将棋の最近のブログ記事

読売新聞の将棋欄で、中学生将棋名人戦で女子が史上初めて優勝したという記事をみて、ええっ凄いではないかと驚いた。私的には、女性初のフィールズ賞と同じくらい画期的である。以下、将棋連盟のホームページから引用する。

第43回中学生将棋名人戦(主催=日本将棋連盟、協賛=大塚製薬株式会社)が平成30年7月15・16日(日・祝)に東京都中央区「綿商会館」で開催され、富山市立岩瀬中学校3年の野原未蘭(のはら・みらん)さんが優勝した。

40年を超える中学生名人戦史上、女子が優勝したのは初めてで、今後の活躍が期待される。
中学生将棋名人戦は昭和51年に第1回大会が開催され、中村修君(町田第三中学校2年=現中村修九段)が優勝して以来、屋敷伸之九段や丸山忠久九段など、現在のトップ棋士が優勝している歴史と伝統のある棋戦で、奨励会員やアマチュアのトッププレイヤーも多数輩出している。
中学生や高校生の棋戦においては奨励のため、女子の部を設けている大会も多数見られるが、男女を分けず同条件で対局する小学生名人戦や中学生名人戦では初の快挙。野原さんは昨年の女流アマ名人戦でも全国優勝を果たしている。

どの分野でもそうかもしれないが、すぐれたプレーヤーの低年齢化が著しい。将棋でも、一応アマ四段である私より強い小学校低学年の子供は少なくない。将棋大会でも、相手が小学生だと警戒する。なぜなら、異常な早指しで、はっと気づくと筋に入って必敗になっている。おっと、最近私は将棋大会に出ていないので、これは棋友の将棋を観戦しにいっていての観察に基づく。

それでも、読みよりも直観で指す傾向が強い小学校低学年の子供は、意外なポカの手を指したりして脆い一面がある。これが小学校高学年の強豪となると、もう私が勝てる余地はほぼないといっていい。こういう子供は、将棋大会の地方予選を勝ち抜いて全国大会に出場したり、その後奨励会に入ったりするのも普通のことである。

それが中学生将棋名人となると、さらに将棋が完成されていて、アマチュアの全国大会で上位に食い込むポテンシャルがある。そこから奨励会に入ってプロ四段になるという可能性はそんなに小さくなく、げんに上述の中村修九段、屋敷九段、丸山九段がそうである。調べてみると、中学生将棋名人からプロになった他の棋士として、1977の有森浩三、1978の達正光、1980の中田功、1982の中川大輔、1983の勝又清和、1986の川上猛、1990の大平武洋となっているが、その後中学生将棋名人からプロ棋士になった人はいない。すると、「そこから奨励会に入ってプロ四段になるという可能性はそんなに小さくなく、」というステートメントは既に時代遅れになっているということだろう。それはまさに、奨励会の低年齢化に対応する。

野原未蘭さんがプロ棋士を目指すのかどうか知らないが、もし目指すなら、以前よりも一つだけ有利な点があって、それは里見香奈女流四冠や、西山朋佳三段が、女性であっても奨励会で三段まで勝ち上がるという先鞭をつけてくれていることである。そのことにより心理的ポテンシャルのハードルが下がったことは大きい。

しかしその可能性の低さにも鑑みると、中学生や高校生のアマ強豪はかなりの確率で学校の成績もいいという事実に該当するなら、それなりの大学に入学してリスクをヘッジするのだろう。げんに、西山三段は、慶應義塾大学環境情報学部に在学中である。

王位戦は、一勝一敗となり、月並みな言い方だが、改めて仕切り直しである。第3局は菅井王位の先番で、迷わず中飛車である。そこで31手目▲5五銀から見てみる。

【図1】 31手目▲5五銀まで
持ち駒:△豊島八段=歩



持ち駒:▲菅井王位=歩
それにしても、この▲5五銀は積極的というか、積極的すぎるというかどうなんだろう。しかし、これに豊島が△同銀と応じたのもどうか。普通は△6五銀ではないだろうか。それで後手が悪いとは思えない。ともかく、△同銀の後は、▲同角,△6四銀,▲7七角,△5四歩,▲1八香,△3三角,▲1九玉,△2二玉,▲2八銀,△8六歩,▲同歩,△7五歩,▲同歩,△同銀,▲7八金,△6四歩,▲5六飛,△7六歩,▲6八角,△4五歩と進んだ。それにしてもなんか、これで菅井が▲1八香と穴熊にしたのは、ううん横着、苦笑されるだろう、普通。

【図2】 53手目▲5七角まで
持ち駒:△豊島八段=なし



持ち駒:▲菅井王位=銀歩3
▲5七角と進んで、豊島は△7二飛と受け、少し後手がいいか。しかし、菅井の▲5三歩が変化球だった。これには後手は△9九角成とし、▲6三銀にも無視して△8九馬とし、後手が悪くないと思われるが、豊島は一旦△5三同金と取り、▲7三歩,△同桂,▲7五角,△9九角成,▲7四歩,△6五桂,▲7六飛と進んでみると、依然として形勢は五分である。

【図3】 64手目△4六歩まで
持ち駒:△豊島八段=香歩2



持ち駒:▲菅井王位=銀2歩
ここで△4六歩が豊島の鋭い一着で、検討の先崎九段もこれを指摘した。以下、▲同歩,△4八歩だが、なんと菅井はこれを▲同金と取った。以下、△7四飛,▲7七桂,△7五飛,▲同飛,△7七桂成,▲7二飛成と進んでみると、なんと先手が良くなっている。どうも△7四飛がよくなく、ここは△5五歩とかだったか。7二飛成以下は、△7八成桂,▲4二銀,△同金,▲同龍,△3一角,▲同龍,△同玉,▲5一飛,△4一桂,▲9一飛成,△5二金打,▲6一銀,△4三金右,▲4五香,△4四歩と進んだ。

