読書の最近のブログ記事

たまたま新潮社の新刊案内で、「一発屋芸人列伝」山田ルイ53世著をみたとき、これは買いだ、と即注文して、届いたら読み始めた。

まず、一発屋芸人の定義であるが、自明だと思うがあえて述べると、一発なにかの芸が当たって、そのまま消えていった芸人のことであるが、山田ルイ53世によると、一発屋芸人は量子化されていなくて、アナログ値なのだという。すなわち、一発屋だけでなく、0.5発というのもありえるそうである。すなわち、一発屋までいかない半端なヒットである、ということである。

さらに、その流行度は加算で、例えば一発屋芸人が十人集まっているとき、そのヒット度を足して、6.3だね、みたいに計算できるという。

そして、一発屋芸人が何度も流行ると二発屋になって、量子化学でいうところの準位があがる。などというどうでもいいことを勝手に言っても仕方ないので、どんな芸人がカバーされているのかリストしてみる。

  1. レイザーラモンHG
  2. コウメ太夫
  3. テツandトモ
  4. ジョイマン
  5. ムーディ勝山と天津・木村
  6. 波田陽区
  7. ハローケイスケ
  8. とにかく明るい安村
  9. キンタロー
  10. 髭男爵

まず、レイザーラモンHGであるが、あのフォーという叫びと、あやしい腰の動きはなかなかインパクトがあった。ところが、知らなかったが、レイザーラモンHGは実はプロレスラーでもあるという。なるほど道理で立派な体つきである。さらに、山田ルイ53世は、レイザーラモンHGがとてもきれいというか清潔感あふれるのだという。なるほど、私はそういう趣味はないが、ある種の男性にはとても魅力がありそうである。

そんなレイザーラモンHGは今では普通の漫才やって、M1で上位に食い込んでいるというのだから、すごい。さらに奥さんがセレブで、奥さん所有のポルシェを乗り回しているという。ううん、一発屋芸人の悲壮感がまったくないのは、シャーデンフロイデな人々にはつまらない。

コウメ太夫は、エンタで観ていて、ウァ~、なんという素人芸、とびっくりしたが、なんかつい病み付きになる魅力があった。そんなコウメ太夫は、父が大物芸能プロデューサー、母がそれなりに有望な女優といういわゆるサラブレッドのはずなのに、本人はあまりきらめくものを見せない。しかし実は、マイケル・ジャクソンのムーンウォークができるらしい。ならなぜそれをお笑い芸に活かさないのだろう、不思議である。そんなコウメ太夫は、半端な芸をいじられて、芸人仲間にも人気らしい。これもまた立派な芸である。

テツandトモって、一発屋芸人なんだろうか。なぜなら、いつみても大人気で、今でも年間180本くらい全国でステージがあるという。その秘訣は二つあって、二人とも歌謡大会で優勝するほど歌がうまい。もう一つは、二人とも、訪れた場所で徹底的に聞き込んでネタを仕入れる。それで、なんでだろ、を歌うとほぼ絶対に受ける。本当になみだぐましい努力なのである。まあ確かに、ベタというかつっこみの深さはないが、安心感がある。でも、山田ルイ53世はなんか演歌的な違和感があるという。そうか、山田ルイ53世は演歌ベースの人ではないから、フランス貴族っぽいネタにしたんだ。

ジョイマンって、なんか私の感性にはあまりタッチしない芸人で印象に残っていないが、結構シュールな芸である。それで、今でも客の少なさを売りにする自虐ネタで頑張っているらしい。そういう芸人もいていい、芸人多様性的に。

ムーディ勝山と天津・木村で、私はムーディ勝山が以前ファンで、彼の曲をいまでもときどき歌ったりする。また、ときどき普段の会話でも、私は右から来たものを左に受け流すなどと時代錯誤的なネタを平気で使って、周囲を白けさせている。でもまあ、あれだけではすぐに飽きられるわな。そんなムーディ勝山は、マイクロバスを運転できる免許をとって話題になったという。すると、天津・木村は本当に大型二種免許だか取って、仕事で運転手やっているというのだから、ムーディ勝山の面子がない。ともかくそうやってムーディ勝山と天津・木村も、話題をとりながら、次の一発を狙っている。

