物理学の最近のブログ記事

大栗博士の重力とは何か、幻冬舎新書が面白かったので、その続編ともいうべき、「強い力と弱い力」幻冬舎新書も読んでみた。流石にこれも充実の内容だったが、「重力とは何か」よりもはるかに込み入っていて、まとめきれる自信がない。ともかく、この本を読んだことに基づき、取り留めもなく書いてみることにする。

まず最初に目についた説明は、弱い力の大きさが核反応の速度を決める、ということである。すなわち、中性子 → 電子 + 陽子のような反応に弱い力が関与している。

一方、陽子や中性子の質量の大部分は強い力の寄与であり、ヒッグス粒子による質量の寄与は全体の1%に過ぎない。だとしてもヒッグス粒子がないと、素粒子界はまとまりがつかないのでどうでもいいということにはならないが、ヒッグス粒子を神の粒子のように言いなすのは誇大広告ということになる。このあたりは、質量の起源にも書いた。

さて、素粒子論における力は、粒子に運動を与えるだけでなく、粒子の種類を変化させることがある。また、粒子があれば、それによる場が生じる。なので、電子場、クォーク場というのも考えるべきである。そして場から波が生じる。電磁波の正体は光である。

さて、素粒子にはフェルミオンとボソンがあり、物質をつくるフェルミオン、力を伝えるボソンという役割分担がある。強い力を媒介するのはグルーオンであり、弱い力を媒介するのは、電荷をもつWボソンと、電荷をもたないZボソンである。

ここまではいいとして、中性子の数が偶数の原子や、原子数が偶数の原子核はボソン、という説明をみると、あれっ、物質をつくるフェルミオンじゃなかったのか、と分からなくなった。

ちなみに、ヒッグス粒子もボソンであり、強い力、弱い力、電磁力、重力とは異なる第五の力を媒介する。

遡って、中性子は、1932年にチャドウィックにより発見された。一方、1934年に、湯川秀樹が核力を伝える新たな粒子の存在を予言した。1947年にセシル・パウエルが、宇宙線の中にπ中間子を発見し、これはまさに湯川が予言していたものだったので、湯川のノーベル賞につながった。

なお、端緒が決して喜ばしいことではないが、原子爆弾の成功により、米国では原子核物理学が政府から大きい支援を受けるようになった。それによって建造されたローレンス研究所のベパトロンは、陸続と新しい粒子を発見につながり、この豊作に理論家たちはなすすべもなく、すっかり影が薄くなってしまった。なにしろ新粒子たちを統一的に説明できる理論がない。粒子加速器の歴史という記事も参考にされたい。

しかし理論家も手を拱いていない。カリフォルニア工科大学のマレー・ゲルマンがクォーク・モデルを考え出した。これにより、多数ある素粒子を統一的に分類できるようになった。

しかし、いくら実験しても、単独のクォークが確認されない。するとクォーク・モデルは正しいのかということになるのだが、クォークを結びつけるグルーオンに漸近的自由という概念を適用し、離れるほど引き合うのだという、ある意味牽強付会のような理論で乗り切った。

さて、ディラックの方程式は、量子力学に特殊相対論を適用することで、電子の挙動を記述することができるものだった。それを電磁場に適用する理論は、ハイゼンベルクとパウリにより構築されたが、無限大の困難を克服できなかった。

結局、シュヴィンガー、朝永、ファインマンが繰り込みによって電磁場における無限大を克服した。

しかし、折角の電磁場の量子理論も、新粒子のラッシュに対応できず、上述のように場の量子論はすっかり信用をなくしてしまったのだが、そこにさっそうと登場したのが、ヤン・ミルズ理論である。ヤン・ミルズ場では、素粒子の運動状態だけでなく、粒子の種類も変化させる。また、質量のない素粒子の存在を予言した。これは、のちにグルーオンに対応すると分かった。すると、ヤン・ミルズ理論は、ゲルマンのクォーク・モデルと対で理解すべきなのだろうか。

但し、ヤン・ミルズ理論にも無限大発散の困難があった。それを解決したのが、オランダの天才物理学者、トフーフトで、ヤン・ミルズ理論の繰り込みに成功した。その計算の中にマイナス符号が出てくるのだが、それはグルーオンの漸近的自由に対応すると分かった。

こうして、ヤン・ミルズ場は強い力を説明できたが、弱い力には適用できなかった。その裏にはヒッグス場の存在があった。

ところで、ベータ崩壊は、中性子 → 陽子 + 電子 + 反ニュートリノという反応だが、ここに弱い力が関与する。弱い力の場を繰り込み可能にするには、WボソンとZボソンを想定する必要がある。

一方で、素粒子論のメモに書いたように、クォークとそれの対のレプトンには世代がある。世代の内部で、クォークは赤・青・緑のどれかの色をもつ。強い力は、クォークの色は変えるが世代は変えない。弱い力は、強い力と違って、クォークの世代を入れ替え、またニュートリノと電子を入れ替える。弱い力の入れ替えには対称性がないので、弱い力にはヤン・ミルズ理論が使えない。

なお、益川・小林理論によれば、消えた反物質で述べたように、3世代のクォークは、反物質に対する物質の優位性を実現する仕組みなのだった。これの続きは、反物質の消滅に述べた。

そこで改めて、弱い力の謎として以下のことが提示される。

  • Wボソンの質量
  • 対称性のない粒子を入れ替える
  • フェルミオンの質量

ここで、満を持して登場したのが、南部陽一郎であって、自発的対称性の破れの理論でこれらの疑問に対する回答を与えた。南部は、超伝導のBCS理論に夢中になった。すなわち、超伝導状態では、電子の数が定まっていない。ネーターの定理によれば、物理量が保存されるためには、自然法則が対称性を保っている必要がある。すると、電子の数が定まっていないということは対称性が破れていることを意味する。

そこで南部によると、対称性が破れると光が重くなり、横波だけでなく縦波も現れる。さらに質量ゼロの粒子が現れる。それはすなわち、南部・ゴールドストン・ボソンが光の縦波に変身し、合一して光に質量が与えられる。すなわち南部は、カイラル対称性が自発的に破れるなら、粒子が自然に質量をもつと考えた。

ヒッグスは、マイスナー効果に特殊相対論を組み込んだ。そこでは対称性の破れをどう素粒子論に適用するかが問題で、ヒッグス粒子は付随的な存在だった。

ワインバーグは、自発的対称性の破れは、弱い力と電磁力に使うべきで、ヒッグス場の働きによる対称性の自発的破れによってWボソンが質量をもつと説明した。これは、Wボソンの質量の謎を解明するものである。

対称性のない粒子を入れ替えるという問題については、ベータ崩壊でダウン・クォークがアップ・クォークに変化するように、弱い力が性質の違う素粒子を入れ替える、とされた。そこでは、ヒッグス場を使うことで、弱い力にヤン・ミルズ理論が使えるようにした。

さて、素粒子には固有のヒッグス荷があり、ヒッグス荷によってヒッグス場が粒子に与える質量が異なるのであるが、ヒッグス荷がどのように決まっているのか、うまく説明できない。

すなわち、ヒッグス場は、カイラル対称性を破るためだけに導入されたのであり、その理論からはヒッグス粒子の質量が予測できていなかった。

ヒッグス粒子はもともと、神の粒子(God particles)ではなく、いまいましい粒子(godamn particles)なのではと言われていた。

ともかく、ヒッグス粒子は126GeVで見つかった。

一方、例のトフーフトは、ヒッグス場によって対称性が破れた場合にも繰り込みが可能であることを示した。

戻って、ワインバーグ・サラム理論は、弱い力のボソンが二つあると予言した。それは、電荷をもつWボソンと、電荷をもたないZボソンである。

すなわち、中性子 → 陽子 + Wボソンを放出し、Wボソンはニュートリノと反応して電子になる。

一方、Zボソンの場合、電子 + ニュートリノ → 電子 + ニュートリノと何も変えない。実際、1983年にCERNで、バンデルメアとルビアがZボソンを確認し、これにて標準理論が完成した。

