将棋の最近のブログ記事

先日、王位戦第2局に関して、

ところで、羽生王位といえば久々に竜王戦決勝トーナメントに残っていて、7月31日に稲葉八段と準決勝を戦う。これに勝って、松尾八段との決勝三番勝負にも勝ち、渡辺竜王に挑戦して「月に代わってお仕置き」してほしいと願っているのは私だけだろうか。
と書いたが、果たして羽生は、稲葉八段との準決勝に勝ち、松尾八段との決勝三番勝負の第一局にも勝ち、いよいよ渡辺竜王への挑戦にあと一勝と迫った。

そう、羽生は渡辺に怒っているのである。まさか、何に怒っているの?とは聞かないよね。いうまでもなく三浦事件で渡辺一派は、三浦九段を責めるのに、羽生の発言を意図的に捻じ曲げたのである。それでupsetした羽生は、奥さんのツイッターを使って、「疑わしきは罰せず」と急いで発信した。それにも関わらず、三浦九段に対する不当な懲罰が発動してしまった。これでは羽生の面子が丸つぶれではないか。それで羽生が怒っていないわけがない。

そこで羽生は渡辺を懲らしめる機会を虎視眈々と狙っていた。それは要するに、竜王戦に挑戦してタイトルを奪取することである。じっさい、松尾八段との決勝三番勝負の第一局をウェブで観戦したが、羽生は気合が入りまくっていた。

羽生は、松尾八段との決勝三番勝負の第一局の二日前に、王将戦二次予選で三浦九段に負けた。それは決して羽生が手を抜いたわけではない。三浦九段が好調なのである。ここまで6勝2敗。

要するに、羽生は鬼モードでなかったということである。それでは8月17日(木曜日)で羽生はA級順位戦で久保と当たるが、渡辺一派の久保に対してもお仕置きのため、鬼モードを発揮するだろうか。これは多分そうしないと思う。なぜなら、そこでリソースを使うと、総帥の渡辺を倒すためのエネルギーが減ってしまう。まあ鬼モードでなくても、久保とは五分だろう。

ともかく羽生はなんとか竜王に挑戦するが、あるいみ手負いの獅子の渡辺も必死で頑張り、壮絶な戦いになるだろう。聞こえてくるのは、「天に代わりて不義を討つ 忠勇無双の我が兵は」という古き軍歌なのだった。「月に代わってお仕置きよ」では流石に甘すぎる。

王位戦第3局が始まった。ここまで羽生王位は二連敗で、しかも内容がよくない。これを負けると防衛は相当困難になるので、踏ん張るはずである。一方の菅井七段、▲7六歩,△3四歩,▲2六歩,△5四歩,▲2五歩,△3二飛という出だしは最初は新鮮だったが、こう連採するとどうも少しだけマンネリ感が漂う。そもそも、球筋に慣れられてしまうのではないか。ともかく、例によって31手目▲6七角まで一気に進める。

【図1】 31手目▲6七角まで
持ち駒:△菅井七段=角



持ち駒:▲羽生王位=なし
▲6七角は△3四歩を狙う手でよく指される。以下、△4四銀,▲3四角,△7四歩,▲4七銀,△8四歩,▲1六歩,△5五銀,▲1五歩,△7三桂,▲1四歩,△同歩,▲1二歩,△8五桂,▲6八銀と進んだが、どうも△8五桂がよくなかったようである。ここはともかくも、▲1二歩に△同香と応じて五分だった。

【図2】 46手目△9五歩まで
持ち駒:△菅井七段=角歩



持ち駒:▲羽生王位=なし
△9五歩も、勢いそう指したいところだが、ここでもいったん△1二香と手を戻しておきたかった。△9五歩以下は▲9五同歩,△1二香,▲8六歩,△9八歩,▲同香,△9七歩,▲同桂,△同桂成,▲同香,△7五歩,▲5六歩,△6四銀,▲7七銀,△7六歩,▲同銀,△7五歩,▲6七銀と進み、ここでは先手有利である。

