日常の最近のブログ記事

初音ミク

user-pic
0

万事晩生の私は、YouTubeで初音ミクという名前をみても、ああ若手の女性歌手だなくらいにしか思わなかったが、何かのきっかけで、それがヤマハが開発した音声合成装置(ボーカロイドと呼ばれるらしい)による合成音による歌唱であると知ったとき、特許出願のための準備勉強を通じて音声合成技術に初歩的な知識はもつはずの私は、その歌唱の自然さに改めて驚いた。まあ個人的には、その画像というかキャラクターがあまりにもアニメっぽくて、還暦を過ぎた私のような老人には、もうちょっと劇画調のキャラがいいと思ったが、若者に受けるにはいまの方がいいに決まっている。

そう思っていたら、読売新聞に、初音ミクの解説記事があったので、私なりにまとめてみる。

初音ミクを開発したのは、札幌にあるクリプトン・フィーチャー・メディアという会社。この会社は、1995年創業で、効果音や楽器の音色などの音の素材を音楽の作り手に提供することを業務とする。

しかし、初音ミクは音だけでなく、キャラクターも特徴とする。そこで2007年8月に、クリプトン社は、素材として使えるようにミクのイラストを3枚公開した。すると瞬く間にミクをアレンジしたイラストや、楽曲、動画作品が投稿された。そこでクリプトン社は、その3ヶ月後に、投稿サイト「ピアプロ」を開設し、クリエイターたちが著作権に縛られずに共同制作する仕組みを整えた。

これによって、ボカロP(ボーカロイド・プロデューサー)と呼ばれる楽曲の作り手や、巧みなイラストを描く絵師が次々に現れ、初音ミクは隆盛を迎えた。

ボカロPのうさPが2011年に発表した「千本桜」は、カラオケの定番曲になり、小林幸子が紅白で歌ったというのだが、私は不勉強で知らなかった。そこで今更、YouTubeで初音ミクで聴いてみたのだが、これは凄い。和楽器バンド版は、もう絶品というしかない。小林幸子版も味があっていい。

ブームは定着し、最近では、バレエなどの芸術や、太鼓、歌舞伎、人形浄瑠璃などの伝統芸とのコラボが試みられ、成功を収めている。

今更であるが、ボカロPに注目したいとおもう。

勝敗の流れ

user-pic
0

典型的には野球だったり将棋だったりするが、チャンピオン・クラスの強い人でも勝率が7割ということはあまりない。すると、よほどの強者でも三回に一回は負けるということになる。そういう現実の下でどのように戦うか。プロは当然そういうモデルをもっていると思うが、典型的には次のような戦い方の戦略を思いついた。

まず、あまり勝ち目がなさそうな勝負では、普通に頑張るが、厳しそうならそんなに粘らない。

もちろん接戦なら、必死で頑張る。

問題は楽勝になったときである。こんなときつい、辛く店じまいするみたいな戦い方をしたくなるが、ここで非自明にも、形勢を引き戻すというか、わざと綾をつくるような戦い方がよいようである。それで間違えて逆転負けしても、まあ仕方ないと諦める。

こういう戦い方を私は、典型的には囲碁の井山六冠の戦い方をみていて感じた。要するに優勢になってもリスクを求めて戦うのが綾のようである。

あと、必然的に巡ってくる負け戦をどうするかが、案外一番重要かもしれない。すなわち、負け戦で溜まっている悪いツキを出し尽くすところに一番のノウハウがあるのだと思う。

負け惜しみとしかいえないが、広島カープが意外にも3試合連続でDeNAに逆転負けしたのをみて、ああ、カープはここで悪いツキを吐き出そうとしたと思った。囲碁で言えば捨て石である。その捨て石は決して小さくないが、まだ地合いは余せるとみているのだろう。少なくともカープに必死で勝ちにいく姿勢はみられなかった。

じつは私は全く勝負強さというものが分かっておらず、私ほど勝負の機微を語るのがふさわしくない者もいないかもしれない。まあ仕方ないか。

猫力

user-pic
0

猫を飼っていると、なんだこいつはとそのふてぶてしさにあきれることもあるが、次第にその生き方から学びたいという面も見出したりする。

例えば、先日、あるコンビニに行ったとき、買いたいものをカゴに入れてレジに行くと、あれっ、誰もいない。こんなとき私の猫力が試される。すなわち、普通なら店員を呼びにいくところだが、私はなにもせずじっと店員が気づくのを待つ。結局2分くらいたってやっと店員が来たが、私は全く嫌な顔をせず、もう二度とここに来るか、とも思わない。そういう恬淡さが猫の一つの側面である。これは私はまあいい線をいっていると自負する。

