心理学の最近のブログ記事

さいきんつい、疑似恋愛モードってあるよね、とおもった。で、一応ウェブで検索してみたら、例えば、「相手も自分に気があると勘違いして性的な行動に出る」みたいな意味らしくて、あちゃっ、するとこれからかく私のこの記事は誤解されてしまう、と少し後悔したが、まあ、却ってその方がこの記事に興味をもってもらう可能性が高まるか、とこのままにすることにした。

そこで私なりの、世間でまったく承認されていない疑似恋愛モードについて説明する。それは、心のはたらきの要素に、疑似恋愛モードという仮想クラスがあり、ほんものの恋愛も、その疑似恋愛モードから継承したものにすぎない、という、私の好きなオブジェクト指向プログラミングの原理に基づくものである。

さいきん、犬や猫などのペットを飼っている人をよくみかけるが、異性に対する恋愛とペットに対する愛情が、似たような感情のインスタンスである、といってもそんなに誤解はないだろう。まあ、なにここでインスタンスなどという用語をもちだすのだ、というコメントもあるかもしれないが。

じつは、私が疑似恋愛モードという用語に想到したのは、さいきん、多倍長計算や初等整数論を勉強してみて、である。例えば、多倍長計算で多倍長同士の割り算を実装しようとすると、所詮は紙の上での筆算をエミュレートすればいいのだから楽勝と思ってじっさいにやってみると、これが意外に大変で、もしかしてのべ一週間くらいの時間を費やしたかもしれない。その間、頭の思考のスレッドのうちの少なくとも何本かは、多倍長割り算に占有され、他のスレッドのリソースも消費するくらいで、苦しかったりした。そして、これって、多倍長計算に対する恋だよね、とおもった。要するに、心が多倍長計算に占有されて、そこから意識を遠ざけることが随意ではなくなるのである。

じっさいの恋愛でも、その不随意性が問題で、じぶんでもその気持ちに捉われて脱出できないから次第に疲弊してきて、「お医者様でも、草津の湯でも」などと言われるのである。

さて、人間に対する愛でも、ペットに対する愛でも、可能的には相手から愛し返されるということはありえるわけだが、数学などに対する疑似恋愛モードは、いちいちいうのも変であるが、少なくとも本物の愛のような態様では愛し返されるということはありえない。なのでそれを絶対的片想いモードと呼んでも、定義的にはおかしくないだろう。そして、絶対的片想いモードを、必然的失恋モードと呼んでも、そんなに違和感はないだろう(本当か?)。

しかし、あらためて考えてみると、例えば数学に対する愛が絶対的片想いモードであり、必然的失恋モードであるとしても、それが問題なのだろうか。ようするに、数学の問題を解いたり、考えたりしていること自体が楽しいのであり、理解したことが次の深まった理解の呼び水になるとしたら、絶対的片想いモードも閉塞していないことになる。

で、最近の私は、必ずしも数学でなくてもよく、将棋でも囲碁でも、その他科学技術、小説であってもよいのだが、必ずしも対人間でない疑似恋愛モードのプロセスというかスレッドを複数立ち上げて、走らせていたいと思う。よく歌の歌詞で、一人を想い続けるみたいな内容のものがあるが、恋愛が本質的にそうだとしても、一方で、浮気し、複数の相手を天秤にかけ、あるいは二股かけれるのもまた人間である。

なので、私は生きているかぎり、恋をし続けたいと思うのである。それはおそらく、世間一般のように必ずしも異性に対するものではなく、数学や将棋その他の趣味である方がメインだと思うが、マルチタスク化はどうしても必要であろう。なぜなら、プロセスは走らせているうちに次第に変質し、劣化する。なにもメモリ・リークは、コンピュータに固有の属性ではないのである。そして、メモリ・リークが起きたらリブートし、新たなプロセスを走らせなくてはならない。

ただ、マリー・アントワネットに対するフェルゼンの愛のような、生涯変わらぬ愛は一体なんなんだろうとふと、恋する少女のようにおもったりもする。還暦をすぎたおっさんが恋する少女のよう、なんてなんと気持ち悪いのだろう。

例えば、学校や受験勉強などで、○○はもうだいたいマスターしたので、次に△△をやっている、みたいな言い方をする。○○を将棋の初段とすると、△△は将棋の二段のようなものである。

そして段位というものは基本的に下がることはないので、よほどの必要に駆られないかぎり、遡って初歩から努力し直すことはまずない。

ところが、歳のせいか、あるいは単にコンピュータで仮名漢字変換で文章を書いているせいか、さいきんとみに漢字が手書きできなくなった。べつに仮名漢字変換があるから書けなくていい、読めればいいという意見もあるかもしれない。

また、たまたま何かのお金の額を計算しようとして、手許に電卓がなかったので、仕方なく紙に筆算してみたら、まあなんと小学校レベルの三桁同士の掛け算の筆算ができなくなっていた。できないというか、計算が面倒で途中でうんざりしてしまったのである。それも、電卓やパソコン・ソフトを使えばいいという意見もあるかもしれない。

