企業の最近のブログ記事

使えない奴

user-pic
0

私はどうみても天才とか秀才とかに認定してもらえる人間ではなく、それどころか使えない奴と思われる傾向がある。

最初に入った大阪にある会社では、開発部門を希望したのに、特許部門に配属されてしまった。研究開発本部長が私に直にいうには、君は理論的すぎるので、特許部門で勉強してから開発部門に異動した方がいいと思うということであった。

しかし、今は知らないけど当時は特許なんて傍流中の傍流で、不貞腐れていたら、仕事を干されてやることがない日々で、まじで頭がおかしくなりそうだった。そして、私を干した上司の車にガソリンをかけて燃やすことを妄想し始めたので、これはまずいと思って、慌ててその会社を辞め、たまたま大学の先輩から東京の機械メーカーを紹介され、受けたらたまたま受かったので、鳥が飛び立つように大阪から東京に出てきた。つい、♪広島で生まれた男やさかい、わては大阪にはよう住まん♪と歌ったりしたが、そんなもん意味不明である。

ところが、東京にある機械メーカーに転職してからも依然として使えない奴と周囲から思われ続けてきた。例えば昼休みに私はひとりで、ニーチェの「人間的な、あまりに人間的な。」を読んでいたのだが、そういうのも周囲からみたら、こいつは非実際的で、使えないという印象を強めたようである。

それから、その機械メーカーが米国に出荷したプリンタの製品が、特許侵害の疑いで、米国国際貿易委員会(ITC)から訴えられて、税関で差し止めになるという事件があった。そこで高等遊民みたいなことをやっていた私に白羽の矢が立った。すなわち、普段は雲を掴むような訳のわからない奴だが、米国弁護士に鑑定書を依頼する文章を英語で作ってくれないか、ということである。別に私が期待されたわけではなくて、他に誰もやろうとしないので私にお鉢が回ってきただけである。

しかし私は密かに英作文の力を蓄えていたので、エンジニアの担当者にも聞いて、私なりに納得がいく内容で英語で鑑定依頼書を作成した。すると、米国弁護士からは、非侵害を認定する鑑定書が届いたが、私はとうとうその帰結を見届けることはなかった。なぜなら、外資系への転職が決まっていたからである。

そのとき、いつも飲みに行って私のことを馬鹿にしていたベテランエンジニアの人は、いやあ君のような社員が特許部にもっといてほしいよと言ってくれた。

それが自信になって外資系に転職してからもなんとかやってこれたと思う。それにしても、機械メーカーにいたとき、私はある女性を見初めて、結婚を申し込んだのだが、適当にはぐらかされてしまった。あまりにも頼りなく見えるからだろう。ならそれで終わりで仕方ないのに、私が結婚した後、知り合いの結婚式でその女性と再会したら今更のように猛チャージされた。淡白な性格の私はそんな猛チャージを、右から左に受け流した。もうちょっと綾のある指し方もできたよね、と今なら思うが、まああれでよかったのだとも、今更思う。

それにしても私は、サラリーマンとしてなんとか平均的な能力はあるという事実は流石に証明されていると思うのだが、なぜこれほどまでに軽くみられるのだろう。まあ、霊格が高いせいだとおもっておく、多分単なる思い込みだろうけど。

ネポティズムというのは、普通に訳すと情実となり、そんなにひどいニュアンスはない。しかし、場合により会社組織などで、これがひどい組織の災厄につながることがある。

別の言い方をすると、人間は本質的にネポティズムに染まっている。すなわち、会社組織でも、優秀な部下よりも、自分と相性のいい部下、あるいは女性だったら美人の部下の方を重んじたくなる。

それに対する歯止めの一つに能力主義、成果主義がある。例えば、野球の監督が、実績や調子を無視して、好き嫌いだけで出場メンバーを決めていたら勝てるものも勝てなくなる。なので、監督に楯突いて困らせるような問題児も、守護神のような抑えの切り札なら何度でも起用される。

ところでネポティズムというのは人間の好き嫌いだけでなく、仕事の内容にも適用される。典型的には軍隊で、砲術が専門だった司令官は、どうしても戦術として砲術に頼りたくなる。それも拡張されたネポティズムである。そこでも、能力主義、成果主義がそれが暴走することのよき歯止めになる。すなわち勝つためには、苦手な戦術、嫌いな戦術でも渋々でも取り入れざるをえない。

