スポーツの最近のブログ記事

カープについて、今までカープの不調カープの凋落カープの低迷など、今年の成績に期待できない、というか、最後に3位に入って、CSに絡めれば御の字、みたいな記事を書いてきた。なにしろ、全チームのカードで負け越し、剰えヤクルトに三連敗し、一時は借金8まで落ち込んだときは、私だけでなく、私よりも楽観的な多くのカープファンも、今季は諦めた。なんとなく、頭の中を、サザンの「夏をあきらめて」が流れた。

平成から令和に切り替わるとき、カープは、阪神と対戦していた。この段階でカープは、8連勝のあとの2連敗で、再び暗雲が漂い始めていた。そしてこの元号またぎのタイミングで阪神にさらに2連敗したとき、ああ、令和も駄目か、とため息をついた。

でも、そのカードの第3戦を大瀬良で完封したときは、とりあえず安堵した。しかし、次に控えるは、現時点でセリーグ最強の巨人。厳しい戦いだったが、頑張ってここを2勝1引き分けで乗り切たことで、調子に乗った。

そこから、中日に2-1、DeNAに2-1、ヤクルトに2-0、阪神に3-0とギヤを上げ、ついに一位の巨人とゲーム差なしの二位まで漕ぎ着けた。その間、ヤクルトが5連敗と調子を落としたのが大きい。ヤクルトが、負けてくれないと、カープがいくら勝っても上には上がれない。

カープの好調の原因は、打撃力の復活も然ることながら、投手陣の充実であろう。先発だけでなく、中継ぎもぐっと厚みを増した。

ただやはり、今後、巨人が最強のライバルになることになることは間違いない。丸や炭谷を加えた攻撃力は、なんといっても圧巻である。

いまはカープは乗っているが、必ず不調の波は来るので、そこを厚みを増した投手陣がどう支えるかがキーポイントだと思う。ここで流れてくる曲は、サザンの「C調言葉に御用心」である。Cとは言わずと知れた、カープのことである。

カープの不調カープの凋落と書いてきて、今年のカープに見切りをつけたつもりでいたところ、4月17日の熊本での試合で巨人に根性の逆転をしたあと、なんとDeNAと中日に三連勝ずつして、4月27日のヤクルト戦まで八連勝して、ついに借金なしに押し戻した。この時点で、世間に喧しかった、カープ駄目論は沈黙した。

ところが、そこからがいけない。4月28日のヤクルト戦でジョンソンが3本ものホームランを打たれて2-4で負けると、4月29日のヤクルト戦で九里がフォアボールを出しまくり、カープもそれなりに打ったのだが、致命的エラーもあって4-7で負け、ここらあたりで気分的にカープの凋落と同様になり、辛くなってきた。なんというか、大雨の被害があったあと、しばらく晴天が続いたはずなのに、まだ地盤が弱いので、少しの雨で土砂崩れになるようなものである。

が、4月30日の阪神戦は、アドゥワが先発と聞いて期待した。なぜなら、前回アドゥワは先発してなかなかの好投したからである。ところが、一回裏からいきなり4フォアボールであっさり押出ししてはテンションつるべ落としだった。その後打線も湿り、3-8で負け。3連敗で完全に8連勝の蓄積を吐き出したような気がした。

5月1日の令和初日の阪神戦は、カープが野村なので、なんとかしてくれると思った。実際野村は少ない球数で快調に飛ばし、相手の投手才木は野村の倍の球数で苦しんでいた。久々にカープが2点先制し、これは才木を打ち崩せるのではと思った。ところが、田中の致命的エラーが出て、一気に流れが変わった。野村以下、出すピッチャーが打たれまくって2-6で完敗。

こうなっては、5月2日の阪神戦は、まるで病み上がりのように観るも痛々しい。ところが、大瀬良と岩田の投げ合いで息詰まる投手戦、大瀬良の方がランナーを出していたような気がしたが、粘投でフランソワに繋ぎ、9回表で0-0。ここで阪神はクローザーのドリスを出してきたが、カープとしては、ストッパーのジョンソンの方が手強く、ドリスとジョンソンを入れ替えていた方がよかった。なぜなら、ドリスはカープが結構打ってきたからである。すると、最近ホームランを打っているバティスタが2ランを打ち、これで実質的に決めた。その後もドリスは崩れて、鈴木、曽根が連打し、替わった守屋から曾澤が走者一掃のタイムリーで駄目押し、中崎が抑えて、4-0で勝った。

