スポーツの最近のブログ記事

羽生と藤井

user-pic
0

羽生と藤井とくると、当然に将棋の話題だが、2月17日(土)は、特別な日だった。なぜなら、この日は平昌オリンピックの男子フィギュアスケートの個人決勝と、朝日杯将棋オープン戦準決勝の羽生竜王対藤井五段の対戦という、ビッグなイベントが重なる稀有な日だったからである。男子フィギュアスケートの最注目といえば、言わずと知れた羽生結弦。この日は、羽生という姓が、ともすれば羽生善治でない別人を指してしまうとは。

先にあったのは、朝日杯将棋オープン戦準決勝の羽生竜王対藤井五段戦。午前10:30から開始された。藤井五段が先番で、角換り模様。しかし、腰掛銀にはなったものの羽生が△4四歩と止めて角は交換しなかったので、藤井五段が▲4五歩から先に攻める展開になった。しかし、羽生は△7五歩から反撃して、端攻めもからめて、羽生の方がよくなったように見えた。

ところが藤井は開き直って、▲5五銀左と銀交換をする、攻め。どうみてもいい手にはみえず、果たして、羽生が△8八歩と攻め、以下▲同金、△9九銀、▲9八金、△8八歩となって藤井の玉が危ないかと見えたが、これはもしかして重くて、よくなかったかもしれない。結局藤井は、▲4三歩と飛車の成り込みをからめて、羽生玉を中段におびき寄せ、寄せ切った。これでついに藤井五段が決勝進出である。

朝日杯将棋オープン戦決勝は14:30からなので、今度は男子フィギュアスケートを見ることにした。なにしろ、決勝は24人が出場し、一人15分程度かかるので、全体で3時間くらいかかってしまう。それで見ていると、米国、カナダ、中国などの有力選手が続々出てくるので、ショートプログラムで最高点を叩き出した羽生結弦といえども、少しのミスが転落につながってしまう。

そこで観ていると、ついに羽生の手番でなく、順番が来た。おっと、私が混同してどうする。羽生は緊張し、既に疲れた様子なので、どうかなと心配したが、いくつか細かいミスはあったものの、概ね完璧だったといえる。金メダルを目指せる、かなりの高得点を得た。去年11月の怪我で2ヵ月も氷の上の練習ができなかったというのに、よくぞここまで復活したものである。あまりスポーツに感情移入しない私もつい目がしらが熱くなった。きっと東北大震災で辛かった人の想いが羽生に投影されているのだと思った。

羽生のあとは、後輩の宇野昌磨。ある意味、羽生よりいい演技のようにも思えたが、一度転んで、減点された。私は、羽生でなく宇野昌磨が金だとちょっと味が悪いかもね、と思っていたので、申し訳ない言い方だが、その転倒に少しほっとした。

しかし、転倒にも拘わらず宇野昌磨は、ヨーロッパの絶対的チャンピオン、スペインのフェルナンデスを抑えて銀メダルを獲得したのだから、いかにいい演技だったかが分かる。

終わってみて、フリーの得点で羽生より高かった選手が何人かいて、羽生はショートプログラムでの貯金が少なかったら危なかったところである。まあそれも勝負の綾であるが。

そこで、朝日杯将棋オープン戦決勝をみると、藤井の相手は広瀬八段だった。広瀬八段は、準決勝で久保王将に勝ったのだが、藤井五段は対振飛車があまり得意でないので、私は、広瀬八段でよかった、とついほっとした。藤井の先手で、戦型は、こちらは純正の角換りとなった。

例によって藤井は、強引とも思える手で局面を打開していく。一方の広瀬八段は、意識的に受けに回って指し方をする。そんな藤井は、相手の金を角で切ったが、これはどうみても無理筋で、手が続かないと思った。ところが、藤井は、細い攻めを繋ぐのが抜群にうまく、次第に形勢をリードしていった。そして、相手の飛車道を止める、終盤の▲4四桂が絶妙で、明確に藤井の勝ちが決まった。これで規定により藤井は六段昇段、史上最年少優勝記録の更新、ならびに史上最年少、最速での六段昇段を果たした。

