将棋の最近のブログ記事

永世七冠に記したように、竜王戦第5局は羽生棋聖が勝ち、見事永世七冠を決めた。そこで、竜王戦第5局の棋譜を辿ってみることにする。戦型は、流行の一つ、角換りになった。例によって37手目まで一気に進める。

【図1】 37手目▲4五銀まで
持ち駒:△渡辺竜王=角



持ち駒:▲羽生棋聖=角
羽生は、いきなり▲4五銀とぶつけた。これは定説では駄目といわれていた手だそうで、羽生なりのチャレンジの手である。以下、△5五銀,▲2五桂,△4二銀となったが、後の端攻めの展開をみると、△4二銀では△2二銀の方がよかったかもしれない。次に羽生は▲1五歩で、これは当然の手のようだが、いったん▲2九飛と引いて、△3七角を避けておく手もあった。▲1五歩以下は、△3七角,▲2九飛,△4六角成,▲4九飛と進んだ。

【図2】 46手目△1五歩まで
持ち駒:△渡辺竜王=歩2



持ち駒:▲羽生棋聖=角
ここでじっと渡辺が△1五歩と取ったのは、王者の風格といいたいところだが、多分これは緩手で、代わりに△8六歩と味をつけて様子を見る手が優ったのかもしれない。△8六歩に▲同歩なら△8五歩、△8六歩に▲同銀なら△2四歩のような感じで難解だが、後手にとって本譜よりいいだろう。
△1五歩の後は▲4六飛,△同銀,▲3四銀,△8六歩,▲同銀,△5七銀成,▲同金,△5九飛,▲8八玉,△5七飛成と進んだ。

【図3】 57手目▲6八銀まで
持ち駒:△渡辺竜王=金歩3



持ち駒:▲羽生棋聖=角2歩2
ここで▲6八銀が手堅い。△4八龍に羽生は、▲5七角とさらに追及する。してみると、△4八龍は△4七龍の方がよかったか。▲5七角以下は、△4九龍,▲1二歩,△同香,▲1三歩,△同香,▲同桂成,△同桂,▲同角成,△2二金打と進んだ。

【図4】 69手目▲1五香まで
持ち駒:△渡辺竜王=桂歩5



持ち駒:▲羽生棋聖=角桂香歩
ここで▲1五香がピッタリの手だった。以下△1三金に、羽生はいったん▲6七角を決めた。以下、△1九龍,▲1三香成,△4一玉,▲4四歩。羽生は▲4四歩に手応えを感じたという。これに△同歩だと、先手陣に底歩が利く。

【図5】 76手目△9四桂まで
持ち駒:△渡辺竜王=角歩5



持ち駒:▲羽生棋聖=金桂香
なので渡辺は、▲4四歩に手抜きして△9四桂と攻めあった。これに対して羽生は▲2三成香で、次に金を取って王手なので、後手は手抜けない。なので△2三同金,▲4三歩成,△8六桂,▲同歩と進んだ。ここで渡辺は△6九角としたが、いかにも気が利かない手である。△8七歩などなかったのだろうか。他に目につく△8三香は、▲8七香と受けられて続かない。ともかく△6九角に▲8四香が炸裂した。これは飛車取りというだけでなく、▲4二と,△同玉,▲4三銀打△5一玉,▲6三桂,△6一玉,▲7一金,△同飛,▲同桂成,△同玉,▲8一飛,△7二玉,▲8二香成,△6三玉,▲5五桂の詰めろになっている。そこで仕方ない△8四同飛に▲4二と,△同玉となって。

【図6】 投了図 87手目▲4三銀打まで
持ち駒:△渡辺竜王=銀香2歩6



持ち駒:▲羽生棋聖=金桂2歩2
▲4三銀打以下簡単な詰みなので渡辺が投了して、ここに羽生が竜王位を奪還し、晴れて永世七冠となった。

総評として、個々のどの手というわけではないが、渡辺の手が粘着力を欠き、あっさり押し切られているように思った。まあそのうち渡辺も復活するだろう、時間はかかるかもしれないが。

