日常の最近のブログ記事

私は、外資系の日本法人に勤務していたとき、将棋部に所属し、職団戦のチームのレギュラー・メンバーだった。社内の将棋大会で二位になったことは二度あるが、あいにく優勝はなかった。

それでも、会社の将棋部で五人のベスト・メンバーを選ぶと、確実にその中に入る自信はいつもあった。今は減ったが、当時その外資系の日本法人の社員数は25,000人くらいいて、すると私より将棋が強い人というのは、5000人に一人くらいの割合ということになる。

すると、日本の人口を約一億人とすると、私より将棋が強い人は、ざっとの概算で、日本で2万人くらい、ということになる。私は2万人はちょっと多く見積もりすぎで、本当は1万人くらいのような気がする。というのは、職団戦や社団戦のような何千人もアマ強豪が集まる大会でも、冷静にみて私は平均くらいの強さだと思われるからである。

で、最初のステップは、データベースで私より将棋が強いという条件で検索して、結果は1万人だったとする。次に、この集合の中で、私より囲碁が強いという条件で検索することを考えてみる。私の囲碁は、将棋よりもずっとヘボで、せいぜいが弱いアマ三段である。なので、囲碁だけで見たら、私より囲碁が強い人は、どうみても5万人はいそうである。いや、10万人か。それでも、将棋が私より強く、しかも囲碁も私より強いとなると、ぐっと減る。すくなくとも、囲碁に軸足をおいている人は、そんなに将棋をたしなまない。なので、将棋が私より強くて囲碁が私が強い人ってどんな人かというと、ときどき、自分は将棋が五段で囲碁も六段だと自慢するような人がいるが、そういう人なのだろう。そういう人って、私がみるところ、私より将棋が強い1万人中のせいぜい10%、すなわち1000人程度ではないだろうか。

こうして、私は日本で、ある条件で1000人の中に入ることになった。なかなかすごい?

さらに条件をつけよう。それは、私よりもTOEICの点数が高いという条件である。私は基本的に試験嫌いであるが、外資系にいたとき、TOEICの点数が海外出張や昇進の必須要件なので、仕方なく必死で英語を勉強して、なんとか700点を超える点数に漕ぎつけた。900点を超える人がザラにいる外資系ではそんな点ではどうしようもないが、試験嫌いなので、それ以上の努力をする気は毛頭なかった。

最近の若者は、就職に有利だからとTOEICの勉強をして高得点を取る者も少なくないが、そんな人が将棋と囲碁の両方で私より強いという状況は極めて考えにくい。上記1000人の中で、多く見積もって10%としても100人である。すると、日本で100人の中に入るんだぜ、俺ってすごくね?と自慢したくなるが、いや別に全然すごくないのである。

データベース検索的にいうなら、どんな人でも、その人がもつスキルのレベルを複数挙げて、掛け合わせることで、うまくいくと日本で数十人の中に入れる。

特許的にいうと、要するにヒット件数が少ないということを、新規性が高いという。上記の場合、凡庸な(mediocre)スキルを組み合わせて、無理やり新規性を出すことを、組み合わせ新規性という。

例えば、複写機と、パンを焼く機能を組み合わせた装置があったら、これは世間にないので一応組み合わせ的に新規ということになる。でも、特許の審査官からみて、それがなに?組み合わせになんの意味があるの?ということになる。

審査官を説得するためには、組み合わせにどういう相乗効果があるかということを説明しなくてはならない。相乗効果があると認められると、進歩性がある、ということになる。特許出願というのは、組み合わせ新規性の宝庫なので、審査官に対する意見書は、なんとか進歩性を認めてほしいという懇願で溢れている。

私のスキルに戻って、将棋の棋力と、囲碁の棋力と、TOEICの点数の組み合わせで君は何ができるの?と会社の面接で聞かれたら、私は説明に困る。ええと、東京オリンピックでボランティアで、外人に将棋と囲碁を教えます、といったとしても、で、それが我が社の業務に何が関係があるの?とさらに聞かれて、ゲームセットである。

こうして、スキルの相乗効果で意味がある成果を出すのは難しい。そこいくと、京大数理解析研の望月新一教授は凄い。なにしろ、彼が専門の組合せ論的遠アーベル幾何は、世界で理解できる人がほとんどいなくて、それで彼のABC予想の論文も検証されないままなのだという。このように本当に凄い人は、単一のスキルで世界をぶっとばす。なぜか聞こえてくるバックグラウンド・ミュージックは、RADWIMPSの、前前前世だったりする。

我が家は、昔からなにげに健康食品に関心があって、たしかルイボス・ティーが健康にいいと聞いて、ブルックスという通販の会社から購入していたことがあった。

ところがいつの間にか止めてしまったのは、なんとなく飽きてしまったのかもしれない。

ただ、ティーバッグのお茶というのはいまでもいろいろ試していて、最近はオルニチン入りのサンピン茶というのを飲んでいた。すると、オルニチンの作用でなんとなく二日酔いしにくいような気がしていた。

