生活の最近のブログ記事

口腔ケア

user-pic
0

以前に歯科に行ったとき、歯科医の先生から、歯間ブラシを真面目に使うと、口内の感度が高まると指摘されたが、そのときは、あまり真面目に聞いていなかったので、適当に聞き流した。

ところが、足痛の因果関係の経験を経て、口内の不潔さが体の他の箇所に本質的な影響があることを知ると、今更のように歯間ブラシを真面目に使い始めた。ところがそうしても、以前に指摘された「口内の感度が高まる」という状態は実感できなかった。

それがなんとなく感じられるようになったのは、デンタル・シリンジを使うようになってからである。すなわち、デンタル・シリンジを使用すると、今まで払拭できなかった歯間の汚れが洗い流されるので、アバウトな言い方だが、口内の清潔度が一桁上がったような気がした。じつは私は電車の中などで他人の口臭が気になったりするが、口内の清潔度を上げたことで私の口臭レベルは少しは下がっているだろうか。このあたりはどうもよく分からない。

ともかく、口内の感度が高まったことで、朝起きた直後の状態で口の中がネバネバしている、と感じられ始めた。それで、ドラッグストアで口内細菌を抑えることを謳っている花王の薬用ピュオーラというマウスウォッシュを買い、朝起きた直後にこのマウスウォッシュでうがいするようにすると、なんとなく一日を通して、口内が清涼であるような気がした。

そんな注意深いケアをしているのに、ある朝起きたら、一か所の歯茎が腫れている。あらっ、と触ってみたら少し痛い。それでデンタル・シリンジで水を噴射したら、沁みる。そこでさらに歯間ブラシを当ててみると、少し食べ物のカスが残っていた。どうもデンタル・シリンジだけでは取り切れない場合があり、歯間ブラシを併用することも必須のようである。

あと、当然だが、疲れると体の免疫力が下がる。歯茎が腫れたのも、暑さでバテて、口内の免疫力が下ったからだと解釈することにした。

ということで口腔ケアで口内の感度が高まるのはいいことなのだろうが、そういえば、と思い出したことがある。それはヨガの先生が以前言っていたことで、ヨガの修行をすると体が健康になり、体の感度が高まるのだという。するとどうなるかというと、酒や辛い物、刺激的な嗜好の食べ物に対する感度が高まって、こられの嗜好品をなるべく避けるようになるという。

すると私は、依然として酒や辛い物に対する嗜好があるので、口内はそれなりに健康なのかもしれないが、体の方は必ずしもそうではないよね、と一人で苦笑した。体全体の健康レベルを上げるのはなかなか難しい。

クレヨンしんちゃんのピーマンではないが、偏食というか野菜が嫌いな子供は多い。そういう子供は大人になってもやはり野菜が嫌いなままだと思うのだが、どうだろうか。

私はというと、子供の頃から鶏肉以外に苦手な食べ物は一切なく、特に野菜は大好きである。そして田舎の実家にいた頃は、なにしろ庭で野菜が栽培されているので、野菜を食べたいという希望が裏切られることはまずなかった。強いて難点をいうと、自宅の屎尿が庭の野菜の肥料になっていたことで、いまいち汚いなとは思っていたが、なんとなく雰囲気に押し切られて、普通に野菜を食べていた。

そういう生い立ちだと、都会に出てきて食堂に行ってもほとんど野菜が出てこないのが気になってしまう。独身時代もつい自炊したのは、もっと野菜をという希望を叶えたかったからだったりした。

なので、結婚した後も、勝手に野菜サラダを作ることはよくある。私が勝手に料理をつくると家内は台所が乱れるので嫌がるが、なぜか野菜サラダだけはあまりクレームを受けない。私の野菜好きが公認されているからかもしれない。

ところが、先日作った私の野菜サラダにイエローカードが出た。家内が指摘するのは、何よこのキュウリは、というところである。要するに、古すぎて萎びたキュウリを私が使ってしまったようである。

じつはそのことに私も気づいていた。なので少しでもリカバーしようと、しばらくキュウリを水に漬けておいたのだが、その程度ではとてもカバーしきれなかった。どうも漬物にする一手だったようである。

そうやってやや困っていると、急に頭の中を、きゅうりの船、というフレーズがよぎった。記憶が曖昧なのでウェブで確認すると、「星の界」という歌らしい。そこで、その歌詞を引用すると、以下のとおりである。

