将棋の最近のブログ記事

羽生と藤井

user-pic
0

羽生と藤井とくると、当然に将棋の話題だが、2月17日(土)は、特別な日だった。なぜなら、この日は平昌オリンピックの男子フィギュアスケートの個人決勝と、朝日杯将棋オープン戦準決勝の羽生竜王対藤井五段の対戦という、ビッグなイベントが重なる稀有な日だったからである。男子フィギュアスケートの最注目といえば、言わずと知れた羽生結弦。この日は、羽生という姓が、ともすれば羽生善治でない別人を指してしまうとは。

先にあったのは、朝日杯将棋オープン戦準決勝の羽生竜王対藤井五段戦。午前10:30から開始された。藤井五段が先番で、角換り模様。しかし、腰掛銀にはなったものの羽生が△4四歩と止めて角は交換しなかったので、藤井五段が▲4五歩から先に攻める展開になった。しかし、羽生は△7五歩から反撃して、端攻めもからめて、羽生の方がよくなったように見えた。

ところが藤井は開き直って、▲5五銀左と銀交換をする、攻め。どうみてもいい手にはみえず、果たして、羽生が△8八歩と攻め、以下▲同金、△9九銀、▲9八金、△8八歩となって藤井の玉が危ないかと見えたが、これはもしかして重くて、よくなかったかもしれない。結局藤井は、▲4三歩と飛車の成り込みをからめて、羽生玉を中段におびき寄せ、寄せ切った。これでついに藤井五段が決勝進出である。

朝日杯将棋オープン戦決勝は14:30からなので、今度は男子フィギュアスケートを見ることにした。なにしろ、決勝は24人が出場し、一人15分程度かかるので、全体で3時間くらいかかってしまう。それで見ていると、米国、カナダ、中国などの有力選手が続々出てくるので、ショートプログラムで最高点を叩き出した羽生結弦といえども、少しのミスが転落につながってしまう。

そこで観ていると、ついに羽生の手番でなく、順番が来た。おっと、私が混同してどうする。羽生は緊張し、既に疲れた様子なので、どうかなと心配したが、いくつか細かいミスはあったものの、概ね完璧だったといえる。金メダルを目指せる、かなりの高得点を得た。去年11月の怪我で2ヵ月も氷の上の練習ができなかったというのに、よくぞここまで復活したものである。あまりスポーツに感情移入しない私もつい目がしらが熱くなった。きっと東北大震災で辛かった人の想いが羽生に投影されているのだと思った。

羽生のあとは、後輩の宇野昌磨。ある意味、羽生よりいい演技のようにも思えたが、一度転んで、減点された。私は、羽生でなく宇野昌磨が金だとちょっと味が悪いかもね、と思っていたので、申し訳ない言い方だが、その転倒に少しほっとした。

しかし、転倒にも拘わらず宇野昌磨は、ヨーロッパの絶対的チャンピオン、スペインのフェルナンデスを抑えて銀メダルを獲得したのだから、いかにいい演技だったかが分かる。

終わってみて、フリーの得点で羽生より高かった選手が何人かいて、羽生はショートプログラムでの貯金が少なかったら危なかったところである。まあそれも勝負の綾であるが。

そこで、朝日杯将棋オープン戦決勝をみると、藤井の相手は広瀬八段だった。広瀬八段は、準決勝で久保王将に勝ったのだが、藤井五段は対振飛車があまり得意でないので、私は、広瀬八段でよかった、とついほっとした。藤井の先手で、戦型は、こちらは純正の角換りとなった。

例によって藤井は、強引とも思える手で局面を打開していく。一方の広瀬八段は、意識的に受けに回って指し方をする。そんな藤井は、相手の金を角で切ったが、これはどうみても無理筋で、手が続かないと思った。ところが、藤井は、細い攻めを繋ぐのが抜群にうまく、次第に形勢をリードしていった。そして、相手の飛車道を止める、終盤の▲4四桂が絶妙で、明確に藤井の勝ちが決まった。これで規定により藤井は六段昇段、史上最年少優勝記録の更新、ならびに史上最年少、最速での六段昇段を果たした。

