生活の最近のブログ記事

ホテル

user-pic
0

前に勤務していた外資系の会社が、中央林間から豊洲に移転すると決まったとき、そこの研究所に勤務していたほとんどの社員は、職住接近だったので、焦った。なぜなら、通勤が一気に遠くなり、体力を消耗するからである。

私もそうで、通勤困難の認定の申請を会社に出した。すると、ぎりぎり、それは認められなかった。通勤時間がある基準値より短い、という。

それが認められたら、芝浦工業大学のそばのアパートに住んで、久々に学生気分を謳歌しようと思ったのに、残念だった。すなわち、通勤困難と認定されると、ある限度額の範囲でアパート代をほとんど会社から補助してもらえるが、それが却下されたので、とても自己負担で住む気がしないで、諦めた。

そこで、豊洲に移転して、問題が起きた。それは飲み会である。今と違って、当時は、長い社歴で社内に何人か飲み友達がいたが、豊洲だと、飲んだあと帰宅まで2時間くらい掛かったりするので、途中で私が倒れたり、線路に落ちたりするのを家内が心配した。新宿で飲んで倒れた事件があったからである。

それで、家内の勧めで、豊洲で飲むときは、近くのビジネスホテルに泊まることにした。ところが、探してみると、高級なホテルはいろいろあるが、手頃なホテルがなかなかなく、結局、門前仲町の東急ステイに泊まることにした。すると、近くに富岡八幡宮があり、流石に格式の高い神社は違うよね、と満足した。まさかあんな事件が数年後に起きようとは、思ってもいなかった。

ともかく、旅行をしない私は、都内であるが、つかの間の旅行気分を満喫したのだった。

こうして、飲み会とホテルがセットになったのだが、外資系を定年間近で辞めて、次に入った会社が三鷹なので、ここも結構通勤が遠く、飲み会の度にホテルに泊まる習慣を続けた。

ただ、ホテルは今度は、三鷹、新大久保、四谷、八王子、立川といろいろ気分で変えた。

新大久保のホテルは、随分と古くて、部屋の鍵も適当で、大丈夫か?と不安になった。

四谷のホテルは、東急ステイで、駅近なのにきれいで値段もリーズナブルなので、感激した。

最近では、将棋の社団戦で棋友の応援に行って、飲み会のあと泊まるというパターンがよくあり、会場が浅草なので、錦糸町のロッテシティホテルに泊まったこともあるが、飲むのはほとんど上野なので、ネットで探して、上野の駅近のホテルゲストワンというところを見つけて、気に入ってリピーターになった。ここは新しくて、値段がリーズナブルで、ちょっとした朝食がデフォルトなのがよい。

こうして、旅行をほとんどしない私は、田舎から出てきたお上りさんの気分で、都内のホテルに泊まるのが、ささやかな楽しみなのだった。

ザリスキー位相とは、私の粗い理解では、有理多項式の分母をゼロとするような点を閉集合とするような位相であり、すると、その閉集合の補集合であるザリスキー開集合はハウスドルフ空間にならない、というようなものだったと思う。

これを約一年前に勉強して世の中を見渡すと、ザリスキー位相の概念が当てはまることが結構多いと思ったので、その例を徒然なるままに、記してみる。

すると、分かりやすい例に健康診断がある。最近、健康診断は病気の予防に有意義ではないという議論が増えてきて、私もそう思うので会社を辞めて健康診断の義務がなくなったら金輪際、健康診断なんて行くまいと思っているのだが、それは私がザリスキー開集合の側にいるなら、だいたい問題ない。

ところが、比較的少ない割合の人は、健康診断で、放置していたらまずいような病気がみつかり、いわゆる早期発見早期治療で事なきを得て安堵し、健康診断推進派になる。それはまさにザリスキー閉集合に属する人である。

