生活の最近のブログ記事

私は、基本的に近藤誠氏のファンで、その仰ることの各論では、多少違和感をいだくことはあるものの、総論では概ね賛成である。

また、複数の著書を読み、私なりにその趣旨は理解しているつもりなので、最近では、新たな出版広告をみても、あまり食餌が動かないのであるが、たまたま古書店で、「余命3ヶ月のウソ」ベスト新書をみたときは、引き込まれるように、買って読み始めた。

すなわち、たまたま人間ドックなどでガンが見つかり、かなり進行していて、このまま放置すると、余命3ヶ月です、と医師に判定されるということはありえるが、近藤氏は、たとえ進行したガンだとしても、普通に歩けたり、あまり自覚症状がないなら、それが余命3ヶ月ということはまずありえない、と断言される。

で、過去に聞いた話を思い出してみた。すなわち、私が昔お世話になった人に、捕鯨船の船員だった人がいた。その人の奥さんに聞いたのだが、ご主人が定年で仕事から引退し、たまたま人間ドックに行ったら、肺ガンがみつかった。当時は、医師が本人にガンを告知することはなかったので、奥さんが、余命半年ですと告知され、大変ショックを受けた。そして、本当に半年後に亡くなったんです、と奥さんは寂しそうに語った。

それを聞いて私は、肺ガンというのは、医師にとって、余命を推測しやすいのだと思った。

しかし一方、比較的最近であるが、懇意にさせていただいていた人が、どうも歯が痛くて、食欲がないのだという。それで、口腔外科にいったら、肺ガンで、それが歯の神経に来て、歯が痛いのだという。で、即入院となったのだが、医師は、病状は厳しいが、あと半年は保つでしょうと、予想した。ところがなんと、たった1ヶ月て、亡くなってしまった。

で、私は、比較的予測性が高いと思われる肺ガンも、意外に分からないのだ、と思った。ところが、近藤氏は、基本的にガンの余命の正確な予測は、極めて困難であるという。

例えば、数ヶ月で亡くなると言われているスキルス胃がんも、数年生きることも結構あるという。

そのとき問題なのは、比較的多くの医師が、手術によって、ガンの病巣を完全に除去するだけでなく、周囲のリンパ腺なども転移を防ぐため、余分に取り去ってしまう。しかし、そのことは患者の体力や免疫力を著しく低下させ、却ってガンの増殖を促してしまうことになる。これでは、がんとだけ闘って、ホーリスティックな人体が考慮されていない。

そもそも、余命3ヶ月のウソ、という命題の根拠は、ガン細胞というものは、そんなに短時間で増殖するものではない、ということがある。しかも、ガン細胞自体、増殖すると人体の器官を圧迫して、機能不全に追い込むが、それは基本的に、細菌やウイルスによるアキュートな災厄を人体にもたらすものではない。よって、余命3ヶ月のウソは、かなりの妥当性を示唆するものと思われる。

あと、ガン細胞には、転移するものと、転移しないものとがあり、前者だと、どうやっても助からない、という近藤氏の得意の命題もある。

そのとき、想起するのは、樹木希林さんの対応である。樹木希林さんは、60台前半でガンがみつかり、その後、全身に転移し、いわゆる死に至る病になったが、厳しい手術は避け、放射線療法などで、QoLを維持しつつ、延命し、ぎりぎりまで映画に出演した。

すると、将棋に喩えると、ガン対策においても、ただ手数を引き延ばす手法が有効ということになる。確かに、ズバッと斬り込んで、ガンを制圧するのは、勇ましいし、限られた場合に有効かもしれないが、多くの場合、無意味に手数を延ばすのが、案外よかっかりすることもあるがもしれない。ガン放置療法である。

将棋でも、プロの棋譜をみると、いきなり攻めこむものより、慎重すぎるほど我慢して、用心する手が多いのであった。

最近、時々通勤にロマンスカーを利用するようにしているが、ある程度計画的に事前に予約しないと、乗れないという思い込みがあった。

それは、相模大野発の朝6時40分台のモーニングウェイを3日前に予約しようとして、取れなかった経験による。

ところが、ある朝、ちょっと早く会社に行きたいので、町田で快速急行に乗り換えようとホーム待っているとき、なんか6時20分台のロマンスカーのチケットがまだ販売されているのを見て、あそうか、 ロマンスカーは、少しだけ早いだけで、ぐっとチケットが取りやすくなるのか、と仮説を立てた。

