スポーツの最近のブログ記事

平野美宇

user-pic
0

私は前にも書いたように、高校まで部活で卓球をやっていたので、一応の卓球ファンであるが、最近一応からかなり熱心なファンになってきたのは、今の日本の卓球界の隆盛をみてである。

隆盛のひとつの定義として、次々に新しいヒーロー、あるいはヒロインが登場する、ということがある。すなわち、福原愛、石川佳純のエースたちに続いて登場したのは、平野美宇・伊藤美誠のコンビ。2014年の世界ツアーで、この二人はダブルスで優勝し、一躍注目を集めた。

ところがその後、伊藤美誠はリオ・オリンピックの代表に選ばれ、団体銅メダルに貢献するなど活躍したが、一方の平野美宇はオリンピックにも出場できず、雌伏のときをすごしていた。

しかし、雌伏の間にいかに努力するかが勝負師の真価だろう。平野美宇 did it.である。以下、朝日新聞のウェブ記事から引用する。

卓球のアジア選手権女子シングルスで15日、21年ぶりに日本勢として優勝を果たした平野美宇(エリートアカデミー)。出場できなかった昨夏のリオデジャネイロ五輪後、昨年10月に女子ワールドカップを日本選手として初めて制し、今年1月の全日本選手権で石川佳純を破って史上最年少優勝を果たすなど急成長。3年後の東京五輪に向け、大きく弾みをつけた。

これをみて普通は、卓球のアジア選手権女子シングルスというけど、まさか中国選手は出ていないよね、と思う。だって、中国の卓球の絶対王者ぶりは、囲碁のそれよりもさらに上回る。井山裕太の、柯潔に対する差よりもさらに大きいはずである。

しかし、それは違った。

史上最年少で全日本女王に輝いた平野が世界最強の中国選手の壁を次々と乗り越えた。アジア選手権の女子シングルスで、過去1度も勝ったことのない中国トップ選手を3連続で破り、頂点に立った。

ええっ、ありえねー、と私は思った。より具体的には、

自身の17歳の誕生日だった14日の準々決勝は、過去の国際大会で5戦全敗のリオデジャネイロ五輪女王・丁寧にゲームカウント3―2で勝利。15日の準決勝では世界ランキング2位の朱雨玲を、決勝では同5位の陳夢を3―0のストレートで破った。

今まで日本の卓球チームは、強豪のドイツやシンガポールを破って、団体決勝まで勝ちあがっても、いつも中国の厚い壁に阻まれてきた。福原愛や石川佳純を含む最強メンバーを以ってしても、よくて一人くらいがラッキーで勝て、たいていは0-3負けだった。

もちろん、これで日本の女子の卓球が中国に追いついたとはいえないけど、これは明らかに大きなブレークスルーになるだろう。日本人にノーベル賞がなかった段階で、湯川秀樹がノーベル物理学賞をもらったに匹敵する、といったらまあ言いすぎになるが。

日本シリーズをテレビで観戦していて、日本ハムの優勝で決着してしまったのが悔しくてたまらないが、それが現実なので、受け入れるしかなく、私としては逆転負けをくらった対局の感想戦のような記事を書くしかない。

さて、マツダスタジアムでの第1戦と第2戦は、広島カープが、将棋でいえば、香一本違うよね、みたいな余裕の勝利だったが、こうして結果的に2-4で広島カープの敗戦という結末をみると、それで気が緩んだとしかいえない。

すなわち、流石の智将のカープの緒方監督も、この勝利でつい相手を甘くみたのではないか。歴史的にみても、勝って気が緩まないリーダーというのはほとんど見たことがない。

そもそも広島カープは今季、基礎練習の積み重ねと、神っている鈴木の活躍など、いろいろな要因が重なって、ぶっちぎりのリーグ優勝で、CSでもDeNAに付け入る隙を与えなかった。ところが、そのような楽勝の勝利が、広島カープを、知らないうちに、左団扇気分に陥れていた。

一方のパリーグは、あるいみ広島カープ以上に、ソフトバンクが圧倒的大差で一位をキープしており、当然にパリーグの優勝は、ソフトバンクだと私は信じて疑わなかった。なので、まるで下剋上のように日本ハムが日本シリーズに進出してきたときは私は驚いたが、圧倒的なセリーグの覇者である広島カープに、日本ハムなどものの数ではないと思った。