いっぽうの羽生竜王(最早、こう呼ぶのが妥当だろう)は、以下のように積極的な指し手が目立った。

  1. 竜王戦第1局の【図2】の▲1五歩
  2. 竜王戦第2局の【図2】の△7七桂打
  3. 竜王戦第4局の【図5】の△3六桂
  4. 本局の【図1】の▲4五銀

最後に、時事通信ドットコムの村上 政俊氏の記事から一部を引用させて戴く。

今振り返ってみれば、羽生は「王位」も「王座」も捨てたのだった。どちらのシリーズでも羽生はわずか1勝しかできなかった(菅井4勝、中村3勝)。将棋の内容もどこか淡泊に感じられた。
しかしそれは、羽生の衰えの表れというよりも、合理的な選択と集中の結果だったといえよう。普通の棋士にとっては、1期獲得するのも至難の業であるタイトルを弊履の如く捨て去り、最後に残った永世称号を「竜王」戦で獲得することに照準を合わせていたのだった。「竜王」戦決勝トーナメントで対局した棋士たちも、「永世竜王」に賭ける羽生の意気込みを感じていたという。
羽生にあったのは、現状を打破しようという飽くなき探求心だ。この「竜王」戦第3局で、羽生は中飛車という振り飛車戦法を採用した。将棋の戦法は、最強の攻め駒である飛車の動きによって、居飛車と振り飛車に大別される。振り飛車はアマチュアの間では根強い人気を誇るものの、現在のプロ棋界では居飛車が主流。羽生自身も居飛車の採用率が圧倒的だ。にもかかわらず、大一番で迷うことなくわずか3手目で振り飛車を採用した。単純な勝ち負けを超えたところで将棋を指す姿勢が、ここに表れている。

私は、「竜王」を獲得するために「王位」も「王座」も捨てた、という件はまったく同意である。ただ、「竜王」戦第3局は、現状を打破しようという飽くなき探求心ではなく、ピッチャーでいえば、カウントに余裕があるので一球は遊んだのである。ふつう、ピッチャーは、よほど格下の相手や特殊な状況でないと、三球三振は狙わない。

AlphaZero

user-pic
0

12月6日にISSEIさんからコメント戴いた、AlphaZeroについて、ねとらぼの記事に基づきまとめてみる。

その記事によると、以下のとおり:

世界最強の囲碁AI「AlphaGo Zero」を開発したDeepMind(Google関連会社)が、チェスと将棋のAIに関する論文を発表しました。AlphaGo Zeroと同様の手法を使い、24時間で既存の最強AIを超える実力に至ったとのこと。
AlphaGoは2017年5月、世界トップ棋士である中国の柯潔(かけつ)九段に3戦全勝した囲碁AI。もともと人間同士の棋譜(対局データ)を学習させていましたが、進化したAlphaGo Zeroでは人間の棋譜を用いず、AIによる自己対戦のみで強くする「強化学習」が用いられました。

何度読んでも、ほんまかいなと思ってしまう。しかし、いくらなんでも天下のDeepMindが、ガセの内容を発表するわけがない。具体的には以下のとおり:

今回の論文では、AlphaGo Zeroで用いられた手法を「AlphaZero」という名称で一般化し、チェスと将棋にも適用。24時間の学習の結果、チェスでは既存の最強AIとして知られる「Stockfish」相手に100戦して28勝0敗72引き分け、将棋でも同じく最強AIである「elmo」相手に90勝8敗2引き分けという戦績を残しました。

それにしても、ポナンザで、

ただ、AIの手法も駆使したからといって、ポナンザが単調増加で強くなるわけではない。むしろ強くなればなるほど、棋力の向上は大変である。現在では、前の版と3000局指して、52%以上の勝率になることを目指している。こういう棋力の向上策は、いまのところ暗中模索である。
と書いたこととは全くパラタイムが違うということである。

そういえば、AlphaZeroのアナウンスは、ISSEIさんのコメントのように、私が永世七冠を投稿した日だったが、その朝私は、まだAlphaZeroのことは全く知らず、通勤の行きの電車で、深層学習の専門書のボルツマン・マシンの章を一心不乱に読んでいた。あまりに没入したので、電車を降りて、昼食用のパンとおにぎりを例によって三鷹のローソン100で買うとき、ポンタカードを一度出したのを忘れて、二度目も出そうとし、また支払いのPASMOを読み取り機に置き忘れて、そのまま立ち去ろうとして店員から注意された。いくら私が粗忽だからといって、こんな経験は今まで一度もない。多分、AlphaZeroの衝撃が無意識のうちに私に伝わってきていたのだろう。