2月17日(土)は、以上のようなビッグなイベントがあった、ビッグな一日であった。

知り合いから、NHK BSのアナザーストーリーという番組で、羽生の特集があると聞いたので、録画してじっくり観てみた。

それは、「羽生善治 - 史上初の七冠制覇 ヒーローに翻弄された男たち」というタイトルだったが、私なりに簡単に「羽生の近傍系」と呼び、感想を述べてみる。

登場する主要な人物は、谷川浩司と、八木下征男と、森内俊之。

谷川浩司は、十七世永世名人資格保持者で、天才と呼ばれた、羽生より九歳年上の一流棋士である。谷川が史上最年少で名人位を奪取したとき、誰もが谷川時代の到来だと思った。ところが、彗星のごとく現れた若き羽生善治に、谷川は目を瞠らざるをえなくなった。なぜなら、急速に力をつけ、絶対の終盤力を誇る谷川が、羽生に終盤で競り負けたりした。谷川はおかしいと思ったが、どうしてよいかわからない。次第に、勝ち上がって羽生がもつタイトルに挑むことが怖くなった。勝てないかもしれないという不安があった。

一度は羽生の七冠を阻止したのだが、再度王将に挑戦してきた羽生の勢いは止められず、ついに七冠を許した。マスコミの注目が自分を差し置いて羽生に注目するという屈辱を経験した。そんな谷川は、その後意地をみせて何度か羽生からタイトルを奪取したが、次第に羽生の称賛者になっていった。この番組にあったわけではないが、森内が羽生を差し置いて先に永世名人資格保持者になったとき、なぜ羽生ではないのかと嘆いたという話がある。

八木下征男氏は、八王子将棋クラブの席主で羽生を見出し育てた。いまでも、孫をみる祖父のように羽生を見る目は暖かい。羽生がここまで成長できたことにおいて、八木下さんの支援は本質的だった。その後、八王子将棋クラブは、阿久津主税、村山慈明、高崎一生、長岡裕也など多くの有力棋士を輩出した。

森内俊之は、羽生の最近傍にいた棋士の一人で、その後ろを追随して羽生将棋を研究し、一時期は名人戦で羽生がなかなか勝てない壁のような存在だった。そして羽生に先んじて十八世永世名人資格を取得したが、2014年の名人戦で羽生は、今までのうっぷんを晴らすように森内を4タテで下し、名人位を奪取した。ここから森内は今に至るまでいまいち勢いがなく、ついにはフリークラスに転出した。まさに羽生がいたからここまで強くなれた、という棋士なのだった。

あとは羽生にらみや上座と下座を間違えたなど、羽生バッシングの風潮の話があったが、そんなバッシングは一時羽生を孤立させたかもしれないが、結局は阿ることなく、将棋の強さで乗り切った。

私があえて「羽生の近傍系」と呼んだのは、谷川九段、八木下さん、森内九段というかなり限定されたメンバーに厳選した事で、もちろんこれもあるけど、佐藤康光、渡辺明、藤井猛などを選んでもそれなりに面白い近傍系になったかなと思ったからである。羽生というビッグネームの有意義な近傍系は他にもいろいろ取りえる。

ともかく羽生の強さは、人工知能、チェス、英会話なども広く学び、自らの知識のエントロピーを増大させない、将棋を広く見る希代の天才にあるのだった。果たして藤井五段がどこまで迫れるだろうか。

1月14日(日)に、NHK杯の囲碁番組を観終わった後、将棋連盟のホームページを見ていたら、藤井四段が朝日杯オープンで澤田六段に勝ったという。なんか澤田六段、強いはずなのになぜか斬られ役だよね、と思っていたら、あっ、と気づいた。澤田六段に勝ったとなると、相手は、佐藤天彦名人対永瀬七段の勝者。そして佐藤天彦名人が勝ったというので、次はいよいよ佐藤天彦名人対藤井四段、これは必見だよね、と早速ウェブで朝日杯オープンを見始めたらまだ序盤だった。

