スポーツの最近のブログ記事

私は、必ずしも郷土愛が強い方ではないのだが、いくらなんでも今回の広島の豪雨での被害はひどいと思った。みていると、広島県の死者の数が全国で最大なのである。四年前だかの被害よりもさらに大きい。広島市だけでなく、三原市でも福山市でも死者が出た。尾道市では、山波小学校の裏が崩れ、また豪雨により断水になっている。あと、地図でいくと広島県の下にある愛媛県での被害も相当大きかったことに鑑みると、あのとき、あの経度の範囲の豪雨が相当ひどかったということになる。

さて今日から広島対阪神の三連戦だと私は知っていたが、これは甲子園だよね、と私は勝手に思っていた。そして、広島は被害に遭った地元への弔いで頑張るんだよねと思っていたが、そういえば前回の広島対阪神は甲子園だった。すると?この三連戦はズムスタ?やるの?と私の頭の中でクエスチョンマークが渦巻いた。

それへの回答が、以下のサンケイスポーツのニュースである。

(セ・リーグ、巨人6-4広島、13回戦、広島9勝4敗、8日、東京D)広島は8日、西日本豪雨で多大な被害が出ていることを考慮し、9日から広島市のマツダスタジアムで予定されていた阪神との3連戦を中止にすると発表した。鈴木清明球団本部長は「被災した心情や、救助が進む中で試合ができる状況ではない」と説明した。これによって、広島と阪神は球宴前の前半戦が終了。セ・リーグでは今後の日程調整を急ぐ構えをみせた。
9日からの阪神3連戦が中止-。球宴前最後の試合となった巨人戦に4-6で敗れた後、東京ドームで口を開いた広島・緒方監督が、被災地を心配した。
「まだ行方不明の方もいらっしゃる。そういった中で試合をするのは厳しい環境だと球団が判断し、当然の措置」と球団の姿勢を支持した。選手会長の会沢も「何らかの形で支援や協力をしていきたい」と神妙な表情で話した。

私はこのニュースをみて大いに納得した。そう、災害への配慮は最大の優先順位なのである。

そういえば、先日NHKの将棋番組をみていて、山崎八段の発言があった。すなわち、山崎八段がまだ奨励会のとき、阪神・淡路の大震災があり、神戸でも多数の死者が出た。そのとき当時山崎少年は、その状況で、奨励会はあるんですかね、みたいに師匠の森七段の前で発言した。それを聞いて、普段は温厚な森先生が激怒した。こんなときお前は何をいうかと怒って、お前なんか破門だ、他の師匠を探せといった。それで山崎少年は号泣して許しを乞うたという。

そういえば、豪雨の直後の巨人戦で、広島の鈴木誠也は、こんなとき野球をしていていいのか、とついこぼした。それは決してプロ野球選手にあるまじき発言ではない。正しい感覚だろう。ただ、他のチームは広島県民には哀悼の意を表しても、広島カープには同情しないしすべきではない。プロというものはそういうものである。それでカープが負けるとしたらそれもまた運命である。

交流戦の続きであるが、広島カープはあのあとさらに楽天に勝ち、楽天に三連勝として、交流戦の貯金が1になったはいいが、京セラドームでのオリックス戦で、まさかの三連敗して再び借金2となった。

まさかの三連敗というのは、今まで交流戦で広島カープにとってオリックスはお客さんであって、ここ数年負けていなかったからである。

すなわち、広島カープは、リーグを二連覇した過去2年とは明らかに状態が違う。具体的にいうと、先発投手のリソースが絶対的に不足しているからである。具体的には、去年の先発の柱であった野村がまだ二軍だし、薮田は絶不調、岡田もいまいち、開幕からしばらく頑張っていた中村祐太も、最近では出るたびに打たれまくっている。

こうして、それなりに信頼のおける先発投手は、大瀬良と、ジョンソンだけだが、ジョンソンも奥さんの出産で数週間里帰りして、しばらく試合に出れなかった。

リソースの絶対的な不足も、一時的な好調やラッキーが重なると問題ないかのように思えることがある。丁度、第二次大戦の序盤の日本がそうであった。しかし、ある有限の時間以内に、リソース不足は重くのしかかり、そこから逃れるすべはない。

