将棋の最近のブログ記事

藤井聡太

user-pic
0

最年少四段で注目を浴び、プロになって13連勝と活躍している藤井四段であるが、それとは別に、非公式戦であるが、AmebaTV七番勝負というのが企画された。この対戦相手をみたとき、私は顔をしかめた。以下のとおりである。

  • 第1局 VS増田康宏四段戦
  • 第2局 VS永瀬拓矢六段戦
  • 第3局 VS斎藤慎太郎七段戦
  • 第4局 VS中村太地六段戦
  • 第5局 VS深浦康市九段戦
  • 第6局 VS佐藤康光九段戦
  • 第7局 VS羽生善治三冠戦

顔をしかめた理由は、私の理解では、相手が手強すぎるのである。各クラスの昇級候補とA級棋士ばかりである。この分では、よくて3勝4敗、最悪1勝6敗もありえると思った。いくら有望新人といっても、まだ四段になったばかりなのである。荷が重すぎる。羽生も渡辺も、いきなりデビューからそんなに勝ったわけではないと思う。

どんな会社でも、新人に、会社の命運をかけたような重要プロジェクトを任せたりしはないだろう。下手したら新人の将来を奪うことになるし。

なので、永瀬六段に負けたときは、ああやっぱり、と思った。ところがである、そのあと全勝するなんて誰が予想できたろう。

AmebaTV七番勝負は、私がいつも熱心に観ている、NHK大河ドラマの「女城主直虎」と時間が重なっているので、あまり観ていない。囲碁・将棋チャンネルで放送があるなら、録画予約するのだが。ただ、たまたま第6局の佐藤康光九段戦の終盤を観戦したら、解説の橋本八段も迷う難しい局面だったが、藤井四段は、電光石火、手合い違いのように華麗に寄せきった。こんな完敗した康光を私は見たことがなかったので、ここで初めて、藤井四段の強さを実感した、これは本物だと。

それにしても、さらに羽生三冠にまで勝つとは。まあ、羽生三冠も、どれ若者の強さをみてみるか、と様子をみる指し方してたら、はっと気づくとどうやっても一手負けになっていたのだろう。

要するに、羽生がちょっと甘い球を投げたのだが、それをジャストミートして確実にヒットするというのはそんなに簡単ではない。

こうなってくると、逆の懸念は、藤井四段が勝ちすぎて慢心することである。私は今まで勝ちすぎて、うまくいきすぎて慢心しなかった人を知らない。そうなると進歩が止まる。去年の日本シリーズで優勝した日本ハムはいま不調にあえいでいる。わが広島カープは好調である。果たして藤井四段は、勝って兜の尾を締められるだろうか。

そういえばついでだが、ついに三浦九段の初日が出た。田丸九段のブログによると、銀河戦で勝ったのだという。銀河戦の組み合わせをみると、勝った相手は斎藤慎太郎七段、戸辺七段、木村八段の誰かで、勝った相手に不足はないようである。

名人戦は、対戦成績的に佐藤天彦名人が有利だと思っていたら、稲葉八段が先に一勝したことで、面白くなった。ただ、両者横歩取りが得意なので、また横歩取りかとおもっていたら、矢倉の出だしなので、うれしくなった。

【図1】 10手目△3二金まで
持ち駒:△天彦名人=なし



持ち駒:▲稲葉八段=なし
ところが、10手目△3二金をみると、これは矢倉というより、最早相掛りではないか、と思った。以下、▲2四歩,△同歩,▲同飛,△7三銀,▲7八金,△8五歩,▲3四飛,△4四角,▲2四飛,△2二銀,▲2八飛,△3三桂,▲4六歩,△5四歩,▲4八銀,△6四銀,▲3六歩と進んでみると、後手陣は相掛りというよりも最早横歩取りのようだったりする。少なくとも最早だれもこれを矢倉とは呼ばない。

【図2】 28手目△7五歩まで
持ち駒:△天彦名人=歩



持ち駒:▲稲葉八段=歩2
そして△7五歩をみて私は、どうみても後手が作戦勝ちではないかと思った。先手が出遅れすぎている。ところが激指14に最強モードで判定させたら、ここでは平然と▲同歩と取っておいて、五分なのだという。以下、△同銀には▲4七銀。ううん、堂々としすぎているが、本譜よりはいいのだろう。本譜は、△7五歩に、▲6六銀,△7六歩,▲4五歩,△5三角,▲5八玉,△2六歩,▲3五歩,△同角,▲3八金,△8六歩,▲同歩,△8五歩,▲7九角,△8六歩,▲8八歩となった。稲葉八段の手順が卑屈なように感じるのは私だけだろうか。