【図4】 89手目▲5二歩まで
持ち駒:△豊島八段=飛銀香歩



持ち駒:▲菅井王位=角金歩2
ここで、菅井の▲5二歩が、なるほどこうやって手を作るのかという手だが、がっちり豊島が△4二銀と受けて難解である。以下、▲8四角,△1五歩,▲同歩,△1六歩,▲5一歩成,△1五香となって先手も忙しくなってきた。そこから▲5二銀成,△同金,▲同とだが。

【図5】 100手目△1七香まで
持ち駒:△豊島八段=飛銀歩



持ち駒:▲菅井王位=金2歩3
△1七香と打ち込まれて、難解な攻防である。ここから▲同桂,△同歩成,▲同香,△1八歩,▲同玉,△1七香成,▲同銀と豊島は迫った。

【図6】 108手目△2五桂まで
持ち駒:△豊島八段=飛銀香



持ち駒:▲菅井王位=金2香2歩5
ここで△2五桂は当然のようで最善手であった。いや、▲1一香もあったかもしれないが。△2五桂以下は▲1六金,△1一香,▲1五歩,△同香,▲同金,△1七桂成,▲同玉,△4五歩,▲2六香と進んだ。

【図7】 118手目△3九銀まで
持ち駒:△豊島八段=飛銀香歩



持ち駒:▲菅井王位=金桂香2歩4
ここで豊島は意表をついて△3九銀だが、ここは単に△3三馬の方がよかったのではないか。すなわち、△3九銀は▲2九金と打たれて、却って遠くなってないか。そうでもないか。以下、△1一香,▲1四歩,△同香,▲同金,△2八銀打,▲同金,△1九飛,▲1八金,△1六歩,▲同玉,△1八飛成,▲1七歩,△1五歩,▲同金,△2八銀不成と迫ったものの。

【図8】 135手目▲2九桂まで
持ち駒:△豊島八段=金



持ち駒:▲菅井王位=銀香3歩4
▲2九桂でぴったり受かっている。ここで豊島は△3三馬と引いたが、▲4一と,△同銀,▲2四桂,△同歩,▲5二銀,△2二玉,▲4一龍と迫られた。もうここでは、先手がはっきりいい。豊島は△2三桂と反撃したが。

【図9】 145手目▲4三銀成まで
持ち駒:△豊島八段=金歩



持ち駒:▲菅井王位=金銀香3歩4
もう▲4三銀成ではっきり勝負はついていて、△4三同馬,▲6六角,△5五銀,▲2四香,△3五歩,▲2五香,△3三玉,▲2三香成,△4四玉,▲4五歩,△同玉となり、

【図10】 157手目▲5六銀まで
持ち駒:△豊島八段=金歩2



持ち駒:▲菅井王位=金桂香2歩6
▲5六銀で簡単な即詰みである。

なにか豊島がごね倒されたという感じだが、分からないけど、【図7】あたりの攻防に問題があったか。すなわち、△3九銀の代わりに△3三馬と引いておけば難解な攻防が続いたと思われる。

豊島は、対振飛車の後手番対策が課題かもしれない。すると、菅井がやや有利になったか。

王位戦第1局が菅井の完勝だったので、これは豊島のタイトル奪取は難しいかとふと、思ってしまった。すると、棋聖戦第5局で、押しつぶすように豊島がタイトルを奪取したので、王位戦第2局もかなり熱戦になるのではないか、と期待した。

すると、菅井が採った戦法は、平凡な向飛車。なぜかちょっと失望した。これだと先手は結構好きに組める。果たして、豊島は、がっちり居飛車穴熊に組んで、不満はあるまい。51手目▲5六銀からみてみる。

【図1】 51手目▲5六銀まで
持ち駒:△菅井王位=歩



持ち駒:▲豊島八段=なし
▲5六銀は、△4七歩成が見えているが、すると飛車筋が通って、▲4三飛成,△同金,▲3二銀があるので、後手は△4七歩成としないと思った。ところが、本譜も△4七歩成,▲同飛,△2八角成,▲4三飛成,△同金,▲3二銀,△5一飛,▲4三銀成と進んでしまった。菅井、これで悪くないという判断なのだろうか。

【図2】 60手目△4九飛まで
持ち駒:△菅井王位=歩



持ち駒:▲豊島八段=金歩
ところが、△4九飛となった局面では最早先手が少し優勢のようある。陣形の違いというべきか。△4九飛以下は、▲5二金,△4三飛成,▲5一金,△5五歩と進んだ。

【図3】 65手目▲4四歩まで
持ち駒:△菅井王位=銀歩



持ち駒:▲豊島八段=飛
ここで▲4四歩が豊島の好手で、ここでははっきり、先手が優勢になっているようである。そこから△4二龍,▲5二飛,△同龍,▲同金,△5六歩,▲4三歩成,△5七歩成,▲5三と,△4七飛,▲6二とで、ますます先手好調である。

【図4】 76手目△5一歩まで
持ち駒:△菅井王位=銀2歩



持ち駒:▲豊島八段=飛
菅井は△5一歩と受けたものの、▲7二と,△同銀,▲6二金,△7一銀,▲同金,△同玉と、手なりで進んだ。

【図5】 83手目▲3一飛まで
持ち駒:△菅井王位=金銀歩2



持ち駒:▲豊島八段=金銀
▲3一飛でもうほとんど勝勢ではないか。なにしろ穴熊の堅陣は手付かずである。以下、△4二飛成,▲1一飛成,△6一金と菅井は懸命に粘るが。

【図6】 87手目▲4一金まで
持ち駒:△菅井王位=銀歩2



持ち駒:▲豊島八段=銀香
▲4一金が、私のようなアマチュアも好きな俗手で、後手が困っている。以下、△3二龍,▲5一金,△4一歩,▲6一金,△同銀であるが、後手になかなか希望はみえない。

【図7】 93手目▲4四歩まで
持ち駒:△菅井王位=金銀歩



持ち駒:▲豊島八段=金銀香
そこで▲4四歩が、茫漠としているようでも豊島の才能の一着であり、どう受けても▲4四歩が拠点となる。そこで菅井は、△2九馬と駒を補充して、形作りした。あとは豊島の寄せを待つばかりである。そこで豊島は、▲4三金,△7二龍,▲4一龍,△8二玉,▲5三歩,△5一歩,▲同龍,△6二金,▲5二歩成,△同銀と寄せた。

