生活の最近のブログ記事

新聞に、首都圏の住みたい街ランキングというのがあったので、引用してみる。

  1. 吉祥寺
  2. 恵比寿
  3. 横浜
  4. 目黒
  5. 品川
  6. 武蔵小杉
  7. 池袋
  8. 中目黒
  9. 東京
  10. 渋谷

これみて私は、無茶苦茶じゃん、と嘆く。というのは、異なる階層というか粒度の場所が並置されているのである。だって、吉祥寺というのは、武蔵野市の一部にすぎず、一方で横浜って、どこよ?ということになる。だって、横浜というけど、緑区と保土ヶ谷区、みなとみらいでは全然雰囲気が違う。もっとひどいのは東京というのがあることで、目黒だって品川だって東京じゃん、ということになる。

まあでも、数年前なら、吉祥寺?そんなの知るか、とそっぽを向けたが、いまの私は違う。というのは、数年前、いろいろな経緯で定年より少し早く外資系を辞めたはいいが、なかなか次の就職先がない。それで困っていたとき、私を拾ってくれたのが、三鷹駅の北口の武蔵野市中町というところにある会社である。拾った女ならぬ、拾われた男である。

そんな私は、一ヶ月に一度よりやや低い頻度で、武蔵野にある研究所に特許調査の打ち合わせに行く。そのとき、吉祥寺の住宅街の中を歩く。するとなるほど、行き交う人達が、どことなく、私が住んでいる相模原市より、トッカータと風雅ニ短調である。ベビーカーを押す若い婦人につい見惚れたりする。しかし、仕事時間中なので見惚れている場合ではないと視線をそらす。

で、たしかに吉祥寺の住宅街は、どことなく優雅な雰囲気はあるが、果たして住みたい街だろうか、と自問して、う~ん、と考え込んでしまう。なんというか、私が雨だとすると、吉祥寺は、撥水性の壁面のように、私を弾いてしまい、私は水玉になってしまう。私は決して吉祥寺に沁みこめない。まあ、水玉になるのも悪くはないのだが、そこに馴染むというのとは違う。

どちらかというと私は中央林間とか、江東区とかが馴染むのだが、よく考えたら誰も私に首都圏の住みたい街なんて訊かない。だから私なんぞ、ひっそりと相模原市に住んでいればいいのである。

でも、相模原市が、首都圏の住みたい街のランキングの上位に入ることは絶対ない。もともとそんなに順位が高くないところにもってきて、去年の事件で決定的に順位を下げてしまった。

そういえば、昔、泉谷しげるの歌で、♪明日相模原まで、出刃包丁を買いにいこう♪という歌詞があったが、あれはいったいどういう意味なのだろうか。

まあ、どこであれ、住めば都、入れば穴熊囲い、ということにしておこう。

私は、自分が老人の入り口に立っていることを意識していて、老人としての先達の、五木寛之氏、曽野綾子氏、外山滋比古氏などの著書を参考にしてきた。それであくまでも主観であるが、私には外山滋比古氏の著書がいちばんしっくりくるというか、参考になるような気がした。

その乗りで、書店で渡部昇一氏の「実践快老生活」PHP新書を見かけたとき、即買って読み始めた。すると、昔読んだ「知的生活の方法」からの方針を継承しているので、あまり違和感なく読み始めることができた。とはいえ、「知的生活の方法」とは少しずつ変化している点があり、場合により違和感を感じる箇所もあった。

まず、夏目漱石の小説であるが、渡部氏は、昔感心した漱石の小説を読み返してみると、むしろ違和感を感じる、という。ううん、漱石の小説って、歳をとりすぎると違和感を感じるようなものなんだろうか、私にはわからない、とちょっと考えてしまった。むしろ、文学初心者の私は、最近ようやく漱石が面白くなってきたところで、このあたりは人生経験の違いとしかいえない。

ただ、私として心強いのは、85歳になっても渡部氏がむしろ記憶力を強化していることで、ああ訓練すれば維持できるんだと、うれしくなった。

あと、渡部氏が古典を読むことを勧めているのは納得なのだが、そこで文系の古典は古びないけれども理系は先端のところで古びるのではと仰っているが、それもかなり場合による。例えば、古典統計力学のボルツマンの理論は、深層学習にも採用されており、量子力学のエンタングルはまだ全く説明がついていない。また典型的には数論がある。なので、理系でも有意義な古典というのがかなりありえる。

