教育の最近のブログ記事

電車の出版広告を見ていると、○○式3日で一生あがらなくなる方法とか、○○式最高の睡眠をとる方法、など自己啓発本がひしめいている。

それなりの研究家が書いた本もあり、ある程度意味があるのだろうと思うが、なんとなくうさんくさいと思うのは二点ほどあって、まず第一に○○のところに、有名大学が入ることである。なぜか米国の大学の場合が多く、典型的にはハーバードとスタンフォードであったりする。

米国には、プリンストンやカルテック、MITなど、同等または以上の大学がかなりあるが、マスコミ的にはあまりインパクトがないのか、まず使われることがない。

また、一週間の努力で、一生疲れない体になるとか、ちょっと考えたらありえない命題が、○○大学の名の基に提示されていたりするが、これなども、人間の変身願望にフィットするのだろう。

これは多分、歴史的には、易行で悟れる、成仏できる、天国に行けるなどと、宗教団体が説いてきたことに相当する。

さらに、ともすれば、宗教団体の教祖を絶対の悟りに達した宇宙至高の存在のように奉る。

しかし、少なくとも、スピリチュアリズムのシルバーバーチは、生身の人間が達成できる悟りのレベルなど高が知れていると喝破し、長い間の努力で少しずつレベルを上げていくしかない、と説く。

なので要するに、スピリチュアリズムは、当たり前のことを淡々と説いているだけで、インスタントな願望に全く応えてくれないので、がっかりするほどであるが、それがこの世の実相なのだから仕方がない。

なのに、スピリチュアリズムを、インチキ降霊会を催して騙す、みたいに定義して、こき下ろす人がいて困る。こき下されるべきはむしろ、安易な自己啓発本ではないだろうか。

しかし、何かの権威を借りて、易行で瞬時に、不可逆的に自分を変えられると説く本は、それが人間の根源的な願望であってみれば、あとを絶たないであろう。

私が読書するのでさえ、その本を読んだあとで自分の何かの能力が劇的に変化する気持ちが少しくらいはあると思う。まあ錯覚するくらいならいいんじゃない、早めに錯覚であることを意識するなら。

知の腕力

user-pic
0

知の体力の続きで、知の腕力について書いてみる。

そもそも、知の体力だの、知の腕力だのというけど、世間に確たる定義がある訳ではなく、以下の知の腕力の定義も、誰かが書いたりしゃべったものを参考にしたものでもないので、所詮は私のドクサなのであるが、まあ適当に述べてみる。

そこでまず、スポーツの一つの典型として、野球を考えてみる。そして、野球の技能の要素として何があるかというと、走ること、球を投げること、球を受けること、素振りをすること、球をバットで打つこと、など多数あって、それらの基礎技能のアナロジで、私は知の腕力を論じようとしている。

特に知の腕力で特徴的なのは、あるレベルに達するまでに厖大な努力を要するけれども、一旦あるレベルに達すると、その重要性が忘れられ、それを維持するための努力の価値も軽視されるような性質である。

すなわち、今までに何度もブログに書いてきたことであるが、算数の四則演算、多項式の変形、 微分演算、漢字の書き取り、英単語を覚えること、地道に辞書を引くこと、まだ読んだことがない作家の小説を読むこと、などいろいろある。

将棋でいえば、詰将棋を解くこと、棋譜を並べること、将棋を指すこと、などであるが、私が知の腕力ということを特に意識するようになったのは、実は詰将棋を通じてである。

というのは、私は昔から詰将棋が得意ではないが、それでも、ある程度集中的に詰将棋を解く努力をすると、多少難解なものも解けるようになって、束の間の満足感に浸ることができるのであるが、それがもしかして所詮幻影ではないかと感じることにあまり時間はかからない。

すなわち、半年とはいわない、わずか3ヶ月たったとき、簡単に解けていた詰将棋にひどく手こずる自分を見いだす。

そこからまた詰将棋の努力を繰り返すことは、シジフォス的な絶望につながり、私のような意志薄弱な者はそこで努力を打ち切る。

知の腕力の別の問題点は、あまりにスキル要素の数が多すぎて、どれを選ぶべきか途方に暮れてしまう、ということがある。そこでの別の問題は、楽なもの、やり易いものに流れてしまいがちなことで、それは往々にして、一番必要なスキル要素から遠かったりする。