しかし、イノベーションのジレンマなどで述べたように、成功体験が行動を規制してしまうのであって、広島カープはシーズン中に大きな成功を収めてきた今村、ジャクソン、中崎の継投パターンを、うまくいかなくてもとうとう変更できなかった。一方日本ハムは、固定パターンに捉われず、栗山監督が、臨機応変且つ冷酷に選手を起用して、結果を出した。このあたり、広島カープの緒方監督の経験不足だろう。

目に見えてまずいと思ったのは、広島カープが前試合の反省点を次の試合に活かせていないことである。日本ハムは前の試合の失敗をきちんと学習して、次に活かしてきたのであった。それにしても、日本ハムは、広島カープのお株を奪って、まさに「神った」。

しかし緒方監督は、このまだ若いし、経験を活かして、広島カープは、来年のペナントレーで活躍するだろう。そう期待したい。

ついに広島カープが優勝した。毎日新聞のウェブ記事から引用する。

プロ野球のセ・リーグは10日、広島東洋カープが1991年以来25年ぶり7回目のリーグ制覇を果たした。広島は12球団中、最も優勝から遠ざかっていた。優勝までの勝利数の目安となるマジックナンバーを「1」としていた広島は、2位・巨人との直接対決(東京ドーム)を6-4で制し、就任2年目の緒方孝市監督(47)が7回宙に舞った。

思い起こすと、私は子供時代、熱烈なプロ野球ファン、それも巨人ファンだった。住んでいたところは広島県で、ということはほとんど必然的にほとんどの人が広島カープ・ファンだったのだが、大鵬・巨人・卵焼きと言われた時代で、小学生は全国区で巨人ファンだったりした。なにしろ、王・長嶋がカッコよすぎるし、川上監督の時代巨人は、将棋の大山名人のように圧倒的な強さで、大抵の子供は巨人に憧れた。

そんな私の巨人崇拝が崩れたのは、大学に進学したときである。そのとき、巨人軍は川上監督から長嶋監督に代わり、もしかして長嶋監督の采配が未熟だったか、あるいは目先の勝ち星に拘って選手の養成を疎かにした川上時代のツケが回ったか、巨人は前年の日本シリーズの制覇から一気に最下位に転落した。それで巨人に幻滅したところに、故郷を離れたことによる郷土愛が目覚めて、一気に広島カープ・ファンになった。なお、故郷を離れるとついパトリオットになる傾向は、東京プリズンにもみてとれる。

まるで私が広島カープ・ファンになるのを待っていたかのように、忽然と広島カープの黄金時代が訪れた。古葉竹識監督の下での時代で、1975年のことである。私は丁度大学生だった。そこから何度も広島カープはリーグ優勝だけでなく、日本シリーズも制した。ストッパーの江夏、そしてそれに続くストッパーの津田が活躍した。私は、1979年にたまたまサラリーマンとして大阪にいて、近鉄対カープの日本シリーズを、近鉄フランチャイズの日生球場に観戦にいくという幸運をえた。そのときまさに、江夏が第7戦で、ノーアウト満塁という絶体絶命の場面を無失点で切り抜けるという神技ピッチングを目の当たりにしたのだった。

しかし、これもたまたまだが、私が大阪から東京にでてきた1980年あたりから次第に広島カープの勢いが翳ってきた。あれは私が外資系に転職した頃だったか、折角日本シリーズに進んで、西武を3-0で追い込んだ広島カープは、地力で追い上げられ、3-4で日本シリーズで負けてしまった。チームの柱の山本浩二が往年の力を発揮できなくなっていたのも痛い。

そして山本浩二監督の下で優勝したことは記憶にあるのだが、それが1991年で、もう25年も前だとは完全に忘れていた。私は広島カープが毎年低調になるとともに、仕事と家庭が忙しくなり、次第にプロ野球に対する興味を失い、実は今に至るまで1970年代のときのようなプロ野球に対する関心を回復できないでいる。

なので、広島カープに関しても、資金力は十分でないのに優れた養成システムをもち、折角養成した選手を巨人など有力チームにFAでもっていかれる、くらいしか認識がなかった。

今期の広島カープは、というと確かあまり出だしの調子はよくなかった。例年は最初からロケット・スタートするのだが、鯉のぼりの季節を過ぎると低迷するというのがいつものパターンで、なのでスタートから低迷しているのだから、駄目だこりゃ、と早々に見切ってしまった。

