日常の最近のブログ記事

人身事故

user-pic
0

今どき、電車に乗っていて人身事故なんて珍しくもないが、座間死体遺棄事件で書いて以来の人身事故の被害を受けた。

それは2月15日(木)の早朝のことである。私はいつも、確実に座るために各駅停車に乗って新宿に向かうのだが、いつも新百合ヶ丘でしばらく停まって、急行をやり過ごすのが慣例である。

そうやって新百合ヶ丘で電車で待っていると、朝6時15分くらいにアナウンスがあった。なんでも、朝6時8分に町田で人身事故があったのだという。それを聞いてええっと思ったが、不幸中の幸いなのは前方でなく、通り過ぎた後方での人身事故である、ということである。すなわち、進行方向に困難はなく、少ししたら発車すると期待した。

ところが、20分たっても電車は発車しない。なんでも、スケジュールを調整しているのだという。まあ確かに、レールを走る電車というのは互いに強連結で、相互に関与しているので、後方の障害が前方に波及することもあるだろう。そう冷静に考えたら、気が落ち着いた。

といいつつ、まだ発車しないのでイライラしてきた。動きだしたのは、6時45分くらいだったろうか。動き出しても前の電車が詰まっているので、スムーズには進まない。それで後悔したのは、こうなるなら新百合ヶ丘で振り替え乗車で多摩線に乗って、京王線に乗り換えればよかったかな、ということである。ただ、私は京王線から中央線に乗り換える方法が分からなくて見送ったのだった。

でも、のろのろと進んで、登戸まできたときが次のチャンス、南武線で立川にいって、そこから中央線に乗り換えればいい。でも、とりあえずこの電車で座れているし、とまた見送った。

それにしても、こののろのろ運転はまなんとかならないかと思いつつ、やっと下北沢に着いた。ここでも井の頭線に乗りかえるチャンスだったが、またもや見送った。というのは、私の席の周囲にも沢山の人が立っていて、朝からいらいらして疲れの色が濃い。言い訳だが、私は座れているという特権を放棄したくなかったのであった。

で新宿に着くと、いつもより1時間10分も遅れていた。そういえば、私が乗る電車だといつもは会社に7時40分くらいに着いて、そこから一仕事を始めるのだが、これでは9時の始業にぎりぎり間に合うことになってしまう。そもそもぎりぎりで会社に行ったことがないので、将棋の秒読みのような出勤は苦手である。で、2月15日はどうもいまいち仕事の調子が出なかった。

まあでもいつも思うのだが、人身事故で亡くなる人は相当の覚悟というか、あるいは無意識状態というか、ともかく軽々しく揶揄してはいけなくて、ともかく冥福を祈るよりない。

きっとまた数か月以内に人身事故で翻弄されるのだろうな、そのときは早めに振替輸送利用するかな、前方人身事故であれ。後方人身事故であれ。

ネクタイ

user-pic
0

朝出勤前に、ネクタイを締めていたらふと、大学時代にゴールデン思案橋で言及したS君のマンションにみんなで押しかけ、朝まで騒いだあと、なぜか次の日の昼、私がS君にネクタイの締め方を教えたことを思い出した。なんか就職の面接に行くといっていたような。

しかしS君は私より二歳年下で、私は一年留年していたので、実質卒業年は私が一年早いだけである。すると就職後私が福岡に遊びに行ったときだろうか。どうも記憶が曖昧でいけない。そうやって考えながらネクタイを結んでいたので、ネクタイの長さが変になってしまい、また一から結び直した。何年やっても不器用でいけない。

そういえばS君は、将棋部の中では卓越した秀才だった。彼の将棋の棋力が高くなかったのでS君のことを評価する人はあまりいなかったが、私は微妙に見抜くというより感じていた。あと、私の同級生で数学科の宮野さんは、いまでは、それこそバイオインフォマティクスでは日本を代表するような学者の一人だから、どうも長崎の人は隅におけない。天草四郎もそうだろうか。そう考えていたらまたS君に思考が戻った。

S君は秀才なのに出世欲がなく、世渡りが上手でないので、多分であるが公務員として恵まれなかった。同様に世渡りが上手でなく大した地位にも就けなかった私がいうのも変であるが。

そんなS君は、グラフィックデザイナーの女性と結婚した。かなり売れていた人らしかったが、不幸にも小腸がんという、きわめて稀な病気で亡くなられた。そのとき既に体調がよくなかったS君は、奥さんの作品展を開いたが、ほどなくして奥さんの後を追った。後付けであるが霊格の高いご夫婦だったと思われる。だとしても私は人生不可解の念が抑えられない。

