将棋の最近のブログ記事

王座戦は第3局で、中村王座が一勝を返して、面白くなった。ただ、中村王座は他棋戦でも意外に負けていて、大丈夫かなと思わせるところがあるが、斎藤七段もNHK杯で丸山九段に完敗した。ふたりとも本調子でないのは確かである。

さて第4局は中村王座の先番だが、例によって角換り腰掛銀模様になったというものの、戦型は最近はあまりみない、数年前のものになった。44手目6五歩から進めてみる。

【図1】 44手目6五歩まで
持ち駒:△斎藤七段=なし



持ち駒:▲中村王座=なし
最近はあまりみない、と言ったのは、先手の穴熊模様である。一時は猫も杓子もそうだったような気がするが、何が問題で廃れたのだろうか。すると、それをあえて採用する中村王座には、新研究がある、ということになる。△6五歩以下は、▲同歩,△同桂に▲6六銀でなく、中村王座は、▲同銀と食いちぎって、△同銀,▲6三歩,△7二金,▲6四桂,△7三金,▲6二歩成と進んだ。これも一時流行った定跡手順のようなものである。

【図2】 54手目△6四金まで
持ち駒:△斎藤七段=角銀桂歩



持ち駒:▲中村王座=角
△6四金となって、後手は玉のそばにと金がいるのが嫌だが、駒割りは後手が得で微妙に後手がいいらしい。ただ、▲4五桂は当然として、それに銀が逃げるのは▲2四歩から△5一角があるので、斎藤七段は銀が逃げないで、△4四角と打った。相手の玉を睨んでいる。ともかく中村王座は▲3三桂成と銀を取った。

【図3】 58手目△3三同玉まで
持ち駒:△斎藤七段=銀桂2歩



持ち駒:▲中村王座=角銀
斎藤七段の△3三同玉は最善の応手のようであるが、ここでは微妙に中村王座が良くなっているようである。もしかして△4四角でなく、△3七角の方がよかったか。△3三同玉以下は、▲4五銀,△7五歩,▲3四銀,△同玉,▲4五角,△3三玉,▲8一角成,△7六歩,▲4五馬,△3四歩で後手がやや盛り返したようである。

【図4】 69手目▲7一飛まで
持ち駒:△斎藤七段=銀2桂2歩



持ち駒:▲中村王座=歩
ここで中村王座は▲7一飛であるが、▲5二飛から▲3四馬を狙うのもあった。▲7一飛以下は、△7七歩成,▲同金右,△7六桂,▲9九玉,△8八銀,▲同金,△同桂成,▲同飛でともかく先手の穴熊の面子が立った。

【図5】 78手目△7九銀まで
持ち駒:△斎藤七段=金銀桂歩



持ち駒:▲中村王座=銀桂歩2
そして斎藤七段はともかく、△7九銀としがみつく。しかし、▲9七銀と支えて形勢は五分である。以下、△7六歩,▲7八金,△8八銀成,▲同銀,△7七桂,▲同桂,△同歩成,▲同銀となってここが一つのキーの局面である。

【図6】 88手目△7六桂まで
持ち駒:△斎藤七段=飛金銀



持ち駒:▲中村王座=銀桂2歩3
△7六桂はどうだったか。ここは先に飛車で王手するところであった。それを△7六桂としたものだから、▲6六歩でちょっと紛れてきた。以下、△2二玉,▲3五桂,△2九飛と進んだ。

【図7】 93手目▲8九銀まで
持ち駒:△斎藤七段=金銀



持ち駒:▲中村王座=桂歩2
ここで中村王座が▲8九銀としたのが手堅い好手だった。ここから△6六銀,▲7六飛成,△7五銀打,▲2四桂,△同歩,▲6六龍,△同銀、とすごい攻め合いになった。

【図8】 101手目▲2三銀まで
持ち駒:△斎藤七段=飛金桂歩



持ち駒:▲中村王座=桂歩2
▲2三銀と打った局面の形勢は微妙だが、攻めているのでやや先手よしか。以下、△同金,▲同桂成,△同玉,▲3五桂,△同角,▲同歩,△4四金,▲同馬,△同歩だが。

【図9】 111手目▲5六角まで
持ち駒:△斎藤七段=飛角銀桂歩



持ち駒:▲中村王座=桂歩2
▲5六角がぴったりで、これが詰めろ飛車取りなので、先手よしがはっきりしたか。以下、△2五歩,▲2九角,△7七銀成,▲5六角と進んだ。再び▲5六角と出たのが味がいい。

【図10】 116手目△4五銀まで
持ち駒:△斎藤七段=飛角銀桂3歩



持ち駒:▲中村王座=金2歩2
斎藤七段は△4五銀と懸命に凌ぐが、中村王座は▲7七金と手を戻し、△5九角にも無視して、▲4五歩。穴熊の強みである。以下、△7七角成,▲8八銀,△同馬,▲同銀,△4九飛,▲7九歩で先手玉は遠い。

【図11】 126手目△7六桂まで
持ち駒:△斎藤七段=金銀2桂2歩2



持ち駒:▲中村王座=飛角金2銀歩
斎藤七段は△7六桂と懸命に絡むが、▲7七銀打と支え、△7八歩の攻めに、中村王座は自玉に詰みがないのを見切って、▲7六銀と桂馬を外した。そして、△8九金,▲同玉,△7九歩成,▲同銀,△7七桂,▲8八玉,△9九銀だが。

【図12】 投了図 137手目▲9七玉まで
持ち駒:△斎藤七段=銀桂歩2



持ち駒:▲中村王座=飛角金3桂歩2
▲9七玉で先手玉が詰まず、後手玉は受けがないので、斎藤七段の投了となった。▲5六角が攻防によく利いている。

こうして五分になると追い込んだ中村王座の方が有利のようであるが、斎藤七段もB級1組の順位戦で山崎八段を破ったりと復調のようなので、分からないというべきだろう。

竜王戦の挑戦者決定戦で、深浦と広瀬が戦っているとき、私は深浦の勝ちを願った。なぜなら、羽生竜王にとって、どうみても深浦の方が与しやすいからである。果たして挑戦者決定戦で、第一局は深浦がうまく指して完勝したので、そのまま深浦が押し切ることを期待したのだが、その後の広瀬の指しぶりが変幻自在で、佐藤天彦かモハメドアリのようで、深浦は翻弄されて挑戦はならなかった。

いやあ、広瀬はもともと強かったが、さらに一皮むけたと思った。これは羽生といえども、相当厳しそうである。

実際広瀬はすごい勢いで勝ち続けていたが、最近の王将リーグでの糸谷との対戦は、糸谷の終盤の頑張りで、抜き去られて負けた。それで、流石に広瀬の勢いも鈍ってきたか、と思ったあとの竜王戦第1局である。

