教育の最近のブログ記事

経験知

user-pic
0

世間には、人間は長年経験すれば熟練し、賢くなるというドクサ(臆見)があり、それは場合により正しくないが、大抵の場合は正しいと信じられている。私も長年そうだったが、単に生きてきた年数の長さ以外誇れるものがほとんどないというこの歳になって、その前提を根本的に疑うようになってきた。

例えば、藤井四段の例をみるまでもなく、囲碁や将棋ではむしろ若い方が有利であり、そこでは経験知がほとんど働かない。

それをみて、弁護士、税理士、サラーリマンなどの理系的とは違うが、世間知も含むスキルのベテランの専門家たちは、囲碁や将棋は人生経験をあまり要さないから若くてもトップレベルのスキルに到達できるが、自分たちの専門は違うと思っているかもしれない。

しかし、囲碁や将棋も、一時代前は、ピークは四十代だと思われていた。例えば、囲碁の名人だった坂田栄男に、まだ二十代前半の林海峰が挑戦したとき、坂田は、四十代の自分が負けるわけがないと言った。しかし、林海峰はあっさり奪取した。

私はそれとの類推で、弁護士やサラーリマンなどの仕事でも、もしかして才能があり努力する若者にはあっという間にスキルで追い抜かれてしまうのではないかと最近、思う。なぜなら私自身が、スキルを維持することに膨大な努力を割くことを強いられているからである。少なくとも若い頃は、いったん努力してあるレベルに到達すると、そのメンテナンスにあまり努力を要さなかった。いまの年齢になると、若い頃と比べて、どうしても生命のエネルギーが欠乏している。

あと、ここまで生きてきてはっきり言えることは、人生で馬齢を重ねることほど容易なことはない、ということである。例えば、将棋で、何十年も四間飛車しか指さないというおっさんは結構いる。すると四間飛車の隅々に詳しいので強いかというと、私のみるところそういうタイプのアマ強豪は最早時代の化石である。通用しない。若手に少し変化されたらもう太刀打ちできない。

なので、実は既知は未知なりなのであって、どんなことでも分かっていると思っているのは間違いで、再考に値することを肝に銘じなくてはならない。これは哲学ではなくて、哲学の前提にすぎない。

ともかく私は、長年の経験だけでスキルの高さを説得しようとする人を信じない。スキルの維持と開拓にどのような努力を日々しているか説明できない限り。

8:2の法則

user-pic
0

今まで何度も似たようなことを書いてきたような気がするのだが、屋上屋を恐れずに、また書いてみる。それは、8:2の法則とでも呼ぶべきことである。

8:2の法則というとき、8は状況スキル、あるいは環境スキルというべきものであり、2はベーススキルである。これが何に相当するのか、将棋の例を挙げるのがわかりやすい。

すなわち、8は最新定跡や対戦相手の棋風、2は詰将棋を解く力、読みの力などである。将棋で重要な大局観という概念がどちらに入るのかわからないが、私は8のほうに入ると思っている。

さて、8と2でどちらが重要かというと、それはプロになり、それを維持するためなら、間違いなく2のほうである。最近新人ながら大活躍している藤井四段の活躍の根源にその卓越した2の力がある。

すなわち、スキル全体を活かし、牽引するのはまず2の力で、そのためどんなスキルでも、2の力の修行から入らなくてはならない。そして2の力の修行には膨大な時間と才能を要する。

2の力は、あるレベルに達するとそんなに簡単に力は落ちない。減衰定数は小さい。しかし、減衰定数の小ささを過信してはいけない。ながらく放置すると回復不可能なまでに劣化する。なので最近の私は小学校レベルの筆算や漢字の書き取りから修練しなおしている。

さて問題は8のほうである。8:2の法則というとき本当は9:1あるいはや7:3かもしれず、相当に場合によると思われるが、ようするに私が言いたいことは、状況スキル、あるいは環境スキルは、あるレベルにたっするために膨大な時間は要さないかもしれないが、維持には膨大な時間がかかる。なぜなら、容易に揮発し陳腐化するのである。なので激しく蒸発する鍋には日々水が注がれなくてはならない。

よくプロ棋士が一日8時間勉強するとかいわれるが、おそらくほとんどの時間は、8のほうに費やされているはずである。そうしないと、いくら2の力が卓越していても、序盤でもっていかれてしまう。

私は、日々の仕事でも可能な範囲で8:2の法則を実践している。すなわち、特許サーチャーとして、検索式を組み立てたりする2の力にも留意しつつ、8のほうに時間を傾注する。

なんでこんな当たり前のことを私がいうかというと、私の周囲にいる人たちは、長年の仕事を通じて2の力をある程度蓄積したあとは、それで足れりとして、8のほうを意識的に開拓することは少ない。それはどうしてかと考えると当然で、普通のサラリーマンは、棋士のような厳しい競争的環境になく、8の努力なんて無駄である。工学書を読んだって面白くもなんともない。