すなわち、標準理論は、特殊相対論、量子力学、ゲージ理論(ヤン・ミルズ理論)、対称性とその自発的破れからなる。

標準理論は、下記のような課題を抱えている。

  1. 重力への対応
  2. 重力以外になぜ、弱い力、強い力、電磁力、ヒッグス力の4つの力があるか説明すること
  3. クォークがなぜ3世代あるのか説明すること
  4. 暗黒物質、すなわち銀河の質量を辻褄を合わせる物質の説明
  5. 暗黒エネルギー、すなわち宇宙膨張の原因エネルギーの説明

大栗博士は、これを説明する可能性のある理論として、超対称性理論を挙げるが、なぜか自らの専門の超弦理論には言及していない。重力とは何かで十分に説明したからであろうか。あるいは、この後書かれた大栗先生の超弦理論入門に思いを込めたのだろうか。

4年以上前に、ダークマターという記事を書いたが、さいきん読売新聞の科学欄に暗黒物質(ダークマター)に関する記事があったので、これに基づき、前の記事との重複を厭わず簡単にまとめてみる。

まずダークマターの質量であるが、宇宙全体で原子などの通常の物質の5倍以上を占める。その質量による重力は、宇宙空間に漂うガスや塵などを引き寄せ、宇宙初期から、星や銀河を形作る骨格のような役割を果たしてきたと考えられている。また、高速で回転する銀河の星々が遠心力で飛散しないのも、ダークマターが銀河を覆うようにして重力で引き付けているからだという。もしダークマターがなかったら、網目のように銀河が連なる宇宙の大規模構造にはならなかったということである。

しかし、ダークマターは、質量は大きいが電磁波を出さないので、観測が難しい。それでも重力を手掛かりに分布を調べようという研究が始まっている。光がダークマターのそばを通過すると、一般相対論の効果で光が曲がるので、それを観測することで、どこにどれだけダークマターがあるかを解き明かそうとする。国立天文台の宮崎聡准教授は、ハワイにある、すばる望遠鏡に取り付けた高性能のカメラで、広範囲の銀河を観測し、分布図の作成を進めている。

ダークマターそのものに対する探究も進んでいる。例えば、日本、米国、イタリアの協同によるCALET実験では、国際宇宙ステーションに観測装置を配置し、2015年からダークマターの痕跡を追っている。これは、ダークマターで書いた下記のことの継承だと思われる。

消滅する前の陽電子をISSで観測するというのが、AMS計画の構想である。AMSでは、2011年から1年半かけて宇宙空間の粒子約250億個を観測した。そのうち電子は640万個、陽電子は40万個。陽電子のエネルギは、5億から3500億eVと幅広く分布しており、陽電子の電子に対する比率は、ダークマター同士の衝突により生じたとされる陽電子の比率の予測値と近かった。

また、そこで

一方、神岡鉱山地下1000メートルに建設された、東大宇宙研究所の大型検出装置「XMASS」も、ダークマター観測を意図している。それは、マイナス100度の液体キセノンを満たした球形の検出器において、キセノンの原子核にダークマターが衝突すると、微小な光が発生し、それを光電子増倍管が捕らえるというものである。
とかいたことも、現在継続中である。

さらに、欧州合同原子核研究機関(CERN)の加速器LHCでも、光速近くまで加速させた陽子同士を衝突させ、熱い宇宙の初期状態を再現することで、ダークマターの候補となるような未知の粒子を探している。

それではダークマターとは一体何なのか。ダークマターでは、下記のように述べた。

ダークマターの正体は不明であるが、こちらにも書いたように、超対称性モデルでの、ニュートラリーノではないか、と予測されている。あるいは、グラビティーノも候補である。これらの粒子は、現在確認されている最も重い素粒子であるトップ・クォーク(1720億eV)の数倍から数十倍の重さであると想定されている。ちなみにヒッグス粒子は、1260億eVである。

ダークマターの候補は、WIMPやMACHOと呼ばれているそうであるが、全く内容を知らないので、調べてみることにする。

もちろん、ダークエネルギーのことも考えなくてはならない。現代宇宙論ほど綾のある分野はなかなかないのではないだろうか。

12歳の少年が書いた量子力学の教科書で、

ここまで相対論といっても、特殊相対性理論しかでてこなかったので、いよいよ一般相対性理論も登場して、"theory of everything"を謳うなら、量子力学と一般相対性理論とを融合させるべしみたいな議論になってきたが、このあたりどうしても端切れが悪い。しかし、どんな物理学者がそのあたりを歯切れよく説明できるのだろうか。大栗博司博士ならできるだろう、きっと。
と自分で書いたことをきっかけとして、大栗博士の「重力とは何か」幻冬舎新書を読んでみた。すると流石大栗博士、と感心した。

最初にびっくりしたのは、1/20ミリメートル以下では、ニュートンの逆二乗法則が成立しているかどうかわからない、という記述で、そんな粗いレベルでニュートンの逆二乗法則は怪しいのかと怪訝になった。

それから、アインシュタインが想到したという慣性質量と重力質量の等価性が言及され、ううんなるほどそれはなかなか非自明かもしれないと改めて感心した。そしてここから一般相対論が始まる。

それと並行して、特殊相対論も言及され、例のE = mc2が示される。そこから2次元空間では重力波は伝わらないという議論がなされ、ううんそうなのかと唸ってしまった。

一方、1905年にアインシュタインが、特殊相対論とブラウン運動と光量子仮説の3つの超ド級の業績を挙げたことが言及され、アインシュタインがいかに凄いか改めて確認した。

それだけではない、重力が要するに、時間や空間の性質の変化なのだという洞察がアインシュタインによってなされ、宇宙の仕組みを記述するものとしての一般相対論が提唱された。

そして一般相対論は水星の軌道を説明することができ、一気にその信ぴょう性が注目された。しかしその一方で、1930年にはカルテックのフリッツ・ビッキーが、ダークマターの存在を示唆した。すなわちダークマターは未知の素粒子なのではないかという示唆である。この問いかけはまだ解明されていない。

一方、アインシュタインは、一般相対論を使って重力波の存在を予言した。それは連星が出すエネルギーの値ほぼ一致し、一般相対論の妥当性がさらに高まった。

しかし、一般相対論の鬼っ子とでもいうべき、ブラックホールが注目され、これは一般相対論では説明できないものだった。尤も、のちにシュバルツシルトが解を与えた。さらに、ハッブルが膨張宇宙論を提唱し、それが実際に観測されると、時間を遡った段階のビッグバンの存在がガモフによって提唱された。

さて、朝永・ファインマン・シュヴインガーの繰り込み理論は、量子力学と電磁気学を融合させることに成功したが、重力がからむと無限大の発散の問題を回避できなかった。

そこでホーキングが指摘したのは、一般相対性理論と量子力学が正しいと仮定してのブラックホール情報問題である。それを解決したのが超弦理論のDプレーンの理論である。それと、大栗博士の自家薬籠中のトポロジカルな超弦理論によって、ブラックホール情報問題が解決できて、超弦理論は一気に注目を浴びた。

それだけではない、ベトナムから来た理論物理学者ダム・ソンらが、超弦理論のホログラフィー理論を使って、クォーク・グルーオン・プラズマの現象を予測し、それは2005年の金原子の衝突による実験で確かめられた。すなわちダム・ソンらは、超弦理論のホログラフィー理論を使って、3次元空間のスクリーンの様子を4次元空間の重力理論に翻訳したのである。この手法は、説明がついていない高温超伝導をも説明するかもしれないと言われている。

