日常の最近のブログ記事

去年カープが何十年ぶりかにリーグ優勝し、さらには今年も連続してリーグ優勝したのをきっかけに、プロ野球への興味が復活し、日々のカープの勝ち負けに一喜一憂することになった。

ただ、プロ野球の場合どんな強いチームでも、確率的には三回に一回は負けるのであって、特にカープは首位を走っているはずなのに今年の八月は不調で、DeNAに三連続さよなら負けを食らっりして、月間勝率が五割を切るという惨状で、観ていると、夏の暑さに相俟って体調が悪くなってきた。

そのとき、昔読んだ森博嗣の小説を思い出した。すなわち、その小説の中で、おそらく森博嗣の投影であると思われる、犀川というN大学工学部建築学科の助教授が、自分はオリンピックの放送など一切みないし、興味がない。あんなものに一喜一憂しても意味がない、みたいなことを言っていたのを思い出した。

まあ確かに、私がカープファンだといっても、カープが勝とうが負けようが実生活には関係ない。むしろ、いちいち一喜一憂することで、会社で溜まったストレスに余計なストレスを累加させているなあ、あまり賢明とはいえないなあ、と反省した。

それでもうあまりプロ野球中継は見まいと思っていたら、九月に入って一気にカープが連勝を始め、現金にも私はまた熱心にプロ野球中継を観戦した。そしてリーグ優勝を決めたときは歓喜したが、まさかその後、カープ、CSに散るなんてことになろうとは。

そしてDeNAが健闘して予想以上に白熱した日本シリーズが終わったあと、冷静に考えてみると、ほとんどの人間はパトリオットではないか、ということである。パトリオットとはもともと愛国者という意味であるが、ここでは郷土愛や贔屓のチームを応援するような広い意味で使っている。

すなわち、志村五郎に書いたように、冷静な志村五郎氏でさえ、開戦になって、日本軍が米軍の軍艦を撃沈したニュースを聞いて、ざまみろと感激したのである。すると、犀川のようなモードはちょっと構えすぎかもしれない。

そういえば私は、子供のときから高校生までは巨人ファンだったのに、大学に進学して故郷を離れたときからカープファンになった。こういうのを故郷は遠きにありて思うものというのだろう。なので自然体でカープファンは続けるつもりだが、まああまり入れ込みすぎるのもどうかね、ということになるのだった。

流行語大賞

user-pic
0

私は、未だにガラケーを使っているくらいで、到底時代の先端をフォローする気持ちはないのだが、今年の流行語大賞は、将棋関係が二つも入っていたので、注目した。以下、産経新聞のサイトを引用しつつ、コメントしてみる。

年末の風物詩、「現代用語の基礎知識選 2017ユーキャン新語・流行語大賞」が1日、都内で発表され、「インスタ映え」と「忖度(そんたく)」の2つが年間大賞に選ばれた。年間大賞に複数、選ばれたのは「爆買い」と「トリプルスリー」が選ばれた15年以来2年ぶり。
これをみても私は、あっそう、とつぶやくだけであまり感想はない。

また、お笑い芸人ブルゾンちえみ(27)のネタ「35億」がベストテンに入った。ベストテンは、以下の通り。
  1. インスタ映え(年間大賞)
  2. 35億
  3. Jアラート
  4. 睡眠負債
  5. 忖度(そんたく=年間大賞)
  6. ひふみん
  7. フェイクニュース
  8. プレミアムフライデー
  9. 魔の2回生
  10. ○○ファースト

ええっ、ブルゾンちえみのネタ「35億」って、知らないんだけど。まあ将棋・囲碁番組以外は、NHKの大河ドラマくらいしか観ていないので、仕方ないか。なお、上記の引用で、私の方で勝手に、番号リスト化した。この番号リストは、順位とは関係なく、とりあえずつけてみただけある。

それにしても将棋関係で、「ひふみん」が入ってよかった。と思う一方で、加藤一二三九段は、太りすぎているし、歯が欠けすぎているし、しゃべっていることが支離滅裂だし、もういろいろな意味で完全に引退してもいいんじゃない、と思うのは、将棋ファンの中で、少なくとも私だけではない。

