将棋の最近のブログ記事

屋上屋感は漂うが、年末に際して、まさに歴史的な今期の竜王戦の七番勝負を簡単にまとめてみたい。

まず、七番勝負の自分の記事へのリンクは以下の通りである。

第1局は、羽生の先手番で角換り腰掛銀。【図3】で▲3四飛となったとき、広瀬の△6三歩が変で、△3三桂としておけば五分だったと思われる。しかし、そこから広瀬が猛追した。123手目▲4九銀では、ここは一旦△4七桂成があったのではないか。それで先手がよくなるわけではないが、綾があったと思う。それを逃して△2九龍上となったので、羽生が勝ち切った。でも私は、広瀬の最近の好調に鑑み、まだ五分だと思った。

第2局は広瀬の先手番で、またも角換り腰掛銀。52手目△8七角成では、羽生が攻めているようだが、以下駒得で、広瀬が優勢になった。しかし、78手目△7七金と摺り込まれては差が縮まった。これに広瀬は▲5五角とし、△6六歩に▲同金と取ったが、ここは▲同角が正解で、このあたりから次第に形勢が怪しくなってきた。以下、△4三桂,▲6四角,△6三歩で角の行き場所がなくなり、▲9一角成,△同飛では最早後手がややよしである。118手目△6六桂から羽生の会心の寄せで、鮮勝。もしかして羽生が防衛するのでは、とふと思ったりした。

第3局は、羽生の先手番で、三局連続の角換り腰掛銀。流石に、ちょっとこの戦法は飽きてきた。展開は、羽生の強引ともいえる攻めで、細いので後手がいいのかと思ったが、85手目▲4五桂でぎりぎり羽生が優勢か。しかし、95手目▲3二銀あたりから紛れてきた。106手目△7五歩が広瀬の大胆すぎる手で、これには▲4五龍で羽生がやや優勢だった。しかし、△7五歩を同歩と羽生が取ってしまい、ここからは羽生の勝ちはなくなった。広瀬が一勝を返し、わからなくなった。

第4局広瀬の先手番で、またも角換り腰掛銀。いい加減にしてくれ、と言いそうになった。しかし、展開はいちいち違う。この将棋は92手目△5五銀まで羽生が絶妙の構想で、優勢を築いた。しかし、108手目△8七歩成が羽生の敗着で、ここは△8二飛打があった。と思ったら、激指しの検討によれば、△8七歩成は悪くなく、▲同玉に△5二歩,▲同馬,△4三角で依然後手がよかった。ともかく超難解な終盤である。羽生の気力が尽きたか、△8一飛が最後の敗着ではないか。△5三歩と銀を取っておけばまだ綾があった。これで五分の星となり、やはり広瀬が防衛か、と気が重くなってきた。

第5局は、羽生の先手番で、一転して矢倉の出だしとなった。しかし、広瀬は矢倉にしないで、相掛かり模様で応じる。羽生の49手目▲2七角の構想が冴えていて、優勢になったかと思ったが、広瀬の受けがなかなか頑強で、崩れない。 羽生の97手目▲7一金打が意表をつく奇手で、動揺したか広瀬が土俵を割った。おっ、羽生がこのまま防衛か、と希望をもった。

さて、第6局は広瀬の先番で、「第六局はまたしても角換りか。」という私の予想を裏切って、横歩取り3三角になった。珍しいなと思ったら、なんでも最近のB級2組の順位戦の澤田六段対永瀬七段の将棋で、これと同形になったという。それで羽生は永瀬七段が指したのと同じ手である△8六歩を選んだのだが、もしかして広瀬には、深い研究があって、澤田六段の指した▲2二歩を省いて、単に▲6五桂とした。この後、広瀬の術中にはまって、じわじわと羽生が敗勢に陥り、最後は短時間で信じられないような惨敗となった。

ついに第7局であるが、あいにく羽生は、振り駒で後手になってしまった。それでも角換り腰掛銀に追随して、タイトル防衛を目指した。すると羽生は、今期の王将戦リーグ、佐藤天彦名人対広瀬八段を途中まで踏襲して、△1六角という意欲的な手を指した。それでそれなりに優勢っぽい局面を作ったのだが、110手目△5五銀が悪くて、決定的に形勢が悪化し、粘ったが広瀬に押し切られてしまった。

こうして全体を通してみると、羽生は前半は意欲的に攻めて勝ったが、第3局第4局で押し戻され、第5局で渾身の金打ちで勝ったものの、そこで体力が尽きてしまったのだろうか。

ともかく、羽生は永世七冠の資格保持者であり、かつ前竜王を名乗る権利もあるが、羽生九段と呼ばれる道を選んだ。なんと潔いのだろう。タイトルを脱ぎ捨てた裸一貫の羽生が、ここから不死鳥のように復活することを期待するものである。それが、来春の名人戦であることを願うのはせっかちすぎるか。

竜王戦第7局は、下記の読売新聞のウェブ記事にあるように、羽生竜王がタイトルを奪取され無冠になってしまうという誠に残念な結果だった。

将棋界の最高棋戦、第31期竜王戦(読売新聞社主催、特別協賛・野村ホールディングス)の七番勝負第7局が20日から山口県下関市の春帆楼で行われ、21日午後6時49分、挑戦者の広瀬章人八段(31)が羽生善治竜王(48)を167手で破り、4勝3敗で初の竜王を獲得した。前人未到の通算獲得タイトル100期に王手をかけていた羽生竜王は、27年ぶりに無冠となった。

先週私は妙に体調が悪く、風邪でも引いたかと思っていたら、どうも内心で竜王戦の結果が心配だったらしい。そして、最後に羽生竜王の負けがはっきりしたときは、二年前にカープがDeNAに負けてCS進出を逃したり、11月にカープがソフトバンクに日本シリーズで負けたとき以上に落胆した。

それで、あまり棋譜を辿る気にならないのだが、ざっと竜王戦第7局を流しみてみる。この将棋は、振り駒で広瀬の先番で、私の予想どおり、角換りになった。例によって、53手目▲1四飛から見る。

