スポーツの最近のブログ記事

カープ、CS突破に安堵して、しばらくは野球観戦はお休みだと思っていたのだが、10月20日(土)になると、セリーグのCSを観足らなかったか、あるいはカープの試合の応援の慣性か、つい西武対ソフトバンクの試合を観始めた。

すると、あれっ、と思ったのは、メットライフ球場に屋根があるじゃん、ということである。ここも雨が降ったら中止になる球場だと思っていた。そんなことも知らないなんて。

そして、ともかく力強いパリーグの試合を観戦しようと意気込んだ。今までのところ、西武が打たれまくって、かなり押されているようであるが、あの猛打の西武がこのまま終わるわけない、このあたりから西武が反撃するはずだ、と信じた。

ところが試合が始まってみると、いきなり一回、二回とソフトバンクが二点ずつ入れて一気に4-0とリードしてしまった。西武はというと、秋山、浅村、山川など自慢の打撃陣がどうも景気が悪い。それでも西武はなんとか二点返したが、そこから両チーム、点が入らず、投手戦で進んだ。

このまま終わるかと思ったら、七回の表にソフトバンクが駄目押しの四点を入れて、実質的に試合を決めてしまった。試合後のコメントで、西武の辻監督は、七回の四点が痛かった、と言っていた。それでも辻監督は、最後は西武が勝つものと信じているように見えた。なぜなら、西武がパリーグのペナントレースの覇者なのだから。

その乗りで10月21日(日)も西武対ソフトバンクの試合を観戦したが、この試合もなんと、ソフトバンクが一回の表に三点いれて先行するところから始まった。これをみたとき、もしや西武は危ないのでは、と疑念が生じてきた。しかし、西武は5回に2点を入れて3-2と詰め寄り、ついに反撃が始まったと信じた。ところが6回にソフトバンクが1点入れ、また二点差となった。私はふと将棋で、結構反撃するのだが、どうやっても一手足りない、という将棋を思い出した。なんかこの僅差地獄に陥ると、精神的に苦しい。アキレスと亀ではないが、どこまで行っても僅差が埋まらない。

すなわち、九回の裏、二点差で西武は、中村剛也が豪快なホームランを打つも、ランナーなしで、一点のみ。結局一点差でソフトバンクの守護神の森唯斗に抑えられてしまった。

その瞬間に西武のクライマックス敗退が決まった。西武ベンチの雰囲気がその瞬間、凍った。

ソフトバンクのパリーグ最終勝利の儀式を観ながら考えたのは、名だたる西武の猛打者がいまいち不完全燃焼で終わったのは、西武の闇ったのだ、ということである。そして観ていると、この症状は、カープが九月に闇ったのと同じ、ということである。

ということは、と私は思ったのは、結局、鬼のように強いと思った西武も、カープとあまり変わらない、ということである。そして西武がソフトバンクに競り負けてしまったのは、優勝経験から遠ざかっていたことと、そして、リーグ優勝が決まっても、勢い余って勝過ぎた、ということである。その反動がクライマックスシリーズで現れてきた。

そこまで考えていたら、西武の辻監督の挨拶があった。日本一を目指してここまで頑張ってきたのに、ここで負けるとは残念だ、とまでしゃべって、そこで感極まって泣き出した。私はそれを決して見苦しいとは思わず、むしろ共感し、感動した。なぜなら、カープも一年前、似た悔しい経験をしたからである。

辻監督の話によると、西武は今年のペナントレースで最初に八連勝して以来、最後まで一位をキープして、一度も一位を他のチームに渡さなかったそうである。これはまさに完全勝利である。それでも、西武が安閑としていられなかったのは、ソフトバンクが猛追してきたからである。結果的に、ソフトバンクの最終勝率はカープのそれにほぼ匹敵し、西武の最終勝率は、カープのそれをかなり上回ったのである。

どうしてこの圧倒的な成績が、クライマックスシリーズに反映されないのか、雀の涙のような一勝だけのアドバンテージしかもらえないのか、私は決して西武のファンではないが、辻監督に感情移入してそう思った。やはりクライマックスシリーズの制度はおかしくないか。すなわち、悪い制度も制度なりであるが、やはりそのやりかたは、数学の用語でいえば、well-definedではない。

あと、10月21日(日)の試合で印象的なシーンがあった。それは、5月の裏、2アウト1塁の秋山の盗塁のシーンである。秋山が好スタートを切り、明らかにセーフなのに判定はアウト。当然辻監督はリクエストをかけた。ところが、その自明なはずの判定に審判団は5分以上も時間をかけた。その間、盗塁のシーンのリプレイの放送が何度もあったが、何度みてもセーフだった。解説の人達も同じ意見だった。ところが勿体をつけすぎた審判団の最終判定はアウト。私は、西武のよくない命運を予見したような気がした。