結構お笑いの閾値が低い私は、以前、波田陽区のギター侍のネタが好きだった。それを楽しそうに話して、周囲が白けるというシーンが何度もあって、私も相当空気読まないタイプのようである。しかし、波田陽区は芸の深みがなくて当然に落ち目になって、故郷の福岡に、妻子を伴って住まいを移した。最初は福岡の芸人から反発うけていたが、今ではそれなりに受けいれられて、ときどきギター侍のネタやりながら、テレビやラジオのレギュラーの仕事もあるという。なかなかしたたかというか、人間性としていいものもっているのかも。

ハローケイスケは、エンタでアンケートネタやっていたのは知っているが、あれでは受けないよねと思っていたら、やはり早々に消えた。山田ルイ53世の判定では、0.5発屋なのだという。それで2012年に、吉本の住みます芸人として網走に赴任して地味に活動したらしい。お金がたまるとパチスロに投入して、それでもなんとか細々と暮らしているという。

とにかく明るい安村は、私は裸芸があまり好きではないので、あまり観ないのだが、それでもああいう芸が世間では受けるんだな、というあたりはなんかわかる。でも、あれでずっといくんだろうか、どう芸を発展させるんだろうと心配になる。

キンタローは私は、テレビ観ていて、抜群に社交ダンスがうまい元芸人としてしか認識していない。へえ、元ものまね芸人だったんだ、というところである。でもあれだけダンスで目立ったら、ダンスで食べていけるはずで、一発屋芸人だったかどうかなんて関係ない。うまく自分の才能を見出したと思う。

そして、髭男爵。山田ルイ53世が所属しているグループ。私の感性にはあまりあわないが、そこそこ売れていたんではないか。貴族の恰好してワイングラスをもつというのもユニークである。そもそも、こういう本を出すという文才もすごいと思う。

そういえば、ここにカバーされていない一発屋芸人はそれこそ星の数ほどいると思うが、コウメ太夫的に私の印象に残っているのは、「もう中学生」である。なんか唖然とするようなネタで観客が凍り付いていたこともあるような気がするが、最近では、独自の個性を発揮して、それなりに売れているようである。

それにしても、常に新しいネタを考えないと飽きられて仕事を失う芸人は大変である。ぼうっとしてなにかじっくり考えていたい私は、サラリーマンしかできない。でも、サラリーマンがなんとか務まってきたというのも一つの芸といいたいが違うか。

知の体力

user-pic
0

新聞の書籍広告で、永田和宏「知の体力」新潮新書をみたとき、これは読むべきだと思い、すぐにオムニ7で注文した。永田和宏氏は、岩波新書のタンパク質の世界の著書で、この本は私が読んだ科学啓蒙書ではトップクラスに質が高いと今でも思っている。そのことも、本をすぐに注文したことの理由の一つである。

で、届いたらすぐに読み始めたのだが、最初はかなり気合が入った本だと期待していたら、次第に緩い雑談のような本だと思い始めてきた。

この本の基本的な趣旨は、大学生と社会人に自立を促すことであり、特に高校生までが真面目に教えられたことを学ぶ勉強の期間で、そのときは問題には答えがあるが、大学生になると問題に対して答えは一つではないし、答えがあるとは限らない、というもので、それは大いに納得である。

ただ、基本的には大学生活は放任にして、勉強したい奴はすればいい、そうでないとしても自己責任という趣旨で、私はまあ分かるのだけれども、これは私の年代とそれ以前の古い価値観なのかな、と同意しつつ思う。

でも私が一番救いに思ったのは、大学者である永田氏の屈折した経歴である。すなわち永田氏は優秀な高校生で現役で京大理学部に合格し、湯川秀樹に憧れて物理学科に進学したのだが、折から学生運動が盛んなときで授業がなかったり、短歌の趣味が高じてそちらにのめり込みすぎたり、短歌仲間の女性と深い恋愛関係になり勉強どころではなくなって留年したりしたことである。なんかまるで、短歌の趣味をもち、歌人・原阿佐緒と不倫事件を起こした物理学者の石原純みたいではないか。まあ永田氏の場合は不倫ではなく、その女性と結婚したのだが。