【図1】 53手目▲1四飛まで
持ち駒:△羽生竜王=香歩2



持ち駒:▲広瀬八段=歩2
53手目▲1四飛までは、今期の王将戦リーグ、佐藤天彦名人対広瀬八段に似たような将棋があった。その将棋は、天彦名人の攻めが無理攻めに見え、広瀬八段がうまく受け止めたかに見えたのだが、意表の攻めで天彦名人が快勝したのだった。本譜は以下、△6六角,▲同歩,△1三香,▲3四飛と進んだ。ここで形勢は互角だが、やや先手の模様がよさそうである。

【図2】 58手目△1六角まで
持ち駒:△羽生竜王=歩2



持ち駒:▲広瀬八段=角歩2
ここで△1六角は、羽生の新手というわけでもないが、やってみたかった手のようである。これには▲3五飛だが、そこで後手がどう指すか難しい。△2七角成や△3四歩という選択肢もあるところ、羽生はじっと△3三歩と受けた。すると広瀬は当然、▲7五歩で以下、△8六歩,▲同歩,△2七角成と進行した。そして、▲7四歩,△2六馬,▲3八飛,△1七香成,▲7三歩成となった。羽生は△2六馬と△1七香成に期待したのだろう。

【図3】 70手目△7三同金まで
持ち駒:△羽生竜王=歩2



持ち駒:▲広瀬八段=角桂歩5
△7三同金は当然であって、▲広瀬八段は▲5八金と馬の利きを避けた。これで先手有利のようである。以下、△2七成香,▲3九飛,△2八成香,▲6九飛,△4四歩となって、先手が手をつりにくいかと思ったが、▲8五桂,△6三金,▲7三歩で結構これがいやらしい。ここからの藤井九段の検討手順は、「△2五馬▲3六歩△8二飛▲6五歩△7六歩▲同銀△4五歩▲6四歩△6二金▲7一角△9二飛▲9三桂成△6一金▲9二成桂△7一金▲6三歩成△4四角」で後手がややよし、というものである。

【図4】 80手目△7一歩まで
持ち駒:△羽生竜王=歩



持ち駒:▲広瀬八段=角歩4
しかし本譜は、▲7三歩に羽生竜王が△7一歩と受けてしまった。これが飛車の横利きを止めてしまい、よくなく、また広瀬八段が優勢になった。以下、▲6五歩,△2五馬,▲3六歩,△6二金,▲6四歩,△4五歩と羽生はとりあえず桂馬を取った。

【図5】 87手目▲1二歩まで
持ち駒:△羽生竜王=桂歩



持ち駒:▲広瀬八段=角歩3
しかし、▲1二歩が当然とはいえ、いやらしい。以下、△3六馬,▲4七金,△1四馬,▲3六歩,△2二玉に、すべての含みを残して単に▲4一角が広瀬の好手である。△3一金に6三で二枚替えせず、単に▲7四角成も味わい深い。

【図6】 96手目△1二玉まで
持ち駒:△羽生竜王=桂歩3



持ち駒:▲広瀬八段=歩2
しかし、羽生竜王が△1二玉と歩を払って、また縒りが戻ったか。しかし、広瀬は▲4五銀と果敢に攻め、羽生は△6七歩と牽制する。以下、▲5四銀,△同歩,▲6七飛,△5五桂,▲6六飛,△4七桂成,▲同馬,△7五金,▲6八飛,△2七成香,▲5六馬と進行した。

【図7】 110手目△5五銀まで
持ち駒:△羽生竜王=歩2



持ち駒:▲広瀬八段=銀桂歩4
馬が自玉を直射しているので、馬筋を変えなくてはならないが、ここでの△5五銀は、佐藤康光会長が、この手はいけないと解説していたという。▲4五馬ではっきり先手よしになってしまった。以下、△6七歩,▲同馬,△6六歩,▲4五馬,△5三金,▲3五銀と進んだ。

【図8】 118手目△2二玉まで
持ち駒:△羽生竜王=なし



持ち駒:▲広瀬八段=桂歩4
△2二玉はとりあえず馬筋を躱した。しかし、▲6三歩成,△同金,▲1五歩,△同馬,▲2四歩,△同歩,▲6六銀と広瀬の攻めは的確である。△4四歩,▲7五銀,△4五歩,▲6三飛成,△3二金,▲5四龍まで進むと、広瀬が勝勢といってよい。

【図9】 132手目△5八角まで
持ち駒:△羽生竜王=歩2



持ち駒:▲広瀬八段=金2桂歩5
△5八角は羽生竜王の懸命の反撃だが、▲5五龍,△3六角成,▲4四銀,△8七歩,▲3五桂,△5九馬,▲2三歩,△同金,▲8七金,△6九馬上,▲8八玉,△6八馬左,▲9八玉に、△8二飛と羽生はなんとか飛車を受けに使う。

【図10】 147手目▲1一銀まで
持ち駒:△羽生竜王=歩3



持ち駒:▲広瀬八段=金2歩5
しかし、▲1一銀があまりにも厳しい。これには△同玉しかないが、▲2三桂成にも△3一銀しかなく▲7二金が飛車の横利きを遮断する決め手である。先手は少々駒を渡しても、上部が開けていてなかなか詰まない。

【図11】 155手目▲8二金まで
持ち駒:△羽生竜王=桂歩3



持ち駒:▲広瀬八段=飛角2銀歩5
▲8二金と飛車を取ると、後手は△8八歩くらいしかなく、詰めろではない。以下、▲6二飛,△3二桂,▲3三銀成,△同桂,▲3四銀,△2二銀打,▲2三歩に△8九歩成でやっと先手玉に詰めろがかかったが、時すでに遅し。▲2二歩成,△同銀となって。

【図12】 投了図 167手目▲2一銀まで
持ち駒:△羽生竜王=桂歩3



持ち駒:▲広瀬八段=金2歩5
▲2一銀で簡単な即詰みであり、羽生竜王の投了になった。ついに27年ぶりに無冠。感慨深いものがある。

本局、羽生竜王の58手目△1六角の趣向はそれなりに成功したと思うが、80手目△7一歩があまりよくなく、110手目△5五銀が敗着なのかもしれない。この七番勝負を通してみて、折角星数で先行しながら、羽生竜王は広瀬八段を抜き去れなかった。本局と第6局を除き、羽生竜王が負けた将棋も有利に進めていたと思われるのだが。