そういえば羽生永世七冠はインタビューで「将棋そのものを本質的にはわかっていない」と述べ、その応えにみんな感心していたが、私は少し醒めて、結局トートロジーかな、思ってしまった。なぜなら人生不可解というのが公理であり、そこからは必然的に人生の万事の、というよりもほとんど至るところ加算無限の事象で不可解性が導き出されるからである。だとしても、そういう演繹でなく、帰納的に多くの将棋を指した結果としてそういえるのはやはり凄い。なぜなら、私程度だと、将棋をわかっていないという事実さえわかっていない、と後退してしまう。

そんなことを考えながらネクタイを締めていたら、家を出遅れて、いつもより電車が一本遅れてしまった。いつも早い電車に乗っているので、まあ大勢に影響はないのだった。

毛布巻き

user-pic
0

毛布巻きとは、それだけではあまりにも具体性を欠くので説明すると、飼い猫のトラを毛布にくるんでかわいがることである。じつは最初は、猫の簀巻きというタイトルにしようと思ったが、国語辞典を引くと、簀巻きというのはとてもネガティブな意味があって、私が動物虐待していると誤解されてしまう。それで大急ぎで「毛布巻き」と言い換えた次第である。

毛布巻きのきっかけは、去年の秋だったか、トラがソファに座っていたとき、たまたま毛布をかけて、子供を寝かせるときみたいに、トントンと軽く叩いてみたことである。そんなことしたら嫌がって逃げるかと思ったら、意外にもじっとしていて、次第に喉をゴロゴロと鳴らして喜んでいる様子である。こんなことして何が気持ちがいいのかさっぱり理解できなかったが、ともかくそれでトラの機嫌がよくなるなら、結果オーライであった。

ところが、そんなことがあってから、私がソファーに座ってテレビを観ているとき、トラがやってきて、私の顔をじっと見つめるということがあった。それで、ああ、餌がほしいのかと、餌皿にカリカリと、カシオ節をいれたら、全く興味を示さないので、どうも餌ではないらしい。そこで、もしや、と思ってソファーに毛布を広げて待っていると、それをみてトラは、ちょっと考えるふりをした後、毛布に乗ってきたので、まるで巻きずしのようにトラを毛布でくるんで、トントンと軽く叩き始めると、トラは、得たりと満足な顔をしている。これが毛布巻きの所以となった。

こうして毛布でトントンがすっかりトラのお気に入りになり、飽きっぽいはずなのに今に至るまでその習慣が続いている。

トントンがよかったと思うのは、私とトラの心理的距離が縮まったことである。というのは、トラを飼い始めてからもう14年になるが、その間、トラは私のことを単なる餌係としか認識しておらず、家内には懐いていつも膝に乗っているのに、私にはそんなことは一度もなかった。それで、何度か抱き上げようとしたことがあるのだが、その都度、嫌がって逃げてしまう。一応メスなので、セクハラ?になってはいけないと思い、私はその後餌係に徹した。ところが、トントンをするようになってから、「トラ」と呼ぶだけで私の方に来るようになった。トントンを期待してである。この程度でも私は嬉しくて涙が出そうになった。一体どんだけ愛情に飢えているのか、私は(笑)。

ただ、トントンが困るのは私の自由時間をかなり奪うことである。先日も、会社から帰ってソファに座ってぼうっとしていたら、トラがやってきて私にトントンをせがむ。疲れているけど、義理でやっていたら、つい寝込んでしまった。そのときはすぐに寝る予定でパジャマ姿の薄着で、たまたまちょっとソファで休憩していただけだったので、寒くて風邪をひきそうになった。そんなことがあって、自分の都合にあわせてトントンは適当に打ち切ることもあるようになった。まあ仕方ないところである。

機能快に書いたように、カラオケは私の愉しみの源泉の一つなのだが、土日もいろいろと細々とした用件が入ったりするので、一人カラオケに書いた場合も含めて、都合まだ二回しか一人カラオケに行っていない。

ところで、1月27日の土曜日とその翌日の日曜日も午後から用件が入ったので、骨休みのため、1月29日の月曜日は会社を一日休みにした。どうしても若い頃の体力はないからである。

それでその休みの日、ぼんやりと冷蔵庫を眺めていたら、なにかのクーポン券がみえた。よくみると、私が一人カラオケで行くカラオケボックスのクーポン券で1時間無料+ポテトフライ・サービスなのだが、なんと期限が1月末とある。ビル・ゲイツが大富豪なのに、マックのクーポン券のファンであるという話は有名だが、私も富豪ではないがクーポン券が結構好きだったりする。