ともかく、こんなことがあって、一週間後、カープとソフトバンクの日本シリーズが始まる。競った戦いを経験してきたソフトバンクの方が少し有利なような気がするが、カープがカープ本来の野球ができれば、好勝負になるのでは、と期待するものである。

カープ、CSに散るに書いたように、クライマックスのファイナルステージで、カープが屈辱の敗北を喫してから、約一年がたった。

カープは今期はリーグ三連覇なんて、流石に無理だろうから、二位か三位に入って、今年はCSで一位のチームを蹴落とすことで、去年の屈辱を晴らせばいいと、斜に構えたようなことを考えていたら、望外で今季もカープはリーグ優勝し、三度クライマックスのファイナルステージに臨むことになった。

戻って、今期のカープは、大抵のカープ・ファンは同意すると思うが、明らかに去年や一昨年の戦力に見劣りしていた。そのことは、今年の交流戦で、カープはなんと7勝11敗、12球団中10位の成績であったことで例証される。去年は確か、12球団中2位だったはずである。

ところがセリーグで、交流戦で快進撃したのは最下位だったヤクルトだけで、他のチームはカープとどんぐりの背比べの成績で、結局、二位以下のチームの中でヤクルトが浮かび上がっただけで、一位のカープと二位のチームの差はあまり縮まらなかった。

カープが交流戦で惨敗した理由は、野村が故障でファームに落ち、ジョンソンが奥さんの出産による里帰りでしばらく出場できず、岡田も不調で、先発欠乏症だったからである。そのせいで、オリックスに三タテくらったりした。

しかし、交流戦が終わったら、次第に先発陣が揃い、慣れたセリーグのチームを相手に、カープは快進撃し、その好調は、6月の終わりから8月の終わりまで、約二ケ月続いた。結果的にみて、その貯金が大きかった。というのは、9月に入ってカープは突然の不調に陥ったからである。連勝と連敗に書いたとおりである。ここでも、二位のヤクルトが、結構カープに同期して負けてくれたのが幸いした。

そして、もたもたしたが、8月までの貯金を少しずつ食いつぶしつつ、なんとか9月中にリーグ優勝することができた。私はカープの9月の不調を、日記風で、闇る、と表現した。

だが、勝つための負け方での考察によれば、9月に闇ったことが、今回クライマックスのファイナルステージを突破したことの原動力になった。俗な言い方ではツキを貯めたのである。いくらなんでも、意図的にそうした、とは思えないのだが。

さらに今回のクライマックスのファイナルステージで幸いだったのは、ほぼ三位確定と思われたDeNAが最後失速して四位に終わったことである。そもそもDeNAは去年のファイナルステージでカープを破った遺恨の相手だし、フランチャイズよりもアウェイの球場の方が勝率が高く、マツダスタジアムに全く苦手感がない。

そのDeNAが終盤、ヤクルトや阪神に連敗し、さらに巨人が菅野を駆使して三位を確定させたことが、カープにとって幸いだった。

結局、クライマックスのファーストステージは、巨人対ヤクルトという、カープにとって最高の組み合わせとなった。なぜなら、このどちらのチームにもカープは大きく勝ち越しているからである。

さらにカープにとってラッキーだったのは、クライマックスのファーストステージの第2戦で、菅野がノーヒットノーランを達成したことである。これは確かに画期的で、菅野の一流の証明であるが、私に言わせると、こんなところでツキを浪費してはいけない。このせいで、ファイナルステージで、巨人はツキ欠乏症に陥り、エラーが多く、打線は振るわず、投手に失投があった。

あと、理解できないのは、どうして巨人は、ファイナルステージの第3戦で菅野を出さなかったのだろうか。というのは、後がない状況で菅野を温存しても無意味だからである。もしかして、第3戦をなんとか勝ち、次の第4戦で菅野で勝てれば、2勝3敗となって、相手にプレッシャを与えられると思ったのだろうか。これに関しては、菅野を酷使してはいけない、という上層部からの指示があったという説がある。去年DeNAは、CSと日本シリーズで今永を酷使し、それが祟って今永は今期散々な成績だったというのだが、オフシーズンは長いので、いくらでも調整できるのではないか。

そうそう、カープの一番の勝因は、去年の反省で、緒方監督が、ラミレス流の短期決戦スキルを学び、クライマックスで実践して功を奏したことである。実際、ペナントレースでも、緒方監督は、短期決戦のトレーニングを試みていた。