ちょっと所用で席を外して戻ってみると、中盤になっていたが、私にはまだ難しいと思えた。ところが解説の木村九段は、駒の効率がいいので大分先手、すなわち藤井四段がいいのだという。

それから見ていると、流石に私にも先手の方が優勢だと分かってきた。そのとき、木村九段の解説によると、もう大勢は決しているという。果たして、程なくして佐藤天彦名人の投了となり、これは完勝というか、藤井四段の飛躍だよね、と思った。

ともかく、朝日新聞ディジタルの記事を引用させて戴く。

中学生棋士の藤井聡太四段(15)が公式戦で、タイトル保持者から初白星を挙げた。第11回朝日杯将棋オープン戦の本戦2回戦は14日午後2時から、名古屋市東区の東桜会館で指され、藤井四段が佐藤天彦名人(29)に121手で勝ち、初めてベスト4に進んだ。2月17日に東京で行われる準決勝で羽生善治竜王(47)と対戦する。

実は藤井四段の飛躍というのは、マーク・グリーニーの暗殺者の飛躍をもじっただけで、私はいい意味で、それほど驚くことではないというか、藤井四段なら名人に勝ったって全然意外でない、というのが私の本音である。

かなり前であるが、藤井四段がデビュー間もない頃、藤井四段の炎の七番勝負というのがあり、藤井四段は錚々たるメンバーに6勝1敗だったのだが、そのとき佐藤康光九段に勝ったのが、ありえない完勝で、佐藤康光があれほど完敗した将棋をみたことがなかったので、藤井四段の強さに目を瞠った。

今回の将棋だって、天彦名人に対して、接戦の末勝つ棋士はいても、これほどの完勝は羽生にだってできないのではないか、ついそう思ってしまった。ということで、今後の藤井四段の活躍に期待である。

ところで、国民栄誉賞確定のあと、羽生棋聖は順位戦で佐藤康光九段に負けて、名人挑戦がかなり難しくなった。やっぱり、ああいう大きい賞をもらうとなると気が緩むよね、と思ったら、朝日杯将棋オープンで羽生は、高見と八代に勝って、きっちり次に藤井四段との対戦をつくった。流石羽生はイベント・プロモータで、今の羽生にとって、名人挑戦より、朝日杯で藤井と対戦する方がよりビッグイベントなのだろう。

そういえば、もう一人の国民栄誉賞受賞者である井山七冠であるが、世界名人の対戦で、中国の連笑九段と、韓国の李世ドル九段に負けて、あっさり敗退した。どうも井山は李世ドルに分が悪い。でも、この敗戦は井山にはクスリで、お陰で七冠だの国民栄誉賞だのに浮かれる気分には全くなれず、精進し続けるだろう。

国民栄誉賞の続きであるが、ついに国民栄誉賞が確定した。去年の年末の報道の時点で必至がかかっていたようなものなので、改めてブログにするほどのものではないかもしれないが、マイルストーン的な意味で書いておく。

まず、アナウンス的に朝日新聞デジタルの記事を引用する。

政府は5日、将棋で史上初の「永世七冠」を達成した羽生善治氏(47)と囲碁で2度目の七冠独占を果たした井山裕太氏(28)に対する国民栄誉賞の授与を正式に決定した。棋士の受賞は初めてで、表彰式は2月13日に首相官邸である。
菅義偉官房長官は5日午前の記者会見で「歴史に刻まれる偉業を達成し、多くの国民に夢と感動を、社会に明るい希望と勇気を与えた」と授賞理由を述べた。

マイルストーン的にはこれで完了なのだが、折角なので蛇足のようなことも書いてみる。

さて、約一年前のことだが、将棋界は三浦事件の後始末で大童で、このまま将棋連盟は空中分解しそうな危機感があった。それを囲碁界は、対岸の火事として傍観していたと思う。それよりも謎の囲碁ソフト、Masterの旋風が吹き荒れていたというか。

