企業の最近のブログ記事

私は、多倍長計算ライブラリなどから推察していただけるように、コンピュータ・プログラミングが好きで、自宅でも暇つぶしになにかプログラムを書いているくらいなので、学習塾のちらしで、プログラミング教育を謳っているのについ着目した。

しかし、ちらしに「プログラミングは必須のスキル!」と題して、「(前略)すでにアメリカでは、プログラミングスキルがないと、大学を出ていないとみなされています。」と書かれているのをみて、それは言い過ぎだろうと私は急に不機嫌になった。

というのは、外資系のとき私を虐めた上司は、天下のMIT卒で、なにやらコンピュータのスキルを自慢げにいうので、ならプログラミング談義ができそうだと、話題を振ってみたら、どうも歯切れが悪い。そのあたりの空気を読むのが苦手な私がついプログラミングの話を続けていたら、彼はすっかり不機嫌で黙ってしまった。それからずっと陰に陽に虐められるようになったのだから、私のKYは罪が重い。

ただ理系の権化のようなMIT卒の人がプログラミングが得意ではないのだから、「すでにアメリカでは、プログラミングスキルがないと、大学を出ていないとみなされています。」は違うと思う。

その上司のために弁護すると、彼はプログラミングスキルを除けば、コンピュータのアプリケーション全般に私より詳しかったし、特許弁護士として特許実務もできた。まあ全般的に優秀だったといってよい。なので、私がプログラミングの話題さえ振らなければ、いろいろな意味で私は平穏だったし、彼のプライドも傷つくことはなかった。

何がいいたいかというと、プログラミングは、誰でも普通に習えば上達するという技芸でないし、子供のときから習わないと上達しないものでもない。多分、囲碁や将棋よりも年齢依存性は低い。だから、プログラミングに活き活きした楽しみを感じる子供だけ習えばよいのである。そういう子供はほぼ確実にプログラミングの才能がある。今の私のスキルなんぞあっという間に追い抜く、将棋がそうであるように。

これは多分英語についてもいえる。英語で、帰国子女とかでネイティブ並みの発音だと羨ましがられる人がいるかもしれないが、要するに重要なのは話す内容なのであって、内容を充実させるためには、母国語での思考力が必須である。すると下手に英語をやるより、子供のときはみっちり日本語や漢字などを勉強した方がよい、ということになる。

プログラミングも同様で、きちんと意味があるプログラミングができるようになるためには、プログラミングの才能がある子供でも、いつかは数学的論理思考力が必須になる。大学のときプログラミングの授業で、悲惨なまでにできなかった私が、急にプログラミングに目覚めたのは、ブルバキの数学原論でみっちり集合論と代数学を勉強した結果だった。

ただ、折角ブルバキの数学原論を読んだのに、目覚めたのはプログラミングであり、数学ではなかった。すると要するに数学の才能はなかった、ということなのであり、結局そこに行きつくのである。

なのでときどき私はこう言って自分を励ましたい。いやあ、君は瀬戸内海の孤島から東京に出てきて、たいしたバックグラウンドもなく今までよく頑張ったね、その田舎者らしい泥臭い努力は買うよ。まあ、君に足りないものは才能だけだけどね。

下知

user-pic
0

井伊直虎に書いたように、私は今年のNHKの大河ドラマの熱心なファンなのだが、ウェブで調べてみると、今年のNHKの大河ドラマの視聴率は必ずしも高くないようである。

へぇ、必ずしも時代劇のファンでもない私がこれだけ熱心に観ているのにと思うのだが、ストーリーが暗すぎるとか、主役の柴崎コウが明るくないなど、いろいろ意見があるようである。私は必ずしも柴崎コウのファンではないが、今回の直虎役はとても似合っていると思う。

ただ、自分の心理を冷静に判断してみて、自分が特に井伊直虎に入れ込んでいる理由が次第に分ってきた。それはどうも、井伊の家臣である小野政直と、その息子の政次の存在にあるようである。

すなわち、小野家は、井伊の家臣とはいえ、今川方の代理人のような立場を維持し、折角井伊直盛が施策を進めようとしても、それに反するような下知、すなわち命令を今川義元から取り付けて、書面の形で差し出すので、井伊直盛でさえ、小野には反抗できない。

直盛は比較的温厚な性格であるが、その祖母の直宗とか、家臣の新野や中野など、血の気の多い者たちは、小野を叩き斬らんばかりにいきり立っている。しかし、斬りたくても斬れないのは、本当に小野を斬ってしまうと、今川の逆鱗に触れて、井伊が取り潰しに遭ってしまうからである。

そして私が井伊直虎の大河ドラマに入れ込むのは、私が外資系にいたとき、井伊直盛のような立場にあったからである。すると、えっ、お前は部門長だったのかと言われそうである。しかし私はいかなる意味でも部門長ではなく、部内にはある理由で部門長はおらず、法務部長が部門長を兼任していた。