ところが今年はどうしたことだろう、鯉のぼりの季節を過ぎた頃からむしろ調子をあげ、そこから首位を奪還するとほとんど首位から落ちず、ついに一気にリーグ優勝した。絶対のエース、マエケンを大リーグに取られたのに、どうしてここまで快進撃できたのだろう。緒方監督がいうように、「神っている」のだろうか。

もし「神っている」のだとすると、神は気まぐれなので、そんなに長く降臨してくれない。「神っている」間にクライマックスを制し、その勢いで日本シリーズも制してほしい。私の好きな歌謡曲の歌詞を借りると、♪今なら間に合う終列車♪なのである。

絶対王者

user-pic
0

笑ってしまうほどに何の創見もないコメントなのだが、オリンピックをみていて、中国の卓球ほど絶対王者性を発揮しているものは他にはないよね、と改めて感じた。

絶対王者性を発揮できている理由を、これまた自明であるが、書き下してみる。

  1. 伝統的な国技であること。
  2. 圧倒的な競技人口をもっていること。
  3. 成功者には、ほぼ生涯にわたる栄達が保障されていること。

日本の相撲の場合、1.は満たすが、2.も3.も該当せず、そのため、モンゴルから来た人達に席巻されている。しかし、これだけならモンゴルだけでなく、他の国でもよいように思われるが、おそらくモンゴルの相撲であるブフの伝統があるからなのだろう。そして、2.もモンゴル国内で満たすので、日本での3.と合わせて定義に合致する。すなわち、定義1,2,3は、国をまたがって成立してもよい。

戻って、2.という条件で中国に優る国は世界にない。すると、数学的な大数の法則で、統計的に優秀な人材を確保しやすい。そして、一種国家主義的な体質により、3.が成立すると、功成り名を挙げたい人々が卓球競技に流入するとしても、蓋し当然ということになる。なお、そういう典型的な人として卓球の元世界チャンピオンの荘則棟がいる。以前に中国人の知り合いに荘則棟のことを聞いたら、中国内で彼は超有名人だといっていた。日本で今それに匹敵する地位の人は、スポーツ庁長官で、元背泳金メダリストの鈴木大地だが、日本人でスポーツ庁の存在を知っていたり、スポーツ庁長官の名前を知っている人はあまり多くないのではないだろうか。

ただ、定義1,2,3のセットが、ここは議論が分かれるところかもしれないが、ある種の国家主義を前提とするがゆえに自由な民主主義の価値観の多様性と相いれないなら、民主主義を標榜する国で、金メダルを取ることが一時的な名声にしかならない、というのも悪くない。

しかし一方で、勝利至上主義が激化する最近のオリンピックで、勝つためには普段、過去になかったような厳しくシステマチックな努力を要するようになり、その結果金メダルにつながったとしても、それが一時的なアイコンにしかならず、ごく少ない可能性で商業主義にしか乗れないとなると、スポーツのヒーローあるいはヒロインを目指すのも結構リスクが高いということになる。すると、私のようななんの特技もない平凡なサラリーマンの方が下手したら、金メダリストよりも生涯に亘るQoLの積分値が大きいということになる可能性もあり、それでいいのかと自問すると、天才好きで英雄主義のところもある私は、意外に納得がいかない。

という何がいいたいのか分からない、甚だ歯切れの悪いステートメントなのだった。確実に言えることは、他の国の人が、中国の卓球の牙城を崩すのは極めて困難である、ということだけだった。なにしろ、中国のトップクラスの卓球選手で、ここ数年、中国人選手以外に負けたことがないという人が沢山いる。

そういえば、中国の囲碁も、最近では卓球のように、かなり絶対王者性を発揮しつつある。ただ、韓国や日本の棋士が健闘していることと、技芸の性質もあって、流石にここ数年、中国人選手以外に負けたことがないという人はなかなか存在しないはずである。

人生の縄

user-pic
0

人生の縄というのは、たんに「禍福は糾える縄の如し」ということわざをもじっただけで、なんの新規性もない。もし特許出願したら、20個くらい従来技術を引かれてあえなく拒絶されてしまうくらい従来より周知の命題なのだが、それでもオリンピックを観ていて、ちょっと感じたので、とりあえず書いてみる。

