日常の最近のブログ記事

昔、テレビで、ホーム・アローンという映画を観た。確か、家族のクリスマス旅行に、何かの事情で、家族のうちの少年一人だけがはぐれて、家に取り残されてしまった。しかし、少年はもともと気儘なタイプで、放置されたらむしろ、勝手なことができていいと思うタイプである。それで、自宅でのんびりしていたのだが、二人組の泥棒がやってくる、というストーリーなのだった。

それとはかなり趣旨が違うが、私家版ホーム・アローンとでもいうべきことがあったので、書いてみる。

すなわち、家内はスポーツが好きで、よくスポーツ・クラブに通っているのだが、私と違って、旅行も好きで、スポーツ・クラブの知り合いとときどき旅行に行ったりする。私が同行しないので、知り合いを誘うという意味もある。

それで、去年の11月だったか、家内は年末・年始を含む旅行を申し込んだという。私は、それはいいね、と応えたが、それは本音で、年末・年始の長い休暇に、一人ですごせるなんて(厳密には猫がいるが)、素晴らしいと思った。なので、年末・年始は、普段はなかなか読めない、いくつかの本をじっくり読もうとプランしたりした。

折角なので、しばらく会っていない知り合いに、まさか大晦日の日は空いてないよね、と連絡したら、都合がつくというので、会う約束をした。

そして、家内が出かける12月30日がきた。さあ夜になって本を読もうと思ったが、なんとなく世間の年末モードを感じて、落ち着いて本を読む気がしない。それで、あ、そうだレコード大賞の番組があったよね、とテレビを見ようとしたら、なんか気持ちが乗らなくて、仕方なく、囲碁将棋チャンネルをぼ~っと、見ることにした。囲碁将棋チャンネルは、無慈悲なまでに、時候に関係ないマイペースの番組編成で、それがなんか救いと感じることもある。それからふと、地上波の民放に切り替えたら、なんとプロ野球で戦力外通知になった選手がプレイアウトに参加する、というなんか身につまされる番組をやっており、思わず食い入るように観た。年末・年始で私が一番真剣にみた番組かもしれない。

次の日の大晦日は、約束どおり知り合いに会えて、軽く飲みながら、雑談できたので、有意義だった。紅白歌合戦を見るということで、早めに散会した。帰りのスーパーで、お寿司と、年越し蕎麦を買った。簡単に自分で作るものである。折角なので、蕎麦に載る海老天も買った。

そして、猫だけが待っている自宅に帰り着くと、帰ったよ、と叫んだ。しかし、来ないので、リビングに行ってみると、じっとしていて、ちらっと私をみたが、特に反応はない。全くもう、犬なら義理でも尻尾くらい振るよね、と思うが、私も慣れているので、あまり気にしない。

それから、もうすぐ紅白が始まるので、日本酒を飲みながら、お寿司を食べつつ、テレビをみた。すると、なんとなくお寿司が味気なくて、酒も進まない。

食べ終わると、ソファーに座って、テレビを見ていると、紅白が始まった。さりげなく、猫が隣に座るので適当に撫でながら紅白を見ると、なんか紅白が、いい意味で民放的で、華がある。唯一困るのは、トイレなどで席を離れると、猫が恨めしそうに睨むことである。それで、仕方なく早々にソファーに戻って、猫を撫で続けた。

そんなで、紅白は、フルフルで観た。なんか気疲れして、猫は適当にやり過ごして、寝た。

次の日は正月で、さあ、初詣に行くぞ、と思ったが、どうも気が乗らない。食器洗い、掃除、洗濯と真面目に家事をやっていたら、どっと疲れたからである。それでも、事前に注文して、冷蔵庫に保管しているおせちを出して食べて、必死で正月気分を味わおうとするのだが、全く気分が乗らない。日本酒も飲む気にならない。

そうしていると、年賀状が届いた。最近の私は、年賀状は正月に書くことにしているので、私宛に来た年賀状に、順次返事の年賀状を作成して場合により短いコメントを書き、投函してきた。

すると、前の日に買った、年越し蕎麦が、放置されていることに気付いた。紅白を観ていて、作るのを忘れたのである。それで、年明け蕎麦だね、と苦笑しながら、蕎麦を作った。海老天は忘れず載せた。

で、気力が減退して、初詣に行く気がいよいよなくなって、テレビも、正月番組が嫌で、またしても囲碁将棋チャンネルをずっと観ていていた。そして、今まで、一人で過ごす正月ってあったっけ?と考えたが、独身のときも年末は律義に帰省していたので、そういう機会はなかったかもしれない。