ともかく、A級リーグはまだ5勝1敗と上位につけているので、捲土重来を期待したい。

新記録

user-pic
0

読売新聞をみていたら、藤井七段が、最年少・最速、最高勝率で公式戦通算100勝を達成したという。困ったことに私は、藤井七段が卓越していることに慣れっこになってしまって、最早新記録に驚くことができないのだが、一応読売新聞の記事をウェブから引用させて戴く。

将棋の藤井聡太七段(16)は12日に東京・千駄ヶ谷の将棋会館で行われた銀河戦(囲碁・将棋チャンネル主催)で2連勝し、最年少・最速、最高勝率で公式戦通算100勝を達成した。対局後、藤井七段は「最年少(16歳4か月)での達成ということで、偉大な先輩方がたくさんおられるわけなので喜ばしく思っています」と話した。100勝目は阿部健治郎七段戦で、同チャンネルで来年3月5日に放送される。
 日本将棋連盟によると、藤井七段のプロ入りからの成績は100勝18敗(勝率8割4分7厘)。これまで主要棋士の中では中原誠十六世名人の100勝21敗(同8割2分6厘)が、100勝到達時の最高勝率だった。
これに関して私は、最早多くを語ることができない。最高連勝記録を打ち立てたあとも、まったく緩むことなく高いモチベーションを維持していることが凄いと今更驚くだけである。

と思っていたら、次の日、読売新聞に以下のような記事があった。やはり読売新聞の記事をウェブから引用させて戴く。

囲碁の第66期王座戦五番勝負(日本経済新聞社主催)、井山裕太王座(29)と挑戦者・一力遼八段(21)の第5局が13日、甲府市で行われ、午後6時5分、井山王座が186手までで白番中押し勝ちし、シリーズ3勝2敗で4連覇を達成。棋聖、本因坊、天元、十段と合わせて五冠を堅持した。
今回の防衛で井山王座の七大棋戦のタイトル獲得数は42となり、趙治勲名誉名人(62)に並んで最多タイとなった。趙名誉名人が50歳、入段から39年かけて達成した記録に、井山王座は入段から16年で追いついたことになる。
私は囲碁で井山棋聖が日本で最高記録タイトル数を更新することは確実と思ってきたが、えっ、三十歳前でもう趙治勲名誉名人と並んだの?と改めて驚いた。まあ、毎年七冠だの六冠だので量産しているもんね、とあっさり言ってしまうとあっけないが、それがいかに凄いか、それをうまく記述する表現力を私たもたない。厳密にはまだ新記録達成ではないが、こんな多面待ちでリーチがかかっていては、和了はまさに時間の問題である。

こうして藤井七段と井山棋聖を比べると、井山棋聖の記録の方が積み重ねが大変なので困難といえるが、どっちが凄いなんて比較するのは無粋なので、二人の天才を黙って(別に黙らなくていいが)見守っていきたい。

と思っていたら、新たな天才少年伝説である。日経のウェブ記事から引用させて戴く。

世界トップが集う大舞台で張本が見せたプレーは技術、戦術、メンタルを兼ね備えた王者の卓球だった。「勢いに任せず、自分のプレーで勝ちたい」。そう試合前に話していた通り、心身共に大きく成長した15歳がまた一つ勲章を手にした。過去未勝利の世界4位の林高遠を圧倒。「最高としか言いようがない」と喜びをかみしめた。
世界屈指のバックハンドを武器に、1月の全日本選手権を史上最年少で優勝。6月にはロンドン、リオデジャネイロ両五輪を制した2人の中国選手を破った。ただ、研究されたその後はなかなか勝てず、日本選手最高の5位まで上がった世界ランクについても「実力に見合っていない」とすら感じていた。

竜王戦は、第5局から、かなり短い期間で第6局が始まった。戦法は、「第六局はまたしても角換りか。」という私の予想を裏切って、横歩取り3三角になった。

あれっ、横歩取り3三角って最近珍しいよね、と思ったら、棋友によると、最近のB級2組の順位戦の澤田六段対永瀬七段の将棋で、これと同形になったという。そこで、永瀬七段が指した△8六歩のところから見てみることにする。

【図1】 28手目△8六歩まで
持ち駒:△羽生竜王=飛角歩2



持ち駒:▲広瀬八段=飛角歩3
△8六歩からは、▲6五桂,△8七歩成,▲同金,△8九飛,▲8八角,△8六歩,▲7七金と進行した。澤田六段対永瀬七段の将棋では、▲2二歩,△同銀としてから▲6五桂だった。

【図2】 36手目△5四角まで
持ち駒:△羽生竜王=歩



持ち駒:▲広瀬八段=飛歩4
本譜は△5四角で、▲5五飛,△6二銀,▲4五桂,△4二銀,▲5三桂右成,△同銀右,▲同桂成,△同銀となっては、難解だが、両桂が使えて、やや先手よしか。
なお、▲5五飛に△6五角と桂馬を食いちぎって、△8七桂と打ち込む手を考えてみたが、筋が悪すぎて、駄目のようである。△8七桂ではまだしも△7六桂だが、それも幸せになれない。

【図3】 45手目▲7八銀打まで
持ち駒:△羽生竜王=桂2歩



持ち駒:▲広瀬八段=歩5
銀を入手した広瀬八段は当然に▲7八銀打と飛車を捕獲した。以下、△8八飛成,▲同銀は後手は仕方ない。

【図4】 48手目△3七角まで
持ち駒:△羽生竜王=桂2歩



持ち駒:▲広瀬八段=飛歩5
ここでの羽生竜王の△3七角も、あまりいい手ではなかった。なぜなら▲8五飛,△7三桂,▲8二飛成,△6二桂,▲2七飛とされたからである。△3七角では、△7三桂だったかもしれない。▲2七飛に△羽生竜王は、△1九角成としたが、△2六歩,▲3七飛,△4五桂が控室で検討されていたという。しかし、その瞬間に▲9一竜と香を取る手があり、△3七桂成に▲4一角,△同玉,▲6一竜,△4二玉,▲3五香と厳しく攻めて先手よしとのことである。で、▲2七飛に△1九角成,▲2一飛成,△3一歩で、先手の有利がはっきりしてきた。

【図5】 57手目▲2八歩まで
持ち駒:△羽生竜王=桂香



持ち駒:▲広瀬八段=桂歩4
▲2八歩と馬を封じられると、いよいよ後手が苦しい。以下、△7五香,▲2四桂,△4二金,▲3一龍,△7七香成,▲同銀直,△4一金打,▲1一龍,△6五桂,▲6六銀,△2九馬と進めてみたものの。

