企業の最近のブログ記事

論よりラン

user-pic
0

私は神経質なまでに慎重な一方で、かなりそそっかしいところがあって、いろいろ失敗が絶えない。

最近も会社で、新年度からのシステムのURLが来たので、ガイドどおりやってみたのだが、どうしてもログインできない。それで、総務の担当者に、システムがおかしいんですけど、とメールをしたら、早速返事が来て、システムの稼働は、次年度からです、という。

それで、ああっ、と思ったのは、最初に来たメールをよく見たら、確かにそう書いてあった。それで、一人で騒いでいるので、周囲の人は、なんといい加減な奴だと私を見た。そういうときは、おとなしくしていればいいのに、下手に騒ぐものだから、自分の粗忽さを周囲にアピールしてしまっている。困ったものである。

私が粗忽さを発揮するのは、仕事とか、コンピューター・システムとか、慣れた分野である。そういうと、ますますいい加減な奴だと思われてしまうのだが、慣れた分野だと、セーフガードというか、テストベッドというか、サンドボックスというか、隔離された環境を作って、そこで粗忽さを発揮する。

すると、そこだけ見た人に誤解をあたえて、私をよく思わない人に悪口のソースを用意してしまう。

しかし、他の人には見えないが、その粗い初期値から、レビューとチェックのループを回して、次第にクオリティを高めていく。例えば、私が書いた特許明細書は、それの例示になると思う。それらはすべて公開になっているので、誰でも見れるが、なんか押し付けがましいので、特に示さない。

本当はいい加減な明細書じゃないか、と思う人には、ええ、まあ、と応えることにする。というのは、私が自負するのは、結果物ではなく、次第に質を高めていくプロセスにあるからである。

そこでは、一旦プロセスが確立されると、ある程度粗い初期集合を用意すれば、オートノミックに、refineというかimproveが進む。例えば、特許検索式では、検索式アセンブラのツールと、審美的とでもいうべき、検索式に対する自分の感性が頼りである。

そのプロセスはあまりにも微妙で、時として恣意的なので、なかなか他人に評価されないのであった。

こうして今日も、論よりランの駒音が響く。

紺屋の白袴

user-pic
0

私は機械メーカーにいるとき、コンピュータと英語を時間をかけて勉強した。なんとか、ステップアップしたかったからである。なので、首尾よく、外資系の大手コンピュータ・メーカーの入社試験に受かったときは、勉強の成果が活かせた、と嬉しかった。

配属は知財部門だったが、何しろ当時、その外資系は、世界に冠たるコンピュータ・メーカーだったので、知財部門にもコンピュータに詳しい人が沢山いるに違いないと期待した。

しかし、その期待は早々に裏切られた。すなわち、私が最初にアサインされた仕事は、英文特許明細書の翻訳だった。日本語の特許明細書にして、優先権を主張して、特許庁に出願する。

その際、翻訳をやっていて、知らない技術用語が沢山出てきて、途方にくれた。それで、周囲の先輩たちに質問してみたら、多少は回答を得たが、どうも歯切れが悪い。新米なんぞに一々教えられるか、というのではなく、本当にあまり知らないのではないか、大丈夫かこの部門、と私は怪訝になってきた。

ところが、部屋の隅にいる、いかにも秀才然とした、もの静かな青年が目についたので、答えてもらえなかった質問を聞いてみると、たちどころに的確に答えてくれて、一気に疑問が解消した。それが、Mさんとの出会いである。

Mさんの机の周囲には、コンピュータの専門書が並んでいて、話してみると、アルゴリズムやプログラミングにも詳しいので、師事することにした。

Mさんと話すと、私があまりにも無知なので、いつも馬鹿にされたが、それでもコンピュータの話をするのは楽しかった。

それから、パソコンが普及してきて、かなり自由に使えるようになると、Mさんは、PROLOGだのCだのの処理系を自費で買って、会社のパソコンに導入して、仕事の合間にプログラミングし始めた。私は、PROLOGはどうも馴染めなかったが、Cは、多少は知っているBASICと似ているので、ボーランドのTurbo Cを買って、Mさんに教わりつつ、やはりプログラミングを始めた。

そこで、Mさんと話して、せっかくなので、プログラミングを業務に活かそうということで、特許の意見書フォーマッタを作成した。テキスト・エディタで書いた原稿を、厳密な特許庁仕様のレイアウトに揃える。

しかし当日は、部門内では、手書き原稿を、印刷会社に発注して、意見書レイアウトに印刷して納品してもらう手続きになっていた。それより前は、部内にワープロ・オペレーターがいたが、そういう人員を抱えておくのは非効率であるとして、ワープロ・オペレーターは、部内の事務業務担当者に転用された。

