生活の最近のブログ記事

洗濯

user-pic
0

疑似一人暮らしの続きであるが、家内が所用で実家に帰っているとき、私は洗濯をした。

家事というと、炊事、洗濯、掃除などがあるが、明らかに一番楽勝なのが洗濯なのであって、なぜなら洗濯物を洗濯機に放り込んで、スイッチを押すだけでよい。コンピュータが好きな私にとって、そのオートノミーがいかにも快い。

ところが、洗濯物を干す段になって慄然とした。なぜなら、パジャマの上着と、普段着のシャツに黒い大きなシミがあったからである。このままでは、家内が帰ってきて、それを発見したら、何を言われるかわからない。そこで、原因を究明するために洗濯機にいってみて、なんと、と嘆息した。洗濯機の中に水性のボールペンがあった。原因は、水性のボールペンをシャツの左胸のポケットに挿したまま洗濯したことのようである。すなわち、水性のボールペンのインクが沁み出して衣服に付いてしまった。これが油性のボールペンなら実質的被害はなかったのかもしれないが、最近、油性のボールペンでノートに書きつけるときかすれるという問題があって、ときどき水性のボールペンを採用している。

実は同時に洗濯した物のうちに、会社に着ていくフォーマルなシャツがあったが、そちらは無事で、黒いシミはたまたま、パジャマの上着と、普段着のシャツにlocalizeというかconfineされていた。それは不幸中の幸いなのだが、依然として家内から叱責されるという問題が残っている。

追い詰められた私は、思案して、そうだ水性のボールペンのインクなら、水洗いも有効だと判断した。そこで折角一旦洗って干してある洗濯物を引きはがして、洗面器に水を入れ、そこに大目に洗剤を垂らし、手もみ洗いした。すると、シミはかなり落ちて、注意してみないと分からない程度になった。

それから洗濯機ですすぎと脱水し、改めて干しなおすとなんとか体裁を保った。シミがついたのが急所から外れたパジャマの上着と、普段着のシャツで幸いだった。

家事もなかなか奥が深い?と改めて感じた次第である。

私は健康診断消極論者なので、本屋で近藤誠医師の「健康診断は受けてはいけない」文春新書をみたとき、迷わず買って読み始めた。

この本の趣旨は明快で、要するにほとんどの検診や人間ドックは、健康になることに貢献せず、むしろ体に有害というものである。

その理由は明らかで、学会で検診や人間ドックで寿命が延びたという学会のデータがないのである。

さらにいうと、放射線を浴びせたり、内視鏡を体に入れたり、病気かもしれないものが見つかって処方される薬が体に害にあったりする。

また、病気だと宣言されて、それでいろいろ心配したり考えたりする病識もネガティブな要因となる。

それでも病院は、検診や人間ドックの宣伝をせざるをえない。なぜなら、検査とその後の治療や投薬が主要な金儲けの手段だからである。なにしろ、学会の権威のような人がちょっと検査基準値の正常範囲を狭めるだけで、検査で異常と認定されるケースが増えて、それは確実に次の医療行為のチャンスにつながる。そのために多少被検査者の死亡率が高まっても、医師は知ったことではない。

そういえば、BMIという肥満指数があって、これが健康のためにかなり重要視されているが、昔から、少し小太りの方が長生きというのが通り相場である。

あと、ピロリ菌の駆除は胃癌の予防にいいとというのも喧伝されているが、ピロリ菌を駆除すると、かえって食道がんが増えるというデータもあるらしくて、なかなか難しい。

ここまで書いて、健康診断や検診は、ザリスキー閉集合なのだ、と改めて感じる。すなわち、孤立した特異点のような人に対して検診は極めて有効であり、検診で発見しないと手遅れになって助からなくなるという病気も確かにあるのだろう。

だからと言って、全数検査のような健康診断義務化は暴挙である。健康な人に健康診断を受けさせると、健康体に無意味な負担をかけて却って病気にしてしまう。

それにしても仕方ないのは、医師の経済原理である。だから大多数のザリスキー開集合の人たちはなるべく検診は忌避するよりない。なにしろ諸外国には健康診断の義務化という概念はないのだから。

夏バテ

user-pic
0

最近どうも元気が出ない、夏バテかなあと思ってしまった。それにしてもここ数年、多少暑くても夏バテしたことはないはず、もう歳かなあと思い、ただ念のため自分のブログを夏バテというキーワードで検索してみたのだが、すると2014年の夏バテという記事と、2016年の夏バテという記事をみつけた。なんだ3年前から夏バテしていたのか、となぜかホッとした。それにしても2015年は夏バテしなかったのか、そんなはずはない、単に記録しなかったのだろうと思ったりした。

