生活の最近のブログ記事

積分と微分

user-pic
0

積分と微分と書いてはみたが、別に数学の話ではない。まあ、数学の話であってもよいのだが。

そのう、私がまだ中学の頃だったか、積分は分かったつもりになる、微分は微かに分かる、という冗句が何かの本に載っており、それで私は高2で習う積分と微分を妙に神格化していた。

で、高校になると私は、その神話が頭にあり、休憩時間になると図書室の数学の参考書の積分と微分の章を眺めて、感心しつつも、これのどこが高尚なのか、と戸惑っていた。

還暦を過ぎた私は、流石に積分と微分に戸惑うことはないが、ここ何年か積分の方針でやってきたが、そろそろ微分の方針に切り替えなくては、ということである。

どういうことかというと、例えば特許明細書を書くためには、専門書をいろいろと流し読みしなくてはならない。それは深く読む必要はないというか、特許出願には期限があるので、ある程度の理解レベルに達したら、打ち切って特許明細書作成に向かう必要がある。それが分かったつもりになる、すなわち積分なのであった。

ところが、分かったつもりになるレベルは、特許明細書を書いている分にはいいのだが、それが完了すると知識は雲散霧消してしまう。本当にほとんど何も残らない。

で、最近切り替えたのが、微分、すなわち微かに分かることを目指す方針である。微かに分かることを目指す方針というのは、要するに細部の理解から始めて、全体に理解が及ぶようにするという方針で、1ページ読むのに下手したら三時間かかったりするので、非能率この上ないのだが、苦労して微分の方策を維持すると、知らないうちにレベルが次第に上がって、忘れないということがあることに気づいた。

そういう微分の方針はまだるっこしいが、そういう方法でしか最早学問は学べない、ということなのであった。

最近、健康法の本を読んでいたら、ダイエットは体によくないという。理由は、栄養が不足して免疫力を下げるからだという。

そういえば私が8年くらい前にダイエットしたとき、顔面神経性麻痺や、尿道炎や、頭痛など、今まであまりやったことないような病気になった。あれはまさに免疫力の低下だろう。

ただ当時でも私のコレステロールは、基準値より少し高かったのであり、すると私は、準値よりかなり高いコレステロール値が正常状態なのかもしれない。

そういえば、上記した健康法の本によると、検査数値の基準値というが、そのあたり人間でも個体差が大きいのだという。だから、コレステロールが基準値よりかなり高いのが私には正常ということになる。だから私は過度のダイエットは問題だったということになる。

なのに健康診断では、個体差、年齢、性別などに関係なく、一律のコレステロールの基準値が設定されているのであり、これはどう考えてもおかしいと思うのだが、先進の予防医学を誇る病院でもそのあたり全く配慮がない。

そういえば最近の栄養学では糖質が目の敵にされていて、糖質ダイエットが流行っているが、会社で糖質ダイエットを実施中と仰った人が最近インフルエンザに罹り、会社を休むということがあった。すると糖質ダイエットも免疫的には体によくない、ということになるのかもしれない。

そもそも人間の健康に免疫力が重要というのは医者でなくてもだれでも知っていることなのに、健康診断でそのことが全く言及されず、ひたすら皮相的に検査値が指摘されるのはどうみてもおかしくないか。

ということで現代人は、医者に健康を任せきりにせず、ある程度自己責任で自分の適性も含め、健康について留意する必要がある。

分子栄養学

user-pic
0

たまたま古書店で本を眺めているとき、三石巌著「医学常識はウソだらけ」祥伝社黄金文庫というのを見つけた。もしやトンデモの健康本か、とちょっと怪訝になったが、斜め読みしてみると、結構まともなことが書いてあるようで、とりあえず買って読むことにした。