さらに別の問題は、スキルレベルを仮想的にピン止めしてしまう誘惑である。地位、資格、学歴、講習会の認定証、段位免状など世間にはその種のアイテムが溢れており、それに依存して、日常的な努力を放棄してしまうことが多すぎる。まあ、下手にラベルで能力を騙るのでないなら、構わないのであるが。

あと、知の腕力そのものというよりも、知の腕力へのインセンティブとして、既知に未知を見出だすことがある。

すなわち、小学校の算数にさえ、さまざまな側面から未知を発見することが可能であり、そこに切り込むには、知の腕力を鍛えるよりないのである。

最近、プロ野球を観ていると、選手が新たに登場する度に、出身高校、出身大学、在籍したプロ野球チームなどの経歴が紹介されるのだが、それは実に多様で、現在の実力とあまり関係ない。なにしろ、カープの一岡のように、沖コンピュータ学院出身という人もいて、なんだそれは?ということにもなったりする。

一方で私は、かなり熱心な高校野球のファンで、全国の強豪校というのがだいたい頭に入っている。その知識によると、広陵、東海大相模、大阪桐蔭、横浜高校あたりの出身者でプロで活躍している人を比較的多く見かけるが、それでもそんな強い相関があるわけではない。例えば、巨人の菅野は文句なくいいピッチャーでたまたま東海大相模の出身だが、それは単に菅野が才能があって努力しただけだと私は思っている。

さて、会社組織などに目を転じると、野球よりはるかに学歴が幅を利かせている。それは以前はスポーツの世界と、一応知能労働との違いかと思っていたが、改めて考えると野球というのは膨大な知識と学習を要するスポーツで、下手なサラリーマンより精神的労働的である。

それで改めて学歴についてナイーブに考えてみると、それは高校卒業という特定の時期にある試験に受かり、大学に入って特定の分野の専攻をし、卒業したにすぎない。すなわち時期的、分野的にあまりにも限定されすぎているので、それから何年もたってしまうと、勉強したことはほとんど記憶になく、しかも今の仕事との関係もあまりないかもしれない。

そもそも、学歴というけれども、サラリーマンはプロ野球選手と違って、ほとんどリアルタイムで実力をテストされることがなく、よって地道な努力をする人が少ない。

それで私は最近、自分のスキルというか知力をライブに保ちたいので、脱学歴ということを意識している。というのは、目の前の仕事があるとき、それに対して学歴はほとんど役に立たず、地道に勉強するよりない。下手な学歴意識は邪魔である。

野球でいえば、一点勝っていて、相手チームが9回裏の攻撃で2アウト満塁になったら、学歴なんて関係なく、それを抑える実力をもつピッチャーを投入するよりない。東海大相模出身かどうかなんて考えてはいられない。

これが野球チームなら有望な選手を出せばいいが、自分の中だとそうもいかない。それで私は自分の内面に二軍というかファームを設立した。そして、まだ初心者のスキルだと容赦なくファームで鍛える。例えば、私の複素関数論の知識はレベルが低すぎて、話にならないので、基礎からファームで鍛えている。そしてあるレベル、といっても私の場合あまり高いレベルではないが、になったら一軍に上げる。

ただ、こういう考え方をするのは、私が旬を過ぎたサラリーマンであるからである。すなわち、旬のサラリーマンなら、どうしても学歴の慣性力は大きい。しかし、この歳になると、志村五郎氏がというところのYou will find out.を実現するためには、ただ地道に勉強するよりない。なのに世間をみていると、学歴が活きない年齢になってむしろ、過去を懐かしむように学歴にすがる人が多くて、呆れる次第である。