すると、私やMさんのやっていることは、一種の事務OA化で誉められるべきであるところ、そんなことは非効率なので止めろ、と部門長から指示が出るほどだった。

私とMさんは、唖然とした。かりにも世界に冠たるコンピュータ・メーカー(あくまでも当時のこと)でないのか、と。

おとなしいMさんは、それでも黙っていたが、なにかと反抗的な私は、部門長や上司に食ってかかり、案の定、あいつは問題児だと、干されそうになった。

私は文句言われても、自分のツールを使い続けた。時流が自分に味方してくれると確信していた。しかし、直接の上司は、私の態度が不満で、それで、前に書いた、年末の評価における余計な一言につながったのもあると思う。

それにしても、あまりにも紺屋の白袴というか、その傾向が、今世紀に入っても、あるいは今に至るまで続いているのは、どうしたことか。

すなわち、コンピュータなんて、雑用係がやるもので、やんごとなき身分の人たちは、そんな雑事には手を染めず、雑用係にやらせるのだ、という気風がずっと支配していた。なにしろ、仮名漢字変換ができないので、相手が日本人なのに英語でメールを書いている人が尊敬されていたりした。私はアホらしくて、何も言えなかった。

そんな私は、知的財産協会の電子出願関係の委員会にアサインされたのが救いだった。そこでは、私のコンピュータのスキルもちゃんと配慮され、それなりにOA化が進んでいる状況を知って、安堵した。

それにしても、あまりにもひどすぎる紺屋の白袴状態がなぜ起きて、存続しているのか、今でも疑問なのだった。

少なくとも、今私が勤務している職場では、そのあたり、バランスを保っていて、まあ、普通じゃネ?と若者風に気取ってつぶやいてみるのであった。でも、考えたらそれは時代の趨勢だろう。今では猫も杓子もITとAIだもの。

五年くらい前に、外資系から、今勤務している典型的な日本の会社に転職したのだが、特にメールの作法にどうも未だに馴染めない。

すなわち、相手の呼称は、~様だし、いちいちお疲れ様ですとか、お世話になっています、とか入れるし、最後は、よろしくお願い申し上げます、で終わる。

昔ちょっとかじった、PASCALというプログラミング言語は、BEGINで始まり、ENDで終わるので、PASCALと思って、日々メールを書いている。少なくとも、Cではない。そこいくと、外資系のメールは、カジュアルで、相手が部門長でも呼称は、~さん、でいいし、決まり文句を入れる必要もない。

そのころの私は、研究者にメールを出すとき、「あのう、すいません、今明細書書いているんですが、例の資料、今日中にもらえませんか、よろしく。」でよかった。

メールを出す時間も自由で、自宅に帰って、風呂に入ってちょっとビールを飲むと、だいたい深夜の零時くらいたが、自宅でも当然会社のメールが見れるので、メールをチェックして、返事する。

すると、この時間だと、外国からの英語のメールが沢山来ていて、慣れているので、てきぱき英語で返事していく。

急ぎの場合は、チャットを使う。私は実は、当時なかなかの英語のチャットの使い手で、多分応答の速さは部門一だったと思う。なにしろ、頻度が多い。ついでに、えっ、ニューヨークは大雪だって?大変だね、とか世間話もする。

予算管理の実務担当者のCさんとは、よくチャットで話しあった。私が部門の予算管理責任者だったからである。例えば、審査請求したいけど、予納残高が少ないので、10万ドルくらい送金、お願いできるかな?と聞くと、あらそう?ボブに聞いてみるわ、という具合である。Cさんは女性で、会ったことはないが、気さくで親切だった。私は重要な案件なので、あとでメールでフォローした。

あるとき、Cさんが何かの都合で会社を辞めることになったので、深夜、辞めるんだって?とチャットしたら、万感の思いを話してくれて、チャットは30分にも及んだ。チャットは文字だけなので、電話よりも気持ちが伝わりにくい、という人がいるが、間合いや、使う語彙などで、微妙な感情も込められると思う。むしろ、英会話が得意とはいえない私は、アメリカ人との長時間の電話は辛い。

そんなこんなで、深夜のメールやチャットが、私の憩いのときで、ここで重要な案件を話し合ったりしただけでなく、他愛もない雑談もした。まあ、3割が雑談だったような気がするが、そうしたもんだろう。

ということで、社内メールに関してつい、昔を思い出した次第である。

ハーメチック・キングダム(hermetic kingdom)とは、うまい訳は思い付かないが、秘された王国とでも訳すのだろうか。普段あまり使われない言い方だが、かの北の国がそう呼ばれたりする。