それからしばらくして、なんか疲れたので、その町田からのロマンスカーを前日に予約しようとしたら、なんとか取れて、次の日に乗ってみた。すると、なんと乗車時間直前でも、まだ少しだけ、席が空いてるようで、うん、これは使えると、私の通勤オプションに加えた。

それにしても、苦笑したのは、ロマンスカーに乗るときの並び方である。私が電車の進行方向に直角に並んでいたら、どうも様子がおかしい。私が早めに並んだのに、誰も私の後ろにいない。で、よくみたら、みんな電車の進行方向に平行に並んでいる。

ああ、と了解したのは、町田駅のホームは、相模大野駅のそれと違って、幅が狭いので、平行に並ぶしかないのだった。それで了解して、最後尾に並び直した。

このように、同じ小田急でも、駅によって、様子がかなり異なるので、まずは経験してみなくてはならない。駅でトイレにはいつも留意しているが、ロマンスカーもそうなのだった。

それにしても、私が乗ったロマンスカーは、朝7時に新宿に着くのだが、そんなに早く行く必要がある人はあまり多くないよねと、となりのシートの空席を見て思った次第である。

しかし、町田から朝早くロマンスカーで出勤したら、その日は一日妙に気合が入って、仕事が捗った。それで、これはという日、または単に疲れている日、町田から朝早くロマンスカーという技を使うとしよう。

あと、先日ロマンスカーを予約しようとして、いつも通路側の席を指定するのだが、結構満席で、窓側の席しか残っていないという。仕方なく予約して乗ってみると、それは8号車の2Cという席だったか、隣に誰もいない孤立した席で、これは特等席では、とうれしくなった。こういうのを残り物に福というのだろう。

無用の用

user-pic
0

高校に入学したとき、決して成績がよかったわけではないが、それでもクラスメイトに国立大に行きたいと言っても、ぎりぎり馬鹿にされない成績だった。

ところが、高2になって、何が原因か分からないが、学業が絶不調になり、期末試験でさえ、平均点が取れなくなった。高校は、せいぜい中堅クラスの進学校なので、こんな成績では、国立大を目指すといったら、冗談にしか響かない。

そうなっても、地道に努力すればいいのに、不貞腐れて、小説や通俗書を読み耽って、勉強なんぞ、どこ吹く風になった。

そういえば、漢文の時間に習った、荘子の教えが面白かったのを思い出して、改めて通俗解説本を読んで、これだ!と思ったのは、無用の用の教えである。それによると、頑張ってある程度偉くなっても、むしろこき使われるだけで、愚かだ、ということらしい。

それで、隠遁して仙人のように暮らすべぇ、と思ったのだが、そんな暮らしが安易にできると思うあたり、当時の私はいかにも田舎者で子供だった。

そうしているうちに、なぜか潮目が変わり、勉強の方に興味が戻ったので、荘子のことは、脇に追いやられてしまった。

それから、なんとか大学に入ったものの、挫折して、紆余曲折を経て、しがないサラリーマンになることはできた。しかし、学生気分でサラリーマンやってて、つい上司に生意気なことを言ったら、完全に干されて、二年くらいほとんど仕事らしい仕事をやらせてもらえず、頭がおかしくなりそうだった。泉谷の、「なんでも、やります、贅沢はいいません。」という春のからっ風の歌詞が身にしみた。

それで、たまらず、その会社を辞めて東京に出てきて、入った会社の特許部で、特許明細書を書かせてもらえることになったときは、涙が出そうに嬉しかった。結構辛辣に明細書は手直しされたが、仕事で干される辛さからみたら、そんなの天国だった。

その後、外資系に転職しても、最初に干された経験がトラウマで、ともかく与えられた仕事に食い付くだけでなく、もっと沢山仕事をやりたい、と餓鬼のようになった。しかし、やりすぎて、仕事が粗くなった面は否めない。

が、私にとってラッキーだったのは、パソコンが普及してきて、一人一台使えるようになったことである。私はコンピューターを使いこなすことにおいて、一応の才能があった。それで、コンピューターを駆使して、仕事の能率を上げることに努力した。

さらに幸いだったのは、私の趣味が将棋であることだった。今は駄目だが、若い頃は比較的早見えで、秒読みも苦手ではなかった。なので、仕事の速さと量で、まず人後に落ちなかった。