それから永田氏は結婚もしているということで仕方なく企業に就職して研究職に就いたのだが、29歳になって一歳と三歳の子供がいながら、サイエンスを本格的にやりたくなって大学に戻ったという。ううん、なんと無謀なのだろう。私も実は大学に戻りたかったのだが、妻子がなくてもサラリーマンを続けていた。単に才能と決意が足りなかっただけだろう、きっと。

あと、悲しいのは2010年に永田氏が最愛の奥さんをがんで亡くし、いまでもやもめを続けていることである。歌人というのはよほど異性に対する感情が強いものらしい。それでいて、他の女性に心が移らないところはいかにも硬派の学者である。

ということで、知の体力という趣旨とは違うような気がするが、永田氏の人間らしさがよくわかって面白かった次第である。

宇多田書店

user-pic
0

私は、mp3プレーヤーに歌謡曲などを入れて電車などで聴くのが趣味の一つであるが、何度も聴くうちに、宇多田ヒカルと、サザンオールスターズというか桑田佳祐の曲が音楽性で頭一つ抜けているように感じた。カラオケで演歌をがなるしか能がない私が感じることなのでかなりいい加減とは思ったが、そのことをたまたま知り合いに話したら、無条件で頷いてくれたので、まあ世間の評価もそうしたものなのかなと少し気分がよくなった。

そういう思いが背景にあって、ある日新聞記事を読んでいたら、宇多田ヒカルが幼い頃から本が好き、という短い記事があったので、思わず読んでみた。

それによると、宇多田ヒカルは一人っ子で周囲とどう接していいか分からず、人といると疲れてしまうので、一人でいるとともかく安心できる。そこに本があり、本を読むとその本の作家や他の読者とつながった気がした、という。なるほど、このあたり、孤独癖がある私は妙に共感できる。

そんな宇多田ヒカルは、当然かもしれないが、楽曲制作に読書体験を込めたりする。それは例えば宮沢賢治の「銀河鉄道の夜」だという。おおっと、読書傾向が偏っている私は、宮沢賢治の本を一冊もまともに読んだことがない。これでは宇多田ヒカルの曲に対する共感が浅くなってしまうので、そのうち読むとする。

宇多田ヒカルの読書傾向であるが、全国の書店で展開した「宇多田書店」によれば、川端康成の「雪国」や三島由紀夫の「金閣寺」などを紹介しているということで、かなり本格的な文学読みである。海外のものでは、最近、ウラジミール・ナボコフを読み直しているという。

ううん、ナボコフか、と私は呻いた。その代表作といわれるロリータをなんとか読了したあと、うんざりして、ロリータを読み返すことも、ナボコフの他の作品を読むことも気が向かないでいる。

ともかく、好きなアーティストが本好きと知って、私は嬉しくなった。なぜなら、大抵の人は本くらい読むが、なかなか本が好きとは標榜しないからである。ということで、今までより少しだけ、宇多田ヒカルを応援するレベルを上げるとする。

数学の本

user-pic
0

数学の本というのはなんともベタなタイトルだが、それは数学セミナー2018年5月号が「数学の本」特集だからである。それが代数や解析などの専門書の特集なら、なにを今更なのだが、今回は数学の一般書、啓蒙書、雑誌の特集なのだった。それで私は、例によって本ノートに、気に入った本をメモしていくことにした。

すると、いきなりガーンとショックを受けたことがあった。それは、フェルマーの定理に関するベストセラー、サイモン・シン、青木薫訳「フェルマーの最終定理」新潮文庫をみて、私がまだこの本を読んでいないことを確認したからである。

私はそもそも数学者でなく、せいせい数楽者なのだが、いかなる意味でも数学の一般書を軽視する立場にはない。また私は、ここにもリストされていて、リーマン予想に関する一般書の名著とされるマーカス・デュ・ソートイ、富永星訳「素数の音楽」新潮文庫をかなり前に読んで感動したことがあるので、サイモン・シン「フェルマーの最終定理」を読まない理由を見つけることは困難である。

