事件の最近のブログ記事

スノーデン

user-pic
0

今年の2月だったか、知り合いとスノーデンのドキュメンタリー映画を観にいかないかと誘われて、行ってみると、映画館に結構人が並んでいた。へぇ、こういう映画も人気があるんだと思っていたら、目の前で一杯で打ち切られてしまった。その次の時間だと遅すぎるので、諦めて飲みに行った。

結局、スノーデンのことはそのままになったが、記憶の片隅に残っていたようで、最近書店で、「スノーデン 日本への警告」集英社新書を見つけたとき、とりあえず買った。もともと私は、長くIT企業にいたので、というか今も別のIT企業にいるので、コンピュータ・セキュリティに関しては、日本人の平均より少し上の知識と関心がある。そこですぐにこの本を読み始めた。

さて、この本の内容であるが、スノーデンが講演し、あるいはスノーデンにインタビューした内容を誰かが日本語に翻訳したものなのだろう。そのため複数の日本人が著者に名を連ねていて、そのうちのある人はインタビュアーであったり、コメンテータだったりする。それで誰が翻訳したのか分からないのだが、それはまあ特に不満というわけでもない。

この本によると、スノーデンは、NSAの職員として、NSAが米国内にあって、憲法で許された範囲を超える国民のプライバシー情報をマス・サーベランスしている実態を知り、内部告発として、内部情報を開示したのだった。

組織にあって、不正を内部告発するのは一般的には正当とされるが、NSAが当該の組織であってみれば、いくらなんでも相手が悪すぎる。それでスノーデンは国外追放され、いまはロシアにいる、というのが私の理解である。よくぞ密かに抹殺されなかったものだとおもう。

このように国家的なサーベランスが猖獗しているのは、9.11の結果ということであるが、サーベランスの密かな横行が国家の意図することであってみれば、9.11の陰謀性を想定することにあまり想像力を要さないはずである。

ただ、サーベランスのための技術のインフラは、前世紀末にはかなり揃っていた。それは情報処理技術、通信技術とそれを支えるハードウェア群であって、原子力工学、ロケットサイエンスなどの軍事転用可能な技術よりも日常的な技術の集積である。

さて、われわれは日常的にスマホや携帯電話をもって行動しているが、するとその位置は常時捕捉されている。さもないと基地局がそのスマホや携帯電話に電話をかけることができない。

スマホや携帯電話から誰かに電話をかけると、少なくとも、いつどの番号からどの番号にかけ始め、いつ通話が終了したかのメタデータがプロバイダのサーバに蓄積される。それは日常的には検索されることはないが、犯罪捜査や国家安全保障の目的で特定の電話番号関連の通話履歴をリストするのに使うことができる。

パソコンやスマホや携帯電話から送ったメールは少なくとも一定期間、プロバイダのサーバに蓄積される。蓄積された情報は、政府の捜査機関がそれを正当化する根拠を主張できるなら、プロバイダに提出するように命じることができる。

また、例えば日本と米国の通信網は、太平洋の海底に敷置された光ファイバで接続されているが、その光ファイバの終端装置は日本でいえばNTTコミュニケーションズ、米国でいえばAT&Tなどの会社が維持管理しているはずであり、原理的には国家が関与して情報を取得することが可能なはずである。

さらには市街地に設置されている監視カメラ、車のナンバーなどを読み取るNシステムなどさまざまなサーベランスのシステムが随所に配置されている。

要するに、監視する側からみれば使える手法は選り取り見取りであり、ただ問題は個人のプライバシーを保護する法律である。だからスノーデンは、市民がプライバシーに対する意識を高めて、政府に監視を制限するよう働きかけ、そのための立法も促し、また場合により重要な通信には独自の暗号化をほどこすように呼び掛ける。

つい悲観的になる私は、このような情報化社会にあってプライバシーを保護するためには情報通信から途絶された山奥に籠るしかないと思ったりするが、それも現実的でなく途方にくれる。