仕事の質は? あ、そこはチャレンジであることは認める。でも、とりあえず短い期限に間に合わせるためには、質はある程度、妥協するよりない。将棋の例でいうと、どんないい手を指しても、時間が切れたら、即負けなのである。このあたり、囲碁や将棋にある程度馴染んでいない人だと、身体感覚として身に付いていないかもしれない。

なので、私の周囲の人は、そういう急ぎの案件は、ひたすら避ける。なのに、私が仕方なく急ぎの案件を処理したのをみて、その処理件数と処理時間を比べて、なんという杜撰な仕事だと驚く。そこには、急ぎでも、とりあえず質を維持するコンピューター・ツールによる下支えがあるのだが、面倒なので、私はいちいち説明しない。そもそも、何度も言うが、時間がないのだから仕方ないのである。

で、私のような処理スキルがかなりマイノリティなせいか、こういうスキルが高く評価されることはまずない。なので、カープのフランソワは、獅子奮迅のクローザーとしての活躍で、実質的にベースアップしたが、私はそういう恩恵に一切預かることはない。それでいて、便利屋としてこき使われる。

と、嘆いていたら、お主、いつまで経っても、無用の用が分からんようじゃな、と、荘子先生に嗤われてしまうのだった。

私はあまりクレジットカードを使う方ではないのだが、渡世の義理で?知らないうちに4枚もっている。

すなわち、もう沢山なのだが、新聞のチラシだかに、私の行き付けのスーパーのクレジットカードの勧誘の案内があった。普通は無視するのだが、このカードで買うと、ポイントの特典など、何かとメリットがあるという。だめ押しになったのは、カードを申し込んだだけで、千円の買い物クーポンをくれるのだという。

それで、きっとカードを作る人の列で待たされるんだろうな、とある土曜日、当該のスーパーに行ってみた。すると、カードを作るためのサービス・カウンターは、閑散としている、というか、誰もいない。ともかく、あのう、クレジットカードをつくりたいんですけど、と言ったら、はい、これで申し込んでください、とタブレットを渡されて、担当の人は用があるのか、どこかに行ってしまい、私は取り残された。

仕方ないので、タブレットを使って、項目に必要な情報を入れていると、どうもスマホともインターフェースが違っていて、むしろカラオケ・ボックスで曲を選ぶタブレットに近いかもしれないが、普通、クレジットカードの申し込みには入れないような情報の質問もあって、分からなくなった。

で、質問しようにも近くに担当の人はいなくて、まさか大声で呼ぶ訳にもいかず、なんか機嫌が悪くなって、止めて帰りたくなったとき、ようやく担当者が戻ってきたので、質問して、一応、申し込み手続きを完了できた。

で、VISAなどでも、家族会員のカードがあるけど、そういうのはないんですか、と聞いたら、ない、という。なんかしっくりこなかったが、一応千円のクーポン券をもらって、現金にも気を取り直して、帰宅した。

それから一週間くらいして、そのクレジットカード関連の書類が郵便で届いた。ところが、配達の人は、それが普通の書留でなく、免許証などで本人確認が取れた人にしか渡さないという。だったら、家内がとりあえず受けとることもできない。なんという融通のきかなさ。

で、封筒を開けたら、いきなりクレジットカードが入っていた。まだ、引き落とし銀行口座も指定していないのに、である。引き落とし口座の指定書類は、そこに同封されていたので、早速記入して、郵送したのだが、怪訝なのは、口座指定してない状態でも、そのクレジットカードは使えるようで、なら、悪意がある人が、口座指定しないで、カードで使いまくって、雲隠れしたら、どうなるのだろう。

もちろん、私はそんなことする訳はなく、引き落とし口座の書類を郵送して、一週間くらいたって、そのクレジットカードをもって、当該スーパーに買い物に行ってみた。すなわち、私が提出した引き落とし口座の指定書類にミスがあったら、何か通知がきたはずで、一週間は、それを見極めるために、十分なトレランスだと判断した。そして、クレジットカードで買ったレシートには、ちゃんと、承認番号が入っていたので、バリデートされているのだと、安心した。

と、安心していたら、しばらくして、そのスーパー系のクレジットカード会社から、上記のバリデートされたはずの支払いは、まだ引き落とし銀行の承認が手続き中なので、できればコンビニなどで現金で払ってほしい。そうでなければ次月の支払いに組み込む、という通知の書類が届いたので、そういうならとコンビニで払った。ほら、いわないこっちゃない、と今後のカードの使用にやや不安をもった。

