日常の最近のブログ記事

リブート

user-pic
0

以前にも書いたが、コンピューターを含む装置で、定期的にリブートすることは本質的であると、折に触れて思う。そこで、徒然なるままに、リブートの周辺のことを、書き連ねてみる。

まず、J-COMから貸与されている無線LAN親機のことから書いてみる。無線LAN親機は、以前は、バッファローのものを愛用してきたが、J-COMの無線LAN親機は、モデムと兼用で、場所がセーブできるので、そちらに乗り換えることにした。だいたい、無線LAN親機は、数ヶ月に一度、リブートというかリセットする必要があるが、J-COMの担当者が説明するには、この無線LAN親機は、モデムと一体なので、リセットの必要が全くないのだという。へぇー、それは便利だと思ったが、やはりリセットの必要がないということはなく、もしかして一年以上の周期かもしれないが、やはり突然LANが繋がらなくなったので、ためらわずリセットした。それで、通信は無事回復した。

次は、給湯器である。給湯器は、数年前に、プロパンガスから都市ガスに切り替えたタイミングで、最新のものに買い替えて、快適に使っていたが、買って二年くらい経ったとき、普通にお湯張りすると、お湯か湯船に溢れかえる、というトラブルが起きた。どうも、水位を測定する機能がおかしくなったらしい。それで、特にリセット・スイッチは見当たらないので、屋外にある電源コンセントを抜いて挿しなおすことで、一応直ったようで、ほっとした。ところが、しばらくしてまた、お湯の溢れが再現してしまった。どうすればいいのか、考えているところである。

次は、スマホである。スマホで文章を書いているとき、異様にカーソルの動きが遅くなった。それで、ああ、と思ってスマホを再起動したら、それは直った。また、スマホのバッテリーを最適化するために、Power Batteryというアプリを入れた後、確かにバッテリーの減りは改善されたが、しばらく使っていると、バッテリーの減りが急に速くなったり、フル充電時のLEDの色が、なぜか緑でなく、黄色になったりした。これらは、スマホを再起動したら、直った。

それは、メモリ・リークのせいなのかもしれないが、リブートを要するような事象は、極めて多様で、あまりに予測不可能なので、私はそれを、カオスと呼ぶ。それはどうみても数学的にはカオスと呼べないかもしれないが、この不可解さが、コンピューターを搭載した機器のトラブルの原因だとすると、安全性を達成することは、なかなか困難であると言わざるをえない。

あと、かなり飛躍した類推であるが、もしかして人体の病気のあるものも、メモリ・リークに相当するリソースの払底が起こり、カタストロフによって発現するのでは、と想像してみた。少なくとも、鬱病にはそれがあてはまりそうである。しかし、遺伝子の働きの暴走とも呼べる、ガンもそうなのかな、と考えたとき、人体ではリブートに相当するリセット機構ってどうよ?と考えて、分からなくなった。暇をみていろいろ考えてみることにする。

今年のゴールデンウイークは、平成から令和への改元ということもあって、例外的に国が定めた10連休ということになったが、私は改元に特段の関心はないし、どこかに旅行に出かける予定もないし、10連休だろうと、途中で寸断された連休だろうと、それなりに過ごすだけだ、と自然体で構えていた。

で、特に予定はなかったのだが、カラオケ仲間から、4月27日に恒例の中華街でのグルカラのお誘いがあったので、断る理由は全くなく、素直に同歩と応じた。ちなみに、グルカラという言い方がメンバーに共有されているわけでは全くなく、一人カラオケをヒトカラと呼ぶのの類推で、グループでいく本来のカラオケを私が勝手にそう呼んでいるにすぎない。

そのグルカラであるが、今年の1月10日以来だったと思うが、あのあと私は、会社の仕事量が厳しくなり、じんましんなどで、それなりに苦しんだのだった。それで、とりあえず仕事の山を越えて一段落した段階で、再び同じメンバーでグルカラができるとは、なかなかうれしいことだと思った。

そのグルカラのメンバーは、ここ10年くらいでかなり変動し、諸般の事情で数年のブランクがあったこともあったが、淘汰されて真のカラオケ好きの五人が残ったといってよい。これを私は勝手に平成クインテットと呼ぶ。