一方の羽生はというと、最近、他の棋戦はほとんど指していない。おそらく、竜王戦一本に絞っているのだろう。ある意味、気合十分である。

さて、将棋は羽生の先手で、流行の角換り腰掛銀となった。例によって、37手目からみてみる。

【図1】 37手目▲6六歩まで
持ち駒:△広瀬八段=なし



持ち駒:▲羽生竜王=なし
この▲6六歩をみて、どうも違和感があるのは、こうやって自分の頭の歩を突いてわざわざ争点をつくるのか、ということである。普通は右側から攻めていきそうなものであるが。▲6六歩以下は、△同歩,▲同銀,△5四銀,▲5八玉,△8六歩,▲同歩,△同飛,▲8七歩,△8一飛,▲7五歩,△8四飛,▲7四歩,△同飛,▲7六歩,△同飛,▲6七銀,△7四飛,▲8三角,△8四飛,▲5六角成と進行した。

【図2】 58手目△8三角まで
持ち駒:△広瀬八段=歩4



持ち駒:▲羽生竜王=歩
ここで△8三角が意外な手で、千日手を防ぐ手なのだという。しかし、広瀬が後手なので、広瀬は優勢と思っているのだろうか。△8三角に羽生は▲同馬と取り、△同飛,▲7四歩,△6五桂,▲6四角,△8二歩,▲4五桂,△4四銀,▲2四歩,△同歩,▲同飛,△2三歩となった。いよいよ、羽生の攻めが始まった。

【図3】 71手目▲3四飛まで
持ち駒:△広瀬八段=角歩3



持ち駒:▲羽生竜王=歩2
▲3四飛となると、▲7三歩成や▲4四飛をからめて、結構うるさい攻めである。ここでは少し先手が優勢のようであるが、広瀬は△6三歩と攻めを催促した。最近の広瀬は受けに好手が多いが、この手はどうか。以下、▲7三歩成,△6四歩,▲8三と,△3三歩,▲4四飛,△同歩,▲7三と,△6一金と羽生は攻めを続けた。

【図4】 81手目▲5三桂成まで
持ち駒:△広瀬八段=飛角2



持ち駒:▲羽生竜王=飛銀歩3
そして、▲5三桂成が気持ちのいい攻めである。これには△同玉しかなく、▲4一飛,△2五角,▲2一飛成は必然の手順である。

【図5】 86手目△3一飛まで
持ち駒:△広瀬八段=角桂歩



持ち駒:▲羽生竜王=銀桂歩3
また、△3一飛の合わせも当然であるが、羽生はこれに対して▲2四桂と捻った。平凡に△3一飛に▲同飛よりもこちらの方がよさそうである。▲2四桂以下は△2一飛,▲3二桂成,△3六角,▲4七銀,△2七角成,▲3八金打,△2六馬,▲2一成桂,△3五桂となった、

【図6】 97手目▲2九飛まで
持ち駒:△広瀬八段=飛角歩2



持ち駒:▲羽生竜王=歩3
そしてここで▲2九飛がぴったりで先手よしなのであるが、△7七歩,▲7九金を決めて△2四飛が結構うるさい。そこで羽生は▲2六飛と角を取り、△同飛,▲3一角,△4三玉,▲6四角成,△2九飛成,▲3九歩,△4七桂成,▲同金直となると、差が縮まったような気がしたが、そうでもないようである。

【図7】 110手目△2七銀まで
持ち駒:△広瀬八段=飛角歩



持ち駒:▲羽生竜王=桂歩3
しかし、△2七銀もうるさい。ともかく羽生は▲6五銀と攻め合い、△3八銀不成,▲5四馬,△3四玉に▲2六桂。この桂馬は逃げたら詰むので△同龍しかなく、羽生は▲3八歩で一息ついた。

【図8】 118手目△3九飛まで
持ち駒:△広瀬八段=角金桂歩



持ち駒:▲羽生竜王=銀2桂歩3
しかし、△3九飛がまたうるさい。これに対して▲5九桂は最善手ではないかもしれないが、なんとか先手有利は保っている。そこから、△3八飛成,▲4八銀,△3五桂と進んだ。

【図9】 123手目▲4九銀まで
持ち駒:△広瀬八段=角金歩2



持ち駒:▲羽生竜王=歩3
さて、▲4九銀に後手は△2九龍上だが、ここは一旦△4七桂成があったのではないか。それで先手がよくなるわけではないが、綾があったと思う。というのは▲3七金と逃げられてしまったからである。以下、△2八龍上と入った。それにしても、▲3六歩に△4七桂成の空成りは辛い。以下、▲同桂,△1九龍上,▲3五歩,△2四玉,▲2五歩,△同玉で、ゴール寸前である。

【図10】 135手目▲3九桂まで
持ち駒:△広瀬八段=角金香歩3



持ち駒:▲羽生竜王=歩
▲3九桂で流石に大勢は決している。△5二金は▲4三馬を防いだものだが、▲1一成桂,△1七角,▲2六歩となって、△1七角と打った趣旨では△同角成としたいところだが、それには▲2七香があるので、仕方なく△2四玉。

【図11】 投了図 141手目▲1二成桂まで
持ち駒:△広瀬八段=金香歩3



持ち駒:▲羽生竜王=香
ところが▲1二成桂とされると、適当な受けがなく、広瀬の投了となった。

こうなってみると、遡って【図3】で▲3四飛となったとき、△6三歩が変で、△3三桂としておけば五分だったと思われる。その後は、紆余曲折はあったが、先手が一貫して優勢を保っていた。

ただ、新聞によると、広瀬八段は、「内容は悪くなかったと思うので、このままの調子で次に臨みたい。」と自信のある様子で、次は期待できそうである。

王座戦は、意外にも中村王座の二連敗となった。どうも内容がよくないので、このままストレートでタイトルを奪取されるのかと思った。

さて、第3局は挑戦者の斎藤七段の先番で、▲7六歩,△8四歩,▲6八銀,△3四歩,▲7七銀,△6二銀,▲2六歩という出だしをみて、おっと矢倉かと思ったら、そうは問屋が卸さない。結局、矢倉模様の相掛かりのような将棋になった。そこで、28手目△7五歩からみてみる。

【図1】 28手目△7五歩まで
持ち駒:△中村王座=なし



持ち駒:▲斎藤七段=歩2
△7五歩以下は、▲6六銀,△8六歩,▲同歩,△同飛,▲2四歩,△同歩,▲2三歩,△3一銀,▲8七歩,△8四飛,▲7五銀,△8八角成,▲8四銀と進んだ。