すると、別の自分が、こう言う。お前なあ、普段から、一人が好きだの、孤独癖があるだの言っている割に、このざまはなんだ、将来、何かの加減で一人暮らしになったら、どうするんだ、というので、気を取り直して、スマホでYouTubeを開いて、好きな曲ばかり二時間くらいずっと聞いていたら、多少は気分がほぐれた。

正月の二日目は、何とか初詣に行く元気が出たので、行ってきた。また、重い腰を上げて、正月に是非読もうと思っていた本をなんとか読み始めた。

その日の夜は、猫をあやしながら、なんかいまいちの正月向け歌謡番組をみて、またしてもどっと疲れて寝た。

次の日にやっと家内が帰ってきたので、なんかほっとしたが、困ったことに、今の時点でも、全く正月気分になれていない。これは、ホーム・アローン症候群と呼ぶしかない。

吉田拓郎の歌の歌詞で、♪今日という日がそんなに大きな一日とは思えないが♪というのがある。私は、その歌が好きで、あまり行事に囚われないで、淡々と生きていくのを旨としているが、それでもやはり、西洋でクリスマスが特別なように、日本では正月は別格なのだろうか。

まあ、もし今年も家内が年末に旅行に出かけるなら、今度は多少はうまく対応できるかもしれない。

すると、心の中に、中島みゆきの、一人上手という歌が流れてきた。

♪一人上手と呼ばないで、(中略)一人が好きな訳じゃないのよ♪

昔、不ぞろいの林檎たちというテレビ・ドラマがあったが、当時は仕事が忙しくて、帰宅してテレビで観るのは無理だった。それでも、家内とそのことを会話していたので、題名だけは記憶に残った。

それで最近、これは不ぞろいの林檎たちならぬ不ぞろいのスキルたちだよね、と苦笑することがあったので、ちょっと書いてみる。

すなわち、その日は休日だったが、朝からバタバタしていて、LINEも見ていなかった。ちょっと一段落して本棚をみたら、浦野八段の7手詰めハンドブックがあった。詰将棋はしばらく解いていないので、比較的易しいこの本で訓練しようと思った。

すると、どんどん解けるのでホッとしたら、ある問題で急に止まってしまった。そして、10分以上考えても解けないので、がっかりしてリビングに降りて、猫をあやしながら、ぼーっと、テレビを観た。なんか、チコちゃんの番組を観てから、ぼーっとすることが増えているような気がする。気のせいか。

そこでちょっとLINEをチェックしたら、棋友から詰将棋が送られてきていた。だいたい、棋友から送ってくるのって難しいんだよね、さっきは浦野八段の簡単なのも解けなかったので、これも無理かもね、と考えてみたら、案の定、難解である。

一時間半くらい掛けて解けないので、ギブアップしたら、棋友がヒントをくれ、それでも綾があったが、試行錯誤しながら、なんとか解けた。それでつい、いやあ実は今日は、浦野八段の簡単な詰将棋で躓いたのですよ、と弱音を吐いたら、その詰将棋を送ってほしい、と棋友がいう。

そんな、恥ずかしいと思ったが、最近特に、素直に生きることを旨としているので、送ってみることにした。

せっかくなので、棋友がそうするように、詰将棋の本の該当ページをスマホで撮影して、LINEで送ることにした。

ところが、カメラがなぜか自撮りモードになっていて、自分の顔や手が写ってしまう。いろいろウェブなどを調べて、苦心惨憺して、なんとかLINEに詰将棋の写真を貼り付けたら、案の定、一瞬で解かれてしまった。なぜか私も今回は瞬時で解けた。

で、詰将棋を一瞬で解かれたことよりも、LINEで画像を貼り付けるのに戸惑ったことの方がずっと恥ずかしいと思った。なぜなら、私は仮にも、長年シス担をしていて、平均以上のITスキルがあると自負しているからである。

しかし実は私は、スマホで写真を撮った経験がほとんどない。よって、それにまつわる操作のスキルも皆無に等しい。そんなので、ITスキルがあるなどと公言できるのだろうか。

そういえば、私が今まで書いてきたGUIのプログラムは、一応、目的の動作はするものの、ウインドウの配色や、コンポーネントの配置が、平均的な幼稚園児が描いた絵よりも下手で、自分で見ていて惨めになるほどである。