そこで、最近緒方監督が採っている方策は、負けのローカライズである。すなわち、二線級を先発させ、それで打ち込まれても、味方の援護でいい勝負になると、精鋭の中継ぎ・救援陣を投入するが、うまく味方の援護が得られなくて敗勢になると、そのあとの投手も二線級で済ませる。要するに勝てない試合でのリソースを節約するということで、それは無意味ではないが、問題はあって、何か捨て試合の様相を呈すると、味方の打撃陣がやる気をなくし次の試合の打撃も低調になるとともに、一方相手チームが、広島カープ与しやすしと、なめてかかるようになるからである。

広島カープは、最後のカードのソフトバンクに保留してきたリソースを投入するつもりらしいが、なんといってもソフトバンクは去年の日本シリーズ制覇チームであって、当然に手強い。いまのリソース不足のカープは気合を入れるよりない。ただ、最早絶対の守護神サファテを欠き、内川も怪我で離れている状態のソフトバンクは、去年ほどの凄みはないが。

さて、交流戦全体であるが、なんとセリーグの下位で低迷していたヤクルトが、ここまで11勝3敗でぶっちぎりの一位である。そこからなんと、二位から六位までをパリーグのチームが占め、ここまでが交流戦の勝率5割以上である。そこから勝率5割未満のチームとして、巨人、DeNA、広島、中日、阪神と続き、最後にひとり、パリーグの楽天が4勝10敗で最下位である。

それにしても、結構強いはずの阪神が4勝9敗と低迷している。意外である。まあ、カープの6勝8敗も相当意外で、こうなると予想した人はいなかったのではないか。

ともかく、どのチームも、交流戦が終わった後の、ある意味勝手知ったるリーグ内の相手に戻る気持ちの切り替えをそろそろ考えなくてはならない。

私は、先発不足に悩む広島カープにとって今年は、かなり試練の年となるとみている。なんとか野村や薮田が戻ってきて、リソース不足を解消することを期待するものである。いっそ、巨人の鍬原のように、アドゥワが先発の一翼を担ってくれないかとも期待するのだが、時間がかかるか。

大谷、故障

user-pic
0

最近すっかりプロ野球ファンになった私は、数か月前に、野球評論家の広岡氏の「日本野球よ、それは間違えている!」幻冬舎を読み、今までクールすぎる広岡はあまりファンではなかったが、そこに書いてある趣旨はいちいち納得した。

それは複数の章を含み、そのうちで一番納得したのは大谷翔平に関する記事である。その趣旨は要するに、大谷の二刀流は才能の無駄遣い、というものである。

ところが、大リーグ・エンゼルスでは大谷は、いきなり投打に亘って望外の活躍をし、アメリカでも注目を浴びた。日本人として当然に私はうれしいと思った。ただ、一点の疑念があったのは、上記広岡氏のステートメントがあったからである。

頑固な広岡氏は、いくら大谷が大リーグで活躍しても、「大谷の二刀流は才能の無駄遣い」という趣旨のことをウェブで発信し続け、それは単に黙殺され、あるいは広岡は大谷の才能を見誤っているみたいにコメントされた。

しかし、「広岡は大谷の才能を見誤っている」というのは全く正しくない。上記著書で広岡氏は、大谷を100年に一人の天才投手だと評価している。将棋界における藤井七段並みである。

そして広岡氏は、だからこそ、二刀流を封印して、投手に専念すべきと断言する。二刀流がなぜいけないのかというと、投手だけでもかなり激務なのに、その合間に指名打者で出場すると、体を休める暇がないし、打者として慣れない走塁で、怪我をする可能性が高まる。