【図3】 44手目△5五銀まで
持ち駒:△天彦名人=歩2



持ち駒:▲稲葉八段=歩2
△5五銀となっては、いかにも後手が伸び伸びしている。こうなっては誰がみても後手よしだろう。すると、【図2】から【図3】に至る先手の手順がおかしかった、ということになる。△5五銀以下は、△5五銀,▲6五銀,△6四銀,▲同銀,△同歩,▲4七銀,△4五桂,▲4六銀打,△3七歩,▲3五銀,△3八歩成,▲同銀,△3六金,▲2六銀,△3九銀,▲1八飛と進んだ。ここでは後手がいいとはいえ、△3七歩に▲3五銀と取って、負けを早めたのではないか。悪いながらもここは▲同桂で息が長かったと思う。

【図4】 60手目△2七歩まで
持ち駒:△天彦名人=歩



持ち駒:▲稲葉八段=角歩4
ここで△2七歩が、友達をなくすような冷たい決め手である。後手陣に対する嫌味はまったくないし、先手の角は眠っているし、先手の飛車は逃げられない。なんだこりゃ。ともかく以下、▲2五銀,△2八歩成,▲3六銀,△1八と,▲1五角,△3三歩,▲4五銀,△2九と,▲5六歩,△8五飛,▲5五歩と進んだ。

【図5】 投了図 72手目△2八飛まで
持ち駒:△天彦名人=桂



持ち駒:▲稲葉八段=金桂歩4
そして△2八飛で投了。奇しくも第1局と同手数であった。

ううん、こういう流れだと運営サイドは、雰囲気を盛り上げるのに苦労するだろう。頑張れ、稲葉八段、傷は浅いぞ。

昨日の電王戦は、佐藤名人ならもしかしてなんとかなるのではと思ったが、結局ポナンザに敗れてしまった。毎日新聞の記事から引用する。

コンピューターの将棋ソフト「PONANZA」(ポナンザ、開発者・山本一成さんと下山晃さん)と佐藤天彦名人(29)が対局する第2期電王戦二番勝負第1局は1日、栃木県日光市の日光東照宮で指され、ポナンザが71手で勝って先勝した。第2局は5月20日、兵庫県姫路市の姫路城で指される。

私は昨日、観戦し忘れたので、遅ればせながらニコ生のサイトに行ってみた。タイムシフト視聴しようとしたら、プレミアム会員限定だというので、困っていると、棋譜をみつけたので、パソコン上で棋譜を辿ってみた。すると、先手がポナンザで、後手が佐藤天彦名人。

私はポナンザの初手でいきなり驚いてしまった。なんと▲38金なのである。こんな初手がどうみてもいいとは思えず、お前はパソコン・ソフトの分際で、人間の名人をおちょくっているのか、とちょっとムッときた。

▲38金を咎めるには、振り飛車がいいのではと私は思ったのだが、佐藤名人は冷静に△84歩と応じて、結局、力戦調の相掛りとなった。その後、ポナンザはむざむざと佐藤名人に飛車で歩を只で取らせるし、佐藤名人の筋のいい攻めに対して、いかにも危なっかしく受けるのだが、コンピュータ・ソフトなりに見切っていたようで、カウンターの反撃を開始した段階で、佐藤名人の方がどうしようもなくなっていた。

まさか、これって手合い違いじゃないよね、と自問するのだが、私の棋力程度でそんなこと分るはずもない。しかし、こういう負け方は、囲碁の白石六段が解説している、AlphaGo対中韓のトップ・プロとの対戦の棋譜と似ている。すなわち、人間側の達人が筋のいい手を繰り出して、観戦する人間は、おっ、コンピュータ・ソフトに一発入れたかと期待するのだが、コンピュータ・ソフトは、そんな応酬は見切っていたようで、全局を支配する手で大勢を抑えてしまう。

そういえば、ワールド碁チャンピオンシップで井山六冠は、囲碁ソフトで決して世界トップとはいえないDeepZenGoに敗れてしまった。しかし井山六冠は、レジリエントに、何ごともなかったかのように、その後も名人リーグや十段戦で人間相手に勝ちまくっている。