しかし、今更に書いたように、プリミティブなスキルの重要性に目覚めた私は、漢字に関してはまず、小学校レベルの漢字のドリルを解いてみた。すると、あらまあ、書けない漢字がぞろぞろある。それでがっかりしながら、紙に何度も漢字を書く練習をした。

また、筆算についても、簡単な問題を作って、計算してみた。そして、電卓で検算してみたら、あらまあ結構な確率で計算間違いする。それで、これもがっかりしながら、何問も筆算問題を解いてみた。

じつは、そんなことしてなんになるのかと自分でも怪訝だったが、しばらくたって効果があった。まず、漢字の書き取りであるが、不思議に以前よりも、本を読んで、以前より内容がよく理解できるようになった。

また、筆算問題を解くうちに、今まで手に負えなくて読み飛ばしていた数学セミナーの記事が、理解できるとはいわないが、じっくり考え込むことができるようになった。それで、なるほど、といくつか式の変形の過程が認識できたりした。

そして、スキルの系統発生という言葉に想到した。どういうことかというと、人間は朝起きたら、初歩的なスキルから始めて、次第に高度なスキルを脳内のキャッシュのようなことろからロードしなくてはならない。そのとき、あるスキルが不十分だと、スキルの系統発生、あるいはスキルのブートストラップが止まってしまう。すると、そのスキルについて不十分なまま過ごさなくてはならない。

上記の漢字の書き取りや筆算の練習はおそらく、スキルのブートストラップを促す。そして、練習したスキルが初歩的であっても、より高度にところまでブートストラップできるようになる。

こういう現実があるので、将棋のプロは、簡単な詰将棋を解く訓練を欠かさない。簡単であれば却って、ブランクがあくと能力の低下が大きい。

要するに、スキルの個体発生は、系統発生を繰り返すのである。そう書いてしまうと却って、何がいいたいのかわからくなってしまうが。

面識はないのだが、ある一流企業に入社して頑張っている人のことを一応知っていた。そして当然にばりばり頑張っていると思っていたら、最近、風の便りで聞いたことには、鬱病になって休職し、ついに退職してしまったという。

そういう人ではないと思っていたので、その話を聞いてとても意外な感に捉われたのだが、いろいろ考えているうちに、「スキルの地雷」という言葉が浮かんだ。

それを説明する前提で、自分の一応の才能という記事を一旦引用する。その記事によれば、一応の才能があれば、卓越していないかもしれないが、とりあえずそんなに苦痛なくこなすことができる。

スキルの地雷というのは、一応の才能の双対のようなスキルで、それをやっていると苦痛で仕方がなく、できれば避けたいと思うようなことである。前にも述べたが、私だったら車の運転、営業の仕事、対人交渉の仕事、傭兵のような仕事、スパイのような仕事、など他にも沢山あるが代表例を掲げておく。

自分で選べるなら、誰でもスキルの地雷を生業にはしない。ところが、サラリーマンになると、入社時に一応面接で希望は伝えるかもしれないが、配置転換などで、あるいは他の社員との関係で、仕事が回ってきて、それがスキルの地雷を踏んでしまうかもしれない。

仕事を廻す側は、スキルの地雷だなんて想像もしない。普通に、普通の仕事を依頼するだけである。依頼する側の管理職だって、今までずっと普通に自分でやってきたことである。

ところが、囲碁の格言だったか、好手の隣に敗着がある、というのがある。すると、一応の才能の隣に、密かにスキルの地雷が潜んでいたりする。

スキルの地雷に該当する仕事がアサインされると、動悸が激しくなり、不整脈がでて、夜寝ると、寝汗をかいて、生々しい夢を見る。そして人生がつまらなく感じる。なにもやる気がしなくなる。

なら、上司に、できませんと訴えるか、いっそ会社を辞めてしまえばいいではないかと思われるが、ロックインされて、スキルの地雷から蟻地獄のように逃れられない。そもそもいまの時代、そんなに簡単に次の仕事がみつからない。それなら、嫌でも今の仕事を続けるしかない。泉谷しげるの歌にあるように、三年たったら、楽になれるのかもしれない。

しかし、嫌な仕事を我慢する三年は長すぎる。到底忍耐力が続かない。こうして次第に鬱病スパライルに陥ってしまう。

私のように、心にスキルの地雷を沢山もっている人間が、地雷を踏まなかったのは、運がよかったとしかいえない。それにしてもどうして人間は、自分が一応の才能をもつ分野で、他人が地雷を踏むかもしれないと想像できないのだろうか。

古書店で波多野 誼余夫、稲垣 佳世子著「無気力の心理学」中公新書をみかけて、とりあえず買った。この本を読むとは思えなかったが、最近のランダマイズ戦略でとりあえず取り上げてページをめくったら、意外にもなかなか面白かった。それで斜め読みだが最後まで目を通したので、理解できた範囲で要約してみる。

