心理学の最近のブログ記事

発達障害のサヴァン症候群に関して、アカシック・クラウドってあるよね、とふと思った。

ここでアカシックというのは、アカシックレコードのことで、私好みの霊界につながる話である。

すなわち、サヴァン症候群のところで映像記憶、共感覚のところは、ある意味、パソコンでいえば、クライアントサイドにとどまる話で、ローカルに最適化すればなんとかなる話なのかもしれないが、20桁の数が素数かどうか見ただけで一瞬で判断するというのは、どんなにローカルを最適化しても、ありえないと私は考えた。ところが、なにかのサイトをみていて、いくらなんでも20桁の数が素数かどうかの判定なんて勘違いらしいとあった。

それで、計算量のことに多少の知見をもつ私は少し安心したのだが、そこで想起するのはやはり、ラマヌジャンの神技のような数式群である。あれは、なにかの錯覚でしょう、で済む話ではない。そこで思いついたのが、アカシック・クラウドの概念である。

ところで、私はかなり前、ある神主さんにいろいろ相談に乗ってもらったことがあった。その神主さんがいうには、どんな宗教でもいいのだが、信仰が大事なのだという。で、今更の牽強付会なのだが、その信仰は、もしかしてアカシック・クラウドに対するAPIを使用するアカウントを得ることになるのではないかと思った。

そして、首尾よくアカシック・クラウドにログインできて、その超高速計算環境を使えるなら、20桁の数の素数判定など、一瞬でできてもおかしくない。まさにラマヌジャンも敬虔なヒンズー教徒である。

なぜ信仰が大事かというと、信仰がないと超越的なものに対する畏敬の念が起きないので、アカシック・クラウドなんてとんでもないということになる。

それで私も、今更のように会社の近くにある神社に日参しているのであるが、まだ効果はみえない。まあ、効果なんていってるうちは無理なのであるが。

ともかく私も、アカシック・クラウドにあやかる日を願って無心に祈ることにする。

発達障害

user-pic
0

成毛眞の「発達障害は最強の武器である」SB新書を読んで、発達障害という記事を書いたときは、その本の趣旨に沿って、発達障害をうまく利用すれば、社会で成功することもありえるんだと肯定的に考えたりしたが、それはあまりに一面的であるような気がして、発達障害そのものについてより専門的に書いたベストセラー本である、岩波明「発達障害」文春新書を読んでみた。

すると、岩波明氏が精神科医であるせいか、発達障害は気にしなくていい、みたいなニュアンスはなく、治癒すべきものとして記述されている。

この本で最初の章では、ASD(自閉症スペクトル障害)が記述される。ここにいわゆる自閉症のコミュニケーション障害が描かれるが、単なる内向性との区別が微妙だったりするので、わからない。ASDの一部にアスペルガーも含まれるというが、その違いもあまり明確に説明されない。

相当に内向的な私は、場合によりASDに該当するような気もするが、基本的にぎりぎりの社会性は保っており、サラリーマンもできているので、治療が必要なほどひどいとは思えないのだが、ストレスが強いとどうなんだろう。

ともかく、ASDは遺伝的な要因が大きいというのだが、確かに私の母はちょっと鬱っぽいところもあった。しかし程度問題のような気もする。

あと、ASDの治療にはオキシトシンが使用されるというのだが、それはまさにシャーデンフロイデを司る脳内物質なので、そうなんだ、と改めて感心した。

ASDと並んで二大発達障害のもう一つはADHDで、私はどちらかというとASDというよりもADHDなのかも、と思ったりするのだが、この章を読めば読むほど、ASDとADHDの違いが分からなくなって却って混乱してきた。

そういう混乱しているときになにか救いと感じたのは、次の映像記憶、共感覚、学習障害の章である。というのは、ああっ、これってまさに知的卓越のことではないかと思ったからである。すなわち、映像記憶というのは見たままを映像のように記憶することであり、これはまさに将棋(そして囲碁も該当するだろう)を強くなるための必要条件なので、すばらしい能力だと感じた。しかし岩波氏は決してそう手放しでは褒めない。その逆の欠点も知っているからだろう。

共感覚というのは例えば、音楽を聴いて色が見えるみたいな能力であり、それもすばらしいのだはないのか。これって、すぐれた音楽家の必要条件ではないのか。もしかして小説家も文章と色を結び付けるのだろうか。それとも文章と音が結びつくのか。それは名文家の条件なのかと問うのだが、この本は一切応えてくれない。

