企業の最近のブログ記事

権謀術数

user-pic
0

昔から、人間関係がナイーブすぎるというか、権謀術数の類いが苦手でいけない。

それでよく、伏魔殿のような外資系をうまく乗り切れたものだと今さら思うが、もう一人の自分がすかさず言う、なに?うまく乗り切れただって?冗談じゃない、面倒な仕事ばかり押し付けられ、いちゃもんつけられて、いつも非難され、あいつだけは絶対許せないと思ってる奴がいまでも何人かいるだろう、それがどうしてうまくいったことになるんだ、と。

で、まあそうだが、今のところこの歳で健康状態は悪くないし、決して豊かではないが、まあ生活も窮乏していないし、こんなもんだと自己弁護したりする。

で、自分がなぜ権謀術数が得意でないかと自問すると、それは明らかに、かなり極度の僻地の孤島でうまれ育ったことにある。アガサ・クリスティの小説にでてくるミス・マープルが指摘するように、田舎というところはプライバシーがあからさまで、人間の勉強にはなかなかいいのだが、孤島では、何かの災厄が迫ってくることはまずなく、この点でも安心して暮らせた。

家庭的には貧乏で、父と母はあまりうまくいっていたとはいえないが、私には母方の祖母の家という、ほぼ絶対のシェルターがあり、そこで安心して暮らせた。

こうして私は、多少の虐めは受けたものの、あまり人間関係の軋轢なく、権謀術数を学ぶことなく、大人になってしまった。

こういう状態でサラリーマンになってしまったものだから、どうみても不合理と思うことがあったら、素朴に指摘することしか思いつかず、上司の反感を買い、仕事を干されて、ノイローゼになりそうなくらい嫌になったりした。

なのに、嘘でもいいから形だけでも謝って、なんとか折り合いをつけようとする発想が全くない。将棋は弱いくせに、このあたり、将棋部員だった悪弊がでている。実際、将棋部の先輩や同僚から、私が及びもつかないような武勇伝、デンデンデデデンを聞いたことがある。

あと、これもまずいな、と今更思うのは、周囲の妬みの感情に無頓着であることである。すなわち、私は田舎者で誇れるものが何もないので、考えて、本好きな特質を活かして、ニッチを狙って、周囲の人があまり知らないことにフォーカスして勉強した。すると、ある部分分野で私が一番詳しいということが起きたりする。すると、もともとエリート街道を歩んできた人材なら普通に認めてもらえるところ、あんな田舎者が目立つとは許さん、と容赦なく虐められたりした。

それに対して、いくらでも妥協する手はあるのに、また本質的には弱気で内気な人間なのに?ここで日和っては気合いが悪いと、また余計なことを言って、周囲の反発を煽り、反応を楽しんでいた。

省みるに、私も一応の物欲も嫉妬心もあるが、多分世間の平均より少し低い。例えば私は、好きな女性が他の男と楽しそうに付き合っていても、流石に楽しくはないが、まあ仕方ないとあっさり諦める。要するに私は、脳科学でいうところのオキシトシンが少ないのだろう。

それでまずいと思ったのは、人材不足と、何かの巡り合わせで、私が管理職に任命されてしまったことである。それは昇進なので、うれしいはずなのであるが、私はそれがあまりにショックで、当時自転車通勤だったのだが、呆然としていて、バイオとの接触事故をおこしたほどだった。

部門の親しい先輩が憂慮したのは、私は直球は投げれても、変化球が投げれないことである。しかも、直球も、大した球威があるわけではない。

すると案の定、私は打たれまくった。プロ野球でいえば、リーグ最下位で低迷する監督で、早く更迭してほしかったが、降りることさえ許されなかった。

それでも、最下位の監督を何年もやっていて、他部門とも交渉していると、多少は権謀術数も身に付き、また私は、相手の要望を読み取り、的確にそれに応える能力があることが分かった。これは、損得抜きで周囲をサポートしてきた母の気質の遺伝だろう。

