スポーツの最近のブログ記事

箱根駅伝

user-pic
0

箱根駅伝は、いまや全国的なスポーツ・イベントだが、私はもともとあまり箱根駅伝に興味をもたないできた。その理由は簡単で、私はもともと陸上競技があまり好きではないし、地方大学出身の私にとって、東京や神奈川県など関東圏にある大学を出場校とする条件は、疎外感を感じるからである。

それでも、自分でも分からないが、最近では次第に箱根駅伝のファンになってきた。2013年の正月は、父の葬儀で忙殺されたが、外資系を 退職した2014年から真剣に箱根駅伝を観戦し始めた。すると、その年は、東洋大で山の神と呼ばれる柏原竜二選手の活躍で、東洋大が優勝した。観ていて、駅伝の勝負の駆け引きなど、面白いと思った。

しかし、2015年は目を瞠った。箱根駅伝的には全く無名の青山学院大学が彗星のように優勝をさらったからである。私的に嬉しかったのは、監督の原晋氏が、広島県出身で、特に私の出身地に近い世羅高校出身だったことである。それだけではない、中国電力の優秀な営業マンだった原氏は、ビジネス的手法を大胆に駅伝にとりいれて、何年もの時間をかけて勝つチームをつくりあげてきた。

それが証拠に、青山学院大学は、2015年から2018年まで、蓄積した力と日々の鍛錬により、箱根駅伝四連覇を果たした。原監督、半端ないと思った。2015年の初優勝当時、原監督はマスコミの寵児になり、ああこれでは堕落して駄目になると私は思った。そういう例は沢山みてきたからである。しかし、原監督は確固とした方法論でぶれることなく、勝ち続けた。

そして、2019年、今年の箱根駅伝は、青学の五連覇?と自問して、つい、いや~っと思ってしまった。原監督の故郷の野球チーム、広島カープのことを連想したからである。広島カープはリーグ三連覇を果たしたが、丸がFAで巨人に移籍して、今年の優勝が危機視されていることのアナロジで、根拠なくそう思っただけである。そうして駅伝が始まってみると、往路は様子をみるような青学の出だしで、なんとなく復路では二位くらいにつけているものだと思ったら、五区で異変が起きた。なんと、去年は東洋大に五区で猛追した竹石選手が、よくわからない原因で突然の不振に陥り、往路で東洋大に5分30秒の時間差をつけられ、六位だったからである。

いくら青学でも、2分以下ならともかく、ここから復路で挽回するのは難しいと思った。しかし、青学は、勝利は10%から積み上げる戦略で、じりっ、じりっとトップとの差を詰めていく。

ところが、伏兵がいた。箱根駅伝ではそれほど実績のない東海大である。せっかくじりっじりっと上位に食い込もうとしているのに、東海大は韋駄天のように疾走して、青学につけいる隙を与えない。東海大はついに、一位の東洋大を捉え、抜き去ってしまった。東洋大は結局、青学にも抜かれて三位になってしまった。しかし、とうとう青学は東海大を捉えることができなかった。

で、結論からいえば、青学は、例年どおりやはり強かった。東海大の意表の快進撃がなければ、優勝していただろう。思ったのは、過去の四連覇の際に、他チームの例外的な快進撃に出会ったかというと、それはなかったように思う。

すると、過去の四連覇は、実力プラスある種の幸運の結果で、今年はたまたま巡りあわせが悪かった、ということである。あんな不運に遭いながら二位まで迫った青学の底力は相当なもので、間違いなく来年以降も優勝候補の上位につけるだろう。

一方の東洋大は、不運に襲われた青学にも負けてしまったのは、去年にも増して悔しいだろう。

また、優勝した東海大は、一回だけの優勝だけでは、たまたま歯車が噛み合ったからなのかもしれず、上位の常連校になれるかどうか、まだ分からないというべきだろう。

なんにしても、私はすっかり箱根駅伝のファンになってしまったようである。箱根駅伝出場チームの大学出身の知り合いは一人もいないのであるが。

新記録

user-pic
0

読売新聞をみていたら、藤井七段が、最年少・最速、最高勝率で公式戦通算100勝を達成したという。困ったことに私は、藤井七段が卓越していることに慣れっこになってしまって、最早新記録に驚くことができないのだが、一応読売新聞の記事をウェブから引用させて戴く。