東大理Ⅲ

user-pic
0

新聞の書籍広告をみていたら、自分の子供四人をすべて東大理Ⅲに合格させた女性が、合格させる方法論のようなものを説いたという本が出版されているという。

理Ⅲはおろか、東大そのものがはるかな高嶺の花のような私は、そんなことがありえるのかと目を瞠ってしまった。普通、よほど受験の得意な兄弟だとしても、誰かなんとか一人は東大理Ⅲに合格するとしても、他の兄弟は東大理Ⅰだったり、早慶だったりしないか。それでも世間では十分に大秀才の兄弟で通る。

受験の苦手な私がどう言っても根拠に乏しいのだが、受験の才能は、スポーツのように、ある程度遺伝ではないのだろうか。だから、子供四人をすべて東大理Ⅲに合格させる前提として、両親がある程度高学歴であり、しかも塾や予備校などに惜しみなく資金をつぎ込めるだけの財力も必要である。

さて、別の観点からも見てみよう。私が問いたいのは、大学入試の模試で全国トップレベルで東大理Ⅲが狙えるとしても、そうすることが本当に得か、ということである。

私がさらに問いたいのは、そこに山があるから、という登山家のような発想で、高峰の理Ⅲを狙うとして、君は医学が好きか、東大医学部を出てどんな医者になりたいのか、ということである。

もしその答えが、医学を研究して、どこかの大学の医学部の教授になりたいというなら、まあ分かる。なら、学閥が活きる。しかし、成績がいいから東大医学部に入ったものの、と戸惑う学生は少なくないのではないか。

そもそも一般的にみて、よほど使命感に燃えている学生でないと、医学は面白くないのではないかと私は邪推したりする。体の部位の名前をたくさん憶えたり、聞いたこともない病気の症状を勉強したり、死体を切り刻む実習もある。だったら、例えば理学部で場の量子論や素粒子論を勉強したあと宇宙物理学を専攻して、ダークエネルギーを研究した方がはるかに夢があって面白くないか。

さらに別の観点では、折角超難関の東大医学部を出ても、いったん医者になってしまうと、東大卒である前に医者であることが全面に出て、学歴が霞んでしまう。しかも、医者としての技量と、受験を勝ち抜くスキルがどれだけ比例するのかもあやしい。

そこまで考えたら、東大理Ⅲに合格できる実力があるとしても、あえて東大文Ⅰを目指し、卒業したら国家公務員一種を目指して合格すると、例えば警察庁で将来の長官を目指すのはどうか。すると国家の中枢権力が手に入る。医師も偉いと思うが、そこまで権力欲が満たせるのだろうか。

とはいえ、罵倒する作家は、東大法学部を卒業して、元警察庁官僚なのだった。すると警察庁もなかなか厳しいのか。

などと、学力も権力欲も乏しい私が、負け犬の遠吠えのように書いても、まったく意味がないか。

古書店で、内田樹氏の「街場の大学論」角川文庫というのをみかけて、面白そうなのでとりあえず買ってみた。そしてあまり期待しないでパラパラとページをめくってみたら、なかなか面白いので、最後まで読んでしまった。そこで簡単に感想を書いてみる。

そもそも私が内田樹氏のファンになったのは、日本辺境論街場のメディア論などの著者を通じてだが、「街場の大学論」は、これらの著書より前にあちこちに書いたものを纏めたものである。

それでいて、妙に臨場感があるのは、内田氏が大学教授として学部内改革などで苦労しているからである。

だから、内田氏が、神戸女学院大学に勤務しながら、女子大が学生を集めるのに苦労しているというくだりも実感がこもっていてよい。そもそも昨今、実務的でない文学部というのを廃して人間関係学部とか少しでも人気の出そうな学部名にしているところ、神戸女学院大学は文学部を堅持して、それでいてなんとか受験者数を維持しているのは硬派でよい。

ところで、この本に限らず、どんな大学論の本も、昨今の大学生のレベルの低下を嘆くが、私はどうも信じられない。というのは、そういうほど昔の学生は優秀だったのかという逆の問いかけである。むしろ若いサラリーマンをみていて優秀な人がよく目につく。それは単にダメ学生だった自分を基準にしているからなのだろうか。