さて、幸い?にも、私は外資系にいたとき、ネポティズムを暴走させている人たちを多くみてきた。そこでどんな人が強くネポティズムに染まるか、私なりの観察を述べてみる。

  1. 子供の頃から、周囲から虐められ、あるいは疎外されて、家族や仲間で団結してやりくりしてきた人たち。そういう人は、組織の中でも、気に入った人たちだけを見つけて、大事にに仲間に組み入れる。要するに、疑似ファミリーをつくりたがる。
  2. ネポティズムに染まった人は、なぜか人望がない。おそらくであるが、疑似ファミリー外に対する疎外感、冷たさがにじみ出しているからだろう。ただ、コメントすると、ネポティズムに染まった人が人望がないからといって、友達が少ない人が、ネポティズム志向だとは限らない。
  3. 能力主義に馴染まない。なぜなら、疑似ファミリーのなかでは、相性と限られた友愛だけが重要だからである。能力主義は、気に入らない奴も疑似ファミリーに引き入れることを要請するので、ネポティズムを破壊する敵である。
  4. 当然かもしれないが、ネポティズムの傾向のある人がつくる疑似ファミリーのメンバーのほとんどはやはりネポティズムの傾向をもつ。
  5. ネポティズムに染まった人は、仕事の好き嫌いが激しく、嫌いな仕事には、いくらそれが必要でも興味を示さないし努力しない。いいかえると興味範囲がおそろしく狭い。
  6. 基本的に実務のような地味な作業が嫌いである。
  7. 能力主義の人、広く人気のある人、常識ある人に対して強い敵意を示す。

ところが、ネポティズムとサイコパスが結合した人物があらわれると恐ろしいことになる。そういう人物は、一見人のよさそうな、優秀そうな容貌を示すことに巧みで、知らないうちに組織の階層の上位に引き上げられることがある。

かりにそういう人物が上位管理職に登用されても、能力主義の健全な組織なら、そのうち更迭されるのであまり問題にならない。しかし、爛熟し、硬直化し、あるいは腐敗した組織なら、組織の免疫機能がまったく働かないので、ネポティズムとサイコパスが結合した人物も猖獗し、繁栄することになる。

実はより問題なのは、そういう人物が昇進して人事権を握ると、大車輪にネポティズムを発揮して、どうみても管理職には適任でないような無能な人たちを管理職に指名して、操る。それはコンピュータ・セキュリティでいうところのボット・ネットのようにおぞましい。

こうして、腐敗した組織は、ネポティズムの人たちにとってパラダイスであり、楽して稼ぐ温床になるだろう。

観察していると、私が以前所属した外資系の組織はますますそういう傾向を強めているように思われる。そこに正義はないのかと呆れるのだが、きっとそのうち天罰は下るのだろう。だとしても、気の短い私は、そのレイテンシの長さに焦れるのだった。

電車の中で、「君はまだ残業しているのか」というステートメントが見えた。佐々木常夫氏の著書なのかもしれない。

今の時代、典型的には電通のケースにちなんで、残業は無条件で悪、ということになっているらしい。しかし、私の思いは複雑である。なぜなら私は外資系で管理職をしていたとき、ほとんど毎日、夜10時か11時まで働いていたからである。もし残業が無条件で悪だとしたら、私の一番脂の乗りきっていた時代は、否定去られるべきということになってしまう。

私が極めて合理的に時間を使っていたかどうかというと多分違う。私は昼間は部下や他部門の人との雑談に多くの時間を費やし、その分、夜に予算管理やその他の一人でできる管理業務に時間を費やした。

それでは私は、そんなどうでもいい雑談なんかに時間を費やさないで、管理業務だけで済ましてさっさと提示に帰宅すべきだったのか。しかし、事務作業だけして、他人と話さない管理職なんてありえるのだろうか。

私が先入観に囚われているのかもしれないが、普通に考えて、私はどう考えても毎日定時で帰って仕事が回ったとは思えない。

ときどき、残業しないでやれるかどうかではない、やるんだ、みたいに言う人がいるけど、それって、まるでリソースを無視した帝国陸軍の精神論みたいではないだろうか。だって、やるべき仕事というのが確実にあって、それを定時でこなせる人員がいるかどうかはわからない。そしてもしいないなら、少なくとも何人かが残業せざるをえないではないか。それを、残業しなくてはやれないというのは貴様らがたるんどるからだ、みたいな議論に逆にならないか。

そもそもが、残業しないとできないのは、それは仕事の合理化が足らないのだ、合理化すれば必ず定時でかえれるはずだといえるのか。仕事の量と、使える人的リソース、仕事の質など全く考えないで、よくそんなことが言える。到底科学的な経営とは思えない。

それは、イクメンやテレワークの促進についてもいえる。少なくない社員がイクメンやテレワークをしても、周りの社員がカバーして十分仕事が回るとしたら、よほど人的リソースに余裕があるのだろう。

別の観点でいうと、プログラミングでコードを書く仕事がある。プログラミングというのはやってみれば分かるが、バグは避けられない。また、バグの原因は簡単には分からないことが多い。どうやって定時という決まった時間できちんとコードを書くことが保証されるのだろう。

