将棋の最近のブログ記事

棋聖戦第2局が始まった。なんか羽生がいまいち勝っていないのが気になるが、交流戦の続きにも書いたように、広島カープもかなりの不調で、どうも私としては気分がよくない。

さて戦法は、後手豊島が、最近流行の雁木模様を採用し、これに対して羽生はシンプルに29手目▲4五歩と仕掛けた。

【図1】 29手目▲4五歩まで
持ち駒:△豊島八段=なし



持ち駒:▲羽生棋聖=なし
ここからは、△4五同歩,▲2二角成,△同金,▲4五銀,△同銀,▲同飛,△4四歩,▲4八飛,△3三桂,▲7七銀,△3二金,▲3八金,△4二玉,▲6六歩,△3一玉,▲8八玉,△5四銀と進んだ。ここでは、形勢は互角だろう。

【図2】 47手目▲7一角まで
持ち駒:△豊島八段=角銀



持ち駒:▲羽生棋聖=銀歩
で、羽生は▲7一角だが、ここでは▲6一角もあり、善悪は不明である。ただ、佐藤康光九段は、▲7一角は全く考えていなかったという。これに対しては、△8四飛が正解らしいが、豊島は△7二飛を択んだ。以下、▲6一銀,△7一飛,▲5二銀成,△4三銀,▲6二金,△5二銀と進んだ。

【図3】 55手目▲7一金まで
持ち駒:△豊島八段=角2銀2



持ち駒:▲羽生棋聖=飛歩
そして羽生が▲7一金と取ったかたちがそっぽで、△4五桂が味よしなので、後手がいいというのが検討陣の判断だが、実際は五分らしい。以下、▲4七金,△3九角,▲5一飛,△4一銀,▲7二金,△5七桂成,▲3八飛,△2七角,▲3九飛と進行した。

【図4】 66手目△7二角成まで
持ち駒:△豊島八段=金銀2歩



持ち駒:▲羽生棋聖=角歩
そして△7二角成と豊島が金を取り返したところでは、かなり難解である。羽生はとりあえず▲5七金と桂を取り返した。

【図5】 68手目△4八銀まで
持ち駒:△豊島八段=金銀歩



持ち駒:▲羽生棋聖=角桂歩
ところが、△4八銀が豊島の信じられない悪手で、敗着である。ここは△4二銀打、▲5二歩で五分であろう。豊島は次の▲5二角を軽視したか。しかし、▲5二角でもう受けはない。すなわち、△4二金打,▲4三桂で困っている。これを△同金左だと、▲4一飛成,△同金,▲4三角成で受けても一手一手となる。それで、▲4三桂に△2二玉,▲4一角成,△同金,▲同飛成,△6三馬,▲5二歩,△4二銀と進んだものの。

【図6】 79手目▲2一銀まで
持ち駒:△豊島八段=角歩



持ち駒:▲羽生棋聖=金
▲2一銀でいよいよどうしようもなくなった。△4三銀と豊島は桂馬を外したが。

【図7】 投了図 81手目▲4二金まで
持ち駒:△豊島八段=角桂歩



持ち駒:▲羽生棋聖=なし
▲4二金がいよいよ受けなしで羽生が最後は快勝となった。

この快勝で、羽生は6月19日の名人戦第6局にもつなげられる。それにしても豊島が珍しく終盤でぽっきり折れた将棋だった。

棋聖戦第1局が始まった。羽生棋聖は、天彦名人に挑戦していて、2勝3敗で苦しい。そこで、目下最強と思われる豊島八段を挑戦者に迎えたのだから、いよいよ状況はきびしい。そもそも羽生棋聖は、王位戦挑戦者決定戦でも、豊島八段に負けた。そんな状況でも、百戦錬磨の羽生棋聖はひるまない。角換りの最新形から果敢に手を作っていった。42手目△3五歩の局面からみてみる。

【図1】 42手目△3五歩まで
持ち駒:△羽生棋聖=角歩



持ち駒:▲豊島八段=角歩
△3五歩はいかにも、天野宗歩流の軽いジャブで、才能がほとばしる手だが、普通に△5六銀,▲同歩,△6五桂もあった。△3五歩以下は、▲同歩,△4四銀,▲4五桂,△8六歩,▲同歩,△5六銀,▲同歩,△6五桂,▲6六銀,△4五銀,▲同歩,△3六桂と進んだ。先手陣はいかにも薄くて怖いが、形勢は五分である。

【図2】 55手目▲6三歩まで
持ち駒:△羽生棋聖=角銀歩



持ち駒:▲豊島八段=角銀2歩2
ここで豊島の▲6三歩は妥当な手である。これに対して羽生は△5二金だが、いきなり△4八桂成と踏み込む手もあった。△5二金以下は▲7三角,△4八桂成,▲同玉,△3六歩,▲3四桂,△4一玉となった。ここで形勢は不明だが、微妙に先手の模様がいいか。

【図3】 63手目▲4六銀まで
持ち駒:△羽生棋聖=角金銀



持ち駒:▲豊島八段=銀歩2
豊島は▲4六銀と受けたが、▲6五銀と桂馬を取ってしまうほうがよかったかもしれない。▲4六銀以下は、△6三金,▲5五角成,△5四金,▲同馬,△同歩,▲5三銀,△5一銀,▲6五銀,△3七歩成,▲同玉と進んだ。