あと、へぇと思うのは、内田氏が、東大合格数が日本でトップだった時代の日比谷高校の出身者だったということである。へぇと思うのはそれだけではなくて、内田氏は最初の頃成績が上位だったのに次第に下落してきて、それで自主的に高校を退学してしまったことである。秀才であるがゆえの蹉跌だろうか。普通はそこで不良になるなど身を持ち崩すのであるが、日比谷高校の優秀な同級生たちと友情を維持し、大検に合格して、学生運動のため東大入試が中止になったので京大を受けて落ち、翌年になんとか東大に合格したというレジリエントぶりを示していることである。しかし折角東大に合格しても学生運動に参加したり、なかなか勉強に目覚めず、遅咲きで学問に志すのだった。ここらあたりの人間臭さは、今の著書からも窺える。

最後の圧巻は、内田氏が2006年に、文部科学省私学行政課長の杉野剛氏と面談し、大学行政に関して率直な意見を述べていることである。さらに面白いのは、杉野氏が直談判のような内田氏の意見に対して、なるべく誠意をもって丁寧に回答していることであり、文部科学省にも教育のことを真摯に考えてる人がいるんだと思った。しかし大学の体制は、より管理が強くなる方向に動いてしまっている。なので大学の未来は決して楽観できない。それでも内田氏の発する警鐘は有意義だと思う。

最近、絶対ボケない生活に関して思いついたことがあるので、簡単に記してみる。

それは、上記記事の以下のような記述である。

それと、次にボケやすいのは学校の先生だそうである。特に古文、地理、歴史などの人文系の教師がそうで、英語の先生もそうらしい。逆にボケにくいのは、数学、物理、化学、音楽、美術などの教師だという。人文系の教師だと、毎回古ぼけたノートを読んでいるだけでも授業が成立するからのようである。

私は偏差値としては大したことはないのだが、大学受験の科目の中で相対的には英語が比較的にはましで、模試などでもコンスタントに八割の点は取れていた。それは要するに、英語は知識の再利用性が高いということではないか、と考えた。すなわち、いったん文法なり語法なりをマスターすると、少しのフットワークで新しい問題に対応できるのである。

ところが例えば数学だとどうだろう。ある問題をマスターしても、少し別の問題にはその解法が使えなかったりする。すると数学では、知識の再利用性が低いということになる。尤も、受験の猛者で、受験数学のあらゆるパターンを暗記してしまう人がいるらしくて、その方法を徹すると東大理Ⅲにも合格できるらしい。ただ、そうやって合格した人が素晴らしい数学センスを発揮する可能性は低いと思うが、合格してしまえばあとはどうなってもいいのだろう。

私が知識の再利用性に想到したのは、詰将棋を解いているときである。すなわち、七手詰ハンドブックは、詰将棋が苦手な私でさえ、そんなに苦労しないでスラスラ解けるので、簡単な部類に属すると思うが、それでもこの本を二巡目に解いたとき、一回目に解いたときの知識が全く使えない。

その理由を考えてみたのだが、多分詰将棋は、一つ配置が違っただけでも全く別の手順や手筋になってしまうのに、英語だと前例との乖離が少ないのだろう。

で、私の提案は、英語などのスタチックなスキルでも、ボケ防止のためにはなるべく知識の再利用性が低い、低エントロピーの方策を探るべし、ということになる。それは例えば、翻訳などいいかもしれない。日英でも英日でもよい。ターゲット言語の文章の多様性により、知識の再利用性を下げることができる。

ちなみに、知識の再利用性が最高なのは、スナックなどで、日比谷高校から東大を出ていることを自慢するような輩である。なにしろ、毎回、日比谷高校、東大と唱えるだけでよい。知的努力ゼロである。

ともかく、イントリンシックに知識の再利用性が高いスキルでも工夫次第でなんとかなるというものである。とはいえ、数学や将棋のような、インヘレントに知識の再利用性が低いスキルの方が、マンネリ地獄、ラベリング地獄に陥る惧れが少なくていいともいえる。