4月27日も、恒例でまず石川町の駅で待ち合わせし、どこかで中華料理で腹ごしらえし、さてどこのカラオケ・ボックスに行くか、ということになったのだが、もともとビッグエコーに行く予定のところを、雨だったこともあって、もともとのフランチャイズの場末感漂うカラ鉄に行くことになった。私はほっとした。

カラ鉄は、例によって閑古鳥で、とりあえず1時から夜8時までのフリータイムにした。それで、いつもみんなスロースタートで、とりあえず私が先行曲入力して様子をみて、次第に他のメンバーも乗ってくるのだが、この日は最初からみんなバンバン飛ばしてくる。おそらく、翌日からの長い連休が解放感を与えているのだろう。

歌のうまさはともかく、持ち歌の数では人後に落ちないと自負している私も、この日はつい出遅れた。あと、流石場末カラオケ?、曲入力のバッファが10しかなく、それ以上入れようとするとシステムが拒否する。それでも、今までの経験では始まって3時間くらいたつとみんな、疲れてきてというか飽きてきて、次第に曲数が減ってくるので、私がメインに曲を入れるのだが、この日は違った。すなわち、みんな全くペースが落ちないのである。そして、普通は始まって4時間くらいすると、だれともなく、もうそろそろ帰ろうと言い出すのだが、今回はなんと、フリータイムを歌いきって、7時間歌ってもまだ歌い足りなそうだった。これも連休効果か。ともかく私はずっと少し後れをとっていたが、みんな充実感に浸っていたので、それでいいのだった。

こうして連休は、充実モードで開始したので、その後は、疲労のレイテンシを回復するための、ハイバネート・モードに移行した。そうやって緊張感がなくなると、レイテントな疲労がじわっと滲み出してきて、一日中眠いというか、ちょっとしたミステリー小説さえ読む気がしない。それで、うつらうつらしながら、お笑い番組を観ていた。

そういう生活を三日くらいしていると、頭の霧が次第に晴れてきて、試しに数学の本を眺めてみたら、ながらく理解できなかった、ある数学の概念がおぼろげながら理解できたような気がした。それで、数学や将棋のことを考えらながら、小説も読み始めた。

こうして特に退屈することなく、平凡な休日をそれなりに過ごしていた5月4日の午後だったか、2週間ぶりくらいに駅前の古書店を覗いてみるか、と散歩に出かけた。日が照って暑いほどだが、なんとなく上着を着た。ところが古書店は閉まっていた。あらっ、と思い急に電車に乗ろうと駅にいった。定期があるので、新宿までフリーで行ける。そして電車に乗って本を読んでいたら、興が乗って、はっとは気づくともう新宿だった。で、折角なのでちょっと新宿をうろついて、駅に戻って、各駅停車に乗り、また本の続きを読み始めた。すると、スマホがバイブレーションして、天気予報アプリが、相模原方面、一時的に豪雨だという。しまった、私は晴天だったので傘をもってきていなかった。

それから新百合ヶ丘を過ぎたあたりから、確かに激しい雨になり、電車の窓に降りつけた。駅についたら、コンビニが傘を買うための人で長蛇の列だった。それからバスでなんとか自宅に帰りついたのだが、テレビで野球中継をみていたら、カープが巨人にサヨナラ勝ちして快哉を叫んだ。

という、なんでもないような日々をそれなりに楽しく感じる私なのだった。明後日からまた仕事だが、別にうんざりもしていない。

賞味期限

user-pic
0

自宅で、何か食べるものはないかと、冷蔵庫を物色していたら、コーヒーゼリーがあった。まあ好物なので、たべようと賞味期限をみたら、なんと1ヶ月と10日くらい過ぎていて、これが例えば卵や豆腐なら、流石にアウトだろう。万が一食べてみたら平気、ということもあり得るかもしれないが、胃腸が弱くて、只でさえ、下痢しやすい私はとてもトライする勇気はない。