まず最初に、なるほどと思ったのは、乳児が産まれてしばらくすると、お腹がすいたとか、おしっこが出て気持ち悪いとか、いろいろな理由で泣くのだが、そういうときに親または周囲にいる人は、なるべく早めに反応してだっこしたりしてあげなくてはならないのだという。

というのは、泣いてもあまりにも無視され続けると、乳児は、泣いても仕方ないのだと諦めてしまう。それを、物分りがいい子になったのだと喜んではいけない。そういう幼児体験は将来の無気力な子供につながる、という。

逆に、泣いたとき周囲の人に比較的頻繁にかまってもらえると、乳児は、環境に能動的に反応することを学習する。その積み重ねが将来の創意工夫とか、何か困難に出会ったときに努力してそれを乗り越える気力を身に着ける。

そういえば、会社で管理職をやっていたとき、私はリーダーシップも指導力も人望もないB級管理職だったのでせめて、部下の苦情を聞くことは厭わなかった。ただ、聞いても私は実行力がないので、部下の苦情はなかなか功を奏さなかったが、いちおう言いたいことを私にいうとすっきりすることもあるようで、ともかく部下の人達は自発的に仕事に工夫してくれた。私も人並みの工夫力はあるので、部下のアイデアに一枚噛んだりした。

戻って、何か困難に出会ったときに努力してそれを乗り越える気力であるが、この本の著者によると、やってみたができなかったとき、才能が足らないのではなく、努力が足りないと思う傾向が大きい方がいいらしい。すぐ才能のせいにして諦めてしまう私は、心しなくては。

たた、ひたすら努力主義で突っ走っていると、残酷な世界にぶち当たって挫折してしまうことがある。そのためには、少なくとも自分が一応の才能を発揮できる分野を選ばなくてはならないという意味のメタ認知能力を要する。これは、何度もトライ&エラーを繰り返して到達する世界なので、結構難しい。

そういえば、環境に能動的に反応することであるが、コンピュータのプログラムに馴染むと、自分が作った小宇宙で、プログラミングにより神のような振る舞いができることが分かり、とても楽しかった。こういう経験は心的平安にとって悪くない。

あと、著者は金銭や報酬で動機付けると、報酬が下がると却ってパフォーマンスが下がるので逆効果というのだが、プロ野球などは相当動機指向だがみんな頑張っている。これはもともとそういう職業だと認識されているからなのだろうか。

さらに、無気力から救うには、自分が意思決定の主体という意識をもつこと、すなわち、失敗しても自己責任と認識することと、仲間と助け合うという意識が重要のようである。能力主義もパフォーマンス向上には重要だが、相互に教え合う姿勢がないと息詰まる。

そういえば、私自身は、エピクテトスなどのストア派の哲学の本を読んで、内面満足を重視し、自分の因果関係の外にあることでの不幸を仕方ないと耐え忍ぶことを学んだ。といいつつまだまだその方面での修行は、あまりにも不十分である。

素朴な疑問

user-pic
0

今まで誰にもそうだと言われたことはないが、私は素朴な疑問を思いつくのが得意である。しかしそれは決して、ものごとの本質を見抜いた素朴な疑問を提示するというのではなくて、愚にもつかない、場合によっては幼稚園レベルかと間違えられるようなナイーブすぎる疑問をとめどなく思いつけるだけである。

そんな私なので、当然に三浦九段の件についても、いろいろ素朴な疑問を思いつく。思いつくというより、どこかのブログで見たことだったりして、また誰でも思いつくようなことだったりして、オリジナリティとかそういうレベルの話ではないが、単に思考の整理のため、列挙してみる。

まず最初に、A級の棋力をもつ三浦九段が、なぜ不正だと疑問をもたれるようなことに手を染めながら将棋を指すのだろう。それを説明するのはもしかして、人間の壊れ方の力学で述べた心理的カオスの理論である。心理的カオスは、私の観察によれば、リソースの不足で起きる。そして往々にして、リソースの不足に起因しているとは到底思えない現象を呈する。これはもしかして、人間深層心理が本質的にもつ難読化(obfuscation)作用なのかもしれないが、ともかく、普段からはありえない行動をとることがある。

そこでリソースといったが、では一体なんのリソースの不足なのだろう。これは知り合いからの示唆によるが、もしかして将棋の研究時間かもしれない。すなわち、結婚して今までのような将棋の研究に時間を割くことができなくなった。ましてや相手は17歳も年下の若妻である。加藤茶シンドロームになりえる。

その研究時間の不足を補うために、今回のような疑念をもたれる行動を採ったのだろうか。なにしろ心理的カオスはそういうことがありえる、としか説明しない。なぜ、に対する答えは与えてくれない。量子力学だって、エンタングルメントがあると教えるだけで、エンタングルメントの仕組みは説明できないでいる。