教育

user-pic
0

ノーベル平和賞のマララさんのステートメントにもあるように教育は重要である。今の大したことない私も、すくなくとも小学校と中学の教育がなかったら今の私がなかったと断言できる。

というのは、小学校と中学レベルの勉強を、普通の凡才の私が独学でできたとは到底思えないからである。

それはともかくとして、世間教育はあまりにも、この学校を出ればこの結果が得られるみたいになりすぎていないか。

私が外資系の会社にいたとき、発明のアイデアをまとめるスキルの講習を執り行うライセンスをもつ人が米国からやってきた。私は取り纏め役として、人を集めた。その講習の内容はどうやってアイデアをまとめるかという、いわば既知のノウハウだったが、その講習をきちんと受けた人には何か認定証が発行された。

それから数か月たって、米国の担当者から、規定の料金が支払われていないと苦情がきた。ええっ、有償だったのかと当惑した。そのときすでに私は管理職でなかったので、支払い手続きは現職の管理職に任せたが、なんとも形式的だと苦笑した。

というのは、あのような講習を受けても、どうみても発明処理力はほとんど向上しないからである。そもそもそのような教育内容は一切盛り込まれていない。

で、改めて顧みると、世間はある教育なり講習を受けると、その本人のスキルが改善されるという、ある意味スキル関数論に染まりすぎてはいないか。

私は結局プラトンのメノンにおける才能主義に与する。すなわち、教育は重要だが、生来の才能が欠ければ何一つ結実しないのである。

今の学校の学校の様子をみていると、あまりにも才能に対する配慮がなさすぎる。才能があるかなかなんてわからないというかもしれないが、少なくとも本人にはある程度分かる。すなわち、ちょっとやってみて楽しいかどうかが最低限の才能があるかどうかの分かれ目である。

それは意外に分かりやすいのに、世間はどうしても形式的な学校やライセンスに拘る。個人の才能を垣間見る程度の手間も惜しいらしい。

改めていおう、学校はどうしようもない才能を、最低限のレベルに引き上げることができるかもしれない、場合によっては有為の才能をつぶすかもしれない、有為の才能をそこそこ引き上げるかもしれない、しかし、一番してはいけないことは有為の才能をつぶしてしまうことなのであって、そのことを教育担当者は分かっているのだろうか。

すくなくとも、アインシュタインが、特殊相対論と、光電効果と、ブラウン運動と、一般相対論を完成できたのは、余計な教育上の邪魔が入らなかったからである。そのことをどれだけの人が認識しているのだろうか。

教育は、あるそんなに高くない閾値を超えると、過剰より過少が優るようになる。改めて考えてほしいのだが、過剰な受験勉強がどれだけ才能を窒息させているか関係各位は考えたことがあるのだろうか。井山六冠も、藤井四段も、のびのび自由に羽根を伸ばした結果なのである。

経験知

user-pic
0

世間には、人間は長年経験すれば熟練し、賢くなるというドクサ(臆見)があり、それは場合により正しくないが、大抵の場合は正しいと信じられている。私も長年そうだったが、単に生きてきた年数の長さ以外誇れるものがほとんどないというこの歳になって、その前提を根本的に疑うようになってきた。

例えば、藤井四段の例をみるまでもなく、囲碁や将棋ではむしろ若い方が有利であり、そこでは経験知がほとんど働かない。

それをみて、弁護士、税理士、サラーリマンなどの理系的とは違うが、世間知も含むスキルのベテランの専門家たちは、囲碁や将棋は人生経験をあまり要さないから若くてもトップレベルのスキルに到達できるが、自分たちの専門は違うと思っているかもしれない。

しかし、囲碁や将棋も、一時代前は、ピークは四十代だと思われていた。例えば、囲碁の名人だった坂田栄男に、まだ二十代前半の林海峰が挑戦したとき、坂田は、四十代の自分が負けるわけがないと言った。しかし、林海峰はあっさり奪取した。

