日常の最近のブログ記事

夏の暑さの名残りなのか、最近朝起きて、妙に疲れを感じる。そのせいか、朝喉の渇きを感じるので、寝る前と朝起きたとき、お茶など、水分を余分に飲むようにした。

そうするといいことがあって、それは朝のお通じがいいのである。もともと私は、便秘はあまりしない方であるが、それでも微妙に便が出切っていないという感じがあることがあり、朝余分に水分を摂ると、なんとなく腸内で便を押し流す感じがあって気分がいい。

ところが、朝困ったことがあって、やたら鼻水が出るのである。それで、ゴミ箱は、鼻をかんだティッシュペーパーで一杯になってしまうし、トイレに入っても、お尻を拭くより、はるかにトイレットペーパーで鼻をかむ頻度の方が高い。

最初の頃は、風邪をひいたのかと思った。急に朝晩寒かったりしたからである。私はもともと、あまり風邪をひかないタイプなのだが、加齢とともに免疫力が下がっているのも確かである。

ところが、自宅を出るまでは盛んに鼻水が出るのだが、自宅を出て、電車に乗ると、嘘のように鼻水が止まってしまう。

そこでおかしいと思って、ウェブを検索してみると、モーニング・アタックという項目が見つかった。

すると、花粉症やアレルギー性鼻炎かもしれないというのだが、私は多分花粉症に罹ったことはない。周囲の多数の人が花粉症に苦しんでいるとき、私だけ平気なので、いいよな、と羨ましがられたりしていた。

ただ、知り合いで七十歳を過ぎて初めて花粉症にかかったという人もいるので、私がそうなったとしても、何もおかしいことはない。

あと、鼻炎は、子供の頃から蓄膿症の傾向があり、今は鼻づまりはほとんどないので、一応治っているとは思うのだが、ともかく昔から嗅覚は平均よりかなり鈍く、まさか香水の調合師を目指すわけもないが、調理師もソムリエも綾なしである。

そう思いながら、適当にやり過ごしていると、なんとなくモーニング・アタックは軽減されたような感じになってきたので、薬は飲まないで様子をみることにした。

こうして次第にどこか調子が悪くなって、それでもランナーを溜めても得点に結びつけない投手のように、可能な限り、粘って生きていきたいものである。

飽き

user-pic
0

スマホ・デビューして三ケ月くらい経って、ようやくスマホに飽きてきた。私はこうなるのを待っていた。すなわち、スマホにかける時間を減らして、読書など、通常どおりに時間を費やすことができるからである。

私は何をやっても飽きっぽくて続かず、大成したことがない。でもそれは、飽きっぽいせいでなく、単に才能がないのだと思う。

才能があれば、一見平凡な事象に、何か面白いものを見つけるかもしれない。そして、ある事象に飽きたら、少し対象を変えて、また新たな鉱脈を開拓していく。

すなわち、逆説的のようだが、飽きることが知性の証明だったりする。

猫は、哺乳類の中で人間に次いで知能が高いという説があって、それを信じる人は多くないかもしれないが、私がその説を信じたくなるのは、猫は飽きっぽくて、無駄に嗜好を変えるのである。

すなわち、寝場所が複数あって、どういう基準で選んでいるのか解らないが、頻繁に寝場所が変わったりする。

すなわち、嗜好が変わり得るということが知能のエラン・ビタールであって、知性のダイナミズムでもある。私の知っている人で、一度決めたら絶対に変えられないという人がいるが、あれはもしかして一種の学習障害だと思う。もしかして猫以下の知性である可能性もある。

飽きっぽさとは直接関係ないかもしれないが、猫はテレパシー能力が発達していると思う。すなわち、私の飼い猫は、私の意図を読み取って、先回りして行動したりする。ある意味、練達のホステスの能力であり、この能力を駆使して、猫は、泥棒よけのようなイクスプリシットな能力を発揮することなく、人間世界で生き延びている。

そのテレパシーであるが、間違いなくどんな生物でももっており、個体間、あるいは集団でのテレパシーのブロードキャストで、変わるべくして変わることで進化していく。まさに今西理論である。