そしたら、テレビ番組でルイボス・ティーが体にいいらしいと聞いて、ルイボス・ティーへの興味が復活し、アマゾンでルイボス・ティーを注文した。なんとも節操がないというか目まぐるしい。

そして着いたら、早速飲み始めた。要するに、ティーバッグのお湯出しである。今まで飲んでいたサンピン茶は、お湯出ししてもそんなに濃い色になるわけではない。ところが、ルイボス・ティーは、ティーバッグに少ししか入っていないのに、お湯出しすると、すごく濃いレンガ色になる。なんか体によさそうである。

ルイボス・ティーはお茶といいつつ、全く苦味がない。カフェインも含まれていないらしい。それで、飲み会から帰った日の夜、ルイボス・ティーを飲み、朝起きてもルイボス・ティーを何杯か飲んだ。その日は土曜日だったのだが、トイレに何度も行き、その都度、お通じがあった。決して下痢ではないが、なんか宿便が出る感じで多量に排出した。

そしてはっと気づくと、口の中の歯茎の腫れが直っていた。ここ数日、なかなか治らないで軟膏を塗っても進展がなかったのに、である。どうやらルイボス・ティーは、デトックス効果があるらしい。

それで、ルイボス・ティーにポジティブな印象をもち、出勤する日の朝にも二杯くらい飲んだ。するとお腹は快調で、例によって電車で本を読んでいた。すると、なんか気分の中で、晴天の一隅に黒い雲が現われたような気がした。それは別に気にならなかったのだが、黒い雲は次第に広がり、はっと気づくとお腹の中が曇天になっていた。いかん、一雨きそうである。

私は途中下車して、駅のトイレに駆け込んだ。毎朝、各駅停車に乗るのは、必ず座れるということと、直ぐに降りて駅のトイレに行けるという両方のメリットがある。各駅停車しか停まらないようなマイナーな駅はトイレがあまり混んでいないので、大の方でも待たずに入れる。これは大きい。

そこで済ませてほっとしてまた電車に乗った。それで、また各駅停車に乗って、10駅くらい来たとき、再びお腹が痛くなってきた。それで仕方ないのでまた駅にいった。そこでは流石に少し待たされたが、なんとトイレに入ると、もうあまり出なかった。最初でかなり出尽くしていたのだろう、しかし依然としてお腹がすっきりしない。

でも、それでとりあえず収まったような気がしたので、そこから急行に乗り換えて新宿に向かった。会社に着いてウェブで調べると、ルイボス・ティーは飲み過ぎると下痢をすることがあるらしい。特に私は、なにもなくても下痢をするくらい、下りやすい体質である。それで、ルイボス・ティーは控えめに飲むことにした。

それにしても、ブルックスのルイボス・ティーを随分昔から飲んでいたはずなのに、飲み過ぎたら下痢になるなんて全く知らなかった。飲み会の次の日に何度もトイレにいったのは、前日の酒のせいだと思っていた。

ただ、ルイボス・ティーを寝る前に飲むと、睡眠が深くなるし、上述のデトックス効果はあるしで、確かに体にはよさそうなので、制御しながら飲むことにする。飲み過ぎると下痢するようなサプリはいままで摂ったことがないので、どうもいまいちしっくりこないのだが。

私は昔からアマゾンで本を買うのが好きで、外資系に勤務していたときは、勤務している会社の事業所の住所を登録して、そこに届けてもらっていた。それは本当は会社の社内郵送係の人の手を煩わせるので、避けるべきことであるが、アマゾンで買う本のほとんどが、仕事に使う本で、オフィスの自分の席に置いておく本であるという理由で、なんとか納得してもらっていた。

実は会社の事業所の住所を登録した本当の理由は、自宅に送るようにすると、家内に、ええっ、また本を買ったの、と呆れられるということと、不在の場合、不在伝票を郵便受けに入れられて、宅急便の担当の人に電話して再配達してもらったり、また再配達の再配達はいくらなんでも避けるべきなので、かなり幅のある再配達の時間には家にいるようにしなくてはならない、というプレッシャがあるからなのだった。

ところが案の定だが、会社の総務部門から、アマゾンで買う私物の送り先を会社に登録することは避けてほしいとお達しがきた。それで困った私は、アマゾンで買う本をなるべく古本にするようにした。

すなわち、古本の方が当然に安いので、それで済むなら古本を選ぶのだけれども、本によっては下手したら古本の方が高くなる場合もあって、そういう場合にも古本で買うようにしたのである。そういう古本だと、宅急便で単にポスト・インなので、不在でも構わない。