雲なきみ空に 横とう光
ああ洋々たる 銀河の流れ
仰ぎて眺むる 万里のあなた
いざ棹させよや
窮理の船に

そういえば、さらに思い出したのだが、私が物理学を志した頃は、こういう歌詞を聴いて、真理を極めるのだと、勝手に感動していたのだった。しかし、還暦を過ぎてしまった今の私はいささか違う。いま私がこの歌詞をみて思い起こすのは先日の萎びたキュウリと、夏目漱石の「道楽と職業」という随筆である。「私の個人主義」という講談社学術文庫に収められている。

私の「道楽と職業」を読んだ理解が正しければ、窮理の船と恰好つけても、それは具体的に誰かのためになるわけではないので、所詮道楽なのである。よほど特権的な幸運に恵まれなければ、窮理の船を生活の糧にすることはできない。すると、窮理の船も、私が作った萎びたキュウリのサラダと何も違わない、ということになる。

そういうわけで、私は今更のように、カオスだのフラクタルだのいろいろ試してみているのだが、どうみてもあれは所詮よい子のお勉強にすぎず、窮理の船にはならない。

実は私は、とても甘い考えで、老後のよい子のお勉強がまかり間違って窮理の船にならないかと祈るのだが、そんなことはなりっこないと教えてくれたのが、萎びたキュウリなのだった。

コスパというのは、昔はなかった言い方だが、要するにコスト・パフォーマンスの略で、するとコスパな趣味とはあまりお金を掛けないで楽しめる趣味という意味である。

コスパな趣味というのはいろいろあると思うが、私の趣味の文脈では、将棋や囲碁がそうで、数学も紙とペンと数学書があれば成立するので、それもコスパな趣味ということになる。あと、ほとんどの読書もそうである。

こう書き連ねると、コスパな趣味はお金はあまりかからないものの、決して気軽ではない。というのは、将棋も囲碁も数学も読書も、お金さえ払えば気軽に楽しめるものではないからである。

私はというと、コスパな趣味を楽しむために、若いときから努力してきた。将棋でいえば、棋譜を並べたり、詰将棋を解いたり、棋友と将棋を指したり、である。その努力する過程は苦しいこともあるが、安楽な趣味ではなかなかコスパな趣味にならない。

要するに、コスパな趣味とは、培った感性とスキルを消費する必要があり、即席では無理である。

あ、そういえば、自分の大事な趣味であるパソコンに言及するのを忘れていた。実はパソコンは、少なくとも数万円で購入する必要があり、コスパかどうか自信がない。

コスパな趣味の別の要因に言及すると、それは仲間の存在である。同好の仲間というのは当然にあった方がいいが、同好の仲間が必須の存在だとすると、それは最早コスパな趣味とはいえないかもしれない。なぜなら、仲間は要するに別人格なので、意見があわなくて喧嘩することもあるし、病気にもなることがあり、必ずしも当てにできない。なので、仲間はあくまでもnice to haveの存在である。

そうなってくると、コスパな趣味を楽しむためには、孤独にも強くなくてはならない。場合により自分で家事ができなくてはならない。すると、コスパな趣味な趣味とは、お金がかからないだけで、それ以外の膨大なコストを要するかもしれない、場合によって割の合わない趣味なのだった。

疑似一人暮らしという言い方は世間であまりしないが、要するに私の場合、家内が実家に帰って数日留守にする間一人暮らししているという意味である。

義理の母、すなわち家内の母が地元の老人介護施設に入っていて、その様子を見に家内がときどき帰省するので、疑似一人暮らしは私にとってそんなに稀ではない。ただ、夫婦というものはあまり一緒にいるとつい余計な言い争いになったりするので、ときどき距離を置くのも悪くない。少なくとも私は孤独で本を読んだり、いろいろ考えたりするのが嫌いではない。

もし私が仕事から引退した身なら、疑似一人暮らしは全く問題ではない。なぜなら炊事、洗濯、掃除を含め、家事全般は一応できるからである。あくまでも一応であるが。

しかし私は一応現役のサラリーマンなので、仕事に行かなくてはならない。会社で仕事して、帰って家事もやる、というのはかなり体力を消耗する。それでも、中央林間にある事業所に勤務しているときはよかった。自宅から会社までドアツードアで1時間もかからず、電車に乗っている時間も実質15分程度だった。しかも勤務していた外資系は、勤務形態の自由度が高く、会社に行かないで自宅で仕事するテレワークも、かなりの頻度で使えたので、疑似一人暮らしのとき特にテレワークした。