【図3】 64手目△2二飛まで
持ち駒:△菅井七段=角歩



持ち駒:▲羽生王位=桂歩4
△2二飛は当然の受けであり、▲3五桂,△5二金,▲9四歩,△8三銀,▲7七歩,△5三金,▲2四歩,△同歩,▲2三歩,△2一飛,▲2四飛,△4四金,▲1六角,△2五歩,▲2二歩成,△同金と進むのも順当なところ。この手順でじっと▲7七歩が嫌味を消す好手である。

【図4】 81手目▲4五桂まで
持ち駒:△菅井七段=角桂歩



持ち駒:▲羽生王位=歩3
▲4五桂は、放置すると▲3三桂不成があるので、菅井七段は△3二歩と受けた。以下、▲6五歩,△同銀,▲5三桂成となっては、この成桂が攻めに利いてきそうである。それでも菅井七段はいったん△9五歩とし、▲6六歩,△9四香,▲6五歩,△9六歩,▲同香,△同香,▲9七歩,△同香成,▲同玉,△9六歩,▲8八玉,△9七角,▲8九玉となり、いよいよ先手の優勢がはっきりした。

【図5】 100手目△8六角成まで
持ち駒:△菅井七段=桂香歩2



持ち駒:▲羽生王位=銀香歩2
それでも菅井七段は△8六角成と粘るが、羽生王位は▲8八香と馬を攻めていき、△9五馬,▲8六銀,△同馬,▲同香,△9七歩成,▲7九玉と早逃げする。そこで菅井七段が△9三玉と入玉含みで指すと▲9五歩,△7四桂。菅井七段は相手の香に狙いをつけた。

【図6】 111手目▲2二飛成まで
持ち駒:△菅井七段=銀香歩2



持ち駒:▲羽生王位=角金歩
しかしここで羽生王位の▲2二飛成が鋭い。すなわち、金を手に入れるとともに、相手の飛車を受けに使えなくする。△2二同飛,▲7三金となると、いよいよ後手玉に詰めろがかかった。以下、△8二銀,▲8三金,△同銀,▲7一角,△8二香となると次第に後手は受けに窮してきた。

【図7】 119手目▲7三銀まで
持ち駒:△菅井七段=飛金歩2



持ち駒:▲羽生王位=歩
▲7三銀でほぼ受けなしである。以下、△8一金,▲8二角成,△同金,▲9四香,△同銀,▲8四銀成,△9二玉,▲9四歩,△8六桂,▲9三銀,△9一玉,▲8二銀成,△同玉,▲9三歩成,△7一玉,▲8二と,△同玉,▲7三金となって、以下即詰みである。

以上みたように、二連敗を押し戻すような羽生王位の快勝だった。敗着はおそらく44手目の△8五桂で、△1二香と手を戻して▲2四歩、△4四角、▲2三歩成、△8五桂となって難解だった。

さて、菅井七段は次も5筋を突いた変則三間飛車か。いくらなんでもそれはないか。

ポナンザ

user-pic
0

私のパソコン・メールのアカウントには、今まで過去に買った商品の関係で毎日多数の広告メールが入る。これらのほとんどはジャンクメールだと認識しているが、唯一歓迎なのは、アマゾンからくる本の案内だったりする。

そんな中で、これは即買ってよむべしと判断した本に、ポナンザの開発者、山本一成さんが書いた「人工知能はどのようにして「名人」を超えたのか?」ダイヤモンド社がある。

著書の意味は異なるが、私の中では王メイエン九段の囲碁AI新時代と双対だったりする。なので注文して届くと、早速読み始めた。以下、私の粗い要約を記してみる。

山本さんは10年前、東大工学部の学生だったときに、コンピュータ・ソフトの作成に思い至った。10年前というと既にボナンザが、まだプロ棋士は超えられないものの、普通のアマ強豪では簡単には勝てない強さに達していた。そんなとき山本さんは、スクラッチからコンピュータ・ソフトを作成することに思い至った。それは、コンピュータそのものにあまり慣れていないので、コンピュータのスキルをつけるため、という意図もあった。