顧客のクレーム対策の部門もそうである。すいませんが5時なので受け付けられません、明日にして下さいで、カスタマー満足度が維持できるのだろうか。

すなわち、ほとんどの業務が定型的な事務作業のようなものでないと残業しないで済ませられるとは限らないのではないか。

まあきりがないのでこのくらいにしておくが、残業しなくてはならないこともありますよね、といったら、馬鹿もんとビンタでも張られるのだろうか。私はそんなに仕事の要領が悪いのだろうか。少なくとも、Perlなどでぎりぎりまで仕事を効率化しているのであるが。

私は、外資系に勤務していた時代に書いた特許明細書の出願の審査経過をウオッチしてきたが、最近ようやくほぼ決着したみたいで、結果的に135件の特許明細書の特許明細書を書き、そのうち15件は審査未請求でみなし取り下げになり、残りの120件は117件が特許査定になり、2件は拒絶査定が確定、最後の一件は結構厳しそうな拒絶理由に対して、私の後輩ともいえる担当者がなかなか気合の入った意見書を書いてくれたが、進歩性がないと二度目の拒絶理由が来た。

最後の件が拒絶査定になるにしても、特許査定率は97.5%なので、まあまあなのではないだろうか。いくらなんでも特許査定率なんて100%じゃなくてはいけないなんて、この業界の常識ではないはずである。

私が高々135件の特許明細書しか書いていないではないかといわれるかもしれないが、それはもともと特許事務所でなくて企業なので、特許明細書書きに専念できないのだから仕方ない。思い立った時点で53歳だったし。

すなわち、私が特許明細書書きを頑張ってみようと思い立ったのは、十数年の管理職経験から降りた約10年前のことである。当時、ムーディ勝山の右から来たものを左に受け流すみたいな歌が流行っていたが、私も管理職として、右から左に受け流して他人に指示して仕事をこなすことに飽き飽きして、何かガツンと思い切り実務的なことがしてみたかった。

そして特許実務で何かガツンと思い切り実務的なことというと、それは特許明細書書きだろうと思った。しかも基礎研究所の発明は、特許事務所も敬遠する難解なものだった。私はアイガー北壁に挑戦する登山家のような気持ちになった。

いよいよ私が特許明細書の絶壁に直面すると当面は絶望しそうになったが、そのとき思い起こしたのは、マイケル・ポランニーの「暗黙知の次元」である。それによると細部にこだわることで全体が見えてくる。しかし、細部にこだわるためには、関連技術の全体の俯瞰が必要でそのため、技術書を読むことが必須になる。そうして、こだわるべき細部を見出すと、ジャック・ヒギンズの「鷹は舞い降りた」のように、パラシュートで単身荒野に降り立つ。

私は荒野に降り立って見え来るものをメモして、発明者に投げた。質問は、exhausiveを旨とした。質問し尽くして答えてもらうと、次第に輪郭がみえてくる。そして輪郭がみえてくると、発明の理解を捕捉するためにどんな説明が必要か分かるので、発明者に追加の資料を要求した。このようなやり方で、どんな難解な発明でも、深刻な36条的な拒絶理由は受けていないはずである。

また、難解な発明の場合、細部まで完璧に理解することができないので、どうしてもフッサールのいうかっこ入れが必要になってくる。それを私はプログラミングのAPIに譬えた。すなわち、かっこ入れして、関数を呼び出すように特許明細書に記載を挿入するのだが、それがごく自然に継ぎ目が見えないように記述されなくてはならない。そのために私は自分のプログラミングと、数学と、サイエンス・コミュニケータのスキルを駆使した。

私に言わせれば、いい特許明細書を書くためには、特許実務者の枠を出て、科学者、工学者に近づかなくてはならない。私のみるところ、多くの特許実務者は、特許に軸足を置いて、科学者、工学者に対してアウェイの立場であろうとする。私は科学者、工学者の懐に飛び込んでいって、他愛ないジャーゴンから学んだ。

その結果、私が書いた特許明細書は、発明者からみて、とても技術的にしっくりくる内容となった。それが特許明細書の質をいささかでも上げることになったことは会社の同僚にも理解してもらったと思うのだが、結局誰一人として私のような途は歩まなかった。努力と、それに対する見返りがあまりにも不安定だからだろう。要するにぶっちゃけ、自己満足しかないのである。

ともかく私は、今では仕事として特許明細書を書く生活には戻れないが、せめて技術理解に関しては、身に着けたスキルを特許調査に活かしたいと思っている次第である。

私は、今の会社に転職して、もうすぐ四年になり、基本的に残業もなく、うるさい管理職もいないので、職場に特に不満があるわけではないが、とぎとぎ前職の自由度の高い仕事環境が懐かしくならないといったら嘘になる。