これで5月3日はズムスタに帰って巨人だが、やはり目下巨人はセリーグ最強だし、最早巨人はズムスタ・コンプレックスはないと思うので、カープも容易ではない。なんか打線が繋がってないというか、薄いのである。とりあえず床田に期待である。

こうして、優勝を目指すなどというとチコちゃんに叱られる?今のカープなのだった。とりあえず最終的にぎりぎり三位につけてCSを目指してほしい。

カープの不調を書いてから、一週間以上が経ったが、なんといきなり全チームに負け越しで、去年お客さんだったはずのヤクルトには、三連敗である。これは球団始まって以来のワースト記録らしい。

そこで、今やカープ批判はネットで汗牛充棟で、私がオリジナルな命題を述べる余地などないのであるが、それでも、自分に言い聞かせるためだけに、いくつかの論点を記してみる。

すると、やはり三連覇の余波があまりにも大きい、ということである。それは、成功体験がネガティブに効く、という経営学でいう、イノベーションのジレンマである。

すなわち、人間、あるいは生物全般にいえるのかもしれないが、成功体験は、その後の行動や選択を縛り、硬直させる。それは、下手に成功しなければ芽が出ていた事どもの芽を摘む。

今のカープのスタメンにも、それが見て取れる。せっかく小園を一軍登録しておきながら、結局まだ出場させていない。

あと、誰の目にも明らかなように、丸が抜けたのが、あまりに大きい。評論家は開幕前、丸が抜けても、代わりに出てくる者は、いくらでもいる、みたいに言っていたが、全くそうなっていない。如何せん、カープは、資金も含めて、リソースが少なすぎる。有力外人を採ることもできず、必死で内部育成する。それは確かに育成スキルの向上につながったが、育成した人材で勝つには、一体感、すなわちコヒーレンスを高めて、レーザービームのように集中させなくてはならない。

それがうまくいって、カープは劇的ともいえるリーグ三連覇を果たした。しかし、コヒーレンス性は、日本シリーズで、それに合うように柔軟に戦略を変えることを許さなかった。

私は、カープが日本シリーズで勝つには、巨人やソフトバンクのような豊富な資金を要すると思った。生え抜きの人材を鍛えるだけでは、限界がある。

要するに、リーグ三連覇は、長い時間をかけた育成の蓄積の成果なのだが、そんな育成の精粋ともいうべき丸を、金にあかせて引き抜くとは、巨人はなんと酷いことをするのだろう。

ともかく、コヒーレントなカープは、丸の抜けたあとの混乱を、なかなか収拾できないので、今の惨状は、少なくともあと、一二ヵ月は続くのではないか。そうすると、他チームと決定的な差をつけられて、今期は最下位という可能性が高い。

それでも、持ち前の練習と育成のスキルでチーム力を底上げし、来期はもしかして、Aクラスに食い込めるかもしれない。

しかし、再びリーグ優勝できるようになるには、あと何年かかるだろうか。私は少なくとも5年とみるが、もしかして10年、あるいはそれ以上、かかるかもしれない。まあでも、リーグ優勝を続けているより、そういう方が、カープらしいともいえる。

とここまで書いて、4月17日の巨人戦では、8回の裏にフランスワが、丸に痛恨の勝ち越しツーランを浴びて、2-4になった時点で駄目だこりゃと思っていたら、なんと9回の表にカープが3点取って5-4と逆転し、そのまま逃げ切って勝った。私が思わず快哉を叫んだは当然だが、冷静に今の惨状をみるにつけ、こういう試合をもうちょっとやってくれりゃあええんじゃがのう、と広島弁で力なくつぶやくのだった。

今年も、ペナントレースが始まった。カープの第一戦は、マツダスタジアムでの巨人戦。いろいろな意味でも注目の一戦であり、カープは大瀬良、巨人は菅野と、両エースの投げ合いで、息詰まる投手戦となった。そして菅野降板後の終盤、カープは相手のミスに乗じて、5-0で逃げ切った。そしてカープから移籍した丸が四三振。いろいろな意味で明暗分けで、今年もカープは優勝戦線に加わり、巨人は低迷か、とつい思った。