【図2】 42手目△4四馬まで
持ち駒:△中村王座=角歩2



持ち駒:▲斎藤七段=飛歩
ここで△4四馬は妥当な手であり、形勢は互角であろう。ここから、▲7三銀成,△同桂で、斎藤七段は▲2四飛と指したが、これはどうだったか。ここでは▲2二歩成とする手があった。△同銀なら▲2三銀打とし、▲2一飛が狙いである。それを▲2四飛と出たので、△2一歩,▲8一飛,△7一歩,▲9一飛成,△9九馬,▲7七桂,△5四香,▲5八香,△8九角,▲7九銀,△7八角成,▲同銀,△8八馬と進行した。こうなっては、後手ややよしである。

【図3】 59手目▲6六角まで
持ち駒:△中村王座=金銀



持ち駒:▲斎藤七段=歩2
しかし、▲6六角が斎藤七段の狙いで、△7八馬,▲3三銀成,△同金,▲同角成,△4二銀打,▲1一馬,△3三銀打,▲2八飛となっては、また形勢は分からなくなった。

【図4】 68手目△7七馬まで
持ち駒:△中村王座=金銀桂



持ち駒:▲斎藤七段=金桂香歩2
△7七馬以下、▲4八玉,△6五桂,▲3六香,△5七桂成,▲同香,△同香成,▲同玉,△5六銀,▲4八玉,△5七金,▲3九玉と進んで、依然として形成は難解である。

【図5】 80手目△3八歩まで
持ち駒:△中村王座=桂香



持ち駒:▲斎藤七段=金桂2香歩2
しかし、ここで△3八歩としたのを局後、中村王座は悔いた。「△3八歩は利かさず、単に△4七銀不成とするべきだったようだ。以下(1)▲3三香成は△同馬と取られて先手が足りない。後手に駒が入ると先手玉への寄せがより厳しくなる。(2)▲2五飛も△3六銀不成~△2四香が厳しく、これも後手がよかった。」という感想がある。ところが、△3八歩以下、▲同金,△4七銀不成,▲4九香,△2四香,▲同飛,△同銀,▲4七香,△1一馬,▲3一香成,△同玉,▲3四桂となってみると、最早後手が優勢である。どうもどこかで▲4三香成を入れる必要があったか。

【図6】 92手目△5六角まで
持ち駒:△中村王座=飛桂香歩



持ち駒:▲斎藤七段=金銀2桂香歩3
▲3四桂は詰めよではないので、後手は△2六桂で勝ちであるが、中村王座は慎重を期して、△5六角を入れて、再度の▲3四桂を避けた。これでも後手優勢である。以下、△5九飛,▲4九歩,△6七角成,▲5八歩,△2六桂,▲2二銀,△同歩,▲同歩成,△同馬,▲同桂成,△同玉,▲3四桂,△3三玉,▲5五角と斎藤七段は迫ったが。

【図7】 投了図 108手目△2三玉まで
持ち駒:△中村王座=銀桂香歩3



持ち駒:▲斎藤七段=金香歩2
△2三玉とかわされて詰まず、先手は受けなしなので、中村王座の勝ちとなった。

ということで、なんとか中村王座が接戦を勝ち切った。これで番勝負は分からなくなった。ただ、10月6日の王将戦リーグでの豊島二冠との戦いぶりをみていても、いまいち中村王座がまだ本調子でないような気がして、私はやや斎藤七段乗りである。

棋友が、柏にある、将棋の石田九段の将棋クラブに通っていて、その縁で、石田九段から、最近出発した著書を買うように頼まれて、半ば義理で買って読んだら、まあまあの内容である、という。以下、棋友に倣って、石田九段を石田先生と呼ばせていただく。

実は私は石田先生は、あまり強い印象はなく、本格派の棋風であること、Aクラスを経験していること、テレビの解説がなかなかユニークで面白いこと、くらいしか思い浮かばない。

それでも、アマゾンで、「棋士という生き方」イースト新書を買った。義理の義理で、ちょっと薄まった義理であるが、もともと私が本を買うポテンシャル・バリアは低い。

それで早速読み始めたのだが、かなりの将棋通を自負する私にも、知らないことがいろいろとあって、なかやか興味深い。義理で読み始めたのだが、次第に本気モードに切り替わっていった。

まず、石田先生の実家の家業が石屋ということは知っていたが、お父さんが二宮金次郎の像を造って、学校などに売り捌いて稼いでいた、というので、なかなかアイデアマンだと感心した。

しかし、お父さんは、不発弾に間違えて触ったか何かで、その爆発で指を失ってしまい、石屋ができなくなり、大変苦労した、という。たが、戦争になったとき、その指のせいで徴兵を免れたというのだが、それはまさに、塞翁之馬の例の通りである。

それから、石田先生の棋歴が語られるのだが、ここでも私は不明を恥じた。というのは、石田先生は、私が認識していたよりもずっと素晴らしい棋歴をもってらっしゃると分かったからである。

すなわちまず、四段になってC級2組の順位戦を一期抜けしている。これは、藤井七段もそうだが、永瀬七段さえ何期もかかっており、実は相当に大変である。また、新人王戦でも優勝し、中原名人だったか、ときの名人との記念対局にも勝っている。

しかもである、負けにくさでは最高レベルの森安九段にも石田先生はかなり勝ち越していた。

また、順位戦は、最初は順調だったが、途中でスランプに陥った。しかし、数年の苦節を経て、ついにA級に昇級した。まさに一流棋士の証明である。なぜなら、ほとんどの棋士は、一度もA級に上がることなく棋歴を終えるからである。

それだけではない、石田先生は、竜王戦の最終トーナメントを勝ち上がり、あわや挑戦か、というところまで進んだ。

しかし、私が一番すごいと思ったのは、四十台半ばになってのA級復帰である。これは相当限られた棋士しか達成していないと思う。

こうして、石田先生は、私が思っていたよりもずっと高い実績であることが分かり、私は不明を恥じたのだが、言い訳だが、石田先生はテレビの解説で出るときも、冗談を言ったりして自慢話をしないし、飄々とした雰囲気なので、なかなか強く見えないのだった。

そんな石田先生は、酒豪で、若いときは、一升を飲むのもざらだった。そして、あの気難しい升田九段にも気にいられていたらしい。

そんな石田先生は、流石に人格者で、何かの縁で引き受けた柏の将棋クラブを、紆余曲折はあったが、軌道に乗せた。今どき、将棋クラブを採算にのせることさえ大変と言われている。それを石田先生は、ある意味日本一の将棋クラブにまで育て上げた。

そんな柏の将棋クラブをベースにして石田先生がしたことは、若手棋士の育成である。具体的には、勝又清和、門倉啓太、渡辺大夢、高見泰地、佐々木勇気、三枚堂達也の面々である。子供達や若手を暖かく見守る石田先生の長所がうまく出ていると思われる。

