語学の最近のブログ記事

強調副詞

user-pic
0

自宅でテレビを観ていたら、ピエトロのコマーシャルが放映されていた。ピエトロといえば、そこのドレッシングを家内が好きで、スーパーなどで見つけたら、よく買っていた。

それで、そのパッケージを見たら、ピエトロは、福岡の天神にある「洋麺屋」、すなわちスパゲティーの店が発祥で、ドレッシングも作って販売しているらしい。私は福岡に五年もいたのに、ピエトロなんて聞いたことない、と思ったが、よく考えてたら私は、学生時代、大学近くの安酒場で将棋部の仲間と酒を飲んでいただけなので、天神でスパゲティーを食べるなんてありえない。だから、ピエトロなんて知らなくても仕方ないと思った。

ところが、改めてピエトロのホームページをみたら、ピエトロができたのは、1980年で、大学を卒業したあと就職して、フランチャイズを大阪から東京に移した年である。なので、原理的に、ピエトロを知っていた、ということはありえない。

で、ピエトロのテレビ・コマーシャルに戻って、ドレッシングのコマーシャルなのかと思ったら、おうちパスタという製品で、なんでも茹でたパスタに混ぜるだけで、おいしいパスタ料理ができるというものらしい。

それで、何かの番組でみた、若い男性タレントが、そうやってできたパスタを食べて、「バリウマ」と呟くシーンがあって、状況からして、これは、とてもおいしい、という意味で、するとバリとは、強調副詞ということになるが、もしかして、流行りの若者言葉だろうか、と思って、ウェブで調べてみた。

すると、バリというのは、福岡を含む九州の広い範囲で強調副詞として使われている、と分かった。

それにしても、私は福岡に五年も住んでいて、地元の方言には、かなり興味をもって聞いていたので、そんな頻用の強調副詞なら、当然に当時、聞いて知っていたはずなのに、全く記憶にない。不思議である。

ところで、私の出身地の方言の典型的な強調副詞は、「ぶち」であり、とてもおいしい、は「ぶちうみゃー」という。

実は、これ以外に、ぼれえ、という強調副詞もある。実は「ぶち」という強調副詞は、山口でも使うし、「ぼれえ」は、岡山の「ぼっけえ」と重なっている。

このように、強調副詞は、日本を地図のように、(直和ではないが)塗り分けることができる。

強調副詞は、どんな言語でも、聞いて覚えやすく、例えばドイツ語のゼア、フランス語のトレ、ロシア語のオーチェン、韓国語のアジュなど、不思議に記憶に残っているのだった。

大話

user-pic
0

先日、家内が自宅で、友だちと電話で、長話をしていたので、終わったあと、大話だったね、と私が言ったら、本当に大話だった、と家内が笑う。

長話を大話(おおばなし)というのは、少なくとも備後弁ではそうで、それで私も家内もその地方出身なので、その言い方が違和感なく通じるが、広島方言でも、安芸弁ではいわないような気がするが、どうなんだろう。

それで、大話をウェブで検索してみたら、昔の言い方では、確かに長話を大話と言ったらしい。

ただ、古語由来だけあって、備後地方でも、私のような年配の者は、よいよ、大話じゃったのう(本当に、長い話だったね。)みたいに言うが、若い人は最早使わないような気がする。ちなみに、東京出身の人に、大話ってどういう意味だと思う?と聞いたら、盛った話、大袈裟な話かなと思う、という。まあ、そうだろうね。なお、当然ながら、大話の反対は、小噺ではない。大話を、ただ長くて落ちがない話をそう呼ぶなら、反対といえなくもないが。

そういえば、備後地方というのでなく、私の出身の島でしか聞いたことがないが、「学校行き」という言い方を祖母がしていた。要するに、学校へ行く人という意味で、具体的には小学生だったりする。方言でいうと、みてみぃ、あっこを学校行きが、通りょうるど、ということになる。意味はだいたい理解できると思う。これは古い言い方のようで、母の年代さえもあまり使わなかった。