しかし、それはとんだ勘違いだった。そのあと、カープ有利のマツダスタジアムのはずなのに、つまらないミスを重ね、二連敗。まあ、最初だからね、と大目にみていたら、鬼門とはいえ、ナゴヤドームでも1勝2敗。

さらには、マツダスタジアムに戻ってきて、阪神との最下位対決にも負けて2勝5敗、ついに名誉ある?単独最下位になってしまった。局所的とはいえ、こういう局面はここ数年なかったのではないだろうか。いくら能天気なファンでも、流石にこうなっては、四連覇するぞ、なんて言える雰囲気ではない。

もちろんカープの不調は今までなんどもブログに書いてきた。交流戦連勝と連敗などであるが、そのときは一応勝ち星の貯金があったので、そのうちなんとかなるだろうという期待があった。しかし、今は完全な借金生活で、返済に追われる。

あのころの不調に比べて、少しだけ救いがあるとしたら、それは、いまは一応投手陣は崩壊しておらず、比較的低い点に抑えていることである。なので問題は打てないことと、つまらないミスが多いことと、采配がおかしいことと、ツキがないことである。

そのうちの最大の問題は打てないことで、明らかに丸が抜けたのが大きい。かりに巨人に行った丸が打たなくても、とりあえずカープの攻撃力を殺いだことは確実にいえる。それでけでなく、最初は打てなかった丸であるが、知らない間に打ち始め、坂本、岡本とともに最強のトリオを構成してしまった。どうするんだカープ。囲碁でいうところの、丸の出入りはあまりにも大きい。丸が抜けても、若手にチャンスが与えられるので、それは却ってカープにとって福音だといっていた評論家がいたが、本当に今でもそう思っているのだろうか。

その困惑がカープ打線に及び、松山も、西川も、バティスタもほとんど打てていない。ということで、一ファンとしては、そのうち調子が上向くだろう、と気長に待つよりないのであった。ああ~、まさか今日も阪神に負けたりしないよね。

先日、イチローが引退した。独特の発言が注目された。私も、その実績や、努力し続ける姿勢は、凄いというか、圧倒的というか、こんな人は今後、まず、出てこないと思った。

それでも、将棋の羽生永世七冠のような共感をイチローに感じることができないのは、私にとって野球というスポーツが、結局 第三者的に観るものにとどまっているからだろう。それは、フィギュアスケートの羽生についても同様である。

ところが、先日NHKのイチローの特集番組を観ていて、にわかに共感度が上がった。それは、イチローのシアトルにある自宅でのトレーニング・シーンである。イチローは、今後選手として出場できる目途はたっていないのに、自宅の専用マシンでの筋トレに余念がない。その姿に、なぜか孤独が漂うのが、観ていて痛々しかった。

すると、次のシーンで、イチローは自宅で、大声で誰かを呼んでいる。そうして現れたのは、よぼよぼと歩く老犬だった。この犬は、イチローが大リーグで活動するようになってから飼い始め、今ではもう18歳だというから、犬としては超高齢である。それでも、イチローの愛撫に懸命に応える。

それを観ていて、なんか心が温かくなって、イチローに対する心理的距離が縮まった。そこで私も、飼い猫を可愛がろうと、ベッドで寝ていたトラの頭を撫でてみたが、うぜえよ、こちとら眠いんだよ、と睨むので、諦めた。猫に、犬のような愛想を期待してはいけない。

戻って、イチローだが、オフシーズンでも厳しいトレーニングを欠かさないので、身体能力は、若いときと変わらないそうである。それでも、以前のような成績がおさめられないため、最早試合に出してもらえない。おそらく、加齢により、動体視力が微妙に低下したのだろう。プロ野球は、瞬時の判断の世界なので、体力だけでなく、ぎりぎりの動体視力が重要である。

将棋でも、羽生永世七冠というか、羽生九段は、今でもトップクラスの棋士であることは間違いないが、思考の動体視力とでもいうべきものが、どうしても若い頃より低下していて、豊島二冠や、広瀬竜王などのトップ棋士に終盤で競り負けたりする。

しかし、年齢的に、フィギュアスケートはもっと過酷で、多くの場合、二十代で一線から退かなくてはならない。

それにしても、自らを鍛え続けているイチローだが、選手に見切りをつけたら、どうするのだろう。本人は、監督はやらないと宣言しているが、マリナーズには弟子のような存在の選手もいるようだし、どこかのチームでコーチを務めるのだろうか。