それにしても、石田先生が、こんな広範囲の分野で能力を発揮している方だとは、全く知らなかった。本当に偉い人は偉く見えないという、老子の言葉を今更思い出すのだった。

王位戦は、互いに先番をキープし合って最終局まできた。すると、最後に振り駒でどちらが先番になるのかが重要だと思ったら、なんと先番を引き当てたのは豊島だった。ああ、やっぱりと思ったのは、どうも最近勢いで豊島が優っている様子だからである。

将棋は、菅井の角交換四間飛車から、両者意地の穴熊になった。一気に62手目△8四角まで進める。

【図1】 62手目△8四角まで
持ち駒:△菅井王位=なし



持ち駒:▲豊島棋聖=角
△8四角は、ぱっと見は△3九角なのだが、▲5八飛で△2四歩では間に合わない。△8四角に▲6八角などと受けていると△7三角があるので、△8四角に▲6六歩とし、△同歩,▲3七角,△6七歩成,▲同金,△7二銀,▲6六銀,△6二飛,▲6五歩となったのは一つの妥当な進行である。

【図2】 72手目△5四金まで
持ち駒:△菅井王位=歩



持ち駒:▲豊島棋聖=なし
しかし、△5四金となっては、後手の駒の方が躍動しているように思われる。実際は、いい勝負のようであるが。△5四金に▲7七桂,△4六歩,▲同歩,△7三角と進んだのも妥当なところであるが、ここで豊島が▲9五歩,△同歩と入れたのは機敏だった。以下、▲7五歩,△6四歩,▲7四歩,△8四角と進行した。

【図3】 83手目▲7六金まで
持ち駒:△菅井王位=歩



持ち駒:▲豊島棋聖=角2
ここで豊島は▲7六金だが、どうもここでは後手が少し指しやすいようで、すると▲9五歩,△同歩は機敏というより指しすぎだったか。以下、△6五歩,▲7五銀,△6六歩,▲8五桂,△7五角,▲同金,△6七歩成,▲9三歩,△同香,▲同桂成,△同銀と進んで、激しい攻め合いである。

【図4】 95手目▲4五歩まで
持ち駒:△菅井王位=銀桂歩3



持ち駒:▲豊島棋聖=角香歩
そして▲4五歩が狙いの王手で、先手が調子がいいようだが、依然として後手が少しいい。これに対して菅井は、△8二銀打と銀を埋め、▲5一角,△7七と,▲6二角成,△8八と,▲同飛,△6二金,▲9四歩,△同銀と進んだ。

【図5】 105手目▲9三歩まで
持ち駒:△菅井王位=角金桂歩4



持ち駒:▲豊島棋聖=飛香
▲9三歩に後手は△同桂しかなく、豊島は▲8二角成,△同玉と切っていった。そして▲7三銀,△同金,▲同歩成,△同銀となって。

【図6】 113手目▲7四香まで
持ち駒:△菅井王位=角2金銀桂歩6



持ち駒:▲豊島棋聖=飛金
▲7四香と進むと、あら不思議、いつの間にか豊島が優勢になっているように見える。ともかく先手は、△7二銀に▲7三香成,△同銀,▲7四銀と絡むよりないが、どうもこのあたりで先手の優勢が確立されている。すなわち、▲7四銀以下、△6二金,▲6三金と進行したが、ここで△7七角は菅井は淡白すぎ、悪くてもせめて自陣に駒を打って粘るべきだった。なぜなら、▲7三銀成,△同金,▲4二飛,△7二歩,▲7三金,△同玉と進行して、次の手で即詰みだからである。

【図7】 投了図 127手目▲6三金まで
持ち駒:△菅井王位=角2金銀桂香歩5



持ち駒:▲豊島棋聖=銀
すなわち、▲6三金で自明すぎる詰みである。

終わってみると、実に後手の敗因がわかりにくい将棋である。で、局後の検討では、【図4】の△8二銀打のところで、

当然の一手に思えた△8二銀打だが、代えて△8二桂がまさったようだ。桂合ならば、以下▲9五香△9四歩▲同香△同銀▲9三歩△9二歩▲同歩成△同玉▲9三歩△同桂(△同玉もある)といった進行になった際に8二桂が9四の地点を守ってよく働いている。そのように進めば後手がよいというわけではないが、本譜よりは難しかったと思われる。
ということらしい。

ということで、豊島の勢い勝ちで、晴れて、棋聖、王位の二冠となった。

王座戦第1局は、難しい将棋だったが、中村王座が、去年に羽生王座と戦っていたときの将棋と比べ、何か粘り強さが足らないような気がした。やはり、自分より若手と戦うのはやりにくいのだろうか。しかし、第2局だと少しは慣れるのではないかと、観戦してみた。23手目▲4五桂からみてみる。

【図1】 23手目▲4五桂まで
持ち駒:△斎藤七段=角歩



持ち駒:▲中村王座=角
今更驚いてはいけないのだが、こうやって、▲3五歩,△同歩としておいてから、単に▲4五桂と跳ねるのでいいのか、という観念からどうしても逃れられない。しかし実際それでちゃんと将棋になるのだから不思議である。▲4五桂以下は、△4四銀,▲2四歩,△同歩,▲同飛,△2三歩,▲2九飛,△7四歩,▲7八金,△7三桂,▲6八玉,△8一飛,▲4七銀,△6三銀,▲9六歩,△9四歩,▲6六歩,△6二金,▲4八金,△5二玉,▲7九玉,△1四歩,▲1六歩,△7二金,▲5六銀と進行した。

【図2】 48手目△3六歩まで
持ち駒:△斎藤七段=角歩



持ち駒:▲中村王座=角歩
ここで△3六歩だが、自分の感覚では分からないが、プロなら常識なのだろう。激指しもこれを推す。以下、▲8八玉,△6二金,▲2四歩,△同歩,▲同飛となった。それにしても、△6二金が△7二金と寄ったり戻ったりで、このあたりの感覚もなんというか。

【図3】 54手目△3七歩成まで
持ち駒:△斎藤七段=角歩2



持ち駒:▲中村王座=角歩
しかし、△3七歩成の意味はわかる。3筋に歩が利くようにして、金をそっぽに移動させる。△3七歩成に中村王座は▲同金と取った。やはりと金を残すのは不安である。以下、△2三歩,▲2九飛,△7五歩,▲同歩,△8六歩,▲同銀と進んだ。△7五歩,▲同歩は後で7六に桂馬が打てるようにする準備である。このあたり斎藤七段は積極的である。