こうして他社との特許譲渡交渉にも本質的貢献ができて、かなり得意絶頂だったが、またしても周囲の妬みに鈍感という欠点により、露骨にちゃぶ台返しを食らい、撃沈された。

これでは権謀術数の初歩も分かっていなかった、というか、あれほど無能で倫理観の欠如した管理職がいるなんて、のどかな孤島出身の私には全く想定外だった。

なんにしても、人生は勉強のようである。

昨年、いろいろフラクタルを描いていたとき、知り合いの建築設計をしている人に、ブログのフラクタルを見せて、こういうのを建築に使うことはないのか、と聞いたことがある。

すると、自分は詳しくないが、建築にアルゴリズミック・デザインというのがあって、それによれば、画面に表示されているオブジェクトをクリックして連結し、それによって建築デザインをする、というインターフェースらしい。

面白そうなので、アマゾンでいくつか関連書籍を当たってみたが、不精なので、そのままになっている。

そのアルゴリズミック・デザインとはあまり関係ないかもしれないが、普段特許調査の仕事をしていて、アルゴリズミック・ワークってあるよね、と日々感じる。

まず、特許検索システムの機能強化が近年、著しい。すなわち、特許検索システムは、国際特許分類(IPC)、FI、Fターム、共同体分類(CPC)など多数あって、その各々が、その全貌は誰も知らない巨大なコード・ブックをもち、しかもそれらは毎年のように改訂されている。特許分類が指定する技術が日進月歩なのだから当然であり、なので特許分類を利用する検索式もその都度工夫を要する。

特許検索システムの全文検索、近接演算、データ出力形式も、いろいろ変わるので、それを扱う処理も、どう処理し、どのような表やグラフにするのが妥当か悩むというのが特許調査員の日常である。

その作業の合理化のため、大抵のプログラミングの心得がある人は、Excelのマクロを使うようであるが、私は一貫して、Perlを使っている。今どきならPythonなのかもしれないが、私はもう、20年くらいPerlを使っているので、なかなか他に乗り換える気がしない。

そのプログラミングであるが、私が駆使するアルゴリズムなんて、ほんの初歩的なものであるが、うまく嵌まると、今までよりも10倍くらい効率が上がってうれしくなることがある。

ところが、そういうブレークスルーはなぜか、ゼータ関数などの、難解で私には到底理解できない本を必死で眺めたあとに訪れたりする。不思議である。

その原理はよく分からないが、もしかして多分高校球児が、面白くないと思いつつ、微分積分の授業を聴くのも、野球に効果があるんじゃないだろうか。例えば、ホームラン性の当たりのような議論は、初歩の力学や微分の知識は要するものの、野球にも確実に役に立つ。

いや、やはり野球には数学は効果がないか。なぜなら、地頭が相当良さそうな江本が、数学の授業なんて退屈でかなわなかったと言っているからである。

それにしても、アルゴリズミック・ワークとはあまり関係ない話になってしまった。

なにか自宅でぼうっとしていたら、クロスオーバーという単語が頭に浮かんだ。crossoverという英単語は交差地点という意味で、私がそういう意味でクロスオーバーという単語を想起したかどうかは怪しい。

で、私がクロスオーバーという言葉を思いついたきっかけは、普段の会社での仕事のことである。私がいまいる職場は、ほとんどが元研究者であった人で、少なくとも大学院修士卒だし、偏差値もどうみても私には入れないような大学を卒業している人が少なくない。

なのに、英語を読むことに抵抗があるとか、英会話は簡単な日常会話くらいしかできないという人もいたりして、嘘でしょとつい思ってしまう。なぜなら私はとても内向的なくせに、今でも中央線の中で外国人をみかけて、困っているようだとつい声をかける。日常的に英会話していないので、結構いい淀むが、なんとかごまかせるだけの経験は積んでいる。

で、後で冷静に考えて、あれは外資系に20年以上いなかったら絶対にありえなかったと、改めて確認した。なぜなら、外資系に入ったとき、英語の読み書きはなんとかぎりぎり最低レベルは満たしており、だから入社試験に受かったのだが、会話となるとまったくだめで、ときどき部門に外国から人が来ると、私はひたすら逃げ回っていた。