ともかく、志村五郎流にいうなら、He will find out.なのだろう。

箱根駅伝

user-pic
0

箱根駅伝は、いまや全国的なスポーツ・イベントだが、私はもともとあまり箱根駅伝に興味をもたないできた。その理由は簡単で、私はもともと陸上競技があまり好きではないし、地方大学出身の私にとって、東京や神奈川県など関東圏にある大学を出場校とする条件は、疎外感を感じるからである。

それでも、自分でも分からないが、最近では次第に箱根駅伝のファンになってきた。2013年の正月は、父の葬儀で忙殺されたが、外資系を 退職した2014年から真剣に箱根駅伝を観戦し始めた。すると、その年は、東洋大で山の神と呼ばれる柏原竜二選手の活躍で、東洋大が優勝した。観ていて、駅伝の勝負の駆け引きなど、面白いと思った。

しかし、2015年は目を瞠った。箱根駅伝的には全く無名の青山学院大学が彗星のように優勝をさらったからである。私的に嬉しかったのは、監督の原晋氏が、広島県出身で、特に私の出身地に近い世羅高校出身だったことである。それだけではない、中国電力の優秀な営業マンだった原氏は、ビジネス的手法を大胆に駅伝にとりいれて、何年もの時間をかけて勝つチームをつくりあげてきた。

それが証拠に、青山学院大学は、2015年から2018年まで、蓄積した力と日々の鍛錬により、箱根駅伝四連覇を果たした。原監督、半端ないと思った。2015年の初優勝当時、原監督はマスコミの寵児になり、ああこれでは堕落して駄目になると私は思った。そういう例は沢山みてきたからである。しかし、原監督は確固とした方法論でぶれることなく、勝ち続けた。

そして、2019年、今年の箱根駅伝は、青学の五連覇?と自問して、つい、いや~っと思ってしまった。原監督の故郷の野球チーム、広島カープのことを連想したからである。広島カープはリーグ三連覇を果たしたが、丸がFAで巨人に移籍して、今年の優勝が危機視されていることのアナロジで、根拠なくそう思っただけである。そうして駅伝が始まってみると、往路は様子をみるような青学の出だしで、なんとなく復路では二位くらいにつけているものだと思ったら、五区で異変が起きた。なんと、去年は東洋大に五区で猛追した竹石選手が、よくわからない原因で突然の不振に陥り、往路で東洋大に5分30秒の時間差をつけられ、六位だったからである。

いくら青学でも、2分以下ならともかく、ここから復路で挽回するのは難しいと思った。しかし、青学は、勝利は10%から積み上げる戦略で、じりっ、じりっとトップとの差を詰めていく。

ところが、伏兵がいた。箱根駅伝ではそれほど実績のない東海大である。せっかくじりっじりっと上位に食い込もうとしているのに、東海大は韋駄天のように疾走して、青学につけいる隙を与えない。東海大はついに、一位の東洋大を捉え、抜き去ってしまった。東洋大は結局、青学にも抜かれて三位になってしまった。しかし、とうとう青学は東海大を捉えることができなかった。

で、結論からいえば、青学は、例年どおりやはり強かった。東海大の意表の快進撃がなければ、優勝していただろう。思ったのは、過去の四連覇の際に、他チームの例外的な快進撃に出会ったかというと、それはなかったように思う。

すると、過去の四連覇は、実力プラスある種の幸運の結果で、今年はたまたま巡りあわせが悪かった、ということである。あんな不運に遭いながら二位まで迫った青学の底力は相当なもので、間違いなく来年以降も優勝候補の上位につけるだろう。

一方の東洋大は、不運に襲われた青学にも負けてしまったのは、去年にも増して悔しいだろう。

また、優勝した東海大は、一回だけの優勝だけでは、たまたま歯車が噛み合ったからなのかもしれず、上位の常連校になれるかどうか、まだ分からないというべきだろう。

なんにしても、私はすっかり箱根駅伝のファンになってしまったようである。箱根駅伝出場チームの大学出身の知り合いは一人もいないのであるが。

新記録

user-pic
0

読売新聞をみていたら、藤井七段が、最年少・最速、最高勝率で公式戦通算100勝を達成したという。困ったことに私は、藤井七段が卓越していることに慣れっこになってしまって、最早新記録に驚くことができないのだが、一応読売新聞の記事をウェブから引用させて戴く。