また選考委員特別賞には、陸上短距離の桐生祥秀(21=東洋大)が、9月9日の日本学生対抗選手権で、日本人初の100メート9秒台をマークした「9・98」、将棋の藤井聡太四段(15)が樹立した、公式戦の連勝記録「29連勝」が選ばれた。

ああ、やっと藤井四段の「29連勝」が出てきた。あれは盛り上がったよね、と遠い昔のことのように思い出す。

そういえば、クラウド名刺管理『Sansan』のCMの、「それさぁ、早く言ってよ~」が個人的には気に入っているのだが、こういうのは流行語大賞にリストされないのだろうか。

知り合いから聞いたのか、新聞で読んだのか忘れたが、最近一人カラオケが密かに流行っているそうである。仲間を募らなくても気軽に行けるからかもしれない。

それを知っても私は、いやあ、一人カラオケなんて根暗じゃんと、なかなか行く気にならなかった。それが少し気が変わったのは、長生きのためには喉を鍛えた方がいいという本の新聞広告をみたからである。流石にその本は買っていない。

実際、老人になると呑み込みが悪くなり、嚥下障害から誤嚥性肺炎になりやすいというのはよく聞く話である。そのためには喉を鍛えた方がいいが、それにはカラオケなどで声を出すのがいいとその本にあったので、それならといよいよ一人カラオケに行く腹を決めた。本当は一人カラオケに行くためのjustificationを探していただけかもしれない。

私が住んでいるところは第一種住居地域で、近くに居酒屋やカラオケボックスはないが、15分も歩くとシダックスがある。なので、ある土曜日の午後、そこにいってみた。

受付で、一人で歌いたいんですけどといったら、そんなの今では当たり前らしくてまったく意外な顔をしない。何時間にしますかと聞くので、1時間にしようかと思ったが、念のため2時間と応えた。昼間だったので1時間200円だが、私は60歳以上なので、1時間150円である。ただワンドリンク・オーダー制らしくてとりあえず、アイスコーヒーをオーダーした。それは500円でちょっと高いと思ったが、まあ仕方ない。一人カラオケの場合、ややレベルの低いカラオケサービスらしい。具体的には歌える曲数が少し少ないとかである。

それでも、あてがわれた部屋は四人部屋だったので、一人で歌うには十分である。ただ、一人カラオケは初めてで調子がつかめず、3分くらい茫然としていたが、おっとこうしてはいられないと歌い始めることにした。このために、ノートに今までカラオケでは歌ったことがない曲の題名をメモしてきた。まだカラオケでは歌ったことがないとしても、YouTubeやUSBプレーヤで飽きるほど聞いている曲ばかりなので、なんとか歌えると思った。

ところが、最初に歌い出したJ-POP系の曲は全く調子があわなくて自分ながら聴くに堪えなかった。ううん、何度聞いても実際に歌ってみないとダメかと次に、演歌系の曲にしたら、こちらは聞いただけで歌ったことはないのに、まあまあ歌えた。私は明らかに演歌系にアドバンテージがあるよね、とまた別のJ-POP系の曲にしたら、やはりどうもうまくない。一つのJ-POP系の曲でも10回連続で歌えば少しは慣れるよね、とは思ったが、いくらなんでもそこまでやる気がしないで、結局演歌系の曲を中心に編成したら、客観的にうまいとか下手とかいうレベルではないが、興が乗ってきて、次々に曲を入力して止まらなくなった。

で、いい気分で歌っていたら、急に電話がかかってきて時間だという。ええっ、もう2時間たったのかと3時間かフリータイムにすべきだったと後悔した。じつは2時間にした理由は、それ以上だと体力がもたないかと思ったからである。というのは以前に四人でフリータイムでカラオケを歌い、都合8時間いたことがある。それで後でどっと疲れたが、四人で8時間は、一人2時間に相当するのかな、と変な等価計算したのだった。