そんな人につい、健康診断なんて無意味だよね、だって欧米には健康診断の制度そのものがないらしい、などと言うと、激怒されることがあるから、下手なことは言えない。

ただ、世の中は定義により、ザリスキー開集合の人の方が圧倒的に多いのだから、健康診断の義務をなくしても良さそうなものであるが、医師のビジネスという別の要素が入ってきて、やはり健康診断はなくならない。

なお、ザリスキー開集合はハウスドルフ空間にならない、という命題は、言葉の遊び以上の意味がある。すなわち、健康診断に積極的でない人はそれなりに健康なわけで、その範囲の人を明確な旗色で分離できない、ということになる。これは、「幸福の形はいつも同じだが、不幸の形はそれぞれ違う。」というトルストイの命題にも関連する。

別の例として、死刑廃止論を挙げてみる。それは、死刑制度があっても、犯罪の抑止にはならない、国家が合法的に殺人していいのか、などいろいろあって、それなりに妥当だと思うけど、そこにすっぽりと抜け落ちているのは、犯罪被害者の家族や関係者の気持ちである。それがつい忘れられてしまうのは、犯罪被害者の関係者がまさに、ザリスキー閉集合だからである。だから、ザリスキー開集合な人達は、そんなことは、別に被害者を慰める手段はいくらでもある、と安易に想定して議論を進める。

そういえは、最近、保坂正康氏の「昭和の怪物七つの謎」講談社現代新書を読んだ。そこに、父親を二・二六事件で殺された渡辺和子氏の談話があった。それによると、渡辺氏は、敬虔なキリスト教徒として、「赦し」の心をもつようになったというのだけれども、二・二六事件は、赦しの対象からは外れている、ときっぱりおっしゃる。これもまた、心の中のザリスキー閉集合で、その補集合では、たおやかな赦しが成立している。

このように、世の中にはザリスキー位相が当てはまる事象が多い。例えば、十万人に一人みたいな、治療法が知られていない難病に苦しむ人がいても、そういう人はザリスキー閉集合で、近しい身近な人達以外は気にも留めることなく、安穏と生きていく。それは善悪ではなくて、ザリスキー位相がこの世に組み込まれているだけのことなのである。

大衆作家

user-pic
0

自分の性格に呆れるような性質を見出だして苦笑してしまう、というのは誰でもあると思うのであるが、私の場合は、それは極めて月並みで大衆的なものに高い評価を与えてしまうことだったりする。

例えば私は子供のときからラーメン好きで、初めて故郷の地元の尾道ラーメンを食べたときは、あまりの旨さに極楽のような気持ちになった。しかし、当時は尾道ラーメンは地方でしか受けていなかった。

最近は尾道ラーメンの評判が全国区になったので、ラーメン通に尾道ラーメンを称賛しても、それなりに受け入れられるようになった。

しかしラーメン通に私が決して話さないことがある。それは、私は大衆ラーメンの典型のひとつである日高屋のラーメンも好きで、もしかして尾道ラーメンや、他の全国で上位の評判を得ているラーメンと遜色ないよね、と思ったりすることである。

しかし、それを口に出したら、嗜好の微妙さやセンスがちゃぶ台返しになってしまう。なので、基本的には口に出さないが、そういいつつ、ブログで開示はしてしまったら、confidentialityもなにもあったものではない。

私が日高屋を好むのはいくつか理由があって、まずその一つは、典型的には恵比寿にあるような最高評価のラーメンを称賛するあまり、そうでないと楽しくないとすると、滅多に極上のラーメンにはありつけないわけだから、楽しみの時間積分の値が小さくなってしまう、というエピキュリアン的な理由である。

そういえば、二十代の後半にたまたまA型肝炎で3ヶ月くらい入院したことがあった。最初は異様に気分が悪くて、食欲どころではなかったが、ある程度病状が落ち着いてくると、周囲の入院患者の人はなんという食事だと愚痴の限りを尽くしているのに、私は意外にも病院食が愉しみになった。

私はちょっとアンバランスな正義感やメランコリックな気質など多くのものを母から受け継いでいるが、父からは趣味があまりいいとはいえない俗なユーモアと、安易な現実肯定志向を受け継ぎ、この点は父に感謝している。

