企業の最近のブログ記事

HEROZ

user-pic
0

数日前、新聞をみていたら、ポナンザの開発者の山本さんが参加している、HEROZという会社が、東証マザーズに上場したのだという。以下、改めて日経の記事を引用させて戴く。

人工知能(AI)開発のHEROZ(ヒーローズ)が20日、東証マザーズに上場した。投資家の期待は大きく、終日買い気配で初値はつかなかった。将棋ゲームで名高い同社は、NEC出身の2人が2009年に創業。メンバーには将棋有段者のエンジニアも多い。将棋AIの開発で培った技術や知見を惜しみなく産業応用に注ぎ込む。
「AIの可能性は無限大だ」。ヒーローズの林隆弘最高経営責任者(CEO)は、20日の上場セレモニー後の会見でこう語った。ヒーローズは、将棋ソフト「将棋ウォーズ」などで知られる。これまで実績を持つB2C(消費者向け)サービスに加え、B2B(産業向け)の事業の柱に据えて、AIを建設業や金融業などに活用する。

私は、ここまで読んで、目を瞠った。というのは、CEOの林隆弘さんといえば、私の知る限り、ガチのアマ強豪なのである。そんな将棋の本格強豪なのに、CEOが務まるなんて、なんというパワーなんだろう。

それにしても、将棋AIの開発で培った技術や知見を活用する、というのがいいよね。一将棋ファンとしてうれしくなる。

「僕らは血へどを吐くような実装をしているんですよね」。リードエンジニアの山本一成氏は笑う。東大将棋部出身の山本氏が開発した将棋AI「Ponanza(ポナンザ)」は、17年に名人に勝利した。

確かに、強い将棋AIの開発には、とてつもないハードウェア・リソースとアルゴリズムの工夫が必要であることをポナンザで言及した山本氏の著書を読んで知った。そのスキルとノウハウは、他の分野での問題解決にも役立ちそうである。

山本氏は、DeepZenGoの開発にも関与されているそうであるが、その開発が終了したことで、その開発グループもまた、何かソリューションビジネスを始めるのだろうか。それとも、アカデミックな世界に還るのだろうか。

ともかく、囲碁や将棋は、AIの威力を世間に見せつける最高のshow caseであったことは間違いない。

ただ、国立情報学研究所教授で東大合格を目指すAI「東ロボくん」の開発で有名な新井紀子氏によれば、自然言語が関与するとAIはかなり限界があって、シンギュラリティなんてありえないという。私は、解ける問題はすさまじく解き、そうでない問題は周囲をくるくる回って核心になかなか至らないのがAIだと思っているが、このあたり、ブレークスルーがあるのかどうか、行く末を眺めたい。

誘導された交際というと、いかにも怪しい表現で、それは何だ、援助交際のことか、と思われそうだが、実は違う。最近あることでふと、induced communicationという英語の単語を思いつき、それをわざと直訳したら、そのような表現になった、という次第である。

induced communicationという言い方を思いついたのは、最近の会社の部門内の施策による。すなわち、今私が所属している部門は、よく言えば各人が独立していてあまり干渉しないのだが、裏を返すと、困っていてもあまり手助けしないともいえる。

60歳近くになってこの会社に転職してきた私は、そういう風土に最初の頃は随分と孤独を感じたが、もともと内向的であまり交際が好きでない私は、今では環境に適応して、ある種の心地よさを感じるまでになった。

それではいかんと管理職が思ったか、最近になって、部門内にプロジェクトを立ち上げ、不干渉のクールな風土を変えることになった。そこで出された施策の一つが、昼休みにランダムに選んだメンバーで昼食に行き、雑談することで交流しましょうというものである。

知らない人と会話することに戸惑いとストレスを感じる私は、そんな、と内心で絶句した。そして私にも順番が回ってきたときに思いついたのが、induced communicationという英語である。