そんな私がなんとかぎりぎり仕事ができるレベルで英会話ができるようになったのは、大リストラで部門の上層部が一掃されてしまい、私のような者がなにかの間違いで管理職に登用されてしまったからである。すると、直接の上司が外国人になるので、英会話できません、では済まされない。それで私は、ほとんど人生を賭けて英語を勉強した。暇さえあれば英語のテープを聴くとかである。

また、そんな英会話力で一人で米国に出張に行かされたが、なんとバスの切符を買うことさえままならないレベルで、今にして思えばよく生きて帰れたと思う。

そんな経験して、ほとんど断言できることがあって、それは、例えば量子力学をちゃんと理解しないと殺すといわれてもできない人は私を含め沢山いると思うが、実用的な英会話力を身につけないと殺すといわれて、できない人はいないのではないか、ということである。

それで、外資系にいて、外国人を相手にする関係上、嫌でも英語を駆使して仕事しなくてはならない環境にいることをクロスオーバーと呼ぶことにすると、私がもし一貫して日本の伝統的な会社に勤務してクロスオーバーに晒されなければ、私のような者はまず、きわめて基本的な日常会話程度の英会話しかできなかったことは確実なのだから、クロスオーバーに晒されて芸域が広がってよかったね、と考えるのが普通の発想だろう。

でも、本当にそうか、と今更疑問に思う。というのは、クロスオーバーに晒されると、そこから受けるストレスも半端ではないのである。具体例を挙げよう。

私がいた外資系の部門では、将来の幹部候補というかエリートは、家族連れで1年ないし2年外国に赴任できるという制度があった。確か、アサインメントと呼ばれていた。私にはもちろんそういう指名はなかった。もともと、私は管理職として予定人員ではなかった。尤も、引っ込み思案の私は逆にアサインメントなんてとんでもない、お断りだと思っていた。

で、そのアサインメントに行った社員と家族は、当時会社も景気がよかったので、米国で、広々としたマンションに住み、ゴルフにも日常的に行ったりして、本当に天国のような暮らしを満喫したらしい。そして向こうで一流の人達にも付き合うのだから、それもまたクロスオーバーである。

ところがである、アサインメントに行った社員と家族が日本に帰ってきて、なぜかかなり高い確率で本人または家族が重い病気になった。折角のエリートコースなのに、と私は思った。それはまさに、クロスオーバーに晒されていることのストレスであり、強いストレスは万病のもとなので、それが原因で本人または家族が病気になったと考えたとしても牽強付会ではないと思う。

そう考えると、クロスオーバーにいて芸域が広がったことを無条件に称えてはいけないと思う。私も管理職を10年以上経験して、その間それなりにクロスオーバーに晒されて、哲学的・数学的思考が全くできなかった。定期的に購読していた数学セミナーが、それこそ1ページたりとも理解できなかった。それは今にして思えば、大きな損失だった。

確か、ショーペンハウアーだったか、住む世界が狭いことが幸福の条件みたいなステートメントがあった。それでも君は、クロスオーバーに出向くのか。

あまり考えたくないテーマだが、それでもつい考えてしまうのは、自分は一体なんの仕事ができるのだろう、ということである。

それは考えれば考えるほど少ない。だいたいが論外なのは、外回りの営業マンとか、交渉のネゴシエータは絶対にありえないくらい苦手である。そもそも信じられないくらい方向音痴だし、車の運転も終わっている。

そういう対人関係の苦手さに加えて、私はおそろしく指先が不器用である。なので、研究員、あるいはエンジニアとして、サンプルを作ったりする実験もまず無理である。こうやってみていくと、これもダメ、あれもダメときりがないので、なんとかできることを挙げてみることにする。

すると、今までなんとかやってこれたものとして、特許実務、すなわち特許明細書作成と、中間処理がある。これは決して卓越しているわけではないが、なんとか合格ラインだろうと思っている。それと少し似ているが、特許翻訳もなんとか人並かと思っている。