それからドアツードアで2時間以上かかる豊洲に転勤になったときも、テレワークと休暇を駆使することで乗り切れた。

ところが、三鷹にある会社に転職すると、困ったことにテレワークどころか、フレックスも許されない。しかも片道どうみても2時間はかかる。さらに、そんな長い時間の電車通勤をなんとか座りたいので、朝4時半に起きて、朝5時半には家を出ることになる。しかし家を出るときついでにゴミを捨てるので、猫のトイレの掃除も含めて、予め捨てるゴミを集めておかなくてはならない。しかも私はなるべく自炊する方針なので、味噌汁とかきちんと朝食を用意する。また食べ終わったら、そのまま食器を流しに放置するのは嫌なのですべてきちんと洗う。こうして、疑似一人暮らしの朝は大童となる。

仕事を終えて疲れて帰ってくると、腹が減っているのですぐに夕食の準備である。ところが疲れた状態で食事を作るのは体力的に大変である。しかも還暦が過ぎて、体力低下が甚だしい。なら、どこかで食べて帰ればいいのに、私はどうしても自炊に拘る。まあそれも一種の馬鹿だろう。しかも食べ終わったら例によってすぐに食器を洗う。食器を洗ったら、物も言えないくらい疲れていたりする。しかし、疑似一人暮らしだと話相手は猫くらいしかいないので、会話する必要もなく、疲れたらすぐに横になる。

こういうスケジュールを一週間こなすと、疲れて何もする気がおきなくなる。そういえば、と一人でソファに寝転がってつい考えた。私は独身時代、部屋に一人でこもって数学だの物理学だのコンピュータだの疲れてへとへとになるまで勉強した。才能がないので全く進歩はなかったのだが、どうも自分を疲れて動けなくなるまで酷使することにMな悦びを感じるところがどうも私にはあるらしい。

いくら親子でも、母が私のことを世界で一番分かっている人間だとは思わないが、流石にそのあたりのことは見透かしていて、私に無理やり見合いを勧めた。このままだと生活のバランスを崩して早死にするとおもったらしい。私は決して親に従順な息子ではないが、当時肝炎の予後で抗う気力もなく、流れに任せて結婚した。

結婚してみると、これがまたなかなか大変だったが、家内が面倒をみてくれたので、少なくともM的に自分を酷使して生活のバランスを失うことはなく、なんとかここまで生きながらえられた。だから何なんだよ、何がいいたいんだよと別の自分が問いかけるのだが、疑似一人暮らしで疲れると、そんな自問もどうでもよくなって、知らないうちに深い眠りに陥っているのだった。

延命措置

user-pic
0

私は生きることにしがみついても仕方ないと思っていて、なので、助からない病気になったら延命措置はしないと心に決めているのだが、じゃあ延命措置って具体的に何よと自問してみて、それは胃ろうとか、と答えようとするのだが、ある本では、人工透析でさえ延命措置だと書いてあって、いよいよ延命措置とは何かわからなくなった。それって、延命措置左派か。

もし延命措置を、放置すれば死んでしまう人の命を一時的にでも永らえる措置だと定義するなら、ほとんどの医療行為がそれに該当してしまう。

別の本では胃ろうといっても、人体に栄養を補給する一手段にすぎないとあって、それは延命措置右派か。

私はといえば、どちらかというと延命措置左派かもしれないが、ニュートラルに近いか。

それで最近考えたのは、もしそれがQoLを高めるという意図なら、別に胃ろうでもよいのかな、ということである。すなわちQoLドリブンである。そういう意味では患者本人のQoLだけでなく、介護者のQoLも勘案すべきで、患者のQoLプラス介護者のQoLを最大にするという目的関数はどうかと思うのだが、そんな最適化問題なんて解けるのだろうか。

要するに言いたいことは、医学の進歩で延命措置も変わりつつあるということである。そして、延命措置は拒否しますという言い方の意味がいよいよ分からなくなる。

囲碁将棋チャンネルで番組を観ていると、普通の地上民放放送ほどではないにしても、ときどきCMが入る。そのCMは、通信販売に関するものが多く、この番組の終了以後何分以内にお電話頂くと、同じ値段でもう一つなどのメリットが謳われたりする。