しかし、英語にも、school-goerという言い方があるのであって、同じ意味である。言語の深層は共通しているという、チョムスキーの理論だろうか。

それにしても、日本の各地の方言や文化の多様性は、素晴らしい。それも、千数百年にも及ぶ、日本の連綿たる歴史のお陰である。流石にアメリカ合衆国は、こうはいかない。アメリカ合衆国は疑いなく偉大な国であるが、如何せん、歴史が浅すぎる。昔、米国出張に行ったとき、米国の担当者たちが、米国内の地方多様性を話していたが、その点はどうしても、多様性に乏しく、なんか聞くに堪えなかった。

日本だと、例えば、私の出身地と能登が、随分文化が違うのは理解できるが、比較的近いと思っていた徳島でさえ、尾道とは相当風習も違う。

どうか間違っても、世界はフラットだなんて、言わないでほしい。

フィアスコ

user-pic
0

最近寒くて嫌だね、と思っていたら、一方でそうはいうけど、日常的に熱中症になりそうだった八月頃よりましでは、とも考えた。そして、その八月のある日のことを思い出した。

その日は土曜日で、近所の行事で、ちょっとパソコンを使って説明することがあったので、麻の買い物袋にパソコンを入れて出かけた。朝から暑いので、熱中症予防にスポーツドリンクを買おうとコンビニに行き、よく分からないけど、なんとか生命体飲料とかいう、迷彩服柄の怪しげなスポーツドリンクを買った。

暑さでいまいち調子が出なかったが、スポーツドリンクを飲みながらなんとか凌ぎ、とりあえず行事を終わった。それで帰ろうとしたら、おっと、スポーツドリンクをテーブルの上に忘れていた。それで、スポーツドリンクを麻の買い物袋に入れて、歩いて帰っていると、どうも様子がおかしい。ふと自分のズボンをみると、濡れている。あちゃっ、やっちゃったかと思ったのは、最近ときどきトイレの小の方にいって、うっかりズボンにかかってしまうことがあるからである。

しかし、どうも様子が違うと買い物袋をみると、買い物袋内が水浸しで、地面にたれており、パソコンも濡れている。ああっ、とショックを受けたのは、どうもスポーツドリンクのペットボトルの蓋が緩んでいるのに気づかず、そのままペットボトルを麻の買い物袋に入れてしまったようである。

買い物袋が濡れても乾かせばいいが、パソコンはキーボードや筐体内に電解質の液が浸み込むと回路がショートして壊れてしまうことになる。そのとき突然、普段意識したこともないのに、フィアスコという言葉が浮かんだ。英語でfiascoと綴り、大失敗という意味である。

自宅に帰って、とりあえずパソコンを布で拭き、しばらく屋外で乾かし、動作テストしたら特に異常がないようなので、安心した。買い物袋は乾かしたらシミになったが、もともと汚れているので気にならない。

そこで、なぜfiascoという単語が突然記憶から現れたのかというと、どうもTIMEを読んでいて、ネガティブワードとして、印象が強かったからのようである。同様のネガティブワードとして思い出すのは、doldrumsとdebacleがある。私はこれらもfiascoと似たような意味かと思って改めて辞書を引くと、doldrumsは意気消沈とか、塞ぎ込み、不況のような意味らしくて、fiascoとはかなりニュアンスが違う。debacleは、敗走、崩壊、暴落のような意味で、fiascoと似ているようだが、やはりニュアンスの違いがある。

しかし、一番私が印象に残っているネガティブワードは、私がまだ独身の頃読んだTIMEの記事におけるものである。すなわち、そのときベイルートに駐留していた米軍の基地のビルに自爆テロのトラックが突っ込み、なんと200人以上が死んだ。記事のタイトルは、Carnage in Beirutで、辞書を引いてcarnageが、大虐殺という意味だとそのとき知り、その後もこの単語を忘れたことがない。

carnageの類似の単語としてその後、massacreとholocaustをTIMEで知った。改めてニュアンスの違いをみると、carnageは戦闘における大虐殺、massacreは相手が無防備の場合の虐殺、holocaustも大虐殺なのだが、特に固有名詞的には、ヒットラーによるユダヤ人虐殺に使われているようである。