あと、あまり予定になかったのだが、ここ数年特許調査をやるようになって、依頼者の評判はそんなに悪くないので、一応適性はあるかと思っている。

こうして、数少ないが、一応お金がもらえる職種があるので、一応生きていけた、ということにはなる。あと、もう一つ付け加えたい仕事があって、それはSEというかプログラマである。私のプログラミングの能力も決して卓越していないが、外資系にいたとき、私が書いたコードは確実に部門に役に立った。これもぎりぎり食べていけるスキルと思いたい。

こう挙げてくると、かなりスコープは狭いが、平和な世の中なら、なんとか飢え死にしないで済みそうである。一応安心しておく、自己満足かもしれないが。

平和じゃない世の中ならどうなるかというと、武器の扱いは最低レベルだし、なんの武術もできないし、戦術的思考も無理で、蛮勇もないし、私のスキルはそうなると実に役に立たない。なので、腰抜けと言われてもなんとか平和を享受したい。吉田松陰先生がいたら、ぶっとばされそうである。

HEROZ

user-pic
0

数日前、新聞をみていたら、ポナンザの開発者の山本さんが参加している、HEROZという会社が、東証マザーズに上場したのだという。以下、改めて日経の記事を引用させて戴く。

人工知能(AI)開発のHEROZ(ヒーローズ)が20日、東証マザーズに上場した。投資家の期待は大きく、終日買い気配で初値はつかなかった。将棋ゲームで名高い同社は、NEC出身の2人が2009年に創業。メンバーには将棋有段者のエンジニアも多い。将棋AIの開発で培った技術や知見を惜しみなく産業応用に注ぎ込む。
「AIの可能性は無限大だ」。ヒーローズの林隆弘最高経営責任者(CEO)は、20日の上場セレモニー後の会見でこう語った。ヒーローズは、将棋ソフト「将棋ウォーズ」などで知られる。これまで実績を持つB2C(消費者向け)サービスに加え、B2B(産業向け)の事業の柱に据えて、AIを建設業や金融業などに活用する。

私は、ここまで読んで、目を瞠った。というのは、CEOの林隆弘さんといえば、私の知る限り、ガチのアマ強豪なのである。そんな将棋の本格強豪なのに、CEOが務まるなんて、なんというパワーなんだろう。

それにしても、将棋AIの開発で培った技術や知見を活用する、というのがいいよね。一将棋ファンとしてうれしくなる。

「僕らは血へどを吐くような実装をしているんですよね」。リードエンジニアの山本一成氏は笑う。東大将棋部出身の山本氏が開発した将棋AI「Ponanza(ポナンザ)」は、17年に名人に勝利した。

確かに、強い将棋AIの開発には、とてつもないハードウェア・リソースとアルゴリズムの工夫が必要であることをポナンザで言及した山本氏の著書を読んで知った。そのスキルとノウハウは、他の分野での問題解決にも役立ちそうである。

山本氏は、DeepZenGoの開発にも関与されているそうであるが、その開発が終了したことで、その開発グループもまた、何かソリューションビジネスを始めるのだろうか。それとも、アカデミックな世界に還るのだろうか。

ともかく、囲碁や将棋は、AIの威力を世間に見せつける最高のshow caseであったことは間違いない。

ただ、国立情報学研究所教授で東大合格を目指すAI「東ロボくん」の開発で有名な新井紀子氏によれば、自然言語が関与するとAIはかなり限界があって、シンギュラリティなんてありえないという。私は、解ける問題はすさまじく解き、そうでない問題は周囲をくるくる回って核心になかなか至らないのがAIだと思っているが、このあたり、ブレークスルーがあるのかどうか、行く末を眺めたい。

誘導された交際というと、いかにも怪しい表現で、それは何だ、援助交際のことか、と思われそうだが、実は違う。最近あることでふと、induced communicationという英語の単語を思いつき、それをわざと直訳したら、そのような表現になった、という次第である。

induced communicationという言い方を思いついたのは、最近の会社の部門内の施策による。すなわち、今私が所属している部門は、よく言えば各人が独立していてあまり干渉しないのだが、裏を返すと、困っていてもあまり手助けしないともいえる。

