将棋の最近のブログ記事

夏の終わりでも述べたように、新王座誕生の王座戦第4局の棋譜を追ってみた。将棋は羽生王座の先番で、角換り。例によって34手まで進める。

【図1】 34手目△3五歩まで
持ち駒:△中村太地六段=角歩2



持ち駒:▲羽生王座=角
ところが、このシリーズ、決して穏やかな流れにならず、果たして△3五歩と激しく動いた。ただここは普通は△8六歩,▲同歩,△同銀だろう。じっさい△3五歩以下は、▲2四歩,△2二歩,▲4五桂,△4四銀,▲3五歩,△8六歩,▲同歩,△同銀,▲同銀と進んだ。

【図2】 44手目△4五銀まで
持ち駒:△中村太地六段=角桂歩2



持ち駒:▲羽生王座=角銀歩3
ここで中村の△4五銀がまたすごい。△3六桂をみているのである。このあとは▲4五同歩,△3六桂,▲2九飛,△8六飛,▲8七歩,△7六飛,▲7七歩,△5六飛,▲同歩,△4八桂成,▲同玉と進んだ。

【図3】 56手目△4六銀まで
持ち駒:△中村太地六段=角金銀歩2



持ち駒:▲羽生王座=飛角銀2桂歩
△4六銀でいきなり先手玉に詰めろがかかってしまったのであるが、先手の持ち駒が多いので、後手よしとは直ちにはいえない。ここから▲3四桂,△5一玉と進んだ。

【図4】 59手目▲6八金まで
持ち駒:△中村太地六段=角金銀歩2



持ち駒:▲羽生王座=飛角銀2歩
ここで羽生は▲6八金だが、これはいかにも薄い手で、代わりにいったん▲8四角と王手して、△7三歩と受けさせ、▲3六銀と受けて難解だった。ここで後手が△8四角と打てば後手が優勢かと思ったら、中村はなんと△7一歩。これはもしや逆転したかと検討陣は怪訝になった。以下、▲9五角,△7三銀,▲8二銀,△9四歩,▲7一銀成,△4一玉,▲2三銀,△同歩,▲同歩成,△3七角,▲5八玉,△2三金と進んでみると、これを羽生が飛車で取れないようではやはり後手がいいようである。さらに▲7三角成,△5九金,▲同飛,△7三桂,▲6一飛,△5一銀と進んでみると、後手が残しているようである。

【図5】 79手目▲2四歩まで
持ち駒:△中村太地六段=角歩2



持ち駒:▲羽生王座=金銀歩2
▲2四歩ではまだしも▲6九金と粘るところだろうが、△4八角打でやはり後手がいいようである。▲2四歩に△3六角で羽生が投了した。というのは、▲2四歩自体は▲4二銀,△同金,▲3一金以下の手順で詰めろなのだが、△3六角には▲4九玉しかなく、△2七角成とされると先手は金または銀の合駒するしかなく、すると後手の詰めろが消えて、△4七銀成で先手玉が必至だからである。

こうしてみると、緩手にみえた△7一歩はとても最善手にみえないが、これはこれで中村は勝ちを読み切ったのかもしれない。畏るべしである。

ともかく羽生の敗着は、【図4】の▲6八金だろう。野球的にいうなら、羽生の自慢の中継ぎ陣がつい甘い球を投げてしまったというところか。こうしてついに、中村王座の誕生となった。

羽生は、王座の位を捨て駒にして、竜王の位を目指す。

夏の終わり

user-pic
0

今まで一度もお会いしたことはないけど、なぜか古い友達のような気がするぼんちゃんから、王座戦第3局に対して、以下のコメントをいただいた。

あやたろうさんの予想通り、新王座の誕生となりましたね。
ちょっと残念ですが、永世竜王への布石となるのであれば、安いもんですね!w

これに対して、ええ、まあ確かにそうですね。でも、これは羽生に勝ってほしかったですね、と返答しようと思ったのであるが、羽生についていろいろ思っていることがあるので、改めて独立した記事として書いてみることにした。

そこで王座戦第4局をざっと並べてみると、中村太地の攻勢と、△7一歩の渋い受けで、流石中村太地、若さと力強さの勝利だよね、と感じた。王座戦第4局の棋譜の詳細な検討は別途とする。