あと、よく分からないのは学習障害のところでサヴァン症候群が出てくることで、これって分厚い本を一気に記憶したり、すごい算数計算を暗算でしたりと私には感心すること頻りなのだが、それも他にマイナスが出るのだろうか。それにしてもこの本に20桁の数が素数かどうか見ただけで一瞬で判断できるとあるのだが、それいくらなんでも嘘だろうと思った。だって、そのためには10桁までの5000万個までの素数で割ってみなくてはいけなかったりして、コンピュータを使ってもどうみても数分はかかる。まあでも、ラマヌジャンの超絶数式をみたら、ラマヌジャンもサヴァン症候群だよね、だから20桁の数の素数性の判定なんてありえるよね、といろいろ考えたりするのだった。

その後の章は、発達障害と犯罪者の勘連について述べるもので、いよいよ分からない。ただ、犯罪の原因は発達障害だけでなく、他の精神病、人格障害、サイコパス、ソシオパスなどもありえるので、どうも議論についていけなかった。

あと、発達障害も薬物療法、グループ療法をするというので、いろいろな意味で普通の精神病と同じでは、ということになるのだった。ううん、いよいよ発達障害のことが分からない。

記憶力

user-pic
0

私はどんな種類の試験も苦手であり、大抵の試験には暗記がついてまわるので、どう考えても私が記憶力にすぐれていると判断する根拠はない。それでも、もしかして日本人の平均よりましでは、と思ってきたのは、例えば将棋指しというのは、アマチュアであっても結構記憶力がよい人種だと思うのだが、そんな将棋指しの中にあって、私は、将棋の局面を眺めて、あっ、これは平成NN年の○○八段対△△棋聖の棋聖戦第3局の将棋だね、と指摘して、棋友に驚かれたことはそんなに稀ではなかった。すると私は、一般の文字の記憶力は平均以下だが画像的記憶力はまあまあなのかもしれない。

と、記憶力に対して一応の自信をもって生きてきた私だが、最近それが音を立てて崩れる経験があった。それは、桶狭間の戦いで、織田信長に殺された武将の名前がどうしても出てこなくなったからである。おかしいのは、それが今川義元だと記憶し直しても、すぐに忘れてしまう。それよりマイナーなはずの徳川の旧姓の松平は決して忘れないのに、である。

なぜ今川義元なのか、もしかして、Rad Wimpsではないが、私の前前前世が今川氏に殺されて、思い出したくないのか。

ともかく、ここまで記憶があやしいのはボケの兆候かもしれないので、早速訓練することにした。どうするかというと、小田急線の駅名を、新宿から順に記憶していくのである。新宿・南新宿・参宮橋、いかんここでもう詰まってしまった。それでも頑張って繰り返し駅名を眺めると、なんとか経堂くらいまでは延びたが、まだ成城学園前には届かない。

こういう努力をしていると、流石に今川義元はぱっと思い出すようになったが、小田急線の駅名なんて新宿から小田原まで短期間で記憶できないでどうする。

私は歌が好きなので、やっぱり歌詞の記憶だろうか。例えば、私は、「長崎は今日も雨だった」と、「宗右衛門町ブルース」と、あと何曲か三番まで歌詞を完全に暗記しているのだが、これをもっと増やさなくては。いや、それよりまず、新宿から箱根湯本までと、相模大間から片瀬江ノ島までの駅名の記憶か、といろいろ思案するのだが、思案するくらいならどんどん記憶しろよなと自分を叱咤するのだった。

発達障害

user-pic
0

何かの書籍広告で、成毛眞の「発達障害は最強の武器である」SB新書を見かけて、おっこれは買いだと思った。なぜなら、私は程度はともかくとして、自分が何かの発達障害に該当していると自覚しているので、それが活かせるなら望外ということである。

まず、この本の最初に発達障害の種類が示されていたので、引用してみる。以下のとおりである。

  1. 広汎性発達障害
    1. 自閉性障害
    2. アスペルガー症候群
    3. 特定不能の広汎性発達障害
    4. 小児期崩壊性障害
  2. 学習障害
    1. 読字障害
    2. 書字表出障害
    3. 算数障害
    4. 特定不能学習障害
  3. 注意欠如・多動性障害(ADHD)
    1. 不注意優勢型
    2. 多動性・衝動性優勢型
    3. 混合型