そこで起死回生の策として、将棋連盟は最年少でプロ四段になった藤井少年に注目した。そして、当時最年長現役棋士であったヒフミンこと加藤一二三九段との対局を仕組んだ。それが当たり、また藤井少年が望外の強さを発揮して連勝したことで、ヒフミンもこれに便乗して一躍注目されるようになった。

しかし、これだけではまだインパクトが弱かった。そこで羽生は、斎藤七段との棋聖位を防衛すると、照準を完全に竜王位に絞り、他は捨てた。そして本来の実力を発揮して見事、永世七冠に就いた。なにほどかイベント・バイアスもあったと思うが。

それにしても羽生が永世七冠を獲得して一週間程度で、政府は羽生と井山の同時の国民栄誉賞の予定(内定といってよい)を発表した。これは予め羽生の永世七冠獲得を待っていた、ということになる。特許英語的にいうと、in response to Habu assuming the seven eternity crownsというところか。井山の国民栄誉賞は、羽生のそれに付随したようなニュアンスを感じた。でも、井山の再七冠は、羽生にも達成できなかった難事である。

ともかく、こうなってくると、囲碁と将棋のどちらが格上かという微妙な議論とは関係なく、一次的に将棋界が上位のような様相を呈する。なので、年末の紅白には将棋界を代表してヒフミンが審査員に選ばれ、将棋だけがNHK教育テレビとは別に、BSプレミアムで正月番組をもった。ああっ、これは囲碁界と将棋界の自発的対称性の破れだよなと思ったが、強い力と弱い力に書いたように、自発的対称性の破れは粒子に質量を与えたが、この場合、将棋界に重みが与えられるのだろうか。私にはこれは単なる量子的ゆらぎとしか思えないのだが。

別の見方で、三浦事件が実は羽生の永世七冠を終点として将棋界を盛り上げるための遠大な計画のとっかかりに過ぎないとしたら、その深く複雑な絵を描いた人物に感服するのだが、いくらなんでも国際政治でもそこまでsophisticated conspiracyというのは聞いたことがなく、そんなわけはないのであった。

国民栄誉賞

user-pic
0

12月13日(水)の朝刊をみて、ええっと驚いた。以下、読売新聞のウェブから引用する。

政府は、将棋で史上初の「永世七冠」を達成した羽生善治竜王(47)と、囲碁で初めて七冠を2度達成した井山裕太棋聖(28)に、国民栄誉賞を同時に授与する方向で最終調整に入った。
前人未到の偉業で将棋界と囲碁界の発展に寄与した功績を評価した。将棋・囲碁の棋士の受賞は1977年の賞創設以来初めてとなる。
政府関係者が明らかにした。安倍首相は13日にも両氏への授与を検討するよう指示し、有識者の意見を聞いた上で年内にも正式決定する。表彰式は年明けとなる見通しだ。

今までの国民栄誉賞の受賞者を思い出してみて、羽生竜王と井山棋聖が受賞することは全く遜色がないと思うが、今なのか、といううれしい驚きなのだった。囲碁・将棋は、なんとなく、スポーツや芸能と比べて人気が地味なのではないかという気後れがあったりする。

それにしても、こうなってみると、イベント・バイアスのバイアスは想像以上に大きかった、ということになる。なぜなら、なにかの間違い?で渡辺が竜王を防衛していたなら、永世七冠はなく、すると井山棋聖にだけ国民栄誉賞というのはバランスを欠くようでいかにも味が悪く、結局、囲碁・将棋の棋士への国民栄誉賞は流れてしまい、永遠にhappenしなかったかもしれない。

あと、冷静に考えると、羽生に比べて井山が少し若すぎるような気がしないではないが、羽生が永世七冠になった直後の今が旬で、やはりいろいろな意味で今しかないといえる。

ところで、今朝の朝刊をみると、政府は一年前半からこの国民栄誉賞授与を検討していたというのだが、その頃、七冠を維持していた井山はともかくとして、羽生は佐藤天彦にあっさり名人位を奪取されて不調を喧伝されていたのであり、永世七冠はその頃、夢物語に思えた。このあたりどうもよく分からないのであった。