日高屋について、もう一つ付け加えておきたいのは、以前にブログにも書いた、創作者の視点である。すなわち、私は料理を作るのが結構好きだが、そのレベルは将棋でいえばアマチュア四級くらいで、全く論外のレベルである。そんな私でも、日高屋のラーメンが数年前よりもおいしくなり、またバリエーションが増えているのを察知することができる。そして、セントラル・キッチン・システムで、そのようなインブルーブメントを達成するのにどれほどの努力があったかと想像して、なにかウキウキした気分になる。

あと、大衆作家といえば、週刊誌やタブロイド紙に詰将棋を作って掲載するという仕事がある。今までに100個くらい詰将棋を作った経験があるので、私は簡単なものでいいので、日常的にどんどん創れるレベルに達したいと以前思った。詰将棋の手筋は有限なので、それらを順列組み合わせ的に結合させれば、クオリティや芸術性を問わなければ造作ないと思った。

ところが、あっという間にアイデアが枯渇し、週刊誌レベルの詰将棋作家であっても、決して容易でないことを痛感した。

その文脈で、典型的な大衆作家の西村京太郎や内田康夫は、その作品の数だけでなく、枯れないストーリーテリングの力でも凄いのではないかと推察し、最近は彼らの作品を読んでそのポテンシャルを探ろうと思ったりする。

今のところ少し見えてきたのは、大衆作家の、どんな下らないように思える作品も、単なる素材とプロットの組み合わせだけでなく、もしかして幽界から飛来するのかもしれないインスピレーションという薬味というか隠し味を要する、ということである。

さらに思うのは、時代を超えて残る作品と、時代に消費されて消える作品の差は、インスピレーションの質と、もっというと、ある種の運だけではないか、ということである。

ともかく、純文学作家であれ、大衆作家であれ、塀の向こうにいて、少なくとも塀のこちら側にいる私とは、残念ながら一線を画している、と日々感じる次第である。

鶴川定跡

user-pic
0

先日、参宮橋定跡について書いたが、将棋ほどではなくても電車通勤でなにかと苦労している私は、あるとき鶴川にさしかかったとき、便意をもよおして、慌て降りてトイレに向かった。場所はもう勝手知っている。ところが、行ってみると大の方が壊れていて修理中である。

それで、ええっ、と思って駅員に聞いたらもうひとつの方は使えるはずですよ、というので、大急ぎで戻ってみてみると、確かに押しボタン式自動ドアのトイレがあった。それで用を足し始めたら、気持ちが落ち着いて、ふと30年以上前に外資系に入社した日のことを思い出した。

今はともかく、当時はその会社は飛ぶ鳥を落とす勢いで、なんか厳しそうで、優秀な人がひしめいていそうで、自分なんて通用するんだろうなか、と不安で一杯だった。しかも、まともな電車通勤は、29歳になるそのときまで、経験がなかった。

それで緊張感でガチガチで、小田急線から千代田線に乗り換えるとき、通勤鞄を小田急線の電車に忘れてしまった。

どうしよう、あの鞄には、入社同意書を含め、重要書類が沢山入っている。どうしよう、と青くなり、情けなくなってこのまま電車に飛び込んで死のうと一瞬思ったが、なんとか思いとどまった。

で、なんとか出社して、上司という人に会って、鞄を忘れたことを伝えたら、もともと私があまり期待されていない人材のせいか、淡々と応対されて、なんとかなるでしょうというのだが、不安な気持ちで一杯で、勤務時間が終わるとすぐに、小田急線の忘れ物センターに行ってみた。

そこで鞄の大きさや色などを伝え、住所と電話番号も知らせて帰宅し、電話を待った。すると、小田急線の鶴川駅から電話があり、こちらに鞄を保管している、という。えっ、鶴川?と思ったが、ともかく勇躍、鶴川に向かった。当時、狛江に住んでいたので、結構時間がかかった。