【図6】 69手目▲5六香まで
持ち駒:△羽生竜王=桂



持ち駒:▲広瀬八段=香歩5
▲5六香で先手が勝勢といってよい。以下、△3六角,▲3八歩,△3七桂,▲6五銀,△4九桂成,▲5五香打,△3九馬,▲5三香不成,△同金,▲4一龍,△同玉と進んだ。

【図7】 81手目▲3二金まで
持ち駒:△羽生竜王=飛金銀香歩



持ち駒:▲広瀬八段=銀桂歩4
そして、▲3二金であまりにも自明な即詰みである。なんと、二日目の正午過ぎという、あまりに早い投了だった。

分からないけど、【図2】36手目△5四角以降羽生竜王が優勢になることは一度もなかった。ここはじっと△3三桂か。他にも△6四歩、△4二銀、△4四角、△6四角など手が広く、どれがいいのかさっぱり分からない。また、澤田六段対永瀬七段の将棋と違って、広瀬八段が▲2二歩を省略して単に▲6五桂と跳ねた意味も、私のような弱小アマチュアには闇のように分からない。

この将棋は、記録的といってよいほどの羽生竜王の完敗であるが、もしかして、澤田六段対永瀬七段の将棋を見てて、思いつく手があり、広瀬先生に聞いてみましょうモードではないだろうか。そして、広瀬には独自の事前の研究があり、見事、羽生の球をバックスクリーンに打ち込んだ。

第七局は羽生竜王も開き直って、きっと死闘になるだろう。羽生竜王の防衛も十分ありえると、希望的に書いておく。

プロの壁

user-pic
0

一か月以上も前のことであるが、将棋の棋譜観戦アプリで、電車の中で渡辺棋王と石井五段の王位戦予選を観戦していた。それがあまりにも印象的だったので、そのときのメモをもとに、ブログを書いてみる。

私は最近では、段位やタイトルなどが強さを示す妥当な指標だとあまり信じないが、それでも流石に、渡辺棋王と石井五段では、渡辺棋王の貫禄勝ちだろうと思った。

渡辺棋王の先手で、戦型は角換わりだが、後手の石井五段は、右玉。渡辺棋王は、がっちり玉を囲い、一方的にせめる得意の展開になった。

果たして、石井五段の玉は上部に誘きだされ、風前の灯火のように見えた。そして、いかにも危ないので石井五段は自陣に手を戻して受けるよね、と思っていたら、なんと、石井五段は受けないで平然と攻めていくではないか。そして、駒を沢山渡して、渡辺玉を必至に近い状態に追い込んだが、石井五段はそんなことして、自玉が無事に済むはずがない。果たして渡辺棋王は、慎重に石井玉を即詰みに討ち取りにいった。

ところが、石井玉が詰むかどうかは、トッププロでも難解なのだった。

それでも、流石に後手玉が詰んだかな、と思ったのは、後手玉が25にあって、渡辺棋王が、29飛と王手をしたときである。しかし、37のと金を28と、と移動中合いするという絶妙手を石井五段が指してぎりぎり後手玉が逃れているようである。果して、双方秒読みのなか、ここから二十手以上王手が続くのだが、結局詰まず、渡辺が投了した。

その瞬間、あ~っ、と心の中で叫んだのは、必ずしも壮絶な将棋の終盤に感動したからだけではない。この棋譜を対局者の名前を伏せて観戦したら、間違いなく、どちらが上位棋士か、私はわからないだろう。ただ、少なくともアマチュアではないとはいえる。

というのはアマチュアトップクラスの将棋を観戦していて、流石だね、とは感じるのだが、なんとか理解できたりするからである。

すると、アマチュアの将棋とプロの将棋の間には壁があって、壁の向こうの棋士の棋力は縮退していて、私の分解能では、棋力の差が判別できない。

それを分かりやすくいうと、プロは別格である、ということであるが、私は最近まで、別格なのはいわゆる一流プロだけだと思っていた。それは、以前に大学将棋部の後輩で、アマチュアトップクラスの強豪のK君が、自分はC級2組の下位の棋士より強いと思う、と呟いていたからである。

しかし、先日、棋友からこんな話を聞いた。すなわち、その棋友は、私よりも詰将棋解答力がはるかに高いのだが、その棋友が数時間かけてやっと解けた詰将棋を、あるフリークラスの棋士に見せたところ、ほぼ瞬時に正解を言い当てたという。

こうして、どんな将棋のプロも、私から見て、壁の向こうにいると思うしかない、という命題が成立する。

それは、まさに奨励会の修業制度による。それは、学者でいえば大学院での研究制度に匹敵するが、奨励会は、全国区の精鋭が一同に会し、切磋琢磨する。それこそが、棋士を壁の向こうへ運び込む。

棋士でなくても、奨励会経験者は、アマチュア棋界で別格の地位を占める。修業の成果である。

しかし、正式な棋士でないと、生活に追われ、次第に奨励会の修業の成果を食い潰していく。

壁の向こうにある棋士たちは、その職業として、対局と、そのための勉強に専念できるので、フリークラスであっても、壁の向こうに留まることができるのであった。

竜王戦第4局に、「こうなってくると、星は五分とはいえ、どうしても体力的にも広瀬八段が有利と言わざるをえない。羽生竜王に秘策はあるのだろうか。」と書いたが、それは一ファンの勝手な心配であって、百戦錬磨の羽生竜王は闘志満々のことだろう。

第5局は、流石に角換りに飽きたか、羽生竜王は矢倉模様に誘導した。36手目△6五歩まで一気に進める。

【図1】 36手目△6五歩まで
持ち駒:△広瀬八段=歩2



持ち駒:▲羽生竜王=なし
この局面は最早見たことがないが、とりあえず五分なのだろう。ここから、▲2四歩,△2二歩,▲7九玉,△4四歩,▲3五歩,△同歩,▲同角,△4三銀,▲4六角,△同角,▲同銀,△8一飛と進行した。