じつは私は、知らない人との付き合いは苦手だが、気の合った仲間との雑談は好きで、そういうところでは異様に饒舌になったりする。だから私は基本的な静寂プラス、気が向いたに雑談というモードが最高だと思っていて、それは英語でいうと、inherent communicationというところか。もともと特許翻訳を何年かやっていたので、訳しにくい英語表現を思いつくのは嫌いではない。ちなみに、inherent communicationというのは例えば、京大数理解析研のようなところを想定しており、そこでは静寂と沈思黙考が基調だが、気が向いたらラウンジのようなところに出向き、数学的アイデアを話し合ったりできる。

それからしばらくして、部門内プロジェクトの感想会のような会合がもたれ、私も参加した。そこで闊達に意見を言ってよいというので、私は挙手して発言した。それは、「私は極度に内向的な性格なんですが、」で始まるものだった。その時点で何人からか失笑された。そもそも、極度に内向的な性格の人がいきなり挙手して発言するわけがない、ふつう。

で、私の発言の内容は、特にユンクに言及しなかったが、人間には外交的と内向的の二種類があり、もしかして人類の半分は内向的なんです(本当か)。それで私も後者なんですが(また、失笑)、このようなプロジェクトは総論では賛成なのですが(本当にそう思っている)、私も含めて、内向的な人はほっといてくれることをベストと思うことが多いのですよ。

そうしゃべって、いくら空気を読まない私でも、これは相当反発を受けるわな、と覚悟したら、誰かが挙手した。えっ、やはり反論されるかと思ったらなんと、私のような意見は大いにありえる、知識ワーカーみたいな各人が独立の部門なのだから、とサポートしてくれて、私のKY感が一気に薄まった。

そのあと、そのことを誰も議論せず、別の話題に移って会議は終わったが、私の意見は見事に無視されて、何事もなかったかのようにプロジェクトは一貫した方針で進んでいる。

私の感想はといえば、I got old enough to think that's still a life.というものであった。これは、induced communicationよりもはるかに訳しやすい。

調査員

user-pic
0

私は、特に資格などないせいか、自分がどういう肩書で呼ばれるかそんなに神経質ではないが、外資系にいたとき、プロ・アドミという言い方をされるのはどうも嫌だった。

なぜなら、プロ・アドミというとき、プロの方がはっきり上ということがあからさまであるところ、プロと呼ばれる人たちが一体どれだけスキルがあるのか、と私は怪訝だった。なぜなら、プロといいつつ、特許の実務はからっきし駄目、で管理職やったら、その基本的な責任感や倫理観もゼロという人もいた。へぇ、それでプロなのか、と嗤うしかなかった。

一方、私は部門の予算権限を握り、私の承認なしには誰も何も買えないのに、アドミとして、なぜかプロよりも二階級も下なのも意味不明だった。もともと特許実務やっていたのに、事務部門の管理職に指名されたからなのだが。

それも今は昔で、転職して派遣みたいな立場で仕事していると、地位は一番低いのだが、とりあえず専門知識とスキルには一目置いてもらえているので、モラールとしては外資系にいたときよりましである。

で、オフィシャルな言い方ではないにしても、私は特許調査員ということになっており、特許分類や調査対象技術の知識に専門性があるので、私は調査員という呼称にプライドをもっていた。そもそもスパイ小説で、調査員というと、緻密で広汎な調査能力を誇り、暗殺者グレイマンの背景さえも調べ尽くしてしまう専門性をもっていたりする。

ところが、あるミーティングで、調査員という言い方は蔑称なのでその言い方は止めるという。だったらなんというのかと様子をみていると、なんと調査担当と呼ぶのだという。

それを聞いて私は愕然とした。調査担当という言い方からは、調査員の専門性の香りがしない。そもそも調査担当って何? 単なる手配師か、と私は文句を言いそうになった。で、せめて、スパイ小説では調査員って恰好いいんですよ、と極めて間接的な抗議をしたが、もちろん通じなかった。

そもそも、~担当という言い方は、外資系の時代に苦い思い出がある。その外資系では管理職を担当と呼ぶ習慣があった。なので、たまたま管理職になった私も、担当と名刺に入っていた。