【図8】 105手目▲7一銀まで
持ち駒:△菅井王位=銀桂歩



持ち駒:▲豊島八段=香歩
▲7一銀がきれいな決め手で、△同龍なら▲8三香がある。

菅井の敗因は、【図1】で△4七歩成としたことではないだろうか。ここは▲4三飛成,△同金,▲3二銀の筋を避けて、△4一飛と自重しておけば五分だったと思われる。

それにしても菅井は、去年の羽生との王位戦のときのような、新感覚の振飛車は指さないのだろうか。それが出ないでタイトルを奪取されてしまってはさみしい。

棋聖戦第5局であるが、既報のように豊島八段が勝って新棋聖となり、羽生はついに一冠になってしまった。棋聖戦第4局では、羽生はなんとかなるのではと希望的に予想したのだが、そうは問屋が卸してくれなかった。それで、いまいち気が乗らないが、棋聖戦第5局を辿ってみる。戦法は、現在最も流行しているといえる角換り腰掛銀になったが、あれっと思った局面から始める。

【図1】 38手目△4一飛まで
持ち駒:△豊島八段=角



持ち駒:▲羽生棋聖=角
なんであれっと思ったかというと、△4一飛が、玉の陰になる位置に移動されるので、珍しいと思ったからである。とはいえ、ここはまだ自由度の高い局面で、▲7九玉,△4四歩,▲4五歩,△5二玉,▲4四歩,△同飛と進んだ。

【図2】 45手目▲4七角まで
持ち駒:△豊島八段=角歩



持ち駒:▲羽生棋聖=角
ここで▲4七角が羽生が意表をついて指した手だが、以下△4一飛に▲7五歩が狙いだった。ところが、△6三金,▲7四歩,△同金となって早くも後手が少しいいようで、もしかして▲4七角の趣向は成功ではなかったかもしれない。すなわち、▲4五桂,△4四銀,▲2四歩,△同歩,▲5五銀と進めたものの。

【図3】 56手目△6五歩まで
持ち駒:△豊島八段=角歩



持ち駒:▲羽生棋聖=歩2
△6五歩で先手の攻めは止まっている。とはいえ、形勢は微妙である。以下、▲4四銀,△同飛,▲4六歩,△8六歩,▲同歩,△8七歩と進むと、△8七歩が嫌で、なんとなく後手がやはり有利である。ここから、▲3五歩,△同歩,▲3四歩,△5五銀と進んだ。

【図4】 67手目▲3三銀まで
持ち駒:△豊島八段=角銀歩3



持ち駒:▲羽生棋聖=歩
ここで▲3三銀は当然の攻めである。しかし、△同桂,▲同歩成に後手も当然に△8八銀と攻めてきて、▲同銀,△同歩成,▲同玉となってみると、先手玉が薄いような気がするが、実際のところ形勢は互角である。

【図5】 74手目△7七歩まで
持ち駒:△豊島八段=角銀2歩2



持ち駒:▲羽生棋聖=銀桂歩2
ともかく後手は立ち止まれないので、△7七歩とせめてくる。以下、▲同金,△7六歩,▲同金,△6七銀,▲8七銀,△7六銀成,▲同銀となってみると、依然として優劣不明のようである。

【図6】 82手目△7五銀まで
持ち駒:△豊島八段=角金歩



持ち駒:▲羽生棋聖=角銀桂歩4
ここで後手は△7五銀とからむ。以下、▲5八角,△7六銀,▲同角,△7五金,▲8七銀,△7六金,▲同銀,△7五歩と豊島は分かりやすい攻めだが。

【図7】 91手目▲7五同銀まで
持ち駒:△豊島八段=角金歩



持ち駒:▲羽生棋聖=金銀桂歩5
ここではやはり後手が少しいい。以下、△6七角,▲7八銀,△7六銀と進んで。

【図8】 95手目▲7九桂まで
持ち駒:△豊島八段=角金



持ち駒:▲羽生棋聖=金歩5
▲7九桂と受けたものの、△6六歩,▲6八歩,△8七歩で後手がはっきりよくなった。以下、▲同銀,△同銀成,▲同桂,△7八金,▲9八玉,△8八銀,▲6七歩,△9九銀成,▲同玉と進んで。

【図9】 投了図 108手目△9七香まで
持ち駒:△豊島八段=角



持ち駒:▲羽生棋聖=角金銀2歩5
△9七香で、押しつぶされるように羽生の投了となった。以下、簡単な即詰みである。

羽生の敗因ははっきりとは分からないが、【図7】 の▲7五同銀のあと、△6七角,▲7八銀,△7六銀に▲7九桂でなくて▲同銀と取り、△同角成,▲7七金,△7五馬,▲7六歩と追い返して、▲3二との方がまだしもだったかもしれない。なんにしても、▲4七角の新機軸は功を奏さなかったと思われる。

こうしてともかく、羽生はまた、竜王だけの一冠となった。最早多冠になるのはかなり困難でともかく竜王を維持するのが目標であろう。

棋聖戦第3局が終わったとき、ああ、これで羽生は棋聖位の失冠の運命だと落胆した。なんか羽生の将棋の内容は悪くないのだが、最後に息切れしてしまう。

とはいえ、王位戦第1局をみたら、豊島だって息切れモードである。すると分からないのかなと思いつつ、やはり若さで豊島かと思ったりした。

第4局は、羽生の先番で、流行の角換り、羽生は43手目▲4五桂と跳ねて、一気に攻勢に出た。

【図1】 43手目▲4五桂まで
持ち駒:△豊島八段=角



持ち駒:▲羽生棋聖=角
村山七段によると、これは今期王位戦白組プレーオフの▲豊島-△澤田真吾六段戦と同一局面だという。ただ、豊島が先番なので逆だが。本譜は、▲4五桂以下、△4四銀,▲2四歩,△同歩,▲同飛,△2三歩,▲2九飛,△6五歩,▲同歩,△7五歩,▲6九飛,△7六歩,▲同銀,△8六歩,▲同歩,△同飛,▲8七金,△8一飛,▲8六歩と進んだ。ここでは、後手は▲7四歩を見られているので、やや先手が模様がいいのかもしれないが、まあ互角だろう。

