日常の最近のブログ記事

海鳴り

user-pic
0

クール・ファイブの海鳴りという曲を初めて聴いたのは、一年半くらい前人気、TSUTAYAで前川清ヒット曲全集を借りたときだった。それはUSBプレーヤーにコピーして、結構頻繁に聴いているのだが、なんでこんなに心に沁み入るのか、自分でもよく分からない。

そこでこの曲をYouTubeで聴いてみると、驚くほど視聴者の数が少くて、とまどってしまった。

私にとっては最高傑作とも言える名曲なのに、なんでこんなに人気がないのか、私には全く理解できない。

で、なぜそうのかいろいろ考えてみたら、それはもしかして、孤島にいた子供時代の体験によるのかもしれない。というのは、子供時代、孤独な私は遊び相手にことかいて、仕方なく一人砂浜に佇み、海からの多数の漂着物を眺めていた。すると、片方だけの靴とか、水脹れの人形とか、私の想像力を鼓吹するアイテムに満ちており、流石に漂流死体には出会わなかったが、今の私の乏しい想像力の一部はその頃に負っている。

そう、所詮瀬戸内海の一孤島にいても、私は海を通じてユニバーサルな、ユビキタスな感覚に浸っていたのである。

その文脈で私は、中島みゆきの「海鳴り」という曲も気になっている。海鳴りが遠ざかる夜は、古い時計が鳴いて宥める、という妙に叙情的な歌詞が心に沁み入った。そして面白いは、中島みゆきの海鳴りも、YouTubeで見事に不人気で、やはりそうかと、苦笑いしてしまった。

分からないけど、私が砂浜で漂着物を眺めて妄想に耽っていた経験は、あまり一般的ではないのかな、となんとなく思うだけである。

スマホ・デビューしてしばらくたったとき、電車で帰宅していると、なにかスマホが振動したような気がした。最近のスマホは、ニュースなどプッシュのデータ出力があるので、様々なタイミングでスマホが振動する。なので、どうせその類だろうと思った。

ところが、後でスマホの着信履歴をみたら、知らない携帯番号からの電話だった。ええっ、と怪訝な気持ちになり、無視することにした。そもそも私は、自宅の電話でも番号通知モードにしてあって、知らない電話だと出ない。何かの売り込みのような電話がほとんどだからである。

一方スマホの方は、再度帰宅中の電車で着信があり、それも無視した。それから数日後、休暇をとった金曜日の午前中に、駅前の喫茶店で納涼のためアイスコーヒーを飲んでいたら、またスマホに着信があった。しかし、喫茶店に、スマホの会話はご遠慮下さい、と貼り紙があったので、着信拒否のボタンを押した。

それからしばらく電話がなかったので、私なりに考えてみた。もう今から10年くらい前、もちろんスマホでなく携帯の時代だが、夜間違い電話がかかってきた。電話に出て、話してみると明らかに間違い電話であるので、すいません間違いですと、きっぱり断った。

ところが、それから何度も夜遅くに同一人物から電話がかかってきて、何度間違いですと叫んでも効果がないので、私は窮余の一策で、自分にできる限りのネイティブに近い発音で英語で延々としゃべった。すると、なんか相手は黙り込んで、急に電話を切った。それから二度と電話はかかってこなかった。流石にアメリカ人とは思ってもらえなくても、英語がしゃべれる中国人か韓国人くらいには思ってもらえたかもしれない。

ただ、今回の場合、電話がかかってくる時間が、帰宅時にあったり、昼休みの時間だったりして、比較的規則正しいので、もしや、と思い当たる節があった。それは、自宅の近くの中学校である。私は年に一度、その中学校の行事で将棋の時間をもつのが恒例になっており、確か去年も携帯に、向こうの担当者の携帯かスマホから携帯に電話があった。そのときは渋々電話に出て、今後は電子メールでコンタクトして下さい、と通知し、その依頼のとおりとなって、スムーズにいった。