ところが社外の人と名刺交換すると、担当というのは外部の人はヒラと思うらしく、仕方ないのでこれは課長なんですよ、と説明したのだが、なんかわざとらしくて、次第に嫌になってきた。それからしばらくして名刺に課長だの次長だの入れてもよくなったのだが、それでも担当という言い方には苦い思い出が残っている。

そうやって昔話を思い出していると、調査員でも調査担当でもどうでもよくなったのだった。

能吏性

user-pic
0

特許調査の仕事のため、研究所に質問に行って、オフィスに戻って半日くらいで6ページくらいの資料をまとめた。自分ではよくやったと思うのだが、誰も褒めてくれないので、自分で、おう能吏じゃのう、と広島弁でつぶやいた。

その資料を今度は確認のために、研究者に送ったところ、なんと1時間くらいでレビュー結果が帰ってきて、私の資料が隈なく目を通されて、随所に的確な修正点が示されていた。

私はまた、うーん、これも能吏だと感心して、そのテキパキとしたやりとりを卓球のラリーのように小気味よくおもった。いつもこういうようにやりとりできれば苦労はないのだが、なかなか普通はそうはいかない。

それにしても、能吏というのは要するに優秀な役人のことで、私は今まで市役所であれ、税務署であれ、役人として仕事をしたことがないので、能吏のなんたるかを知らない。なので適当に能吏という言葉を使っただけだが、私が言いたかったのは、相手のためを思って、能率よく仕事を次のステップに進めることを能吏と呼ぼうとしたということである。

もっというと、大物ぶらない、勿体をつけない、変に含みをもたせない、実務知識を駆使する、こんな能吏に私はなりたい、というのが私の意図だが、果たして人生60年以上生きて、どこまで達成できているだろうか。いや、そんな余計なことは考えないで、ひたすら働き蟻のように目の前の仕事をこなすのが能吏なのである。そんな能吏に私はなりたい。

ジタハラ

user-pic
0

私は以前、君はまだ残業しているのかという記事で、無理に残業を減らすことの理不尽さについて述べたが、下記のような毎日新聞の記事をみて、ついそうなるよねと暗澹たる気持ちになった。

自動車販売店長自殺
「時短ハラスメント」拡大の恐れ
「仕事は早く終わらせろ、でも従業員は早く帰せと言われる。どうすればいいんだ」。うつ病で2016年12月に自殺し、労災認定された自動車販売会社の男性店長(当時48歳)は、妻にそうこぼしたという。私を殺したのは会社--という書き置きも残していた。働き方改革の陰で「時短ハラスメント」(ジタハラ)が広がってはいないか。【斎藤文太郎/千葉支局、小国綾子/統合デジタル取材センター】

要するに昨今の風潮で、その男性店長は、社長から「従業員を残業させるのか」と責められ、残業削減の方法を従業員と話し合ったが「無理だ」という意見が多かったという。それはちょっと考えると当たり前で、一般的に、工夫すれば実質的に時間が削減できるという方法がおいそれとあるわけがない。

私がいま勤務している職場は、そんなに忙しくない職場だと思うが、残業を減らせという方針なので、却って休暇が取れない、という話をときどき聞く。要するに仕事の絶対量があるので、残業を減らすと一日に処理できる量に限りがある。それで出勤日を減らせないということで、ちょっと考えたら当たり前である。一体なんのための残業削減なのかと思う。

世間をみていると、宅急便の配達員やスーパーの店員など、以前より忙しそうである。要するに経費削減で従業員の人数を減らされ、一人当たりの仕事量が増えている。それでもきちんと仕事を処理するには、残業削減なんていってられない。すると誰かが追加の仕事を負うしかない。