それでも、当時私が予算権限をもち、予算の許す範囲で私が支払の承認を下すことができたので、私が井伊直盛だった、といってもそんなに的外れではないと思う。

そして問題は、小野政直のような存在の者が部門にいたのである。あの大河ドラマでは形式的には小野政直は直盛の家臣だったが、私の場合、小野政直は家臣でなく単なる同僚管理職だった。それだけならいいのだが、部門の小野政直は、米国本社の上位部門のトップと属人的関係をもち、私を含む同僚管理職の意向を全く無視して、まさに米国本社から下知を取り付け、われわれにそれを突きつけるので、私を含む同僚管理職はひどく当惑した。

しかも、その取りつける下知の内容が、小野政直にだけ都合がよくて、まったく部門のためにならないものだったので、私は腸が煮えくり返るようだった。しかし、あくまでも本社からの下知なので、公には文句がいえない。

そういうことがあまりにも目に余るので、私は米国本社に出張に行くついでに、意見を具申することを決意し、上位管理職との面談の同意を得た。しかし、それは、井伊直盛または井伊直満が、駿府の今川義元に、その意向に掉さすような内容の申し開きに行くに等しいことで、戦国時代なら、惨殺されてもおかしくないところだったが、流石に平和な世の中、私は平穏里に日本に帰国した。

しかし申し開きは寧ろ私にとって不利になり、その後人事的に一層冷遇されるばかりだった。剰え、あの大河ドラマとは違い、小野政直があっさり井伊の地頭職というか領主になり、下知の乱発は一層目に余るようになった。

すなわち、大河ドラマとは違い、私には竜宮小僧のように助けてくれる人も、徳川家康のように側面から攻めてくれる人もなく、今川義元は桶狭間で討たれることもなく他領地に鞍替えとなり、あとを引き継いだ今川の新領主も今川義元の方針を踏襲したので、いよいよ元領主の直盛の立場はなくなった。まあ、直盛たる私も、桶狭間で討たれなかっただけでもましか。

それにしても、小野が取りつける下知で次第に窮地に立たされる井伊家のことは、我がことのように身に染みて辛いのだった。

鉄人モード

user-pic
0

私は、元広島カープの衣笠祥雄氏を尊敬している。その野球の実績も然ることながら、その連続試合出場日本記録に真に敬意を表している。

なので、鉄人と呼ばれる衣笠氏に一歩でも近づこうと私が努力したことがあって、それは、なるべく病気でブレークダウンしないで、出勤することである。それには気力の充実が必須であるが、1995年1月に管理職に就いた私は、責任感を感じて、気合いを入れて勤務することで、2006年4月の末をもって管理職を降りるまで、風邪さえひかず、ほぼ毎日朝九時から、ほぼ夜11時まで働いた。

その間、休暇もほとんど取らなかったが、少なくとも部下にもそうすることは強いないようにした。なぜなら、特に管理職手当はないので俸給的に優遇されているわけではないにしても、特に私が勤務していた会社は、管理職の権限が大きく、課長レベルでも小さい会社の部長並みの権限があったからである。しかも私は、部門長代行として実質的に予算権限を握っていた。なので、人一倍働くのは当然だと思っていた。そういう気風が、後輩管理職たちに全く伝わらなかったのは、私の不徳の致すところである。

そうやって、病気でブレークダウンすることなく働き続けることを鉄人モードと呼ぶことにすると、管理職を降りた後も鉄人モードを2009年の3月まで続けたが、それが破れたのは、鹿島さんで述べた、難解な発明の特許明細書を書いたときである。そのときは、発明を理解するのに力尽きて、病に伏して会社を休んでしまったのだった。いつかは途切れるとは思っていたが、ついにその日が来たか、と嘆息した。

そこからまた鉄人モードを続けようとしたら、翌年また病に倒れてしまった。そのときは、ある古参の同僚社員が退職するので、別の古参同僚社員と話して、三人だけで送別会を催そうと相談した。実はあまり気が進まなかったのだが、流石に欠席するというのは私の律義さではありえない。

ところが、前日尿道炎で熱が出て、酒を飲むどころではなくなったので、会社を休み、結果的に送別会も欠席した。それで、すいませんが体調不調で送別会は出れませんと連絡したら、私が出席したくないので仮病を使ったと誤解したようで、私は長らく恨まれていた。ちょっとくらいの風邪なら出席するが、熱が39度もある尿道炎ならどうしようもない。しかし、言い訳しても仕方ないので恨まれるままにしておいた。

そこからまた鉄人モードを再開して、再就職した後も、なんとかつい最近まで7年間鉄人モードを続けたのだが、先日、出勤するため三鷹駅の改札を出たとき、どうも体調がおかしい。頭がふらふらして、歩くのさえやっとである。そういえば、クモ膜下出血の初期症状がそうだったか、いよいよ自分も寿命がここで尽きるのか、とふと思ったが、最近生きることに疲れている面もなくはないので、まあそうだったとしても仕方ないな、と意外にあまり深刻ではなかった。

