将棋の最近のブログ記事

5月23日に帰宅したら、家内が、羽生さん、やったね、という。それに対して、私が、えっ、なんのこと?ととぼけた回答をしたので、家内が呆れた。

確かにその日は、羽生九段と谷川九段の王位戦リーグの対戦を、帰路の電車の中で、将棋連盟ライブ中継のスマホ・アプリで観戦していた。しかし、それが記録が懸かった大一番であることを、完全に失念していた。

その将棋は、先手の谷川が矢倉模様、後手の羽生が雁木模様の力戦形で、羽生が明らかに少し無理な仕掛けをし、苦しくなった、と思った。

それで、谷川が腰を落として、これを咎めにいけば優勢を維持できたと思うのだが、気合いが漲ったか、反撃して形勢は混沌としてきた。

そうしていると、帰宅する駅に電車が到着したので観戦を打ち切ったのだが、まだまだ難しいよね、というのが、拙いながらも、私の見立てだった。なので、帰宅しての、いきなりの家内の会話に、えっ、もう終わったの?というのが、私の正直な気持ちであった。

それで、改めてスマホを開いて棋譜を確認してみると、私がまだまだ難しいと判断した局面から、ほどなくして谷川が、投了していた。えっ、ここで、投げるの?と思った。そして、もしかして羽生の最大の支持者の一人である谷川は、どうせ指し続けても、負ける形勢の将棋なら、早めに羽生に勝ち数記録の栄誉を上げたかったのか、と思ってしまった。

そういえば、この対局の数日前、なんの棋戦だったか忘れたが、羽生対近藤誠也六段の対局を観戦した。近藤六段といえば、前期の順位戦で藤井七段に土を付けて昇級を阻止し、自らは昇級したという豪の棋士で、最も有望な若手の一人である。そんな若手に対して羽生は、一手損角換わりの力戦形に導いた。そこから羽生が強引に手を作り、当然ながら近藤六段は、一歩も引かない強手で応じ、私の棋力では、ここから羽生側をもってどうやって指すの?と悩むような、近藤が有利に見える局面になった。この将棋も、電車が着いた関係で観戦を打ち切ったのだが、流石に近藤が勝ったよね、とあとで棋譜をみたら、なんと羽生が最後、玉が上部に脱出して、ギリギリ即詰みを逃れて、勝っていた。この将棋と、谷川の将棋を見ていると、羽生は、手強い相手に、わざとではないにしても、手将棋でやや不利な局面から、反撃したり、粘ったりしながら、自らの中終盤力を鍛えているんだ、と思った。

確か、近藤六段に勝った段階で確かに記録まであと一勝というコメントがあったような気がしたが、私は羽生の棋譜から、記録よりも棋力だ、という強いメッセージを感じたような気がした。それで、私は敢えて、羽生の通算勝数のことは考えないようにした。それが、最初の、ふざけたような私の反応につながっている。まあ、言い訳だが。

あと最後に、念のため朝日新聞のホームページから、通算勝数記録の記事を引用しておく。

将棋の羽生善治九段(48)が23日、第60期王位戦(新聞三社連合主催)の挑戦者決定リーグで谷川浩司九段(57)に勝ち、公式戦の通算勝ち数を1433勝(590敗2持将棋)とし、故大山康晴十五世名人が作った歴代最多勝記録に並んだ。48歳7カ月での達成で、大山十五世名人の69歳3カ月を大幅に上回る若さで大記録に到達した。

下記の朝日新聞のウェブ記事にあるように、豊島二冠が、佐藤天彦名人が四連勝であっさり名人位を奪取した。

第77期将棋名人戦七番勝負(朝日新聞社、毎日新聞社主催、大和証券グループ協賛)の第4局が16、17日、福岡県飯塚市の麻生大浦荘で行われ、挑戦者の豊島将之二冠(29)が佐藤天彦名人(31)に勝ち、4連勝で初めて名人位を獲得した。平成生まれの棋士が名人になるのは初めて。

途中の番勝負で、天彦名人がなんとなく普段の元気がないので、もしかしてこうなるかもと予想したのだが、本当にそうなるとは、と少し意外だったりする。ともかく、豊島二冠が名人位を奪取した名人戦第4局を辿ってみる。

さて、第4局は、豊島二冠の先番で、またしても角換り腰掛銀になった。例によって、52手目△6四角まで一気に進める。

【図1】 52手目△6四角まで
持ち駒:△佐藤天彦名人=歩



持ち駒:▲豊島二冠=角歩
こうなってみると、天彦名人が9筋を突き越させ、△6四角と打った点で、第2局と似ている。ここから、▲3七金,△3一玉,▲7九玉,△4二玉,▲1五歩,△同歩と進んだ。手順中、▲3七金が面白い手である。

【図2】 59手目▲1四歩まで
持ち駒:△佐藤天彦名人=歩2



持ち駒:▲豊島二冠=角
ここではまだ、形勢はほぼ五分であり、豊島二冠は▲1四歩と垂らした。これは流石に同香とは取れない。△5二玉,▲1五香,△1二歩,▲4七金,△4二玉,▲2九飛,△5二玉,▲2四歩,△同歩,▲同飛,△2三歩,▲2九飛,△4二玉と進んだ。それにしてもこの戦型は先後とも手待ちが多い。