TIMEを読んでいてネガティブワードが多く出てくるのは、それが主としてニュース記事だからだろう。するとどうしても、幸せな話はあまり出てこない。

実践快老生活で、渡部昇一氏は、自分は長生きするんだと仰っていたが、去年あっけなく亡くなられた。まあでも、86歳まで生きたので、長生きしたといっても嘘にならないし、人生はわからないものなので、特に意外でもない。

渡部氏の生死に拘わらず、私は彼の著書のファンだし、尊敬もし続けている。最近は、前から買ってあった「秘術としての文法」講談社学術文庫を読んだ。この本は、8編の随筆を含むが、「秘術としての文法」はそのうちの最初の一篇にすぎない。それでともかく、「秘術としての文法」だけを読んでコメントを書くことにした。

この本の趣旨は明確であって、すなわち、多分チョムスキーの生成文法などもそうなのかもしれないが、現代ではさまざまな委細を尽くした文法が登場し、それは言語の新しい側面を解明するのかもしれないが、じっさいに語学を実用的に学ぶ、すなわち、読み、書き、話せるようになるという意味では、現代文法は役にたたないということである。

では、どういう文法書が役に立つのかというと、例えばラテン語では、ドナトゥス・プリスキアヌスの文法書が定番らしい。それは、ある意味古色蒼然たる文法書だということで、その文法書を学問的に称える人はいないけれども、それを真面目に勉強すると、確実にラテン語が読め、書けるようになる。なにしろ、文法を知らないと手も足も出ないラテン語文献が読めるようになるのだから、それを魔術と呼ばすしてどう呼ぶというのか。すなわち、古い文法書には長年の経験的な知恵が詰まっているのである。

その一方で、下手な文法は不要で、どんどん聴いてしゃべれば話せるようになるという意見もある。確かに、あらゆる子供はそうやって言葉を覚える。じゃ、その子供が直ちに立派な文章が書けるかというととんでもない。日常会話から一歩でも飛翔しようとすると、たちまち文法が必要になる。

だから、魔術としての伝統文法が不要になる日はこないのである。もちろん、ソシュール、ヤコブソン、サピアなどの言語論は示唆に富んでおり、言語哲学の一部をなす。それは別次元な話である。

私は、これと類似の話を棋道にみる。すなわち、囲碁や将棋では、AIの登場で、どんどん過去の定跡(定石)が陳腐化している。なのでそんな古臭い定跡なんか最早学ばなくてはいいのだというのは、少なくとも初心者には当てはまらない。

古臭い古典定跡(定石)は実は典型的な手筋の宝庫であり、伝統をふまえて人間の頭に馴染むようにできている。なので、将棋大観であれ、将棋精選であれ、上達のための価値は不変だと思われる。一方でAIは棋理の新しい地平線を拓けばいいのである。

ところで私は一応囲碁はアマ三段はなんとかあると思うが、そこまでの棋力に達したのはほとんど闇雲にコンピュータ囲碁ともしかして千局以上打った成果であって、人間に教わったことがないというのは、実に棋力がいびつだとときどき感じる。

例えば、将棋であれば私は、プロの棋譜をみて、一応分かったようなことが呟けるが、囲碁となるとほとんど意味があるコメントがしゃべれない。なにか決定的に薄いのである。要するに私は、囲碁の伝統的文法書で学んでいないので、囲碁語で読み書きできない。

だから教育一般、どこか保守性を帯びている必要がある。会話中心の英語なんて、小学校から教えたらまずい。

英語読み

user-pic
0

私が以前勤務していた外資系の会社は、一応米国ベースの会社だったが、建前でも多国籍企業なのだから、もっとローカリティを重視したらいいのではと思っていた。なのに、みんなわざとやっているかのように、英語にかぶれ、相手が日本人でも露骨に英語読みする。

例えば、北京は日本の慣用ではペキンと発音するのに、英語かぶれはこれを、ベイジンと発音する。私は米人、すなわちアメリカ人のことかと一瞬思った。

また、フランスの首都は日本人的にはパリ以外ではありえないが、英語かぶれはこれを、パリスと呼ぶ。なんでフランス的な発音を汚すのだろう。それなら、エルミートはハーミートで、フランソワは、フランソイスか。