この将棋の羽生はというと、前にも書いたが、王座戦よりも竜王戦の方にフォーカスしているのでは、と感じた。なぜなら、もしこの将棋を勝つと王座戦第5局は10月17日、すなわち竜王戦の第1局のわずか3日前で、どうみても最早若くない羽生には体力的にきびしい。

それでもしかして羽生は、王座戦第4局で、プロ野球でいうところの投手温存モードを使ったのかもしれない。例えば、かなりの接戦でも、ソフトバンクでいうところのサファテのような抑えの切り札を温存しておく。その制約をつけて全力で戦う。すると、それは決して手抜きではなくて全力で指しているのだけれども、なんとなく力を抜いている感は否めない。なぜなら、微差でよくなってサファテを出せば逃げ切れるかもしれなくても、他の中継ぎにまかせて、抑えの切り札は決してださないからである。果たして羽生の中継ぎは打たれた。

それはすべて、渡辺と戦うためである。その渡辺はというと、今期はここまでで8勝11敗。渡辺としては不調といってよい。しかしまだまだ渡辺の底力は相当なものなのであって、といいつつ、先日のA級順位戦で広瀬に完敗したりのは、森内流の死んだふり戦法だろう。

すなわちもともと、渡辺にとってA級順位戦はほどほどでいいのであって、竜王戦のためなら捨て石にしてよい。こうして渡辺は渡辺なりに竜王戦に賭けているのである。

一方の羽生は、佐藤将棋連盟会長とともに、三浦事件の残党懲らしめモードにある。それが証拠に、羽生と佐藤は、A級順位戦で久保を叩いているし、佐藤は返す刀で、叡王戦で久保と谷川を破った。

そして佐藤会長は、羽生に、あとは竜王戦、頼んだぞというと、羽生は、分かっておる、うざいわと、ふてぶてしい表情で黙ってうなずく。

しかし、死んだふりの渡辺は実は密かに剣を磨いているのであって、さてどうなるか竜王戦、予断を許さない。

でも、そのころ、カープのCSもあるしなあ。馬鹿もん、羽生を応援しなくてどうする。

どうみてもそのまま当てはまる例とはいえないが、巨人がCS出場を逃したことをみて、もしかして羽生もこのまま押し切られてしまうのかとつい思ってしまった。

さて、王座戦第3局は、中村太地六段の先番。ものすごい手将棋の第1局第2局とは一変して、比較的穏やかな角換り模様となった。例によって38手目まで一気に進める。

【図1】 38手目△6五歩まで
持ち駒:△羽生王座=角



持ち駒:▲中村太地六段=角
△6五歩は積極的な攻めだが、もちろんこれで攻めつぶそうという意味ではなく、味付けみたいなニュアンスの手である。ただ、ここでの△6五歩は早いというか、珍しいらしい。以下、▲6五同歩,△同桂,▲6六銀,△6四歩,▲4五歩,△3一玉,▲4六角と進行した。

【図2】 46手目△6三金まで
持ち駒:△羽生王座=角



持ち駒:▲中村太地六段=歩
▲4六角に△6三金は普通の手で、そこで中村は▲7七桂と桂馬を捌き、羽生は△9二香。ここで中村は▲6七歩と渋く指したが、前例があるらしい。以下、△8六歩,▲同歩,△同飛,▲6五桂,△同歩,▲7七銀と進行した。

【図3】 56手目△8四飛まで
持ち駒:△羽生王座=角桂歩



持ち駒:▲中村太地六段=桂歩
ここで羽生は飛車を逃げる一手だが、△9二香と上がっているので、△8一飛と指すのは必然ではない。果たして羽生は△8四飛とした。以下羽生は▲9一角成に△7五歩と指したが、単に△6四桂が優ったようである。△7五歩以下は、▲8五歩,△同飛,▲9二馬,△6四桂,▲8六香と羽生の飛車が詰んでしまった。しかし羽生は平然と△5六桂と取り、同歩となった。

【図4】 66手目△4七銀まで
持ち駒:△羽生王座=角歩2



持ち駒:▲中村太地六段=桂2
ここで△4七銀が羽生の狙いである。これを▲同金と取る手もあったようであるが、以下▲5七金,△7六歩,▲8五香,△7七歩成,▲同玉,△3八銀不成,▲8九飛と進行した。形勢は依然として互角である。ただ、後手の方が方針が分かりやすいようである。