そしてそもかく、オフィスに着くと、急に便意を催して、何度も下痢した。下痢だけでなく吐き気もして、朝食のほとんどを吐いた。そして、自席でウェブ検索して、クモ膜下出血で下痢や吐き気という症状はないので、流石にクモ膜下出血ではないだろうと安堵した。

安堵したのはいいが、依然として気分が悪くて、仕事どころではない。それから何度も下痢や嘔吐を繰り返し、これはノロウィルスかと別の懸念が出てきた。で、いまからノロウィルスの症状が出てくるなら、ともかく上司に申し出て休暇にして早く帰宅しなくては、と思うのだが、勤務先が自宅から比較的遠方なので、帰宅する体力もない。それで仕方なく席にいたら、仕事の問い合わせメールがきて、気分の悪さを我慢して必死で応答していると、仕事は案外体のクスリなのか、少し気分が戻ってきた。さらにメールがきて、そのリクエストにも応えていると、昼休み休憩になり、ここでしばし長考して、この日はなんとか歯を食いしばって定時まで勤務し、次の日を休暇に充てるのがベストと判断した。

そうやって夕方になると、かなり体力が回復していたので、これはノロウィルスではなく単なる食あたりだったかな、と少し楽観してきた。

そして帰りの電車の中で、別に生ものなど怪しいものは食べていないのになぜ食あたりになったのかと考えてみると、それはかなり疲れていたせいのようである。

さらに考えてみると、疲れている原因は、2月に入って結構日常業務がハードだったのに、休日に、多倍長計算ライブラリのような多倍長処理アルゴリズムをずっと考えていたからのようなのだった。寝ても覚めても考えていたので、最近では夜寝ていても、何度も計算アルゴリズムでうなされたりした。

実は、頭脳のコストとしては、難解な発明の特許明細書を書いたときと比べて、そんなに大きくないので大したことはないだろうと高をくくっていた。しかし、当時よりも遠距離通勤になったことと、歳をとったことで体力が落ち、昔なら平気だったことも、少しずつ体に障るようになってきた。

今回久々に鉄人モードが崩れたことは、そのあたりのリソース配分を考え直しなさいという警告と理解することにした。だからといって、多倍長計算アルゴリズムなどに頭脳リソースを投資することは止めるわけにはいかない。私の人生の無体財産だからである。一方で私は、無事これ名馬という言葉も好きである。これは鉄人モードにつながる。ようはバランスなのだった。

私が勤務している職場では最近、ディスプレイを会社に買ってもらうのがはやっている。すなわち、仕事の能率を上げるため、もう一台のディスプレイを買って接続するか、大画面のディスプレイと交換するのだという。

そんな様子を私は横目でみて、何やってんの、と距離を置いていたら、先日上司がやってきて、ディスプレイがもう一台ほしくないかと私に聞くので、もう一台のディスプレイでどうやって仕事の能率上げるんですか、とつい聞き返してしまった。

するとそんな言い方をされるとは思っていなかったようで、ちょっと戸惑いながら、いや、一方のディスプレイにエクセルを表示し、もう一方にワードを表示して、見比べながら仕事をするんだという。

で、私も愛想がないなあと自分でも思うのだが、自分はツールで処理するので、ディスプレイは最低レベルのがあればいいんです、と言ってしまった。こうやってまた私はみんなに敬遠されるのだろう。

でも私はテキスティエなのであって、その矜持にかけて、仕事の能率をディスプレイに委ねるわけにはいかない。

なぜなら、すべての仕事の文章はまずテキスト・エディタで書き下す。あとは、PerlでもC++でも、なんでもいいのだが、エクセルに貼り付けるならcsvかtsvに変換し、ワードに貼り付けるならHTMLに変換する。

こういうやり方だと、テキストファイルをPerlなどで加工し終わった時点で勝負はついており、ディスプレイはそれをエクセルかワードに貼り付けたあと、ちらっと内容を確認するにすぎない。

そもそも私が以前いた外資系でも、会社から支給されたパソコンはノート型でディスプレイが15インチしかなかったので、能率が悪いとわざわざ大容量の外付けディプレイを買って付けていた人がいたが、そうやって能率が上がったのをみたことがない。私に言わせれば、たんに机の上がディスフレイで占有され、手狭になっていただけである。

私はディスフレイを置くスペースがあったら、辞書とか技術書とか仕事に役立ちそうなものを置く。そういうことを心の中で思うだけでなく口に出していうので、だから私は敬遠される。テキスティエは、ロンリー・ソルジャーなのであった。

能ない鷹

user-pic
0

昔から、能ある鷹は爪を隠す、という諺があり、その意味はここに説明するまでもないだろう。確かに、特に私が東京に出てきて出会った何人かの超秀才は、謙虚というか淡々としており、爪を隠すというより、自分が鋭い爪をもっていることをあまり意識していない風であった。なので私のような小物に爪を振りかざすことももちろんない。