それで、これは不ぞろいの林檎たちではなく、不ぞろいのスキルたちだよね、と嘆息した。

他の例を挙げると、サラリーマンとしてはよく本を読んでいると自負する私は、歴史や社会科学、世相関係の読書が致命的に薄い。これから先の読書で、それを埋める自信は全くない。

カラオケは、レパートリーの数だけは自信があるが、テレビ番組の昭和歌謡曲の特集で、これは国民的名曲です、というので私が知らないのが、半端ない数あって、焦ったりする。

ということで、自分のスキルの不ぞろい度を下げることは、あまりに大変なので、諦めた。

そして、いいじゃないの幸せならば、という黄金律に戻るのだった。

家内は、座間市にいる知り合いから、米軍の音楽隊のコンサートが、なかなか素晴らしいと聞いていたが、どう申し込んでいいか分からず、11月に入って座間市のホームページでその記事を見つけたので、ダメ元で葉書で応募した。ダメ元というのは、とても人気があって、倍率が高いという噂だったからである。

それなので、当選の葉書が11月の終わり頃だったか、届いたときは、家内は喜んだ。一枚の葉書で二名が行けるので、家内は私に行くか、と聞いたとき、私はちょっとためらった。

というのは、それは12月14日の金曜日の午後で、少なくともその日は、午後休にしなくてはならない。しかし、私といえども年末は比較的繁忙期で、どうなるか分からなかったからである。

それが幸い、思ったよりもすっきりと手持ちの仕事を処理することができ、余裕ができたので、当日は一日休暇にして、気合いを入れて、軍楽隊コンサートに行くことにした。

実はちょっと面倒な手続きがあり、それは葉書をもっているだけではコンサートには入れない。すると、どうするかというと、その日の午後4時から6時の間に会場に行って、葉書を二枚のチケットと交換する必要がある。すると、うっかりか、都合が悪くなって参加できなくなる人がいて、チケットが余ると、それを目当てに、葉書が当たらなかった人も、6時からキャンセル待ちできるという次第である。

時間的にぎりぎりになるのが嫌な私は、午後三時半に、徒歩で会場の、座間市役所に隣接したハーモニーホール座間に向かった。自宅からはだいたい、歩いて30分かかり、4時すこし過ぎた。

ところが、行ってみると、チケット交換だけのはずなのに、待ち行列が長蛇で焦った。まさか、最後尾だったら、はい、チケット交換はもうここまで、と目の前で打ち切られないよね、と心配した。

でも、チケット交換の手続きが始まると、速やかに列が進み、あっさりチケット二枚をゲットできた。当選葉書の表には当然、住所が書いてあるので、葉書をもってきた本人がその住所に住んでいることを免許証などで証明する必要があるのかと思ったら、そんなの全く確認しないので、安心した。すると、うちは行けないから、と知り合いに当選葉書をあげるのもありである。

で、チケットをもって勇躍?歩いて帰宅し、ちょっと食事して、午後6時に、家内の運転で改めてハーモニーホール座間に出かけた。すると、座間市役所の駐車場は、かなり一杯だった。

6時会場で7時開演なので、会場に行ってみると、米国人の家族の人も結構いた。よくみると、これはクリスマスコンサートなのであり、それは米国では最大のセレモニーである。

席は全席指定で、席についてみると、VIP席というのも結構あった。米軍関係者用だろうか。

さて、演奏が始まってみると、クリスマス曲のメドレーがベースになっているが、ジャズやクラシックの曲も結構ある。みんな軍服の礼服のようなものを着ている。演奏はすこぶるレベルが高い。入れ替り立ち代わり、男女のボーカルのソロが入るのだが、これも実に美声で、痺れた。

曲の最初に、指揮者あるいは司会の人が英語でしゃべり、時々通訳も入る。私は、元外資系の管理職だった意地で、なんとかネイティブ英語を聴き取ろうとしたのだが、大まかにみても2割くらいしか聞き取れず、がっかりした。全盛期?は、七割くらい聴き取れていたはずなのだが、今となってはそれも怪しい。

あと、英語の詩の朗読の場面があったのだが、なんと座間市の遠藤市長が担当されていた。ところが、その朗読のうまいこと。感情も籠っている。外資系にいたときも、日本人のあんなうまい英語は聞いたことがないので、遠藤市長は絶対どこかアメリカの大学を出ているよね、と経歴をみたら、普通に早稲田だけだった。どこで勉強したのだろう。

