日常の最近のブログ記事

mp3プレーヤーに書いたように、私は一昨年の12月に、mp3プレーヤーを買って、今までそんなに不満なく使ってきた。

でも、たまたま他の買い物でヨドバシカメラに行ったとき、mp3プレーヤーの別の機種をみてみようとパソコン売り場に行ってみたら、いくら探してもない。確かにそれはパソコン売り場にあったはずである。そこで店員に聞いてみたら、それは一つ上のオーディオ売り場だという。へぇ、そっちへ移動したんだと思った。

行ってみると、ディジタルオーディオプレーヤーのコーナーには、ソニーのウォークマンだのアップルの製品だのひしめいているが、私が目指すローエンドの製品がみつからない。で、よく探したら、目指す製品があった。一昨年の12月に買ったmp3プレーヤーと同じメーカーのグリーンハウスのものである。改めてその機種を示すと、GH-KANADB8 L001/1624である。

最初は、今のmp3プレーヤーでもそれなりに使えているので、見るだけにしようと思ったのだが、GH-KANART8-BK L534/1752という製品が、値段が3500円程度で、矩形の薄型の筐体で、内臓メモリは8GBであるものの、microSD/microSDHCで32GBまで外部メモリとして拡張できるというので、これを買うことにした。microSDHCは32GBだと7000円以上もするので、3500円程度のサンディスクの16GBを買った。

そこで私が早速行ったことは、GH-KANADB8に入っているのと同じファイルをGH-KANART8-BKにコピーすることである。そのファイルは私が使っているLenovoパソコンのHDDに格納されているので、コピーツールであるBUNBACKUPでGH-KANART8-BKにコピーした。

コピーをしてもそれで終わりではなく、GH-KANART8-BKのディスプレイになにやら調整中のメッセージが出る。音楽ファイルをインデックスしているらしい。そしてインデックスが終わると、ディスプレイにメニューが出るが、そこには以下がリストされている。

  • 再生中
    ここでは、直近まで聞いていた曲が続けて聴ける。
  • すべての曲
    ここでは、すべての曲がリストされるが、順序など不明で、あまり曲を聴くのにふさわしくない。
  • アーティスト
    ここでは、アーティスト毎に曲がリストされるが、取り込んだ音楽ファイルにきちんとアーティストが付いていないとリストされないので、限定的な使い方である。
  • アルバム
    ここでは、アルバム毎に曲がリストされるが、取り込んだ音楽ファイルにきちんとアルバム名が付いていないとリストされないので、限定的な使い方である。
  • ジャンル
    これは、Rock、Classicなどのジャンル分けがされるのが、どういう基準でジャンル分けされているか不明で、あまり意味がない。
  • プレイリスト
    プレイリストは5つあり、その各々に気に入った曲をいくつでもリストできる。この機能は重宝する。
  • メモリー選択再生
    これは、フォルダを開いていって、直接聴く方法である。GH-KANADB8と同じインターフェースである。
  • 録音ファイル再生

GH-KANART8-BKは、音楽ファイルだけでなく、写真、動画も再生できる。基本的に音楽ファイルは内臓メモリのMUSICフォルダに、写真はPICTUREフォルダに、動画はVIDEOフォルダにコピーする。ただ、私は音楽ファイル以外使用する予定はない。

さて、microSDHCの外部メモリであるが、そこにファイルをコピーしてもインデクシングの対象外であることが分かった。なので、外部メモリにコピーしたファイルは、メモリー選択再生で聴くことになるのだが、それでも、気に入った曲はプレイリストに入れればよいので、特に困らない。