将棋の藤井聡太七段(16)は12日に東京・千駄ヶ谷の将棋会館で行われた銀河戦(囲碁・将棋チャンネル主催)で2連勝し、最年少・最速、最高勝率で公式戦通算100勝を達成した。対局後、藤井七段は「最年少(16歳4か月)での達成ということで、偉大な先輩方がたくさんおられるわけなので喜ばしく思っています」と話した。100勝目は阿部健治郎七段戦で、同チャンネルで来年3月5日に放送される。
 日本将棋連盟によると、藤井七段のプロ入りからの成績は100勝18敗(勝率8割4分7厘)。これまで主要棋士の中では中原誠十六世名人の100勝21敗(同8割2分6厘)が、100勝到達時の最高勝率だった。
これに関して私は、最早多くを語ることができない。最高連勝記録を打ち立てたあとも、まったく緩むことなく高いモチベーションを維持していることが凄いと今更驚くだけである。

と思っていたら、次の日、読売新聞に以下のような記事があった。やはり読売新聞の記事をウェブから引用させて戴く。

囲碁の第66期王座戦五番勝負(日本経済新聞社主催)、井山裕太王座(29)と挑戦者・一力遼八段(21)の第5局が13日、甲府市で行われ、午後6時5分、井山王座が186手までで白番中押し勝ちし、シリーズ3勝2敗で4連覇を達成。棋聖、本因坊、天元、十段と合わせて五冠を堅持した。
今回の防衛で井山王座の七大棋戦のタイトル獲得数は42となり、趙治勲名誉名人(62)に並んで最多タイとなった。趙名誉名人が50歳、入段から39年かけて達成した記録に、井山王座は入段から16年で追いついたことになる。
私は囲碁で井山棋聖が日本で最高記録タイトル数を更新することは確実と思ってきたが、えっ、三十歳前でもう趙治勲名誉名人と並んだの?と改めて驚いた。まあ、毎年七冠だの六冠だので量産しているもんね、とあっさり言ってしまうとあっけないが、それがいかに凄いか、それをうまく記述する表現力を私たもたない。厳密にはまだ新記録達成ではないが、こんな多面待ちでリーチがかかっていては、和了はまさに時間の問題である。

こうして藤井七段と井山棋聖を比べると、井山棋聖の記録の方が積み重ねが大変なので困難といえるが、どっちが凄いなんて比較するのは無粋なので、二人の天才を黙って(別に黙らなくていいが)見守っていきたい。

と思っていたら、新たな天才少年伝説である。日経のウェブ記事から引用させて戴く。

世界トップが集う大舞台で張本が見せたプレーは技術、戦術、メンタルを兼ね備えた王者の卓球だった。「勢いに任せず、自分のプレーで勝ちたい」。そう試合前に話していた通り、心身共に大きく成長した15歳がまた一つ勲章を手にした。過去未勝利の世界4位の林高遠を圧倒。「最高としか言いようがない」と喜びをかみしめた。
世界屈指のバックハンドを武器に、1月の全日本選手権を史上最年少で優勝。6月にはロンドン、リオデジャネイロ両五輪を制した2人の中国選手を破った。ただ、研究されたその後はなかなか勝てず、日本選手最高の5位まで上がった世界ランクについても「実力に見合っていない」とすら感じていた。

丸のFA

user-pic
0

今年カープがリーグ三連覇したとき、当然に来年もタナキクマルだよね、と丸が来年もいることを一切疑わなかった。なので、丸がFA宣言したとき、そもそもFA宣言できる年限になったことさえ知らなかったし、とりあえず権利行使しただけで、カープの首脳陣は多少年俸に色をつけて引きとどめるに違いない。すると、丸も納得して残留するのだろう、と思った。

ところが、まずロッテと、それから続いて巨人と交渉すると知って、これはやばいと思った。そもそも丸は千葉県出身で、幼馴染の奥さんも当然同郷、よって関東地方に住むことの選好が大きいだけでなく、FA交渉となると当然に年俸提示になるが、これは資金的に制限の大きいカープは太刀打ちできないと思った。

ロッテはというと、6年総額30億円級の長期契約と、監督手形、井口監督の背番号6を提示した。巨人はというと、5年総額30億~35億円の史上最大級の条件。しかも丸は、子供の頃から熱烈な巨人ファンだったらしい。カープはというと4年総額17億円なので、金額だけなら勝負にならない。

すると、普通に考えたら、巨人への移籍で決まり、ということになりそうだが、真面目な丸は、家族もカープのファンも大事にする。それで、残留するかどうか相当悩み、11月最後の日のぎりぎりの決断で巨人への移籍を決めたようである。