それにしても、この程度のことを怪訝に感じる私は、異様に、メンドクセー奴なんだろうか。自分では、純朴で素直な性格だと思っているのだが。

ともあれ、暗号通貨をもちだすまでもなく、世の中は、いろいろと変わりつつあるのだった。

令和の時代

user-pic
0

人脈自由文法で述べたように、私はあまり元号に頓着しない。なので、平成の時代に何があったか、みたいな番組も、要するに単なるエポックの回想録ではないか、とあまり興味を示さなかった。ある時期に起きたイベントに、単にその時代の元号をラベル付けするだけである。それでも、上皇になられる明仁天皇の退位の儀式を眺めているうちに、いろいろ考えることがあったので、何か書いてみる。

まず、美智子様との関係である。それは、実に仲睦じい夫婦で、羨ましいと感じたが、一方で、セレブとはいえ一般家庭から皇室に入った苦労は並大抵ではない、と特集番組をみていて感じた。それでも、たおやかに勁く、庶民感覚を失わず、明仁天皇をサポートした。ある意味純粋培養の明仁天皇が庶民に受け入れられるようになったのは、美智子様の影響が大きいようである。

そしてつい、令和の新皇后であられる雅子様とつい対比し、世間はそして、私もエリートに対する揶揄も含めて雅子様を批判的にみてきた。すなわち、雅子様はハーバードの学歴も含めて、自らを外交官の専門家として鍛えた。しかし、スキルの一般的な法則で、専門化は特殊化であって、どうしても何ほどか汎用性を失ってしまう。

それでも望まれて皇室に入った以上、専門化を解き放って、適応的に汎用化するよりなく、それはまさにiPS細胞化のような苦難であった、と推定する。しかし、いまや令和の新皇后となられて権限が増大し、自らの経験と蓄積と構想を、公務に活かせるときが来たのではないか、すると機能快(Funktionslust) により、精神状態も快方に向かうのではないか、という私にしては楽観的な観測を抱いてみた次第である。

一方、私が令和をどう生きるかと自問してみると、平成でなく令和だからといって、特有のことは何もないと思っている。ただ、確実に老いて衰弱していくので、どう老いを生きるかという課題がいつもある。すなわち、論語にある「心の欲する所に従えども矩を踰えず」で行きたいのだが、私は聖人から遠いので、あまり心の欲する所に従っては、矩を踰てしまうかもしれない。なので、なにかしら節制と修行は欠かせないだろう。

それとほとんど確実に言えることは、私は、ヴェニスに死すではなく、令和に死す、ということになるだろう、ということである。もちろん肉体をもつ身として何ほどか死は怖いが、一方で、何か救いとして死を待望しているところもなくはない。ただ、生きているうちは、この物質世界から学ぶべきであろう。そして、いわゆる物質的死を迎えても、そこは極楽浄土ではなく、今とは別の修行が必要な場であろう。令和元年の初日に、そういうことを取り留めもなく考えるのであった。

フルサービス・ガソリンスタンドに書いたように、行きつけのフルサービス・ガソリンスタンドに行ってみたら閉まっていて、仕方ないのでセルフのガソリン・スタンドに行ったのは、約一か月前のことである。

あれから一か月くらいしかたっていないのに、もうかなりガソリンが減ってきて、そろそろ給油した方がいいと思われる分量になってきた。私はかなり余裕のあるうちに給油するほうだが、それでも普通は一か月半くらいもつ。私は普段会社があるので、日常的に車に乗っているのは家内だが、とくに運転の距離や頻度が高かったとは聞かないので、おそらくセルフだと、私がとりあえずの満タンしか入れないからだろう。というのは、フルサービス・ガソリンスタンドで見ていると、とりあえずの満タンからさらに何リッターか押し込んでいる。私は、そういうのを真似してガソリンをこぼしたらいけないので、とりあえずの満タンで止めるようにしている。すると、フルサービス・ガソリンスタンドより少なめになってしまう。

それで、今回から諦めて、車で5分くらいのセルフのガソリンスタンドに行くことにしようと思ったのだが、ちょっと思案して、前回も調べた、車で20分以上かかるルサービス・ガソリンスタンドに行ってみることにした。そこは、相模女子大の正門前にあって、私がよく通る道に沿っているのだが、まだそこには一度も入ったことがない。で、場所的には熟知しているので行ってみると、入り口を入ったところで、若い女性が誘導してくれるので、なんか嬉しくなった。そもそも、ガソリンスタンドで誘導されたことなんて、何年ぶりである。