さらにベルリンを英語かぶれはバーリンと呼ぶが、えっ、中東の国のことかと私は思う。

しかし私が極めつけに嫌悪感を感じたのは、チューリヒをズーリックと呼ぶことで、なんかスーツを着て下駄を穿いて出勤するみたいで、寒気を感じるというか、とても下品に感じた。チューリヒ保険のCMで、ハロ~・チューリッヒ♪というのがあるが、あれがハロ~・ズーリックなら顰蹙ものだろう。

ただ、日本でコンファレンスがあったとき、日本名で栄子という女性がいて、名札にEikoと書いてあるのを、アメリカ人がアイコと呼んでいたのは、なかなか可愛いと思った。こういうのなら賛成である。

あと、米国出張のとき、Abzugという姓をつい、アプツークとドイツ語読みしたら怪訝な顔をされた。これは郷に入っては郷に従えで、アブザックと読まなくてはならないのだった。どうもズーリックとかぶって嫌なのだが。

私はブログのタイトルに、トートロジーのようなことをときどき書く。今日の「方言のローカル性」も当たりまえで、何かいいたいの、あたりまえじゃん、ということになる。で、必ずしも当たりまえとはいえないということを説明してみる。

まず、私と家内は、田舎に帰ってお見合いしたということもあって、同郷である。家内が広島県尾道市の市街地の出身で、私が尾道市とはいえ、島の出身である。

で、結婚というのはいろいろ面倒で大変で、それをいちいちここに書いてもしかたない。ただ、夫婦が同郷だといいのは、自宅で方言が普通に使えることである。方言が関西弁だったら、関西弁は準標準語なので、職場でそのまま使ってもそんなに違和感はない。

しかし広島弁は、流石に広島県でないと普通に会社では使えない。どうしても不躾の感は否めない。だから、自宅で普通に広島弁が使えるというのは、ほっとするものがあるのは確かである。

それで私は、広島カープが日本シリーズで負けたとき、家内に、「カープは、よいよ、いけんのう。」と言った。それは、カープはどうもよくない、みたいな意味だろうか。「よいよ」というのはいろいろな意味がある広島方言の副詞である。

そうやって、家内に対して「よいよ」という方言を使っているのだが、あるとき急に家内から「よいよ」というのは、どういう意味?と聞かれた。少なくとも、尾道の市街地では使わないという。

ええっ、と私は逆に驚いた。「よいよ」は当然にふつうの広島弁で、広島県の人ならだれでもわかると思った。で、あまりに普通に使っているので、その意味を説明してほしいと聞かれて逆に戸惑ってしまった。後で冷静に考えると、英語でいえば、indeedみたいな意味かもしれない。

一方、改めて「よいよ」をウェブで調べてみると、確かにauthenticな広島方言である。それでも家内が聞いたことがないとしたら、家内は典型的な尾道弁で、私の出身の島は文化圏としては福山なので、福山弁に近い。それが微妙な語彙とアクセントの違いをもたらす。私は中学までは島内だったが、高校生になって尾道市に通うようになると、確かに微妙な方言の違いを感じた。基本的に通じない、ということはないのだが。

それでも、大きくみて、尾道弁と福山弁はどちらも備後弁に属するのだろう。そして広島県内でも、尾道や福山をカバーする備後弁と、広島市をカバーする安芸弁は、もうはっきり違う。こちらも基本的に通じないということはまずないが。

そして、他県とはいえ、備後弁は、安芸弁よりもむしろ岡山弁に近い。ところがである。岡山弁で、「こわい」ということを「きょうてい」という。そういう言い方を私は大学のとき、下宿の隣の部屋の岡山出身の人から教わった。この「きょうてい」という単語を、多分であるが、尾道や福山の人はほとんど知らないはずである。私も教わるまで知らなかった。

ここらあたりもザリスキー閉集合の考え方が適用できるのであって、近隣の方言の人とはほとんど至るところで理解可能なのだが、ザリスキー閉集合のように、ポツリ、ポツリと知らない単語がある。

また、こういう微妙な方言の違いに気づくのは、私が広島弁のネイティブな話者だからである。私はかなり不十分とはいえ博多弁と大阪弁がしゃべれるが、じゃあ、博多弁と小倉弁の違いや、大阪弁と神戸弁の違いが説明できるかというと、全く無理である。自分のそちらの方言は、あまりにも熟練度が低いのである。