それでも、スノーデンの渾身の呼びかけは、妥当であり必要だろう。そもそも私を含めた一般人はいかに個人のプライバシーが危機に瀕しているか知らない。実は、政府機関が手段を尽くせば、情報機器を駆使して密かに任意のプライバシーを探ることは容易だが、そのことが違法であることの法律は是非とも立法化してほしい。はっきりいってそういう法律がどれくらい有効か私には分からない。そもそも私を含めた一般人は、やすやすとメディアの情報操作に踊らされている。それでも個人のプライバシーは重要である、と叫び続けるよりない。

10月30日(月)は、新宿からの帰りの小田急線の電車に乗っていると、代々木上原の前で急に止まった。もしや、と悪い予感がしたら、案の定、代々木上原駅で人身事故で、結局1時間以上も電車の中に閉じ込められ、やっと動き出したのだが、帰宅すると予定よりも90分以上余分に時間がかかり、どっと疲れた。

10月31日(火)は流石に人身事故もなく予定どおり帰宅できてほっとしていたら、家内が、座間で事件があったのを知っているかという。ええっ、とウェブで確認すると以下のような事件だった。毎日新聞のウェブ記事から引用する。

東京都八王子市に住む女性(23)が今月24日ごろから行方不明になり、警視庁が行方を捜していたところ、30日午後、神奈川県座間市緑ケ丘6のアパート2階の一室でクーラーボックスに入った2人の頭部が見つかった。同庁捜査1課は31日、この部屋に住む職業不詳の白石隆浩容疑者(27)を死体遺棄容疑で逮捕した。白石容疑者は「私が殺害して証拠隠滅を図ったことに間違いありません」などと供述し、容疑を認めているという。同課は遺体の身元確認を進めるとともに、事件の経緯についても追及する。
自殺願望者か
現場からは9人の遺体の一部が見つかっており、女性が8人、男性が1人だった。室内にはクーラーボックスなど八つの箱があり、うち七つにバラバラの遺体が入っていた。遺体の一部は腐乱しており、DNA型鑑定などで身元確認を進める。
逮捕容疑は8月22日から今月30日までの間、氏名不詳の被害者の遺体を損壊し、クーラーボックス内に遺棄したとしている。クーラーボックスには猫用の砂がまかれていたという。また、室内からはのこぎりが見つかった。白石容疑者は「浴室で解体し、肉と内臓はゴミで捨てた」などと供述しているという。

私は、いやあと途方に暮れた。そして、相模原市の事件と書いた去年の7月の事件を思い出した。あの事件は相模原市の評判に実にインパクトがある事件だったが、今回の座間の事件は、心理的にも物理的にも、こちらの方がはるかに私に近い。なぜなら、座間市緑ケ丘といえば、私がときどき散歩する座間神社や米軍基地へ続く道のそばで、事件があったアパートも、私が散歩がてら、つい眺めたことがありそうな気がする。

どうしてこの付近で悲惨な事件が続くのか、よく分からないが、早く平穏を取り戻してほしいものである。

火災

user-pic
0

9月10日(日)の夜、テレビを観ていて、火災のため小田急線の電車が復旧の目途がたっていないというニュースが流れた。読売新聞の記事を引用すると下記のとおりである。

10日午後4時5分頃、東京都渋谷区代々木の3階建てプレハブから出火、約80平方メートルを焼いた。
現場は小田急小田原線参宮橋―代々木八幡駅間の線路脇で、付近を走行中の電車(8両編成)が緊急停止。間もなくプレハブの火が、電車の前から2両目の屋根に燃え移ったため、乗客約300人がその場で降車し、線路上を歩いて避難した。警視庁代々木署によると、けが人はないという。
この火災で、同線は新宿―経堂駅で一時運転を見合わせたが、午後9時半過ぎに運転を再開した。