一応、スポニチの記事の11月30日の一部を引用させて戴く。

広島に巨人入りの報告を済ませた丸は「野球選手として環境を変えて一からチャレンジしようという気持ち。11年間応援してくれて感謝しかない」などと心境を語った。2年連続セ・リーグMVPに輝いた球界屈指の強打者は、最後まで広島愛とのはざまで揺れ動いたが、最も高い評価で誠意を示した新天地への挑戦に、第二の野球人生を懸ける決断を下した。また、ロッテには今朝、断りの連絡を入れたという。

カープファンの反応は、いくつかカープファンのブログをみた限りでは、出来れば丸に残ってほしかったが、巨人に行くからには頑張ってほしい、というものが多かった。そもそもカープファンは、FAで有力選手が出ていくことに慣れている。巨人に行って活躍した選手として、川口や江藤がいるし、最近では、MLBだが黒田だったり、マエケンだったりした。

一方、カープは、私が知る限り、FAで選手を採ったことがない唯一のプロ野球チームではないか。要するに、資金力が相対的に乏しいだけでなく、その育成能力が高いので、時間をかけて実力のある選手を養成する方針がメインということである。そうして生え抜きがメインで固めたチームは、コヒーレンスの高い爆発力のあるチーム力となり、リーグ三連覇を成し遂げた。ただ、みていて息苦しい面もあるので、丸は、心機一転したい気分にもなったか。

ともかく、丸を欠くと、やはり戦力的にカープは苦しい。来期のリーグ優勝は相当困難ではないか。そもそも、出ていった丸が今度は巨人にいるのだから、囲碁の地合い計算でいうところの出入りがあまりにも大きい。今期カープは巨人に大きく勝ち越せたが、実際はそれほど顕著なチーム力の差があったわけではない。

ということで、冷静な見方では、2019年はカープは優勝は見送って、その分丸の抜けた穴を若手が埋めて育ち、再来年以降の躍進を期待したい。力を貯めている、2017年ドラ1の中村奨成もそろそろ出てくるのではないか。私としてはカープの動的平衡だと思いたい。

卓球の伊藤美誠が、すごいことを成し遂げた。以下、日刊スポーツの記事から引用させて戴く。

ワールドツアー、スウェーデン・オープン女子シングルス決勝で伊藤美誠(18=スターツ)が世界1位の朱雨玲(23=中国)を4-0と圧倒し、優勝した。
3日の準決勝では世界選手権3度優勝で、16年リオデジャネイロオリンピック(五輪)金メダルの丁寧(中国)を4-2で勝利。2ゲーム連取されたものの、第3ゲーム6-10から猛反撃。一気に大逆転した。2日の準々決勝では世界6位の劉詩ブンを1-3からの大逆転で4-3で撃破。強豪中国選手に3連勝しての優勝は大きな価値がある。
国際卓球連盟(ITTF)はホームページのトップに「驚異のパフォーマンス。伊藤美誠がまばたきする間に朱雨玲を破った」と報じた。

これは、1年半前の平野美宇の快挙に匹敵し、あるいはもしかしたら、それを上回るかもしれない。なぜなら、平野美宇のアジア選手権のときはノーマークで、今回は中国が研究し尽くした後の勝利だからである。

しかも日本卓球協会のホームページの情報によると、伊藤美誠は、決勝の朱雨玲に、11-3, 11-3, 11-5, 11-8の圧勝だった。ただ、Yahoo! Sports Naviなどの情報によると、中国は伊藤美誠にベストのパフォーマンスを発揮させ、研究材料にしたという説もあり、油断ができない。

ともかく、Tリーグも始まったことだし、今後の日本の卓球に注目である。確実に中国は巻き返してくるだろうけど。

プロ野球については、クライマックスシリーズカープ、CS突破パリーグのCS終わると見てきて、いよいよ日本シリーズに突入した。

パリーグの西武対ソフトバンクの、獰猛ともいえる闘いを観ていると、九月に入って闇ったり、DeNAや中日に蹂躙されつつ、やっとリーグ優勝を決めたカープは、西武とソフトバンクのどちらが出てきても、相当厳しい戦いを強いられそうな気がした。

ところが、日本シリーズが始まってみると、マツダスタジアムでの第1戦で、カープがいきなりソフトバンクの千賀から二点を入れ、おっ、これはいけるのでは、と思った。ところがカープの悪い癖で、なかなかあと一本が出ない。結局、二点を返され、双方継投でなんとか引き分けに終わってみると、やはりソフトバンクに勝つのは大変だ、と痛感した。

しかし、続く第2戦、カープは剛腕のバンデンバーグを打ち崩し、ジョンソンの好投で5-1で勝利、これはいけるのではないかと希望が出てきた。少なくとも鯉にとって、獰猛だと思っていた鷹は、それほどでもないのだ、と。