2月17日(土)は、以上のようなビッグなイベントがあった、ビッグな一日であった。

野球の今昔

user-pic
0

今年になって熱心にプロ野球をテレビで観戦するようになったのだが、それで昔と比べて気づいたことをメモしたりした。その内容を書き下して、適当にコメントしてみる。

すると、まず最初に挙げたいのがスコアのBSOである。これは言うまでもなく、ボール、スコア、アウトなのだが、昔はこれはSBOだった。方言のアクセントのように私にはSBOのままでなので、いまだに野球を観ていて、ボールの数とストライクの数を混同したりする。困ったものである。これはいつから、またどんな理由で変更になったのだろう。相当前から、ということは分かっているのだが。

また、変化球の種類も増えた。例えば、ツーシーム、カットボールなどである。これがどんな投げ方でどんな変化するのか未だに理解していない。ウェブで調べれば簡単に分かるはずなのに、である。一方、昔ときどき聞いた、ナックルボール、パームボールというのは一切聞かなくなった。最早変化球として使われていないのだろうか。

あと、投手起用も随分変化した。昔は、先発と中継ぎの区別くらいしかなかったが、カープで江夏が活躍したあたりから、抑えの切り札という概念が出てきて、大魔神だの守護神だのと呼ばれるようにもなった。もっと最近では、中継ぎ要員が何人もいて、基本的に一人1イニングしか投げない。それで中継ぎで失点を0に抑えて結果的に試合に勝つと、ホールドというポイントが付く。中継ぎの最後を務める人は重要な役割で、セットアッパーと呼ばれる。そして最重要なのが最後を務めるクローザーで、ある範囲内の得点差を保ってそのまま勝ち切るように登板するとセーブポイントがつく。今年の日本シリーズを観ていると、DeNAは下克上から健闘したが結局最後は、ソフトバンクのサファテと、DeNAの山崎康晃のクローザーとしての力の差が出た。しかしなんといっても、DeNAは筒香はじめ、山崎康晃など主力選手の平均年齢が若い。今後も確実にカープにとって強力なライバルとなるだろう。

そうそう、最大の変化はCSの導入である。野村ノートで野村克也氏は、CSに反対していた。理由は例えば、セリーグもパリーグもCSでどちらも三位のチームが勝ち上がって戦うとしたら、それが日本シリーズといえるのか、と批判していた。実際今期のセリーグを、2位に対して10ゲーム以上差をつけてぶっちぎりで優勝したカープが日本シリーズに出れないのはおかしくないかという意見が結構あった。カープファンの私としては、そうだそうだと諸手で賛成したいところだが、制度は制度なので、負けたチームが何言っても言い訳になってしまう。まあでも、別の見方では、CSがないと、もし早めにあるチームが優勝を決めてしまうと、そのあと全てが消化試合になって著しく気が抜ける。CSがあると、下位のチームももしかして三位以内に入れるかと頑張り、上位チームは順位を死守しようと必死になる。CSそのものの死闘だったりして、確実に盛り上がり、プロ野球の興行収入は増える。そういうビジネス的観点からやはりCSは是であるとおもう。

ビジネス的観点という意味では、毎試合有名人を招待して始球式をしたり、ラッキーセブンにチアガールが踊ったり、各チームが人気グッズを販売してかなりの利益を上げたりと、少しでも人気を盛り上げるのに懸命で、お陰で、昔は球場は、巨人戦以外は観客が数千人しかおらず閑古鳥が鳴いていたのに、今ではどんな試合も1万人以上観客を動員していて潤っている。しかしそれでも人気を鼓吹する策を怠ると一気に下落するので大変である。

広島カープについては、圧倒的な攻撃力、足を使った攻め、独特の育成システム、日本シリーズやCSでの采配ミスなど、いろいろな点が指摘されているが、ここであえて、私が観察で気づいた、あまり指摘されていない特質について述べてみる。もしかして単に私の思い過ごしにすぎないかもしれないが、それも綾と思うことにする。

そこで最初に挙げたいのは、予定変更に動揺してしまう傾向が強い、ということである。例えば、今年のマツダスタジアムでの巨人戦で、交通渋滞かなにかで巨人の選手の道具が到着するのが遅れて、試合開始が30分だか1時間だか遅れたことがあった。すると、巨人にかなり分がいいカープだが、その試合はカープが浮足立って惨敗してしまった。