しかし当然だが、一人2時間は四人で8時間より全然楽である。絶対的な滞在時間が違う。

ところが、帰宅してしばらくして、じわっと疲れが出てきた。歌っている最中はアドレナリンが分泌されて気持ちがハイになっていたらしい。案外、四人で8時間は、一人2時間に相当するということもありえると思った。

しかし課題が残った。それは、J-POP系や英語の歌など、まだ歌いこなれていなくてうまく歌えない曲をカラオケマシンでどう練習するかである。同じ曲を何度も続けて歌うのでなく、飽きないように楽しく歌えるようになるすべはないか、模索してみることにする。

それにしても2時間みっちり楽しめて、1000円程度の費用で済む一人カラオケは、なかなかコスパのよい趣味だね、と気をよくした次第である。

異次元体験

user-pic
0

タイトルの異次元体験というのは、はっきり言って誇大広告だが、11月20日の朝の通勤電車でちょっと面白いことがあったので、書いてみる。

すなわち、私の通勤の目的地は三鷹で、すると新宿から中央線か総武線なのだが、中央線はまず座れなくて、一方総武線は空いているので、大抵総武線に乗ることにしている。11月20日の朝の7時過ぎに乗った総武線の電車は中野行きだった。すなわち中野で三鷹行きに乗り換えるのだが、中野で乗り換えて次の駅に着いたとき、「下総中山」とアナウンスがあった。私は当然、高円寺だと思っていたので、えっと驚いた。そしてまず思ったのは中野と高円寺の間に新しい駅ができたのか、ということである。そもそも私は「下総中山」なんて駅名知らない。

次の駅は、阿佐ヶ谷だと思ったら、今度は「本八幡」だという。これも知らない駅名なので、あらっ、これは中野から間違えた路線に乗り換えたのかと当惑した。

しかしである、窓から眺める外の景色はどうみても見慣れた風景である。それで立ち上がって電車内の液晶表示の駅名を確認しようとしていたら、向かいの席に座っていた初老の男性(といっても、私より若い可能性もあるが)が私に笑いかけながら、駅名の設定が間違っているね、という。

その声を聞いた瞬間に、電車内の液晶表示の駅名が荻窪になり、なんかもとに戻ったようでほっとした。どうも電車の運転手が駅名の設定を間違えていて、間違いに気づいて設定し直したらしい。

でも、迷信深い私はつい、電車が四次元空間に迷い込んだのかと、一瞬不安になったのだった。そもそも私は、電車が到着駅の表示を間違えたという経験をした覚えがない。

帰宅して調べたら、「下総中山」は千葉県船橋市本中山にあり、「本八幡」は千葉県市川市八幡2丁目にある。そしてこれらの駅は総武線上で隣同士なので、単に駅表示が高円寺から下総中山に平行移動しただけのようである。

ともかく、夜市のような異次元ミステリアスな状況を想定してしまったので、日常に戻れてよかった、と安堵した次第である。

以前に私自身のパウリ効果を嘆いた記事を書いたが、最近それが嵩じてきたような気がする。

すなわち、ある日急にキッチンを照らす蛍光灯(キッチン・ライトとでもいうのだろうか)が点かなくなった。あちゃー、と思い、近所のセブンイレブンに蛍光灯を買いにいったら、なんとグロー球しか売っていない。

そこで仕方なく、少し余分に歩くが、蛍光灯を売っているスーパーに行った。私が所望している蛍光灯は20型なのだが、そこにある20型の蛍光灯は二本組しかない。一本でいいのにと思いつつ、さらに量販電気店まで買いに行くのが面倒になって、仕方なく二本組のを買った。