別の視点では、既存の多くのコンピュータ・ソフトの作者と違って、山本さんが真のアマ強豪の棋力があったということがある。すなわち、山本さんは東大将棋部にも所属し、学生の関東大会では上位に食い込む強豪で、少なくともアマ五段はあった。なのでそんな将棋のスキルをコンピュータ・ソフトに注入すれば、強いソフトになると素朴に考えた。ソフトの名前も、ボナンザに敬意を表して、ポナンザと名付けた。しかし、ポナンザの初期バージョンは、山本さん自身に8枚落ちでも勝てないほどの弱さだった。

さて、コンピュータ・ソフトの機能を大きく分けると、手の探索と、手の評価がある。その手の評価のところで、山本さんは自身のアマ強豪としてのノウハウをソフトに傾注しようとしたが、それがとてつもなく困難であることに想到した。すなわち、人間としてある手を選んだとして、どうしてその手を選んだか、少なくともプログラミングできるほど、明確に思考過程を記述できない。無理なのである。そこで、ボナンザがそうしたように、多数のプロの棋譜を読ませて機械学習させることにした。ちなみに初期のボナンザの評価関数のパラメータ数は一万個程度だったが、ポナンザのそれは一億を超えるという。

機械学習を採用して、ポナンザの棋力は急速に伸びた。機械学習を採用した初期の段階で、パラメータを調整することで、プロの棋譜の手に対する正解率は45%まで達した。

こうして強くなっていくポナンザは、前の年のバージョンに対して少なくとも七割の勝率を達成することを目標にした。そしていよいよポナンザにとって画期的な日が訪れた。それは、2013年3月30日、将棋電王戦の第2局でポナンザが佐藤慎一四段を破ったことである。コンピュータ・ソフトがついに、現役のプロ棋士に勝った。私のブログでは、コンピュータ、一勝に書いた。

ここらあたりで山本さんは、プログラマからの卒業を意識するようになった。それはポナンザの改良から手を引くという意味ではない。最早プログラムそのものが自らの改良の主なプロセスを担い、人間はそれをサポートする、みたいな位置づけである。また、機械学習のための棋譜も、プロの棋譜だけでなく、ポナンザ同士が戦った棋譜も使う。強化学習と呼ばれる、AIの手法も駆使する。

ただ、AIの手法も駆使したからといって、ポナンザが単調増加で強くなるわけではない。むしろ強くなればなるほど、棋力の向上は大変である。現在では、前の版と3000局指して、52%以上の勝率になることを目指している。こういう棋力の向上策は、いまのところ暗中模索である。

コンピュータのハードウェアが進化してマルチコアになったのだが、将棋ソフトではいまいち、並列化の恩恵が得られなかった。すなわち、ゲームの性質のためか並列効率が悪かった。そこで最近注目されたのが、温故知新の怠惰な並列化(lazy parallelization)という技法。それがなぜか将棋ソフトとの相性がよかった。

さて、アルファ碁で注目されたディープ・ラーニングであるが、今まで将棋ソフトには有効でないと考えられており、ポナンザも採用してこなかった。

すなわち、囲碁は突き詰めると画像だとみなすことができるようで、すると画像の処理が得意なディープ・ラーニングが威力を発揮するようである。一方、これは私が言っているだけかもしれないが、将棋は数論的というか代数的のような気がする。

ところがついにポナンザもディープ・ラーニングを採用した。コンピュータ将棋選手権にエントリしているPonanza Chainerがそうである。ウェブで検索してみると、Ponanza Chainerは、ディープ・ラーニングを採用したことで、一手も読まないで55%の確率で手を予測可能なのだという。なお、ディープ・ラーニングの部分は、PFN社の協力を頂いたという。PFN社というと、私が仕事を通じて一方的に知っている比戸将平さんがいる会社だなあ、と思い出した。

ただ、そんな満を持したPonanza Chainerも、伽藍とバザールの文脈でいうバザール系のelmoに敗れて、優勝を逃した。それはディープ・ラーニングの手法がうまくいかなかったというわけではなく、実力的にはPonanza Chainerの方がかなり上回っているのだが、勝負の綾でたまたまelmoが勝ったということらしい。そういえば今年の電王戦で佐藤名人を破ったのもPonanza Chainerなのだろうか。