そこまで思い出して、そろそろトイレを終わろうとしたら、いまどき珍しいが、なんとトイレットペーパーがない。なんとか、手持ちのポケット・ティッシュを駆使してしのいだ。この後、余分にポケット・ティッシュをもっていく習慣になった。

鶴川に鞄を受け取りに行って数年後、狛江から鶴川の隣の柿生に引っ越したのは、偶然ではない。

私は勤務先が遠いので、朝は4時過ぎに起きて、会社は定時に帰っても自宅に着くのはどうしても午後7時40分くらいになってしまう。そこから食事して風呂に入って、パソコンでメールをチェックしていると、あっという間に10時くらいになってしまう。そこからちょっと猫の相手をしているとどうしても寝るのは10時半になって、すると4時過ぎに起きると睡眠時間は6時間弱で、こうして毎日慢性の睡眠不足になると次第に思考が緩慢になって終末は何も考えられなくなる。

でも、普通に考えると、一日6時間寝れば大抵の人は十分だろう。しかし、私は7時間は寝ないとどうも頭が回転しない。困ったものである。

で、ある土曜日の午後5時くらい、なんかどうも眠いので一時間くらい仮眠をとるかとベッドに横になると、睡眠不足だったかなんと一気に朝5時まで眠ってしまった。そして朝すっきりなので、久しぶりに忘れていた寝足りるという感覚を思い出し、嬉しくなった。

そこで思いついたのが、寝だめカンタービレというダジャレである。このもととなる、「のだめカンタービレ」は、実写版では、川崎にある中高一貫の女子高を舞台にして、上野樹里と玉木宏のコンビのキャラがよくてかなりヒットした。私はこの番組をあまり観なかったが(というか、当時管理職でいつも連日夜10時過ぎまで残業で、テレビなど観る時間はなかったのだが、それでもこの番組のことはなんとなく記憶にあって、超ベタのだめカンタービレというダジャレを恥ずかしながら思いついた次第である。

要するに、夜更かしして、つまらない時間を過ごしているとき、寝だめカンタービレだぜ、と自分に言い聞かせて、少しでも早く寝るのが趣旨なのだった。それにしてもナポレオン並みとまではいかなくても、短時間睡眠に慣れないものだろうか。

参宮橋定跡

user-pic
0

私は胃腸があまり丈夫でないので、朝自宅で十分トイレを済ませていても、通勤電車で便意を催すことがときどきある。以前はぎりぎりまで我慢して途中下車してトイレに行くことが多く、すると大抵何人か待っていてかなり際どい思いをしたことがあるので、最近は少しの便意を感じたら早めに下車してトイレに行くようにしている。もともと早めに家を出て電車に乗っているので、多少遅れていも遅刻にはならない。

経験上便意を感じるのはほとんど新百合ヶ丘までなので、そこを過ぎたら一応安心するのだが、ある日は、代々木上原を過ぎたあたりから便意を感じ始めた。ええっ、と思ったのはこのまま新宿駅に行くとトイレが混んでいてなかなか順番が回ってこない、ということである。そう思って参宮橋に差し掛かったとき、ホームのすぐそばにトイレがあるのを見つけたので、すかさず降りてトイレに行くと、幸い誰もトイレにおらず、すぐに大の方にも入れた。

そこで便座に座って思い出したのは、6年くらい前の年末のことである。そのとき父が危篤で精神的に鬱屈していたのだが、一時的に状態が小康を得たので、厚木の友人と本厚木で飲むことにした。それで久々に友人と飲んでほっとして、本厚木から各駅停車で帰ったところ、寝込んでしまい、はっと目が覚めると、なんと電車は参宮橋まできていた。それならそのまま新宿に行って快速急行で相模大野まで戻ればいいのに、反対ホームに行って各駅停車で下った。するとまた寝込んで本厚木に戻ってしまい、呆れ果ててしまった。