【図2】 49手目▲2七角まで
持ち駒:△広瀬八段=角歩2



持ち駒:▲羽生竜王=歩2
しかし、△8一飛も睨んで、羽生竜王の▲2七角が好打だった。▲1八角も似たような意味であるが、▲2七角だとあとで、▲1六角の活用がある。▲2七角に△5四歩,▲5五歩と進んだところで、当然△6二金かと思ったら、広瀬八段はなんと、△8四飛。これはいい手なのか。多分であるが、△6二金の方がいいと思う。△8四飛以下は、▲5四歩,△同銀右,▲5五歩,△4五銀,▲同銀,△同歩,▲同角となった。

【図3】 60手目△6二金まで
持ち駒:△広瀬八段=角銀歩2



持ち駒:▲羽生竜王=銀歩2
△6二金は当然だが、ここで羽生の手が広い。結局羽生竜王は、▲7一銀と攻め、△5七角,▲8八玉,△3五角成,▲1八角,△7五歩,▲6二銀不成,△同馬と進行した。

【図4】 69手目▲7二金まで
持ち駒:△広瀬八段=銀2歩2



持ち駒:▲羽生竜王=歩2
そして羽生竜王は、重いようだが▲7二金と打った。これで先手よしのようである。以下、△5一馬,▲6三角成,△5二銀,▲7三馬,△同馬,▲同金,△6四角,▲2三歩成,△同歩となった。

【図5】 79手目▲2四歩まで
持ち駒:△広瀬八段=銀歩3



持ち駒:▲羽生竜王=角桂歩
▲2四歩の継歩は△同歩,▲同飛で、6四角を飛車で取る狙いである。それを避けて広瀬八段は、△7六歩と強く取り込み、▲2一飛成を許した。すごい攻防である。当然の△3一金に羽生は▲3三桂。龍に紐をつける妙手である。広瀬は△4二玉と逃げるしかない。

【図6】 87手目▲7六銀まで
持ち駒:△広瀬八段=銀歩5



持ち駒:▲羽生竜王=角桂歩3
そこで羽生竜王は▲7六銀と手を戻して、依然先手優勢である。以下、△8六歩,▲6二金,△2一金,▲同桂成,△8一飛,▲4五桂,△8七歩成,▲同銀,△4四銀打と進んだ。

【図7】 97手目▲7一金打まで
持ち駒:△広瀬八段=飛歩6



持ち駒:▲羽生竜王=角歩4
ここで羽生竜王の7一金打が奇手。普通に▲5二金でも先手が悪くないと思われるが、広瀬八段の意表をついたと思われれる。広瀬八段は△5五角,▲7七歩と角をいったん出てて、△7一飛と金を取ったが、△5五角としないで、△8七飛成と銀を切れば形勢は接近したかもしれない。本譜は△7一飛,▲同金,△4五銀,▲3一角,△3二玉,▲2二飛,△3三玉,▲5二飛成,△同銀,▲2二角成,△4三玉と進んだ。ほぼ一本道である。

【図8】 111手目▲5五馬まで
持ち駒:△広瀬八段=飛2角歩7



持ち駒:▲羽生竜王=角銀歩3
そして▲5五馬となっては、はっきり先手よしになった。△4四歩に▲6五馬が、自玉の嫌味を消す好手。以下、△5四歩,▲4六歩,△8六歩,▲同銀,△8七歩,▲同馬,△8五歩,▲7五銀,△9五桂,▲9六馬,△3六銀,▲9五馬と進んで、いよいよ先手の優勢は盤石になった。

【図9】 126手目△2八飛まで
持ち駒:△広瀬八段=飛金歩2



持ち駒:▲羽生竜王=角銀桂歩6
広瀬は△2八飛と攻めるが、▲3五歩,△8六歩,▲同馬,△3四歩に▲5三歩が決め手。△8七歩,▲同馬,△5三銀,▲6一角,△3二玉,▲3四角成,△2一玉となっていよいよ収束である。

【図10】 139手目▲2四桂まで
持ち駒:△広瀬八段=飛金桂歩



持ち駒:▲羽生竜王=銀歩7
▲2四桂で受けなしなので、広瀬が投了した。

この将棋は、羽生が奇手妙手を織り込んで、広瀬に粘る余地を与えなかった。広瀬の【図2】の△8四飛は、敗着とまではいかなくても、△6二金の方がよかったと思われる。結局、その作戦負けが最後まで祟った。しかし、ここから防衛するのは羽生にとって決して容易ではなく油断できない。

第六局はまたしても角換りか。

羽生竜王の二連勝で始まった竜王戦であるが、広瀬八段が第三局で逆転勝ちしたことで、急に帰趨が分からなくなった。さて、第4局も角換り腰掛銀で流石にうんざりだが、出だしは地味なようでも、この戦法は独特の多様性を示す。例によって51手目からみてみる。

【図1】 51手目▲2五歩まで
持ち駒:△羽生竜王=角歩2



持ち駒:▲広瀬八段=角
あまりみたことのない形だが、プロでは既にかなり指されているようである。ここから△4四歩,▲2四歩,△2二歩,▲5六銀,△同銀,▲同歩,△4七銀と進んだ。△4七銀で後手が好調に見えるが。

【図2】 59手目▲5七玉まで
持ち駒:△羽生竜王=角



持ち駒:▲広瀬八段=角銀歩
ここでは▲5七玉の顔面受けが定跡のようになっており、形勢は難解である。以下、△3六銀成,▲5八玉,△3五歩と進んだ。△3五歩があとの含みをもたせた好手である。

【図3】 63手目▲7五歩まで
持ち駒:△羽生竜王=角歩



持ち駒:▲広瀬八段=角銀歩
しかし、▲7五歩の反撃で依然として難しい。以下、△同歩,▲7四歩と進んだ。

【図4】 66手目△4六成銀まで
持ち駒:△羽生竜王=角歩2



持ち駒:▲広瀬八段=角銀
ここで、△3四銀が羽生竜王らしい手と言われたが、結局羽生竜王は、より普通の△4六成銀を選んだ。以下、▲2五桂,△3四銀,▲6八玉と進行した。

【図5】 70手目△4五角まで
持ち駒:△羽生竜王=歩2



持ち駒:▲広瀬八段=角銀
ここで羽生は△4五角と、6三のところを守ったが、△3六角の方がよかったかもしれない。△4五角以下は、▲5七銀,△5六成銀,▲7三歩成,△同金,▲5六銀,△同角となった。