とはいえ、このままあと3勝して日本シリーズを制覇できると信じていたカープファンはほとんどいなかったと思う。そして果たしてヤフオクドームの第3戦は、私がキーポイントだと信じる試合になった。最初に先制され、4-1となった6回の表、鈴木のホームランと曾澤のタイムリーヒットで2点を返し、これはなんとかなると思ったら、その裏、デスパイネの3ランも含めて四点を入れられ、3-8、流石に勝負あったかなとがっかりしたが、こ7回の裏にカープが中田廉を登板させたときは、がっかりした。これでは、日本シリーズではなくペナントレース・モードではないか。ここで中田が高谷にソロホームランを浴びたことが結局、決勝点となり、後の安部の満塁ホームランを含む反撃が届かなかった。緒方監督はいまいち危機感が足らなかった。

第4戦での負けは仕方ないにしても、激しい打ち合いになった第5戦は、7回の段階で終盤4-3でカープが抜け出し、そこでカープはフランスワを投入、逃げ切りに入った。ところが柳田でも松田でもなく、内川でもなく、今期のペナントレースでたった1本しかホームランを打っていない明石に、フランスワがソロホームランを浴び、これで同点になった。これいくらなんでも、不運だったとカープファンは呼んではいけないのだろうか。それも所詮カープの実力だよ、と非カープファンは言いなすのだろうか。それでも、カープに森唯斗レベルのクローザーがいればよかったのだが、あいにく今の中崎はそこまでの力はない。かくして、中崎は、柳田にサヨナラホームランを打たれてしまった。

そして、第6戦、マツダスタジアムに戻って、カープのジョンソンが最初から好投し、カープはというと序盤からランナーを出すのだが、バンデンバーグの力投に抑えられた。もし打てないなら、スクイズすればいいではないか、と思っていたら、なんとスクイズして辛く一点を取ったのはソフトバンクの方だった。グラシアルの一発を加え2点を取ったソフトバンクは自慢の継投で逃げ切った。流れが最早、カープになかった。

終わってみれば大差のようであるが、それはうっかり流れを失ったせいで、緒方監督のコメントにあるように、力の差は案外に微差だった。これは決して負け惜しみではない。

また、ソフトバンクの鉄壁の捕手陣に盗塁をことごとく阻止されたことを云々する向きもあるが、これはカープにとって必要な学習プロセスであり、特に愚策ではない。学習に時間がかかることがカープの長所であり欠点であり、ただそのヒステリシスの長さカープにリーグ三連覇をもたらした。

なので、緒方監督の下でのカープは、長い目でみるしかないのである。比較してみて、ソフトバンクがカープより強いのはある意味当然で、なにしろ背景のチームの資金力が違いすぎる。カープは、ソフトバンクのように有力な外人選手をどんどん雇うことができず、なんとかカープアカデミーで養成し、あとは生え抜き育成とチーム全体の猛練習で底上げするしかない。

背景のチームの資金力という意味では巨人も潤沢であるが、ソフトバンクは育成力も半端ではなく、よってなかなかカープが付け入る隙を見出すのは難しい。

それで原監督の下で巨人が育成力をつけるなら、カープにとって強敵になるだろう。もしかして来期は最早カープにとってお客さんではなくなるかもしれない。

それで私の来期の予想は、セリーグの優勝は巨人で、カープは一時的に陰伏する、というものである。その間にカープは力をつけ、再来年あたりから、逞しさを増して出てくるだろう。という根拠のない私の予想である。

カープ、CS突破に安堵して、しばらくは野球観戦はお休みだと思っていたのだが、10月20日(土)になると、セリーグのCSを観足らなかったか、あるいはカープの試合の応援の慣性か、つい西武対ソフトバンクの試合を観始めた。

すると、あれっ、と思ったのは、メットライフ球場に屋根があるじゃん、ということである。ここも雨が降ったら中止になる球場だと思っていた。そんなことも知らないなんて。

そして、ともかく力強いパリーグの試合を観戦しようと意気込んだ。今までのところ、西武が打たれまくって、かなり押されているようであるが、あの猛打の西武がこのまま終わるわけない、このあたりから西武が反撃するはずだ、と信じた。

ところが試合が始まってみると、いきなり一回、二回とソフトバンクが二点ずつ入れて一気に4-0とリードしてしまった。西武はというと、秋山、浅村、山川など自慢の打撃陣がどうも景気が悪い。それでも西武はなんとか二点返したが、そこから両チーム、点が入らず、投手戦で進んだ。