また、9月のマツダスタジアムでのヤクルト戦で、その試合を勝つと優勝が決まって、地元で胴上げという願ってもない状況になった。ただ問題は台風が来ていて、試合が行われるかどうかかなり危ぶまれる、という状況だった。ところが意外に雨が小降りになって、結局1時間くらい遅れて試合が開始された。その試合はカープが先行・リードに、中盤以降中継ぎや抑えの切り札を駆使すれば安全に勝てると思っていたところ、なぜかカープは後半に乱れて、負けてしまった。その次の日も同じ球場でのヤクルト戦が予定されていたのだが、ここは朝からの激しい雨で中止になり、結局甲子園球場での阪神戦に優勝決定が持ち越された。結局そこで勝ってカープは優勝を決めたのだが、そのことは阪神に余計な遺恨を与えることになってしまった。うまくいえないが、このことはカープがCSで敗れたことの一因になっていると思う。これは、風が吹けは桶屋が儲かる並みの牽強付会か。

次に指摘したいのは、カープのペナントレース重視、言い換えるとペナントレース以外の軽視である。例えば、今年のオールスター戦で、好調のカープは多数の選手が選ばれたが、他のチーム、例えばDeNAの筒香や楽天の美馬などがお祭り気分を満喫しているのに、カープの選手は白けた様子で特に目立った活躍もしなかった。逆にカープはペナントレースとなると目の色が変わるのである。その文脈でいくと、私はカープがCSや日本シリーズをどれだけ重視しているかも疑問である。私にはどうも、CSや日本シリーズを仕方なく戦っているとしか思えないのである。自分で書きながら、そんな馬鹿なと自嘲もしてみるのだが。

あと、これも相当に無理な命題だが、羽生の呪いならぬ、カープの呪いというのはないか。例えば去年日本シリーズでカープに勝った日本ハムは今期は相当な不振に喘いだ。そういう意味では、CSでカープに勝ったDeNAが来期どうなるか注目である。

というトンデモな命題群であった。

カープがCSで負けて、がっかりしたのだが、ドラフトで広陵の中村を指名できて、少しだけ気を取り直した。

で、ドラフトを報じる新聞のスポーツ欄の下の方に育成ドラフトとあって、勉強しているはずなのに無知な私は、なんだろうとグーグル検索してみることにした。すると沢山ヒットしたが、マジか速報!?!?が分かりやすいと思ったので、ここから引用させて戴く。すると、育成ドラフトとは以下のようなものらしい。

プロ野球の育成選手制度とは、日本のプロ野球において育成を目的として球団の選手契約枠を拡大する制度のことをいう。
各プロ野球球団はプロ野球機構の決まりで1球団に70人までしか選手を支配下登録することができない。しかし社会人チームが不景気で廃部になっていった背景があり、有望株育成のために2005年から導入されたのが「育成枠」だ。

うーん、そうなのか、とうなってしまった。以下、育成枠の制約についても引用させて戴く。

  • 一軍の試合には出場できない
  • 背番号は3ケタ
  • 契約は原則3年まで
  • 育成選手に契約金はない

以上について、当該記事に基づき補足すると、「一軍の試合には出場できない」けれども二軍の試合には出場できる。但し、5人までである。そこから一軍の試合に出場するには、実力が認められて支配下登録されなくてはならない。ただ、支配下登録は70人までなので、支配下登録にある誰かが怪我か不調で二軍落ちになる代わりである。

また、支配下登録をされる期限というものが存在し、「7月末」が最終期限となっている、という。いろいろ制約があるものである。

背番号は3ケタ、はまあいいとして、契約は原則3年まで、というがその後はどうなるのだろうか。すると、3年以降は所属球団と再び契約することもできるが、他の球団からオファーがあればそれを受けることができるという。ただ、他の球団からオファーを受けるためにはそれなりに実力を示していなくてはならないことはいうまでもない。当然だが厳しい世界である。また、戦力外通知を受けた選手が12球団合同のトライアウトを受けるという制度もある。可能性は高くないが、ここから這い上がる手も残されている。そういえば、野村克也氏は、契約金0円のテスト生として南海にぎりぎりで入団を許されたのだった。今の時代なら、育成ドラフトさえままならなかったかもしれない。しかし、そんな野村克也氏があれだけ大成したのだから、育成ドラフトの中にも逸材が結構いるに違いない。大器晩成かもしれないし。