目下、私の中に映えているオリンピックのアスリートに、水泳の萩野と、平泳ぎの金藤と、卓球の水谷がいる。

まず、水泳の萩野である。去年のカザンでの世界水泳を観戦していて、目だったのは瀬戸と、渡部香生子だった。本来エースだった萩野は怪我でその大会には出場できず、とても悔しい思いをしたようである。

平泳ぎの金藤は、広島の庄原の出身なので、つい親近感を覚えるのだが、前回のロンドン大会のときは、期待されていたのだが、そもそもオリンピックの選考から漏れて出場さえできず、悔しくて引退さえ考えた。しかし、その後、加藤コーチを信頼し、二人三脚で猛練習してここまできた。

水谷は、押しも押されもしない日本男子卓球のエースなのだが、前回のロンドン大会では個人戦の四回戦で負けて、ふてくされてしまった。それでその後の世界戦にわざと出なかったり、国内戦で一回戦で格下に負けたりして、引退まで考えた。しかし、家族の支えがあってその後努力して、ついにオリンピックの個人戦でメダルを取るまで到達した。

しかし、私がより注目してしまうのは、栄光の影にいる瀬戸と渡部香生子である。瀬戸は銅メダルが取れたからまだいい。渡部香生子は期待された200mの平泳ぎ準決勝で、八位に終わり、その後のインタビューで本人は情けなくて涙していた。これの原因は、カザンで活躍したことにあるのだろうか。

しかし、この惨敗は渡部香生子にとってむしろ福音である。確実に東京大会への活躍につなげられる。今回の卓球個人戦の一回戦で敗れた石川は、これをバネに今大会の残りで活躍するだろう。

むしろ、これまた自明ながら人生の縄のステートメントは、成功の後には必ずスランプがある、ということである。それは慢心のせいなのだろうか、それとも成功に至るまでの努力の結果としての疲労なのだろうか。私にはそれを超えた人生の自然法則であるように思われる。そしてこれも自明だと思うがあえて蛇足で付け加えると、失意から這い上がる努力よりも、成功を忘れて(undo)一から努力する方がさらに難しい、ということである。

すると人生の真のチャレンジは、金メダルを取り、その栄光をかみしめつつ、新たな目標を見つけて、人生にセキュリティパッチをあててリブートすることである。そういう意味では、空前のメダルに受かれる日本チームにとって、次期東京大会が案外に大きなチャレンジ(艱難)になりえる。

大山康晴は、一時の栄光より勝ち続けることだ、と言った。ううん、技芸の性質上、アスリートに大山康晴を持ち出すのは場違いか。

4月4日から4月10日まで、NHKの総合テレビで、水泳のオリンピック選考競技の放送があった。今まであまり水泳競技の番組は観なかったのであるが、ココナッツオイルを摂るようになってから、いろいろなことに興味が広がった。

別の理由は、家内の趣味が水泳で、水泳競技の番組を観ていると、家内がいろいろ説明してくれるので、普段は少ない夫婦の会話が補える。

さらに別の、一番メインの理由は、私が、水泳界の若手ホープ、池江璃花子のファンだからである。まだ高1なのに、鈴木京香ばりの美人で、気品がある。それでいて、最早日本水泳界のエースといってもよい実力がある。

それで、早く池江璃花子が出ないかなと競技をみていて、派遣標準記録なるものがあることを知った。私は会社では一応派遣社員の身分であるが、派遣標準記録の派遣は、オリンピックに選手を派遣する、すなわち代表として送り込む、という意味である。

派遣標準記録は、200メートルバタフライ、100メートル平泳ぎなど、各競技ごとに設定される。オリンピックに出場するためには、予選を勝ち抜いて決勝に進むことが必須であるが、予選では派遣標準記録は関係ない。ともかく上位何人かに入ればいい。

そして、決勝でオリンピックに出場するためには、2位以内に入り、且つ派遣標準記録を上回らなくてはならない。

私は最初、派遣標準記録なんて普通の目安のようなタイムで、要するに決勝で2位以内に入ればいいんだろ、と思っていた。ところが、この派遣標準記録が相当に難物なのだった。例えば、50メートル自由形での派遣標準記録は、私の記憶が正しければ、日本記録と同等のタイムにセットされており、そのレースで池江は1位だったが、その競技ではオリンピック代表の地位は得られず、要するにその競技では誰もオリンピックに出れないということである。そうなると、一応3位までの人にはメダルが授与され、表彰式もあるのだが、折角1位になっても派遣標準記録を超えないと憮然としている選手が沢山いた。