このまま終わるかと思ったら、七回の表にソフトバンクが駄目押しの四点を入れて、実質的に試合を決めてしまった。試合後のコメントで、西武の辻監督は、七回の四点が痛かった、と言っていた。それでも辻監督は、最後は西武が勝つものと信じているように見えた。なぜなら、西武がパリーグのペナントレースの覇者なのだから。

その乗りで10月21日(日)も西武対ソフトバンクの試合を観戦したが、この試合もなんと、ソフトバンクが一回の表に三点いれて先行するところから始まった。これをみたとき、もしや西武は危ないのでは、と疑念が生じてきた。しかし、西武は5回に2点を入れて3-2と詰め寄り、ついに反撃が始まったと信じた。ところが6回にソフトバンクが1点入れ、また二点差となった。私はふと将棋で、結構反撃するのだが、どうやっても一手足りない、という将棋を思い出した。なんかこの僅差地獄に陥ると、精神的に苦しい。アキレスと亀ではないが、どこまで行っても僅差が埋まらない。

すなわち、九回の裏、二点差で西武は、中村剛也が豪快なホームランを打つも、ランナーなしで、一点のみ。結局一点差でソフトバンクの守護神の森唯斗に抑えられてしまった。

その瞬間に西武のクライマックス敗退が決まった。西武ベンチの雰囲気がその瞬間、凍った。

ソフトバンクのパリーグ最終勝利の儀式を観ながら考えたのは、名だたる西武の猛打者がいまいち不完全燃焼で終わったのは、西武の闇ったのだ、ということである。そして観ていると、この症状は、カープが九月に闇ったのと同じ、ということである。

ということは、と私は思ったのは、結局、鬼のように強いと思った西武も、カープとあまり変わらない、ということである。そして西武がソフトバンクに競り負けてしまったのは、優勝経験から遠ざかっていたことと、そして、リーグ優勝が決まっても、勢い余って勝過ぎた、ということである。その反動がクライマックスシリーズで現れてきた。

そこまで考えていたら、西武の辻監督の挨拶があった。日本一を目指してここまで頑張ってきたのに、ここで負けるとは残念だ、とまでしゃべって、そこで感極まって泣き出した。私はそれを決して見苦しいとは思わず、むしろ共感し、感動した。なぜなら、カープも一年前、似た悔しい経験をしたからである。

辻監督の話によると、西武は今年のペナントレースで最初に八連勝して以来、最後まで一位をキープして、一度も一位を他のチームに渡さなかったそうである。これはまさに完全勝利である。それでも、西武が安閑としていられなかったのは、ソフトバンクが猛追してきたからである。結果的に、ソフトバンクの最終勝率はカープのそれにほぼ匹敵し、西武の最終勝率は、カープのそれをかなり上回ったのである。

どうしてこの圧倒的な成績が、クライマックスシリーズに反映されないのか、雀の涙のような一勝だけのアドバンテージしかもらえないのか、私は決して西武のファンではないが、辻監督に感情移入してそう思った。やはりクライマックスシリーズの制度はおかしくないか。すなわち、悪い制度も制度なりであるが、やはりそのやりかたは、数学の用語でいえば、well-definedではない。

あと、10月21日(日)の試合で印象的なシーンがあった。それは、5月の裏、2アウト1塁の秋山の盗塁のシーンである。秋山が好スタートを切り、明らかにセーフなのに判定はアウト。当然辻監督はリクエストをかけた。ところが、その自明なはずの判定に審判団は5分以上も時間をかけた。その間、盗塁のシーンのリプレイの放送が何度もあったが、何度みてもセーフだった。解説の人達も同じ意見だった。ところが勿体をつけすぎた審判団の最終判定はアウト。私は、西武のよくない命運を予見したような気がした。

ともかく、こんなことがあって、一週間後、カープとソフトバンクの日本シリーズが始まる。競った戦いを経験してきたソフトバンクの方が少し有利なような気がするが、カープがカープ本来の野球ができれば、好勝負になるのでは、と期待するものである。

カープ、CSに散るに書いたように、クライマックスのファイナルステージで、カープが屈辱の敗北を喫してから、約一年がたった。

カープは今期はリーグ三連覇なんて、流石に無理だろうから、二位か三位に入って、今年はCSで一位のチームを蹴落とすことで、去年の屈辱を晴らせばいいと、斜に構えたようなことを考えていたら、望外で今季もカープはリーグ優勝し、三度クライマックスのファイナルステージに臨むことになった。