するとなんで君はそんな甲斐のない努力をしているの?という逆の問いかけにもなって、まあそのほうが工学の知見が増すよね、レポートのクオリティが上がるよね、人生が豊かになるよね、というはなはだ要領をえない回答にもなるのだった。ううん、自ら竜頭蛇尾になってどうする。

新刊書店で本を眺めていたら、森昌子の「母親力」SB新書という本が平積みになっていた。本の帯に、「あんたは鬼のような母親だ」とある。私は昔から森昌子の歌唱力を絶賛しており、文句なく好きな歌手の一人なのだが、この本をみただけで私は顔が強張った。そして森昌子に対する好感度が下がってしまった。

というのは私は、スパルタ教育なるものが本質的に嫌いである。本能的、といってよいかもしれない。

この本によると、森昌子がスパルタ教育をしたのは、「わが子をメシが食える大人に育てるため、母親に依存せず、年上を敬い、自分のことは自分でする。」ようにするため、というのだが、子供というのは、スパルタ教育を受けないと、メシが食える大人になれないのだろうか。自立心が育たないのだろうか。私は放任されて育ったが、いちおう「メシが食える大人」のはしくれなのだが。

自分の例を挙げるのは恐縮であるが、私は両親から一切スパルタ教育を受けなかった。ただ、幼かったころは、家が随分貧乏だったので、玩具の類はほとんど買ってもらえなかった。で、私は、癇が強い子供だったので随分ごねたが、私がごねると母親は、柔道のように私をぶん投げた。畳に叩きつけられて随分痛かったのを覚えているが、まあそれはスパルタ教育とはいえない。買えないものは買えないのであって、言っても分からない子供には体の痛みで分からせるよりない。

それでも母親は、私が少なくとも小学校の高学年になると、あまりうるさいことを言わなくなった。自由放任に近い。私の母はあまり能弁ではないので、私にいちいち説教もしない。それで私は、母親の背中をみていろいろ考えた。例えば、私に片付けろと指示するのに自分はやらないではないかと思った。母親はそれでも筋を通す人間で、曲がったことが嫌いだった。近所の人が家にやってくると、乏しい家計の範囲で、あまり惜しまず酒や料理をふるまった。私が食べるはずだったおかずが、客人に廻されてしまったことは何度もある。また、ちょっと知恵おくれで生活保護を受けているような人が故郷の島にいて、ひとり暮らしで誰にも相手にされず、あまりに汚いので、みんなが風呂に入ったあと、最後に風呂に入れてあげたりした。

私からみると、そういう姿を見せるのが一番の教育で、一方で、貧乏だったこともあり、習い事など一切課されなかったのは幸いだった。自分のスキルは自分で鍛えるよりないと感じた。

そういやり方って案外、「わが子をメシが食える大人に育てるため」の方針になっていないだろうか。少なくとも、何も課されないと、自分で工夫してやるよりないと思う。そして自分は何ができるのだろう、何をしたら面白いのだろうといつも考えるようになる。

スパルタ教育をするためには、子供の個性を見抜き、ベストなやり方をある程度分っている必要があるだろう。しかし、親子であっても別人格であり、個性はそんなに見抜けない。すると、自由にやらせる面が少なからず必要である。

あと、「鬼のような母親」だと、家庭が安住の地でなくなる。よく、男は家を出ると七人の敵がいるというが、大の男でなくても、女であっても、子供であっても、外では虐められたり、何があるか分からない。そんなとき家庭が避難所になってなくてどうする。きちんと港があるから、船は出航でき、荒波にももまれることができるのである。

もう私の両親は亡くなってしまったが、両親が生きているときは、私の実家は、とりあえず安心できる場所だった。たまに帰省すると、気が抜けて眠くなる。いくら寝ていても、自堕落の限りを尽くしていても、咎められることはない。そういう安心空間をもてないと、人間は辛いのではないか。個性を発揮できないし、逆に自立できないのではないか。

なので私は、かなり極論かもしれないが、スパルタ教育が是認されるのは、戦争のような環境で生き延びるスキルを身に着けるときと、航空機や原発など、間違えると多くの人達の人命を危機にさらすスキルを学ぶときだけだと思っている。

まあ要するに、私のスパルタ嫌いは、私の二流性の証明に他ならないのだが。

胡蝶の夢に書いたように、私が住んでいる校区にある県立高校が中高一貫になって、たいそうレベルが上がったとは聞いていたのだが、新聞のちらしで、公立中等教育学校への入試対策を謳う学習塾の学習メニューをみて、気が重くなってしまった。

なぜなら、私には公立の中高一貫校が、私立名門校をエミュレートしているにすぎない、としか思えなかったからである。そして、東大やその他有名大学に多数合格させる名門高校ならもう十分足りているのではないか、なにを屋上屋を、と思えてならない。

