なので、職場でそのまま使ってもそんなに違和感はない。

しかし広島弁は、流石に広島県でないと普通に会社では使えない。どうしても不躾の感は否めない。だから、自宅で普通に広島弁が使えるというのは、ほっとするものがあるのは確かである。

それで私は、広島カープが日本シリーズで負けたとき、家内に、「カープは、よいよ、いけんのう。」と言った。それは、カープはどうもよくない、みたいな意味だろうか。「よいよ」というのはいろいろな意味がある広島方言の副詞である。

そうやって、家内に対して「よいよ」という方言を使っているのだが、あるとき急に家内から「よいよ」というのは、どういう意味?と聞かれた。少なくとも、尾道の市街地では使わないという。

ええっ、と私は逆に驚いた。「よいよ」は当然にふつうの広島弁で、広島県の人ならだれでもわかると思った。で、あまりに普通に使っているので、その意味を説明してほしいと聞かれて逆に戸惑ってしまった。後で冷静に考えると、英語でいえば、indeedみたいな意味かもしれない。

一方、改めて「よいよ」をウェブで調べてみると、確かにauthenticな広島方言である。それでも家内が聞いたことがないとしたら、家内は典型的な尾道弁で、私の出身の島は文化圏としては福山なので、福山弁に近い。それが微妙な語彙とアクセントの違いをもたらす。私は中学までは島内だったが、高校生になって尾道市に通うようになると、確かに微妙な方言の違いを感じた。基本的に通じない、ということはないのだが。

それでも、大きくみて、尾道弁と福山弁はどちらも備後弁に属するのだろう。そして広島県内でも、尾道や福山をカバーする備後弁と、広島市をカバーする安芸弁は、もうはっきり違う。こちらも基本的に通じないということはまずないが。

そして、他県とはいえ、備後弁は、安芸弁よりもむしろ岡山弁に近い。ところがである。岡山弁で、「こわい」ということを「きょうてい」という。そういう言い方を私は大学のとき、下宿の隣の部屋の岡山出身の人から教わった。この「きょうてい」という単語を、多分であるが、尾道や福山の人はほとんど知らないはずである。私も教わるまで知らなかった。

ここらあたりもザリスキー閉集合の考え方が適用できるのであって、近隣の方言の人とはほとんど至るところで理解可能なのだが、ザリスキー閉集合のように、ポツリ、ポツリと知らない単語がある。

また、こういう微妙な方言の違いに気づくのは、私が広島弁のネイティブな話者だからである。私はかなり不十分とはいえ博多弁と大阪弁がしゃべれるが、じゃあ、博多弁と小倉弁の違いや、大阪弁と神戸弁の違いが説明できるかというと、全く無理である。自分のそちらの方言は、あまりにも熟練度が低いのである。

また、普通の標準語の中の微妙な方言の香りを識別して喜ぶのも、ネイティブな話者である。例えば、Perfumeというと女性三人でテクノポップのグループであるが、広島出身で、普段から広島市をベースにしているせいか、どんなに標準語をしゃべっても、広島弁の色が消せない。それをMステのインタビューで察知して私はつい嬉しくなった。

あと、東京や横浜などの出身の人は、普通に話す言葉そのものが標準語にとても近くて、よほど訓練しないと地方の方言はしゃべれない。というか、しゃべる必要もない。なので、私のように三種類の方言?がしゃべれるとときどき珍しがられるのだが、じつは私は私で、東京にでてきて、普段標準語をしゃべるのも、英語を話すほどではないにしても、意外に結構大変だったりする。どこか微妙に無理している感じがなくもない。

すなわち、ネイティブな方言の話者にとって標準語を話すのはそれなりに修練を要するので、ほとんど島から出たことがない母方の祖母はとうとう広島方言しか話せなかった。なので祖母が靖国神社に参拝したいと上京してきたとき、本当にコテコテの方言で周囲の人に話しかけるので、ときどき私が通訳したりしていた。米国から仕事で担当者が日本にきたりして、下手な英語で通訳したことは何度かあるが、広島弁を通訳した経験は、祖母が東京に出てきたときだけだった。

という、あまり意味のない方言談義なのだった。

漢和辞典

user-pic
0

最近の私は、初心に帰る一環で、国語辞典だの、四字熟語辞典など買い集めて、通勤電車の中で眺めている。国語辞典はもちろん自宅にあるのだが、サイズが大きいので通勤鞄に入れるのには向かず、わざわざハンディなものを買い直したりしている。