別の猫の側面は、ともかくエピキュリアンなのであって、安楽な生き方に臆さず耽溺する。しかし、この側面はどうも私は必ずしも得意でない。ついストイックに努力してしまう。それは猫力というより犬力というべきかもしれない。私のサラリーマンとしての性質である。

さらに別の猫の側面は、所属する家庭なり組織に特になにも貢献していなくても、自然に居場所をつくるというか可愛がられるという側面であるが、ここに至っては私は決定的に苦手で、いつも意識的に居場所をつくりにいっている。

もちろん他の猫力として、ジャンプしたり、こっそり忍び込んだりする能力もあるが、この側面は私は悲惨なほど苦手である。

ということで私の猫力は将棋でいえばせいぜいアマ8級くらいで初心者もいいところである。それでは私の師匠たる飼い猫の猫力はというと、実はアマ初段程度である。ええっ、なんでそんなに低いのだと飼い猫からクレームがつきそうであるが、それはある意味仕方ない。すなわち生まれてすぐに親から引き離されて、親猫や周囲の猫から猫としてのノウハウを学ぶ暇がなかった。また、飼い始めても、家飼で外に出してもらえていない。なので、近所の猫と切磋琢磨していない。もちろん鼠をみたこともないので、狩猟本能も発揮できていない。なので、なんとも情けないなあとあきれること頻りだったりする。

そんな我が家の飼い猫であるが、馬鹿な子供ほど可愛いというように、冴えない猫ほど可愛いというのもあるので、それはそれで立派な猫力なのだと私は思っている次第である。そもそも、なんの取り柄があるかわからない猫が生存競争に勝てているというのがすごいことなのであった。

アマゾンで本や品物を注文して、実際に品物が発送されると、"Amazon.co.jp「△△△...」の発送"というメールがくる。そのメールを開くと、「配送状況は下記ページからご確認ください。」とあって、その下に長いリンクがある。そして、それをクリックすると品物は本日中に到着する、とあって、進捗ももうすぐ着きそうである。

ところが、夜八時を過ぎても荷物がこない。そこで、発送業者はヤマト運輸で、お問い合わせ伝票番号として12桁の数字が示されているので、ヤマト運輸のサイトに行き、その番号で問い合わせてみると、まだ西新小岩センターにあって、配達予定は翌日となっている。

私は、今まで配送状況の長いリンクが示す配達予定日が実は間違えていたという経験がないので、一体どうしたんだろう、殊更に繁忙期だったんだろうか、と怪訝になってしまった。

そこいくと、前にも書いたが、日本郵便は、追跡の粒度が細かくて、配達時期の誤差が小さくてよい。ただこれは、アマゾンの場合、利用は本などの小物に限られているようである。

ちなみに、私が待っていてまだこない品物とは猫の餌であって、まだ備蓄があるので特に神経質になる必要はないのだが、特許の仕事を担当してきたせいか、期限が切られたアクションを適当に流せないのだった。

消臭剤

user-pic
0

私はダンディーとか、清潔とかそういうイメージにはほど遠いが、同居している家族に加齢臭がきついとか指摘されたりして、それなりに臭いに敏感になったりしている。

それで通勤は上は半袖カッターで下はスラックスというのが、今の暑い時期の服装なのだが、私は特に汗かきではないつもりだが、1つのスラックスを三日も穿くと、汗が染みこんでかなり臭くなってくる。

ところがスラックスというのは、洗濯機で洗えないことはないのだが、皺を防ぐために特殊な洗い方が必要で手間がかかると聞いた。それで、少しくらい臭いなら、消臭剤を吹き付ければいいと思い、昔使ったことがあるファブリーズを探したが、どうも見つからない。

それで家人に聞いてみると、ファブリーズでなくてもとりあえずトイレの消臭剤で間に合うのではないかというので、ええっと思ってトイレに行ってみると、防臭剤以外に、「トイレずっとキレイ」とかいうリンレイというワックスが本業の会社の製品が置いてあった。

これはトイレカバーやトイレマットなどにふりかけると、銀イオンを含むミストでアンモニアの臭いを抑えるのだそうで、確かに汗と尿は成分が似ているので使えるかと試してみた。

すると、確かに臭いは分解されたようだが、ミストの成分と汗の臭いが混ざって、ちょっと複雑な臭いになってしまっている。まあでも、野球でいえば、ロングリリーフは無理だが、ワンポイントの中継ぎくらいなら使えるか。