60歳近くになってこの会社に転職してきた私は、そういう風土に最初の頃は随分と孤独を感じたが、もともと内向的であまり交際が好きでない私は、今では環境に適応して、ある種の心地よさを感じるまでになった。

それではいかんと管理職が思ったか、最近になって、部門内にプロジェクトを立ち上げ、不干渉のクールな風土を変えることになった。そこで出された施策の一つが、昼休みにランダムに選んだメンバーで昼食に行き、雑談することで交流しましょうというものである。

知らない人と会話することに戸惑いとストレスを感じる私は、そんな、と内心で絶句した。そして私にも順番が回ってきたときに思いついたのが、induced communicationという英語である。

じつは私は、知らない人との付き合いは苦手だが、気の合った仲間との雑談は好きで、そういうところでは異様に饒舌になったりする。だから私は基本的な静寂プラス、気が向いたに雑談というモードが最高だと思っていて、それは英語でいうと、inherent communicationというところか。もともと特許翻訳を何年かやっていたので、訳しにくい英語表現を思いつくのは嫌いではない。ちなみに、inherent communicationというのは例えば、京大数理解析研のようなところを想定しており、そこでは静寂と沈思黙考が基調だが、気が向いたらラウンジのようなところに出向き、数学的アイデアを話し合ったりできる。

それからしばらくして、部門内プロジェクトの感想会のような会合がもたれ、私も参加した。そこで闊達に意見を言ってよいというので、私は挙手して発言した。それは、「私は極度に内向的な性格なんですが、」で始まるものだった。その時点で何人からか失笑された。そもそも、極度に内向的な性格の人がいきなり挙手して発言するわけがない、ふつう。

で、私の発言の内容は、特にユンクに言及しなかったが、人間には外交的と内向的の二種類があり、もしかして人類の半分は内向的なんです(本当か)。それで私も後者なんですが(また、失笑)、このようなプロジェクトは総論では賛成なのですが(本当にそう思っている)、私も含めて、内向的な人はほっといてくれることをベストと思うことが多いのですよ。

そうしゃべって、いくら空気を読まない私でも、これは相当反発を受けるわな、と覚悟したら、誰かが挙手した。えっ、やはり反論されるかと思ったらなんと、私のような意見は大いにありえる、知識ワーカーみたいな各人が独立の部門なのだから、とサポートしてくれて、私のKY感が一気に薄まった。

そのあと、そのことを誰も議論せず、別の話題に移って会議は終わったが、私の意見は見事に無視されて、何事もなかったかのようにプロジェクトは一貫した方針で進んでいる。

私の感想はといえば、I got old enough to think that's still a life.というものであった。これは、induced communicationよりもはるかに訳しやすい。

調査員

user-pic
0

私は、特に資格などないせいか、自分がどういう肩書で呼ばれるかそんなに神経質ではないが、外資系にいたとき、プロ・アドミという言い方をされるのはどうも嫌だった。

なぜなら、プロ・アドミというとき、プロの方がはっきり上ということがあからさまであるところ、プロと呼ばれる人たちが一体どれだけスキルがあるのか、と私は怪訝だった。なぜなら、プロといいつつ、特許の実務はからっきし駄目、で管理職やったら、その基本的な責任感や倫理観もゼロという人もいた。へぇ、それでプロなのか、と嗤うしかなかった。

一方、私は部門の予算権限を握り、私の承認なしには誰も何も買えないのに、アドミとして、なぜかプロよりも二階級も下なのも意味不明だった。もともと特許実務やっていたのに、事務部門の管理職に指名されたからなのだが。

それも今は昔で、転職して派遣みたいな立場で仕事していると、地位は一番低いのだが、とりあえず専門知識とスキルには一目置いてもらえているので、モラールとしては外資系にいたときよりましである。

で、オフィシャルな言い方ではないにしても、私は特許調査員ということになっており、特許分類や調査対象技術の知識に専門性があるので、私は調査員という呼称にプライドをもっていた。そもそもスパイ小説で、調査員というと、緻密で広汎な調査能力を誇り、暗殺者グレイマンの背景さえも調べ尽くしてしまう専門性をもっていたりする。