育成選手に契約金はない、というが、代わりに「支度金」と言う名の金額が支払われるという。標準額は300万円、かなり安い。当然かもしれないが、プロ野球選手で高給が享受できるのはごく一部にすぎない。

ちなみに、今期の広島カープの育成ドラフトは、岡林飛翔(投手・菰野高校)、藤井黎来(投手・大曲工業高校)、佐々木健(投手・小笠高校)の三人。一チームで指名できる育成ドラフトの人数は任意のようで、中日は二人だが、巨人は八人もいる。

ところでカープの育成ドラフトの三人は、ウェブで調べると、地元でかなりの有力選手だが、ちょっとくらいの活躍では育成ドラフトさえ指名してもらえない。また、この三人の投手は皆右腕であるが、本当にカープは有力な左腕投手は要らないのだろうか。

10月24日の夜、DeNAの勝ちがほぼ確定した頃、南木さんから「今、まさに奇跡が起きようとしています!!!@10/24:21:15」とコメントがあったとき、私は塞ぎ込んでいて、「南木さん カープファンとしては、まだ気持ちの整理がつかないので、とりあえずコメントを控えさせていただきます・・・」と素っ気なくレスしたのだが、一日たってある程度気持ちが整理できたので、思いつくまま雑文をものしてみる。

するとどうしても、緒方監督の采配に文句をつけざるをえない。というのは、10月23日の夜、いきなり一回の裏に三点取ったあと、薮田が少しでも疲れを見せたなら、岡田でもいいし、九里でもいいのでどんどん中継ぎをつぎ込めば、DeNA打線も捉えにくくて、なんとか逃げ切れた可能性は小さくない。

それは10月24日にもそのまま当てはまり、するとCSの結果は逆になって、カープが日本シリーズ進出を決めても全くおかしくなかった。

この不首尾は、去年の日本シリーズの対日本ハム戦と全く同じ轍を踏んでいる。なんだ緒方監督は学習能力がないのかと指摘する前に、改めて次の事実を挙げたい。それは、去年の日本シリーズの栗山監督の采配を称賛する声はあったけど、今期日本ハムは首位と30ゲーム以上離されている五位で、一方のカープは、二年連続のリーグ優勝したという事実である。

これって、結局は緒方監督の采配の方が栗山監督のそれよりも優れているという証拠にはならないのだろうか。

で、言えることは多分、緒方監督の采配は、長丁場のペナントレースに最適化され、日本ハムの栗山監督やDeNAのラミレス監督の采配は、CSや日本シリーズのような短期決戦に向くのではないかということである。

すると短期決戦の采配と長丁場のペナントレースの采配のどちらが重要かという問いになるが、それはいうまでもなく後者である。なぜなら、ペナントレースで上位に行かなくてはなにも始まらないからである。

緒方監督が後者に最適化しているとしたら、それはカープ特有の事情がある。それは資金難で他球団から高い年俸で有力選手を引っ張ることが難しいということである。先日、ソフトバンクと楽天のCSを観戦していて驚いたことがある。それはソフトバンクの外国人選手のほとんどが、WBCの有力選手ばかりという事実である。カープはそれができないので、バティスタのようにカープアカデミーで研修した選手を引き上げたりする。なんという差だろうか。

そして言えることは、緒方監督の采配は、育成を重視したカープの方針に最適化されているということである。緒方監督はそのためゆったりとした采配をし、短期決戦に適応できない。

実は短期決戦のための采配スキルというのは、ペナントレース・オリエンテッドな采配スキルよりも学びやすい。しかしある意味頑固な緒方監督は、敢えてフットワークの軽い采配を採らなかった。それは私にとって、分かるような、分からないような、である。

実は鈴木誠也と安部が戦列を離れなければ、CSは今の緒方采配のままでよかったのである。

さらにいうと、カープは鈴木誠也の離脱にも拘わらず、松山、安部、曾澤などの活躍で9月早々に神ってしまった。それはぶっちぎりのリーグ優勝をもたらすことに貢献したが、反動により10月のCSでの失速につながった。好調の波は長くない。去年はCSでも神っていたので難なくCSは突破できたが、日本シリーズで息切れした。

