コンピュータの最近のブログ記事

約三年前に、使っていたASUSのパソコンが調子が悪いので、買い換えようと町田のヨドバシカメラに行った。そこでASUSだけは避けようとして、たまたま店員に薦められたパソコンがASUSで、コスパがよかったのでつい買ったものの、ひどい目に遭って、結局エイサーのパソコンに落ち着いた経緯は、こちらに書いたとおりである。

で、私は基本的にウイルス・チェック・プログラムは、ソースネクストの、スーパーセキュリティゼロと決めているのだが、そのときは動転していて、薦められるままに、ウイルス・バスターを買った。多分、キャンペーンで割安になっていたのだろう。結局、三年契約でライセンスが3本もあるウイルス・バスターを買ってエイサーのパソコンに導入した。

ところが、また私は馬鹿なことをしてしまった。すなわち、バイオのパソコンが壊れて、レノボのWindows 10のパソコンに買い換えたとき、せっかくのウイルス・バスターの余剰ライセンスをうっかりして、ついスーパーセキュリティゼロを買って、導入してしまった。もしかして、うっかりというよりも、ライセンスの更新料を払いたくなかったのかもしれない。そもそも、スーパーセキュリティゼロは、更新料が要らないのが売りである。

そうしていると最近、ウイルス・バスターのトレンドマイクロ社から、更新期限が近づいていて、早めの更新なら早割がある、という。それに対して、うーん、と考えた。最近遭遇したスーパーセキュリティゼロのトラブルがなかったら、もしかして、更新しないでスーパーセキュリティゼロに置き換えたかもしれないが、あれを経験したことで、やはりリスク分散で、ウイルス・バスターも更新することにした。

それで、更新方法はどうするのかな、ウェブで調べなくては、と手を拱いているうち、渡りに船で、ウイルス・バスターの会社から更新用のハガキがきた。これによれば、コンビニにこのハガキを持っていって、所定の金額を払うだけでいいらしい。

そこである週末に、自宅から最寄りのセブンイレブンに行って、支払い手続きを済ませて自宅に帰るともう、パソコンに、ウイルス・バスターの会社から、更新完了通知のメールが来ていた。responsivenessを殊更重んじる私は感動して、ウイルス・バスターよ、見事じゃ、余は苦しゅうないぞ、また今度も更新して遣わせるぞ、と内心で呟いた。一体私は、何様なのだろうか。

今どき、車が運転できるなんて当たり前で、A級ライセンスでももっていない限り尊敬されるなんてことはありえないが、例えばアメリカの田舎にいて、たまたま運転できる人が他にいなくて、私だけが運転できるなら、それは有り難がられるだろう、私のような、運転偏差値30かもしれないヘボ・ドライバーでもである。実際、そんな田舎で運転ができる人がいないと、命に関わることがある。

これが運転でなくて、コンピュータのプログラミングとなると、私は流石に偏差値50より少し上だと自負しているが、それだって専門のプログラマからみると、ダサくてみていられないレベルだろう。

それで、私よりスキルのあるプログラマなんて世間に何十万人いるか何百万人いるか知らないが、ずっと特許部門にいるせいか、私よりプログラミングにスキルのある人は部門にせいぜい一人か二人くらいしかいなかった。

しかも、特許部門でのプログラミングなんて、ほとんどが四則演算レベルの単なる日常的業務アプリで面白くもなんともないので、そういう人も、必要があってもプログラミングを手助けしてくれず、仕方がないので私がなんのスキルもいらないような自明なコードをコツコツ書いていた。

ところが自明なコードであっても、例えば特許譲渡のようなビジネス・トランザクションではとても効果があった。なにしろ、数千件の特許のリストから、相手の問い合わせに応じて、Perlを使って、ほとんどリアルタイムにリストを切り出して送付し、契約上の疑問が生じると、夜遅くなって、チャットツールで米国の責任者に問い合わせて、瞬時に回答を得て、相手に応答する、という日々だった。ちなみに、私は契約の仕事はあまり経験がなく得意とはいえないが、契約書を読んだり、関連書籍を読んで勉強して問い合わせるうちに次第に、自分で判断していいことと、聞くべきことのトリアージはできるようになり、米国の責任者からも一応の信頼を得た。そうやって、実に効率的にプログラミングを活用して仕事していて、その成果は明らかで、米国の責任者にも随分褒められたのだが、どうも日本にいる同僚や上司にはいまいち受けなかった。