ところが、あるミーティングで、調査員という言い方は蔑称なのでその言い方は止めるという。だったらなんというのかと様子をみていると、なんと調査担当と呼ぶのだという。

それを聞いて私は愕然とした。調査担当という言い方からは、調査員の専門性の香りがしない。そもそも調査担当って何? 単なる手配師か、と私は文句を言いそうになった。で、せめて、スパイ小説では調査員って恰好いいんですよ、と極めて間接的な抗議をしたが、もちろん通じなかった。

そもそも、~担当という言い方は、外資系の時代に苦い思い出がある。その外資系では管理職を担当と呼ぶ習慣があった。なので、たまたま管理職になった私も、担当と名刺に入っていた。

ところが社外の人と名刺交換すると、担当というのは外部の人はヒラと思うらしく、仕方ないのでこれは課長なんですよ、と説明したのだが、なんかわざとらしくて、次第に嫌になってきた。それからしばらくして名刺に課長だの次長だの入れてもよくなったのだが、それでも担当という言い方には苦い思い出が残っている。

そうやって昔話を思い出していると、調査員でも調査担当でもどうでもよくなったのだった。

能吏性

user-pic
0

特許調査の仕事のため、研究所に質問に行って、オフィスに戻って半日くらいで6ページくらいの資料をまとめた。自分ではよくやったと思うのだが、誰も褒めてくれないので、自分で、おう能吏じゃのう、と広島弁でつぶやいた。

その資料を今度は確認のために、研究者に送ったところ、なんと1時間くらいでレビュー結果が帰ってきて、私の資料が隈なく目を通されて、随所に的確な修正点が示されていた。

私はまた、うーん、これも能吏だと感心して、そのテキパキとしたやりとりを卓球のラリーのように小気味よくおもった。いつもこういうようにやりとりできれば苦労はないのだが、なかなか普通はそうはいかない。

それにしても、能吏というのは要するに優秀な役人のことで、私は今まで市役所であれ、税務署であれ、役人として仕事をしたことがないので、能吏のなんたるかを知らない。なので適当に能吏という言葉を使っただけだが、私が言いたかったのは、相手のためを思って、能率よく仕事を次のステップに進めることを能吏と呼ぼうとしたということである。

もっというと、大物ぶらない、勿体をつけない、変に含みをもたせない、実務知識を駆使する、こんな能吏に私はなりたい、というのが私の意図だが、果たして人生60年以上生きて、どこまで達成できているだろうか。いや、そんな余計なことは考えないで、ひたすら働き蟻のように目の前の仕事をこなすのが能吏なのである。そんな能吏に私はなりたい。

ジタハラ

user-pic
0

私は以前、君はまだ残業しているのかという記事で、無理に残業を減らすことの理不尽さについて述べたが、下記のような毎日新聞の記事をみて、ついそうなるよねと暗澹たる気持ちになった。

自動車販売店長自殺
「時短ハラスメント」拡大の恐れ
「仕事は早く終わらせろ、でも従業員は早く帰せと言われる。どうすればいいんだ」。うつ病で2016年12月に自殺し、労災認定された自動車販売会社の男性店長(当時48歳)は、妻にそうこぼしたという。私を殺したのは会社--という書き置きも残していた。働き方改革の陰で「時短ハラスメント」(ジタハラ)が広がってはいないか。【斎藤文太郎/千葉支局、小国綾子/統合デジタル取材センター】

要するに昨今の風潮で、その男性店長は、社長から「従業員を残業させるのか」と責められ、残業削減の方法を従業員と話し合ったが「無理だ」という意見が多かったという。それはちょっと考えると当たり前で、一般的に、工夫すれば実質的に時間が削減できるという方法がおいそれとあるわけがない。

私がいま勤務している職場は、そんなに忙しくない職場だと思うが、残業を減らせという方針なので、却って休暇が取れない、という話をときどき聞く。要するに仕事の絶対量があるので、残業を減らすと一日に処理できる量に限りがある。それで出勤日を減らせないということで、ちょっと考えたら当たり前である。一体なんのための残業削減なのかと思う。