【図4】 62手目△6五歩まで
持ち駒:△斎藤七段=角歩



持ち駒:▲中村王座=角歩4
△6五歩に中村王座は、▲3三歩,△同桂,▲3四歩と攻めた。これに対して斎藤七段は、△4五銀,▲同歩とあえて桂馬を残した。

【図5】 68手目△2五桂まで
持ち駒:△斎藤七段=角桂歩2



持ち駒:▲中村王座=角銀歩2
そして、△2五桂が華麗なる跳躍である。▲同飛なら△7六桂として、もし▲7七玉なら、△5九角を狙う。なので、▲中村王座は△2五桂に▲4七金とし、以下△7六桂,▲7九玉,△8八歩,▲7七桂,△8九角,▲2八飛,△7八角成,▲同玉,△3七金,▲2五飛と進んだ。こうなっては、わずかに後手がいいか。

【図6】 80手目△4七金まで
持ち駒:△斎藤七段=金歩



持ち駒:▲中村王座=角2銀桂歩2
△4七金は一応詰めろなので、中村王座は▲6七玉とかわした。以下、△6六歩,▲7六玉,△5七金,▲6六玉と進んだが。

【図7】 86手目まで
持ち駒:△斎藤七段=歩3



持ち駒:▲中村王座=角2銀桂2歩3
△4六金となってみると、微妙に先手玉が息苦しいように思われる。しかし、▲6七銀と引けばなんとか五分である。以下、△6五歩,▲7六玉,△6七金,▲同玉と進んだ。

【図8】 92手目△6六銀まで
持ち駒:△斎藤七段=歩2



持ち駒:▲中村王座=角2金銀桂2歩3
斎藤七段はとりあえず△6六銀を決めた。以下、▲5八玉,△5七銀成,▲6九玉と中村王座は玉を下段に落とされたが、とりあえず斎藤七段には歩しかない。

【図9】 96手目△7六歩まで
持ち駒:△斎藤七段=歩



持ち駒:▲中村王座=角2金銀桂2歩3
しかし、△7六歩と地道に攻めて、後手優勢である。以下、▲7八玉だが、ここで▲6四歩はどうだっただろうか。ともかく▲7八玉以下、△6六歩,▲6八歩,△7七歩成,▲同銀,△5六金,▲6四桂,△同銀,▲7四角,△6三桂と進んだ。

【図10】 107手目▲8八玉まで
持ち駒:△斎藤七段=桂歩



持ち駒:▲中村王座=角金銀桂歩4
中村王座はここで、▲8八玉と早逃げしたが、△6七歩成,▲同歩,△7六歩,▲同銀と銀を吊り上げられた。

【図11】 112手目△8四桂まで
持ち駒:△斎藤七段=なし



持ち駒:▲中村王座=角金銀桂歩6
そして、当然の△8四桂に▲6五銀打,△同桂,▲同銀,△7三金,▲5四桂,△同歩,▲6四銀と進行した。

【図12】 120手目△7六桂まで
持ち駒:△斎藤七段=銀桂



持ち駒:▲中村王座=角金銀桂歩6
しかし、△7六桂,▲9八玉,△6四金となって後手がはっきり優勢である。中村王座は、▲5三歩,△同玉,▲1七角,△4四桂,▲7七銀と抵抗したが。

【図13】 128手目△7四金まで
持ち駒:△斎藤七段=角銀2歩



持ち駒:▲中村王座=金桂歩5
△7四金が詰めろになっていて、完全に勝負あった。仕方ないので、中村王座は▲4四歩と形づくりし、△8九銀,▲9七玉,△7九角,▲8八桂,△同角成,▲同銀,△8五桂,▲8六玉と進み。

【図14】 投了図 138手目△7七桂成まで
持ち駒:△斎藤七段=銀歩



持ち駒:▲中村王座=角金桂歩5
△7七桂成までの即詰みである。

中村王座の敗因であるが、【図5】の△7六桂に▲7九玉でなく、▲7七玉でよかったのではないか。すると玉が広い。以下、微妙に形勢が悪くなり、次第に微差を広げられた。

みていると、中村王座は本来の調子ではないと思われる。持ち味の力強さが窺われない。この調子のままだと防衛は難しいのではないか。

王位戦であるが、第5局を観ているとどうも豊島が変調で、これは結局菅井王位の防衛なのかとちらっと感じた。そして第6局は、菅井は四間飛車から相穴熊。ここで決めたいという気合を感じた。42手目△6四歩からみてみる。

【図1】 42手目△6四歩まで
持ち駒:△菅井王位=歩



持ち駒:▲豊島棋聖=なし
ここまではかなり前例があるところ。形勢ももちろん五分である。ここから、▲2四歩,△同歩,▲3七桂,△4二飛,▲7七銀引,△6五銀,▲2六飛,△4六歩,▲同角,△5六銀と進んだ。

【図2】 53手目▲5七歩まで
持ち駒:△菅井王位=歩3



持ち駒:▲豊島棋聖=なし
△5六銀は一見して4七に摺り込まれるのが嫌だが、豊島は▲5七歩と打った。これに対して△4七銀成と入っていくのもあるが、菅井は△6五銀と自重した。4七に飛車が成れないのを嫌ったか。以下、▲2四角,△4七飛成,▲3三角成,△同桂,▲2二飛成,△5五角,▲5一角,△7二金左,▲3三角成,△同角,▲同龍と進行した。

【図3】 66手目△1五角まで
持ち駒:△菅井王位=歩4



持ち駒:▲豊島棋聖=角桂歩
ここで菅井が龍桂の両取りに△1五角と打ち、豊島は当然に龍を逃げるのかと思ったら、なんと▲2五桂。要するに桂馬を取られるのを嫌ったのだが、龍ではなく馬が残るのでは、相手の穴熊が遠すぎるのではないか。実際、こうなっては後手が優勢である。以下、△4九飛,▲6六歩,△7四銀,▲5六桂,△6三銀,▲3四成桂,△5七龍,▲4四成桂,△5六龍と進行して、▲3八角で一応龍と飛車の両取りだが、△7九飛成,▲5六角でなんとか豊島は局面の均衡を保った。

【図4】 82手目△5九龍まで
持ち駒:△菅井王位=金桂歩5



持ち駒:▲豊島棋聖=飛角歩2
そして一旦△5九龍と逃げて、菅井の優勢がはっきりした。以下、▲2三角打,△6五歩,▲3一飛,△6六歩,▲5三成桂,△6七歩成,▲同金,△6四銀,▲6二歩,△7五桂と進行して、なんと形勢は互角に戻っている。もしかして、△7五桂では、一旦△7八金と食らいつくのがよかったかもしれない。