ところで、私が最大に疑問に感じるのは、渡部氏が老人の一番の幸福を、家族、すなわち妻、子、孫などにおいていることである。それは渡部氏がそういう家族に恵まれているから当然といえばそうなんだろうけど、世の中をみていると、いろいろな事情があって結婚していない人、結婚したけど離婚してしまった人、配偶者などが早目に亡くなってしまった人、子供がうまれない人などいろいろいらっしゃって、そこを基準にすると、ある人達は、そんなありきたりの幸福はないものと思うしかなくなってしまう。

「知的生活の方法」はそのあたりニュートラルで、結婚することもさまざまな是非があり、孤独で知的に生きる生き方も是認されていたような気がする。そこが変節といえば変節だが、まあ仕方ないか。

あと、渡部氏について驚くのは、77歳のときに2億円のローンを組んで家を建て直し、書庫を充実させたということで、それは沢山本を書いているからできることで、普通の年金生活だと2億円のローンなんて、よほどの財産がなければ確実に暴挙である。

それ以外は「知的生活の方法」とほぼ同じであるが、クリエイティブに生きる細かい工夫という意味で、どうしても外山滋比古氏の著書に比べて粗いというか、やや自画自賛的になっているのを感じる。

まあでも、多少自画自賛というか我儘でも、自分にあった生き方をすればいいではないではないかと緩くアドバイスしてくれているような気もするので、そんなに悪い本でもないと思い直したりした次第である。

都市ガス

user-pic
0

私がいま住んでいる家を建ててそちらに移ったのはもう16年も前のことだが、それは、家付きで土地を買ったのだった。ただ、その家は大層古かったので、壊して建て直すことが前提で、なので、古い家を壊してそれを産業廃棄物として処分してもらう費用まで余分にかかった。

要するに建売でなかったのだが、私が住んている一角は、昔からの住宅地で、都市ガスがカバーする区域から離れて島のようになっているので、ガスはプロパンだった。

するとどうなるかというと、敷地の一部にプロパンのボンベを設置しなくてはならないのだが、うちの家の場合、どうしても駐車場のそばにボンベを設置せざるをえず、毎月のボンベの交換は、車のそばをボンベを担いだ係員が移動することになる。それをみていて、もし係員がちょっと足を踏み外したりしたら、車が傷つくといつもヒヤヒヤだった。

しかし、都市ガスの管は何百メートルも離れているので、工事を頼むと、おそらく何百万円もかかってしまう。それで仕方なくプロパンを使っていた。

ところが幸いに、自宅の近くに老人介護施設ができるということになって、そこは都市ガスなので、少しの工事費を払えば、都市ガスが引いてもらえることになった。それで近所の有志を募って共同でガス工事をしてもらうことになった。

こうなると、プロパンガスの業者はリプレースされるので仕事を失う。昔ある地域で一気にプロパンガスが都市ガスに切り替えられたので、そこを担当していたプロパンガスの会社がふて腐れて、ボンベを放置して取りに来なかった、ということがあったと聞いた。

しかし、私が契約していたプロパンガスの業者は、切り替えるというと多少対応がぎこちなかったが、結構紳士的に対応してくれたので安心した。

それで都市ガスに切り替えるに当たってこの際、コンロと給湯器も一新した。それで業者が来たのでいろいろ聞いてみると、ガス器具は随分安全になっていて、もしガス漏れがあっても自動的にガスの供給が止まるのだという。また、都市ガスはプロパンガスと違って空気より軽く、ガス漏れしてもガスが逃げるのでプロパンガスより安全である。

こうして便利に都市ガスが使えているのだった。ライフラインの一環としての都市ガスの有難味が改めて分かった。

健康オタク

user-pic
0

私は特に健康オタクのつもりはないのだが、ときどきそうだと他の人からからかわれる。その理由は、サプリとか健康食品の類が好きで、それで黙っていればいいのに他人に吹聴したりするので、からからかわれる、という自業自得である。