しかし、コーヒーゼリーは、密閉されているし、もともとコーヒーが防腐効果があるし、糖分も含まれているし、大丈夫だろうと思っていたら、案の定、やはり平気だった。でも流石に、何ヵ月まで平気か、限界試験してみるつもりは毛頭ない。

あと、コーヒーゼリーが、賞味期限トレランスが高いとなると、他にトレランスが高い食べ物となると、私が知る限り、納豆とヨーグルトなどの発酵食品がある。発酵食品は、発酵菌が、腐敗菌の活動を邪魔するので、腐りにくくなる。ただ、発酵菌が活きていて、発酵が進みすぎると、食あたりしないかもしれないが、人間の嗜好に合わなくなるだろう。よって、乾燥させるとかしないと、発酵食品が、コーヒーゼリーなみの賞味期限トレランスを発揮することは難しい。

ところで、賞味期限トレランスが最大なのが何かというと、それは塩であって、なんと手元の塩のパッケージをみると、賞味期限の記載がない。要するに、賞味期限は、無限大(∞)である。

それはまあいいのだが、市販の食品はなぜ、実質的な賞味期限トレランスよりもかなり前の期限を設定するのだろう。腐敗に対するトレランスに個人差があるので、余裕をみて、そうしているのだろうか。しかし、そういう、余裕をもたせた賞味期限を、レストランなどが少しでも過ぎたら、スキャンダルになって、場合により営業停止などと騒がれてしまう。なら、勧告的賞味期限と、絶対的賞味期限を設定すべきだと思う。

という、どうでもいいような話だった。

早逃げ

user-pic
0

朝会社に行って、始業時間近くになると、まずカレンダーを確認して、上司の予定をみて、それから上司の席をみる。

なぜこうやって確認するかというと、上司に電子的に承認を依頼したり、具体的に仕事の進捗について相談したりすることがあるからである。こう書くと、私には珍しく?上司とそんなに悪くない関係にあることを推定してもらえるかもしれない。

ところが、4月8日は、カレンダーに予定が入っていないにも拘わらず、席にいないので、何か列車トラブルかと思った。もし人身事故などがあっても、せいぜい30分遅れで来るのが普通である。

しかし、なぜか10時を過ぎても、来ないので、まあ何か急用が発生したのだろうと、自分の仕事に没頭した。

そうしていると、10時半くらいになってやっと上司がきた。随分疲れた様子である。で、何があったんですか、人身事故ですか、と聞いたら、人身事故でなくて、電車が新百合ヶ丘近くを走っていたとき、突然、電車が止まったのだという。上司は、私と同じ、小田急線である。なんでも、運行システムの不具合で、小田原線だけでなく、多摩線、江ノ島線も止まってしまう、という大変なものだったらしい。要するに、小田急線の、stop the worldである。

7時40分にそれが起きて、8時45分に回復したが、電車が詰まっていて、なかなか進まなかったそうである。そもそも、stop the worldの間、完全に電車に閉じ込められていて、どうしようもなかったという。

それで、ああっ、際どかったと思ったのは、私が新宿に着いたのは、7時25分くらいで、電車が止まるまで15分しかない。

もう少し早くそれが起きていたら、私も経堂を過ぎたあたりで一時間電車に閉じ込められ、そういう状況になると、不安でトイレが近くなる自分は、さぞかし焦ったことらだろうと考えただけで、脂汗が出てきた。何しろ、数日前に人身事故でロマンスカーに閉じ込めれられたばかりなのである。小田急は何やってんのと思ったが、少なくとも人身事故は、小田急のせいではない。

読売新聞によると、7時15分に、異常時に使う列車間の無線システムのトラブルが起きたというのだが、神奈川新聞の記事とかなり趣旨が違う。そもそも私は、7時15分はまだ、下北沢あたりにいた。

ともかく、玉の早逃げ、八手の得で、即詰を逃れてよかった。これはすなわち、早起きは三文の得でもある。私は決して偶然でなく、朝の人身事故や列車トラブルの原因の遅刻は一度もない、というか、そもそも遅刻はないのだった。ささやかな私の自慢である。