これは将棋でいうと、こっちが居飛車で相手が四間飛車で、4筋から捌きを狙ってきたときに、▲2四歩、△同歩、▲3五歩、△同歩、▲2六飛と軽く浮いて受けておく感覚か。

それでも早めに▲5七銀と上がって受けておく必要があり、結局手間は変わらないか、といつのまにか話が将棋の手順にすり替わってしまっている。それにしてもこの暑苦しさはなんとかならないのだろうか。

あと付記すると、新手筋を発見した。それは穿いたスラックスをクローゼットの中でなく、外に掛けておく。すると明らかに汗の発酵の程度が下がって、臭くなりにくい。これで数日は余分に稼げることがわかった。

それでも、電車で私の隣に座った人が、なにげに別の席に移動してしまうのはがっかりである。私の体臭のせいなのだろうか。それでも若い女性がそうするなら分かるが、もしかして私よりも臭そうなおっさん(といっても私よりは若い)がそうすると、九回の裏に押し出しのフォアボールを与えたピッチャーの気持ちになってしまうのだった。

野球中継

user-pic
0

最近広島カープが好調なので、テレビで試合の中継を観たいと思いつつ、全く放送がないので、やはり広島じゃないと観れないのかと諦めかかったが、ふと、そういえばケーブル・テレビでは、12球団どのチームでも観れるのでなかったかと思い、Googleで、「J-COM 広島カープ 中継」と入れてみるとヒットして、453というチャンネルで広島カープの試合の中継があると分かった。

そこで実際に広島カープの試合が行われているときケーブル・テレビで453と入れると、確かに中継しているのでうれしくなった。

ただ、チャンネルは453とは限らず、毎日変わる可能性もあるので、その都度ウェブで調べる必要がある。

そこで改めて考えてみると、そういえば地上放送で全く野球中継がない。少し前は巨人戦は必ずあったような気がするが、いつからそうなったのだろう。まったく記憶がない。

でも、考えてみると、野球中継というのは何時に試合が終わるか全くわからず、すると折角予定されている番組を変更しなくてはならないので、スポンサーにとって迷惑かもしれない。すると野球中継の代わりにバラエティ番組を放送した方がいいのかもしれず、しかも都会ではほとんどの家庭でケーブル・テレビやスカパーなどが観れるので、野球中継はそちらに任せた方がなにかといいのかもしれない。

あと、以前よりもプロ野球人気が下がっているのかと思ったら、テレビをみると、巨人戦以外でも球場は結構人で埋まっている。以前は私の記憶が正しければ、巨人戦以外は球場は閑古鳥が鳴いていたはずである。

ともかくケーブル・テレビで、進行中のどのプロ野球でも観れるというのは野球ファンとしてはありがたいことであるが、毎日プロ野球をかじりついて観るのも時間の無駄ではないか、などとつい考えてしまうのだった。

ところで、こういうのは文明の進歩なのだろうか。違うような気がするが、わからない。

私はいかなる意味でもコーヒー通ではないが、昔から、よほど体調が悪くないかぎり、一日数杯のコーヒーを飲んできた。コーヒー通ではない、というのは、とりあえずカフェインが入っていて、頭がすっきりすればいいと思っている程度で、なので私にとって、高級なコーヒーの旨さというのはどうもピンとこない。こういうのを無粋な奴というのだろう。

ただ、コーヒー通ではないとはいっても、砂糖とミルク入れず、基本的にブラックで飲む。それは単に甘いのが嫌いなだけなのだが、時々通だと勘違いしてくれる人がいる。私はあえて誤解されるままにしておく。

そんな私だが、流石に冷めたコーヒーは引く。まったく刺激がなくて、風味も感じられない。なので、なにかの雑誌で、熱いコーヒーには発がん性があると読んだときも、そうはいってもねぇ、と適当に読み流した。

そんな私だが、やはり熱いコーヒーは避けようと急に決心した。歳なので、少しでも発がん性リスクを下げようとおもったのかもしれない。そういったん決心すると、心の相転移が起こり、熱いコーヒーだけでなく、熱い味噌汁も、熱いスープも避けるようになった。

避ける、というのは、飲まないという意味ではない。わざと冷ますのである。例えば、ドトールなどのコーヒーショップでレジでコーヒーを注文して席に着いたときも、コーヒーに口をつけず、五分くらい本を読んでいる。そして、そろそろ冷めたかなとおもうと、静かに口をつけて飲み始める。あれっ、まだ熱いやとおもったら、またコーヒーカップをいったん置いたりする。