そんな通信販売の商品で、これはなかなかいいのではと目についたのが、水鉄砲みたいな形で、歯間に向けて水を噴射し、歯間の汚れを取り去るというものだった。なぜ歯間の汚れを取り去ることに注目するかというと、足痛の因果関係にかいたように、歯の不具合から足痛が起きたのではないかという疑いがあるからである。なので、歯間をきれいに保つことは健康に本質的であると信じるようになった。

そのときの通信販売の歯間水鉄砲?(実際の商品名が何だったか忘れたので改めて調べてみると、ドクターハーツ エアジェットフロスというらしい)の価格は数千円くらいだったと思う。それはとても高いものではないが、もう少しお手頃のものがあるのではと、アマゾンでみてみると、800円程度のものがあることが分かった。呼び方も、歯間水鉄砲というダサいものではなくて、デンタル・シリンジというようである。

そこでアマゾンで注文して、到着すると早速使用し始めた。それは注射器みたいな形状で、要するに、コップに水を入れて吸い込み、歯間に向けて先端のノズルから水を噴射するのであるが、慣れていないせいか、噴射のコントロールが定まらないで、袖に水がかかって濡れてしまう。

それでも、そんなに熟練を要するものではなくて、一日くらいたつと次第に慣れてきた。そして、デンタル・シリンジで歯間に水を噴射した後、念のために歯間ブラシを当ててみると、ほとんど食べ物のカスが付着していないので、これはいいと思った。歯間ブラシだけでは、洗い流すほど取り去ることは難しい。

で、使い始めて一週間くらいで、気のせいかもしれないが、なんとなく疲れにくく、睡眠が深くなったような気がする。ただ、不思議なのは、クリエイトやマツキヨなどのメジャーなドラッグ・ストアでデンタル・シリンジを取り扱っていないようなので、なにか問題があるのか、それとも単に世間であまり知られていないだけなのか怪訝である。

最近都内に、ある程度重要な書類を送りたいということがあって、最近ではクロネコヤマトなどの宅急便でも書類の送付を扱っているので、宅急便と郵便のどちらにしようか迷った。

そもそも宅急便だと、自宅近くのコンビニで扱っている。一方郵便だと、特に土日だと、歩いて10分くらいかかる特定郵便局まで行かなくてはならない。それでもやや考えて郵便にしたのは、コンサバな思考なのかもしれないが、なんとなく郵便の方が信頼感があるとおもったからである。

それで書類を入れた封筒をもって、郵便局に行った。定形外の封筒なので、普通郵便なら200円くらいなのだろうと思う。しかし、書類の重要性に鑑み(といっても大したことはないが)、簡易書留にした。私は簡易書留と、単なる書留の違いがよくわからない。単にその方が安いだろうと簡易書留を依頼したら、係員の方は、封筒の表の宛先と、裏の私の住所の両面をスキャンして縮小印刷したような受領書を渡してくれた。それでどこに送ったかがわかる。ちなみに、料金は430円だった。

さらに、受領書には11桁の数字が記載されていて、これがお問い合わせ番号なのだという。そこで帰宅すると、日本郵便の郵便追跡サービスに行き、そこに11桁の数字を打ち込んで「開始」をクリックすると、確かに私が手続きした郵便局と、手続き時間、簡易書留であることの表示が出てきた。

問い合わせる度にこの番号を打ち込まなくてはならないのかと思っていたら、電子メール通知サービスがある、というので、申し込みボタンをクリックしたら、電子メールを入力する欄があらわれ、そこに私の電子メールを入力してOKをクリックしたら、確かにURL付きのメールが届いた。

最近ではURL付きのメールを素朴に信頼すると、ランサムウェアだったりして怖いのだが、一応Windows 10なので、ランサムウェア対応済だろうと信頼してURLを開いたら、上記と同じ表示が出てきた。この方式でいいのは、URLにパラメータとして11桁の数字が埋め込まれているので、今後は単にそのURLのリンクをクリックするだけでいい、ということである。