あと、GH-KANART8-BKは、GH-KANADB8と違って充電方式である。3時間で充電完了、12時間保つというので、そんなに悪くない。

結局、GH-KANART8-BKの表示メニューのインターフェースがいいので、GH-KANADB8には二軍に落ちてもらうことにした。

こんなインターフェースなんて、iPodとか使っている人には時代遅れなのだろうが、極めてナイーブなディジタル田舎者には、この程度でもうれしいのだった。

新聞を眺めていて、シダックスがカラオケ事業から撤退するというので、なんと、と焦った。

以下、日経の記事から引用する。

カラオケ業界に再編の波が押し寄せている。シダックスが30日、「カラオケ館」のブランドでカラオケボックスを展開するB&V(東京・新宿)に事業を売却すると発表した。ボックスをひとりで利用する「ひとりカラオケ」などが増え、客単価が下落したことが業績に影響している。

私がこの記事に焦る理由は、自宅の近くにあって、ときどき行くカラオケがシダックスだからである。それであそこが閉鎖になると、まあ他のカラオケももちろんあるが、ちょっと余計に歩かなくてはならないので嫌だなと思った。それにしても、「ひとりカラオケ」などが増え、客単価が下落した、という件には私は苦笑するよりない。なぜなら、私がまさにそういう客だからである。なにしろ安く抑えるため、必須のドリンク以外一切注文しないでひたすら歌いまくる。まさにほとんど売り上げに貢献しない、計算の誤差項のような客である。

実は上記記事を読んだ6月1日(金)はたまたま会社を休暇にしたので、様子をみるため自宅近くのいきつけのシダックスに行ってみた。すると、特になにも目立った変化はなかったが、気のせいか、いつもより閑古鳥が鳴いているような気もした。すなわち、いつもは一階の部屋が一杯で二階の部屋に案内されるのだが、その日は案内された一階さえがらがらで、あまり他のお客に会わなかった。

で、私はシダックスの経営状態に関係なく頑張って歌おうと思ったのだが、酔っぱらっているわけでもないのに、どうも声がでない。昔はこんなことはなかったので、老化現象と思うしかない。それでも、声を慣らすために30分くらい前川清とか八代亜紀などの演歌を歌っていたら、少し勘が戻ってきた。それにしても、つい前川清の隠れた名曲「海鳴り」を歌っていたら、シダックスの栄枯盛衰に思いを馳せて、少し涙ぐんできた。で、少しでもシダックスの売り上げに貢献しようとなにか注文しようとおもいつつ、なんか躊躇われて、やはり結局何も注文しないで、2時間歌いきって、年齢割引プラスJAF割引で、たかだか800円程度だった。

after all, なんともしみったれた客なのであった。

世間では糖質ダイエットが流行っているようであるが、それってどうよ、と私はつい思う。なぜなら、脳の思考のエネルギー源は糖分であり、糖質ダイエットって、体は大事だが、思考力は大事でないというメッセージなのか、とつい皮肉なことを考えてしまう。

それで、よくも悪くも思考を巡らすことでしか自分の力を発揮するすべがない私は、頭を使わなくてはならない場面では、多少糖分を敢えて摂ることにした。具体的には、カカオリッチなチョコレートだったりする。

それで、会社勤務のときの私の昼食は、会社の近くのローソン100で、ペット茶と、スポーツドリンクと、調理パンと、おにぎりを買うというのが日課になっているが、そこにチョコレートをときどき加えることにした。

それで、ローソン100のVLブランドのカカオリッチな板チョコを買おうとしたら、その隣に、クーベルチュールチョコレートというのが目についた。VLブランドのカカオリッチな板チョコはカカオ70%だが、クーベルチュールチョコレートはカカオ80%なのがよい。そもそも、クーベルチュールって、なにかのフランス語なのだろう。意味は知らないけど、なんかかっこいい。

それで、クーベルチュールチョコレートを買って、仕事の合間に食べることにした。すると、味が濃厚で、カカオも際立っていて、仕事中に食べていたら、病み付きになって一日で、一気に全部食べてしまった。ううん、流石にカロリー過多か。

しかし気になるのは、手にべたつくことだった。それで、ウェブでちょっと検索してみたら、クーベルチュールチョコレートというのはもともと、融かしてお菓子の装飾に使うものらしい。