ということで、どうも参宮橋には微妙に縁があるらしい。実は最近、何を思ったか出勤の日はいつも、会社があるオフィスの隣の小さい神社に参拝している。そのご利益がこれなのだろうかと思ったが、そうだまだ参宮橋のトイレの便座に座ったままの状態であることに気づき、大急ぎで支度して新宿に向かった。なんとも呑気なサラリーマンなのであった。

ちなみに、なぜ参宮橋定跡なのかというと、電車に乗っていて、新宿駅付近で似たようなことがあったら、また参宮橋で降りればいいという、将棋指し特有の軽い言い方なのだった。

熱中症

user-pic
0

夏が暑いのは仕方がないが、それにしても今年の暑さは、レベルが違うような気がする。

私が長年勤務した外資系を辞めた2013年もかなり暑かった。悲しいことに、その年、盟友のFさんが病気で亡くなったが、暑さもその原因の一つだったと思う。

そのとき私は、なんとかクーラーに頼らず扇風機だけで眠れていたので、自分は幸い健康というか体力もあると思ったが、今年はどうも勝手が違う。

すなわち、ある週末の昼間、かなり暑かったが、ちょっと所用があったので、歩いて出かけて帰宅した。

そして、自宅でちょっとビールを飲んでソファーに座ってテレビを見ていたら、次第に意識レベルが下がって気分が悪くなり、ソファーから起き上がれなくなった。それで30分くらいそのまま横になっていたのだが、その日はたまたま、家内が遅くなる予定だったので、自分でなんとかしなくてはと必死で起きあがり、冷蔵庫で冷えていたお茶をがぶ飲みし、買い置いてある塩分チャージタブレットを含んで、ソファーに倒れこんだ。そうやって一時間くらいソファーに伏せていたら少し気分が回復したので、またお茶を飲み、塩分チャージタブレットを摂取した。

これは多分、熱中症の初期症状なのだが、こんな状態でももし放置していたら、次第に水分が減ってきて、命に関わりかねないので、油断ならない。

こうしてなんとか体調は復旧したのだが、これは暑さが異常なせいか、それとも加齢により体力が低下したせいかと考えてみると、前者は新聞などで報道されているし、後者も仕事や飲み会などでの疲れに鑑みると否定できない。

それで最近は妥協してエアコンを入れて寝ているのだが、体力も少しは増強しなくてはね、と考えたりする。なにしろこの暑さで、数学や思想関係の本はおろかエンタメのミステリー小説さえ読む気力がないのだから。

ともかく、ビールの好きな私としては、暑いときのビールは控えるとしよう。下手したら脱水症状を促進してしまうので。

私にとって、アマゾンで本やその他の品物を注文することは日常茶飯事であるが、どうもあまり好ましくないと思うことがあるので、記してみる。

すなわち、アマゾンで注文した品を配送する業者は、クロネコヤマトか日本郵便のどちらかであるが、私は配送業者が日本郵便の、それもゆうパケットだとほっとする。それは原則ポストインだからである。不在だとしても、そのままポストに入れたままで、帰宅時にそれをポストから取り出すのだが、それで困ることはなにもない。

ゆうパケットは通常、本の配送に使用される。ところが、割り振りリソースの関係か、単なる本であっても、日本郵便でなくクロネコヤマトが使用されることがある。すると、今日着くと分かっていても、何時かははっきり分からないので、ちょっとスーパーに買い物にいって、その間にクロネコヤマトの配達員がきて、不在通知が入っていることがある。

ある日曜日の午前中がそうだった。今までの慣例では、前日の午後くらいにアマゾンに注文した物はだいたい、次の日の午後に着く。なので、将棋番組が始まる前にちょっと買い物にいっておこうとスーパーに行った。その日は家内が所用で一日いないので、私ば必要なものは買っておこうと思った。

そして帰ってみたら、なんと不在通知が入っており、がっかりしたが、とりあえずドライバーに電話した。すると、午前中はいらっしゃいますか、というので、ええどこも行きませんよと応えて、それではあと2時間以内に配達できると思います、という。それで私は、将棋番組をみながら、配送を待った。ところが将棋番組が終わって12:00になっても何も届かない。