別に遊んでいると思われた訳ではないのだが、なにやっているか見えてないというか、特許譲渡の仕事なのになにツールで遊んでいるんだ、くらいにしか思われていなかったのかもしれない。私は実は、誠意のあるやりとりを通じて、特許譲渡の相手先からも大きな信頼を得ていたのだが。

それでいて私の周囲の人達は、ちょっとパソコンで困ったことがあったり、簡単なツールを作ってほしいときなど、簡単に私をinterruptした。

それでやっと分かったのは、私は手軽なコンビニ程度にしか認識されていなかったということである。それでちょっとムッときたのは、そりゃ私のプログラミングは大したレベルではないのだが、単なる趣味とはいえ、C++だけでも当時でも15年以上の経験があり、私が作った幾つかのツールは、部門の仕事の基幹を担っていた。

しかし、さらに分かったのは、そんなことはどうでもよくて、今さら分かってきたのは、私は自分のやってきたことに勿体をつけたり、自分を売り込んだりすることが極めて苦手ということである。ともかくshow upが重視される外資系にあっては、致命的に損な性格である。

それが分かっていても、頼まれるとホイホイと引き受けしまい、さらにコンビニ化してしまうのだった。

言い訳だが、ホイホイ仕事を受けていると、いつもスキルがアクティブで錆びにくい。

ま、いいか、そうやっていると、とりあえず居場所があって、とりあえず精神衛生にいい。そういえば私は、今まで一度も精神安定剤の類いを飲んだことがなく、不眠症の経験もない。ということで、天才バカボンではないけど、これでいいのだ。

昨年、いろいろフラクタルを描いていたとき、知り合いの建築設計をしている人に、ブログのフラクタルを見せて、こういうのを建築に使うことはないのか、と聞いたことがある。

すると、自分は詳しくないが、建築にアルゴリズミック・デザインというのがあって、それによれば、画面に表示されているオブジェクトをクリックして連結し、それによって建築デザインをする、というインターフェースらしい。

面白そうなので、アマゾンでいくつか関連書籍を当たってみたが、不精なので、そのままになっている。

そのアルゴリズミック・デザインとはあまり関係ないかもしれないが、普段特許調査の仕事をしていて、アルゴリズミック・ワークってあるよね、と日々感じる。

まず、特許検索システムの機能強化が近年、著しい。すなわち、特許検索システムは、国際特許分類(IPC)、FI、Fターム、共同体分類(CPC)など多数あって、その各々が、その全貌は誰も知らない巨大なコード・ブックをもち、しかもそれらは毎年のように改訂されている。特許分類が指定する技術が日進月歩なのだから当然であり、なので特許分類を利用する検索式もその都度工夫を要する。

特許検索システムの全文検索、近接演算、データ出力形式も、いろいろ変わるので、それを扱う処理も、どう処理し、どのような表やグラフにするのが妥当か悩むというのが特許調査員の日常である。

その作業の合理化のため、大抵のプログラミングの心得がある人は、Excelのマクロを使うようであるが、私は一貫して、Perlを使っている。今どきならPythonなのかもしれないが、私はもう、20年くらいPerlを使っているので、なかなか他に乗り換える気がしない。

そのプログラミングであるが、私が駆使するアルゴリズムなんて、ほんの初歩的なものであるが、うまく嵌まると、今までよりも10倍くらい効率が上がってうれしくなることがある。

ところが、そういうブレークスルーはなぜか、ゼータ関数などの、難解で私には到底理解できない本を必死で眺めたあとに訪れたりする。不思議である。

その原理はよく分からないが、もしかして多分高校球児が、面白くないと思いつつ、微分積分の授業を聴くのも、野球に効果があるんじゃないだろうか。例えば、ホームラン性の当たりのような議論は、初歩の力学や微分の知識は要するものの、野球にも確実に役に立つ。