それで、遊び駒があったら将棋は勝てないね、とつぶやきつつ、カラオケボックスに行く準備を始めた。どうも遊び駒=クーポン券のつもりらしいが、ちがうんじゃないの。まあ、いいけど。

そのクーポン券は、去年の年末に、カラオケボックスの隣の紳士服店でスラックスを買ったときもらったものである。もらったといっても、いくらの商品を買えば一枚あげますというのでなくて、店のどこかに無造作に置いてあって、欲しかったら何枚でも勝手にもっていって下さいというモードなのでかなり軽い。

でも私はクーポン券をもって、勇躍カラオケボックスに行った。そして前回は二時間だったが、クーポン券があるので三時間にした。

ところが、歌い始めて30分くらいして早速後悔し始めた。日頃の疲れだろうか、なぜか急に声がでにくくなってきたのである。箱根駅伝でいえば、往路の二区で急にランナーがよたよたして苦しみ始め、途中棄権の危機がでてきたようなものである。これはいかんと、私は青学の原監督のように自分自身を激励し始めた。具体的には、歌いやすい前川清と、八代亜紀にレパートリーを変えた。そうやって休憩しながら得意な歌を歌っていると、次第に調子が戻り、アルフィーや英語の歌もとりまぜるようにした。

こうして復路は本来の調子を取り戻し、三時間を歌いきったときはまだ余裕があった。一時間無料券の威力は意外に大きく、会計したら思ったより安かった。さらに、一月ということで福引があったので、引いてみるとなんと、五等賞ということで1000円のクーポン券だった。ちなみに外れの六等は1時間無料券なので、その違いは結構大きい。

こうしてルンルン気分で帰宅したら、三時間ぶっとおしで歌った疲れがどっと出てきた。さて、会社にいって残り四日仕事ができるだろうか、と不安になってきた。なんかまた雪が降るらしいし。

まあでも、疲れて早く寝たせいもあるが次の日の朝、すっきり起きることができて、喉も痛くなっていない。なので、三時間の一人カラオケは少なくとも悪手ではなかったようであるが、流石にちょっと指しすぎのきらいもあるので、二時間が妥当というところだろう。

初詣

user-pic
0

今日は1月1日で恒例では座間神社に参拝に行くのだが、今年は座間死体遺棄事件が去年の10月にあったことで、座間神社は避けようと思った。

よくみると、座間死体遺棄事件の現場は、私が座間神社に向かう道路からかなり離れているので、気にしすぎといえばそうなのだが、私はスピリチュアリストのせいか、そういうこととなるべく物理的に距離を置こうとする。そういう意味で、事件があったアパートは事件の後居住者が一斉に退去して、大家さんが困るかと思ったら出る人はほとんどなく、剰え、入居希望者もいるらしくて、私にはまったく理解できない。

それで私は、座間神社よりも物理的自宅に近い二宮神社に参拝に行くことにした。比較的ゆったりめに起きていったので、着いたのは午前8時くらいだったが、あまり混んでなくてあっさり参拝が終わったのはラッキーだった。私が終わった頃から少しずつ参拝の人が増え始めた。ともかく破魔矢を買って帰っていると、知らないおじさんから二宮神社は混んでますかと聞かれたので、いえ、それほどでもないでしょう、と応えておいた。次第に増えていたけど、まあ問題なかっただろうと思うことにした。

それで、帰りながら思ったのは、昨日の紅白のヒフミンは何?ということである。あそこは、もし将棋界か囲碁界から人を選ぶなら、あそこは当然に羽生竜王か、井山七冠というところだが、どちらを選んでもバランスが悪いということで、ヒフミンがその人気で選ばれたとなると、ヒフミンは将棋界にも囲碁界にも関係ない、芸能人ということになりはしないか。

そもそもヒフミンが言っていることは、私レベルの将棋ファンからみると、底が割れていて、どんなに連敗しても別に弱くなっていない、調子がよければタイトルだってとれるのように誇大妄想みたいになってきて、もう論外なのだけれども将棋のことがあまり分かっていな人には、その理不尽さも分からないのか、と残念である。

そこいくと、紅白の中で羽生竜王に、嵐の二宮がインタービューする時間あったが、あれは流石に立派だった。でもそういう時間があるのも将棋人気のせいであろう。

私は将棋人気自体は将棋ファンとしてうれしいのだが、将棋人気がヒフミン人気にも煽られているとなると、かなり砂上の楼閣で、幻影ではないかと不安になってきた。まあでもあらゆる人気なんて幻影だといってしまえば、それまでだが。