このあたりの状況は、超弦理論批判に対する反批判にも書いたとおりであるが、ここから超弦理論を、"theory of everything"へとどう導くか、長い道のりなのではあるまいか。しかも、道は途切れているかもしれないし。

野球中継を観ていて、外野にホームラン性の当たりが飛んだのだが、いまいち伸びを欠いて外野手に取られてしまった。その当たりは、かなり大きい仰角で飛んだのだが、解説者が、物理学では45度で飛ぶのが一番遠くまで飛ぶそうなんですが、実際は30度くらいがホームランになりやすいんです、というので、ええっ、そうなのかと少し驚いた。

記憶では、45度が一番飛ぶというのは力学の方程式で簡単に手計算可能であって、改めて実際に計算してみると、sinθ・cosθという項が出てきて、これは要するにsin2θ/2なので、θ=45度が飛ぶ距離が一番長いということになる。

でも実際は当然に空気抵抗があって、θ=45度がベストということにはならないはずである。そこで、例えば速度に比例する空気抵抗を受けると仮定して、運動方程式を解いてみることにした。

流体力学の理論を完全に無視して、速度に対する空気抵抗の比例定数をwと置き、下記のような式を立ててみた。

そして仮にw = 0.28と置いて、例によってルンゲ・クッタで軌道を求めてみたのが、下図である。

この図には6本の軌道が描かれており、一番上の軌道は射出角度45度、w = 0の場合。速度の絶対値はどれも同じと想定しているので、この場合が一番遠くまで届く。

次は射出角度45度、w = 0.28の場合。みて取れるように、空気抵抗の影響で、軌道は急速に落ちている。

次は射出角度30度、w = 0.0の場合。当然だが、射出角度45度、w = 0の場合ほどは届かない。

さて次は射出角度30度、w = 0.28の場合。なんと、射出角度45度、w = 0.28の場合よりも遠くに届いている。まるで、野球の解説者の発言を裏付けるようである。実際、射出角度45度の場合、滞空時間が長いので、空気抵抗の影響を一層受けるのであろう。

なお蛇足として、射出角度24度でw = 0とw = 0.28の場合をそれぞれ示した。期待したがやはり、射出角度30度の場合には敵わないようである。

例によってプログラムのソースコードを示す。

//---------------------------------------------------------------------------

#include <vcl.h>
#include <math.h>
#pragma hdrstop

#include "Main.h"
//---------------------------------------------------------------------------
#pragma package(smart_init)
#pragma resource "*.dfm"
TForm1 *Form1;
const double H = 0.000001;  // 刻み
const double pi = 3.14159; //円周率
const double g = 1.0; // 重力定数
double V = 4.0;       // 初期速度
void Orbit(double xi, double yi, double TH, double w, TColor CL);
//---------------------------------------------------------------------------
__fastcall TForm1::TForm1(TComponent* Owner)
	: TForm(Owner)
{
}
//---------------------------------------------------------------------------
void __fastcall TForm1::Close1Click(TObject *Sender)
{
 Close();
}
//---------------------------------------------------------------------------
void __fastcall TForm1::Run1Click(TObject *Sender)
{

// 座標線を引く
 Canvas->MoveTo(30,500);
 Canvas->LineTo(30,20);
 Canvas->MoveTo(30,500);
 Canvas->LineTo(900,500);
// 初期位置と速度
 Orbit(0.0,0.0,pi/4.0,0.0,clBlack);
 Orbit(0.0,0.0,pi/6.0,0.0,clRed);
 Orbit(0.0,0.0,pi*24.0/180.0,0.0,clGreen);
 Orbit(0.0,0.0,pi/4.0,0.28,clNavy);
 Orbit(0.0,0.0,pi/6.0,0.28,clPurple);
 Orbit(0.0,0.0,pi*24.0/180.0,0.28,clLime);

}
//---------------------------------------------------------------------------
void Orbit(double xi, double yi, double TH, double w, TColor CL)   {
double x,y,u,v; // 位置と速度
double a1,a2,a3,a4;  // dx
double b1,b2,b3,b4;  // dy
double c1,c2,c3,c4;  // du
double d1,d2,d3,d4;  // dv
double px, py;

x = xi;
y = yi;
u = V*cos(TH); v = V*sin(TH);

  while ( y >= 0 )                       {
  a1 = u;
  b1 = v;
  c1 = -w*u;
  d1 = -g - w*v;
  a2 = u + H*c1/2.0;
  b2 = v + H*d1/2.0;
  c2 = -w*(u + H*c1/2.0);
  d2 = -g - w*(v + H*d1/2.0);
  a3 = u + H*c2/2.0;
  b3 = v + H*d2/2.0;
  c3 = -w*(u + H*c2/2.0);
  d3 = -g - w*(v + H*d2/2.0);
  a4 = u + H*c3;
  b4 = v + H*d3;
  c4 = -w*(u + H*c3);
  d4 = -g - w*(v + H*d3);
  x += H*(a1 + 2.0*a2 + 2.0*a3 + a4)/6.0;
  y += H*(b1 + 2.0*b2 + 2.0*b3 + b4)/6.0;
  u += H*(c1 + 2.0*c2 + 2.0*c3 + c4)/6.0;
  v += H*(d1 + 2.0*d2 + 2.0*d3 + d4)/6.0;
  px = 30.0 + 50.0*x;
  py = 500.0 - 50.0*y;
  Form1->Canvas->Pixels[px][py] = CL;
 }  // end of while
 return;
}

私がアマゾンの本を散策していとき、近藤龍一著、「12歳の少年が書いた量子力学の教科書」ベレ出版という本をみつけて、若い天才が好きな私はついどんな本だろうと思ってしまった。しかも内容が私好みの物理のテーマである。

それからしばらくして、たまたまある知り合いから、「12歳の少年が書いた量子力学の教科書」という本が出たので、この本を読んで、ブログでこの本の書評を書いてくれないか、と依頼を受けた。そういう書評のご指名というのは滅多にないことで名誉なことと、自宅から歩いて30分程度の新刊書店に注文しにいった。店員にそれを告げると、その本なら置いてますよ、というので、へぇこんな本が一般書店に並んでいるんだ、とちょっと驚いた。

そして、購入すると、休みの日にノートをとりながら、この本を読んでみた。実はアマゾンのコメントでちょっと厳しいものもあったので、さあどうかなとちょっ懸念した面もあった。ところが読んでみると、うーん、と感心する内容だった。

さて、書評に入る前に著者のプロフィールについて簡単に触れておく。近藤龍一さんは2001年生まれで、すると今16歳でまだ高校生である。しかし、この本を書き始めたのは2014年2月で、まさにまだ12歳のときだった。それは中学受験の2日後だった。ちなみに近藤さんは、八王子学園・八王子中学・高校に通っている。

なにしろ子供の頃から知識欲の塊で、いろいろな専門書を読んで独習していたという。ドワンゴの川上氏もそういう子供だったらしいが、近藤さんは9歳のとき量子力学をものにしてやろうと思った、というからさらに上をいっている。そしてその勉強が嵩じて、自分でも本を書いてみたくなったらしい。そもそも教え好きでもあるらしい。

そこで、書評というか内容の紹介に入る。するとまず、第0章で、量子力学とは何かという短い章でいきなり、量子力学の不可解性がきちんと説明されていて、ここだけ読んでなんとなく全体の梗概のようになっている。近藤さんがなかなか手慣れていることもわかる。