永世七冠に記したように、竜王戦第5局は羽生棋聖が勝ち、見事永世七冠を決めた。そこで、竜王戦第5局の棋譜を辿ってみることにする。戦型は、流行の一つ、角換りになった。例によって37手目まで一気に進める。

【図1】 37手目▲4五銀まで
持ち駒:△渡辺竜王=角



持ち駒:▲羽生棋聖=角
羽生は、いきなり▲4五銀とぶつけた。これは定説では駄目といわれていた手だそうで、羽生なりのチャレンジの手である。以下、△5五銀,▲2五桂,△4二銀となったが、後の端攻めの展開をみると、△4二銀では△2二銀の方がよかったかもしれない。次に羽生は▲1五歩で、これは当然の手のようだが、いったん▲2九飛と引いて、△3七角を避けておく手もあった。▲1五歩以下は、△3七角,▲2九飛,△4六角成,▲4九飛と進んだ。

【図2】 46手目△1五歩まで
持ち駒:△渡辺竜王=歩2



持ち駒:▲羽生棋聖=角
ここでじっと渡辺が△1五歩と取ったのは、王者の風格といいたいところだが、多分これは緩手で、代わりに△8六歩と味をつけて様子を見る手が優ったのかもしれない。△8六歩に▲同歩なら△8五歩、△8六歩に▲同銀なら△2四歩のような感じで難解だが、後手にとって本譜よりいいだろう。
△1五歩の後は▲4六飛,△同銀,▲3四銀,△8六歩,▲同銀,△5七銀成,▲同金,△5九飛,▲8八玉,△5七飛成と進んだ。

【図3】 57手目▲6八銀まで
持ち駒:△渡辺竜王=金歩3



持ち駒:▲羽生棋聖=角2歩2
ここで▲6八銀が手堅い。△4八龍に羽生は、▲5七角とさらに追及する。してみると、△4八龍は△4七龍の方がよかったか。▲5七角以下は、△4九龍,▲1二歩,△同香,▲1三歩,△同香,▲同桂成,△同桂,▲同角成,△2二金打と進んだ。

【図4】 69手目▲1五香まで
持ち駒:△渡辺竜王=桂歩5



持ち駒:▲羽生棋聖=角桂香歩
ここで▲1五香がピッタリの手だった。以下△1三金に、羽生はいったん▲6七角を決めた。以下、△1九龍,▲1三香成,△4一玉,▲4四歩。羽生は▲4四歩に手応えを感じたという。これに△同歩だと、先手陣に底歩が利く。

【図5】 76手目△9四桂まで
持ち駒:△渡辺竜王=角歩5



持ち駒:▲羽生棋聖=金桂香
なので渡辺は、▲4四歩に手抜きして△9四桂と攻めあった。これに対して羽生は▲2三成香で、次に金を取って王手なので、後手は手抜けない。なので△2三同金,▲4三歩成,△8六桂,▲同歩と進んだ。ここで渡辺は△6九角としたが、いかにも気が利かない手である。△8七歩などなかったのだろうか。他に目につく△8三香は、▲8七香と受けられて続かない。ともかく△6九角に▲8四香が炸裂した。これは飛車取りというだけでなく、▲4二と,△同玉,▲4三銀打△5一玉,▲6三桂,△6一玉,▲7一金,△同飛,▲同桂成,△同玉,▲8一飛,△7二玉,▲8二香成,△6三玉,▲5五桂の詰めろになっている。そこで仕方ない△8四同飛に▲4二と,△同玉となって。

【図6】 投了図 87手目▲4三銀打まで
持ち駒:△渡辺竜王=銀香2歩6



持ち駒:▲羽生棋聖=金桂2歩2
▲4三銀打以下簡単な詰みなので渡辺が投了して、ここに羽生が竜王位を奪還し、晴れて永世七冠となった。

総評として、個々のどの手というわけではないが、渡辺の手が粘着力を欠き、あっさり押し切られているように思った。まあそのうち渡辺も復活するだろう、時間はかかるかもしれないが。