永世七冠

user-pic
0

イベント・バイアスに書いたように、流れははっきり羽生だと思ったが、それでも、実戦となると分からないよね、と竜王戦第5局の様子を窺った。そして12月5日(火)会社から帰って、終盤の捻じりあいかとウェブでみると、あらら、あっさり羽生が勝っていていた。

詳細には週末にみるが、棋譜を辿ってみたら、羽生が一方的に攻めて勝った様子で、渡辺の指し手に覇気は感じられなかった。

毎日新聞のウェブから引用する。

鹿児島県指宿市で4日から行われた将棋の第30期竜王戦七番勝負(読売新聞社主催)の第5局は5日午後4時23分、挑戦者の羽生善治棋聖(47)が渡辺明竜王(33)に87手で勝ち、対戦成績を4勝1敗として15期ぶり通算7期目の竜王となり、永世竜王の資格を得た。棋士生活32年で永世称号の制度がある7タイトル戦のすべてで、永世資格を持つ史上初の「永世7冠」を達成した。

本質的には、渡辺の敗因は、約一年前の三浦事件にある。発端は渡辺の素朴な正義感だったかもしれないが、確たる証拠もなく、相手の棋士生命まで奪いかねないようなことを強引に推し進めてはいけない。なので、将棋連盟のご意見番のような羽生は、疑わしきは罰せずと、自分は同調していないことを大急ぎで明示したのである。また、自分の名前を勝手に利用したことによる、渡辺一派に対する、羽生大明神の怒りは大きい。

竜王を取られても、まだ渡辺の禊は終わっていない。いっそ棋王も手放して、しばらく反省するのがいいのかもしれない。

私はケーブルテレビのJ-COMを通じて、囲碁将棋チャンネルの銀河戦を楽しんで観戦しているが、今年からそこに藤井四段が出場することになって、当然ながら注目した。そして藤井四段の実力なら、いきなり決勝トーナメントに進出してもおかしくないと思った。

藤井四段は、銀河戦のH組で一回戦から出場し、藤倉五段に完勝した。二回戦の相手は上村四段。C級2組で中堅クラスであるが、これも藤井四段が順当に勝つだろうと期待した。

そこで初手から棋譜を辿ってみる。藤井四段の先手。▲2六歩,△3四歩,▲7六歩,△8四歩,▲2五歩,△8五歩,▲7八金,△3二金,▲2四歩,△同歩,▲同飛,△8六歩,▲同歩,△同飛,▲3四飛,△3三角,▲6八玉と、横歩取りに進んで、藤井四段は最近流行の勇気流を採った。ここから、△8二飛,▲3六歩,△8八角成,▲同銀と進み、上村四段は△3三金と、藤井四段用に準備していたと思われる研究の手を指した。藤井四段は当然に▲3五飛だが。

【図1】 24手目△4四角まで
持ち駒:△上村四段=歩2



持ち駒:▲藤井四段=角歩3
上村四段は△4四角。これに対して藤井四段は飛車を逃げるわけはなく、▲8三歩,△同飛,▲6六角,△3五角,▲同歩,△8二飛,▲3四歩,△4四金,▲4六歩と進んだ。

【図2】 34手目△2二飛まで
持ち駒:△上村四段=飛歩3



持ち駒:▲藤井四段=角歩2
藤井四段が▲4六歩と突いて、▲4五歩を見せているのに、それでも敢えて△2二飛としたのが、上村四段の好手だった。意表をつかれたか、藤井四段は長考に沈んだ。確かに難しい局面だが、解説の佐藤慎一五段が、▲2三歩,△同飛,▲2四歩,△同飛,▲1五角がぱっと目にきますが、これは△2五飛打で先手が悪いです、と断言した。流石にそれは私にも分かる。ところがなんと、藤井四段は、この悪いといわれる変化を選んだ。