こうやって類別が与えられると、自分はどれに該当するのだろうと思案する。以前はアスペルガーと思っていたのだが、私は落ち着きがないのでもしかしてADHDなのかもしれない。私はいろいろな面で変なのでどれも該当しそうであるが、少なくとも読字障害と算数障害はないような気がする。

ともかく、この本には発達障害の詳しい解説はないので、このリストをいくら眺めても、わからない。それについては別の本を当たることにする。

このあとは、成毛氏が知るビル・ゲイツの様子と、成毛氏自身の傾向が言及される。すなわち、ビル・ゲイツはまったく比喩が理解できなかったり、会議中にずっと揺れていたり、突然切れたりするそうであるが、するとビル・ゲイツはADHDに該当するのだろうか。

成毛氏自身はというと、どうもADHDらしい。何しろ、いろいろと興味を広げて飽きっぽいらしい。そのあたりは私と似ているのかもしれないが、私と違うのは、ものすごく要領がいいというか、適当に遊んでいるようでも、ビジネスの時流に乗ってしまうのである。これは私は到底真似できない。

あと、場合によって「過集中」して、特定の分野をマスターしてしまう。これも私は真似できない。例えば、私は弁理士試験に集中してみようとしたが、ずっと拒否感があって、早々に放棄してしまった。勉強に関して私は相当偏食らしい。

それでも、発達障害を矯正しようとせず、開き直るということは私も採用した。自分の得意なことに集中し、妙な儀礼も省略して仕事に取り組んだ。それで特定の限られた分野ではそこそこ成果を挙げたが、儀礼の省略によって、こいつは生意気だとマークされ、虐められた。

だから、発達障害で開き直っていてやっていくにはかなりの幸運と才能が必要である。成毛氏は大いなる才能と幸運があった。私はぎりぎり生き残れるだけの才能と運しかなかった。それだけの違いである。到底一般化できない。

以前に局所優位に書いたように、中野信子には違和感を感じたが、何かの書評で中野信子の「シャーデンフロイデ」幻冬舎文庫を見かけたとき、これはためになりそうと、買って読んでみることにした。

まず、シャーデンフロイデというのはドイツ語で、Schadenfreudeと綴る。辞書を引いてみると、Schadenというのは被害とか損害という意味で、Freudeというのは喜びという意味である。すると、シャーデンフロイデというのは被害を喜ぶという意味だが、自分の不幸を喜ぶ人はまずいないわけで、要するに日本語の成句でいうと、他人の不幸は蜜の味、というところか。

そういえば、機能快はFunktionslustというが、そのLustも楽しみという意味があり、Freudeとどうニュアンスが違うのだろうと考えてみたが、私の初心者のドイツ語の知識ではどうしようもないので、諦めた。

私がこの本はためになりそうと思ったのは、私は決して上等な人間ではないので、他人の不幸を面白おかしく眺めたりすることがよくあるのだが、流石に私といえどもそういうのはどうなのと思うこともあるので、なにかシャーデンフロイデを抑える処方箋が書いてあるのかと期待した次第である。

さて、著者の中野信子氏によると、シャーデンフロイデはオキシトシンという脳内物質によって引き起こされるという。するとオキシトシンは有害なのかと思ってしまうが、そんなことはなく、人と人との愛情や連帯を育むのに必須のホルモンらしい。

すなわち、オキシトシンによって人は免疫グロブリンの産生を促進され、幸福感を高める。さらにはストレスを低下させ、陣痛や射乳を促したりする。なお、オキシトシンによってもたらされる傾向を向社会性と呼ぶ。

男女間や親子間の愛情もオキシトシンによってもたらされる。しかしオキシトシンは妬みの感情も促進してしまう。これが異分子に対する虐めの原因にもなるのだから、難しい。

別の観点では、サイコパスはオキシトシンが少ないので、人間関係や社会のしがらみに捉われることなく、ルール無視で自分が有利になるように取り計らう。向社会性とは違って、非社会性、あるいはひどい場合には反社会性となる。

オキシトシンと似たホルモンに、アルギニン・バソプレシン(AVP)がある。AVPは、逃走または闘争に関与する。脳内にAVPが多いと、人間は浮気性になる。

オキシトシンやAVPによる向社会性促進は、異分子の弾圧につながりかねない。オレオレ詐欺の横行にもなる。すなわち、オキシトシンは、大脳前頭葉の抑制機能を低下させる。一種の思考停止である。