ハンディな国語辞典といっても馬鹿にならない。大学を卒業してサラリーマンになったとき、私は講談社の文庫本サイズの国語辞典を買い、暇さえあればそれを引くようにした。すると、ついには国語辞典がボロボロになってしまった。それで将棋でいえば、香一本くらい国語力が上がったような気がした。しかし、そのあとフォローしなかったので、いま程度の文章力に留まっている。

そんな気持ちで初心を新たにして国語辞典を読んでいるのだが、一方で、どうも自分は漢字を知らないというか、自明なはずの漢字も書けなかったりする。それで、ハンディ漢和辞典も買おうと、アマゾンでいろいろ調べてみたのだが、漢和辞典を調べているはずなのになぜか、円満字二郎著、「漢和辞典に訊け!」ちくま文庫がヒットした。

よく考えたら私は、今まで何冊も漢和辞典を買ったはずだが、まともに引いた記憶がない。その理由は明らかで、私は漢和辞典の機能や引き方をほとんど知らないのだった。「漢和辞典に訊け!」にはそのあたりが説明されているらしい。これは「漢和辞典に訊け!」を買う一手だと即断し、アマゾンで注文し、届くと即読み始めた。

そしていきなり感心したのは、まず音訓索引を使って知っている漢字を調べてみましょう、とある。なるほど、と私は手許にある、鎌田正、米山寅太郎「新版 漢語林」大修館書店を開いた。

そしてさらにガイドとして嬉しいのは、音訓索引というけれども、音の方は同じ音の漢字が沢山あるので、なるべく訓で引きましょうという示唆である。いちいち納得。そして訓に拘ると、今度は同訓異義の世界がみえてくる。「新版 漢語林」には同訓異義一覧というページもあって、例えば「わらう」だと、呵、笑、嗤、哂、などがある。

音読みに戻ると、漢和辞典の個々の漢字に、呉音、漢音、あるいは唐音などの区別があり、それは中国から漢字が伝わった時代と地方の発音が示されている。恥ずかしい話だが、こんな話、還暦をすぎて初めて聞いた。例えば、脚という漢字は、呉音でカク、漢音はキャクだが、カクは脚気にしか使われない。だいたい呉音は医学用語でよく使われる。

あと、新字体と旧字体がある。例えば、芥川龍之介の龍は、新字体では竜だが、芥川竜之介では変である。しかし新字体しか使えない教科書では、芥川竜之介を使うという話があった。

また、新字体や旧字体の議論で、異字体というのもある。例えば、円という漢字は、圓の他、その口のところがムになっている異字体もある。すなわち、異字体といえばこれら三つはすべて異字体なのだが、当用漢字に認定されているのが新字体で、それ以前に正しいと認知さていたのが旧字体ということらしい。その他大勢が異字体。

このように、漢和辞典は多数の異字体を含み、それらの中にはコンピュータ用のフォントあるいは文字コードでカバーされていないものもあるので、漢和辞典の原稿の一部は必然的に手書きになるという。なんとも大変な世界である。

あと、漢字の成り立ちに関する基礎知識として、「象形」、「指事」、「会意」、「形声」という四つのパターンが説かれる。「象形」とは、山、月など絵文字に由来するもの、「指事」とは上、中、下のように抽象的な概念をあらわすもの、「会意」とは二つの漢字をくみあわせてつくられたもの、「形声」は発声をベースにつくられたものである。これ以外に「仮借」という当て字がある。これらの概念は、後漢時代の儒学者・文字学者である許慎によってつくられた。

また、読み方が分からない漢字を漢和辞典で引くには画数や部首に依存するよりないと、この本にあったが、画数は意外に自明でなく、部首も意外なところが部首だったりして難しかったりする。

さいごに、この本で、漢和辞典には『鉄道」も「試験」も「恋愛」も、熟語としてリストされていないと知って、とても意外だった。うむ、確かに手許の漢和辞典に載ってない。すると、漢和辞典はなんのためにある?という素朴な疑問はわく。

ともかく、折に触れて漢和辞典を読むことは、折に触れて国語辞典を読むよりも自明ではないが、なにほどか言語感覚を磨くには意味があると思われる。

翻訳読本

user-pic
0

私は自分の部屋で本の整理はほとんどしないので、乱雑なままであり、よって、あれっ、あの本はどこにあるかな、と探すことは稀ではない。そして多くの場合、目的の本は見つからなくて、その代わりに、あれっ、こんな本がここにあるのかと、意外に驚いたりすることがある。

そうやって見つけた本に、別宮貞徳、「翻訳読本」講談社現代新書がある。仕事で特許翻訳を何年もやっていた関係で翻訳にはひとかた興味があり、この本はかなり昔読んだはずなのだが、細かい内容はほとんど忘れている。そこで、今更の原則により、改めて読んでみることにした。