次の第1章もなかなか特徴的で、なんと「万物の根源」と称して、旧約聖書の引用から始まっている。確かに"theory of everything"を謳うとき、そこから始めるのもありだと思う。さらにうれしいのは、タレスなどのソクラテス以前の哲学者にも言及していることである。そして原子論の始祖をレウキッポス、デモクリトスあたりから始めるのもいい。時代を経て、分子論のドルトンが出てくるのもいい。このような構成にした根拠を近藤さんは、ファインマンが至高の知識として「原子仮設」を挙げたことに言及する。

ここから、空洞輻射、黒体輻射など量子力学前夜の話になる。レイリー・ジーンズ、シュテファン・ボルツマン、ヴィーンの公式、プランクの公式など、朝永振一郎の「量子力学」にあるような説明の流れを採用するが、それはまあほとんど定跡であろう。ただ近藤さんはきちんと数式を掲げ、それを使って説明することを怠らない。それによって説明が上滑りになることを防いでいる。ただ、数式を追って読むと疲れるが、そもそもが疲れないで量子力学を理解する方法なんてない。

さらになるほど、と思ったのは、プランク定数についてさまざまな側面から丁寧に説明されていることである。プランク長さ、プランク時間、プランク質量、プランク電荷、プランク温度など、私は他の本であまりみかけたことがない。まあ単に私が不勉強なだけかもしれないが。

そこから第2章の「前期量子論」に入って光の二重性に言及するのも定法であるが、ここまでも、数式を駆使しつつ、登場人物の逸話などが織り込まれていて、飽きさせないようになっている。そしてさらに原子モデルの説明に入る。ここではボーア、そしてド・ブロイが引用され、次の、この本の白眉である第3章「数学的定式化」に進む。

「数学的定式化」ではなんと、行列の説明から始まる。それはハイゼンベルクが行列の概念を使って量子力学の方程式を記述したからだが、それにしてもこのような迂遠さを私は好む。そして行列で記述された量子力学の方程式、すなわち行列力学の扱いの困難さに言及したあと、いよいよ真打ちのシュレーディンガー方程式の説明に入る。

シュレーディンガー方程式の説明では偏微分、解析力学にも言及されてくる。すると最早、大学で理系の勉強した人でないとついていくのはかなり困難なのではあるまいか。それは著者の年齢に鑑みると、著者がいかに早熟かということの例証でもあるのだが。

ここでコメントすると、この本は、まあこんなもんだろうと説明をすっとばしている箇所がほとんどない。シュレーディンガー方程式の解釈の困難、ボーア解釈、シュレーディンガーじしんの当惑、演算子と運動量の対応など、丁寧にカバーされている。シュレーディンガー方程式をニュートン方程式に帰着させるエーレンフェストの定理、マックス・ボルンの異端解釈まで言及されている。あと、シュレーディンガーの猫の哲学的?解釈も説明される。まあ猫好きとしては、猫を殺すのはやめてほしいのだが。

そこから、ハイゼンベルクの不確定性原理、ボーアの相補性原理も説明される。なお、ハイゼンベルクの不確定性原理には不確定性原理、破れるみたいな議論もあるのだが、流石にそれをこの本に期待するのはマニアックすぎるというものである。

そこから、現在でもホットな話題である量子力学の解釈の話題に触れ、ついに相対論的量子力学の方程式である、ディラックの方程式に言及される。ここまでくると、専門の物理の学生以外まず勉強しないだろう。物理学科の落ちこぼれ学生だった私も、ディラックの方程式なんてまったく分からないので、今更のように勉強しなくちゃ、とおもう。

ここまで相対論といっても、特殊相対性理論しかでてこなかったので、いよいよ一般相対性理論も登場して、"theory of everything"を謳うなら、量子力学と一般相対性理論とを融合させるべしみたいな議論になってきたが、このあたりどうしても端切れが悪い。しかし、どんな物理学者がそのあたりを歯切れよく説明できるのだろうか。大栗博司博士ならできるだろう、きっと。

この本がここで終わるのかと思ったら、なんと量子コンピュータや量子テレポーテーションの説明もある。この本はいい意味で、あくまでも貪欲なのである。最近の旬の量子アニーリングについては言及がないが、それはたんにこの話題が新しすぎるだけだろう。

それだけではない、この本には補足説明として、パウリの排他率、経路積分法、スピノール、クライン・仁科の公式、第二量子化まで言及される。まさに、入門書から専門書橋渡しする中間書になっていると思われる。

あと、私が懸念するのは、著者の近藤さんの将来である。12歳にしてこれほどの本をまとめ上げるのだから、近藤さんが大秀才であるのは間違いない。私はつい、ギムナジウムのときに一般相対論の論文を書いていたほどの早熟の天才だったパウリを想起するのだが、今後近藤さんが学びつつ、次第にパウリのようなオリジナルな業績を挙げるようになってほしいものである。そのためにはある時点で、いままで習ったことの大部分をアンラーニングする機会も必要かもしれない。

2体問題

user-pic
0

「惑星の軌道」に続き、2体問題を常微分方程式で記述してみることにした。惑星の軌道のところで論じた軌道の発散あるいは衝突の問題は当然に2体問題にもついて回り、安定した軌道を得るためには初期位置と速度、そして質量を注意深く選ぶ必要がある。

ここでいう安定した軌道とは、2体問題の各々の物体がそれぞれ、一定の楕円軌道上を動き続けるということだと定義する。すると、安定した軌道を達成するためには、2つの物体の質量と速度を掛けた運動量ベクトルの成分が、それぞれゼロであるということが必要条件となる。

それが十分条件でないのは、2つの物体の間の距離に対して初期速度が小さすぎると、2つの物体が衝突してしまうか、引力が小さすぎて互いに無限遠に離れてしまう。なので、安定した軌道を実現するのはかなり難しい。安定した軌道を実現するための典型的なシナリオは次のようなものである。

  1. 2つの物体の質量を等しいとする。
  2. 2つの物体の初期位置の座標をそれぞれ、(-r,0),(r,0)とする。また、2つの物体の初期速度をそれぞれ(0,-v),(0,v)とする。そしてrとvの値を注意深く選ぶと、2つの物体は下記のように互いに交わる楕円軌道をとる。

このとき1つの物体の軌道を青、もう一つの物体の軌道を赤で表示すると、以下のとおりである。

それでは、これと同じ条件で、一方の物体の質量を1%だけ他方より重くしてみる。すると、運動量ベクトルの合成成分のバランスが崩れて、2つの楕円軌道は、下記のように少しずつ移動する。

別の条件として、質量を同じにして、一方の物体の初期速度に少しだけ追加の速度を与える。すると、下記のように追加の速度の分だけ楕円軌道は移動し始める。

このように2つの軌道が移動しても、各々おの軌道が所定の距離内にとどまるとき、これを準安定と呼ぶことにする。このように考察すると2体問題の安定性の議論は、そんなに自明ではない。例えば、互いに質量の異なる2体問題で準安定でなく安定な条件は存在するか、という命題が与えられる。これはおそらく成立しない。

とりあえず、2体問題の常微分方程式をルンゲクッタ法で解くためのブログラミングのソースコードを以下に示す。

//---------------------------------------------------------------------------

#include <vcl.h>
#include <math.h>
#pragma hdrstop

#include "Main.h"
//---------------------------------------------------------------------------
#pragma package(smart_init)
#pragma resource "*.dfm"
TForm1 *Form1;
double fx(double x1, double y1, double x2, double y2);
double fy(double x1, double y1, double x2, double y2);
//---------------------------------------------------------------------------
__fastcall TForm1::TForm1(TComponent* Owner)
	: TForm(Owner)
{
}
//---------------------------------------------------------------------------
void __fastcall TForm1::Close1Click(TObject *Sender)
{

