生活の最近のブログ記事

能力の低下

user-pic
0

歳をとってくると、いろいろ能力が低下してくる。それで、今まで書いたこととの重複を畏れず、老化と題して簡単にまとめてみようと思ったが、考えてみると、必ずしも老化が原因でない能力の低下もあるので、一般化して、能力の低下と題して、書いてみることにした。

すると、一番感じるのは体力の低下である。今から六年くらい前、外資系にいて豊洲に通っていたとき、長距離通勤なので、行きは朝早く起きて、各停で座って会社に行っていた。しかし、帰りは代々木上原で急行か準急に乗り換えるので、まず座れない。結構な混み具合だったが、それでも、あまり体力的にきついとは感じなかった。

ところが最近は、新宿で乗り換えることを利点として、帰りもホームに並んで必ず座るようにしたら、快適なのだが、たまたま急ぎで座らないで帰ったときなど、妙に疲れるようになった。これは明らかに加齢による体力の低下だと思うが、スポーツをやっていないことの弊害という面もあるので、改善の余地はある。実際、週末の散歩を習慣化することで、多少は体力が回復したような気もする。

あと、私は若い頃から比較的酒が好きで、自分の限度を弁えないので、酒による失敗は数知れずなのだが、最近は流石に自分はあまり酒が強くないと意識して、飲み過ぎないように注意したら、酒での失敗は減った。まあそうやって自制できるというのは、加齢により、自分を突き動かしていたエネルギーが減った、ということで、必ずしも喜べない。

ただ、若いときは前日が飲み会でも、次の日の仕事にあまり差し支えなかったが、最近は、そんなに飲んだわけでもないのに、次の日、あまりやる気がでない。もしかして肝臓が悪いのかと思ったが、少なくとも健康診断での肝臓の数値は正常である。よっで、加齢により肝臓のアルコール分解能力が低下したのだろう。

また、加齢により基礎代謝が下がったせいなのか、一般的に食べる量も減った。少し前は朝、食パンを一枚食べていたが、最近は半分でいいと思ったりする。

これも加齢のせいだと思うのだが、物欲、名誉欲、異性に対する関心が低下している。それは生きる意欲にも関連するので、もう少し強くてもよいような気もするが、若いときから、どこか恬淡としたところがあったので、それも私の個性なのだろう。

一方、知的能力であるが、物事をじっくり考えるという意味では、寧ろ若い頃より進歩しているという自負はあるが、知的能力のパワーという意味では、やはり低下は否めない。例えば、半徹夜して集中して、本を読むような能力である。

個別には、数学の本は、1ページを何日もかけて眺め、ああ、そういうことなのか、と理解できることが増えた。以前は、さっぱり理解できないので、読み飛ばしたりしていた。

ただ、若い頃から数学の計算が得意でなかったが、加齢でそれがさらに苦手になった。しかし数学において、自分で計算することが理解に本質的だったりするので、そこは鍛え直す必要がある。

将棋は、体力の低下に比例して、明らかに棋力も下がった。数学よりも瞬発力を要する。ただ、スマホでいつも棋譜を眺めているので、将棋の知識は進歩し、大局観のようなものは多少進歩しているかもしれない。あと、数学の計算能力に対応するものとして、詰将棋の解図力があり、やはり私はこれが弱い。練習しなくては。

あと、囲碁は学生時代に覚えたのだが、級位者から脱出できず、才能がよほどないのか、と諦めていたら、囲碁コンピュータ・ソフトの千本桜ならぬ千本ノックを受けることで、なんとか弱い三段くらいまでなった。弱い五段くらいになれれば、と思っている。ともかく、囲碁は多分、脳の活性化ツールとしては、将棋より優れているので、そちらで活用しよう。

あと、今までメジャーな努力を傾注してきたスキルとして、英語があるが、もともとあまり得意でも好きでもなかった会話力はほとんど崩壊し、得意だったはずの英作文力も、出番がなくて、レベルの低下が著しい。そんな中で、読解力は、外資系にいた頃より少し上がったかな、と思っているのは、毎週、TIMEという雑誌を読んでいるからである。以前は面倒だとあまり辞書を引かなかったが、最近はまめに辞書を引くと、単語の未知率がかなり低下し、以前よりもスムーズに読めるようになった。

このように、自分の体力とスキルをアセスしながら、生きていくとしよう。

以前にブログにも書いたが、三石巌氏の著書を何冊か読んで、分子栄養学なるものがあると知った。それは、私の理解する範囲では、ビタミン、ミネラル、アミノ酸を、体質や体調に応じて、効果的に摂るというものである。