ここで急に特許調査の話を例に出してみる。特許サーチャーとして私は、日常的に検索式を作成しているのであるが、そのとき苦労するのは、特許分類をどう選ぶかである。すなわち、ふつうキーワードだけではうまくしぼりきれないので、特許分類も指定することはほぼ必須なのだが、特許分類というのはあまりにも広汎でその全貌を知る人はほとんどいない。なので、何年検索業務をしていも、特許分類には迷う。

ただ、典型的な特許分類というのはあって、コンピュータ関係ならだいたいG06Fで始まる分類で足りるが、機械学習などがからむとG06N、ビジネス特許だとG06Qも入ってきたりする。画像処理ならG06T、音声認識や音声合成ならG10L、ディジタル通信もからむと、H04Lが関与する。

普通はそこで分類に対する配慮は終わるのだが、私は多様性について考え過ぎてしまうので、そこから、キーワードだけの仮検索式を作成してその検索集合を特許分類で集計して件数で降順ソートすると、意外な特許分類が浮かび上がってきたりする。その上位にくる特許分類も追加で足したりして、結果の検索集合を徒に肥大させたりしている。

なにがいいたいかいうと、なんの新鮮味もないトピックだが、それでも記述すると、少年たちを選別する受験システムが選別検索式だとすると、いまの有名進学校を模範とする教育システムは、ある種の狭い属性というか分類で予め絞っていないか、絞りすぎていないかということである。

そしてその絞った結果の集合で多様性を求めようとしているが、母集団がすでに、かなり均一化されすぎているのではないか。

ようするに、いまの中学や高校の勉強というのが、あまりにも受験向きに、沢山の知識を要領よくマスターして、短時間でペーパーテストに知識を吐き出すことに指向されすぎていないか。短時間で要領よく問題を解くことが苦手な私は、センター試験の話題がでる度に暗澹とした気持ちになる。

それでも私の頃は、国立大学にまだセンター試験のようなものがなく一発受験だったから、まぐれで受かることができた。もしセンター試験で足切りされていたら、私のような者は綾なしだった。大学時代に知り合った人達は、結構試験に苦手意識がない者が多くて、ふつうに考えたら自分は、こういう人達と同僚になれるなんて無理だよね、と何度も思った。

ただ、完全に負け惜しみだが、私はどんな試験をしても周囲の同僚には負けるだろうが、なんというか、思考のオリジナリティと発想力ではそんなに遜色がなくて、そういうのってなかなか試験では測れないよねと、むりやり自分を慰めていた。

で、私は、サラリーマンになった後も、秀才たちに対抗しては勝負にならないので、ニッチな領域で努力して居場所を作ってきたのだが、管理職にたまたまなって一番私が頼りにした部下の人達は、みんな高卒で、経理、IT、特許の方式などの知識とセンスが秀逸だった。そういう人達こそが、私のスキルと相補的だったりした。もちろん普通の学校秀才の能力も必要だったが、そういうのは周囲にありふれているのでコモディティ化していた。

なので、公立の中高一貫校をつくっても、コモディティ化したスキルの人達を養成することがメインになりそうな気もするが、典型的には医師と弁護士のように、そもそもがコモディティ化したスキルを前提にしないと進めない分野が沢山あるので仕方ないのだろうか。

世の中には受験勉強が嫌いで苦手で、でもなんとなく知識欲はあってじっくり考えることは好きという人達は案外いると思うのだけど、そういう人がいたら本音を語り合いたいとふと思ったりするのだった。

三浦事件で将棋連盟が激震真っ最中の頃、安次嶺隆幸著、「将棋に学ぶ」東洋館出版社という本が出た。この本は、「未来の一流を創る最強の教育だ」という趣旨で、羽生善治、谷川浩司、森内俊之という三人の永世名人資格保持者がどのように育ったか、将棋を通じてどのような力が伸ばせるか、のような記載があるらしい。らしい、というのは読んでいないからである。先日も、書店に行ったとき、この本が棋書コーナーにあったが、手にとってみることさえしなかった。やはり三浦事件のトラウマがあまりに大きいのである。

あえていちゃもんをつけるようなことをいうと、「未来の一流を創る最強の教育だ」というけど、そうやって創られた一流の人達がなぜに、三浦事件に対して、慌てふためくような、あるいはひたすら静観するような、けっして褒められない対応をしたのか、ということである。

もっとはっきりと言おう、将棋を学んで得られるものは、将棋の強さだけだ、と。

そんなことはない、将棋を学ぶと、礼儀正しさ、我慢する気持ち、努力する楽しさなど、学ぶことは沢山ある、というかもしれない。私はそれを否定しない。私も仕事の中で将棋的な考えを活用している。しかし、それは余禄というか、滲み出してくるものであって、あまり期待してはいけない、というのが私の最近の意見である。

