金融の最近のブログ記事

金融リスク

user-pic
0

金融リスクとは何かと聞かれたら、素人なので、ええと、保持する金融債券の価値が暴落することで、ええと、とかしどろもどろになるであろう。そこで、自分の理解のため、「金融リスクマネジメント」小野覚著、東洋経済新聞社に基づき、調べて書いてみる。

この本によるとまず、金融リスクとは、「資金の貸借、有価証券の売買、それらの派生商品の取引といった金融取引およびその取引の結果生じる金融商品の保持に伴って損失を被る可能性。」とある。なるほど、これが模範解答だとすると、私の回答は、100点満点で10点くらいしかもらえない。「損失を被る可能性」というのがミソである。大学の教養に金融論とかいう授業があったとすると、間違いなく単位はもらえないだろう。

しかし、金融リスクの話はここで終わりではない。さらにブレークダウンされるのである。以下、それを列挙してみる。

  1. 信用リスク:これは、金融取引の取引先や金融商品の発行体のデフォルト、もしくは信用力の変化によって生じるリスクのことである。ここで、デフォルトとは、債務不履行のことである。信用リスクはさらに、取引先リスクと発行体リスクに分けられる。取引先リスクとは、A社の社債をB社から購入するとき、きちんとその購入契約が履行されるかどうかというリスクであり、発行体リスクとは、A社が倒産するなどして社債の価値がなくなるリスクである。
  2. 市場リスク:これは、金利、為替レート、株価など市場で取引される商品の価格やレートが変化することによって金融商品または金融取引に生じるリスクのことである。市場リスクはさらに、下記のとおりブレークダウンされる。  
    • 金利リスク
    • 為替リスク
    • 株式リスク
    • コモディティ・リスク:これは、石油、ガス、穀物などの原材料の価格変動に伴うリスクである。
  3. 流動性リスク:これは、市場流動性リスクと、資金調達リスクに分けられる。
    • 市場流動性リスク:保有している金融商品の反対売買、または取引残高のある金融取引の解消が通常よりも不利な条件でしかできなくなる、あるいは困難になるリスクである。
    • 資金調達リスク:金融商品の保有や金融取引の残高維持にあたっての資金調達が、通常よりも不利な条件でしかできなくなる、あるいは困難になるリスクである。
  4. 決済リスク:外国為替取引や有価証券売買取引において、取引や決済までの間の取引先のデファルト、事務処理等の理由により、予定どおりに決済が履行されなくなるリスク、もしくは支払うべき通貨を支払った、または引き渡すべき証券を引き渡したにもかかわらず、受け取るべき通貨または証券を受け取れなくなるリスク。
  5. オペレーショナル・リスク:金融取引における資金決済、証券受け渡し、担保管理等の事務処理のミス・不正、事務処理をシステムの不備、その他のミス・不正といった事務処理上の種々の要因により生じるリスク。これは、システム・リスクと事務リスクに分かれる。
  6. リーガル・リスク:金融取引において、契約の不備やその他の法的解釈の問題、取引先の行為能力といった法的な要因によって生じたリスク。
  7. レピュテーショナル(評判)リスク:金融機関のとった行動が、金融市場の他の参加者にネガティブに受け取られ、それがもとになって業務に支障が出たり損失になったりするリスク。
  8. 税務リスク:金融取引や金融商品の保有に当たって、当初予想していない税務上の取り扱いにより損失を被ること。
  9. 制度リスク:国または規制機関・団体等が実施している制度の変更等を要因として、金融取引や金融商品の保有に損失が発生するリスクである。

以上、金融リスクを概観した。なるほど、リスクにもさまざまな側面があるのだった。

金融: 月別アーカイブ

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち金融カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは軍事です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。