そこで蛍光灯を交換しようと、キッチン・ライトの止め枠を外そうとしたら、力を入れすぎたせいで、一気に外れて後ろにつんのめりそうになった。

ともかく止め枠を外して、蛍光灯を新品に交換したが、やはり点かない。ああっ、と基本的なことに気づいた。これは蛍光灯でなくてグロー球が切れているのだと。

グロー球から確か近所のローソン100にあったよね、と行ってみると、なんと2個で100円だった。

そこでグロー球を交換して、スイッチを入れたらなんとか点いた。あ、そうだと旧い蛍光灯に交換してみたら、やはり点く。結局犯人は蛍光灯でなくてグロー球だったと分かったが、折角なので新しい方の蛍光灯を入れて、止め枠を嵌め戻した。ところが私には止め枠を嵌め戻すのはなかなか困難で、やっと嵌めたはいいが、どこかがずれたようで、スイッチを入れても点かなくなった。まったくもう、と止め枠を苦労して外して、それから蛍光灯のソケットの位置を直し、再度蛍光灯をつけて、再び苦労して止め枠を嵌めなおすと今度は点いた。

こんなの普通程度の器用さの人なら楽勝だろう。家内は編み物が好きなので、私よりも大駒二枚器用である。

最近の私は、蛍光灯の交換だけでなく、例えばスーパーでドレッシングを買ったとして、そのプラスチック包装を開けるのでさえ苦労する。明らかに以前より少し悪化していて、老化現象かもと思ったりする。

しかし、じつはこんなのは間違ってもパウリ効果などとは呼ばないのであって、パウリ効果と呼ばれるためには、不器用さの裏側に卓越した数学的スキル、理論物理学センスが潜んでいなくてはならない。もちろん私はそれには該当しない。

で、せめて私はこう神に祈るのである、不器用さと引き換えに砂粒ほどでいいので、私に数学的センスを下さい、と。叶えられるわけがない。

私の自宅から最寄りの駅への通勤経路にセブンイレブンがあって、本が注文できます、とあって、えっと思ったが、それからしばらくしてそれを利用してみようと思ったのは、アマゾンだとポストインでなくてクロネコヤマトの配達だと、不在だと不在伝票が入り、私もクロネコヤマトも両方がアンハッピーなので、それは避けたいということである。セブンイレブンでの本の注文だと、自分が好きなときに、指定のセブンイレブンの店に取りに行ける。

そこで、グーグルで「セブンイレブン 本」と入れると、オムニ7というサイトがみつかった。このURLは変わるかもしれないので、あえてリンクはつけない。

それで私はどう考えてもオムニ7のユーザIDはもっていないので、新規会員登録した。そしてユーザIDとパスワードを登録してログインし、買いたいと思っていた本を注文してみることにした。

検索欄があるので、そこに本の書名を入れて検索してみた。すると、すぐに見つかったので、カートに入れて注文とすると、配達と店舗受取があるので、当然に店舗受取を選んだのだが、すると受取店舗を指定する画面になった。ところが、場所は知っていても店舗の名前は知らないので、困っていると地図で選ぶ方法があった。そこで大まかな住所を入れると、自宅付近の地図があらわれて、セブンイレブンの店舗が表示されている。

ここまでくると流石に分かるので、所望の店舗を指定して、注文が完了できた。すると、私のメールに、ご注文控え【セブンネットショッピング】と題するメールがきて、そこに注文内容、受取店舗、出荷情報、払込票番号、ご注文商品が含まれている。払込票番号というのがレジで必要になる番号らしい。

あと、出荷情報としてお届け予定日というのが入っているが、だいたい注文日からみて2日後のうようである。

次の日に、ご注文商品の到着日時ご案内【セブンネットショッピング】と題するメールがきて、そこに日時が書かれている。そこから10日以内に受け取ればいいので、余裕である。

さらに次の日に指定した受取店舗に行ったのだが、そこでちょっと綾があった。それはレジの担当者が払込票番号を打ち込むとき間違えて、他の人が注文した本をもってきたからである。注文者が明らかに別人なので分かったのだが、受け取ったメールにバーコードが入っていてレジでスキャンすればいいみたいにならないだろうか。だとしても、間違えて本をもってくる可能性はどうしてもあるが、まあそれは懸念するほどのことはないだろう。