まず最初に著者は、最近では翻訳の仕事を志す若者が多いというのだが、この本は1979年刊であり、流石に今の時代には適用できないだろう。そもそも、AIにより、かなり自然な機械翻訳ができることも期待されており、今では当時ほど翻訳の仕事が魅力的とは思われていないような気がする。

それでも書店に行ってみると、外国の著者のものが多くて、それは当然に外国語を日本語に翻訳したものだから、翻訳という仕事はいまでもメジャーに違いない。そして、AIが頑張っても人間の役割というか介在は必須だと思う。

そして、この本の内容に戻ると、翻訳は学校の英語の授業の英文解釈の延長程度に理解されており、自分は学校で英語の成績がよかったので、翻訳くらいできるだろうと安易に思われているというが、これは今でもそうかもしれない。そもそも、そうやって安易に翻訳を認識しているので、機械翻訳でいいのだくらいに思うのだろう。

じっさい、英語の授業では、"This is a pen."を、「これはペンです。」と訳せば満点だが、そんな翻訳はまずありえないと著者はいう。すなわち、誰がどんな状況でしゃべっているかによって言い回しが変わってくるので、文脈や背景に考慮する必要がある。

一方で、日本には、漢文を返り点などを打って読んできた伝統がある。なので、明治の初期のころは、英語も返り点を打つようにして解釈されたのだという。ただ、それをそのまま書き下したら、恐ろしく読みにくい文章になってしまう。そこは明治の賢人たちは考えたもので、一旦書き下し文をつくったら、そこから自らの言葉で、自然な日本語に書き換えた。そういえば先日、古書店で、森林太郎、すなわち森鴎外の「ファウスト」岩波文庫を買ったが、ちらっと読むと流石鴎外、格調が高い。当然に、たんなる直訳なわけがない。

しかし、そこから揺り戻しがあり、直訳調こそが日本語に新しい可能性をもたらすのだと言い出す人達があらわれブームになった。まあ確かに、明治の初期の頃は、societyという訳語もいちいち考えなくてはならないのだから、自然な意訳なんていってられない。また、「何か私をそうさせた。」みたいな言い方は直訳調を借用したものである。

さらに直訳調こそが原文に忠実な正しい翻訳だという意見が世間にあり、それはいまでもはびこっているので、直訳調の読みにくい翻訳の本は本屋から根絶されることはないが、読んで意味がとれない翻訳は正しい翻訳でさえないと著者は指摘する。その分野でネイティブな日本人が書くような日本語で書かないなら翻訳とはいえない。ただ、そうするためには、代名詞は何をあらわすかとかきちんと解釈しなくてはならず、すると間違えるリスクはあるが、世の中にリスクのない行為はないのであり、ただ機械的に直訳調で書き下しても意味はない。それなら最初から英語で読めばいい。

それから各論で、翻訳する際の注意点として、代名詞の省略、代名詞をもとの名詞で置き換えること、なるべく頭から訳すこと、関係代名詞を、~のところの、などと訳さないこと、名詞を動詞的に訳すこと、木よりも森をみること、想像力を働かせること、特に駄洒落系の翻訳はそのまま訳すのはまず無理で、相当ドラスチックな置き換えが必要であることなど、基本手筋が説かれる。

ところで、あと3年で65歳というひとつの節目を迎える私は、そこで、仕事から完全に引退するか、特許調査の仕事を続けるか、特許翻訳の仕事を始めるかという分岐点にたち、この本を読んで、特許翻訳の仕事をまたやってみたいなとふと感じたのだが、まあ特許翻訳の仕事もそれはそれで大変だな、とやる前から引いてしまう私は、どうも弱気でいけない。ただ、文芸的センスを欠く私は間違っても、文学書の翻訳を試みるつもりはない。私には場の量子論を理解するレベルで難しそうだし、そもそも誰が私なんぞにそういう仕事を依頼するだろうか。

英語の勉強

user-pic
0

当たり前のことを言うと、英語に限らず語学全般において、読む・書く・話す・聴くという4つのファクターがある。そのとき、英文レターを書きたいのでひたすら書く勉強をすればよいのだとか、ともかく話したいので沢山話すことの練習ばかりすればいいだかとか素朴には考えてしまうのだが、実は書く前提には読むことがあり、話す前提には聴くことがあるので、もしかして理想の語学の勉強方法は、最初はとりあえず沢山読み、沢山聴くことなのだろう。