今回の米軍の演奏者は、座間キャンプベースかと思っていたら、実は日本全国の米軍基地の音楽隊から、駆けつけたらしい。朝霞駐屯地の自衛隊の音楽隊からも応援に駆けつけた人もいらっしゃる。

このような企画は、数年前に、座間市と、駐留米軍の友好関係から始まり、好評なので続いているらしい。

ということで、来年もまた応募してみよう、当選するかどうかが綾であるが。

私は、公民館で、自分のもっているスキルをいかに小、中学生や一般の方に教えるか、ということを検討する会合のメンバーをやっていて、そのメンバーの各々が、教えるべきスキルをもっている。私は将棋であるが、写真や、手芸や、工作や、書道など、さまざまなスキルをもった人がいて、いつもいろいろな話題で盛り上がる。

しかし、将棋というのは、物理的工作とは縁がなく、なんとなく私が孤立している雰囲気があるが、私はあまり孤立を厭わず、いつも会議の末席で、おとなしくしている。

そんな私であるが、11月初めの会合でつい、私は歌が好きなのですが、うまくないので、歌謡指導してくれる先生はいませんかね、と話題を振ってみた。

すると、何人かのメンバーに、微妙な反応があり、急に12月半ばの土曜日に、みんなでカラオケに行こうと、とりまとめ役の人が、日時設定までしてしまった。流石に、毎週のようにイベントを企画している公民館の担当の方の練達の段取りである。

そんな意図で言ったつもりではないのだが、まあカラオケなら、私は拒む理由はない。それにしても、と後から考えてみたら、みんなカラオケに行きたいとう気持ちがあったが、最後のきっかけがなく、カラオケ会が今まで成立しなかったらしい。すなわち、譬えでいうと、カラオケのガスが漂っていたところに、私がマッチを擦り、引火した、ということらしい。

それで、せっかくのカラオケ会なら、少しでもまともな歌を歌おうと、決めた日程までに、一人カラオケに行って練習したりした。

当日は、言い出しっぺの私が風邪などで休んではいけないので、体調に留意して臨んだ。

カラオケの雰囲気であるが、メンバーは私よりも年上の人もいらっしゃるが、日々ボランティアで公民館活動している人たちばかりなので、アクティブで、なんとか勢いで負けないように私も頑張った。しかし、最早私が局面を占拠できなかったのは、私が老いたからだろうか。必ずしもそうとは限らない。

なぜなら、かなり若い女性のメンバーが、ディズニーのアナ雪の、松たか子が歌った曲をまるでカラオケ・バトルに出場する人のように上手く歌うので、私は圧倒されてしまった。間違いなく私とは大駒の手合だろう。公民館でも、歌姫のような存在らしい。

それで私は、場を支配できないので、地味にみんなに配慮して、ムード作りすることに徹した。こういうのは私は、案外苦手ではない。

こうして私も楽しくカラオケの仲間に入れてもらえて、幸いだった。次も声をかけてもらえたらうれしいが、そうでなくても一人カラオケで凌げるので、平気である。

ともかく、将棋とカラオケは私の人生を色濃く彩ってくれた、といえる。そこだけみたらいい人生なのだが。

オーグメンテーションとは、もしかしてAIの文脈で使用されたりするが、ここでは全く違うニュアンスで使ってみたい。

健康診断で一応はオッケーだったものの、どうも体調と気分がすぐれない私は、勇気を出して、週末の散歩を習慣化してみた。すると、意外にも散歩にとても効果があって、体調が改善された。

それだけではなく、たまたまテレビで観ていて、ネギとゴマをふんだんに食べるといいとあり、それで、長ネギは、特に白いところを刻んで、味噌汁や納豆に沢山いれるようにした。

ゴマは、いりゴマを買ってきて、これはゴマすり機ですって、スープでもサラダでもたっぷりかけるようにした。

さらには、夜更かししないで、夜はなるべく早く寝るようにした。下手な勉強より、安眠が優るというスローガンを採用した。自分を休ませる練習の教えである。

そうやって数週間たって、たまたま出張で愛甲石田駅に降り立ったとき、いつものように駅前の日高屋で、とんこつラーメンを頼んだ。それでラーメンがきて、スープを一口含んだとき、えっ、日高屋のラーメンはこんなに美味しかったっけ、と改めて驚いた。