【図6】 77手目▲5九飛まで
持ち駒:△羽生竜王=銀歩4



持ち駒:▲広瀬八段=角銀桂
そして▲5九飛までくると、先手がにわかに活気づいてきたようにみえる。ここから△4五角,▲6七角,△同角成,▲同金と進んだ。

【図7】 82手目△2五銀まで
持ち駒:△羽生竜王=角銀桂歩4



持ち駒:▲広瀬八段=角銀桂
ここでの羽生竜王の△2五銀が、開き直った手である。いかにも怖い。しかし、ここで後手が桂馬を入手したのは大きい。なぜなら、▲6二銀に対して△5五桂と打つ手ができたからである。しかし、本譜は、▲6二銀に対して、△4六角,▲5七角,△同角成,▲同飛と進んだ。

【図8】 88手目△4六角まで
持ち駒:△羽生竜王=銀桂歩4



持ち駒:▲広瀬八段=角歩
しかし再度△4六角と据えて、やはり後手よしである。以下、▲5三銀不成,△3三玉,▲6二角となったが。

【図9】 92手目△5五銀まで
持ち駒:△羽生竜王=桂歩4



持ち駒:▲広瀬八段=角歩
△5五銀がぴったりで、やはり後手が有利である。ここから、▲7八玉,△5七角成,▲同金寄,△6三金,▲5一角打,△3四玉,▲5六歩,△6二金,▲同角成となった。さて、そろそろ後手に決め手があるか。

【図10】 102手目△8六桂まで
持ち駒:△羽生竜王=飛角歩4



持ち駒:▲広瀬八段=金桂
ここでの△8六桂を、局後谷川九段はどうだったかと疑問視していた節もあるが、悪くないようである。以下、▲同歩,△同歩に▲8四桂と広瀬八段は受けるしかない。

【図11】 106手目△7六歩まで
持ち駒:△羽生竜王=飛角歩5



持ち駒:▲広瀬八段=金桂
この△7六歩に広瀬八段は▲6八銀と引いたが、▲同銀の方がよかったと思われる。

【図12】 108手目△8七歩成まで
持ち駒:△羽生竜王=飛角歩5



持ち駒:▲広瀬八段=金桂
さてここで問題は△8七歩成で、もしかして敗着ではないか。ここは△8二飛打があった。しかし、激指しの検討によれば、△8七歩成は悪くなく、▲同玉に△5二歩,▲同馬,△4三角で依然後手がよかった。なんとも分かりにくい手順である。本譜は、△8七歩成,▲同玉,△6九角,▲7八歩,△8五飛,▲8六桂,△8四飛引,▲同馬となった。

【図13】 116手目△8四同飛まで
持ち駒:△羽生竜王=角桂歩5



持ち駒:▲広瀬八段=飛金
そこで△8四同飛となって、先手がかなり形勢を挽回したが、まだ少し後手よしか。ここでの▲7二飛はおそらく最善手だが、これに対する△5二歩では、△3三金の方がよかったかもしれない。△5二歩以下は▲5五歩,△8五歩と進んだ。

【図14】 121手目▲7六玉まで
持ち駒:△羽生竜王=角桂歩5



持ち駒:▲広瀬八段=金銀歩
▲7六玉に羽生竜王は、△8六歩と取り込んだが、ここでは△6三桂があったようである。これで難解であった。広瀬八段は▲7三飛成と、王手飛車の筋を回避したが、これに対する△8一飛が最後の敗着ではないか。△5三歩と銀を取っておけばまだ綾があった。△8一飛以下、▲4四銀成,△2四玉,▲2六歩,△同銀,▲3四銀に対して、△4三歩が悪手で、△3三桂打としておけば、もう少し綾があった。△4三歩には▲2五歩,△1三玉で。

【図15】 投了図 133手目▲1五歩まで
持ち駒:△羽生竜王=角桂2歩4



持ち駒:▲広瀬八段=金
▲1五歩となっては羽生竜王の投了もやむなしである。

本局、羽生竜王は終盤まで優勢に進めながら、最後に崩れてしまった。年齢的に体力の限界なのだろうか。広瀬八段は、野球でいえば、ノーアウト二塁三塁みたいにピンチを招きながら、その後決定打を許さない粘投が光った。

こうなってくると、星は五分とはいえ、どうしても体力的にも広瀬八段が有利と言わざるをえない。羽生竜王に秘策はあるのだろうか。

頭の筋トレ

user-pic
0

知の体力や、知の腕力とか、いろいろ格好つけても、もっと直裁的に頭に刺激を与えたいときがあって、そんなときは、パソコンに入っている将棋ソフトや囲碁ソフトと対戦する。

将棋ソフトの方は激指し14で、普段はプロ棋士の棋譜の検討に使っている。どれだけ正しいか分からないが、私程度の棋力で、なんとなくこのあたりが敗因かな、と推定できた気になれるのはこのソフトのお蔭であって、さもなくば、余程自明な敗因を含む棋譜でないと、私には闇のように、暗中模索だろう。

この激指し14の最強モードはプロ並みに強いという触れ込みなので、私が平手で指すと勝負になるはずもないのだが、それでも純粋に教わるモードで、何度か対戦してみた。すると、将棋は柔道や相撲と違って、短期決戦ではないので、とりあえず中盤あたりまではなんとか五分五分かな、と思うことができる。

ところが、中盤の難所で、急にどう指していいか分からなくなる。そこでちょっと無理すると、確実に咎められて、野球でいえば、先に点を取られて、そこからDeNAの山崎康晃を出されたみたいに手も足もでなくなる。それでは、攻めていかないで、右玉みたいに待機モードで指すと、今度は、よく分からないところから手を作られて、ええっ、そんな手は無理でしょ、と思ったら、いつの間にか渡辺のように細い攻めを繋がれて、受けなしになっている。

で、これでは千回指しても一番も入らないよね、と考えて、あそうだ、とASUSのタブレット型パソコンに入っている、激指し5と指してみた。メインのパソコンに入っているのが激指し14なので、随分前の版だね、と思ったらなんと、2005年版だった。あの頃はまだプロにはまず勝てなかったはずである。何しろボナンザ以前である。それでも、私の記憶が正しければ、当時週刊将棋の企画で、清水上さんなど、アマトップクラスに勝ったはずである。すると、やはり私より強いか。