そこであえて、次のような命題を提示する。それは、○○を学んで得られることは、○○に熟達することだけである、という命題である。

ある理系大学院で、学生のレベルが下がってきたという評判に対して、大学院の入試を難しくしようという意見がでてきた。そのとき、数学の教授の深谷賢治氏は、そんなことをしても、単に試験に強い学生が増えるだけだ、と言ったという。これが強い能力主義である。

ここでいう「強い」は、将棋が強いというときの「強い」とは違い、むしろ数学の集合論的な意味かもしれない。「厳密な」と言い換えた方が通りやすい。その命題を敷衍すると、大学入試で高得点をとる勉強は、単に試験が強くなるだけだ、ということになる。

それに対して、そんなことはないだろう、という反論は沢山でてくるだろう。しかし、そういう反論はあえて黙殺して、とりあえず強い能力主義で、スキル空間というか能力空間を直和分割する作業を続ける。

こうして、スキル空間が個別スキルのタイルで敷き詰められると、互いに意外に遠方にある個別スキル同士が、量子力学のように、エンタングルすることがあることが分る。エンタングルは、うまい言い方が分からないが、一方が光ると他方も光るようなポジティブなエンタングルと、一方が光ると他方は消えるようなネガティブなエンタングルがある。

分からないけど、おそらく他分野とエンタングルを起こさない勉強だと、先が伸びないだろう。それでも学歴がバウチャーになって、就職に有利なら、それはそれで意味があるのだろう。それでいいのかどうか知らないが。

また、あたかも対称性の保存則のように、スキルは必ず、ネガティブなエンタングルを引き起こすアンチ・スキル、あるいはスキルの地雷と対となる。なのでベクトルが揃った人材を集めると恐ろしい。人材多様性が必須である所以である。

まだ粗い試論なのでうまく結論づけられないが、一旦きちんと強い能力主義を貫いて、そこから他分野対するポジティブ・エンタングルとネガティブ・エンタングルを考慮しないと、将棋を勉強したら、人間的にも立派になりますよ、では一切実りある議論にならない。

さらに、強い能力主義は時間減衰も考慮しなくてはならない。なぜなら、体でなく頭で学んだことは急速に忘れる。下手したら数年で無に帰す。

こういう分野限定性、時間減衰性があるがゆえに、人間は逆にスキルを、学歴や資格やカリスマなどでラベル化しようとする。それは多くの場合、幻想である。岸田秀によれば、人間の本能は壊れているというから、壊れた本能に貼る護符としてラベルが必要、という見方もできる。

木と森

user-pic
0

よく、木を見て森を見ずとか、その逆に森を見て木を見ずとか、言われるが、どちらがましなのだろうか。

世間ではもしかして、とりあえず全体を知っておく方がいいという意味で、森を見て木を見ずの方がましかと思われているのだはないだろうか。でも本当にそうなのか、とつい思ったのは、大河ドラマで「女城主 直虎」を観て、井伊直虎に興味をもち、それから高殿円「剣と紅」文春文庫を買って読んでからである。

井伊直虎の波乱にとんだ人生は興味深いが、日本史において、例えば織田信長が線であり、徳川家康が面であるとすると、井伊直虎は点にすぎなくて、そこに留まっている限り、歴史的な広がりは特にないような気がする。

しかし、思うに、点にすぎない井伊直虎に興味をフォーカスしていくと、その周辺にいる今川義元や、織田信長、武田信玄や、徳川家康に次第に興味が波及していく。すると活きた興味となって、頭の中で関心が躍動する。

そう、ボトムアップで述べた、「細部にこだわることで全体が見えてくる」という、マイケル・ポランニーのステートメントがここでもあてはまる。

すなわち、森を見るというのは、飛行機に乗って上空から眺めることに対応し、どこに湖があるか、どこに川があるかを知るには有効だが、そこの住人とは誰一人として知り合いになれず、微細な知識は活性化されない。

一方、点にすぎない井伊直虎に興味をフォーカスする、ということは、飛行機からパラシュートで飛び降り、地上に降り立つことを意味する。そして、近所の住居を訪れ、水を一杯もらって、世間話をするようなものである。うまくいくと、隣の人を紹介してもらえて、次第にその地方に関する知識が増えていく。

そこでまず、高殿円の「剣と紅」文春文庫を読み終えた時点で、井伊家と極めて関係の深い、松本清張の「徳川家康」角川文庫を読むことにした。この本は小中学生向けに書かれたものらしいが、日本史の初心者の私には丁度いいだろう。そのあと、秋山駿「信長」新潮文庫を読むのもよい。

マイケル・ポランニーの指摘をまつまでもなく、ものごとを勉強して知識を深めていくにはこういう地道なアプローチは有効な方策のようである。

例えば、学校や受験勉強などで、○○はもうだいたいマスターしたので、次に△△をやっている、みたいな言い方をする。○○を将棋の初段とすると、△△は将棋の二段のようなものである。