ただ、将棋の玉の早逃げでは、局面の判断の下手な私は、早逃げといいつつ、つい危険地帯に早逃げしたりする。端の方に逃げて、却って端攻めくらう、とかである。それでは八手の損になってしまう。通勤の場合は普通、玉の早逃げ、八手の損になることはまずない。

で、もし今日も朝、遅刻なく無事会社に着けたなら、神様に、ありがとうございますと感謝するとしよう。私にとって神様はお礼をいう対象であって、願をかける対象ではない。

上野公園

user-pic
0

4月6日は、久しぶりに家内と上野に出かけてた。東京都美術館での「奇想の系譜展 江戸絵画ミラクルワールド」を観るためである。前から行きたいと思っていたが、2月・3月は仕事が忙しくて、疲れていてなかなか出かける気にならなかった。

それで仕事が一段落して、しかもこの催しは、4月7日が最終日なので、4月6日に出かけるのは、ほとんど必然なのであった。

上野駅の公園口から出ると、目の前は満開の桜で、人でにぎわっている。ああ、ほとんどの人は、上野公園に花見に来たんだと思った。でもわれわれは、動物園の方向にひたすら向かう。地図によると、東京都美術館は動物園の入り口の隣にある。

そして東京都美術館に入ってみると、かなり混雑している。最近の若冲の人気によるところが大きいのかもしれない。かくいう私と家内も若冲が目当てである。「奇想の系譜」の画家は、岩佐又兵衛、伊藤若冲、曽我蕭白、長沢芦雪、歌川国芳、白隠慧鶴、鈴木其一で、この八人の江戸時代画家の代表作が展示されていた。

で、最初は若冲の作品の実物を生まれて初めてみて、その緻密さに感心した。ところが、それから、曽我蕭白、長沢芦雪、岩佐又兵衛、白隠慧鶴、狩野山雪、鈴木其一、歌川国芳と観ていくうちに、各々独特の個性がにじみ出ており、異端と思っていた若冲がむしろ、正統派と思えてきたのだから、妙なものである。

こうして一応鑑賞したのだが、私は絵画そのものにあまりにも不案内なので、会場の売店にあった、辻惟雄「奇想の図譜」ちくま学芸文庫を買って、じっくり勉強することにした。

さて、東京都美術館を出て外を歩いていると、あまりにも花見の人達が盛り上がっているので、家内と二人で、ミニミニ花見をすることにした。といっても、各々缶ビール一本だけという軽いものである。つまみは、自宅からもってきていた。それで家内は、八年前の酔っ払い事件 に言及した。それで私はあのとき、確か日本酒を五合ほど飲んだが、それくらいで悪酔いしたことは少なくとも当時はなく、敗因は3.11で極めて情緒不安定になったことと、部門長が3.11に対する対応が、おおよそ管理職にあるまじき無責任対応で、今までずっとありえないマネジメントをしてきた部門長に堪忍袋の緒が切れて突き上げたら、権限を駆使して反撃してきたので、動揺したのだ。要するにみんな3.11と部門長のせいだといい訳したのだが、あまり説得力がなく、ともかくもう帰ろうということになった。それで帰りは新宿からロマンスカーで帰って、そこでビールを飲もうということになった。

それで新宿からロマンスカーに乗ったのだが、どうも結構席が一杯だったようで、家内と席がばらばらになり、二人で盛り上がるというプランは崩れた。それだけならまあいいのだが、ロマンスカーが新宿を出発して、15分くらいたったとき、いきなり電車が止まり、小田急相模原の構内で人身事故があったので、小田原線では全線不通にするとアナウンスがあった。

あちゃー、ここで人身事故かと、人身事故を思い出した。確かあれは相武台前と小田急相模原間の踏切だったので、今回とも時間的だけでなく場所的にも近い。どうも私の地元で人身事故が多いのはなんか嫌である。

そうやって、仕方なくビールを飲みながら待っていたら、電車が止まってから30分くらいたって、電車が動き出した。なんでもロマンスカーは町田まではいくという。しかし、相模大野より向こうが当面不通のようなので、町田からタクシーか、相模大野から歩くか、いろいろ考えた。