 Close();
}
//---------------------------------------------------------------------------
void __fastcall TForm1::Run1Click(TObject *Sender)
{
const double H = 0.00001;  // 刻み
double x1,y1,u1,v1;     // x1,y1は座標値で、u1,v1はその速度のxとy成分
double x2,y2,u2,v2;     // x2,y2は座標値で、u2,v2はその速度のxとy成分
double a1,a2,a3,a4;  // dx1
double b1,b2,b3,b4;  // dy1
double c1,c2,c3,c4;  // du1
double d1,d2,d3,d4;  // dv1
double e1,e2,e3,e4;  // dx2
double f1,f2,f3,f4;  // dy2
double g1,g2,g3,g4;  // du2
double h1,h2,h3,h4;  // dv2
double m1, m2;       // 質量
double px, py;
int N = 0;           // 繰り返し回数
m1 = 1.1;
m2 = 1.0;

// 位置と速度の初期値
x1 = 3.2;  y1 = 0.0; u1 = 0.01; v1 = 0.2;
x2 = -3.0;  y2 = 0.0; u2 = 0.0; v2 = -0.21;

while ( N++ < 100000000 )        {
 a1 = u1;
 b1 = v1;
 c1 = -m1*fx(x1,y1,x2,y2);
 d1 = -m1*fy(x1,y1,x2,y2);
 e1 = u2;
 f1 = v2;
 g1 = -m2*fx(x2,y2,x1,y1);
 h1 = -m2*fy(x2,y2,x1,y1);
 a2 = u1 + H*c1/2.0;
 b2 = v1 + H*d1/2.0;
 c2 = -m1*fx(x1+H*a1/2.0,y1+H*b1/2.0,x2+H*e1/2.0,y2+H*f1/2.0);
 d2 = -m1*fy(x1+H*a1/2.0,y1+H*b1/2.0,x2+H*e1/2.0,y2+H*f1/2.0);
 e2 = u2 + H*g1/2.0;
 f2 = v2 + H*h1/2.0;
 g2 = -m2*fx(x2+H*e1/2.0,y2+H*f1/2.0,x1+H*a1/2.0,y1+H*b1/2.0);
 h2 = -m2*fy(x2+H*e1/2.0,y2+H*f1/2.0,x1+H*a1/2.0,y1+H*b1/2.0);
 a3 = u1 + H*c2/2.0;
 b3 = v1 + H*d2/2.0;
 c3 = -m1*fx(x1+H*a2/2.0,y1+H*b2/2.0,x2+H*e2/2.0,y2+H*f2/2.0);
 d3 = -m1*fy(x1+H*a2/2.0,y1+H*b2/2.0,x2+H*e2/2.0,y2+H*f2/2.0);
 e3 = u2 + H*g2/2.0;
 f3 = v2 + H*h2/2.0;
 g3 = -m2*fx(x2+H*e2/2.0,y2+H*f2/2.0,x1+H*a2/2.0,y1+H*b2/2.0);
 h3 = -m2*fy(x2+H*e2/2.0,y2+H*f2/2.0,x1+H*a2/2.0,y1+H*b2/2.0);
 a4 = u1 + H*c3;
 b4 = v1 + H*d3;
 c4 = -m1*fx(x1+H*a3,y1+H*b3,x2+H*e3,y2+H*f3);
 d4 = -m1*fy(x1+H*a3,y1+H*b3,x2+H*e3,y2+H*f3);
 e4 = u2 + H*g3;
 f4 = v2 + H*h3;
 g4 = -m2*fx(x2+H*e3,y2+H*f3,x1+H*a3,y1+H*b3);
 h4 = -m2*fy(x2+H*e3,y2+H*f3,x1+H*a3,y1+H*b3);
 x1 += H*(a1 + 2.0*a2 + 2.0*a3 + a4)/6.0;
 y1 += H*(b1 + 2.0*b2 + 2.0*b3 + b4)/6.0;
 u1 += H*(c1 + 2.0*c2 + 2.0*c3 + c4)/6.0;
 v1 += H*(d1 + 2.0*d2 + 2.0*d3 + d4)/6.0;
 x2 += H*(e1 + 2.0*e2 + 2.0*e3 + e4)/6.0;
 y2 += H*(f1 + 2.0*f2 + 2.0*f3 + f4)/6.0;
 u2 += H*(g1 + 2.0*g2 + 2.0*g3 + g4)/6.0;
 v2 += H*(h1 + 2.0*h2 + 2.0*h3 + h4)/6.0;
 px = 290.0 + 70.0*x1;
 py = 290.0 - 70.0*y1;
 Canvas->Pixels[px][py] = clRed;
 px = 290.0 + 70.0*x2;
 py = 290.0 - 70.0*y2;
 Canvas->Pixels[px][py] = clBlue;
}
}
//---------------------------------------------------------------------------
double fx(double x1, double y1, double x2, double y2) {
 double r,R;
 r = (x1 - x2)*(x1 - x2) + (y1 - y2)*(y1 - y2);
 R = r * sqrt(r);
 return (x1 - x2)/R;
}

double fy(double x1, double y1, double x2, double y2) {
 double r,R;
 r = (x1 - x2)*(x1 - x2) + (y1 - y2)*(y1 - y2);
 R = r * sqrt(r);
 return (y1 - y2)/R;
}

惑星の軌道

user-pic
0

もう30年以上前、20台後半でまだ独身の頃、シャープのMZという8ビット・パソコンを買い、BASICでプログラムを書いて、夜な夜な楽しく遊んでいたのだが、そのとき書いていたプログラムの中に、惑星の軌道計算があった。

惑星の軌道計算といっても、なんのことはない、ニュートンの法則の逆二乗則で力学の運動方程式を記述し、それを例によってルンゲ・クッタで数値計算するという素朴なものである。

それでも、惑星2つが引き合うという連星の二体問題を数値計算してプロットした結果を知り合いに見せたら、辛口で滅多に他人を褒めないその知り合いも、あまりこういうのは見たことがないので面白いと褒めてくれたので、うれしくなったのを覚えている。

それで気を良くして、ポアンカレによれば積分が存在しない、すなわち解析的に解けないといわれている三体問題をプロットしようとしたら、プログラムにバグがあるようでどうもうまくいかない。それでその後諦めていたのだが、最近、常微分方程式の数値解法に再び馴染んできたのをきっかけに、また再チャレンジしてみたくなった。

といっても、いきなり三体問題は荷が重いので、一体問題⇒二体問題⇒三体問題と進めていくことにした。一体問題というのはあまり聞きなれないが、私が意図したのは、中心に太陽があって、その周りを単一の惑星が周回する、というものである。しかしウェブで調べてみると、一体問題とは、宇宙にたった一つの星がある場合のことらしくて、するとニュートン力学のパラダイムでは、静止しているか等速直線運動するだけなので、数値計算もなにもあったものではない。

で、当初予定していたこのブログのタイトルを、一体問題から惑星の軌道という曖昧な言い方に変えて、中心に太陽があって、その周りを単一の惑星が周回する、という場合の数値計算をしてみることにした。

さて、それは要するに、太陽の周りに惑星が楕円軌道をとるだけだから楽勝と思っていたら、なかなか綾があった。すなわち、惑星を太陽の引力を受けて運動するようにするには、惑星の太陽からの距離と、太陽に対して相対的な速度を与えるのだが、ヨハン・ベルヌーイは、その場合惑星がとりえる軌道は、楕円、放物線、双曲線のどれかであることを見出した。

要するに、注意深く初期速度と位置を与えないと、軌道は放物線または双曲線となって、無限遠に「いっちゃう」のである。それで最初、適当に初期速度と位置与えて、軌道が発散して何度も困ってしまった。

さらに、自明なのでヨハン・ベルヌーイが指摘しなかったことがある。それはあまりに太陽の近くに初期位置を配置するか、初期速度が小さすぎると、惑星が太陽に引っ張られすぎて激突してしまうのである。これはこれでゲームセットである。