さて、開発者の山本さんであるが、現在は愛知学院大学の准教授だったり、東大先端研の客員研究員だったり、DeepZenGoの開発にも関与されているようで、その活躍は刮目に値する。

それにしても、将棋ソフトや囲碁ソフトは、どこまで行ってしまうのだろうとつい考えてしまうのだった。

私が勝手にそう思っているだけかもしれないが、王位戦は王将戦と並んで、二日制タイトルなのにとても地味なイメージがある。そしてさらには藤井四段が脚光を浴びているとなっては地味さに拍車がかかるが、一方で私は菅井七段の力強い捌きに羽生王位がどう対応するか楽しみにしている。

本局の序盤がまた面白い。▲5六歩,△3四歩,▲7八飛,△4二玉,▲6八銀という出だしで、菅井七段得意の変則三間飛車である。例によって53手目まで進めたのが、【図1】である。

【図1】 53手目▲4八角まで
持ち駒:△羽生王位=なし



持ち駒:▲菅井七段=なし
実は私はこの▲4八角とした局面から観戦し始めたのだが、なんとまあ羽生先生作戦負けではないか、とがっかりした。△6二銀が遊んでいて活用が難しいのである。一方先手はどの駒もいい配置にある。ここから、△5四歩,▲6六角,△8一飛,▲8九飛,△9二香,▲8八飛,△5三角,▲5四歩,△同金,▲5五歩,△6四金,▲4五歩,△7五歩,▲8六飛,△8五歩,▲8九飛と進んだ。先手の間合いの取り方が絶妙である。一方羽生陣は、△6四金と金まで上ずってしまった。

【図2】 70手目△1五歩まで
持ち駒:△羽生王位=なし



持ち駒:▲菅井七段=歩
そこで羽生王位は、歩もないのに△1五歩と端攻め。悪いと思っての勝負手であろう。これを菅井七段は当然ながら▲同歩と取り、以下△7六歩,▲8五桂,△同桂,▲同飛,△1七歩,▲同香,△4五歩,▲同銀,△1六歩,▲5四歩,△3一角と進んでみると、はっきり菅井七段が優勢である。

【図3】 83手目▲4三歩まで
持ち駒:△羽生王位=桂



持ち駒:▲菅井七段=桂歩4
ここで端の香が歩に当たっているので普通は一旦▲1六香で、それでも先手が優勢なのだろうが、菅井七段は香取りを無視して、▲4三歩。これも好手だった。以下△1七歩成,▲同桂,△1六桂,▲3九玉,△2一玉だが。

【図4】 89手目▲3四桂まで
持ち駒:△羽生王位=香



持ち駒:▲菅井七段=歩5
▲3四桂が厳しくて、先手が大優勢である。ただ▲3四桂では▲4四銀もあって、その方が勝ちが早かったかもしれないそうである。▲3四桂以下は、△6五香,▲3三角成,△同金,▲2五桂,△4三金,▲4四歩,△3四金,▲同銀,△同銀,▲2四桂,△2三銀,▲4三歩成,△2四銀と進んだ。

【図5】 投了図 103手目▲2三金まで
持ち駒:△羽生王位=角銀桂2歩



持ち駒:▲菅井七段=歩5
そして▲2三金となっては受けなしなので、羽生王位が投了した。強いて受けるとすれば△4一角くらいだが、じっと▲2四金と銀を取られていて▲3三桂不成があり、一層差が開きじり貧になるだけである。

ここまで完敗だと羽生王位は後に引かないと思われるが、それにしても七番勝負で最初から二連敗はきつい。こんな猛暑だと若者の方がどうしても有利で、菅井七段の王位奪取もかなり現実的だとみる。

ところで、羽生王位といえば久々に竜王戦決勝トーナメントに残っていて、7月31日に稲葉八段と準決勝を戦う。これに勝って、松尾八段との決勝三番勝負にも勝ち、渡辺竜王に挑戦して「月に代わってお仕置き」してほしいと願っているのは私だけだろうか。

また、王座の挑戦者が中村太地六段に決まった。青嶋五段との挑戦権決定戦をみたが、中村六段が攻防に冴えて、完勝だった。数年前も中村六段は王座の挑戦者として羽生をぎりぎりまで追い詰めた。今回はあのときより中村六段がさらに力をつけているので、一層緊縛した勝負になりそうである。