また、向社会性は流行に流される傾向もつくりだす。そんな中でオキシトシンやAVPが少なく、流行に流されず、独自の少数意見を述べる人たちがいる。そういう人たちが不埒な分子を糾弾すると、マジョリティの人たちは、とりあえず黙って様子をみて、明示的には邪魔をしない。そうやって、免疫機能のように不埒な分子を排除する機能をもつのが健全な組織である。

実際、外資系のとき、私を含む三人のレジスタンス分子が駄目管理職を糾弾したとき、多くの人たちは好意的にあるいは無関心に中立を維持した。しかしわずかに、意味不明の論理で駄目管理職をサポートする人もいた。一番問題は、あのような現実にも関わらず、駄目管理職を更迭しようとしなかった上位管理職であるが、まあ機能しない組織なのだから仕方ない。

そこで、付言すると、意外なのは「相手の不正を許せないのは、協調性の高い人」というステートメントで、そういう人は集団の不正や腐敗を早めに食い止めるという意味で確かに協調性を発揮している。そういう人は脳科学的にいうと、セトロニントランスポータの密度が低くで、物事をいい加減に考えられないのだという。日本人は平均的に、セトロニントランスポータの密度が低く、従って異分子を排除するというか、治安のよさにつながっていると思う。すると、私を含む三人のレジスタンス分子は典型的な日本人で、あの外資系の会社のモラルが崩壊しているのは、下手な外資系だからかもしれない。なぜなら、私がいま勤務している典型的な日本企業はビューロクラシーだと呆れることもあるが、その分、コンプライアンスとモラルの高さは、隅々まで行き届いている。問題があるときちんと意見を述べる人がいて心強い。

で、結局この本は、オキシトシンはシャーデンフロイデに対する処方箋を提示しなかった。それは人間性の本質に深く根差しているので、どうしようもなかった、というところか。せめて仏教がシャーデンフロイデを軽減してくれるとありがたいのだが、仏教の高僧でさえも、他の僧のよい評判を平静に聞けないというのだから、結局なかなか難しいのだった。

機能快

user-pic
0

機能快という用語を私は、故渡部昇一氏の著書で知った。それのドイツ語がFunktionslustであることも併せて知り、その語呂のよさから、Funktionslustという単語はときどき私の頭の中で鳴り響いている。

機能快とは、ある人がある能力を発揮しているときは嬉々としている、みたいな意味らしい。機能快の状態にあるとき、人は必ずしも躍動しているとは限らず、むしろ静かに集中しているような状態となる。これは高速道路で巡航速度にあるとき、エンジンの音が静かになるのに似ている。

機能快の典型を私は、「不死身の特攻兵」の佐々木友次氏にみる。すなわち、佐々木氏は根っからの飛行機乗りで、飛行機を操縦することが無上に愉しく、その楽しさは場合によって、特攻攻撃に向かう航路の途上の死の恐怖を一時的に忘れさせるほどだった。

そういう機能快は、卓越した才能のための十分条件だろうか。それは多分正しくない。というのは、将棋を指すことが無上に愉しく幸せという人でも、アマチュア二段ほどしかない人もいる。

では、機能快は、卓越した才能のための必要条件だろうかと問うと、嫌々ながらやっていて実は凄いという人は少ないと思うが、ときどき小説家で、世紀の名作の作者なのに、小説を書くことはあまり気が進まないという人もいるので、ありえなくもないと思う。

私はというと、思いつくかぎり、本を読むこと、文章を書くことと、歌を歌うことと、コンピュータのプログラミングが機能快になっているとおもう。

本を読むことは私にとって、呼吸することと同じくらい自然である。あまりに自然すぎて、それが機能快であるかどうか分からないくらいである。

文章を書くことが機能快であることは、ブログをほぼ毎日書いていて、そのエントリの数が4700を超えたことからも分かる。こんな数、嫌々ながら書いていて到底達しないだろう。

歌を歌うことはかなり純粋に楽しい。頭をからっぽにできる。ただ、以前に田舎に住んでいたときは、あまり人がいなかったので、裏山で演歌をがなっていても平気だったが、東京では流石に道を歩きながら大声で歌うことはできない。程度が過ぎたら警察を呼ばれるかもしれない。