著者の三石氏は、1901年生まれで、1997年1月に亡くなられたので、かなりの長寿だった。長寿というだけでなく、死ぬまで健康であり、もともと東大の物理学科を卒業して大学の教師をしていたくらいなので学識は高いのだが、スポーツも死ぬまでスキーをしたり、パイプオルガンを弾いたりと、バリバリだった。

そんな三石氏は、還暦の頃、白内障を患い、当時の医学では治療する方法がなかったので、医師は失明するしかない、と指摘した。それで三石氏は自分なりに文献を調べ、ビタミンC不足が白内障を治すと判断し、じっさいにビタミンCを投与して、白内障から逃れた。その経験をもとに、分子生物学などを勉強し、独自に編み出したのが分子栄養学である。

私なりに分子栄養学を粗く要約すると、体に必要な良質たんぱく質、ビタミン、ミネラル、スカベンジャーの栄養素を摂取することが重要ということである。

良質たんぱく質とは要するに、必須アミノ酸を多く含む食べ物ということで、その理想の一つに卵がある。現代栄養学では卵はコレステロールが高いのであまり食べてはいけないということになっているが、それは間違いで、ある程度たべることが必要だという。

ビタミン、ミネラルは、アミノ酸から体内でたんぱく質が合成されるのを助ける。スカベンジャーは、活性酸素を中和したり、老廃物を体外に排出するのを助ける。

スカベンジャーとして働く栄養素には、ビタミンC、ビタミンE、カロチノイド、ポリフェノールがある。ビタミンCはレモン、イチゴ、ミカンなどに含まれる。ビタミンEはアーモンド、大豆、ウナギなどに含まれる。カロチノイドは緑黄色野菜、海藻、卵などに含まれる。ポリフェノールは、ゴマ、緑茶、赤ワインなどに含まれる。

三石氏は、栄養のバランスそのものを重んじることは必ずしも適切でない、という。例えば、体の調子によっては、特定のビタミンを過剰摂取する必要がある。これはメガビタミンと呼ばれる。

また、高血圧には塩分を減らした方がいいとよく言われるが、塩分そのものは体に必要なミネラルなのであまり減らしてはまずいという。

コレステロールもそうで、本来細胞にとって重要な成分であり、薬で下げるなんてとんでもない。

さらに、酒やたばこはその嗜好があるなら、我慢しすぎるとストレスがたまるのでよくない。普通にたしなめばいいという。その分、分子栄養で補えばいい。

あと、私が納得するのは、個人差、個体差を考慮に入れることである。すなわち、三石氏は、脂身の肉など飽和脂肪酸なので体によく、摂る必要があるというが、私は必要性以前にどうも動物性の脂身が苦手である。以前に知り合いに連れられて横浜の豚足屋にいった。知り合いはおいしいと食べていたが、私は気分が悪くなった。私はどうも、動物性の脂を分解する体の成分(胆汁か)が不足しているだろう。それで私は魚中心に動物性たんばくを補うようにしている。きっと三石氏は、あなたの体はそれでいいんでしょう、と言ってくれると思う。

最後に、これも納得なのは、三石氏が、健康で長命なだけでは意味がないと仰っていることである。三石氏は健康のためやボケ防止とかそんな姑息な理由ではなく、楽しみのためスキーに行き、パイプオルガンを弾いた。

私は若いとき少しだけギターをたしなんだ。それを聞いて、じゃ、ボケ防止にギターでも弾いたらと言ってくれる人がいるが、私は最早あまり弾く気がしないので、目下やりたいコンピュータや数学のことに傾注するとしよう。あと、くだらないお笑いもいい。実はくだらなくないのかもしれない。

私は、健康診断は受けてはいけないなどの本により、健康診断はあまり意味がないと思っているし、医者に掛かるのは最小限にすべしと思っているので、その根拠の強化のため、奥村康著「健康常識はウソだらけ」WAC文庫を読んでみた。すると、実は奥村氏は免疫学の世界的権威で、その観点から、健康を維持すのためには免疫力をつける必要があると説くが、いわれてみると真至極なのであって、免疫力が低下すると細菌やウイルスなどに侵されやすくなるし、がんにも罹りやすくなる。そのことを否定する人はまずいないだろう。