さらにこの方式がいいと思ったのは、トレースの粒度が細かいのである。すなわち、何月何日何時何分に、どの郵便局が受付け、そこから何月何日何時何分にどの郵便局に到着し、今は配達員が配達中というのもわかる。そして、目的地に配達されると、「【郵便局】配達完了報告メール」というメールが来る。すると、何かと安心である。

また、相手方に携帯などでお問い合わせ番号を知らせておくと、相手方は上記と同様にトレースできて、これも便利である。すなわち、問い合わせるのは、郵便の差出人でなくてよい。

まあこんなことは今更世間で当たり前で、その程度のトレーサビリティに感心するのは、私が独特のnumbers guyだからだろう。

新聞に、首都圏の住みたい街ランキングというのがあったので、引用してみる。

  1. 吉祥寺
  2. 恵比寿
  3. 横浜
  4. 目黒
  5. 品川
  6. 武蔵小杉
  7. 池袋
  8. 中目黒
  9. 東京
  10. 渋谷

これみて私は、無茶苦茶じゃん、と嘆く。というのは、異なる階層というか粒度の場所が並置されているのである。だって、吉祥寺というのは、武蔵野市の一部にすぎず、一方で横浜って、どこよ?ということになる。だって、横浜というけど、緑区と保土ヶ谷区、みなとみらいでは全然雰囲気が違う。もっとひどいのは東京というのがあることで、目黒だって品川だって東京じゃん、ということになる。

まあでも、数年前なら、吉祥寺?そんなの知るか、とそっぽを向けたが、いまの私は違う。というのは、数年前、いろいろな経緯で定年より少し早く外資系を辞めたはいいが、なかなか次の就職先がない。それで困っていたとき、私を拾ってくれたのが、三鷹駅の北口の武蔵野市中町というところにある会社である。拾った女ならぬ、拾われた男である。

そんな私は、一ヶ月に一度よりやや低い頻度で、武蔵野にある研究所に特許調査の打ち合わせに行く。そのとき、吉祥寺の住宅街の中を歩く。するとなるほど、行き交う人達が、どことなく、私が住んでいる相模原市より、トッカータと風雅ニ短調である。ベビーカーを押す若い婦人につい見惚れたりする。しかし、仕事時間中なので見惚れている場合ではないと視線をそらす。

で、たしかに吉祥寺の住宅街は、どことなく優雅な雰囲気はあるが、果たして住みたい街だろうか、と自問して、う~ん、と考え込んでしまう。なんというか、私が雨だとすると、吉祥寺は、撥水性の壁面のように、私を弾いてしまい、私は水玉になってしまう。私は決して吉祥寺に沁みこめない。まあ、水玉になるのも悪くはないのだが、そこに馴染むというのとは違う。

どちらかというと私は中央林間とか、江東区とかが馴染むのだが、よく考えたら誰も私に首都圏の住みたい街なんて訊かない。だから私なんぞ、ひっそりと相模原市に住んでいればいいのである。

でも、相模原市が、首都圏の住みたい街のランキングの上位に入ることは絶対ない。もともとそんなに順位が高くないところにもってきて、去年の事件で決定的に順位を下げてしまった。

そういえば、昔、泉谷しげるの歌で、♪明日相模原まで、出刃包丁を買いにいこう♪という歌詞があったが、あれはいったいどういう意味なのだろうか。

まあ、どこであれ、住めば都、入れば穴熊囲い、ということにしておこう。

私は、自分が老人の入り口に立っていることを意識していて、老人としての先達の、五木寛之氏、曽野綾子氏、外山滋比古氏などの著書を参考にしてきた。それであくまでも主観であるが、私には外山滋比古氏の著書がいちばんしっくりくるというか、参考になるような気がした。

その乗りで、書店で渡部昇一氏の「実践快老生活」PHP新書を見かけたとき、即買って読み始めた。すると、昔読んだ「知的生活の方法」からの方針を継承しているので、あまり違和感なく読み始めることができた。とはいえ、「知的生活の方法」とは少しずつ変化している点があり、場合により違和感を感じる箇所もあった。

まず、夏目漱石の小説であるが、渡部氏は、昔感心した漱石の小説を読み返してみると、むしろ違和感を感じる、という。ううん、漱石の小説って、歳をとりすぎると違和感を感じるようなものなんだろうか、私にはわからない、とちょっと考えてしまった。むしろ、文学初心者の私は、最近ようやく漱石が面白くなってきたところで、このあたりは人生経験の違いとしかいえない。