今年の夏バテの特徴は、よく分からないが、フラクタルや常微分方程式などに入れ込んで、ついいろいろ考えすぎて、仕事だけでなくそれらにエネルギーを費やしているせいもある。しかしそれらは私の老後(今も老後である)のライフワークの一部なのだから、ある程度疲れるのは仕方ない、ただ持続可能なペース配分はどうしても必要で、それが分かっていないというのが問題だった。

今年の夏はフラクタルや常微分方程式だけでなく、テレビで野球中継も観るようになった。特に広島カープを応援する。ただ、野球というのはよく言われるように筋書きのドラマで、優勝候補の広島カープといえども、がっかりしたり、憤慨したりする場面が少なくない。それも疲労の原因になる。それにしても、横浜スタジアムでの広島カープ対DeNAの三連戦は、なんとDeNAが逆転サヨナラを三試合続けるという信じられない展開になり、そこで一気にストレスが限界を超え、疲労度が閾値を超えた。こういうのは一度閾値を超えると元に戻るまでにかなり時間がかかるというヒステリシスがある。

そこにきて、公民館での行事が入り、知り合いと飲みに行ったりして、さらに疲労が累加していった。こういうときどうやって回復ざせるかというと、ミステリー小説を読んだり、酒量を下げたり、睡眠時間を増やしたり、なにもしないでぼーっとしたり、なかなか決定版はないのであった。まあでも、カバヤ食品 塩分チャージタブレッツは案外夏バテに効くかも。仕事をしながら食べていたら少しだけ元気になった。

漱石の猫

user-pic
0

猫力関連で、夏目漱石というと、なんといっても吾輩は猫であるが有名であるが、読売新聞の「編集手帳」の欄によると、漱石が飼っていた猫は本当に名前がなくて、「猫」と呼ばれていたという。

一方、漱石は犬も飼っていて、そちらはギリシャ神話にちなんだ「ヘクトー」という立派な名前があったそうで、すると犬に比べて猫が冷遇されているようであるが、そうでもなくて、猫が亡くなったとき、漱石は相当に悲嘆に暮れたようである。それで門下生四人に葉書を出し、「逝去」「埋葬」「ご会葬には不申候」という語句が並んでいた。ユーモアと哀悼がにじむ。

せめて亡くなった猫には戒名でもつけるかと思ったら、漱石は白木の墓標に「猫の墓」と書いただけだという。文学博士を辞退した漱石にとって、名前なんてどうでもいいのだろうか。おそらくであるが、名前をつけなかったことは、独特のポジティブな意味があるのだろう。要するに、英語でいえば、"THE CAT"だったりして。

口腔ケア

user-pic
0

以前に歯科に行ったとき、歯科医の先生から、歯間ブラシを真面目に使うと、口内の感度が高まると指摘されたが、そのときは、あまり真面目に聞いていなかったので、適当に聞き流した。

ところが、足痛の因果関係の経験を経て、口内の不潔さが体の他の箇所に本質的な影響があることを知ると、今更のように歯間ブラシを真面目に使い始めた。ところがそうしても、以前に指摘された「口内の感度が高まる」という状態は実感できなかった。

それがなんとなく感じられるようになったのは、デンタル・シリンジを使うようになってからである。すなわち、デンタル・シリンジを使用すると、今まで払拭できなかった歯間の汚れが洗い流されるので、アバウトな言い方だが、口内の清潔度が一桁上がったような気がした。じつは私は電車の中などで他人の口臭が気になったりするが、口内の清潔度を上げたことで私の口臭レベルは少しは下がっているだろうか。このあたりはどうもよく分からない。

ともかく、口内の感度が高まったことで、朝起きた直後の状態で口の中がネバネバしている、と感じられ始めた。それで、ドラッグストアで口内細菌を抑えることを謳っている花王の薬用ピュオーラというマウスウォッシュを買い、朝起きた直後にこのマウスウォッシュでうがいするようにすると、なんとなく一日を通して、口内が清涼であるような気がした。

そんな注意深いケアをしているのに、ある朝起きたら、一か所の歯茎が腫れている。あらっ、と触ってみたら少し痛い。それでデンタル・シリンジで水を噴射したら、沁みる。そこでさらに歯間ブラシを当ててみると、少し食べ物のカスが残っていた。どうもデンタル・シリンジだけでは取り切れない場合があり、歯間ブラシを併用することも必須のようである。