私はというと、自分でいうのもおかしいのだが、その諺とは違っていて、能ない鷹は爪を磨き、爪を隠さず、というところなのだった。すなわち、私はいつも自分の能力不足を感じているので、ピースミール努力により、あまり世間の他の人が注目しないようなマイナーな分野で努力することにより、自分の居場所をつくっている。すると、あまり他の人と競争にならないので問題が起きにくい。また私は、その分野ではっきり能力で勝てないと見切るととても謙虚に振る舞える。

すると、私がいくら爪を隠さずの方針でも、一般的にはあまり問題は起きないのだが、私が爪を出している分野で他人と衝突することがときどき起きる。それは、以下のような場合である。

  1. 私が努力している分野と重なる分野で、ある人物がそこそこの自信とプライドをもっている。
  2. しかも生憎、ピースミール努力を通じて、その人物よりも、当該分野で私の方がスキルが高い。

こういう場合、その人物は、私が爪を隠さない、すなわち謙虚にしていないことが居たたまれなくなって、不愉快を感じるようである。

実は私は、その人物が自分より地位が高くないなら、別に爪をひっこめてもいいと思っている。むしろ若い人とかが威張っていると、若いときの自分をみるようで応援したい気持ちになる。逆にいうと、自分より地位が高い、あるいは責任ある地位にあるような人がいたら、私は爪を見せることに容赦しない。私のメッセージは、只でさえ貴殿は私より地位が高いのだから、私がマイナーな分野で密かに爪を磨き、能力を高めている分野でちょっとくらい私に負けたからって、地位を使って私を貶めようとすることはないのではないか、ということである。

もっと具体的に言おう。例えば、コンピュータ・プログラミングの分野である。私が所属している部門は知財関係だったりするので、もともとそんなにコンピュータに詳しい人はあまりいない。ときどきソフトウェアの開発部門にもともといて知財部門にくる人がいたりするが、そういう場合は私はきちんとそのスキルに敬意を表するのであまり問題にならない。ところが、地位が高くてコンピュータも一応趣味という人がときどきいる。そんな人は私からみたら所詮旦那芸で、ちょっとVBやエクセルのマクロでプログラムが書けるだけだったりする。私ももちろん所詮旦那芸なのだが、一応C++やPerlなどで業務の根幹を支えてきた経験があるので、一応彼らより香一本はコンピュータに強かったりする。それが彼らのプライドに障り、我慢ならないようである。それで私の仕事でちょっとケアレスミスを見つけると、鬼の首を取ったようにミスを衝いてきて、私の他の仕事まで否定しようとする。

私が馬鹿なのは、そういう状態になったら、戦略的無能を装って負けたふりをすればいいのに、一層相手の神経を逆撫でするようなことを言ったりする。ここまでくると、将棋や囲碁でいうところの勝負の気合いで、例えば、△6七歩と垂らされたら▲6九歩と謝れば無事なのに、私は意地でも謝るものかと、△6七歩に▲3五歩と戦線を拡大して、結局△6八歩成と攻め合われて一手負けになったことは何度もある。しかしどうしても懲りない。

なぜ懲りないかというと、そういう勝負で気合負けすると、ピースミール努力による私のささやかなスキルの進歩が止まってしまうからである。

しかし冷静に考えると、そんな局所で気合負けしても、全体のバランスを考えると負けるが勝ちというやり方の方が正しいということもありえるのであって、結局私の大局観が悪かったということになる。

なので、こんなひどい大局観でよくここまでやってこれたな、というのがこの歳になって今更のように感じることなのだった。まったく、能ない鷹というのは始末におえない。

面識はないのだが、ある一流企業に入社して頑張っている人のことを一応知っていた。そして当然にばりばり頑張っていると思っていたら、最近、風の便りで聞いたことには、鬱病になって休職し、ついに退職してしまったという。

そういう人ではないと思っていたので、その話を聞いてとても意外な感に捉われたのだが、いろいろ考えているうちに、「スキルの地雷」という言葉が浮かんだ。

それを説明する前提で、自分の一応の才能という記事を一旦引用する。その記事によれば、一応の才能があれば、卓越していないかもしれないが、とりあえずそんなに苦痛なくこなすことができる。

スキルの地雷というのは、一応の才能の双対のようなスキルで、それをやっていると苦痛で仕方がなく、できれば避けたいと思うようなことである。前にも述べたが、私だったら車の運転、営業の仕事、対人交渉の仕事、傭兵のような仕事、スパイのような仕事、など他にも沢山あるが代表例を掲げておく。

自分で選べるなら、誰でもスキルの地雷を生業にはしない。ところが、サラリーマンになると、入社時に一応面接で希望は伝えるかもしれないが、配置転換などで、あるいは他の社員との関係で、仕事が回ってきて、それがスキルの地雷を踏んでしまうかもしれない。