そうやってメール・アドレスを教えたのに、どうしてまた個人の携帯からスマホに電話なのだ、じゃやっぱり中学校じゃないのか、と怪訝になってきた。その中学校はホームページはあるが、確認した範囲では、contact usみたいなウェブの問い合わせ窓口はない。それで、いっそ中学校にメールアドレスを教える葉書を書くかとまで思ったが、そこまでやるのもどうかとためらった。

それからまたしばらくして、会社で仕事しているとき、スマホに電話がかかった。マナーモードとはいえ、結構派手にスマホが振動するので、仕方なくスマホをとって、オフィスの部屋の外に行き、電話を取ったら、案の定中学校からだった。それで、今どきスマホに知らない番号で電話してもだれも出ませんよ、と文句いったら、いやあ、まあそうですよね、というので、で、私が去年教えたメール・アドレス知っていますよね、といったら、ええ、知っています、という。だったらなんでメールで通知くれないのですか、と言ったら苦笑いするばかりである。私は畳み込むように、電話番号知っているなら、SMSでもいいでしょうに、と伝えた。

ともかく次回からはメールで通知をしてもらうことにして、ほっとしたのだった。しかし、今時、携帯やスマホの知らない番号で、スマホに電話はないでしょ、と何度も思うのだった。

暑さ

user-pic
0

少し前に、熱中症について書いたが、あの頃は夏の暑さもまだ序盤で、本格的ではなかった。また、軽い熱中症にかかったせいで、その後水分や塩分をまめに摂るように気をつけるようになり、とりあえず熱中症めいた状態は逃れている。

ただ、熱中症ではないにしても、どうも元気がない。それは、最高気温が35度もある日々が続いたからである。

おそらく私は、暑さがそんなに苦手ではない。だいたい、例年の夏は暑いといっても最高気温はせいぜい32度程度で、それくらいなら暑いといいつつ、なんとかやっていたように思う。

それが35度となると、その温度差は高々3度とはいえ、精巧な化学マシンである人間の体内の生化学反応を狂わせるに十分である。だから平熱36度の人がインフルエンザなどで39度になると、寝込む。

私はそんな暑さで、目に見えて体力、気力とも著しく低下した。それは読書傾向に顕著に表れた。すなわち私は、ある程度体調がよいときは、数学や工学の本を読み、哲学や純文学の本も取り混ぜる。そして疲れてくると、ミステリー小説やハードボイルドで気分転換する。それが私のリズムなのであるが、最高気温35度の環境は、確実にそのスキームを狂わせた。

すなわち、なんとミステリー小説を読む気力さえ起きないのである。それで何をするかというと、ぼうっとテレビを観たり、スマホで何も考えないでただ将棋を観戦するだけだったりする。

今スマホに言及したが、本が読めなくなった原因の何割かはスマホにもあるかもしれない。そろそろ対策を打たないと、ただでさえ加齢で低下しつつあるなけなしの知的能力の劣化を早めるかもしれない。

それで、数学やプログラミングから遠ざかってしまったので、ある週末に、リハビリもかねて、前から気になっていた課題のうちの比較的易しいものに着手してみることにした。それは、エラトステネスの篩のプログラムを64ビット整数に拡張することである。

すなわち、32ビット整数を使うconventionalなスキームだと、10億くらいまでの整数しか扱えないが、64ビット整数にすると1000億とか1京以上の整数が普通に扱えて、何気に嬉しい。しかも、32ビット版は以前作成してちゃんと動いているので、この拡張は暑さで疲れた頭にも容易だと思った。

ところが、プログラムを修正して何度走らせても異常終了してしまう。どうも32ビット変数と64ビット変数が入り交じった箇所のキャスティングにバグがあるっぽいのだが、3時間くらい頑張っているうちに頭の体力の限界に達して、寝込んでしまった。