さて、心理的カオスが怖いところは、いったんそのメカニカル・ダイナミックスが走ると、本人の理性や感情とは無関係にオートノミーで動くことである。自分でもなにやっているのか分からなくなる。私の好きな説明は、リソース不足の心理状態に共鳴して、変な霊が憑依するというものだが、そんなことをいうと、ただでさえ数少ないこのブログの読者がさらに減るので止しておく。

心理的カオスがさらに怖いのは、カタストロフに行きつくまでダイナミックスが止まらないことである。♪誰か、ロマンチック止めて、ロマンチック、胸が胸が苦しくなる♪

心理的カオスに陥った三浦九段の前に昂然と立ちはだかったのが、渡辺明とクールファイブの一団である。それにしても、渡辺竜王と、三浦、深浦、丸山の三羽烏の確執は将棋界で知らない者はなく(といいつつ、私はつい最近これを知った)、ある意味頂点を極めた渡辺があえて先輩たちに因縁をつける理由がどうしても私には理解できない。

そして果たして渡辺竜王のリーダーシップで三浦九段を追い詰めていくのだが、そこに単なる正義感以上の、なにかの執念を感じるのは私だけだろうか。

もしかして、三浦九段のカオス状態が、エンタングルメントで渡辺竜王にも乗り移ったのだろうか。それとも何かの理由で渡辺も最初からカオスだったのだろうか。

なんにしても、カオスとカオスが対決すると、プラズマ電子雲の衝突で、すさまじい核融合反応が起き、将棋連盟全体に被害が及ぶ。♪誰か、ロマンチック止めて、・・・切なさは、止まらない♪

数年前に、アドラー心理学の紹介のような「嫌われる勇気」という本が随分話題になったが、私はなぜか読もうとしなかった。人気を追うのが嫌だったからではない。なぜなら、少なくとも最近の私は、ビブリア古書堂であれ、その他のミステリー本であれ、話題になった本を読むことにあまりためらわない。

で、もしかして私は、大学の教養部時代に心理学の授業を選択して、フロイトやユンクに興味をもち、いくつかの本を読んだりしてきたので、それとは別の学派であるアドラーを無意識のうちに避けたのかもしれないが、実際のところは分からない。ともかく知り合いからの紹介で、重い腰を上げて、ようやく「嫌われる勇気」を読む気になった。

「嫌われる勇気」は、ダイヤモンド社から出版されていて、岸見一郎という人と、古賀史健という人の共著になっている。経歴をみて初めてしったのだが、岸見氏は京大大学院でギリシャ哲学を研究したのだという。おお、田中美知太郎の後輩なのかとちょっと感激した。そんな岸見氏は、なぜかアドラー心理学を勉強するようになった。古賀氏はというと、フリーランスライターで、多くのビジネス書を手掛けているという。すると、岸見氏の学者的な専門知識を一般の人に分かりやすく書き下す役割を担っているのだろう。

そういう経緯もあって、「嫌われる勇気」は、哲学者と青年という取り合わせの対話編として書かれていて、明らかにプラトンの著作を意識していることが分る。確かに対話編だと、馴染みやすいとはいえる。

読み進めていくと、「大切なのは何が与えられているかではなく、与えられたものをどう使うかである。」という命題が出てきた。これはまあ、納得である。

さらに、アドラーは、性格や気質をライフスタイルと呼び、それは自ら選んだのだという。このあたりから違和感が出てきた。だったら、ユンクのいう、内向的、外向的はどうなのか。私はどうみても内向的であるが、それはかなりの部分、母からの遺伝で、少なくとも私が選んだものではないと思っている。

そして、そういう性格が変わらないのは、自分で「変わらない」という決心をしているからだという。ううん、そうなのかな。私は管理職になったとき、仕方なく外向的なスタイルを無理やり選んだ。すると、もともと外向的な面もあったのか、とても社交的になったが、どこかで無理しているように感じていた。そして、10年くらいたって管理職を降りたとき、心底ほっとした。こういうのも、自分をずっと、内向的がいいんだと仕向けていたのだろうか。

それでも、まあここまではいいとしても、「これまでの人生になにがあったとしても、今後の人生をどう生きるかについてなんの影響もない」という命題は流石に受け入れられない。なぜなら、人間は誰でも、生まれてから今まで経験したこと、学んだこと、挫折したこと、成功したことを土台にして生きているはずである。例えば、私の吹けば飛ぶよなアマ四段の将棋のスキルも、それなりに努力した過去の成果である。

すると、アドラーは、何か別のことを意図してそう言っているのだろうが、どうしても私にはわからない。そもそも、アドラーは、トラウマさえも自分の思い込みのようにいう。それに納得できる人がどれくらいいるだろうか。

また、アドラーによれば、すべての悩みは対人関係だといったそうだが、それなら、QoLミニマムに書いたようなことはどうなのだろう。ストーカーも確かに人間なのだけれども、少なくともストーカーに付け狙われるというのは、アドラーのいう対人関係の悩みとは別次元だろう。