そのサプリは何かというと、何年もの試行錯誤をへて、やずやと、アサヒグループ食品のものに落ち着いた。

やずやは、「香醋」と「青魚の知恵」である。

アサヒグループ食品は、「アミノ マルチビタミン&ミネラル」と「ノコギリヤシ」である。

なんだ随分多いではないかと思われてしまうかもしれないが、「ノコギリヤシ」以外は普通の食品の補助だと私は思っている。

「ノコギリヤシ」は、こちらに書いたように、1年半くらい前から飲み始めた。飲み始めてからしばらくはあまり効果がなく、むしろ悪化したような気がして何度も止めようと思ったが、半年目くらいから次第に効いてきて、最近では随分尿の切れがよくなり、残尿感が減り、トイレに行く頻度が減った。それにしても随分遅延して効くのだなと苦笑した。ただ、そういう効き方は漢方的というか、むしろ信頼性を感じる。

私の食品へのこだわりはこれだけではなく、ともかく野菜を沢山食べるようにし、一日に一度は野菜のドレッシングとして、オメガ3のアマニ油かエゴマ油をふりかける。また、朝の食パンには、ココナッツ・オイルを塗る。

さらに食物の非可換性で述べたような配慮をする。

そしてトリは、黒にんにくであり、野球でいえばクローザーだと思っている。あ、いかん、今期の日本シリーズで、広島カープの自慢のクローザー陣が打たれてしまったことを思い出した。ともかく私が黒にんにくに期待するのはガンを抑える効果である。

ただ、健康オタクとはいえ、そんな努力の効果はかなり限定的であることを私はよく知っているつもりである。例えば、将棋を指していて、どんなに形よく、筋よく指していても場合によっては頓死することもある。頓死が絶対に防げる戦法なんてない。病気になる原因は多くの場合、医師にも分からない。だから私が健康オタクの努力虚しく、ガンとかその他の重篤な病気になるかもしれないが、それは仕方ないと諦めるよりない。

私が目指しているのは、将棋でいう玉飛接近すべからず、みたいな格言的対応である。筋よく食べて、あまり飲み過ぎず、それで病気になったら仕方ない、というものである。

一方で、私がおかしいと思うのは、私の健康オタクを嗤う人達が、医薬を盲信していたりすることである。全く疑いなく、コレステロールを下げる薬を飲み続けたりする。サプリを疑うなら、服用している薬の副作用の方をもっと疑わなくてはいけない。少なくとも健康オタクには分かりやすい副作用はみえない。食品の延長である。

ただ、何かの病気になったとき、副作用なんて言っていられなくなって薬に頼るしかない局面もあろう。終盤は駒の損得より速度というわけである。まあぶっちゃけ、健康オタクといっても、羽生と将棋を指すようなもので、どこかで必ず詰まされてしまうのであるが、手数を長くというよりも寧ろ、最後まで形よく指したいものである。

だらけ

user-pic
0

だらけ、というのは普通ルーズというか、いい加減みたいな意味であるが、ここではちょっと違う単語で使ってみる。すなわち、永井荷風のぼく東綺譚を読んだとき、まっさきに思ったのは、あんな戦時中にもし日本の男子が永井荷風のような人だらけだったら、日本は鎧袖一触で負けているよね、ということである。最早日本が日本でなくなる。私も一応の愛国心はあるので、永井荷風だらけみたいな日本よりも、ペリリュー島や硫黄島で米軍に手痛い反撃を加えられる手強い日本の方がいい。少なくとも米国になめられないもの。

でも、戦時下で永井荷風のような一本筋が通った軟派がいることは、日本文化の厚みである、といえると思う。なので、日本の軍部も、いちゃもんつけて永井荷風を牢屋にぶち込むよりもむしろ、放置して遊ばせておいた、多分。

ところで、私が外資系の知的財産部門にいたとき、まさに部門は米国本社の方針で、弁理士だらけだった。上層部は、私のような非弁理士を駆逐するか、あるいは私が弁理士試験に受かるのを期待して、より一層弁理士だらけにすることを意図していた。