そして段位というものは基本的に下がることはないので、よほどの必要に駆られないかぎり、遡って初歩から努力し直すことはまずない。

ところが、歳のせいか、あるいは単にコンピュータで仮名漢字変換で文章を書いているせいか、さいきんとみに漢字が手書きできなくなった。べつに仮名漢字変換があるから書けなくていい、読めればいいという意見もあるかもしれない。

また、たまたま何かのお金の額を計算しようとして、手許に電卓がなかったので、仕方なく紙に筆算してみたら、まあなんと小学校レベルの三桁同士の掛け算の筆算ができなくなっていた。できないというか、計算が面倒で途中でうんざりしてしまったのである。それも、電卓やパソコン・ソフトを使えばいいという意見もあるかもしれない。

しかし、今更に書いたように、プリミティブなスキルの重要性に目覚めた私は、漢字に関してはまず、小学校レベルの漢字のドリルを解いてみた。すると、あらまあ、書けない漢字がぞろぞろある。それでがっかりしながら、紙に何度も漢字を書く練習をした。

また、筆算についても、簡単な問題を作って、計算してみた。そして、電卓で検算してみたら、あらまあ結構な確率で計算間違いする。それで、これもがっかりしながら、何問も筆算問題を解いてみた。

じつは、そんなことしてなんになるのかと自分でも怪訝だったが、しばらくたって効果があった。まず、漢字の書き取りであるが、不思議に以前よりも、本を読んで、以前より内容がよく理解できるようになった。

また、筆算問題を解くうちに、今まで手に負えなくて読み飛ばしていた数学セミナーの記事が、理解できるとはいわないが、じっくり考え込むことができるようになった。それで、なるほど、といくつか式の変形の過程が認識できたりした。

そして、スキルの系統発生という言葉に想到した。どういうことかというと、人間は朝起きたら、初歩的なスキルから始めて、次第に高度なスキルを脳内のキャッシュのようなことろからロードしなくてはならない。そのとき、あるスキルが不十分だと、スキルの系統発生、あるいはスキルのブートストラップが止まってしまう。すると、そのスキルについて不十分なまま過ごさなくてはならない。

上記の漢字の書き取りや筆算の練習はおそらく、スキルのブートストラップを促す。そして、練習したスキルが初歩的であっても、より高度にところまでブートストラップできるようになる。

こういう現実があるので、将棋のプロは、簡単な詰将棋を解く訓練を欠かさない。簡単であれば却って、ブランクがあくと能力の低下が大きい。

要するに、スキルの個体発生は、系統発生を繰り返すのである。そう書いてしまうと却って、何がいいたいのかわからくなってしまうが。

あるブログをみていたら、いかにも理系的教養が溢れていて面白いのだが、ときどきちょっと論法が強引だねと感じさせるものだった。こういうブログの書き手というのは多分、学歴的にはエリートで自信あふれる人生を送ってきたに違いないと感じていたら、果たして、そのブログの著者は、中高一貫の筑波大付属のような名門校の出身だと示唆していたので、おそらく大学も東大で、一流企業か政府機関で研究員だったりしたのだろうと思った。

で、その著者が若いとき名門高校できちんとした教育を受けるのは極めて有効であり、意義が大きいと当然のようなことをいう。以前なら、やっかみから私は、いや田中角栄などそうでない例はいくらでもあるぞと反発したかもしれないが、最近では東大の中の東大で書いたような趣旨で、受験エリートのなかにはきちんと本物の知的エリートが有意な割合で含まれている、と中高一貫の名門校に敬意を払うようになった。

そして中高一貫の名門校の人が書いた本を読んだり、話に聞いたりしてみると、そういう進学校では、教育システムが確立していて、がり勉しなくても、普通にやっていれば東大・京大などの大学に自然に合格できるのだ、すなわち受験一色の灰色の日々ではなく、学園祭などの行事も十分にエンジョイできる、みたいに自賛したりする。

一方で、中高一貫の名門校の出身で、学園生活は受験一色で灰色だったと顔をしかめる人もいる。そういう人も、進学校の教育システムの意義はとりあえず認めているようである。

ただ、私からみていると、中高一貫の名門校の進学校の教育システムというけど、要するに才能がある子供たちを集めて競争させれば、方法論はどうあれ、みんな伸びるんじゃないのと思ってしまう。それは将棋の奨励会のアナロジーである。

将棋を例にとると、中高の時代にきちんとした知的修行をするということは一定以上のレベルに到達するために極めて重要で、それを逃すと、例えば20代になって同様の努力をしても、到達するレベルは知れているので、学問もそういう面はあるのだろうとつい考える。