また、帰路にUSBプレイヤーで久々にビートルズの曲を聴いたら不思議に心に沁みて、えっ、ビートルズってこんなに感動的だったっけ、と思った。

あと、土曜日の夕方に、ミュージックフェアという番組を観ていて、司会の女性がなんという美人だと感激したら、調べたら加藤綾子という人で、もともと美人で才女で有名な人なのだった。これはいつものことなので、オーグメンテーションとは関係ない。

そんなことがあって、どうも感性がオーグメントされているのでは、と感じた。そう感じていると、ある週末、心が明らかに歌いたがっている。それで、久々に一人カラオケに行ってみることにした。行きつけのシダックスである。前回来たのはたしか、6月1日だった。

シダックスは、確かカラオケ館に買収され、サービス内容が少し変わっていた。すなわち、ワンドリンク制ではなくなり、デフォールトで、ソフトドリンクのドリンクバーとなり、トータルで値下げなので嬉しかった。

もっと嬉しかったのは、カラオケを始めてみて、必ずしも歌がうまくなっているとは思わないが、発声量が四十代の全盛期に近いレベルで、最初は二時間の予定だったが、つい気持ちが盛り上がって一時間延長した。

こうして心身がオーグメントされていることを確認したのだが、これが続くとは限らないので、日々の地道な鍛錬を欠かさないことにしよう。

知り合いから、JR山手線・京浜東北線にできる新駅の名前が、「高輪ゲートウェイ」に決まった、と聞き、へぇー、と思った。位置は、田町と品川の間らしい。

それにしても、高輪か、といろいろなことを連想した。まず、田町や品川というと、通勤経路ではないが、三鷹から横須賀の研究所に出張するとき、必ず通る。三鷹から中央線快速で神田まで行き、そこで京浜東北線に乗り換えて、品川までいき、京浜急行の快特で、三崎口方面に向かう。すると、太平洋が最後に見えてくる。毎日海を見て育ったので、海を見ると心がやすらぐ。

さらに高輪ついてであるが、以前勤務していた、外資系の途中入社の入社試験が高輪プリンスであった。当時、今よりも都内が不案内だったので、駅からその場所に行くのに、完全に道に迷った。しかも冬の季節でその日、都内は珍しく大雪だった。実はもう既に、別の事務機メーカーから合格通知をもらっていたので、もういいや、と諦めて駅に向かっていたら、たまたま高輪プリンスがあった。ホッとしたと同時に、いまから入社試験を受けるのか、と気が重くなった。試験はラッキーで受かったが、その後のいろいろなことに鑑みると、事務機メーカーの方がよかったかな、と今更思ったりする。

次は、ゲートウェイ。外資系にいたとき、次世代社内管理システムの検討のため、何度も米国に出張した。その検討会議に、Wさんというパテントアトーニーが出席していた。Wさんは特許実務や法律に詳しいだけでなく、コンピューターにも強くて、いつも会議をリードしていた。

ところが、それから数か月して再び、会議に出たとき、Wさんがいなかったので、関係者に聞いてみたところ、ゲートウェイに転職した、と残念そうに話していた。当時、ゲートウェイは、IBM PC互換機の有力新興メーカーで、確かに注目されていた。パソコンの好きな私にはゲートウェイのパソコンは、若者がスポーツカーに憧れるように、垂涎だった。なので、転職した気持ちも分からないではなかった。

ところが、ほどなくして、Wさんは、元の会社に舞い戻ってきた。新興メーカーというのは、活気があるが、その分、組織として発展途上でいろいろ問題があるのだと思った。

しかし、戻ってきたWさんは、二度とシステム仕様の検討の仕事には手を染めず、本来のパテントアトーニーの仕事に専念した。要するに、知財部でシステム仕様の仕事をしていても、所詮傍流で、雑用係のように見られるのが嫌で、堪えきれなくなって、一旦転職したのだろう。そのあたりの悲哀は、私はよく理解できる。

戻って、高輪ゲートウェイの駅名であるが、高輪駅も検討されたらしいが、メトロの類似名の駅と混同するので、ゲートウェイをつけたらしい。要するに、何かのハブ駅だからゲートウェイと付けた訳ではないらしい。そういうことならまあいいか、と納得した。

まあ、私が納得しようと、すまいと全く関係ないのであるが。

好奇心

user-pic
0

かなり前から、世の中が高年齢化していて、すると認知症の人にどう対処するか、そもそも認知症をどう予防するかということが重要になる。

先日視ていたテレビ番組では、認知症の専門医が認知症の初期兆候を見つけることが必要なのだという。それは簡単なことが思い出せないことだというので、ええっ、自分もヤバいじゃん、と思った。