にも拘わらず「フェルマーの最終定理」を読まないできたのは、そのことについて書かれた本を何冊も読んできたので、その背景についてはもうだいたい知っているだろうという思い込みがあったようである。しかし、冷静に顧みて私は、ワイルズの私生活をどれくらい知っているだろうか。ほとんど知りはしないのである。それで、なるべく早めにサイモン・シン「フェルマーの最終定理」を読むことにした。

あとは、リストされている本でそのうち読みたいと思ったものをリストしてみる。

  • G.H.ハーディ、 C.P.スノー「ある数学者の生涯と弁明 」(シュプリンガー数学クラブ) 柳生 孝昭 (訳)
    ハーディは、ラマヌジャンにも関与していて、興味深い。
  • マーカス・デュ・ソートイ、富永星訳「シンメトリーの地図帳」新潮文庫
    19世紀のパリ、決闘の果てに夭折した天才ガロアは新しい数学の言語を生み出していた。古代ギリシャから続く対称性探求の旅に挑む数学界の探検家たちは、その言葉を駆使して "シンメトリーの素数"を網羅した「地図帳」を完成させる。最後に発見されたのは19万6883次元の空間に潜む巨大結晶「モンスター」だった――。『素数の音楽』の著者と旅する、美しくも奇妙な数学の世界。
    という内容紹介をみても私には想像がつかない。面白そうである。
  • エドワード・フレンケル、青木薫訳「数学の大統一に挑む」文藝春秋
    これは確か、ラングランズ・プログラムの話だったか。そのうち読もうと思っていて、忘れてしまっていた。
  • 森口 繁一、応用数学夜話 (ちくま学芸文庫)
    私は、コンピュータの計算が好きで、なので森口 繁一のファンである。なので、これも私には必読なのだった。

私の純文学の修行は、数学よりもずっとレベルが低いが、それは一つには、かけた時間が違いすぎるからである。そんな私なので、数学と純文学を比べるのが私に相応しいとは思わないが、それでも敢えて比較すると、まず思うのは、数学と純文学は頭の中で競合してしまい、数学に疲れたとき、では気分転換に純文学を読むかということには決してならず、そういう場合は大抵、ミステリー小説とかSFなどの大衆文学に向かうのである。

その理由として、例えば、フェルマが発見して、オイラーでさえも証明に困難を感じた次のような命題を掲げてみよう。それは、4で割って1余る素数は、2つの平方数の和であらわされるが、4で割って3余る素数は、そうではない、というものである。その補足説明は、2つの平方数の和からなる素数をお読み戴きたい。

これは、類体論につながる重要命題なのだが、ある意味これほど数学ファンでない人に話して、それがどうした?という命題もないと思われる。あ、それはフェルマーの考察にも書いた。もしある男性が恋人にこのことを話したら、高い確率で、恋人と別れる五十の方法の一つにリストされることは間違いないと思う。

要するに、かなりの数学的嗜好がないと、この命題に感心することはできない。ところがそれと双対のことが純文学にも起きる。例えば、私は芥川の舞踏会を読んで、なんだこれは?という感想しかもつことができなかったが、それこそ純文学初心者の証明であって、舞踏会の背景や含みが全くみえないからなのである。

ところで、大衆小説は娯楽だが、純文学の方が人生の懊悩を深く表現しているのだという命題がある。しかし、それはどうだろうか。例えば、新聞で話題になるような事件は確かに人生の重要な部分を占めるだろう。しかし、そういう事件を一番如実に記述するのは推理小説や犯罪小説なのであって、純文学だとまだるっこしいと私は感じる。

数学だって、実用的に一番役立つのは、偏微分方程式や積分方程式、線形代数などの応用数学なのであって、少なくとも代数幾何や整数論などは、飛行機や原子炉の設計にはあまりにも不適である。すなわち、応用数学の方が純粋数学よりはるかに世界を記述することに巧みである。

だから、純粋数学も純文学も、その特徴は必ずしも人生を記述するところではなく、研ぎ澄まされた感覚の人にしか理解できない精妙さにあるのではなかろうか。そして、人が精妙さに注意を払える精神的リソースは限られているので、純粋数学と純文学は、頭の中で互いに排他的に関係にあるのだった。証明になっているだろうか。