【図4】 74手目△5八角まで
持ち駒:△羽生棋聖=角金歩



持ち駒:▲豊島八段=金桂歩3
しかし、△5八角となったところで、いつのまにか先手が優勢になっている。どうも、前図の△5一銀では、△5一金の方がよかったようである。豊島はがっちり▲4七桂と受け、先手よしがはっきりしてきた。以下、△8三飛,▲6八金,△5三飛,▲5八金,△3六歩,▲同玉,△3八銀,▲2八飛,△2七金,▲同飛,△同銀,▲同玉と羽生は先手玉を薄くして。

【図5】 88手目△4九角まで
持ち駒:△羽生棋聖=飛



持ち駒:▲豊島八段=角金2銀歩4
羽生は、△4九角の王手だが、△3九飛もあり、以下▲2八玉,△6九飛成,▲6八金打,△8九竜,▲6九歩が進行の一例。これは両者の読み筋でもあった。これで後手よしということはないが、長期戦にはなる。本譜に戻って、△4九角以下、▲3八銀,△5八角成,▲6四銀,△5二飛,▲6三角,△3九飛と進んだ。

【図6】 95手目▲5三金まで
持ち駒:△羽生棋聖=金



持ち駒:▲豊島八段=金歩4
しかし、▲5三金が詰めろで、先手の勝ちは動かない。これに対して羽生は△6二金と受けたが、▲4二金打以下の詰みがあり、受けになっていない。しかし、詰ます必要もなく、△6二金,▲4二金打,△同銀と進行し。

【図7】 99手目▲6二金まで
持ち駒:△羽生棋聖=金



持ち駒:▲豊島八段=金歩4
▲6二金で羽生が投了した。ここで後手が指すなら、△3六金が一番綾があるが、▲1七玉と逃げて詰まない。

ということで、42手目△3五歩という趣向はありえるが、模様としては先手がよかったというところか。とはいえ、【図3】の△5一銀が敗着で、△5一金なら難解、といってよいのだろうか。このあたり難しすぎて分からない。

さて、羽生は名人戦と棋聖戦の両方で負けが先行して苦しくなってきた。とりあえず名人戦で頑張ってタイトル奪取を目指すべきだろう。

名人戦第5局が始まったが、羽生が先手ながら横歩取りに誘導したのをみたとき、ええっ、本気で名人を奪取する気があるのか、と思ってしまった。なぜなら第4局に続けての横歩取りであり、また、横歩取りは言わずと知れた天彦名人のフランチャイズなのである。これでは、天彦先生、横歩取りを教えて下さいモードで、切羽詰まった番勝負でそんな悠長なことでいいのだろうか。ともかく例によって、24手目△2三銀まで進める。

【図1】 24手目△2三銀まで
持ち駒:△佐藤天彦名人=歩2



持ち駒:▲羽生竜王=歩2
この局面だが、▲2二歩はないのだろうか。△同金,▲3三角成,△同桂,▲3一角のような筋を狙うのだが、流石に無理か。本譜は、△2三銀以下、▲3八銀,△6二玉,▲3六歩,△8八角成,▲同銀,△3三桂,▲7七銀,△2五歩,▲2八飛,△2四飛,▲6六銀,△3四銀,▲3七桂と進行した。割合、よく見る形である。

【図2】 38手目△2六歩まで
持ち駒:△佐藤天彦名人=角歩



持ち駒:▲羽生竜王=角歩2
△2六歩となった局面で、なんと既に少し後手がいいようである。そしてここで封じ手となった。ここで▲4六角が目につくが、それはプロ的にはあまりいい手ではなく▲6八玉あたりが第一勘らしい。しかし、羽生の封じ手は▲4六角だった。大丈夫なのだろうか。以下、△2一飛,▲2四歩と進んだ。

【図3】 42手目△4四歩まで
持ち駒:△佐藤天彦名人=角歩



持ち駒:▲羽生竜王=角歩2
ここで、天彦名人の△4四歩が柔らかい好手だった。そして、これに対する▲3五歩が悪く、もしかして敗着ではないだろうか。ここは形勢が芳しくなくても▲5六歩と辛抱するところではないだろうか。▲3五歩以下は△4三銀,▲2六飛,△2五歩,▲3六飛,△5四角,▲1六飛,△2四飛,▲5六歩,△3六歩,▲5五歩,△3七歩成,▲5四歩と進んだ。

【図4】 56手目△3八とまで
持ち駒:△佐藤天彦名人=銀桂



持ち駒:▲羽生竜王=角歩2
そして△3八とと銀を取ったところでは、はっきりと後手がよくなった。以下、▲5三歩成,△同玉,▲3八金,△2六歩,▲5四歩,△同銀,▲5五銀,△同銀,▲同角,△5四歩,▲4六角,△2七歩成となってはほぼ大勢は決した。