そうやってなんとか楕円軌道を得たのが、下記のプログラムで、(x,y,u,v) = (3.0, 2.0, 0.43. 0.01)の場合である。ここで、太陽を原点としたとき、xは惑星の初期x座標、yは惑星の初期y座標、uは初期速度のx方向成分、uは初期速度のy方向成分である。

その軌道は、以下のとおりだった。なお、下手なマンガみたいだが、太陽を赤い小円で示した。

これだと近日点が近すぎて、もし惑星が地球だと人類が焼け死んで滅びるかもしれない。そこで、妥当な距離の近日点になるように、初期位置と初期速度を、(x,y,u,v) = (3.0, 0.0, -0.1. 0.5)に変更してみた。すると軌道は、以下のとおりとなった。

このプログラムのソースコードを例によって以下に示す。それにしても、惑星や太陽の質量や重力定数やその他物理単位の次元を全く無視して適当に微分方程式を解くってどうよ、とつい自己突っ込みするのだった。

//---------------------------------------------------------------------------

#include <vcl.h>
#include <math.h>
#pragma hdrstop

#include "Main.h"
//---------------------------------------------------------------------------
#pragma package(smart_init)
#pragma resource "*.dfm"
TForm1 *Form1;
double fx(double x, double y);
double fy(double x, double y);
//---------------------------------------------------------------------------
__fastcall TForm1::TForm1(TComponent* Owner)
	: TForm(Owner)
{
}
//---------------------------------------------------------------------------
void __fastcall TForm1::Close1Click(TObject *Sender)
{

 Close();
}
//---------------------------------------------------------------------------
void __fastcall TForm1::Run1Click(TObject *Sender)
{
const double H = 0.00001;  // 刻み
double x,y,u,v;     // x,yは座標値で、u,vはその速度のxとy成分
double a1,a2,a3,a4;  // dx
double b1,b2,b3,b4;  // dy
double c1,c2,c3,c4;  // du
double d1,d2,d3,d4;  // dv
double px, py;
int N = 0;           // 繰り返し回数

// 位置と速度の初期値
x = 3.0;  y = 0.0; u = -0.1; v = 0.5;

// 原点を描く
Canvas->Brush->Color = clRed;
Canvas->Ellipse(280,280,300,300);

while ( N++ < 10000000 )        {
 a1 = u;
 b1 = v;
 c1 = -fx(x,y);
 d1 = -fy(x,y);
 a2 = u + H*c1/2.0;
 b2 = v + H*d1/2.0;
 c2 = -fx(x+H*a1/2.0,y+H*b1/2.0);
 d2 = -fy(x+H*a1/2.0,y+H*b1/2.0);
 a3 = u + H*c2/2.0;
 b3 = v + H*d2/2.0;
 c3 = -fx(x+H*a2/2.0,y+H*b2/2.0);
 d3 = -fy(x+H*a2/2.0,y+H*b2/2.0);
 a4 = u + H*c3;
 b4 = v + H*d3;
 c4 = -fx(x+H*a3,y+H*b3);
 d4 = -fy(x+H*a3,y+H*b3);
 x += H*(a1 + 2.0*a2 + 2.0*a3 + a4)/6.0;
 y += H*(b1 + 2.0*b2 + 2.0*b3 + b4)/6.0;
 u += H*(c1 + 2.0*c2 + 2.0*c3 + c4)/6.0;
 v += H*(d1 + 2.0*d2 + 2.0*d3 + d4)/6.0;
 px = 290.0 + 70.0*x;
 py = 290.0 - 70.0*y;
 Canvas->Pixels[px][py] = clBlack;
}
}
//---------------------------------------------------------------------------
double fx(double x, double y) {
 double r,R;
 r = x*x + y*y;
 R = r * sqrt(r);
 return x/R;
}

double fy(double x, double y) {
 double r,R;
 r = x*x + y*y;
 R = r * sqrt(r);
 return y/R;
}

読売新聞の科学欄に、今年のノーベル生理学・医学賞、ノーベル物理学賞とノーベル化学賞の概要の受賞内容のコンパクトな要約があった。ノーベル生理学・医学賞は一応こちらで触れたので、ノーベル物理学賞とノーベル化学賞について、この新聞記事に基づき私なりにまとめてみる。

まず、ノーベル物理学賞であるが、デービッド・サウレス、ワシントン大名誉教授と、マイケル・コスタリッツ、ブラウン大教授は、1970年に、相転移という物理現象にトポロジーの考え方を導入した。当時相転移は、原子が膜のように並んだ2次元の平面では起きないと考えられていた。しかし、二氏は、平面でも粒子の動きに規則性があることを、トポロジーの手法で発見した。個々の粒子の動きからは乱雑にしかみえない状態でも、トポロジーの視点で粒子の集団がつくる渦のようなパターンに着目すると、このパターンがある時に急変する。この新しい相転移の概念は量子力学に革命を起こした。ここらあたり、表面科学とも関係がありそうだが、私の狭くて浅い勉強の範囲ではトポロジーという概念はあらわれなかった。機会があったら調べてみる。

サウレス氏は、トポロジーの考え方を相転移以外にも適用し、半導体に磁力をかけたときに流れる電流が整数倍で変化する量子ホール効果がなぜ起こるのかも明らかにした。

もう一人の受賞者であるダンカン・ホールデン、プリンストン大教授も、特殊な磁性を理解するのにトポロジーが有効であることを示した。三人の理論は、省電力コンピュータの材料として期待されるトポロジカル絶縁体の開発につながっているという。

この機会に、ちょっと興味があったので、トポロジカル絶縁体というキーワードで、特許庁の検索サイトであるJ-PlatPatで特許検索してみた。すると、12件がヒットした。これは特許情報の観点ではかなり少ない。まだ新しい技術のようである。一例としては、国立研究開発法人産業技術総合研究所の特開2015-159211がある。これは、省電力化と高速演算とを両立しうるトポロジカル相変化論理ゲートを提供するというものである。

ここまで書いてきて、そういえば私は、河野俊丈「場の理論とトポロジー」岩波講座現代数学の展開、という本をもっていたことを思い出した。そこで急遽めくってみたが、どうもWittenのChern-Simonsゲージ理論による3次元多様体の不変量の構成などを契機として発展した、2次元の場の理論と3次元トポロジーの関係を扱う、とあるのだが、この本は高度に数学的で、私の理解レベルをはるかに超えている。なんでこんな本を買ったのか自分でも理解に苦しむ。ただ、デーン手術に対応する用語が出てきたりするので、確かにトポロジーが関係しているらしい、と分かる。

次に、ノーベル化学賞であるが、分子機械に関するもので、要するに人工合成した分子を電気や光、酸などを加えて動かす技術である。

受賞した、フランス・ストラスブール大のジャンピエール・ソバージュ名誉教授は、1983年、2つの輪が知恵の輪のように絡み合った「カテナン」という分子機械を作製した。これは、電気刺激などで、輪が回転する構造になっている。

米国ノースウェスタン大のフレーザー・ストダート教授は、ダンベルの軸に輪を通したような構造の「ロタキサン」という分子機械を合成し、1991年に酸の刺激で輪の部分を軸に沿って左右に動かすことに成功した。これ、筋肉のように伸び縮みする分子もつくった。

オランダ・フローニンゲン大のベルナルト・フェリンガ教授は、1999年、光を当てると一方向に回転する分子モータを世界で初めて作製した。このモータを使って作った「ナノカー」は、世界最小の自動車として知られている。