そして自分の例をとると、小学校の間は勉強らしい勉強はせず、よって田舎の小学校にあってさえ成績は平均レベルで、中学と高校のときも、学習塾、家庭教師、予備校の類の教育を受ける機会が全くなく、ひたすら農作業のように効率の悪い方法で独学するしかなかった私が今程度の知的レベルに留まっているのも仕方ないかな、と諦めている。それにしても両親や親戚の知的レベルをみても、私が遺伝で引き継いだ知的才能も相当限られていることが当然に推定される。なのでいい教育を受けたってたかが知れているともいえる。

それでも地方国立大学にたまたまラッキーで受かったときは、ここから必死で努力すれば、なんとか知的エリートたちの末席を汚すことができるかなと勘違いしたこともあったが、そこがいい先生や優秀な同僚と切磋琢磨して勉強する最後のチャンスだったのに、下手で効率の悪い独学を続けてしまい結局自滅した。

意識したわけではないが、そんな私でも社会に出て生きていく方策として編み出したのが、ピースミール努力である。ずるいというか勇気がないというか、周囲の優秀な人達と分野的にかぶらない領域を選び、ともかくこつこつ勉強する。勉強といっても、本屋で目に付いた本を買い、ただ読んで、ときどきメモをとる程度なので、本当にナイーブな勉強方法であるが、そんなやり方で、この東京でなんとかここまで生き延びてこられたのは運がよかったとしかいえない。

ピースミール努力というのは、レーザー光でいえば強度が低く、波長が長い光をずっと照射し続けることである。しかし、固体物性の初歩の理論をみれば分るように、物質に光をあてて電子を放出させるには、エネルギー量子がある程度大きい、波長の短いレーザー光を照射する必要があり、低波長のピースミール努力では偉大な成果などなにひとつ達成されない。

すなわちそんな波長の長い光を延々と放出し続けてもほとんど電子は放出されないが、それでも、少しは物質が暖まり、緩アニーリングみたいな効果はあるだろう、と最近、西森秀稔氏の量子アニーリングの論文を読んでいておもった。

なので、病気や怪我などで精神的努力ができなくならない限り、死ぬまでピースミール努力を続けるつもりなのだが、ピースミール努力にもインセンティブはあってそれは、ときどきウサギとカメのカメの気分が味わえることである。すなわち、知的エリートたちも疲れるというか地位と名声、あるいは過去の栄光に甘んじて努力が停滞することがあるので、ピースミール努力で彼らの一歩先に行くことができることもある。ただ、だからといって間違ってもガッツポーズしたりしてはいけない。知的エリートを刺激して得なことは何一つない。また、たまたまマイナーな分野で僥倖で勝てただけだったりする。

だいたいもともと、ピースミール努力というのは誰かに勝つためにやるものではない。世界認識を広げて、死んだあとで閻魔様に現世に関するレポートをまとめて提出するためなのだが、どうせ閻魔様に不合格くらってまた地獄に送られるのだろう。いうまでもないが、地獄に送られるというのは、現世に戻される、すなわち生まれ変わるということである。そしてまたシジフォスのような勉強が始まる。

といういかにも屈折した勉強論なのであった。

残酷な世界

user-pic
0

世界が残酷であるというのは法則といってよい。しかし、この場合はそういうことではなくて、知り合いから橘玲の「残酷な世界で生き延びるたったひとつの方法」幻冬舎文庫というのを紹介されて、読み終えたので、例によって感想文を書こうと思ったのだが、このままのタイトルでは長すぎるので、短縮してみただけである。

そういえば橘玲は、「マネーロンダリング」幻冬舎文庫というのがあって、こちらはかなり長い間積読のままである。

さて、この本はまず、以下の自己啓発のステートメントを否定するところから始まる。

  1. 能力は開発できる
  2. わたしは変われる
  3. 他人を操れる
  4. 幸福になれる

この本は、これらのステートメントは正しいけれども間違っている、と論理矛盾のようなことをいうのであるが、私がそれを言い換えると、These statements are true only when it holds.という、意味のないトートロジーとなる。

ここまで書いてきて、私は、この本を要約するのでなくて、私の意見を述べることにした。その際、場合によりこの本を読んで知ったことを援用する。

まず、能力は開発できる、であるが、これは一応の才能以上のものがあるときのみ、正しい。一応の才能というのは、全然すごい才能ではない。やってみて嫌ではない、案外楽しい、これなら努力できる、くらいである。

私が自認している一応の才能は、歌を歌うこと、文章を書くこと、将棋を指すこと、プログラミング、数学の本を読むことくらいであり、囲碁となるともう微妙である。ともあれ、どれも全く卓越していない。なので私は平凡なサラリーマン以上ではない。

私にとって、一応の才能の補集合は、運動すること、車の運転をすること、絵を描くこと、道を間違えないで地図に従って目的地に着くこと、異性を口説くこと、など限りない。よって明らかに、私にとって一応の才能がザリスキー閉集合なのであり、私の駄目駄目スキルがザリスキー開集合なのである。