【図5】 69手目▲3四歩まで
持ち駒:△佐藤天彦名人=銀2桂歩



持ち駒:▲羽生竜王=角銀歩3
羽生は、▲3四歩と懸命の反撃だが、▲3四歩,△同飛,▲3五銀,△同飛,▲同角,△3八と,▲5五歩,△同歩,▲3四歩,△4五桂,▲4一飛と羽生も迫る。

【図6】 80手目△4三桂まで
持ち駒:△佐藤天彦名人=金銀3歩3



持ち駒:▲羽生竜王=角歩
しかし、△4三桂があまりにぴったりの手で、大勢は決している。△4三桂に▲2四角などと逃げたら、△3一金打がある。そこで羽生は、▲3三歩成,△3五桂,▲3二とで形作りした。

【図7】 投了図 84手目△5七銀まで
持ち駒:△佐藤天彦名人=角金銀2歩3



持ち駒:▲羽生竜王=角金歩
そして、△5七銀で簡単な詰みである。流石に詰手順は自明であろう。結局、天彦名人のフランチャイズの鐘が鳴ってしまった。

結局、【図2】の局面で既に先手の模様がよくないようであり、▲4六角とそれに続く▲3五歩で決定的に先手が悪くなった。▲4六角ではまだしも、▲6八玉であった。もっと戻って、先手が▲6六銀と出る代わりに、▲2七歩と受けておけば五分だったようである。

ちなみに、A級順位戦の最終戦の広瀬八段対豊島八段は、これと似た将棋で、広瀬八段が▲6八玉の形で、本譜と似たような手順で快勝し、豊島の挑戦はならなかった。一路の差が大きいということらしいが、確かに投了図で▲6八玉だと即詰みはない。しかし、それならまた別の変化だろう。

で、羽生は後がなくなったが、次は流石に横歩取りでなく、角換りだろうか。それとも雁木矢倉か。なんか応援する方もいまいち気合が入らないのだが、個人的にはきっと、カープが最近惨敗することが多いからなのかもしれない。

名人戦第4局が始まった。羽生竜王の後手である。当然に角換りを期待したら、なんと羽生は、あまりいいとされていない後手番横歩取りを採用した。例によって、22手目からみる。

【図1】 22手目△8八角成まで
持ち駒:△羽生竜王=角歩



持ち駒:▲佐藤天彦名人=歩3
ここで△8八角成は、あまりみたことがない。いかにも過激である。普通は、△7六飛、▲7七角のように進むのだろう。△8八角成以下は、▲同銀,△2七歩成,▲同銀,△5五角,▲8七銀,△同飛成,▲同金,△9九角成,▲2三歩,△4四馬,▲同飛,△同歩,▲1六角と進んだ。なお、手順中、△5五角,▲8七銀のところで、▲7七角もあった。また、▲2三歩も名人の工夫である。

【図2】 36手目△4三香まで
持ち駒:△羽生竜王=飛銀歩



持ち駒:▲佐藤天彦名人=飛角歩3
▲1六角に△4三香と受けて、結構いい勝負のようである。以下、▲8五飛,△8二歩,▲3八銀,△1四歩,▲3七桂,△1五歩,▲3四角,△7四歩,▲8八金と進行した。

【図3】 46手目△3三金まで
持ち駒:△羽生竜王=飛銀



持ち駒:▲佐藤天彦名人=角歩3
ここで△3三金は邪魔な角をどかせる手だが、もしかして敗着なのかもしれない。ここはまだしも△3三桂だろう。なぜなら、幸便に▲5六角と引かれて、金が上ずっている。△4五歩,▲7七桂,△4四金,▲7四角,△7二金となったものの。

【図4】 53手目▲2二歩成まで
持ち駒:△羽生竜王=飛銀



持ち駒:▲佐藤天彦名人=角歩4
▲2二歩成が厳しく、ほぼ決まりなのではないか。なぜなら、△2二同銀に▲3二角で困っている。△7三桂,▲8七飛,△1三桂と桂馬を逃げたものの、平凡に▲2一角成とされ、△2七歩,▲2九歩,△2四飛と銀にひもをつけたものの、▲3九金と丁寧に応接され、△4二玉で馬を取りにいっても、▲8三歩が厳しい。△3二銀となんとか馬は詰ましたが、▲8二歩成,△同金,▲3二馬,△同玉,▲6三角成となって後手陣は収拾がつかない。羽生はせめて△6六歩,▲同歩,△5四角と嫌味をつけたが、▲同馬,△同金,▲6二角,△9四角にがっちり▲6七銀と受けられて綾なしになった。

【図5】 投了図 79手目▲6七銀まで
持ち駒:△羽生竜王=なし



持ち駒:▲佐藤天彦名人=歩5
羽生竜王はこのまま夕食休憩に入ったが、夕食休憩後一手も指さないで投了した。こういうパターンは珍しい。

ということで、【図3】以下は、見どころのない将棋だった。これは野球でいえば0-8の完封負けしたようなものだが、次の試合で10-2で勝つというカープ対巨人の試合があったりしたので、次に羽生が圧勝してもなにもおかしくない。ともかく次は熱戦を期待しよう。