そうはいっても、新刊で発売日と同時に買いたいという場合は、アマゾンで予約して買うことになる。どうしても買いたい本だから仕方ないか、と最近覚悟してアマゾンで予約して、発送メールをみると、日本郵便ゆうパケットとあって、12桁の数字の追跡番号が示されていた。

あれっ、クロネコヤマトじゃないのか、と怪訝になった。以前はアマゾンの新刊本の発送取扱い業者はほとんどがクロネコヤマトで、それだと朝アマゾンでオーダーすると、夕方には着いていた。まさに最速である。

ところが、日本郵便ゆうパケットの場合だと、朝アマゾンでオーダーしても、届くのは次の日の午前中である。ただ、ありがたいのは、日本郵便ゆうパケットの場合、ポスト・インなので、在宅を気にしなくてもいい、というメリットがあり、もし少なくとも新刊本の発送が日本郵便ゆうパケットであるなら、私にはありがたい。

ただ、日本郵便ゆうパケットは、コンパクトな本など限定され、雑貨やお惣菜などの注文には依然としてクロネコヤマトなのだろう。

あと、最近はアマゾンで買う人が増えて、クロネコヤマトの配達員が過重労働で困っているという話も聞いた。それでアマゾンは、少なくとも本などの軽量荷物を日本郵便ゆうパケットに切り替えたのだろうか。

まあともかく、私としては、なんでもアマゾンで買うというのは書店の売り上げや配達会社のワークロードに悪影響があるので、なるべく書店に出向くように心がけるつもりである。改めて考えると、書店で本を眺めていると、知らない本が一覧できてよい。こんな便利さは、アマゾンなどでは無理である。

といいつつ、買いたい本をピンポイントでピックアップできる便利さでは、どうしてもアマゾンに頼ってしまうのだった。

胡蝶の夢

user-pic
0

私は、高校二年のときだったか、なにをやってもうまくいかなくて、人生がとても詰まらなくなった。今にして思えば、人生が楽しくてたまらないという方がむしろ異常かもしれないが、それで、気分を癒すために、漢文の授業で知った荘子の入門書を読んだりした。そのとき、胡蝶の夢という寓話が記憶に残っていて、いまでも折に触れて思い出したりする。

さて最近、私が住んでいる場所から比較的近いところにある進学校が、県立なのに中高一貫になって随分レベルを上げ、合格するのが大変になったと聞いた。そんな話を聞いて会社からの帰りに駅を降りて歩くと、高校進学塾専用の駐輪場があって、小中学生が雑談していたりする。それをみて、君達も大変だよね、とつい同情した。私が受験勉強が苦手なので、そういう発想になってしまう。

そうやって小中学生に同情していると、そんな、他人に同情している場合ではないぞ、とどこからか声が聞こえた。すなわち、今までの人生がじつは夢で、私は実はまだ大学生のままで、しかも卒業するまでまだかなり単位を取らなくてはならない。いやあ、冗談じゃないぜ、といいつつ講義で課題として出された本を読むのだが、さっばり頭に入らず、いよいよこれでは単位はとれない、と苦悩に沈んだ。

すると、目が覚めて、ああ夢だったのか、よかったと安堵した。確かにリアルな夢だったが、胡蝶の夢モードではなく、現実と夢の境はまだまだはっきりしすぎている。

それにしても、普通は大学生に戻って青春をやり直せるなら、普通は浮き浮きするのではないだろうか。例えば、今度こそ真面目に勉強して大学院に進学し、学者を目指すとか、いろいろやりたいことがある。素敵な恋に出会えるかもしれないし(まあ、ありえないが)。

なのに、夢とはいえ大学生に戻れて落胆するとは。といっても、私はもうあまり生きたくないかとそういうわけでもなくて、流石に癌などであと半年とか言われると、まちがいなく焦って苦悩する。で、いよいよ一体なにがしたいのか分からなくなってきた。

そもそも私は、荘子モードの生き方に憧れたにしても、ぜんぜん荘子モードで生きていなくて、例えば、無用の用の教えに反して能力を維持することに汲々として、こき使われることに寧ろ喜びを見出している。

こうしていよいよ、六十過ぎて惑うのだった。

鉄人モード

user-pic
0

私は、元広島カープの衣笠祥雄氏を尊敬している。その野球の実績も然ることながら、その連続試合出場日本記録に真に敬意を表している。

なので、鉄人と呼ばれる衣笠氏に一歩でも近づこうと私が努力したことがあって、それは、なるべく病気でブレークダウンしないで、出勤することである。それには気力の充実が必須であるが、1995年1月に管理職に就いた私は、責任感を感じて、気合いを入れて勤務することで、2006年4月の末をもって管理職を降りるまで、風邪さえひかず、ほぼ毎日朝九時から、ほぼ夜11時まで働いた。