そこでこの本の内容を私なりにまとめてみる。まず免疫学についてだが、免疫細胞にはT細胞、B細胞、NK細胞などがあり、どれもそれぞれ重要であるが、細胞、B細胞は年齢や気分などにあまり影響されない。一方、NK細胞は体内のがん細胞などを駆除するので重要であるが、ストレスがたまったりするとその機能が低下し、がんなどの病気に罹りやすくなる。NK細胞を活性化するには笑うこと、軽い運動をすることが肝要である。

健康診断などでコレステロールの値が少しでも基準より高いと注意されるが、コレステロールに薬はいらないに書いたように、コレステロールは実は細胞を維持したり、性ホルモンの原料になったり、NK細胞を活性化する機能があり、極めて重要な体内の成分である。すなわちコレステロールが低いとがんに罹りやすいということになるが、そのことは私の周囲の人でがんに罹った複数の人を観察してそう感じた。

そういえば去年の健康診断で焦ったことがあった。それは担当の医師が若い、ちょっとアイドルのような美形の女医さんだったからである。この病院の健康診断では、担当の医師が肛門になにか太い検査具を挿入して大腸を調べることになっているのだが、そんなことを若い女医さんにさせるのは申し訳ないと思っていたら、あっさりスルーされた。なんか拍子抜けした。

その女医さんであるが、検査が終わっての面談で、コレステロールの値が問題だという。そして絶対に医者にいって、コレステロールを下げる薬を処方してもらうべきだと言ってきかない。それで私が、コレステロールを下げる薬を飲んで鬱病になって自殺する人もいるらしいです、といったら完全に切れて、そうでない薬もありますと怖い顔で私を睨むので、私はとりあえず引き下がった。私は若い女性を徒に困らせる趣味はない。実は前年までずっと男性の医師と面談してきたが、そこまで強弁されたことはなく、あまり経験のない女医さんは避けたいなとおもってしまった。

その総コレステロールの値であるが、奥村氏は300までならあまり心配する必要がないという。ええっ、そこまで問題がないのかとちょっと驚いた。また血圧も180以下ならいいのだという。さらにタバコも、がんとの因果関係は証明されていないという。そんなになんでもありなのか、と次第に怪訝になってきた。

また、肥満もちょっと小肥りの方が却って長生きなのだという。そういえば、うちの近所のご主人は、ヘビースモーカーで小肥りだったが、86歳で自宅で突然亡くなられた。86歳までそれなりに元気で生きたのだからいいとしたものだろう。

あと、この本には酒の害のことは書いていないが、量次第では酒はタバコより有害だと思う。なにしろ、かなりの量のエチルアルコールが体を巡るのだから、インパクトはあるだろう。そのことをあまり明示的に警告しないのは、世間で経済的に大きい地位を占める酒メーカーの影響力だろう。健康診断で基準値を下げて薬を一層処方させる薬品メーカーのバイアスと似ている。それでも私は酒が好きなので、節制しつつたしなみたい。

それと、もう亡くなった父が入院しているとき、当然に薬を処方されていたが、一度に何粒も沢山飲むのだと驚いた。しかも薬を飲んでいるのに次第に衰弱してくるのである。でもこの本では、なるべく医者にかからず、薬もなるべく飲まない方がいいという。世間では、医師の処方を盲信して出された薬はすべて真面目に飲まなければならないと思っている人が多いが、本当に減らせないか、考えた方がいい場合も結構あるのではないか。

それとは別の文脈で、この本はアンチエイジングやダイエットも、運動もやりすぎは健康によくないという。そういう意味では野球選手、相撲取り、陸上選手など健康を害しやすいということになるが、でも太く短く輝いて生きるのが幸せという価値観もあるので、このあたりは自己責任である。