私はそれとの類推で、弁護士やサラーリマンなどの仕事でも、もしかして才能があり努力する若者にはあっという間にスキルで追い抜かれてしまうのではないかと最近、思う。なぜなら私自身が、スキルを維持することに膨大な努力を割くことを強いられているからである。少なくとも若い頃は、いったん努力してあるレベルに到達すると、そのメンテナンスにあまり努力を要さなかった。いまの年齢になると、若い頃と比べて、どうしても生命のエネルギーが欠乏している。

あと、ここまで生きてきてはっきり言えることは、人生で馬齢を重ねることほど容易なことはない、ということである。例えば、将棋で、何十年も四間飛車しか指さないというおっさんは結構いる。すると四間飛車の隅々に詳しいので強いかというと、私のみるところそういうタイプのアマ強豪は最早時代の化石である。通用しない。若手に少し変化されたらもう太刀打ちできない。

なので、実は既知は未知なりなのであって、どんなことでも分かっていると思っているのは間違いで、再考に値することを肝に銘じなくてはならない。これは哲学ではなくて、哲学の前提にすぎない。

ともかく私は、長年の経験だけでスキルの高さを説得しようとする人を信じない。スキルの維持と開拓にどのような努力を日々しているか説明できない限り。

8:2の法則

user-pic
0

今まで何度も似たようなことを書いてきたような気がするのだが、屋上屋を恐れずに、また書いてみる。それは、8:2の法則とでも呼ぶべきことである。

8:2の法則というとき、8は状況スキル、あるいは環境スキルというべきものであり、2はベーススキルである。これが何に相当するのか、将棋の例を挙げるのがわかりやすい。

すなわち、8は最新定跡や対戦相手の棋風、2は詰将棋を解く力、読みの力などである。将棋で重要な大局観という概念がどちらに入るのかわからないが、私は8のほうに入ると思っている。

さて、8と2でどちらが重要かというと、それはプロになり、それを維持するためなら、間違いなく2のほうである。最近新人ながら大活躍している藤井四段の活躍の根源にその卓越した2の力がある。

すなわち、スキル全体を活かし、牽引するのはまず2の力で、そのためどんなスキルでも、2の力の修行から入らなくてはならない。そして2の力の修行には膨大な時間と才能を要する。

2の力は、あるレベルに達するとそんなに簡単に力は落ちない。減衰定数は小さい。しかし、減衰定数の小ささを過信してはいけない。ながらく放置すると回復不可能なまでに劣化する。なので最近の私は小学校レベルの筆算や漢字の書き取りから修練しなおしている。

さて問題は8のほうである。8:2の法則というとき本当は9:1あるいはや7:3かもしれず、相当に場合によると思われるが、ようするに私が言いたいことは、状況スキル、あるいは環境スキルは、あるレベルにたっするために膨大な時間は要さないかもしれないが、維持には膨大な時間がかかる。なぜなら、容易に揮発し陳腐化するのである。なので激しく蒸発する鍋には日々水が注がれなくてはならない。

よくプロ棋士が一日8時間勉強するとかいわれるが、おそらくほとんどの時間は、8のほうに費やされているはずである。そうしないと、いくら2の力が卓越していても、序盤でもっていかれてしまう。

私は、日々の仕事でも可能な範囲で8:2の法則を実践している。すなわち、特許サーチャーとして、検索式を組み立てたりする2の力にも留意しつつ、8のほうに時間を傾注する。

なんでこんな当たり前のことを私がいうかというと、私の周囲にいる人たちは、長年の仕事を通じて2の力をある程度蓄積したあとは、それで足れりとして、8のほうを意識的に開拓することは少ない。それはどうしてかと考えると当然で、普通のサラリーマンは、棋士のような厳しい競争的環境になく、8の努力なんて無駄である。工学書を読んだって面白くもなんともない。

するとなんで君はそんな甲斐のない努力をしているの?という逆の問いかけにもなって、まあそのほうが工学の知見が増すよね、レポートのクオリティが上がるよね、人生が豊かになるよね、というはなはだ要領をえない回答にもなるのだった。ううん、自ら竜頭蛇尾になってどうする。