私はもともと、ある程度サプリを習慣的に摂っており、さらに増やすのは屋上屋かとも思ったが、ともかく分子栄養学に従って、私が実行したことは、ビタミンCのサプリを追加したことと、卵を一日二個、必ず食べることである。

それで特に体調の変化は感じないが、そういえば、と思い起こしてみると、以前は、ストレスに晒されたり、疲れたとき、よく口内炎になったものだが、最近はなっていない。あと、私にとって必然のコースというのがあって、それは、ついうっかり舌など口内を噛んでしまうと、その箇所が次第に口内炎になり、食べ物で沁みるということが少なくとも一週間は続いたものである。

で、先日も、つい口内をうっかり噛んでしまい、あらっ、やらかした、と後悔した。その箇所を舌で触ってみると、確かに粘膜が剥がれて、傷になっている。ただ、まだ初期段階なので、そこに辛い食べ物が接触しても、まだあまり刺激は感じない。

しかし、経験上、将棋でいえば、がっちり穴熊に囲われた相手に、歩を垂らされて、と金を作られ、細い攻めをつながれて、ついには手にされてしまうように、口内の傷が口内炎へと発展してしまうのだが、あら不思議、口内の傷は口内炎にならないで押し戻されて、消えてゆくではないか。

私はこのような経験を今までしたことがなかったので、寧ろ怪訝な気持ちになりつつも、これはもしかして、ビタミンCの効果か、あるいは、口内の傷を修復する材料はアミノ酸のはずなので、卵を常食するようになったせいなのか、一方で口内炎に効くのはビタミンCでなく、ビタミンBではなかったのか、といろいろ考えて、分からなくなった。

ただ、分子栄養学は、ある程度の効果はあると言ってよいのではないのだろうか。

一方で、ビタミンのサプリの摂取は発ガン性がある、という記事がウェブにあったが、まあ、どんな栄養素も、効果と、副作用があるので、そういう事実があってもおかしくない。

ただ、私が苦笑しながら指摘したいのは、ビタミンサプリよりも、飲酒の方がはるかに発ガン性が高いだろう、ということである。なぜなら、飲酒は、ガンの原因になる活性酸素を体内に大量に発生させる。なので、発ガン性を云々するなら、飲酒のそれと定量的に比較すべきであり、それをしないのは、国内のメジャーな酒造メーカーに気を使っているのか、あるいは飲酒があまりにも一般的な習慣だからか。

ともかく私は、飲み過ぎは避けたいが、酒をとりあえず止めるつもりはない。ガンはもちろん嫌だが、酒を飲まなくても、なるときはなるのである。

ということで、長所と短所に配慮しつつ、ビタミンを摂っていくことにする。

旅行嫌い

user-pic
0

昔から、どうも旅行嫌いでいけない。物理的に移動しなくても、本を読んで、遠くの場所を空想すればいいではないか、空想なら、アンドロメダ大星雲にも、ブラックホールの内部にも、スウェーデンベルクではないが、霊界にも行ける、と私は思うのだが、そんなステートメントが一般に通用するわけがない。

それで、死ぬまでケーニヒベルグの街から出なかったのに、博識だったというカントの例を挙げたりするのだが、やはりスルーされる。やはり、旅行して見聞を広めることはいいのだ、というパラダイムが世間にはある。

では、私が生まれつき旅行嫌いだったか、というと、そうでもないかもしれない。例えば、大学のとき、無意味に留年して、人生がとても詰まらなく感じたことがあった。それで、ふとJRの各停に乗って、気まぐれで、縁もゆかりもない、遠賀川という駅で降り、どうってことない街だったが、目的もなくうろついていたら、妙にフレムドな気持ちになって、このまま消えたくなった。妙齢の女性と出会って一緒にに死のうと言われたら、何も考えないで応じていたかもしれないが、遠賀川は、そういうことを期待する場所では、末席にある。

大学を卒業するとき、記念に、好きな場所である北陸のひとり旅に出かけようと思った。しかし、手持ち資金が少ないので、親に援助を依頼したら、あっさり断られた。無駄に留年したのだから、まあ当然である。随分甘ったれた人間だったということになるが、今の自分があの頃から特に進歩している訳ではない。

ということで、若い頃はそんなに旅行嫌いでもなかったのかもしれないが、私を決定的に旅行嫌いにしたのは、外資系の管理職になって、頻繁に海外出張するようになってからである。私の海外出張はいつも基本的に単身で、しかも最初の頃はほとんど英会話が出来なかったのだから、悲惨だった。何度も出張するうちに、英会話も交通機関の利用も次第になれてきたが、それでも最初の頃の辛い気持ちがトラウマのように私を支配した。