牽強付会のようであるが、多分飽きることは、テレパシー能力にも関係がある。なぜなら、変えられない固着人間は、極めて察しも悪い。周囲のテレパシーをほとんど拾っていない。すると、人が飽きるのは、テレパシーに感応してなのかもしれない。

また、人があることに集中して、何かの成果を挙げるということは、電磁波が電場と磁場の交代であるように、動的に飽きて、対象の周りを興味が回っているのかもしれない。これこそ、動的平衡モデルである。

カラオケというと、歌が限りなく好きだった父を思い出すのだが、その父が七十台の半ばで、流石に声の伸びが衰えてきた、とこぼしていたのを思い出した。

そのときはそんなもんかと気にも留めなかったのだが、当時の父より実質的に若い六十台半ばになって、私も歌うことに衰えを感じてきた。具体的には、高いキーの声が出にくくなった。

私は若い頃、高いキーが得意で、ボーイソプラノだね、と褒めてもらったことがある。そこが駄目になると、私の歌唱力は半減する。

一人カラオケに行くようにしたのは、そこを鍛え直すという意味もあった。それである程度発声が回復したと思ったのだが、少し酒を飲んで歌うと、どうも調子がでない。しかし、カラオケに酒は付き物であって、飲んだら歌えませんでは話にならない。

それで私は、歌唱力とは別の側面に注目することにした。それは、端的にいうなら、カラオケ・マラソンとでもいうべきものである。

すなわち、何人かでカラオケに行って、次々に各人が曲を入れていくのだが、始めて二時間くらい経ったときくらいから、次第に曲の入力が鈍化してくる。メンバーが疲れてきたというか、歌うことに倦んできたというか、歌いたい曲は大体入れてしまった、とかいろいろ理由はあるのだろうが、曲が途切れるのがなんかもったいないので、私が曲を入れてつなぎ、あと一人くらいの一人も私に続いたりする。

その一方で、過半数以上のメンバーの、もういいではないか、という雰囲気を感じて、仕方なく終わりにするのだが、私はというと、途中で中弛みしても、何か別ジャンルの曲を入れるとまた気持ちが盛り上がって、歌い続けたくなる。

それで、あまり上手下手を問わないで、延々と楽しく歌うカラオケ・マラソンというのがあったら、私は結構いけるのではないか、と思った。そもそも私が不足を感じるのは歌唱力であって、レパートリーではない。

実は私は、カラオケの歌詞の本を買ってきて、暇をみて歌ってみたり、YouTubeでよさそうな曲をたまたま聴いたら、ネットで歌詞を調べてノートに書き移して練習するなど、地道な努力をしている。

なので、もう沢山だ、とうんざりするまで一度歌ってみたいと思うのだが、そんなのに付き合ってくれる暇人の知り合いはいないと思うので、やるなら一人カラオケでやるしかないかもしれない。

あと、もし競技カラオケ・マラソンというのがあったら、どんなだろう、と考えてみた。

それは、出場者を何人ずつかのグループに分け、そのグループがカラオケ・ボックスに籠って順番に延々と歌うというものになるだろう。他の人が歌っているときに曲を入れるのだが、基本的に一度に二曲以上入れるのは失格である。順番が来て途切れそうになったら、30秒以内に曲を入れなくてはならない、音程がずれすぎたら、その曲はきちんと知らないと見なされて失格、一度入れた曲を再び入れたら失格と、疲れてきたらなかなか厳しいものになる。

そういう条件だと、当然に、カラオケ・ボックスに一人審判員がいて、判定する。

そうやって書き下すと、楽しいはずのカラオケが、壮絶なものに思えてきた。一手30秒以内の将棋の終盤みたいなものである。

ということで、カラオケは腹八分目にしておくのが、やはり健全のような気がする。

電車の出版広告を見ていると、○○式3日で一生あがらなくなる方法とか、○○式最高の睡眠をとる方法、など自己啓発本がひしめいている。

それなりの研究家が書いた本もあり、ある程度意味があるのだろうと思うが、なんとなくうさんくさいと思うのは二点ほどあって、まず第一に○○のところに、有名大学が入ることである。なぜか米国の大学の場合が多く、典型的にはハーバードとスタンフォードであったりする。