将棋の藤井聡太七段(16)は12日に東京・千駄ヶ谷の将棋会館で行われた銀河戦(囲碁・将棋チャンネル主催)で2連勝し、最年少・最速、最高勝率で公式戦通算100勝を達成した。対局後、藤井七段は「最年少(16歳4か月)での達成ということで、偉大な先輩方がたくさんおられるわけなので喜ばしく思っています」と話した。100勝目は阿部健治郎七段戦で、同チャンネルで来年3月5日に放送される。
 日本将棋連盟によると、藤井七段のプロ入りからの成績は100勝18敗(勝率8割4分7厘)。これまで主要棋士の中では中原誠十六世名人の100勝21敗(同8割2分6厘)が、100勝到達時の最高勝率だった。
これに関して私は、最早多くを語ることができない。最高連勝記録を打ち立てたあとも、まったく緩むことなく高いモチベーションを維持していることが凄いと今更驚くだけである。

と思っていたら、次の日、読売新聞に以下のような記事があった。やはり読売新聞の記事をウェブから引用させて戴く。

囲碁の第66期王座戦五番勝負(日本経済新聞社主催)、井山裕太王座(29)と挑戦者・一力遼八段(21)の第5局が13日、甲府市で行われ、午後6時5分、井山王座が186手までで白番中押し勝ちし、シリーズ3勝2敗で4連覇を達成。棋聖、本因坊、天元、十段と合わせて五冠を堅持した。
今回の防衛で井山王座の七大棋戦のタイトル獲得数は42となり、趙治勲名誉名人(62)に並んで最多タイとなった。趙名誉名人が50歳、入段から39年かけて達成した記録に、井山王座は入段から16年で追いついたことになる。
私は囲碁で井山棋聖が日本で最高記録タイトル数を更新することは確実と思ってきたが、えっ、三十歳前でもう趙治勲名誉名人と並んだの?と改めて驚いた。まあ、毎年七冠だの六冠だので量産しているもんね、とあっさり言ってしまうとあっけないが、それがいかに凄いか、それをうまく記述する表現力を私たもたない。厳密にはまだ新記録達成ではないが、こんな多面待ちでリーチがかかっていては、和了はまさに時間の問題である。

こうして藤井七段と井山棋聖を比べると、井山棋聖の記録の方が積み重ねが大変なので困難といえるが、どっちが凄いなんて比較するのは無粋なので、二人の天才を黙って(別に黙らなくていいが)見守っていきたい。

と思っていたら、新たな天才少年伝説である。日経のウェブ記事から引用させて戴く。

世界トップが集う大舞台で張本が見せたプレーは技術、戦術、メンタルを兼ね備えた王者の卓球だった。「勢いに任せず、自分のプレーで勝ちたい」。そう試合前に話していた通り、心身共に大きく成長した15歳がまた一つ勲章を手にした。過去未勝利の世界4位の林高遠を圧倒。「最高としか言いようがない」と喜びをかみしめた。
世界屈指のバックハンドを武器に、1月の全日本選手権を史上最年少で優勝。6月にはロンドン、リオデジャネイロ両五輪を制した2人の中国選手を破った。ただ、研究されたその後はなかなか勝てず、日本選手最高の5位まで上がった世界ランクについても「実力に見合っていない」とすら感じていた。

丸のFA

user-pic
0

今年カープがリーグ三連覇したとき、当然に来年もタナキクマルだよね、と丸が来年もいることを一切疑わなかった。なので、丸がFA宣言したとき、そもそもFA宣言できる年限になったことさえ知らなかったし、とりあえず権利行使しただけで、カープの首脳陣は多少年俸に色をつけて引きとどめるに違いない。すると、丸も納得して残留するのだろう、と思った。

ところが、まずロッテと、それから続いて巨人と交渉すると知って、これはやばいと思った。そもそも丸は千葉県出身で、幼馴染の奥さんも当然同郷、よって関東地方に住むことの選好が大きいだけでなく、FA交渉となると当然に年俸提示になるが、これは資金的に制限の大きいカープは太刀打ちできないと思った。

ロッテはというと、6年総額30億円級の長期契約と、監督手形、井口監督の背番号6を提示した。巨人はというと、5年総額30億~35億円の史上最大級の条件。しかも丸は、子供の頃から熱烈な巨人ファンだったらしい。カープはというと4年総額17億円なので、金額だけなら勝負にならない。