私は9月11日は、町田から振替モードで横浜線経由で出勤しなくてはならないのかと心配したが、比較的早く復旧したようで、よかった。

ところが、私の故郷の尾道市で以下のとおり火事があった。やはり読売新聞の記事を引用する。

9日午後7時10分頃、広島県尾道市尾崎本町の民家から出火、隣接する住宅に次々と延焼するなど計23棟を焼き、約3時間後に消えた。
市消防局によると、消防団員がけがを負ったほか、焼失現場に住む60歳代の男性1人と連絡が取れていないという。
現場は、JR尾道駅の北東約2キロにある住宅が集中する地域。近くに住む男性は「自宅を出ると火の粉が降りかかってきて、不安だった。家は無事だったが、この辺りは独居の高齢者や空き家が多いので、どうなるか心配」と話した。

なんとまあ、これはシンクロニシティなのかと不安になった。ところがこれだけにとどまらない、尾道ではもう一件9月9日に火事があった。news.rcc.jpから引用する。

火事があったのは尾道市長江1丁目の住宅密集地です。
消防によりますと午後1時50分ころ
「2階建ての家から灰色の煙が出ている」と通報がありました。
消防車18台が消火にあたり
火はおよそ3時間後に消し止められましたが
住宅2棟を全焼、住宅など12棟の一部を焼いたということです。
けが人はいないということです。
警察は「自宅に火をつけた」と通報してきた
鎌倉秀明容疑者を放火の疑いで現行犯逮捕。
調べに対し「火をつけたことに間違いない」と
容疑を認めているということです。

これは一体なんだ、9.11と関係あるのか、と私は呻くだけである。

1月5日、例によって早く会社に着いて、缶コーヒーを飲みながらぼうっとしていると、知り合いからメールをもらった。なんと、渡辺竜王の師匠の所司七段の自宅が全焼して、所司七段自身も火傷したらしい。以下、朝日新聞のウェブから引用する。

4日午後9時40分ごろ、千葉県船橋市八木が谷2丁目の所司和晴さん(55)宅から出火、木造2階建て住宅が全焼した。隣接する住宅とアパートなどにも延焼し、一部が焼けた。県警船橋東署によると、所司さんは顔にやけどを負ったが、命に別条はないという。
署によると、所司さんは母(86)、兄(58)、弟(49)の4人暮らし。出火時は4人とも在宅しており、所司さんの弟も煙を吸って病院に運ばれたが、命に別条はないという。目撃証言などから、同署は室内から出火したとみて調べている。
所司さんは将棋棋士七段で、「永世竜王」を名乗る資格を持つ渡辺明竜王(32)の師匠。戦法を解説した書籍を多数出版していることでも知られる。

私は、年末の糸魚川の大火事の印象が強かったので、一瞬、時空を超えて風に煽られて火の子が糸魚川から所司七段の自宅に飛び火したような錯覚を感じた。もちろん、そんなことがありえるわけがない。

しかし、もっとありえないのは、弟子の因果が師匠に報いたという解釈である。というのはいまネットでは、三浦事件の帰趨に関して、渡辺明竜王に対するバッシングが喧しい。2chでは、「弟子が社会的に炎上して師匠が物理的に炎上する」みたいに書かれたりしているけど、それは流石に言い過ぎ。

ただ、86歳の母がいて、息子三人が同居、というパターンは結構珍しい。普通は少なくとも一人は結婚して別のところに所帯もっているはず。なのでいろいろ憶測はあるが、特にそれも書かないでおく。

ところで、渡辺明竜王は、火傷で入院した師匠を見舞っただろうか。そうなら、師弟でどんな会話があったのだろうか。「師匠、災難でしたね。」「ああ、でも渡辺君も別の意味で大変だよな。」「いえ僕は後悔してませんから。」「・・・・。」みたいな感じだろうか。