これで次の日はすっかり体調を崩して、暑さとの相乗効果で、しばらく呆然としているよりなかった。

ここまで落ち込んだのはきっと、加齢により体力が低下したというのが大きいのだろう。それに私は日常的に、スポーツなど体力作りは何もしていないし。何しろ、甲子園球児たちはあの酷暑でプレーしていても平気なのだから、流石に鍛えられている。

そう思っていたら、流石の球児たちも、暑さで倒れる人もいるらしい。

やはり今年の暑さは別格のようである。まあ昨日、今日と台風の影響でやや気温が下がり、一時的に小康を得ているが、台風が去ると再び気温が上がるらしい。がっかりである。

スマホ・デビューして依然として悪戦苦闘なのだが、とりあえず自分なりのスマホの方針を立てることにした。

その第一は、歩きスマホをしないことである。確かに駅でそう書かれているところが多いが、私はそういうことは関係なく自ら歩きスマホは厳禁とした。それは対人マナーというよりもひたすら自分の安全のためである。

というのは私は特に機器操作などで、実に並行した動作が苦手である。例えば、車の運転をしながらちょっとエアコンのスイッチを入れるなんて、大抵の人ならどうってことはないだろうが、私はそれでさえも運転がおろそかになってひやひやの思いをしたりする。なので私は、運転中にエアコンのスイッチを入れるのは、信号待ちにするようにしている。

それって要するに運転が下手ということだよね、と聞かれたら、あまり考えないで同意する。私のプライドはそんなところにはない。その類推で、歩きスマホは私をして周囲の歩行者や車などからの注意を隔絶させてしまう。するといつ車に轢かれても文句いえない。そういう私は、沢山の計器がある飛行機の運転はきっと、死ぬほど下手だが、飛行機の場合、死ぬほど下手という言い方がシャレにならない。まあ、私が嫌でも飛行機を操縦しなくてはならないという場面はまずありえないと思う。

ただ、言い訳だが、物理的な操作の並行動作は苦手でも、論理的な並行動作は私は得意である。論理的な並行動作の例は、発明評価委員会で、異なる発明の内容を頭に入れて、どれに対して聞かれても迷わず、情報を混同しないで回答できる、ということである。とはいえ、それはもう八年も前の話なので、すっかり弱ってきた今は果たしてどうかわからない。

さて、別のスマホの方針は、有料アプリを導入しないことである。と書きつつ、早速バイオレーションしたのは、月550円の将棋アプリを導入したことである。私はもともと、パソコンベースの名人戦棋譜速報というのを契約しているので、そのユーザーIDとパスワードを使ってスマホでも入れるかと思ったが、駄目だった。それで、月550円でも、例えば通勤電車でプロの将棋が観戦できるのは大きいかと、契約に踏み切った。そうやって実際に契約してみると、名人戦や順位戦だけでなく、ほとんどの棋戦が観戦可能で、名人戦棋譜速報よりも付加価値が高い。しかし、将棋アプリには別の問題があった。それは楽しすぎるのである。すなわち、通勤電車の中は私にとって、貴重な読書タイムなのだが、将棋アプリを観ていると、どんどん没入して、あっもう目的駅に着いたのか、ということになる。そして特に将棋が緊迫した局面のときなど、歩きスマホをしないという方針により、今度は駅のベンチに座って、将棋アプリの続きを観たりする。これは確実に読書タイムを奪うので、早めに対策を打とうと思う。

一方で、有料アプリを導入しないが便利な無料アプリは選択的に入れることにした。まず、LINEである。LINEについてはまた、稿を改める。あと、たまたま仕事で京急に乗っているとき、京急アプリというのを車内の広告でみて、入れてみようと思ったが、よく考えたら私がメインに使うのは小田急なので、小田急アプリをスマホのChromeで検索して、導入した。すると、自分が乗っている電車がどのあたりを走っているかとか、どの駅に何時に着くかとか、任意の駅での混雑状況とか、どれだけ実用的な意味があるかはともかく、なかなか面白いのだった。