というのは、テレワークはおろか、フレックスもないので、特にいまのように通勤時間が長いと、時差通勤でオフピークで通勤電車に乗ったり、ときどきテレワークできれば、通勤時間を仕事に割り当てられるので、能率が上がるのにな、とどうしても思ってしまう。

私が前職で勤務していた外資系では、テレワークをe-workと呼んだ。たしか2001年頃導入したので、少なくとも日本では先駆的だった。

ただ、最初の頃はおっかなびっくりで、なかなかe-workが浸透しなかった。各人の反応は、自宅で仕事なんて、する気になれない、というものだった。それでも、午後仕事で出張するときに、午前中をe-workにすると、何かと時間を合理的に使うことができる。そうやって、場合により便利であることがわかると、次第にe-workが普及していった。

当時私は管理職だったので、e-workは全くしなかった。そもそも管理職は、会社にいて部下から相談を受けたり、会議をしたりすることが多いので、自宅にいて、電話とチャットツールというのでは、十分なことができない。

私がe-workをしなかった別の理由は、オフィスにいて、e-workの人にサポートを与える立場だったからというのもある。私は一応勤務が長いし、平均より少し上のITスキルがあり、しかも部内の仕組みを作ってきた立場なので、e-workの人をサポートするベストな立場だった。

私は他人をサポートするのが嫌いでない性格で、それはまあいいのだが、ときどきサポートが行き過ぎてお節介になり、e-workの人たちをうんざりさせた。それで、私はほかのマネジメント・ワークもあるということもあり、オフィスにいる部下たちにe-workの人たちのサポートの一部を任せるようになった。彼らは最初はそういうサポートワークに馴染まないで、あまりいい顔をしなかったが、サポートワークを業績として評価するということで、渋々であるがなんとかやってくれるようになった。ただ、冷静にみて、e-workの人たちがオフィスにいればサポートワークはいらないわけだから、部下の人たちがなんで?と思う気持ちもわかる。

そういうサポートワークをどう評価するかというのは永遠の課題なのだが、より本質的な問題があって、それは、リストラとの共存である。あまりいいことではないが、前職で勤務していた外資系は、リストラが横行して、リストラの代名詞のようになってしまった。

そして、リストラとテレワークが共存すると何が問題かというと、それはあまりにも自明で、どうしてもテレワークの人がリストラのターゲットになりやすいのである。テレワークは、病気や家族のサポートなどの問題があっても働けるようにする仕組みなのだから、どうしても仕事のパフォーマンスは上がらないということはある。なので、仕事のパフォーマンスを理由にリストラの候補が選ばれるなら仕方ないともいえるが、ここまでリストラが日常的な出来事になったのだから、テレワークは無理ではないか、制度の否定ではないか、とつい私は考えたりした。テレワークを推進しているという総務省は、このあたりどう考えているのだろう。

テレワークの別の問題点は、マネジメント・コストの上昇である。正直いって、テレワークの人にパフォーマンスを出してもらう仕組みづくりとその運用に私は半端ないワークロードを費やした。それでも、テレワークがうまくいくなら、それでいいと思っていた。

ところが、一方で、テレワークの部下のサポートを私に押し付けつつ、今の時代なのだからオフィスにいようとテレワークとまったく同じようにパフォーマンスが出せると、平気でいう管理職もいて私は当惑した。確かに仕事によっては、テレワークの方が集中してパフォーマンスが出せる場合もあるが、テレワークとオフィス・ワークが全く同じようになる、というのは無理である。

そんな現状があっても、政府がテレワークを推進するのは、育児や介護をしながらでも働ける環境をつくって、より多くの人たちに雇用機会を与える、という意図なのだろう。おそらく、残業を減らせ、という政府の方針もそうなのだろう。そうすると、早く帰宅して保育所に子供を迎えにいかなくてはならない人も働ける。ただ、聞きたいのだが、はい5時になりました、残業禁止なので帰宅してください、で常に、どんな仕事も廻るのだろうか。例えば私は、管理職でありつつ、部内のITサポートの仕事もしていた。相手が管理職だろうが、派遣社員だろうが分け隔てなく対応した。なぜなら、パソコンがきちんと使えないと仕事そのものができなくなるからである。

ところが、パソコンという奴は実にやっかいで、さっぱり不具合の原因がわからないことがある。ディスクのエラーなのか、ネットワーク・カードの不調なのかも、切り分けるのに時間がかかる。それを、はい5時だから終わり、また明日とすると、パソコンが不具合の人は次の日も朝から全く仕事ができない。私はそれで、仕方なく一人オフィスに残ってOSの再インストールからやり直して深夜になってしまったことも何度もある。