すると、普通に考えたら、巨人への移籍で決まり、ということになりそうだが、真面目な丸は、家族もカープのファンも大事にする。それで、残留するかどうか相当悩み、11月最後の日のぎりぎりの決断で巨人への移籍を決めたようである。

一応、スポニチの記事の11月30日の一部を引用させて戴く。

広島に巨人入りの報告を済ませた丸は「野球選手として環境を変えて一からチャレンジしようという気持ち。11年間応援してくれて感謝しかない」などと心境を語った。2年連続セ・リーグMVPに輝いた球界屈指の強打者は、最後まで広島愛とのはざまで揺れ動いたが、最も高い評価で誠意を示した新天地への挑戦に、第二の野球人生を懸ける決断を下した。また、ロッテには今朝、断りの連絡を入れたという。

カープファンの反応は、いくつかカープファンのブログをみた限りでは、出来れば丸に残ってほしかったが、巨人に行くからには頑張ってほしい、というものが多かった。そもそもカープファンは、FAで有力選手が出ていくことに慣れている。巨人に行って活躍した選手として、川口や江藤がいるし、最近では、MLBだが黒田だったり、マエケンだったりした。

一方、カープは、私が知る限り、FAで選手を採ったことがない唯一のプロ野球チームではないか。要するに、資金力が相対的に乏しいだけでなく、その育成能力が高いので、時間をかけて実力のある選手を養成する方針がメインということである。そうして生え抜きがメインで固めたチームは、コヒーレンスの高い爆発力のあるチーム力となり、リーグ三連覇を成し遂げた。ただ、みていて息苦しい面もあるので、丸は、心機一転したい気分にもなったか。

ともかく、丸を欠くと、やはり戦力的にカープは苦しい。来期のリーグ優勝は相当困難ではないか。そもそも、出ていった丸が今度は巨人にいるのだから、囲碁の地合い計算でいうところの出入りがあまりにも大きい。今期カープは巨人に大きく勝ち越せたが、実際はそれほど顕著なチーム力の差があったわけではない。

ということで、冷静な見方では、2019年はカープは優勝は見送って、その分丸の抜けた穴を若手が埋めて育ち、再来年以降の躍進を期待したい。力を貯めている、2017年ドラ1の中村奨成もそろそろ出てくるのではないか。私としてはカープの動的平衡だと思いたい。

卓球の伊藤美誠が、すごいことを成し遂げた。以下、日刊スポーツの記事から引用させて戴く。

ワールドツアー、スウェーデン・オープン女子シングルス決勝で伊藤美誠(18=スターツ)が世界1位の朱雨玲(23=中国)を4-0と圧倒し、優勝した。
3日の準決勝では世界選手権3度優勝で、16年リオデジャネイロオリンピック(五輪)金メダルの丁寧(中国)を4-2で勝利。2ゲーム連取されたものの、第3ゲーム6-10から猛反撃。一気に大逆転した。2日の準々決勝では世界6位の劉詩ブンを1-3からの大逆転で4-3で撃破。強豪中国選手に3連勝しての優勝は大きな価値がある。
国際卓球連盟(ITTF)はホームページのトップに「驚異のパフォーマンス。伊藤美誠がまばたきする間に朱雨玲を破った」と報じた。

これは、1年半前の平野美宇の快挙に匹敵し、あるいはもしかしたら、それを上回るかもしれない。なぜなら、平野美宇のアジア選手権のときはノーマークで、今回は中国が研究し尽くした後の勝利だからである。

しかも日本卓球協会のホームページの情報によると、伊藤美誠は、決勝の朱雨玲に、11-3, 11-3, 11-5, 11-8の圧勝だった。ただ、Yahoo! Sports Naviなどの情報によると、中国は伊藤美誠にベストのパフォーマンスを発揮させ、研究材料にしたという説もあり、油断ができない。

ともかく、Tリーグも始まったことだし、今後の日本の卓球に注目である。確実に中国は巻き返してくるだろうけど。

プロ野球については、クライマックスシリーズカープ、CS突破パリーグのCS終わると見てきて、いよいよ日本シリーズに突入した。

パリーグの西武対ソフトバンクの、獰猛ともいえる闘いを観ていると、九月に入って闇ったり、DeNAや中日に蹂躙されつつ、やっとリーグ優勝を決めたカープは、西武とソフトバンクのどちらが出てきても、相当厳しい戦いを強いられそうな気がした。