今年の一月に例の事件から復帰してなかなか勝てなかった三浦九段であるが、初日が出たのが、6月27日放送の戸辺七段との銀河戦である。この将棋は戸辺七段が先手で石田流を採用し、これに対して三浦九段が独特の研究を駆使し、優位に立った局面が【図1】である。

【図1】 94手目△5一金の局面
持ち駒:△三浦九段=歩



持ち駒:▲戸辺七段=桂歩3
△5一金はいかにも鍛えが入っているというか震え気味の手であるが、ここから▲8二飛成,△7七角成,▲6二歩,△5二銀と固め、その後も自陣に金銀を投入して盤石の態勢で戸辺七段を押し切ったのだった。

次は、A級順位戦で、相手は佐藤康光九段である。A級順位戦の第一局では、三浦九段は因縁の久保王将に完敗してしまい、残留するためになんとかこれは勝ちたいところである。将棋は、佐藤康光九段が変則(変態?)向飛車を採用。これにうまく対処した三浦九段が優勢になったが、そこは歴戦の強者康光九段、終盤猛追して形勢は分からなくなった。【図2】は、康光九段が▲8一飛と王手したところ。

【図2】 125手目▲8一飛の局面
持ち駒:△三浦九段=金香歩6



持ち駒:▲佐藤康光九段=金
ところが実は▲8一飛は失着で、▲8四香,△同玉としてから▲8一飛が先手の正解手順だったという。以下△8三歩,▲8五金に△9三玉なら▲9一飛成,△9二香,▲5七角,△同桂不成,▲3九玉で先手勝ち。また、▲8四香,△同玉,▲8一飛に△7三玉には▲7一龍,△7二歩,▲7四金,△同玉,▲7二龍,△7三銀引,▲8三飛成,△6四玉,▲7三龍寄,△同銀,▲5五角,△5三玉,▲6五桂,△4二玉,▲5二龍,△同玉,▲5三銀,△6一玉,▲7二金,△同玉,▲7三角成,△8一玉,▲7二銀,△9二玉,▲8三馬,▲5五角,△5三玉,▲6五桂,△4二玉,▲5二龍,△同玉,▲5三銀,△6一玉,▲7二金,△同玉,▲7三角成,△8一玉,▲7二銀,△9二玉,▲8三馬の長手数の詰みがあった。ということでなんとか命拾いして、三浦九段が勝利を収めた。

上記の二局以外に、三浦九段は棋王戦挑戦者決定トーナメントで松尾八段に勝ち、叡王戦の予選で井上九段に勝ったので、今期ここまでで4勝1敗である。勝った相手はみな、文句なしの強豪なので三浦九段は完全に復活したとみてよいであろう。

棋聖戦第4局が始まった。私は、棋聖戦第3局の最後のところで、「ともかく一球外したので、羽生棋聖は次局でずばりと厳しいコースをついて三振を取りに来るだろう。」と書いたのだが、果たしてどうなるだろうか。

さて将棋は、斎藤七段の後手番で、得意の横歩取りにした。羽生棋聖はそれを避ける理由もなく、淡々と追従して、36手目△2四歩までゆっくりとした展開になった。

【図1】 36手目△2四歩まで
持ち駒:△斎藤七段=角歩



持ち駒:▲羽生棋聖=角歩2
ここで、羽生棋聖は▲5九金。予想された手である。しかし、斎藤七段の次の手が予想外だった。

【図2】 38手目△7四歩まで
持ち駒:△斎藤七段=角歩



持ち駒:▲羽生棋聖=角歩2
すなわち、斎藤七段の次の手は△7四歩で、先手の桂頭を攻める手だが、飯島七段は「驚きました。序盤の勝負手です」という。普通に考えると、飛車の横利きを止めるのが不安で、一番普通の手が△2五歩、あとは△6二玉といったところらしい。△7四歩に対しては、▲3五歩と▲2五歩が典型的な応手で、▲3五歩は、△7五歩▲同歩△3六歩▲同飛△2八角▲7四歩△1九角成▲3四歩△1八馬のような進展が予想され、▲2五歩は△同歩▲同桂△同桂▲同飛△7五歩▲6六角のような進展が予想されるという。本譜は、△7四歩に対して▲3五歩,△7五歩,▲6六角,△5四飛,▲7五角,△7三桂,▲6六角と進んだ。