プログラミングもかなり楽しい。60歳ちかくになって転職したとき、仕事の環境ががらっと変わって、相当ストレスがたまった。そこで、仕事のためと称して、Perlで仕事のためのツールを沢山作ったが、それは仕事の合理化のためというより純粋に機能快のためで、それででなんとか気分転換できた。しかもそのツールたちは今でもきっちり仕事の能率向上に貢献している。

ただ、いうまでもなく、私の、そういう機能快の源泉たちは、所詮旦那芸にすぎず、世間に埋没してしまう程度のスキルなのだが、まあ楽しければいいとしよう。ここまで育てるのでも結構手間がかかっているのだから。

おっと、将棋と囲碁と数学を忘れるところだった。これらが機能快の源泉でないということは勿論ないのだが、なんというか、どうしても苦しさも伴って、純粋に楽しめなかったりする。ともあれ、将棋と囲碁と数学は私の趣味の核にあるのは間違いない。

連勝の心理

user-pic
0

ちょっと前のことであるが、藤井四段が29連勝した。これは一体どういうことかと考えてみた。すなわち、将棋でどんなに勝率がいいといっても、せいぜい7割2分程度である。すると、確率的には、29連勝とは、0.7229 = 0.00007で、ものすごく起きにくいということになる。

また、野球で巨人が球団ワーストの13連敗をした。このとき、もし勝率を五割だとすると、13連敗とは確率的には0.513 = 0.00012でこれも現実に起きるとは考えられないくらい確率は小さい。

なのにどうしてそういうことが起きるかというと、事象に相当な心理バイアスがかかるということである。

分かりやすいのは連敗の方で、ある程度連敗が続くと、勝てる気がしなくなる。それで折角勝てそうでも自滅してしまうのだろう。

連勝の方はどうなのだろう。勝っている方が負ける気がしなくなるのだろうか。とてもそうとは思えない。むしろ、今度こそ負けるかもしれない、と不安になるのではないだろうか。するとむしろ対戦相手が、相手はこんなに連勝しているんだから、どこかでミラクルな手段をとってくるのだろう、と怯えるのだろうか。

そこでもう少し考えてみると、どうも目標の心理というべきものかもしれない、という考えに想到した。すなわち、一方が明確な目標をもち、他方が漫然と戦うのでは、もともとの実力が五分でも、戦意は大差になってしまう。すなわち、連勝している方はさらに連勝を伸ばし、あるいは特定の一里塚に進むという強い目標をもっているだけで、戦意が鼓吹される。

それに対抗するには、絶対連勝を止めるのだということに強い動機付けをもてなくてはならない。どうしても後者の動機付けの方が弱いので、連勝が続くのだろう。

という、どう転んでも牽強付会のような話なのだった。

深読み

user-pic
0

深読みというのは、辞書的には、相手の心理などについて必要以上に考えすぎてしまうこと、という意味であるが、ここでは単に深く考えるという意味で使ってみる。

すると、状況に応じて深読みできるかどうかがプロとアマの分れ目だよね、とつい私は思う。いうまでもなく、私はアマの側である。例えば、プロ棋士は対局の重要な局面で、一時間以上長考することができる。しかし私は、どんな局面でも、10分以上意味がある長考をすることができない。要するに深読みするには、思考のコンテンツとしての知識と、その知識を巡らして何かの成果を得るための導波路が形成されていなくてはならない。

そのようなインフラを頭の中に構築するためには膨大な時間がかかる。例えば、プロ棋士は、子供のときから実戦や定跡の研究を通じて延々と頭の中に伽藍を築き上げる。

一方、哲学者は、それだけを読むのではないにしても、特定の哲学書を一生をかけて読み込む。所謂葦編三絶である。

数学者は、異様な集中力を何年も続けて、ある予想を肯定的、あるいは否定的に証明する。

こう書く私の歯切れが悪いのは、私は上に書いたように深く考える努力をしたことがないからである。一応しようと努力してみたことはある。しかし、頭に靄がかかったようになって思考停止してしまった。要するに息切れである。

で、私は仕方なく、ありきたりの能力があれば普通にできる、サラリーマンを続けてきた。食べるためにである。

そんな凡庸な私であるが、この歳になってまだ深読みに憧れる。若いときにできなかったのに今できるわけがない。わかっているのだが。

で、仕方なく私は深読みの代わりに、広読みとでもいうべきジャーナリスティックな手法で知恵を巡らせようとする。そんなことで世界の認識は深まるのだろうか。分からないけど私ができるのはその程度のことにすぎない。ともかく私は歩みを止めるわけにはいかない、深読みの先生たちを傍目でみながら。