無頼派

user-pic
0

依田九段は、囲碁界最後の無頼派と呼ばれているらしいが、国語辞典によると、無頼派とは定職もなく、品行の悪い人という意味らしい。そういう意味では、きちんと囲碁のプロという定職のある依田九段は無頼派なんだろうか。

まあでも、依田九段は、カジノで何億円もすっているという剛の者なので、無頼派の本来の意味はともかく、藤沢秀行ばりの無頼派と呼ぶしかない。

ただ、単なる生活破綻者だと無頼派と呼ばれる前にダメ人間の烙印を押されて、社会的に葬られる。なので、本来のニュアンスではないが、きちんと一本筋の通った本業があって、生活の一部が破綻するのでないと、無頼派とさえ呼ばれない。

そういう意味で、将棋界で無頼派と呼ばれる棋士はいただろうか。小池重明がプロ棋士ならそうだったかもしれないが、小池は所詮アマだった。では、芹沢九段はというと、無頼派というより、単に名人になれず拗ねていただけなのではないだろうか。佐藤大五郎は嫌われ者というだけで、別に生活は破綻していない。

それで私は、将棋のプロには無頼派はありえないのではないかと思う。それは将棋というゲームの性質なのだろうか。私は、そうではなく将棋の制度にある、と思う。具体的には順位戦制度である。すなわち、順位戦があると、あまりにも放埓なことをしているといくら実力があっても、あっという間に順位戦から放り出されてしまい、無頼たる芯を失ってしまう。もっというと、三段リーグも息苦しすぎるし、将棋界は、個性の横溢をいまいち妨げていろところがないだろうか。せめて、里見がプロ棋士になれる環境であってほしかった。

その無頼の原因であるが、なんといってもてるエネルギーが大きすぎて河が氾濫するようなものだろう。それは羽生や井山も、もてるポテンシャルは相当であるが、その巨大な才能が、エネルギーが正しくコントロールされて流れることを許すのだろう。

なので、秀行先生であれ、依田九段であれ、その本流がなにかの原因でときどき詰まって、河から洪水が起きるのだとしか思えない。別の見方をすると、戦国時代なら、信長のように大活躍したかもと思ったりする。違うか。

藤井七段

user-pic
0

羽生と藤井に書いたように、藤井五段(当時)が朝日杯将棋オープン戦で優勝して六段に昇段したとき、棋友が次は七段がかかっている、という。

えっ、どういうこと?と私が意味が分からなかったので聞き返した。近い未来で、そんな機会があるように思えない。すると、棋友は竜王戦の連続昇級がそうだという。そこで将棋連盟の昇段規定をみてみると、「竜王ランキング戦連続2回昇級または通算3回優勝」とある。これは五段から七段にある棋士に適用される。藤井五段(当時)は竜王戦6組から昇級して5組におり、5組のトーナメント戦で準優勝以上だと連続昇級の要件を満たすが、朝日杯将棋オープン戦優勝で六段になったので、次は七段という次第である。

そして5月18日の竜王戦5組の準決勝で藤井六段が船江六段を破ったので、規定により七段に昇段したという次第である。

東京新聞のウェブ記事から引用させて戴く。

将棋の藤井聡太七段(15)が史上最年少の七段昇段を18日に成し遂げ、将棋界からは「大きな喜び」「見事の一言」と、驚きとともに快挙をたたえる声が相次いだ。
歴史を塗り替えた藤井七段の師匠、杉本昌隆七段(49)は「結果を出し続ける強い棋士に対して敬意を表する。自分と同じ段位に追い付かれることは大きな喜び」とまな弟子の偉業に目を細める。日本将棋連盟会長の佐藤康光九段(48)も「過去に例を見ないスピード。内容も申し分なく見事の一言に尽きる」と賛辞を惜しまない。
今回、藤井七段は加藤一二三九段(78)が1957年に17歳3カ月で樹立した記録を超えた。

この記事であるが、私は最近の加藤一二三九段のメディアへの露出をあまり好ましく思っていないので、以前ほどヒフミンのファンではなくなってしまったのだが、それでもヒフミンの若年昇段記録と比べるのはどうだろうか。というのは、当時は昇段規定というと順位戦で勝ち上がるよりなかったのである。それだと七段になるのにどうしても最低三年はかかる。

あ、誤解なきように付け加えると、私は藤井七段の強さや実績に水を差すつもりは全くない。むしろ私は藤井七段のファンであることで人後に落ちない。ただ、私の数学公理的というべき公平性観念にちょっと障ったからコメントしただけである。だから、新聞記事でも、当時とは昇段規定が違うので、あくまでも参考記録である、みたいに一言付け加えてほしいだけである。

名人戦は、一勝一敗で第3局を迎えた。この第3局が重要であることはいうまでもないが、2年前の名人戦で羽生は、佐藤天彦の挑戦を受けて、一勝一敗で第3局を負けて、そのままずるずると負け、あっさり名人奪取を許した。なので、もしこれを負けると2年前と似た流れになるので、羽生は是非ともこれは勝っておきたいところである。