で、ともかく待とうと囲碁番組を観ていたら、やはり届かず、ついに14:00を過ぎてしまった。で、流石にと焦ってもう一度ドライバーに電話したら、ええと、10分後くらいに届けられると思います、というので、早くしてくださいよ、と流石にちょっとイラっとした。

そうやって、いつ届くか分からない状態が何時間も続くのは本当に嫌というか困るのである。なぜなら、下手したらトイレにもゆっくりとはいけないからである。以前、トイレに大の方で入っていたら、ピンポンが鳴ったのに気づかず、在宅なのに不在通知が入れられたことがあった。

そもそもが、あるまとまった荷物ならともかく、ちょっとした本だったらポストインでよくないか。そのために延々と待つのはおかしい。私が最近、アマゾン以外にオムニ7を多用するようになったのは、不在通知が嫌という事情もある。オムニ7なら、自分の都合だけで指定したコンビニに取りにいける。

で、提案だが、アマゾンの配送で、ポストインでいいような商品の場合、注文時にポストイン・オプションをクリックするなどして指定できるようにしてはどうか。そうすると私も、アマゾンで注文するチャンスが増えると思う。

風邪

user-pic
0

かなり前に、風邪の効用や、再び、風邪知恵熱などの記事を書いたように、私は滅多に風邪をひかない人間なのであって、それでもときどき寒気がしたり、鼻水が出たりすることはあるにはあるが、風邪で会社を休むようなことはほとんどなく、それこそ数年に一度の頻度だといっても過言ではない。

ところが先週は、それこそ10年ぶりくらいに風邪で会社を休むことがあったので、ちょっとそれについて書いてみる。

先週は、梅雨のような、寒さと暑さが入り交じった日々で、通勤で上着を着るべきかどうか迷って、電車の中では上着を着ている人の方が少ないので、という理由で、6月13日(水)は上着を着ないで出勤したら、帰りに最寄りの駅から自宅まで歩いて帰る帰路が妙に寒くて、6月14日(木)は出勤したものの鼻水が盛んに出て、仕事をしながらティッシュが離せない状態で、妙に体がだるくなってきた。それで、仕事があまり切迫していないことに鑑み、上司に6月15日(金)は風邪なので休ませていただきます、と伝えた。

それは正解であって、6月15日はどこにも出かけないで、家でごろごろしていた。また、風呂にも入らなかった。会社に行っても仕事に集中できるような感じではなかった。そうやっていたら6月16日(土)は回復するだろうと高をくくっていたら、依然として風邪の症状はよくならない。それで、仕方なく嫌いな風邪薬を飲んだが、どうもぱっとしない。

ぱっとしない理由は他にもあって、自宅で風邪の保養方々、広島カープ対ソフトバンクを観ていたら、いいようにカープがあしらわれて、まともに勝負にしてもらえない。オリックスに3タテくらいされたばかりなのに、なんばしちょっとかと九州弁で愚痴をいうのは、西郷どんを観ている影響なのだった。

しかし、潮目が少し変わったのは、棋聖戦第2局で羽生が豊島に完勝してからであった。それに呼応して、6月17日(日)はカープが本来の猛打で打ちまくって13点を取り、九里が踏ん張って完投し、なんとか留飲を下げたのであった。それで気をよくして、風邪も次第によくなってきた。

それにしても、と今更のように思うのは、自分のコレステロールの高さである。ずっと健康診断では基準値より高めであるが、それが免疫力を高いレベルに維持し、なんとか風邪をひく頻度を最小限にとどめたのではなかったか。なので、気分によりダイエットした10年前は、体重は10キロ程度減ったものの、確実に免疫力が低下し、顔面麻痺やら尿道炎とかになってしまったのだった。

今回の風邪は、もしかして加齢による体力と免疫力の低下だろうか、ではどうすればいいのかと、いろいろ考えるのであった。

崖っぷち

user-pic
0

崖っぷちというのは、例えば具体的には東尋坊の絶壁を前にして佇んで、暗い顔で海を見ているという状況もそうなのかもしれないが、ここでの私の意図は、自分を敢えて後のない状況に追い込むことを言おうとしている。