で、この本を読んで改めてそうなのかと思ったのは、知能は遺伝する、ということである。私は以前、身体スキルは遺伝するけど、知能的スキルはあまり遺伝しないといったが、最近観察していると、やはり知能も遺伝する。単なる環境のせいだけでなく、両親の学歴が高いときは子供もいい学校に受かったりする。そういう意味では、私は、一応の知能がある先祖がかなり手薄い。思い出してもせいぜい、村一番の秀才だったという母方の祖父くらいしかおらず、あとは大学に行った人さえほとんどいない。まあ村一番の秀才といったって、小さい島のことで知れている。それで私が試験が苦手なのかと最近言い訳しているのだが、どうなんだろう。

ともかく才能を欠く努力は無駄に終わる。結構いい高校を出て、駿台のような予備校に通っても、MARCHレベルに入れない人も結構いる。一方で、地方の田舎にいて、古本屋で買った一冊100円の問題集を何冊か解くだけで、京大に現役合格した人を知っている。

ただ、磨くというか努力は必須である。一応の才能があってそれなりに努力すれば、一流にはなれなくてもそれで食べていけるようになる。私は所詮一応の才能にすぎないが、特許関係の仕事に適性があって、少なくともあまり苦痛なく仕事ができる。

また所詮二流にすぎないが、コンピュータのプログラミングもなんとか実用的なアプリが書ける。ある知り合いの弁理士に、コンピュータのプログラミングなんて簡単だよ、と教えようとしたら、とても苦痛のようなので止めた。私にとってプログラミングより弁理士試験の方が100倍苦痛である。

ここまで書いたら、「わたしは変われる」というのも場合によって、ということになる。すなわち、私が蛾の蛹だとしたら、環境が整えば晴れて蛾になれるが、それは蛾になるポテンシャルがあるからであって、どんなに努力しても、コオロギにはなれない。ただ、STAP細胞のような概念は人間にもあって、ものすごい苦労をしたら、才能が開花するということはある。私は大学時代、コンピュータのプログラミングなんてクラスでも最低の成績だったが、数学の本を苦労して読むことで、数学そのものよりもプログラミングのスキルが開花した。

追記すると、努力するというのも才能の一部であって、全く駄目人間だったが、人一倍努力したら司法試験に受かったという人がいるが、それも才能があったのにすぎない。私は全く理解できないのに何時間も数学の本を眺めていることができる。それも才能か?違うような気がするが。

次に、他人を操れる、であるが、橘玲は、まるで将棋の手筋のように様々な他人を操るテクニックを紹介する。それは確かに営業マンや詐欺師やカルト教団などにとって有効であるが、それでもそういうテクニックを使うのにも一応の才能が必要である。例えば、将棋の手筋は将棋のルールを知っていれば誰でも使えるわけではなくて、ある程度の才能が必要である。ただ、先天的に他人を操るのが得意な人がいて、私の知るある人は、人生で出会った人のなかでもしかして一番仕事のできない人だと思ったが、それと相補的とでもいうべき他人を操る才能があって、ある意味その後者の能力だけで高い地位に就けるのだから、本当に世間は残酷なのかと問いたくなる。いや、だからこそ私には残酷か。

最後の「幸福になれる」であるが、これは私なりにいつも、最低限の健康と、最低限のお金があれば、なんとか幸福でいられる、というスキルのことをいつも考えている。私の一番の幸福のツールは読書というか、むしろ、読書してそれを面白いと感じる感性だろう。すなわち、感性こそが幸福のキーなのだが、勤務していた外資系の会社を辞めるちょっと前に、私なりに筋を通したのは、そうしないと楽しむ感性が汚れてしまうからである。妥協した方が多少金銭的に豊かになるということはあるかもしれないが、幸福の元となる感性を毀損してしまってはなんにもならない。本末顛倒である。あと私がギャンブルに手を出さないのは、激しい悦びが長い時間で積分したときに決して幸福感としては大きくないと知っているからである。なぜなら激しい悦びの後には激しい苦痛が襲ってきて、積分すると下手したらマイナスになりかねない。まあ刹那の楽しみこそが人生という考え方もあるだろう。単に私はそれに与しないだけである。

という、橘玲の著書とかなり独立な、私のモノローグなのであった。

初心者指導

user-pic
0

私は基本的にあまり人付き合いが得意でないので、対人のインタラクションを伴うこともあまり得意でない。だから恋愛だって苦手なのでしょ?と聞かれたら、あまりためらわずに同意するだろう。

さて、人間世界では、動物だってそうかもしれないが、先輩が後輩に指導することが文化の一部として本質的であり、そうすることで文化の継承がなされ、時代に応じた発展も可能になる。