ところが、競技種目によっては、派遣標準記録がそれほどタイトでない場合がある。このあたり、どういう基準で派遣標準記録がセットされるのか、水泳が素人の私にはさっぱり分からない。

ともかく、200メートルバタフライでは、池江璃花子は、決勝でゆうゆうと派遣標準記録を超えてぶっちぎりで1位になり、ついにオリンピック代表を獲得した。私は観ていて、もともと池江璃花子は最有力視されたいて選手なので、勝って当然で平然とインタビューを受けるものと思っていた。ところが、感極まって泣き出し、ほとんどしゃべれないほどだった。

私は、そもそもほとんど恋愛というのがなかったので、女を泣かした経験もない。振られて私が泣いたことはあるが。ただ、何年も女性の部下を抱える管理職だったので、女性同士の軋轢で泣き出す部下を宥めることはあり、そういうとき、どう声をかけていいのかわからず、おろおろして、実に役に立たない管理職だった。そういう記憶が蘇って、池江の涙顔をみてついおろおろしてしまった。

別の競技で次に池江がオリンピック代表を獲得したときは、もうそんなには興奮しなかったが、私はそこに、まるで里見香奈のような女勝負師のど根性をみてとった。そして、こんな日本語の表現があるのかどうか知らないが、いい意味で私は池江に幻滅した。単なる清楚な女子高生ではないのである。どうみても適切な表現ではないが、ヤクザの姉御のようにも感じた。

その一方で、池江は、競技が終わったあと、最強のライバルである塩浦慎理に、髪の乱れを優しく直してもらっていた。まるで、姉が妹の面倒をみるように自然で、ああ、池江は、先輩たちにも可愛がってもらっているんだと嬉しくなった。

おっと、忘れてはならないのは、北島康介の引退である。33歳にして背水の陣でオリンピック代表をかけて臨んだ選考会だったが、小関や立石という旬の若手の壁を破れず、決勝まで進んだものの、五位に終わった。準決勝で、「レベルたけー」と漏らしたのには笑ってしまった。

引退会見のインタビューの一言一言もなかなか含蓄があって、今更私はやっと北島のファンになった。

ということで、今後も競泳の番組があれば、時間の許す限り観て応援するつもりである。池江だけでなくその他の有力で魅力的な選手も沢山知ったことだし。

東海大相模

user-pic
0

子供の頃私は、野球ファンで熱烈な巨人ファンであった。しかし運動神経はまるで駄目なので、田舎の草野球といえどもせいぜいが球拾いで、仕方なくアイデンティティを観る野球に見出した。

そして、野球をみながら、ここはエンドランしかないぞ、とか勝手に叫んでいたのだが、なにしろ野球理論の入門書を一冊だって読んだことがないのだから、知識もまた草野球のレベルだった。

そんな私だから、高校野球もファンで、特に夏に甲子園の高校野球の放送があると、テレビにかじりつくように観ていた。応援するのは当然に地元の広島県のチーム。そんなに頻繁に優勝したわけではないが、広島商や広陵はそこそこ強くて、いつも優勝候補と目されていた。そういえば、地元中の地元、尾道商も一度か二度、春の甲子園で準優勝したことがあり、そのときは地元でパレードがあった。

といいつつ、一時は江夏や津田などの黄金のストッパーを抱えて隆盛を極めた広島カープが退潮していくにつれて、私はプロ野球、そして高校野球にも次第に興味を失っていった。家庭に、仕事に忙殺されていった、というのもある。

そんな私が本当に何十年かぶりに、今年は高校野球への興味を復活させた。その理由は猛暑にある。あまりに暑いので、自宅のリビングでクーラーを利かせて、地方予選の段階から高校野球を観戦した。

あと、ぶっちゃけ、60歳を過ぎて暇になったというのもある。外資系にいた頃は、自宅にいるときもいつも特許明細書を書いていたような気がする。ちょっとした流行作家気分である。しかし、特許明細書は、小説と違って、審査官という単一の読者しかいないのだが。

戻って、地方予選をみていて、早実は準決勝で、序盤からエラーが重なり、大差をつけられてしまった。ううん早実は大したことないのかと思ったら、8回の裏だったか、清宮のヒットなどもからめて一気に8点取り、逆転してしまった。粗削りだが、なかな底力のあるチームだと思った。