以前勤務していた会社は米国系の外資系で、しかも管理職だったので、英語を使うことは必須であった。そして、読む・書く・話す・聴くのうち、読む・書くは得意とはいわないが、少なくとも苦手感はなかった。それは20台に、将来の転職に備えて、TIMEを辞書を引きながら毎週読んでいて、そうやって読むことで培った語彙と表現で、書くこともある程度熟練していたからである。このとき注意しなくてはならないのは、沢山読めば自動的に書く力がつくわけではなくて、読みによって培ったポテンシャルを書く力に転化するには意識的な努力が必要ということである。私は、英作文の本を何冊も読んで、基本的な言い回しを記憶した。そうすることで、読むことで培った語彙の一部が書く方に流入してくる。あくまでも一部だが。ちなみに、不思議なことに、いくら書いても読む方には貢献しない。するともしかして、作家という人達は、案外いい読み手ではないのかもしれない。

さて私のことに戻ると、話す・聴くとなると全く駄目で、当初、外資系なのに外国人が来ると逃げ回っていた。これは、もともと内向的というか内気な性格で、日本語であっても会話自体あまり好きでないのだから、必要性もないのに英語で会話しようなんと思うわけがない。

もし私が管理職にならなければ、きっと今でもまったく英語が聞き取れないし、話せないという状態のままだっただろう。今にして思えば、その方が生涯獲得賃金は少なかったかもしれないが、もっと家庭的で安楽な人生だったろう。

もともと英会話なんて大嫌いな私は、仕事柄英会話しなくてはならない生活というのを蛇蝎のように嫌った。独身だったら確実に会社をエスケープして、特許翻訳会社にでも転職していただろう。しかし家族があっては、収入を実質的に下げることはできず、涙を飲んで英会話の勉強をすることにした。

そして、会話に馴染む方法論は、迂遠のようでもまずひたすら聴くことである。そこで私は、アルクのイングリッシュ・ジャーナルという雑誌についていたテープ(いまならCD-ROM)を必死で聞いた。それだけでなく通勤時間はFEN(今はAFNという)をひたすら聞いた。淡泊なようで意外にしつこい私は、そんな生活を5年以上も続けた。いや管理職であった間はずっと続けていたような気がする。

それでも英会話の才能のない私は、なかなかジャパニーズ・イングリッシュの域から出られなかったが、最低限、外国人上司との折衝やテレコンなど、必要性は満たした。

私がいかに英会話が嫌いかは、管理職を降りた途端に通勤時間にFENを聴くのを止めたことで分かる。それでも日常的には外国人とのコミュニケーションは電話でなくチャットだったので、あまり苦手感のない英作文能力がここで活きた。

そして今、典型的な日本の会社で特許調査の仕事をするようになって、英語の特許公報を読む以外全く英語に縁のない生活になった。すると英語の勉強は、私にとって生活の背景雑音のようなTIME読みだけになった。ただ、TIMEは比較的真面目に読んでいるので、もしかして英語を読む力は以前よりも少し上がったかもしれない。

しかし、見事なまでに崩壊してしまったのは英会話力であり、そして、もともとある程度自信があったはずの英作文能力である。要するに英語については、読む力以外全滅である。

それじゃ駄目じゃんと、私が温存していたものがある。それはアルクのイングリッシュ・ジャーナルである。ほとんど読まないのにとりあえずバックナンバーを積み上げていて、そのCDを聴くのに在庫は全く不自由しない。それで最近、CDプレーヤーを通勤鞄に入れるようにした。まず聴くことから会話を復活させたいのだが、問題は英語を話しかける相手はいないし、英文メールを書く相手もまずいない。冷静に考えて、やっぱり英語力を復活させるのは無理があるか。インセンティブがないもの。

ひとつ前の記事のselectとchooseの最後で、みる、の様々な漢字表記のニュアンスの違いが分からないと書いて、ちょっとして、ああ、と武部良明著「漢字の用法」角川書店という蔵書があったことを思い出した。そこで、補足として、「みる」の漢字表記のニュアンスの違いをこの本から書き写してみる。

  • 看る:そばにいて、よく世話をすること。
  • 観る:遠くから、そのものだけをよくながめること。
  • 見る:物事を、目で感じること。
  • 視る:物事を、よく注意して調べること。これは、「見る」も使う。
  • 診る:これは、医者が患者の体を調べること。
  • 覧る:物事を、ひととおりながめること。これも、「見る」も使う。

ううん、現実の用法とちょっとずれているような気もするが、なんとなく妥当のような気もする。しかし私は、視るも、覧るも、文章で使った記憶がない。多分、「見る」で代用したのだろう。