【図3】 73手目▲1六角まで
持ち駒:△佐藤天彦名人=歩



持ち駒:▲豊島二冠=歩
ここで豊島二冠が▲1六角と打ったのは勇気ある手である。なぜなら、一見この手は、△4三銀と受けられてあまり働きそうにないからである。これに天彦名人は、△8六歩,▲同歩,△4三銀と応じた。以下、▲6六歩,△同歩,▲6五歩,△8六角,▲同銀,△同飛,▲8七歩となってみると、後手の飛車はどこに行くのか。

【図4】 84手目△8五飛まで
持ち駒:△佐藤天彦名人=銀歩3



持ち駒:▲豊島二冠=角
天彦名人は、△8五飛と引いた。6五に利かしたか。すると豊島二冠は、▲3五歩,△同銀,▲5五角,△4四歩,▲6六角と嫌味な歩を取り払った。すると天彦名人は、△2四銀と端香を取りに行った。ここでも形勢はほぼ五分のようである。以下、▲5五銀,△4五歩,▲同歩と進んだ。

【図5】 94手目△1五銀まで
持ち駒:△佐藤天彦名人=銀桂香歩3



持ち駒:▲豊島二冠=歩2
ここで天彦名人の△1五銀は、香を取る手で、当然のようであるが、銀がそっぽにいくので、あまりよくなかったかもしれない。その代わりに、△3三銀と打っておくのはあった。△1五銀以下、▲4四歩,△5二銀,▲3四角,△3八銀,▲1九飛,△1六香,▲同角,△同銀となってみると、先手が有利になっている。

【図6】 103手目▲5六金まで
持ち駒:△佐藤天彦名人=角桂歩3



持ち駒:▲豊島二冠=香歩3
すなわち、▲5六金が味がよく、先手ややよしである。これに対して天彦名人が△2五銀と逃げたのも、あまりよくなく、△8六歩と合わせておくところだったかもしれない。なぜなら、▲8六香と打たれて、後手の飛車が捕獲されてしまったからである。以下、△6五飛,▲同金,△同桂と進んだ。

【図7】 109手目▲8八玉まで
持ち駒:△佐藤天彦名人=角金桂歩4



持ち駒:▲豊島二冠=飛歩3
ここでの▲8八玉が盤石で、豊島二冠がさらに有利になった。こうなると、9筋の突き越しも大きい。△7五歩に豊島二冠は、▲3三歩,△同金と一本入れた。

【図8】 113手目▲1五飛まで
持ち駒:△佐藤天彦名人=角金桂歩5



持ち駒:▲豊島二冠=飛歩2
ここでの豊島二冠の▲1五飛が好手だった。すなわち、△6九角と相手に角を使わせ、飛車の打ち込みに対する角合いを不可にする。以下、▲6三歩,△同金,▲6八金,△3六角成となると、いよいよ先手の優勢が拡大した。

【図9】 119手目▲2二飛まで
持ち駒:△佐藤天彦名人=角桂歩5



持ち駒:▲豊島二冠=歩
▲2二飛が決め手といってよい。以下、△3二歩,▲2一飛成,△2四金となったとき、▲2五飛がまたしてもいい手で、△同馬なら▲3三歩が必至級なので、仕方なく△同金だが、▲3四歩,△4一歩,▲4三銀,△同銀,▲同歩成,△同玉,▲2三龍,△5二玉と進んだ。

【図10】 投了図 133手目▲6四桂まで
持ち駒:△佐藤天彦名人=飛金銀桂歩5



持ち駒:▲豊島二冠=銀歩
そして▲6四桂で攻防ともに見込みがないので、天彦名人の投了もやむなしである。

それにしても、全般を通して天彦名人は淡白な指し口だった。渡辺の不調でみたような、「天彦のあやしい粘り」はどこに行ってしまったのだろうか。

ともかくこれで、豊島を第一人者と呼ぶことにためらいがなくなった。豊島の次の試練は、6月4日に始まる、渡辺二冠との棋聖戦である。

名人戦第1局名人戦第2局とみてきて、どうも天彦名人の元気がなく、競った局面にさえなっていない。名人戦第3局はどうなんだろう、と観戦してみた。

本局は、天彦名人の先番で、例によって角換り腰掛銀になった。この戦法であるが、特に後手がなんか意味がなそうな手待ちをするので、いつも怪訝になるのだが、それは勿論、私が弱すぎて手の意味が分からないだけで、本当は、無意味な手待ちなわけない。ともかく、48手目△7二金まで一気に進める。

【図1】 48手目△7二金まで
持ち駒:△豊島二冠=角歩



持ち駒:▲佐藤天彦名人=角
△7二金と寄った局面は、優劣を云々する段階ではなく、お互いにどう構想を練るか、というところである。ここから、▲3八金,△6二玉,▲4六歩,△6三金,▲9八香,△8一飛,▲4八金,△4四銀,▲2四歩,△同歩,▲同飛,△2三歩,▲2九飛,△8六歩,▲同銀と進んだ。

【図2】 64手目△2二角まで
持ち駒:△豊島二冠=歩



持ち駒:▲佐藤天彦名人=角歩2
豊島二冠が相手玉を遠睨みして、△2二角と設置した局面は、微妙に先手が指しやすいのかもしれないが、まあ五分であろう。ここから天彦名人は、▲4五歩と催促し、△5五銀左,▲同銀,△同角,▲4四角と進行した。ここで豊島二冠は当然に△4七歩かと思ったのだが。