もう既に勝負はついたんだよね、という私の今更の問いに、囲碁の棋士は笑いながら、将棋の棋士は渋面をつくりながら、静かに頷くのだろう。

今朝、読売新聞の朝刊をみていて、ええっと驚いた記事があった。それはなんと、森内九段がフリークラスに転出するのだという。

そこで、将棋連盟のホームページをみてみると、2017年度からフリークラスに転出する棋士は、以下のとおりである。

  • 森内 俊之 九段
  • 土佐 浩司 八段
  • 浦野 真彦 八段

この三人の棋士のうち、土佐八段と浦野八段は、直近のC級2組順位戦で全敗だった。これで土佐八段は降級点2回、浦野八段は降級点1回となって、制度的にはまだ順位戦に残れるが、力の限界を感じたのだろう。土佐八段は私と同学年の62歳で、まあちょっと早いフリークラス転出も頷けるが、浦野八段はまだ53歳で、サラリーマンならまだ脂が乗った年齢である。そういえば、ここ数年の順位戦ではずっと負けが込んで、最速で降級してきた。どこか体調が悪いのだろうか。

さて、問題は森内九段である。以下に、将棋連盟のホームページに掲載されていた、フリークラス転出のコメントを引用させて戴く。

この度、フリークラスに転出することに致しました。
平成28年度のA級順位戦で降級となったことを受けて出した結論です。
順位戦での歴代連勝記録更新や、名人戦での数多くの対局など、思い出深い経験を沢山させていただきました。感謝の気持ちでいっぱいです。
今後は、その経験を生かして、対局者とは別の立場で順位戦・名人戦を盛り上げていければと思っております。
どうぞよろしくお願い申し上げます。
日本将棋連盟 棋士 森内俊之

A級順位戦で降級したからフリークラスに転出するというけれども、それは永世名人資格保持者だからなのだろうか。だとしたら、やはり永世名人資格保持者でB級1組で頑張っている谷川九段と整合がとれない。

森内九段はまだ46歳、羽生三冠と同年齢であり、谷川九段より8歳も若い。前期の順位戦では4勝5敗の成績で、がっちり残留した。今期の順位戦もラス前で屋敷九段に勝って、佐藤九段よりも星数が先行し残留しそうであった。

確かに、将棋の棋力というのは45歳がひとつの曲がり角のようであるが、だからといって永世名人資格保持者がA級順位戦で降級したぐらいでフリークラスに転出するのだろうか。ちなみに、林葉スキャンダルですっかり元気がなくなった中原十六世名人がA級順位戦から降級したのは50歳のときなのだが、それでもB級1組で2期指して、それからフリークラスに転出した。

なので、どうみても森内九段のフリークラス転出は、時期尚早におもえてならないのである。

大相撲では、新横綱の稀勢の里が、怪我にもめげず根性で優勝したが、三浦九段は復帰後、なかなか初日が出ず、以下のとおり四連敗中である。

  • 竜王戦一組の羽生三冠戦
  • 王座戦二次予選の先崎九段戦
  • 棋聖戦決勝トーナメントの木村八段戦
  • 竜王戦一組の豊島八段戦

まさかもう、これをみて、三浦九段はコンピュータをカンニングしていたから勝てたのだ、いまはそうでないから勝てない、などというアホなことをいう人は流石にいないだろう。

三浦九段は、三か月の休場があまりにも大きいのである。しかも、その休場は、単なる病気というのとは違う。あらぬ嫌疑で誣告されたのである。その心理的ショックと苦悩は想像に余りある。

私も20代の後半に、やはり三か月程度休職したことがある。私はセクハラなどで誣告されたというわけではなくて、単純にA型肝炎という病気だったが、それでも瞬間的であれ結構重くて、劇症肝炎になる可能性があり、そうなるとアウトだった。

それで当分安静にしていたのだが、肝臓の数値が正常に戻っても、医師はなかなか退院を許してくれなかった。経過を観察していたのだろう。退院まできっち三か月かかった。ただ、不幸中の幸いだったのは、たまたま高校時代の友人の結婚式で地元に帰っていたとき、病状がひどくなったのだった。それで友人には連絡して、体調が悪いので結婚式は欠席させていただくと伝えて、用意していたお祝いは別途現金書留で送った。