米国には、プリンストンやカルテック、MITなど、同等または以上の大学がかなりあるが、マスコミ的にはあまりインパクトがないのか、まず使われることがない。

また、一週間の努力で、一生疲れない体になるとか、ちょっと考えたらありえない命題が、○○大学の名の基に提示されていたりするが、これなども、人間の変身願望にフィットするのだろう。

これは多分、歴史的には、易行で悟れる、成仏できる、天国に行けるなどと、宗教団体が説いてきたことに相当する。

さらに、ともすれば、宗教団体の教祖を絶対の悟りに達した宇宙至高の存在のように奉る。

しかし、少なくとも、スピリチュアリズムのシルバーバーチは、生身の人間が達成できる悟りのレベルなど高が知れていると喝破し、長い間の努力で少しずつレベルを上げていくしかない、と説く。

なので要するに、スピリチュアリズムは、当たり前のことを淡々と説いているだけで、インスタントな願望に全く応えてくれないので、がっかりするほどであるが、それがこの世の実相なのだから仕方がない。

なのに、スピリチュアリズムを、インチキ降霊会を催して騙す、みたいに定義して、こき下ろす人がいて困る。こき下されるべきはむしろ、安易な自己啓発本ではないだろうか。

しかし、何かの権威を借りて、易行で瞬時に、不可逆的に自分を変えられると説く本は、それが人間の根源的な願望であってみれば、あとを絶たないであろう。

私が読書するのでさえ、その本を読んだあとで自分の何かの能力が劇的に変化する気持ちが少しくらいはあると思う。まあ錯覚するくらいならいいんじゃない、早めに錯覚であることを意識するなら。

日記風

user-pic
0

十年以上も前にブログを書き始めたとき、どこそこでラーメンを食べました、おいしかった、みたいな日記風の記述ではなく、それに毛が何本か生えたような、多少捻りの入ったことを書こうと努力してきて、あくまでも自己評価であるが、満足いく内容になったこともあるし、そうでなかったことも多い。

最近は年のせいかだんだん疲れてきて、また、ほとんどのブログをスマホで書くようになって、そういう衒いも次第になくなってきた。で、今日も日記風に気楽に書いてみる。

それでここ数日感じるのは、急に涼しくなったことである。今まで通勤は半袖カッターだったが、最高気温が24℃とかで、これは流石に長袖カッターかな、と家内に出してもらって着て行ったら、そんな気温ではないはずなのに微妙に暑苦しい。そう思って電車の中を見回すと、長袖カッターだけでなく、上着さえ着ている人もいるが、半袖カッターの人も決して少なくないので、今日、すなわち9月21日は、半袖カッターを着ることにした。体感では、表示されている気温よりも暖かいので、太陽に照らされた大地の潜熱のせいかな、と思ったのだが、雨がちの天気で湿度が高いせいでしょうと指摘する人もいて、そちらが正解かもしれない。

ともかく、私は周囲の様子を意外に気にする方で、半袖カッターが圧倒的マイナーだったら嫌だな、と心配していたらそうでなくてよかった。

雨がちといえば、9月20日のマツダスタジアムでの広島対阪神の試合は一体なんなんだろう。すなわち、試合開始時点の午後6時で雨が強いので、とりあえず試合開始を一時間遅らせた。普通なら中止にするところだろう。それを開始遅延にしたのは、過密日程でなんとか試合を消化したいというプレッシャーが強いのだろう。

あと、最近は、雨雲の移動時間を予測する技術が進歩して、今は雨が激しいが、例えば一時間後には小降りになっているだろう、みたいな予想がある程度の確度でできるが、それでも、数十分程度の誤差があったりする。

それで、9月20日は、せっかく一時間以上も遅れて試合開始したのに、また雨が強くなってきて、合計で二時間以上も遅延し、試合が終わったのは、日付が変わった時間だった。これでは、球場のお客さんもたまらないのではないか。

それでもカープが勝つならいいが、予定変更に適応するのが苦手なカープが案の定、負けてしまった。尤も、余程想定外の連敗をしない限り優勝は手堅いカープに比べ、なんとかクライマックスに駆け込みたい阪神は、モチベーションの強さが違う。