これらの分子機械は、組み合わせて別の複雑な分子機械を作るための基礎部品になりえる。新素材、エネルギー貯蔵システムなどの応用が想定されている。さらには分子機械を使った超小型コンピュータや体内のドラッグ・デリバリー・システムへの応用なども考慮されている。

ノーベル賞受賞者ではないが、日本では九大の新海征治・特別主幹教授が、1979年に、光に反応してピンセットのように動き、カリウムイオンを捕まえたり、離したりする分子機械の作成に成功した。時期的には今回の受賞者の研究より先で先駆的なので、新海氏がノーベル化学賞を受賞していてもおかしくなかった、という人もいる。

分子機械もJ-PlatPatで特許検索してみた。すると、111件がヒットした。流石にトポロジカル絶縁体よりは多い。例えば目につくものとして、浜松ホトニクス株式会社の特開2015-84756の「回転分子モーターの制御装置及び制御方法」がある。これは、「光を出力する光源と、光源から出力された光を入力して光渦を生成し出力する光渦生成部と、光渦生成部から出力された光渦を回転分子モーターに集光照射して回転分子モーターの回転軸に光渦の軌道角運動量に基づく回転トルクを与える対物レンズと、を備える、回転分子モーターの制御装置。」が要約である。これよりも国立研究開発法人物質・材料研究機構の特開2015-216706の方が「静的平面に取り付けられた分子軸と、第一の自由利用可能なエネルギー受容体を有し、分子軸に取り付けられた第一の平面と、第二の自由利用可能なエネルギー受容体を有し、分子軸に取り付けられた第二の平面と、分子構造自体のダイナミクスによって誘導された利用可能なエネルギー(kT)によって、第一の平面と第二の平面との間に振動エネルギーの勾配を作成する手段と、静的平面と第一または第二の平面の少なくとも一方との間の相対運動を生成する立体配座変化のシーケンスをトリガするための手段とを備える。」というもので、より分子機械ぽい。

数日前の記事だが、ノーベル物理学賞は以下のとおりだった。読売新聞のウェブ記事から引用する。

スウェーデン王立科学アカデミーは4日、電気抵抗がゼロになる超伝導など物質の特異な状態が起きる新たな仕組みを数学理論で解明した米大学の3氏にノーベル物理学賞を授与すると発表した。
3氏は、米ワシントン大のデービッド・サウレス名誉教授、米プリンストン大のダンカン・ホールデン教授、米ブラウン大のマイケル・コスタリッツ教授。電子工学や超伝導研究の可能性を広げたことが評価された。
授賞理由は「物質のトポロジカル相とトポロジカル相転移の理論的発見」。
物質では、温度によって、気体、液体、固体というように大きく状態が変わる「相転移」と呼ばれる現象が起きる。低い温度に下げると超伝導の状態になる。

この記事をみたときの最初の印象は、えっ、重力波の観測じゃないんだ、というものだった。どういうことかというと、今年の2月に重力波という記事で触れたように、ついに重力波が直接観察されたというニュースに触れたとき、個人的にはアインシュタインの一般相対論の方程式からの重力波の式の導出にかなり牽強付会性があって、納得はしていないものの(なので、重力波の変で揶揄してみた。ちょっと大人げなかったか。)、世間の流れとしては、満場一致で重力波の観測が一目散にノーベル物理学賞だと思った。

でもよく考えたら、ノーベル賞委員会は将棋の大山流なのであって、要するに少なくとも一回目のチャンスは見送る。なので、iPS細胞の山中教授も、ヒッグス粒子のピーター・ヒッグスも、ガチのノーベル賞候補と喧伝されながら、待ちぼうけをくった。

それは措いといても、今回のノーベル物理学賞の対象理論は私には興味深い。なぜなら最近たまたま、黒田耕嗣著「秩序・無秩序の世界 - イジング・モデルと相転移のはなし」丸善というのを読んだからである。この本は1987年刊とかなり古いが、相転移を数学の確率モデルで記述するというもので、私には目新しくて興味深かった。

そして、確率モデルでさえも私は、ほう、と感心したのに、「物質のトポロジカル相とトポロジカル相転移の理論的発見」と、トポロジーが相転移に関与するって、どういうこと?と一瞬目が点になった。

私の素朴な想像力では、統計的状態を記述するパラメータに代数的性質があって、そこになにかガロア理論のようなものが適用できて、相転移が説明できるというならまだ分るのだが、トポロジーとはね、と思う。

そういえば、純粋にトポロジー的な問題だと認識されていたポアンカレ予想に、ペレリマンは微分幾何学の道具立てを使用したが、今回は物理学の問題にトポロジーとは、これは何かの意趣返しなのかね、と苦笑した。ここでの「意趣返し」という用語の使い方は明らかに間違えているのだが、なんとなくこの場合しっくりくるような気がして、あえてこのままにしておく。

ともかく、今回の相転移とトポロジーのテーマは、明らかにそのうち数学セミナーで記事になるだろう。そのときを期待して待つことにする。ポルノグラフィティの歌でいえば、♪いつかまた会いましょう、その日までさようなら恋心よ♪である。どうみてもしっくりこないな。

清水書院のセンチュリーブックス、人と思想というシリーズがあって、値段が手ごろなことから、古書店で見つけるととりあえず買っておくようにして、そのシリーズがもしかして十冊くらい溜まったかもしれない。

しかし、私にはよくあることなのだが、どうもセンチュリーブックスを読む気がしなくて、何年も積読のまま放置していた。

ところが、センチュリーブックスの「ヘーゲル」澤田章著というのを古書店で買い、一種の天邪鬼でこの本を寝っころがって読み始めたら、なんと意外に読みやすい。ヘーゲルのいくつかの主著の紹介もあるのだが、その難解な思想の中身にあえて入り込まないのがありがたかった。なので、最後まで比較的すんなり読めた。まあ、ヘーゲルの思想のもっと詳しいところは興味に応じて別の本に当たればよいということだろう。

そこで、この勢いで、随分前に買ってあったセンチュリーブックスの「ハイゼンベルク」小出昭一郎著を読むことにした。そういえば私が大学に入って最初に読んだ量子力学の本が、裳華房の小出昭一郎著のものだった。

ただ、一応大学で物理を学んだ者として、ヘーゲルと違って、ハイゼンベルクのことはある程度知っているという思いこみがあった。しかし、この本を読んでみると、ううんそうなのか、といかに既知感があてにならないか改めて痛感するのだった。小池重明と同様である。まあ、流石にハイゼンベルクと小池重明をごっちゃにする人なんてまず世間にいないだろう。ともかくこの本に従い、私なりにハイゼンベルクについてまとめてみる。

ヴェルナー・ハイゼンベルクは、1901年12月5日にヴェルツブルクで生まれた。父はミュンヘン大学のギリシャ語の教授、母はギムナジウムの校長の娘だった。要するに教育者一家である。一家はヴェルナーが8歳のときミュンヘンに引っ越した。

ヴェルナーは子供のときからピアノなどの音楽演奏に才能を発揮した。しかし、数学や理科の成績も神童と呼ぶに値するものだった。しかも父の影響で、ギリシャ古典の造詣も深かった。まさに完璧な秀才である。

しかし、騒然とした世相で、ヴェルナー(以下、ハイゼンベルクと称することにする)がギムナジウムから大学に入学するまでの間に第一次世界大戦が起こった。ハイゼンベルクは戦争を憎悪しつつも、それなりに愛国心もあった。なので、ハイゼンベルクは農家での労働奉仕に志願し、重労働にも耐えた。たんなる青白い秀才ではないのである。