いっぽうの羽生竜王(最早、こう呼ぶのが妥当だろう)は、以下のように積極的な指し手が目立った。

  1. 竜王戦第1局の【図2】の▲1五歩
  2. 竜王戦第2局の【図2】の△7七桂打
  3. 竜王戦第4局の【図5】の△3六桂
  4. 本局の【図1】の▲4五銀

最後に、時事通信ドットコムの村上 政俊氏の記事から一部を引用させて戴く。

今振り返ってみれば、羽生は「王位」も「王座」も捨てたのだった。どちらのシリーズでも羽生はわずか1勝しかできなかった(菅井4勝、中村3勝)。将棋の内容もどこか淡泊に感じられた。
しかしそれは、羽生の衰えの表れというよりも、合理的な選択と集中の結果だったといえよう。普通の棋士にとっては、1期獲得するのも至難の業であるタイトルを弊履の如く捨て去り、最後に残った永世称号を「竜王」戦で獲得することに照準を合わせていたのだった。「竜王」戦決勝トーナメントで対局した棋士たちも、「永世竜王」に賭ける羽生の意気込みを感じていたという。
羽生にあったのは、現状を打破しようという飽くなき探求心だ。この「竜王」戦第3局で、羽生は中飛車という振り飛車戦法を採用した。将棋の戦法は、最強の攻め駒である飛車の動きによって、居飛車と振り飛車に大別される。振り飛車はアマチュアの間では根強い人気を誇るものの、現在のプロ棋界では居飛車が主流。羽生自身も居飛車の採用率が圧倒的だ。にもかかわらず、大一番で迷うことなくわずか3手目で振り飛車を採用した。単純な勝ち負けを超えたところで将棋を指す姿勢が、ここに表れている。

私は、「竜王」を獲得するために「王位」も「王座」も捨てた、という件はまったく同意である。ただ、「竜王」戦第3局は、現状を打破しようという飽くなき探求心ではなく、ピッチャーでいえば、カウントに余裕があるので一球は遊んだのである。ふつう、ピッチャーは、よほど格下の相手や特殊な状況でないと、三球三振は狙わない。

AlphaZero

user-pic
0

12月6日にISSEIさんからコメント戴いた、AlphaZeroについて、ねとらぼの記事に基づきまとめてみる。

その記事によると、以下のとおり:

世界最強の囲碁AI「AlphaGo Zero」を開発したDeepMind(Google関連会社)が、チェスと将棋のAIに関する論文を発表しました。AlphaGo Zeroと同様の手法を使い、24時間で既存の最強AIを超える実力に至ったとのこと。
AlphaGoは2017年5月、世界トップ棋士である中国の柯潔(かけつ)九段に3戦全勝した囲碁AI。もともと人間同士の棋譜(対局データ)を学習させていましたが、進化したAlphaGo Zeroでは人間の棋譜を用いず、AIによる自己対戦のみで強くする「強化学習」が用いられました。

何度読んでも、ほんまかいなと思ってしまう。しかし、いくらなんでも天下のDeepMindが、ガセの内容を発表するわけがない。具体的には以下のとおり:

今回の論文では、AlphaGo Zeroで用いられた手法を「AlphaZero」という名称で一般化し、チェスと将棋にも適用。24時間の学習の結果、チェスでは既存の最強AIとして知られる「Stockfish」相手に100戦して28勝0敗72引き分け、将棋でも同じく最強AIである「elmo」相手に90勝8敗2引き分けという戦績を残しました。

それにしても、ポナンザで、

ただ、AIの手法も駆使したからといって、ポナンザが単調増加で強くなるわけではない。むしろ強くなればなるほど、棋力の向上は大変である。現在では、前の版と3000局指して、52%以上の勝率になることを目指している。こういう棋力の向上策は、いまのところ暗中模索である。
と書いたこととは全くパラタイムが違うということである。