要するに、王政のような絶対君主がいて、内部で何が起きているか、ほとんど報道されないので、分からない。時々、そこを命からがら逃げ出した人が断片的な情報をもたらすだけである。

さて、米国は、トランプが大統領になって、いろいろ問題が喧伝されているが、ハーメチック・キングダムかというと、勿論違う。新聞にも米国内の問題はちゃんと報道されているし、Webを検索すれば、きわどい話題に事欠かない。

ところが、私がいた外資系の部門で、明らかにハーメチック・キングダム化してきていると思われることが、私がいた当時からあったので、差し支えない範囲で記してみる。

まず、私がいた部門は、特許部門なので、法務部門、ライセンス部門、研究開発部門、営業部門、広報部門などと協業して仕事をする。

協業して仕事をするということは、情報のやりとりをする、ということで、仕事の話は、当然ながら、その部門関連のことに限定される。

しかし、放課後、他部門の人と飲みに行ったりも当然するわけで、その際に、お互いの部門の問題点も世間話的に、したりする。私は研究開発部門の人と比較的仲がよかったので、今度の研究所長は、技術が全く分かっていない、などの話を聞き、えっそうなんですか、と驚いたりした。私は私で、自部門の問題点を話した。

当時私は管理職だったので、当然に陰で私のことを批判する人はいただろう。私は完璧から遠い人間なので、仕方ないと思っていた。ただ、私は意識して、部下の不満や苦情にも傾聴した。すると、あなただから言うのだけれども、と随分、耳の痛いことを言う人もいた。それを聴くのははっきり言って辛かったし、私の能力の限界で、改善できないこともあったが、自分に課したことは、耳の痛いことを言った人に決して、評価を下げるなどの懲罰人事は行わないように心掛けた。評価はあくまでも、パフォーマンス・ベースである。批判を封止したら、部門の改善はありえない。

ところが、私が管理職を降りて、相対的に若い人が部門長になると、部門のムードが変わった。全体会議などで、きちんと正論を主張する人を、性格が歪んでいるなどと、ラベル付けした。私はその人がいうことが正しいと思ったのだが、部門長の追従者たちが、そのラベルを強化するので、ラベル付けされた人は一層孤立した。

で、元管理職として、現管理職の人達のやっていることを見ると、あまりにも手抜きの管理なので唖然とした。

すなわち、特許の期限に杜撰な人を放置したり、こんな意見書を書いたら、外部の特許事務所なら一発でクビだよね、ということがあっても、却って優遇されたりした。

そして、会議などで、部門の問題点を指摘した人がスルーされたり、リストラのリストに入れられたりした。

こうして、全体会議で、問題点を指摘する人はいなくなった。一種の恐怖政治である。研究開発部門やライセンス部門からは、知財部門は何をやっているか、全く分からなくなった、と指摘されるようになった。

例えば、ある知財担当者がリストラその他の理由で辞めても、研究開発部下のにも、関連があった外部特許事務所にも、その事実は一切連絡されることはない。

こうして、知財部門は、どんどんハーメチック・キングダム化して、機能性を失っているように、私には思える。

このような記事を今更書いてみたいと最近思ったのは、いま私が所属している会社で、部門全体会議があったとき、えっ、そんなことまで部門を批判していいのか、とどんどん闊達な意見が出てきて、部門長が、逃げないできちんと一々応えていたのに驚いたからである。それでも、この会社はビューロクラシーなのかも、と感じることがあるのに、である。

ということで、OBとして、私が以前いた部門が、闊達さを取り戻してほしいのだが、最早無理なのだろうか。

脂肪の塊

user-pic
0

私は若い頃から必ずしも文学青年ではなかったが、たまたま読んだモーパッサンの「脂肪の塊」という短編を読んだとき、ストーリーが妙にもの哀しくて、印象に残った。

それを読んで二十年くらいたったとき、まさか辛い気持ちで「脂肪の塊」のストーリーを思いだそうとは、想像だにしていなかった。

それは前にも書いたが、私が部門のIT全般の雑用を担っていたということで、ワードパーフェクトというワープロシステムに移行するに当たって、マニュアルを読んでマスターして、部門の皆に説明するように部門長から指示されたときのことである。

私はオペレーティング・システムやプログラミングは好きだが、個別のアプリは好きでも得意でもない。それが証拠に、未だに私のMSオフィスのスキルはかなり限定的である。

なので、私はそれはもっと相応しい人がいる、と比較的パソコンが得意な事務担当の女性の名前を挙げた。

しかし、部門長は、君が一番相応しいと取り合ってくれなかった。それで仕方なく、500ページもあるマニュアルを読み進めていった。私がアサインされた理由がちょっと分かったのは、マニュアルは英文だった。確かに事務の女性だとちょっと難しいかもしれない。