【図3】 46手目△3六歩まで
持ち駒:△斎藤七段=角



持ち駒:▲羽生棋聖=歩3
斎藤七段は歩損なので、じっとしていると次第に悪くなる。なので、△3六歩と激しく行った。そして以下、▲3六同飛,△2八角,▲5六飛,△同飛,▲同歩,△1九角成と進行した。

【図4】 53手目▲2一飛まで
持ち駒:△斎藤七段=飛



持ち駒:▲羽生棋聖=歩4
先手が▲2一飛と打ったところで、まだ形勢は五分らしい。▲2一飛に、斎藤七段は、歩がないので△3六香。そこから▲3四歩,△同銀,▲3八歩,△2九飛,▲1一飛成,△3一歩,▲2三歩,△同銀と進んだ。ところがなんと、こうなってみると先手がいいらしい。局後の感想戦では、△3六香に代えて△1二香だったかという。以下▲1一飛成△3六香▲3四歩△同銀▲1二竜△2三銀▲3三角成△1二銀▲3二馬△3七香成▲4二金△6二玉▲7四桂△7一玉▲4三馬△8四飛は、後手玉が寄るかどうか際どい。これはどちらが勝っているのか。

【図5】 63手目▲3五香まで
持ち駒:△斎藤七段=歩



持ち駒:▲羽生棋聖=歩2
▲3五香以下は、△3七香成,▲同歩,△4四桂,▲3三香成,△同金と進んだ。

【図6】 69手目▲7九玉まで
持ち駒:△斎藤七段=香歩



持ち駒:▲羽生棋聖=桂香歩2
そして、羽生棋聖の▲7九玉が、勝ちましたという幸便の早逃げである。以下、△3二金,▲3五香,△4二金,▲3一竜,△3四歩,▲1五桂,△3二銀,▲3四香,△4一銀,▲2三桂成,△6四香,▲8四角,△5六桂,▲3二香成,△5一金と進んだが、最早羽生棋聖の勝勢だと思われるので、121手目まで手順を省略する。

【図7】 121手目▲5二歩まで
持ち駒:△斎藤七段=香歩



持ち駒:▲羽生棋聖=飛香歩3
121手目▲5二歩は華麗なる焦点の歩である。斎藤七段は観念したか、△同玉と取り、▲5五歩,△4四角,▲5四歩,△1一角,▲5三香で投了となった。▲5三香を△同金と取ると、▲1二飛が痛打となる。

斎藤七段の敗着は、【図4】 54手目△3六香で一旦△1二香と逃げておくのか。それとも、【図2】 38手目△7四歩が作戦負けを招いたか。何にしても、あまりにも難解というか非自明である。

結局、「ともかく一球外したので、羽生棋聖は次局でずばりと厳しいコースをついて三振を取りに来るだろう。」という私の予想が当たったことになるが、誰もがそう予想していただろうから、自慢にならない。

ともかく斎藤七段は、第3局で、羽生棋聖が置きにいった球を見事、バックスクリーンに叩き込んだ。それを僥倖として、さらに研鑽し、新たな挑戦の機会を狙うに違いない。

王位戦第1局が始まった。挑戦者は、最近進境著しい菅井七段である。棋聖戦の挑戦者が斎藤七段で、どちらの挑戦者もB級1組への昇級者であるのは偶然ではない。菅井七段は最近、渡辺竜王に2連勝した。将棋界の勢力地図は確実に塗り替えられつつある。

さて、いままでは棋譜の途中から連続的に棋譜を追う密モードで棋譜をみてきたが、今回はハイライトの局面とそこからの数手だけを追う、疎モードで棋譜をみてみる。もともと、週刊将棋などでも疎モードが普通だった。