知り合いから、池田晶子の「帰ってきたソクラテス」という本を紹介された。なんでも哲学者なのだという。私は基本的に哲学者の書いた本は、理解できるかどうかはさておいて好きなのだが、最近中島義道氏の明るく死ぬための哲学を読んで、「明るく死ぬ」といいつつ、なんか全く気持ちがこもっていないよね、と落胆したことがあって、池田晶子氏もそうかな、と怪訝になった。

ところがWikiをみると、池田晶子氏は、私より4歳も年下で、しかも2007年2月23日、腎臓ガンのため46歳で逝去とある。知り合いに聞くと、池田晶子氏は、自分の死期が迫っても泰然としていたという。いかにも哲学者らしいではないか。そこで早速、新潮文庫の「帰ってきたソクラテス」をアマゾンで買って、読み始めた。

すると、まさにプラトンが著した、ソクラテスが主役の対話編の形式をきちんと踏んでいるではないか、と思った。池田氏は当然、プラトンの対話編を何度も読み込んでいるに違いない。まあ、将棋のプロ棋士が天野宗歩の棋譜を何度も並べて理解しているのと同じであろう。

さて、「帰ってきたソクラテス」での対話編の相手は、コンテンポラリーな職業を網羅していて、すなわち、議員、福祉職員、ニュースキャスター、ジャーナリスト、評論家、エコロジスト、フェミニスト、講壇哲学者、プランナー、クリエイター、コピーライター、サラリーマン、元左翼、作家、プラトン、イエス、釈迦、老人など多岐に亙る。そそこはして最後はプラトンの対話編の「クリトン」や「パイドン」のように、ソクラテスが刑死しようとする場面で終わるのだが、ふざけた口調のようで、結構真面目にロゴスを尽くしており、その論理についていくのに疲れたりした。

それにしても、私が知るソクラテスのアイロニーや揚げ足取りの雰囲気が再現されていて感心した。とはいえ、古代哲学者のソクラテスが現代の人達の軽さに戸惑い、思想が軋んでいる様もときどきみて取れるのだが、そこは池田氏がなんとか軌道修正しているようである。

また、これを書いた頃は池田氏は特に病魔が迫っているという意識はなかったはずであるが、通奏低音のように全編に死の低音が響いているように感じるのはなぜたろう。哲学であるなら死と向き合うのは当然ということか、あるいは若死にした池田氏を知る私の予断だろうか。

ということで、まだその片鱗しかみていないので、他の著書も読んで、池田氏の思想についてもっと知りたいと思った。

知り合いとの会話の中で、吉野源三郎の「君たちはどう生きるか」を読んだことがあるかと聞かれ、えっ、何ですかそれ?と応えたら、最近ではコミックにもなっている有名な本なのに、というので、そういうなら読んでみるべぇ、と例によってオムニ7で注文してみることにした。そして本を入手したら即、読み始めた。

まず、この本のプロフィールのようなことを書いておく。作者の吉野源三郎氏は、1899年に東京に生まれ、東大哲学科を卒業、新潮社の「日本小国民文庫」の編集主任を務め、その最後の巻は、山本有三氏が執筆するところ、山本氏が病気になったので急遽吉野氏が執筆した、ということである。

「日本小国民文庫」は、第二次大戦の暗雲が立ち込めた1935年に刊行され始めた。すなわち、暗い世相で、少しでも少年少女を元気づけようという趣旨だった。特に最終巻の「君たちはどう生きるか」は倫理を扱い、シリーズの要だった。

「日本小国民文庫」は、反戦の思想が盛り込まれているとして太平洋戦争が始まってからは刊行できなくなったが、戦後また新潮社から刊行され始めた。私が読んだ「君たちはどう生きるか」は、1962年に漢字や仮名遣いが現代風に書き改められたものである。したがって純然たる現代文となり、まったく読みにくさはない。内容もちょっと気の利いた小学生にも読めると思う。ただ、その意味するところは小学生にはちょっと難しい箇所もある。