ただ、ジタハラが問題視されすぎると、なんとなく過剰残業容認のような気風に後戻りするのもまずい。このあたり、やらなければならない仕事があるなら、ワークシェアして特定の人に仕事量が集中してしまわない仕組みを考えなくてはならない。そういうリソースアロケーションは実に難しいが、常にトップが留意しなくてはならないだろう。闇雲に残業削減を強要するのは却って逆効果である。

使えない奴

user-pic
0

私はどうみても天才とか秀才とかに認定してもらえる人間ではなく、それどころか使えない奴と思われる傾向がある。

最初に入った大阪にある会社では、開発部門を希望したのに、特許部門に配属されてしまった。研究開発本部長が私に直にいうには、君は理論的すぎるので、特許部門で勉強してから開発部門に異動した方がいいと思うということであった。

しかし、今は知らないけど当時は特許なんて傍流中の傍流で、不貞腐れていたら、仕事を干されてやることがない日々で、まじで頭がおかしくなりそうだった。そして、私を干した上司の車にガソリンをかけて燃やすことを妄想し始めたので、これはまずいと思って、慌ててその会社を辞め、たまたま大学の先輩から東京の機械メーカーを紹介され、受けたらたまたま受かったので、鳥が飛び立つように大阪から東京に出てきた。つい、♪広島で生まれた男やさかい、わては大阪にはよう住まん♪と歌ったりしたが、そんなもん意味不明である。

ところが、東京にある機械メーカーに転職してからも依然として使えない奴と周囲から思われ続けてきた。例えば昼休みに私はひとりで、ニーチェの「人間的な、あまりに人間的な。」を読んでいたのだが、そういうのも周囲からみたら、こいつは非実際的で、使えないという印象を強めたようである。

それから、その機械メーカーが米国に出荷したプリンタの製品が、特許侵害の疑いで、米国国際貿易委員会(ITC)から訴えられて、税関で差し止めになるという事件があった。そこで高等遊民みたいなことをやっていた私に白羽の矢が立った。すなわち、普段は雲を掴むような訳のわからない奴だが、米国弁護士に鑑定書を依頼する文章を英語で作ってくれないか、ということである。別に私が期待されたわけではなくて、他に誰もやろうとしないので私にお鉢が回ってきただけである。

しかし私は密かに英作文の力を蓄えていたので、エンジニアの担当者にも聞いて、私なりに納得がいく内容で英語で鑑定依頼書を作成した。すると、米国弁護士からは、非侵害を認定する鑑定書が届いたが、私はとうとうその帰結を見届けることはなかった。なぜなら、外資系への転職が決まっていたからである。

そのとき、いつも飲みに行って私のことを馬鹿にしていたベテランエンジニアの人は、いやあ君のような社員が特許部にもっといてほしいよと言ってくれた。

それが自信になって外資系に転職してからもなんとかやってこれたと思う。それにしても、機械メーカーにいたとき、私はある女性を見初めて、結婚を申し込んだのだが、適当にはぐらかされてしまった。あまりにも頼りなく見えるからだろう。ならそれで終わりで仕方ないのに、私が結婚した後、知り合いの結婚式でその女性と再会したら今更のように猛チャージされた。淡白な性格の私はそんな猛チャージを、右から左に受け流した。もうちょっと綾のある指し方もできたよね、と今なら思うが、まああれでよかったのだとも、今更思う。

それにしても私は、サラリーマンとしてなんとか平均的な能力はあるという事実は流石に証明されていると思うのだが、なぜこれほどまでに軽くみられるのだろう。まあ、霊格が高いせいだとおもっておく、多分単なる思い込みだろうけど。

ネポティズムというのは、普通に訳すと情実となり、そんなにひどいニュアンスはない。しかし、場合により会社組織などで、これがひどい組織の災厄につながることがある。

別の言い方をすると、人間は本質的にネポティズムに染まっている。すなわち、会社組織でも、優秀な部下よりも、自分と相性のいい部下、あるいは女性だったら美人の部下の方を重んじたくなる。