さらにまた、この本に書いてあることに従い、医者、健康診断、薬を嫌ってそれらを最小限にしたいという私の方針は、状況により却って寿命を縮めてしまう場合というのもまあ、ありえるだろう。しかしそれもまた自己責任であり、ただ馬齢を重ねることを目標とするのは少なくとも哲学的ではない。

最近の私はすっかり、オムニ7の愛用者であるが、あるとき、このサイトで催し物のチケットも当然買えるよね、と試みてみた。ところが、どうも違うようで、さらに調べたら、セブンチケットのサイトというのがあるのを知った。

そこでチケットを買おうと思ったら、ユーザー登録する必要があるという。えっ、と思ったがまあ考えたら当然である。それでユーザーIDをメールアドレスにしてもよいというのでそれを入れたら、それは当然にオムニ7と同じなので、既にユーザーIDはあると反応があることを期待した。期待した、というのは、もしそうなら改めてユーザープロファイルを入力する必要がないからである。ところが全く新規でパスワード設定を含め、ユーザープロファイルを入力する必要があり、がっかりした。

ただ、その後は注文のインターフェースは、払込票が発行されることを含め、オムニ7に酷似しているので違和感はないのだが、あれっと思ったことがあって、それは払込票に受け取りのセブンイレブンの店舗指定がないことである。チケットがどこかで発行されて、それが物理的に指定した店舗に届くと想定していたので、意外だったのだが、ああそうかと理解したのは、チケットの場合、任意のセブンイレブンの店舗の所定の端末で印刷されるのだろうということである。

そこで、チケット注文手続きをしてその足で最寄りのセブンイレブンの店舗に行ってみたら、直ちにチケットを入手できた。それはやはり、店舗のレジ端末で印刷されるのだった。

あと、チケット注文のシステムで、オムニ7と異なるのは、商品が入手可能になってから、受け取りに行くのまでの期限が10日であるのに対してセブンチケットが2日であることと、セブンチケットのログインのメニューに、ロボットアクセスを防ぐキャプチャ(CAPTCHA)があることで、チケット注文の方がロボットアクセスの被害を受けやすいのであろうか。

まあでも、これでどんな映画があるかも簡単に分かって、チケットがついでに買えるので、今までよりは映画に行く機会が増えるかもしれない。例えば、孤狼の血の映画とか行ってみようと考えている。今年の5月12日封切りらしい。もちろん、一緒に行く人なんているわけがなく、一人だが。

雪のあと

user-pic
0

大雪のあと、観察していて気付いたことを取り留めもなく記してみる。

今回の雪で明らかに言えることは、四年前の大雪よりもぜんぜん規模が小さいことである。それで、一日だけ勤務時間が繰り上がって早退した以外は電車は普通に動いていた。

積もった雪も、大雪の次の日の夕方には、少なくとも歩行にあまり支障がない程度には融けていた。とはいえ、よく観察すると融け方にかなり差があることが分かった。

すなわち、今更当たり前のことをいうようだが、太陽の日射の影響は思ったよりも大きいということである。例えば、私が勤務している武蔵野市のビルは、半導体デバイスでいうところのメサ型というか、凸のような形で、私がいる階は上から出っ張ったところにある。そして、特定の窓からは、凸の平らな部分がよく見える。大雪の後はその部分に随分雪が積もった。測ったわけではないが、20cmくらいはあったのではないか。

ビルの建っている方向により、凸の一方の平らな部分には朝のうち日が射すだけで、もう一方の平らな部分には昼の大部分の日射があり、日射という意味では後者の方がかなり有利である。そして観ていると、後者の方の雪は、大雪の後の2日後の夕方にはほとんど融けてしまったけれども、前者の方の雪は、五日たってもほぼそのまま残っていた。こんなに明白な差が出るとは意外である。