例えば、前にもブログに書いたが、桶狭間の戦いで討ち取られた武将は誰だったっけ、と思い出そうとして、どうしても思い出せなかった。ウェブで確認してもまた忘れるので、これはもしかして私の前世のどこかで、今川義元の命令で惨殺された、井伊家の一族にいたことがあるのか、と考えたえたりしたが、いくらなんでも、そんなわけない。

テレビ番組の医師の話に戻って、認知症になる原因の一つに、老人が食後過度の低血圧になって、脳の血流が下がることが、脳のβアミロイドを増やして、認知症を進行させるのだという。

そうなると、記憶力が目に見えて低下したり、食後異常に眠くなったりする、というので、いつも会社で食後の午後の眠さに困っている私は該当するよね、と苦笑した。

で、その対策であるが、医師によると、よく噛んで食べること、食後は寝ないで、軽く散歩したりして眠気を防ぐこと、なのだという。それで、とりあえず昼食をよく噛んで食べるようにしたら、確かに午後の眠さは多少改善されたような気がした。

次に医師は、複数の被験者に、短期記憶のテストをして、認知症度を調べていた。それに関しては、私も知能に記憶力は重要だと思うので、小田急線の駅名を覚えることで、記憶力を多少なりとも鍛練した(愛甲石田から小田原の間が未だに未踏破であるが)。

で、確かに記憶力は、簡単にテストできる項目であるが、それだけでいいのか、と改めて考えてみた。そして、今更であるが、やはり好奇心が重要なのではないか、と思った。

というのは、惚けてない元気な老人が、やることがなくて一人で自宅に佇んでいる、という話はよく聞くからである。

地域のコミュニティーに入って他人と付き合えばいいというけれども、内向的な人だとなかなかそれも難しかったりする。

私はというと、つい過度に内向的になる自分の性格を逆手に取って、読書と、その延長としての、語学や数学などの興味というか関心を育むことに、若い頃から努力してきた。趣味に書いたとおりである。そのお蔭で私は、一人でいるとき、退屈した記憶がほとんどない。

その意味で、私にとって、若い頃から勉強している数学と出会ったのはラッキーで、今でも汲めども尽きないという感覚が、数学を勉強する度に深まる。

私の数学の才能なんて、本当に微々たるもので、多分将棋の才能の方がましであるが、将棋では、数学ほど汲めども尽きない感をもつことができない。なので、才能には上達だけでない様々な側面があるのだと思う。

ただ、最初の話題に戻ると、好奇心にも、スキルのセントラル・ドグマの議論が成立していると思う。すなわち、好奇心は、短期記憶力や脚力などの基礎的な能力に支えられており、いくら数学を勉強しても、脚力が鍛えられることはない。なので、体をある程度鍛練することは重要なのであった、あ、駅名を記憶することとかも、である。

私は、結構お笑い好きなはずなに、お笑いの最大の催しのひとつであるM-1グランプリをもう何年も観ていない。観たい気持ちはあるのだが、いつも観ようと思ったら、知らないうちにもう終わっている。

要するに、あまり熱心なお笑いファンではないのだろう。ところが、12月2日の日曜日、たまたま囲碁の中根九段のブログである、なかねっとを見ていたら、その日に、M-1グランプリがあるので、楽しみにしているという記事があった。

囲碁の棋士で、お笑いの芸人を話題にする人はほとんどいない。流石、中根九段だと思った。なかねっとは、ものすごく面白いとは思わないが、なんかほんのりした味があって、中根九段の暖かい人柄が滲み出しているので、結構好きである。

それで、せっかく中根九段に紹介戴いたので、久々にM-1グランプリを観てみた。

すると、勝ち上がってきたグループを見てみると、私は最近のお笑い界にすっかり疎いので、「和牛」くらいしか知らない。和牛も、スーパーの食肉コーナーのコマーシャル映像で知ったくらいである。

審査員は、オール阪神巨人の巨人、中川家の礼二、ナイツの塙、立川志らく、松本人志、サンドイッチマン冨澤、上沼恵美、の7人。私がお笑い界に疎いといっても、この審査員が斯界の大物ばかりであることは分かる。

で、実際に漫才を観てみると、確かに面白いし、勢いがあり、様々な実験的工夫に満ちている。

ただ、私の感性が古いのか、いまいち笑えなかったりする。ところが、審査員のコメントをみると、私があまり面白いと感じなかった実験的ネタを評価している。要するに、いくら一般受けしても、人真似ではアカンということなのだろう。