【図2】 62手目△6七歩まで
持ち駒:△豊島八段=角歩



持ち駒:▲羽生棋聖=角歩3
ところが、豊島は、△7四歩と受けないで△6七歩。なんとも大胆である。羽生の▲2二歩にも△4五銀直,▲同歩と桂馬を食いちぎった。

【図3】 66手目△6五銀まで
持ち駒:△豊島八段=角桂歩2



持ち駒:▲羽生棋聖=角銀歩2
そこで△6五銀とは、豊島さらに過激。しかし、羽生は▲同銀右としてどうみても悪いとは思えない。以下、△同桂,▲2一歩成,△5五角,▲7七歩,△6八銀,▲2九飛と豊島は果敢に攻める。果たしてこのあたりの応酬で羽生が少しよくなったようである。

【図4】 74手目△8五歩まで
持ち駒:△豊島八段=桂歩



持ち駒:▲羽生棋聖=角銀2桂歩
豊島は△8五歩と、攻撃の手を緩めない。羽生は、△8五歩に▲同歩と応じ、△8六歩,▲5四桂,△同歩,▲7五角,△5三桂と進んだ。

【図5】 81手目▲8六角まで
持ち駒:△豊島八段=桂



持ち駒:▲羽生棋聖=銀2歩3
そして羽生が▲8六角と歩を払った段階で、形勢は互角のようである。豊島は当然△7四桂と継続し、▲6四銀,△8六桂,▲5五銀,△同歩,▲6五銀と進んでみると、少し羽生が優勢か。ここで羽生は▲6五銀と桂馬を取った。

【図6】 88手目△2一飛まで
持ち駒:△豊島八段=角銀歩



持ち駒:▲羽生棋聖=角銀桂歩3
ここは△6三銀と受ける手もあったかもしれないが、豊島は△2一飛とと金を外した。以下、▲5四桂,△3一玉,▲8六金,△5二金となると、いよいよ先手がいい。そして、▲4六桂,△3三銀,▲7五角であるが、検討陣は△9二角が嫌なのでは、という。豊島はそれは採らず、△8七歩,▲同金,△7九角,▲同飛,△同銀成と進行した。

【図7】 101手目▲7九同玉まで
持ち駒:△豊島八段=飛



持ち駒:▲羽生棋聖=角銀2歩4
しかし▲7九同玉でさらに先手がよくなった。豊島は△2二玉と早逃げし、▲7六銀,△9五歩,▲7四角,△5九飛,▲6九銀,△1九飛成で、豊島は△6八香に期待した。

【図8】 109手目▲5二角成まで
持ち駒:△豊島八段=香



持ち駒:▲羽生棋聖=金銀歩4
しかし、構わず▲5二角成でますます羽生が優勢である。△9六歩,▲5三角成,△6八香に、▲7八玉が決め手。△6九香成,▲6七玉,△5九龍,▲5八金だが。

【図9】 118手目△4九龍まで
持ち駒:△豊島八段=銀歩



持ち駒:▲羽生棋聖=金銀桂歩5
豊島は△4九龍と懸命にしがみつく。以下、▲3四桂,△同銀,▲4二桂成,△同金,▲同馬寄となっては大勢は決した。

【図10】 124手目△7四桂まで
持ち駒:△豊島八段=銀桂歩



持ち駒:▲羽生棋聖=金2銀桂歩6
受けがないので、豊島は△7四桂と上部を塞いだ。これは明確な詰めろだが、後手が綾なく詰む。すなわち、▲3三銀,△1三玉,▲3一馬,△2二桂,▲同銀不成,△同飛,▲同馬,△同玉と進んで。

【図11】 投了図 133手目▲3二金まで
持ち駒:△豊島八段=角銀歩2



持ち駒:▲羽生棋聖=飛金桂2歩6
▲3二金で簡単な即詰みである。すなわち、以下、△1二玉なら、▲1三飛,△同玉,▲2五桂以下簡単である。

豊島の敗因は何だろうか。【図5】あたりの手順に問題があったのかもしれないが、難解である。

さて、棋聖戦の最終局は7月17日、私は羽生が少し厚いとみる。

王位戦第1局が始まった。なんでも、タイトル保持者と挑戦者の両方が平成生まれというのは初めてらしい。まあ今後はそちらの方が次第にメインになるだろう。将棋は菅井王位の先番で、最強の戦法と言われている先手中飛車。豊島はどう対抗するのか。30手目△9四歩まで一気に進める。

【図1】 30手目△9四歩まで
持ち駒:△豊島八段=歩



持ち駒:▲菅井王位=歩
さて、30手目△9四歩は、△6五桂もあるところで、随分悠然とした手にみえる。やはり豊島は大物なのだろうか。以下は、▲5九飛,△5二金右,▲5四歩,△4二金寄,▲4五歩,△同銀,▲7五歩,△8四飛,▲7四歩,△同飛,▲7五銀,△同飛,▲2二角成,△同玉,▲5三歩成,△同金と進んだ。

【図2】 47手目▲6六角まで
持ち駒:△豊島八段=角銀歩4



持ち駒:▲菅井王位=歩
そして▲6六角は一応王手飛車なのだが、単純に飛車が取れるわけでもないので、先手よしとは直ちにはいえない。以下、△5五歩,▲7五角,△同銀,▲7一飛,△3二銀,▲4二歩,△3一金,▲5五飛,△6四銀,▲4五飛,△5四角,▲4六飛と進んだのだが、ここでは形勢はほぼ互角のようである。

【図3】 60手目△8八角まで
持ち駒:△豊島八段=歩3



持ち駒:▲菅井王位=銀歩
というのは△8八角が好手なのであって、もし香を取れれば、△4四香などがうるさい。そこで先手は以下、▲5六飛,△9九角成,▲5四飛,△同金,▲5二銀と飛車角交換して絡んでいった。こうなってみると最早先手よしのようである。そこで豊島は△4四馬,▲9一飛成,△7一歩,▲4八香,△5三馬,▲4一歩成,△同金,▲同銀,△同銀と粘りにいった。菅井も▲9三角とつなぐ。