あと、私が住んでいる相模原市や、会社の同僚が住んでいる横浜市では、大雪の後の2日後の夕方には主要な道路の雪はほとんど融けてしまったけれども、勤務先の武蔵野市の周辺ではその時点でまだかなりの雪が道路に残っており、かなり顕著な差になっている。確かに武蔵野市は、相模原市や横浜市よりも北に位置するけれども、天気予報での気温予測は一度も違わなかったりする。すると風速などほかの要因があるのだろうか。このあたり、どうもわからない。

また、大雪の次の日には道路交通はかなり復旧していたように思えたのだが、実はそうではないことが分かった。というのは、1月23日は夕方、生協の宅配がくる予定の日で、だいたい夕方の六時には来るのに、その日は八時を回ってもまだ来ない。これはもう明日になるかと諦めていたら、九時近くになってやっときた。雪で荷物の到着が遅れたらしい。

同様のことは、オムニ7でも起きた。すなわち私は、大雪の前日、そんなに降ることはないだろうと高をくくって、オムニ7で本を注文した。今までの経験で、本の在庫がない場合を除き、必ず本は二日後に着く。実際にそのようにメールでも連絡がきた。なので、二日後の夕方に指定したセブンイレブンの店に本を受け取りに行ったら、なんと雪の影響でまだ届いていなかった。流石に次の日には着いたが、セブンイレブンの配送網をもってしてもそうなのかとちょっと落胆した。

最後にかなりショックなことがあった。うちの近所でかなり高齢で、去年の11月に亡くなられた人がいらっしゃった。私は昔から付き合いがあるので葬式にも出席させて頂いたが、その方の娘さんがなんと、大雪の日に、おそらく道路を歩いていたときだと思うが、通行する車両に巻き込まれて亡くなられたのだという。随分前に結婚して外に出ているので私は直接の面識はない。葬式にも列席されていたに違いないが、ほとんど印象がない。なのにその話を聞いてとても動揺し、情緒不安定になってビールを飲みすぎ、次の日はやや二日酔いで出勤した。人生は何があるかわからないものである。

そういえば今週また、雪が降るらしい。気をつけなくては。

ネックレス

user-pic
0

私を知る数少ない人は同意してくれると思うが、私ほど服装に無頓着な人間もあまりいない。それは、言い訳だが、昔あるギリシャの哲人の伝記を読んでいて、その人は、暮らしていくのに、頭を通すための穴があいた布が一枚あればいいというで、ああそうだよねと変に納得したせいである。

それでも、普段あまりひどい服装でないのは、すべて家内がコーディネートしてくれるせいであって、独身だったらどういう身なりだっただろうと想像するのも怖ろしい。

そんな私なので、装飾のためにネックレスを身に着けることなど絶対にありえないはずなのであるが、ある日、家内が輪っかのようなものを私に渡すので、何これ?と怪訝になったらネックレスだという。そんなのしないよというと、なんでもファイテンというメーカーの健康用の磁気ネックレスだという。

すると、サプリなど健康グッズに興味がある嗜好が活きていて、それなら、と身につけることにした。最初はなんだこんなものという意識もあったのだが、不思議に気持ちが落ち着き、ときどき着け忘れると妙に不安になるのだった。

磁気ネックレスは、肌着の下に肌に直接触るように身に着けるので、夏など汗にまみれる。ところが、汗にまみれたまま身に着けていても、磁気ネックレスは汗臭くならない。不思議である。それでも、流石に気持ち悪いので、ときどき洗うようにしている。

あるとき、プロ野球のカープの試合を観ていたら、セットアッパーのジャクソンが立派なネックレスをしていたので、おおっ、となにか嬉しくなった。ところが嬉しくなった途端に打ち込まれて降板したので、急に気持ちが暗転した。一瞬であるが、もう磁気ネックレスなど止めようとおもった。しかしよく見ると、ほとんどのプロ野球選手がネックレスをしているので、やっぱりネックレスはありなんだ、と気を取り直した。