ということで、私のスマホライフは、始まったばかりである。

私がそれまで使っていたガラケー携帯が急に壊れたので、買い替えたのは2012年の3月だったと思うが、その時点でもスマホにする、というオプションはあったと思うし、実際スマホの方が優勢になりつつあったと思うのだが、私はコンサバなので、パナソニックのガラケーにした。なぜパナソニックかというと、パナソニックのパソコンはなかなか評判がよく、なので携帯もクオリティが高いだろうと推定したからである。

その選定はよかったと思う。なぜなら、そのパナソニックのガラケーは今に至る6年間、目立った故障もなく、一番駄目になりやすいバッテリも、今でもフル充電で丸二日ももつからである。それで、このガラケーが壊れたらその時点でスマホに買い替えればいいと思っていた。そしてそれは早くても来年後半くらいかな、などと悠長なことを考えていた。

その方針の色合いが変わってきたのは、一か月くらい前に地元の公民館の会合に出たときである。私は公民館の行事で将棋を子供達に教えているのであるが、最近は小学校でプログラミングを教えるらしいので、そういうスキルがある人がいると助かる、と言われてつい私が名乗った。一応、IT企業で、システム的なサポートの仕事を長くやっていました、と伝えた。それは別に嘘ではない。というか、私のITオタク的な雰囲気から、その発言は一応信用してもらった。

ところがである、そのときズボンのポケットに入れていた携帯にメールがきて、携帯を出してみてみようと思ったのだが、はっと気づいたのは、周囲の、それこそ80歳のご婦人でさえスマホなので、プログラミングを教えると名乗った手前、老朽化したガラケーを出してしまうとイメージ丸つぶれだよね、とメールを見るのを止めた。

で、いよいよある土曜日に、自宅の近くのドコモ・ショップに行ってみた。私はハイエンドのスマホなんて全く意図しておらず、家内が使っている富士通のらくらくホンという初心者向けのものでよいと思ったのだが、係員と、どんな機能でもよいけど文字を入れやすいのがいいと話していたら、それならと勧められたのが、シャープのAQUOS sense SH-01Kという機種である。おっ、シャープかとうれしくなった。というのは私は以前からシャープのファンだったのだが、シャープ崩壊で書いたような経緯で経営が悪化すると一旦はシャープから興味が離れた。ところが鴻海の経営方針がよかったか、シャープはV字回復し、ついには東芝のPC部門を買収するまでになった。それで現金にも私はシャープへの興味を復活させた。

で、ドコモ・ショップでAQUOS senseを初期設定してもらい、今まで使っていた携帯のアドレス帳だけでなく、受信メールと送信メールのログも移行できたことに満足し、ついでに有料ではあるがこれは必須と、AhnLab V3 mobileというウイルスチェックソフトを導入してもらって、自宅で早速使い始めてみたのだが、いきなりガーンときたのは、全く使い方が分からないのである。そもそもがメールの送受信や、ウェブ・ブラウザ(OSがAndroidなので、当然にChrome)の使い方も分からない。で、とりあえず最初についていた薄いガイド本や、パソコンのウェブ・ブラウザでAQUOS senseでヒットした内容を読み、一時間くらいかけてなんとかメールにメッセージを書いて送れるようになったのだが、「あ」を三回素早くタップして「う」を入れるというインターフェースにさえなかなか馴染めなくて困った。自分にできる仕事で述べた不器用さというのは私にとってかなり本質的である。

あと、折角なのでLINEを始めようと、知り合いにメールを送ったら、LINEへの招待状が届いたのだが、どうしていいかさっぱり分からず、いろいろやっていたら、なんか登録されたっぽいのだが、使い方が分からない。これでは、3体問題の解き方をルンゲ・クッタで書ける、という一応のプログラマとしてのプライドもへったくれもない。