それに対する歯止めの一つに能力主義、成果主義がある。例えば、野球の監督が、実績や調子を無視して、好き嫌いだけで出場メンバーを決めていたら勝てるものも勝てなくなる。なので、監督に楯突いて困らせるような問題児も、守護神のような抑えの切り札なら何度でも起用される。

ところでネポティズムというのは人間の好き嫌いだけでなく、仕事の内容にも適用される。典型的には軍隊で、砲術が専門だった司令官は、どうしても戦術として砲術に頼りたくなる。それも拡張されたネポティズムである。そこでも、能力主義、成果主義がそれが暴走することのよき歯止めになる。すなわち勝つためには、苦手な戦術、嫌いな戦術でも渋々でも取り入れざるをえない。

さて、幸い?にも、私は外資系にいたとき、ネポティズムを暴走させている人たちを多くみてきた。そこでどんな人が強くネポティズムに染まるか、私なりの観察を述べてみる。

  1. 子供の頃から、周囲から虐められ、あるいは疎外されて、家族や仲間で団結してやりくりしてきた人たち。そういう人は、組織の中でも、気に入った人たちだけを見つけて、大事にに仲間に組み入れる。要するに、疑似ファミリーをつくりたがる。
  2. ネポティズムに染まった人は、なぜか人望がない。おそらくであるが、疑似ファミリー外に対する疎外感、冷たさがにじみ出しているからだろう。ただ、コメントすると、ネポティズムに染まった人が人望がないからといって、友達が少ない人が、ネポティズム志向だとは限らない。
  3. 能力主義に馴染まない。なぜなら、疑似ファミリーのなかでは、相性と限られた友愛だけが重要だからである。能力主義は、気に入らない奴も疑似ファミリーに引き入れることを要請するので、ネポティズムを破壊する敵である。
  4. 当然かもしれないが、ネポティズムの傾向のある人がつくる疑似ファミリーのメンバーのほとんどはやはりネポティズムの傾向をもつ。
  5. ネポティズムに染まった人は、仕事の好き嫌いが激しく、嫌いな仕事には、いくらそれが必要でも興味を示さないし努力しない。いいかえると興味範囲がおそろしく狭い。
  6. 基本的に実務のような地味な作業が嫌いである。
  7. 能力主義の人、広く人気のある人、常識ある人に対して強い敵意を示す。

ところが、ネポティズムとサイコパスが結合した人物があらわれると恐ろしいことになる。そういう人物は、一見人のよさそうな、優秀そうな容貌を示すことに巧みで、知らないうちに組織の階層の上位に引き上げられることがある。

かりにそういう人物が上位管理職に登用されても、能力主義の健全な組織なら、そのうち更迭されるのであまり問題にならない。しかし、爛熟し、硬直化し、あるいは腐敗した組織なら、組織の免疫機能がまったく働かないので、ネポティズムとサイコパスが結合した人物も猖獗し、繁栄することになる。

実はより問題なのは、そういう人物が昇進して人事権を握ると、大車輪にネポティズムを発揮して、どうみても管理職には適任でないような無能な人たちを管理職に指名して、操る。それはコンピュータ・セキュリティでいうところのボット・ネットのようにおぞましい。

こうして、腐敗した組織は、ネポティズムの人たちにとってパラダイスであり、楽して稼ぐ温床になるだろう。

観察していると、私が以前所属した外資系の組織はますますそういう傾向を強めているように思われる。そこに正義はないのかと呆れるのだが、きっとそのうち天罰は下るのだろう。だとしても、気の短い私は、そのレイテンシの長さに焦れるのだった。

電車の中で、「君はまだ残業しているのか」というステートメントが見えた。佐々木常夫氏の著書なのかもしれない。

今の時代、典型的には電通のケースにちなんで、残業は無条件で悪、ということになっているらしい。しかし、私の思いは複雑である。なぜなら私は外資系で管理職をしていたとき、ほとんど毎日、夜10時か11時まで働いていたからである。もし残業が無条件で悪だとしたら、私の一番脂の乗りきっていた時代は、否定去られるべきということになってしまう。