そして、私を決定的に旅行嫌いにしたのは、飼い猫のせいである。

今から六年くらい前に、父が亡くなったときに、葬儀のため、一週間くらい家族で家を出払った。それで、餌と水は充分用意して出かけたのだが、飼い猫は大丈夫か、と一日に一度は心配になった。それで、葬儀とその後の後始末が終ると、大急ぎで帰って、猫の様子をみると、案外平気で安心した。あとから考えると、当時まだ猫は十歳くらいで元気で、冬だったのが幸いした。

ところが、それから一年半くらい経って、夏に家族で法事で帰省することがあった。とても暑い夏だった。法事が終わってもせっかくなので、何泊かしようと思っていたのだが、何か悪い予感がして、次の日の朝一の新幹線で急いで帰ってみると、暑さによるストレスのせいで、あたりに吐き散らかし、息も絶え絶えだった。私はすぐにエアコンと扇風機をかけたが、猫の不調と不機嫌は、丸一日続いた。暑い日に出かけるのは要注意だと肝に命じた。

それから去年の10月、家内の側の近親の不幸があった。このときも家を空けたが、流石に秋で酷暑ではないので、猫はそんなに問題ではないと思った。

それで、葬儀が終わって会食していたのだが、何か急に悪い予感がして、調べたらなんとか最終の新幹線が間に合うので、なんとかそれに乗った。

すると、それはまさに最終電車を乗り継いでの帰宅で、自宅に帰り着いたら、なんと深夜の一時半だった。

それで、猫は、と探すと、なんと呆然と佇んでいて、声を掛けても、触っても反応がない。たった20時間くらい放置していただけで、完全にむくれてしまったらしい。5年くらい前は一週間くらい放置されていても、ある程度平気なのに、歳をとったせいで、すっかりわがままというか、弱気になってしまったらしい。

そこで私が決心したのは、飼い猫が存命な限り、決して宿泊をともなう旅行をしないことである。それは、夫婦の一方が家にいるなら、その限りではない。

家内は私と違って、旅行好きであるが、私が家にいて、本を読んだりするのを好むので、それで全く構わない。

そんな状況で、外資系の時代に作ったパスポートが2009年に切れて以来、バスポートは一生更新するつもりはなく、要するに金輪際外国旅行はしない。

なので、他人との会話で旅行の話題になっても、ああそうですか、それはいいですね、と他人行儀なままである。

なんか最近、私は歳をとったせいか、めっきり意固地になっているが、なんのことはない、飼い猫と同じ反応なのであった。関西風の言い方では、あんたら、長生きするで、であった。

散歩

user-pic
0

NHKで、チコちゃんに叱られる、という番組があって、私もファンでよく観ているのだが、そこでチコちゃんが問題を出して、ゲストが間違えると、ボ~ッと生きてんじゃないよ、と叱る。

難しい問題なので、なかなか正解にはならないのだが、ときたまゲストが正解すると、チコちゃんは、お前もつまんねぇ奴だな、と落胆する。

そう言われると私はなんか、自分のことを言われているような気になる。なぜなら私は、ギャンブルはしない、投資もしない、起業もしない、旅行もしない、スポーツもしない、色恋沙汰もない、で最高に(最低に?)つまんねぇ奴だからである。

それでも何か体を動かすことはするよね、と聞かれたら、いやあ、まあ散歩くらいかな?と応えて、相手は、散歩かよ、という顔をして、黙ってしまう。

ただ、歩くのは結構好きで、何年か前に家のローンを完済したとき、ローン抵当の登記抹消の手続きに法務局に行き、無事手続きが完了したら、嬉しくて、法務局から自宅まで三時間かけて歩いて帰った。

そのように、散歩というか歩くことは好きなのだが、今から三年前の夏だったか、突然左足のふくらはぎが痛くなり、びっこをひくようになった。駅のホームで電車が来て、乗り遅れそうなので走ったら、 左足に激痛が走り、うずくまったことがあった。

それでその夏は、自宅にいるとき、散歩にも行かず、クーラーを利かした部屋で、ビールを飲みながら、高校野球を観ていたら、太りぎみになってきて、体調もおかしくなった。

実は左足が痛かったのは、歯のせいで、詰め物が取れた箇所から神経にバイ菌の毒が入っていたのだった。それで歯医者に行って歯を治したら、ほとんど即日、左足の痛みも治ったので、驚いた。