落語鑑賞会

user-pic
0

私は、漫才や落語など、お笑い全般に好きで、そのうち浅草などの演芸場に出かけてみようなどと思ったりするのだが、出不精で未だに行ったことがない。ところが、地元の公民館で、落語鑑賞会を催すという。会費わずか300円で2時間たっぷりだというので、いってみることにした。

出演者は、笑点で司会をしている春風亭昇太の弟子で、春風亭昇吉。なんでも東大経済学部卒業で、しかも卒業時に経営学科を首席卒業というのだから、すごい。ただ、学歴と落語の実力はあまり関係ないよねと思ったら、第16回さがみはら若手落語家選手権で優勝したというから、これは実力も半端ではないね、と期待していった。

ところが、最初に出てきたのは林家喜之輔という高校生みたいな落語家で、もちろん聞いたことがなく、少し失望した。が、妙にとぼけた味があって実に面白い。自虐ネタと観客いじりネタを交互に繰り出して笑いっぱなしのうちに30分が過ぎた。若いのにかなり洗練されていると思った。

次に出てきたのは、いよいよ春風亭昇吉。真打昇進が近い二つ目だそうで、十分な風格がある。まくらで自分の親と、師匠の春風亭昇太をいじるネタで笑わせたあと、なにかの題目を始めたが、実に見事な話芸だと感心した。私は落語の通でもなんでもないが、将棋でいえばB級2組くらいのところにいるのではないか。ただ、もっと世に有名な落語家がA級だったりB級1組だったりするのかもしれないが、実のところ私は春風亭昇吉の落語と、世にいう名人の落語をうまく聞き分けることができない。自分の中で完全に縮退してしまっている。すなわち、春風亭昇吉も至上クラスだと思ってしまった。

10分の休憩のあと、再び林家喜之輔が出てきたが、もう誰も失望する者はいない。実力を知ったからである。ところが、林家喜之輔の本職は紙切りだという。では、あの洒脱な落語は余技なのか、すごいじゃんと思った。それで、観客のリクエストに応じて、まるで予め描かれているかのように淡々と紙を鋏で切って動物などの外観を出現させるのは見事だと思った。

そして春風亭昇吉が再登場。今度は古典落語を熱演し、改めてその実力に感じ入った。早く真打に昇進してほしいものだと思った。ただ、終わって、盛んに自分の今後の講演の予定を話し、是非とも聴きに来てほしいと話しかける姿に、落語家として実力があっても、稼ぐことは大変なのだと改めて感じた。じっさい、春風亭昇吉氏には、「東大生に最も向かない職業」という著書もあって、結構人気のようである。まさに昇吉氏は、東大受験のノウハウを落語に活かしているらしい。ちょっと例は違うが、青学の原監督が、サラリーマンの管理職としてのノウハウを陸上に活かして成功したようなものか。しかし青学、今度の箱根駅伝は大丈夫か。

2007年に私がブログを書き始めてから少しして、直接の面識はないが、大学の将棋部の後輩のブログをたまたま見かけた。それによると、ブログによる情報発信で、世の中に影響を与えると威勢のいいことが書かれていたが、誰からもコメントがないので、早々に止めてしまったようである。

私はというと、ブログを書き始めた頃、当時はブログそのものが今よりは希少だったこともあり、何人かの知り合いが義理のようにコメントをくれ、私はともかく自分のブログ上の所見に感想がもらえるのが嬉しかった。

ただ、なるべく雑多なことを勉強しようとしている私であるが、沢山ブログを書いているうちに月並み化して読者に飽きられていくのは必然で、その後潮が引くようにコメントは減っていって、今では極めて半減期の長い放射性元素のアルファ崩壊のように、ほとんどコメントがない。

それでも、私がブログを書くモチベーションがあまり下がらないのは、私が「ブログは人のためならず」で書き続けているからである。読む人が読むとそんなのは見え透いているようで、時々、要するに自分のメモ代わりに書いているんだろと指摘されるときがあり、私はデヘヘと照れるよりない。

その、自分のために書くことの理由を説明してみると、何一つ私のオリジナルはなくて、数千年の昔から、文章を書くことが好きな人が書いてきた理由とまったく同じで、徒然草の「おぼしき 事言はぬは腹ふくるゝわざなれば、筆にまかせつゝあぢきなきすさびにて、」ということである。要するに一種の気持ちのガス抜きである。だったら、酒でもいいのだが、あまり飲みすぎると体によくない。