さて、「君たちはどう生きるか」の主人公は本田潤一という中学生だが、あだ名はコペル君という。なんでもユニークなものの見方をするので、コペルニクスにちなんでそう呼ばれているらしい。

そんなコペル君であるが、少し前に銀行の重役だったお父さんを亡くし、その代わりにお母さんの弟である叔父さんが何かと面倒をみている。

お父さんを亡くしたが、コペル君は学校の成績がクラスでトップで、ひょうきんだったりする。友達は、大富豪の息子の水谷君と、お父さんが元陸軍大佐の北見君と、豆腐屋の息子の浦川君。そんな友達との付き合いや、コペル君と叔父さんの対話でストーリーは進んでいく。

コペル君はいつもいろいろ考える子供で、ある日世界のつながりの法則のようなものを発見した。それを叔父さんが褒めてフォローした。

あるときは、北見君がクラス内で正義感を発揮して喧嘩になった。その話を聞いて叔父さんは、正しいことは正しいと主張することは必要なことだとフォローした。このあたり、反戦の臭いがする。

またあるとき、コペル君は浦川君の家に行き、とても貧しいので驚いた。それを聞いて叔父さんは生産活動の重要さを説く。このあたり共産主義の趣がある。

またあるとき、コペル君は水谷君の家に行き、男勝りの水谷君のお姉さんから、ナポレオンの話を聞いた。そのことをコペル君から聞いた叔父さんは、ナポレオンは確かに英雄だが、手放しで称賛してはいけないと諭した。

またあるときは、コペル君がふとした怯懦から仲間を裏切ってしまい、決定的に信頼を失った。そのときばかりは優しい叔父さんもコペル君に厳しかった。

そうやって、悩んだり考えたりしながらコペル君が成長していくストーリーで、読みながら私もいろいろ考えてしまった。まあでも、子供の頃でなく今読んでよかったと思う。この本は子供の頃でも読めたと思うけど、表面的に通り過ぎて終わっただろう。

死ぬまでにもう一度読むかも、と思ったりする。

本ノート

user-pic
0

本ノートとは何かというと、そのものずばりで、新聞の広告や書評欄、他人のブログやホームページ、アマゾンの本の紹介などでみて面白そうと思ったものについて、本を注文するために最低限必要な書名や出発社名などをメモしておくノートである。

なぜ本ノートをつくるかというと、新聞の広告でみて面白そうと思ってそのうち買おうと思っていても、あとで分からなくなり、新聞は積み上げられたり捨てられられたりするので、追跡不可能となることが結構あったからである。

つい最近まで、ブログのネタノートを本ノートの代用としていた。すなわち、私は本を読むとそれは大抵、その感想文をブログに書くので、本はブログのネタにほとんど等価だからである。しかし、どうしてもブログのネタそのものの方が数が多くて、その中に書名が紛れて見つけにくくなったりする。

それで専用の本ノートを改めて用意したのだが、ここで少しだけルールを変えた。それは基準を下げて、まず買う可能性のない本まで、少しでも興味があると思った時点でとりあえずメモしておくようにしたことである。ここにメモして「寝かせて」おくことで、後で買う気になる可能性もあるし、少しずるいが数か月とかおいてアマゾンの古本で値下がりしていたら買う、という方法も使える。そもそも、ビブリオフィリアである私は、本ノートのエントリを眺めているだけでも妙に楽しかったりする。

そんな中で、これはまず買わないけど、ちょっと面白そうと思った本をリストしてみる。

  • 「猫はためらわずにノンと言う」ステファン・ガルニエ/吉田裕美訳
    これは要するに、人はなぜ猫に話しかけたくなるかというサブタイトルがついているようであるが、別に猫でなく犬でも、爬虫類でもペットなら人間は話しかけたくなるだろう。でもそういうとぼけた命題が面白い。
  • 「FIRE AND FURY」
    これは英語の本だが、なんとトランプ大統領に関する暴露本なのだという。間違いなく日本語訳の本も出るだろうが、それも買わないだろうと思う。
  • 「天才の証明」中田敦彦
    中田敦彦は、オリラジで、パーフェクト・ヒューマンを演じている人であるが、「天才の証明」とはなんともお笑い的な突っ張ったタイトルである。でも、要するに自分は伝統的なお笑いの才能がないので、今のようなテンポの速いネタに適性を見出したということらしい。あっ、これ読むかも。