そんな私は、N人の弁理士がいるのに、N+1人目の弁理士になる数学的帰納法がどうしてもしっくりこなくて、まあ、実際はそっち方面の能力がなかったということだけなのだが、シスタンのような作業に没頭した。特許実務の傍ら、コンピュータと特許方式の勉強に精を出した。

努力したおかげで、錯覚かもしれないが私なりの居場所を見出し、ある程度の支持者をえた。そして、弁理士だらけになっても知財部は知財部のままだが、私だらけになったら、部門は最早知財部ではないよね、と自分に言い聞かせた。むしろ、孤立というか孤独を静かな楽しみとする日々となった。そして、自分だらけのような部門があったとしたら、それは最早知財部ではないね、でも一体何部だろう、社内ITサポート部門かな、それにしてはコンピュータに特に強いわけではないし。

じっさい、私のように振る舞うことは、やればやるほどじり貧みたいな損なことであり、ほとんど私に追随する人はあらわれなかった。なので、だらけなんてとんでもない話である。

私は、投資的な関心がゼロに近いので、世界が私だらけだと、資本主義そのものが成立しない。

私はほとんど女性から関心をもたれないので、私だらけになったら、人類は滅びるだろうか。私しかいなかったら仕方なく私を選ぶのだろうか。それとも私とカップルになるくらいなら死んだ方がましということになるのだろうか。

私は喧嘩が極めて弱いので、私だらけになったらあまり紛争は起きないかもしれないが、それでも戦争はゼロにならないだろう。

ともかく、決して自分だらけになりそうもない自分でいるように努力することが私の生き方になった。それにしてはあまり個性や特徴のない、地味な生き方なのだった。

そして最後に一言。どんな人であろうとも、どんな生物であろうとも、どんな言語であろうとも、だらけは歓迎しない。世界の多様性に万歳。

食物において一番注目されるのは総カロリーであって、要するに食べた食物のカロリーの合計であり、どの食べ物から食べ始めたかなんて配慮されない。

一方、文書のトピック解析などに関するトピックモデルにおいて、bag-of-wordsという概念が使用される。要するに、文書において単語の並びに関する情報を無視して出現頻度だけに着目する。

すなわち、どの食べ物から食べ始めたかなんて配慮されないという視点は、bag-of-wordsではなく、bag-of-foodsと表記できよう。

しかし、黄昏の健康診断で述べたように、食べ物は明らかに食べる順序で、体の様子が異なる。典型的には酒を飲むときで、特にウオッカなどの強い酒を飲むときは、前もってバターなどを食べておくんです、と大学時代のロシア語の先生が話していた。これを最初にウオッカを飲んで、あとでバターを食べてもあまり効果がない。

これはまあ分かりやすいのだが、血糖値スパイクに関連して推奨される食べる順序の非互換性は、要するに炭水化物を最後に食べるようにする、ということである。言い換えるとタンパク質や野菜を最初に食べる。

そんな指示を最初に聞いたら、そんなのどうでもいいじゃんと誰でも思うだろう。どうみてもウオッカとバターの組み合わせのようなクリティカリティは感じられない。それでも私は騙されたと思って、ともかく炭水化物を食事の最後に食べるようにした。すると決して自明でないいくつかの効果があった。

まず最初に、空腹になりにくくなった。すなわち、あまり食べなくてもお腹のもちがよくなった。それから、昼食後の昼休み後、眠くなりにくくなった。するといいことづくめのようであるが、少し問題なのは、便通が少し悪くなった。それは決して便秘というわけではないのだが、便意が以前より数時間遅くあらわれる。

この結果、酒も以前より少なくて済むようになったし、まあやはり著効というよりは微妙な効果か。

体調に影響する食べ物の順序というのは、これ以外のバリエーションもありそうだが、とくに食通とかでないので、あまり思考を深めることができないという次第である。

私は去年の1月に車を買い替えて、ハイブリッド車にした。なにしろ買い替えたのは12年ぶりなので、その間の技術革新により、随分乗り心地が快適になったが、そういうヒューマン・インターフェースも然ることながら、なんと言っても一番ありがたいのは燃費である。