あと、1月5日の銀河戦の高野六段と島本五段の将棋をみていたら解説が所司七段だった。銀河戦は当然に何週間も前に先撮りなので問題ないのだが、なんとなく違和感が募る。

ともかく将棋界にとって多難な年になることを示唆するような事件だった。

2016年5月にQoLミニマムに書いた冨田真由さんに対するストーカーによる刺傷事件であるが、警視庁が、冨田さんからの事前相談に対する不適切だったことを認めたという。以下、読売新聞のウェブ記事から引用する。

東京都小金井市で5月21日、タレントで大学生の冨田真由さん(21)がファンの男に刺された事件で、警視庁は16日、事件前の相談対応に関する検証結果を公表した。
「殺されるかもしれないとの恐怖心から相談に訪れた被害者の思いをくみ取れなかった」と対応が不適切だったことを認め、保護対策を徹底するなどの再発防止策を示した。冨田さんは弁護士を通じて、「危険性がないと判断されたのは今でも理解できない」とする同日付の手記を公表した。
同庁の発表によると、冨田さんは5月9日、知人と2人で同庁武蔵野署に相談に訪れた。冨田さんは署員に岩埼友宏被告(28)(殺人未遂罪などで起訴)の名前を伝え、「ツイッターへの執拗な書き込みをやめさせてほしい」と相談。書き込みを印刷した計約140枚の資料を提出した。

この警視庁の回答には一応の誠意を感じるが、ただ私の感想は複雑である。それは、冨田真由さんの側にも油断があったのではとかそういう意味では全くない。純粋にセキュリティ的懸念である。

例えば、警察が誠意をみせて、事件が起きたライブ会場に警備に来たとしよう。すると、警察がいるのを察知して、岩埼被告はその場は諦めて、次の機会を狙うかもしれない。あるいは、冨田さんの申し出に応答して警察が岩埼被告に任意同行を求めたとしても、ツイッターへの執拗な書き込みだけでは拘束できない。

こうして冨田さんはいつ襲われるか、ずっと見えない恐怖に怯えなくてはならない。これを完全に防ぐには、要人警護並みのガードが必要で、いろいろな意味で一個人にはそれは無理である。

私はたまたま趣味で沢山警察小説を読んできたが、そこから学んだことによると、重大事件に決定的な役割を果たす可能性があり、しかも身辺に危険が迫っている人物でないと、なかなか24時間体制で警察に警護してもらえないと思われる。

すなわち、なにか具体的に傷害などの事件を起こさないとストーカーを逮捕できないのだとすると、実に難しい。

それとも、ツイッターへの書き込みを基に、刑法234条の威力業務妨害罪が適用できるだろうか。このあたり遺憾ながら私は不勉強でわからない。

ところで、読売新聞の記事によると、冨田さんは一時意識不明だったが、9月に退院し、現在はリハビリ中だが、顔や腕などに傷跡が残り、視野狭窄やPTSDなどの症状があるという。失ったものはあまりにも大きい。なんとか復帰してほしいものである。

7年前島根で起きた女子大生死体遺棄事件について私は、自分のブログで、以下のように詳しく言及してきた。

ところが、この事件が今頃になって意外な展開をみせた。毎日新聞の記事を引用する。

2009年10月、島根県立大1年生だった平岡都さん(当時19歳)が同県浜田市で行方不明になり、11月に広島県北広島町の山中で遺体が見つかった事件で、平岡さんの遺体発見直後に交通事故で死亡した山口県下関市の当時30代の男の関係先から行方不明になった後の平岡さんの画像が見つかったことが、捜査関係者の話でわかった。島根・広島県警の合同捜査本部は20日午前、男を容疑者死亡のまま、殺人容疑で松江地検に書類送検する方針。
捜査関係者によると、男は当時、浜田市に隣接する島根県益田市に仕事のため1人で暮らしていたという。男は平岡さんが遺体で発見された2日後に、山口県内の高速道路で普通車を運転し、ガードレールにぶつかる単独事故で、車両が炎上。同乗していた当時50代の母親とともに死亡した。