【図3】 40手目△2五飛打まで
持ち駒:△上村四段=歩5



持ち駒:▲藤井四段=なし
そして、△2五飛打となったとき、私は、そこは藤井四段、なにか秘策があるのかと期待したが、解説の佐藤慎一五段は、いやあ、持歩もないし小細工が利きませんよね、と怪訝そうだった。

このあと、藤井四段は懸命に手を作っていったが、丁寧に上村四段に応接されて、一度たりとも優勢になることはなく、最後はじり貧になって、88手で藤井四段が投了した。やはり【図2】で▲2三歩,△同飛,▲2四歩,△同飛,▲1五角が敗着で、ここでは▲8三角あたりで難解だった。あるいは▲4五歩もあり、それには△4七飛で一局だった。

藤井四段らしからぬ拙戦だが、私はちょっとがっかりしつつ、まあこんなこともあるわな、人間だものと思った。実際この後、藤井四段は北浜八段のような脂っこいところにも勝ったので安心したら、今度は棋聖戦の一次予選で、大橋四段に負けた。ここまで藤井四段は今期、41勝8敗の勝率8割3分6厘。まだまだ高勝率である。まあどんな棋士でも負けながら強くなるので、大丈夫だろう。

最近、将棋の渡辺竜王の様子をみていたらつい、イベント・バイアスという言葉が浮かんだ。どういう意味かというと、渡辺竜王が、挑戦している羽生棋聖に負けてタイトルが移動すると、羽生棋聖が永世七冠になり、それは将棋界にとってとてもニュースバリューがある。当然に主催者の読売新聞にとっても有難いことである。

一方、万が一、渡辺竜王が竜王を防衛したとしても、ほとんどの将棋ファンはブーイングで、メディアも落胆する。こうして、渡辺竜王が頑張るインセンティブが実に小さい。

なので、渡辺竜王の将棋は最近、どうも元気がない。トレードマークの鋭い攻めが最近、ほとんど見られない。11月29日には、羽生棋聖対渡辺竜王のA級順位戦があった。会社から帰って観戦していたら、はっきり羽生が優勢だった。果たして、ほどなくして渡辺が投了した。もちろん羽生棋聖は今でも最強に強いと思うが、渡辺竜王だって然る者、そんなに易々と負けるはずはなかったはずなのに。これはやはりイベント・バイアスだと思った。

実際、勝つと非難を浴びるという状況は渡辺竜王にとって実に辛い。一年前の事件の際は一度はサポートしてくれた読売新聞も、今年は助けてくれない。こういうのを四面楚歌というのではないか。こんなときこそ逆境を跳ね返す精神力が必要なのだが、そのためのポテンシャルを今の渡辺が振り絞ることができるだろうか。

そんなイベント・バイアスがポジティブに効いたのは、藤井四段だった。すなわち、まさに渡辺竜王とその一派が巻き起こしたスキャンダルの傷を埋めるために将棋界にはビッグ・イベントが必要で、天才少年の藤井四段にイベント・バイアスのポテンシャルが集まった。それが生来の藤井四段の棋才をブーストさせ、あのような連勝記録となった。少しでもイベント・バイアスの空気を読める棋士なら、藤井四段を負かす気にはならない。たまたま負かす気になったとしても、イベント・バイアスがバリアになる。なので、藤井四段の連勝記録を止めたのが、空気読まない佐々木勇気六段であるのは偶然ではない。

でも、いうまでもなく羽生棋聖は、イベント・バイアスなど関係なく、淡々と竜王を奪取するだろう。いや、淡々でなく怒りの鉄拳なのかもしれないが。

竜王戦第4局が始まった。竜王戦第3局では、「ピッチャーでいえば、カウントに余裕があるので一球外したというところである。次はまた居飛車に戻るだろう。」と書いたが、どうなるかと思っていたら、やはりというか、ガチの矢倉になった。例によって、38手目まで進める。

【図1】 38手目△6四歩まで
持ち駒:△羽生棋聖=歩2



持ち駒:▲渡辺竜王=歩2
△6四歩は、これで後手がいいという訳ではないが、先手の玉頭を争点にする手である。以下、▲6四同歩,△同角,▲2四歩,△同銀,▲4六角,△同角,▲同銀と進んだ。▲2四歩は私だったら、あまり考えないで△同歩だが、へぇ、銀で取るんだと思った。