ただ、カープもあまり安閑としていられないのは、一昨年のパリーグの例があるからである。すなわち、ソフトバンクが楽勝で優勝だと思っていたら、二位の日本ハムが記録的な連勝をして一気に抜き去り、クライマックスも制し、剰え、日本シリーズでカープを破った。

なのでカープもそろそろ、一気に優勝を決めに行くべきなのだが、九月に入って六連敗するなど、神るどころか、闇ったりしているので、カープ、しゃんとせんかい、と広島弁で応援するのだった。

まあでも、とりあえず9月21日は、カープが前日の雪辱で、阪神に逆転勝ちして、マジック3、ここまでくると流石に優勝がみえてきた。それにしても、神宮のヤクルト対巨人は大した雨ではないのにあっさり中止になった。マツダスタジアムではどんなに降っても根性で試合を成立させているのに、東京のチームは根性がないのう、と感じた次第。

一時停酒

user-pic
0

あまり体型は気にしないのだが、最近流石に、お腹の出っ張りが気になるようになった。おそらく、暑さを言い訳にして、ビールを飲み過ぎているからだろと推察した。そこで、家内が法事でしばらく実家に帰省して、一時的に独り暮らしになるタイミングで、断酒というほどでもないが、一時停車ならぬ、一時停酒することにした。

いままでは、一時独り暮らしのときは、料理のスキルを付けることを理由に、なるべく自炊してきた。しかし、片道2時間、往復4時間の通勤があってさらに自炊するのは、加齢にともなう体力低下できついので、少なくとも通勤の日は自炊しないことにした。すると、食事の後の片付けが不要になって、随分楽になった。すると、ストレスが減って、食事のとき、是非ともビールを飲まなくては、というインセンティブが減った。

それでも、一日二日はなんとなく物欲しそうだったが、三日目から、特にビールなしで平気になった。あれっ、自分はもともと、あまり酒が好きではなかったのか、と思ったりしたが、まあ、加齢により、少しずつ生命エネルギーが涸れているのだろう。そう考えると、なんか寂しい。

ただ、予想されたことだが、ビールを止めると、胃腸の調子がいい。電車で、急に便意を催す頻度が確実に下がった。ただ、便秘という訳ではないが、普通のお通じの頻度も微妙に減ったような気がする。このあたりのコントロールは、難しい。

そうして、一週間くらいたって、家内が帰ってきたので、久々にビールを飲んでみた。きっと、五臓六腑に沁み渡っておいしいだろう、と期待したら、あれっ、妙にビールの苦味が味覚を刺激して、特においしいとはかんじなかった。これは、もしかして、酒量を減らせ、という体の指示かもしれない。ただ、今のところ、何かの体調不良の自覚症状はない。

私の今までの人生経験では、何かの病気の前兆状態では、知的興味が低下し、ちょっと込み入ったことも考えられなくなる。今のところ、数学の問題も、じっくり考える根気はあるので、特に問題はないと思うことにする。

ただ、めっきり交際範囲が減ってきた私には、仲のよい知り合いと飲む酒は、依然として楽しみなので、そこを維持するため、健康を維持するように努力したい。そのために、一時停酒はありだと思う。

富豪買い

user-pic
0

大人買いという言い方が比較的最近あって、なんでも、欲しいものがあったとき、あまりお金に糸目をつけず、まとめて買う、みたいな意味らしい。

では、富豪買いとなると、こういう言い方をする人はあまりいないが、私の定義は、普通のレベルの金持ちでは買えないような、極端に高価なものを買うことである。

最近のニュースで、資産何千億とかいう成功した事業家が、既に自家用ジェット機をもっているのに、更にもう一機買った、というのを知って、うーん、これが富豪買いか、と心の中で呟いた。

多分、レジャー用としても、ジェット機は一機あれば十分であろう。それをさらに一機買うというのは、何が満たされなかったのだろう、何を満たしたかったのだろう。

なんか車も、日本に一台しかないという特別仕様の車を何台ももっている、という。有名芸能人とも付き合っている、という。

私がそれを羨ましく思わないといえば嘘になるが、それにしても、過ぎたるはなんとか、ではないのか。

私も一応車はもっているが、それはおそらく国内でベストセラーの大衆車である。なんだ、というだろうけど、それは一応ハイブリッドで、私はメティキュラスにその技術の複雑さを妄想して、悦に入っている。