【図5】 93手目▲7九歩まで
持ち駒:△菅井王位=金歩6



持ち駒:▲豊島棋聖=歩2
というのは、▲7九歩がなかなか粘り強い手だからである。以下は△5一歩,▲6六金,△5三銀,▲7五金,△6七歩と進行した。

【図6】 99手目▲8四桂まで
持ち駒:△菅井王位=金桂歩4



持ち駒:▲豊島棋聖=歩2
ここで▲8四桂が豊島の意表の手である。すなわち、△同歩に▲5一飛成として、龍の素抜きを狙った。以下、△6八歩成,▲6一歩成,△7九と,▲7一と,△同金,▲7九銀,△同龍,▲7八金,△1九龍と互いに攻めあった。

【図7】 111手目▲5三龍まで
持ち駒:△菅井王位=金銀桂2香歩6



持ち駒:▲豊島棋聖=銀歩4
そして豊島が▲5三龍と銀を取った局面は形勢五分である。ここで菅井が△7二金打と埋めたのは穴熊らしい一着で、以下▲5九歩,△7四香,▲同金,△同歩,▲7三歩,△同銀,▲7五歩,△8二銀,▲7三香,△同桂,▲7四歩と豊島は駒を捨てて加速して攻めた。

【図8】 124手目△8五桂まで
持ち駒:△菅井王位=金銀桂2香歩7



持ち駒:▲豊島棋聖=銀歩2
そして△8五桂と逃げてみると、後手がややよしである。豊島は▲7三歩成,△同銀,▲8三銀と食らいつく。これに対して菅井は△8一銀と入れたが、金の方がよかったと思われる。しかし問題は▲7二銀成,△同金,▲8三金のとき△8二銀打と受けた手で、以下、引用させて戴くと、「控え室の検討によれば、△7七桂不成なら後手の勝ち筋だった。以下▲7三竜△8九桂成▲同玉△5九竜▲7九歩に△7四香が妙手。このあと感想戦では▲8二銀△同銀▲9二金△同玉▲7四竜と進められた。後手玉が角の利き筋に入っていて受けがないように思う。しかし、△8三銀打▲7二竜に△7四歩とすれば先手に手段がなかった。感想戦中に姿を見せた宮田敦史七段が指摘した受けで、後手の勝ちとされた。代えて△8二金打なら千日手だった。豊島は「少し前に悪い手を指してしまったと思っていたので」といい、千日手を覚悟していた。対する菅井には錯覚があったようで、△8二銀打から負け筋に入ってしまった。」という。ううん、私には難解すぎる。
戻って、△8二銀打以下、本譜は▲7二金,△同銀となった。

【図9】 135手目▲7四歩まで
持ち駒:△菅井王位=金2桂2香歩8



持ち駒:▲豊島棋聖=金歩
そして▲7四歩の取り込みに、菅井は△7七桂不成とした。それに対して豊島は▲7九金打とし、意外にもここではまだ形勢は五分である。△8九桂成,▲同金となったが、次の△7七桂はともかくも△7四銀だった。△7七桂,▲同金,△8八香,▲同金,△5九龍,▲8九香,△7四銀と進んでは先手有利がはっきりした。なので、真の敗着は【図8】の△8二銀打なのではなく、ここでの△7七桂,▲同金,△8八香,▲同金,△5九龍という進行なのではあるまいか。

【図10】 147手目▲6四桂まで
持ち駒:△菅井王位=金2銀桂2歩10



持ち駒:▲豊島棋聖=桂歩
ここで▲6四桂が厳しい。△8三銀左,▲5一龍,△6一歩と進んで。

【図11】 151手目▲7四角まで
持ち駒:△菅井王位=金2銀桂2歩10



持ち駒:▲豊島棋聖=銀桂歩
▲7四角と龍を見捨てて、角を切ったのが決め手である。仕方のない△5一龍に▲8三角成,△同銀,▲7五桂,△4七角,▲8三桂成,△同角成,▲7二銀と食らいついてはもう綾がほとんどない。菅井はもう、△5三龍,▲8三銀成,△同龍,▲7二銀,△2三龍と諦めムードである。

【図12】 投了図 165手目▲4五角まで
持ち駒:△菅井王位=飛角金2銀2桂3歩10



持ち駒:▲豊島棋聖=銀歩
そして、▲4五角で詰めろと龍取りになっては決まりである。ここで投了となった。

本局は、やや不利だったが、豊島が難解な終盤を勝ちきった。ということで、次回の最終局、豊島にやや勢いがあるが、今まで先手番がすべて勝っていることから、振り駒でどちらが先手になるかも大きいだろう。

王座戦第1局が始まった。中村王座に挑戦するのは、渡辺棋王を破って勝ち上がってきた斎藤七段で、中村王座が30歳、斎藤七段が25歳のフレッシュな対決である。尤も、今進行中の王位戦も、菅井王位が26歳、豊島棋聖が28歳なので、若さではこちらが優る。そのうちフレッシュでない対決はタイトル戦から駆逐されて(ああっ、そのことは羽生竜王がタイトルホルダーでなくなることを意味する)、フレッシュな対決という言葉自体が死語になるだろう。さて、将棋は今流行の角換りになった。例によって41手まで進める。

【図1】 41手目▲4五桂まで
持ち駒:△中村王座=角歩 



持ち駒:▲斎藤七段=角 
後手の陣形は、7二金が珍しい。これは、6一飛から6五歩の攻めをみたものだろう。それを嫌ったのか、斎藤七段は、▲3五歩,△同歩と突き捨てておいて、▲4五桂,△3四銀,▲2四歩と先攻した。▲2四歩と突かれたら普通は、△同歩,▲同飛,△2三金となるもので、それで特に後手が悪いとは思えないのだが、中村王座は▲2四歩に△4四歩と反発し、以下、▲2三歩成,△同銀,▲2四歩,△3四銀,▲2三角,△4三銀右,▲3四角成,△同銀と進行した。

【図2】 53手目▲2三銀まで
持ち駒:△中村王座=角2歩2 



持ち駒:▲斎藤七段=なし 
すると先手は当然に▲2三銀と打ち込んでいって、△4三角,▲3二銀成,△同角,▲2二金,△5四角,▲2三歩成,△2八歩,▲同飛,△3九銀,▲3二金,△5二玉,▲4二金と進んだ。

【図3】 66手目△6二玉まで
持ち駒:△中村王座=角歩 



持ち駒:▲斎藤七段=歩 
▲4二金を取ると▲2二飛成が厳しいので、後手は当然に△6二玉だが、このあたり微妙に後手が指しやすいようである。以下、▲3八飛,△4八銀成,▲同飛,△8六歩,▲同歩,△8一飛となって、後手はとりあえず飛車を活用する目途がたったが、△8一飛では、△4五歩と桂馬を取っておくほうがよかったかもしれない。△8一飛以下は、▲5五銀打,△6三角,▲4四銀,△4五銀,▲同歩,△3六歩,▲3八歩となった。後手は歩で取れていた桂馬を銀で取るのはどうも割りがあわず、ここでは最早先手優勢である。