いや、やはり野球には数学は効果がないか。なぜなら、地頭が相当良さそうな江本が、数学の授業なんて退屈でかなわなかったと言っているからである。

それにしても、アルゴリズミック・ワークとはあまり関係ない話になってしまった。

少し前に読売新聞に、グーグルのEU競争法がらみの記事があったので、自分の理解のために、簡単にまとめてみる。

アンドロイドは、グーグルが開発したスマホ用のOSで、無償かつ誰でも改変自由である。

スマホが出回り始めたのは、2008年頃だったが、そのころはブラックベリーなど、様々なスマホOSが乱立していた。多分、その頃から、アップルのIOSはあったのではないか。

しかし、グーグルがオープン・ソースのアンドロイドを公開してからは、一気にアンドロイドを搭載したスマホのシェアが8割近くを占めるようになった。

ただ、アンドロイドは無償なので、いくら出荷しても、グーグルの収益にはならない。そこでグーグルは、スマホで使える主要なアプリは、プレイストアという仕組みでしか入手できないようにした。

グーグルがEU競争法に抵触されたとされた点は、プレイストア搭載の条件として、グーグル検索アプリと、ブラウザ・アプリをバンドルすることをメーカーに義務付けたことである。

一方、アンドロイドはオープンソースOSなのだから、各社が自由に改変してよく、なので、改変の程度が大きいと、もともとのアンドロイドと互換性がなくなる。アマゾンは、アンドロイドを改変して、ファイヤOSと呼ばれる独自のスマホOSを作成した。

そのような、アンドロイドから分岐した独自OSは、アンドロイド・フォークと呼ばれる。

アンドロイド・フォークが乱立すると混乱するので、グーグルは、アンドロイドに修正基準を設け、それを満たしたアンドロイドを搭載する機種を、正規のアンドロイド端末と承認するようにした。

そして、EU競争法に抵触するとされたもう一つの点は、アンドロイドのスマホを製造するメーカーに、アンドロイド・フォークを搭載するスマホの販売を禁止したことである。

ただ、私には、グーグルの採った戦略は、やむを得ないような気がする。というのは、パソコンOSでも、大きいシェアを占めるWindowsを切り崩すためには、後発のLinuxはやはりオープンソース戦略を採るよりなかった。それで、RedHatのような企業が現れ頑張ったが、結局Windowsの一角を切り崩すまでにはいかなかった。

当然にグーグルは、このような先例に学んだであろう。そして懸命に考え出した施策の一つがグーグルプレイなのだろう。

なので、グーグルの企業行動は理解できるが、バンドル戦略は、メインフレームで圧倒的な強みにあったIBMがかつて採ったものであり、強者の必然なのかもしれないが、独禁法は免れないだろう。

ソースネクストのスーパーセキュリティ・ゼロを長年使ってきたが、今回だけはいくらなんでも、と思った。

すなわち、ある朝、例によってレノボのWIndows 10パソコンを使っていたら、スーパーセキュリティ・ゼロがファイルをダウンロードし始めた。そのとき、青い渦巻きが回り、ディスクアクセスにより、パソコンの動作が遅くなってしまう。要するにウイルス・シグニチュアの更新なんだから、もう少しおとなしくやってよ、といつも思う。

ところがその日のダウンロードは違った。妙に時間がかかるのである。そして、ダウンロードが終ると、スーパーセキュリティ・ゼロに通知メッセージが一つあって、もしやウイルスが見つかったんじゃないよね、と見てみたら、再起動が必要とある。

あらっ、スーパーセキュリティ・ゼロの本体が更新されたのかと、渋々パソコンを立ち上げ直した。渋々というのは、タスクバーのアイコンの設定など面倒な処理が必要だからである。

ところが、少し遅延はあったが、じわっとタスクバーのアイコンが表れて、あまりに意外だったので、おおっ、と声を上げた。今までに、単なる立ち上げ直しでタスクバーのアイコンが自動的に復元されたことは一度もなかったからである。

あと、あるWindows Updateのあと、一々ファイヤーウォールの設定を要求されることもなくなった。

さらにである、もしやと思って、Embarcaderoのコンパイラーを使ってみたら、なんとリンク・エラーを引き起こすことなく、無事コンパイルが終了した。

最後の事象は、もうちょっと再現性を確認しないと判断できないが、もしかして、今までに起きていたトラブルのほとんどは、スーパーセキュリティ・ゼロが原因だったのか、と暗澹たる気持ちになった。