【図3】 70手目△6五歩まで
持ち駒:△豊島二冠=銀歩



持ち駒:▲佐藤天彦名人=銀歩2
本譜は△6五歩だった。そこから▲5六銀,△6六角,▲7七銀,△4四角,▲同歩,△4二歩と進んだ。いやあ、△4二歩とは実に渋い。

【図4】 77手目▲4六角まで
持ち駒:△豊島二冠=角銀歩



持ち駒:▲佐藤天彦名人=歩2
ここで▲4六角はありえる手であるが、それには△6四銀がほぼ必然である。そして、天彦名人は▲7九玉と引いた。将来の戦場から遠ざかっておく。

【図5】 80手目△5五角まで
持ち駒:△豊島二冠=歩



持ち駒:▲佐藤天彦名人=歩2
ここで、豊島二冠は、△2二角と4四の歩を払いにいって十分かと思ったら、なんと△5五角とガツンと打った。ここで清算してしまおうというのか。以下、▲同角,△同銀右,▲同銀,△同銀と進んだ。これでも互角というかやや後手が模様がいいか。

【図6】 85手目▲4五角まで
持ち駒:△豊島二冠=角銀歩



持ち駒:▲佐藤天彦名人=銀歩2
しかし、天彦名人の▲4五角が厳しい狙いだった。飛車が狙われているので、何か受ける必要があるが、豊島二冠は△5四銀かと思ったら、△5四歩だった。しかし、△5四歩だと先手をとらないので、▲7五歩が厳しい追撃である。

【図7】 88手目△8八歩まで
持ち駒:△豊島二冠=角銀



持ち駒:▲佐藤天彦名人=銀歩2
ここで、△8五桂と先逃げするのかと思ったら、なんと豊島二冠は、△8八歩。実に局面を複雑化する手で、天彦名人は長考に沈んだ。で、▲同銀と取ったが、おそらくこれが最善だろう。そこで豊島二冠は、△4七銀と打ち、これで後手がやや有利である。これに対して金を逃げているようでは気合負けなので、▲同金,△3八角,▲4八金,△2九角成と進んだ。

【図8】 95手目▲7四歩まで
持ち駒:△豊島二冠=飛



持ち駒:▲佐藤天彦名人=銀2歩4
しかし、▲7四歩と取り込んでまだまだ難解である。△2九馬が、まだ7四に利いていない。そこで△6六歩,▲7三歩成,△同玉,▲3四角,△2八飛,▲5九銀と進んだ。

【図9】 102手目△6二玉まで
持ち駒:△豊島二冠=歩



持ち駒:▲佐藤天彦名人=銀桂歩5
ここで△6二玉が、豊島二冠の大胆な受けである。しかし当然ながら▲5二銀が厳しい。これにも△5三金と躱し、6三歩,△7三玉に天彦名人は▲7七桂と追及し、豊島二冠は安閑とはしていられないが、△4四金と両取りを避けてあくまでも強気である。そして▲6二歩成にも△3四金と角を取り去るが、大丈夫なのだろうか。

【図10】 111手目▲6三銀成まで
持ち駒:△豊島二冠=角歩2



持ち駒:▲佐藤天彦名人=桂歩4
しかし、▲6三銀成に△8四玉と躱して、依然として豊島二冠が優勢を保っているようであるが、実戦的には後手が薄く怖い。以下、▲7二とに△6七歩成,▲同金,△6六歩,▲6八金と金の位置を変えてから、△3一飛と逃げた。ところが、天彦名人が7六歩と打って、形勢は接近してきた。豊島二冠の手順のどこがおかしかったか、極めて難解である。豊島二冠は△7五歩としたが、▲8六歩がかなりの圧力である。

【図11】 122手目△7四馬まで
持ち駒:△豊島二冠=角



持ち駒:▲佐藤天彦名人=桂歩4
しかし、豊島二冠は△7四馬と懸命に耐える。以下、▲7三と,△同馬,▲同成銀,△同玉と進んだ。

【図12】 127手目▲6五桂打まで
持ち駒:△豊島二冠=角銀歩



持ち駒:▲佐藤天彦名人=角歩4
天彦名人は、▲6五桂打と、桂馬に紐がつくようにした。ところがここでは最早、微妙に先手が優勢のようである。以下、△8三玉,▲5二角に△4四金と逃げるのかと思ったら、豊島二冠はなんと△6七銀と打ち込んだ。大丈夫なのだろうか。ここで天彦名人が▲8五桂と跳ねたが、ここは▲3四角成と金を取っておく方がよく、すると難解な終盤が続いた。検討陣によると、△6七銀では、△6四銀の方がよかったらしい。△6七銀に▲8五桂としたのが、天彦名人の敗着である。というのは、これは詰めよになっておらず、△4八飛成で先手玉に必死がかかってしまったからである。以下、▲7三桂右成としたが、△9二玉,▲7四角成で以下どうやっても王手の連続の繰り返しなので、先手は指し続けるわけにはいかない。

【図13】 136手目△8一玉まで
持ち駒:△豊島二冠=角金歩



持ち駒:▲佐藤天彦名人=歩4
それで、△8一玉で天彦名人の投了となった。なお、▲8五桂の代わりに▲3四角成としておくと、馬が6七に利いているので、後手は△4八飛成とできない。なので、後手は△6四銀くらいだが、▲6七金と清算しておくと、なかなか後手が勝てないのではないだろうか。