菅井七段といえば、久保王将との類似性が喧伝され、当初は純粋振飛車党だったが、純粋居飛車党と見まがうほど、矢倉、横歩取り、角換などばかり指している時期があった。しかし最近はまた純粋振飛車党に回帰したようで、独特の力強い振飛車党で勝ちまくっている。以下に示す【図1】も独自性があふれている。

【図1】 8手目△3二飛まで
持ち駒:△菅井七段=なし



持ち駒:▲羽生王位=なし
序盤の多様性という意味ではどうしても将棋よりも囲碁の方が有利であるが、将棋の序盤もまだまだ多様で開拓可能である。この△3二飛の局面は新規だという。これに対して▲2二角成△同銀▲5三角が目につくが、それは△3五歩で先手がよくならないという。なので以下、▲6八玉,△8八角成,▲同銀,△4二銀,▲7八玉,△2二飛,▲4八銀,△6二玉,▲4六歩,△7二玉,▲4七銀のように玉を囲いあった。

【図2】 55手目▲3五歩まで
持ち駒:△菅井七段=なし



持ち駒:▲羽生王位=歩2
手順が進んで羽生王位は居飛車穴熊、菅井七段は銀冠にした。ここで羽生王位の▲3五歩は、相手の桂頭を衝く積極的な手である。ところが以下、△4四金,▲3四歩,△同金,▲3八飛,△3五歩,▲5八飛,△4四歩,▲8八銀,△5四飛,▲6六歩,△4五歩,▲2八角,△7三角と進んでみると、どうも微妙に先手が作戦負けのようである。

【図3】 96手目△6四飛まで
持ち駒:△菅井七段=銀歩3



持ち駒:▲羽生王位=銀歩3
手順は進み、後手も穴熊にした。96手目△6四飛の局面では、▲8八歩と受けさせられているのが辛くて、後手有利がはっきりしている。以下、▲6五歩,△5四飛,▲4六銀,△8七歩成,▲同歩,△8六歩となり、この歩をどう取っても味が悪いので、羽生王位は▲7一銀と攻めあった。

【図4】 128手目△5二飛まで
持ち駒:△菅井七段=金



持ち駒:▲羽生王位=歩6
【図4】は、5四の飛車を△5二飛と引いて受けた局面であるが、依然として菅井七段の方が優勢である。以下、▲8二角成,△同飛,▲7一銀,△7七角と角を打ち込まれては羽生陣は落城寸前である。ここから▲8二銀,△同玉,▲4二飛,△7二金,▲7七桂と進んだ。

【図5】 138手目△7七同歩成まで
持ち駒:△菅井七段=銀桂



持ち駒:▲羽生王位=角歩6
△7七同歩成となっては先手は受けなしで、後手は詰まないので、後手の勝ちがきまった。ここで▲6六銀は相手に詰めろをかけた形作りであり、△8八と,▲同金,△同と,▲同玉,△7八金打で以下簡単な即詰である。

羽生王位は、棋聖戦第3局に続いてどうも精彩を欠いているように思われる。暑さで疲れているのだろうか。やはり加齢は重いか。

今年も恒例により、棋友の社団戦の応援に、浅草の産業貿易センター台東館に行ってみた。産業貿易センターを借りるためには、何かの物品を販売する必要があるので、将棋の本の古書専門店などの出店がある。その中に、日本女子プロ将棋協会の出店もあって、女流棋士が華やかなので、飛んで火に入る夏の虫のように誘われていってみたら、浦野八段がいた。拝見すると浦野先生は顔色が悪くて、どこか体調がよくないのではと思ってしまった。なにしろ前期の順位戦は確か全敗で、フリークラスに落ちたはずである。

なのでせめてものエールを送るために、浦野先生の詰将棋の本を一冊買うことにした。流石に三手や五手では短すぎるので、七手詰ハンドブックを買うことにして、近くにいた女流棋士に声をかけたら、ありがとうございます、といってもらえて妙にうれしかった。

試合が終わって棋友と二人で飲みに行って、酔っぱらった帰りの電車で七手詰ハンドブックを眺めたら、たいてい一つ1分以内にどんどん解ける。私はもともと詰将棋が得意でないので、よほど簡単な詰将棋なのだろう。つい、中島みゆきの「店の名はライフ」の歌詞をもじって、♪どんなに酔っても解けてしまう♪と歌いそうになった。