こうして何年も磁気ネックレスを身に着けているので、ほとんど体の一部のように感じたりするが、健康診断のとき、外してくださいと言われるので、ああそうかと思ったりする。磁気はX線などの電磁波を曲げるのだった。

今私が身に着けている磁気ネックレスは三世代目であるが、最初と次の世代のものは、継ぎ目がない輪っかで、頭から被るように身に着けるのだが、いまのは継ぎ目があって、そこで取り外し可能になっている。確かにこれの方が取り外しやすい。

いままで磁気ネックレスの注意書きを真面目に読んだことはなかったが、改めて読むと、なんと寝るときは外してください、とある。あれっ、なんで、着けっぱなしのまま寝ると首に絡まる惧れがあるのかとおもったりした。その理由はどうしても分からないので、とりあえず指示に従うことにして、取り外して寝ると気のせいか眠りが深いような気もしたりする。

こうしてすっかり磁気ネックレス・フリークになったので、私が死んだら磁気ネックレスをお棺の中に入れてくれるのだろうか。それは私にはどうでもいいことで、遺族にまかせるが、きっとあっても邪魔なので処分のためお棺にいれて一緒に焼かれるような気がする。

大雪

user-pic
0

1月22日は久々に東京とその近郊に、大雪が降った。それはもともとの天気予報どおりだったのだが、朝は微妙に晴れていたし、それから曇ってパラパラ雪が落ちてきても融けるのでこれは大したことはないのではと高をくくった。

ところが午後1時くらいから雪の降り方が強くなってきた。そういえば、と思い出した。あれは2014年2月、JRで「ぜんぶ雪のせいだ」というキャッチコピーが流れていたとき、東京で大雪があった。あれは記録的なもので、今回とはくらべものにならないくらい大雪だった。

勤務先で午後1時くらいに、トイレのそばの窓から外を眺めつつ、そんなことを思い出したので、この程度の雪なら、全く動じる必要はないと自分に言い聞かせた。ところが、会社から報知があり、電車が止まってしまう可能性があるので、午後3時には早退するように指示があった。

それはいくらなんでもやりすぎの指示ではないか、と思った。というのは外をみると、まだ大して積もっていない。なので、指示はあったが、私は定時の5時半まで会社にいようと思った。ところがそれからどんどん雪脚が強くなって、午後3時までに電車が止まらないか不安になってきた。それでなんとか午後3時になったとき、逃げるように三鷹駅に向かった。中央線が止まっていないかどうか気になったからである。

中央線はかなり混んでいた。ともかく動いているので新宿まで出ると、小田急線のホームも人があふれていた。どうもどの会社も午後3時の早退を指示したらしい。これではいつもどおり並んで急行に座るということは望むべくもないと、ホームにいた快速急行片瀬江の島行きに乗った。

前の電車が詰まっているので、いつもよりは低速運転だったが、それでもいつもより30分程度余分に通勤時間がかかった程度だった。ただ立ちっぱなしで満員なのでかなり疲れた。なんとか自宅に最寄りの駅についてもまだ、ここから20分歩く必要がある。なので歩いていると、吹雪のように雪が顔を殴ってきた。傘はさしていたが、上着は雪まみれになった。体は寒くなかったが、指先が凍えて困った。

自宅に帰りつくと、いつもより疲れて、腹が減って仕方なかった。それで食べながらビールを飲みながらテレビを観ていると渋谷駅でサラリーマンが帰宅のためバスを待つシーンで、なんでも1時間は寒中で待たなくてはならないそうで、3時帰宅の指示はなかったのか、と怪訝になった。

そして外をみると、いよいよ雪脚は強まり、4年前の大雪とそんなに遜色がない状態となってきた。こんな雪は今年はもうこれで沢山だが、果たして勘弁してもらえるだろうか。

1月23日の朝になってみると、雪は止んでいて、今日は晴れて多少気温も上がるらしい。なんとか転ばないように歩いて駅に行くとしよう。

極道と堅気

user-pic
0

極道と堅気というのは、言うまでもなくヤクザとその補集合という区分であるが、孤狼の血を読んでいるとき、言い方はともかく、極道と堅気という区別は他の分野でもあるよね、と改めて思った。