そして現実問題、日本にいるときから大谷は実に故障が多く、戦線離脱の期間が長い。大リーグでもついに、故障した。以下、朝日新聞ディジタルから引用する。

大リーグ・エンゼルスの大谷翔平が右ひじの内側側副靱帯(ないそくそくふくじんたい)損傷で10日間の故障者リスト(DL)に入った。今後3週間は打者出場もせず、治療に専念する。指名打者でファン投票に候補入りしている7月17日のオールスター戦(ワシントン)出場も微妙になった。また、ヤンキースの田中将大も8日(日本時間9日)のメッツ戦で5回1安打1失点ながら、両太もも裏の張りを訴え、75球で緊急降板した。
大谷は7日、自身から採取した血小板を使って組織の修復や再生を図るPRP注射などの治療を受けた。3週間後に再検査をする。大谷は昨年10月にも、右ひじ内側側副靱帯に軽度の損傷が見つかったため、PRP注射を受けている。12月になり球団幹部は「予防的な措置」と話していたが、今回も同じ箇所を痛めていることから、復帰までに時間を要する可能性もある。

野球に怪我や故障はつきものとはいえ、シーズンが始まって二ケ月程度での故障というのは早すぎないか。

何度もいうが、広岡氏の指摘は卓見というよりもあまりにも当然である。プロの世界は二兎を追う者が成功できるほど甘くない。例えば、指将棋だけでなく、詰将棋回答や詰将棋創作でも卓越した才能をもつ藤井七段に対して、やはり詰将棋創作に才能をもち十七世名人の資格をもつ谷川九段は、詰将棋創作方面の努力をある程度封印するようにアドバイスした。藤井七段もその方針に従っているように思われる。

なので私は、大谷が、どこかで投手または打者のどちらか(おそらく前者)を択ぶことを決断することを期待するものである。

交流戦

user-pic
0

私は今まで、プロ野球の交流戦、すなわち公式戦としてセパのチームがリーグの違うチームと総当たりする試合をまともに見たことがなかった。

というのは、私のプロ野球への関心は、1990年前半に広島カープが落ち目になってからハイバネートしていき、それが再起動したのがようやく、2016年に広島カープが久々にリーグ優勝を決めてからである。

それ以降も、あまり日常的にテレビでプロ野球を観戦することはなく、後半になって広島カープの優勝マジックが点ってからときどき観戦していた程度で、交流戦の時期はあまりプロ野球に熱心ではなかった。

で、広島カープの2年連続のリーグ優勝に鼓舞されて日常的にテレビでプロ野球を観戦するようになったのが今年からなので、交流戦を観たときはなんか不思議な新鮮味があった。

交流戦を観始めて感じたのは、ああやはりパリーグはセリーグよりも強いのだということである。なにしろここ数年、日本シリーズはずっとパリーグのチームが制しているし、オールスターでも判で押したように毎年パリーグが勝ち越している。それにしてもである、今年の交流戦の前半は、ほとんどの組み合わせでパリーグが勝っており、いくらなんでも勝過ぎではと思った。というのは、6月8日の時点で、パリーグ31勝、セリーグ23勝でパリーグの勝率が5割7分4厘、圧倒的なのである。ちなみにここまでで交流戦の通算では、パリーグ1012勝、セリーグ895勝、すなわち5割3分1厘で、やはり今年のパリーグは勝過ぎである。まあ、セリーグが負けすぎなのであるが。

ちなみにわが広島カープは、5月の後半から負けが目立ってきたが、交流戦になっても惨敗が結構多い。その理由は、野村、ジョンソン、薮田という去年活躍した先発陣を欠くことである。野村は故障、ジョンソンは奥さんの出産で里帰り、薮田は絶不調。そして先発の一翼を担うべき中村祐太が出るたびに打たれまくった。

それで交流戦もうええねん、観るものかと一時は思ったのだが、6月9日はなにか潮目が変わったような気がした。すなわち、カープが楽天に勝ち、ヤクルトがオリックスに勝ち、中日がソフトバンクに勝ち、DeNAが日本ハムに勝ち、阪神がロッテに勝ち、巨人が西武に勝ち、セリーグの6戦全勝だったからである。これでパリーグ31勝、セリーグ29勝で、セリーグ猛追、広島カープは楽天に2連勝して、なんとか交流戦の勝率を5割にした。

交流戦で意外だったのは、セリーグで最下位争いしていたヤクルトが勝ちまくって、暫定一位になったことである。まあヤクルトは2017年は最下位だったが、2015年にはリーグ優勝しており、もともと実力のあるチームなのだろう。