それで迷った挙句、町田からタクシーにした。タクシー乗り場では、人身事故の影響で、待っている人が長蛇の列だったが、幸い20分くらいでタクシーに乗れ、そこからもかなりの渋滞だったが、ともかくなんとか帰宅できてほっとしたのだった。

この程度の綾なら、まあいいとしたものだろう。

やさしさ

user-pic
0

テレビをみていて、女性がどんな男性が好きですか、と聞かれて、大抵の女性は、やさしい人がいいです、と応える。

私はそれ、マジっすか、といつも思う。なぜなら、私くらいやさしい男はなかなかいないのに(自分でいうか)、私は女性にモテたことが、限りなく少ない。

その原因の一つは、私がとてもシャイだからである。好きな女性がいても、声を掛けることができない。

その代わり、仕事などで、女性が困っていたら、声をかけて、サポートする。私の悪い癖で、無駄に一生懸命、尽くしたりする。そこに下心がないわけではないが、一度も功を奏したことがないので、期待しなくなった。

しかし私は、下心とは関係なく、相手が男性であっても、サポートする。それは、困った人を助ける母の姿をみて育ったからである。子供というのは、親の言葉よりも行為に反応する。

それでも母は、何か助けてあげて、恩に着せたり、偉そうにしたら値打ちがない、と言った。私はその意味が分からなかった。別に恩きせがましくてもいいんじゃない、と思った。

その教えがあったので、なるべく損得を考えないでサポートした。そしたら、恩を仇で返すようなことを言われ、アップセットして、完全に手を引いたことがあった。今にして思えば大人げなかったと反省したりする。

サポートするうちに、損得に拘らなくなったのは、他人をサポートすると、精神衛生によい、と分かったからである。今まで一度も精神科に掛らないで済んでいるのは、このせいだと思っている。あと、サポートすると、組織の中で居場所ができる。これも大きい。

そんな筋金入りのサポート・マインドをもつ私がモテないのはおかしいではないか、というのが、私が最初に提示した疑問である。

しかし、ちょっと考えてみて、分かったのは、女性が求めているのは、やさしさの演出であって、やさしさそのものではない、ということである。

本当にやさしいことと、やさしさの演出は全く矛盾しないし、排他律もないのだが、私はそういう演出が決定的に苦手である。これも、母からの遺伝なのだろう。母は、悪気はないのに、つい無骨なものいいで、私を当惑させたことが何度もあった。

まあ、母は田舎に住んでいたので、無骨なままでもいいのだが、私は仮にも花の東京に出てきて、かつてはそれなりに有名だった外資系にいたのだから、もう少し洗練されてもいいはずなのに、ここまで瀬戸内海の田舎もん根性を引きずっているのもまあ、私の個性である。そして、こんな私を、ときに冷たく、ときに温かく、受け入れてくれる東京という都市の懐の広さに感謝する次第である。

ストレス

user-pic
0

還暦を過ぎて、六十代半ばになってくると、流石に体力の低下は否めない。もともと、そんなに頑健な方ではない。通勤が片道二時間近くかかるのも、老体には堪える。

それでも、今は定年間近で、外資系にいたときのような責任も仕事量もないので、なんとかここまで、凌げてきた。

ところが、昨年の11月くらいから仕事が押し寄せてきて、なかなかバックログが減らない。その理由は、もしかして老化で仕事の処理能力が低下しているせいなのかもしれないが、周囲をみていると、今年3月で辞める人がいて、すると休暇消化モードになって、明らかにパフォーマンスが下がるので、その一部の仕事が私に流れているのもあるし、私が面倒な案件のクローザーとして期待されている、というのもあると思う。

その結果、今年に入って1日しか休日が取れておらず、少なくとも3月末まで休暇を取る目途がたっていない。定年までカウント・ダウンのような担当者に、そこまで働かせるのか、と何度も愚痴を言いそうになった。

そういう状態で休まず働いていると、次第にストレスが臨界値を超えてきた。

すると以前は必ず口内炎になったものだが、最近は、おそらく卵の常食とビタミンCの摂取で、一応口内炎は逃れている。

しかし、体は必ずストレスの捌け口を求めるのであって、最近では太腿の内側他、複数箇所に、じんましんのようなものが出て、痒いのだが、まあ体の捌け口が内臓に向かわず、皮膚程度ならいいか、と甘受している。とはいえ、掻くとバイ菌が入ったらいけないので、仕方なく軟膏を塗るのだが、なんか迂遠である。