また、普通の標準語の中の微妙な方言の香りを識別して喜ぶのも、ネイティブな話者である。例えば、Perfumeというと女性三人でテクノポップのグループであるが、広島出身で、普段から広島市をベースにしているせいか、どんなに標準語をしゃべっても、広島弁の色が消せない。それをMステのインタビューで察知して私はつい嬉しくなった。

あと、東京や横浜などの出身の人は、普通に話す言葉そのものが標準語にとても近くて、よほど訓練しないと地方の方言はしゃべれない。というか、しゃべる必要もない。なので、私のように三種類の方言?がしゃべれるとときどき珍しがられるのだが、じつは私は私で、東京にでてきて、普段標準語をしゃべるのも、英語を話すほどではないにしても、意外に結構大変だったりする。どこか微妙に無理している感じがなくもない。

すなわち、ネイティブな方言の話者にとって標準語を話すのはそれなりに修練を要するので、ほとんど島から出たことがない母方の祖母はとうとう広島方言しか話せなかった。なので祖母が靖国神社に参拝したいと上京してきたとき、本当にコテコテの方言で周囲の人に話しかけるので、ときどき私が通訳したりしていた。米国から仕事で担当者が日本にきたりして、下手な英語で通訳したことは何度かあるが、広島弁を通訳した経験は、祖母が東京に出てきたときだけだった。

という、あまり意味のない方言談義なのだった。

漢和辞典

user-pic
0

最近の私は、初心に帰る一環で、国語辞典だの、四字熟語辞典など買い集めて、通勤電車の中で眺めている。国語辞典はもちろん自宅にあるのだが、サイズが大きいので通勤鞄に入れるのには向かず、わざわざハンディなものを買い直したりしている。

ハンディな国語辞典といっても馬鹿にならない。大学を卒業してサラリーマンになったとき、私は講談社の文庫本サイズの国語辞典を買い、暇さえあればそれを引くようにした。すると、ついには国語辞典がボロボロになってしまった。それで将棋でいえば、香一本くらい国語力が上がったような気がした。しかし、そのあとフォローしなかったので、いま程度の文章力に留まっている。

そんな気持ちで初心を新たにして国語辞典を読んでいるのだが、一方で、どうも自分は漢字を知らないというか、自明なはずの漢字も書けなかったりする。それで、ハンディ漢和辞典も買おうと、アマゾンでいろいろ調べてみたのだが、漢和辞典を調べているはずなのになぜか、円満字二郎著、「漢和辞典に訊け!」ちくま文庫がヒットした。

よく考えたら私は、今まで何冊も漢和辞典を買ったはずだが、まともに引いた記憶がない。その理由は明らかで、私は漢和辞典の機能や引き方をほとんど知らないのだった。「漢和辞典に訊け!」にはそのあたりが説明されているらしい。これは「漢和辞典に訊け!」を買う一手だと即断し、アマゾンで注文し、届くと即読み始めた。

そしていきなり感心したのは、まず音訓索引を使って知っている漢字を調べてみましょう、とある。なるほど、と私は手許にある、鎌田正、米山寅太郎「新版 漢語林」大修館書店を開いた。

そしてさらにガイドとして嬉しいのは、音訓索引というけれども、音の方は同じ音の漢字が沢山あるので、なるべく訓で引きましょうという示唆である。いちいち納得。そして訓に拘ると、今度は同訓異義の世界がみえてくる。「新版 漢語林」には同訓異義一覧というページもあって、例えば「わらう」だと、呵、笑、嗤、哂、などがある。

音読みに戻ると、漢和辞典の個々の漢字に、呉音、漢音、あるいは唐音などの区別があり、それは中国から漢字が伝わった時代と地方の発音が示されている。恥ずかしい話だが、こんな話、還暦をすぎて初めて聞いた。例えば、脚という漢字は、呉音でカク、漢音はキャクだが、カクは脚気にしか使われない。だいたい呉音は医学用語でよく使われる。