仕事を廻す側は、スキルの地雷だなんて想像もしない。普通に、普通の仕事を依頼するだけである。依頼する側の管理職だって、今までずっと普通に自分でやってきたことである。

ところが、囲碁の格言だったか、好手の隣に敗着がある、というのがある。すると、一応の才能の隣に、密かにスキルの地雷が潜んでいたりする。

スキルの地雷に該当する仕事がアサインされると、動悸が激しくなり、不整脈がでて、夜寝ると、寝汗をかいて、生々しい夢を見る。そして人生がつまらなく感じる。なにもやる気がしなくなる。

なら、上司に、できませんと訴えるか、いっそ会社を辞めてしまえばいいではないかと思われるが、ロックインされて、スキルの地雷から蟻地獄のように逃れられない。そもそもいまの時代、そんなに簡単に次の仕事がみつからない。それなら、嫌でも今の仕事を続けるしかない。泉谷しげるの歌にあるように、三年たったら、楽になれるのかもしれない。

しかし、嫌な仕事を我慢する三年は長すぎる。到底忍耐力が続かない。こうして次第に鬱病スパライルに陥ってしまう。

私のように、心にスキルの地雷を沢山もっている人間が、地雷を踏まなかったのは、運がよかったとしかいえない。それにしてもどうして人間は、自分が一応の才能をもつ分野で、他人が地雷を踏むかもしれないと想像できないのだろうか。

三浦九段のことについて、会見で一応の解決をみたと思ったので、他の話題に移ろうとしていたところ、気になる記事をみつけた。なんと、渡辺竜王の、「告発は後悔していません。」という趣旨の記事がこの期に及んで週刊文春に掲載されたという。これに驚いたのは、つい先日知り合いと、三浦事件の顛末に関して週刊文春は謝罪記事を掲載すべきだよね、と話し合ったばかりだったからである。

そこで、何度も書いたような気がするが、自分の内部告発の経験についてまず記してみる。

私のことを知っている人は同意してくれると思うが、私は争いごとを好む性格ではない。むしろ、それでも男かと謗られるくらい怯懦だったりする。ただ一応母方の祖母から受け継いだ正義感はもっており、なによりも、有機ELにもちらっと述べたように、たまたま運命のめぐり合わせで部門全体を代表するような立場を十年近く経験し、スキルや責任感のある人材をどう育成するのか日々頭を悩ませていた。ともかく当時責任範囲が広くて、部門で一番懸命に働いていたという自負はある。

そういう立場にいると、後輩管理職に対して場合によりアドバイスし、また一緒に悩んだり、労力をかけたりするのは義務だと私は今でも思っている。それでもあまり先輩面するのは嫌われるので、どうしてもそれはおかしいだろうというときだけ意見を述べた。

すなわち、ある若手管理職があまりにも常識外れというか、ありえない言動をするので、私はまだ彼と同格の管理職だったとき、そんなことではこの部門を支える部門長にはなれないぞと叱った。しかし、彼は頑固で一切やり方を変えないし、もっというとマネジメントの初歩の手筋さえ学ぼうとしなかった。

それからいろいろあったがそれは省くとして、私があと定年まで数年というとき、あまりにも目に余る部門長の行動にきちんと抗議しようとFさんに提案されたとき、私はためらいながらも仲間に加わることにした。私以上に正義感が強いNさんも加勢してくれたし。三人は立場は違うが、私は元管理職として、おかしいことはおかしいと責任をもっていう義務があると改めて確認した。少なくとも会社の社内規則もそれを認めているというか、義務化している。

そういう意味で私は、渡辺竜王が、このままではまずいと感じた、という正義感は理解できる。

ただ問題は、渡辺竜王の動機である。われわれの場合、単に部門長に、そのやり方はまずいので改めてほしいと申し出ただけである。そしてそれが全く受け入れられないだけでなく逆にそんなことを言う奴は譴責だなどといってくるので、さらに上位組織に問題を伝えた。会社のルールに従った行動である。昇給、昇進など自分たちの利益を増す要求は何一つしていない。

ところが渡辺竜王の場合、このままでは三浦九段と指す気になれないと棋士として信じられない我儘を言い、そして竜王の地位を重んじたか将棋連盟の幹部は渡辺竜王の意向に従って挑戦者を入れ替え、結局渡辺竜王は竜王戦を防衛し、規定どおりの高額の賞金を得た。

一方、私たちはというと、私はリストラになり、Nさんは他部門に無理やり異動させられ、Fさんはというと、このことのストレスもあったと思うが、あまりにも残念にも、その1年後に突然亡くなってしまった。だからといって我々は、内部告発などしなければよかったなどとは一度も思わなかった。そこはまあ渡辺竜王と同じか。