それにしても、ドラフトがあるのだから建前では五分の戦力のはずがなぜパリーグの方がセリーグより強いのだろうか。これは、昔からいわれていることだが、やはり韓国や中国の囲碁が、日本よりも強いことに似ているのだろう。すなわちもともとのリソースや才能は五分だとしても、ハングリー度が違う。プロ野球でも、巨人を中心として、なにかと注目されるセリーグに対して、パリーグはよほど活躍してしもあまり騒がれない。そんな悔しさをバネにパリーグは努力しているのだろう。

ともかく、今から広島カープが交流戦で優勝するというのは極めて難しいだろうし、過去の交流戦でもそんなことはなかったはずなのだが、ジョンソンが戻ってきたことだし、少しでも勝ちを積み上げてほしいと思うものである。

5月26日(土)に、ズムスタでのカープ対中日を観戦していたら、カープも頑張っているのだが、どうも一歩足らないというか、最終回カープは猛追したのだが、囲碁でいえば半目負けだった。

それでもカープの今期の成績は、地元のズムスタではなんと16勝4敗の勝率8割、一方アウェイでは11勝12敗のほぼ5割の勝率なので、まさに地元での圧倒的な強さが現在首位の原動力、ということになる。

そういうのを見ていて、広島出身の歌手、二葉あき子の大ヒット曲、フランチェスカの鐘の題名をもじって、フランチャイズの鐘と言いたくなった。

しかし、Wikiによれば、フランチェスカの鐘は、広島市への原子爆弾投下の犠牲者への鎮魂歌として、二葉あき子自身、最も大切にしていた歌といわれる。なので、フランチェスカの鐘を下手にもじることは厳に慎まなくてはならないが、広島県民から深く愛されている広島カープを応援するために、フランチェスカの鐘をフランチャイズの鐘と言い換えることを許して頂きたいとおもう。

そういえば、フランチェスカの鐘が広島市への原子爆弾投下の犠牲者への鎮魂歌であるせいかもしれないが、広島カープは、弔い感応性がとても高いと思う。すなわち、名古屋ドームで中日に三連敗を食らって、これは厳しいと思っていたところ、偉大なる先輩で鉄人と言われた衣笠氏の訃報を聞いた。そしてそこから、横浜スタジアムに移動して、苦手意識があるDeNAをカープは三タテした。弔いトワイライトである。

衣笠効果が薄れかかっていたとき、広島出身の偉大なるスター、西城秀樹が亡くなった。そしてそこからまた、広島カープが快進撃した。こういうスピリチュアルなところがあるので、鈴木誠也が「神っている」というのだろう。

ただ、神ってフランチャイズに頼ること自体は悪くないのだが、そこで何かの調子に歯車が狂うと、他に頼るものが少なくて、危機を脱出しにくくなる。それが、去年のCSでの負けにつながった。そういえば、そのときの相手DeNAは、アウェイでの勝率がフランチャイズでのそれを上回るという奇特なチームである。ともかく、強さは弱さである、というのも勝負の一面の真理で、そこをどう克服するかが広島カープの課題の一つなのだった。

フランチャイズの鐘の音が
チンカラカンと鳴り響きゃ
胸は高まる熱気みなぎる
いけいけどんどん今日も勝利だ

9連戦

user-pic
0

いまどきのプロ野球は、9連戦があるんだ、と思った。具体的には、4月28日(土)から5月6日(日)までの9連戦。確かにその間は大型連休の最中なので、興行的には沢山の人が球場に野球を観に来るだろう。しかし、9連戦といっても、相手は三チームが入れ替わるので、どうしても移動が生じる。セリーグはパリーグよりましかもしれないが、最長で広島と東京の間を移動して、それでいて中一日の休みさえない。ちょっと負荷が大きすぎないか。

だいいち、普通先発投手陣が九人も揃っているわけではないので、普段より短いインターバルで先発のローテーションを回さなくてはならない。中継ぎやストッパーも、ピンチになっても出すのを控えなくてはならないことがある。よく分かってないファンは、なんであそこで抑えの切り札を出さないのだ、ピンチヒッターを出さないのだ、と文句をいうかもしれないが、監督は9連戦を大域的にみて戦略的に思考しなくてはならない。すると、もうちょっと頑張れば勝てるという試合も捨てたりする。後々勝つためである。