ともかくも、LINEの入門書を本屋に買いにいくとしよう。大抵の人は、そんなもの読まなくても適当に使ってみて、あとはちょっとウェブ検索すればいいじゃん、というだろうけど、私はなにしろ一を聞いて十を知るではなくて、十を聞いてやっと一を知るという愚鈍の徒なので、すべては入門書をじっくり読むところから始まるのだった。

ある日曜日の午前中、ちょっと気分転換にチョコをかじっていた。私は甘党ではないが、チョコのカカオ成分やポリフェノールが体にいいということを何かで読んだので、クーベルチュールチョコレートに書いたように、特に頭が疲れたときなど、少しだけチョコをかじることにしている。

ところが、口の中のチョコをかじった箇所に違和感を感じたので、最初はチョコに異物が混入していたのかと思った。しかし、触ってみるとどうも金属のようで、よくみるとそれは、歯の金属の詰め物だった。私は思わず、ありえないと、つぶやいた。

というのは、やはり詰め物が取れたので行きつけの歯医者に通ったのが、去年の年末のこと。その歯医者はプラスチックのインレーを使うのが得意で、経験も豊富である。なので、今回もそうであることを期待していたらなんと、この箇所は歯の力がかかる箇所なので、金属にしましょうと言われた。金属だと一度型を取って、次回にそれをはめ込む手続きが余分なので、嫌なのだが、まあそういうなら、と仕方なく従った。

ところが、折角金属の型ができたのに、それを歯に組み込んで、余分な箇所を削り落とすときに、ついうっかり削り過ぎたのか、型を取るところからやり直しましょうということになった。私は、そんな、と思ったが、子供の頃から医者にかかることが多くて、治療関係には変に我慢強いところがあるので、まあ耐えることにした。

そうやって忍び難きを忍んで入れた金属のインレーがたった四ヶ月で取れてしまったので、ありえないと、つぶやいた次第である。行きつけの歯医者は当然に日曜日は休診なのだが、このまま詰め物が取れた状態を何日も放置するのは嫌だなと思い巡らしたら、あ、そうだと思いついた。確か私が通勤に使っている最寄りの駅のそばに、去年新しい歯科医が開業したのだった。それはたしか、土日も開いているとあった。そこで、ネットで電話番号を調べて電話すると、午後3時半なら空いているという。で、とりあえずその時間で予約して、行ってみた。

すると、歯科医も受付の人も全員が緑色の手術着みたいなのを着ているので、なんか戸惑ったが、少なくとも悪い印象ではなかった。歯科医はまだ三十代のようで、てきぱきしている。取れた金属のインレーをラップにくるんで持って行ったところ、まだ新しいのでそのまま使えるということで、処置してもらったら速攻で終わった。様子をみるため次回の予約をするのかと思ったら、特に問題がなければもう来なくていいという。

で、パンフをみてみると、なるべく余計な治療はしない方針で、基本的に年中無休、夜は八時までやっているという。で、私はああ、ととぶやいた。というのは、ちょっと前に本で読んだ、work as lifeというのはこういうことかと思った。すなわち、年中無休というのは歯科医師が長期のバカンスに行くということはありえなくて、生活と仕事が一体化しているということである。それはなにか文化的に貧しいという意見もあるかもしれないが、医療といえどもサービス産業なのであり、いつでも治療が受けられるというのはありがたい。

そして、work as lifeまたはlife as workみたいな医院や歯科医があったら、近所のそうでないところは、なにか付加価値を示せなければいずれ淘汰されてしまうかもしれない。

実は私が外資系の勤務していたときに、私はやはりwork as lifeみたいな方針で仕事をし、特に海外の担当者から好評をえて、部門内で圧倒的な存在感だったからである。それはまあ当たり前で、他の人が依頼してもなかなか応答してくれないのに私は、夜遅くてもできる範囲で調べて回答し、必要なデータなどもツールを駆使して迅速に用意したからである。