そして私も人間社会に生きているので、文化の継承の一翼を担いたいのだが、上記したように対人のインタラクションが苦手であり、よって誰かに自分のスキルを教えるのも苦手と思っているのだが、案外そうでもないのかな、と思うこともときどきあるので、ちょっとそのあたりを書いてみる。

私はなぜか地元の公民館の行事の役員を任命されており、そこでの私の役割のひとつに、子供たちに年に一度、将棋を教えることがある。すなわち、指導者が私一人のところに(最近、もう一人の方が加わった)、ルールも知らないような小学生が複数人やってきて、先生、将棋ってどうやるんですか、という素朴な質問されたとき、いままでは律義に駒の動かし方から教えていたのだが、なにしろ時間はせいぜい2時間ほどしかなく、その時間範囲では、勘のいい子供でも駒の動かし方をすべて覚えるには至らない。

ところが、昨年のことである、やってきた小学生の中に、どうみてもアメリカ人としかみえない女子小学生がいた。なにしろ私が住んでいる地域は、ちかくに米軍基地があるので、アメリカ人に出会うことはそんなに稀ではない。なのに、私は、長年外資系にいたはずなのについ構えてしまった。すなわち、どうやって将棋を英語で教えるのだ、ということである。

ところが、その女の子が話し始めるとなんと、ネイティブな日本語で、安堵して逆に拍子抜けしてしまった。本人がいうには、お母さんが日本人で、お父さんが米軍基地の軍人で、すると、お父さんの遺伝子が強いので外見は欧米人なのだが、地元の小学校に通っているので日本語がネイティブということらしい。

そこで私は肩の力が抜けて、ある将棋の指導法を考え付いた。すなわち、将棋を知らない同士の小学生を組ませて、とりあえず駒の並べ方を教えた。そして、最初はこうだよ、と角道をあけることを教える。そのついでに駒の動かし方を教える。そうやって例えば、四間飛車対居飛車みたいな戦型に誘導し、すると子供たちはついルールを外れた動きをするのでそこは指摘して戻させ、将棋をほとんど知らないのに将棋を指す楽しさがある程度体験できるように工夫してみた。

それはかなり気を使う作業で、私は疲れてしまったが、じつは私はみんなのために労力を費やすという作業が意外億劫でなくで、そうやって自分の潜在能力を引き出したりする。で、結果的に、将棋を知らない子供達に楽しんでもらえたようで、終わったあとのアンケートもポジティブなコメントが多かった。とくに、アメリカ人としかみえない女の子が、ネイティブな丁寧な日本語で、コメント用紙に、「たのしかったです。また、来年もきたいです。」と書いてくれたのが妙にうれしくて、うん、来年もきてね、と内心喜んで、お願いした。言い訳ではないが、私は決してあやしいおじさんではない。いちいち言うと逆効果だが。

戻って、私が意外に初心者指導が苦手でないとしたら、おそらく私は、万事不器用なので、何をするにも心の中で意識化して、マニュアルのようなものを書き下してリストする、という作業を普段からしているからなのだと思う。なので、指導のときはそのテンプレートを使う。ただ、単なるマニュアルのインプリメントでは退屈なので、イマジネーションを働かせて、楽しい作業としての付加価値をつけようとする。

思い出すと、外資系に私が入ったばかりのころ、先輩部員に厳しく指導されたが、次第に教育の価値が部門で軽んじられて、その会社生活の最後の10年間は、部門で私がほとんど唯一の後輩指導係だったような気がする。なので、私は、複数人の後輩に、中間処理と、明細書作成の指導をした。私の方針は、上述のように、基本的なところはテンプレート化し、最初はテンプレートに従って作成してもらう。その後はテンプレートを自分の工夫で改良してもらう、という方法を採った。これは私自身が仕事に熟練してきたやり方でもある。

そして、ある程度熟練してきたら、完全にまかせて、あとは本人の本来の潜在能力で頑張ってもらい、しかし、ときどき仕事内容をチェックして、ちょっと疑問に感じたら指摘するというよりも対等の立場で議論するようにした。すると、私が言い負かされて相手のいうことが正しいと認めることも結構あった。

そうやって、私がみるところ、指導した人達はみんな平均以上のスキルの特許実務家に育った。私の指導云々よりも、彼らは潜在能力がもともと高かっただけだと思う。ただ、少なくとも私の指導法は彼らをミスガイドし、あるいは能力を閉塞はさせはしなかったはずである。

すると、相手のために労力を惜しまないというサポート精神と、平等意識というか抑えつけないデモクラティックな方針とで、私も最悪な指導者ではないような気がしてきた。ただスキルがあまりないので、高度なことは到底教えられない、というだけのことなのだった。あと、サポーティブなのはいいが、私のサポートは悪しき意味で親的(parental)で、押しつけがましいというか、うっとおしくてちょっと息苦しいところもあるようで、分かっているのだが、なかなか改善されないでいるのだった。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち教育カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは政治です。

次のカテゴリは数学です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。