あと、当然だが、疲れると体の免疫力が下がる。歯茎が腫れたのも、暑さでバテて、口内の免疫力が下ったからだと解釈することにした。

ということで口腔ケアで口内の感度が高まるのはいいことなのだろうが、そういえば、と思い出したことがある。それはヨガの先生が以前言っていたことで、ヨガの修行をすると体が健康になり、体の感度が高まるのだという。するとどうなるかというと、酒や辛い物、刺激的な嗜好の食べ物に対する感度が高まって、こられの嗜好品をなるべく避けるようになるという。

すると私は、依然として酒や辛い物に対する嗜好があるので、口内はそれなりに健康なのかもしれないが、体の方は必ずしもそうではないよね、と一人で苦笑した。体全体の健康レベルを上げるのはなかなか難しい。

クレヨンしんちゃんのピーマンではないが、偏食というか野菜が嫌いな子供は多い。そういう子供は大人になってもやはり野菜が嫌いなままだと思うのだが、どうだろうか。

私はというと、子供の頃から鶏肉以外に苦手な食べ物は一切なく、特に野菜は大好きである。そして田舎の実家にいた頃は、なにしろ庭で野菜が栽培されているので、野菜を食べたいという希望が裏切られることはまずなかった。強いて難点をいうと、自宅の屎尿が庭の野菜の肥料になっていたことで、いまいち汚いなとは思っていたが、なんとなく雰囲気に押し切られて、普通に野菜を食べていた。

そういう生い立ちだと、都会に出てきて食堂に行ってもほとんど野菜が出てこないのが気になってしまう。独身時代もつい自炊したのは、もっと野菜をという希望を叶えたかったからだったりした。

なので、結婚した後も、勝手に野菜サラダを作ることはよくある。私が勝手に料理をつくると家内は台所が乱れるので嫌がるが、なぜか野菜サラダだけはあまりクレームを受けない。私の野菜好きが公認されているからかもしれない。

ところが、先日作った私の野菜サラダにイエローカードが出た。家内が指摘するのは、何よこのキュウリは、というところである。要するに、古すぎて萎びたキュウリを私が使ってしまったようである。

じつはそのことに私も気づいていた。なので少しでもリカバーしようと、しばらくキュウリを水に漬けておいたのだが、その程度ではとてもカバーしきれなかった。どうも漬物にする一手だったようである。

そうやってやや困っていると、急に頭の中を、きゅうりの船、というフレーズがよぎった。記憶が曖昧なのでウェブで確認すると、「星の界」という歌らしい。そこで、その歌詞を引用すると、以下のとおりである。

雲なきみ空に 横とう光
ああ洋々たる 銀河の流れ
仰ぎて眺むる 万里のあなた
いざ棹させよや
窮理の船に

そういえば、さらに思い出したのだが、私が物理学を志した頃は、こういう歌詞を聴いて、真理を極めるのだと、勝手に感動していたのだった。しかし、還暦を過ぎてしまった今の私はいささか違う。いま私がこの歌詞をみて思い起こすのは先日の萎びたキュウリと、夏目漱石の「道楽と職業」という随筆である。「私の個人主義」という講談社学術文庫に収められている。

私の「道楽と職業」を読んだ理解が正しければ、窮理の船と恰好つけても、それは具体的に誰かのためになるわけではないので、所詮道楽なのである。よほど特権的な幸運に恵まれなければ、窮理の船を生活の糧にすることはできない。すると、窮理の船も、私が作った萎びたキュウリのサラダと何も違わない、ということになる。

そういうわけで、私は今更のように、カオスだのフラクタルだのいろいろ試してみているのだが、どうみてもあれは所詮よい子のお勉強にすぎず、窮理の船にはならない。

実は私は、とても甘い考えで、老後のよい子のお勉強がまかり間違って窮理の船にならないかと祈るのだが、そんなことはなりっこないと教えてくれたのが、萎びたキュウリなのだった。

コスパというのは、昔はなかった言い方だが、要するにコスト・パフォーマンスの略で、するとコスパな趣味とはあまりお金を掛けないで楽しめる趣味という意味である。

コスパな趣味というのはいろいろあると思うが、私の趣味の文脈では、将棋や囲碁がそうで、数学も紙とペンと数学書があれば成立するので、それもコスパな趣味ということになる。あと、ほとんどの読書もそうである。