ただ、折角足の痛みが治ったのに、散歩の習慣がなくなり、以前ほど歩かなくなり、体重も増えてしまった。

特に今年の夏は異常な暑さで、熱中症もどきにもなったので、またビールと高校野球観戦の日々で、休みの日は家にこもりっぱなしで、いかんなあと思いつつ、それが悪い習慣になって、かなり涼しくなっても、週末にほとんど出かけなかった。

ところが、ある日曜だったか、なんか頭が重くて、何か悪い病気なのかも、と心配になって横になっていたのだが、ふと思い当たる節があって、勇気を出して散歩に行くことにした。

すると、最初は少しフラフラしていたのだが、一時間くらい歩くと次第に体調が回復し、結局、都合二時間散歩して帰宅したら、妙に気分かいい。

実はある医師が、歩くだけでいろいろな病気がよくなる、と本に書いていて、やはりそうなんだ、と実感した。

こうして週末は、雨が降らない限り、積極的に散歩するようにした。すると、もともと不眠症の傾向はあまりないのだが、夜の眠りが深くなり、仕事中も、昼食後は眠くて困っていたのが、ほとんど眠くならず、以前より仕事に集中できるようになった。

いやあ、散歩がこんなに効果があるとは知らなかった、これは会社を辞めた後も、下手な勉強よりも散歩の方に高い優先順位を与えなくては、と思っている次第である。

迷走海峡

user-pic
0

以前から、水上勉の「飢餓海峡」という作品が気になっている。それは、実際にあった海難事故に、殺人事件をからめたミステリーの名作らしくて、アマゾンの古本で簡単に買えるので、そのうち読んでみようと思っているのだが、無意味に決定を留保する癖のある私は、なぜかまだ買わないでいる。

それでも、「飢餓海峡」が頭の片隅にある私は、あるとき、迷走海峡ってあるよね、と思った。そして、どんな人でも、一廉の人物になるにしても、人生に破れて社会の底辺で生きていくにせよ、みんな迷走海峡を渡って、大人になるんだよね、と根拠のない仮説を立てたりした。

それはあまりにも狭い、私の個人的経験に基づく。すなわち私は、ラッキーで大学に受かると、物理学者になりたくて、猛然と勉強した。また、知り合いがいなかったので、将棋部に入った。それでとりあえず、寂しさは解消した。

自分なりに真面目に勉強する一方で、将棋の方も、決して卓越していないが、最低限の才能はあったみたいで、なんとかレギュラーの末席に加わることができた。それで将棋部のメンバーとの繋がりも深まったのだが、一方で、大学三年生になり、大学院に進学するなら、そろそろ受験準備をすべき時期になった。

しかし将棋部の方でも次第に中心的なメンバーになり、そちらの比重も増えきた。

こんなとき、普通なら、将棋の比重を少し減らして、学業との両立を図るなんて、大抵の人ならなんとかやってのけるだろう。実際、将棋のレギュラーを続けながら、大学院の博士課程に進み、大学の助手になった後輩もいる。

しかし、こういうとき、私は自分をタスク・スケジューリングするのが実に苦手で、安物の疑似マルチタスクOSのように、フリーズしてしまい、何もできなくなってしまった。実際には、夜の雀荘のバイトだけ行っていた。こういうのは、精神医学の用語では、スチューデント・アパシーというらしい。

そうしていると、卒業の時期が近づいてきた。大学時代の前半でかなり真面目に勉強していたので、単位はほとんど揃っており、卒業は容易だったが、将棋部の先輩で、あまり留年を意に介していない人が複数いたので、私もモラトリアムで、あと一年だけ居残ることにした。それを母に電話で伝えたら、ひどく叱られた。まあ、当然だろう。それで、私も意地でしばらく帰省しないことにした。

そんなちょっとしたモラトリアムの経験だが、私の人生にとってよかったのは、人生で開き直ることができたことである。

そうやって、適当な気持ちで就職した大阪の会社で退屈な仕事をしていると、急にまた物理学を勉強したくなり、なんとか阪大の大学院に入れないかと思ったりしたが、いろんな意味で能力も根性もない私は、諦めて妥協して、でもなんとか生きていける程度に努力して、今に至っている。

で、私なりに迷走海峡を渡ってきたと思っており、それはどんな大人にも、普遍的と思っていたら、最近、大栗博士の「素粒子論のランドスケープ2」の何気ない文章を読んで、ショックを受けた。すなわち、大栗博士は、大学の四年間を、あれほど勉強した時期はない、と回想するのである。

うーん、やはり一流になる人は違うのか、迷走海峡なんて戯けたものは関係ないんだ、そんなものは、トンネル効果で駆け抜けるんだ、と最近に気に入っている、フジファブリックの電光石火という曲が頭の中を流れた。