そんな様子を観察している人がいたら、こいつちょっと変人ではないかと思われるかもしれないが、普通コーヒーショップで他人をじっくり観察している暇人はいない。そもそも、グレイマンではないが、実に私は普通の容貌で目立たない。

そういえば、グレイマンは仕事柄、しょっちゅう怪我をしたり手術したりするので、いつも麻酔薬や鎮痛剤のお世話になっている。すると、麻酔薬や鎮痛剤も広い意味で一種の麻薬なので、習慣性や中毒症状が出てくることがある。

しかし流石プロの殺し屋、グレイマンは鎮痛剤の禁断症状が出たときに、あえて我慢して苦しみに耐える。そうやって禁断症状を克服する。

私はというと、そういうボールドなストイシズムは無理なので、せめてコーヒーを冷まして刺激を減らし、コーヒーそのものへの依存性が下がればいいと思うことにする。

さらにその方針を広げて、ビールも、よく冷えたのが生ぬるくなるまで待って飲もうかと思ったりする。ここまでやったら、流石にやりすぎか。まあ、適当にやることにする。

私が勤務しているオフィスに最近、オフィスグリコが入った。それは休憩室あるいは談話室と呼ばれる場所に設置してあって、プラスチックの箱にいろいろなお菓子が入っており、100円玉を入れて一つ、気に入ったお菓子を勝手にもっていく形式である。ようするに、富山の薬売り方式である。

以前のブログにも書いたように、誰もみていなくても、なんとなくお金を入れないで勝手にお菓子をもっていくのは普通の人は気が咎めるのだと思う。なので、グリコはほとんど遺失なく、商売を成立させている。

私はというと、あまりお菓子には興味がないのだが、午後に眠くなるのはいつも困っていて、以前は自動販売機で缶コーヒーを買って飲んでいたのだが、缶コーヒーにはなにか添加物が入っているようで、気分が悪くなってくる。

そこでオフィスグリコを探していると、カフェイン入りのミンティアというのがあった。これはグリコではなく、アサヒグループ食品の製品だが、オフィスグリコにはもともと、他社製品も入っている。

これを買って、小さい粒を口に含むと爽快感があり、カフェインの作用で目も覚める。そういえばミンティアのコマーシャルに起用されているのは美人の誉れ高い、北川景子なのだった。ちょっと私には敷居が高すぎる存在なのだが、それでもミンティアに付加価値を与えるに十分である。

ミンティアだけだと飽きるので、さらにオフィスグリコを探してみると、ギャバというチョコレートがあった。これはグリコの純正製品のようである。ギャバにはまさに脳にいいというギャバという栄養素が配合されていて、食べると確かに気持ちが落ち着く。

で、しばらくミンティアを愛用していると困ったことが起きた。それは、ミンティアに含まれているカフェインに軽い中毒になってしまったのである。しばらく食べないと汗が出てきて、軽い禁断症状になる。グレイマンという暗殺者の小説で、大怪我をした手術のあと鎮痛剤を処方されて、それの禁断症状になり、強い意志で鎮痛剤を我慢して立ち直るという場面があった。それで私も強い意志で?ミンティアを制限した。

ギャバの方は要するにチョコレートで甘いので、甘党でない私はそんなに耽溺しない。それでも妙にギャバがほしくてたまらなくなることがあるのは、脳が欲しているのだろうか。

こうして私なりにミンティアとギャバと付き合っているのであるが、特にミンティアは油断しているとつい習慣性になるので注意が必要なのだった。

でも、取ってつけた言い方だが、仕事の能率は少し上がっているような気がする、とブログには書いておこう。

迎賓館

user-pic
0

私は、足利フラワーパークにも書いたように、そこそこバス旅行が気に入っている。

一方、家内は、テレビ番組をみていて、迎賓館にも一度いってみたいという。迎賓館は赤坂にあり、毎日私が通勤しているのと同じ程度の距離なので、流石にバス旅行ではないだろうと思った。なので、休みの日に二人で行ってみればいいのではと思っていたら、入場するのは、ウェブ上の抽選なのだという(実は、和風別館だけだった)。しかも、外国のVIPが来ると、当然ながら、一般人は入場禁止である。