これ以外に、「覗る」と書いて、「みる」と読ませる言い方もするが、要するに覗き見る、という意味なのだろう。しかし、この本でカバーされていないというのは、正式な読み方ではないのだろうか。

あと、「書いてみる」というときの「みる」は、該当する漢字はなくて、ひらがな表記しかないのだという。

「みる」と同じくらいの同音異義性をもつものとして、他に、「あう」がある。これは、「会う」、「遇う」、「合う」、「遭う」、「逢う」がある。これは、「みる」よりは微妙でないような気もする。

これ以外というと、「たすける」の「援ける」、「助ける」、「扶ける」、「輔ける」、「たずねる」の「温ねる」、「尋ねる」、「訊ねる」、「訪ねる」などがある。

漢字が苦手な私は、次第に頭が混乱してくるのだった。

selectとchoose

user-pic
0

最近、ある知り合いから、selectとchooseのニュアンスの違いについて、独特の見解を聞いた。私は英語を単なる道具と思っている節があるので、そういう細かいニュアンスの違いに神経質ではないのだが、それではいけないので、自宅にある英英辞典を調べてみた。

まず、American Heritage Dictioninaryのchoose:
To decide on and pick out; select.

あれっ、これをみると、choose ≒ selectだったりする。

次に、American Heritage Dictioninaryのselect:
To choose from from among several.

なるほど、どうもselectとchooseはあまり大きなニュアンスの違いはないようである。強いていうなら、ともかく選ぶのがchoose、ある決まった範囲から選ぶのがselect.

折角なので、COBUILD ENGLISH DICTIONARYでもみてみる。まず、choose:
If you choose someone or something from several people or things that are available, you decide which person or thing you want to have.

次にCOBUILD ENGLISH DICTIONARYのselect:
If you select something, you choose it from a number of things of the same kind.

なるほど、American Heritage Dictioninaryとあまり違わない。そういえば、レミオロメンの「粉雪」という歌で、「一億人から君をみつけたよ」という歌詞があるが、これは選ぶ範囲が広すぎるので、どうみてもselectでなくchooseである。一方、択一問題というとき、これは間違いなくselectである。

これと似たニュアンスで、ある英語の雑誌に、accurateとpreciseの違いが分かるか、という問題があった。COBUILD ENGLISH DICTIONARYによると、accurateとは、An accurate information are correct to be a very detailed level.

一方、COBUILD ENGLISH DICTIONARYによると、preciseとは、You use precise to emphasize that you are referring to an exact thing, rather than something vague.

ううん、依然として違いが分かりにくい。なので急に少し話題を変える。日本語で、みる、というと、見る、観る、看る、視る、診るなどあるが、これらのニュアンスの違いはなんなのか、私は半日悩んで結局はっきりとは分からなかった。まあ、流石に診るは別だが。

母国語

user-pic
0

田中克彦氏の「エスペラント」岩波新書を読んでいて、次のような気になる記述があった。

ことばって何てすばらしいんだろうか、そして日本語の優雅で融通無碍のしなやかさといったら、とほめたたえておくのが、今の時代の健全な日本国民が、世の中をぶじに通っていくための通行証のようになっている時代である。
(中略)
かれらはよく知っている。日本のことも日本語も、とにかく美しいといっておけば問題がないのだと。しかしこんな大学生からは決して学問が生まれることはないだろう。

田中克彦氏といえば、「ことばと国家」岩波新書などの著書を通じて私が尊敬している言語学者であり、それだけにこの記述には、目が点になった。日本語が美しいとは必ずしも私は思わないが、というよりも言語的美的感覚を私は欠くのだが、別に美しいと感じてもいいではないか。どんなルサンチマンが日本語にあるのか。

また、次のような記述もある。

エスペラントが発表されるより早く、それに14年も先だって-日本の将来を考えて日本の公用語に英語(ただし、いくぶん簡略化した)を採用したほうがいいのではないかと思いついた、森有礼のような先駆的な人がいた。日本が近代国家としてやって行くにはその方が便利だと考えたのは、当時の状況を考えればむしろ自然なことであった。

これまた、おいおいである。もし日本の公用語に英語にしていたら、奈良時代や平安時代から続く日本文化のレガシーはどうなるのか。正気で言っているのだろうか。

しかし、「エスペラント」岩波新書によれば、森有礼は、英語公用化についてホイットニーにお伺いをたて、ホイットニーは、できそこないの英語は正統英語に対して限りなく差別を受けるので、日本語は捨ててはならないと諭したのだという。