実際、大学で猛勉強した大栗さんは、大学院で一気に超弦理論の先端に達し、その後ずっと第一線で活躍されている。世界のトップレベルのカリフォルニア工科大学の理論物理研究所の所長の要職にある。

よく考えたら、羽生竜王であれ、藤井七段であれ、一流の人にとって迷走海峡なんて、そんなの関係ないのであって、もしかして私は、そんなことも分からないほど、迷走海峡を越えられず、未だに漂っているのかもしれない。

買いだめ

user-pic
0

ある、ちょっと強迫神経症ぽい知り合いから、つい買いだめしてしまって困る、と聞いた。例えば、トイレットペーパーが切れるのが心配で、買いだめしておくのだが、その量が多すぎて、分かっていても止められないのだそうである。

私は、トイレットペーパーは買いだめしないが、それでも、その知り合いを嗤えないのは、私も似たような傾向があるからである。

例えば、猫の餌があと3週間分もあるのに、猫が飢えたら可哀相と、アマゾンで注文する。本当はもっと尚早に注文したいのだが、猫がかなり高齢になってきたので、せっかく猫フードが届いたのに、いきなり亡くなるという可能性があり、それは、勿体ないとは別の意味で妙に悲しすぎるからである。ただ、家内にはそれを馬鹿にされ、反論できないで苦笑するだけだったりする。

しかし、そういう、やや病的な傾向も、メリットがあることもあった。それは、私が外資系で、事務担当管理職兼シス担をしていた時のことである。

それは今世紀初頭で、まだWindows XPの頃で、OSはなんとか許容範囲の安定感だったが、パソコンのハードウェアが頻繁に壊れて困った。しかし、パソコンが壊れても、新規購入するのは、なかなか管理者部門の承認が下りず、使っているパソコンが壊れた担当者は、下手したら何週間もまともに仕事ができない、ということがある。

それで困っていたら、社内の知り合いから、耳よりな話を聞いた。すなわち、私がいた研究所は、パソコン開発の一大拠点で、関連部門には、開発用のテストマシンが多数あった。開発が終わると、テストマシンは不要になるが、その処分に困っているのだという。それで、そういう部門に相談すれば、譲ってもらえるのだという。

おお、これは、と開発部門に相談すると、相手も処分に困っていたようで、渡りに船モードだった。さらに好都合なのは、新規購入でないので管理部門の承認が要らず、部門長が承認すればよいのだが、ある事情から私が部門長代理で、フルの予算承認権限をもち、勝手に即決できることである。

こういうことがあると、私はすっかりパソコン開発部門のお得意様になり、開発マシンが余ると、その度に私に連絡があった。そして、買いだめ傾向のある私はその都度、最低一台は譲ってもらい、向こうは気をよくして、じゃ、拡張メモリもつけときますよ、となかなかいい関係になった。そんなことがあると、私で手に負えないハードウェア・エラーが起きたとき、連絡したら、気軽に来て修理してくれた。

そうしていると、余剰パソコンは20台くらいになり、私はそのうちの数台をOSや必要なアプリを導入してすぐに使えるように保っていたので、部員は、パソコンが壊れても、全くロスタイムなく、業務ができた。実はそのために、予算管理などで多忙を極める合間の深夜にパソコンをセットアップしたりしていた。それは部門にとって結構便利なことだったが、私は感謝されるどころか、一層小間使いのように軽く見られるだけだった。でも、パソコンは好きだったし、みんなの役にたっているならいいや、と達観していた。このあたり、修行僧モードか。

そもそも、20台も余剰なバソコンを置くためには、かなりな場所が必要だが、当時、今風の言い方をすると、無駄に広い倉庫を部門が保有していた。といいつつ、当時は書類があまり電子化されていなくて、倉庫には膨大な書類がラックに並べられていた。

思い起こすと当時は、まだ予算も潤沢で、辛辣なリストラも始まっていなかった。なにより、その研究所には、当時、世界に冠たるバソコンの開発拠点の誇りがあり、不夜城の偉容だった。しかしその後、会社の景気は次第に下り坂になり、リストラと事業分割が相次ぎ、会社は2012年にその研究所の建物から完全撤退し、しばらく空き家状態が続いたが、風の便りでは、もうすぐ、どこかの保険会社の資材センターになるのだという。

もしかして、私が買いだめするのは、パソコンを潤沢に調達できていた旧きよき昔を偲んでだろうか。

そんなわけないよね、単にちょっと強迫神経症ぽいだけなのだった。

健康診断

user-pic
0

またしても、年に一度の健康診断の時期がやってきた。前に勤めていた外資系のときは、本当に形式的な診断内容で、全く大変ではなかった。ただ、事業所毎に一斉に実施するのであるが、事業所には1000人以上の社員がいたので、検査項目毎の待ち時間が長く、うんざりする面はあった。