第3局も角交換腰掛銀模様の将棋となった。例によって41手目▲5七角まで進める。

【図1】 41手目▲5七角まで
持ち駒:△佐藤天彦名人=なし



持ち駒:▲羽生竜王=なし
▲5七角は、攻防の自陣角である。△7六歩▲同銀△7五歩に▲同銀を用意するとともに、▲3五歩△同歩▲同角も狙う。▲5七角以下は、△7六歩,▲同銀,△7四銀,▲7五歩,△6三銀,▲7七金,△5四歩,▲3五歩,△同歩,▲同角,△5二金と進んだ。

【図2】 53手目▲7八玉まで
持ち駒:△佐藤天彦名人=歩2



持ち駒:▲羽生竜王=歩
53手目▲7八玉は、封じ手であった。ここは私レベルでもこう指すと思う。以下、△4二角,▲4六角,△6四銀,▲5八金,△8四飛,▲5七角,△5五歩と進行して、依然として形勢を云々する段階ではない。

【図3】 61手目▲3四歩まで
持ち駒:△佐藤天彦名人=歩2



持ち駒:▲羽生竜王=なし
▲3四歩と銀を叩いた手から、本格的な勝負になってきた。▲3四歩のところでは、▲5五同歩が普通だが、すると△5六歩があって、以下▲4六角、△7五銀となって、これはこれで難しい。▲3四歩以下は、△同銀,▲5五歩,△3五歩,▲5六銀,△3三角,▲4六角と進んだ。

【図4】 68手目△9四歩まで
持ち駒:△佐藤天彦名人=歩2



持ち駒:▲羽生竜王=歩
天彦名人の△9四歩は、何かのときに歩を補充できるようにする意図だが、△4二金右とじっと固めておく手も有力だった。あるいは△6三金と力をためる手もあったかもしれない。△9四歩以下は、▲同歩,△同香,▲9五歩,△7四歩,▲同歩,△7五歩,▲7三歩成,△7六歩,▲同金,△7五歩と進んだ。この手順で、△7四歩の代わりに△9五同香もあった。▲同香なら、△9七歩などである。

【図5】 79手目▲7四とまで
持ち駒:△佐藤天彦名人=銀



持ち駒:▲羽生竜王=桂歩3
ここで羽生竜王は味の良い▲7四とだが、ここでも形勢は互角のようである。以下、△同飛,▲8五金,△7一飛,▲2六桂,△5七歩,▲同金,△7六歩となった。△5七歩は結構応手に困るいやらしい手のようであるが、局後の検討ではこれが緩手というのだから、将棋は分からない。△5七歩に代えて単に△7六歩とし、(1)▲7四歩△8一飛▲8六金△8八歩▲同玉△7五銀打▲同金△同銀▲3四桂△9五香▲2四歩△同歩▲2二歩は一局の将棋。(2)▲7三歩△8八歩▲同玉△7三飛▲3四桂は難解。以下△7七歩成▲同桂△7六歩には▲7八歩で耐える、みたいな手順が検討された。

【図6】 87手目▲3四桂まで
持ち駒:△佐藤天彦名人=銀



持ち駒:▲羽生竜王=銀歩5
しかし、▲3四桂と味よく銀を取っては、先手よしである。尤も先手は、玉頭に歩が迫っていて、かなり怖いが。▲3四桂には当然後手は△7七銀と打ち込んでくるが、▲6九玉,△8一飛,▲5四歩,△8五飛,▲6四角,△4一玉と進んで、ここで羽生がじっと▲5九玉と寄ったのが勝ちを決めた好手だった。こうしておくと△8七飛成が詰めろにならない。

【図7】 96手目△6三金打まで
持ち駒:△佐藤天彦名人=なし



持ち駒:▲羽生竜王=銀2歩5
で、天彦名人は△6三金打と受けたが、▲5三銀,△6四金,▲5二銀成,△同玉,▲5三金,△6一玉,▲7三銀とついに後手玉に詰めろがかかってしまった。後手は△6八銀,▲4九玉としてから、△5一角と受けたが、▲7七桂がぴったりで、△7三角,▲8五桂,△5七銀成と一応後手は詰めろをかけたが。

【図8】 投了図 111手目▲8一飛まで
持ち駒:△佐藤天彦名人=角金銀



持ち駒:▲羽生竜王=銀歩5
▲8一飛で簡単な即詰みなので、後手が投了した。なお、▲8一飛では単に▲7三桂不成でも詰みである。▲8一飛には後手は△7一金だと思われるが、▲7三桂不成、△7二玉、▲8三銀、△7三玉、▲6二角、△同金、▲8二飛成、△8四玉、▲9四銀成、△7五玉、▲8四龍というまるで詰将棋のような詰手順がある。

以上みたように、羽生がぎりぎりの難解な終盤を制した。敗着は、84手目の△5七歩なのだろうか。とてもそうとは思えないが、天彦名人に他に目立った疑問手がない。

さて、次の第4局はまたしても、天彦名人の先手番。戦型は角換りか。その先手番をキープするようだとまた分からなくなる。

新聞の書籍広告で、「棋翁戦てんまつ記」集英社文庫を見かけて、なんだこれはと思った。しかし、著者の一人に、逢坂剛を見つけて、百舌シリーズのファンである私は迷わず注文した。