ということで、病院にいったらひどい黄疸だったせいで即入院して、ときどき母親が病院に見舞いに来てくれて、なにかと助かった。そのときはまだ結婚していなかったので、母が頼りだった。実はその病気がきっかけとなって、母親は退院後私に見合いを勧めたのだった。こいつは不摂生でこのままだと長生きできないとおもったのだろう。

で、退院したあと、道を歩くと、まるで夢遊病のようにふらふらした。退院後自宅療養していたら退屈なので、退院後一週間程度で東京に戻って出勤することにした。そうやって仕事は少しずつリハビリしていった。

しばらくして、九州から将棋部の知り合いが上京してきたので、将棋を指したら、ええっと驚くほど弱くなっていた。もしかして大駒一枚くらい弱くなっていた。全く将棋にならないのである。ただでさえ弱いアマチュア四段程度なのだから、そこから大駒一枚くらい弱いとどうしようもない。悲惨なレベルといえる。結局、もとの棋力に戻るのに、そこから1年を要した。

三浦九段は、体の病気ではないが、誣告されていろいろひどいことも言われたのだから、その心痛は半端でない。歌の文句でいうなら、♪体の傷なら治せるけれど、心の痛みは治せやしない♪なのである。

もちろん、三浦九段は私より心身ともに私より頑健なので、完全復活に1年は要さないと思うが、それでも、心的トラウマのようなものはなかなか癒せないだろう。

こういうとき復活するために一番いいのは、信頼できる棋友とスパーリングというか、ぶつかり稽古することである。その相手として、以前にVSの戦いをしていた仲の屋敷九段が一番ふさわしいのではないか。今だと屋敷九段がしばらく連勝するかもしれないが、負け続けているうちに次第に三浦九段は感覚を取り戻すだろう。

実は三浦九段はもう独自のメニューで棋力復活へ向けて歩み始めているのかもしれない。ということで、私のように初日が出るのを心から待ち望んでいる人は少なくないと思うので、改めて三浦九段を応援したい。

将棋の対話棋書とは、あまり一般的にいわれている言い方ではないが、意味は明らかであろう。すなわち、二人の棋士が対話しながら、特定の戦法や局面を論じるという形式で棋書が構成されている、というもので、私の知るかぎり、以下の三冊が刊行されている。出版社はいずれもマイナビである。

  1. 「久保&菅井の振り飛車研究」久保利明・菅井竜也著、2015年1月31日刊
  2. 「三浦&阿部健の居飛車研究」三浦弘行・阿部健治郎著、2015年10月31日刊
  3. 「糸谷&斎藤の現代将棋解体新書」糸谷哲郎・斎藤慎太郎著、2016年8月31日刊

最初に「久保&菅井の振り飛車研究」を買ったときは、なんか手抜きの本だな、と感じた。要するに、あまり準備もせず、振り飛車のいろいろな局面をみて、久保九段と菅井五段(当時)が適当にごちゃごちゃ雑談して、それを書き留めただけではないか、と思ってしまった。それで適当に流し読みしたが、まるで仲のいい師弟のように心置きなく言いたいことをいう関係はそれなりに面白かった。

その後、本屋でみつけて「三浦&阿部健の居飛車研究」を買って読み始めてみると、うわ~、めちゃくちゃ真面目な内容の本だな、とちょっと引くほどだった。すなわち、三浦九段と阿部健治郎五段(当時)が、どちらが先輩とか後輩とか関係なく、惜しみなく時間を使って最善手を探ろうと懸命になっている。その気迫がひしひしと伝わる本だと感じた。そして、「久保&菅井の振り飛車研究」よりも内容が濃いと思ったのだが、三浦九段は、「久保&菅井の振り飛車研究」のことを、気楽にみえる内容だが、決してそうではない、あれだけの内容をまとめるのは大変なのだ、と擁護していた。「久保&菅井の振り飛車研究」を最近再読して、たしかに、気楽な対話のようでも随所にかなり深く考えた手の記述がみてとれるようになった。あと、久保&菅井で面白いのは二人とも今期の順位戦で昇級したことである。三浦事件はともかくとして、久保九段が将棋に対して真摯なのはいえるとおもう。