しかし、ITサポートなんて、仕事の中では軽い方である。例えば、システムがサイバー・アタックに遭ったときの対応や、天皇が退位されて新しい元号になったときの社内システムの刷新など、下手したら徹夜仕事になりそうな状況はいろいろある。

私がいいたいことは、テレワークの推進や残業を減らすことなどの方針が、一部の、しかし少なくない人たちの負担を却って増やしてしまうことがある、ということである。そういうのも外部不経済と呼んでいいのだろう。なんにしても、最大多数の最大幸福というのは難しい。

私は、多倍長計算ライブラリなどから推察していただけるように、コンピュータ・プログラミングが好きで、自宅でも暇つぶしになにかプログラムを書いているくらいなので、学習塾のちらしで、プログラミング教育を謳っているのについ着目した。

しかし、ちらしに「プログラミングは必須のスキル!」と題して、「(前略)すでにアメリカでは、プログラミングスキルがないと、大学を出ていないとみなされています。」と書かれているのをみて、それは言い過ぎだろうと私は急に不機嫌になった。

というのは、外資系のとき私を虐めた上司は、天下のMIT卒で、なにやらコンピュータのスキルを自慢げにいうので、ならプログラミング談義ができそうだと、話題を振ってみたら、どうも歯切れが悪い。そのあたりの空気を読むのが苦手な私がついプログラミングの話を続けていたら、彼はすっかり不機嫌で黙ってしまった。それからずっと陰に陽に虐められるようになったのだから、私のKYは罪が重い。

ただ理系の権化のようなMIT卒の人がプログラミングが得意ではないのだから、「すでにアメリカでは、プログラミングスキルがないと、大学を出ていないとみなされています。」は違うと思う。

その上司のために弁護すると、彼はプログラミングスキルを除けば、コンピュータのアプリケーション全般に私より詳しかったし、特許弁護士として特許実務もできた。まあ全般的に優秀だったといってよい。なので、私がプログラミングの話題さえ振らなければ、いろいろな意味で私は平穏だったし、彼のプライドも傷つくことはなかった。

何がいいたいかというと、プログラミングは、誰でも普通に習えば上達するという技芸でないし、子供のときから習わないと上達しないものでもない。多分、囲碁や将棋よりも年齢依存性は低い。だから、プログラミングに活き活きした楽しみを感じる子供だけ習えばよいのである。そういう子供はほぼ確実にプログラミングの才能がある。今の私のスキルなんぞあっという間に追い抜く、将棋がそうであるように。

これは多分英語についてもいえる。英語で、帰国子女とかでネイティブ並みの発音だと羨ましがられる人がいるかもしれないが、要するに重要なのは話す内容なのであって、内容を充実させるためには、母国語での思考力が必須である。すると下手に英語をやるより、子供のときはみっちり日本語や漢字などを勉強した方がよい、ということになる。

プログラミングも同様で、きちんと意味があるプログラミングができるようになるためには、プログラミングの才能がある子供でも、いつかは数学的論理思考力が必須になる。大学のときプログラミングの授業で、悲惨なまでにできなかった私が、急にプログラミングに目覚めたのは、ブルバキの数学原論でみっちり集合論と代数学を勉強した結果だった。

ただ、折角ブルバキの数学原論を読んだのに、目覚めたのはプログラミングであり、数学ではなかった。すると要するに数学の才能はなかった、ということなのであり、結局そこに行きつくのである。

なのでときどき私はこう言って自分を励ましたい。いやあ、君は瀬戸内海の孤島から東京に出てきて、たいしたバックグラウンドもなく今までよく頑張ったね、その田舎者らしい泥臭い努力は買うよ。まあ、君に足りないものは才能だけだけどね。

下知

user-pic
0

井伊直虎に書いたように、私は今年のNHKの大河ドラマの熱心なファンなのだが、ウェブで調べてみると、今年のNHKの大河ドラマの視聴率は必ずしも高くないようである。

へぇ、必ずしも時代劇のファンでもない私がこれだけ熱心に観ているのにと思うのだが、ストーリーが暗すぎるとか、主役の柴崎コウが明るくないなど、いろいろ意見があるようである。私は必ずしも柴崎コウのファンではないが、今回の直虎役はとても似合っていると思う。

ただ、自分の心理を冷静に判断してみて、自分が特に井伊直虎に入れ込んでいる理由が次第に分ってきた。それはどうも、井伊の家臣である小野政直と、その息子の政次の存在にあるようである。

すなわち、小野家は、井伊の家臣とはいえ、今川方の代理人のような立場を維持し、折角井伊直盛が施策を進めようとしても、それに反するような下知、すなわち命令を今川義元から取り付けて、書面の形で差し出すので、井伊直盛でさえ、小野には反抗できない。