私は自宅のエイサーのパソコンでは、ウイルスバスターを使っていて、これはなんと3ライセンスもあるのに、なぜか1ライセンスしか使っていない。

なので、レノボのパソコンにもウイルスバスターを入れることもできるのだが、こんなことがあっても、スーパーセキュリティ・ゼロに忠誠を尽くそうとする奇特な?私なのだった。これは要するに、ブルータス、今まで災いは、お前が犯人だったのか、なんということだ、と嘆きつつ、そのままブルータスと関係を保つカエサルのようなもので、意味不明の対応なのだった。

スマホでブログの続きであるが、Windowsでいうところのエクスプローラーのようなツールを導入する必要があると思った。調べてみると、それのde factoのような有名ツールがあって、ESファイルエクスプローラーというのだそうである。で、それを導入しようと調べてみたら、なにかのやっかみかもしれないが、広告が多すぎるだの、ネット上にいろいろ悪口が書かれている。

結構ウェブ上のコメントに心動かされる私は、少し調べて、比較的マイナーなSolid Explorerという代替のアプリを導入することにした。

その前に、Google Driveに接続しなくては、と思っていたら、既につながっていた。これは、スマホを買ったとき、ドコモの係員が設定してくれていたのだろう。

それで、Solid Explorerを導入したら無料というので安心し、なかなか使い勝手もいいのだが、なんとこれは13日の試用期間があり、その後は然るべき認証手続きを経ないと使えないのだという。そんな、と私は思った、そういうのは普通無料と呼ばない。で、面倒なので認証手続きをしようと思ったらなんと、200円くらい払うのだという。でも、まあそのくらいならいいか、と手続きした。

あと、ちょっと前に導入したテキストエディタのQuickEditも悪くないのだが、やはりサクラエディタのように右に文字が流れてしまうのが気になって調べたら、Jota+というのがあることが分かった。そこで導入して使ってみると、確かに秀丸のような感じで違和感が少ない。ただ、Google Driveなどの外部記憶を開けないので、おかしいと思ったら、どうもそれ専用のプラグインが要るらしくて、なんとか追加で導入した。それでも、ファイルの保存のやり方が分かりにくくて、また、Google Driveに保存したとき、どうも内容の反映が遅い。

ところが、もともとJota+の無料版はGoogle Driveへの反映が相当間欠的になるように作られていて、650円だか払わないと完全版にならないそうである。私は、出身の島の方言で、「よいよ、銭取ろうじゃのう。」とこぼした。「まったくもう、いちいち金を取るのか。」という意味である。これは祖母が口癖だった旧い言い方で、私より若い人は地元でもあまり使わないかもしれない。まあともかく、650円を払って、なれてきたせいで、Jota+もそれなりに快適かなと一応思った。

あと、パソコンにGoogle Driveのツールを入れた。それでスマホとパソコンでファイルを同期するようにしたのだが、他の方法、すなわちWiFiでLANとしてスマホとパソコンを接続するのは、なんか設定が面倒で、杞憂かもしれないがセキュリティ・ホールを増やすようで、諦めることにした。もともと、共有するのはサイズの小さいテキストファイルなのだから、ファイル・アップロードのコストも小さいので、今のままでよいと思うことにした。

ということで、依然として私のスマホ・ライフは始まったばかりである。あ、テキスティエとしてのスマホライフというべきか。

外資系にいたときは別に会社の規則違反というほどではないと思うのだが、仕事中に将棋名人戦の経過を見るくらいは普通で、なので昼休みにブログを書くくらい当たり前だったが、今の会社になってITセキュリティが厳しくなって、会社のメールアドレスと個人メールアドレスの間でメールをやりとりすることさえ厳禁と言われた。

それでは会社の昼休みにブログを会社のパソコンで書いたとしても、それを持ち出す手はない。そうやってブログを書く時間が減ると、もともと大した内容ではないにしても、自分でもブログのクオリティが下がっているのがわかった。

なので、ある親しい人に、最近目に見えてブログの質が低下していると指摘されたとき、がっかりするより、そこまでブログを見てくれているのか、と寧ろうれしくなった。

そうは言っても、ブログを書く絶対時間の減少は覆いがたいので、パメラだったか、ハンディなテキスト編集デバイスを買って、通勤電車内でブログを書こうとも考えたりした。しかし、通信や演算機能がないデバイスってどうよ、という意識が働き、とりあえず見送って、週末に余分に時間を費やすことで、なんとかブログを保った。