さて、日本シリーズの相手は、西武なのかソフトバンクなのか分からないが、どちらが来てもカープにとって苦しい戦いになりそうである。なにしろ打撃の厚みが違う。ただ、短期決戦であるがゆえの、奇襲的な采配を駆使すれば、なんとかなる可能性はある。

ということで、日本シリーズは、大らかな気持ちで観戦するとしよう。

セリーグのクライマックスシリーズをみていて、あくまでもペナントレースからの推定であるが、流石にヤクルトが厚いだろうと思った。というのは、やや散発感のある巨人打線に比べて、坂口、青木、山田、バレンティンを擁するヤクルト打線は、つながりで勝る。

それなのに、蓋を開けてみると、ヤクルト打線はほとんど沈黙し、巨人キラーのはずの小川は、散発的にではあるが打たれ、あいにく打線の掩護がなかった。

第二戦も打線の不振は続き、いくらなんでも菅野がセリーグ一の好投手だといっても、まさかのノーヒットノーランとなった。強打のヤクルト打線なのに、このあたりで一本でるよね、という感じがしなかった。なんとも流れは恐ろしい。そして、流れを失った原因は、キーパーソンの一人の青木が怪我で出れなかったことにある。

たった一人といってはいけない。野球は文字どおりチームワークなのである。そういう意味で、昨年のクライマックスでカープがDeNAに負けたのは、鈴木誠也の不在があまりにも響いた。それを指摘したら、そんなの理由にならない、要するにカープが弱いからだ、と言いなす人がいたが、敗者は言い訳してはいけないのだろうか。私はヤクルトファンではないが、青木がいたら流れはまた違っていたかもしれないとヤクルトを擁護したい。

そうやってクライマックスシリーズを見ていると、やはりこの制度はおかしい。なぜなら、リーグ二位と三位が戦うファーストステージで、全くといっていいほど、ハンディがない。二位のチームのアドバンテージは、フランチャイズで戦えることと、一勝一敗で引き分けになるか、雨天中止で上位チームが勝ちと見なされること以外何もメリットはない。

棋友の示唆により、これを将棋の棋戦の仕組みと比べると、A級への昇級を、B級1組の優勝者とB級2組の優勝者でハンディなしで戦わせるようなもので、順位戦の趣旨を否定しかねない。

あと、長いペナントレースのリーグ戦の後の決着を、短い直接対決で決める、というのも、まさに木に竹を接ぐものである。

すなわち、囲碁や将棋でも、クライマックスシリーズのような方式が採られている棋戦はあるが、それはベースが必ずトーナメント方式である。

そして、リーグ戦方式がベースの棋戦は、最終的な勝敗の数だけで優勝が決まり、CSのようなことをするのは、最終的な勝敗の数で同率の者が複数出てきたときだけである。しかも、パラマス方式で、あくまでもオリジナルの順位が重んじられる。尤も、囲碁や将棋のリーグでは、前期の順位も考慮されるのであるが。

ただ、CSがない時代は、リーグ優勝チームが決まると、残りの試合ががすべて消化試合になって、個人タイトルが絡まない限り、泡の出ないビールのようなものになってしまう、という問題は確かにあった。

だとしても、リーグの最終順位だけしか考慮に入れず、それでいて順位間のハンディをほとんど付けない、現行のCS方式はあきらかにおかしい。せめて、最終の勝率やゲーム差に応じて、アドバンテージを加減すべきであろう。

そうやって観ていたら、パリーグはソフトバンクが2勝1敗でCSのファーストステージを突破して、西武との対決となった。去年に比べて、内川とサファテを欠くのに、ソフトバンクはしぶとい。パリーグはいいとして、カープは妙に勢いづいてる巨人を止められるだろうか。

それにしても、ブログを書き始めた頃は、内容の良し悪しはともかくとして、なるべくオリジナルなことを書こうと努力したものだが、ここにきて、世間でCSに関して誰もが考え、議論され尽くしているようなことを屋上屋のように縷々と書くとは、私も焼きが回ったというべきである。

今年、カープは、リーグ優勝3連覇を果たした。セリーグで今までそれを達成したことがあるのは巨人しかいないのだから、これは相当画期的なことである。

なのに、カープ・ファンの気持ちは、いまいち盛り上がらない。それは、一昨年の日本シリーズ敗退に続いて、昨年、クライマックスでDeNAに敗れてしまったことがトラウマになっているからである。