それが、今の会社に転職すると、健康診断が、ちゃんとした病院の、検診センターというところに行って、眼圧や光彩の撮影など、今まで受けたことがない本格的な検査項目をこなすので、当惑するとともに、終わるとどっと疲れた。

それで、私がまず行ったのは、一番ハードな、胃のレントゲン検査をキャンセルすることであった。これは、放射線の被曝量が大きいので、却って発ガン性がある、とものの本で読んだからである。

ただ、それをキャンセルすると、会社または病院から、それはまずいのでは、と指導されるかと思ったが、全く反対されなかった。すると、他にも何個か検査項目をキャンセルして、健康診断を骨抜きにしようかと思ったりしたが、流石にそれは病院の面子を潰すようで、わるいので止めた。

そうやって、既に5回、本格的な健康診断を経験したが、今年は特に健康診断を受けたくなくて、なんか登校拒否児童の気持ちが強まった。

その主な理由は、健康診断なんて意味がない、そもそも外国では、健康診断という制度そのものがない、という趣旨の本を何冊か読んだからである。

別の理由は、最近、仕事が忙しく、それで上司とスカーミッシュがあったりして、妙に疲れやすくて、体調もいまいちだからである。これが何か悪い病気のせいだったらどうしよう、と不安な気持ちで健康診断に赴いた。

すると、例によってコレステロール値が高く、血圧がやや高めにシフトしてきている以外は、特に問題がなさそうで、とりあえず安心した。

まあ、半日程度の健康診断では、どうしても、徹底性は大したことがないので、本当に病気じゃないかどうか分からないが、私としては、労務管理的な意味で、会社から文句いわれなければ、どんな病気を見落とされようが、全く構わない。

ただ、今年も困ったのは、コレステロールの高さを指摘されて、投薬が必要だと言われたことである。去年は、担当の医師が、ちょっとアイドルぽい若い女医で、喜んでいたら、スタチン系の薬を飲まなければ駄目だというので、でもあれ飲んでて自殺した人がいるらしいですね、て思わず言ってしまって、険悪な雰囲気になった。

今年の担当の医師も女医だったが、多分アラフォーより少し上で、私が好きなタイプの一つである、野際陽子風で、心が和んだ。それで、私が、コレステロールの薬はどうも、というと、そうですね、では体重を少し減らした方がいいですね、保健婦さんに相談したらどうでしょうか、と医師でない人に言及したので、いよいよ安心した。

あと、問診票から、私が卵を好んでいることをみてとって、食べ物はコレステロールに関係ないという説もありますが、一日に一個くらいにした方がいいですよ、というので、聞き入れるつもりはないが、そうですね、と応じておいた。

なんとなくであるが、コレステロールは高くてもよい、とか、健康診断は有効でない、みたいな本が最近、沢山出て売れているので、リジッドな健康診断の牙城も少しずつ揺らいでいるのではないだろうか。

ともかく、健康診断が終わってほっとし、もう二度と行くものか、とつい思う。といいつつ、またあの女医さんに診てもらえるなら、喜んで行くのだが、というのは冗談であって、指名制でもないし、そんなのありえないのだった。

趣味

user-pic
0

かなりの頻度で、ダイヤモンド・オンラインというウェブ記事がメールで送られてくるのだが、大抵はざっと眺めて消す。ところが、時々興味を引かれる記事があって、例えば、定年後は趣味の存在が重要になる、という記事があって、私は今さら何を言うの、当然ではないか、と逆に怪訝になった。

私の場合、小学生の頃から将棋という明確な趣味があったが、両親からは、そんなことやる暇があったら勉強しろとか、そんなことしていたら親の死目に会えないとか、ともかく反対された。

私の欠点は、好きなことをやりたいと思ったら、我慢できないことである。でも、流石に自宅が貧乏なのはよく知っていて、あまりお金がかからない将棋を選んだら、面白くて幸いだった。小遣いは少なかったが、時々将棋の本を買うくらいの予算はあった。もともと、読書は好きで、私の場合、読書の延長戦上に将棋がある、といってよい。私の、その後の趣味はすべて本から入り、本を読むことで熟達するということで、小学生のときから今に至るまで、同型性を保っている。

まあ要するに、私にとって趣味は知的興味であり、飽きたり詰まらなくなったら他のことに移るのであって、そんな乗りで大学の勉強をやったので、ものになるわけがない。それは一義には能力がなかったからであるが、仮にもう少し能力があっても、こんなふざけた根性で成功する訳がない。すなわち私は、一応堅気のサラリーマンなのだが、 本質的に知的放浪者なのだった。