で、対戦してみると、昭和な定跡でやってくるので、私としても力が出しやすく、終盤の入り口あたりまで、必勝に近い局面が作れたりする。

しかしである、終盤はなかなか間違えてくれず、終盤が二度あるという私はなかなか勝ちきれない。それでも時たまはラッキーパンチが入って勝てるのだが、勝率は1割もいかず、苦しい。ただ、壁にぶつかるような絶望的強さではないので、やってて楽しい。

あと、囲碁であるが、プロ九段に匹敵するという天頂の囲碁7に5子で挑んで、何十連敗しているか分からない。なら、6子じゃん、ということになるのであるが、意地でも6子にしないのは、アマ六段という会社の上司が、3子で天頂の囲碁7に挑んでいるというので、上司に少しでも近づきたいと思っている私は、妥協したくない。

そうやって、しつこく頑張っていたら、もしかして初めてかもしれないが、やっと5子で勝てた。ぎりぎりの2目勝ちだった。

因みに上司は、3子でほとんど勝てないので、嫌になって、もう天頂の囲碁7と打っていないらしい。なら、私が少しでも上達するチャンスである。

ただ、時々、囲碁将棋チャンネルでプロの指導対局を観ていると、プロはいろいろ、嫌がらせしてくるが、天頂の囲碁は中盤まで素直な打ち方で、なんかつい楽観してしまう。なので、本物のプロ棋士の指導を受けたら、5子ではなく、6子か7子なんだろうな、と思ったりする。

ともかく、将棋も囲碁も、気が向いたら相手してくれるパソコン・ソフトがあって、前途洋洋たる上達への道のりがあって心強い。唯一の問題は、あまりにも進歩が遅くて、寧ろ逆行しているとしか思えないことである。

それでも、将棋と囲碁で、それこそ演歌とポップスくらい色合いが違うのが嬉しい。あ、演歌といえば、新しい曲を覚えるのも、私にとって頭の筋トレなのであった。

毎日のようにスマホで、プロの将棋を観戦していて、つい感じることを徒然なるままに書いてみたくなった。なんの独創も知見もない、ただ思いつくままである。

するとまず感じるのは、将棋界で、今ははっきりと、トップ棋士群が決まっているね、ということである。それは、佐藤天彦名人、豊島二冠、広瀬八段である。この三人が別格である。

それでは、この三人の中で誰が一番強いのだろうか。二冠なので豊島のような気がするが、キャラが地味というか、少なくとも私のようなアマチュアには、比較的普通の手を重ねて勝っているように思えて、天彦名人のような筋のよさ、華麗さは感じらない。でも、もし本当に通の手を重ねて勝っているのだとすると、実はそんなすごいことはないのであって、豊島はやはり天才ということになる。

広瀬八段は別の意味ですごい。最近の将棋を観ていると、相手がA級であっても、フリークラスであっても、先に相手が攻めてきて、一見広瀬が攻めつぶされそうにみえる。で、懸命の受けで広瀬が持ちこたえるのだが、観戦のプロも、広瀬が少し不利だという。ところが、一手、広瀬が一見平凡に見える手を指すと、局面の色合いが変わっている。広瀬陣が寄りそうで寄らないのである。そうして、相手がもたもたしているうちに、持ち駒を蓄えた広瀬は一閃の剣の動きで相手を即詰みに切ってとる。これがたまたまでなく、広瀬が指すほとんどの将棋がそのようなので、最初から広瀬の掌の上でのことということになる。

ところが、ある将棋の天彦名人対広瀬は違った。上記のような流れで、受けに回っていた広瀬が天彦名人の攻めを受け止めると、さあ筋書きどおり広瀬の反撃が始まる、と思った。ところがである。天彦名人は、広瀬が全く読んでいなかった、普通はありえない手順で広瀬玉を一気に投了に追い込んだ。なんなんだこれは、と私は内心で叫んだ。

そんな天彦名人であるが、どうも渡辺棋王にはあまり分がよくない。昔から、師匠格だからだろうか。先日も角換り腰掛銀で渡辺棋王で完敗していた。

広瀬八段も、糸谷八段との将棋で、糸谷の作戦負けで、終盤の入り口で、私からみて糸谷の方が綾なしになり、どうすんの、広瀬の楽勝じゃん、と思った。ところが、ほとんど捨て身のような手順を繰り出し、広瀬に逆転勝ちした。終盤力、半端ない、である。

これらの観察から、トップ三人組に迫るのは、渡辺棋王と糸谷八段ではないか、と私は思っている。おっと、羽生竜王を忘れてはいけない。

羽生竜王は当然に絶対の強者で、乾坤一擲でトップ三人組を破る実力をもつ。実際、竜王戦でも、広瀬に二勝一敗と勝ち越している。ただ、問題は加齢による体力や気力(棋力ではない)の低下で、乾坤一擲でないと、普段の指し方では厳しい。A級順位戦の阿久津八段との将棋は普段の指し方で勝ったのだが。なので、羽生竜王が竜王を防衛することを願って、観戦していよう。

あと、さらに忘れてはいけない棋士がいた。いうまでもなく、藤井七段である。相変わらず高い勝率を維持しているだけでなく、トップ三人組の一人である豊島二冠が、とても高く藤井七段を評価している、という話を聞いたことがある。もしかしたら既に自分より上かもしれない、みたいな言い方だったか。すると、藤井七段もトップグループに入るべきか、ということになるのかもしれないが、何しろまだ、上位棋士と戦った将棋が少なすぎる。今後の戦績をみて判断しても遅くないと思われる。

そういう意味では、結構急所で藤井七段に勝ったりしている斎藤王座にも注目である。そもそもタイトル保持者なんだから、もっと早く言及すべきだろう。ただ、斎藤王座も、とりあえず今後の戦績をみて判断したい。

話題を変えて、ノーマル振飛車の話題にする。すなわち、ごきげん中飛車や角交換四間飛車の隆盛で、普通に角道を止めるノーマル振飛車が激減した。阿部七段の「四間飛車激減の理由」という本も出たくらいである。ところがどっこい、戦法は死なず、ただ潜伏するのみ、という諺はないけど、私が考えた。

というのは、ある戦法が指されなくなるのは、ほとんど気分というか流行であって、一見、こうされて不利になる、という理由があっても、ちょっとの工夫や変化で蘇えったりする。すると、ほとんど死刑宣告されている?矢倉4六銀戦法だって、いつ再審無罪になるか分からない。