こうして、名人戦第1局名人戦第2局とは違い、第3局は稀に見る激戦で、終盤で天彦名人が勝ちになったと思われるが、最後に時間に追われて天彦名人に痛恨のミスが出た。

こうなっては勢いで、豊島二冠がストレートで名人を奪取すると思われるのだが、どうなるだろうか。

佐藤天彦名人と、豊島二冠の名人戦であるが、第1局を見ていて、どうも天彦名人は豊島二冠に苦手意識があるようだ、と棋友に伝えたら、棋友は、苦手意識というよりもそもそも、豊島の進境が著しくて、最早豊島の方が強いのだという。ううん、そうなのかな、といまいち割り切れないまま、名人戦第2局を観戦した。

さて、名人戦第2局は豊島二冠の先番で、天彦名人は、本局は横歩取りでなく、角換りに追随した。例によって、34手目△6五歩から示す。

【図1】 34手目△6五歩まで
持ち駒:△佐藤天彦名人=角



持ち駒:▲豊島二冠=角
この局面は、天彦名人が、9筋の位を取らせたことと、その代わりに△6五歩と突いて主張したことにある。ここから、▲3七桂,△6四角,▲2九飛,△5四歩となったとき、5筋が開いたので、豊島が▲1七角と打ったのが機敏だった。以下、△5二玉,▲3五歩,△同歩,▲同角,△4四銀,▲2六角,△7五歩,▲同歩,△同角,▲4五桂と進んだ。

【図2】 50手目△6四角まで
持ち駒:△佐藤天彦名人=歩2



持ち駒:▲豊島二冠=歩2
△6四角に対して、豊島の▲3九飛は当然だが、これに対して△3五歩かと思ったら、天彦名人は△3三歩と受けた。ここで封じ手となり、本命は▲7六歩だが、▲5六歩もある、とされた。すると封じ手は▲5六歩で、以下△7五歩,▲5七金となった。▲5七金が豊島らしくて力強い。しかし、ここではやや後手がいいようである。▲1七角の構想があまりよくなかったのだろうか。

【図3】 56手目△9四歩まで
持ち駒:△佐藤天彦名人=なし



持ち駒:▲豊島二冠=歩2
そこで天彦名人は△9四歩。意表の攻めてあり、好手かもしれないが、なんとなく天彦名人らしくないと思った。以下▲同歩,△7六歩,▲8八銀,△8六歩,▲同歩と進行した。ここで検討陣は△4五銀▲同歩△7四桂のような手を考えたが、天彦名人は△8六同飛。以下、▲6八玉,△4五銀,▲同歩,△2八角成,▲7九飛となった。しかし、こうなってみて、先手がやや盛り返しているようである。もしかして、△4五銀としないで単に△9六歩だったか。

【図4】 68手目△6六歩まで
持ち駒:△佐藤天彦名人=桂歩



持ち駒:▲豊島二冠=銀歩4
で、△6六歩と味をつけた手だが、これはどうだったか。じっと△6四馬と引いておくのが名人らしくなかったか。▲6六同歩,△8一飛,▲9三歩成となっては急に豊島二冠が優勢になった。以下、△9八歩,▲同香,△8六桂だが。

【図5】 75手目▲8三歩まで
持ち駒:△佐藤天彦名人=なし



持ち駒:▲豊島二冠=銀歩5
▲8三歩と飛車を封じて、完全に豊島が優勢を確立した。以下、△2七馬,▲6二角成,△同玉,▲8二歩成,△3一飛,▲8三と引,△8五桂と進んだ。

【図6】 83手目▲8七金まで
持ち駒:△佐藤天彦名人=角



持ち駒:▲豊島二冠=銀2歩5
ここで▲8七金が飛車の活用をみた決め手で、先手勝勢といってよい。以下、△9八桂成,▲7六飛,△7四香,▲7三金,△5三玉,▲7四金,△同銀,▲同飛,△6一飛となったが。

【図7】 93手目▲6五香まで
持ち駒:△佐藤天彦名人=角金



持ち駒:▲豊島二冠=銀2歩6
さっき取ったばかりの香を▲6五香と打つ手が味がアジヨシ九段で、あまりにも味がよすぎるほどである。以下は手順だけを追うと、△4九馬,▲7三飛成,△4二玉,▲7二龍,△3一玉,▲6一龍,△2二玉,▲5八銀,△5九角,▲6七玉,△8八成桂,▲4九銀,△8七成桂となって。

【図8】 投了図 107手目▲3一銀まで
持ち駒:△佐藤天彦名人=金2銀



持ち駒:▲豊島二冠=飛角銀歩6
▲3一銀で即詰みである。手数はやや長いがわかりすい手順である。例えば、▲3一銀以下、△同金,▲同龍,△同玉,▲3二銀,△同玉,▲6二飛,△4二銀,▲2二金,△同玉,▲4二飛成,△3二銀,▲3一角,△1二玉,▲3二龍などである。

以上みたように、天彦名人は、やや作戦勝ちしながら、【図4】の局面から急に崩れた。いくら豊島二冠が強いとはいえ、天彦名人は、焦っているというか、らしくないような気がする。