すなわち、以前はどうみても1ヶ月に5000円くらいガソリン代がかかっていたのに、今ではそもそも2ヶ月に3000円くらいしかガソリン代がかかっていなような気がする。

私の勘違いもあるかもしれないので、流石に燃費が三分の一ということはないと思うのだが、どう贔屓目にみても燃費は半分以下であり、しかも最近行きかう車をみていると、ほとんどが静かなモーターの唸り音がしていて、どうもハイブリッド車らしい。するともしかしてガソリンスタンドの売り上げは以前の半分近くまで下がっているということがありえるね、と思っていたが、それでも私の行きつけのガソリンスタンドは、ちゃんと営業していて、きっと凄まじい経営合理化で生き残っているんだな、と密かに感心していた。

ところが、先月だったか、行きつけのガソリンスタンドに行ってみると、なんとブルドーザが作業していて、ガソリンスタンドは跡形もない。それをみてあちゃー、ついにここも潰れてしまったかとがっかりして仕方なく、ちょっとだけ遠いが以前によく行っていた別のガソリンスタンドにいってみた。すると、そこにはほとんど従業員はおらず、セルフのガソリンスタンドになってしまっていた。

私は、溝の口のラビリンスにも書いたように、何をやっても不器用で、なのでセルフのガソリンスタンドというのもなんかついうっかりガソリンをこぼしてしまいそうで、好きではない。しかし、近くに別のガソリンスタンドのあてもないので、仕方なく、案内板の操作指示に従い自分でガソリンを車に入れたが、どうもおっかなびっくりだった。

それにしても、例えばラーメン屋があって、一日百杯売れていたのが、何かの理由で五十杯に下がってしまったとしよう。すると売上は激減で、普通では経営は維持できない。ガソリンスタンドも同様で、売上が仮に半分になってしまったら、セルフ化くらいではおっつかず、結局ガソリンスタンドは閉鎖するよりない。

それで困るのはドライバたちである。すなわち、ちょっと車に給油しようとしても、なかなか近場にガソリンスタンドはない。ええと、たしかあそこにあったよね、と車で行ってみると、私が経験したようにガソリンスタンドは既に閉鎖になっていたりする。

それを防ぐには、ガソリンスタンドが利益が上がるようにしなくてはならないが、ガソリンの単価を勝手に値上げるわけにもいかず、まあ強いていうと救いは、ガソリンスタンドの数が減ったので、以前よりは利用客が少しは増えることは期待できるだろうか。すると確実に需要はあるので、ガソリンスタンドの数の減少はどこかで下げ止まるということになる。

あとは副業として、コンビニを併設するか。私としてはむしろ、近くのコンビニにガソリンスタンドを併設してほしいのだが、おそらく消防法かなにかで、あまり民家に近いところではガソリンスタンドを設置できないという規則があったような気がする。

それ以外には、ガソリンの宅配というのは駄目だろうか。すなわち電話すると、すなわち小型のタンクローリーみたいなのが自宅にやってきて、ガレージにある車に給油する。しかし、これが安いコストで済むとは思えず、あまりいいアイデアではないようである。

そういえば、たまたま車で有人?ガソリン・スタンドのそばを通ったら、ガソリンの値段がリッターあたり、セルフよりも5円も高かった。これはいくらなんでもセルフに行く。

ということでガソリンスタンドには厳しい日々が続くが、確実にガソリンの需要はあるので、月並みであるが、経営努力を続けて頑張ってほしいものである。

左足の不調に書いたように、今年は初夏の頃から足痛に悩まされたが、特に足を酷使した記憶もないので、怪訝で仕方なかった。

ところが、左足のふくらはぎの痛みが癒えないうちに、今度は右足の関節が痛くなってきた。階段を上ると関節に負担がかかった。これは、関節に効くというグルコサンミンというサプリを摂るしかないのかと考えたが、私はサプリはもう飽和状態でいくらなんでも追加でサプリを摂る気はしない。

で、足の痛みに対処するのを一旦は諦めたのだが、そうやって他の体の箇所に注意を向けると、どうも口の中が気持ちが悪い。去年詰めたプラスチックのインレーの箇所が何箇所も取れて、食べ物が詰まる。それで歯を磨く度に歯間ブラシも駆使しているような気がする。