そう思っていたら、払込票番号のお知らせ【セブンネットショッピング】というメールに払込票へのリンクがあって、これをクリックしたらバーコードを含む印刷用画面があらわれた。そこで次回からはこれを印刷してセブンイレブンに持ち込んだら、レジでバーコードをスキャンするだけで済んだ。

ともかく10日以内の任意の時間にいけばよいという余裕があるのが助かるので、今後も使うことになるだろう。もちろんアマゾンも利用するが、多様性が好きな私は、書店に出向くことも含めて、セブンネットショッピングも使うことにする。

初音ミク

user-pic
0

万事晩生の私は、YouTubeで初音ミクという名前をみても、ああ若手の女性歌手だなくらいにしか思わなかったが、何かのきっかけで、それがヤマハが開発した音声合成装置(ボーカロイドと呼ばれるらしい)による合成音による歌唱であると知ったとき、特許出願のための準備勉強を通じて音声合成技術に初歩的な知識はもつはずの私は、その歌唱の自然さに改めて驚いた。まあ個人的には、その画像というかキャラクターがあまりにもアニメっぽくて、還暦を過ぎた私のような老人には、もうちょっと劇画調のキャラがいいと思ったが、若者に受けるにはいまの方がいいに決まっている。

そう思っていたら、読売新聞に、初音ミクの解説記事があったので、私なりにまとめてみる。

初音ミクを開発したのは、札幌にあるクリプトン・フィーチャー・メディアという会社。この会社は、1995年創業で、効果音や楽器の音色などの音の素材を音楽の作り手に提供することを業務とする。

しかし、初音ミクは音だけでなく、キャラクターも特徴とする。そこで2007年8月に、クリプトン社は、素材として使えるようにミクのイラストを3枚公開した。すると瞬く間にミクをアレンジしたイラストや、楽曲、動画作品が投稿された。そこでクリプトン社は、その3ヶ月後に、投稿サイト「ピアプロ」を開設し、クリエイターたちが著作権に縛られずに共同制作する仕組みを整えた。

これによって、ボカロP(ボーカロイド・プロデューサー)と呼ばれる楽曲の作り手や、巧みなイラストを描く絵師が次々に現れ、初音ミクは隆盛を迎えた。

ボカロPのうさPが2011年に発表した「千本桜」は、カラオケの定番曲になり、小林幸子が紅白で歌ったというのだが、私は不勉強で知らなかった。そこで今更、YouTubeで初音ミクで聴いてみたのだが、これは凄い。和楽器バンド版は、もう絶品というしかない。小林幸子版も味があっていい。

ブームは定着し、最近では、バレエなどの芸術や、太鼓、歌舞伎、人形浄瑠璃などの伝統芸とのコラボが試みられ、成功を収めている。

今更であるが、ボカロPに注目したいとおもう。

勝敗の流れ

user-pic
0

典型的には野球だったり将棋だったりするが、チャンピオン・クラスの強い人でも勝率が7割ということはあまりない。すると、よほどの強者でも三回に一回は負けるということになる。そういう現実の下でどのように戦うか。プロは当然そういうモデルをもっていると思うが、典型的には次のような戦い方の戦略を思いついた。

まず、あまり勝ち目がなさそうな勝負では、普通に頑張るが、厳しそうならそんなに粘らない。

もちろん接戦なら、必死で頑張る。

問題は楽勝になったときである。こんなときつい、辛く店じまいするみたいな戦い方をしたくなるが、ここで非自明にも、形勢を引き戻すというか、わざと綾をつくるような戦い方がよいようである。それで間違えて逆転負けしても、まあ仕方ないと諦める。

こういう戦い方を私は、典型的には囲碁の井山六冠の戦い方をみていて感じた。要するに優勢になってもリスクを求めて戦うのが綾のようである。

あと、必然的に巡ってくる負け戦をどうするかが、案外一番重要かもしれない。すなわち、負け戦で溜まっている悪いツキを出し尽くすところに一番のノウハウがあるのだと思う。