世間をみていると、宅急便の配達員やスーパーの店員など、以前より忙しそうである。要するに経費削減で従業員の人数を減らされ、一人当たりの仕事量が増えている。それでもきちんと仕事を処理するには、残業削減なんていってられない。すると誰かが追加の仕事を負うしかない。

ただ、ジタハラが問題視されすぎると、なんとなく過剰残業容認のような気風に後戻りするのもまずい。このあたり、やらなければならない仕事があるなら、ワークシェアして特定の人に仕事量が集中してしまわない仕組みを考えなくてはならない。そういうリソースアロケーションは実に難しいが、常にトップが留意しなくてはならないだろう。闇雲に残業削減を強要するのは却って逆効果である。

使えない奴

user-pic
0

私はどうみても天才とか秀才とかに認定してもらえる人間ではなく、それどころか使えない奴と思われる傾向がある。

最初に入った大阪にある会社では、開発部門を希望したのに、特許部門に配属されてしまった。研究開発本部長が私に直にいうには、君は理論的すぎるので、特許部門で勉強してから開発部門に異動した方がいいと思うということであった。

しかし、今は知らないけど当時は特許なんて傍流中の傍流で、不貞腐れていたら、仕事を干されてやることがない日々で、まじで頭がおかしくなりそうだった。そして、私を干した上司の車にガソリンをかけて燃やすことを妄想し始めたので、これはまずいと思って、慌ててその会社を辞め、たまたま大学の先輩から東京の機械メーカーを紹介され、受けたらたまたま受かったので、鳥が飛び立つように大阪から東京に出てきた。つい、♪広島で生まれた男やさかい、わては大阪にはよう住まん♪と歌ったりしたが、そんなもん意味不明である。

ところが、東京にある機械メーカーに転職してからも依然として使えない奴と周囲から思われ続けてきた。例えば昼休みに私はひとりで、ニーチェの「人間的な、あまりに人間的な。」を読んでいたのだが、そういうのも周囲からみたら、こいつは非実際的で、使えないという印象を強めたようである。

それから、その機械メーカーが米国に出荷したプリンタの製品が、特許侵害の疑いで、米国国際貿易委員会(ITC)から訴えられて、税関で差し止めになるという事件があった。そこで高等遊民みたいなことをやっていた私に白羽の矢が立った。すなわち、普段は雲を掴むような訳のわからない奴だが、米国弁護士に鑑定書を依頼する文章を英語で作ってくれないか、ということである。別に私が期待されたわけではなくて、他に誰もやろうとしないので私にお鉢が回ってきただけである。

しかし私は密かに英作文の力を蓄えていたので、エンジニアの担当者にも聞いて、私なりに納得がいく内容で英語で鑑定依頼書を作成した。すると、米国弁護士からは、非侵害を認定する鑑定書が届いたが、私はとうとうその帰結を見届けることはなかった。なぜなら、外資系への転職が決まっていたからである。

そのとき、いつも飲みに行って私のことを馬鹿にしていたベテランエンジニアの人は、いやあ君のような社員が特許部にもっといてほしいよと言ってくれた。

それが自信になって外資系に転職してからもなんとかやってこれたと思う。それにしても、機械メーカーにいたとき、私はある女性を見初めて、結婚を申し込んだのだが、適当にはぐらかされてしまった。あまりにも頼りなく見えるからだろう。ならそれで終わりで仕方ないのに、私が結婚した後、知り合いの結婚式でその女性と再会したら今更のように猛チャージされた。淡白な性格の私はそんな猛チャージを、右から左に受け流した。もうちょっと綾のある指し方もできたよね、と今なら思うが、まああれでよかったのだとも、今更思う。

それにしても私は、サラリーマンとしてなんとか平均的な能力はあるという事実は流石に証明されていると思うのだが、なぜこれほどまでに軽くみられるのだろう。まあ、霊格が高いせいだとおもっておく、多分単なる思い込みだろうけど。

月別 アーカイブ

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち企業カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは事件です。

次のカテゴリは倫理です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。