それでも歯の間の食べかすを除ききれなくて、仕方なく歯科を予約することにした。約一年ぶりである。

すると歯科医の先生がいうには、私は噛む力が強いのだという。そういえばいつも歯ぎしりしているような気がする。それで、プラスチックのインレーだと直ぐに壊れるので、金属の型を取って入れましょうかと先生がいうので、いえ、と断った。

金属の型は費用もかかるし歯科に通う回数も増える。ともかく私は早く歯科に通うのを終わりたいのである。で、私はインレーを将棋の囲いだと思うことにした。要するに、将棋のどんな囲いだって崩れるし、穴熊囲いだと思えば、はがれたらまた足せばいいのである。

なんか知らないうちに詰め物が取れた箇所は沢山あったみたいで、何回も通っているうちに私の口内の穴熊囲いは着々と修復されていった。そして、習慣のようにビールを飲む日だったが、ある日、歯科から帰ったあと疲れていたのか、ビールも飲まないで早く寝た。そして朝起きて、あらっと驚いた。数ヶ月に亘って悩まされた両足の痛みが嘘のように治っていた。

そういえば冷静に考えてみると、数週間前に、歯が悪いと全身に毒が回って、内臓などにも悪影響が出るとテレビ番組でみた。すると両足の痛みはどうも歯が原因だったと考えるのが正解かもしれない。なにしろ詰め物が欠けてきたのは今年の5月くらいで、あのあたりから歯の神経から体に毒が回り始めていたのだろう。そして酒を飲んだタイミングで肝臓が弱り、毒が足の神経に悪影響を与えたのだろう。道理で、なにも足を酷使したわけではないのに痛くなったはずである。

ということで、今度また足が痛くなったら、歯を疑うことにする。

今年も健康診断の時期がやってきた。というか私の場合例年は11月なので、今年は少し早い。

それだけではない。どうも例年と様子が違う、と思ったのは、健康診断の案内の郵便がなかなか自宅に届かない。例年は少なくとも健康診断の日の2週間前には案内が届いていた。今年はあと一週間もないのにまだ届いていない。

それで、会社の健康診断の担当者から病院に聞いてもらったら、まるでそば屋の出前にのように、昨日送りました、ということで、確かに次の日に届いた。

健康診断の日になったので、担当の病院にいってみると、そこでもどうも少し様子が違う。よくみると、電光掲示板みたいにテロップが流れていて、そこには、なるべく待ち時間が少ないように進めていますが、他の受診者とのかねあいで遅れることもありますので、ご容赦下さい、のようなメッセージが流れている。

私が受付で手続きすると、申込書がありませんね、と指摘された。えっ、そちらの病院から送られた書類一式はもってきましたが、というと、会社から送られた申込書が必要で、もしないと、場合により健康診断料を実費で払ってもらうことがあります、というので焦ってしまった。例年は確かに申込書をきちんともってきていたので、今年はうっかりしたらしい。書類手続きの几帳面さは自信があったのだが。結局、後で申込書は郵送することになった。

そうしていると、診断項目が始まった。最初の採血は去年とあまり変わりなかった。しかし次の医師との面談は、去年よりずっと簡易に終わってしまった。

それ以外の心電図や超音波エコーやレントゲン検査などは、去年と全く同じだった。そしてすべての診断項目が終わったときの待ち時間の長さも同じで、この間に検査項目を集計するのである。

その集計が終わると医師に呼ばれて、集計結果をみて丁寧に説明してもらえるのだが、今年はこの医師の説明も一瞬で終わってしまった。去年まではたしか、10分くらいはいろいろ説明を聞いたような気がする。明らかに健康診断は、簡易な側に相転移してしまっている。ううん、黄昏ているなぁ、と意味もなくつぶやいた。

自宅に帰って、簡易化したというか黄昏れた健康診断に思いを馳せて、私の天邪鬼の血が騒いだ。すなわち、ちょっとだけ健康診断が好きになったのである。そして、早速もらった健康診断の結果表で、一番問題の項目のコレステロールをみると、去年より10ばかり総コレステロール値が増えて、苦笑するよりないが、よくみると、増えているのはHDLの方で、LDLは去年と全く同じ数値である。それにしても総コレステロール値の基準値が未だに199って、低すぎない?