カープにとって幸いだったのは、いまいち苦手感のあるDeNAが、最後に失速して巨人を抜き去ることができず、4位が確定してしまったことである。これでカープのクライマックスの相手は、どちらもお客様感の漂う巨人かヤクルトになっては、どうみても去年より楽な戦いである、と言いたいところだが、短期決戦では、何があるか分からず、全く予断を許さない。

例えば、巨人の岡本がクライマックスのキーパーソンになりそうな雰囲気があり、もし岡本が「神る」と、そしてカープが「闇る」と、カープは危ない。

さて、その短期決戦であるが、カープの緒方監督が短期決戦の采配があまり得意ではないと言われていて、今年のペナントレースの中盤あたりから、短期決戦を意識した采配を試みているようだが、まだちょっと、木に竹を接ぐ感が否めない。それは緒方監督が、長期決戦?を意識したチーム運営を就任以来、続けてきたからである。

すなわち、まるで高校野球のように基本に立ち返り、徹底的に基礎練習した。他チームからの大型補強に頼らず、手間がかかっても、じっくり育成した。それは今期、バティスタとフランスワの活躍となって結実した。

さらに、もともとチームワークのよいチームだったが、緒方監督は、チームワークを強化し、一体感を高めた。そのことはチームの、いわゆるコヒーレンスを高め、ここぞというときの、爆発力を可能にした。

また、緒方監督の方針は、チームの根本的な体質改善につながり、それで長期的な勝率を維持したことで、3連覇の偉業となった。

比較のため例示すると、一昨年、日本シリーズでカープを破った日本ハムは、次の年、リーグで5位に終わった。昨年、クライマックスでカープを破ったDeNAは、今年、クライマックスにさえ出れなかった。なのに、栗山監督やラミレス監督は冴えているが、緒方監督は何やっとるんだ、という意見に、君たちもっと、長いスパンで見ようよ、と私はいい続けてきたが、そうだね、という反応を得ることはできなかった。まあ、仕方がない。

ただもちろん、物事にはすべて両面があって、チームのコヒーレンスが高まったということは、逆にいうとチームの多様性が低減した、ということを意味し、見ていると、チームが低迷しているときに、それを打破するトリック・スターの出現をなかなか期待できない。今年の9月の長いスランプの時期もそうだが、一番もどかしかったのは、去年のクライマックスのDeNA戦で、ここで一本でれば、というシーンが何度もあった。まあ、あれは神っている鈴木誠也がいないのが、実に痛かったのだが。

で、私は緒方監督に、手習いの短期決戦スキルを駆使してクライマックスと日本シリーズを勝ち抜いてほしいと願う一方で、長期決戦の強みを決して忘れないでほしいと願う。

たまたま今年、日本一になって、来年Bクラスに落ちるよりも、私は、あと十年ずっとAクラスを維持できる方が偉大だし、困難だと思う。

まあ、このあたり、価値観というか、人生観の問題だろうか。

以前も似たような記事を書いたが、最近もこのテーマを折に触れて考え続けているので、クライマックスシリーズとそれに続く日本シリーズの日程を間近にして、前回との重複を畏れず、何か書いてみる。

さて、セリーグでもパリーグでもいいのだが、 一位のチームでも、勝率が六割なかったりすることがある。なお、今の西武は勝率が六割を超えていて、かなりぶっちぎりである。

一方、囲碁や将棋のプロでは、一番勝っている棋士だと、年間勝率が九割近くなることがあるのに、プロ野球ではそれがないのは、なぜだろうか。

その要因は、少なくとも二つが考えられる。その第一は、ドラフト制度の存在である。それは、相対的に成績の下位のチームが優先的に有力な候補と交渉できるようにする制度なので、チームの力を均衡させる効果がある。

別の理由は、チームは多数の選手からなり、チーム力が直ちに個人の技量の線形和になるわけではないにしても、チーム力は、各選手のバイオリズムの重ね合わせのようになり、それはフーリエ級数のような複雑な波形となる。

その波形は複雑でなかなか予測がつなかいので、波の低い方がくると、チーム力が下がって、どうしようもない時期に遭遇することは避けられない。

そんなときどうするか、というと、プロなんだから、どんな試合でも全力を尽くす、というのは多分適切ではない。

それでは、短期的には勝てても、長期的にはリソースが払底して、チーム力が崩壊してしまう。では、どうするか、というと、あからさまにいうと、リソースを節約して、捨て試合を作るよりない。

そうすると問題なのは、明らかに無気力試合の様相を呈して、折角お金を払って観にきてくれている観客に申し訳ないということになるからである。

そこでの方策は、まだ海のものとも山のものとも分からない若手を器用することである。そうすると、ルーキーが活躍すると、観客が喜ぶし、もしまだ力不足と判れば、二軍に落として鍛えることになる。ともかく、このような若手の器用は、長期的にみて、チーム強化には必要であり、こういうのは、リソース確保だけではない、戦略的捨て試合と呼んでいいかもしれない。