私が極めて合理的に時間を使っていたかどうかというと多分違う。私は昼間は部下や他部門の人との雑談に多くの時間を費やし、その分、夜に予算管理やその他の一人でできる管理業務に時間を費やした。

それでは私は、そんなどうでもいい雑談なんかに時間を費やさないで、管理業務だけで済ましてさっさと提示に帰宅すべきだったのか。しかし、事務作業だけして、他人と話さない管理職なんてありえるのだろうか。

私が先入観に囚われているのかもしれないが、普通に考えて、私はどう考えても毎日定時で帰って仕事が回ったとは思えない。

ときどき、残業しないでやれるかどうかではない、やるんだ、みたいに言う人がいるけど、それって、まるでリソースを無視した帝国陸軍の精神論みたいではないだろうか。だって、やるべき仕事というのが確実にあって、それを定時でこなせる人員がいるかどうかはわからない。そしてもしいないなら、少なくとも何人かが残業せざるをえないではないか。それを、残業しなくてはやれないというのは貴様らがたるんどるからだ、みたいな議論に逆にならないか。

そもそもが、残業しないとできないのは、それは仕事の合理化が足らないのだ、合理化すれば必ず定時でかえれるはずだといえるのか。仕事の量と、使える人的リソース、仕事の質など全く考えないで、よくそんなことが言える。到底科学的な経営とは思えない。

それは、イクメンやテレワークの促進についてもいえる。少なくない社員がイクメンやテレワークをしても、周りの社員がカバーして十分仕事が回るとしたら、よほど人的リソースに余裕があるのだろう。

別の観点でいうと、プログラミングでコードを書く仕事がある。プログラミングというのはやってみれば分かるが、バグは避けられない。また、バグの原因は簡単には分からないことが多い。どうやって定時という決まった時間できちんとコードを書くことが保証されるのだろう。

顧客のクレーム対策の部門もそうである。すいませんが5時なので受け付けられません、明日にして下さいで、カスタマー満足度が維持できるのだろうか。

すなわち、ほとんどの業務が定型的な事務作業のようなものでないと残業しないで済ませられるとは限らないのではないか。

まあきりがないのでこのくらいにしておくが、残業しなくてはならないこともありますよね、といったら、馬鹿もんとビンタでも張られるのだろうか。私はそんなに仕事の要領が悪いのだろうか。少なくとも、Perlなどでぎりぎりまで仕事を効率化しているのであるが。

私は、外資系に勤務していた時代に書いた特許明細書の出願の審査経過をウオッチしてきたが、最近ようやくほぼ決着したみたいで、結果的に135件の特許明細書の特許明細書を書き、そのうち15件は審査未請求でみなし取り下げになり、残りの120件は117件が特許査定になり、2件は拒絶査定が確定、最後の一件は結構厳しそうな拒絶理由に対して、私の後輩ともいえる担当者がなかなか気合の入った意見書を書いてくれたが、進歩性がないと二度目の拒絶理由が来た。

最後の件が拒絶査定になるにしても、特許査定率は97.5%なので、まあまあなのではないだろうか。いくらなんでも特許査定率なんて100%じゃなくてはいけないなんて、この業界の常識ではないはずである。

私が高々135件の特許明細書しか書いていないではないかといわれるかもしれないが、それはもともと特許事務所でなくて企業なので、特許明細書書きに専念できないのだから仕方ない。思い立った時点で53歳だったし。

すなわち、私が特許明細書書きを頑張ってみようと思い立ったのは、十数年の管理職経験から降りた約10年前のことである。当時、ムーディ勝山の右から来たものを左に受け流すみたいな歌が流行っていたが、私も管理職として、右から左に受け流して他人に指示して仕事をこなすことに飽き飽きして、何かガツンと思い切り実務的なことがしてみたかった。

そして特許実務で何かガツンと思い切り実務的なことというと、それは特許明細書書きだろうと思った。しかも基礎研究所の発明は、特許事務所も敬遠する難解なものだった。私はアイガー北壁に挑戦する登山家のような気持ちになった。