給油中も、当然に窓を拭いてくれたり、中拭きの濡れタオルを貸してくれたり、なんか新鮮で気分がよくなった。さらには道路から出るとき、誘導してくれた。こんなのも何年かぶりである。また、普通はフルサービス・ガソリンスタンドは、セルフよりリッターで少なくとも数円高いのだが、来る途中でみたセルフのガソリンスタンドと、値段が同じで、このあたり良心的だと思った。

ということで、今度は多分六月に入ってからだと思うが、また行ってみることにする。次回も営業しているかいまいち不安だが、少なくとも営業状況はパソコンでもスマホでも簡単に確認できるので、問題ない。

こうなってくると、フルサービス・ガソリンスタンドは、希少価値があり、ウェブの意見でも、フルサービス・ガソリンスタンドを望む声も結構あるので、商売は続けられる、とみたい。

今年の1月から4月半ばまでの仕事の山をなんとか乗り切って、やっと年休を取って一息ついた。カープも、やや出遅れたが、やっと本来の調子をとり戻して勝ち始めた。

さあて、ここから、リラックスして余裕をもって、楽しく過ごすぞ、と期待したのだが、なぜか思ったほど、体がついてこない。週末に習慣にしている一時間程度の散歩も、どうしても気が乗らなくて、今日はパスしようか、とじっと家でテレビを観ていたりする。

思い出すと、2月の一番忙しかったとき、やはり疲れていたが、週末になんとか散歩に行く元気はあった。むしろ、散歩にいくと、歩くことで心身が活性化され、一時間の散歩を二時間に延長したことがあった。

なのに今は、せっかく楽になったのに、なぜこんなに元気が出ないのか、と考えて、疲労のレイテンシという概念に行き着いた。すなわち、人間は、忙しいとき、アドレナリンが放出されて、気力がみなぎり、疲れても、早く寝たりするとなんとか回復するような気がする。しかし、その間も、埃のように疲労は心に体に、しんしんと積もっていて、容易に拭い去れず、仕事が一段落したとき、心身に纏わりつく。

そう言えば、つい先日も、夜寝ていて、疲労が全身を真綿で締め付けるような夢をみて、つい起きてしまった。それは起きていると意識しないので、レイテントな疲労と呼べる。

一方、一番忙しいときの疲労は、一度に押し寄せるが、体がある程度元気なら、少し酒でも飲んで早く寝ると、とりあえずすっきり回復したように感じる。それを顕在的疲労と呼ぼう。

で、私の自己観察によると、顕在的疲労があるとき、ルーチンのような作業はできても、じっくり構想したりする作業はできない。

そして、ある程度顕在的疲労が低減すると、なんとかクリエイティブなことができるようになる。ちょっと難しい数学の概念を理解したりするのも、これに当たる。

ところが、そういう知的活動は、レイテントな疲労を亢進させてしまうことがある。専門の数学者だと、そういうとき、お笑い番組を観たり、軽いエンタメ小説を読むなどして、うまく気分転換するのだろうか。私は、本当に凡庸な知的能力しかないのに、こういう気分転換が昔から苦手で困っている。

あと、当然に顕在的疲労の一部がレイテントな疲労に転化するのであるが、そういうレイテントな疲労は、特にプロ野球選手などに本質的であって、例えばピッチャーが、シーズンの勝負どころで、連投すると、大抵の場合、しばらくたって、レイテントな疲労にやられて不調になる。ただ、心身の耐疲労性というか、レジリエンスは、大変個人差が大きいので、統一的には扱いにくい。もしかして、急にモチベーションを下げて、試合に出るのを中止した、水泳の萩野選手も、レイテントな疲労が原因かもしれない。

問題は、そこからどう回復するか、である。とりあえず、何か楽しいことを見出して、特にパフォーマンスを気にせず、時間をかけてリラックスするしかないと思うが、そんなことはお構いもなく、また仕事が押し寄せてきたらどうするか。水泳の萩野選手のように、当面のキャリアを顧みず、勇気ある撤退をして、ロングレンジの捲土重来を期すか。実に難しいのであった。