ところが、読み始めてすぐに、再びなんだこれは、と顔を顰めた。なぜなら、要するに将棋ファンのおっさんたちが、わいわいがやがやと、必ずしも上品でない冗談をいい、将棋を指すのだが、その将棋たるや、一応アマ四段の私からみて、ちょっとそれは、とか、それはないでしょうという手の連発で、感覚を破壊されそうで、頭を抱えたりした。

それでも読み続けると、次第に面白くなってきたのは、観戦記や、それに対する対局者あるいは関係者の注釈が委細に富んでいて、とても興味を惹かれてきたからである。それも当然で、執筆者がみんな名だたる作家なのである。

棋翁戦てんまつ記に登場する作家は、逢坂剛を始めとして、黒川博行、船戸与一、大沢在昌、志水辰夫、北方謙三、夢枕獏、宮部みゆきで、流石に当代一流の面々である。

当代一流の面々といったものの私は、船戸氏のお名前をこの本を読むまで知らなかった。日本のミステリーやハードボイルドの主だった作家の作品はカバーしていると思っていたのに、まだまだ甘いようである。修行が足らない。

さて、棋翁戦のなれそめは、逢坂氏と船戸氏の会話である。相撲が好きなお二人は相撲談義に花を咲かせ、それでは相撲で勝負するかということになったが、大の男二人が相撲をとる場所を確保するのも難しくて、別の互いに共通の趣味である将棋での勝負となった。

場所は井の頭公園の片隅。先番の逢坂氏が居飛車で、船戸氏が振り飛車。逢坂氏は筋のよい受け将棋で、じっくり受けに回って攻めをいなし、船戸氏を押し切った。

これは、集英社の小説すばるの企画となり、逢坂氏が初代棋翁となった。

ところが、それを見ていた将棋ファンの夢枕氏が激怒?した。仲間外れにされたからである。夢枕氏といえば、風果つる街という将棋小説の作品もあって、将棋に対する造詣の深さが窺われる。こうして逢坂対夢枕戦が実現した。

この将棋も、筋のいい逢坂氏が圧倒的に優勢に見えたが、夢枕氏の変幻自在のトリッキーな反撃に逢坂氏が間違えて、頓死となった。

これで新棋翁の夢枕氏が欣喜雀躍していると、船戸氏が再度挑戦してきて、掟破りのようなことをして、夢枕氏を破った。

次に本格派の志水氏が挑戦してきた。ご自身は将棋は知らないといいつつ、志水氏を父のように慕う宮部氏の応援メッセージが格調が高くてよかった。将棋も志水氏が絶対の優勢を築いたのだが、志水氏の消極的な一手に乗じて、船戸氏が寄せ切った。この将棋の船戸氏は強いと思った。

次に逢坂氏が船戸氏に挑戦して雪辱し、最後に黒川氏が関西流の渋い振り飛車で逢坂氏を破った。わからないけど、この中で黒川氏が一番強いのではないか。

あと、逢坂・船戸・志水氏が、ときの名人米長に平手三面指しに挑戦するという無謀な企画もあり、この本は実に盛り上がった。

私は自分に対する宿題として、まだ読んだことがない船戸、志水、北方の作品を少なくとも一つ読んでみることにした。

そういえば、なんとなく大沢在昌氏の影が薄かったが、まあいいか。

名人戦第1局が終わって、まだ一週間ほどしか経っていないのに、もう名人戦第2局が始まった。第1局は、泥沼のような将棋を最後は羽生が抜け出して勝ったが、第2局はどうなるだろうか。

みていると、天彦名人が先手番で角換り模様となり、羽生は後手番で早繰り銀作戦を採った。これは、例えば渡辺棋王対永瀬七段の棋王戦第5局と類型だと思った。すると。私の理解では、後手番があまり幸せになれない戦型なのであり、そこは羽生竜王、独自の工夫があるのか。例によって34手目△7四銀まで一気に進める。

【図1】 34手目△7四銀まで
持ち駒:△羽生竜王=角歩



持ち駒:▲佐藤天彦名人=歩
ここまでの局面は、私の素人判断では後手が少し味がいいというものである。玉の安定度で優る。しかし、今更考えると、すでに先手が良くなる変化が多いようである。△7四銀以下は、天彦名人は▲1六歩と指した。プロ的な含みをもたせた手だが、激指しは、いきなり▲5五角を推す。すると△8二角とうけるしかなく、まあこれも一局か。あるいは▲7七桂もあろう。▲1六歩に対して羽生は、△7三角と応じた。これが封じ手だった。これが悪いとは思えないが、角を手持ちにして単に△3一玉、△5二金、△6二金、のどれかも候補であった。△7三角以下は、▲4八金,△4六角,▲3七桂,△6四歩,▲同歩,△同角,▲7七桂,△6二飛,▲6五歩,△8二角と進んだ。