そういう戦略的捨て試合には別の問題があって、それは、若手の望外の活躍で、捨てるつもりが勝ちゲームになると、人情としては、予定外のリソースを投入して勝ちにいく、ということがありえる。しかし、それは当初のリソース計画を狂わせ、それが中期的にどのような影響を及ぼすか分からないということもある。

一方で、負けと勝ちに書いた私の観察によると、ともかく負けることは一種の充電で、税金のようなものだから、なるべく少ない税金で切り上げて次に勝利に回りたい、ということになる。

このように、勝つために、いかに負けるか、ということは、なかなか深い戦略を含んでいると思われる。

一応セリーグは、カープの優勝で一段落したので、気分を変えて、今年のオープン戦の結果を見てみると、1位が巨人で11勝5敗、2位がロッテで8勝4敗、3位が楽天で9勝5敗。

一方、下位をみると、10位がソフトバンクで5勝10敗、11位が広島で3勝9敗、最下位が阪神で2勝12敗。

で、今さら当たり前のことをいうと、オープン戦の成績と、それに続くペナントレースの成績はほとんど相関がない、ということになる。

それはオープン戦を、調整モードと割り切るか、ペナントレースに勢いを持ち込むための前哨戦とみなすかの見解の相違である、ということになる。

カープはまさに、それを調整モードと割り切って活用したようで、実際、ペナントレースが始まると、いきなり快進撃した。

そういう事実に鑑みて私は、今年の9月のカープの絶不調の時期を、オープン戦モードと見なそうとした。ツキを溜めるためである。

それは去年のカープペナントレースの戦いぶりを思い出してである。すなわち、去年のカープは、8月に不調に喘いでいた。確か、月間の勝率は5割を割っていた。その象徴が、8月下旬のハマスタでのベイスターズ対カープの三連戦、ベイスターズの三連続サヨナラ負けである。これは今でもカープにはトラウマになっていると思う。

そしてカープは去年、9月に入った段階で一応1位だったが、2位とのゲーム差が4ゲームほどしかなく、2位の阪神が好調だったので、モタモタしていたらあっという間に阪神に抜かれると思った。

そしてキーは、9月に入ってのマツダスタジアムでの、広島対阪神戦。カープは主軸の鈴木誠也を怪我で欠くにも拘わらず、サヨナラホームランが飛び出すなどの神りモードで阪神を三たてし、一気に勢いがついた。

その三連勝を含めて九連勝、まだマジックナンバーは残っていたが、この時点で事実上優勝を決め、その後もカープは危なげなく、ペナントレースを寄せ切った。ただ、今にして思えば、危なげなさすぎたかもしれない。そして、好調の後に必然的にやってくる調子の翳り、主軸の鈴木誠也を欠くこと、DeNAに対するトラウマなどの要因が重なって、クライマックスでの敗退になってしまった。

そういう去年の反省があると、今年のカープは8月にピークがあり、9月に入って翳ったという傾向を幸いと思うべきなのかもしれない。何しろ2位のヤクルトが、少なくとも9月の前半は、カープの負けにかなり同期してくれたからである。もしヤクルトに、今の西武の勢いがあったら、カープは抜き去られていたかもしれない。

だとしても、9月に入ってのカープの負け方を見ていると、ファンとしては、どうしてもチーム力の衰えを見て取ってしまう。すなわち、自慢のはずの先発や中継ぎ陣が打たれすぎ、売りの打撃の低迷が長すぎ、得意の守備もエラーが頻出。かろうじて、フランスワがダムの決壊を防いだ。

で、私は、ともかく三連覇はしたものの、来年の活用はおろか、クライマックスの突破もかなりなチャレンジなのではと憂慮するのだが、マスコミは、カープが優勝したら、調子に乗って、手放しにカープの強さを称賛する。止めてよ、と私は思った、そんなんじゃないんだ、と。

ただ、うれしいのは、今年はカープは、優勝が決まると、明白にオープン戦モードに入ったことである。去年と違って、カープには、アドゥワ、高槁樹、曽根など、次世代を担えるかもしれない新人が出てきている。それと、今年は主軸を欠いていないこと、あと一番重要なのは、9月に負けが混んで、この時点で、去年よりも一昨年よりもツキを溜めていること。去年のカープは、カープ何を思ったか、優勝が決まったのに、あまり明確にオープン戦モードを意識せず、巨人やDeNAを負かしにいき、結局、クライマックスの頃にドツボを迎えてしまった。