それから何年もたって、今更のようにスマホに移行することになって、通勤電車内でブログを書くことを検討することにした。

最初のアイデアは、自分のパソコンメールあてのメールを書き、そこにブログの内容を書く、というものである。

ところが、スマホの文字入力システムに最初は慣れなくて、パニックになりそうになった。周囲のスマホユーザーに聞くと、いやああれは大変だ、というのでなんか安心した。

それで、スマホの文字入力に書いたような努力で、しばらく使っているうちに慣れると、スマホの文字入力システムは、なかなか工夫が行き届いている、と感心するようになり、次第に、パソコンの文字入力と遜色がないまでになった。とはいえ、それは私のスマホ文字入力が熟練していることを意味しない。単にパソコンの文字入力も、私は未だにいまいちというに過ぎない。

さて、こうなってくると、必要になってくるのは、スマホ用のテキストエディターアプリであり、ウエブ検索して、QuickEditというのを導入することにした。使ってみるとこれは、いい意味でシンプルで、普通にローカルpersistentメモリにも保存できるので、まるでパソコンで作業しているのと変わらす、違和感がなくてよい。

ただ、問題は、パソコンのサクラエディターがそうであるように、強制改行を入れないとどんどん、右側に文章が延びていって見えなくなる。これは困るので、秀丸ライクな表示インターフェースのスマホテキストエディターを探そうかと思ったのだが、まあパソコン側でPerlで簡単なツール書いて変換すれば済む話なので、そうすることにした。

あと、パソコンに、書いたテキストファイルを渡すことだが、とりあえずメールの添付ファイルで渡すという原始的な手段を採ることにした。

グーグルドライブや、自宅のWifiで接続する方法があるようであり、そちらの方が明らかに普通であるが、まだよく分かっていないので、追々勉強していくことにする。

それにしても、電車でブログを書いているとあっという間に時間が潰れる。全く書きよどまないでどんどん書けるというのは、なんというか余程軽佻浮薄な文章なのだろう。自分ではなに、パソコンの方でじっくり推敲するさと思っているが、結局、誤字脱字を修正する程度でそのままアップするのだった。

私がガラケーからスマホに乗り換えたのは、主な理由は時代遅れと見られたくなかったからだが、別の理由は、スマホ上でブログを書きたいと思ったからである。

それは別にスマホから直接投稿するというのではなくて、ドラフトを書いておいて自分のパソコンメールに送っておき、そこで校正する、ということである。

それで、スマホで文字を入力しやすい機種ということで、今のAQUOSにした、という次第である。

それでも最初は文字入力に随分戸惑った。例えば、「あ」を三回押して「う」を入れるようなインターフェースである。これは未だによく押し間違えるが、少しずつミスは減りつつある。

あと、困ったのはカタカナ語の入力である。例えば、テロメアなら、ひらがなで入れるだけで、候補として出てくる。しかし、ガメリンコみたいな変なカナだと候補として出てこないことがある。それで、困って周囲のスマホユーザーに聞いてみたが、機種が違うので、アドバイスしてもらえない。それで、LINEでのオンラインサポートを依頼したら、なんとか分かって、ようやくスマホでブログを書くという希望がかないそうである。

世間一般の人にとって、Windows Updateなんてどうでもいいものであり、これを話題にして盛り上がるなんて、コンピュータ・フリークの間でもまずありえない。

それでも私が偏執狂的にWindows Updateに拘るのは、Windows 7の時代にWindows Updateに随分苦しめられたからである。その主要な原因は、ソフトウェア的というよりもHDDなどのハードウェア的なものだったが、それでも今でもWindows Updateに対する遺恨は残っている。

そんな遺恨を以てWindows 10に臨んでみると、Windows Updateは別の様相を呈してきた。まず特筆したいのは、タスクバーのピン留めの問題である。すなわち、タスクバーのピン留めしたアプリケーションのアイコンが、パソコンを立ち上げなおすと消えてしまう。それは自宅のAcerのWindows 10パソコンでは起きないし、Lenovoパソコン特有であるが、立ち上げ直して10分くらい経過して、既にタスクバーに登録されているアプリを起動して、タスクバーからピン留めを外す操作をし、その直後にピン留めをし直すことで、すべてのアイコンのピン留めが復活するので、あまり気にしなくてもいいといえばそうなのだが、それでもしばらくは、Windows Updateの度にこのバグがfixするものと期待した。ところが何か月経ってもこれがfixされる様子がないので、もう全く期待しないことにした。