【図4】 76手目△5一歩まで
持ち駒:△豊島八段=飛銀香歩2



持ち駒:▲菅井王位=金歩
ここで△5一歩が驚異の辛抱というか粘りである。しかし▲7一角成と単純に攻めてよい。以下、△4二銀,▲5三馬,△同金,▲8二龍,△3三角,▲7四歩,△6五桂,▲8四角,△3二香,▲7三歩成,△9九飛,▲4四歩,△同歩,▲7九金,△7八歩,▲6六角,△7三銀,▲同龍,△7九歩成,▲9九角,△8九と,▲6六角,△5六金,▲9三角成と秘術を尽くした攻防である。

【図5】 102手目△5七桂成まで
持ち駒:△豊島八段=桂歩3



持ち駒:▲菅井王位=飛金銀
△5七桂成となったが、先手優勢が広がった。以下▲7六龍に△4五歩,▲同香,△4八歩,▲3九金,△4六桂と後手も懸命に手をつくるのだが。

【図6】 109手目▲2六飛まで
持ち駒:△豊島八段=歩2



持ち駒:▲菅井王位=金銀歩
▲2六飛で最早先手勝勢であろう。以下、△3八桂成,▲同金,△1四歩と豊島は懸命に傷を消そうとするが、▲2五桂,△4九歩成,▲3三桂成,△同桂,▲4二香成,△同銀,▲4一金,△5二金,▲4三歩,△同金,▲4四銀,△2五香,▲4三銀成,△2六香となって。

【図7】 127手目▲5七馬まで
持ち駒:△豊島八段=飛銀桂歩3



持ち駒:▲菅井王位=角金銀桂
▲5七馬が決め手である。以下、△同金,▲3二成銀,△同玉に▲4四桂,△2二玉と一旦逃げるが。

【図8】 投了図 133手目▲3二金まで
持ち駒:△豊島八段=飛角銀2桂歩3



持ち駒:▲菅井王位=角銀香
▲3二金で即詰みである。すなわち、△1二玉に▲1三香,△同玉,▲2二銀,△2四玉,▲1三角,△同香,▲3三銀不成,△同銀▲2六竜,△2五銀,▲1六桂までである。

どうも豊島は、【図5】で△4八歩と攻めあったのが最後の敗着で、△4四歩と受けていれば悪いながらも粘れたようである。

なお今期、豊島はここに至るまでかなりの好調だが、菅井はあまり調子がよさそうでなく、豊島がかなり有利かと思っていた。しかし実は豊島は、久保との王将戦などからみるところ、対振飛車があまり得意でなく、また体力的にも少し夏の暑さに参っているところがあるような気がする。なのでこの七番勝負、菅井が防衛する可能性は低くないとみる。

羽生棋聖対豊島八段の棋聖戦であるが、第2局で羽生棋聖が勝って一勝一敗の五分にしたとはいえ、私は羽生棋聖の側を楽観していなかった。というのは、あれは単に豊島の一手ばったりにすぎなかったからである。なので私は羽生棋聖にとって厳しい戦いが続くと思っていた。

さて、羽生棋聖は後手番で、また序盤から工夫してきた。

【図1】 4手目△7二飛まで
持ち駒:△羽生棋聖=なし



持ち駒:▲豊島八段=なし
すなわち4手目△7二飛。これには最近のユニークな序盤の横行で大抵のことには驚かないプロ棋士たちも意表を衝かれた。ここから、▲7八金,△7四歩,▲2四歩,△同歩,▲同飛,△2三歩,▲2八飛,△7五歩,▲6八銀,△3四歩,▲3八銀,△7四飛,▲2七銀,△7二銀,▲3六銀,△7三桂,▲6九玉,△9四歩,▲9六歩,△8四歩,▲5六歩,△1四歩,▲2五銀,△3三桂,▲3六銀,△1三角,▲1六歩,△5二玉と進行した。

【図2】 33手目▲5八金まで
持ち駒:△羽生棋聖=なし



持ち駒:▲豊島八段=なし
ここでは形勢はほぼ五分だろう。ここで▲7九角が第一勘だが、△7六歩がちょっと嫌なので、豊島は▲5八金と辛抱した。そこから△7六歩,▲同歩,△同飛,▲1五歩,△同歩,▲7七銀,△5六飛,▲1五香となった。しかし流石に、このように角頭を攻められては後手が少し悪くなった。具体的には難しいが前もって△1三角を退避しておくべきだったか。

【図3】 42手目△3五歩まで
持ち駒:△羽生棋聖=歩3



持ち駒:▲豊島八段=歩3
そこで羽生は△3五歩と勝負手を放った。これに対して豊島は▲5七歩と応じ、以下△5四飛,▲1三香成,△3六歩,▲2三成香,△3七歩成,▲同桂と進んだ。

【図4】 50手目△1七香成まで
持ち駒:△羽生棋聖=銀歩4



持ち駒:▲豊島八段=角歩4
羽生は△1七香成と飛車に当てるが、いったん▲2六飛と逃げておいて先手がいい。△2五歩,▲同桂,△2三金,▲3三桂成,△同金と進んだ。

【図5】 57手目▲6八銀まで
持ち駒:△羽生棋聖=銀桂香歩3



持ち駒:▲豊島八段=角桂歩5
そして▲6八銀と引いて角筋を通したのがいかにも味がよく、いよいよ豊島優勢である。以下△3四飛,▲3五歩,△同飛,▲3六歩,△3四飛,▲4六桂,△2四飛,▲同飛,△同金,▲2一飛,△7七歩,▲同角となっては、さらに先手が優勢を拡大した。

【図6】 70手目△4二銀打まで
持ち駒:△羽生棋聖=飛桂香歩3



持ち駒:▲豊島八段=角歩4
羽生は仕方なく△4二銀打だが、▲2四飛成,△7五香,▲3四桂,△3九飛,▲5九銀,△7七香成,▲同金,△6五桂打,▲7六金と進んでみると、後手がやや盛り返したか。