このあたり、私が将棋で、プロの角換わり腰掛銀戦法に感じるのと同じなのだろう。すなわち、私の将棋の知識経験レベルは、流石にお笑いのそれをかなり上回るが、それでも角換わり腰掛銀戦法は私にはかなり退屈で、なんとか面白いと感じられるのはやっと、中盤から終盤にさしかかるあたりだったりする。

だから、現代漫才や、面白いの斯界権威のコメントに私がついていけないとしても、意外ではないのだが、お笑いは、将棋と違って大衆芸能なのだから、もっと私のような素人にも阿る面があってよくないか。

といってしまって、そうはいっても、と思い直すのは、M-1は、若手漫才師の登竜門なのだから、いくら面白くても、金太郎飴のような漫才師はいらない、ということなのだろう。

あと、少なくともお笑い好きなら、なんやねん、若いもんの漫才は、と拒絶するのでなくて、へぇー、なかなか面白いやないか、と関心を示すべきだろう。最近、少しずつ聞き始めているクラシック音楽のアナロジだったりする。

ということで、少し真面目にお笑いや演芸番組もチェックすることにしよう。木石のような私であるが、お笑いと異性に対する関心も涸渇させたくない、それは案外、学問的、哲学的関心と同根だと思っている。

そういえば、M-1の優勝は、和牛かと思ったら、意表を衝いて、霜降り明星だった。少なくとも私はあまり面白いとは思わなかったが、私の感性なんて世間的にはマイナーなので、仕方ない。

スマホ・デビューして四ヶ月くらいが経過して、ようやくスマホに馴れてきた。最近、新しいアプリを導入した記憶がない。

私がよく使うアプリは、天気予報関係と、将棋関係と、プロ野球関係と、テキスト・エディタと、LINEと、あと当然ながら、ウェブ・ブラウザである。

天気予報アプリは、今年は台風がよく来たので、それに備えて導入し、それから、日常的に最新の天気を知るために、毎日見ている。

将棋アプリは、月500円の有料であるが、毎日、主なプロの将棋がリアルタイムで中継され、見ているとつい、夢中になってしまって、時間がどんどん経つので、他の用事が犠牲になるため、自粛している。それでも、電車の待ち時間など、ちょっとした空き時間に将棋アプリをみるのは、最高の時間つぶしである。

プロ野球アプリは、ちょうど帰宅の電車が、試合の開始時間なので、おっ、カープは先取点を取ったかな、みたいにまめにチェックしたりする。これがなかなか面白くて、実際にテレビで観るよりも野球アプリの方が没頭できる、みたいな倒錯的なことになってしまっている。ただ、今はシーズンオフなので、プロ野球アプリは完全に開店休業である。

LINEは、極めて限定した仲間とだけの通信に使っており、メールよりもはるかに便利なのだが、最初は設定が甘かったので、知らない人がリストに入ってきて、困った。私は知らない人と交遊関係を広げるつもりは全くないので、そういうのは一切拒否する設定にした。

あと、私が一番重宝しているのは、テキスト・エディタである。今や、ほとんどのブログ記事は、スマホのテキスト・エディタで書いている。もともと、スマホに移行した主要な目的が、これだった。スマホでブログを書くのは、通勤の電車内が多い。

よく世間で、饒舌というか、人前でいくらでも話せる人がいるが、私は本質的に訥弁で、そういうのは苦手である。

しかし、文章を書くことになると、私は結構、止めどなく書ける。ブログも、普段からノートにメモしているネタの一つを頭にインプットすると、それを初期値として、頭の文章生成機能が発動し、ほとんどノンストップで文章が紡ぎ出される。こうして、通勤電車の片道で、ブログ一本できあがり、となる。

作家の書いたものを読むと、ほとんどの作家がそういう能力をもっている。私はというと、作家並みの文才も教養もないので、お恥ずかしい内容のものしか書けないが、それでもあまりブログに時間はかけたくないので、誤字脱字の訂正や、文章のつながりの修正など、最小限の訂正をパソコン上で施して、ブログにアップする。

以前パソコン上でブログを書いていた時に比べて、気持ちから文章化するまでの距離が短いので、蔵出し感が増した、本音ベースの文章になっている。そのぶん、推敲が足らない、支離滅裂な文章になる可能性も高まるが、そこはリスクである。