ただ、圧倒的な存在感はいいのだが、work as lifeが過ぎると家庭サービスがおろそかになる面もあって、そこはどうすればいいか、あまりいいアイデアはないのだった。

とはいえ、work as lifeだとみんなから頼りにされるので比較的リストラされにくくて、居心地がよくて、それは精神衛生にもいいということになる。そのあたりで適当にやるか、ということになる。

ともかく、基本的に年中無休の歯医者をコンビニエント歯医者と呼ぶことにすると、次回もなにかあったらコンビニエント歯医者に行くことになるかもとつい思うのだった。

私は無意味に律儀なところがあるので、特に書くことがないのに毎日何かブログに書かなくてはならないとか、折角書くなら、読んだ本一冊単位じゃなきゃいけないとか、今まで自分で勝手に囚われて、自分で困っていた。例えば、矢野久美子著「ハンナ・アーレント」中公新書を読んで、少なくともハンナ・アーレントで書いた内容の記事を書かなくてはいけないのような変な思い込みがあって、その本を読み終えても、少なくとも数週間記事が書けなかった。

しかしあるとき、急に吹っ切れて、そうだ、読書感想文だと思っているから全体を通して読んでから、その本に関する記事を書くのであって、読書感想文でなく単なるネタ探しと思って読めばいいのだと、今更分かった。要するに道を歩いていたり、テレビを観ていてネタを思いつくのと同じであると割り切った。すると、極端な話、本の表紙だけ見て、何か思いついて書いてもいい、ということになる。

そうやって割り切ると、今まででもそんなにブログのネタに困ったことはなかったが、どんどん小ネタが増えてインフレ状態になってきた。それはブログの質の低下になる惧れがあるが、もともと質を云々するほどのクオリティではない。ただ、書かれないでそのまま消えていくネタが増えて、ちょっと勿体ないとときどき思うだけである。

ただ、言い訳であるが、それは単に杜撰になったから小ネタでいいのだ、と必ずしも思っているわけではない。すなわち私は、黒川信重の「ラマヌジャンζの衝撃」現代数学社を熟読して、たった一行の数式に何日も熟考するようになってから明らかに、思考の粒度が細かくなった。そこまで考えると、一行の数式をネタにそこそこの記事が書ける。例えば、その数式の証明や計算の展開のようなことを延々と書いて、コメントをつければ一本仕上がる。すなわち、発散級数の和だったりする。そうやって細かくなった思考の粒度が読書感想文にも適用された、という次第である。

で、一つ困ったことが起きた。それは、仕事関係で、数百ページの技術書を流し読みしなくてはならないことがあるのだが、最近、読みながら細かい記載に引っかかって、いろいろ考えてしまうので、流し読みにならず、そこに何日も留まっているのである。

で、なんとも不器用な頭だなあ、と今更呆れている次第である。特定の仕事ではそこそこ要領はいいんだけど。

mp3プレーヤーに書いたように、私は一昨年の12月に、mp3プレーヤーを買って、今までそんなに不満なく使ってきた。

でも、たまたま他の買い物でヨドバシカメラに行ったとき、mp3プレーヤーの別の機種をみてみようとパソコン売り場に行ってみたら、いくら探してもない。確かにそれはパソコン売り場にあったはずである。そこで店員に聞いてみたら、それは一つ上のオーディオ売り場だという。へぇ、そっちへ移動したんだと思った。

行ってみると、ディジタルオーディオプレーヤーのコーナーには、ソニーのウォークマンだのアップルの製品だのひしめいているが、私が目指すローエンドの製品がみつからない。で、よく探したら、目指す製品があった。一昨年の12月に買ったmp3プレーヤーと同じメーカーのグリーンハウスのものである。改めてその機種を示すと、GH-KANADB8 L001/1624である。