【図2】 46手目△3三銀まで
持ち駒:△羽生棋聖=角歩4



持ち駒:▲渡辺竜王=角歩3
△3三銀はじっと銀を引き、相手に手を渡す好手だった。以下、▲5五歩,△7六歩,▲同銀,△7五歩,▲6四角,△7二飛,▲9一角成,△7六歩,▲8一馬と進んだ。

【図3】 56手目△7五飛まで
持ち駒:△羽生棋聖=角銀歩2



持ち駒:▲渡辺竜王=桂香歩4
ところが、△7五飛と飛車が逃げておくと、ここでは既に後手がいいようである。すると、【図2】▲5五歩のところで、▲7六歩とじっと傷を消しておく手はなかったのだろうか。そんなのは素人の迷手だろうか。でも、▲6六歩はあったようである。以下、△6五歩,▲5七銀となって、本譜よりいいと思われる。△7五飛以下は、▲6八金直,△3四角,▲4五桂,△同歩,▲3五銀,△6五桂,▲7七歩,△同歩成,▲同桂,△7六歩,▲6五桂,△7七銀,▲同金寄,△同歩成,▲同金,△7六歩,▲同金と進んだ。

【図4】 74手目△7六同飛まで
持ち駒:△羽生棋聖=金2歩



持ち駒:▲渡辺竜王=銀桂香歩6
△7六同飛で後手が調子がいいようだが、▲7七歩,△6六飛,▲6七銀でまだ難しい。と思ったら、△8八金があった。以下、▲6八玉,△6五飛,▲3四銀,△6六歩,▲5六銀と進行した。

【図5】 84手目△3六桂まで
持ち駒:△羽生棋聖=金



持ち駒:▲渡辺竜王=角桂香歩6
そこで△3六桂が厳しい。渡辺は、このタイミングの△3六桂が見えていなかったという。これで羽生の勝ちが決まった。以下、▲3八飛,△3四銀,▲6五銀,△4八銀,▲4四香,△4三銀と進み、渡辺は▲4八飛,△同桂成,▲5七玉と粘るが。

【図6】 94手目△6八飛まで
持ち駒:△羽生棋聖=金



持ち駒:▲渡辺竜王=飛角桂香歩5
△6八飛が次の一手のような絶妙手で先手に受けはない。以下▲6一飛,△5一金,▲4三香不成,△同金,▲5二角,△同玉,▲4四桂,△同金,▲5三銀と進むが。

【図7】 投了図 104手目△4一玉まで
持ち駒:△羽生棋聖=角金桂香



持ち駒:▲渡辺竜王=銀歩5
△4一玉で後手は詰まず、先手は受けなしなので、投了もやむなしである。なお、投了図で▲4四銀成と上部脱出を図っても、△4七成桂で即詰である。

先手の敗着は、【図2】での47手目の▲5五歩で、ここで▲6六歩と受けておくと、難しかったようである。また、▲7六歩でも本譜よりよかった。

さて、次は羽生が永世七冠を決めるだろうか。

日本棋院のホームページを観ていたら、以前にNHKの囲碁フォーカスの司会をしていた戸島花さんがツイートしていて、「将棋の先崎学九段にお会いできて嬉しかったです。」みたいに書かれていたので、あれっ、先崎学九段は病気じゃなかったのか、と怪訝になった。

実際、先崎学九段は11月15日のB級2組の順位戦、横山泰明六段戦も不戦敗なったばかりで、これでB級2組で最初に大石七段と指して負けた後、5戦続けて不戦敗で6連敗、アナウンスによると、来年3月末まで休場「一身上の都合」とのことなので、降級点は確実である。

戸島花さんのツイートを辿ると、囲碁の穂坂繭さんのツイッターに着いた。穂坂繭さんといえば、先崎学九段の奥さんで、日本棋院東京本院所属のプロ三段。ツイッターによると、数週間前に、西荻窪に「囲碁・将棋スペース棋樂」を開設し、囲碁と将棋を交互に指導しているようである。ホームページもあって、こちらである。