あと、新字体と旧字体がある。例えば、芥川龍之介の龍は、新字体では竜だが、芥川竜之介では変である。しかし新字体しか使えない教科書では、芥川竜之介を使うという話があった。

また、新字体や旧字体の議論で、異字体というのもある。例えば、円という漢字は、圓の他、その口のところがムになっている異字体もある。すなわち、異字体といえばこれら三つはすべて異字体なのだが、当用漢字に認定されているのが新字体で、それ以前に正しいと認知さていたのが旧字体ということらしい。その他大勢が異字体。

このように、漢和辞典は多数の異字体を含み、それらの中にはコンピュータ用のフォントあるいは文字コードでカバーされていないものもあるので、漢和辞典の原稿の一部は必然的に手書きになるという。なんとも大変な世界である。

あと、漢字の成り立ちに関する基礎知識として、「象形」、「指事」、「会意」、「形声」という四つのパターンが説かれる。「象形」とは、山、月など絵文字に由来するもの、「指事」とは上、中、下のように抽象的な概念をあらわすもの、「会意」とは二つの漢字をくみあわせてつくられたもの、「形声」は発声をベースにつくられたものである。これ以外に「仮借」という当て字がある。これらの概念は、後漢時代の儒学者・文字学者である許慎によってつくられた。

また、読み方が分からない漢字を漢和辞典で引くには画数や部首に依存するよりないと、この本にあったが、画数は意外に自明でなく、部首も意外なところが部首だったりして難しかったりする。

さいごに、この本で、漢和辞典には『鉄道」も「試験」も「恋愛」も、熟語としてリストされていないと知って、とても意外だった。うむ、確かに手許の漢和辞典に載ってない。すると、漢和辞典はなんのためにある?という素朴な疑問はわく。

ともかく、折に触れて漢和辞典を読むことは、折に触れて国語辞典を読むよりも自明ではないが、なにほどか言語感覚を磨くには意味があると思われる。

翻訳読本

user-pic
0

私は自分の部屋で本の整理はほとんどしないので、乱雑なままであり、よって、あれっ、あの本はどこにあるかな、と探すことは稀ではない。そして多くの場合、目的の本は見つからなくて、その代わりに、あれっ、こんな本がここにあるのかと、意外に驚いたりすることがある。

そうやって見つけた本に、別宮貞徳、「翻訳読本」講談社現代新書がある。仕事で特許翻訳を何年もやっていた関係で翻訳にはひとかた興味があり、この本はかなり昔読んだはずなのだが、細かい内容はほとんど忘れている。そこで、今更の原則により、改めて読んでみることにした。

まず最初に著者は、最近では翻訳の仕事を志す若者が多いというのだが、この本は1979年刊であり、流石に今の時代には適用できないだろう。そもそも、AIにより、かなり自然な機械翻訳ができることも期待されており、今では当時ほど翻訳の仕事が魅力的とは思われていないような気がする。

それでも書店に行ってみると、外国の著者のものが多くて、それは当然に外国語を日本語に翻訳したものだから、翻訳という仕事はいまでもメジャーに違いない。そして、AIが頑張っても人間の役割というか介在は必須だと思う。

そして、この本の内容に戻ると、翻訳は学校の英語の授業の英文解釈の延長程度に理解されており、自分は学校で英語の成績がよかったので、翻訳くらいできるだろうと安易に思われているというが、これは今でもそうかもしれない。そもそも、そうやって安易に翻訳を認識しているので、機械翻訳でいいのだくらいに思うのだろう。

じっさい、英語の授業では、"This is a pen."を、「これはペンです。」と訳せば満点だが、そんな翻訳はまずありえないと著者はいう。すなわち、誰がどんな状況でしゃべっているかによって言い回しが変わってくるので、文脈や背景に考慮する必要がある。

一方で、日本には、漢文を返り点などを打って読んできた伝統がある。なので、明治の初期のころは、英語も返り点を打つようにして解釈されたのだという。ただ、それをそのまま書き下したら、恐ろしく読みにくい文章になってしまう。そこは明治の賢人たちは考えたもので、一旦書き下し文をつくったら、そこから自らの言葉で、自然な日本語に書き換えた。そういえば先日、古書店で、森林太郎、すなわち森鴎外の「ファウスト」岩波文庫を買ったが、ちらっと読むと流石鴎外、格調が高い。当然に、たんなる直訳なわけがない。