【図7】 80手目△7八歩まで
持ち駒:△羽生棋聖=角歩2



持ち駒:▲豊島八段=角金香歩4
そこで羽生は△7八歩といやらしく歩を垂らす。検討陣は、「▲7八同玉△7七歩▲同桂△5七桂成▲4二桂成△同銀▲3三銀△同銀▲同竜は△5八成桂でどうか。以下▲3二竜△4二桂▲4一銀は△5一玉で詰まない。」という手順を示す。しかし豊島は用心して▲6六角。ここから△3七角,▲4二桂成,△同銀,▲6八銀打,△5一金,▲2二龍,△2一歩,▲3二龍,△3一歩,▲1二龍,△4五桂,▲4八香,△5七桂左成,▲同銀,△同桂成,▲同角。

【図8】 98手目△5五角成まで
持ち駒:△羽生棋聖=銀歩



持ち駒:▲豊島八段=金桂2歩4
羽生は△5五角成と天王山に馬を据えた。これに対して豊島は▲3四桂で、これは詰めろである。なので羽生は△2二歩と受け、▲6六金打,△4四馬,▲4二桂成,△同金,▲5五銀,△4五馬,▲1五龍,△3六馬と進んだ。

【図9】 109手目▲7八玉まで
持ち駒:△羽生棋聖=銀桂歩2



持ち駒:▲豊島八段=桂歩5
ここでやっと豊島は、▲7八玉と歩を払った。そこで羽生は△6五桂打と懸命にしがみつく。▲2四角,△7七歩,▲同桂,△同桂成,▲同玉,△2九飛成と▲5九銀を狙った。ここで豊島が▲7四桂と打ったが、これはどうだったか。▲2六歩と辛抱するのがよかったか。

【図10】 118手目△6五桂打まで
持ち駒:△羽生棋聖=銀歩



持ち駒:▲豊島八段=桂歩6
そこで羽生は△6五桂打と打ったが、ここは△1四歩の方がよく、すると形勢は五分近くに押し戻せた。△6五桂打以下は、▲8八玉,△8三銀,▲8二桂成,△7四銀,▲7八歩,△7五歩,▲同金右,△同銀,▲同金,△2五馬,▲同龍,△同龍と進んだ。

【図11】 131手目▲6一角まで
持ち駒:△羽生棋聖=飛金銀



持ち駒:▲豊島八段=銀桂歩6
しかし、▲6一角が決め手だった。これに△4一玉には▲5二銀,△3二玉,▲4二角成以下がある。△4一玉には▲4四桂でもよく、△3二歩には▲5二角成,△同金,▲同桂成,△3一玉,▲1二銀くらいで必至。なにしろ先手玉はなかなか詰まない。で、▲6一角は潔く△同玉と取り、▲4二角成と必至がかかった。そこで△7七銀,▲同歩,△同桂成,▲同玉,△8五桂,▲8六玉,△7七角,▲7六玉,△6六角成,▲同玉,△5五龍と一応寄せにいったが。

【図12】 投了図 145手目▲5五同玉まで
持ち駒:△羽生棋聖=飛金銀歩



持ち駒:▲豊島八段=飛角金銀2桂2歩6
後手玉は必至であり、▲5五同玉で詰みがないので、先手の勝ちとなった。

中盤あたりから豊島が作戦勝ちだったが、次第に混沌としてきて【図10】で羽生が△1四歩としていれば、形勢は分からなかった。どうも羽生は追い込みで間違える傾向がある。もう羽生マジックはないのだろうか。

さていよいよ棋聖防衛も危なくなってきた。

竜王戦本戦トーナメントの一回戦で藤井七段は、見事都成五段を破って二回戦に進んだ。二回戦で待っているのが、去年一回戦で対戦し、29連勝の新記録樹立記念にもなった増田六段であるというのも何かの縁であろう。そして増田六段は去年のリベンジを果たそうと強く決意しているに違いない。

増田六段の先手で、戦型はというと、一見普通の矢倉の出だしとなった。ところが一見普通の矢倉と見えたのは見かけだけで、37手目の▲3五歩で早くも風雲急を告げてきた。

【図1】 37手目▲3五歩まで
持ち駒:△藤井七段=なし



持ち駒:▲増田六段=歩2
なんとも激しい▲3五歩であるが、ここまで形勢はほぼ互角である。▲3五歩以下は、△同歩,▲2四歩,△同歩,▲3四歩,△2二銀,▲2四飛,△2三銀,▲2九飛,△2二歩,▲4四角,△3四銀,▲2三歩,△同銀,▲4五桂,△4三歩,▲7七角,△4二角,▲5三歩,△同銀と進んだ。

【図2】 57手目▲7五歩まで
持ち駒:△藤井七段=歩3



持ち駒:▲増田六段=歩
ここまでほぼ互角だったが、先手が少しよくなった。それは、▲7五歩という好手があったからである。以下は、△8四飛,▲8五歩,△同飛と進んだ。

【図3】 61手目▲7四歩まで
持ち駒:△藤井七段=歩4



持ち駒:▲増田六段=歩2
ここで普通は▲8七歩と受けておいて互角だが、増田六段は飛車成りも構わず、▲7四歩と踏み込んだ。おそろしいほどの強気である。藤井七段は当然、△8九飛成で以下、▲7九金,△8四龍,▲7三歩成,△7八歩,▲同金,△7六歩だが、ここで▲9五角がまたまた増田六段の強気の手だった。ただこれには△同龍で、藤井七段が悪くない。どうも増田六段の一連の手順はやや無理だった。△同龍以下、▲5三桂成,△同角,▲4五桂と進んだ。