ここまでは違和感一杯だったのだが、「自立すること、社会と調和して暮らせること」という命題には共感を覚えた。すなわち、私には能力があるという意識と、人々は私の仲間であるという意識は確かに私にもある。

また、「課題の分離」というのもよく考えると納得である。要するに、自分の課題と他人の課題を分離するのである。仲のよい友人がいたとして、友人がある課題に直面して困っていたとしても、私はその課題を自分の課題とし抱えることはできない。私にできることは、可能な範囲で友人に援助を与えることだけである。いや、もしかしてイエス・キリストには他人の課題を自分の課題と引き受ける特殊能力があるのだろうか。

さらにアドラーによれば、共同体感覚として、自己の執着(self interest)を、他者への関心(social interest)に切り替えていくべきなのだという。ここまでくると、心理学というより宗教である。

ということで、アドラーの深い意図を理解するのは時間がかかりそうなので今後の勉強に委ねることにするが、数楽者として私がふと感じたことがある。それは、アドラーの教説は、数学でいう多様体、あるいは線形空間を前提としているということである。

すなわち、多様体であれば、任意の点でユークリッド空間に同型な近傍をとることができる。そして、その近傍では、自立的な個人心理学が成立する。あるいは、シュレーディンガー方程式における摂動法を想定してもよい。アドラーの想定する素直な空間では、摂動法がよい近似を与える。そこでは、くりこみ理論を要するような無限大の発散の危機はない。

逆にいうと、極端に困難な精神状態では、アドラー心理学は逆効果になる惧れがある。すなわち、トラウマと貧困と病気で押しつぶされそうな個人に、それも君自身が選んだことなのだというと、絶望のあまり自殺するよりなくなるかもしれない。

私はやはり何か誤解しているのかもしれない。

例えば、線形計画法の問題にあるように、限られたリソースをどう配分するかは重要且つ難しい問題で、ほとんどの場合、ある一箇所にどんどんリソースを投入するというのは賢明ではない。

私は、大学生になったばかりのとき、なんとか物理学者になるんだ、と猛勉強をすることを誓った。たまたま将棋部で知り合った数学科の同僚が、ガウスは一日10時間勉強していたと教えてくれた。それで、私もそれをやってみようと思った。

で、やってみると妙に楽しい。そのときは、名著の評判が高い、山内恭彦の「一般力学」岩波書店を精読した。それを一か月くらい続けると、何か力学のコツが少しだけ分かったような気がした。ところが、次第に気分が沈んでして、軽い鬱のような状態になったので、一旦勉強を中断した。それは今にして思えば、自分の思考の体力におけるリソース配分のミスだったが、結局、勉強のし過ぎで体調がおかしくなったという経験をうまく教訓化できなかった。

教訓化できなかったので、勉強し過ぎては体調を壊すという悪循環を繰り返し、勉強は次第に非効率化していった。そういう状態になったとき、自分はやはり学問に向いてないのかと過度に悲観的になったりしたが、もちろん私は卓越した才能がないことは明らかであるにしても、とうとう勉強時間のリソース配分に工夫しようという発想に至らなかった。

じつは私は、この歳になっても、一時的に勉強しすぎて、ノイローゼのような状態になり、しばらく勉強が手につかないのようなことを繰り返しており、なかなか学習効果がない。

そして、今にしても思えば、私にも三四郎のような先輩や友人が物理学科にいればなあ、と思えてならない。といいつつ、あまり付き合いのよくない私は、どうしても物理学科の同僚には馴染めず、むしろ数学科に何人か親しい知り合いがいたが、それも将棋部を通じてであった。

さて、そこでいう勉強のリソースであるが、体力と、才能と、持ち時間とからなる。体力というのも、必ずしも長距離走や山登りが得意というのと同じではない。例えば、当時から大秀才としてマークされていた宮野さんは、いつみても夜、下宿の机の蛍光灯スタンドが点っていた。あのペースで勉強していたら私だったらすぐに音を上げてしまう。逆にあれを続けられる宮野さんは頭の体力もあったのであり、そんなの言うまでもないことだろう。そもそも、ちょっと難しいことを考えたら参ってしまう秀才なんてありえない。

一方、勉強の体力も才能もない私は、もっと別のリソース戦略を立てなくてはならなかった。それをアドバイスしてくれる人がいればよかったなあ、とふと思ったりする。

しかし、そういうリソース配分に悩む人は多いと思ったのは、私が管理職になったときである。すなわち、部下で特許の仕事に適性を欠く人達が何人かいて、私はどうすればちゃんと仕事をやってもらえるか悩んだのだが、そのとき感じたのは、リソースが足りない人は、決してリソースが足りないということを認めず、例えば、別の仕事が入ってきて集中できないとか、管理職や先輩がちゃんと仕事を教えてくれないとか、懸命に言い訳して、その言い訳が尤もらしいので、つい周囲は幻惑されてしまう。