あと、ストレスがたまると、つい日々のビールの量が増えるのだが、ストレスで胃腸の機能が低下しているようで、少しのビールで下痢になってしまう。それで先日、仕方なく鶴川で降りてトイレに行ったら、待ち時間ゼロで大の方に入れて、ノーウェイトだぜ、と快哉を叫んだ。こういう能天気さが、自分の性格の救いだったりする。

それで、遅れをとったので、新百合ヶ丘から快速急行で一気に新宿に行った。車中は平気だったが、新宿に着いて、我慢できない程ではないが、少し便意が押し寄せたので、短考して総武線に乗った。そして、なんとなく一旦東中野に降りた。工事中でトイレは分かりにくかったが、案内を頼りにトイレにたどり着くと、なかなかきれいなトイレでうれしくなった。しかし、真に欣喜したのは、ここでもノーウェイトだったことで、これは麻雀でいえばリーチ一発自摸を連続で達成するくらいありがたいことである。

そうやって私は、自分の能天気さを駆使しながら、なんとか忙しさを紛らしているのだった。

3月末には流石に多少余裕が出そうなので、休暇をとって読書三昧としよう。

珍しい名字

user-pic
0

ある日、日本棋院のホームページで、一週間の対戦結果をチェックしていたときのことである。例によって、芝野虎丸七段や藤沢里菜四段など贔屓にする棋士の結果を確認していたら、おもわず、ん?と怪訝になった。闇雲翼という名前を見つけたからである。最近では、アマチュアが参加できる棋戦がいろいろあって、闇雲さんは、アマチュアとして、あるプロに勝っていたので、かなりの強豪なのだろうけど、これって、ペンネーム?と思ってしまった。そういう名前が実在するとは信じられなくて、改めてウェブで調べたら、阪大基礎工学部の学生さんで、三重県出身らしい。三重県というと、私はつい、その姓を忍者に関連づけてしまうのだが、ウェブで見るかぎり、そのような示唆は見つからなかった。

で、闇雲という姓をともかく、私が最近試している、テストにかけてみることにした。それは日頃慣れ親しんだ、特許検索システムで、発明者検索するものである。すると、案の定、ヒット件数はゼロだった。せっかくなので、ともかく闇という漢字を含む姓を調べたら、木闇という姓がみつかり、ヒット件数は2件だけだった。これも相当稀である。

私がこのような発明者検索の方法を思いついたきっかけは、大学時代に将棋部で、身近にかなり変わった姓の人が何人かいたからである。学生時代は何も感じなかったが、長年社会人をやって、いろいろな名前の人に出会って、同じ姓の人に出会わなかったので、かなりユニークに違いないと感じた次第である。

で、実際特許検索システムで名前検索してみると、将棋部の知り合いで一番ユニークな人は一桁しかヒットせず、その次にユニークな人は二桁の少ない方、その次にユニークな人は三桁の少ない方とわかり、私は随分珍しい姓の人と付き合っていたんだ、と今更感慨を新たにした。

ちなみに、私自身は相当ありふれた姓で、ヒット件数はなんと40000近くもある。日本で一番ありふれた姓の鈴木は320000くらい、次に多い佐藤は300000くらいで、姓の統計の件数とほぼ、比例するのではないだろうか。いや、田中を忘れているか。

ともかく、特許の発明者になることは、世間一般ではかなり稀なのに、発明者の名前が世間から選ばれる仕組みはかなりよい任意抽出になっていると思われる。すると、特許検索システムで姓の希少度を推定するのは、一応の妥当性を備えていると信じる。

特許検索システムでの遊び方は他にもいろいろあって、私は特許明細書に一番多く表れる数学者の名前は何か、検索してみたことがある。すると、ガウスがダントツだった。ガウス分布の文脈で、よく出てくる。あと、ガロアもかなり多い。暗号や誤り訂正符号で有限体をよく使うからである。しかし、オイラーやアーベルは意外に少なかった。そうそう、ディリクレやヒルベルトもある程度ある。もちろん、ベイズは多いが、ベイズは私が想定する純粋数学者の範疇ではない。