後は、思考の整理である。人間というのは生きていると、いろいろな思い、情念やアイデアが浮かんでは消える。それはブログを書く前は、私は単に流れる河のように流しっぱなしにしていた。ブログを書くようになってからは、いつもノートや手帳をもっていて、思いついたらメモするようにした。そのメモは放置されて忘れられたり、捨てられたりすることもあるので、自分にとって正式版のブログ・ノートに転記したりする。そういうブログ・ノートは何冊も溜まったが、その中で実際のブログに結実したものはあまり多くない。単なる種を、ブログとして書けるように少しでも膨らませるのは意外に大変だったりする。

このあたり、お笑い芸人のネタ作りと同じである。ただ、お笑い芸人は私がブログに書くネタを探すよりもはるかに厳正にネタを吟味しているはずである。大衆に受けるというのは大変なことである。このあたりの認識が、私の又吉さんの火花に対する共感の根拠だったりする。

そうやって、苦労して、あるいはなんの苦労もなく書いた自分のブログは、数学でいうところの定義や補題のようになる。後に続くブログは、そういう自分の先行記事とは全く独立に、あるいは先行するある記事に強く依存して、書かれる。先行するある記事に強く依存して書かれる場合は、記憶にある範囲で、先行する記事にリンクを張るようにしている。

それと、単なる意地で、私はなるべく毎日ブログを書くことにした。すると、かなりの頻度で、単なる日記のような他愛ない記述も出てくるが仕方がない。そういう日常的な話題さえ思いつかないブログ氷河期のような時期もある。それは私は、たまたま思いついたときは一日に複数のブログ記事を書き、備蓄するようにした。

また、私はすっかり推理小説ファンになったが、そうだ、これを使ってブログのネタにしようと思い立った。面白い推理小説ならどんどん読めるので、これならブログのネタに困らない。

ところが面白い推理小説だからとって、それをもとにブログを書くのはそんなに自明でないと分かった。面白く読むことと、面白く書くことはまた別の作業だからである。それで開き直って、読書感想文にすることにした。そうやって閾を下げると、まあなんとか書ける。そうやって沢山読書感想文を書くのってバカみたいじゃんと言われるかもしれないが、それはそれで効果があるのであって、読書感想文でも書いておくと、内容が頭の中に固定される。もっと説明すると、自分のブログを読むと、脳内の読書体験に対するインデックスというかリンクが呼び出されるのである。これはこれで面白い。

それで、読書感想文を書いた経験が蓄積すると、今度はブルーバックスのような科学啓蒙書にもこれを適用することにした。最近読んだものの読書感想文では、大栗先生の超弦理論入門強い力と弱い力あたりがそうである。これは出来不出来はともかく、自分としては力の入った要約である。

ともかく、たかがブログ、されどブログで日々の暮らしは進んでいくのであった。

つい最近、知り合いからYouTubeのバブリーダンスを紹介された。なかなか凄いのだという。なんでも、大阪府立登美ヶ丘高校ダンス部。えっ、府立? 私が県立高校出身だからそう思うのかもしれないが、だいたい公立高校は地味である。高校野球だって強豪校はほとんど私立である。

ところが、YouTubeをみてみると、おったまげ。キャバクラ嬢みたいなコスチュームの女子高生たちが、キレキレのダンスを踊って、曲は荻野目洋子のダンシング・ヒーロー。これは乗りまくりである。とてもアマチュアとは思えない。実際、視聴回数も2700万に達した。

さらに驚いたことがある。こんな凄いダンスなのに、今年の高校ダンス選手権は、同志社香里に敗れて二位なのだという。登美ヶ丘高校ダンス部は去年・一昨年と二連覇しており、今年は青学の駅伝並みに三連覇を狙ったが、惜しくも敗れた。そういえば三連覇した青学も今年の箱根駅伝は厳しいらしい。

そうか、と分かった。登美ヶ丘高校ダンス部は優勝を逃した悔しさをYouTubeにぶつけたのだろう。そして、その悔しさのエネルギーは見事結実し、爆発的ブレークになった。

典型的には、ハンカチ王子とマー君の甲子園決勝対決のように、却って準優勝がブレークするのである。果たして登美ヶ丘高校ダンス部は快進撃で、Mステにも出て荻野目洋子と共演するし、さらには紅白で郷ひろみとコラボだという。SHISHAMOも出ることだし、これは今年の紅白は目が離せない。飲みすぎて寝ないようにしないと。しもしも、転がしてる?おったまげ。