カープはというと、4月28日からの地元のズムスタの阪神との三連戦、なんとか2勝1敗で、まあそんなもんだった。そのあとズムスタに巨人を迎えて三連戦のところ一日雨で二連戦、ここで巨人に二連勝したのは大きかった。

ところが、そこから神宮に行って休みなしでヤクルト戦。ジョンソンの調子が悪くてエラーやデッドボールで3点取られ、打撃は振るわず、ブキャナンに完封を許した。しかも大量加点され、大敗だった。これが連戦の疲れと、遠距離移動の疲れでなくて、なんだろう。

次の日カープは打ちまくって大勝し、前日のうっぷんを晴らしたが、9連戦の最終日、カープは鈴木誠也も松山も出さないという将棋でいえば銀落ちくらいのスタメンで臨んだが、バチスタのホームラン以外点が入らず、押されっぱなし、それでも一点リードで9回の裏を迎えた。ところが守護神中崎が、ほとんど実績のない代打の人に突然ホームランを打たれ、同点。その後カープは加点したが、その裏にヤクルトの好調坂口のヒットでサヨナラ負け。カープファンとしては超がっかりだが、9連戦終わってみて、カープは5勝3敗1雨天中止で、比較的傷は浅いぞ、だった。もしかして9連戦、セリーグで一番ましな成績だったかも。

まあ9連戦はどのチームも辛い、厳しいのである。ともかく、カープを差し置いて突っ走るチームがなくてよかった。

5月5日夜は、世界卓球の女子団体、中国対日本をテレビで観ていた。その結果につき、以下、日刊スポーツの記事から引用させて戴く。

47年ぶりの金メダルを目指していた卓球女子の日本代表は中国に1勝3敗で敗れ、3大会連続の銀メダルとなった。第1セットこそ平野美宇が3-2で先勝したものの、平野美宇、石川、平野がストレートで敗れた。1位は中国、2位日本、3位は韓国・北朝鮮と香港の2カ国となった。

観ていると、第1試合で伊藤美誠が、追い込まれながらも劉詩ブンを3-2でぎりぎりで破ったときは、もしかしていけるかも、と思ったのだが。

伊藤美誠のコメント
(中国の)劉詩ブン選手とは2戦目の試合だったんですけど、すごくいい形でいい出だしでスタートして、そして勝ったことが自信になりました。少しラッキーがあったんですけど、苦しい練習をやってきて良かったなと思います。

しかし、日本チームの攻勢はそこまでだった。第2試合では平野美宇が丁寧に0-3でストレート負けした。

平野美宇のコメント
(中国の)丁寧選手とは何度か対戦しているんですけど、1番で(伊藤)美誠ちゃんがいい流れで回してきてくれたのに3-0で負けてしまって残念でした。プレー自体は悪くなかった。いいプレーをすればするほど、相手もきっとやりやすくて、どんどん返ってきた。結局は自分のミスだったので、申し訳ないですし、悔しいと思います。

第3試合では石川佳純が朱雨玲に0-3で敗れて、第4試合では平野美宇が劉詩ブンに0-3に負け、47年ぶりの金メダルの悲願は潰えた。

主将の石川佳純のコメントは、以下のとおりだった。

内容的には最悪で、せっかく(伊藤)美誠ちゃんが勝ってくれたのに、点数を取れなくて、チームに貢献できなくて、本当に申し訳ない。すごく悔しいです。必ずリベンジしたい。すごく悔しい気持ちもあるので、次に向けてしっかり頑張りたいと思います。(今大会は主将として)初めてだったんですけど、みんなと楽しく戦わせてもらいました。すごく自分自身も成長できたし...(涙ぐむ)試合には出てなかったんですけど、あとの2人もすごく頑張ってもらって、チーム一丸で、今日も美誠ちゃんも勝ってすごくいいプレーをしてくれましたし、『次は日本が勝つんだ』という気持ちでまた頑張りたいと思います。