直盛は比較的温厚な性格であるが、その祖母の直宗とか、家臣の新野や中野など、血の気の多い者たちは、小野を叩き斬らんばかりにいきり立っている。しかし、斬りたくても斬れないのは、本当に小野を斬ってしまうと、今川の逆鱗に触れて、井伊が取り潰しに遭ってしまうからである。

そして私が井伊直虎の大河ドラマに入れ込むのは、私が外資系にいたとき、井伊直盛のような立場にあったからである。すると、えっ、お前は部門長だったのかと言われそうである。しかし私はいかなる意味でも部門長ではなく、部内にはある理由で部門長はおらず、法務部長が部門長を兼任していた。

それでも、当時私が予算権限をもち、予算の許す範囲で私が支払の承認を下すことができたので、私が井伊直盛だった、といってもそんなに的外れではないと思う。

そして問題は、小野政直のような存在の者が部門にいたのである。あの大河ドラマでは形式的には小野政直は直盛の家臣だったが、私の場合、小野政直は家臣でなく単なる同僚管理職だった。それだけならいいのだが、部門の小野政直は、米国本社の上位部門のトップと属人的関係をもち、私を含む同僚管理職の意向を全く無視して、まさに米国本社から下知を取り付け、われわれにそれを突きつけるので、私を含む同僚管理職はひどく当惑した。

しかも、その取りつける下知の内容が、小野政直にだけ都合がよくて、まったく部門のためにならないものだったので、私は腸が煮えくり返るようだった。しかし、あくまでも本社からの下知なので、公には文句がいえない。

そういうことがあまりにも目に余るので、私は米国本社に出張に行くついでに、意見を具申することを決意し、上位管理職との面談の同意を得た。しかし、それは、井伊直盛または井伊直満が、駿府の今川義元に、その意向に掉さすような内容の申し開きに行くに等しいことで、戦国時代なら、惨殺されてもおかしくないところだったが、流石に平和な世の中、私は平穏里に日本に帰国した。

しかし申し開きは寧ろ私にとって不利になり、その後人事的に一層冷遇されるばかりだった。剰え、あの大河ドラマとは違い、小野政直があっさり井伊の地頭職というか領主になり、下知の乱発は一層目に余るようになった。

すなわち、大河ドラマとは違い、私には竜宮小僧のように助けてくれる人も、徳川家康のように側面から攻めてくれる人もなく、今川義元は桶狭間で討たれることもなく他領地に鞍替えとなり、あとを引き継いだ今川の新領主も今川義元の方針を踏襲したので、いよいよ元領主の直盛の立場はなくなった。まあ、直盛たる私も、桶狭間で討たれなかっただけでもましか。

それにしても、小野が取りつける下知で次第に窮地に立たされる井伊家のことは、我がことのように身に染みて辛いのだった。

鉄人モード

user-pic
0

私は、元広島カープの衣笠祥雄氏を尊敬している。その野球の実績も然ることながら、その連続試合出場日本記録に真に敬意を表している。

なので、鉄人と呼ばれる衣笠氏に一歩でも近づこうと私が努力したことがあって、それは、なるべく病気でブレークダウンしないで、出勤することである。それには気力の充実が必須であるが、1995年1月に管理職に就いた私は、責任感を感じて、気合いを入れて勤務することで、2006年4月の末をもって管理職を降りるまで、風邪さえひかず、ほぼ毎日朝九時から、ほぼ夜11時まで働いた。

その間、休暇もほとんど取らなかったが、少なくとも部下にもそうすることは強いないようにした。なぜなら、特に管理職手当はないので俸給的に優遇されているわけではないにしても、特に私が勤務していた会社は、管理職の権限が大きく、課長レベルでも小さい会社の部長並みの権限があったからである。しかも私は、部門長代行として実質的に予算権限を握っていた。なので、人一倍働くのは当然だと思っていた。そういう気風が、後輩管理職たちに全く伝わらなかったのは、私の不徳の致すところである。

そうやって、病気でブレークダウンすることなく働き続けることを鉄人モードと呼ぶことにすると、管理職を降りた後も鉄人モードを2009年の3月まで続けたが、それが破れたのは、鹿島さんで述べた、難解な発明の特許明細書を書いたときである。そのときは、発明を理解するのに力尽きて、病に伏して会社を休んでしまったのだった。いつかは途切れるとは思っていたが、ついにその日が来たか、と嘆息した。

そこからまた鉄人モードを続けようとしたら、翌年また病に倒れてしまった。そのときは、ある古参の同僚社員が退職するので、別の古参同僚社員と話して、三人だけで送別会を催そうと相談した。実はあまり気が進まなかったのだが、流石に欠席するというのは私の律義さではありえない。