なお、迎賓館の由来をパンフレットに従い記してみると、迎賓館は赤坂離宮、東宮御所とも呼ばれ、徳川時代には、紀州徳川家の江戸中屋敷があったところである。1899年にこの場所に、洋風の赤坂離宮の建造が始まり、1909年に完成した。

この場所は、昭和天皇や今上天皇が一時お住まいになった以外は東宮御所として使用されることはあまりなく、戦後、国の行政機関によって使用されてきたが、東京に国際的な賓客を迎える適当な場所が必要とのことで、迎賓館として改築することが決まり、1968年から、108億円の費用と5年余りの年月をかけて、1974年に完成した。本館と和風別館があり、本館は村野藤吾が、別館は谷口吉郎が設計した。

そんなこんなで、迎賓館はいろいろな意味で敷居が高いなあと思っていたら、3月くらいだったか、チラシに読売旅行の迎賓館バス・ツアーの募集があるという。それで、4月29日の昭和の日で申し込んだら、とりあえずOKだった。とりあえず、というのは上記のような外国の賓客があると中止になるからである。

なお、個人で申し込むよりも、旅行会社を通じて訪れる方がなにかと便利なようである。その方が安心して迎賓館の側が対応してくれる。これは、喩えとしては、運転免許は、試験場に行って直接受験することもできるが、公認の自動車学校で実技を習い、実施試験免除で受けた方が合格しやすいことと似ているかもしれない。

ただ、迎賓館は訪問者に対する資格に厳しく、日本国籍をもつ者などに限定するというのだが、旅行会社でそのような資格審査をしているとは聞かない。どうなっているのだろう。

ともかく、4月29日は、朝10時に指定された町田のバス・センターに行った。すると、路上ですでにバスが待っていた。橋本、相模原、古淵で人を拾って、最終の出発地点が町田ということらしい。町田に来るまでですでに席はほとんど埋まっていて、迎賓館ツアーの人気が窺えた。しかも昭和の日とあっては、いかにも迎賓館にふさわしい。

バスは、町田から東名に乗って都内に向かうのだが、連休初日とはいえ、下り線は混んでいても、上りはそうでもない。比較的スムーズに最初の訪問地、和田倉噴水公園レストランに着いた。そこでまず昼食である。ビュッフェ形式で、ロースト・ビーフがおいしいと有名である。確かにロースト・ビーフはおいしかったので、何度もお替りした。なのでついでにワインに食指が動いたが、おっと、迎賓館は、泥酔者はお断りだそうで、どの程度が泥酔者と判断されるのかわからないので、とりあえず一切アルコールは口にしないことにした。

そのあとは、迎賓館であるが、なにしろ歩いてもいけるくらいの距離で、バスだとすぐに迎賓館に着いた。しかし、予約してあるとはいえ、どんどん中に入ることはできない。入館の際は、空港のセキュリティのように手荷物と身体検査があるからである。そのため、ディズニーランドの人気アトラクションのような長い待ち時間がある。なお、バスの中で添乗員さんから事前の説明があったところでは、迎賓館で係員の指示を無視するような不埒な行動は絶対とらないでほしいという。そうしないと、担当の旅行会社そのものが今後出入り禁止をくらうという。ううん、不埒が申込者の中には居そうなものだが、そのあたりのリスク管理はどうするのだろうと思った。というのは、私はそこそこ名のある外資系で管理職をしていたのだが、中には随分と不埒な社員もいたからである。

迎賓館の内部は、順路が決まっていて、訪問者の自由度はほとんどない。また原則的に、壁さえも触ってはいけない。ただ、ボランティアの説明員が随所にいて、質問には親切に答えてくれる。

テレビ番組で放映される迎賓館の内部は随分と煌びやかであるが、あれは照明とカメラワークのなせる業で、現地をみるとそこまでではなく、むしろ金を使った装飾過多のような気もした。ただ、この席で安倍首相とプーチン大統領が会談したと思うとすこし感激するものはある。

迎賓館の後は、新宿御苑に行って散策となった。随分緩いスケジュールだが、これは迎賓館での混み具合が読めないので、新宿御苑をバッファに使っているらしい。そこで、突然雨が降ってきたのには閉口したが、久しぶりに来る新宿御苑もまあまあだった。

バスは、新宿御苑を16時過ぎに出発して、往路とは違って中央道を通り、八王子インターで降りて、渋滞することもなく、町田には予定どおり、18:00頃に着いた。

迎賓館にとても感激した、というわけではないが、それなりにトラブルもなく充実した日程を終えることができたので、満足の一日だった。

私は、外資系の日本法人に勤務していたとき、将棋部に所属し、職団戦のチームのレギュラー・メンバーだった。社内の将棋大会で二位になったことは二度あるが、あいにく優勝はなかった。