で、部門のみんなの前で、基本機能を説明したら、そうなのか、と感心してくれる人もいれば、難しい質問で、私を困らせる人もいた。ともかく、その後も私が現場サポートして、なんとかワードパーフェクトは、テイクオフした。

それで、部門長から、では、大和にある知財の駐在部門に行って説明してほしいと依頼され、しぶしぶ行って説明していたら、そこにいた元上司から、いつまでもこんな下らないことをやっているんじゃない、という。それを聞いて、我慢強い私も流石にぶちきれて、頼まれたからしぶしぶやってきて説明してあげた私にいうことですか、と言い返したら、流石にに反論はなかった。

私は後で悔しくて涙がでてきて、つい「脂肪の塊」のストーリーを思い出した次第である。

その元上司が馬鹿だなあ、と思ったのは、彼は、彼の一部のミッションにおいて、私のプログラミングのサポートに本質的に依存していたのである。

私はもちろん、その発言に応答して、完全にサポートから手を引いた。その後、どんなに懇願されようとも決して受けなかった。しばらくして、彼が退職したのは、単なる偶然だろう。

が、その元上司よりも私はさらに馬鹿だった。というのは、そんなことがあっても、私はITサポートから手を引かなかった。それは、コンピュータが好きで、ITサポート抜きの会社生活がどうしても考えられなかった、ということともう一つ、私のプログラミングの師匠であるMさんのことがあったからである。

以前に私と一緒にITサポートをやっていたMさんは、ある日突然に、ITサポートから手を引いた。それはもしかして、誰か管理職から、君は幹部候補だから、ITのような雑用をやっていてはいけない、と注意されたのかもしれない。まあともかく、私はMさんの分もカバーするようにITサポートをやっていたらなんと、Mさんが突然入院するのだという。それからしばらくして、Mさんの病気は相当厳しい状態だと聞いた。Mさんが亡くなったのはそれから1ヶ月後だった。

そのことから、私は極めて非合理的に、一旦始めたITサポートは、止めたらいけないのだ、と自分に銘じた。

しかし、IT雑用屋の私には、その後も何度も試練が訪れた。その最大のものは、昇進の差別であった。すなわち、病気休職のような人までが昇進の対象になったのに、予算管理の全権を握って日々腐心していた私が、対象からはずされ、比較的に低い地位に留まった。そのときは流石に、顔面蒼白になった。辞めなかったのは、弁理士でもない私に、再就職の目処が立たなかったからである。そもそも、ITサポート屋では、潰しが利くわけがない。ギター侍の、残念!なのだった。

こうして私は、何度も「脂肪の塊」のストーリーを辿るのだった。

将棋と仕事はあまり関係ないようだがそれでも私は将棋的な思考というか、枠組みを仕事のやり方に採り入れてきた。普通は、そのときどう将棋的なやり方が反映されているか、傍らから見ていて分かりにくいのだが、かなり分かりやすい例として、短時間モードがある。

すなわち、例えば特許実務でも特許調査でもいいのだが、比較的短い期限の仕事が舞い込む、ということがある。そういう場合、仕事が速いと言われている私に大抵仕事が打診された。他の人は手持ち件数が多いからと断ったりしていたが、私は状況にかかわらず、あまり断ったことがない。将棋の乗りで、持ち時間が少なくても、それなりのクオリティを発揮しなくてはならない、と思っていたからである。より具体的にいうと、将棋の場合、持ち時間が5時間の将棋もあるし、持ち時間が10分で、あと一手30秒以内の将棋もある。どうしても後者の場合、前者より手のクオリティは下がるが、そういう言い訳しないでなるべくそれほど遜色のない手を指したいというのが、アマチュア将棋指しの矜持である。

私は特許の中間処理の場合、特に短時間モードだと、対応する米国特許のクレームを基準にした。そうやって一旦クレームが決まると、それを引用例の技術と比較する段階に進む。それで、進歩性が主張できそうなら、差違を記述した意見書を書いた。そうでないなら、一つ下位の従属項に着目し、それで特許になりそうなら、それを限定補正したクレームを用意し、米国担当者にそれでよいか通知した。大抵、米国担当者は同意してくれるので、一件の中間処理の完了となった。