ところが、前日尿道炎で熱が出て、酒を飲むどころではなくなったので、会社を休み、結果的に送別会も欠席した。それで、すいませんが体調不調で送別会は出れませんと連絡したら、私が出席したくないので仮病を使ったと誤解したようで、私は長らく恨まれていた。ちょっとくらいの風邪なら出席するが、熱が39度もある尿道炎ならどうしようもない。しかし、言い訳しても仕方ないので恨まれるままにしておいた。

そこからまた鉄人モードを再開して、再就職した後も、なんとかつい最近まで7年間鉄人モードを続けたのだが、先日、出勤するため三鷹駅の改札を出たとき、どうも体調がおかしい。頭がふらふらして、歩くのさえやっとである。そういえば、クモ膜下出血の初期症状がそうだったか、いよいよ自分も寿命がここで尽きるのか、とふと思ったが、最近生きることに疲れている面もなくはないので、まあそうだったとしても仕方ないな、と意外にあまり深刻ではなかった。

そしてそもかく、オフィスに着くと、急に便意を催して、何度も下痢した。下痢だけでなく吐き気もして、朝食のほとんどを吐いた。そして、自席でウェブ検索して、クモ膜下出血で下痢や吐き気という症状はないので、流石にクモ膜下出血ではないだろうと安堵した。

安堵したのはいいが、依然として気分が悪くて、仕事どころではない。それから何度も下痢や嘔吐を繰り返し、これはノロウィルスかと別の懸念が出てきた。で、いまからノロウィルスの症状が出てくるなら、ともかく上司に申し出て休暇にして早く帰宅しなくては、と思うのだが、勤務先が自宅から比較的遠方なので、帰宅する体力もない。それで仕方なく席にいたら、仕事の問い合わせメールがきて、気分の悪さを我慢して必死で応答していると、仕事は案外体のクスリなのか、少し気分が戻ってきた。さらにメールがきて、そのリクエストにも応えていると、昼休み休憩になり、ここでしばし長考して、この日はなんとか歯を食いしばって定時まで勤務し、次の日を休暇に充てるのがベストと判断した。

そうやって夕方になると、かなり体力が回復していたので、これはノロウィルスではなく単なる食あたりだったかな、と少し楽観してきた。

そして帰りの電車の中で、別に生ものなど怪しいものは食べていないのになぜ食あたりになったのかと考えてみると、それはかなり疲れていたせいのようである。

さらに考えてみると、疲れている原因は、2月に入って結構日常業務がハードだったのに、休日に、多倍長計算ライブラリのような多倍長処理アルゴリズムをずっと考えていたからのようなのだった。寝ても覚めても考えていたので、最近では夜寝ていても、何度も計算アルゴリズムでうなされたりした。

実は、頭脳のコストとしては、難解な発明の特許明細書を書いたときと比べて、そんなに大きくないので大したことはないだろうと高をくくっていた。しかし、当時よりも遠距離通勤になったことと、歳をとったことで体力が落ち、昔なら平気だったことも、少しずつ体に障るようになってきた。

今回久々に鉄人モードが崩れたことは、そのあたりのリソース配分を考え直しなさいという警告と理解することにした。だからといって、多倍長計算アルゴリズムなどに頭脳リソースを投資することは止めるわけにはいかない。私の人生の無体財産だからである。一方で私は、無事これ名馬という言葉も好きである。これは鉄人モードにつながる。ようはバランスなのだった。

私が勤務している職場では最近、ディスプレイを会社に買ってもらうのがはやっている。すなわち、仕事の能率を上げるため、もう一台のディスプレイを買って接続するか、大画面のディスプレイと交換するのだという。

そんな様子を私は横目でみて、何やってんの、と距離を置いていたら、先日上司がやってきて、ディスプレイがもう一台ほしくないかと私に聞くので、もう一台のディスプレイでどうやって仕事の能率上げるんですか、とつい聞き返してしまった。

するとそんな言い方をされるとは思っていなかったようで、ちょっと戸惑いながら、いや、一方のディスプレイにエクセルを表示し、もう一方にワードを表示して、見比べながら仕事をするんだという。

で、私も愛想がないなあと自分でも思うのだが、自分はツールで処理するので、ディスプレイは最低レベルのがあればいいんです、と言ってしまった。こうやってまた私はみんなに敬遠されるのだろう。

でも私はテキスティエなのであって、その矜持にかけて、仕事の能率をディスプレイに委ねるわけにはいかない。

なぜなら、すべての仕事の文章はまずテキスト・エディタで書き下す。あとは、PerlでもC++でも、なんでもいいのだが、エクセルに貼り付けるならcsvかtsvに変換し、ワードに貼り付けるならHTMLに変換する。

こういうやり方だと、テキストファイルをPerlなどで加工し終わった時点で勝負はついており、ディスプレイはそれをエクセルかワードに貼り付けたあと、ちらっと内容を確認するにすぎない。