負けと勝ち

user-pic
0

一般的に勝負とはいうが、負勝とは言わない。そもそも勝つことは楽しく華やかだが、負けることは辛くて気持ちが沈む。それでも私はふと、負ける方が本質的ではないかと最近思いついた。

すなわち、負けることは充電であり、勝つことは放電である、というのが私が思いついた命題である。

例えば、どんな将棋の天才であっても、ルールを覚えたばかりの頃は初心者で負け続ける。もしそこで負け続けて嫌になって止めるような人は最初から将棋に向いていない。ただ、これはあまり高いハードルではなくて、私のような将棋の鈍才であっても、負け続けて嫌になって将棋を止めてしまうことはなかった。むしろ負け続けても何かを充電し続けて、蓄積するものがある閾値を超えると急に強くなるのである。

私個人の例だと、将棋の職団戦のチームで、前回のAクラスで負けたのでBクラスに落ちたことがあった。われわれのチームはBクラスではまあ強い方なので、だいたい3回戦くらいまで勝ち上がってAクラスに復帰できるのだが、そのときは私ともう一人のメンバーが6戦全勝で、ぶっちぎりでBクラスで優勝した。そのときは私はいい将棋はそのまま押し切り、悪い将棋も頑張って逆転できいたので、普通のアマ四段程度には負ける気がしなかった。

ところがそれからしばらくして社内の将棋大会に出場したら、私はいつも上位に入る常連なのに、そのときは頭の中に靄がかかったようになり、何も考えられないで早々に敗退してしまった。

その原因は、いまから考えると、6戦全勝してしまい、勝負のリソースを放電しきってしまったからのようである。

ところで、世界水泳の競技をみていたとき、私のファンの池江璃花子が、50m自由形をノーブレス、すなわち息継ぎなしで泳ぎ切るのだという。へえなんだかすごいと思ったのだが、勝負で負けるというのはこの息継ぎに相当する。そして負けないで連勝するということはまさにノーブレスである程度の距離を泳ぐということなのだから、勝負の肺活量が大きいということを意味する。

息継ぎというと、囲碁の井山六冠は、比較的マイナーな棋戦で負けて、そこで息継ぎして、あとは勝ち続けるということをする。よほど勝負の肺活量が大きいということになる。一流棋士の条件だろう。

戻って、今年の広島カープの成績をみてみると、7月までは好調でこのままぶっちぎりで優勝しそうだったのに、8月に入るとメタメタで、最下位のヤクルトにも苦戦したりして、月間の勝率はなんと5割を下回った。少なくないカープファンが、このままではずるずると2位まで落ちるのではないかと危惧したことだろう。

ところが今にして思うとカープは、8月に充電していたのである。その蓄積を9月に入って一気に放電し、9月の成績が11勝1敗で一気にマジック1に迫った。その勢いがあるので、台風で中止が危惧された9月16日のマツダスタジアムでのヤクルト戦は、分がいいヤクルトが相手なのであっさり優勝を決めると多くの人が思ったことだろう。しかしカープは終盤で逆転されて、逆転の一打も出ないでヤクルトに負けてしまった。これは9月の連勝による放電でリソース不足になったからに違いない。

そう考えると、なかなか優勝が決められないでもたもたした方が、これからのCSでも、また出れたときの日本シリーズも、負けによる充電があって、あっさり優勝を決めたソフトバンクよりも却って有利ということになる。

そういう意味では、去年の日本シリーズ、神っている状態で優勝したカープよりも、ソフトバンクと競って日本シリーズに出てきた日本ハムは、負けによる充電量がカープより多かったのが、勝因ということになる。じっさい、最初に2連勝したあと力なく四連敗したカープは、明らかに何かのリソース不足の様相を呈していたのだった。

あと去年の日本シリーズでも、9月16日のマツダスタジアムでのヤクルト戦でも、打たれても選手を信頼してなかなか交代させようとしない緒方監督の采配に焦れる人もいたと思うが、そうやって選手を信頼して辛抱強く使い、育成にも力を入れる緒方監督のやり方が今年もここまでの成績につながっていると思う。実際、今年のペナントレースの予想では、カープを推す人は必ずしも多くなかった。一方、極端にドライに選手を起用して日本シリーズを勝ち切った日本ハムの今年の成績は、去年と落差がありすぎないか。