新刊書店で本を眺めていたら、森昌子の「母親力」SB新書という本が平積みになっていた。本の帯に、「あんたは鬼のような母親だ」とある。私は昔から森昌子の歌唱力を絶賛しており、文句なく好きな歌手の一人なのだが、この本をみただけで私は顔が強張った。そして森昌子に対する好感度が下がってしまった。

というのは私は、スパルタ教育なるものが本質的に嫌いである。本能的、といってよいかもしれない。

この本によると、森昌子がスパルタ教育をしたのは、「わが子をメシが食える大人に育てるため、母親に依存せず、年上を敬い、自分のことは自分でする。」ようにするため、というのだが、子供というのは、スパルタ教育を受けないと、メシが食える大人になれないのだろうか。自立心が育たないのだろうか。私は放任されて育ったが、いちおう「メシが食える大人」のはしくれなのだが。

自分の例を挙げるのは恐縮であるが、私は両親から一切スパルタ教育を受けなかった。ただ、幼かったころは、家が随分貧乏だったので、玩具の類はほとんど買ってもらえなかった。で、私は、癇が強い子供だったので随分ごねたが、私がごねると母親は、柔道のように私をぶん投げた。畳に叩きつけられて随分痛かったのを覚えているが、まあそれはスパルタ教育とはいえない。買えないものは買えないのであって、言っても分からない子供には体の痛みで分からせるよりない。

それでも母親は、私が少なくとも小学校の高学年になると、あまりうるさいことを言わなくなった。自由放任に近い。私の母はあまり能弁ではないので、私にいちいち説教もしない。それで私は、母親の背中をみていろいろ考えた。例えば、私に片付けろと指示するのに自分はやらないではないかと思った。母親はそれでも筋を通す人間で、曲がったことが嫌いだった。近所の人が家にやってくると、乏しい家計の範囲で、あまり惜しまず酒や料理をふるまった。私が食べるはずだったおかずが、客人に廻されてしまったことは何度もある。また、ちょっと知恵おくれで生活保護を受けているような人が故郷の島にいて、ひとり暮らしで誰にも相手にされず、あまりに汚いので、みんなが風呂に入ったあと、最後に風呂に入れてあげたりした。

私からみると、そういう姿を見せるのが一番の教育で、一方で、貧乏だったこともあり、習い事など一切課されなかったのは幸いだった。自分のスキルは自分で鍛えるよりないと感じた。

そういやり方って案外、「わが子をメシが食える大人に育てるため」の方針になっていないだろうか。少なくとも、何も課されないと、自分で工夫してやるよりないと思う。そして自分は何ができるのだろう、何をしたら面白いのだろうといつも考えるようになる。

スパルタ教育をするためには、子供の個性を見抜き、ベストなやり方をある程度分っている必要があるだろう。しかし、親子であっても別人格であり、個性はそんなに見抜けない。すると、自由にやらせる面が少なからず必要である。

あと、「鬼のような母親」だと、家庭が安住の地でなくなる。よく、男は家を出ると七人の敵がいるというが、大の男でなくても、女であっても、子供であっても、外では虐められたり、何があるか分からない。そんなとき家庭が避難所になってなくてどうする。きちんと港があるから、船は出航でき、荒波にももまれることができるのである。

もう私の両親は亡くなってしまったが、両親が生きているときは、私の実家は、とりあえず安心できる場所だった。たまに帰省すると、気が抜けて眠くなる。いくら寝ていても、自堕落の限りを尽くしていても、咎められることはない。そういう安心空間をもてないと、人間は辛いのではないか。個性を発揮できないし、逆に自立できないのではないか。

なので私は、かなり極論かもしれないが、スパルタ教育が是認されるのは、戦争のような環境で生き延びるスキルを身に着けるときと、航空機や原発など、間違えると多くの人達の人命を危機にさらすスキルを学ぶときだけだと思っている。

まあ要するに、私のスパルタ嫌いは、私の二流性の証明に他ならないのだが。

月別 アーカイブ

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち教育カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは政治です。

次のカテゴリは数学です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。