いよいよ私が特許明細書の絶壁に直面すると当面は絶望しそうになったが、そのとき思い起こしたのは、マイケル・ポランニーの「暗黙知の次元」である。それによると細部にこだわることで全体が見えてくる。しかし、細部にこだわるためには、関連技術の全体の俯瞰が必要でそのため、技術書を読むことが必須になる。そうして、こだわるべき細部を見出すと、ジャック・ヒギンズの「鷹は舞い降りた」のように、パラシュートで単身荒野に降り立つ。

私は荒野に降り立って見え来るものをメモして、発明者に投げた。質問は、exhausiveを旨とした。質問し尽くして答えてもらうと、次第に輪郭がみえてくる。そして輪郭がみえてくると、発明の理解を捕捉するためにどんな説明が必要か分かるので、発明者に追加の資料を要求した。このようなやり方で、どんな難解な発明でも、深刻な36条的な拒絶理由は受けていないはずである。

また、難解な発明の場合、細部まで完璧に理解することができないので、どうしてもフッサールのいうかっこ入れが必要になってくる。それを私はプログラミングのAPIに譬えた。すなわち、かっこ入れして、関数を呼び出すように特許明細書に記載を挿入するのだが、それがごく自然に継ぎ目が見えないように記述されなくてはならない。そのために私は自分のプログラミングと、数学と、サイエンス・コミュニケータのスキルを駆使した。

私に言わせれば、いい特許明細書を書くためには、特許実務者の枠を出て、科学者、工学者に近づかなくてはならない。私のみるところ、多くの特許実務者は、特許に軸足を置いて、科学者、工学者に対してアウェイの立場であろうとする。私は科学者、工学者の懐に飛び込んでいって、他愛ないジャーゴンから学んだ。

その結果、私が書いた特許明細書は、発明者からみて、とても技術的にしっくりくる内容となった。それが特許明細書の質をいささかでも上げることになったことは会社の同僚にも理解してもらったと思うのだが、結局誰一人として私のような途は歩まなかった。努力と、それに対する見返りがあまりにも不安定だからだろう。要するにぶっちゃけ、自己満足しかないのである。

ともかく私は、今では仕事として特許明細書を書く生活には戻れないが、せめて技術理解に関しては、身に着けたスキルを特許調査に活かしたいと思っている次第である。

私は、今の会社に転職して、もうすぐ四年になり、基本的に残業もなく、うるさい管理職もいないので、職場に特に不満があるわけではないが、とぎとぎ前職の自由度の高い仕事環境が懐かしくならないといったら嘘になる。

というのは、テレワークはおろか、フレックスもないので、特にいまのように通勤時間が長いと、時差通勤でオフピークで通勤電車に乗ったり、ときどきテレワークできれば、通勤時間を仕事に割り当てられるので、能率が上がるのにな、とどうしても思ってしまう。

私が前職で勤務していた外資系では、テレワークをe-workと呼んだ。たしか2001年頃導入したので、少なくとも日本では先駆的だった。

ただ、最初の頃はおっかなびっくりで、なかなかe-workが浸透しなかった。各人の反応は、自宅で仕事なんて、する気になれない、というものだった。それでも、午後仕事で出張するときに、午前中をe-workにすると、何かと時間を合理的に使うことができる。そうやって、場合により便利であることがわかると、次第にe-workが普及していった。

当時私は管理職だったので、e-workは全くしなかった。そもそも管理職は、会社にいて部下から相談を受けたり、会議をしたりすることが多いので、自宅にいて、電話とチャットツールというのでは、十分なことができない。

私がe-workをしなかった別の理由は、オフィスにいて、e-workの人にサポートを与える立場だったからというのもある。私は一応勤務が長いし、平均より少し上のITスキルがあり、しかも部内の仕組みを作ってきた立場なので、e-workの人をサポートするベストな立場だった。