そうやって要領よく仕事を処理していると、私が部内で圧倒的多数の処理件数となり、年末の評価でAがもらえたりした。しかし、そのときの上司は、評価を伝える際に、部門全体で決めたので、君にAの評価を与えるが、個人的に君の仕事のクオリティはCだと思っている、と最高に嫌なことを言った。どうも、要領がいい、イコール、流して仕事をしているので、クオリティが低いと判断したらしい。ところが、後に私が観察したところだと、外部の特許事務所の弁理士は、ある程度ルーチン化して中間処理をこなしているようで、社内の認識がおかしいのでは、と思った。

ともかく、どうも、その評判が部内に流布されたらしく、私は、彼は仕事は速いが、中味はいい加減だと、多くの人に思われるようになり、残念だった。

実は私は、重要度が中程度以下の案件には合理的に処理する一方、重要な案件には本当に時間をかけた。他人が処理した、審判係属中の案件を途中から引き継いだのだが、なにしろ記載不備が多く、審判官からの拒絶理由通知は長大で、明細書そのものよりも長かった。それをみて、私は困り果てて、明細書を精読してメモをとる日が2週間以上続いた。それで、勝負手で新規事項ぎりぎりの補正を案出し、それが出願時の明細書の範囲内であるという主張の長い意見書を書いた。

それで、無理筋と知りつつ、意見書と手続補正書を特許庁に提出したら、勝負手が功を奏して、ラッキーで認容審決を得た。重要特許だったので、これはファインプレーだと思った。私にもこういう熟慮精細モードがあるのだと周囲に主張したのだが、いい加減な奴だという私の評判は改善されなかった。

その後、管理職になったので、実務から離れたが、面倒見がいい私は、若手の後輩たちに特許実務の指導もした。後輩たちは、私がいい加減な奴だという偏見はなかったので、素直に私のいうことを聞いてくれた。私の指導がよかったというより、後輩たちが優秀だったからだろうが、ともかく私が指導した後輩たちは皆、一人前に成長した。これは、私がそんなにいい加減でないという、一つの例証にならないだろうか。

管理職を降りて、長いブランクを経て実務屋に戻った私は、いまこそいい加減の評判を払拭するとともに、ある特許明細書のスタイルを確立しようと決意した。それは、研究者からみても技術的に筋が通った、特許臭のない、論文ライクな明細書を書くことである。

そのために必死で勉強した。明細書を書いた六年間で買った技術書の購入に掛けた費用は、50万円を超えた。

その結果、私が書いた明細書は、部内と発明者の両方から高い評価を得た。後輩たちにも私のスタイルを真似して欲しかったが、これはあまりにも私のスタイルで、流石に踏襲はしてもらえなかった。しかし、後輩に対する刺激になったのは確かで、彼らは彼らなりに、よき明細書のスタイルを確立しようと努力しているのを感じた。

そんなある日、嘗て私に厳しく当たった、例の元上司が、何かの挨拶で会社にやってきた。ところが、私を見るなり、元上司は、相変わらず、いい加減な仕事をやっているのか、という。単なる冗談と受け流すところ、過去の経緯がある私は、ムッときて、あまりまともに応対もしなかった。私が最近書いた明細書を見て下さいよ、と言おうと思ったが、どうせ見てくれるわけないので、言わなかった。

こういうことを思い出して書くというのも、なんとも私はこなれていないなあ、と苦笑するが、まあ要するに、仕事で、短時間モードだけでなく、長考の精細モードもあるんだ、と言いたいだけなのだった。

仕事で漸近的プロセスという言葉が浮かんだ。たまたま読んでいた特許公報が、機械学習処理に関するものだったからである。

すなわち、目的関数に、係数ベクトルの初期値を与え、ニュートン・ラフソン法などで目的関数がより小さくなるように係数ベクトルを計算し、それを目的関数に代入して、再びニュートン・ラフソン法を適用する、というループを回す。そして、目的関数の絶対値が、ある閾値の範囲でゼロに近づいたら、そこで最適化を完了させる。

そこまで特許公報の記載を辿ったとき、昔、ある弁理士に、特許出願を依頼したときのことを思い出した。しかし、流石に仕事中なので、追憶に浸るわけにはいかず、帰りの電車で、そのことをブログに書くことにした。

その弁理士は、事務員を一人だけ雇って特許事務所を経営していた。普通は、そういうところには仕事は出さないのだが、昔からの知り合いであり、スキルを評価していたので、ポツポツと特許出願を依頼していた。

ところが、あるとき、期限を過ぎてもドラフトの納品がないので、管理担当である私は、どういうことか、と本人を会社に呼びつけた。すると、本人は恐縮して、消え入りそうだった。