戻って、今期のカープは、大抵のカープ・ファンは同意すると思うが、明らかに去年や一昨年の戦力に見劣りしていた。そのことは、今年の交流戦で、カープはなんと7勝11敗、12球団中10位の成績であったことで例証される。去年は確か、12球団中2位だったはずである。

ところがセリーグで、交流戦で快進撃したのは最下位だったヤクルトだけで、他のチームはカープとどんぐりの背比べの成績で、結局、二位以下のチームの中でヤクルトが浮かび上がっただけで、一位のカープと二位のチームの差はあまり縮まらなかった。

カープが交流戦で惨敗した理由は、野村が故障でファームに落ち、ジョンソンが奥さんの出産による里帰りでしばらく出場できず、岡田も不調で、先発欠乏症だったからである。そのせいで、オリックスに三タテくらったりした。

しかし、交流戦が終わったら、次第に先発陣が揃い、慣れたセリーグのチームを相手に、カープは快進撃し、その好調は、6月の終わりから8月の終わりまで、約二ケ月続いた。結果的にみて、その貯金が大きかった。というのは、9月に入ってカープは突然の不調に陥ったからである。連勝と連敗に書いたとおりである。ここでも、二位のヤクルトが、結構カープに同期して負けてくれたのが幸いした。

そして、もたもたしたが、8月までの貯金を少しずつ食いつぶしつつ、なんとか9月中にリーグ優勝することができた。私はカープの9月の不調を、日記風で、闇る、と表現した。

だが、勝つための負け方での考察によれば、9月に闇ったことが、今回クライマックスのファイナルステージを突破したことの原動力になった。俗な言い方ではツキを貯めたのである。いくらなんでも、意図的にそうした、とは思えないのだが。

さらに今回のクライマックスのファイナルステージで幸いだったのは、ほぼ三位確定と思われたDeNAが最後失速して四位に終わったことである。そもそもDeNAは去年のファイナルステージでカープを破った遺恨の相手だし、フランチャイズよりもアウェイの球場の方が勝率が高く、マツダスタジアムに全く苦手感がない。

そのDeNAが終盤、ヤクルトや阪神に連敗し、さらに巨人が菅野を駆使して三位を確定させたことが、カープにとって幸いだった。

結局、クライマックスのファーストステージは、巨人対ヤクルトという、カープにとって最高の組み合わせとなった。なぜなら、このどちらのチームにもカープは大きく勝ち越しているからである。

さらにカープにとってラッキーだったのは、クライマックスのファーストステージの第2戦で、菅野がノーヒットノーランを達成したことである。これは確かに画期的で、菅野の一流の証明であるが、私に言わせると、こんなところでツキを浪費してはいけない。このせいで、ファイナルステージで、巨人はツキ欠乏症に陥り、エラーが多く、打線は振るわず、投手に失投があった。

あと、理解できないのは、どうして巨人は、ファイナルステージの第3戦で菅野を出さなかったのだろうか。というのは、後がない状況で菅野を温存しても無意味だからである。もしかして、第3戦をなんとか勝ち、次の第4戦で菅野で勝てれば、2勝3敗となって、相手にプレッシャを与えられると思ったのだろうか。これに関しては、菅野を酷使してはいけない、という上層部からの指示があったという説がある。去年DeNAは、CSと日本シリーズで今永を酷使し、それが祟って今永は今期散々な成績だったというのだが、オフシーズンは長いので、いくらでも調整できるのではないか。

そうそう、カープの一番の勝因は、去年の反省で、緒方監督が、ラミレス流の短期決戦スキルを学び、クライマックスで実践して功を奏したことである。実際、ペナントレースでも、緒方監督は、短期決戦のトレーニングを試みていた。

さて、日本シリーズの相手は、西武なのかソフトバンクなのか分からないが、どちらが来てもカープにとって苦しい戦いになりそうである。なにしろ打撃の厚みが違う。ただ、短期決戦であるがゆえの、奇襲的な采配を駆使すれば、なんとかなる可能性はある。

ということで、日本シリーズは、大らかな気持ちで観戦するとしよう。

セリーグのクライマックスシリーズをみていて、あくまでもペナントレースからの推定であるが、流石にヤクルトが厚いだろうと思った。というのは、やや散発感のある巨人打線に比べて、坂口、青木、山田、バレンティンを擁するヤクルト打線は、つながりで勝る。

それなのに、蓋を開けてみると、ヤクルト打線はほとんど沈黙し、巨人キラーのはずの小川は、散発的にではあるが打たれ、あいにく打線の掩護がなかった。

第二戦も打線の不振は続き、いくらなんでも菅野がセリーグ一の好投手だといっても、まさかのノーヒットノーランとなった。強打のヤクルト打線なのに、このあたりで一本でるよね、という感じがしなかった。なんとも流れは恐ろしい。そして、流れを失った原因は、キーパーソンの一人の青木が怪我で出れなかったことにある。