へえ、そうなの、でもクーベルチュールチョコレートは普通に板チョコがあった場所に配置されていたのに。

改めてクーベルチュールチョコレートを調べてみると、それはフランス語ではcouvertureという綴りで、カバー(覆い)という意味らしい。脂肪分が多く、融けやすいという特徴がある。もともと製菓用だが、そのまま食べてもおいしい。まあチョコレートというのもなかなか奥が深い、と思った次第である。

ところで、バレンタインデーに女性が、好きな人のために、チョコを買ってきて融かして鋳型に流し込んで固めたものをつくり、プレゼントするということがあるが(私は、そういう手作りのものをもらった記憶がない)、確かチョコを融かして固めることを、テンパリングというらしい。それってなに、麻雀?と思ってしまう私は、そんなだから女性から手作りチョコがもらえないのだった。

落穂拾い

user-pic
0

人間は、生きているといろいろなことをどんどん忘れる。それは多分必要なことなのだが、思い出さないと困ることもある。例えば、算数の筆算とか、漢字の書き取りとか。

算数の筆算なんて電卓や表計算ソフトを使えばいいし、漢字の書き取りなんて仮名漢字変換ソフトがあるので不要である、というのは確かに日常のビジネス・シーンではそうかもしれないが、あまりにそれらに頼りすぎると、確実に知能の基礎力が低下する。

例えば、三桁同士の掛け算の筆算なんて小学生で習うが、しばらくブランクがあると、実際にやろうとすると確実にとまどう。根っから秀才の人はそんなことはないのかもしれないが、少なくとも私はそうである。また、ちょっとした漢字が書けないということは、パソコンやスマホの仮名漢字変換ソフトが普通になってから、多くの人が経験しているだろう。

そういうのを放置していても死に至る病になることはないので、平気と考えるかどうかは人生観であろう。私はやや強迫神経症的にそういうのはまずいと思う方なので、最近では通勤鞄に、何冊かのノートと、ポケットタイプの辞書を入れるようにしている。辞書は以前は国語辞典のみだったが、最近は、ハンディな英和・和英辞典を買い込み、戦力を強化した。これで英語の読み書きにも対応できる。どちらも三省堂のデイリーコンサイスで、昔からかなり重宝している。

私はあまり語彙が豊富でないせいか、ちょっとしたミステリー小説を読んでいても知らない単語に出会うことがある。すると私は、折角のストーリーの流れを中断させてまでも辞書を引く。意味を調べると同時に、書けない漢字である場合、ノートに書き取り練習したりする。以前はそんなことしたら小説を読む気がなくなったものだが、最近は頭の退避用レジスタを強化したので、そこまで読んでいた状況をレジスタに退避しておき、タスクスイッチから、もとのタスクに戻りやすくなった。

これが英語になるとかなり面倒である。すなわち、TIMEを読んでいて、知らない単語に出会う頻度は日本語の小説の比ではない。それで以前は、辞書を引かず、こんな意味だろうと類推して読み進めていたが、そのまま読み進めているとなにかのずれが溜まってきて、ある段階で読解が破たんしてしまう。すると英語を読むこと自体が嫌になるので、面倒でも辞書を随時引くことの必要性は日本語の文章より大きい。

ところで、私は中学の頃から英語の単語の覚え方は、その単語を使って文章を作ってみることだった。能率はよくないかもしれないが、そのやり方を続けたおかげで、英作文力にはある程度自信がついた。それは外資系いってからも、仕事に大変役立った。米国出張に行ったときに、ある英国人に、君の英会話はひどいが、文章は自分が知っているフランス人よりましだ、と言ってもらえたときは嬉しかった。最近は仕事で英語を書くことがなくなったが、2年ぶりに中国の知り合いから英語のメールをもらったとき、ちょっと冷や汗書きながらなんとか返事が書けたので、英作文のスキルも練習しなくてはと思う。