こう書き連ねると、コスパな趣味はお金はあまりかからないものの、決して気軽ではない。というのは、将棋も囲碁も数学も読書も、お金さえ払えば気軽に楽しめるものではないからである。

私はというと、コスパな趣味を楽しむために、若いときから努力してきた。将棋でいえば、棋譜を並べたり、詰将棋を解いたり、棋友と将棋を指したり、である。その努力する過程は苦しいこともあるが、安楽な趣味ではなかなかコスパな趣味にならない。

要するに、コスパな趣味とは、培った感性とスキルを消費する必要があり、即席では無理である。

あ、そういえば、自分の大事な趣味であるパソコンに言及するのを忘れていた。実はパソコンは、少なくとも数万円で購入する必要があり、コスパかどうか自信がない。

コスパな趣味の別の要因に言及すると、それは仲間の存在である。同好の仲間というのは当然にあった方がいいが、同好の仲間が必須の存在だとすると、それは最早コスパな趣味とはいえないかもしれない。なぜなら、仲間は要するに別人格なので、意見があわなくて喧嘩することもあるし、病気にもなることがあり、必ずしも当てにできない。なので、仲間はあくまでもnice to haveの存在である。

そうなってくると、コスパな趣味を楽しむためには、孤独にも強くなくてはならない。場合により自分で家事ができなくてはならない。すると、コスパな趣味な趣味とは、お金がかからないだけで、それ以外の膨大なコストを要するかもしれない、場合によって割の合わない趣味なのだった。

疑似一人暮らしという言い方は世間であまりしないが、要するに私の場合、家内が実家に帰って数日留守にする間一人暮らししているという意味である。

義理の母、すなわち家内の母が地元の老人介護施設に入っていて、その様子を見に家内がときどき帰省するので、疑似一人暮らしは私にとってそんなに稀ではない。ただ、夫婦というものはあまり一緒にいるとつい余計な言い争いになったりするので、ときどき距離を置くのも悪くない。少なくとも私は孤独で本を読んだり、いろいろ考えたりするのが嫌いではない。

もし私が仕事から引退した身なら、疑似一人暮らしは全く問題ではない。なぜなら炊事、洗濯、掃除を含め、家事全般は一応できるからである。あくまでも一応であるが。

しかし私は一応現役のサラリーマンなので、仕事に行かなくてはならない。会社で仕事して、帰って家事もやる、というのはかなり体力を消耗する。それでも、中央林間にある事業所に勤務しているときはよかった。自宅から会社までドアツードアで1時間もかからず、電車に乗っている時間も実質15分程度だった。しかも勤務していた外資系は、勤務形態の自由度が高く、会社に行かないで自宅で仕事するテレワークも、かなりの頻度で使えたので、疑似一人暮らしのとき特にテレワークした。

それからドアツードアで2時間以上かかる豊洲に転勤になったときも、テレワークと休暇を駆使することで乗り切れた。

ところが、三鷹にある会社に転職すると、困ったことにテレワークどころか、フレックスも許されない。しかも片道どうみても2時間はかかる。さらに、そんな長い時間の電車通勤をなんとか座りたいので、朝4時半に起きて、朝5時半には家を出ることになる。しかし家を出るときついでにゴミを捨てるので、猫のトイレの掃除も含めて、予め捨てるゴミを集めておかなくてはならない。しかも私はなるべく自炊する方針なので、味噌汁とかきちんと朝食を用意する。また食べ終わったら、そのまま食器を流しに放置するのは嫌なのですべてきちんと洗う。こうして、疑似一人暮らしの朝は大童となる。

仕事を終えて疲れて帰ってくると、腹が減っているのですぐに夕食の準備である。ところが疲れた状態で食事を作るのは体力的に大変である。しかも還暦が過ぎて、体力低下が甚だしい。なら、どこかで食べて帰ればいいのに、私はどうしても自炊に拘る。まあそれも一種の馬鹿だろう。しかも食べ終わったら例によってすぐに食器を洗う。食器を洗ったら、物も言えないくらい疲れていたりする。しかし、疑似一人暮らしだと話相手は猫くらいしかいないので、会話する必要もなく、疲れたらすぐに横になる。

こういうスケジュールを一週間こなすと、疲れて何もする気がおきなくなる。そういえば、と一人でソファに寝転がってつい考えた。私は独身時代、部屋に一人でこもって数学だの物理学だのコンピュータだの疲れてへとへとになるまで勉強した。才能がないので全く進歩はなかったのだが、どうも自分を疲れて動けなくなるまで酷使することにMな悦びを感じるところがどうも私にはあるらしい。