たった一人といってはいけない。野球は文字どおりチームワークなのである。そういう意味で、昨年のクライマックスでカープがDeNAに負けたのは、鈴木誠也の不在があまりにも響いた。それを指摘したら、そんなの理由にならない、要するにカープが弱いからだ、と言いなす人がいたが、敗者は言い訳してはいけないのだろうか。私はヤクルトファンではないが、青木がいたら流れはまた違っていたかもしれないとヤクルトを擁護したい。

そうやってクライマックスシリーズを見ていると、やはりこの制度はおかしい。なぜなら、リーグ二位と三位が戦うファーストステージで、全くといっていいほど、ハンディがない。二位のチームのアドバンテージは、フランチャイズで戦えることと、一勝一敗で引き分けになるか、雨天中止で上位チームが勝ちと見なされること以外何もメリットはない。

棋友の示唆により、これを将棋の棋戦の仕組みと比べると、A級への昇級を、B級1組の優勝者とB級2組の優勝者でハンディなしで戦わせるようなもので、順位戦の趣旨を否定しかねない。

あと、長いペナントレースのリーグ戦の後の決着を、短い直接対決で決める、というのも、まさに木に竹を接ぐものである。

すなわち、囲碁や将棋でも、クライマックスシリーズのような方式が採られている棋戦はあるが、それはベースが必ずトーナメント方式である。

そして、リーグ戦方式がベースの棋戦は、最終的な勝敗の数だけで優勝が決まり、CSのようなことをするのは、最終的な勝敗の数で同率の者が複数出てきたときだけである。しかも、パラマス方式で、あくまでもオリジナルの順位が重んじられる。尤も、囲碁や将棋のリーグでは、前期の順位も考慮されるのであるが。

ただ、CSがない時代は、リーグ優勝チームが決まると、残りの試合ががすべて消化試合になって、個人タイトルが絡まない限り、泡の出ないビールのようなものになってしまう、という問題は確かにあった。

だとしても、リーグの最終順位だけしか考慮に入れず、それでいて順位間のハンディをほとんど付けない、現行のCS方式はあきらかにおかしい。せめて、最終の勝率やゲーム差に応じて、アドバンテージを加減すべきであろう。

そうやって観ていたら、パリーグはソフトバンクが2勝1敗でCSのファーストステージを突破して、西武との対決となった。去年に比べて、内川とサファテを欠くのに、ソフトバンクはしぶとい。パリーグはいいとして、カープは妙に勢いづいてる巨人を止められるだろうか。

それにしても、ブログを書き始めた頃は、内容の良し悪しはともかくとして、なるべくオリジナルなことを書こうと努力したものだが、ここにきて、世間でCSに関して誰もが考え、議論され尽くしているようなことを屋上屋のように縷々と書くとは、私も焼きが回ったというべきである。

今年、カープは、リーグ優勝3連覇を果たした。セリーグで今までそれを達成したことがあるのは巨人しかいないのだから、これは相当画期的なことである。

なのに、カープ・ファンの気持ちは、いまいち盛り上がらない。それは、一昨年の日本シリーズ敗退に続いて、昨年、クライマックスでDeNAに敗れてしまったことがトラウマになっているからである。

カープにとって幸いだったのは、いまいち苦手感のあるDeNAが、最後に失速して巨人を抜き去ることができず、4位が確定してしまったことである。これでカープのクライマックスの相手は、どちらもお客様感の漂う巨人かヤクルトになっては、どうみても去年より楽な戦いである、と言いたいところだが、短期決戦では、何があるか分からず、全く予断を許さない。

例えば、巨人の岡本がクライマックスのキーパーソンになりそうな雰囲気があり、もし岡本が「神る」と、そしてカープが「闇る」と、カープは危ない。

さて、その短期決戦であるが、カープの緒方監督が短期決戦の采配があまり得意ではないと言われていて、今年のペナントレースの中盤あたりから、短期決戦を意識した采配を試みているようだが、まだちょっと、木に竹を接ぐ感が否めない。それは緒方監督が、長期決戦?を意識したチーム運営を就任以来、続けてきたからである。

すなわち、まるで高校野球のように基本に立ち返り、徹底的に基礎練習した。他チームからの大型補強に頼らず、手間がかかっても、じっくり育成した。それは今期、バティスタとフランスワの活躍となって結実した。