一方、神奈川県予選であるが、だいたい例年、横浜高校と東海大相模が最大のライバルなのだが、今年は東海大相模の強さが際立った。なにしろぶっちぎりなのである。横浜高校でさえ鎧袖一触だった。ここ何年か死語になっていた「神奈川を制する者は全国を制する」というドカベンの言葉が甦った。

さて、甲子園。私はno questionで東海大相模を優勝候補の筆頭に据えた。対抗は早実、春の優勝校の敦賀気比、大阪偕星、沖縄の興南あたりかと思った。仙台育英があんなに強いなんて、完全に私の見落としだった。

途中から私は、興南の応援にリキを入れた。理由は、戦争の特集番組で、悲惨な沖縄戦のことを観たからである。もちろん、原爆を落とされた広島・長崎は、人類史上でもトップクラスの悲劇の都市であるが、多数の民間人が暮らす沖縄に米軍が上陸して戦闘したという悲惨さは、硫黄島やペリリュー島をさらに上回る。沖縄の人達に元気を与えるためになんとか興南に優勝してほしいと願った。それでも現実には、東海大相模に勝つのは難事だろうが。

早実が仙台育英に準決勝で完敗したのは、地方予選のときの弱みが出たと思った。地方予選なら地力で逆転できたが、仙台育英は半端ではなかった。

そして、東海大相模が優勝したのは、以上の記述から分るように、あまりにも当然の帰結で、私にはなんの感慨ももたらさないものだった。

といいつつ、プライぺード度を高めて言うと、東海大相模の校舎は、我が家から歩いて30分程度の近所である。あるとき散歩していて、東海大相模というラベルのついた校門をみたとき、おお、これが東海大相模なのか、と元野球少年(といっても観戦専門であるが)の血が騒いだ。それは、映画ファンが道を歩いていて、三船敏郎の家を通りがかるくらいの思いだったりする。なにしろ出不精な私は、甲子園出場経験がある高校は、他には尾道商業くらいしか訪れたことがない。

そんな東海大相模が45年ぶりに夏の甲子園で優勝とあっては、当然にパレードや地元の商店街のセールや、あるんだよね、と昨日はいろいろネットで情報を探ってみた。そして意気消沈させる記事に出会った。それによると、交通が混乱するので優勝パレードはしないし、野球憲章により、高校野球を商業的に利用することは遠慮してもらっているので、地元の商店街の優勝セールもないのだという。

よく言うよと私は思った。あれだけ高校野球の放送が全国区で幅を利かせて、マスコミは報道を煽り、一方で地元の商店街の優勝セールを自粛するなんてバランスを欠いていないか。

じつは東海大相模の最寄駅の小田急相模原の駅そばの商店街、通称サウザン通りは、私の散歩コースの一つでもある。なんかこっそり景気づけくらいやってよ、と虚しく叫ぶのであった。

今年の箱根駅伝で、青山学院大学が優勝したのはとても意外であると同時に鮮烈な印象だった。

そして、一躍マスコミの寵児となった原晋監督は何度もテレビに出たので、あまりテレビを観ない私も、原監督の発言や、青学陸上競技部の宿舎の様子はある程度知っている。

なので、日経情報ストラテジーの2015年8月号のトップインタビューで原監督が採り上げられているのを見たときも、ああまたかとちょっと食傷感を覚えたのもたしかである。

ただ、一方で私が原監督に対して親近感をもつ理由は二つあって、一つは原監督が広島県の世羅高校の出身であること。世羅は、私の出身の尾道から近い。もう一つは、青学陸上競技部の宿舎は町田にあって、今の住まいからかなり近い。

それで、改めてトップインタビューを読んで感じたのは、これは「もしドラ」だな、ということである。「もしドラ」というのは言うまでもなく、「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」のことであるが、文字通りでなく、要するにビジネスのマネジメント手法を実直にスポーツに適用して実績を挙げたのだなあ、あっぱれ、というのが私の感想である。

原監督は中国電力で伝説の営業マンと呼ばれた。きわめて優秀なセールスマンで、しかも、QC手法など顕在知な手法をちゃんと学んでいた。なので、青学陸上部の監督に就任すると、選手に目標管理シートを作らせた。