その間、休暇もほとんど取らなかったが、少なくとも部下にもそうすることは強いないようにした。なぜなら、特に管理職手当はないので俸給的に優遇されているわけではないにしても、特に私が勤務していた会社は、管理職の権限が大きく、課長レベルでも小さい会社の部長並みの権限があったからである。しかも私は、部門長代行として実質的に予算権限を握っていた。なので、人一倍働くのは当然だと思っていた。そういう気風が、後輩管理職たちに全く伝わらなかったのは、私の不徳の致すところである。

そうやって、病気でブレークダウンすることなく働き続けることを鉄人モードと呼ぶことにすると、管理職を降りた後も鉄人モードを2009年の3月まで続けたが、それが破れたのは、鹿島さんで述べた、難解な発明の特許明細書を書いたときである。そのときは、発明を理解するのに力尽きて、病に伏して会社を休んでしまったのだった。いつかは途切れるとは思っていたが、ついにその日が来たか、と嘆息した。

そこからまた鉄人モードを続けようとしたら、翌年また病に倒れてしまった。そのときは、ある古参の同僚社員が退職するので、別の古参同僚社員と話して、三人だけで送別会を催そうと相談した。実はあまり気が進まなかったのだが、流石に欠席するというのは私の律義さではありえない。

ところが、前日尿道炎で熱が出て、酒を飲むどころではなくなったので、会社を休み、結果的に送別会も欠席した。それで、すいませんが体調不調で送別会は出れませんと連絡したら、私が出席したくないので仮病を使ったと誤解したようで、私は長らく恨まれていた。ちょっとくらいの風邪なら出席するが、熱が39度もある尿道炎ならどうしようもない。しかし、言い訳しても仕方ないので恨まれるままにしておいた。

そこからまた鉄人モードを再開して、再就職した後も、なんとかつい最近まで7年間鉄人モードを続けたのだが、先日、出勤するため三鷹駅の改札を出たとき、どうも体調がおかしい。頭がふらふらして、歩くのさえやっとである。そういえば、クモ膜下出血の初期症状がそうだったか、いよいよ自分も寿命がここで尽きるのか、とふと思ったが、最近生きることに疲れている面もなくはないので、まあそうだったとしても仕方ないな、と意外にあまり深刻ではなかった。

そしてそもかく、オフィスに着くと、急に便意を催して、何度も下痢した。下痢だけでなく吐き気もして、朝食のほとんどを吐いた。そして、自席でウェブ検索して、クモ膜下出血で下痢や吐き気という症状はないので、流石にクモ膜下出血ではないだろうと安堵した。

安堵したのはいいが、依然として気分が悪くて、仕事どころではない。それから何度も下痢や嘔吐を繰り返し、これはノロウィルスかと別の懸念が出てきた。で、いまからノロウィルスの症状が出てくるなら、ともかく上司に申し出て休暇にして早く帰宅しなくては、と思うのだが、勤務先が自宅から比較的遠方なので、帰宅する体力もない。それで仕方なく席にいたら、仕事の問い合わせメールがきて、気分の悪さを我慢して必死で応答していると、仕事は案外体のクスリなのか、少し気分が戻ってきた。さらにメールがきて、そのリクエストにも応えていると、昼休み休憩になり、ここでしばし長考して、この日はなんとか歯を食いしばって定時まで勤務し、次の日を休暇に充てるのがベストと判断した。

そうやって夕方になると、かなり体力が回復していたので、これはノロウィルスではなく単なる食あたりだったかな、と少し楽観してきた。

そして帰りの電車の中で、別に生ものなど怪しいものは食べていないのになぜ食あたりになったのかと考えてみると、それはかなり疲れていたせいのようである。

さらに考えてみると、疲れている原因は、2月に入って結構日常業務がハードだったのに、休日に、多倍長計算ライブラリのような多倍長処理アルゴリズムをずっと考えていたからのようなのだった。寝ても覚めても考えていたので、最近では夜寝ていても、何度も計算アルゴリズムでうなされたりした。

実は、頭脳のコストとしては、難解な発明の特許明細書を書いたときと比べて、そんなに大きくないので大したことはないだろうと高をくくっていた。しかし、当時よりも遠距離通勤になったことと、歳をとったことで体力が落ち、昔なら平気だったことも、少しずつ体に障るようになってきた。

今回久々に鉄人モードが崩れたことは、そのあたりのリソース配分を考え直しなさいという警告と理解することにした。だからといって、多倍長計算アルゴリズムなどに頭脳リソースを投資することは止めるわけにはいかない。私の人生の無体財産だからである。一方で私は、無事これ名馬という言葉も好きである。これは鉄人モードにつながる。ようはバランスなのだった。