あと、私は、どうしても埒があかないので、どこかのマスコミに相談して記事してもらおうかと考えたことがないでもない。もし私が早慶MARCHなど関東の有力私立大学出身なら、どこかのマスコミに知り合いがいたかもしれない。ところが私は、遠い地方大学の出身で、ましてや理系で非社交的な性格とあってはそんな知り合いもいるはずがない。

まあもしそういう知り合いがいてマスコミに相談したとしても、単なる外資系の知財部門の話題が記事にしてもらえるとは到底思えないが、ともかくマスコミに相談しなくてよかったと今では強く思う。マスコミの扇情的な体質は避けるべきである。そもそもマスコミは内部ではないので、字義的にも内部告発の定義を外れる。ただ、ロックアウト解雇のような労働争議的な話題ならマスコミもありかもしれないが。

ところが渡辺竜王は、意図的に週刊文春の知り合いの記者に情報を流し、記事を書かせた。これが功を奏し、三浦問題は一気に沸騰して社会の話題になった。陣屋事件なんてめじゃない、将棋の話題が世間でここまで盛り上がったことはちょっとないのではないか、ネガティブな意味でだが。

しかし、そのことは三浦九段とその家族に対して、過度のストレスと心痛を与えた。週刊文春のような有名週刊誌が書きたてると大抵の人は信じる。11月頃、ある将棋界のことはあまり知らない知り合いに三浦事件を知っているかと聞きたら、ああ、彼はクロにきまっている、と興味なげに応えたので、がっかりしたことがあった。

そして紆余曲折をへて会見で三浦九段の疑義は晴れ、将棋連盟はいまいち弥縫的ではあれ、救済措置もとることにした。

こうして前に向いて進み始めたとき、渡辺竜王の、「告発は後悔していません。」という趣旨の記事が週刊文春に載るとは一体どういうことだろう。それは高速道路の逆走ではないか。私はここは、誠意がまったくこもっていないかもしれないが口先だけでもとりあえず謝罪するのが社会の最低限のルールだと思うが、違うだろうか。それを逆走だなんて。王手飛車で飛車を逃げるなんて。

いくら私の人生経験が狭いといっても、世の中には、外人部隊の傭兵や、警官や、ビルの工事現場などいくらでも大変な仕事があり、私が今までやってきた特許の仕事なんて相対的には相当楽な部類だろう、ということは流石に知っている。

さて、特許の仕事といっても、典型的には特許訴訟、特許明細書作成、中間処理、特許調査があり、おそらくこの順に大変というのが世間の相場だと思う。要するに、特許調査が一番楽で誰でもできる、と理解されていると思うが、それを否定するつもりはない。

ただ私が特許の仕事を始めたとき、何かのパンフレットで特許関係の様々な仕事の紹介というのを読んだような気がするが、そこに、特許調査の仕事は、髪の毛が灰色になるほど地味で退屈な仕事だ、とあったような気がする。

私は長年特許明細書作成や中間処理を担当してきて、今は縁あって特許調査の仕事をしているのだが、周囲を見回してみると、特許調査の仕事をしている人で、明細書作成や中間処理をガチでしてきた経験がある人はそんなに多くないと思う。しかし、中間処理を担当したことがなくて特許調査を担当したとして、どうやってこの発明は進歩性があるとかないとか判断できるのだろうか。それって、野球をやったことがない人が野球の審判を務めるようなものではないか、と余計なことを思ってしまう。

で、例えば特許明細書の作成だと、かなり深く技術を理解しなくてはならないし、文章のレイアウトはある程度決まっているとはいえ、どういう内容を書くかということも構想力を要する。

特許調査も、ある程度技術を理解しなくてはいけないし、検索式の作成はそれになりに構想力を要するとはいえ、特許明細書作成ほどではない。なら楽勝ではないかと思うのだが、最近そうでもないと感じている。というのは、検索式を作ったあと、ヒットした特許を一々読んでいくのが大変なのである。

私の経験では、1日に千件の特許の請求項に目を通さなくてはならないことがあり、それを終えるとどっと疲れる。何しろ作業が比較的単調で気分転換を許さない。

それがどういう影響をもたらすかというと、特許調査の仕事は、特許明細書作成より体力か使わないかもしれないが、頭のエントロピーは増やしてしまう。おそらく、雑多な特許の内容を読まなくてはならないからだろう。

頭のエントロピーが増えるとどうなるかというと、数学、哲学などの比較的難解な本がどうも読めなくなる。低エントロピーの、頭が整理された状態でないとそういう分野の思考は働かないのだろう。

なので、以前に外資系にいた頃より確実に数学や哲学の本が読めなくなって、その分増えたのがミステリー小説である。不思議でもなんでもないかもしれないが、パターン化されたミステリー小説を読むと、頭が安心して、エントロピーが減るような気がする。そして頭のエントロピーが減ってくると、比較的難解な本を読む活力が湧く