すると要するに、平岡都さんを殺害した容疑のある男が、事件が発覚した直後に、高速道路で自損事故を起こし、同乗していた母親とともに死亡したというのか。それで直ちに、これで一応解決だと思えないのは、文字どうり私が推理小説の読み過ぎだからなのだろうか。そこで素朴な疑問を記してみる。

  1. そもそも、容疑者が亡くなって7年も経過して、どうして、またどういう経緯で今頃ひょっこりと、その男の関係先から行方不明になった後の平岡さんの画像が見つかったのか。これに関しては、読売新聞の朝刊をみると、捜査本部が容疑者の遺品のデジカメから平岡さんを写した画像データが見つかったのだという。そしてそれが屋内で、その背景が当時容疑者が住んでいた島根県益田市の自宅だったという。しかしどうして7年もたってから、という疑問は残る。
  2. どうして、その男が容疑者だと断定できるのか。真犯人が、その容疑者の仕業にみせるため、容疑者の持ち物に平岡さんの画像を潜ませたことをどうやって否定するのか。これは流石に上記読売新聞の記事の内容から納得することになるか。
  3. 容疑者は女性虐待の犯罪歴があるのか。近所の評判はどうか。
  4. 容疑者が島根県益田市から山口県に帰る帰路はどうなっているのか。
  5. これは単独犯なのか。

ともかく、あまりにも展開が推理小説的で、私にはどうしても、その容疑者が、身代わりの犯人としか思えない。そもそも、あのような事件を起こした直後に、のうのうと母親とドライブするという心理が分らない。普通なら、しばらくどこかに潜むのではないか。猟奇犯罪捜査班の野比先生こと中島保に意見を聞きたいところである。

言うまでもないかもしれないが、私のブログの最大の読者は私自身なのであって、ときどき数年前の記事も読み返して懐かしがったりしている。

そのため私は、ブログに書く日付を可能な限り、昨日とか明後日とか相対指定しないで、20XX年X月X日のように絶対指定している。ただ、流石に年は分かるので、月と日だけにすることも多い。

そしてそれは、10月12日(水)の午後9時くらいだった。カラオケバトルを観ていたのだが、パソコンにWindows Updateをかけていたので、その進捗を確認しにパソコンのところに行ってみると、携帯にメールが来ていてた。確認すると、棋友からのもので、「三浦がスマホ利用疑惑で12月末まで対局停止。竜王戦挑戦権剥奪。」とあった。

私は、これに対して、いくらなんでもありえないと思い、「えっ、陰謀では」と返事した。

そもそも、確かにコンピュータ将棋は最近人間より強いと喧伝されているが、プロ棋士は基本的にコンピュータに対してカンニングなんかしないはずである。なぜなら、もしばれたら立ち上がれないくらい打撃を受けるし、そもそも断片的にコンピュータのアドバイスを仰いだからといって、そんなに局面を好転させられるわけがない。

一方、おかしいのは、三浦九段が疑惑に関して面談を受けたのに対して、三浦九段は単に自分はやっていない、無実であるとだけ言えばいいのに、そんな疑いを受けて将棋は指せないので休場する、と応じてしまったことである。

もっとおかしいのは、それに対して次の日に将棋連盟は、休場といっておきながら休場届を出さなかったので、直ちに、12月末まで対局停止、竜王戦挑戦権剥奪を宣言してしまったことである。

そんな拙速な対応はあまりにもおかしい。私は外資系の会社で管理職をしていたとき、問題社員が部下にいたりした。しかし、問題と思っても直ちに、お前おかしいだろう、白状しろ、なんて言えるものではない。地道に事前調査して、ある程度納得がいくような、かりに裁判に持ち込まれても、なんとかなる程度の証拠をきちんと集めて、それが揃ってから、本人と面談して、様子を聞く。そうしないと、パワハラで逆に訴えられかねない。