そう思ったきっかけは、私が大阪にいた頃に遡る。そのころ、数学の好きな友人と雑談しているとき、「どんな分野でも、道を極めようとしたら、それは極道だ。」と言われ、まあ用語的にはそうだけどね、と苦笑した。それはほんの冗談としても、極道は要するに道を極めることだということを今に至るまで忘れたことはない。

より具体的に極道と堅気モデルのことを改めて感じたのは、外資系のとき、基礎研究所の特許の仕事をサポートしていたときのことである。すなわち、発明の評価会を知財担当者と研究所のスタッフの合同で行っているとき、ある若手研究者がどうみても数学的に道理の通らないことをいい始めたので、私は自分の代数学の知識に基づき、おかしいと指摘した。

すると、研究員の中でも比較的数学に詳しいSさんが頷いてくれた。それで結局私の主張は通ったのだが、あとで研究所の発明評価チームのリーダーの人に呼ばれ、君のあの態度はまずいと指摘された。えっ、どういうことですかといったら、知財担当者が技術的なことで矛盾を研究者に指摘してはいけない、なぜなら所詮素人なのだから、という。

それを聞いて私はむっときた。要するに研究者が勉強不足なのではないですか、と言おうとして、まあことを荒立ててもいけないので、ととりあえず黙っておいた。今にして思えば、それが典型的な極道と堅気モデルの振り分けなのであって、この場合、研究所に所属する研究員=極道で、それ以外はすべて堅気なのである。そして、堅気が極道のやることに口出ししてはいけないということである。

すなわち、世間的にみて、ヤクザである極道は、堅気より喧嘩が強い。なぜなら日常的にバトルしているからである。親分のためには、命知らずだったりする。しかし、堅気であっても、生まれつき喧嘩が強いとか、格闘技の修行をしていたりすると、一般的なヤクザより喧嘩が強いということが、ときどきありえる。しかし、そういう例外は基本的に認めないで、要するに極道の方が堅気より強いのだというモードでぶれないのが極道と堅気モデルである。

こういう思考法で人間はなんとか自分を特別視しようとする。例えば私は、将棋が趣味だが、一応普通のアマチュアには負けないというあまり根拠のない自信がある。ここで普通のアマチュアとは、高校や大学で将棋部で修行したことがないし、将棋道場で強い人とのぶつかり稽古をあまりしたことがない、ということだっりする。ここでは、必ずしもレベルが高いとはいえないが、高校や大学で将棋部で修行したということをもって極道と定義している。ところがこれはあまりに多くの例外を含むのであって、なんとなく自分で将棋を勉強していただけなのに私より強い人というのも結構いたりして、それでもそんなの堅気じゃんと撥ねつけたいがそうもいかないので困ったりする。

そういえば、今から20年くらい前、まだコンピュータ将棋がアマチュア有段者に勝てるとさえ信じられていなかった頃、プロはアマチュアには絶対に負けないものだとという建前になっていた。実力が隔絶しすぎていると。しかし、小池重明のような猛者がでてくるとそうもいっていられなくなる。それでもプロは、極道と堅気モデルを崩したくなかったし、崩そうとしなかった。

しかしさっこんでは、将棋の世界では、将棋AIの台頭もあって、極道と堅気モデルは維持しにくくなってきた。本物の極道と堅気モデルでもこのあたり同じで、暴力団に書いたとおりである。

で、最後に付けたりのように最近考えているのは、59歳になって特許調査の仕事を始め、四年以上経験してきたので、そろそろ自分を特許調査の極道と規定しようということである。そう自分に言い聞かせると、一層スキルを磨かないといけないと身が引き締まる。