頭の疲れと頭のエントロピーは別であるというのが最近気づいたことで、頭の疲れは眠ったり、音楽を聴いたりするのがよく、頭のエントロピーの増大には、ミステリー小説でなくてもよいが、自分にとって定番になっている本を読むのがよいようである。

そして特許調査の仕事はかなり頭のエントロピーを増加させるようである。やったことはないが、知らない人に次々に会う必要がある営業の仕事も頭のエントロピーを増加させるような気がするが、質が違うような気もする。すなわち、営業の仕事だと増えたエントロピーを減らすには、読書よりも酒でも飲むのがよいのかなと思ったりするが、そんなの人によるじゃん、と言われたらまあそれまでである。

特許調査の仕事の話をしようと思っていたのに、すっかり別の話になってしまった。

以前に、人生の目的関数という記事を書き、幸いにもある有名な方のブログにこの記事を引用して戴いたこともある。いまでも、Googleで、なにもサフィックスをつけず「人生の目的関数」と入れるだけで、私のその記事が上位にヒットする。IBMの特許管理も同様である。

ところで最近、YouTubeで鬼束ちひろの「月光」を聴いていて、♪I'm a God Child この腐敗した世界に堕とされた How do I live on such a field こんなもののために生まれたんじゃない♪という歌詞につい、「サラリーマンの目的関数」という自明な記事を書いてみたくなった。なおここで自明というのは、英語でobviousなのだが、特許の文脈のニュアンスを帯びている。平たくいうと、「あったりまえじゃん」ということなのだが、私は何の意味があるのか最近、当たり前のことを、なんの工夫もなく淡々と書き連ねることがふえた。歳をとったせいなのだろうか。

さて、「サラリーマンの目的関数」だが、サラリーマンの人生はどうみても、人生一般の部分集合なのだから、「サラリーマンの目的関数」は「人生の目的関数」の特殊例にすぎないのだが、なぜか「サラリーマンの目的関数」には「人生の目的関数」に包摂されない部分があるような気がする。そんなことが論理的にぜったいあるわけがないのだが、不思議である。

前置きはこれくらいにして本論に入る。鬼束ちひろの「月光」を聴いてまっさきに思い出したのは、外資系にいたとき、目をかけていた後輩のことである。真面目すぎるくらい真面目な後輩で、いろいろ悩みを聞いたりしていた。どうみても問題のある管理職のこともいろいろ議論した。で私は、君は有望な若手なので、この会社にいない方がいい、この部門は最早未来はない、いくらでも有望な会社は他にあると進言したのだが、その返事に私は驚いた。なんと、自分が出世して部門長になり、権限で部門を変えるというのである。私はとっさにどう返事していいかわからなくなった。なぜなら、私だって出世や昇給したくないということはないが、それは頑張った結果として後からついてくるものであり、もっと言うと、頑張ってもついてこないかもしれないが、それでもまあ仕方ないということである。しかも、あるいみ末期の癌患者のようなこの部門をいったいどうするというのだろう。

果たしてというべきか、その後輩は、部門長からの昇進の提案というか甘言にあっさり寝返って、私とはほとんど言葉を交わすことさえなくなった。失望したが、人生にはよくあることなので私は他のことを考えるようにした。さてその結果、その後輩が求めるものを得ただろうか。結果をみてみるとyesであるような気がするが、内面もみると私にはyesとはとてもおもえない。ともかく、サラリーマンの目的関数の第一は、出世であって、あまりにも手垢がつきすぎている命題である。

第二がなになのか私にはわからないので、自分のサラリーマンの目的関数がなんだったか書く。私の場合、仕事の専門技能の向上であった。例えば特許電子出願の知識で私は一瞬だけだが、日本でもトップクラスだった。その後も特許実務のスキル向上に命をかけた。

しかし管理職の時代は、部門の活性化だった。そのためどんな雑用も厭わず、周囲をサポートした。結果的に私は海外の人達に対してもビジビリティを上げたが、芸能人ではないのだから、ビジビリティそのものを目的関数にしたことはなかったはずである。

別の目的関数として、趣味に生きるというのがある。私はこれは採らなかったが、とくに将棋のアマ強豪で、仕事を単なる生活手段にして、余った時間をすべて将棋に投入する人がいるのを知っている。それがオーバーランして、ついに仕事を辞めて、なんとか将棋関係の仕事で細々と食べている人も知っている。

さらに別の目的関数として、家庭をともかく大事にするというのがある。たしかに家庭を疎かにしては人間まずい。しかしだからといって、家庭が大事だといって毎回のように大事な会議もすっぽかして帰るのがありかと思うのだが、それで地位を維持していた人もいたので不思議である。これに関連して、安易にワーク・ライフ・バランスを標榜する人を私は信じない。なぜなら、自分のワーク・ライフ・バランスを維持するために平気で他人のワーク・ライフ・バランスを犠牲にするのを厭わない人を結構みたからである。もちろん過労死したり鬱病になってはいけないのだが、リソース配分と公平性は永遠の課題である。