ただ、数式を含む数学関係の記事や、コンピューターのプログラミングなどは、流石にスマホでは書く気がしないので、スマホのブログが全てではない。

こうして、ブログ書きを中心として、天気予報やプロの将棋を眺めたりしながら、私の一日が過ぎていくのだった。

場の占拠

user-pic
0

今から20年以上前、私が知的財産協会の委員会に出席していた頃の話である。

私が所属していたのはペーパーレス委員会といって、要するに特許庁の電子出願ソフトを検討するミッションだったのだが、外資系という外様であり、まだ若僧だったのに、私は他のメンバーから一目置かれていた。それは、電子出願の業務アプリを作成するために、特許庁電子出願の無味乾燥で分厚い仕様書を読み込んだ経験があったからである。

その流れで、電子出願ソフトの次世代の仕様の検討は、私が中心的役割りを担った。

さて、知的財産協会の委員会は、大抵はメンバー企業の保養所だったりしたが、地方に出掛けて、そこで昼間は会議をして、午後は観光したりして、夜は宴会と決まっていた。なんのことはない、物見遊山である。

そして、宴会の後はカラオケが定番だったが、実はそれを一番楽しみにしている人もいた。私もそうである。

で、ちょっと意外だったのは、私が歌うと妙に受けるのである。メンバーには大学時代、コーラス部だった、という人もいて、私より上手い人はいくらでもいた。また、私の容姿はイケメンから遠くて、極めて地味である。容姿だけならグレイマンである。

ところが私は、自分でも意識したことはないが、妙に華があるらしい。それで、私が歌うとなぜか、場の雰囲気を席巻してしまうのである。

それで私は身分不相応な人気を得て、委員会の実績もあったので、委員会の重鎮のようになった。そんなとき、委員長が会社の仕事の都合で降りることになり、当然のように私は委員長を打診、というより切望されたが、たまたま管理職として、韓国の部門をサポートする役割が増え、それはかなり重いと想定されるので、それを理由に委員会そのものから、降りた。

その後も何度も会社に電話が掛かってきて、委員長を打診されたが、その都度、固辞した。委員会のメンバーには分かっていなかったかもしれないが、私は人の上に立ってリードするのが得意ではない。カラオケで華がある、ということと、リーダーシップとは何の関係もない。

では、なぜ会社で管理職を続けていたかというと、なかなか私に代わる人が育たなかった。部下に教育しようとしてもみんな大変だからと、逃げてしまう。私の本音は、誰か代わりに管理職になってくれる人がいたら、直ぐにでも特許の実務屋に戻ることだった。

話を戻すと、管理職時代は、よく海外出勤に行った。社内でも、次世代特許管理システムの仕様検討のタスクフォースにいたからである。その関係で、みんなの前で英語でプレゼンする機会が何度もあった。管理職になったばかりの頃は本当にひどい英会話スキルだったが、場数を踏むと、よほど込み入った身の上話のようなものでなければ、あまり不自由しなくなった。

それでプレゼンをアサインされると、一生懸命、ジョークのネタを何個か事前に考えた。また、即興でも、ジョークを織り込んだ。例えば、会議のある日は出席者が女性ばかりで、次の日にたった一人男性が一人出席したとき、私のプレゼンとなり、私は、ああ、ほっとしましたよ、昨日は女性ばかりでうんざりしていたら、やっと男性が来てくれました。私は日本で、いつも女性の部下に手を焼いているのですから、といったら、大層受けた。日本にいるときほどではないにしても、あのときも、場の雰囲気を占拠でき、私はプレゼンが面白いと評判を得た。

それはいいとしても、私がいる部門の本社ヘッドクオーターで組織の潮目が変わり、私は必要以上に冷遇された。邪推だが、人望のない部門トップの人が私の人気を妬ましく思ったというのもあると思う。というのは、私のように軽佻浮薄ではない、真に人望があって優秀なパテント・アトーニーが、やはりトップに嫌われて結局、辞めたと聞いたからである。おそらく嫌われるのは、そのトップの問題ぶりを見抜いて、それが相手に伝わるというのもあるのだろう、私もそうだった。私の盟友のMさんもトップの人が嫌いだった。

まあ、なんにしても、これも人生である。私としては、時として場の雰囲気を占拠するこの性格は、それでも気にいっている。良くも悪くも、父から受け継いだ性格なのだから。

月別 アーカイブ

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち日常カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは数学です。

次のカテゴリは歴史です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。