しかし、そこから揺り戻しがあり、直訳調こそが日本語に新しい可能性をもたらすのだと言い出す人達があらわれブームになった。まあ確かに、明治の初期の頃は、societyという訳語もいちいち考えなくてはならないのだから、自然な意訳なんていってられない。また、「何か私をそうさせた。」みたいな言い方は直訳調を借用したものである。

さらに直訳調こそが原文に忠実な正しい翻訳だという意見が世間にあり、それはいまでもはびこっているので、直訳調の読みにくい翻訳の本は本屋から根絶されることはないが、読んで意味がとれない翻訳は正しい翻訳でさえないと著者は指摘する。その分野でネイティブな日本人が書くような日本語で書かないなら翻訳とはいえない。ただ、そうするためには、代名詞は何をあらわすかとかきちんと解釈しなくてはならず、すると間違えるリスクはあるが、世の中にリスクのない行為はないのであり、ただ機械的に直訳調で書き下しても意味はない。それなら最初から英語で読めばいい。

それから各論で、翻訳する際の注意点として、代名詞の省略、代名詞をもとの名詞で置き換えること、なるべく頭から訳すこと、関係代名詞を、~のところの、などと訳さないこと、名詞を動詞的に訳すこと、木よりも森をみること、想像力を働かせること、特に駄洒落系の翻訳はそのまま訳すのはまず無理で、相当ドラスチックな置き換えが必要であることなど、基本手筋が説かれる。

ところで、あと3年で65歳というひとつの節目を迎える私は、そこで、仕事から完全に引退するか、特許調査の仕事を続けるか、特許翻訳の仕事を始めるかという分岐点にたち、この本を読んで、特許翻訳の仕事をまたやってみたいなとふと感じたのだが、まあ特許翻訳の仕事もそれはそれで大変だな、とやる前から引いてしまう私は、どうも弱気でいけない。ただ、文芸的センスを欠く私は間違っても、文学書の翻訳を試みるつもりはない。私には場の量子論を理解するレベルで難しそうだし、そもそも誰が私なんぞにそういう仕事を依頼するだろうか。

英語の勉強

user-pic
0

当たり前のことを言うと、英語に限らず語学全般において、読む・書く・話す・聴くという4つのファクターがある。そのとき、英文レターを書きたいのでひたすら書く勉強をすればよいのだとか、ともかく話したいので沢山話すことの練習ばかりすればいいだかとか素朴には考えてしまうのだが、実は書く前提には読むことがあり、話す前提には聴くことがあるので、もしかして理想の語学の勉強方法は、最初はとりあえず沢山読み、沢山聴くことなのだろう。

以前勤務していた会社は米国系の外資系で、しかも管理職だったので、英語を使うことは必須であった。そして、読む・書く・話す・聴くのうち、読む・書くは得意とはいわないが、少なくとも苦手感はなかった。それは20台に、将来の転職に備えて、TIMEを辞書を引きながら毎週読んでいて、そうやって読むことで培った語彙と表現で、書くこともある程度熟練していたからである。このとき注意しなくてはならないのは、沢山読めば自動的に書く力がつくわけではなくて、読みによって培ったポテンシャルを書く力に転化するには意識的な努力が必要ということである。私は、英作文の本を何冊も読んで、基本的な言い回しを記憶した。そうすることで、読むことで培った語彙の一部が書く方に流入してくる。あくまでも一部だが。ちなみに、不思議なことに、いくら書いても読む方には貢献しない。するともしかして、作家という人達は、案外いい読み手ではないのかもしれない。

さて私のことに戻ると、話す・聴くとなると全く駄目で、当初、外資系なのに外国人が来ると逃げ回っていた。これは、もともと内向的というか内気な性格で、日本語であっても会話自体あまり好きでないのだから、必要性もないのに英語で会話しようなんと思うわけがない。

もし私が管理職にならなければ、きっと今でもまったく英語が聞き取れないし、話せないという状態のままだっただろう。今にして思えば、その方が生涯獲得賃金は少なかったかもしれないが、もっと家庭的で安楽な人生だったろう。