【図4】 74手目△7五角まで
持ち駒:△藤井七段=角桂2歩2



持ち駒:▲増田六段=銀歩3
ここでは藤井七段が優勢である。但し、△7五角と出ないで、一旦△7七桂と打っていれば、である。感想戦の内容を引用すると、「△7七桂の王手を利かせるのが後手の最有力の変化とされた。以下▲同銀△同歩成▲同金は△4四角とかわされて先手自信なし。増田は△7七桂に▲5九玉が予定だったが、以下△7五角に本譜と同様に▲5三歩△4二金右▲6三と△4一玉と進むと、そこで▲5一銀には△1五角の王手が攻防手で後手よしとなる。▲5一銀にかわる手も感想戦では見つからず、△7七桂を決めていれば後手優勢とされた。」ということだった。△7五角以下は、▲5三歩,△4二金,▲6三と,△4一玉となったが。

【図5】 79手目▲5一銀まで
持ち駒:△藤井七段=角桂2歩2



持ち駒:▲増田六段=歩3
▲5一銀が手筋の寄せで、先手が優勢になった。ここからは長いが事実上勝負はついているので、手順だけ示す。すなわち、△3三桂,▲2三飛成,△同金,▲5二歩成,△同金,▲同と,△同玉,▲5三金,△同角,▲同桂成,△同玉,▲6二角,△6四玉,▲9五角成,△8九飛,▲7九歩,△8六桂,▲7五銀,△5五玉,▲8六銀,△3七金,▲5六桂,△8一桂,▲5八金,△6四桂,▲7五銀,△5六桂,▲同銀,△4四玉,▲2六桂,△8四歩,▲4二銀,△3六歩,▲2四歩,△同金,▲3二飛,△3五玉,▲3三飛成,△2五玉,▲2九桂,△2三金,▲3七桂,△2六玉,▲3五龍,△同玉と進んで。

【図6】 投了図 125手目▲2五金まで
持ち駒:△藤井七段=飛角桂2歩4



持ち駒:▲増田六段=なし
▲2五金となってぴったり詰みである。

結局、去年佐々木勇気六段に敗れたのと同じ位置で、今度は増田六段に負かされた。相当な勝率で勝っている藤井七段だが、どうも急所で負かされる傾向があり、タイトル挑戦は先に持ち越された。

それにしても、【図4】 74手目△7五角の代わりに一旦△7七桂と打つという手は、藤井七段ならそんなに苦労なく発見しそうなものだが、増田六段の気合に押されたのだろうか。

アマ竜王戦

user-pic
0

6月24日の朝刊をみていて、おおっと思った。我が家は読売新聞なので、当然にアマ竜王戦は比較的詳しく報道する。それでベスト16の組み合わせに、大学将棋部の後輩、北村君が入っていたので、注目した次第である。

大学将棋部の後輩の強豪といえば、アマ名人になった古賀君がいるが、ここ数年全国大会に出ているのを見たことがない。すると、現時点では北村君がOB最強か。

ベスト16の組み合わせは以下のとおりである。

  • 山崎由太郎(大分) - 桐山隆(栃木)
  • 木村孝太郎(滋賀) - 稲葉聡(愛知)
  • 藤原祐樹(招待) - 坪井祐二(熊本)
  • 武田俊平(千葉) - 古作登(奈良)
  • 北村公一(山口) - 小泉祐(青森)
  • 禰保拓也(沖縄) - 小山怜央(神奈川)
  • 木村秀利(大阪) - 竹下貴重(東京)
  • 橋嵜卓万(鳥取) - 伊藤奨(岐阜)

ベスト8の組み合わせは以下のとおりである。

  • 桐山隆(栃木) - 稲葉聡(愛知)
  • 古作登(奈良) - 藤原祐樹(招待)
  • 小山怜央(神奈川) - 北村公一(山口)
  • 橋嵜卓万(鳥取) - 竹下貴重(東京)

ベスト4の組み合わせは以下のとおりである。

  • 桐山隆(栃木) - 古作登(奈良)
  • 小山怜央(神奈川) - 橋嵜卓万(鳥取)
北村君は小山怜央に負けたのだが、仕方ない。私は小山さんは、優勝候補筆頭だと思っていた。

で、結局、桐山さんと小山さんで決勝を戦い、桐山さんが優勝、三位決定戦では古作さんが勝った。古作さんは元奨励会三段とはいえ、もう50代、よくここまで勝ち進めたと思う。橋嵜さんはまだ10代ではないか。鳥取の天才少年に違いない。

以下、読売新聞のウェブ記事から引用する。

アマ将棋の日本一を決める第31回アマチュア竜王戦(日本将棋連盟、読売新聞社主催)の全国大会は2日目の24日、東京都港区の「チサンホテル浜松町」でベスト16による決勝トーナメントが行われ、決勝戦で栃木代表・桐山隆さん(48)が神奈川代表・小山怜央さん(24)を破り、22年ぶり3回目の優勝を果たした。48歳での優勝は大会最年長となる。

へぇ、48歳での優勝は大会最年長なんだ。確かに、ここ何年かずっと、20代前半の人が優勝し続けている。48歳というのは羽生竜王とほぼ同じ歳で、このあたりの歳になるとプロだけでなくアマでも勝つのは大変なのだろう。

ともかく、もともと有名強豪ではあるが、桐山さんの優勝は画期的なのだった。

ところで、今これを書きながら、藤井七段対都成五段の竜王戦本戦トーナメントの一回戦の中継をみているのだが、藤井七段がきっちり寄せ切った。いやあ、やっぱり強い。

今期の名人戦であるが、既報のように、佐藤天彦名人が羽生竜王を4-2で下して、防衛した。今期の羽生は気合が入っているので、しかも天彦名人は最近いまいち不調のようなので、奪取してくれると信じて疑わなかった。また、大平六段のブログでも、今期の羽生さんは今までとは違い、往年の全盛期のときの強さを感じる、とあった。なので、このような結果は羽生ファンとして残念でならず、いまいち棋譜を辿る気合も入らないのであるが、淡々と観てみることにする。

戦型であるが、先日のNHK杯の井上九段対糸谷八段の将棋のように、後手の羽生竜王が2手目△6二銀の英春流(なぜか最近はそうは呼ばれない)から、一歩損して手数を稼ぐ、最新形を採用した。この戦法は、NHK杯のような時間の短い将棋ならともかく、名人戦のような持ち時間の長い将棋ならどうなんだろう、と思う。例によって一気に42手目△4三金右まで進める。