ともかく、先崎学九段が重大な病気じゃなかったようで、安心した次第である。

AlphaGo zeroの記事で、2017年11月号の数学セミナーは、「コンピュータ将棋・囲碁のこれから」という特集号だったと述べたが、これについてもう少し補足してみる。

一般的に、数学セミナーの毎月の特集で、内容についていけないことも然ることながら、この分野は誰それが権威であるとか、そういうことは全くわからない。ごくたまに、ああこの著者の本はもっているね(あえて、読んだとはいわない)と思ったりする。

しかし、コンピュータ将棋・囲碁特集だとちょっと事情が違って、私でも少しだけ関係者に当たりをつけることができる。

最初は、電通大の伊藤毅志さんの「コンピューターチェス・将棋・囲碁」と題する記事で、二人完全情報確定ゼロ和ゲームのための基本的なアルゴリズムとその歴史の概観になっているが、まさに斯界の権威らしい充実した内容となっている。

次はponanzaの作者の山本一成さんかと思ったら、なんとPreferred Networksの前田新一さん、齋藤優樹さん、藤田康博さんの「ディープラーニングのインパクト」と題する記事だった。ここは本来の数学セミナー的な専門的な内容で、私には難解であるが、実はPreferred Networksは、山本一成さんとともにPonanza Chainerを開発したのであり、その技術的内容が最後に結構詳しく書かれてあって、興味深かった。

次は、ある意味旬のチームDeepZenの加藤英樹さんの「コンピュータ囲碁とディープ・ラーニング」と題する記事で、ここは「ディープラーニングのインパクト」ほどディープに技術に入り込んでいないので私にもある程度理解できる。

次におおっと思ったのは、将棋の千田六段の「棋士の認識とコンピュータ将棋の影響」と題する記事で、いろいろな経緯で千田六段というとひっかかることもなくはないのだが、記事の内容は流石に日常的にコンピュータ将棋を研究に使っているだけあって、感心する内容だった。

次は囲碁の光永六段の「囲碁の未来」と題する記事で、千田六段の記事の双対なのかもしれないが、ちょっと迫力に欠けるなあと思ってしまった。というのは、囲碁の棋士で囲碁AIを語るなら、第一人者は大橋拓文六段か王メイエン九段、あとは三村九段、白石六段も相当熱心である。この中から選んでほしかったなあというのが正直な感想である。

次は、はこだて未来大学の松原仁さんの「コンピュータ将棋・囲碁の今後」と題する記事で、松原さんも電通大の伊藤毅志さんと同様にこの分野で学会の権威である。そういえば、外資系にいたとき管理職研修に出たら、基礎研究所の知り合いのNさんがいた。私が将棋が趣味ですというと、松原さんの話題になった。松原さんは東大の同じ学科で同級生だったらしくて、Nさんは、コンピュータ将棋なんかやって、と苦笑いしていた。いまならもう少しポジティブな反応になるのではないだろうか。Nさんはその後、電通大の教授になられて、ホームページを見たら、知能情報研究室ということでAIも版図である。あれっ、コンピュータ将棋やコンピュータ囲碁は流石にやっていないか。

最後は、IBM Researchの岸本章宏さんの「チェッカー解明と人工知能」と題する記事で、えっ、今更チェッカーと思ったが、よく読むと完全解明の話で、一見シンプルなチェッカーも、コンピュータを駆使しても完全解明は相当大変のようである。するとオセロの完全解明ははるかに難しいし、将棋や囲碁となると、これはほとんど原理的に無理といってよい。

あっ、よくみたら、岸本章宏さんの記事は、コンピュータ将棋・囲碁特集とは別だった。かなり紛らわしい。

竜王戦第3局があったので、例によって棋譜を辿ってみる。それで、竜王戦第2局の最後に「(渡辺が)流石に次局あたりで次第に復活するか。」とかいたのだが、なんと羽生は先手で中飛車を採用した。ともかく、例によって37手目まで一気に進める。

【図1】 37手目▲4六歩まで
持ち駒:△渡辺竜王=歩



持ち駒:▲羽生棋聖=なし
さて、ここでの羽生棋聖の▲4六歩は、こう行きたい気持ちは分かるのだが、やはりここはじっと▲3九金と締まっておくところではなかろうか。▲4六歩以下は、△同歩,▲4八飛,△8四飛,▲4六飛,△3四金,▲同銀,△同飛,▲4五金,△6四飛と進んだ。先手のばらばらの金が気になる。