そして選手に自分で考えさせるようにした。野球の野村克也氏の手法に似ている。というか、優れた方法というのは、結局そうなるのだろう。

また、原監督は自分で考えたビジョンを壁に貼り、それを面白おかしく見せる。こういうのもビジネス・プレゼンテーションに似ている。

あと、きちんと平等に学生たちに接する。これが普通なかなか当たり前のようにできない。

それにしても、2004年に青学陸上部の監督に就任したときから、箱根で優勝することを目標としてはっきり示し、そのために何をすればよいのか、長期計画で積み上げていったのもすごい。

あとは、一度優勝してしまって、モチベーションをどう維持していくか、そのあたりが課題だと思う。ビジネス手法はそのあたりの解決策も与えると信じる。

伊藤美誠

user-pic
0

テレビ番組をみていたら、世界卓球選手権があるという。そういえば、日本で開催された世界卓球選手権をテレビで熱心に観ていたのはほぼ1年前のことだった。

ただ、万事テンポがいまいちずれている私は、中国の蘇州で開催されている世界卓球選手権に気づいたのは、試合が開始されてからかなり日程が進んでからだった。私は特に石川佳純のファンなのだが、女子シングルスで石川佳純、福原愛など有力選手が相次いで敗れてしまって、落胆した。そして、3回戦で残っている日本選手はなんと、14歳の伊藤美誠だけなのだった。

伊藤美誠のことをあまりよく知らない私は、14歳でここまで勝ち上がっていることに感心しつつも、流石にここからの活躍はあまり期待できないよね、とあまり盛り上がりもせず、3回戦のウクライナのテチアナ・ビレンコとの試合を観戦した。

ビレンコはカットマンであり、世界的にあまり有名な選手ではないが、今回の女子シングルスで福原愛を破っているのだから只者ではない。福原は、ビレンコのカットの粘りと、カットから一転しての攻撃の組み合わせに翻弄されたのだった。ところが、伊藤美誠は、カットでの粘りを許さず、コーナーを衝いて的確に攻め、危なげなく4-1でビレンコを下してベスト8に進出し、鈍い私も流石に伊藤美誠が半端でないと認識した。

しかし、私は認識不足も甚だしいのであって、昨年に平野美宇との女子ダブルスでITTFワールドツアーのドイツオープン、スペインオープンで2週連続優勝したり、今年のドイツオープン女子シングルスで優勝したりと、既に十分な実績を積んでいるのだった。

そして次のベスト4を懸けた戦いであるが、なんと相手は、ロンドン五輪のチャンピオンで世界ランキング3位の中国の李暁霞。ここまで相手に1セットも許していないそうで、いかに伊藤美誠といえども、1セット取ることができれば上出来と思った。

ところが、伊藤美誠は稀に見る勝負度胸を備えており、世界チャンピオンを相手に全く臆するところがない。むしろ気合いに押されたか李暁霞はミスが目立ち、伊藤美誠に2セット連取を許してしまい、動揺の色を隠せなかった。

伊藤美誠は、最初に2セット連取したからといって浮かれている様子も油断している様子もないが、李暁霞ははっきりモードを切り替えてきた。すなわち、伊藤美誠の弱点を見極め、そこを集中的に攻めてきたのである。こうなると流石に経験と実力の差がじわっと滲み出してきて、美誠も頑張ったが、そこから4セット連取されて押し切られてしまった。

李暁霞も、この若さでよくやったと、伊藤美誠に対する賞賛を惜しまなかったという。後生畏るべしと思ったに違いない。

ところで、伊藤美誠に対して、メディアが、まだ14歳なのにすごいということを何度もいうので、それはちょっと違うよ、と文句言いたくなった。文句というのは、いかなる意味でも、すごくないということではない。

私がいいたいのは、柔道やレスリングなどのように絶対的な体力や体躯を要する競技でないなら、14歳で世界トップクラスのレベルに到達してもおかしくない、ということである。但し、その前提に、抜群の生来の才能と、それを育んだ環境があるのだが。

そして、伊藤美誠をみていて私が連想したのは、アスリートではなく、囲碁棋士の藤沢里菜。1998年9月生まれの藤沢里菜は、2000年10月生まれの伊藤美誠よりも2歳年上なのだが、どちらも天性の勝負師で、そして、その技量は、世界トップに対して紙一重のところまで肉薄している。

私が更にいいたいのは、条件が揃えば14歳で世界トップに迫るということはありえることなので、年齢に関係なく純粋にその技量に注目しよう、ということである。そうやって、技量に注目すると、紙一重のように縮退していると思われた技量の差に、構造がみてとれ、そこを天才少女が一歩一歩克服していく様を眺めることができる。