ただ、私として心強いのは、85歳になっても渡部氏がむしろ記憶力を強化していることで、ああ訓練すれば維持できるんだと、うれしくなった。

あと、渡部氏が古典を読むことを勧めているのは納得なのだが、そこで文系の古典は古びないけれども理系は先端のところで古びるのではと仰っているが、それもかなり場合による。例えば、古典統計力学のボルツマンの理論は、深層学習にも採用されており、量子力学のエンタングルはまだ全く説明がついていない。また典型的には数論がある。なので、理系でも有意義な古典というのがかなりありえる。

ところで、私が最大に疑問に感じるのは、渡部氏が老人の一番の幸福を、家族、すなわち妻、子、孫などにおいていることである。それは渡部氏がそういう家族に恵まれているから当然といえばそうなんだろうけど、世の中をみていると、いろいろな事情があって結婚していない人、結婚したけど離婚してしまった人、配偶者などが早目に亡くなってしまった人、子供がうまれない人などいろいろいらっしゃって、そこを基準にすると、ある人達は、そんなありきたりの幸福はないものと思うしかなくなってしまう。

「知的生活の方法」はそのあたりニュートラルで、結婚することもさまざまな是非があり、孤独で知的に生きる生き方も是認されていたような気がする。そこが変節といえば変節だが、まあ仕方ないか。

あと、渡部氏について驚くのは、77歳のときに2億円のローンを組んで家を建て直し、書庫を充実させたということで、それは沢山本を書いているからできることで、普通の年金生活だと2億円のローンなんて、よほどの財産がなければ確実に暴挙である。

それ以外は「知的生活の方法」とほぼ同じであるが、クリエイティブに生きる細かい工夫という意味で、どうしても外山滋比古氏の著書に比べて粗いというか、やや自画自賛的になっているのを感じる。

まあでも、多少自画自賛というか我儘でも、自分にあった生き方をすればいいではないではないかと緩くアドバイスしてくれているような気もするので、そんなに悪い本でもないと思い直したりした次第である。

都市ガス

user-pic
0

私がいま住んでいる家を建ててそちらに移ったのはもう16年も前のことだが、それは、家付きで土地を買ったのだった。ただ、その家は大層古かったので、壊して建て直すことが前提で、なので、古い家を壊してそれを産業廃棄物として処分してもらう費用まで余分にかかった。

要するに建売でなかったのだが、私が住んている一角は、昔からの住宅地で、都市ガスがカバーする区域から離れて島のようになっているので、ガスはプロパンだった。

するとどうなるかというと、敷地の一部にプロパンのボンベを設置しなくてはならないのだが、うちの家の場合、どうしても駐車場のそばにボンベを設置せざるをえず、毎月のボンベの交換は、車のそばをボンベを担いだ係員が移動することになる。それをみていて、もし係員がちょっと足を踏み外したりしたら、車が傷つくといつもヒヤヒヤだった。

しかし、都市ガスの管は何百メートルも離れているので、工事を頼むと、おそらく何百万円もかかってしまう。それで仕方なくプロパンを使っていた。

ところが幸いに、自宅の近くに老人介護施設ができるということになって、そこは都市ガスなので、少しの工事費を払えば、都市ガスが引いてもらえることになった。それで近所の有志を募って共同でガス工事をしてもらうことになった。

こうなると、プロパンガスの業者はリプレースされるので仕事を失う。昔ある地域で一気にプロパンガスが都市ガスに切り替えられたので、そこを担当していたプロパンガスの会社がふて腐れて、ボンベを放置して取りに来なかった、ということがあったと聞いた。

しかし、私が契約していたプロパンガスの業者は、切り替えるというと多少対応がぎこちなかったが、結構紳士的に対応してくれたので安心した。

それで都市ガスに切り替えるに当たってこの際、コンロと給湯器も一新した。それで業者が来たのでいろいろ聞いてみると、ガス器具は随分安全になっていて、もしガス漏れがあっても自動的にガスの供給が止まるのだという。また、都市ガスはプロパンガスと違って空気より軽く、ガス漏れしてもガスが逃げるのでプロパンガスより安全である。

こうして便利に都市ガスが使えているのだった。ライフラインの一環としての都市ガスの有難味が改めて分かった。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち生活カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは物理学です。

次のカテゴリは生物学です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。