そして最近のある対局で、鈴木大介九段のノーマル四間飛車に対して、飯塚七段が棒銀で立ち向かっているのをみて、私は思わず。おおっ、と叫んだ。プロ棋士の対局でこれを見るのは何年ぶりか。いや、ヒフミンが最近も指していたか。ともかく、懐かしい変化になり、経験の差か、鈴木九段が華麗に捌いて勝った。

あと、最近のC1順位戦の増田六段対藤井七段、これは増田六段のノーマル中飛車だった。しかし、こんな鮮勝がありえるのか、と思ったが、別にノーマル中飛車そのものが悪かったわけではない。今後ノーマル振飛車復活の傾向は続くだろう。そもそも、ある棋士、コンピュータ将棋に本気で指されたら、ノーマル振飛車ほど手強いものはないと言っていた。乞うご期待である。

竜王戦は、相手がいま絶好調の広瀬八段なので、羽生竜王は苦戦するだろうと思われた。そして、竜王位を奪取されると、無冠になってしまう。それは何年ぶりなのだろうと思っていたらなんと、第1局第2局と羽生が連勝して、これは防衛できそうと期待した。

さて第3局は羽生竜王の先手番で、またしても角換り腰掛銀になった。45手目▲6四歩からみていく。

【図1】 45手目▲6四歩まで
持ち駒:△広瀬八段=角



持ち駒:▲羽生竜王=角歩
見て取れるように、羽生竜王は桂馬を犠牲にして、▲6四歩と突き出した。以下、△2五歩,▲同歩に広瀬八段の△7二桂が▲6三歩成から▲7二角を防ぎつつ、△6四桂をみた好手である。羽生竜王は▲3七角と打って6四歩を支え、△8六歩,▲同歩となった。

【図2】 52手目△3三桂まで
持ち駒:△広瀬八段=角



持ち駒:▲羽生竜王=歩3
広瀬八段の△3三桂に羽生竜王はいよいよ、▲2四歩と突き出し、△4五桂,▲同銀,△同銀,▲6三歩成,△同金,▲5五桂,△6二金となった。

【図3】 61手目▲4三桂成まで
持ち駒:△広瀬八段=角銀歩2



持ち駒:▲羽生竜王=歩4
そして▲4三桂成でなんと先手有利である。以下、△4三同金,▲2三歩成,△同銀,▲同飛成,△3二銀,▲4四歩,△4二金,▲2五龍,△5四銀,▲2三歩と進行した。

【図4】 72手目△2一歩まで
持ち駒:△広瀬八段=角桂歩2



持ち駒:▲羽生竜王=銀歩2
しかし、△広瀬八段が△2一歩としっかり受けると、羽生竜王の後続手段は難しい。▲2二銀,△4一玉,▲2四歩だと確実にと金がつくれるのだが。しかしここから羽生竜王は、▲7三角成,△同金と果敢に攻める。

【図5】 75手目▲4六桂まで
持ち駒:△広瀬八段=角2桂歩2



持ち駒:▲羽生竜王=銀歩2
そして▲4六桂で、▲3四桂もみているので、先手が依然優勢である。以下、△3三桂,▲2二銀,△4一玉,▲3三銀成,△同銀,▲2二歩成,△同歩,▲5四桂,△同歩と進んだ。

【図6】 85手目▲4五桂まで
持ち駒:△広瀬八段=角2銀桂歩3



持ち駒:▲羽生竜王=銀歩2
そして▲4五桂は細い攻めだが、なんとか先手が優勢を保っている。以下は、△4四銀,▲4三歩,△同金,▲2二龍,△3二銀,▲2一銀,△同銀,▲同龍,△3一桂と進んだ。いかにも淡々とした進行で、広瀬八段が言いなりになっているように思われる。

【図7】 95手目▲3二銀まで
持ち駒:△広瀬八段=角2銀歩5



持ち駒:▲羽生竜王=歩2
▲3二銀は、こう指すところだろうが、なにか紛れていないか。広い方に玉を逃がす感じがある。以下、△5二玉,▲4三銀成,△同玉,▲2二龍と進んだ。

【図8】 100手目△4五銀まで
持ち駒:△広瀬八段=角2銀2桂歩5



持ち駒:▲羽生竜王=金歩2
ここで大胆にも広瀬は△4五銀と取った。これに対して▲4四歩はないのだろうか。それには△5三玉しかなく、以下▲3三龍で攻めが続く。しかし羽生竜王は▲4二金とし、以下△5三玉,▲5二金,△6四玉,▲4二龍となった。これで寄っているのか。

【図9】 106手目△7五歩まで
持ち駒:△広瀬八段=角2銀2桂歩5



持ち駒:▲羽生竜王=歩2
広瀬八段は△7五歩と逃げ道をつくるが、ここは△2六角の方が良かったかも。すなわち、△7五歩には▲4五龍で羽生がやや優勢だった。しかし羽生竜王は▲4五龍でなく、▲7五同歩。そこで△5八角で再逆転したか。以下、▲4五龍,△6九銀,▲5三銀,△6三玉,▲6五龍と羽生もなんとか攻める。

【図10】 114手目△6四金まで
持ち駒:△広瀬八段=角銀桂歩5



持ち駒:▲羽生竜王=歩3
しかし、△6四金で後手の優勢がはっきりした。以下、▲6九龍,△同角成,▲同玉,△2九飛,▲5九銀,△6八歩,▲同玉,△6七歩,▲同金,△5五桂,▲6四銀,△同桂,▲7四角,△7三玉,▲4六金と進んで。

【図11】 投了図 130手目△7九銀まで
持ち駒:△広瀬八段=角銀歩3



持ち駒:▲羽生竜王=金歩5
△7九銀で、先手は即詰みはないものの、後手も詰まないので、△7九銀に▲同玉くらいしかなく、以下△5九飛成で先手はどうしようもないので、羽生竜王は投了した。

最初にこの将棋をみたときは、【図9】で▲7五同歩としたのが羽生の敗着で、そこまでずっと羽生が優勢かと思ったら、そうでもないようで、ずっと難解だった。

さて、次で負けると、羽生竜王は広島カープ・モード(まだ、日本シリーズに拘っている)になるので、なんとか勝ちたいところである。

月別 アーカイブ

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち将棋カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは宗教です。

次のカテゴリは小説です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。