こうやって、私は特許検索システムで延々と遊べるのだが、一つ残念なのは誰もこの面白さを理解してくれないことである。たいてい、お前も暇だなぁ、で終わりである。最近の私は実は結構忙しいのだが、だったら遊んでないで、仕事したら、ということになるのであった。

数学セミナーは定期購読だが、サイエンス社の数理科学は、レベルが高いというか、必ずしも自分の興味ではないトピックの特集号があったりするので、定期購読にしないで、毎月サイエンス社から送られてくる案内メールをみて、そのトピックに対する興味に応じて、アマゾンで注文するようにしている。

それで、今年の1月号は、「発展する物性物理」で、ばっちり私の興味に合致したが、2月号の「経路積分を考える」は、どうだったか。興味がないというよりも、手に余った、という感じかもしれない。じゃ、「発展する物性物理」が手に余らなかったのか、というと、そうでもないので、このあたり、曖昧というか、いい加減である。

しかし、3月号は、「対称性と物理」で、いやあ、これを買わない手はない、と即注文した。なんか、適当に理由をつけて毎月注文してない?と自問するのだが、まあいいではないか。誰に言い訳してんの?

その対称性であるが、物理学で対称性は、第一級の重要概念である。対称性に基づき、未知の素粒子の存在が予想され、結局は発見されたり、あるいは対称性の破れが発見されると、そのメカニズムが躍起になって研究されたりする。

しかし、最近の私は、対称性と聞いてなぜか、美輪明宏氏が提唱する、プラス・マイナスの法則に思いを馳せる。それは、物理学の対称性のアナロジで、人生の対称性である。

今さらそれに言及するのは、池江選手の病気の件があったからである。確かに池江選手は、いろいろな意味で恵まれた環境で努力し、才能を開花させた。このまま努力して、東京オリンピックでも、目覚ましい成果を達成することを疑う人はいなかった。それは確かに、プラス・マイナスの法則では、プラスを溜め込みすぎたので、アバランシェのようにマイナスが押し寄せたのか、と問うても、プラス・マイナスの法則のメカニズムが分からないので、なんとも言えない。そもそも、物理学の原理になぜ対称性があるのか、と問われても誰もきちんと答えられないだろう。それこそ、神を持ち出すよりなかったりするが、それはある意味、思考停止の一形態であったりする。

さて、プラス・マイナスの法則があるとして、自分を振り返って、なんかプラスを溜め込みすぎた、と意識したら、わざと下手を打って、マイナスを導入すればいいのだろうか。いや、それは多分違う。例えば、水泳選手が、体調や調子のせいでなく、単にマイナスを導入するためだけに手抜きして、予選落ちしたりすると、もしかして、運気を失って、選手生命の危機に陥るかもしれない。それも、プラス・マイナスの法則の一側面だろう。

全然別の話題であるが、最近、囲碁界が、藤井七段の活躍などで鼓吹された将棋人気に対抗するため、仲邑菫さんを最年少プロに仕立てあげて、盛んにプロモーションしているが、いろんな意味で、私には疑問である。それは、プラス・マイナスの法則を無視しているからである。

というのは、将棋界の今の人気は、実は、三浦事件の巨大なマイナスの補償としてのプラスに乗っかったものだからである(あくまでも、私の解釈)。三浦事件の発端は一部の人たちの歪んだ正義感かもしれないが、三浦九段にすさまじい精神的な苦痛をもたらしたとともに、将棋連盟はマジで存亡の危機に陥ったのだと思う。それを、囲碁界は、対岸の火事で、高見の見物を決め込んでいたのではないか。

ともかく、苦境に陥った将棋連盟は、たまたま四段昇進を果たした藤井聡太に、復興を賭け、見事それに応えて、藤井聡太は目覚ましい活躍をした。これは、プラス・マイナスの法則のプラスが働いてきたのである。