【図2】 47手目▲3五歩まで
持ち駒:△羽生竜王=歩3



持ち駒:▲佐藤天彦名人=歩
ここで▲3五歩が天彦名人の積極的な手で、私はなんとなく羽生側が少し苦しいのではと思った。角のにらみで玉頭が攻められているからである。▲3五歩以下は、△7五歩,▲6七銀左,△3五歩,▲2六飛,△5二金,▲3四歩,△4四銀,▲2四歩,△同歩,▲同飛,△2三歩,▲2六飛と進んだ。次に▲4五歩が見えているので、羽生は動かなくてはならない。どうするか。

【図3】 60手目△6四歩まで
持ち駒:△羽生竜王=歩2



持ち駒:▲佐藤天彦名人=歩
果たして羽生は△6四歩だった。△6四歩以下は、▲同歩,△6五歩,▲3三歩成,△同金,▲4四角,△同歩と進んだ。

【図4】 67手目▲2二歩まで
持ち駒:△羽生竜王=角歩2



持ち駒:▲佐藤天彦名人=銀歩
しかし、▲2二歩となっては、はっきり先手がよさそうである。してみると、前図で▲3三歩成には△同銀だったか。それでも▲同角成とされて、これを△同玉と取るよりないようではやはり先手がいい。▲2二歩以下は、△6六歩,▲同銀,△7六歩,▲6五桂,△7三桂,▲3四歩,△3二金,▲2一歩成,△6五桂と進んだ。

【図5】 77手目▲3一とまで
持ち駒:△羽生竜王=角桂歩2



持ち駒:▲佐藤天彦名人=銀桂歩
ここで▲3一とが安易に後手玉を逃がさない好手だった。▲3一と以下は、△同玉,▲3三銀,△3六桂,▲3二銀成,△同玉,▲3三金,△4一玉,▲2三飛成,△4八桂成,▲同玉となった。いよいよ後手玉が風前の灯火である。

【図6】 88手目△3一金まで
持ち駒:△羽生竜王=角銀歩3



持ち駒:▲佐藤天彦名人=桂2歩2
羽生は△3一金と堪えたが、すでに粘りが利かないかたちである。▲4三桂,△同金,▲同金,△6四角,▲6三歩,△同銀,▲3三歩成,△5一玉,▲5五桂,△同角,▲同銀直,△3六桂,▲5八玉,△7七歩成と進行した。

【図7】 投了図 103手目▲9五角まで
持ち駒:△羽生竜王=角銀桂歩5



持ち駒:▲佐藤天彦名人=金歩
そして▲9五角が、▲4二と以下の分かりやすい追い詰めで、受けても一手一手で先手は全く詰まないので、羽生が投了した。

で、羽生の敗着はどれかというと、具体的にどれというよりも、基本的に作戦負けであろう。面白いのは、名人戦第1局のような激しい将棋を激指しに解析させるとときどき、もしかしてプロ棋士も顔負けのような鋭い指摘をするのだが、こういう作戦負け系の将棋だとまったく意味があるコメントができない。こういうのはAIにとってもなかなかチャレンジであろうと思われる。

さて第3局は、また天彦名人が横歩取りだろうか。それとも羽生竜王が魑魅魍魎の不定性に誘い込むか、興味津々である。

名人戦第1局が始まった。二年前と同じ、佐藤天彦対羽生の対戦となった。二年前と違うのは、羽生は二年前、明らかにAI関連の番組のホストに忙殺され、疲れというかあまり対局に打ち込める環境になかった。しかし、羽生は今、永世七冠と国民栄誉賞受賞のあと、比較的余裕で将棋に打ち込めており、プレーオフも余す感じだった。しかもこのタイトル戦は、羽生の100個目のタイトル戦勝利がかかっている。

一方の佐藤天彦は、二年前は飛ぶ鳥落とす勢いで名人に挑戦してきたが、最近の勝率は五割以下で、格下にも結構負けている。ただ、森内流で名人戦だけは全力を尽くすというパターンもあるので、分からない。

さて、将棋は二年前の名人戦第1局と同様に、羽生の先手で横歩取りの戦型となった。ただ、二年前と違うのは、下記の【図1】のように、天彦名人が激しく打って出たことである。

【図1】 22手目△8八角成まで
持ち駒:△佐藤天彦名人=角歩2



持ち駒:▲羽生竜王=歩3
この△8八角成は、以下、▲同銀に両取りに△4四角と打つ狙いであるが、羽生も気合では負けておらず、平気で▲2一飛成とやはり気合で応じた。しかし△8八角成では△2二銀が普通で、羽生の▲2一飛成でも、いったん▲2四飛であろう。しかし二人はこの将棋は安易な妥協を拒もうとしている。▲2一飛成以下は、△8八角成,▲9五角,△8九馬,▲8四角,△7八馬,▲8二歩と進んだ。まさに足を止めての殴り合いである。

【図2】 32手目△8三歩まで
持ち駒:△佐藤天彦名人=金銀桂歩



持ち駒:▲羽生竜王=飛桂歩2
天彦名人の△8三歩はこの一手で、これで先手が攻めきれるのだろうか。ただ、▲8二歩のところでは▲2四桂もあったらしく、以下△4一金▲6六角△4二金寄▲1一角成△3三歩▲1二馬と進む。これも考慮に値したという。
△8三歩以下は、▲8一歩成,△8四歩,▲7一と,△同金,▲4八玉と進んだ。この▲4八玉は疑問でいったん▲4一銀とした方がいいという意見もあるが、妥当かどうか分からない。また、△8三歩に▲6六角と逃げるのは△6九銀と攻められる。△8三歩に▲9五角などという手はあるのだろうか。