さらに、もともとチームワークのよいチームだったが、緒方監督は、チームワークを強化し、一体感を高めた。そのことはチームの、いわゆるコヒーレンスを高め、ここぞというときの、爆発力を可能にした。

また、緒方監督の方針は、チームの根本的な体質改善につながり、それで長期的な勝率を維持したことで、3連覇の偉業となった。

比較のため例示すると、一昨年、日本シリーズでカープを破った日本ハムは、次の年、リーグで5位に終わった。昨年、クライマックスでカープを破ったDeNAは、今年、クライマックスにさえ出れなかった。なのに、栗山監督やラミレス監督は冴えているが、緒方監督は何やっとるんだ、という意見に、君たちもっと、長いスパンで見ようよ、と私はいい続けてきたが、そうだね、という反応を得ることはできなかった。まあ、仕方がない。

ただもちろん、物事にはすべて両面があって、チームのコヒーレンスが高まったということは、逆にいうとチームの多様性が低減した、ということを意味し、見ていると、チームが低迷しているときに、それを打破するトリック・スターの出現をなかなか期待できない。今年の9月の長いスランプの時期もそうだが、一番もどかしかったのは、去年のクライマックスのDeNA戦で、ここで一本でれば、というシーンが何度もあった。まあ、あれは神っている鈴木誠也がいないのが、実に痛かったのだが。

で、私は緒方監督に、手習いの短期決戦スキルを駆使してクライマックスと日本シリーズを勝ち抜いてほしいと願う一方で、長期決戦の強みを決して忘れないでほしいと願う。

たまたま今年、日本一になって、来年Bクラスに落ちるよりも、私は、あと十年ずっとAクラスを維持できる方が偉大だし、困難だと思う。

まあ、このあたり、価値観というか、人生観の問題だろうか。

以前も似たような記事を書いたが、最近もこのテーマを折に触れて考え続けているので、クライマックスシリーズとそれに続く日本シリーズの日程を間近にして、前回との重複を畏れず、何か書いてみる。

さて、セリーグでもパリーグでもいいのだが、 一位のチームでも、勝率が六割なかったりすることがある。なお、今の西武は勝率が六割を超えていて、かなりぶっちぎりである。

一方、囲碁や将棋のプロでは、一番勝っている棋士だと、年間勝率が九割近くなることがあるのに、プロ野球ではそれがないのは、なぜだろうか。

その要因は、少なくとも二つが考えられる。その第一は、ドラフト制度の存在である。それは、相対的に成績の下位のチームが優先的に有力な候補と交渉できるようにする制度なので、チームの力を均衡させる効果がある。

別の理由は、チームは多数の選手からなり、チーム力が直ちに個人の技量の線形和になるわけではないにしても、チーム力は、各選手のバイオリズムの重ね合わせのようになり、それはフーリエ級数のような複雑な波形となる。

その波形は複雑でなかなか予測がつなかいので、波の低い方がくると、チーム力が下がって、どうしようもない時期に遭遇することは避けられない。

そんなときどうするか、というと、プロなんだから、どんな試合でも全力を尽くす、というのは多分適切ではない。

それでは、短期的には勝てても、長期的にはリソースが払底して、チーム力が崩壊してしまう。では、どうするか、というと、あからさまにいうと、リソースを節約して、捨て試合を作るよりない。

そうすると問題なのは、明らかに無気力試合の様相を呈して、折角お金を払って観にきてくれている観客に申し訳ないということになるからである。

そこでの方策は、まだ海のものとも山のものとも分からない若手を器用することである。そうすると、ルーキーが活躍すると、観客が喜ぶし、もしまだ力不足と判れば、二軍に落として鍛えることになる。ともかく、このような若手の器用は、長期的にみて、チーム強化には必要であり、こういうのは、リソース確保だけではない、戦略的捨て試合と呼んでいいかもしれない。

そういう戦略的捨て試合には別の問題があって、それは、若手の望外の活躍で、捨てるつもりが勝ちゲームになると、人情としては、予定外のリソースを投入して勝ちにいく、ということがありえる。しかし、それは当初のリソース計画を狂わせ、それが中期的にどのような影響を及ぼすか分からないということもある。

一方で、負けと勝ちに書いた私の観察によると、ともかく負けることは一種の充電で、税金のようなものだから、なるべく少ない税金で切り上げて次に勝利に回りたい、ということになる。

このように、勝つために、いかに負けるか、ということは、なかなか深い戦略を含んでいると思われる。

月別 アーカイブ

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちスポーツカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはスピリチュアルです。

次のカテゴリは事件です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。