観ていて、へぇと思ったことがある。それは、日本選手三人の世界ランキングの合計は、対戦した中国選手の世界ランキングの合計よりも優っている。すなわち、伊藤美誠(7位)、平野美宇(6位)、石川佳純(3位)に対して、劉詩ブン(10位)、丁寧(11位)、朱雨玲(2位)。なので、日本チームが勝っても決してまぐれではないのだが、中国チームは昨年のアジア選手権女子シングルスで平野美宇に歴史的な大敗を喫してから、平野美宇はじめ他の日本のトップ選手を徹底的に研究した。中国チームは、その研究を長年蓄積した実戦の経験知とノウハウに組み込んで、今回も日本チームを結果的に圧倒したのだった。それでも、伊藤が一矢報いたのは実に大きな一歩であった。

ところで、先日情熱大陸というテレビ番組を観ていて、感じることがあった。それには、囲碁で日本でナンバー2と目されている一力遼八段が登場した。一力遼八段は子供のころから天才の名を恣にし、2014年グロービス杯世界囲碁U-20優勝、第26期竜星戦優勝、その他何度も井山七冠とタイトルの挑戦手合いを戦っている。

井山七冠との対戦はいつもぎりぎりで、途中かなり優勢になる碁もあるのだが、なぜか最近勝てていない。直近で一力の10連敗である。

このあたり、日本の女子卓球も、中国に対して同様の苦悩を経験するのか、それでもブレークスルーはあるのではないか、といろいろ考えてしまった次第である。

文武両道

user-pic
0

文武両道というと、昔でいうと例えば儒学を深く修めていながら、剣の達人であったりするみたいな意味だが、現代に譬えると、野球で甲子園に出たことがあるのに、一流とされる国立大学にも合格するみたいな例だろうか。

なぜそんなことを考えたのかというと、春の甲子園の出場校に、福岡の東筑、静岡の静岡、滋賀の膳所と彦根東が出場していたからである。これらの高校は県立高校でありながら、私の出身校である尾道北高校よりも進学実績で実質的にかなり上である。

私の出身校は全国的には無名であるが、私が在籍していた頃よりもかなりレベルを上げて、広島県内の県立高校ではかなり上位と目されるようになった。多分であるが、都立高校と比べてもまあ平均より少し上ではないだろうか。尤も東京だと名門私立・国立高校がひしめいているので、優秀な生徒がそちらに行くという事情もあるが。

しかし、私の出身校には一応野球部はあるものの、甲子園に出場したことはないはずだし、今後も甲子園に出場する可能性はかぎりなくゼロに近いだろう。なぜなら広島県は高校野球の強豪県で、野球が強い複数の高校がほとんど決まっていてこの中から甲子園に出場するからである。そもそも広島県で野球が強い県立高校といえば七度の夏の甲子園優勝を誇る広島商業くらいであるが、最近では広陵や新庄などの私立高校に押されている。

なので、たまたま尾道付近に野球の上手い中学生がいても、まず尾道北を目指すことにはならない。そういう人はせめて、地元なら尾道商業をめざすであろう。

こうして私は、どうして特にスポーツ特待生のような制度がない県立高校で、進学実績がよく、しかもときどき甲子園に出場するということが可能なのか、どうしても理解できない。

ただ、これだけは言えると思うのは、県立の進学校がときどきではあれ県大会で優勝できるような県では、その県に広島県のようなガチの野球強豪校がないということである。例えば福岡なら西日本短大付属や、九州産業大学付属、九州国際大付属など何校か甲子園出場校が思いつくが、広島県の広陵ほどのガチ性あるいは常連性はない。

そういうガチの野球強豪校がない県として他には、熊本県、佐賀県、大分県、山口県、静岡県、滋賀県、三重県あたりが思いつくが、今は神奈川に住んでいるとはいえ、広島県から遠くなるに従って、そのあたりの事情は疎くなるのでわからない。

ともかく、ガチの野球強豪校がないと、トンネル効果で、たまたま有力選手が集まった県立高校が甲子園に出れる確率がある程度見込める。

そういえば愛媛県の今治西高校は多分、進学実績で私の出身校とほぼ同等だと思うが、甲子園の常連校なのであって、すると愛媛県もガチの野球強豪校がない県に該当するのだろうか。いよいよわからくなってきた。