レトロ

user-pic
0

私は未だにガラケーを使っていて、スマホを使いまわしている知り合いから馬鹿にされるどころか、まともに相手にされないレベルなのだが、年寄りの頑固なのか、別にそれでいいじゃん、と開き直ってあまり気にしない。ただ流石にいまのガラケーが壊れたら、仕方なくスマホにするかもしれないが、それでも、メールと電話くらいしか使わないかもしれない。

そういう方針はどうみても時代逆行というかレトロなのだが、私なりに言い分もあって、それは電車の中でも道端でも、ずっと憑かれたようにスマホを操作している人をみかけるにつれ、やりすぎでは、と思ってしまうからである。

私は特許調査という仕事柄もあるが、新技術や時代の流れの情報にそんなに疎い方ではないと自負している。なので、自宅でパソコンに向かっているときは、かなりな頻度でウェブ検索している。だからこそ、通勤時間など、パソコンを離れてまで、ウェブ検索しようとは思わない。

むしろその時間こそ、本を読んで、必要に応じてメモをとってじっくり考えたい。例えば私は、電車の中で、思いついてノートに数式を書きつけ、簡単な計算をしたりすることがあるが、そんなことがスマホで気軽にできるとは思えない。

電車の中で英語の雑誌を読むとき、以前は電子辞書を用いていたが、最近ではなぜか本の辞書に回帰した。本の辞書だと、引きたい単語の周囲の単語も目に入って、それをついでに読むのがなんとなく知的な気がする。

ただ、通勤鞄に大型の辞書を入れることは困難があるので、ポケットタイプの英和辞典を買った。三省堂でなかなかいいものがある。英和辞典を買ってみると、国語辞典もほしくなり、やはり三省堂の国語辞典を買った。恥ずかしながら、本を読んでいて知らない語彙に出会うことがそんなに少なくないからである。そもそも最近はどんどん簡単な漢字も書けなくなっているので、電車の中でノートに漢字の書き取り練習をしたりしている。

また、自分でもそこまでやるかと苦笑したことがある。それは、アマゾンでほとんどワンクリックで本が注文できるのに、あえて、自宅から歩いて20分くらいのところにある新刊書店でときどき本を注文するようにしたことである。すると、申込用紙に本の題名を書いたり、自分のメールアドレスや電話番号を記入してりしなくてはならなかったり、本を入手できるまで、一週間くらいかかったりする。そんなことして何が嬉しいのか自分でもわからないのだが、ともかくそうすると、嫌でも本屋に出向くし、ついでに他の本も眺める。出不精の私は、いろいろ外出する理由をつくらなくてはならない。

こうして私は、特にこの歳になると、レトロと最新技術の勉強のバランスをとらなくてはならないと正当化している。といいつつ、その最適な比率を私は知らない。気の向くままにやっているだけである。

かなり昔、講談社現代新書だったか、立花隆氏の「知のソフトウェア」という本を読んだことがあり、そのときは感心したような気がするが、内容は全く憶えていない。

それと対抗するつもりはまったくないが、「知のハードウェア」という題で雑文を書いてみたくなった。すると、複数のPCをネットワークで接続して並列計算させるのか、みたいに思ってもらえるのかもしれないが、そんな立派な話題ではなく、壮絶に?地味な話である。

さて私は、今世紀初頭、世間に百均というものがあらわれ始めたころから百均で小物を買い込むのが趣味である。たいていの人は同意してくれると思うが、特に初期のころは、ええっ、これが百円で買えるのかと感動したものである。そして、いつも仕事と遊びを融合させようとたくらんでいる私は、なんとか百均の小物を仕事に活用しようと工夫してみた。

私が仕事のために一番沢山買い込んだのは、A4サイズの透明ビニールのポーチである。ファスナーで閉められるようになっている。これに仕事の単位ごとに書類を入れる。典型的には、発明者から提出されたパワーポイントなどの資料を印刷して、いれておく。そのポーチには、発明者からPDFで送られた関連論文、自分で検索してみつかった特許公報なども印刷して入れる。

あと重要なのは、ノートも複数買い込み、1つのポーチに一冊入れる。メモをとるためである。複数の発明案件をもっていると、こういうポーチが多数必要になる。また、沢山の書類を入れると、ポーチが膨れ上がって、特にファスナーのところにテンションがかかるので、そこから破れたりする。なので常にポーチを買い足していたような気がする。

ポーチは発明評価会にももっていく。その際、複数の案件があるとポーチも複数になるので、主婦が使うような買い物袋も百均で買った。私はデザインとか気にしないので、買い物袋に花柄が入った少女的なのも使ったことがあり、それで失笑を買ったりしたが、まあ愛嬌である。

さて、発明評価会の審査の結果、特許出願することに決まると、基本的にほとんどの案件の特許明細書を自分で書く方針だった私は、特許明細書の全体の構図を思考する。私の場合まず、図面を構成から考える。そのやり方は、百均で買ったペーパーバインダに、印刷済みのコピー用紙の裏側を挟み、ああでもない、こうでもないとボールペンでいろいろ書いてみる。この作業は私にとって本質的で、3日くらい時間がかかったりした。