以上長々と、緒方采配はロングレンジを見据えてそんなに悪くない、カープは決して弱くないと言おうとしているだけなのだが、ちょっと未練がましいか。

まあドラフトで広陵の中村あたりが獲れれば、攻撃力がアップして来期もカープは安泰のような気がするのだが、そうは問屋が卸してくれるだろうか。

10月14日の土曜日の夜、ぼうっとしていると、棋友からメールがきた。なんでも、AvemaTVで、行方八段対藤井四段の対局があるのだという。実はそろそろ寝ようと思っていたのだが、ちらっとAvemaTVに入ってみると、なんでも魂の七番勝負と称して、若手棋士対ベテラン棋士の対戦の企画なのだという。

観戦を始めたら、行方八段の方が作戦勝ちのようで、藤井四段がかなり無理している。しかしそこは藤井四段、ぎりぎりの攻めをつなげていく。夢中になって観ていたら、すっかり深夜になっていた。対局は藤井四段がすっぽんのような食いつく寄せで、なんとか勝ち切った。その時点で深夜0時を過ぎていたので、慌てて寝た。

次の日は日曜で休みだったので、ゆっくり寝ようと思っていたら、いつもどおりで朝5時に飼い猫が私を起こしに来た。前夜遅くまで起きていたので眠かったのだが、仕方なく起きて餌を与えた。

ところで、その後パソコンを立ち上げて、ちょっと印刷しようとしたら、あらま、プリンタが認識されない。確かにプリンタの電源は入っており、ケーブルもつながっている。するといよいよプリンタが壊れたかと覚悟したが、ちょっと考えてパソコンを再起動したらなんとかプリンタが認識された。前夜にながくAvemaTVを観ていたので、パソコンがリソース不足になったらしい。

日曜といえば私は、NHK杯の将棋と囲碁を観るのが恒例だが、囲碁が終わってちょっと近所に出かける用事があって帰ってみると、あっ、阪神対DeNAのCS第2戦の時間だと気付いて、CATVの所定のチャンネルに切り替えたら、大雨なのに、試合が継続中だった。

私の知る限り、これほどの雨でプロ野球の試合が継続したことはなく、どうなっているのかと観ていると、急に阪神投手陣がDeNAの打線につかまり、点差が広がった。それにしても、まさに泥んこの中で試合をしているようなもので、こうなると打者の方が有利で、自慢の阪神の中継ぎもどうしようもない。

それにしても、こんな雨の中でよく頑張れるよね、と考えたら、特にDeNAに頑張る理由があった。それは、DeNAは前日負けており、阪神は上位チームのアドバンテージで、この試合が引き分けか雨で流れると即、阪神が上のステージに進むことになってしまう。なのでDeNAは石にかじりついてもこの試合は勝たなくてはならない。運用側も、そのような事情からなかなか雨天中止とはいえなかったようで、異例の雨天試合になったようである。

ところが10月16日も甲子園は雨で、この日も雨天試合かと思っていたら、なんとこの日は雨天順延なのだという。なるほどと思った。というのは10月17日が予備日で、その次の日はマツダスタジアムでカープとのCSなのだが、10月17日の夕方はとりあえず雨は止むことになっており、心おきなく戦える。いくらなんでも雨天試合が二日も続くのは非人間的かもしれない。

カープファンの私としては、前日の試合で疲れて相手がマツダスタジアムにやってくるのは望外だが、ブランクの長いカープよりも、競った試合をしてきた相手チームの方が有利という図式もありえるので、分からないともいえる。

ともかくあれは、吉田拓郎の叙情的な「ある雨の日の情景」とは全く雰囲気が違って、凄まじい、ある雨の日の死闘で、プロ野球選手の根性をみせてもらって感動した次第である。

10月1日は、午後ちょっと所用があって出かけて帰宅し、テレビを点けてDeNA対カープの試合をみていたら、なんと7-5でDeNAが勝っていた。しかしまだ5回の表、分からないと思っていたら、田中が2ランホームランを打ち、7-7の同点になって振り出しに戻った。

しかし、その後がいけない。カープのリリーフの中村哲が5回裏に筒香にホームランを打たれると、倉本にもヒットを打たれ、9-7とさらに差を拡げられた。

でもカープなら2点差くらいなんとかなると思っていたら、カープは、佐藤、藤井、戸田とプレCSモードの投手を繰り出したので、ああ緒方監督は真剣に勝つつもりはないのだと、思ってしまった。