さて、県立高校という枠を外すと、文武両道の高校は結構沢山ある。桐蔭学園、大阪桐蔭、智弁学園、桐光学園などである。桐蔭学園出身の知り合いに聞くと、そこでは野球の上手い人と勉強のできる人は別という。だったら分かるが、中には両方できる人もいるのではないか。

ともかく、文武両道の公立高校があるかどうかは、その県の県民性によるのだろうな、と思ったりする。なんの結論にもなっていないが。

羽生の計画

user-pic
0

私が羽生というと、デフォールトで羽生竜王なのだが、ここは特に羽生結弦に言及してみる。

すなわち、読売新聞の記事によると、羽生は9歳の頃からスケートに人生を懸けており、その結果が金メダルなのだという。そうやって一直線で目指せるものなのか。

今後については、右足首の状態によっては休養も考える、という。また四年後の北京オリンピックについては、分からないと前置きしつつ、一生懸命やることをやってその延長線上にある北京オリンピックに出るのであれば、絶対に勝ちたいと言ったという。

なんか前向きな発言のようであるが、それは絶対に勝てるのでなければ出ないという意味にとってしまった。ただ、新たに五回転アクセルに挑戦してみたいという。すると本気で次も狙うのかな。それにしても次は27歳なのだから、そんな年齢でフィギュアスケートでメダルを取った例は知らない。

そういう発言をみているうちに、下記のように、国民栄誉賞の授与検討となった。河北新報の記事から引用してみる。

政府は、平昌(ピョンチャン)冬季五輪のフィギュアスケート男子で2大会連続の金メダルを獲得した羽生結弦選手(23)=仙台市出身、宮城・東北高出=に国民栄誉賞を授与する方針を固めた。菅義偉官房長官が2日の記者会見で、安倍晋三首相が授与検討を指示したと発表した。けがを乗り越えて果たした66年ぶりの偉業が、国民に感動や勇気を与えたと評価した。決まればスケート界で初めて、冬季五輪の金メダリストでも初となる。個人としては最年少での受賞となる見通しだ。

このニュースを聞いたとき、なんとなく羽生永世七冠の国民栄誉賞との重複を感じて、たまたま姓の漢字が同じなだけで将棋とフィギュアスケートで違うではないかと自分に言い聞かせたりした。それでも、つい先日、羽生永世七冠と囲碁の井山七冠が受賞したばかりなのだから、どうしても濫発感は否めないままだった。なので、数か月冷却期間を置いてもよかったような気がする。

でも、冷静に考えて、フィギュアスケートでオリンピックの金メダル連覇なんて、相当稀なので、国民栄誉賞に値することは文句なしだろう。そもそも、オリンピックの金メダルというけど、誰もおおっぴらには指摘しないけど誰もが分かっているのは、金メダルを獲得することの困難性は、種目によって相当差があるよね、と私は思う。どんな種目の金メダルが比較的に容易かなんて指摘するほど私は不躾ではないが、フィギュアスケートは、細かいミスが失点につながりやすいので、困難な部類ではないだろうか。

それにしても、羽生のフィギュアスケートを観ていて、他の男子選手の力強さとは対照的に、歌舞伎の女形のような華麗さを羽生に感じた。あの華麗さと、東北大震災を受けた地元の強い声援を背中に背負った強い決意が高得点に繋がったのだろうが、一方で、私は、羽生の自分をエリート視・別格視するような発言に違和感を感じたりもした。

じっさい、羽生の態度に反感をもつ日本人男性も少なくないようであるが、まあ要するに嫉妬なのかな。でも強い能力主義を奉じる私は、まあいいんじゃないの、という認める気持ちも大きい。なので、羽生結弦が国民栄誉賞を授与されたら、羽生永世七冠のときと同等に喜びたいと思う。