場末感に書いたように、2月の上旬に一人カラオケに行ったのであるが、そのとき、フランチャイズのシダックスの近日閉鎖を知り、それがショックで、今に至るまで一人カラオケ(ヒトカラ)に行けないできた。

いや、シダックスの閉鎖というよりも、仕事が忙しかったのが、メインの理由かもしれない。何しろ、ストレスが高じて、じんましんに苦しめられた。

4月に入って、ややストレスは減ってきて、じんましんは快方に向かったが、一向に気分が晴れなかったのは、わがカープが、未曾有の絶不調に陥っていたからである。

しかし、4月17日に、期限が近い重い案件を完了させると、それに同期するかのように、カープが次第に調子を取り戻し、といっても、最初の負け続きでまだ最下位なのだが、ともかく、そのあとの土曜日、前から行こうと思っていた、シダックスに代わるカラオケに行ってみた。「カラオケWAVE」という店である。散歩コースにあるので、いつも見ていたが、なんかちょっと地味だな、と二の足を踏んでいた。場末感で書いたこととちょっと矛盾するか。

で、行ってみると、受付は階段を上がった二階にある。シダックスよりもこじんまりしているのがいい。会員登録すると、ドリンクバーが無料というので、当然会員登録したのだが、なんと免許証を見せろという。要するに、60歳以上の割引を受けたいと申請したので年齢確認である。まあ当然だが、シダックスではそういうのを要求しなかったが、こういうところはきちんとしている方がいい。ともかく時間は、二時間にした。カラオケの機械はどれがいいかと何種類か聞かれたが、私は分からないので、ともかく曲数が多いのがいい、と応えた。

それで部屋に行って、歌おうとして曲を入れたら、耳をつんざくような音量で、おいおい、これがデフォールトかよ、と必死でボリュームを絞った。いくら聴力にやや難がある私でも耐えきれなかったからである。それから、やっと歌い始めたのだが、なんと喉の調子がおかしくて声が出なくて焦った。仕事の疲れからきているのかと思ったが、どうも気温の変動が大きくて、やや風邪を引いたせいらしい。その日も気温が高いだろうと上着を着ないできたら、道すがら風が意外に冷たく、寒かったからである。しかし、このまま投了するわけにもいかず、仕方ないので慣れた演歌を歌ったのだが、それでも調子が出ない。そういえば、テレビのCMで、龍角散トローチだったがいいとあったよね、と思い出した。まあコマーシャルなので、当然に印象よく示すものだが、出ていた女性がなかなか魅力的だった。今度、龍角散トローチを買っておこう。

なお、ここは持ち込み可のカラオケなので、途中のコンビニなどでビールなどを買ってくると盛り上がるかもしれないが、私にとって一人カラオケは、楽しみであると同時に喉を鍛え、歌を練習する場なので、アルコールなど飲むつもりはない。それにしても、持ち込み可にすると飲み物で売り上げを稼げないので、店は厳しいよね、と思った。

ともかく、いがらっぽい声ながら、根性で2時間歌いきったら、なんか気持ちが晴れてきた。料金を精算したら、シダックスより少しだけ高かったが、これはJAF割引がシダックスと違って利かないからだろう。それでも、10%割引券をもらったので、次回はそれを使うことにする。

そうやって気分よく歌い、スマホでプロ野球速報をみると、なんとカープがDeNAに快勝しているではないか。それで一層気分を良くし、「カラオケWAVE」の好感度も上がったのだった。

じんましん

user-pic
0

私は神経質というか、軟弱というか、ちょっとのことでめげてしまい、胃腸も強くないので、すぐに下痢したりする。

しかし、皮膚はあまり繊細でなくて、少々擦れたり、虫刺されがあっても気にしない。田舎育ちだからだろうか。なので多少皮膚が痒くてもあまり気にしないのだが、今年の1月から3月くらいまでは、おそらくじんましんで、内腿や膝の皮膚が痒くて困った。なお、漢字で蕁麻疹と書くと大袈裟なので、ひらがなにする。

原因はおそらく、ストレスである。すなわち、部門であるプロジェクトがあり、そちらに人が駆り出されたので、その人たちの仕事が私の方にきて、限界を超えてしまった。

私は一応、基本的に残業はしてはいけない立場であるが、早朝は残業をつけないで働けるので、いつも定時よりも一時間くらい早く会社に行って、仕事した。ままあこれは、忙しくなくてもそうするので、もともとの習慣でもある。