そういえば、AlphaZeroのアナウンスは、ISSEIさんのコメントのように、私が永世七冠を投稿した日だったが、その朝私は、まだAlphaZeroのことは全く知らず、通勤の行きの電車で、深層学習の専門書のボルツマン・マシンの章を一心不乱に読んでいた。あまりに没入したので、電車を降りて、昼食用のパンとおにぎりを例によって三鷹のローソン100で買うとき、ポンタカードを一度出したのを忘れて、二度目も出そうとし、また支払いのPASMOを読み取り機に置き忘れて、そのまま立ち去ろうとして店員から注意された。いくら私が粗忽だからといって、こんな経験は今まで一度もない。多分、AlphaZeroの衝撃が無意識のうちに私に伝わってきていたのだろう。

永世七冠

user-pic
0

イベント・バイアスに書いたように、流れははっきり羽生だと思ったが、それでも、実戦となると分からないよね、と竜王戦第5局の様子を窺った。そして12月5日(火)会社から帰って、終盤の捻じりあいかとウェブでみると、あらら、あっさり羽生が勝っていていた。

詳細には週末にみるが、棋譜を辿ってみたら、羽生が一方的に攻めて勝った様子で、渡辺の指し手に覇気は感じられなかった。

毎日新聞のウェブから引用する。

鹿児島県指宿市で4日から行われた将棋の第30期竜王戦七番勝負(読売新聞社主催)の第5局は5日午後4時23分、挑戦者の羽生善治棋聖(47)が渡辺明竜王(33)に87手で勝ち、対戦成績を4勝1敗として15期ぶり通算7期目の竜王となり、永世竜王の資格を得た。棋士生活32年で永世称号の制度がある7タイトル戦のすべてで、永世資格を持つ史上初の「永世7冠」を達成した。

本質的には、渡辺の敗因は、約一年前の三浦事件にある。発端は渡辺の素朴な正義感だったかもしれないが、確たる証拠もなく、相手の棋士生命まで奪いかねないようなことを強引に推し進めてはいけない。なので、将棋連盟のご意見番のような羽生は、疑わしきは罰せずと、自分は同調していないことを大急ぎで明示したのである。また、自分の名前を勝手に利用したことによる、渡辺一派に対する、羽生大明神の怒りは大きい。

竜王を取られても、まだ渡辺の禊は終わっていない。いっそ棋王も手放して、しばらく反省するのがいいのかもしれない。

私はケーブルテレビのJ-COMを通じて、囲碁将棋チャンネルの銀河戦を楽しんで観戦しているが、今年からそこに藤井四段が出場することになって、当然ながら注目した。そして藤井四段の実力なら、いきなり決勝トーナメントに進出してもおかしくないと思った。

藤井四段は、銀河戦のH組で一回戦から出場し、藤倉五段に完勝した。二回戦の相手は上村四段。C級2組で中堅クラスであるが、これも藤井四段が順当に勝つだろうと期待した。

そこで初手から棋譜を辿ってみる。藤井四段の先手。▲2六歩,△3四歩,▲7六歩,△8四歩,▲2五歩,△8五歩,▲7八金,△3二金,▲2四歩,△同歩,▲同飛,△8六歩,▲同歩,△同飛,▲3四飛,△3三角,▲6八玉と、横歩取りに進んで、藤井四段は最近流行の勇気流を採った。ここから、△8二飛,▲3六歩,△8八角成,▲同銀と進み、上村四段は△3三金と、藤井四段用に準備していたと思われる研究の手を指した。藤井四段は当然に▲3五飛だが。

【図1】 24手目△4四角まで
持ち駒:△上村四段=歩2



持ち駒:▲藤井四段=角歩3
上村四段は△4四角。これに対して藤井四段は飛車を逃げるわけはなく、▲8三歩,△同飛,▲6六角,△3五角,▲同歩,△8二飛,▲3四歩,△4四金,▲4六歩と進んだ。