一方DeNAはベストのリリーフ、火消し投手を次々に投入し、カープの追加点を許さず、カープの投手陣はさらに4点の追加点を許して、DeNAが勝ち切った。それにしても、これでもかというほど石橋を叩いたラミレス監督の采配だった。

そして巨人はというと、8回まで2-5で負けている。どうも主力の先発陣の一人、田口が打たれたらしい。それでも巨人は9回の裏、4-5まで猛追したが、阪神の抑えの切り札ドリスに最後に抑えられ、結局阪神に負けてしまった。

実はそれはすごいことで、巨人は2007年にCSが創設されて以来、毎年CSには進出してきたが、これで初めて、CS進出を逃した。それに比べれば、DeNAが去年に続きCS進出を決めたことにはほとんどニュース価値はない。当然そうなると期待されていたからである。

私の見立てというか妄想的な見方では、カープ、阪神、DeNAでなんとなく巨人をCSから排除しようとする未必の故意あるいは、緩い共同謀議があり、阪神は全力で巨人を負かしにいき、カープはというと、打ち合いの接戦に持ち込めたかもしれないのにDeNAに無駄に追加点を許した。そして、DeNAに負けてしまったときも、微塵の口惜しさもあらわさなかった。そういえば、9月に入って好調のカープは、それでもDeNA、ヤクルト、阪神、中日に少しずつ負けたが、巨人にだけは付け入る隙を与えなかった。

カープ、阪神、DeNAが巨人を敬遠する理由は明らかで、巨人は今年は13連敗したり不調に苦しんでいたが、なんといっても通算の実績はぴか一で、菅野、田口、マイコラスの三枚看板を要することで、短期決戦になると一気にもっていく力がある。

さてCSであるが、数字の上では当然にカープが有利だが、阪神、DeNA、巨人がデッドヒートを続けている間、優勝を決めて高みの見物をすることであまり競った試合をしていないカープに気のゆるみが出てこないかが問題である。

先日、名古屋ドームの中日対カープの最終戦をみていたら、カープは野村が投げていて、確か2点勝っていて、7回で降板したのだが、相手は中日だし、あとは勝利の方程式の抑えの切り札を投入すれば無事にカープが勝ち、野村は二桁勝利間違いないと思った。

ところが、何を思ったか緒方監督は、その後、二線級の投手を投入し、確かゲレーロだったかに2ラン打たれて同点になり、9回の裏も、実績のない投手を投入してヒットを打たれ、サヨナラ負けしてしまった。

よくみたら、中日の森野の引退試合で、緒方監督は、どうせもう優勝が決まっていることだし、セレモニアル・ゲームとして、名古屋ドームの中日ファンのために花をもたせたとしか思えなかった。

それで確かに中日ファンには最高のプレゼントだっただろう、しかし野村には少ししこりが残ったのではないか。

というのは、マツダスタジアムでの今期最終戦、相手はヤクルトだったが、大瀬良が力投して、7回まで投げ切って、降板した。この試合もカープが2点勝っているので、上記の名古屋ドームの試合と状況はよく似ている。

しかし、そこからが違った。緒方監督は、そこからジャクソン、中崎と勝利の方程式を適用し、あっさり勝ち切ってしまい、なんと大瀬良が野村に先んじて二桁勝利となった。

試合後、ファンサービスとして、緒方監督の挨拶があり、その後カープの選手たちがサインボールをスタンドに投げ入れるシーンがあったのだが、どの選手も素直に笑っているのに、ひとりだけ野村が苦笑いのような顔に見えたのは私の錯覚だろうか。

でもノムスケ、仕方がないのである。なぜならファンあってのプロ野球なのだから、個人成績よりもスタジアムのファンを喜ばせるのが正解なのである、ましてやカープは優勝が決まっていて消化ゲームなのだから。