【図1】 42手目△4三金右まで
持ち駒:△羽生竜王=なし



持ち駒:▲佐藤天彦名人=歩2
ここでは先手が一歩得なので微妙に優勢かもしれないが、プロレベルでもほぼ互角であろう。ここから、▲4七銀,△3一玉,▲3七桂,△9四歩,▲6九玉,△8四歩,▲7九角,△4二角,▲4八金,△7三銀,▲5六歩,△7四銀,▲2九飛,△8五歩,▲7八金,△8二飛,▲4五歩,△同歩と進んだ。

【図2】 61手目▲8八角まで
持ち駒:△羽生竜王=歩



持ち駒:▲佐藤天彦名人=歩2
▲4五歩,△同歩から▲8八角と戻したのは、流石の構想だと感心したが、検討のプロ陣によると、▲4五歩に代えて▲6八角として、以下△6四歩に▲7七角という手順もありえたようである。▲8八角以下は、△8六歩,▲同歩,△8五歩,▲同歩,△同銀,▲6五歩,△3三桂,▲4四歩,△5三金,▲8四歩,△7三桂,▲5八玉,△7七歩,▲同角,△6五桂と進んだが、△8六歩のところでは、△7五歩もありえた。いずれにしても形勢は互角である。

【図3】 77手目▲6六角まで
持ち駒:△羽生竜王=歩



持ち駒:▲佐藤天彦名人=歩3
ところが、▲6六角となってみると最早先手がやや有利になっている。【図2】での、△8六歩,▲同歩,△8五歩,▲同歩,△同銀という攻めがやや重かったか。▲6六角以下は、△8六銀,▲2二歩,△5五歩,▲同角,△6四歩,▲6六角,△2二玉,▲2五歩,△同歩,▲2六歩,△同歩,▲2五歩,△7七歩,▲7九金,△5五歩,▲同歩,△4四金,▲2六飛と進んだ。

【図4】 96手目△8八歩まで
持ち駒:△羽生竜王=歩2



持ち駒:▲佐藤天彦名人=歩2
で、羽生は△8八歩であったが、感想戦で天彦名人は、△8八歩の代わりに△3五歩ではなかったかと指摘し、羽生も同意した。しかし、実際のところは難しい。ともかくここでは少し後手が持ち直している。△8八歩以下は、▲同金,△8七歩,▲5四歩,△5五歩,▲9八金,△5四金,▲2四歩,△1二銀,▲5六歩,△5三角,▲2九飛,△4四角,▲1五歩,△7八歩成,▲1四歩と進んだ。

【図5】 112手目△7七とまで
持ち駒:△羽生竜王=歩



持ち駒:▲佐藤天彦名人=歩3
ここで羽生は△7七とであるが、天彦名人は感想戦で、△1七歩と受ける手を指摘した。以下は▲7八銀△5六歩▲4四角△5七歩成▲同金△同桂成▲同玉△4四金が予想される進行で、そうなると次の△5六歩が厳しく、後手がやれるということらしい。本譜は、△7七と以下、▲1三歩成,△同銀,▲同香成,△同香となった。しかし、この△同香では△同玉が優り、後手優勢というのが激指しの指摘である。本当か?▲1四歩の叩きが怖すぎるが。で、実戦的には△同玉とは取り切れず、△同香以下、▲2三銀,△3一玉,▲3二銀成,△同玉,▲2三歩成,△4三玉,▲3三と,△同角,▲2一飛成となった。こうなっては流石に先手がいいのではないか。

【図6】 126手目△2二飛まで
持ち駒:△羽生竜王=銀香歩3



持ち駒:▲佐藤天彦名人=金香歩3
で、ここで羽生が△2二飛とぶつけたのはまあ妥当であるが、単に△5七香と攻めるのもあり、こちらが優ったかもしれない。いずれにしても、ここで後手は悪くない。ただ、▲4一龍に△4二銀と打ったのは明らかに良くなかった。△4二飛と戻す方が優った。▲4一龍に△4二銀と打ってからは、もしかして羽生の勝機は去ってしまったのではないか。すなわち、以下▲2五桂,△2四角,▲3五歩に△5七香,▲同金,△同桂成,▲同角,△6七と,▲同玉,△5六歩,▲同銀,△6五銀と羽生は懸命にしがみついたが、時すでに遅し。▲4四歩が軽手で、△同金,▲6五銀,△同歩と進行して・・・。

【図7】 投了図 145手目▲5二銀まで
持ち駒:△羽生竜王=角銀歩5



持ち駒:▲佐藤天彦名人=金桂香歩4
▲5二銀で簡単な即詰みなので、投了もやむなしである。具体的には、▲5二銀以下、△5四玉,▲6四金,△5五玉,▲5六香,△6四玉,▲6一龍,△7四玉,▲6三龍,△8五玉,▲7七桂打,△同銀成,▲同桂,△9六玉,▲8五銀,△8六玉,▲9七金,△9五玉,▲9六金までの19手詰であるが、難解さはない。

結局、羽生は終盤まで勝つチャンスがあったのに、勝ち切れなかった。その基本的な敗因は、リソース配分のミスである。すなわち、羽生は名人戦の前、王位戦リーグに入る活躍をして、豊島と挑戦権決定戦を戦うまで進んだ。その間、天彦名人は目立った活躍もなく、勝率五割を切っていたが、それはひたすら名人戦に備えてリソースを蓄積していたのである。

若い天彦名人が体力を温存し、かなり年上の羽生竜王がリソースを消耗していては、名人戦のこのような帰趨も仕方なかったか。

ある棋友は、もうこれで、羽生竜王が名人位に復位することはなくなったのではないか、という。そういえば、大名人の大山康晴は、1972年に中原名人に挑戦し、フルセットを戦うも、防衛され、二度と名人位に復位することはなかった。ときに大山は49歳。今の羽生竜王は、今年9月で48歳。そろそろ臨界点なのか。

月別 アーカイブ

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち将棋カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは宗教です。

次のカテゴリは小説です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。