あと、比較的最近のWindows Updateの後、パソコンを立ち上げなおす度にファイアーウォールの設定をし直すメニューが出てきて、怪訝である。以前はこれは、一度設定するとその設定は記憶された。まあこれも、ワンクリックなので、そんなに気にすることでもないか。

また、ときどき起きるのが、きちんとWindows Updateが完了したと思ったら、立ち上げなおし時に、うまくいかなったので元に戻すとメッセージが出ることがあり、Windows 10のWindows Updateは大変時間がかかるので、うんざりする。一体何が悪いのだろう。まあ、再度導入すると大抵うまくいくのであるが。

自宅のAcerのパソコンでWindows Updateがundoされたのは、Fall Creators Updateとウイルスバスターで書いたときだけである。あれはきちんと理由が分かっていたので、別にがっかりもしなかったのだが。

と、たえてWindows Updateのなかりせば、パソコンライフはのどけからましなのだが、そうもいかないのだった。

私が日常的に自宅のパソコンでプログラムを書き、コンパイルしているといっても、ほとんどが単なる数値計算で、GUIになることは滅多にないので、大抵はコマンドライン・コンパイラで、それは今のところ、C++ Builder XE4のコマンドライン・コンパイラbcc32.exeである。

ところが、ちょっとしたプログラムをコンパイルしたいだけなのに、LME288エラーが起きて起きて、コンパイルできなくなる。それは複数回立ち上げ直せばなんとかなるとはいえ、何回立ち上げ直せばいいのか、その都度違ったりして、かなりストレスがたまる。

で、Visual Studio C++ 2017にも当然、コマンドライン・コンパイラはあるよね、と調べてみたら、あった。それは次のようにするらしい。

まず、スタートのメニューで、Visual Studio 2017を探し、それを展開すると、VS 2017用 x64 Native Tools コマンドプロンプトというのと、VS 2017用 x86 Native Tools コマンドプロンプトというのと、VS 2017用 x64_x86 Cross Tools コマンドプロンプトというのと、VS 2017用 x86_x64 Cross Tools コマンドプロンプトというの4つのコマンドプロンプトがあり、とりあえずVS 2017用 x64 Native Tools コマンドプロンプトを選んでみた。

そして、その状態で、私がCLIベースのC++プログラムを書いて保存しているディレクトリに移動し、例えば、プログラムをsample.cppとすると、コマンドプロンプトで、cl sample.cppにより、コンパイル&リンクして、sample.exeを生成することができる。なお、C++ Builder XE4のコマンドライン・コンパイラ用に作成したプログラムは、Visual Studioのclに完全コンパチブルである。

VS 2017用 x86 Native Tools コマンドプロンプトというのを選んでも全く動作は同じであるが、どういう場合かはっきりとは指摘できないが、x86とx64で微妙にコンパイルしたプログラムの動作が異なる場合がある。

なお、VS 2017用 x64_x86 Cross Tools コマンドプロンプトというのは、64bit パソコンで 32bit パソコン用の実行ファイルを作るためのものであり、VS 2017用 x86_x64 Cross Tools コマンドプロンプトというのは、32bit パソコンで 64bit パソコン用の実行ファイルを作るためのものらしいが、具体的にどういう場合に使うのかピンとこない。

ともかくこれで、LME288エラーに全く煩わされることなく、コマンドライン・コンパイラを使えるようになったのは大きい。それで、VS 2017用 x86_x64 Cross Tools コマンドプロンプトと、VS 2017用 x64_x86 Cross Tools コマンドプロンプトを、呼び出しやすいようにタスクバーにピン留めした。

あとは、GUIベースのプログラムであるが、これはVisual Studio C++ 2017で実装することになるが、流石にGUIは、C++ Builder XE4とは全くコンパチでないので、かなり修行が必要である。ともかく今、鋭意?勉強中である。

月別 アーカイブ

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちコンピュータカテゴリに属しているものが含まれています。

次のカテゴリはスピリチュアルです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。