「糸谷&斎藤の現代将棋解体新書」は、上記二冊からの惰性で買った本だが、これは完全に主導権は斎藤慎太郎六段(当時)にあり、糸谷八段はそれに対するコメンテータのような立場にある本だとみてとった。上記二冊がそれぞれ、振飛車、居飛車に立脚した本であるのに対して、この本はそういう区別をつけず、ともかく現代将棋のおいしそうな?ところをつまみ食いして、場合により深い変化まで研究するものとなっている。といってもおそるべき深い変化を開陳するのは斎藤慎太郎なのであり、ううむ、この棋士は半端ではないなと思ったら、案の定今期の順位戦でB1に昇級し、次期はいよいよこの二人が順位戦で激突することになった。糸谷は昇級戦線からは遠かったが、豊島をA級に送り出すアシストをした。きっと豊島はこの恩を忘れないだろう、たぶんだけど。

もどって、ここに挙げた六人の棋士のうち、三浦&阿部健は、昇級戦線にからんでもいないし、他人の昇級をアシストもしていない。まあ強制的に休場させられた三浦にそんなことをいうのは酷である。阿部健は決して三浦事件の影響を受けたわけではなく、むしろ去年の11月から順位戦で4連勝しており、発奮したか。ともかく最終戦も勝って時期につなげてほしい。

さて、次も将棋の対話棋書は出るだろうか。もう出ないような気もするが、もし出すならマイナビにお願いしたのは、「永瀬&青嶋の現代将棋の視点」のような本で、この二人は今期C級1組でぎりぎり昇級できないかもしれないが、その強さとセンスの良さは誰もが認めるところだろう。安恵門下として一冊出してほしいものである。

芝野龍之介

user-pic
0

以前から、将棋界だけでなく囲碁界の話題にも注意を払ってきたのだが、最近のような事件があると、将棋というか将棋連盟に関心をもつことが難しくなり、それを補償するように囲碁に関心が向いてしまうのは人情か。

そういえば先日、囲碁のグランドチャンピオン戦で、藤沢里菜女流本因坊が、高尾名人に勝ったのには流石に驚いた。藤沢里菜女流本因坊は、高尾名人にとって、藤沢秀行門下の妹弟子なので、つい気合いが入らなかったのかもしれないが、それにしても名人に勝つとはすごい。まあ、藤沢里菜女流本因坊ほどの才能ある人を女流と思ってはいけなくて、ふつうに若手有望プロとみるべきなのだろう。

ともかく、毎週の習慣で、日本棋院のホームページで対局結果というのを見ていて、あれっ、と思ったのは、芝野龍之介という名前を発見したときである。芝野龍之介というと、芝野虎丸三段のお兄さんだが、やはり囲碁が強いので有名で、たしか高校生のときアマ本因坊になったはずである。

なので、対局結果で芝野龍之介という名前をみたときは、ああ、アマチュアとしてプロ棋戦に出場しているんだな、と思ったら、芝野龍之介初段とあって、あれっ、いつの間にプロになったのか、と驚いた。

しらべてみると、芝野龍之介さんは、東京理科大の学生なのだが、去年、外来のプロ試験をうけて、ぶっちぎりで合格したようである。弟が活躍しているので、お兄さんとしても、後を追いたくなったのだろうか。なんとなく将棋の谷川兄弟を彷彿とさせるが、あっいかん、自分で谷川に言及しながら、気分が悪くなってきた。

対局結果によると、芝野龍之介初段は、おかげ杯で、鳥井裕太初段と大淵浩太郎四段に勝った。そのすぐ下では、棋聖Bリーグで、芝野虎丸三段が、元タイトル保持者の伊田篤史八段に勝っていた。ううん、なんという強い兄弟なのだろう。

あと、ウェブの記事によると芝野龍之介初段は、相模原市南区在住だそうで、なにげに私と近いのもいい。場所的には東林間のほうなので、実際はそんなに近いとはいえないが。ともかく、近所のよしみで?芝野兄弟を応援させて戴くことにする。

あっそうそう、全然脈絡がないが、最近うれしかったことがあって、それは、三浦事件を1億%クロというツイッターで煽ったハッシーこと橋本八段が、三浦九段と完全に和解し、二人は1時間くらい話し込んだのだという。三浦九段からみて、橋本八段も、絶対許せない人達の一員かとおもったら、どうやらそうでないようである。すると、橋本八段は、もともと渡辺竜王や小暮記者の仲間ではないのだろうか。いや、少なくとも橋本八段は小暮記者と仲良しだったはず。すると、三浦九段は橋本八段に心を許していいのだろうか。なんか裏がないのかどうも心配になったりする。