果たして、次も角換りだろうか。

ついに、佐藤天彦名人と豊島二冠の名人戦が始まった。私はかなり前から豊島のファンで、次世代の名人は豊島だと期待していたのだが、彗星のごとく佐藤天彦が現れて、A級に先に昇級するだけでなく、一気に名人に挑戦し、当時の羽生名人から名人を奪取するだけだなく、その後も名人を防衛し、もうちょっとで永世名人資格取得というところまできた。

豊島はというと、遅れてA級に昇級したものの、なかなか名人に挑戦できず、タイトルも取れないでいた。しかし、2018年になって豊島がブレークした。棋聖と王位のタイトルを取り、名人への挑戦も決めた。この間、豊島は明らかに力を貯めていた。なので、名人に挑戦を決めた時点で私は、豊島が少し厚いと判断した。

そうして名人戦第1局が始まってみると、天彦名人が先手番で、流行の角換り腰掛銀になったのだが、天彦名人の▲4五桂に豊島二冠が△2二銀と引いたのに天彦名人が長考して、▲4五桂を成り捨てて、馬を作ったので、何をするのか見ていたら、天彦名人は先手番なのに単に千日手にしただけだった。ええっ、気合負けじゃんと思いつつ観戦したのが、以下の指し直し局である。

指し直し局は天彦名人が後手番になり、得意の横歩取り3三角にした。例によって33手目からみてみる。

【図1】 33手目▲6九玉まで
持ち駒:△佐藤天彦名人=歩2



持ち駒:▲豊島二冠=飛角歩2
▲6九玉は、3七の桂馬を角で取られるのを避けた手で当然であり、以下△8二銀と指したのが、天彦名人の工夫である。普通は△7二銀か。ここから、6八銀,△2四飛成,▲6五桂,△5四龍,▲6六歩,△7三桂,▲同桂成,△同角,▲4八金,△4二銀,▲4六歩,△同角,▲4七銀,△7三角と進んだ。

【図2】 49手目▲5六銀まで
持ち駒:△佐藤天彦名人=桂歩3



持ち駒:▲豊島二冠=飛角桂歩2
そして▲5六銀となると、形勢は互角ながら微妙に豊島の作戦勝ちか。以下、▲5六銀,△2四龍,▲2五歩,△4四龍,▲5九銀に、当然ながら、△2六歩と天彦名人は、と金づくりを目指したが、▲6五桂,△6四角と豊島は進めた。

【図3】 57手目▲3五角まで
持ち駒:△佐藤天彦名人=桂歩2



持ち駒:▲豊島二冠=飛歩
そして豊島は当然の▲3五角であるが、これに天彦名人が△同龍と応じたのはどうだったか。ここは△3四龍と我慢すべきだった。というのは、△同龍,▲同歩,△4四歩と桂跳ねを防いだものの。

【図4】 61手目▲2四飛まで
持ち駒:△佐藤天彦名人=角桂歩2



持ち駒:▲豊島二冠=飛歩
▲2四飛があった。△2六歩があるので、△2三歩とは受けられない。で、ここは△3一金と受けるところかと思ったら、天彦名人は△2二角と受けた。しかし、もしかしてこれは敗着ではないだろうか。というのは、▲2二同飛成,△同金,▲3四角という手があった。いやでも、ここでは△4三桂ならまだ難しかった。真の敗着は、次の△5一玉だろう。

【図5】 67手目▲5五銀まで
持ち駒:△佐藤天彦名人=飛桂2



持ち駒:▲豊島二冠=飛歩
なぜなら、▲5五銀があったからである。これで決まっている。すなわち、△同角,▲4三歩,△3一銀,▲5三桂成,△5二歩と進んで。

【図6】 投了図 73手目▲8一飛まで
持ち駒:△佐藤天彦名人=飛銀桂歩



持ち駒:▲豊島二冠=歩
▲8一飛で受けなしであり、投了もやむなしである。なお、▲4三歩にはまだしも、△5二銀と受ける方が粘れるが、それは、天彦名人の美学に反するのだろう。

こうして、不本意な千日手といい、粘りを欠いた受けといい、天彦名人は本来の調子でなく土俵を割ってしまった。もしかして、豊島二冠に苦手意識があるのだろうか。確かに対戦成績で少し負け越してはいるが、本当のところは分からない。それを見極めるために、この七番勝負を観察することにする。

何かの書籍広告で、「盤上に死を描く」宝島社文庫というのを見つけて、即注文した。将棋とミステリー小説の両方のファンとあっては、買う一手である。そして、届くと、比較的短いレイテンシで読み始めた。

作者は井上ねこ、という人で、もちろんペンネームだろうけど、1952年生まれで、すると私より2歳年上で、かなりな年輩だが、定年後ネット古書店を経営しているという。そして、「このミス大賞」に応募して、最年長受賞した、というのだから、なかなかすごい。

でも、私からみて、もっとすごいと思うのは、井上ねこさんが、がちの詰キストであることで、詰将棋パラダイスに応募して、半期賞を受賞したことがある、というので、真に尊敬する。そういうスキルと経験が、この小説にも活かされている。

さて、この小説の舞台な名古屋市で、主人公は、愛知県警の女性刑事、水科優毅。名前からして、あまり女性ぽくないが、実際、あまり女らしい趣味ではない。なぜなら、詰将棋が趣味で、学生時代は、詰将棋パラダイスの回答者だった。なお、詰将棋パラダイスは、この本では、詰将棋ユートピアと一応、変名されている。