【図3】 38手目△3八歩まで
持ち駒:△佐藤天彦名人=角金銀桂



持ち駒:▲羽生竜王=飛銀2桂2
さて、△3八歩がいかにも鋭そうな手であるが、ここは単に△1二角の方がよかったのかもしれない。△3八歩に対して羽生は▲同銀だが、ここは▲同玉もあった。▲同銀の後は、天彦名人は△1二角と指したが、△6八馬の方が優った。△1二角以下は、▲2六龍,△6七角成,▲6四歩,△2七歩と進んだが、△2七歩ではじっと△6四歩と取っておくところかもしれない。しかし、△2七歩を羽生は▲同銀と取ったが、いったん▲5八銀だったか。▲同銀以下は△6五桂となり、羽生玉が心細くなってきた。

【図4】 47手目▲3八玉まで
持ち駒:△佐藤天彦名人=金銀歩



持ち駒:▲羽生竜王=飛銀2桂2歩3
ここで羽生の▲3八玉が大胆だが、大丈夫なのだろうか。普通は▲5八銀と入れるのではないだろうか。▲3八玉以下は△4九馬,▲同玉,△6七馬,▲5八桂,△5七桂成といよいよ羽生玉が危なくなってきたが、羽生は▲7五桂,△6二玉,▲6三歩,△5一玉となんとか反撃しようとする。

【図5】 59手目▲2四角まで
持ち駒:△佐藤天彦名人=金2銀桂歩3



持ち駒:▲羽生竜王=飛銀歩3
▲2四角の王手が自陣を安全にする手で、△3三歩,▲5七角,△同馬,▲4八銀と進んだが、後手は△5九金,▲同玉,△6八金,▲4九玉,△5八金,▲3九玉,△4八金,▲2八玉と懸命にしがみつく。

【図6】 72手目△6一銀まで
持ち駒:△佐藤天彦名人=角銀桂歩2



持ち駒:▲羽生竜王=飛金桂歩3
先手の▲4八銀がいい手だったようで、後手は△6一銀といったん受けざるをえなくなった。なお、△6一銀でなく△6一歩だと、▲5二飛から詰んでしまう。△6一銀以下は、▲6二歩成,△同金,▲6三歩,△7二金となり、ここで先手は▲8一飛だが▲6四桂の方がよかったかもしれない。▲8一飛以下は、△7一桂,▲6二歩成,△同玉,▲6四桂,△6三歩,▲7二桂成,△同銀と進んだ。

【図7】 85手目▲8二飛成まで
持ち駒:△佐藤天彦名人=角銀桂歩3



持ち駒:▲羽生竜王=金2歩2
そこで羽生は▲8二飛成とし、これに対して名人は△8一銀打としたが、ここは△6一銀打の方がよかった。なぜなら羽生に▲5一金という手があったからである。▲5一金以下は、△同玉,▲7一龍,△6一桂,▲1八玉と進んだ。

【図8】 92手目△6二角まで
持ち駒:△佐藤天彦名人=金歩3



持ち駒:▲羽生竜王=金桂歩2
この△6二角は悪手ではないか。なぜなら、▲5二歩,△同玉,▲8一龍で決まってしまったからである。なので、△6二角では△4七馬が正解で、これは一応、△2九馬,▲同玉,△2八歩,▲1八玉,△2九角,▲2八玉,△3八金打,▲同銀,△同角成,▲1八玉,△2九銀,▲同龍,△同馬,▲2七玉,△3八馬,▲2六玉,△2七飛,▲3五玉,△2三桂,▲4六玉,△3七飛成,▲5五玉,△5七龍,▲4五玉,△5六龍の詰めろになっているが、△4七馬には▲3六銀があって、なんとか先手が勝ちのようである。
ともかく本譜は▲8一龍に後手は△7五馬ととりあえず詰みを消したのだが。

【図9】 投了図 97手目▲7二龍まで
持ち駒:△佐藤天彦名人=金桂歩4



持ち駒:▲羽生竜王=金銀2桂歩
▲7二龍で綾なしなので、天彦名人は投了した。なお、投了図で、後手が指すなら△7一金だが、▲6三龍と捨てるのがうまい手で、△同玉しかなく、そこで▲7五歩と馬を取っておけば、▲4一角と上からの攻めをみて、後手は受けがない。

それにしてもすさまじい将棋であった。後手の敗着が分からない。もしかして、敗着は86手目の△8一銀打で、ここは△6一銀打としておけば、▲5一金という決め手がなく、微妙に後手がよかったかもしれない。

以上、棋譜に含まれていたプロ棋士の解説と、激指14による解説をベースとして調べてみた次第。ただ、私なりにも考えてみたら、頭が痛くなった。

次の将棋は、流行形の不定の相掛かりだろうか。

月別 アーカイブ

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち将棋カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは宗教です。

次のカテゴリは小説です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。