【図5】 74手目△4八角まで
持ち駒:△羽生王座=銀歩3



持ち駒:▲中村太地六段=飛桂2歩
△4八角は検討陣も予想していた手で、中村が▲6八金とすると、羽生は△2二玉。これは王手をされているわけではないので、意表をついた。これには中村はいったん▲2四歩だが、羽生は無視して△3七角成。以下▲2三歩成,△同玉,▲6一飛,△8八歩,▲7九飛と進行した。

【図6】 84手目△6四馬まで
持ち駒:△羽生王座=銀桂歩3



持ち駒:▲中村太地六段=飛2歩2
▲2一飛成が見えているので、受けないで△6四馬はなんとも強い手だが、先手は当然に▲2一飛成とし、以下、△2二金,▲1一龍,△8六銀,▲7八玉,△7七歩,▲同金,△同銀成,▲同玉,△2一金打,▲1五桂,△同歩,▲同龍となった。途中△2一金打では、△7六歩が優ったようである。ここでは微妙に先手がよくなったのかもしれない。

【図7】 98手目△7五馬まで
持ち駒:△羽生王座=桂2歩2



持ち駒:▲中村太地六段=銀桂2香歩4
しかし△7五馬も厳しい。▲6八玉と受けると、△7六桂,▲5八玉,△5七馬,▲同玉,△4七金で詰まされてしまう。そこで中村は▲8七玉と飛車道を通すように玉を躱し、以下、△5七馬,▲1四銀,△3二玉,▲7二飛成,△6二桂,▲7五桂,△1三歩,▲6三桂成,△1四歩と進んだ。

【図8】 109手目▲6二龍まで
持ち駒:△羽生王座=金銀桂歩



持ち駒:▲中村太地六段=金桂2香歩4
ここで当然ながら先手は▲6二龍で王手をする。これに対して羽生は△4二桂と受けたが、ここは△4二銀の方がよかった。ただ、それで後手が悪くなったというわけでもない。△4二桂以下は、▲2六龍,△6七馬,▲7一龍,△2四歩と進んだ。ここで中村は▲5三成桂とし、これはあまりよくないようであるが、代わりの▲3七龍もあまりぱっとしない。すると知らない間に後手がよくなったのだろうか。▲5三成桂以下は△7五歩,▲同龍となった。

【図9】 118手目△6六銀まで
持ち駒:△羽生王座=金



持ち駒:▲中村太地六段=金桂2香歩6
ここで△6六銀が厳しい。これに対して中村は▲7三龍としたが、ここは▲8六龍が優った。しかし最早後手の優位は動かない。▲7三龍以下は△7六金,▲9七玉,△7七馬と進行したが、△7六金には▲9七玉でなく▲同龍と取ってしまう方が、結局不利にしても少しだけ綾があった。ともかく△7七馬で必至なので、中村は▲4三成桂,△同銀,▲同龍,△同玉,▲6五馬,△5四桂打,▲3五桂,△同歩,▲4四銀,△3二玉,▲4三金と攻めた。

【図10】 投了図 134手目△3一玉まで
持ち駒:△羽生王座=飛桂



持ち駒:▲中村太地六段=桂香歩7
しかし△3一玉で継続手段がないので、ここで中村の投了となった。

さて本局、【図7】では少しだけ先手がよかったはずなのだが、【図8】では羽生が有利になっていた。すると、【図7】から【図8】の間に先手の悪手というか敗着があるのでは、と想定して私なりに考えて、△7五馬に対して▲8七玉がおかしいのでは、と想到した。ボロッと5七の金を取られるのが痛いのである。で、▲8七玉の代わりに▲5八金はどうかと目についたのだが、あとの手順が分からない。そこで【図7】の局面を改めて激指しに考えさせてところ、20分くらい長考して、▲5八金,△8五馬,▲7六歩,△7一香,▲6八桂,△7五歩,▲同歩,△7六歩,▲同桂,△7五香,▲6八玉,△7六香,▲7七歩,△8七桂,▲7八飛,△9九桂成で先手がいいのだという。とすると、この手順の是非を見極めるのは私の棋力では難しいが、やはり▲8七玉は敗着で、私が目についた▲5八金は、もしかして本当に正解なのかもしれない。