私は運転免許を取得して30年くらいになるが、一向に運転がうまくならず、いまだに初心者に毛が生えた程度である。またスキル全般に、長年やっていれば誰でも上達するという安易なスキルはないはずである。

そういえば、私が運転免許を取得した頃はまだオートマチックが一般的でなく、オートマチックだと何かの拍子に車が暴走してしまうという迷信?があったので、私はマニュアル車を買った。

しかし、不器用な私にはクラッチ操作はとても難しくて、特に坂道発進はいつもヒヤヒヤだった。あるとき、二日酔いで運転していたとき、ぼうっとして、坂道に発進しようとして車が下がってうしろの車に当たってしまった。かなりな衝撃があって、当然に後ろに乗っていたドライバーに強く叱られたが、どうもまっすぐにバンパーに当たって車に傷がなかったので、名刺を渡して、何かあったら電話下さいと言い残した。実は後ろの車のドライバーは若い女性で、電話があればいいなあとちょっと思ったりしていたが、まあそういう電話なんてないほうがいいに決まっている。

おっと、話は読書のロー・ギヤのことだった。私はサラリーマンの平均よりは本を読んでいるはずなので、慣れという意味で、本を読む速さも、まあ平均より速いと自負している。

読書論のある本によると、本は、どんな本でもじっくり味わうように読むのがいいのだとあって、そういえば私は、読むのが比較的速いけど、ちょっと読み飛ばしているというか粗いかな、という思いもあった。そうはいっても、一種の浅薄な成果主義で、読んだ冊数で充実感を感じるみたいな面も引き摺っていたりする。

そんな私なのだが、最近、気分転換に読む警察小説でさえも、読む速度がかなり遅くなったような気がする。これは呆けの兆候なのかと自問してみた。もちろん、歳なのでそういう面もあるのかもしれないが、言い訳のように考えたのは、多分これが正解である。

すなわち、さいきんでは読書の帯域を広げるため、樋口一葉や、泉鏡花、森鴎外などの比較的古い小説も読むようになったが、そういう小説はどうしても難解なので、じっくりしか読めない。車の運転でいえば、山道や悪路でロー・ギヤに入れるようなものである。

そして、山道から普通の平坦な舗装された道に出ると当然にもとのギヤに戻すのであるが、私の読書はなぜか、ロー・ギヤから戻せなくなってしまったようである。

例えば、比較的軽いミステリーの文庫本なら、今までは通勤の片道で100ページくらいは読めていた。そのペースだと400ページくらいの中編のミステリーが通勤時間だけを費やして、二日くらいで読了できる。ところが最近はどうだろう、今読んでいるミステリは、通勤で丸二日費やしたのに、まだ189ページしか読めていない。往時の半分以下の速度である。

それをまずいと嘆くのも自然かもしれないが、冷静に自分に、それで何か損しているか?と問うてみた。すると、いや別に、としかいえない。そもそも丸二日で、189ページというのは普通に私が、そんなに難解でない純文学の小説を読む速度である。

そういえば、難解で知られるロリータをなんとか読了できたのも、ロー・ギヤから戻せないという状態が幸いした。というのは、以前のように読書のギヤ・シフトが容易だと、ロリータを読んでいる最中にギヤが高い方に切り換わってしまい、私の読書力ではそんなギヤでは、ロリータ山は越えられない。なので、ロリータのまま、というのも悪くない。

そうはいっても、仕事柄、特許公報などを沢山、速く読む必要がある場合がある。そういう場合はどうするかというと、読む場所を限定して、そこをロー・ギヤで通る。そうやって、ロー・ギヤのままでなんとかなる。そもそも読書は、道路を車で通るのとは違い、トロトロ進んでも後ろからクラクションを鳴らされることもない。

なので、どんな本でもロー・ギヤのままの遅読でよいのだが、それにしても、最近では電車の中で辞書を引くのが好きになって、先日も、どうってことないミステリー小説を読んでいる最中に知らない熟語がでてきたので、つい国語辞典を引いて確かめているうちに、ストーリーの流れが中断したようになり、やや興ざめした。