何にしても、戦国時代でいえば、徳川家康が織田信長と同盟を結び、ともかく西から攻められる懼れがなくなったようなもので、たたかうべき敵が減るのは望ましい。この勢いで、久保九段も千田六段も三浦九段に謝罪してくれないかな。あ、渡辺竜王は謝罪しないで、ラッシャー木村のように、そのままヒールを続けているのが、らしい、といえる。

ふと、田丸九段のブログをみたら、「青野九段、中川八段、片上六段らの3人の理事が解任された2月27日の臨時総会」とあって、あっ、そういえば理事解任の臨時総会だったな、と思い出した。そこで一旦、別の記事に行ってみた。とりあえず、朝日新聞の記事を引用する。

5人の信任をそれぞれ問う形で投票を行った結果、会長に次ぐナンバー2の青野専務理事、中川大輔常務理事(48)、片上大輔常務理事(35)の27日付での解任が賛成多数で決まった。東(あずま)和男常務理事(61)と佐藤秀司常務理事(49)は留任する。任期は6月まで。正会員234人のうち、委任状を出した64人を含む216人が投票した。

これをみて、私は、ああ、解任を否決された、すなわち留任する理事もいるんだ、何が違うのかと素朴な疑問を抱いた。まあ確かに、青野と片上は、2チャンネルでもよく叩かれていた。ただ、他の理事の貢献?は私はよく知らない。ともかく、もう少し引用してみる。

記者会見した佐藤康光会長(47)は「(理事たちは)功績も大きかったと思うが、不満の方が大きかったのだと思う」と述べた。「何が肯定され、何が否定されたと思うか」という質問には、「正直、わからない」と答えた。後任を補充する選挙を行うかどうかは未定という。
この問題を巡っては、今月6日、会長の谷川浩司九段(54)と常務理事の島朗(しまあきら)九段(54)が辞任。しかし、その他の5人の理事の責任を問う声は収まらず、5人を解任するかどうかを決める臨時総会の開催を求める署名を棋士28人が提出していた。理事が解任されるのは異例という。(村瀬信也)

田丸九段のブログに戻って、以下のようにある。

まず最初に、5人の理事解任を請求した28人の棋士の中で、発起人を務めた3人の1人である西尾明六段が趣旨説明しました。その要件は2月7日のこのブログで紹介したように、「常務会は、①連盟の正会員である棋士の立場を守らず、棋戦運営に支障をきたした②連盟の信用を大きく損ね、将棋ファンを失望させた③連盟に多大な金銭的損失を与えた④棋士に対して説明責任を果たさず、誤った説明をした」という内容です。そして「棋士は将棋の普及と発展に寄与する公益法人の会員で、公益の目的に著しく反した責任の所在を明らかにしたい」と結びました。じつに理路整然とした説明ぶりでした。

なるほど、西尾六段が、発起人を務めた3人の1人で、リーダーのようである。確かに、西尾六段は、コンピュータにも詳しいし、論理的思考が得意である。また、倫理的にも公正だと思われる。

田丸九段によると、

過半数の109票との票差は、大半の理事が2票~8票と僅差でした。理事解任を巡って、棋士たちの見方はほぼ等しく分かれました。
とのことで、理事に与する棋士も結構多いんだと意外だった。その中にはアンチ三浦の棋士がいたり、ともかく長いものには巻かれろ派もいるんだろうか。もしかして、今の理事が解任されると、新聞社などのスポンサーから見放されることを懼れている棋士もいるのかもしれない。

また、以下の記述には驚いた。

臨時総会が終了すると、佐藤会長、留任した東八段、佐藤七段らは「報告会」を開きました。その席上でA棋士は「虚偽の告発をした棋士に、ペナルティと損害金の補償を求める」と発言し、出席している渡辺明竜王を名指しで批判しました。それを受けて渡辺竜王は「常務会と話し合いを続けているところです。何らかの形で補償に協力したい」と語りました。「三浦九段は不正をしたと、今でも思っているのか」というB棋士の厳しい質問には、渡辺竜王は何も答えませんでした。

すなわち、渡辺竜王が出席しているのに、名指しで批判している棋士がいるとは。また、「三浦九段は不正をしたと、今でも思っているのか」という質問に渡辺竜王は答えなかったというが、渡辺竜王のブログをみると、