ところが、日本シリーズが始まってみると、マツダスタジアムでの第1戦で、カープがいきなりソフトバンクの千賀から二点を入れ、おっ、これはいけるのでは、と思った。ところがカープの悪い癖で、なかなかあと一本が出ない。結局、二点を返され、双方継投でなんとか引き分けに終わってみると、やはりソフトバンクに勝つのは大変だ、と痛感した。

しかし、続く第2戦、カープは剛腕のバンデンバーグを打ち崩し、ジョンソンの好投で5-1で勝利、これはいけるのではないかと希望が出てきた。少なくとも鯉にとって、獰猛だと思っていた鷹は、それほどでもないのだ、と。

とはいえ、このままあと3勝して日本シリーズを制覇できると信じていたカープファンはほとんどいなかったと思う。そして果たしてヤフオクドームの第3戦は、私がキーポイントだと信じる試合になった。最初に先制され、4-1となった6回の表、鈴木のホームランと曾澤のタイムリーヒットで2点を返し、これはなんとかなると思ったら、その裏、デスパイネの3ランも含めて四点を入れられ、3-8、流石に勝負あったかなとがっかりしたが、こ7回の裏にカープが中田廉を登板させたときは、がっかりした。これでは、日本シリーズではなくペナントレース・モードではないか。ここで中田が高谷にソロホームランを浴びたことが結局、決勝点となり、後の安部の満塁ホームランを含む反撃が届かなかった。緒方監督はいまいち危機感が足らなかった。

第4戦での負けは仕方ないにしても、激しい打ち合いになった第5戦は、7回の段階で終盤4-3でカープが抜け出し、そこでカープはフランスワを投入、逃げ切りに入った。ところが柳田でも松田でもなく、内川でもなく、今期のペナントレースでたった1本しかホームランを打っていない明石に、フランスワがソロホームランを浴び、これで同点になった。これいくらなんでも、不運だったとカープファンは呼んではいけないのだろうか。それも所詮カープの実力だよ、と非カープファンは言いなすのだろうか。それでも、カープに森唯斗レベルのクローザーがいればよかったのだが、あいにく今の中崎はそこまでの力はない。かくして、中崎は、柳田にサヨナラホームランを打たれてしまった。

そして、第6戦、マツダスタジアムに戻って、カープのジョンソンが最初から好投し、カープはというと序盤からランナーを出すのだが、バンデンバーグの力投に抑えられた。もし打てないなら、スクイズすればいいではないか、と思っていたら、なんとスクイズして辛く一点を取ったのはソフトバンクの方だった。グラシアルの一発を加え2点を取ったソフトバンクは自慢の継投で逃げ切った。流れが最早、カープになかった。

終わってみれば大差のようであるが、それはうっかり流れを失ったせいで、緒方監督のコメントにあるように、力の差は案外に微差だった。これは決して負け惜しみではない。

また、ソフトバンクの鉄壁の捕手陣に盗塁をことごとく阻止されたことを云々する向きもあるが、これはカープにとって必要な学習プロセスであり、特に愚策ではない。学習に時間がかかることがカープの長所であり欠点であり、ただそのヒステリシスの長さカープにリーグ三連覇をもたらした。

なので、緒方監督の下でのカープは、長い目でみるしかないのである。比較してみて、ソフトバンクがカープより強いのはある意味当然で、なにしろ背景のチームの資金力が違いすぎる。カープは、ソフトバンクのように有力な外人選手をどんどん雇うことができず、なんとかカープアカデミーで養成し、あとは生え抜き育成とチーム全体の猛練習で底上げするしかない。

背景のチームの資金力という意味では巨人も潤沢であるが、ソフトバンクは育成力も半端ではなく、よってなかなかカープが付け入る隙を見出すのは難しい。

それで原監督の下で巨人が育成力をつけるなら、カープにとって強敵になるだろう。もしかして来期は最早カープにとってお客さんではなくなるかもしれない。

それで私の来期の予想は、セリーグの優勝は巨人で、カープは一時的に陰伏する、というものである。その間にカープは力をつけ、再来年あたりから、逞しさを増して出てくるだろう。という根拠のない私の予想である。

月別 アーカイブ

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちスポーツカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはスピリチュアルです。

次のカテゴリは事件です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。