しかも、昼休みも、あまり休憩時間と認識せず、コンビニ弁当を食べながら、仕事をする。それでも、仕事量におっつかないときは、物理学の計算におけるような摂動論を使う。ようするに、仕事のクオリティが10%下がるのを覚悟で、仕事量を20%減らす、みたいな雰囲気である。私はこういう姑息なことを考えるのが、苦手ではない。

しかし、これは将棋の秒読みの下での指し手のように、集中を絶やさす、長時間作業しなくてはならないので、結構神経をすり減らす。

私が理想とするのは、自宅でも仕事をできるよう許可してもらうことである。しかし、正社員でない今の私の立場ではそれはありえない、と撥ね付けられてしまった。

ならば、正社員でない者に、正社員以上の過度の仕事を押し付けるのはどうか、と文句を言おうと思ったが、この歳になって、あまり意地を張るのもどうか、ととりあえず我慢し、するとストレスが高じて、じんましんは悪化して、赤くただれてきた。

それでも私は、じんましんに一切、軟膏の類を塗らないで痒みに耐えた。もちろん、ばい菌が入ったらいけないので掻かない。それを知った家内は、なぜそんなことをするのかと怪訝がるので、ストレスをじんましんのところで受け止めてもらって、内臓などに及ばないようにする焦土戦術だといったら、呆れて、苦笑するばかりだった。

それで、ようやく仕事のピークが過ぎて、ストレスが下がってきたので、ご苦労様とじんましんたちに軟膏を塗っている次第である。

まあ、昔からであるが、自分でも何やっているか、意味不明のことはよくある。ボトムラインとして、他人に迷惑かけないようにはしているつもりなのだが。

百均に行くと、いろいろな大きさのビニール・ケースを売っている。透明だったり、メッシュが入っていたりする。

大抵の人は、百均で少なくとも一つのビニール・ケースを買ったことがあるだろう。書類入れにしたり、小物入れにしたりする。

もちろん私も、百均でビニール・ケースを買うが、その数が半端ではない。今家にあるのだけでも、数十ある。会社にもそれくらいあるかもしれない。ここまでくると、ほとんど病気である。

先日私が会社で、自分の書類が入ったビニール・ケースを取り出していたら、通りがかった人が、何が見てはいけない物をみたような顔をして、行ってしまった。そんなに異様な光景だろうか。

おそらくであるが、私の仕事の処理効率は、部門でトップクラスである。そして、私の仕事の効率は、かなりの程度、一件毎のビニール・ケースに依存している。すなわち、その一つのビニール・ケースに関連の書類や論文の印刷などを全て入れるので、参照が容易である。

なのに、部門の誰も私の真似をしない。ではどうしているかというと、クリアホルダに書類を挟んでいるだけである。それでは、ほとんど関連書類を容れられない。大丈夫なのだろうか。

あと、私は特許調査をしていて、知らない技術に出会うと、臆さず本を買って読む。それも仕事の帯域を拡げて、いろいろな技術分野の仕事が来るので、忙しい。それで何も直接のメリットはないので、誰も真似しないのだろう。

しかし、本を読んでおいて特許調査すると、調査した特許がよく理解できる。また、研究者と話しても、一歩突っ込んだ質問がてきて、話が盛り上がったりする。こういうのって、人生の醍醐味の一側面ではないのだろうか。

ビニール・ケースに戻って、私がスマホをビニール・ケースに入れておいたら、それを見た複数人から、おかしいと言われた。私は雨が降ったときの防水用のつもりである。去年、カーブ対ヤクルトの試合をテレビで観ていて、雨が激しく降るのに、スマホを見ている観客が何人もいた。私は、スマホが劣化するではないか、と懸念した。いくら防水対応のスマホでも、内部に多少水が入るだろう。私だったら、そんなとき、スマホをビニール・ケースに入れて、鞄にしまっておいて、トイレなど、雨に濡れないところでそっと見る。

そういえば、完全透明のビニール・ケースは、オレンジという百均にはあったのだが、自宅から歩いて十分くらいのところにあったオレンジは、撤退してしまった。シダックスの撤退より、私は残念である。

などというビニール・ケース談義ほど誰の共感も呼ばないものはないだろう。これを以て自分のユニークさを主張したいのだが、いいよね?と聞いたら誰もが、好きにすれば、と冷たく言い放つだろう。

月別 アーカイブ

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち生活カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは物理学です。

次のカテゴリは生物学です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。