今さらそれに羨望して、にわか作りの最年少プロとは、囲碁界は流石に手筋に溺れすぎていないか。

わたしがみるところ、囲碁界は、正式のプロになる経路が将棋界よりも短いことも幸いして、将棋界よりも有望な若手が多いと思う。

あと、せっかく才能がある仲邑菫さんを次々にイベントに駆り出して、プレッシャーを与えては、伸びる才能が却ってスポイルされないか。

ということで、プラス・マイナスの法則に抗って、不自然なことをしても、打開にはならないと思う次第である。自然な手を続けるよりない。

2月25日の月曜日、通勤のため、駅に行ってみると、他社の路線のトラブルが通知されて、当社では振替輸送を行っています、とあった。それを見て私は、どうせ京浜東北線あたりだろうと、高をくくっていたところ、よくみたらなんと、中央線・総武線だった。

ゲゲッ、まずい、これはもろに私の通勤にヒットする、と慌てた。原因は、水道橋あたりの停電らしい。まあ、停電なら、そんなに時間をかけないで修復されるだろう、とまたしても高をくくった。そして、いままでの経験上、とりあえず新宿にいけば、そのころには復旧しているだろうと思った。

それでも、電車の中で、スマホでJR東日本アプリを立ち上げて、確認していると、なんと復旧の見込みは、午前9時だという。ただ、新宿から三鷹の間が間引き運転だというので、とりあえず新宿に行ってみた。すると、なんか間引きの電車にすし詰めになるような気がして、迷ったが、今更下北沢に戻ることにした。急行に乗れば、新宿から二駅である。でも、あきらかな時間のロスである。

私はなぜか、井の頭線があまり好きではない。おそらく、下北沢で乗り換えが不便だからだろう。まあ、そんな贅沢を言っている場合ではないので、ともかく井の頭線の乗り換え口に行った。ここで、いったん小田急から出て、井の頭線に乗るべきでは、と思った。そうしないと、井の頭線の吉祥寺で降りるとき、定期を見せて出たら、小田急線に乗った情報が書き込まれたままになる、と心配した。

なのに、結局、いきなり井の頭線のホームに出てしまった。それで、各停が、来たので乗ったら、空いていてラッキーだったが、吉祥寺までに井の頭線の駅が随分多いので、うんざりした。なんのことはない、駅間が近いのである。

電車の中で、井の頭線の吉祥寺までの料金をみたら、170円だった。これくらいなら、と振替は使わないことにした。結局、そんなに時間がかからないで、吉祥寺に着いた。振替は使わないので、駅前から出るのはスムーズである。

JRの吉祥寺の駅に行って駅員に聞くと、総武線は駄目だが、中央線は三鷹方面動いている、という。ラッキーと喜んで、到着した中央線下りに乗ると、綾なく三鷹に着いた。

ところが、そこからが綾があった。三鷹駅で、乗るためにホームに降りる人の人数規制があって、改札の中も外も人が一杯である。なので、改札から出るのが、完全にボトルネックになっていて、マドル・スルーしなくてはならない。で、15分くらいかかって、なんとか駅から出れたが、考えてみると、今から三鷹駅から出勤する人は、いつ電車に乗れるか判らなくて、とても大変である。

で、会社に行ってみると、案外人が来ていた。時間も、普段よりも20分くらい遅いだけで、かなり早目に家を出ている私にはなんのこともない。

井の頭線を使うかどうかの判断は、ミスかと思っていたが、遠回りでも確実な寄せだったかもしれない。すなわち、新宿から中央線で三鷹に来た人に聞くと、かなり混んでいたようで、そういう混雑を回避できたので、私の選択はあまり悪手ではないのかもしれない。

あと、やけにスマホのバッテリーの減りが速いとおもっていたら、JR東日本アプリを何度も開いたせいらしい。JR東日本アプリは、沢山の路線の情報をダウンロードするので、かなり電源を消耗するようで、気をつけなくては。まあでも、先日の人身事故より、なんか気分は楽だった、とブログには書いておこう。

月別 アーカイブ

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち日常カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは数学です。

次のカテゴリは歴史です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。