なるほど、ホイットニーは、レガシー継承性ではなく国際通用性の観点から、日本語を残すようにアドバイスしたわけだが、国際的に通用する正統英語は、非母国語の民族には敷居が高すぎるというのは頷ける。

結局、私の牽強付会の結論は、日本語が美しくなかろうと、非論理的だろうと先ず、母国語としての日本語の基礎を固めてから、世界に打って出たかったらそうすべし、ということである。それは、自国語での思考で述べた趣旨にもつながる。

ただ、田中氏が指摘するように、日本語を簡略化してベーシック日本語を策定し、外国人が学びやすくする配慮があってもいいようには思う。日本語がいかに外国人に学びにくい難解な言語であるかを述べたてて酔いしれている時代でもないのかもしれない。しかし、レガシーな古文としての日本語をないがしろにしてはならないのは、いうまでもないのであった。

半方言

user-pic
0

広島県に生まれ育って、広島弁(正確には、広島県東部の備後弁)の話者だった私が、大学に進学して福岡に住むようになると、そこの博多弁というか福岡弁に圧倒された。関西弁は漫才などで子供の頃からテレビで聞いているので違和感はないが、博多弁を直接聞いたのはそれがはじめてだった。東京からみると、福岡も広島も近隣であるので、方言に有意な差があるとはおもわれないかもしれない。しかし、文化や歴史の違いは決定的で、相当に方言は違う。全く理解できない局面はあまりないが、日々戸惑いだった。神経性の下痢になり、体重が10キロも減ってしまった原因の1つに方言があったかもしれない。

ただ、語学好きな私は、方言にも興味をもち、聞いた言葉を自分で使ったみたりするうちに、少し博多弁がしゃべれるようになった。福岡に来て1年くらいたつと、少し博多弁を交えて話すようになっていた。一番よく使ったのは、「できない」という意味の「しきらん」である。博多弁で、「そぎゃんこつ、しきらんたい」というと、普通に解釈すると「そんなこと、やりきれない」という意味になりそうであるが、単に「できない」という意味にすぎない。

そうやって少し博多弁がしゃべれるようになると、つい、故郷の高校の同窓会でも、酔ってくると博多弁が混じり、へえ、お前、結構九州弁が板についているではないかと、からかわれた。

ところが福岡で、大学将棋部の何かの飲み会で私が博多弁を使っていると、仲のいい同僚が、ちょっと聞き苦しいので、あまり博多弁を使わないでほしいと、注意した。当然だが、18歳から聞き覚えた博多弁は、やはりネイティブ博多弁スピーカーには多少耳障りだったようである。

そういう時代のことを思い出して、半方言という概念を思いついた。定義は以下のとおりである。

  1. 非ネイティブ・スピーカーには、なんとかネイティブぽく聞こえる。
  2. しかし、ネイティブ・スピーカーには、通じるものの細かいニュアンスで違和感がある。場合によって不愉快感を与える。

私の博多弁は、まさにその半方言なのであった。これは私のスキルといっていいのかしれないが、私は一度覚えた方言あるいは半方言は決して忘れないで、何年たっても全盛期と同じくらいしゃべれる。例えば、私が福山や尾道に帰省して地元の人は話すときは広島弁であるが、ほとんど人は私がずっと地元に住んでいると信じる。結構コテコテの広島弁だからである。博多弁も、今でも学生のときと同じ半方言レベルで今でもしゃべれる。全く話す機会がないのに、である。

ただ、忘れない一番大きな理由は、若いうちにその方言に接したからである。だから子供のときに接した広島弁はネイティブになり、18歳で接した博多弁は半方言になった。

ところが、23歳で接した関西弁は、漫才や吉本新喜劇で子供のころからテレビで見たはずなのに、半方言に達していない。私はしゃべれといわれれば関西弁もしゃべれないこともないが、明らかに博多弁よりもさらに不自然である。それでも関西にいたとき、たどたどしい関西弁でも、ええかげんにしいな、と咎められなかったのは、関西弁が博多弁よりも全国区だからである。するとピジン関西弁もそれなりに許容される。

そして25歳から東京に出てきたが、私の東京弁は全く半方言になっていない。未だに、「だってさぁ」という言い方さえできない。私がしゃべるのは東京弁ではなくて、テレビ番組などで聞き覚えた擬似標準語にすぎない。それでも一見東京弁ぽく聞こえるとしたら、広島弁と東京弁は意外にアクセントが似ているのである。ただ、それだけのことなのであった。