それでも、会社の将棋部で五人のベスト・メンバーを選ぶと、確実にその中に入る自信はいつもあった。今は減ったが、当時その外資系の日本法人の社員数は25,000人くらいいて、すると私より将棋が強い人というのは、5000人に一人くらいの割合ということになる。

すると、日本の人口を約一億人とすると、私より将棋が強い人は、ざっとの概算で、日本で2万人くらい、ということになる。私は2万人はちょっと多く見積もりすぎで、本当は1万人くらいのような気がする。というのは、職団戦や社団戦のような何千人もアマ強豪が集まる大会でも、冷静にみて私は平均くらいの強さだと思われるからである。

で、最初のステップは、データベースで私より将棋が強いという条件で検索して、結果は1万人だったとする。次に、この集合の中で、私より囲碁が強いという条件で検索することを考えてみる。私の囲碁は、将棋よりもずっとヘボで、せいぜいが弱いアマ三段である。なので、囲碁だけで見たら、私より囲碁が強い人は、どうみても5万人はいそうである。いや、10万人か。それでも、将棋が私より強く、しかも囲碁も私より強いとなると、ぐっと減る。すくなくとも、囲碁に軸足をおいている人は、そんなに将棋をたしなまない。なので、将棋が私より強くて囲碁が私が強い人ってどんな人かというと、ときどき、自分は将棋が五段で囲碁も六段だと自慢するような人がいるが、そういう人なのだろう。そういう人って、私がみるところ、私より将棋が強い1万人中のせいぜい10%、すなわち1000人程度ではないだろうか。

こうして、私は日本で、ある条件で1000人の中に入ることになった。なかなかすごい?

さらに条件をつけよう。それは、私よりもTOEICの点数が高いという条件である。私は基本的に試験嫌いであるが、外資系にいたとき、TOEICの点数が海外出張や昇進の必須要件なので、仕方なく必死で英語を勉強して、なんとか700点を超える点数に漕ぎつけた。900点を超える人がザラにいる外資系ではそんな点ではどうしようもないが、試験嫌いなので、それ以上の努力をする気は毛頭なかった。

最近の若者は、就職に有利だからとTOEICの勉強をして高得点を取る者も少なくないが、そんな人が将棋と囲碁の両方で私より強いという状況は極めて考えにくい。上記1000人の中で、多く見積もって10%としても100人である。すると、日本で100人の中に入るんだぜ、俺ってすごくね?と自慢したくなるが、いや別に全然すごくないのである。

データベース検索的にいうなら、どんな人でも、その人がもつスキルのレベルを複数挙げて、掛け合わせることで、うまくいくと日本で数十人の中に入れる。

特許的にいうと、要するにヒット件数が少ないということを、新規性が高いという。上記の場合、凡庸な(mediocre)スキルを組み合わせて、無理やり新規性を出すことを、組み合わせ新規性という。

例えば、複写機と、パンを焼く機能を組み合わせた装置があったら、これは世間にないので一応組み合わせ的に新規ということになる。でも、特許の審査官からみて、それがなに?組み合わせになんの意味があるの?ということになる。

審査官を説得するためには、組み合わせにどういう相乗効果があるかということを説明しなくてはならない。相乗効果があると認められると、進歩性がある、ということになる。特許出願というのは、組み合わせ新規性の宝庫なので、審査官に対する意見書は、なんとか進歩性を認めてほしいという懇願で溢れている。

私のスキルに戻って、将棋の棋力と、囲碁の棋力と、TOEICの点数の組み合わせで君は何ができるの?と会社の面接で聞かれたら、私は説明に困る。ええと、東京オリンピックでボランティアで、外人に将棋と囲碁を教えます、といったとしても、で、それが我が社の業務に何が関係があるの?とさらに聞かれて、ゲームセットである。

こうして、スキルの相乗効果で意味がある成果を出すのは難しい。そこいくと、京大数理解析研の望月新一教授は凄い。なにしろ、彼が専門の組合せ論的遠アーベル幾何は、世界で理解できる人がほとんどいなくて、それで彼のABC予想の論文も検証されないままなのだという。このように本当に凄い人は、単一のスキルで世界をぶっとばす。なぜか聞こえてくるバックグラウンド・ミュージックは、RADWIMPSの、前前前世だったりする。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち日常カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは数学です。

次のカテゴリは歴史です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。