【図2】 34手目△2二飛まで
持ち駒:△上村四段=飛歩3



持ち駒:▲藤井四段=角歩2
藤井四段が▲4六歩と突いて、▲4五歩を見せているのに、それでも敢えて△2二飛としたのが、上村四段の好手だった。意表をつかれたか、藤井四段は長考に沈んだ。確かに難しい局面だが、解説の佐藤慎一五段が、▲2三歩,△同飛,▲2四歩,△同飛,▲1五角がぱっと目にきますが、これは△2五飛打で先手が悪いです、と断言した。流石にそれは私にも分かる。ところがなんと、藤井四段は、この悪いといわれる変化を選んだ。

【図3】 40手目△2五飛打まで
持ち駒:△上村四段=歩5



持ち駒:▲藤井四段=なし
そして、△2五飛打となったとき、私は、そこは藤井四段、なにか秘策があるのかと期待したが、解説の佐藤慎一五段は、いやあ、持歩もないし小細工が利きませんよね、と怪訝そうだった。

このあと、藤井四段は懸命に手を作っていったが、丁寧に上村四段に応接されて、一度たりとも優勢になることはなく、最後はじり貧になって、88手で藤井四段が投了した。やはり【図2】で▲2三歩,△同飛,▲2四歩,△同飛,▲1五角が敗着で、ここでは▲8三角あたりで難解だった。あるいは▲4五歩もあり、それには△4七飛で一局だった。

藤井四段らしからぬ拙戦だが、私はちょっとがっかりしつつ、まあこんなこともあるわな、人間だものと思った。実際この後、藤井四段は北浜八段のような脂っこいところにも勝ったので安心したら、今度は棋聖戦の一次予選で、大橋四段に負けた。ここまで藤井四段は今期、41勝8敗の勝率8割3分6厘。まだまだ高勝率である。まあどんな棋士でも負けながら強くなるので、大丈夫だろう。

最近、将棋の渡辺竜王の様子をみていたらつい、イベント・バイアスという言葉が浮かんだ。どういう意味かというと、渡辺竜王が、挑戦している羽生棋聖に負けてタイトルが移動すると、羽生棋聖が永世七冠になり、それは将棋界にとってとてもニュースバリューがある。当然に主催者の読売新聞にとっても有難いことである。

一方、万が一、渡辺竜王が竜王を防衛したとしても、ほとんどの将棋ファンはブーイングで、メディアも落胆する。こうして、渡辺竜王が頑張るインセンティブが実に小さい。

なので、渡辺竜王の将棋は最近、どうも元気がない。トレードマークの鋭い攻めが最近、ほとんど見られない。11月29日には、羽生棋聖対渡辺竜王のA級順位戦があった。会社から帰って観戦していたら、はっきり羽生が優勢だった。果たして、ほどなくして渡辺が投了した。もちろん羽生棋聖は今でも最強に強いと思うが、渡辺竜王だって然る者、そんなに易々と負けるはずはなかったはずなのに。これはやはりイベント・バイアスだと思った。

実際、勝つと非難を浴びるという状況は渡辺竜王にとって実に辛い。一年前の事件の際は一度はサポートしてくれた読売新聞も、今年は助けてくれない。こういうのを四面楚歌というのではないか。こんなときこそ逆境を跳ね返す精神力が必要なのだが、そのためのポテンシャルを今の渡辺が振り絞ることができるだろうか。

そんなイベント・バイアスがポジティブに効いたのは、藤井四段だった。すなわち、まさに渡辺竜王とその一派が巻き起こしたスキャンダルの傷を埋めるために将棋界にはビッグ・イベントが必要で、天才少年の藤井四段にイベント・バイアスのポテンシャルが集まった。それが生来の藤井四段の棋才をブーストさせ、あのような連勝記録となった。少しでもイベント・バイアスの空気を読める棋士なら、藤井四段を負かす気にはならない。たまたま負かす気になったとしても、イベント・バイアスがバリアになる。なので、藤井四段の連勝記録を止めたのが、空気読まない佐々木勇気六段であるのは偶然ではない。

でも、いうまでもなく羽生棋聖は、イベント・バイアスなど関係なく、淡々と竜王を奪取するだろう。いや、淡々でなく怒りの鉄拳なのかもしれないが。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち将棋カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは宗教です。

次のカテゴリは小説です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。