最初は、今のmp3プレーヤーでもそれなりに使えているので、見るだけにしようと思ったのだが、GH-KANART8-BK L534/1752という製品が、値段が3500円程度で、矩形の薄型の筐体で、内臓メモリは8GBであるものの、microSD/microSDHCで32GBまで外部メモリとして拡張できるというので、これを買うことにした。microSDHCは32GBだと7000円以上もするので、3500円程度のサンディスクの16GBを買った。

そこで私が早速行ったことは、GH-KANADB8に入っているのと同じファイルをGH-KANART8-BKにコピーすることである。そのファイルは私が使っているLenovoパソコンのHDDに格納されているので、コピーツールであるBUNBACKUPでGH-KANART8-BKにコピーした。

コピーをしてもそれで終わりではなく、GH-KANART8-BKのディスプレイになにやら調整中のメッセージが出る。音楽ファイルをインデックスしているらしい。そしてインデックスが終わると、ディスプレイにメニューが出るが、そこには以下がリストされている。

  • 再生中
    ここでは、直近まで聞いていた曲が続けて聴ける。
  • すべての曲
    ここでは、すべての曲がリストされるが、順序など不明で、あまり曲を聴くのにふさわしくない。
  • アーティスト
    ここでは、アーティスト毎に曲がリストされるが、取り込んだ音楽ファイルにきちんとアーティストが付いていないとリストされないので、限定的な使い方である。
  • アルバム
    ここでは、アルバム毎に曲がリストされるが、取り込んだ音楽ファイルにきちんとアルバム名が付いていないとリストされないので、限定的な使い方である。
  • ジャンル
    これは、Rock、Classicなどのジャンル分けがされるのが、どういう基準でジャンル分けされているか不明で、あまり意味がない。
  • プレイリスト
    プレイリストは5つあり、その各々に気に入った曲をいくつでもリストできる。この機能は重宝する。
  • メモリー選択再生
    これは、フォルダを開いていって、直接聴く方法である。GH-KANADB8と同じインターフェースである。
  • 録音ファイル再生

GH-KANART8-BKは、音楽ファイルだけでなく、写真、動画も再生できる。基本的に音楽ファイルは内臓メモリのMUSICフォルダに、写真はPICTUREフォルダに、動画はVIDEOフォルダにコピーする。ただ、私は音楽ファイル以外使用する予定はない。

さて、microSDHCの外部メモリであるが、そこにファイルをコピーしてもインデクシングの対象外であることが分かった。なので、外部メモリにコピーしたファイルは、メモリー選択再生で聴くことになるのだが、それでも、気に入った曲はプレイリストに入れればよいので、特に困らない。

あと、GH-KANART8-BKは、GH-KANADB8と違って充電方式である。3時間で充電完了、12時間保つというので、そんなに悪くない。

結局、GH-KANART8-BKの表示メニューのインターフェースがいいので、GH-KANADB8には二軍に落ちてもらうことにした。

こんなインターフェースなんて、iPodとか使っている人には時代遅れなのだろうが、極めてナイーブなディジタル田舎者には、この程度でもうれしいのだった。

新聞を眺めていて、シダックスがカラオケ事業から撤退するというので、なんと、と焦った。

以下、日経の記事から引用する。

カラオケ業界に再編の波が押し寄せている。シダックスが30日、「カラオケ館」のブランドでカラオケボックスを展開するB&V(東京・新宿)に事業を売却すると発表した。ボックスをひとりで利用する「ひとりカラオケ」などが増え、客単価が下落したことが業績に影響している。

私がこの記事に焦る理由は、自宅の近くにあって、ときどき行くカラオケがシダックスだからである。それであそこが閉鎖になると、まあ他のカラオケももちろんあるが、ちょっと余計に歩かなくてはならないので嫌だなと思った。それにしても、「ひとりカラオケ」などが増え、客単価が下落した、という件には私は苦笑するよりない。なぜなら、私がまさにそういう客だからである。なにしろ安く抑えるため、必須のドリンク以外一切注文しないでひたすら歌いまくる。まさにほとんど売り上げに貢献しない、計算の誤差項のような客である。