今期のことにもどって、欲をいうと、巨人に頑張ってもらって、クライマックスは巨人と、ヤクルトと、カープで戦うようにすること、もし日本シリーズに出れたら、相手は西武で、今のうちに鬼のように勝った反動で絶不調になっていること、など、一なんちゃってカープ・ファンの妄想は続くのであった。

ブログ記事の連勝と連敗を書いたときは、カープにとって例外的ともいえる6連敗をしてしまったが、依然としてあまり好調ではないものの、なんとか五割の勝率を維持して、やや鈍足ながら9月20日あたりには優勝を決めているだろうと予測した。それはどうみても穏当な予想であろう。なにしろ、リーグ優勝三連覇を達成しようというチームなのである。

ところがカープは、その期待をも裏切って、なんと一勝二敗のペースで進んだ。厳密に計算した訳ではないが、カープの九月の勝率は三割程度であろう。ペナントレースを通じてこの勝率なら、確実に最下位であり、よって時限的にカープがセリーグ最弱といっても過言ではない。こんな状態でセ・パ両リーグのどのチームと戦っても勝ち越せる気がしない。

それでも、6連敗の頃のように、二位のヤクルトが同期して負けてくれるならいいが、なかなかそうは問屋が卸してくれず、カープはやっとたどり着いたマジック1での足踏みを強いられていた。

それにしても、と思ったのは、9月25日のヤクルト・中日戦である。このカード二連敗で臨んだ第三戦、中日は4対2でリードして、9回まできた。もともと、中日は特にヤクルトが苦手ということはなく、対戦成績はほぼ五分である。しかも中日は、抑えの切り札、佐藤優を投入した。しかもヤクルトは下位打線。これは流石に中日の勝ちだろうと信じた。中日が勝つということは、カープの優勝を意味する。

もちろんカープは自力で勝って優勝を決めるのが理想であるが、今のカープはそんな贅沢を言っている場合ではない。なにしろそのとき、カープはDeNAに2点差をつけられて負けていたので、佐藤優にすがるしかなかった。

ところが、ガチのストッパーと思った佐藤優が、なんとフォアボールとヒットを集められてあっさり同点にされ、完全に流れがヤクルトに移り、中日は負けてしまった。またしてもカープの優勝はお預けである。

私は、なんかどうでもよくなって、カープファンを止めたくなった。そもそも私は、今風にいうと、なんちゃってカープファンで、いつもはハイバネートしていて、優勝しそうになったときだけ、にわかカープファンになるという、熱心なカープファンからみたら、風上に置けないような奴である。

そう思って、カープなんか何さ、とあっさり思念からパージしたと思ったら、なんと夜寝ている間、ストレスのため、ふくらはぎが、こむら返りになった。極度に疲れていたり、強いストレスに晒されたときのみ、そうなるので、これはかなりかな、と自己観察した。

そういえば、木石のような私だが、人生で何度か恋愛したことがあった。とはいえ、ほぼ100%が一方的な片思いで、成就しなかったが、それでも片思いは苦しくて、なんとか平穏な気持ちに戻りたい、と強く願った。あまり、恋愛が成就してほしいと願わないのは、ペシミズムか。

その例でいくと、今の感情は、鯉に恋わずらい、とでも呼ぶべきものなのだろう。

そういえば、と思い出したのが、トロツキーの箴言である。すなわちそれは、君たちが戦争に興味がなくても、戦争の方で君たちに興味がある、というもので、それによると、私がいくら恋わずらいを放逐しようとしても、恋わずらいの方で私に興味があるらしい。

ああ、なんでもええけん、早うリーグ優勝を決めてくれ、そのあと、クライマックスで負けようと、日本シリーズで負けようと、わしの知ったことじゃないけん。

と、開き直ったら、なんとカープは、ヤクルトを10-0のぶっちぎりで破って、リーグ優勝を決めた。うれしいというより、安堵した、というのが正直なところである。

日記風

user-pic
0

十年以上も前にブログを書き始めたとき、どこそこでラーメンを食べました、おいしかった、みたいな日記風の記述ではなく、それに毛が何本か生えたような、多少捻りの入ったことを書こうと努力してきて、あくまでも自己評価であるが、満足いく内容になったこともあるし、そうでなかったことも多い。