崖っぷちという言葉で私が真っ先に思い出すのは、お名前は忘れたが、結婚して子供が生まれたのに、歌で食べていくことを宣言して、正社員にならないことを宣言している男性である。奥さんはどこかの正社員らしい。それで奥さんは納得なのかと傍からみていて思うのだが、夫婦で納得しているなら、他人がどうこう言うことでもない。

明らかに一時的、あるいは長い間に亘って生活が困窮する可能性がある崖っぷちという状況を、なぜ敢えてつくるかというと、その理由は明らかで、正社員になると土日を除くほとんど毎日、朝9時から夕方5時まで時間を仕事に占有されてしまう。すると、歌を練習する時間が十分とれないというからだろう。

ただ、目指すものが弁護士のような確たる資格ならいいが(最近は、確たるともいえなくなってきている)、世間に歌がうまい人というのはひしめいており、歌手としてデビューするのさえ極めて大変で、かりに運よくデビューできても、売れる人はごく一部である。すると、歌手になるために自らを崖っぷちに追い込むのは相当にリスキーである。ただ、そういうぎりぎりの生き方というのはカッコいいという見方もあり、わからないでもない。

というのは、私が極端にリスクを嫌う人間だからである。自分でも情けないと思うほどである。その理由の一つは、特に私が出身の島で、きちんとした仕事につかず、道楽のような生き方の人をすることが極めて軽蔑されていたからで、私はそういう生き方だけはやるまいと誓っていた。もし運悪く食うに困るようになるなら、絶対に結婚すまいと思っていた。

あと、若い頃読んだ、渡部昇一氏の著書の影響もある。すなわち、その著書によれば、何か一生かけてやりたいことがあるとしても、まず生活を安定させないと、結局生活に追われて一生が終わってしまうから、好きなことでなくてもコンスタントな収入につながることが必要だと説く。それは私に大きな影響を与え、要するにサラリーマンを堅持する決心をした。

もう一方で、天才を育てた女房でみたような岡潔の生き方をみると、私には才能と情熱の両方が決定的に欠けていたんだと思う。くすぶりの生活も、駆け落ちのような生活も憧れたけど、やっぱり自分には無理かな。とても魅力的な女性があらわれて、矢切の渡しのように、連れて逃げてよと言われたら、一緒に逃げただろうか。そうなったら相当悩んだかもしれないが、そういう人が現れなくてよかった、と今なら言える。

あと、私は数楽者として細々と大学初年級の数学を勉強しているだけだが、ドワンゴで書いた記事をみていて、私は唖然とした。その箇所を下記に引用する。

会社を辞めてしまった人からは、リーマン予想の理解の準備のため、複素解析、ベルヌーイ多項式、ゼータ関数を学んでいるという。なんか、リーマン予想に入れ込んで会社を辞めてしまったという人の行く末が不安になってきた。

私は、いくらなんでも、と思った。リーマン予想は、プロの数学者でも一様に敬遠する。そのことを学会で話したら、まともに相手にされないことがあると、確か黒川重信氏も仰っていた。ましてや、一介のアマチュアが仕事を辞めて勉強してもどうなるものではない。といいつつ、最近も私は、リーマン予想を老後の楽しみに勉強しているのだが、あくまでも暇つぶしである。

最後に、最近、それでいいのだと思うことがあった。それは、カラオケバトルで以前、大分の演歌の星で歌うま高校生の元永航太さんが先日出場していて、自分はプロは目指さず、事務員になるのだという。いまは高校を卒業して社会人である。私はなんか清々しいものを感じて、元永君、君の演歌は最高だよ、今後も応援するよ、とエールを送った。私の知る大分人はみな、素朴で力強くて、頼もしい。

月別 アーカイブ

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち生活カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは物理学です。

次のカテゴリは生物学です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。