もともと英会話なんて大嫌いな私は、仕事柄英会話しなくてはならない生活というのを蛇蝎のように嫌った。独身だったら確実に会社をエスケープして、特許翻訳会社にでも転職していただろう。しかし家族があっては、収入を実質的に下げることはできず、涙を飲んで英会話の勉強をすることにした。

そして、会話に馴染む方法論は、迂遠のようでもまずひたすら聴くことである。そこで私は、アルクのイングリッシュ・ジャーナルという雑誌についていたテープ(いまならCD-ROM)を必死で聞いた。それだけでなく通勤時間はFEN(今はAFNという)をひたすら聞いた。淡泊なようで意外にしつこい私は、そんな生活を5年以上も続けた。いや管理職であった間はずっと続けていたような気がする。

それでも英会話の才能のない私は、なかなかジャパニーズ・イングリッシュの域から出られなかったが、最低限、外国人上司との折衝やテレコンなど、必要性は満たした。

私がいかに英会話が嫌いかは、管理職を降りた途端に通勤時間にFENを聴くのを止めたことで分かる。それでも日常的には外国人とのコミュニケーションは電話でなくチャットだったので、あまり苦手感のない英作文能力がここで活きた。

そして今、典型的な日本の会社で特許調査の仕事をするようになって、英語の特許公報を読む以外全く英語に縁のない生活になった。すると英語の勉強は、私にとって生活の背景雑音のようなTIME読みだけになった。ただ、TIMEは比較的真面目に読んでいるので、もしかして英語を読む力は以前よりも少し上がったかもしれない。

しかし、見事なまでに崩壊してしまったのは英会話力であり、そして、もともとある程度自信があったはずの英作文能力である。要するに英語については、読む力以外全滅である。

それじゃ駄目じゃんと、私が温存していたものがある。それはアルクのイングリッシュ・ジャーナルである。ほとんど読まないのにとりあえずバックナンバーを積み上げていて、そのCDを聴くのに在庫は全く不自由しない。それで最近、CDプレーヤーを通勤鞄に入れるようにした。まず聴くことから会話を復活させたいのだが、問題は英語を話しかける相手はいないし、英文メールを書く相手もまずいない。冷静に考えて、やっぱり英語力を復活させるのは無理があるか。インセンティブがないもの。

ひとつ前の記事のselectとchooseの最後で、みる、の様々な漢字表記のニュアンスの違いが分からないと書いて、ちょっとして、ああ、と武部良明著「漢字の用法」角川書店という蔵書があったことを思い出した。そこで、補足として、「みる」の漢字表記のニュアンスの違いをこの本から書き写してみる。

  • 看る:そばにいて、よく世話をすること。
  • 観る:遠くから、そのものだけをよくながめること。
  • 見る:物事を、目で感じること。
  • 視る:物事を、よく注意して調べること。これは、「見る」も使う。
  • 診る:これは、医者が患者の体を調べること。
  • 覧る:物事を、ひととおりながめること。これも、「見る」も使う。

ううん、現実の用法とちょっとずれているような気もするが、なんとなく妥当のような気もする。しかし私は、視るも、覧るも、文章で使った記憶がない。多分、「見る」で代用したのだろう。

これ以外に、「覗る」と書いて、「みる」と読ませる言い方もするが、要するに覗き見る、という意味なのだろう。しかし、この本でカバーされていないというのは、正式な読み方ではないのだろうか。

あと、「書いてみる」というときの「みる」は、該当する漢字はなくて、ひらがな表記しかないのだという。

「みる」と同じくらいの同音異義性をもつものとして、他に、「あう」がある。これは、「会う」、「遇う」、「合う」、「遭う」、「逢う」がある。これは、「みる」よりは微妙でないような気もする。

これ以外というと、「たすける」の「援ける」、「助ける」、「扶ける」、「輔ける」、「たずねる」の「温ねる」、「尋ねる」、「訊ねる」、「訪ねる」などがある。

漢字が苦手な私は、次第に頭が混乱してくるのだった。

月別 アーカイブ

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち語学カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは経済です。

次のカテゴリは読書です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。