さらに別の目的関数として、会社や上司などの不正を匡すというのがある。ようするに社内の内部告発制度も駆使して、不正を行う人を糾弾するのだが、これは言うは易く、実は大変で、極めて高い確率で返り討ちにあう。こういうのもdeath marchと呼んでいいかもしれない。それでも不退転で闘うのは、単なる正義感以外の私憤もからむのだろう。

さらに別の目的関数として、ともかく会社に残留する、というのがある。リストラの嵐が吹き荒れても、その風から逃れるというものである。もし不幸にしてリストラ候補に指名されても懸命にしがみつく。セクハラや収賄などの不法なことをしないかぎり、あるレベル以上の根性があればしがみつきは成功する。組合の存在も有意義だったりする。しかし、なにほどか魂をすり減らす行為であるのは確かである。

さらに別の目的関数として、ともかく楽して地位を維持する、というのがある。フリーライダーに徹して、他人の業績を自分の業績にしてしまう寄生虫のような生き方が会社にありえるのを私は知っているが、それはそれで特殊技能で、誰でもできることではないのだろう。

さらに別の目的関数として、ともかく社外に名前を売る、というのがある。社外の委員会にどんどん出席し、論文も書き、政府に意見具申をする。それを続けると、大学や政府機関から重要ポストを打診されることがある。どうも仕事をそっちのけで外部活動を一番だとする生き方もありのような気がする。私はこういうのを観察していて、世間で有名な地位にあることと、もてるスキルにほとんど相関がないことを知った。なお私は、そういう地位が高い人がみんな無能だとまではいわない。単に地位とスキルが相関がないといいなすだけである。

「サラリーマンの目的関数」がこれで尽きているとは到底思えないが、私は愚直な以外なんの取り柄もないサラリーマンだった(あ、今もまだ一応サラリーマンか)ので、私ほどそれを枚挙するのに相応しくない人間もいない。その手の本はゴマンとあるので、詳細はそちらに譲る。

縮小写像

user-pic
0

電車に乗っていて、縮小写像の仕事ってあるよね、とつい思ってしまった。どういうことかというと、例えば経理の仕事を例にとると、そこでは、現実のもろもろのことが勘定科目になって、金額に帰着される。明らかに三次元の現実が一次元のお金の額に縮退している。

特許部門においても、契約レビューの仕事は、例えば、結果的に発生した知的財産がどちらの会社に属するかを判断することだったりする。すなわち、安易に相手の会社に権利が属してしまうと問題である。これもまた縮小写像である。

私がいいたいのは縮小写像が重要性で劣るという意味では決してない。むしろ、縮小写像の仕事は縮退した結果の判断が会社の帰趨を決することもあるので、極めて重要であったりする。なので、経理担当重役など縮小写像の仕事の責任者は高い地位に就くことがある。

では縮小写像でない仕事に何があるかというと、それはもう沢山あるが、知的財産部門にあって、特許実務は意外にも縮小写像ではない。なぜなら、特許実務の仕事は特許法の知識にとどまることができない。むしろ、そういうと叱られるかもしれないが、特許実務では、多くの場合特許法がつけたりで、関連技術の知識がより本質的だったりする。ところが、関連技術の知識というのがあまりにも広くて、半導体から、レーザーから、掃除機から、量子コンピュータまで多岐に亘り、すべて理解できる人などいない。なので私は、特に明細書を書くために、関連技術の知識の理解に死ぬほど苦しんだことがある。それが楽勝といえる人はまずいないだろう。そういう技術の外部知識の必要性から、その仕事は拡大写像と呼んでよい。

しかし、これまた意外ではないのだが、会社において、縮小写像の仕事の担当者の方が昇進しやすく、拡大写像の仕事の担当者は、特許実務担当者がそうであるように、生涯一専門職に留まったりする。

なので、以前に私がいた部門で、外国人のマネジャが突然、部門内でマイナーな仕事だった契約レビューの仕事、まさに典型的な縮小写像の仕事を重視したのもある意味当然の成り行きだったのかもしれない。

ただ、こじつけかもしれないが、縮小写像の仕事は、絶対ボケない生活の文脈でいくと、ボケやすい仕事に属する。私からみて華がない。そこに華を導入しようとすると、無理やり民法や会社法の判例を勉強したりしなくてはならないが、縮小写像の仕事は新らしく学んだ知識を活かしにくい。なぜなら、折角学んだ知識がそこで矮小化されてしまうからである。そういう意味で、昇進は、知識矮小化の代償かもしれない。

などという偏ったステートメントを口にするのは私くらいのものであろう。これもなにかのルサンチマンか。ということで、縮小写像であれ、拡大写像であれ、なかなかサラリーマン生活も難しいということなのであった。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち企業カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは事件です。

次のカテゴリは倫理です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。