ということで、緩急自在な読書を目指したいな、と贅沢言っている次第である。

私は新聞の書評などをよく眺めるのだが、そこで養老孟司さんが、森田真生という人の「数学する身体」新潮社をとても肯定的に紹介していたので、一数楽者として興味をもった。私にとってあまり本質的でないが、小林秀雄賞ももらっているという。そこで早速、「数学する身体」をアマゾンで注文して、読み始めた。

すると、「数学する身体」は、そのタイトルどおり、数字を指で数えることと関連付け、さらには考えるハードウェアとしての脳ももちだして数学の基礎としようとする。たしかにそういうアプローチはあるというか、普通だと思うのだけれども、それなら、身体だけでなく土木の測量にも言及してほしかった。すくなくとも身体に関わっているかぎり、ピタゴラスの定理はでてこないはずである。

あと、こういう帰納的に数学を基礎づけようとする試みは、心理学などでもそうかもしれなくて、世間に受け入れられているのかもしれないが、生粋の?プラトニストを自称する私にはやや不満である。すなわち、イデアの世界というか、数学的概念が乱舞する仮想的な世界が宇宙に埋め込まれていて、そこと交信するのが数学的思惟だとおもっている私にとって、身体というか肉体は、確かにこの世にあって、イデアの世界からの射影をうけとる媒体であるのだが、所詮媒体というか数学でいうところの媒介変数であって、恣意性の高いものであるというのが私の意見である。

そういう違和感をもちつつ読んでいたら、この本の記述は俄かに身体からテイクオフして、数学史の記述に入った。私の数学史の知識は粗いので、なるほどそうだったのかと感心する点もいくつかあったのだが、大枠は私の既知の範囲だった。なぜここで数学史の話がてできたのかとかんがえてみると、どうも計算の概念、アルゴリズムの概念、そして計算する機械、そして私がコンピュータと数学証明支援系として興味をもっている、コンピュータによる数学の世界につなげられ、うれしくなった。

ところが、そこで様々な議論が出てくるのかと思ったら、アラン・チューリングの話になった。私は、チューリングについても相当な感心をもち、もっと勉強したいとおもっているので、それも興味深かったが、ただ、現代のコンピュータはチューリングの考えたアイデアよりむしろ、フォン・ノイマンのそれに基づくものなので、一言でもフォン・ノイマンに言及すべきではないか、と思った次第である。

そこから急ハンドルを切ったように、記述は岡潔に移る。かなり木に竹を継いだような感触は否めないのだが、著者が相当に影響をうけた数学者だということらしい。じっさい私も岡潔のファンであり、岡潔文庫岡潔の広島事件などの記述もまとめてみたりした。

私は岡潔の偉大さをまだよく知らないので、それを垣間見ようとして、大沢健夫「岡潔 多変数関数論の建設」現代数学社を買い置いてあり、そのうち読もうと思っているのだが、岡潔に対する小さな不満は、68歳くらいで実質数学の研究を止め、ある意味文学的な著作に専念したことである。もしかして生涯を通じて徹底的に数学を考え抜いたので、グロタンディークのように燃え尽きてしまったのだろうか。現役性で言及した平松豊一さんは、思考のリソース配分により若いうちに燃え尽きることなく、80歳近くになっても、第一線の数学研究に取り組んでいるのだろうか、といろいろ考える。

おっと、「数学する身体」からつい離れてしまったが、森田真生さんに戻ると、現代数学の棘の途に入り込んで彷徨うためには、東大の中の東大のようなディシプリンが必要であるところ、それを経ないで数学の独立研究者として生きていくことの苦悩について最後の方で少し語られているが、もう少し具体的にその記述を展開してほしかった。

それはもしかして、最近の著作の「数学する人生」にあるのかと思ったら、これは岡潔に関する本らしい。ただ、これは岡潔に関する知られざる側面を描く著作らしくて、それはそれで面白いので是非ともそのうち読んでみよう。

月別 アーカイブ

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち読書カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは語学です。

次のカテゴリは資源です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。