こういう一連の能力回復の努力を私は、落穂拾いと呼ぶ。しかし、それはもともとの意味より広いのであって、落穂拾いというのはもともとあった落ちた葉を拾うことたが、そうでなくてもともとあった葉でなくても拾ってもいいわけで、すなわち、忘れてしまった既知と、最初からの未知を区別しない。要するに、なけなしの学歴や経験なんかにあまり価値を置かず、スタートオーバーするのであった。

綾なし美人

user-pic
0

「綾なし」という言い方は、世間一般、ほとんど使わない。私は将棋仲間とはよく使う。そして、そこにたまたま居合わせた非関係者も、「綾なし」の意味を瞬時に察知する。すなわち、「綾なし」とは絶望的にどうしようもない、という意味である。将棋で綾なしというのは、まず勝ち目がないということである。

それはヤバいという形容詞と似ているかもしれない。ところが、ヤバいという形容詞はいつの間にか、肯定的な意味にも使われるようになった。それであるとき、私が場末の酒場に知り合いといったとき、アルバイトの若い女性がいた。えっ、美人じゃんと思ったが、私はシャイなので黙っていた。ところがある程度酔ってくると私は、その女性に、君ヤバいよね、とささやいた。すると、女性はものすごく照れて絶句した。私のいう意味を正しく理解してくれたようで安堵した。

英語でも、すばらしいということをterrificというが、これももともとはネガティブな意味ではなかったろうか。しかし、ネガティブな意味は次第にterribleが担うようになったので、次第にterrificにネガティブなニュアンスはなくなったのではないだろうか。

そこで私は、「綾なし」にもポジティブな意味を付与するようにした。去年、NHKの大河ドラマの「女城主直虎」を観ていたとき、なんだこの綾なしの女性は、と驚いたのは、瀬名役の女性で、調べてみたら菜々緒という女優だった。なんか美人度が卓越していて、周囲を圧倒するはずが、その悲劇的な運命とあいまって、嫌がおうでも脇に追いやられてしまう。これこそが綾なし美人の美学である。

またあるとき、私は通勤の中央線の電車の中で、幻惑されそうな錯覚を覚えた。それは電車内映像で放送されていた河北麻友子で、ううん、ここにも綾なし美人がいたか、長生きしてよかった、と嘆息した。でもなぜか綾なし美人はなかなかブレークしない。ある意味完璧すきるのだろう。

さらにである、ぶらぶら美術館というテレビ番組を観ていたとき、あれっと思った。それは、レギュラーでやたら美人の女性がいるのに妙に影が薄い。調べてみたら高橋マリ子という人だった。ううん、まさにこの人も綾なし美人かと私は遠くを見つめる目になった。

そういえば、綾なし美人のはずなのに、うまく自発的対称性の破れを取り込んだのが、西郷どんの篤姫役の北川景子。なぜか最早綾なし美人ではないが、その分ある種の慣性質量を纏って、ブレークしている。

一方で、最初から綾なし美人でなく一歩引いた美人であるところから出発して成功しているのが、ブラタモリの近江友里恵アナである。折角いいキャラでタモリと合っていると思ったら、もう降りたのだという。残念。似たようなキャラで、Mステの弘中綾香がいる。なんなとなく近江友里恵と似ていて、いかにも親タモリなのであった。ようするに、自発的対称性の破れを経なくても、きちんと存在感を発揮できる。

そういえば、最近ブラタモリを見ていたら、近江友里恵アナの後継は林田理沙アナというで、タモリの相方としては、やや綾なし度が高めだと思った。しかも、東京芸大大学院音楽研究科卒の才媛だという。

でも、綾なし美人ってなに、と自問してみた。私を理解する人は、私の命題を通り抜け、それがただちにナンセンスだと気づく。でも、語りえぬものをつい、語りたくなるんだよね。