実に自明なことなのだが、つい忘れがちになるので、自分に言い聞かせるために書いておく。それは、認識ギャップのことである。

すなわち、私は数年前まで意見書を書いたり、特許明細書を書いたりと、まあガチの特許実務屋をやっており、今では特許調査員なのであるが、周りをみていると、元許実務屋だったという特許調査員はいない。特許関連業務というカテゴリとしては同じグループなのだが、世間的にみてもこの両方がある程度詳しいという人は少ないだろうと私は思っていて、そのことが何気に自分のプライドになっていたりする。

しかしである、特許調査の方はほぼ日常的に携わっているのでそのスキルはアクティブなのだが、特許実務はというと、2013年7月に数件の意見書を書いて以来、実際にハンドルしたことはなく、かなり急速にスキルが低下していることはかなり正しいと思う。

なのに、特許実務に対するプライドは以前のままというか、むしろアップしている可能性がある。例えば、実際に特許実務をやっていると、うっかりタイプミスがあって審査官に36条をくらったり、引用例の技術を読み間違えて頓珍漢な意見書を書いたり、明細書で発明の要旨の技術の理解を間違えて、チェックした発明者もそれを見落としたので、技術的に矛盾があるままの記載の明細書で出願したりと、それが露見する度に特許実務に対するプライドはチャレンジを受ける。

ところが、今のように一切特許実務にタッチしないと、特許実務に対するプライドは安泰で、下手したら不必要に肥大してしまう。それは場合により、恐ろしいのではないか。

例えば、最近たまたま、TPPが発効したら、特許法や著作権法など、本質的な改正があると知った。これは、特許実務がアクティブであるときは、決してフォローを怠らなかったはずである。現役の特許実務屋のときは、米国特許法の改正もきちんとフォローしてきた。今の特許情勢の無知ぶりは情けないといえる。

ということで、スキルのメンテナンスはなかなか難しいのだった。少なくとも、スキルの動脈硬化の原因になる下手なプライドは捨てるべきである。

去年カープが何十年ぶりかにリーグ優勝し、さらには今年も連続してリーグ優勝したのをきっかけに、プロ野球への興味が復活し、日々のカープの勝ち負けに一喜一憂することになった。

ただ、プロ野球の場合どんな強いチームでも、確率的には三回に一回は負けるのであって、特にカープは首位を走っているはずなのに今年の八月は不調で、DeNAに三連続さよなら負けを食らっりして、月間勝率が五割を切るという惨状で、観ていると、夏の暑さに相俟って体調が悪くなってきた。

そのとき、昔読んだ森博嗣の小説を思い出した。すなわち、その小説の中で、おそらく森博嗣の投影であると思われる、犀川というN大学工学部建築学科の助教授が、自分はオリンピックの放送など一切みないし、興味がない。あんなものに一喜一憂しても意味がない、みたいなことを言っていたのを思い出した。

まあ確かに、私がカープファンだといっても、カープが勝とうが負けようが実生活には関係ない。むしろ、いちいち一喜一憂することで、会社で溜まったストレスに余計なストレスを累加させているなあ、あまり賢明とはいえないなあ、と反省した。

それでもうあまりプロ野球中継は見まいと思っていたら、九月に入って一気にカープが連勝を始め、現金にも私はまた熱心にプロ野球中継を観戦した。そしてリーグ優勝を決めたときは歓喜したが、まさかその後、カープ、CSに散るなんてことになろうとは。

そしてDeNAが健闘して予想以上に白熱した日本シリーズが終わったあと、冷静に考えてみると、ほとんどの人間はパトリオットではないか、ということである。パトリオットとはもともと愛国者という意味であるが、ここでは郷土愛や贔屓のチームを応援するような広い意味で使っている。

すなわち、志村五郎に書いたように、冷静な志村五郎氏でさえ、開戦になって、日本軍が米軍の軍艦を撃沈したニュースを聞いて、ざまみろと感激したのである。すると、犀川のようなモードはちょっと構えすぎかもしれない。

そういえば私は、子供のときから高校生までは巨人ファンだったのに、大学に進学して故郷を離れたときからカープファンになった。こういうのを故郷は遠きにありて思うものというのだろう。なので自然体でカープファンは続けるつもりだが、まああまり入れ込みすぎるのもどうかね、ということになるのだった。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち日常カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは数学です。

次のカテゴリは歴史です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。