さて、そんな水科は、不可解な連続殺人事件を担当していた。それは、次々に老女が絞殺されていく、というもので、部屋は荒らされていないし、金目の物も一切取られていない。被害者に、何か関連がありそうではない。

しかし、もっと不可解なのは、被害者が将棋の駒を握らされていたことである。それで水科は、何かの手掛かりが得られないかと、詰将棋を通じて旧知の、詰将棋ユートピアの主幹の、鶴本氏に相談してみた。すると、天才詰将棋作家とマニアの間で喧伝された、矢場秀一という青年がいたという。

すると、矢場が関与しているのかと思ったら、なんと世をはかなんで、若くして自殺してしまったのだという。なんでも、看寿賞間違いなしみたいな秀作を作ったのだが、ある詰将棋マニアが検討したところ、絶妙の余詰があって、賞は見送られた。その後、矢場は、詰将棋が作れなくなり、悩んで自殺したのだという。

しかし、ともかく、矢場の知り合いを当たることで、犯人らしき人物が浮かび上がってきた。そして、水科や、他の将棋好きな刑事たちの推理で、犯人が目指す詰将棋の構図がみえてきて、結局、事件は解決されたのだが、水科は、実は黒幕がいることに気づく、というストーリーなのだった。

で、読み終えて、私は実に面白いと思ったのだが、そこに私の将棋ファンとしてのポジティブなバイアスがあることは明らかであり、そうでないミステリー愛好家が読んでも面白いのだろうか、と疑問に思った。

すると、アマゾンのコメントは、まあまあで安心したが、将棋を知っていたらもっと楽しめたのに、というのがあって、ちょっと苦笑した。まあ、そうだよね。

将棋連盟の二番目に長い日の後、C級2組の順位戦の最終対局があったので、自分自身でくどいよね、と思いつつ、将棋連盟のちょっとだけ長い日と題して書いてみたい。

すると、C級2組の順位戦は、及川六段が既に昇級を決めていて、あと二枠なのだが、佐藤和俊六段が9勝1敗、石井五段が8勝2敗で昇級枠を射止めた。これは実力的にも極めて妥当だと思った。というのは、佐藤和俊六段は独特の工夫に満ちた変幻自在の振飛車で有名で、数年前にはNHK杯で準優勝までいった。その強さは折り紙付きである。

石井五段は、プロの壁で述べたように、渡辺棋王と、私が今までみたことのないような玉の空中遊泳の激戦を制して、どんだけ強いんだと心底感動した。

なので、この二人の昇級は文句なしなのだが、それでも棋友の指摘によれば、そこにはかなりの運もあるという。というのは、C級2組はなんと49人の大所帯で、対戦は10局なのだから、だれと当たるかが実に大きい。そうみると、佐藤和俊六段の対戦相手は、ロートル棋士が結構いて、ちょっと楽な雰囲気がなくもない。

一方の石井五段の8勝2敗であるが、8勝2敗はなんと今期、6人もいて、このうち少なくとも佐々木四段、高見叡王、三枚堂六段は、石井五段に劣らない文句なしの実力者である。なので、石井五段が昇級できたのは、長年の積み重ねで順位を少しずつ上げたこと、四回戦で当面のライバルの佐々木四段を破ったことが大きかったということだろう。

それにしても、こんな大所帯で、実力だけでなく相当の運もないと上に上がれないとなると、相当の実力者でも停留して、気持ちが腐ってしまう可能性がある。それって問題ではないのだろうか。

かといって、もっと楽に昇級できるようにすると、今までの制度で頑張ってきた人との公平の問題があるし、昇級させると俸給も上げなくてはならないので、財源的問題も出てくる。

あと、ええっ、と思ったのは、渡辺正和五段がフリークラスに落ちてしまったことである。渡辺正和五段は、渡辺竜王(当時)を、そこまで言っていいのかというくらい激烈に批判して、私には痛快だった。それとは関係ないかもしれないが、ここ数年、成績が不振だったようだが、もうフリークラスに落ちるとは残念である。月並みであるが、ここからまた捲土重来していただきたい。まだ、33歳なのだから。

それと、ついでにB級1組とB級2組について簡単にふれておく。B級1組は、最終対局が3月14日なのだが、2つの昇級枠のうち1つは、渡辺二冠がぶっちぎりの勝利で早々に占めている。これを4ゲーム差で追うのは木村九段と斎藤王座。私はなんとか若い斎藤王座に上がってほしいのだが、最後の相手がなんと渡辺二冠である。すると最後が行方八段である木村九段の方が有利か。

B級2組は、最終対局が3月13日で、2つの昇級枠のうち1つに、永瀬七段がぶっちぎりで入っている。もう一つも、8勝1敗の千田六段で決まりだろう。次点の横山六段は来期は上がれるのではないか。それにしても、中村太地七段がやや停滞気味なのが気になる。

こうして、将棋連盟の長い日は次第に日常に収斂していくのである。

将棋連盟の一番長い日が、A級順位戦の最終対局の日であることは、ほとんど定義のようなものであるので、そこは争わないのが常識である。

それでは、将棋連盟の二番目に長い日は、B級1組の最終対局なのかというと、特にそういう話はないので、各人が適当に決めていいということになるが、今期の将棋連盟の二番目に長い日が、C級1組の最終対局の日であることに同意する人は少なくないと信じる。