そうやって図面の構想が固まると、図面用のノートに図面を浄書していく。あるいは発明者が作成したパワーポイントの図面が使えるなら、印刷して切って貼り付ける。最初は百均で買った、百円で三冊のB5サイズのノートを使っていたのだが、私がメインで担当しているソフトウェアの発明では、フローチャートが複雑になって、書き込むにはB5サイズでは狭く感じるようになった。そこで、図面用のノートは、A4サイズのものを使うようにしたが、流石にこれは百均にはなく、仕方ないので文房具店で買い求めた。一冊250円程度とちょっと値が張るが仕方がない。

そして図面用のノートをみながら明細書を書き始めるのだが、図面の案を作る段階である程度特許明細書の構想ができあがっているので、どんどん書きすすめられる。もともと文章を書くのは比較的速い方である。その一方で、図面用のノートのコピーを図面作成担当の人に渡して、明細書作成と並行して特許図面を作成してもらう。こうすると、明細書を書上げたとき既に図面が仕上がっているということになり、全体のサイクルタイムが短縮される。

ちなみに、図面作成担当の人は、ベテランで図面作成スキルが高いだけでなく、長年来私の友人でもあり、私の意図をツーカーで読み取ってくれるので、微妙な間違いも指摘してくれたりした。私は特許調査のとき、たまたま私が書いた明細書が検索にヒットするとつい苦笑するのだが、そこで、ううん素晴らしい特許公報だと自画自賛するのは、文章でなく、その特許図面をみてのことである。

こうして特許明細書が出来上がると、透明ビニールのポーチの中の書類はすべてシュレッダーにかける。発明の内容など機密なので、一般ごみとしては捨てられない。そして、ポーチの中にはノートだけが残り、別の新規案件用にまた使うことになる。

このやり方はとても気に入っていて、いまの特許調査にもそのまま活用している。ただ特許調査の場合は、特許図面の作成はないので、メモ用のノートだけを使う。特許調査の場合は、検索でヒットした多数の特許公報から関係があるものを選ぶ作業が中心になるが、最初に2000件くらいの初期集合から120件くらいまで一次選別する作業は流石に特許検索システムのマーキング機能をつかう。しかし、そこから30件か40件程度に二次選別する作業は、丁寧に読んでいくことと、不用意にスキップしてしまわないように、一次選別した件数分の数字列を矩形にならべて印刷するツールを作成し、そうやって印刷した数字列を印刷し、切り取ってノートに貼り付け、終わったものに○をつけていく。

こうやって私は、百均グッズを趣味的に駆使して、余人の追随を許さない高いスループットで(本当か?)能率よく仕事をしているのに、周囲にいる誰一人として私のやり方を真似しようとせず、下手にパソコンとディスプレイだけを使って能率の悪いやり方で仕事をしている。

私が言いたいことは、人間の思考は、パソコンのツールやプログラミングで促進できるが、人間の身体は結局モノであり、思考と、モノである人間の身体の間をインターフェースするには別のモノを触媒として介在させる必要があり、そのモノとして百均グッズは工夫次第で素晴らしいコストパフォーマンスを発揮するということである。それを知のハードウェアと呼ぶことは、おそらく誤解を招くだろう、まあいいけど。

夜桜お七

user-pic
0

私は二年前からふるさと納税に微妙にはまっていて、それで去年の6月も岡山県のとある市にぶどうを頼んだのだが、なんと送られてきたのは、惑星の絵が入った瓶ビールのセットだった。わざわざクール宅急便で送られてきた。

それで、おかしい、ビールでなくぶどうを頼んだはずだが、とその市の担当者に電話してみたら、どうも手違いでビールが送られたらしい。それで返送しましょうかといったら、担当者は、いえ、手違いで送ったので、こちらのミスでして、どうぞそのままお飲みください、とえらくあっさり言う。

なら、とお言葉に甘えてビールを飲んでみると、これが普通のメジャーなメーカーのビールとは一味違う地ビールで、なかなか絶品なのだった。

もちろん1ヶ月後にちゃんとぶどうも送られてきた。そのときはもうビールは飲み尽くしていて、また飲みたくなったので、前回間違えて送られてきたときの箱に入っていたオーダー用の用紙に記入してFAXで送り、注文した。

そして注文したあと、もしかしてわざと間違えて送ったようなふりをして、あれはマーケッティング戦略だったのかもしれないと思った。じっさい、そうかもしれないのは私は年末にも、その酒造会社に、日本酒のセットを依頼したからである。しらないうちにすっかりお得意様になってしまった。