そんな私の知的放浪癖にとって事件だったのは、なげやりな気持ちで入社した大阪の電気部品メーカーで、数学マニアの友人ができたことである。そこで生まれて初めて、趣味の数学の世界を知った。そして、友人からの刺激で、 ブルバキの数学原論などお世辞にも読みやすいとはいえない数学書にとりくみ、ともかく数学的忍耐力だけを鍛えた。

そうやって鍛えた数学スキルが、未知の機構でプログラミング・スキルを誘発し、将棋、数学、プログラミング、そして古層の読書が私の趣味の基底元となった。そうして、他の追加的な任意の趣味は、これらの基底元の一次結合になった。

ただ、私にとって、特許の仕事があまりに退屈なので、数学の予備校講師などの仕事に移ることも考えたが、そもそも問題を解くのが苦手な私が予備校講師などできる訳がない。ましてや大学院に行って数学の研究者になるなど、もっとありえない。仕方ないので、仕事に趣味を滲み込ませることにした。

そのとき、好都合にも、たまたま特許出願手続きが電子化されることになり、それは面倒で誰もやりたくないので、地位が低く、コンピュータ好きを標榜する私が、実質的に電子出願プロジェクトを任されることになった。それで、ついに仕事中、大手を振ってプログラミングで遊べることになった。仕事の趣味化の始まりである。

こう書くとふざけていると思われるかもしれないが、仕事を趣味化すると 仕事のパフォーマンスが、うまくいくと一桁上がる。サラリーマンになって七年間、野球でいえばファームで雌伏して、なんとか一軍に上げてもらったようなものである。

もちろん、明らかに仕事中に遊んでいるような態度は直属の上司からは時々注意されたが、なにしろ実績を示しているので、部門長からはサポートしてもらい、アワードをもらったりした。

そのあと紆余曲折はあったが、趣味を仕事に、仕事を趣味にという双方向のやり方を確立し、今に至っている。

ただもちろん、裏では半端ない努力と勉強をし、仕事のための本を買うのも、惜しまなかった。

こういうやり方だと、仕事が忙しいので趣味を作る暇がなかった、という言い訳はありえず、寧ろ仕事を通じて趣味を深めることができた。具体的には、仕事中のための勉強が、そのまま知識を深め、余暇にそれを深化させる。

こういうわがままな仕事ぶりで、よくここまでこれたと思うのだが、サラリーマン生活はあと、一年とちょっとに漕ぎ着けた。

そうなると、仕事からの刺激が減るので、勉強は、比較的仕事独立な、純粋数学や歴史、あるいは文学などに傾くのも必然であろう。ともかく、ここらあたりで、趣味のパラダイム・シフトを図ろうと思うが、どうころんでも、何をしていいかわからないということにはならないと思っている。

すなわち、自発的な興味の集合が、私の一番の財産である。

験勉と継勉

user-pic
0

昔、東大一直線という漫画があって、その主人公は、試験勉強を験勉と略して、周りの受験生に験勉してる?と呼び掛けるのだが、いうまでもなく、験勉とは検便をもじったものであり、もちろん世間はそういう言い方はしない。

で、私は検便は嫌いだが、験勉も嫌いというか、苦手で困ってきた。すなわち、普段ある人が優秀かどうかなんて分からないので、学歴やもっている資格が目安になるが、学歴も資格も、試験勉強が必須である。

特に特許の分野では、弁理士という資格が重要で、勤務していた外資系では、その資格を取ることが、ある地位以上に昇進するための必要条件になっていて、真面目に勉強している人が何人かいた。

よく分からないけど、私は外資系の入社試験の点数がまあよかったらしくて、入社したあと、幹部候補の一人に目され、弁理士の受験勉強をすることを期待された。

それで、仕方なく弁理士試験の勉強に取り組んでみたのだが、細かい条文や規則を覚えるのにうんざりして、そんなに努力しないで、止めてしまった。そして、私のその部門での昇進はあっさり潰えた。

それだけでなく、試験くらいできなくてどうする、なんと駄目な奴だと言われたりもしたのだが、部門始まって以来の秀才といわれ、コンピュータ技術に超詳しいMさんという人が、弁理士試験の細かい条文には耐えられないというので、結局は適性では、と次第に私も開き直るようになった。まあ、昇進だけが人生ではない。

といっても、無為に過ごす訳にもいかないので、私は大学を卒業以来続けている、気ままな勉強に身を入れることにした。具体的にはコンピュータのプログラミング、数学、物理学などである。あと、気分転換にミステリー小説など軽い本も読む。そういう努力を私は継続勉強、略して継勉と呼ぶことにした。