それは一義には、藤井聡太七段が参加しているからであるが、それだけでなく、8勝1敗の好成績の棋士が、順位の順で、近藤誠也五段、杉本八段、船江六段、藤井七段と、なんと四人もいる。私は長年順位戦をみてきて、ここまでハイレベルの星争いは知らない。昇級枠は二名なのだが、可能的には、7勝2敗の高崎六段までが昇級の枠内にある。

ただ、高崎六段が昇級するためには、とりあえず自分が勝って、上四人のうち三人が負けなくてはならず、それは相当に期待しにくい。

藤井七段にも同じ論理が適用されるのであって、すなわち、自分が勝って、上三人のうち二人が負けなくてはならない。それもかなり期待しにくい。

あと、懸念があって、二番目につけている杉本八段が藤井七段の師匠である、ということがある。それで、杉本八段は、自分が勝つことが弟子の昇級の可能性を狭めることになるので、あまり気合いが入らないのでは、と思った。しかも、相手は実力者の千葉七段である。

果たして、杉本対千葉は、杉本の中飛車だったが、互いに気合い満点で、足を止めての殴り合いみたいな凄い将棋になった。杉本には、弟子をアシストしようなどという軟弱な姿勢は微塵も見られなかった。そして、千葉のちょっとしたミスに乗じて、千葉を寄りきった。

さあ、聡太、苦しくなった。その藤井七段の相手は、これも実力者の都成五段。都成の中飛車で始まったが、藤井七段は、相手の序盤の緩着につけこんで、作戦勝ちになり、そのわずかな差を次第に広げて、危なげなく勝ち切った。

すると残るは近藤五段と船江六段であるが、私はこの時点で、藤井七段の昇級は無理かも、と思った。なぜなら、船江六段の相手の金井六段は、以前は相当に活躍していたが、最近はなぜか不調のようで、観ていたら、作戦負けになり、あっさり船江六段に寄りきられたのだった。こうして、藤井七段の今期の昇級可能性はあっさり0に収束した。

しかし、そんなことにはお構いなく、近藤誠也五段と増田六段の激戦は続く。観ていると、増田六段の独自の感覚に幻惑されたか、近藤五段がやや、作戦負けになったように感じた。しかし、近藤五段の高勝率は伊達ではない。パンチを入れられながらも、相手に決め手を与えない。それでも、終盤の入り口でも増田がやや優勢で、もしかしたら決め手があったのかもしれないが、時間が切迫して増田は決めきれず、近藤に押し切られた。流石、近藤、半端ない!

結果、昇級は、近藤誠也五段と、杉本八段になった。高崎六段は、最後に小林七段に敗れ、自ら可能性を摘んだ。

こうして、杉本師匠は、弟子を崖から落とす、ライオンの父親みたいなことになったが、翔太、この崖から這い上がって、先に行け、とさけんでいることだろう。そもそもそれは、崖でなく、ちょっとした段差程度なのかもしれない。

今年も将棋連盟の一番長い日がやってきた。要するに、A級順位戦の最終一斉対局である。それは今年は3月1日(金)で、会社の出勤の日だが、例年そういう場合は休暇を取った。もともと、第二定年間近の気楽な身分である。

ところが今年は例外的に仕事が忙しく、今はちょっと休暇が取れない。ただ、一つ都合がいいのは、3月1日(金)は午後は、電車で一時間半くらいかかる他事業所に出張で、その間電車の中などでスマホで棋譜の進行を確認できる。ただ、一応私も特許調査のプロなので、打ち合わせ中に将棋が気にならない、というと嘘になる(苦笑)。

それで早々に?打ち合わせを終わると、上司の了解をとって直帰し、帰路でも帰ってからも、スマホで将棋を眺めた。そこで、対戦の組み合わせを書いてみる。

  • 羽生九段vs.広瀬竜王
  • 稲葉八段vs.三浦九段
  • 佐藤康光九段vs.阿久津八段
  • 久保九段vs.豊島二冠
  • 深浦九段vs.糸谷八段

ここまで7勝1敗が豊島二冠、6勝2敗が羽生九段と広瀬竜王、5勝3敗が糸谷八段、4勝4敗が佐藤康光九段と久保九段、3勝5敗が稲葉八段と三浦九段、2勝6敗が深浦九段、0勝8敗が阿久津八段で、阿久津八段の降級だけが確定している。

豊島二冠は勝てば即挑戦決定で、久保九段は王将戦で渡辺棋王に四連敗したことからもわかるように調子はよくないので、豊島に分があると思ったが、まあ実際の勝負はやってみないと分からない。

もし豊島二冠が負けると、羽生九段と広瀬竜王の勝った方と、またしてもプレーオフになる。でもプレーオフは去年延々とあってうんざりしたので、今年は一発で決まってほしいと思った。それは要するに、豊島二冠が久保九段に勝つことを意味する。

さて、最初に勝負がついたのは深浦九段vs.糸谷八段で、深浦が敵陣にと金を作って優勢になったかと思ったら、終盤崩れて、あっさり負けてしまった。数年前の将棋連盟の一番長い日で、佐藤康光を粘り倒したのは過去のことなのだろうか。ともかく、私は三浦九段を応援しているので、これで三浦の残留が確定したのはほっとした。