注文したのは、吟醸酒と、原酒のにごり酒の一升瓶のセットである。そこで、正月に原酒のにごり酒をコップに二杯ぐいっと飲んで、YouTubeで、最近気に入っている坂本冬美の「夜桜お七」を聴き始めた。すると、意識が朦朧としてきて、さびの、♪さくら、さくら、いつまで待っても来ぬ人は♪のところで、桜吹雪が目の前に舞い、そこの歌詞が、♪さくら、さくら、いつまで指しても勝てぬひとと、死んだひととはおなじこと♪が正しいような気が一瞬して、考え直して、それは違うだろ!と意識を取り戻した。

それで、さらに後で思い直して、♪さくら、さくら、いつまで指しても勝てぬひとと、死んだひととは同じこと♪は確かに変だが、♪さくら、さくら、いつまで指しても勝てぬひとと、AI将棋はおなじこと♪なら辻褄あうよね、と考えたのだが、それで?みたいにつまらないじゃん、と自己つっこみした。

それにしても、大して飲んでないのに急に酔ったのはなぜ?と思って原酒のにごり酒のラベルをみると、なんとアルコール度数が20度もあって、日本酒としては最高レベルだった。ううん、すると焼酎を全く割らないで飲むのと同じかと分かったので、次からはにごり酒を飲むときは、ちびりちびりと飲むようにした。

すると最早幻覚は起きないのだが、それでも流石に、坂本冬美の「夜桜お七」は素晴らしい。円熟の魅力である。

長年特許の分野の仕事をしてきた私はつい、新規性だの進歩性だの考えてしまう。そして、このブログを書く際にもできれば進歩性は無理としても、新規性は出したいよねと思いつつ、それさえもそんなに容易でないことに気づくのにあまり時間は要さない。

もうちょっと蛇足で補足すると、ここていう新規性というのは、ともかくある組み合わせのようなことを考えて、その組み合わせが普通の常識ではあまり聞いたことないよね、というレベルでいい。例えば、ラーメンにたっぷり蜂蜜をかけるというのは少なくとも私は聞いたことがなくて新規である可能性がある。ただ、進歩性をいうためには、そういう組み合わせに有意義な効果が必要で、ラーメンにたっぷり蜂蜜をかけると意外においしいではないか、ということにならなくてはならないが、そうである可能性は低い。

さらに余談をいうなら、ここは別に特許出願ではないので、新規性といっても、必死でグーグル検索した結果でなく、一般人の思い込み程度の範囲でいい。それでも、進歩性の効果は、きわめて特殊な嗜好の人向けでなく、普通の趣味の一般人に支持されなくてはならない。

こういう前提で、あまりにも新規性を欠く命題と自覚しつつ、カラオケ・バトルという番組を観ていて考えたことは、カラオケ・バトルって、将棋でいえば詰将棋解答選手権だよね、ということである。

これも私の思いこみかもしれないが、カラオケ・バトルという番組はもしかして初期の頃は、やらせというか、コンピュータの採点を裏で操作していたこともあったかもしれないが、番組が成功して人気が出ると、下手な操作は止めて、「筋書きのないドラマ性」を前面に出すようにしたと思われる。

そして、なぜカラオケ・バトルが詰将棋解答選手権なのかというと、詰将棋解答選手権に出るくらいの人は、基本的に将棋の棋力もプロ並みだったりするが、逆に将棋の強さがA級レベルであっても、詰将棋解答選手権で上位にいけるとは限らないということと、将棋の強さそのものは相手によって苦手の人がいたりして、なかなかきちんとした数値であらわしにくいのに、詰将棋解答選手権ではその点数が極めて短時間でわかるということ、などである。

要するに、詰将棋解答選手権の得点というか詰将棋が解けるということは、将棋の強さの一つの指標にすぎず、必ずしも将棋の強さをあらわすよいバロメータとは限らない、ということである。なので、そんなに多くの棋士が詰将棋解答選手権に参加することはない。

ところが、カラオケ・バトルとなると、オペラ、民謡、ジャズ、歌劇、声楽、演歌などそれこそ日本でトップクラスのような人々が参加するので驚いてしまう。そして、本当にトップクラスだなと信じてしまうのは、歌唱力が圧倒的で、私だけでなくレギュラーのコメンテータたちも一様に聞き惚れ、感動していたりする。なのに、カラオケマシンの採点的にはせいぜい98点台で、平気で99点台を叩き出すカラオケオタクのアマチュア青年や、歌うま小学生に負けたりする。それって将棋のA級八段が、詰将棋マニアや頭の回転の速い小学生に詰将棋解答選手権で負けるようなもので、屈辱ではないのだろうか。