どうだ富豪よ、いくらお金があってもこんな真似はできまい、と胸を張るのだが、ビジネスエリートでもある富豪は、メティキュラスにビジネスプランを練って疲れているので、何か買い物して、気分を転換するのだろう。そのとき、たまたまお金がたんと余っているからジェット機を買っただけさ、ということなんだろう、きっと。

そもそも、庶民に富豪の気持ちが分かるわけないのだった。

知の体力

user-pic
0

知の体力とは何も関係ないのだが、いやあ、知の体力ってあるよね、と書いたら、そんなの当然だ、こいつ馬鹿じゃないかといわれるに決まっているが、それでも書いてみる。

私は中学生のころから数学が好きになり、特に連立一次方程式を解くのが面白くて、自分でも問題を作って遊んでいたが、どうも答えが合わない。ようするに、計算しているうちに疲れてきて、注意力が散漫になってしまう。

そういう計算力の不足から、中学と高校を通じて一度も数学が得意であったことはない。

それなのに、どう間違ったか、よりもよって、計算力の権化みたいな物理学科に進むなんて正気の沙汰でなく、果たして早々に挫折してしまったのは必然だった。それって、肩が弱く、足が遅いのにプロ野球選手を目指すようなものである。

将棋でも、田舎の中学なのに、私と同等の棋力の者が二人いた。いや、一人は明らかに私より強くて、五局に一局くらいしか私が勝てなかった。

彼は考える体力で、あまりに私に勝っていた。すなわち、近代将棋という雑誌の詰将棋があって、私が最初の二題くらい解いて挫折するのに、彼は一日か二日間考え抜いて、結局全部解いてしまう。

それではいかんと思い、私も手を拱いていなかった。すなわちたまたまラッキーで大学に受かると、その夏休み、数学の授業で教授が推薦していた、高木貞治の「解析概論」をそれこそ、死物狂いで独学した。流石にルベーグ積分のところは、あまりにも雲を掴むようなので、スキップした。

それで、ある程度数学に自信がつき、物理学科内でも、一部の秀才達を除き、なんとか対抗できると思った。

そういえば、当時、数学科には宮野さんという超弩級がいて、その噂は聞いていたのだが、私程度の半端な能力では、超弩級性が推察できるわけもなかった。

その後も私は勉強し続けたのだが、次第に知の体力の限界に達し、精神的におかしくなってきた。

その限界であるが、最近分かってきたのは、いわゆる体力であれ、知の体力であれ、母親から受け継いだミトコンドリアによるらしい。そうみると、母親は、正義感が強く、恵まれない人達を損得抜きで扶ける立派な人だったが、体力といい、思考力といい、卓越していたとは言い難い。すると私は、知の体力に、かなり低いフィジカルな限界を抱えていることになる。

そうはいっても、棋友に、詰将棋の解き比べで全く歯が立たないのはやはり悔しい。

で、自分の知の体力の限界が分かっていつつ、賽の河原のような努力をし続ける必要があるのも、人生の一側面なのだった。

台風

user-pic
0

今年は、中国や四国地方でひどい水害があり、私も中国地方出身者として心配したが、多分それと関係あると思うのだが、台風も多いような気がする。

8月上旬だったか、大きい台風がくるとの天気予報があり、交通網の乱れで帰宅困難になるというので、私は用心のため、その日は予め一日休暇にした。ところが、台風は進路がずれたか、少なくとも関東地方にはあまり影響がなく、交通網の乱れもほとんどなかった。それで私は、将棋の読み筋が外れたときのような軽い失望を覚えた。

そんなことがあったので、9月4日に関東に台風が上陸するという予報があっても、今度は事前休暇は申請しなかった。

それでその日出社すると、午前中に一時風雨が激しいときがあったが、午後には凪いで、雨も止んだので、なあんだやはり台風は大したことないんだ、と仕事に没頭した。

それでも、一応気になるので仕事の合間にスマホで交通機関の状況をチェックしていると、午後4時くらいになって、中央線に遅れが出始めているのが気になってきた。それでも、総武線は普通に動いているし、なによりも頼みの小田急が平常運転というので、特に不安はなかった。