ということで、羽生が一番返したことで分からなくなったのだが、私は依然として、中村がタイトルを奪取するのではと予想する。理由は、羽生は来る竜王戦にフォーカスしているはずだからである。加齢により肉体的・精神的にリソースが減ってきた羽生は、どうしても選択と集中という方策を採らざるをえない。

王座戦第2局が始まった。王座戦第1局で中村太地六段に粘り負けした羽生王座であるが、第2局はどうだろうか。なんとなく羽生王座の体力が気になる。

第2局は相掛りとなった。例によって41手目まで一気に進める。

【図1】 41手目▲4五歩まで
持ち駒:△中村太地六段=歩



持ち駒:▲羽生王座=歩
さて、羽生王座は▲4五歩であるが、これは検討陣には謎の手と評されたものである。なぜなら、こう指すと、▲4五銀や▲4五桂の可能性をなくして局面の幅を狭めてしまうからである。ただ、だからといってこれで不利ということもないのだが。ここからは、△6三銀,▲4八飛,△5四歩,▲2二角成,△同銀,▲4六角,△3三銀,▲8八銀,△6四角,▲同角,△同銀,▲4六角,△6三金,▲7七銀,△4二銀のように進行した。
前局では沢山局面の図を使いすぎて面倒だったので、本局では一気に106手目までスキップする。

【図2】 106手目△6六桂まで
持ち駒:△中村太地六段=角桂香歩6



持ち駒:▲羽生王座=なし
さて、図2は羽生王座が△6六桂と打たれたところだが、ここで羽生が▲4四飛と指したのは疑問手だろう。なぜなら、△5八桂成と金を取られる手が大きいのである。ただ、検討陣は▲4四飛には単に△4一歩と打っておく方がいいと指摘していた。しかし中村は、△5八桂成,▲同玉,△5一金,▲7二龍と手堅く指した。戻って、▲4四飛ではともかくも一旦▲4八金と逃げておくところだったようである。

【図3】 112手目△6二歩まで
持ち駒:△中村太地六段=角桂香歩5



持ち駒:▲羽生王座=金桂歩
中村は△6二歩と手堅く受けたが、ここでは△5二桂が普通のようである。△6二歩以下は、▲6七玉,△4三歩と進んだ。

【図4】 115手目▲4九飛まで
持ち駒:△中村太地六段=角桂香歩4



持ち駒:▲羽生王座=金桂歩
ここで羽生王座は▲4九飛とあっさり逃げたが、ここは一旦▲2二金と打ち込む方が綾があった。それでも先手がよくなることはないが、まだ紛れる可能性があった。▲4九飛以下は、△2三玉,▲7七玉,△5五香,▲7三桂成,△5六香,▲同歩,△3八馬,▲9九飛,△5六馬,▲7五銀,△同歩,▲8六玉,△7八馬,▲9一飛成,△8三歩と進んだ。

【図5】 131手目▲8三同成桂まで
持ち駒:△中村太地六段=角金銀2桂香歩4



持ち駒:▲羽生王座=金桂香歩2
さて、△8三歩に羽生王座は▲同成桂と応じたが、これは疑問手だった。なぜなら△6三銀と拠点を築かれてしまったからである。なので、△8三歩には▲同龍の方がよかった。△6三銀以下は、▲7一龍上,△8二歩,▲同成桂,△8一歩,▲同龍右,△9四歩,▲同龍,△6八角,▲7五玉,△8七馬,▲7三成銀と進んたが、ここで△9三歩はどうなんだろう。というのは、△9三歩に▲同龍と取ってくれたからいいようなものの、△9三歩に手抜いて▲6三成銀,△9四歩,▲7四玉となると、まだ中村が優勢なのだろうが、本譜より紛れていないか。なので△9三歩では、直ちに△5七角成から本譜のような手順で先手玉を引き落としておく方がよかったと思う。△9三歩に▲同龍と取ってからは、もう△5七角成,▲6六香,△同馬,▲同玉,△8六馬,▲5六歩,△4五桂,▲6七金,△7四桂,▲同成銀で羽生玉が捕まってしまった。途中△4五桂は相当な好手である。

【図6】 投了図 156手目△7四同銀まで
持ち駒:△中村太地六段=金銀2香2歩



持ち駒:▲羽生王座=角桂2歩6
そして△7四同銀で羽生玉は明確な必至なので、投了もやむを得ないのだった。

ということで本局も、綾はあったかもしれないのに羽生が終盤で力尽きた。ただ、そろそろ残暑も終わるので、羽生の体力も次第に回復するのではないだろうか。ここで聞こえてくる曲は、森山直太朗の「夏の終わり」だったりする。少なくともそれはまだ、「羽生の終わり」ではない、決して。