すなわち、14歳というよりも要するに天才なんだよ、といいたいのだが、どうも私の表現力ではいいたいことが尽くされていないようである。

世界卓球

user-pic
0

卓球の変遷に書いたように、卓球は、スポーツ嫌いの私がたしなんだ唯一のスポーツなのであって、それだけに思い入れもある。なので、卓球を観戦することは私にとって格別のものがある。

今年はたまたま、世界卓球選手権の団体の部が日本で開催され、それをテレビ東京が独占中継するというので、時間の許す限り、なるべく観戦してみた。

団体戦の男子のメンバーは、水谷 隼、丹羽 孝希、松平 健太、岸川 聖也、塩野 真人
女子のメンバーは、石川 佳純、平野早矢香、石垣 優香、田代 早紀、森 さくら

なにしろ常時卓球の試合の様子をウォッチしているわけではない俄かファンなので、えっそんな選手もいるのかと、よほどの有名選手でないと知らない。

実は女子は中心選手の一人の福原愛が怪我で出場できず、ピンチヒッターで急遽、石垣 優香の起用となった。ところがこのピンチヒッターが望外のいい働きをして、日本チームの快進撃に貢献した。

男子は最初の予選リーグで格下のギリシャに負けてしまったものの、あとはなんとか勝ち、決勝トーナメントに進んだ。女子は予選リーグは1セットも落とさないで危なげなく全勝で通過した。

男子は決勝トーナメントの一回戦でポルトガルに勝ち、銅メダルを決めた。女子も一回戦でオランダになんとか勝ち、こちらもとりあえず銅を確保した。

しかし、男子は二回戦でドイツに1-3で敗れ、銅どまりとなった。女子は二回戦で香港になんとか競り勝ち、決勝に駒を進めた。第三試合の平野の大逆転が見事で、あれを負けていたら日本は危なかった。しかし女子も決勝では中国に全く歯が立たず、銀どまりであった。中国に勝つためにはまだ時間がかかりそうである。

試合全般をみていて気づいたのは、サーブの技術が向上し、サービス・エースが増えた。一方で、サーブを弾き返して逆襲するチキータという技術も開発され、細かいところで随分卓球は技が増えた。

女子の決勝をみていて感じた中国の強さは次のとおりである。

  1. 常に冷静で、点を取っても取られても、あまり感情が出ない。
  2. ミスが少ない。ミスしてもすぐに気持ちを切り替えてくる。
  3. 当然であるがコースのコントロールがよい。そして隙を逃さない。
  4. 球を捉える動体視力が抜群である。瞬発力などの基礎運動能力も同様である。

そして中国の強さはやはり圧倒的な国内の層の厚さでの切磋琢磨である。前提として選別された母集団の質と数からして凄い。どう考えても、最も勝ち抜くのがタフなのは中国国内なのであって、外国人(中国人以外)にはもう何年も負けていないという選手が何人もいる。

あと、もう一つ重要なのは、中国では、卓球で若い頃世界でも上位の成績にあると、生涯を通じて、政治的に有力な地位にも就けたりする。荘則棟がその例である。日本では、世界ランクが一桁の石川佳純だって、将来第一線から退いたら、卓球のコーチになるくらいが関の山である。それだって、選手の才能と指導する才能は別である。このあたりが変わりそうもないということは、日本が卓球で中国を凌駕することは原理的にありえないと思わせるものがある。

ところで、改めて感じたのは、カットマンというのは希少価値があり、意外に相手が動揺する。福原の代わりに出場した石垣のカットが実に有効であった。石垣はカットマンでありつつ、攻撃も得意で油断がならない。ただ、その攻撃の強さが却って仇になり、カットに徹しきれないところがあったような気がした。このあたり改善の余地があるかもしれない。

あと感じたのは卓球の観戦は他のスポーツよりもラリーの周期が短くて、とても疲れるということである。その分、緊迫したシーンが楽しめるという意味でもある。

そして観ていても華やかで、特に石川佳純など華がある。こういうスーパースターの存在が子供たちを惹きつけ、日本の卓球のレベルを底上げしている。囲碁でいう「ヒカルの碁」のようなものである。

ともあれ日本は、まだ中国には及ばないにしても、第二グループの先頭を走っている有望な位置にあるといえる。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちスポーツカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはスピリチュアルです。

次のカテゴリは事件です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。