昨日の総会は個人的にも厳しい一日でしたが、理事会と話をしている最中でもあり、自分の言葉で話せずに申し訳ないです。
とあって、何か具体的な補償を相談中なのだろう。現在、棋王戦の最中で、それが終わったら具体的アクションをとるということも考えられる。

あと、別の記事では、三浦九段が名指しで非難した小暮克洋記者が、東大の同窓生である大山滋郎弁護士に渡辺竜王の弁護を依頼したのだという。その大山滋郎弁護士による反論内容をみると、2016年10月頃の議論を尾ひれをつけて蒸し返し、渡辺竜王が疑念を抱くのも無理もない、という論旨にもっていこうとしているように思われる。これでは第三者委員会の折角の裁定がないがしろにされて闇試合になり、ベトナム戦争のようになってしまわないのだろうか。

最後に、とってつけたように言うのだが、佐藤康光新会長は、責任をもってものごとをきちんと進めるという意味で、谷川前会長よりmuch betterだとおもう。そもそも、谷川前会長は、米長元会長の傀儡としてのみ意味があったのであり、すると、米長元会長が死去したときに用済みとして退任すべきであった。すると、永世名人資格保持者の栄誉が傷つかないですんだだろう。

もうひとつ、三浦事件を仕組んだ黒幕が、小暮記者なのか、渡辺竜王なのか、あるいは表に顕れていない誰か別の人物なのかしらないが、一体何がしたかったのか、あるいは、いまからも何をしようとしているのか。しかしどんな意図であれ、指せば指すほど将棋界をダメにするヘボな大局観のようなので、いい加減に身を引いてほしいものである。

例年、将棋のA級順位戦の一斉対局の日である、将棋界の一番長い日は、一年のうちで一番盛り上がる日なのだが、今年はどうも盛り下がっていけない。原因は明らかで、虫も殺さぬ、温厚な性格の私でさえ、こうなった原因をつくった人々に、何度も怒鳴りたい気分になった。

それでも、あまり気が進まないまま、ウェブの名人戦速報と、AmebaTVを眺めていると、棋譜の進行に興味をそそられた。なんのかんのといっても、将棋連盟の常識外れの対応はさておいて、将棋そのものへの興味は失せていない。私が、老いたりといえども、若手アイドル歌手に、今更ときめくのと同じか。おっと、そういえばニコ生でも解説があったらしいのだが、見忘れたのは残念。

将棋界の一番長い日はちょっと疲れていて、午後9時には寝てしまったので、まったく、リアルタイムで観戦できなかった。それで今日の朝早く起きて、ウェブの名人戦速報でざっと棋譜を辿った。その感想を簡単にかいてみる。

まず、稲葉-森内。横歩取りから千日手になり、指し直しの後手番となった森内は、田中寅彦ばりのうそ矢倉を採用した。稲葉は、腰掛け銀に構えた。うそ矢倉の駒組みがいまいちぎこちなくて、中盤で稲葉が駒組勝ちになった。稲葉が1筋からあやをつけて、45歩と快調に攻めると、森内は53金打ちと順位戦らしく根性で受けた。ところがこれが意外に自陣を手厚くしていない。稲葉の攻めで局面は大差になってしまった。そして順位戦らしくもないどうしようもない終盤で、森内はあっさり投了した。こうして8勝1敗で稲葉があっさり名人挑戦を決めた。森内は、3勝6敗で降級の危機である。

次は、羽生-屋敷。先手番の羽生は矢倉に誘導したが、後手が屋敷なので、普通の矢倉にはならない。屋敷の攻めを羽生は、薄氷を踏むようにかわすのだが、羽生が屋敷に対して詰めろをかけたはずが詰めろになっておらず、ぽきっと折れるように羽生が投了。これで羽生は6勝3敗。屋敷は4勝5敗で残留を決めた。

次は、広瀬-佐藤。角換わりだが、広瀬は最近では珍しい棒銀を採った。プロの棋譜で棒銀で幸せになった棋譜をあまり見たことがないのだが、果たしてやはり、局面は、佐藤が馬をつくって先手の攻めを受け止め、広瀬が手をつくるのが大変になった。広瀬は、それでも2筋から懸命に手をつくるのだが、その攻撃を待って反攻するかたちで佐藤が8筋、9筋から攻めると、広瀬は受け切れなくなり、あっさり即詰みに討ち取られた。これで広瀬は6勝3敗。佐藤はぎりぎりの3勝6敗となったが、森内より順位が上のため、森内が降級し、皮一枚で残留を決めた。