【図2】 47手目▲5四歩まで
持ち駒:△渡辺竜王=銀歩3



持ち駒:▲羽生棋聖=歩
そしてここで▲5四歩だが、ここも急ぎすぎというか、いったん▲5八金左と飛車成を防いでおくところではなかろうか。しかしお返しの渡辺の△5七銀も疑問で、ここはともかく△5四同歩と取っておくところだった。△5七銀以下は▲4三歩,△同銀,▲5三歩成,△4六銀成,▲同金と進んだ。

【図3】 54手目△4二歩まで
持ち駒:△渡辺竜王=飛歩3



持ち駒:▲羽生棋聖=銀歩
ここで渡辺はじっと△4二歩の辛抱だが、検討陣によると△6七飛成もあったという。以下、▲5九金左,△3二銀引,▲4三歩は△7七角成,▲同桂,△6四角で後手が悪くないという。△4二歩以下は、▲4三と,△同歩,▲4二歩,△同金,▲2二角成,△同銀,▲7五角と進んだ。これで飛車を取って金取りに▲8二飛と降ろして、桂馬が取れれば先手がよくなる。

【図4】 62手目△9二角まで
持ち駒:△渡辺竜王=飛歩6



持ち駒:▲羽生棋聖=銀2
しかし渡辺の△9二角が好手だった。8一桂に紐をつけつつ、相手陣をにらんでいる。角のにらみを緩和するために羽生は▲4七銀と入れたが、ここで渡辺の△3三金がまたしても好手だった。以下、▲6四角,△同歩,▲5一飛,△8三角打,▲4八金,△4四歩,▲5八飛成,△3四金と進んだ。

【図5】 73手目▲8二銀まで
持ち駒:△渡辺竜王=飛歩5



持ち駒:▲羽生棋聖=なし
ここで▲8二銀は流石に敗着だろう。なぜなら、△5七歩,▲同金,△4五歩,▲3六金,△5二飛が激痛だったからである。ここでいったん▲5六歩と受ければ無事だが、8二銀を飛車で取られたらまるまる銀損でゲームセットである。なので羽生は仕方なく▲9一銀成とし、△5七飛成,▲同龍,△4七角成,▲9二成銀,△5七馬となっては流石に綾なしだろう。▲8二銀では、▲3六金とし、そのあと▲3七金から▲3八金引として4七に数を足してから▲8二銀を狙えば先手が悪くなかった。△5七馬以下は、▲4三角,△3八金,▲2一角成,△同玉,▲5一飛,△3一銀打,▲5七飛成と羽生が馬を抜いたものの、△4九飛,▲3九歩,△2八金,▲同玉,△4八銀,▲同龍,△同飛成,▲3八金,△同龍,▲同歩,△4九飛,▲6六角,△6九飛成,▲4三桂,△3三角,▲3一桂成として。

【図6】 投了図 108手目△3一同銀まで
持ち駒:△渡辺竜王=金2桂歩4



持ち駒:▲羽生棋聖=飛銀2香
△3一同銀で流石に羽生は投了した。どうみても手負けは明らかで、投了は仕方ない。

ということで、羽生がよくなる変化はあったが、結果的に73手目▲8二銀以降、完敗だった。

これが羽生に尾を引くかというとそうは思わない。なぜなら、この将棋は今期の棋聖戦第3局で斎藤七段に四間飛車を採用して負けた将棋に対応するからである。ピッチャーでいえば、カウントに余裕があるので一球外したというところである。次はまた居飛車に戻るだろう。

竜王戦第2局は10月29日と30日だったが、それが土日だったので、棋譜コメントを書くのが遅くなってしまった。単なる文章だけではないので、どうしてもウイークエンドの作業になる。そもそも今日から竜王戦第3局が始まる。

さて、羽生棋聖の一勝を経た第2局は、先手の渡辺が矢倉で、後手の羽生が雁木という流行形になった。もはや普通の相矢倉というのはほとんど死滅したのだろうか。ともかく44手目まで一気に進める。