継勉をしでみて分かったのは、私はとてもわがままで、試験のような所与の枠組みの勉強よりも、自分で興味を感じた、解くべき課題を考えたい、と思っているということである。なお、その際、解きたいかどうかが問題なのであって、解きやすいかどうかはあまり関係ない。例えば去年、多倍長計算ライブラリを作成しようと思い立ち、始めてみたところ、想定外の難しさで数ヶ月を要し、考えすぎて吐き気を催したことが何度もあった。それでも、難しい試験のために努力した人の話を聞くと、私の努力なんて知れているようであるが、私の場合、単なる楽しみであって、地位にも収入にも一切つながらない。

そうは言っても、サラリーマンとして与えられる仕事は、所与なので合わせなくてはならないが、試験勉強ほど枠組みは明確でないので、なんとか継勉に適応させる余地があった。

いや、余地どころか、私は継勉のテーマを会社の仕事を通して見つけてきた面もあるので、会社から完全引退したら、うまく自分でテーマを見つける算段をつける必要がある。今、そのための仕込みをせっせとやっている次第である。

アマゾンの配送に書いたように、私はアマゾンに注文した品物が到着する時間の幅が広くて、それをじっと待つのが嫌で困っていたのであるが、いろいろ試行錯誤のあと、私なりに考えた方策は、土曜の朝、注文することである。すると、ほとんど確実に、次の日曜日の朝の午前中のうちに荷物が届くので、NHKの将棋対局を観ながら、クロネコヤマトの配達の方が来るのを待つ。それで、基本的に不在伝票をポストに入れられることがなくなった。

さて、飼い猫用のかつお節の餌の在庫がなくなってきたので、例によってアマゾンで注文することにした。主食のサイエンスダイエットのドライフードは、近所のドラッグストアでも売っているのだが、猫用のかつお節は、基本的に近所のドラッグストアには置いていないので、アマゾンで注文することがほとんど必然である。

ほとんど必然、というのは、一応ドラッグストアにも猫用のかつお節は売っているのだが、うちの飼い猫は、ドラッグストアに売っているお徳用タイプの猫用かつお節は、与えても見向きもしないので、やや高級な、ペッツルートの猫用かつお節と、かつお節だけでは飽きるので、ペッツルートの猫用まぐろ節を併せて買っている。

それで、ある土曜日の早朝に、アマゾンでペッツルートの猫用かつお節と猫用まぐろ節を注文すると、例によってその日の午後に、12桁の数字の問い合わせ伝票番号を以て、注文完了のメールが届いた。

そこで、常用のクロネコヤマトのサイトに行って、この番号を打ち込んで問い合わせてみると、なんと、「伝票番号未登録」というメッセージが出る。今までこんな経験がないので戸惑ったが、注文完了のメールには、「なお、伝票番号で配送状況を確認できるようになるまで、お時間がかかる場合があります。」という注意書きがあるので、何かの事情でサーバに反映されるのが遅れているとかな、と思った。

そこで、次の日の朝、 再度クロネコヤマトのサイトに行って、伝票番号で確認すると、やはり「伝票番号未登録」というメッセージが出る。この日の午前中に荷物が着くのに、「伝票番号未登録」はおかしいと、改めて注文完了のメールを確認すると、「お客様の商品は札幌通運でお届けいたします。」とある。なんとそうだったのか、と驚いた。デフォールトでクロネコヤマトだと思っていた。

そこで、札幌通運のホームページに行って、「貨物追跡ページ」を開くと、個人のお客様Amazon問い合わせというボタンがあった。そこで、このボタンをクリックして伝票番号を入れると、確かに配達状況は分かるのだが、事象が起きた日付だけで時間が記載されていないので、いかにも進捗の粒度が粗すぎる。

ともかく、速やかに荷物が着いたので、あまり不満はないのだが、クロネコヤマトのサイト並みの貨物追跡ページは無理なのだろうか。

さらに調べてみると、札幌通運も含めて、デリバリープロバイダと呼ばれているらしい。以下のとおりの業者である。

  • TMG
  • SBS即配サポート
  • 札幌通運
  • 丸和運輸機関
  • 若葉ネットワーク
  • ファイズ
  • ギオンデリバリーサービス
  • ヒップスタイル

ということで、おそらくクロネコヤマトがアマゾンの配送から手を引きたがっていて、このような流れは仕方ないのかもしれない。

月別 アーカイブ

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち生活カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは物理学です。

次のカテゴリは生物学です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。