そんなとき私は、言い訳はともかく要するに能力の問題だ、と見破るのが比較的得意だった。おそらく私自身が長年能力のリソース不足で悩んでいるからだろう。

そして私は、還暦を過ぎ、ようやく、勉強で疲れたときは、ともかく休むということの優先度を上げるということを学んだ。私の場合、休むといっても、寝るのではなくて、面白いミステリーやハードボイルド小説を読むことが多い。

そして最近、もうちょっと休むことのレベルを上げたのは、積極的に休暇をとるようにしたことである。すなわち私はサラリーマンとして、とりあえず会社に行くということに重点を置いて、有休をとるのはやむを得ないものだ、という位置づけだった。

それじゃ駄目じゃん、もっと積極的に休むべきだぞ、と第一線を引いた今にして思うなんて遅すぎる。戻って、今レベルの休暇法は、大学時代の初期に身に着けるべきだった。そうやって足踏みしないで大学生活を送れば、両親にも大学院修士くらいまで進むことは許してもらえて、すると憧れだった研究職にも就けたかもしれないと、取らぬ狸のようなことも考えたりする。

まあ、こんなことを考えるのも、頭を休めているのだろうと思うことにする。

迷い

user-pic
0

去年だったか、若島正の詰将棋の本を読んでいたとき、若島が中学生のとき、ある五手詰がどうしても解けなくて、それを一か月くらい考え続けて、ふと解答が浮かんでからは、大抵の詰将棋がそんなに苦労しないで解けるようになった、という記述を読んで、ああそうだよね、と思った。分からないが、一見無駄にハイバネートしているようで、そのバックグラウンドでしっかり脳が神経の配線を進めているようなことがあるんだね、と思った。

で、私は大学時代の自堕落な生活をまた思い出した。当時大学三年生で、大学院に進学しようとするならそろそろ入試勉強してなくはと思い、とりあえず苦手意識のあった電磁気学を勉強したりしていた。

ところが、将棋部の方でも私は比較的中心的なメンバーの一人で、将棋部に没頭するか、そこからほぼ完全に足を洗うかの二者択一を迫られていた。そして、然したる葛藤もなく、前者を選ぶと、アバランシェ効果というか、急に全く授業に出なくなり、かといって将棋に打ち込むでもないモラトリアム状態に陥った。自分でいうのもなんだが、私は、物理学科のクラスメートに比較的優秀なメンバーの一人と目されていたので、私が急に授業に出なくなったのを怪訝に思っていた知り合いも複数いたようである。しかしそこはそれ、自由な大学生活のこと、私のことを誰も気にしなくなるのに時間はかからなかったようである。

そのとき私はスチューデント・アパシーというか、今でいう仮面鬱病のような状態にあったようである。すなわち、授業には出る気がしないし、将棋部の部室に顔を出す気もしないのだが、なぜか夜の雀荘のバイトにだけは真面目に通った。

しかし、そんな状態は長く続けられなかった。経済的に必ずしも余裕がないせいで1年留年しただけで親から仕送りを打ち切られなりそうになり、仕方なく、単位を揃えて卒業を決め、さらにはまるでサイコロを振るような適当な気持ちで就職も決めた。人生には何も希望も期待もなく、ただ惰性で生きていくしかないと思っていた。

で、最初の若島の詰将棋の話に戻ると、私はどうも迷い方が足らなかったようである。すなわち十分に迷えていない。なのでその後の人生でも、恋愛であれ、学問であれ、会社生活であれ、家庭であれ、その不完全燃焼のパターンを繰り返してきた。

すなわち、会社に就職してから向学心が復活してきたのだが、バイトをしながらぎりぎりの生活で勉強するというふんぎりがどうしてもつかなかった。このあたりの中途半端さというか、逆にいうと生活感覚を重視して、自堕落になりそうなとき自分を引き戻すというか、リスクをとらない詰まらない人間なのだった。

それでも、私は人生というものは迷って迷い尽くさなくてはならないと思っているのに、観察しているとそんな迷いとは無縁で、大学院までストレート、会社生活も順調に出世し、家庭も安泰みたいな人が少なくない。そこまで迷わないできたなら人生どこか挫折したら大変なことになるのでは、とみていても一向にそうなりそうにない。

で、悔しいので、自分のように迷って生きてきた方が人生は深みというか味があるのだと負け惜しみのようなことを考えても、どうみても向こうの方が素直に人生をエンジョイしているとしか思えない。

こうして、未だに(迷いに迷う)+という無限後退に陥ってしまっている自分を見出すのだった。

サイコパスという記事を書いてから、決して多くはないが、複数の知り合いからコメントがあった。また、私自身も、完璧から遠いが、知り合いからコメントに関連し、あるいは独立にいつくか感じたことがあるので、前回述べたこととの重複を懼れず、少しだけサイコパスについて補足してみる。