将棋連盟は、そのような悠長なことをしていたら、あと一週間後に竜王戦第1局が始まってしまう、と懸念したのだろうか。だとしても、根拠もなく相手を責めてはいけない。しかも相手の三浦九段は、A級である。

そもそもが、対局中に頻繁に席を立ったことで三浦九段がスマホ・カンニング疑惑に晒されたというが、棋士はもともとべたっと盤前にへばりついていることはありえず、特に相手が長考している間に別の対局を眺めたり、控室に行ったりするのは普通である。その控室では、当該の将棋を検討したりしていて、対局者が控室をたまたま訪れると、盤面を崩したりする。

また、ある局面でスマホの将棋アプリを使うことがそんな足しになるものだろうか。一旦将棋アプリ推奨の手を選んだら、その後も将棋アプリの読みを踏襲しなくてはならないが、流石に対局中にスマホの将棋アプリをずっと眺めているわけにはいかず、どうなんだろう。

三浦九段は、「全くのぬれぎぬで不正行為は行っていません」とコメントしているし、弁護士にも相談しているという。もし三浦九段が法的手段に訴えると、将棋連盟は対抗できないのではないか。しかし、法的手段を採ると、いよいよ将棋界で三浦九段は孤立し、村八分状態になるかも。

なんにしても将棋連盟の対応はまずい。きちんと識者に相談した結果とはとても思えない。どう収拾をつけるのだろう。

追加の情報をみると、三浦九段は、五人の棋士から疑われているという。8月以降対局したのは、畠山鎮七段、丸山九段、稲葉八段、佐藤康光九段、佐藤秀司七段、渡辺明竜王であるが、まさかこの中の五人なのか。あと、橋本崇載八段は、三浦九段は完全にクロみたいに言っている。いよいよ分からなくなってきたので、様子をみることにする。

あと、私は読売新聞を購読しているのだが、本来は今日から丸山対三浦の竜王戦挑戦決定戦第2局が掲載だったはずなのに唐突に、竜王戦6組の田丸九段対近藤四段の棋譜に切り替わった。週末から始まることを楽しみにしていた竜王戦の挑戦者も、既報のように丸山九段に差し替えられた。竜王戦を観る気がしなくなったのは私だけだろうか。そして、♪誰のせいでもありしゃしない、みんな三浦が悪いのさ♪なのだろうか。どうしてもそうとは思えないのだが。

7月26日、仕事から帰ってみると、家内が、相模原で大変な事件があった、という。えっ、大変な事件って、とネットで検索すると、以下のニュースがヒットした。

相模原市緑区の「津久井やまゆり園」で多くの人が刺された事件で、同市消防局は26日、午前8時半現在で19人の死亡を確認したと明らかにした。40~60代の男性9人と10~70代の女性10人。施設で医師が確認したという。

私は会社の昼休み、大抵ウェブをチェックしているので、そんな大事件があったら普通は気づくのであるが、その日に限って、仕事で普段あまり使っていないシステムを使う必要が出てきて、焦って昼休みもずっとそのシステムのマニュアルを読んでいたので、とうとうこの事件に気付かなかった。

他の記事もみると、容疑者の植松聖という男は、大麻の薬物反応があったり、元この施設の職員だったり、ツイッターで怪しい書き込みをしたり、今年2月に衆院議長公邸に殺害予告の手紙を持参したりと、やることがいちいち芝居じみている。

なんか、フランスやドイツのテロとも呼応しているような気がするが、流石にそんなことはないだろう。

私は長年相模原市に住んでいて、今まで身の危険を感じたことはないが、オウム真理教の菊池直子が潜伏していたのは相模原市緑区だし、少し前に母親が殺されて子供が行方不明になった事件もあったし、先日美容師がアパートで亡くなっていたのも相模原市であるから、どうみても人口比に比べて事件が決して少ないとはいえない。