そう言いつつ、もう一人の自分は、そうやって努力するのはいいが、別に極道などという構えた言い方はしないで、いくらでも穏当な言い方ができるだろ、と苦笑するのであった。

定年バカ

user-pic
0

新聞広告で、勢古浩爾著、「定年バカ」SB新書を見かけて、これは買いだと思った。そこで最近の習慣で、オムニ7で注文しようとしたら、入庫待ちだという。でも、入庫したらメールで通知してくれるというサービスがあるというので、申し込んだら、次の日、早速メールがきた。そこで急いでオムニ7のサイトに行ったら、もう再び入庫待ちになっている。どうも、飛ぶように売れているらしい。そこで、少なくともこの本に限り、オムニ7は止めようと、アマゾンに行ったら、即注文できた。次の日の夕方、郵便のゆうパケットで本が届いたので、早速読み始めた。

この本は要するに、定年にまつわる世間の反応を、バカじゃない?と斬り捨てているのだが、いちいち納得である。

最初の章は「定年バカ」であるが、ここは定年だからと過剰反応して、定年本など周囲の雑音に影響されて焦る奴はいかん、ということである。そんなの自然体でよく、好きなようにやればいいというのが著者の教えである。

ただ、次の章の「お金に焦るバカ」はなかなか見過ごせないものがある。なぜなら、一般的には年金だけで暮らすのは難しく、貯金を少しずつ取り崩すことになる。なので、私はというと定年後は、傘はり浪人的な内職があればいいと思っている。

次の「生きがいバカ」というのは、私はかなり該当する。なぜなら、私は若い頃から、自分の楽しみや生きがいのため、数学、コンピュータ、英語と勉強してきたからである。そのお陰でなんとか外資系に転職できた。ただ、あるとき、数学を勉強していたら、善意の友人から、そんな暇があったら、資格勉強をしろとたしなめらりれた。野生の感性をもつ私はそんなアドバイスは全く聞き入れず、こつこつ数学を勉強した。それでいまでは数学はすっかり楽しみの源泉になった。

次の「健康バカ」も私はかなり当てはまる。なにしろ、サプリおたくである。ただ、今のところだが、健康には過ごせている。ただ人間の健康や寿命なんてわからない。儚いものである。

次の「社交バカ」は私はなんとか免れている。なぜなら、勢古氏と同様に私は案外孤独が平気だからである。ただ、寂しがりやの面もあって、つい、一人上手と言わないで、と歌を歌ってしまう。

次の「未練バカ」は、趣味の将棋や数学でもっと上達しないかといつも思っている点で未練たらたらである。

次の「終活バカ」は、私もあんなものつまらないと思うが、やりたければ勝手にやるのも無意味ではないだろう。そもそも私は葬式だって、してくれなくていいと思っているし、墓もいらない。鳥葬というのが日本で許されるならそれでもいいが、やはり無理か。ただ、法事の類は私には無用である。

要するに、他人に迷惑かけなければ好きなようにやればいい。スポーツが好きならそれに邁進すればいい。いいじゃないの、幸せならば、である。

著者はテレビを観るのも好きで、よく観ているそうだが、私はどうもずっとテレビを観ているのは苦手で、それなら本でも読む。

著者は、こんな立派な本が書けるのだから、当然私より偉いのだが、孤独が好きで、孤独にポジティブな意味付けしているのを好ましく思い、面白く読んだ。

これだけ売れているのだが、この本は、私とは違うタイプの人にもきっと面白く読まれているのだろう。だとしたら、この世も捨てたものではない。

あと、ちょっと興ざめしたのは、後でアマゾンでみると、著者は似たような本を陸続と書いていることである。それって、稼ぐためか、そんなにお金に困っているはずものいなのに、とがっかりした。別に聖人君子であることを期待したわけでもないのだが。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち生活カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは物理学です。

次のカテゴリは生物学です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。