それでも私が理由を聞くと、なんでも、別のクライアントから仕事がきて、そのクライアントには昔からの知り合いがいたので、二人で相談して、完璧な明細書とは何かを話し合い、いよいよその完璧な明細書の作成に着手したところ、どうしても思うものが書けなくて、ついに暗礁に乗り上げたそうである。それから、私が勤務していた会社の明細書も全く手が付かなくなり、暗然たる日々を送っている、という。

私はなんでそれをもっと早く言わないのか、と流石に堪忍袋の尾が切れて、その特許事務所は縁切りした。

しかし、私は私で、部門の人達から、そうなるまで放置しているのは管理が杜撰だと散々非難された。まあ確かに私は何かにつけて甘いところがある。

で、話はその完璧な明細書の話であるが、機械学習の特許明細書を読んで思い付いたのは、完璧な明細書なんてないが、完璧なプロセスはあるだろう、ということである。その完璧なプロセスとは、ニュートン・ラフソン法のループを回すような漸近的プロセスである。もっと早くそのことを思いついていれば、弁理士を呼びつけたときに、そう説明できたのに、残念である。

ただ、私はかなり前からその漸近的プロセスは、仕事に活用している。すなわち、漸近的プロセスを回すためにはまず、初期値集合が必要である。

初期値集合は、完璧である必要はないが、準完璧レベルは満たしていなくてはならない。そうしないと、あっという間に低い局所最適に陥るおそれがある。

そのため、私が明細書を書くときは、文献を読んだり、発明者にいくつか質問したりして、最低3日かけて、準完璧な初期集合を用意した。

そうして、一旦初期集合が用意できると、後は、見直し・レビューを受けての書き直しにより、次第に内容をブラシュアップできる。

要するに、この漸近的ステップが完璧に至る唯一の径であって、最初から完璧な明細書を目指すなんて、迷妄も甚だしい。カール・ポパーのいうところの、漸進的社会工学である。

すなわち、理想の特許明細書や理想の社会というとき、その理想性は、それを生成し維持するための過程というか手続きに依存しており、それは必然的に漸近的となる、という当たり前の話なのだった。

場の占拠

user-pic
0

今から20年以上前、私が知的財産協会の委員会に出席していた頃の話である。

私が所属していたのはペーパーレス委員会といって、要するに特許庁の電子出願ソフトを検討するミッションだったのだが、外資系という外様であり、まだ若僧だったのに、私は他のメンバーから一目置かれていた。それは、電子出願の業務アプリを作成するために、特許庁電子出願の無味乾燥で分厚い仕様書を読み込んだ経験があったからである。

その流れで、電子出願ソフトの次世代の仕様の検討は、私が中心的役割りを担った。

さて、知的財産協会の委員会は、大抵はメンバー企業の保養所だったりしたが、地方に出掛けて、そこで昼間は会議をして、午後は観光したりして、夜は宴会と決まっていた。なんのことはない、物見遊山である。

そして、宴会の後はカラオケが定番だったが、実はそれを一番楽しみにしている人もいた。私もそうである。

で、ちょっと意外だったのは、私が歌うと妙に受けるのである。メンバーには大学時代、コーラス部だった、という人もいて、私より上手い人はいくらでもいた。また、私の容姿はイケメンから遠くて、極めて地味である。容姿だけならグレイマンである。

ところが私は、自分でも意識したことはないが、妙に華があるらしい。それで、私が歌うとなぜか、場の雰囲気を席巻してしまうのである。

それで私は身分不相応な人気を得て、委員会の実績もあったので、委員会の重鎮のようになった。そんなとき、委員長が会社の仕事の都合で降りることになり、当然のように私は委員長を打診、というより切望されたが、たまたま管理職として、韓国の部門をサポートする役割が増え、それはかなり重いと想定されるので、それを理由に委員会そのものから、降りた。

その後も何度も会社に電話が掛かってきて、委員長を打診されたが、その都度、固辞した。委員会のメンバーには分かっていなかったかもしれないが、私は人の上に立ってリードするのが得意ではない。カラオケで華がある、ということと、リーダーシップとは何の関係もない。

では、なぜ会社で管理職を続けていたかというと、なかなか私に代わる人が育たなかった。部下に教育しようとしてもみんな大変だからと、逃げてしまう。私の本音は、誰か代わりに管理職になってくれる人がいたら、直ぐにでも特許の実務屋に戻ることだった。

話を戻すと、管理職時代は、よく海外出勤に行った。社内でも、次世代特許管理システムの仕様検討のタスクフォースにいたからである。その関係で、みんなの前で英語でプレゼンする機会が何度もあった。管理職になったばかりの頃は本当にひどい英会話スキルだったが、場数を踏むと、よほど込み入った身の上話のようなものでなければ、あまり不自由しなくなった。