いくら親子でも、母が私のことを世界で一番分かっている人間だとは思わないが、流石にそのあたりのことは見透かしていて、私に無理やり見合いを勧めた。このままだと生活のバランスを崩して早死にするとおもったらしい。私は決して親に従順な息子ではないが、当時肝炎の予後で抗う気力もなく、流れに任せて結婚した。

結婚してみると、これがまたなかなか大変だったが、家内が面倒をみてくれたので、少なくともM的に自分を酷使して生活のバランスを失うことはなく、なんとかここまで生きながらえられた。だから何なんだよ、何がいいたいんだよと別の自分が問いかけるのだが、疑似一人暮らしで疲れると、そんな自問もどうでもよくなって、知らないうちに深い眠りに陥っているのだった。

延命措置

user-pic
0

私は生きることにしがみついても仕方ないと思っていて、なので、助からない病気になったら延命措置はしないと心に決めているのだが、じゃあ延命措置って具体的に何よと自問してみて、それは胃ろうとか、と答えようとするのだが、ある本では、人工透析でさえ延命措置だと書いてあって、いよいよ延命措置とは何かわからなくなった。それって、延命措置左派か。

もし延命措置を、放置すれば死んでしまう人の命を一時的にでも永らえる措置だと定義するなら、ほとんどの医療行為がそれに該当してしまう。

別の本では胃ろうといっても、人体に栄養を補給する一手段にすぎないとあって、それは延命措置右派か。

私はといえば、どちらかというと延命措置左派かもしれないが、ニュートラルに近いか。

それで最近考えたのは、もしそれがQoLを高めるという意図なら、別に胃ろうでもよいのかな、ということである。すなわちQoLドリブンである。そういう意味では患者本人のQoLだけでなく、介護者のQoLも勘案すべきで、患者のQoLプラス介護者のQoLを最大にするという目的関数はどうかと思うのだが、そんな最適化問題なんて解けるのだろうか。

要するに言いたいことは、医学の進歩で延命措置も変わりつつあるということである。そして、延命措置は拒否しますという言い方の意味がいよいよ分からなくなる。

囲碁将棋チャンネルで番組を観ていると、普通の地上民放放送ほどではないにしても、ときどきCMが入る。そのCMは、通信販売に関するものが多く、この番組の終了以後何分以内にお電話頂くと、同じ値段でもう一つなどのメリットが謳われたりする。

そんな通信販売の商品で、これはなかなかいいのではと目についたのが、水鉄砲みたいな形で、歯間に向けて水を噴射し、歯間の汚れを取り去るというものだった。なぜ歯間の汚れを取り去ることに注目するかというと、足痛の因果関係にかいたように、歯の不具合から足痛が起きたのではないかという疑いがあるからである。なので、歯間をきれいに保つことは健康に本質的であると信じるようになった。

そのときの通信販売の歯間水鉄砲?(実際の商品名が何だったか忘れたので改めて調べてみると、ドクターハーツ エアジェットフロスというらしい)の価格は数千円くらいだったと思う。それはとても高いものではないが、もう少しお手頃のものがあるのではと、アマゾンでみてみると、800円程度のものがあることが分かった。呼び方も、歯間水鉄砲というダサいものではなくて、デンタル・シリンジというようである。

そこでアマゾンで注文して、到着すると早速使用し始めた。それは注射器みたいな形状で、要するに、コップに水を入れて吸い込み、歯間に向けて先端のノズルから水を噴射するのであるが、慣れていないせいか、噴射のコントロールが定まらないで、袖に水がかかって濡れてしまう。

それでも、そんなに熟練を要するものではなくて、一日くらいたつと次第に慣れてきた。そして、デンタル・シリンジで歯間に水を噴射した後、念のために歯間ブラシを当ててみると、ほとんど食べ物のカスが付着していないので、これはいいと思った。歯間ブラシだけでは、洗い流すほど取り去ることは難しい。

で、使い始めて一週間くらいで、気のせいかもしれないが、なんとなく疲れにくく、睡眠が深くなったような気がする。ただ、不思議なのは、クリエイトやマツキヨなどのメジャーなドラッグ・ストアでデンタル・シリンジを取り扱っていないようなので、なにか問題があるのか、それとも単に世間であまり知られていないだけなのか怪訝である。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち生活カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは物理学です。

次のカテゴリは生物学です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。