負け惜しみとしかいえないが、広島カープが意外にも3試合連続でDeNAに逆転負けしたのをみて、ああ、カープはここで悪いツキを吐き出そうとしたと思った。囲碁で言えば捨て石である。その捨て石は決して小さくないが、まだ地合いは余せるとみているのだろう。少なくともカープに必死で勝ちにいく姿勢はみられなかった。

じつは私は全く勝負強さというものが分かっておらず、私ほど勝負の機微を語るのがふさわしくない者もいないかもしれない。まあ仕方ないか。

猫力

user-pic
0

猫を飼っていると、なんだこいつはとそのふてぶてしさにあきれることもあるが、次第にその生き方から学びたいという面も見出したりする。

例えば、先日、あるコンビニに行ったとき、買いたいものをカゴに入れてレジに行くと、あれっ、誰もいない。こんなとき私の猫力が試される。すなわち、普通なら店員を呼びにいくところだが、私はなにもせずじっと店員が気づくのを待つ。結局2分くらいたってやっと店員が来たが、私は全く嫌な顔をせず、もう二度とここに来るか、とも思わない。そういう恬淡さが猫の一つの側面である。これは私はまあいい線をいっていると自負する。

別の猫の側面は、ともかくエピキュリアンなのであって、安楽な生き方に臆さず耽溺する。しかし、この側面はどうも私は必ずしも得意でない。ついストイックに努力してしまう。それは猫力というより犬力というべきかもしれない。私のサラリーマンとしての性質である。

さらに別の猫の側面は、所属する家庭なり組織に特になにも貢献していなくても、自然に居場所をつくるというか可愛がられるという側面であるが、ここに至っては私は決定的に苦手で、いつも意識的に居場所をつくりにいっている。

もちろん他の猫力として、ジャンプしたり、こっそり忍び込んだりする能力もあるが、この側面は私は悲惨なほど苦手である。

ということで私の猫力は将棋でいえばせいぜいアマ8級くらいで初心者もいいところである。それでは私の師匠たる飼い猫の猫力はというと、実はアマ初段程度である。ええっ、なんでそんなに低いのだと飼い猫からクレームがつきそうであるが、それはある意味仕方ない。すなわち生まれてすぐに親から引き離されて、親猫や周囲の猫から猫としてのノウハウを学ぶ暇がなかった。また、飼い始めても、家飼で外に出してもらえていない。なので、近所の猫と切磋琢磨していない。もちろん鼠をみたこともないので、狩猟本能も発揮できていない。なので、なんとも情けないなあとあきれること頻りだったりする。

そんな我が家の飼い猫であるが、馬鹿な子供ほど可愛いというように、冴えない猫ほど可愛いというのもあるので、それはそれで立派な猫力なのだと私は思っている次第である。そもそも、なんの取り柄があるかわからない猫が生存競争に勝てているというのがすごいことなのであった。

アマゾンで本や品物を注文して、実際に品物が発送されると、"Amazon.co.jp「△△△...」の発送"というメールがくる。そのメールを開くと、「配送状況は下記ページからご確認ください。」とあって、その下に長いリンクがある。そして、それをクリックすると品物は本日中に到着する、とあって、進捗ももうすぐ着きそうである。

ところが、夜八時を過ぎても荷物がこない。そこで、発送業者はヤマト運輸で、お問い合わせ伝票番号として12桁の数字が示されているので、ヤマト運輸のサイトに行き、その番号で問い合わせてみると、まだ西新小岩センターにあって、配達予定は翌日となっている。

私は、今まで配送状況の長いリンクが示す配達予定日が実は間違えていたという経験がないので、一体どうしたんだろう、殊更に繁忙期だったんだろうか、と怪訝になってしまった。

そこいくと、前にも書いたが、日本郵便は、追跡の粒度が細かくて、配達時期の誤差が小さくてよい。ただこれは、アマゾンの場合、利用は本などの小物に限られているようである。

ちなみに、私が待っていてまだこない品物とは猫の餌であって、まだ備蓄があるので特に神経質になる必要はないのだが、特許の仕事を担当してきたせいか、期限が切られたアクションを適当に流せないのだった。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち日常カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは数学です。

次のカテゴリは歴史です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。