だとしても、ともかく早く優勝を決めてよね、とカープ・ファンの私は願うのだった。

さいきんつい、疑似恋愛モードってあるよね、とおもった。で、一応ウェブで検索してみたら、例えば、「相手も自分に気があると勘違いして性的な行動に出る」みたいな意味らしくて、あちゃっ、するとこれからかく私のこの記事は誤解されてしまう、と少し後悔したが、まあ、却ってその方がこの記事に興味をもってもらう可能性が高まるか、とこのままにすることにした。

そこで私なりの、世間でまったく承認されていない疑似恋愛モードについて説明する。それは、心のはたらきの要素に、疑似恋愛モードという仮想クラスがあり、ほんものの恋愛も、その疑似恋愛モードから継承したものにすぎない、という、私の好きなオブジェクト指向プログラミングの原理に基づくものである。

さいきん、犬や猫などのペットを飼っている人をよくみかけるが、異性に対する恋愛とペットに対する愛情が、似たような感情のインスタンスである、といってもそんなに誤解はないだろう。まあ、なにここでインスタンスなどという用語をもちだすのだ、というコメントもあるかもしれないが。

じつは、私が疑似恋愛モードという用語に想到したのは、さいきん、多倍長計算や初等整数論を勉強してみて、である。例えば、多倍長計算で多倍長同士の割り算を実装しようとすると、所詮は紙の上での筆算をエミュレートすればいいのだから楽勝と思ってじっさいにやってみると、これが意外に大変で、もしかしてのべ一週間くらいの時間を費やしたかもしれない。その間、頭の思考のスレッドのうちの少なくとも何本かは、多倍長割り算に占有され、他のスレッドのリソースも消費するくらいで、苦しかったりした。そして、これって、多倍長計算に対する恋だよね、とおもった。要するに、心が多倍長計算に占有されて、そこから意識を遠ざけることが随意ではなくなるのである。

じっさいの恋愛でも、その不随意性が問題で、じぶんでもその気持ちに捉われて脱出できないから次第に疲弊してきて、「お医者様でも、草津の湯でも」などと言われるのである。

さて、人間に対する愛でも、ペットに対する愛でも、可能的には相手から愛し返されるということはありえるわけだが、数学などに対する疑似恋愛モードは、いちいちいうのも変であるが、少なくとも本物の愛のような態様では愛し返されるということはありえない。なのでそれを絶対的片想いモードと呼んでも、定義的にはおかしくないだろう。そして、絶対的片想いモードを、必然的失恋モードと呼んでも、そんなに違和感はないだろう(本当か?)。

しかし、あらためて考えてみると、例えば数学に対する愛が絶対的片想いモードであり、必然的失恋モードであるとしても、それが問題なのだろうか。ようするに、数学の問題を解いたり、考えたりしていること自体が楽しいのであり、理解したことが次の深まった理解の呼び水になるとしたら、絶対的片想いモードも閉塞していないことになる。

で、最近の私は、必ずしも数学でなくてもよく、将棋でも囲碁でも、その他科学技術、小説であってもよいのだが、必ずしも対人間でない疑似恋愛モードのプロセスというかスレッドを複数立ち上げて、走らせていたいと思う。よく歌の歌詞で、一人を想い続けるみたいな内容のものがあるが、恋愛が本質的にそうだとしても、一方で、浮気し、複数の相手を天秤にかけ、あるいは二股かけれるのもまた人間である。

なので、私は生きているかぎり、恋をし続けたいと思うのである。それはおそらく、世間一般のように必ずしも異性に対するものではなく、数学や将棋その他の趣味である方がメインだと思うが、マルチタスク化はどうしても必要であろう。なぜなら、プロセスは走らせているうちに次第に変質し、劣化する。なにもメモリ・リークは、コンピュータに固有の属性ではないのである。そして、メモリ・リークが起きたらリブートし、新たなプロセスを走らせなくてはならない。

ただ、マリー・アントワネットに対するフェルゼンの愛のような、生涯変わらぬ愛は一体なんなんだろうとふと、恋する少女のようにおもったりもする。還暦をすぎたおっさんが恋する少女のよう、なんてなんと気持ち悪いのだろう。

月別 アーカイブ

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち心理学カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは小説です。

次のカテゴリは政治です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。