以上から一般的に言えることは、半方言をしゃべれるという意味の半ネイティブの領域になんとか達せるのは、18歳から20歳くらいまでが限度である、ということである。昔、「大和銀行ニューヨーク支店巨額損失事件」というのがあり、その主犯であった井口俊英氏は、高校を出ると米国の大学に進学した。そしてまさに半ネイティブの領域に達して、現地で語学を駆使した。それはおそらく、ネイティブ米国人には少し訛りがあり語法も違和感を与えたかもしれないが、普通の日本人にはネイティブ並みに聞こえたのだろうと思われる。

そして何十ヶ国語もマスターしてしゃべれるという語学の達人はきっと、数少ないネイティブ並み言語と、いくつかの半ネイティブ言語と、半ネイティブ言語にさえも達していないいくつかの言語のセットをもっているのだろう。すると主要なブラッシュアップは、半ネイティブ言語に達していない言語に注げばよい、ということになる。半ネイティブ言語に達すると最早錆びにくいからである。

以前に、日本語の起源という記事で金田一京助氏の説を紹介したが、新潮新書の「日本語教室」井上ひさし著に面白い説が示されていたので紹介してみたい。井上ひさし氏は専門の学者ではないが、大変な博学で「私家版日本語文法」新潮文庫などを読んでも、言語に対する大変深い造詣が窺われる。

さて「日本語教室」によると、原日本語は、原縄文語なのであって、原縄文語がどこから来たのか誰も知らない。日本語の起源に鑑みても、原縄文語がウラル・アルタイ語族であり、大陸から渡来したと考えるのが相当である。

ところが原縄文語はなぜか、前期九州縄文語になる。すると私のような素人はつい、縄文の思考に書いたことから、シュメール語⇒原縄文語⇒前期九州縄文語と考えたくなる。やはりシュメール語が日本語と同じ膠着語に属するのは意義深い。

さて前期九州縄文語を起点として一方の流れは、琉球縄文語⇒琉球方言の流れとなるのは地理的にも自然であるが、一方で、前期九州縄文語から裏日本縄文語⇒東北方言と、前期九州縄文語から表日本縄文語⇒山陽・東海方言に行く流れがある。

ここで山陽・東海方言と一緒くたにしているのは意味があって、実は中国地方の方言と名古屋方言は結構似ている。そのことを広島方言のネイティブ・スピーカーとして名古屋を訪れたとき感じた次第である。

戻って、東北方言と山陽・東海方言が合流して関東方言が出来るというのだから、本当かなあ、と怪訝にならざるを得ない。

さらに戻って、前期九州縄文語は後期九州縄文語を経て、今の九州方言に落ち着く。

そこではて関西方言は?とここに来て気付く。まだ言及されていない。実は関西方言はごった煮なのであって、人類の残虐性で述べたような経緯で比較的平和裡に弥生人が縄文人の中に入ってきた。その結果、後期九州縄文語、裏日本縄文語、表日本縄文語と原弥生語(シュメール語?)の闇鍋状態から弥生語が生じ、弥生語が発展して関西方言になったというのだから、日本の方言でも関西方言は別格ということになる。

そして、奈良や京都に都がある年月が長かったので、もしその当時標準語というものがあったら、確実に関西弁であったに違いない。その関西弁に中国渡来の漢語が混じり、ちょっと日本語がごわごわしてきた。ただ、一方で造語能力を増した。

そこにさらにポルトガル語、オランダ語などの語彙も入り込んできた。ところが明治維新になって、それまでは所詮田舎言葉であった関東方言が俄然威張ってきて、今の標準語のベースとなる官製日本語が出来上がった。

現代の日本語は英語からの絶えざる侵略を受け、しかし日本語は、日本辺境論に書いたような逞しさといい加減さを発揮して、アイデンティティを保っている。

ちなみに私は、古文よりはまだしも英語の方を身近に感じていた。それは大学入試の時古文・漢文が全く駄目だったことによるのだが、最近になって今更のように、古文を読み始めてみると、ああやっぱり日本語なのだなあ、と身近にいとおしく感じる次第である。例えば、平家物語の「かくて清盛公、仁安三年十一月十一日、歳五十一にて病にをかされ、存命の為にとて、即ち出家入道す。」という一文など、現代語との距離は極小ではないか。

もし古文を英語より遠く感じるとするなら、それは、英作文はなんとかできても、古作文なんてできない、ということにある。尤もそれは、英作文はほとんど生活手段の一部であるが、古作文なんて書いても誰が読むのか、何のために書くのかという当たり前の疑問がある。