羽生と藤井

user-pic
0

羽生と藤井とくると、当然に将棋の話題だが、2月17日(土)は、特別な日だった。なぜなら、この日は平昌オリンピックの男子フィギュアスケートの個人決勝と、朝日杯将棋オープン戦準決勝の羽生竜王対藤井五段の対戦という、ビッグなイベントが重なる稀有な日だったからである。男子フィギュアスケートの最注目といえば、言わずと知れた羽生結弦。この日は、羽生という姓が、ともすれば羽生善治でない別人を指してしまうとは。

先にあったのは、朝日杯将棋オープン戦準決勝の羽生竜王対藤井五段戦。午前10:30から開始された。藤井五段が先番で、角換り模様。しかし、腰掛銀にはなったものの羽生が△4四歩と止めて角は交換しなかったので、藤井五段が▲4五歩から先に攻める展開になった。しかし、羽生は△7五歩から反撃して、端攻めもからめて、羽生の方がよくなったように見えた。

ところが藤井は開き直って、▲5五銀左と銀交換をする、攻め。どうみてもいい手にはみえず、果たして、羽生が△8八歩と攻め、以下▲同金、△9九銀、▲9八金、△8八歩となって藤井の玉が危ないかと見えたが、これはもしかして重くて、よくなかったかもしれない。結局藤井は、▲4三歩と飛車の成り込みをからめて、羽生玉を中段におびき寄せ、寄せ切った。これでついに藤井五段が決勝進出である。

朝日杯将棋オープン戦決勝は14:30からなので、今度は男子フィギュアスケートを見ることにした。なにしろ、決勝は24人が出場し、一人15分程度かかるので、全体で3時間くらいかかってしまう。それで見ていると、米国、カナダ、中国などの有力選手が続々出てくるので、ショートプログラムで最高点を叩き出した羽生結弦といえども、少しのミスが転落につながってしまう。

そこで観ていると、ついに羽生の手番でなく、順番が来た。おっと、私が混同してどうする。羽生は緊張し、既に疲れた様子なので、どうかなと心配したが、いくつか細かいミスはあったものの、概ね完璧だったといえる。金メダルを目指せる、かなりの高得点を得た。去年11月の怪我で2ヵ月も氷の上の練習ができなかったというのに、よくぞここまで復活したものである。あまりスポーツに感情移入しない私もつい目がしらが熱くなった。きっと東北大震災で辛かった人の想いが羽生に投影されているのだと思った。

羽生のあとは、後輩の宇野昌磨。ある意味、羽生よりいい演技のようにも思えたが、一度転んで、減点された。私は、羽生でなく宇野昌磨が金だとちょっと味が悪いかもね、と思っていたので、申し訳ない言い方だが、その転倒に少しほっとした。

しかし、転倒にも拘わらず宇野昌磨は、ヨーロッパの絶対的チャンピオン、スペインのフェルナンデスを抑えて銀メダルを獲得したのだから、いかにいい演技だったかが分かる。

終わってみて、フリーの得点で羽生より高かった選手が何人かいて、羽生はショートプログラムでの貯金が少なかったら危なかったところである。まあそれも勝負の綾であるが。

そこで、朝日杯将棋オープン戦決勝をみると、藤井の相手は広瀬八段だった。広瀬八段は、準決勝で久保王将に勝ったのだが、藤井五段は対振飛車があまり得意でないので、私は、広瀬八段でよかった、とついほっとした。藤井の先手で、戦型は、こちらは純正の角換りとなった。

例によって藤井は、強引とも思える手で局面を打開していく。一方の広瀬八段は、意識的に受けに回って指し方をする。そんな藤井は、相手の金を角で切ったが、これはどうみても無理筋で、手が続かないと思った。ところが、藤井は、細い攻めを繋ぐのが抜群にうまく、次第に形勢をリードしていった。そして、相手の飛車道を止める、終盤の▲4四桂が絶妙で、明確に藤井の勝ちが決まった。これで規定により藤井は六段昇段、史上最年少優勝記録の更新、ならびに史上最年少、最速での六段昇段を果たした。

2月17日(土)は、以上のようなビッグなイベントがあった、ビッグな一日であった。

月別 アーカイブ

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちスポーツカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはスピリチュアルです。

次のカテゴリは事件です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。