最近は年のせいかだんだん疲れてきて、また、ほとんどのブログをスマホで書くようになって、そういう衒いも次第になくなってきた。で、今日も日記風に気楽に書いてみる。

それでここ数日感じるのは、急に涼しくなったことである。今まで通勤は半袖カッターだったが、最高気温が24℃とかで、これは流石に長袖カッターかな、と家内に出してもらって着て行ったら、そんな気温ではないはずなのに微妙に暑苦しい。そう思って電車の中を見回すと、長袖カッターだけでなく、上着さえ着ている人もいるが、半袖カッターの人も決して少なくないので、今日、すなわち9月21日は、半袖カッターを着ることにした。体感では、表示されている気温よりも暖かいので、太陽に照らされた大地の潜熱のせいかな、と思ったのだが、雨がちの天気で湿度が高いせいでしょうと指摘する人もいて、そちらが正解かもしれない。

ともかく、私は周囲の様子を意外に気にする方で、半袖カッターが圧倒的マイナーだったら嫌だな、と心配していたらそうでなくてよかった。

雨がちといえば、9月20日のマツダスタジアムでの広島対阪神の試合は一体なんなんだろう。すなわち、試合開始時点の午後6時で雨が強いので、とりあえず試合開始を一時間遅らせた。普通なら中止にするところだろう。それを開始遅延にしたのは、過密日程でなんとか試合を消化したいというプレッシャーが強いのだろう。

あと、最近は、雨雲の移動時間を予測する技術が進歩して、今は雨が激しいが、例えば一時間後には小降りになっているだろう、みたいな予想がある程度の確度でできるが、それでも、数十分程度の誤差があったりする。

それで、9月20日は、せっかく一時間以上も遅れて試合開始したのに、また雨が強くなってきて、合計で二時間以上も遅延し、試合が終わったのは、日付が変わった時間だった。これでは、球場のお客さんもたまらないのではないか。

それでもカープが勝つならいいが、予定変更に適応するのが苦手なカープが案の定、負けてしまった。尤も、余程想定外の連敗をしない限り優勝は手堅いカープに比べ、なんとかクライマックスに駆け込みたい阪神は、モチベーションの強さが違う。

ただ、カープもあまり安閑としていられないのは、一昨年のパリーグの例があるからである。すなわち、ソフトバンクが楽勝で優勝だと思っていたら、二位の日本ハムが記録的な連勝をして一気に抜き去り、クライマックスも制し、剰え、日本シリーズでカープを破った。

なのでカープもそろそろ、一気に優勝を決めに行くべきなのだが、九月に入って六連敗するなど、神るどころか、闇ったりしているので、カープ、しゃんとせんかい、と広島弁で応援するのだった。

まあでも、とりあえず9月21日は、カープが前日の雪辱で、阪神に逆転勝ちして、マジック3、ここまでくると流石に優勝がみえてきた。それにしても、神宮のヤクルト対巨人は大した雨ではないのにあっさり中止になった。マツダスタジアムではどんなに降っても根性で試合を成立させているのに、東京のチームは根性がないのう、と感じた次第。

リクエスト

user-pic
0

リクエストとは、文字どおりは要求する、という意味だが、この場合、プロ野球における審判の判定に対する不服制度のことを意図している。

確かに今までプロ野球を含めて、野球を見ていて、あのジャッジはないだろうと思ったことは何度もある。明らかにセーフなのに、アウトの判定だったり、その逆だったりする。しかし、基本的に審判の判定に対して異議を申し立てるオフィシャルな手続きはなく、でも裁判であれ、特許の審査であれ、異議を申し立てる機会は相当に限られているので、野球でもまあ仕方ないと思ってきた。

なのでプロ野球でリクエスト制度が出来たのはなかなか画期的と思った。

それで見ていたら、なんとリクエストで判定が覆る確率の大きいこと。では、今までの判定はなんだったか、と怪訝になってきた。そもそも野球というのは世界で一番ルールが複雑なスポーツで、その審判の専門性も、野球競技と同じくらい信じてきた。それは違うのだろうか。それとも、一流ブレーヤでもエラーがあるので、審判も仕方がないのだろうか。

それで、リクエスト制度によりプロ野球の試合の妥当性が高まったように思えるのはいいのだが、一方で、リクエストがかかると、いわゆるストップ・ザ・モーションになり、そこで試合への興味が停止してしまうのは残念である。興味というのは気まぐれで、一度止めて再開したら、元の色合いが変わっていたりする。

さらに、誰が見ても妥当なジャッジなのに、監督が戦略的に?リクエストをかけることがある。それは別にルール違反ではなく、アンフェアでもないと思うのだが、なんか味の悪さを感じて試合を見続ける気持ちが萎えてしまったりする。