さらに考えてみると、このHDLは、ココナッツオイルとエゴマ油を採っているせいらしい。それらの脂はHDLの原料なのである。それならコレステロールも気にしなくていいか。そういえば、最近みた新聞記事では、ある健康指標として、血圧の高さと、HDLの低さがむしろ問題とされ、LDLに言及がなかった。コレステロールに関して、パラダイム・シフトが起きているのを感じる。

そしてふとテレビをみると、NHKの番組で、血糖値スパイクというのをやっていた。なんでも、普段の血糖値は正常でも、食事の後一気に正常値の倍くらいに血糖値が上がり、それに応答して一気にインシュリンが放出され、体に負担がかかるのだという。また、血糖値スパイクの頻度が高いと、活性酸素が体内に増え、癌になる可能性も高まるのだという。そして、それを防ぐ方法として、食事の順序を変えるというのがあるらしい。すなわち、食事ではまず肉やサラダを食べて、ご飯などの炭水化物系は最後に食べる。また、食事の後は散歩する。これだけで随分血糖値スパイクが緩和される。

こうやって健康意識が高まったのも、健康診断のお蔭で、黄昏れた健康診断も悪くないかとふと思った次第である。まあ黄昏ているのは健康診断でなく、私自身なのだが。

私は笑点が好きなので、よく観ているのであるが、そのスポンサーの一つに健康医学予防協会があって、普段働いている人が、明日は人間ドックに行くんだね、大事だね、みたいなストーリーのCMが打たれる。そして、「病気にさせない医療」という標語が現われてCMが終わるのだが、健康診断嫌いの私はつい、「病気にさせない医療」という文句に反応してしまった。

というのは、誰かが癌にかかったとして、病院に行って医師に、なぜ私は癌になったのでしょうね、と聞いても、普通は医師は答えに窮するだろう。一般的に、なぜ病気になったのかなんて、分からないからである。

もしその人が愛煙家なら、煙草が原因かも、といえるかもしれないが、それでも煙草を吸ったら癌になる、というのはかなり長い時間を経てからであり、しかもその確率はそんなに高い訳ではない。

癌でなく肝臓病だったとしたら、もし日本酒を一升毎日飲むということをやっていたら、確実に肝臓はやられて、数年で肝硬変になるかもしれない。だとしても、それを防ぐのは医療でなくて生活習慣である。

こうして、「病気にさせない医療」という標語は相当怪しいということになる。それでも、健康診断や人間ドックで稼ぐインセンティブがある医師は、人間ドックで、放置していたら手遅れになったはずの病気が見つかり、直ちに治療したので完治した、という事例を引いて、健康診断や人間ドックの有効性を謳うだろう。

しかし私の周囲の知り合いでそういう人を知らない。寧ろ知っているのは、毎年まめに人間ドックに行っているのに、癌が手遅れになり亡くなった知り合いである。

すると、人間ドックが致命的な病気の進行を阻んだという例は、数学的にはザリスキー位相におけるザリスキー閉集合なのであり、すると、重大な病気でない人たちは、その補集合のザリスキー開集合となり、それはハウスドルフ空間にならない。

なんか数学を衒ってザリスキー閉集合やハウスドルフ空間などと言うものだから、自分でも何を言っているのかわからなくなってきたが、それならといい例を思いついた。

それは、ある住宅ローンである。普通住宅ローンは、契約者が亡くなったとき、その後の返済が免除されるように保険に入るのだが、なんと、契約者が癌と診断されただけで、その後の返済が免除される住宅ローンがあるらしい。すると、癌と診断されることさえ、よほど稀ということになる。

すると、自分がザリスキー閉集合に属していると思う人は、人間ドックをまめに受けましょう、ということになる。

ううん、いよいよ自分が何がいいたいのか分からなくなってきたが、少なくとも私がアンチ人間ドックであるというメッセージは伝わっているだろう。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち生活カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは物理学です。

次のカテゴリは生物学です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。