それでプレゼンをアサインされると、一生懸命、ジョークのネタを何個か事前に考えた。また、即興でも、ジョークを織り込んだ。例えば、会議のある日は出席者が女性ばかりで、次の日にたった一人男性が一人出席したとき、私のプレゼンとなり、私は、ああ、ほっとしましたよ、昨日は女性ばかりでうんざりしていたら、やっと男性が来てくれました。私は日本で、いつも女性の部下に手を焼いているのですから、といったら、大層受けた。日本にいるときほどではないにしても、あのときも、場の雰囲気を占拠でき、私はプレゼンが面白いと評判を得た。

それはいいとしても、私がいる部門の本社ヘッドクオーターで組織の潮目が変わり、私は必要以上に冷遇された。邪推だが、人望のない部門トップの人が私の人気を妬ましく思ったというのもあると思う。というのは、私のように軽佻浮薄ではない、真に人望があって優秀なパテント・アトーニーが、やはりトップに嫌われて結局、辞めたと聞いたからである。おそらく嫌われるのは、そのトップの問題ぶりを見抜いて、それが相手に伝わるというのもあるのだろう、私もそうだった。私の盟友のMさんもトップの人が嫌いだった。

まあ、なんにしても、これも人生である。私としては、時として場の雰囲気を占拠するこの性格は、それでも気にいっている。良くも悪くも、父から受け継いだ性格なのだから。

以前に外資系に勤めていたとき、予算管理だけでなく、総務的なこと、IT的にことなど総括して管理だけでなく実務レベルまで担当していたので、多忙を極めた。

その中でも、セキュリティについては、物理的セキュリティだけでなく、ITセキュリティもカバーしていた。物理的セキュリティについては、そこまで要求されては部門の機能が麻痺すると強く懸念することがあって、事業所のセキュリティ責任者に、膝詰め談判した。私はどうみても交渉下手であるが、追い込まれると、動物の親が危機に瀕したとき、身を挺して敵から子供を護るように、必死の行動をとる。で、その私の必死の行動は、ぎりぎりオペレーションを維持できるレベルまで、セキュリティの妥協を引き出した。

ITセキュリティは、技術的にもなかなか対応が困難であったが、もともとIT技術は一応のスキルはあるので、自分なりに必死で勉強して、なんとか対応した。苦労したのは、技術的というよりもむしろ、言うことを聞かない、あるいは私がいくら説明しても、その言っている意味を理解しようともしていない部員たちで、つい甘く見られる私はいつも苦労していた。

さて、その当時、セキュリティなくしてビジネスなし、みたいな社内標語があったが、過度にというか無駄に厳密なシステムのセキュリティ仕様についうんざりして、内心でビジネスなくしてセキュリティなしだろ、と揶揄していた。それは私が、極端なまでに仕事の効率を追求する傾向があるからである。なので、セキュリティ的になんの意味もないのに、仕事のパフォーマンスを低下させる仕組みを嫌悪した。

それから、外資系を辞めて別の会社に転職した私は、別のITセキュリティ強化策に遭遇した。それは、ある人為的なセキュリティ事件に端を発するものだったが、私からみるところ、採られたシステム方策は、人為的なセキュリティ問題にフォーカスするよりもむしろ、そこからフォーカスを外れたものに思われた。それは要約すると、全社ITシステムをネットワークで統合し、ローカル環境のシステムを最小限にし、すべてのシステムを仮想デスクトップまたはシンクライアント化するものだった。

しかし、私のIT的常識では、それはいくつかの問題があった。すなわち、仮想デスクトップまたはシンクライアントはいちいち中央サーバとの通信を要するので、ネットワークの通信量が許容範囲を超える惧れがあった。また、その通信の問題で、シンクライアント上で、特定のアプリケーションの動作が許容できないくらい遅くなることがあった。

それは、10%くらいはパフォーマンスが低下すると見積もっても、言い過ぎでないと思った。なぜなら、例えばエクセルの動作が遅すぎるので、ある程度の大きさのエクセル・ファイルを操作するのを躊躇う人が少なくなかったからである。

もし10%くらいはパフォーマンスが低下するとなると、それは結構大変である。なぜなら、以前と同じパフォーマンスを出すためには、1.1倍の人員が必要だったりするからである。

それはまさに、ビジネスなくしてセキュリティなしに悖るのではないか。その他、過剰とも思える余分なセキュリティ強化策が採られる一方で、全社サーバが多重化されておらず、もしこれがDDoSのターゲットになると極めて問題だと思った。