【図4】 80手目△7五歩まで
持ち駒:△中村王座=角金桂歩 



持ち駒:▲斎藤七段=銀歩2 
ここで中村王座は、綾をつけるために△7五歩だが、この手は余計だったと悔やんだ。実際、じっと▲同歩と取られて、傷が残った。それでも中村王座は、△3九角,▲4七飛,△2八角成と反撃した。▲斎藤七段は、▲4三金,△6一桂,▲3二と,△3八馬,▲4二と,△7六歩,▲同銀,△8六飛,▲5二と,△7一玉,▲6一と,△8一玉と後手玉を追い込んだ。

【図5】 97手目▲8七銀打まで
持ち駒:△中村王座=金歩2 



持ち駒:▲斎藤七段=桂歩4 
そして、がっちり▲8七銀打と受けて、依然として先手がいい。以下、△4七馬,▲同銀,△4八飛,▲5八銀,△4五角,▲5六歩,△7七歩,▲同玉,△8四飛,▲6七角と斎藤七段はあくまでも手堅い。

【図6】 108手目△6五歩まで
持ち駒:△中村王座=金歩2 



持ち駒:▲斎藤七段=桂歩5 
しかし、中村王座は△6五歩と嫌なところを衝いてくる。そこから▲8五歩,△6四飛,▲5三銀不成だが、▲5三銀不成は▲5五銀の方がよかったかも、という斎藤七段の感想がある。▲5三銀不成以下は△6一飛,▲5二金,△6三飛,▲6四桂,△8二金,▲7四歩,△6六歩,▲同玉となって、先手は優勢を拡大したが、△8六歩はなんとも嫌味だった。これには▲同銀でいいのだが、斎藤七段は▲7三歩成ととりあえず取った。

【図7】 122手目△7三同金まで
持ち駒:△中村王座=金歩4 



持ち駒:▲斎藤七段=桂歩6 
△7三同金に、斎藤七段は意外に困ったようである。後手玉が遠い。ともかく▲7五桂と攻めた。ここでは▲6五銀としておく手もあったようである。▲7五桂以下は、△8七歩成,▲同金,△6四金,▲6三桂成,△同金,▲6二銀成,△7四桂となって先手玉も安閑とはしていられなくなった。

【図8】 131手目▲7七玉まで
持ち駒:△中村王座=金銀桂歩4 



持ち駒:▲斎藤七段=飛歩6 
△7四桂に▲7七玉となった局面では、後手になにか手がありそうである。しかし、中村王座は攻める手を含みに残して、△7三金と寄った。そこから△6六銀,▲8八玉,△8六歩と反撃したが、当然ながら▲7一飛が厳しい。△8二玉には▲7四歩があるので△9二玉だが、▲7三飛成と取って、先手玉は意外に耐久力がある。中村王座は△8七歩成,▲同銀として、△8三金と受けたが、▲7四歩とつながれ、△8二金打だが。

【図9】 145手目▲8四金まで
持ち駒:△中村王座=桂歩3 



持ち駒:▲斎藤七段=桂歩6 
▲8四金でいよいよ受けがなくなって投了である。飛車と金をもっても先手玉は詰まない。

難しい将棋で、中村王座もよく粘ったが、もしかして【図3】の△8一飛がよくなかったかもしれない。その後の△7五歩も、中村王座も認めるように余計だった。その後はどうも後手が少し足らなかったようである。

ただ、この将棋をみる限り、中村王座も調子は悪くないようで、一方の斎藤七段も、順位戦で上位にあって昇級争いに加わっているので、このあとも白熱した戦いが期待される。

今期の王位戦は、先番をもった方が勝つ、ということが続いていて、ここまで二勝二敗。特に菅井王位は、最強の戦法ともいわれる先手中飛車を駆使して勝ってきた。なので、第5局も当然先手中飛車かと思ったら、この将棋は向飛車。予想が外れてあらっ、それでは先番の利が活きないではないかと思った。ともかく例によって、49手目▲4六銀からみてみる。

【図1】 49手目▲4六銀まで
持ち駒:△豊島八段=なし



持ち駒:▲菅井王位=歩
すなわち、49手目▲4六銀となってみると、先手中飛車のような優位性は最早感じられない。とはいえ菅井が不利ということはなく形勢は互角である。豊島は、ここは何があっても当然△6五歩だよね、と思っていたら、△2五歩,▲同歩と味をつけてから△6五歩とした。以下、▲5五歩,△2五桂,▲2六角,△5五銀,▲4四角,△同銀と進んだ。

【図2】 59手目▲2六歩まで
持ち駒:△豊島八段=角歩2



持ち駒:▲菅井王位=角歩
▲2六歩と桂取りに打たれて豊島が苦しいようだが、△6六歩,▲5七金に△8八角がある。しかし、これに▲6九飛で、わずかに先手が指しやすいようである。以下、△7六歩,▲7八歩に豊島は△1七桂成,▲同香と只で成り捨てた。▲2五歩と手順に進まれるのを嫌がったか。そこで豊島は△9九角成と香を補充し、菅井は▲3八金と待望の締まりである。

【図3】 70手目△8八馬まで
持ち駒:△豊島八段=香歩3



持ち駒:▲菅井王位=角桂
そして豊島がじっと△8八馬と引くと、形勢はほぼ五分である。以下、▲2五歩と玉頭を狙うと、豊島は△2四歩と合わせ、▲同歩,△同銀,▲2六歩,△2三歩と豊島は一旦受けた。それに対して菅井が▲2五歩と突くと、豊島は△同銀。銀が引くのは気合が悪いか。

【図4】 79手目▲3七桂まで
持ち駒:△豊島八段=香歩3



持ち駒:▲菅井王位=角桂
しかし、▲3七桂で銀が狙われた。これには豊島は△2四香と繋いで、形勢は依然として難解である。以下、▲2五桂,△同香,▲2六桂,△同香,▲同銀と進んだ。

【図5】 86手目△5四桂まで
持ち駒:△豊島八段=桂歩3



持ち駒:▲菅井王位=角銀香
ここで豊島の△5四桂も当然。菅井はこれに対して、▲1九飛と端から攻める手を選んだ。これがあってみると、【図2】の△1七桂成はどうだったか。以下、△7八馬,▲1五歩,△6七歩成,▲1四歩,△3一玉,▲1三歩成,△5七と,▲同銀,△4五馬,▲2四歩,△同歩と進んでみると、先手ややよしか。