【図1】 44手目△6五歩まで
持ち駒:△羽生棋聖=なし



持ち駒:▲渡辺竜王=なし
△6五歩でついに開戦となった。以下、▲6五同歩,△同桂,▲6八銀,△6六歩,▲同金,△6四銀,▲6七銀,△8六歩,▲同歩,△4五歩,▲6八角,△3三角,▲4五桂,△4四角,▲4六角,△7五歩,▲9八玉,△3三桂,▲同桂成,△同角,▲7五歩と進んだ。

【図2】 66手目△7七桂打まで
持ち駒:△羽生棋聖=なし



持ち駒:▲渡辺竜王=桂歩5
ところが、ここでの羽生の△7七桂打が意表をつく手だった。ここから▲4五桂,△4四角,▲7七桂,△同桂成,▲同金,△7五銀,▲5五歩,△7六歩,▲同金寄,△同銀,▲同銀と進んだが、必然の手順なのだろうか。

【図3】 78手目△6九飛成まで
持ち駒:△羽生棋聖=金桂



持ち駒:▲渡辺竜王=銀桂2歩6
そして△6九飛成となると一見羽生が調子がよさそうであるが、実際は難解のようである。ただ、渡辺は少し悲観していたのかもしれない。ここから、▲7八銀,△4九龍,▲5七銀,△6四桂,▲6五銀,△5五角,▲同角,△同歩と進んだ。

【図4】 87手目▲7五角まで
持ち駒:△羽生棋聖=角金歩



持ち駒:▲渡辺竜王=桂2歩6
渡辺は攻防の要所の▲7五角に期待したのかもしれないが、ここは▲8二角の方がよかったと思われる。なぜなら、銀で6四桂を食いちぎって、角が6四に来たとき馬になれるのが大きい。実際、▲7五角に△6三歩と受けたあたりで後手の優勢がはっきりしたと思われる。以下、▲6四銀,△同歩,▲同角,△4二銀,▲5四歩,△6五角,▲7六歩,△5四角,▲5三歩,△5一金,▲9一角成,△4五角,▲5五馬,△7九龍と進んだが、6四が角でなく馬なら、5四の歩は簡単には掃えないし、△6五角も打てない。

【図5】 103手目▲8九香まで
持ち駒:△羽生棋聖=金桂歩



持ち駒:▲渡辺竜王=桂2歩5
さて、△7九龍に渡辺は▲8九香と受けたが、△8八歩で筋に入ったか。以下、▲4五馬,△8九歩成,▲同銀,△7七龍,▲8八銀,△5七龍,▲2四桂,△同歩と進んだ。

【図6】 113手目▲2四同歩まで
持ち駒:△羽生棋聖=金2銀桂2香



持ち駒:▲渡辺竜王=角桂2歩6
ここで渡辺は▲2四同歩とじっと取ったが、形勢不利なのだから、▲2三桂と勝負するところだろう。以下△同金には▲3五桂で、どうせ不利にしても本譜よりは迫れる。▲2四同歩以下は、羽生は△8七銀としたが、これでも勝ちにしても△9六桂の方が金駒を渡さない分よかったはずである。△8七銀以下は▲同銀,△9五桂,▲7九桂,△8七桂成,▲同桂,△9五桂,▲7九桂,△7七金,▲8八銀,△6八銀,▲7七銀,△同龍,▲7八金と進んだが、▲7七銀のところでは悪いながらも▲5五角だった。2二に利かしておくと、場合により2二に駒を打って王手できる。また▲7七銀,△同龍,▲7八金としたのは形づくりなのだろうが、せめて▲7八金のところは、▲6八飛と食いちぎって、△同龍,▲7八金と粘るところではないか。

【図7】 128手目△8八金まで
持ち駒:△羽生棋聖=銀香



持ち駒:▲渡辺竜王=角桂歩6
ともかく本譜は△8八金と打って、あまりに自明な即詰なのだった。

見て取れるように、渡辺の終盤は好調時に比べて淡白すぎる。もしかして今更の三浦事件の後遺症なのかもしれないが、流石に次局あたりで次第に復活するか。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち将棋カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは宗教です。

次のカテゴリは小説です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。