次に終わったのがどれか記憶にないのだが、一つだけ言えるのは、最後に終わったのが久保九段vs.豊島二冠である、ということである。すなわち、豊島二冠は、相手の玉のコビンの歩を突き捨てたり、相手の玉を睨むように自陣角を打ったりしたが、なにしろ飛車と角だけの薄い攻めで、久保九段の頑強な受けによって次第に手がかりをなくしていったような気がした。そして豊島が角を切って小駒だけの攻めになったときは、これは流石に久保が優勢では、と思った。しかし、豊島が冷静に桂馬を入手し、この桂馬を使える状態になったとき、豊島が優勢になったようである。あとは、まるで渡辺のように細い攻めを繋いで、久保陣を受けなしにした。豊島はとりあえず自陣が鉄壁で、相手陣地だけ見ていればいいのが強みである。久保はというと、自分の残留は既に決まっているのだが、この将棋で豊島の挑戦を決めさせてなるものかという強い決意を感じた。時間ぎりぎりまでの頑張りは、流石に勝負師根性だと思った。

羽生九段vs.広瀬竜王は、最後までぎりぎりの熱戦だったが、最後に広瀬が間違えて、羽生が逃げ切った。広瀬は竜王位を獲得してから、どうも調子がいまいちである。先日の郷田とのNHK杯戦も明らかに変調だった。

稲葉八段vs.三浦九段は、これも熱戦だったが、三浦が優勢を維持して寄り切った。稲葉は二年前に名人に挑戦したときに比べ、明らかに不調である。

佐藤康光九段vs.阿久津八段は、佐藤の角交換振飛車に対して、今期全敗の阿久津八段が穴熊にした。佐藤はぎりぎりまで頑張ったが、穴熊の堅陣を活かして、ぎりぎり一手勝ちになった。最後に一勝して、次のB級1組の戦いにつないだ。

さて、こうして名人戦は、佐藤天彦名人対豊島二冠。私が一番見たかった組み合わせである。私は豊島二冠が少し厚いとみるのだが、どうだろうか。

先日、「将棋学徒」のブログで言及した、長岡五段の「羽生善治×AI」宝島社をアマゾンで注文して、届いたので、早速読み始めた。

すると、長岡五段が、羽生さんの研究パートナーになった経緯の話から始まった。

それは、羽生さんが、渡辺竜王との竜王戦で3連勝のあと4連敗で防衛された、という痛恨の対局があった、翌年、すなわち2009年の正月のことだった。

長岡五段はそのとき、大分にある親戚の家にいた。そのとき、長岡五段の携帯に、知らない固定電話から電話がかかってきた。間違い電話か、あるいは怪しい電話かも、と一旦は放置したが、何か胸騒ぎして、勇気を出してこちらからかけ直してみると、なんと、それは羽生さんで、長岡五段は、ものすごくびっくりした。

電話の用件は、なんと将棋の研究会をしませんか、というもので、もっと強い棋士はいくらでもいるのに、なんで自分なのか、という怪訝な気持ちになりつつ、名誉なことと、受けることにした。もとより、羽生さんから誘われて、断るという選択肢があろうはずはない。

その研究会とは、羽生さんが借りたレンタル・スペースで、二人で対戦する、というものだった。

羽生さんが、長岡五段を選んだ理由は、八王子将棋センターの後輩で、昔からよく知っている、ということと、将棋雑誌の長岡五段の記事をみて、その研究整理能力に感心した、ということらしい。そもそも、長岡五段は、羽生さんの、八王子将棋センターでの指導対局の助手もよく務めて、手際のよさを示していた。

その研究会での対局であるが、長岡五段の勝率は、1割か2割くらいだったらしい。私からみたら、羽生さんにそれくらい勝てれば、立派なものだと思う。

で、その具体的内容は、企業秘密なのか、長岡五段は書いていないが、私が推測するに、毎回羽生さんが、最新の将棋の気になる局面を指定して、対戦し、終わると、感想戦で、羽生さんが、長岡五段に突っ込んだ質問をし、長岡五段が蘊蓄を披露するとともに、二人で議論する場ではなかったか、と推察する。

というのは、羽生さんは、練習将棋という意味では、木村九段、松尾八段、村山七段という、実力者と別途、ガチンコの研究会をもっているのである。その面子だと、実際の対局でも、当たりえるので、普通はまず対局がつかない長岡五段が、研究相手に選ばれたのだろう。

ともかく、そういう長年の研究会のあと、2017年に、羽生さんが渡辺竜王を破って、永世七冠を獲得したのは、長岡五段にとっても感慨はひとしおだろう。

この本には、当然にAIの記述もあるのだが、羽生さんは、AIを参考にしつつも、参考にする程度で、あまりドップリ浸かっていないという。羽生さんは本質的に、アナログな人間で、SNSの類いもやっていない。

そして羽生さんは復活傾向にあり、先日の豊島二冠とのNHK杯は見事に勝利を収めた。まだまだ、タイトルは取れると思う。

そういえば、2月23日の夜、NHK BSで羽生さんが竜王位を失って、「羽生九段」に戻った激闘を取材した2時間番組を観た。私なりに竜王戦はつぶさに観察してきたので、それはある意味、復習だったが、それでも羽生さんの肉声を聞くことで、復活への決意を確認することができた。

月別 アーカイブ

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち将棋カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは宗教です。

次のカテゴリは小説です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。