ところが、次の日酔いがさめて改めて解いてみると、あちゃっ、20分かけても解けないものがある。昨日楽勝と思ったのは錯覚だったか、とがっかりした。

それでも、七手詰ハンドブックを全部解くのはそんなに大変じゃないと思うけど、このレベルの詰将棋でも日常的に解けば、多少なりとも棋力の維持の足しになるのだろうか。

まあ少しは棋力の維持の足しにはなるかもしれなくても、七手詰ハンドブックを何回解いても、二上や若島の難解な詰将棋を簡単に解けるようにはならないのだろうな、それには二上や若島の詰将棋をじかに解く訓練するしかないんだよね、面倒だね、とまさに老人の戯言のような力ないブログになってしまうのだった。

それにしても浦野先生は復活するのだろうか。

連勝記録

user-pic
0

29連勝で止まってしまった藤井四段の連勝記録であるが、奇しくも、囲碁の方の連勝記録も、坂田栄男九段が1963/10/11~1964/07/29の間に達成した29連勝が新記録である。

ただ、坂田九段の連勝記録は、タイトル戦や、タイトル戦の挑戦者決定戦などで、将棋でいえば相手はA級かB級1組クラスで、強者揃いである。

そういう意味では、藤井四段がプロ棋士になったばかりで予選から当たる相手はそれと比べてどうしても見劣りするが、私が言いたいのは別のことで、デビュー戦からの連勝記録というのはなかなか伸びないものである、ということである。藤井四段がこの記録を達成する前は将棋は10連勝であり、囲碁は12連勝である。要するに、プロになったばかりのときは、羽生や谷川といえども、ベテラン棋士の癖のある指し手に屈したりした。それがプロの水の洗礼を受けるということだろう。なので、デビュー戦からいきなり勝ち続けるというのは相当大変で、必ずしも坂田九段の連勝記録の方が大変とはいえない。

あと私は、今回の藤井四段の快進撃の要因の一つは、最初に加藤一二三九段ことヒフミンと指したことにあると思う。というのは、ヒフミンは相当アブナイような発言をしているのにマスコミにもてはやされ続けていて、ほとんど神がかっている。まあ、今の言い方だと神っているのだが、藤井四段はまさにヒフミンの影響で神って勝ち始め、あとは実力が次第に後押ししたのだった。

ところで、棋界での世界の連勝記録は、韓国の囲碁棋士、イ・チャンホが1990年2月27日から9月2日までに達成した41連勝がそうらしい。確かにイ・チャンホは一世を風靡したが、最近ではすっかり鳴りを潜めてしまった。なので、連勝記録は確かにすごいが時間がたつと単なる過去の記録にすぎなくなって、現在には何も関係なくなる。

だから藤井四段も、連勝記録を達成したことは忘れて、虚心に努力してほしいと願うものである。

藤井四段、29連勝の続きであるが、ついに藤井四段の連勝がストップした。

以下、毎日新聞ウェブの記事を引用する。

将棋の史上最年少棋士で、公式戦連勝記録歴代単独1位の29連勝を達成した藤井聡太四段(14)が2日、東京都渋谷区の将棋会館で行われた竜王戦決勝トーナメント2回戦で佐々木勇気五段(22)に101手で敗れてデビュー以来初黒星を喫し、連勝が止まった。竜王戦では姿を消すことになり、今年中のタイトル獲得はなくなった。残り時間は佐々木五段が25分、藤井四段が11分。

エキシビション的なAbemaTVの七番勝負を除き、最近の実績からして、今回の佐々木勇気五段が藤井四段の公式戦の最強の相手だと思われた。なので、連勝ストップもありえると思ったら、強いプレッシャーのなか、佐々木五段がここまで見事な指し方をするとまでは予想していなかった。特に佐々木五段の▲5八玉が印象的だった。

私としては、この敗戦で、いい意味で普通の藤井聡太に戻れると思う。そして強豪相手に勝ったり負けたりしながら成長してほしい。今からが真価である。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち将棋カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは宗教です。

次のカテゴリは小説です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。