ところで、今まで会社関係の飲み会などで、どこに住んでいますかと聞かれて相模原市ですと答えて、一度たりとも、お世辞にも、ああいいところですね、と言ってもらったことがない。

しかし私は相模原市は意外に気に入っているのであって、それは、ここにもともと、陸軍士官学校があったからである。私は決してミリオタではないが、座間神社にときどき参拝に行くと、戦時中の兵士たち気持ちの残存を感じて、つい身が引き締まるような気がする。

とはいえ、ほとんど歓楽街もない相模原でどうしてこんなに事件が多いのか不思議である。せめて隣近所の人と連絡を取り合って、防犯体制を維持するよりない。

今週のTIME

user-pic
0

私は、決してTIMEの熱心な読者ではないが、今週のTIMEは楽しみだった。なぜなら先週、フランスのニースにおけるテロと、トルコのクーデターという事件があったからである。

ただ、トルコのクーデターは流石に締切の関係でカバーできないかと思ったが、ニースのテロは当然記事になっていると信じて疑わなかった。日本の新聞がカバーしてないディテールが解説されることを期待した。ところがである、今週のTIMEをみても、テロやクーデターの記事は一切なく、間の抜けたような、大統領候補のトランプの記事がメインだったりする。

トランプ候補の記事が間が抜けているのは、本当にマンネリのようなトランプの陳腐な発言が並べられているだけだからである。あと付け加えると、次期大統領はヒラリーで決まっているのであり、要するにトランプは当て馬というか、トリックスターであるに過ぎない。だからああやって過激な発言を繰り返すのである。将棋でいえば、単にこけおどしの勝負手であり、みっともなくて見ていられない。

TIMEに戻って、あくまでも私が確認した範囲なのだが、トルコ空港でのテロも、ダッカのレストランで日本人を含む多くの人がイスラム過激派に殺されたテロも、確かきちんとした記事にされなかった。どうみてもTIMEでカバーするに値する事件だと思うのだが、どうなんだろう。

もっというと、先月米国のフロリダ州で銃乱射事件があり、49人が亡くなった。それに関してTIMEは流石に米国国内の事件なので、ある程度の紙面を使ってカバーしていたが、長年のTIMEの読者である私がおかしいと思ったのは、亡くなった48人の犠牲者(一人だけ写真がなかった)の写真が変に整然と、名前とともに掲載されていたのだが、流血のシーンの写真が一切なく、臨場感も緊張感もまるでない記事だったからである。ちなみに私は残虐シーンは嫌いというか怖いが、そういうのを全く欠く殺人事件の記事は、絵空事感を漂わせる。

そういう疑問をもっていたら、ネットで記事を検索するうちに、フロリダ州の銃乱射事件は実はやらせで、クライシスアクターと言われる人達が出演していたのだという誰かのブログ記事を発見して、いくら私がトンデモが好きでもそれはないのでは、と絶句してしまった。しかし、臨場感も緊張感もまるでないTIMEの記事は、それを完全否定できない雰囲気を感じさせる。

しかも、去年のフランスのテロもクライシスアクターが出演する、やらせだったという記事も発見して、私は何を信じていいのか分からなくなった。

ただ、歴史をみても、別の国に攻め込むきっかけを作るために、自国内でテロを仕掛け、それを別の国から来たテロリストのせいにするというのは常套手段である。9.11もそれに近い雰囲気がある。

そして、TIMEという雑誌は、米国政府ご用達っぽい雰囲気を漂わせていて、だからニューズウィークの方がいいのだという話も誰かに聞いたことがあるのだが、それにしても、外国のメジャーなテロ事件を無視あるいは軽視したような紙面づくりはいかがなものか、とやはり疑問をもってしまう。