さらに、ミュンヘンで革命が起きると、反革命軍に加わった。そうしつつも、プラトンのティマイオスを読み、その元素の記述を不合理だと思った。

ミュンヘン大学に入学したとき、たまたま病気になってしまい、その療養のかたわら、ヘルマン・ワイルの「空間・時間・物質」という著書を読み、数学者を志した。ところが、πが超越数であることを証明したリンデマンのゼミに出席しようとしたところ、断られてしまい、結局数学者への途は断念した。湯川秀樹がそうだったように、数学の過度の形式性が肌にあわなかったのだろう。

ところが幸いにも、ゾンマーフェルトのゼミには受け入れられて、こうしてハイゼンベルクは理論物理学者への道を歩むことになった。まるで、ランダウのいうところのtheoretical minimumのようにハイゼンベルクは流体力学にも興味をもち、論文を書いたりした。

しかしより幸いだったのは、ゾンマーフェルトのゼミでは、量子論や相対論の先端的議論がなされていたことである。そこには、天才理論物理学者のパウリもいて、ハイゼンベルクはパウリと友人になった。パウリはなにしろ、ギムナジウムのときに一般相対論の論文を書いていたほどの早熟の天才だった。この論文は、のちにこの分野の基礎論文とみなされるほどだった。

ハイゼンベルクは、ゾンマーフェルトから、原子スペクトルの異常ゼーマン効果の研究を課題として与えられた。そして、紆余曲折をへてなんとか論文を仕上げ、ハイゼンベルクは、なんとか原子物理学者として認められるようになった。

ときに、1922年のことである。デンマークの高名な物理学者であるニールス・ボーアがゲッチンゲン大学に来たとき、ハイゼンベルクはその講義を聴きに行き、大いに感化された。

その一方で、ドイツにはヒットラーが台頭し、ユダヤ人に対する迫害も始まりつつあった。アインシュタインも、ユダヤ人として身の危険を感じつつあった。

そんな機運のなかで、アインシュタインの一般相対性理論を、ユダヤ人の理論だと批判するビラが貼られるようになった。それを書いたのが、有名な実験物理学者のレーナルトだと知って、ハイゼンベルクはショックを受けた。

ハイゼンベルクはゲッチンゲン大学に移り、マックス・ボルンの助手を務めたりした。それからゾンマーフェルトの許に戻り、流体力学の論文を仕上げた。そして、諮問で実験系物理学者からの手厳しい査定を受けたのにもかかわらず、なんとかかろうじて物理学の学位試験に合格した。ハイゼンベルクは、パウリほどではないにしても、物理実験が苦手だった。

ともかく学位をえたハイゼンベルクは、再びゲッチンゲン大学に行き、改めてマックス・ボルンに師事した。それからついに、ニールス・ボーアの許に留学するという幸運を得た。ボーアのところには世界中から俊英が集まり、まさに量子論のメッカだった。ハイゼンベルクはボーアやその他の専門家と議論することで多くのものを得た。

それからゲッチンゲン大学に戻って、ハイゼンベルクはついに、量子論の行列力学のアイデアに想到した。そしてその論文を発表すると、ハイゼンベルクは一躍量子論の寵児となった。そしてハイゼンベルクは、ベルリン大学に招待されて量子論の講義をした。そこでアインシュタインに量子力学を説明する、という幸運をえた。

一方、イギリスのディラックがハイゼンベルクの論文を読み、ハイゼンベルクの理論をより数学的にエレガントな形式に描き直した。

さらにはフランスのド・ブロイが物質波の概念を提唱した。さらには、シュレーディンガーが波動方程式を完成させた。この波動方程式は、のちにハイゼンベルクの行列力学と等価であることが証明されるのだが、行列力学よりも扱いやすく、このため、ハイゼンベルクはシュレーディンガーに大いなるライバル意識を感じた。

しかし、波動方程式にも問題があった。その波動解をどう解釈していいのか、どう物理現象に結び付けるのか、全く自明ではないのである。結局、量子力学構築の業績で、ハイゼンベルクと、シュレーディンガーと、ディラックの三人がノーベル賞をもらったが、波動方程式の解釈は、マックス・ボルンのものと、ニールス・ボーアによるものがあった。結局主流になったのはニールス・ボーアによるもので、それはコペンハーゲン解釈と呼ばれた。

ともかくハイゼンベルクはその業績でライプチヒ大学の教授に就き、パウリもチューリヒ大学の教授になった。

ところがヒットラーのユダヤ人迫害が激化し、多くのユダヤ人学者が国外に逃亡した。それでも、ユダヤ人でないとして追放されなかったハイゼンベルク、ゾンマーフェルト、デバイ、ゲルラッハ、ラウエなどがドイツ内に留まった。ハイゼンベルクは愛国心から、なんとかドイツの物理学界を支えたかったのである。

そんな中で一般相対論などを排除した、ドイツ物理学なるものが台頭してきたが、ハイゼンベルクは、愛国者ではあっても、学問的誠実性から、ドイツ物理学なるものが許容できず、親戚の伝手を頼って、ヒムラーにドイツ物理学なるものを受け入れないように申し立てた。それは随分危険な賭けのようにも思われるが、意外にもヒムラーはハイゼンベルクの申し出をあっさり受け入れた。もともと、ナチスはドイツ物理学なるものを評価していなかったようである。

一方、このような暗い世相にあって、ハイゼンベルクの研究意欲は益々盛んで、1929年にパウリと共同で場の量子論の論文を書き、1932年には原子核構造論の論文を書いた。それだけでなく、ハイゼンベルクは、量子電磁力学、ベータ崩壊の理論、核力の理論と陸続と重要な仕事をなしとげた。

戦争が激化するにつれて、ハイゼンベルクは再三、米国のコロンビア大学から教授として招聘されたが、ハイゼンベルクは大いに悩みつつ、結局愛国者的信念に基づき、ドイツに留まることにした。

そしてついにハイゼンベルクはナチスから、原子爆弾の研究を命じられた。ナチスの方針に内心不満をもつハイゼンベルクがどれだけ本気で研究したのかわからないが、結局原子爆弾は完成しなかった。そもそも、原子爆弾をつくるには、ウラン同位元素の濃縮などの高度な工学的インフラが必要であるが、それを当時のドイツに求めることは無理だろう。また、本質的に理論物理学者であるハイゼンベルクは、工学者でも実験屋でさえもなく、原子爆弾を設計するのは無理なのではないか。少なくともフェルミなどのような実際的技能を要するだろう。

ともかく、ハイゼンベルクが原子爆弾の研究に手を染めたことで、師匠のような存在のニールス・ボーアとは完全に関係が断絶してしまった。ボーアは大のナチス嫌いだった。この関係の悪化は、戦争が終わっても修復されることがなかった。

ドイツが連合軍に降伏したとき、ハイゼンベルクは、カイザー・ヴィルヘルム研究所長の地位にあり、米国からきた兵士たちに身柄を拘束され、イギリスに連行された。そして、広島と長崎に原爆が落とされたことを知ると、ドイツが原子爆弾の研究で後れをとったことの悔しさと、自分たちが打ち建てた原子核の理論が大量殺戮に悪用されたことに大変ショックを受けた。

ほどなく解放されてドイツに帰国すると、ハイゼンベルクは、S行列の理論、超伝導の理論、乱流の理論、宇宙線の理論など意欲的に研究した。そしてマックス・プランク物理学研究所の所長を努めた。

晩年は統一理論を研究し、「素粒子の統一場理論」片山泰久訳、みすず書房などからその内容を知ることができるが、結局学会にあまり受け入れられなかった。

なお、ハイゼンベルクの有名な言葉として、「数学は人間より賢い」というものがある。これはどうも、神の数式で述べたような、自然法則を記述する数式のエレガントさが、正しさにつながる、のような思想だと思われる。ハイゼンベルクは、ティマイオスを批判したが、それにも拘わらずプラトニストなのだった。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち物理学カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは災害です。

次のカテゴリは生活です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。