今日は急に午前半日休暇を取った。おそらく、午前9時半から10時の間に家を出て出勤することになるのだろう。

私は今の会社に約四年前に転職してから、まだ一度も午前半日休暇を取ったことがない。理由は、午後半日休暇だと、会社を出た瞬間に休暇モードになり解放感があるのに、午前半日休暇だと、家を出た瞬間、あるいは起きた瞬間でさえ勤務モードのような気がするからである。例えば、午後半日休暇だと、会社を出た瞬間に近くの居酒屋でちょっと飲んでもいい訳だが、午前半日休暇だと朝から軽く一杯、というわけにはいかない。まあいくらなんでも私は朝から飲む習慣はないが。これはものの譬えである。

そんな不本意な午前半日休暇を取った理由は次のとおりである。昨日は、私が所属している部門で部内の飲み会があった。なんでこんな時期に飲み会があるのかというと、年度始めでうちの部門に数人、転入者があったので、その歓迎会という趣旨である。

ただ、私は以前から、週末の宴会でないと出ませんと宣言していて、なので今回の飲み会も欠席と伝えていた。ただ、部門長としてはなるべく多くの人に出てほしいと思っていたのだろう。先日トイレで部門長に会ったとき、なんとか出れませんかというので、いえすいません、この歳になると飲み会の次の日、出勤するのはきつくて仕事にならないのですと改めて、断った。部門長は、それなら次の日に午後半日休暇にすればいいではないですかというのだが、いやあと言葉を濁した。上述したような趣旨だからである。

それが急遽飲み会に出席することになったのは、昨日の午後になって、出席予定者の一人が急に体調を崩して、帰宅したからである。幹事である私の上司は、もう人数が確定しているのでここで一人減らすとキャンセル料が発生すると懸念して、部下である私に、なんとかなりませんかと打診してきた。ううん、そういうなら出席しましょうか、でも明日は午前半日休暇にします。という経緯なのだった。

ここだけの話といいつつブログに書くのもどうかと思うが、いま勤務している会社は伝統的な日本企業でその企業風土も立派だと思うのだが、なにしろ、ほとんどの社員が関連の会社からの出向や転籍、あるいは生え抜きだったりして、私のように全く関係ない外資系から入社してきた人は皆無に近い。それで、周囲の人が、同期のなんとか君は今どうしているいか、あいつは何とか研究部門の後輩だとかいう話になると私は全くついていけず、機転を利かして雑談するスキルが低い私は、ポツンと取り残されたような気分になる。

ま、でも外資系にいたときのような意地悪というか、倫理観ゼロのどうしようもない人物はここにはいないのでいいか、会社だからたまには付き合わせて戴くか、あと何年かしたら、義理でも声かけてくれる人はいなくなるし、とかいろいろ考えてみたりするのだった。

ボールペン

user-pic
0

私は、文章を読むことも書くことも好きで、書く方は主としてパソコンのテキスト・エディタであるが、それ以外には電車に乗っていたり、道を歩いているときはノートに思いついたことを書く。

そのときの筆記用具はもっぱらボールペンで、どんなボールペンかは私なりにこだわりがある。すなわち、少し前まではもっぱら、ぺんてるのe-ballを使っていた。なにしろ書き味がなめらかで、インクが詰まりにくい。

しかし、使い古したノートだと、紙質にもよるがe-ballでさえも文字がかすれることがあり、仕方ないので、水性ボールペンのゼブラのSARASA CLIPを使うようにした。すると、とりあえずかすれないで書ける。

ところが、水性ボールペンの場合、洗濯で書いたような問題が起きた。油性ボールペンだと、あの問題はなかったはずである。

あと、水性ボールペンは書き味のなめらかさが足りないことと、インクの消耗が激しいことが問題である。それと、文字が微妙に滲む事がある。それで、また油性ボールペンのトンボのJETSTREAMに回帰した。これはすごくなめらかである。