そういう意味では、将棋連盟が、どうみても藤井四段に無用のプレッシャを与えているようでも、将棋人気のためには、許せ世のため、人のためなのだろうか。

実はこの歳になっても世慣れていない私は、正直いって、このあたりの大局観がいまいちわからないのだった。

消化試合

user-pic
0

優勝が決まった後、9月21日のマツダ・スタジアムでの広島対阪神の試合をテレビで観戦していたのだが、どうしても気の抜けたビール感が否めない。

そもそも、カープは、1回の裏に5点を取って先行したものの、その後全く点が取れずに、結局、小刻みに追加点を取った阪神に逆転負けを喫してしまった。

ただ、カープに追加点がないとしても仕方ないと思うのは、カープは次々にメンバーを二軍から上がってきたばかりの選手に交代させていったからである。これでは打線のつながりがなくなって、簡単に点が取れなくなる。また、カープは、リリーフ・ピッチャも出し惜しみして、阪神に追加点を許した。

まあでも、ここまでカープは張り詰めて試合をしてきたので、優勝が決まった直後くらい、気を抜いてもいいのではないだろうか。

そもそも今期パ・リーグで優勝したソフトバンクも、優勝が決まった直後の試合、西武にサヨナラ負けしていたと思う。そこでセーブ王のサファテを使えばソフトバンクが勝てたはずだが、ここでサファテを使うのはもったいない。

もしかして優勝監督は、次のクライマックスシリーズに向けて、できれば露骨に消化試合を、主力選手を休ませたり、二軍から上がってきた選手の様子をみたりすることに使いたいのかもしれないが、そうはいっても消化試合といってもお客さんはちゃんとお金を払って観に来ているのだし、相手チームは消化試合ではなく、クライマックスシリーズに勝ち残るために必死だったりするので、あまり失礼なメンバーで臨むわけてもいかないだろう。ただ、今日見ていて阪神は、カープが二軍から上がってきた、まだ実績のない選手を次々と出すのにうんざりしなかったのだろうか。それとも、どんな優勝チームもこのような行動をとるので、そういうもんだと割り切るのだろうか。

と、負けと勝ちの文脈で、消化試合をどう位置付けるべきなのか、思いあぐねている次第なのだった。

まあこのあたり、プロ野球では優勝チームならではの定跡があるのだろう。それはもちろん書物には載っていないが、双方にとって阿吽の呼吸なのかもしれない。

戦法の疲れ

user-pic
0

全く新規性のない言い方だが、戦法の疲れってあると思う。すなわち、将棋でも囲碁でも野球でもそうだが、特定のやり方がうまくいくということは結構ある。それで人間の常として、そのうまくいったやり方に固執してしまい、次第にマンネリ化して通用しなくなる、ということはある。

将棋では例えば、あれほど隆盛を極めた藤井システムが一時通用しなくなった。それは要するにその戦法を駆使する人たちがその戦法に飽きてしまうのである。戦法そのものはもちろん人格などないので飽きるということはないのだが、それを採用する人間たちの集合的存在が飽きたとき、それを戦法の疲れと呼ぶ。

それは要するに人間の、というか生物自体の飽きやすい性質によるので、どんな優れた戦法でも、ある一定期間内に趣向を変えなくてはならない。

例えば、王位戦第3局で、菅井七段は変則三間飛車を3局続けて採用したが、こういう変則戦法ほど賞味期限が短くて、そろそろ異臭が漂い始めていた。それで王位戦第3局を負けると菅井七段は矛先を変え、普通の中飛車にスイッチし、剰え途中から居飛車に切り替えて、戦法の疲れを防ぎつつ、菅井七段は勝利した。この勝利はなかなか大きく、結局、菅井七段は王位を奪取した。でも羽生三冠は、目下竜王の奪取が一番の目標である。

戦法の疲れというと、つい広島カープに目が行く。すなわち、広島カープは、抑えのジャクソン、中崎、今村という終盤定跡が疲れてきて、次第に通用しにくくなった。この戦法に固執するかぎり、カープのリーグ二連覇は結構厳しかったかもしれない。しかし緒方監督は、微調整でなんとか乗り切った。

そう、戦法の疲れは人類にとって本質的で、それがなきゃローマももう少しもったのである。

ともかく飽きにどう対処するのか。興味の地平を無駄に広げるしかないのか。なぜか聞こえてくる曲は、♪娘盛りを無駄にするなと、時雨の宿で背を向ける人♪という越冬つばめなのだった。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちスポーツカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはスピリチュアルです。

次のカテゴリは事件です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。