そもそも私が以前いた外資系でも、会社から支給されたパソコンはノート型でディスプレイが15インチしかなかったので、能率が悪いとわざわざ大容量の外付けディプレイを買って付けていた人がいたが、そうやって能率が上がったのをみたことがない。私に言わせれば、たんに机の上がディスフレイで占有され、手狭になっていただけである。

私はディスフレイを置くスペースがあったら、辞書とか技術書とか仕事に役立ちそうなものを置く。そういうことを心の中で思うだけでなく口に出していうので、だから私は敬遠される。テキスティエは、ロンリー・ソルジャーなのであった。

能ない鷹

user-pic
0

昔から、能ある鷹は爪を隠す、という諺があり、その意味はここに説明するまでもないだろう。確かに、特に私が東京に出てきて出会った何人かの超秀才は、謙虚というか淡々としており、爪を隠すというより、自分が鋭い爪をもっていることをあまり意識していない風であった。なので私のような小物に爪を振りかざすことももちろんない。

私はというと、自分でいうのもおかしいのだが、その諺とは違っていて、能ない鷹は爪を磨き、爪を隠さず、というところなのだった。すなわち、私はいつも自分の能力不足を感じているので、ピースミール努力により、あまり世間の他の人が注目しないようなマイナーな分野で努力することにより、自分の居場所をつくっている。すると、あまり他の人と競争にならないので問題が起きにくい。また私は、その分野ではっきり能力で勝てないと見切るととても謙虚に振る舞える。

すると、私がいくら爪を隠さずの方針でも、一般的にはあまり問題は起きないのだが、私が爪を出している分野で他人と衝突することがときどき起きる。それは、以下のような場合である。

  1. 私が努力している分野と重なる分野で、ある人物がそこそこの自信とプライドをもっている。
  2. しかも生憎、ピースミール努力を通じて、その人物よりも、当該分野で私の方がスキルが高い。

こういう場合、その人物は、私が爪を隠さない、すなわち謙虚にしていないことが居たたまれなくなって、不愉快を感じるようである。

実は私は、その人物が自分より地位が高くないなら、別に爪をひっこめてもいいと思っている。むしろ若い人とかが威張っていると、若いときの自分をみるようで応援したい気持ちになる。逆にいうと、自分より地位が高い、あるいは責任ある地位にあるような人がいたら、私は爪を見せることに容赦しない。私のメッセージは、只でさえ貴殿は私より地位が高いのだから、私がマイナーな分野で密かに爪を磨き、能力を高めている分野でちょっとくらい私に負けたからって、地位を使って私を貶めようとすることはないのではないか、ということである。

もっと具体的に言おう。例えば、コンピュータ・プログラミングの分野である。私が所属している部門は知財関係だったりするので、もともとそんなにコンピュータに詳しい人はあまりいない。ときどきソフトウェアの開発部門にもともといて知財部門にくる人がいたりするが、そういう場合は私はきちんとそのスキルに敬意を表するのであまり問題にならない。ところが、地位が高くてコンピュータも一応趣味という人がときどきいる。そんな人は私からみたら所詮旦那芸で、ちょっとVBやエクセルのマクロでプログラムが書けるだけだったりする。私ももちろん所詮旦那芸なのだが、一応C++やPerlなどで業務の根幹を支えてきた経験があるので、一応彼らより香一本はコンピュータに強かったりする。それが彼らのプライドに障り、我慢ならないようである。それで私の仕事でちょっとケアレスミスを見つけると、鬼の首を取ったようにミスを衝いてきて、私の他の仕事まで否定しようとする。

私が馬鹿なのは、そういう状態になったら、戦略的無能を装って負けたふりをすればいいのに、一層相手の神経を逆撫でするようなことを言ったりする。ここまでくると、将棋や囲碁でいうところの勝負の気合いで、例えば、△6七歩と垂らされたら▲6九歩と謝れば無事なのに、私は意地でも謝るものかと、△6七歩に▲3五歩と戦線を拡大して、結局△6八歩成と攻め合われて一手負けになったことは何度もある。しかしどうしても懲りない。

なぜ懲りないかというと、そういう勝負で気合負けすると、ピースミール努力による私のささやかなスキルの進歩が止まってしまうからである。

しかし冷静に考えると、そんな局所で気合負けしても、全体のバランスを考えると負けるが勝ちというやり方の方が正しいということもありえるのであって、結局私の大局観が悪かったということになる。

なので、こんなひどい大局観でよくここまでやってこれたな、というのがこの歳になって今更のように感じることなのだった。まったく、能ない鷹というのは始末におえない。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち企業カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは事件です。

次のカテゴリは倫理です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。