ということで、リクエスト制度は、各論ではともかく、総論ではしっくりこないのだった。

連勝と連敗

user-pic
0

いやあ、広島カープの連敗が6で止まって、ほっとした。あのまま連敗を続けて、リーグ優勝を逃したらどうするんじゃ、とマジで心配した。そうなっても、最悪クライマックスには出れるので、そこで去年のクライマックスのリベンジじゃ、かなとも思ったが、それでええんじゃ、なんてカープ・ファンは誰一人思わないだろう。

まあこれからも激闘が続くので、予断をゆるさないが、ともかく、この機会に、連勝と連敗について若干の考察を試みてみる。

すると、前にも書いたが、やはり勝つことは、何か負の財産を溜め込むことであり、負けることは、何かしら、そうやって溜まった毒を放出することだと思えてくる。

別の言い方をすると、尾籠な喩えで恐縮であるが、勝ち続けることは便秘になることであり、負け続けることは下痢になることである。

短期的には便秘より下痢の方が怖い。しょっちゅうトイレに行かなくてはならないし、下痢がひどすぎると、トイレが間に合わなくて粗相したりする。また、赤痢などによるひどい下痢は急速に水分やその他の栄養分を奪って、最悪の場合、死に至ることがある。

一方、便秘はそのようなacuteな災厄はないが、じわじわと体内に老廃物を溜め込み、長期的には下痢より怖いことがある。少なくとも、下痢にはデトックスの効果がある。

カープの例に戻ると、六連敗の前に、七連勝があった。具体的には巨人とヤクルトにそれぞれ三連勝で、阪神に一勝である。

それを見ていて、勝つことはまあ嬉しいのだが、何か都合がよすぎのような気がした。例えば、平凡な内野ゴロで、ああっ、ゲッツーだとがっかりしなら、内野手のエラーでオールセーフとかである。そしてそのあと、必ずタイムリーが出る、都合よく。

それ見ていて、あるベテラン・カープファンは、普通なら三連勝でなく二勝一敗が妥当な内容だよね、とブログで指摘し、私も同意したのだが、まあ勝って文句があろうはずもない。ところが、その間にカープは、じりっじりっと、勝つことによる毒を溜め込んでいたのである。それは、もっと慣用的な言い方ではツキを消費するともいう。

そうやって毒が溜まった状態は、ちょっとしたきっかけでバランスを崩す。それはもしかしたら、新井の今季限り引退宣言だったのかもしれない。

ともかく、溜まった毒の効果が顕れると、連勝時と逆のことが起きる。すなわち、打線が急に振るわなくなる。エースピッチャーを投入しても、簡単に打たれて失点する。急所でエラーし、それがやはり失点につながる。打線が湿り、時々ヒット性の当たりがあってもなぜか、たまたま野手がいいところを守っていて、捕球されてしまう。こうして、今まで比較的楽に打ち崩せていたピッチャーに完投勝利を献上してしまう。

ただ、カープは、連敗の最初の頃は綾なしの負けだった。それは、緒方監督が、わざと二線級のピッチャーを注ぎ込んだからである。表面上それは、負け試合にリソースを使いたくないという配慮だったのかもしれないが、私には、綾なく大敗する方がデトックス効果が大きいという、監督の経験知がそうさせたような気がした。それで、三連敗くらいで止まると思ったのだが、六連敗まで行ったのは、溜まった毒の量が意外に多かったのか。

そういえば、今年の交流戦で、カープは散々な成績だった。なんと勝率が四割程度で、その終盤には二年ぶりで五連敗した。それでも、それが致命的にならなかったのは、ヤクルトを除き、他のセリーグのチームの成績がカープと同等程度に低調だったからである。この点、カープはラッキーだったが、パリーグとセリーグの力の差を嫌でも見せつけられた。

ともかく、この交流戦の負けでデトックスしたか、カープは交流戦後は比較的好調で、最近になって揺り戻しで六連敗に遭遇したという次第である。

カープがまたしてもラッキーだったのは、六連敗中、二位のヤクルトも結構同期して負けてくれて、意外に差が縮まらなかった。また、この段階デトックスできたことはクライマックスであまり老廃物を溜め込んでいないということで、クライマックス直前まで好調を維持した去年より有利な気がするが、もしクライマックスを無事突破しても、相手は西武かソフトバンクか知らないが、交流戦で思い知らされたあのパワーにぶつからなくてはならない。

ということで、いつまで行っても楽にならないのであった。まあでも、9月13日のDeNAも野村で勝ちきって、カープの復調を確認した次第である。

月別 アーカイブ

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちスポーツカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはスピリチュアルです。

次のカテゴリは事件です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。