そこで私は、部門の責任者に交渉して可能な範囲でローカルの環境と仮想デスクトップの環境を二重化した。それでなんとかパフォーマンスを維持しているが、これがいよいよ許されなくなったら、いよいよ会社を辞めるときかなと思っている。そもそも、年齢により、私の第二の定年はそう遠くないのだった。

権謀術数

user-pic
0

昔から、人間関係がナイーブすぎるというか、権謀術数の類いが苦手でいけない。

それでよく、伏魔殿のような外資系をうまく乗り切れたものだと今さら思うが、もう一人の自分がすかさず言う、なに?うまく乗り切れただって?冗談じゃない、面倒な仕事ばかり押し付けられ、いちゃもんつけられて、いつも非難され、あいつだけは絶対許せないと思ってる奴がいまでも何人かいるだろう、それがどうしてうまくいったことになるんだ、と。

で、まあそうだが、今のところこの歳で健康状態は悪くないし、決して豊かではないが、まあ生活も窮乏していないし、こんなもんだと自己弁護したりする。

で、自分がなぜ権謀術数が得意でないかと自問すると、それは明らかに、かなり極度の僻地の孤島でうまれ育ったことにある。アガサ・クリスティの小説にでてくるミス・マープルが指摘するように、田舎というところはプライバシーがあからさまで、人間の勉強にはなかなかいいのだが、孤島では、何かの災厄が迫ってくることはまずなく、この点でも安心して暮らせた。

家庭的には貧乏で、父と母はあまりうまくいっていたとはいえないが、私には母方の祖母の家という、ほぼ絶対のシェルターがあり、そこで安心して暮らせた。

こうして私は、多少の虐めは受けたものの、あまり人間関係の軋轢なく、権謀術数を学ぶことなく、大人になってしまった。

こういう状態でサラリーマンになってしまったものだから、どうみても不合理と思うことがあったら、素朴に指摘することしか思いつかず、上司の反感を買い、仕事を干されて、ノイローゼになりそうなくらい嫌になったりした。

なのに、嘘でもいいから形だけでも謝って、なんとか折り合いをつけようとする発想が全くない。将棋は弱いくせに、このあたり、将棋部員だった悪弊がでている。実際、将棋部の先輩や同僚から、私が及びもつかないような武勇伝、デンデンデデデンを聞いたことがある。

あと、これもまずいな、と今更思うのは、周囲の妬みの感情に無頓着であることである。すなわち、私は田舎者で誇れるものが何もないので、考えて、本好きな特質を活かして、ニッチを狙って、周囲の人があまり知らないことにフォーカスして勉強した。すると、ある部分分野で私が一番詳しいということが起きたりする。すると、もともとエリート街道を歩んできた人材なら普通に認めてもらえるところ、あんな田舎者が目立つとは許さん、と容赦なく虐められたりした。

それに対して、いくらでも妥協する手はあるのに、また本質的には弱気で内気な人間なのに?ここで日和っては気合いが悪いと、また余計なことを言って、周囲の反発を煽り、反応を楽しんでいた。

省みるに、私も一応の物欲も嫉妬心もあるが、多分世間の平均より少し低い。例えば私は、好きな女性が他の男と楽しそうに付き合っていても、流石に楽しくはないが、まあ仕方ないとあっさり諦める。要するに私は、脳科学でいうところのオキシトシンが少ないのだろう。

それでまずいと思ったのは、人材不足と、何かの巡り合わせで、私が管理職に任命されてしまったことである。それは昇進なので、うれしいはずなのであるが、私はそれがあまりにショックで、当時自転車通勤だったのだが、呆然としていて、バイオとの接触事故をおこしたほどだった。

部門の親しい先輩が憂慮したのは、私は直球は投げれても、変化球が投げれないことである。しかも、直球も、大した球威があるわけではない。

すると案の定、私は打たれまくった。プロ野球でいえば、リーグ最下位で低迷する監督で、早く更迭してほしかったが、降りることさえ許されなかった。

それでも、最下位の監督を何年もやっていて、他部門とも交渉していると、多少は権謀術数も身に付き、また私は、相手の要望を読み取り、的確にそれに応える能力があることが分かった。これは、損得抜きで周囲をサポートしてきた母の気質の遺伝だろう。

こうして他社との特許譲渡交渉にも本質的貢献ができて、かなり得意絶頂だったが、またしても周囲の妬みに鈍感という欠点により、露骨にちゃぶ台返しを食らい、撃沈された。

これでは権謀術数の初歩も分かっていなかった、というか、あれほど無能で倫理観の欠如した管理職がいるなんて、のどかな孤島出身の私には全く想定外だった。

なんにしても、人生は勉強のようである。

月別 アーカイブ

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち企業カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは事件です。

次のカテゴリは倫理です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。