次は、渡辺-行方。私は文句なく行方を応援した。局面は、角換り腰掛け銀に進んだが、行方は、玉を42に置いたままで、65歩と先攻する趣向を採った。これに対する渡辺の対応が憎らしい。すなわち、攻めさせるだけ攻めさせ、自陣の金銀が上ずったので、行方がじっと77金と置いてしがみつくと、69玉と寄って涼しい顔である。ここでは渡辺の持ち駒が豊富なので、検討陣も先手もちの人が多かったのだが、渡辺が攻め合うとぎりぎりになって、勝ちがあるかどうか怪しい。それで渡辺は、77金に当てるとともに、36の歩成を防いで、59角と自陣に手を戻した。これは77の金取りであるので、行方は68歩と打ち、渡辺の58玉に行方が35桂と打ったのが、当然の手のようでもしかして敗着で、ここは46銀と打っておけば行方が優勢だったらしい。終盤は渡辺が読み切りで行方玉を即詰みに討ち取った。渡辺は憎らしいが、憎らしいほど強いのも事実である。こうして渡辺は6勝3敗。行方は4勝5敗。挑戦にも降級にも全く関係ない対局ながら、本局が一番の好局だったと思う。

こうして、将棋界の一番長い日はそれなりに盛り上がって終わった。将棋連盟は巨大な負債を抱えたままであるが。

まあでも、とりあえず、佐藤天彦名人対稲葉八段のフレッシュな名人戦に期待することにしよう。

侵略の構造の続きであるが、くだんの棋士たちは依然として好調である。

まず、久保九段はB級1組で、あと一局を残して、A級への復帰を決めてしまった。

千田六段は、棋王戦のタイトルに挑戦し、渡辺棋王と接戦を戦っている。

渡辺竜王はというと、シレッとブログを再開した。そして平気で以下のようにブログに書いている。

私に対して厳しい意見があるのは重々承知していますが、そもそも「剥奪でも構わない」という意思はないし、そんな言葉は使っていません。発言された方のせいにしたくなかったので、10月からずっと否定せずにいましたが、最近になって思い切って聞いてみました。

「10月からずっと否定せずにいましたが、」ってどういうこと? 誤解を招くなら、10月の段階で即、きっちり否定しなくては。ここまで否定しないなら、それは同意しているのと同じである。歌の文句にも、♪いつまで待っても来ぬ人と、死んだ人とは同じこと♪とある。どうみても誠意が足りない。というか、誠意という単語は彼の辞書にないのではないだろうか。

そしてハッシーである。NHK杯戦で深浦九段と対戦して、終盤必敗の形勢かと思ったら、意外に難解だったか、深浦九段の一手の緩手に乗じて、一気に深浦玉を即詰みに討ち取ってしまった。

次のNHK杯戦の相手は久保九段。なんとなく、棋王戦の渡辺対千田的である。ここでもハッシーは終盤、どうみてもはっきり負けになったと思ったら、久保九段が楽観したのか、はっと気づくと久保九段が敗勢になっていた。

次はB級1組のハッシーの相手は、強豪、木村八段。これもなまくら四つみたいなはっきりしない指し方だったが、終盤ははっきりハッシーが優勢になっていた。

この三局をみて、ハッシーの念力、というと言い過ぎだろうか。しかし、私の知るかぎり、ハッシーが本格的な筋のよい将棋というのは誰も否定しないだろうが、あまり逆転が多い将棋ではない。むしろ、ちょっと淡泊なところがあって、不利になったらあっさり土俵を割っていたのではないだろうか。

そこで私は、「悪手は、とがめないと好手になる。」という将棋の格言を思い出した。渡辺、久保、橋本、千田が昨年の10月に採った行動が、少なくとも将棋連盟にとって悪手であったことは誰も否定しないだろう。しかし、今に至るまで悪手はとがめられておらず、よってハッシーは自らの悪手から力をもらっている、ということになる。それが道理から外れていることは誰の目にも明らかである。

さて、将棋連盟はいつ、だれの目からみても妥当な状態に落ち着くのだろうか。それとも、どさくさに紛れて、いまの状態を既成の事実として確定させてしまうのだろうか、玉の早逃げ、八手の得、とばかりに。

♪どこまで続くぬかるみぞ、三日二夜を食もなく♪

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち将棋カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは宗教です。

次のカテゴリは小説です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。