ともかく世界は操作可能であり、可能であるところ、操作は猖獗するのだった。

バス事故

user-pic
0

昨日は、所用で休暇をとった。すると、朝特に早く起きる必要はないのだが、よほど疲れていないかぎり、習慣的に朝5時には起きてしまう。

それで、Niftyのウェブメーラーをみようとしたところ、バス事故の速報があった。ん?と思ったのは、二人死亡とあったからである。ところが、しばらくして心肺停止11人とあり、心肺停止というのはかなりの確率で亡くなるので、これは大事故だと、テレビのニュースを確認した。以下、今朝の読売新聞のウェブ記事を一部引用してみる。

長野県軽井沢町の国道18号バイパスで15日未明、大学生らのスキー客を乗せたバスが道路脇に転落した。運転手と交代要員を含む計14人が死亡し、26人が重軽傷を負った。
現場は緩やかな左カーブの下り坂で、積雪や路面の凍結はなかったという。事故の起きやすい条件ではなかったにもかかわらず、バスは対向車線にはみ出し、ガードレールを押し倒して転落した。
運転手に何があったのか。「運転が荒い」と感じた乗客もいる。崖下と道路の高低差は3メートルだが、被害は甚大だった。シートベルトの着用が乗客に徹底されていなかった可能性もある。
長野県警は捜査本部を設置し、東京のバス運行会社を捜索した。国土交通省も特別監査に乗り出した。運転手が死亡したことで、原因究明は難航も予想されるが、発生時の状況の解明が不可欠だ。
 - 中略 -
事故が発生したのは、一般道だ。行程表上、この区間は高速道を通行するはずだった。なぜルートを変更したのか。疑問点を明らかにすることで、原因に迫りたい。

事故原因は、警察の調査を待つよりないので、この段階で軽々しいことをいうべきではないのかもしれないが、失敗体験で述べたようなヘボな体験をした私は、上記の記事をみて、なんとなく思い当たるふしがある。

まず、高速道を通行するはずだったのに一般道を走っていたことだが、おそらく運転手は、疲労か病気によりぼうっとしていて、高速を降りるインターを間違えて早目に一般道に降りてしまったのではないか。運転が下手で地図が読めない私は、高速道路から一般道に降りるインターを間違えた回数は、かなり多い。練達のバスの運転手といえども体調が悪いと疑似的に運転初心者のように振る舞ってしまうことはありえる。

そして間違えてインターを降りてしまうと、当然に焦る。しまった、と思って頭に血が上り、動転する。バスの運転手だと、予定時間に間に合わなくなるので、必死で遅れを取り戻そうとするだろう。

すると、ついアクセルを強く踏んでしまう。そしてカーブを曲がりきれず、バスが左側のガードレールに当たる。その反動でバスは右に蛇行する。すると運転手は本能的にブレーキを踏むが、急ブレーキはむしろ、バスをスピンさせてしまい、右側のガードレールを突き破って、バスが転落してしまった。

以上が私の推理であるが、運転が下手な私は、山道で、急ブレーキを踏んで車をスピンさせてしまったこともある。たまたま他の車が来ていなかったからよかったものの、一歩間違えると大変なことになるところだった。なので、上記の推理はかなり私の実体験に基づく。

新聞記事によると、バス運行会社のイーエスピーは、事故の2日前、運転手10人が健康診断を受診していなかった事実が発覚したため、国交省の行政処分を受けていたという。すると、管理体制に問題があったと強く推定される。なお、イーエスピーのウェブページは、この記事を書いている時点でアクセスできなくなっている。アクセスが集中しすぎたのだろうか。

そういえば、今思い出したのだが、日本酒という記事で書いたように、関越道でバスの運転手の居眠により、バスが防音壁に衝突し、乗客7人が死亡するという大事故に対して、日本酒で二日酔いの私は、意識がシンクロナイズしたのだった。しかし今回の事故ではシンクロニシティの胸騒ぎはなかった。きっと、二日酔いでなかったからだろう。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち事件カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはスポーツです。

次のカテゴリは企業です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。