まず、サイコパスは倫理観が欠落しているが、仕事の実務能力は卓越していて、冷酷に他人を押しのけて昇進する、みたいな世間的イメージもあるが、当たり前のことを改めていうと、サイコパスであることと、仕事の実務能力は独立である。よって、統計的には無能なサイコパスも沢山いる、ということになる。

仕事が無能なサイコパスであったとしても、学歴、家柄、容姿などに恵まれているということはありえる。あくまでもそういうファクターとサイコパスであることは、何度もいうが独立である。

ただ、サイコパスは、もっている有利な特質を最大限利用する。世間には、美人であっても、イケメンであっても、学歴が高くてもなんとなく影が薄く生きている人というのは少なくない。多分であるが、そういう人はサイコパスではない。サイコパスであるかぎり、無駄に美人であるとか、無駄にイケメンである、ということはない。

すなわち、サイコパスは目立つというか、他人の目にとまりやすい。そうなるように持ち前の特質を駆使する。なので、会社組織でも、業務遂行能力とは関係なく、知らない間にサイコパスが高い地位に就けられているということがありえる。サイコパスにしてみれば、得たりであろう。

ここで再び、もっている有利な特質を最大限利用する、というサイコパスの特質に言及する。すなわち、サイコパスは、その地位に付随する権限を最大限に利用する。典型的には人事権である。上司がサイコパスであっても、そうでなくても、有利なポストに登用されること、さらにはそれに伴う昇給などの魅力に抗することができる人は多分多くない。

さてここで、サイコパスのドメインという概念を導入する。いうまでもないが、心理学的に確立された用語ではなく、私がこの場でそう呼んでいるだけである。どういう意味かというと、サイコパスの同族である。すなわち、ドメインとは、サイコパスが倫理的にまともな人であるかのように振る舞う有限の場である。

例えば、大藪晴彦の野獣死すべしの伊達邦彦は紛れもなくサイコパスであり、友人さえ利用するだけ利用したら殺してしまうような冷酷さを発揮するが、両親と姉からなる家族に対してだけはサイコパス性を発揮しなかった。なので、彼には家族がドメインである。これはたまたまであって、親を裏切っても平気なサイコパスもいるだろう。なんにしても、単独では人間はこの世で生きていけないので、どうしてもドメインの存在は必須である。疲れるとそこで、サイコパスの剣を収める停泊地なのである。

戻って、会社などで相応の人事権を与えられたサイコパスは、人事権を駆使して、社内にドメインを構築し始める。要するに、サイコパスと、サイコパス親和性のある人達をドメイン内に集めるのである。それはまさに、属人主義そのものである。

ここで、サイコパスと、サイコパス親和性を区別しなくてはならない。すなわち、サイコパス親和性の人は、サイコパスに出会わなければまともである。しかし、私にもよく分からない理由でサイコパスに魅入られ、どんどんおかしくなっていく。

このほかに、サイコパス・トレラントな人達もいて、そういう人は、サイコパスに同調はしないが、なんとか合せることができる人達である。こういう人は、サイコパス親和性の人ほどは堕落しないが、それでも多少劣化することは免れない。

サイコパスが決して許容できない人達がいて、それは信念として堅固な正義感をもつ人、堅固な常識をもつ人、そしてプレコックス感をもつ人である。

例えば私は、外資系にいたとき、米国出張の際、優秀で人望があって、きわめて常識に富んだある弁護士に出会った。流石米国は違うと感心した。ところが、どうみてもサイコパスとしか思えない人物が高い地位に就くと、その弁護士は真っ先に追い出されてしまった。私は若干の社内人脈を使って米国の知り合いに聞いてみると、どうも上司に、その堅固な常識ゆえに嫌われたようである。確実に次世代を担う人材だったのにと私はとても残念に思った。

プレコックス感をもつ人、というのは説明を要する。すなわち、私は堅固な正義感をもつ人、堅固な常識をもつ人には該当しないが、たぶんプレコックス感は結構強い。例えば、電車の中に、精神的におかしいような人がいると、到底我慢できないで、途中で電車を降りてしまう。大抵の人は不愉快でもなんとか我慢する。一方私は、他人のサイコパス性にも過敏に感応してしまう。それはおそらく私が、サイコパスではないにしても、強迫神経質的で微妙に精神病質だからであろう。最近はかなり落ち着いたが、青春時代は変な妄想に困惑したこともあった。ということで、サイコパスの側では、高感度のサイコパス・センサのような人間は排除したいだろう。少なくとも私は、直観で、短時間でサイコパス的幻惑を見破る。

長くなってきたので、サイコパスのドメインの目的という概念を掲げて、続きは別稿とする。すなわち、サイコパスがドメインを作る目的は、おそらくある自分勝手な目標を達成するための踏み台をつくることである。