ともかく言いたいのは、縄文語からの日本語の脈々たる流れがあるということである。

機械翻訳

user-pic
0

J-CASTニュースによると、出版された本の翻訳の質があまりにも悪く、機械翻訳を使ったのではと噂されているという。以下、引用:

2011年6月に発売された、物理学者、アインシュタインの伝記本の翻訳が「あまりにもひどい」と指摘され、回収までされる騒ぎになった。文章が理解不能な部分もあり、ネットの機械翻訳を使ったのではないかという疑惑も出て、ネット上で大きな話題となっている。

「アインシュタイン その生涯と宇宙」(ウォルター・アイザックソン著)という本で、出版社は翻訳本を数多く出している武田ランダムハウスジャパン。

例えば、下記のような文章がある。

レビュー4つ中3つが最低の5点中1点。「翻訳が凄ことになっている」といい、「数数千が、訪問代表団と会合するためにユニオン列車車庫に群がった、そして、パレードは200台の酔っぱらっていて旗の包茎の車を含んでいた」という文章まであるのだという。日本語として理解不能だ。

しかし、「包茎」とは・・・。

また、下記のような例もある。

下巻には、「ボルンの妻ヘートヴィヒに最大限にしてください」という文があるが、これは物理学者Max Born(マックス・ボルン)の「Max」を動詞として誤って訳していると指摘。「プランクはいすにいた」という文についても、「原文を読むと、プランクは議長を務めたということだと思います。これらは明らかに、人間の訳したものではなく、機械翻訳です」としている。

これは、大学の教養のドイツ語の授業で、いきなり翻訳させられた学生ならこういうのもあるかもしれないが、普通は人間が訳したものとは到底思えず、機械翻訳と考えるよりない。

しかし、仮にもプロの翻訳者が機械翻訳を下訳に使うだろうか。私が管理職の時代に、勤務する部門でこんなことがあった。すなわち、ある翻訳業者が、外国人の上司に対して、機械翻訳を駆使して安く翻訳できると売り込みをかけた。するとその上司は、日英または英日の翻訳も、独英や英独のような欧米語の翻訳と同様だと思ったのだろう、当時、外部翻訳事務所の管理担当だった私に前向きに検討するように指示した。たしかに、欧米語間の機械翻訳はかなりのレベルに達しているようである。しかし、日英または英日の翻訳については私は、その分野の専門家に話を聞いたり文献を読んだりして、ある程度知識はある。そこでその前提に基づき、機械翻訳をベースとする業者は使えないと上司に回答した。

すると、上司はその応答が気に入らなかったようで私に無断でイエスマンの別の担当者に検討させて、外部翻訳事務所の管理担当の私をバイパスしてトライアルが始まったので、憤慨した。

で、実際に翻訳が上がってみると、あれっ、と思った。意外に自然な翻訳なのである。そこで担当者が来たとき、なんとこんな自然な文章の機械翻訳はみたことがないです、どんなシステムなのですか、と聞いたらちょっと困惑しつつ、いえ、大枠を機械翻訳にしてあとは人間が編集するのです、というので、そのときは納得した。

さてトライアルで合格して本契約する段になると、流石に、外部翻訳事務所の管理責任者である私はスキップできない。そこで契約の場で私は、こう切り出した。機械翻訳で大層手間が省けているなら、他の事務所より安い値段でやってくれませんか、そうしたら、この品質ならもっと出していいですよ、言ったら、困ったように安い値段で渋々受けてくれた。

ところが受けてくれる件数が依然としてとても少ない。そこであるとき、担当者に、なぜもっと受けてくれないのかと尋ねたら、担当者は思い余ったのか、困ったようにこう切り出した。実は機械翻訳を使っているというのは正しくないのです。仕事をもらいたいのでそう言ったのです。本当は人間が翻訳しています。使っているのは機械翻訳ではなく、単語引きのような翻訳支援システムです。でも、今の値段では本当は苦しい。だから多く受けれないのです。

それを聞いて私はあまり意外な気持ちがしなかった。むしろ、さもありなんと納得した。そんなとっかかりなので、その後も仕事は少し出したが、結局、その会社と翻訳の付き合いは途絶えてしまった。まるで日本昔話であるが、下手に嘘をいって仕事をもらってもうまくいかないのである。

また私は、この件で、機械翻訳に対する不信感を一層強くした。あれから10年以上経つが、「数数千が、訪問代表団と会合するためにユニオン列車車庫に群がった、そして、パレードは200台の酔っぱらっていて旗の包茎の車を含んでいた」という翻訳をしているようでは、機械翻訳の技術的進歩はほとんどないに違いない。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち語学カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは経済です。

次のカテゴリは読書です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。