ところが、午後5時くらいになって、中央線が止まった、と周囲の人がいうので、次第に焦り始めた。あと、いつもは発令される帰宅指示がなぜかまだ出ない。ともかく小田急と総武線は平常のままというので、勤務時間が終わる5時半になって駅に行き、間引き運転になっている中央線でなく総武線で新宿に行くことにした。その電車の中でスマホをチェックして、ガガーンとショックを受けることがあった。なんとつい先ほど、小田急が新宿から小田原の間で運転中止になったというのである。

会社の同僚は比較的都心に住んでいるので、いろいろ冗長な迂回路があるというのだが、私は実質的に小田急しかない。ともかく新宿に行って考えることにした。そこから、京王線の振替えで橋本に出れば、なんとかなる。そこからタクシーで帰れる。

ところが、幸いなことに小田急は、新宿で動いていた。スマホの情報は、インスタントなものだった。それでホームにいた、急行相模大野行きに勇躍乗った。もちろん座れなかったが、殺人的な混み具合というほどではなかった。ただ、新宿を出ても電車はフルスピードでなかった。線路上に電車が溜まっていたからである。

そうして、成城学園前までなんとか来たとき、なんと運転中止だという。車内放送によると、複数箇所で観測された風速が、規定値を超えたからだという。私の推測だが、小田急は、和泉多摩川と登戸の間で、多摩川に掛かる橋を渡るのだが、多分、そこでの風速がキーなのだろうと思った。実際、相模川に掛かる橋を渡る関係で、海老名と本厚木の間も不通らしい。

成城学園前で何時間も足止めくらったらどうしよう、ここからタクシーで帰るのもなんだしなあ、と心配していたら、風がやや凪いだか、20分くらいたって、運転再開となり、安堵した。

そうして、なんとか多摩川を渡りきれば、とりあえず安心である。電車が詰まっているので、相変わらず部分徐行運転だが、ともかく普段の倍くらいの時間で自宅に着いたのはラッキーだった。

なんで会社がもっと早く帰宅指示を出してくれないのか、と文句をいいたくなったが、よく考えたら、仕事は切迫していないし、年休も余っているので、こういうときは、臆さず休めばいいのであった。少なくとも、会社の指示を待たないでも、状況を読んで、午後半休にすべきであった。大局観の悪さは将棋だけではないのであった。

栞のテーマ

user-pic
0

朝、たまたま出勤途中の駅で、向こうから知らない若い女性が歩いて着ていた。それで私が驚いたのは、前髪がほぼ顔全体を覆っていて、顔が見えなかったことである。

私はえっ、のっぺらぼう?と信じられない想像をした。それは急に、中学で習った英語の授業でのっぺらぼうの話を思い出したからなのだと改めて確認した。

ところが、唐突に女性が髪を指でかき分け、それなりに可愛い顔が現れたので安心した。当然であって、のっぺらぼうな訳ない。

すると急に、最近よく聴いているサザンの栞のテーマが頭のなかを流れた。彼女が髪を指で分けただけ、それが痺れる仕草、で始まる歌詞である。

しかし、私はサザンでなく、ビブリア古書堂の栞子さんを思い出し、いやあなかなか魅力的なキャラだったよね、と遠くを見つめる目になった。サザンは茅ヶ崎だから、鎌倉にあるビブリアを連想するのもあながち意表でもあるまい。

そこから私の連想は、今度は栞そのものへと転移した。本好きな私には、栞は必須のアイテムで、本屋で本を買う度に栞をもらうのだが、なぜかいつも慢性的な栞不足に悩まされている。要するに整理整頓が苦手ので、どこかに遺失してしまうからである。

そこで、一月一枚のような広い紙のカレンダーを、使い終わった段階で栞の大きさに切り刻んで栞として使うことにした。それで栞不足は解消されたが、杜撰な性格のため、切り方が不揃いで、配色もカレンダーの一部を借用していて、冴えたデザインになることはまずない。それで結局、書店でもらった栞に戻り、結局慢性的な栞不足に苦しんでいるのだった。

これが私家版の、実に下らない栞のテーマなのだった。

月別 アーカイブ

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち日常カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは数学です。

次のカテゴリは歴史です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。