それがもし仮に、会社の業績を伸ばすことで自分の地位を強化するためであったなら、私は利用された結果捨てられても、納得はできないが、理解はできたであろう。あまりにも機能主義的な将棋的人生観に基づき、である。

ところが、構築されていくサイコパスのドメインの性質を観察すると、サイコパスが自身の無能ぶりを指摘されないような人材を集めていることに気付いた。

要するに、当該サイコパスは、ある能力に強烈なコンプレックスを抱き、そのことが明るみに出されないような人材を集めることに、もしかして無意識のうちに専念したのである。それは当然に能力主義ではなく、機能主義、効率主義でもない。

私は、将棋的にいえば、わざと悪手を指し続けるような組織の存在がこの世のものとは思えなかった。ドメイン内の限られた人々が恩恵をえるだけである。当然に組織は劣化する。

こういう組織の病理はどんな組織にもありえるが、いま伝統的な日本の会社に転職してみて、官吏主義だと揶揄されても、こちらの方がずっとましだと信じるのは、強固な社内ルールがサイコパスの跳梁を抑えていること、不適切な管理職が長期に亘って恣意的に権限をふるわないように定期的に人事異動があるからである。

今からもう20年くらい前だろうか、私が管理職になる前の頃、会社にまだ余裕があったせいか、部門である程度実績を上げた人を、ホテルに招待してディナーなどを提供する、という制度があった。その際、外部講師などを招いて講演などを行うこともあった。幸い私は、複数回に亘って、そのような催しに招待された。

あるとき、たしか一橋大学の米倉誠一郎氏の講演があって、講演以外にも、出席した社員を複数に分けて、何かアイデアを競う、という企画があった。そのとき、私を含めて、いろいろな社員が必死でいろいろな企画を出したが、総評で、米倉氏が、結構頑張ってますが、まだ既成概念に捉われているというか、発想の柔軟性が足りませんね、と述べたのを憶えている。

そのとき、ある程度広く浅い知識があって、発想の視野の広さには自信があった私は、ちょっとショックを受けた。ううん、自分の発想もまだ硬直的なのか、と。

じっさい、私は日常的に、なにかにつけ捉われてくよくよしているが、それは一つの観念に固着して、そこから発想を転換できないからである。典型的には詰将棋を解くとき、それが観察される。すなわち、ある迷路の筋に捉われると、局所最適化された筋を堂々巡りして、そこから出られず、いつまでたっても本当の解に至らない。

同じ傾向は、数学や物理を学ぶ場合にも顕れ、すぐに無限ループみたいな隘路に陥るので、理解を深められない。なので、私は二流の(三流かもしれないが)理系人間に留まっている。

そんな私のわずかな救いは、一応アイデアのリソースに不足しないことである。すなわち、ぼうっとしていると、自然放射能のようにアイデアが降ってくる。私の解釈は、霊界のようなところからアイデアが電波のように飛んでいて、心のアンテナがそれを感知する、というものである。アイデアには抽象性の高いものと、物質性の高いものとがあって、ちょうどラジオのチューニングのように、心の状態の波長とほぼ等しいアイデアが検知される。なので私は、あまり煩悩的な欲望をもたないように努力しているのだが、つい自分の俗物性に負けてしまう。

ただ、検知してもそれをきちんと復号する必要があり、そのため私は、アイデアが降ってきたら、その都度紙にメモするようにしている。それは一種の訓練であり、そういう訓練を疎かにすると、折角検知しても、アイデアは素通りしてしまう。

さらに、私の思考能力の売りは、アイデアを検知するだけではなく、一見関係ない2つのアイデアを組み合わせて、なにか新規な、あるいは珍奇なアイデアを作り出すことである。

以前に仕事関係で、相手の会社の当事者とある程度懇意になったとき、貴方はアイデアを抽象化して組み合わせる能力に優れていますね、と褒められてことがあって、妙にうれしかった記憶がある。

さて、そこまではいいのだが、話はまた思考の硬直性に戻る。すなわち、折角抽象化して組み合わせて面白そうなアイデアを得ても、そこに内的なブレークスルーを導入して、アイデアを深化させることができない。言い換えると、発火しないし、醗酵しない。なので私は、よくない意味でいつまでもジャーナリスティックで、典型的にはPhD的な専門家になれない。

そういう自分の欠点を無意識に、あるいは意識的に理解して、私は欠点を解消するのではなく、欠点を発散させ、多極化させるために、シジフォスのように、より広くいろいろなアイデアを仕入れ続けている、という次第である。

この努力は、虚しいといえば虚しいが、私の業なので、命尽きるまで続けられるだろう。そこで、命尽きるまで、と言ったが、本当は、そういう努力があの世に解析接続されるとどこか信じているところがある。そう信じると、降ってくるアイデアの質も少し高まるような気がしている。

という、雲を掴むような、分ってくれるはずの人にも分かってもらえないような話なのだった。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち心理学カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは小説です。

次のカテゴリは政治です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。