【図6】 99手目▲2三歩まで
持ち駒:△豊島八段=金桂歩5



持ち駒:▲菅井王位=角銀香
なぜなら、▲2三歩が厳しいからである。これに対して豊島は△3三銀と引いたが、これはよくなかった。単に△4一玉の早逃げが優った。以下、▲2二歩成,△同銀,▲同と,△同金,▲1一香成,△2五歩,▲同銀,△1八歩,▲6九飛,△6八歩,▲同飛,△6七歩,▲5八飛と進んでみると、最早はっきり先手が優勢である。

【図7】 114手目△2六歩まで
持ち駒:△豊島八段=金桂歩3



持ち駒:▲菅井王位=角銀2香2歩2
豊島は、△2六歩となんとか嫌味をつけるが、どうも駒が足らない。▲2三歩,△同金,▲2四歩,△2二金と上部を抑えて、▲8三角が急所である。△7五飛に▲6一角成で、挟撃体制が整った。△5五馬,▲4六香,△同桂,▲同銀,△2七金,▲同金,△4六馬,▲同歩,△2七歩成,▲同玉,△2五飛と豊島は懸命にすがりつくが。

【図8】 投了図 133手目▲2六銀まで
持ち駒:△豊島八段=金銀2桂香



持ち駒:▲菅井王位=角金銀桂香歩
▲2六銀で続かず、後手は△4二銀から詰みなので、投了もやむなしである。

この将棋を最初ざっとみたときは、豊島の自滅かと思ったが、そうではなく、【図6】あたりまで互角だった。△3三銀の代わりに△4一玉と早逃げしておけば少しの優位を保てたのかもしれないが、いつでも▲8三角があってみれば、実戦的には豊島が勝ちにくいか。

さて、いよいよ豊島は後がなくなった。果たして先手番をキープできるだろうか。

王位戦第3局があって、第4局までに随分間があった。その間に甲子園の高校野球があったので、余計にそう感じたのかもしれない。さて、第4局は豊島の先番。すると、菅井は、中飛車以外の振飛車にするのだが、今回は角道を止めない四間飛車。しかし、結局第2局と似たような展開になった。例によって35手目▲4六銀からみていく。

【図1】 35手目▲4六銀まで
持ち駒:△菅井王位=なし



持ち駒:▲豊島八段=なし
▲4六銀は昔からある手で、▲6八角から3五歩を狙っている。で、私レベルのアマチュアは、それを嫌って飛車を引くのだが、それだと気合が悪いので、菅井は△5三角と反発する。以下、▲2四歩,△同歩,▲6八角,△4五歩,▲同銀,△3一飛,▲2四飛,△4二角,▲2三飛成,△3二金,▲2八龍,△3三桂,▲4六歩,△4一飛は互いの読み筋の範囲だろう。

【図2】 51手目▲7七角まで
持ち駒:△菅井王位=歩



持ち駒:▲豊島八段=歩2
▲7七角も自然な手であり、以下、△5三角,▲2四龍,△4五桂,▲同歩,△2三歩,▲2八龍,△3四銀,▲5五歩,△4五飛,▲5四歩,△4四角,▲同角,△同飛と進んでみると、いつの間にか先手が良くなっているようである。

【図3】 65手目▲5三歩成まで
持ち駒:△菅井王位=角銀歩



持ち駒:▲豊島八段=角桂歩3
▲5三歩成となっては流石にと金が大きいようであるが、菅井も△4七飛成,▲7七角,△5六歩,▲6四歩,△同歩,▲5八歩,△4四角,▲6二歩,△7一金,▲4四角,△同龍と嫌味をつけていく。

【図4】 77手目▲5二とまで
持ち駒:△菅井王位=角銀歩



持ち駒:▲豊島八段=角桂歩
しかし、依然として▲5二とが大きく、豊島の優位は動かない。△3三角,▲7七桂,△6五歩と進行した。

【図5】 81手目▲5七歩まで
持ち駒:△菅井王位=銀歩



持ち駒:▲豊島八段=角桂歩
それにしても、▲5七歩には驚いた。なにしろ、相手が成ってくるところを逆に突くからである。これは龍を活用するという趣旨らしいが、普通に▲6一歩成でいいのではないだろうか。▲5七歩以下は、△6六銀,▲6八龍,△4七龍,▲6一歩成,△同銀,▲同と,△同金,▲5六金,△7七銀成,▲同金,△8五桂,▲8六銀,△7七桂成,▲同銀となった。

【図6】 96手目△4九龍まで
持ち駒:△菅井王位=金歩3



持ち駒:▲豊島八段=角銀桂2歩2
しかし、△4九龍となってみると、△6九金の狙いが悩ましい。それでも豊島は、▲4四歩,△同角,▲5五銀と後手の角筋を止めて、平然としている。△5三角にも▲7五桂として、駒が入ったときの即詰みを狙う。菅井は△7一金と辛抱する。

【図7】 103手目▲6四歩まで
持ち駒:△菅井王位=金歩4



持ち駒:▲豊島八段=角桂
ここでは既に豊島が勝勢に近いが、それでも豊島は、桂馬を角で食いちぎられるのを嫌って▲6四歩。実に手堅い。仕方ないので、菅井は△6九金といよいよ狙いの反撃である。しかし、当然にこれは豊島の想定範囲で、▲8三桂成,△同玉,▲7五桂,△9三玉と決める。こうしておくと、菅井は相手に駒を渡しにくい。

【図8】 109手目▲2七角まで
持ち駒:△菅井王位=桂歩4



持ち駒:▲豊島八段=歩
ここで豊島の▲2七角が、龍取りと敵陣を睨む手で、勝負あった、というところだろう。以下、△2九龍,▲6三角成,△6二角,▲8五馬,△8二金,▲6三歩成,△5一角まで進んだところで、いよいよ豊島は▲6九龍と金を取った。えっ、△同龍に即詰みがあるの?と思ったのだが。

【図9】投了図 119手目▲8四金まで
持ち駒:△菅井王位=飛桂2歩4



持ち駒:▲豊島八段=歩
即詰みはないけど、後手は飛車一枚と桂馬では迫れない。すなわち、▲8四金と打って△9二玉,▲9四馬,△7一桂,△7二とで必至であり、先手玉は△4八飛と王手されても、▲6八歩がぴったりで問題ない。なので、▲8四金で菅井は投了した。

菅井の敗因であるが、【図2】での58手目△3四銀がよくなく、▲5五歩,△4五飛,▲5四歩と五筋を攻められて、豊島が優勢になったようである。△3四銀では△6四歩がよかったかもしれない。

ただ、そんなことよりも、豊島の冷静で着実な中終盤の対応が光ったと思う。さて問題は、次は豊島にとって鬼門の、菅井の先手中飛車である。なにか対策を用意しているのだろうか。

月別 アーカイブ

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち将棋カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは宗教です。

次のカテゴリは小説です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。