ところが、粗悪な紙の場合、JETSTREAMでも上滑りすることがあり、それで場合により水性ボールペンも併用している。

そのように私にとってあまりにもボールぺンは必須なので、出かけるときは必ず少なくとも二本、鞄にボールぺンを入れておくようにしている。なのにあるとき、ある会合でボールぺンを鞄に入れ忘れたことがあって、それがあまりにショックで、会合で聞いたことが上の空だった。それで、常に鞄に少なくとも二本のボールペンと、少なくとも一冊のノートを入れておくようにした。どうみても考えすぎであるが。

ともかく、こうして私は死ぬまでボールペンを手放さないだろう。これも書くことに対する愛である。

ダイヤ改正

user-pic
0

私が日常的に利用している小田急線のダイヤが3月17日にダイヤ改正された。大した変更ではあるまいと高をくくって通勤で乗ってみたら、意外に大きな改正で戸惑った。

先ず、私が朝利用する各駅停車の電車は、4分遅くなった。いつもかなり余裕をみた早い時間なので、4分くらいどうってことないが、ちょっと困るのは、鶴川と新百合ヶ丘と登戸、あと成城学園前でかなり待って、急行をやり過ごすようになったことである。

以前のダイヤだと、新百合ヶ丘以外そんなに待ち時間はなかった。で、新宿に着いてみるとなんと、15分近く以前より遅く着いている。まあ、4分遅れなので、11分が正味の遅れである。別に急いでいるわけではなくても、この遅延は到底ハッピーではない。これはまあ、車内で余分に本が読めると思うことにするしかない。

一方復路も、かなりダイヤ変更になっていて、どの急行に乗って帰ったらいいのかやはり戸惑った。以前は18時8分発の相模大野行きというのにいつも乗っていて、それは相模大野から全車両、各停本厚木行きになるので、乗りかえなくて済む。ところが、少なくとも通勤時間帯に最早相模大野行き+各停本厚木行きというのはなくなって、快速急行または急行となる。比較的以前の時間に近いのは、18時9分発の小田原行きである。ただ、それは新百合ヶ丘で各停本厚木行きに乗りかえなくてはならないので、どうしても時間のロスが大きい。

ざっと測ってみると、以前の18時8分発の相模大野行きよりも5分程度帰りが遅れてしまう。

それと、新しい変更として、新宿発の快速急行が登戸に着くようになった。それやこれやで分かったことは、今回のダイヤ変更は快速急行や急行をより合理的に走らせるためのものであって、そのために各駅停車の電車が完全に割りをくっているということである。

しかし、考えたらわかるように、各駅停車しか止まらない駅の数は、急行が停まる駅よりもはるかに数が多いのであって、すなわち各駅停車を利用するユーザーの方が急行が止まる駅が最寄りのユーザーより多いということになって、すると小田急はマジョリティを冷遇していることにならないのだろうか。

一方で、実は新宿から遠い、急行が停まらない駅の乗客は大抵早々に急行に乗りかえるのであって、座れるからと延々と各停のまま新宿に行く乗客が真にマイナーなのであった。結局私は、サイレント・マジョリティならぬ、サイレント・マイノリティで、静かに耐えばいいのであった。

若者言葉

user-pic
0

私は昔から言語一般に興味があって、若者言葉も耳に入ったり、何かで読んだりしたら、試しに使ってみるのだが、どうも理解があやふやのようで、語法が変で若者に引かれたりする。それでも懲りずに使うのだが、読売新聞に、最近の若者言葉に関する特集記事があったので、簡単にメモしてみる。

すなわち、私の若い頃とは少し違って、SNSなどの文字入力を合理化するために、よく使う言い方は短くするらしい。要するに、エントロピー符号化である。例えば、「あーね」は、「あー、なるほどね」という意味でなんとなく、わかる。