私は他人をサポートするのが嫌いでない性格で、それはまあいいのだが、ときどきサポートが行き過ぎてお節介になり、e-workの人たちをうんざりさせた。それで、私はほかのマネジメント・ワークもあるということもあり、オフィスにいる部下たちにe-workの人たちのサポートの一部を任せるようになった。彼らは最初はそういうサポートワークに馴染まないで、あまりいい顔をしなかったが、サポートワークを業績として評価するということで、渋々であるがなんとかやってくれるようになった。ただ、冷静にみて、e-workの人たちがオフィスにいればサポートワークはいらないわけだから、部下の人たちがなんで?と思う気持ちもわかる。

そういうサポートワークをどう評価するかというのは永遠の課題なのだが、より本質的な問題があって、それは、リストラとの共存である。あまりいいことではないが、前職で勤務していた外資系は、リストラが横行して、リストラの代名詞のようになってしまった。

そして、リストラとテレワークが共存すると何が問題かというと、それはあまりにも自明で、どうしてもテレワークの人がリストラのターゲットになりやすいのである。テレワークは、病気や家族のサポートなどの問題があっても働けるようにする仕組みなのだから、どうしても仕事のパフォーマンスは上がらないということはある。なので、仕事のパフォーマンスを理由にリストラの候補が選ばれるなら仕方ないともいえるが、ここまでリストラが日常的な出来事になったのだから、テレワークは無理ではないか、制度の否定ではないか、とつい私は考えたりした。テレワークを推進しているという総務省は、このあたりどう考えているのだろう。

テレワークの別の問題点は、マネジメント・コストの上昇である。正直いって、テレワークの人にパフォーマンスを出してもらう仕組みづくりとその運用に私は半端ないワークロードを費やした。それでも、テレワークがうまくいくなら、それでいいと思っていた。

ところが、一方で、テレワークの部下のサポートを私に押し付けつつ、今の時代なのだからオフィスにいようとテレワークとまったく同じようにパフォーマンスが出せると、平気でいう管理職もいて私は当惑した。確かに仕事によっては、テレワークの方が集中してパフォーマンスが出せる場合もあるが、テレワークとオフィス・ワークが全く同じようになる、というのは無理である。

そんな現状があっても、政府がテレワークを推進するのは、育児や介護をしながらでも働ける環境をつくって、より多くの人たちに雇用機会を与える、という意図なのだろう。おそらく、残業を減らせ、という政府の方針もそうなのだろう。そうすると、早く帰宅して保育所に子供を迎えにいかなくてはならない人も働ける。ただ、聞きたいのだが、はい5時になりました、残業禁止なので帰宅してください、で常に、どんな仕事も廻るのだろうか。例えば私は、管理職でありつつ、部内のITサポートの仕事もしていた。相手が管理職だろうが、派遣社員だろうが分け隔てなく対応した。なぜなら、パソコンがきちんと使えないと仕事そのものができなくなるからである。

ところが、パソコンという奴は実にやっかいで、さっぱり不具合の原因がわからないことがある。ディスクのエラーなのか、ネットワーク・カードの不調なのかも、切り分けるのに時間がかかる。それを、はい5時だから終わり、また明日とすると、パソコンが不具合の人は次の日も朝から全く仕事ができない。私はそれで、仕方なく一人オフィスに残ってOSの再インストールからやり直して深夜になってしまったことも何度もある。

しかし、ITサポートなんて、仕事の中では軽い方である。例えば、システムがサイバー・アタックに遭ったときの対応や、天皇が退位されて新しい元号になったときの社内システムの刷新など、下手したら徹夜仕事になりそうな状況はいろいろある。

私がいいたいことは、テレワークの推進や残業を減らすことなどの方針が、一部の、しかし少なくない人たちの負担を却って増やしてしまうことがある、ということである。そういうのも外部不経済と呼んでいいのだろう。なんにしても、最大多数の最大幸福というのは難しい。

月別 アーカイブ

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち企業カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは事件です。

次のカテゴリは倫理です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。