これも私の思いこみだが、カラオケ・バトルは初期の頃は、番組を盛り上げるために、スタッフは各界の有名ミュージシャンに出場を請うたはずである。ところが、そういうのをテレビでみて人気を博しているのを観た他のライバルのミュージシャンが、じゃあ私もと出てくるのだが、どうしてもカラオケで得点を取る歌い方は、厳格な音程正確性など、いわゆる芸術的な歌い方とは違うので、特殊な練習を要し、有名ミュージシャンといえども簡単には勝てない。それでも陸続と有名ミュージシャンがカラオケ・バトルに参戦するのは、きっとギャラがいいのと、特殊な世界だけでなくて世間一般にも有名になれるからだろう。

しかしカラオケ用に練習することは、声楽のプロにとって本来の歌い方に悪影響を及ぼさないのだろうか、といろいろ考えながら観ていると意外に興味は尽きない。

ところで、先日知り合いとカラオケに行ったとき、ああ結構うまく歌えたなと自己満足した曲があった。ところがたまたま採点モードがオフになっていなくて、出た得点が60点台で愕然とした。それをみた知り合いは、憐れんで、採点モードをオフにしてくれたのだが、それで私は、歌は好きでカラオケも好きでそこそこレパートリーもあると自負していても、カラオケ・バトルの出場者とは二枚落ちの手合いだな、と痛感した次第。

いくら私の人生経験が狭いといっても、世の中には、外人部隊の傭兵や、警官や、ビルの工事現場などいくらでも大変な仕事があり、私が今までやってきた特許の仕事なんて相対的には相当楽な部類だろう、ということは流石に知っている。

さて、特許の仕事といっても、典型的には特許訴訟、特許明細書作成、中間処理、特許調査があり、おそらくこの順に大変というのが世間の相場だと思う。要するに、特許調査が一番楽で誰でもできる、と理解されていると思うが、それを否定するつもりはない。

ただ私が特許の仕事を始めたとき、何かのパンフレットで特許関係の様々な仕事の紹介というのを読んだような気がするが、そこに、特許調査の仕事は、髪の毛が灰色になるほど地味で退屈な仕事だ、とあったような気がする。

私は長年特許明細書作成や中間処理を担当してきて、今は縁あって特許調査の仕事をしているのだが、周囲を見回してみると、特許調査の仕事をしている人で、明細書作成や中間処理をガチでしてきた経験がある人はそんなに多くないと思う。しかし、中間処理を担当したことがなくて特許調査を担当したとして、どうやってこの発明は進歩性があるとかないとか判断できるのだろうか。それって、野球をやったことがない人が野球の審判を務めるようなものではないか、と余計なことを思ってしまう。

で、例えば特許明細書の作成だと、かなり深く技術を理解しなくてはならないし、文章のレイアウトはある程度決まっているとはいえ、どういう内容を書くかということも構想力を要する。

特許調査も、ある程度技術を理解しなくてはいけないし、検索式の作成はそれになりに構想力を要するとはいえ、特許明細書作成ほどではない。なら楽勝ではないかと思うのだが、最近そうでもないと感じている。というのは、検索式を作ったあと、ヒットした特許を一々読んでいくのが大変なのである。

私の経験では、1日に千件の特許の請求項に目を通さなくてはならないことがあり、それを終えるとどっと疲れる。何しろ作業が比較的単調で気分転換を許さない。

それがどういう影響をもたらすかというと、特許調査の仕事は、特許明細書作成より体力か使わないかもしれないが、頭のエントロピーは増やしてしまう。おそらく、雑多な特許の内容を読まなくてはならないからだろう。

頭のエントロピーが増えるとどうなるかというと、数学、哲学などの比較的難解な本がどうも読めなくなる。低エントロピーの、頭が整理された状態でないとそういう分野の思考は働かないのだろう。

なので、以前に外資系にいた頃より確実に数学や哲学の本が読めなくなって、その分増えたのがミステリー小説である。不思議でもなんでもないかもしれないが、パターン化されたミステリー小説を読むと、頭が安心して、エントロピーが減るような気がする。そして頭のエントロピーが減ってくると、比較的難解な本を読む活力が湧く

頭の疲れと頭のエントロピーは別であるというのが最近気づいたことで、頭の疲れは眠ったり、音楽を聴いたりするのがよく、頭のエントロピーの増大には、ミステリー小説でなくてもよいが、自分にとって定番になっている本を読むのがよいようである。

そして特許調査の仕事はかなり頭のエントロピーを増加させるようである。やったことはないが、知らない人に次々に会う必要がある営業の仕事も頭のエントロピーを増加させるような気がするが、質が違うような気もする。すなわち、営業の仕事だと増えたエントロピーを減らすには、読書よりも酒でも飲むのがよいのかなと思ったりするが、そんなの人によるじゃん、と言われたらまあそれまでである。

特許調査の仕事の話をしようと思っていたのに、すっかり別の話になってしまった。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち日常カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは数学です。

次のカテゴリは歴史です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。