同様のものをリストしてみると、

  • りょ、り:了解
  • とりま:とりあえず、まあ。私はなんか犬の毛を刈ることだと思ってしまう。
  • いつあり:いつもありがとう。私は、えっ、嘘なの?と勘違いしそう。
  • いみふ:意味不明。これは私もときどき使う、もちろん若者相手にだが。
  • ワンチャン:ワンチャンスのこと。なんか、あんまり短縮になっていない。
  • イツメン:いつものメンバー。これって、ラーメン屋にいって、イツメンね、ああ、チャーシューメンね、みたいに使うのかと思ったりする。
  • おこ:怒っている。これはまあ分かる。
  • おけ:OK。これもわかる。つい、カラオケも連想するが。
  • フロリダ:風呂に入るため会話から離脱すること。これは説明してもらわないと分からないだろう。
  • ほかいま:風呂から戻って、ほかほかとただいまの合成。
  • わず:英語の過去形のwasなのだが、テスト勉強わず、というとテスト勉強した、という意味らしい。なんか私は、否定形に理解してしまうのだが。

あと、「それな」というのがあって、確かに、という意味らしい。これもなんとなくわかる。

他には私は、「リア充」という意味が長らく分からなかった。つい「リア王」を想起して、辛く哀しいんだね、と逆のことを考えたこともあった。

もちろん若者言葉はこれに尽きていなくて、しかも日々新たなのが生み出されるので、ついていくのは大変なのだが、関心は持ち続けようと思う。LINEもツイッターもやっていない老人が何言ってんだか。

キッチン・タイマーに書いたように、私は電車での目覚ましにキッチン・タイマーを使うことがあるのだが、一つ問題があった。それは、キッチン・タイマーを鞄に入れておくと、キッチン・タイマーのボタンが圧迫されて、カウントダウンが止まってしまうことがあった。

それで百均に行って最初に思案したのは、タッパーである。確かにキッチン・タイマーをタッパーに入れておくと、圧迫されてもボタンが押されることはない。しかし、タッパーの密閉性により外に音が聞こえにくい。それなら、タッパーに穴をあければいいかと思っていたら、ふとソープ・ケースが目についた。要するにお風呂場に置くプラスチックの石鹸入れである。それで勇躍、ソープ・ケースを買って帰って、キッチン・タイマーを入れてみたら全然サイズが小さくて入らない。がっかりしてソープ・ケースは部屋の隅に放置した。

一方で私は、USBプレーヤーのユーザーで、通勤の電車で音楽を聴くのに利用しているのだが、一つ問題があった。それは、ロックモードにしておくと、スイッチが押されても演奏は始まらないのだが、電源だけ入って、そのまま放置すると電池が消費される。それで、何日もそのままで知らない間に電池が切れてしまう、ということがあった。

それで困って部屋を見回して、放置されているソープ・ケースを発見した。そうだ、これにUSBプレーヤーを入れればいいんだ、と思った。そこでいつもソープ・ケースに入れた状態でUSBプレーヤーを鞄に入れるようにしたら、知らないうちに電源が入ってしまうことがなくなった。めでたしである。たた、人前でソープ・ケースを出して、そこからUSBプレーヤーを取り出すのはいまいち恥ずかしいが、まあ東京には変わった人が沢山いるのでこれくらいは許容範囲であろう。

ともかく、うまくソープ・ケースが活用できたので、今度はきちんとキッチン・タイマーのサイズを測って、相模大野の大型の百均に行って大きめのソープ・ケースを買った。それをもって帰ってキッチン・タイマーを入れてみたところ、ちょっとサイズを間違えたのかぎりぎりだったが、なんとか入ったので安心した。それで上野などの遠方で飲み会があっても平気である。たかがキッチン・タイマーごときで、寝過ごせないで帰宅できるとは思えないのだが、まあ一応の気休めということにしておく。

私が自分でも分からないのは、そのソープ・ケース程度のことを大した工夫だと思い込んでいることである。他の工夫として、朝食のメニューを摂るのに、一品一品時間差でテーブルに運んできて食べるようにしたら、コースみたいで豪華だと感じて、それを家内に自慢したら、完全に呆れられてしまった。こういう素朴すぎる性格も一種の発達障害なのだろうか。

月別 アーカイブ

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち日常カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは数学です。

次のカテゴリは歴史です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。