実は上記記事を読んだ6月1日(金)はたまたま会社を休暇にしたので、様子をみるため自宅近くのいきつけのシダックスに行ってみた。すると、特になにも目立った変化はなかったが、気のせいか、いつもより閑古鳥が鳴いているような気もした。すなわち、いつもは一階の部屋が一杯で二階の部屋に案内されるのだが、その日は案内された一階さえがらがらで、あまり他のお客に会わなかった。

で、私はシダックスの経営状態に関係なく頑張って歌おうと思ったのだが、酔っぱらっているわけでもないのに、どうも声がでない。昔はこんなことはなかったので、老化現象と思うしかない。それでも、声を慣らすために30分くらい前川清とか八代亜紀などの演歌を歌っていたら、少し勘が戻ってきた。それにしても、つい前川清の隠れた名曲「海鳴り」を歌っていたら、シダックスの栄枯盛衰に思いを馳せて、少し涙ぐんできた。で、少しでもシダックスの売り上げに貢献しようとなにか注文しようとおもいつつ、なんか躊躇われて、やはり結局何も注文しないで、2時間歌いきって、年齢割引プラスJAF割引で、たかだか800円程度だった。

after all, なんともしみったれた客なのであった。

世間では糖質ダイエットが流行っているようであるが、それってどうよ、と私はつい思う。なぜなら、脳の思考のエネルギー源は糖分であり、糖質ダイエットって、体は大事だが、思考力は大事でないというメッセージなのか、とつい皮肉なことを考えてしまう。

それで、よくも悪くも思考を巡らすことでしか自分の力を発揮するすべがない私は、頭を使わなくてはならない場面では、多少糖分を敢えて摂ることにした。具体的には、カカオリッチなチョコレートだったりする。

それで、会社勤務のときの私の昼食は、会社の近くのローソン100で、ペット茶と、スポーツドリンクと、調理パンと、おにぎりを買うというのが日課になっているが、そこにチョコレートをときどき加えることにした。

それで、ローソン100のVLブランドのカカオリッチな板チョコを買おうとしたら、その隣に、クーベルチュールチョコレートというのが目についた。VLブランドのカカオリッチな板チョコはカカオ70%だが、クーベルチュールチョコレートはカカオ80%なのがよい。そもそも、クーベルチュールって、なにかのフランス語なのだろう。意味は知らないけど、なんかかっこいい。

それで、クーベルチュールチョコレートを買って、仕事の合間に食べることにした。すると、味が濃厚で、カカオも際立っていて、仕事中に食べていたら、病み付きになって一日で、一気に全部食べてしまった。ううん、流石にカロリー過多か。

しかし気になるのは、手にべたつくことだった。それで、ウェブでちょっと検索してみたら、クーベルチュールチョコレートというのはもともと、融かしてお菓子の装飾に使うものらしい。

へえ、そうなの、でもクーベルチュールチョコレートは普通に板チョコがあった場所に配置されていたのに。

改めてクーベルチュールチョコレートを調べてみると、それはフランス語ではcouvertureという綴りで、カバー(覆い)という意味らしい。脂肪分が多く、融けやすいという特徴がある。もともと製菓用だが、そのまま食べてもおいしい。まあチョコレートというのもなかなか奥が深い、と思った次第である。

ところで、バレンタインデーに女性が、好きな人のために、チョコを買ってきて融かして鋳型に流し込んで固めたものをつくり、プレゼントするということがあるが(私は、そういう手作りのものをもらった記憶がない)、確かチョコを融かして固めることを、テンパリングというらしい。それってなに、麻雀?と思ってしまう私は、そんなだから女性から手作りチョコがもらえないのだった。

月別 アーカイブ

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち日常カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは数学です。

次のカテゴリは歴史です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。