戦法の疲れ

user-pic
0

全く新規性のない言い方だが、戦法の疲れってあると思う。すなわち、将棋でも囲碁でも野球でもそうだが、特定のやり方がうまくいくということは結構ある。それで人間の常として、そのうまくいったやり方に固執してしまい、次第にマンネリ化して通用しなくなる、ということはある。

将棋では例えば、あれほど隆盛を極めた藤井システムが一時通用しなくなった。それは要するにその戦法を駆使する人たちがその戦法に飽きてしまうのである。戦法そのものはもちろん人格などないので飽きるということはないのだが、それを採用する人間たちの集合的存在が飽きたとき、それを戦法の疲れと呼ぶ。

それは要するに人間の、というか生物自体の飽きやすい性質によるので、どんな優れた戦法でも、ある一定期間内に趣向を変えなくてはならない。

例えば、王位戦第3局で、菅井七段は変則三間飛車を3局続けて採用したが、こういう変則戦法ほど賞味期限が短くて、そろそろ異臭が漂い始めていた。それで王位戦第3局を負けると菅井七段は矛先を変え、普通の中飛車にスイッチし、剰え途中から居飛車に切り替えて、戦法の疲れを防ぎつつ、菅井七段は勝利した。この勝利はなかなか大きく、結局、菅井七段は王位を奪取した。でも羽生三冠は、目下竜王の奪取が一番の目標である。

戦法の疲れというと、つい広島カープに目が行く。すなわち、広島カープは、抑えのジャクソン、中崎、今村という終盤定跡が疲れてきて、次第に通用しにくくなった。この戦法に固執するかぎり、カープのリーグ二連覇は結構厳しかったかもしれない。しかし緒方監督は、微調整でなんとか乗り切った。

そう、戦法の疲れは人類にとって本質的で、それがなきゃローマももう少しもったのである。

ともかく飽きにどう対処するのか。興味の地平を無駄に広げるしかないのか。なぜか聞こえてくる曲は、♪娘盛りを無駄にするなと、時雨の宿で背を向ける人♪という越冬つばめなのだった。

負けと勝ち

user-pic
0

一般的に勝負とはいうが、負勝とは言わない。そもそも勝つことは楽しく華やかだが、負けることは辛くて気持ちが沈む。それでも私はふと、負ける方が本質的ではないかと最近思いついた。

すなわち、負けることは充電であり、勝つことは放電である、というのが私が思いついた命題である。

例えば、どんな将棋の天才であっても、ルールを覚えたばかりの頃は初心者で負け続ける。もしそこで負け続けて嫌になって止めるような人は最初から将棋に向いていない。ただ、これはあまり高いハードルではなくて、私のような将棋の鈍才であっても、負け続けて嫌になって将棋を止めてしまうことはなかった。むしろ負け続けても何かを充電し続けて、蓄積するものがある閾値を超えると急に強くなるのである。

私個人の例だと、将棋の職団戦のチームで、前回のAクラスで負けたのでBクラスに落ちたことがあった。われわれのチームはBクラスではまあ強い方なので、だいたい3回戦くらいまで勝ち上がってAクラスに復帰できるのだが、そのときは私ともう一人のメンバーが6戦全勝で、ぶっちぎりでBクラスで優勝した。そのときは私はいい将棋はそのまま押し切り、悪い将棋も頑張って逆転できいたので、普通のアマ四段程度には負ける気がしなかった。

ところがそれからしばらくして社内の将棋大会に出場したら、私はいつも上位に入る常連なのに、そのときは頭の中に靄がかかったようになり、何も考えられないで早々に敗退してしまった。

その原因は、いまから考えると、6戦全勝してしまい、勝負のリソースを放電しきってしまったからのようである。

ところで、世界水泳の競技をみていたとき、私のファンの池江璃花子が、50m自由形をノーブレス、すなわち息継ぎなしで泳ぎ切るのだという。へえなんだかすごいと思ったのだが、勝負で負けるというのはこの息継ぎに相当する。そして負けないで連勝するということはまさにノーブレスである程度の距離を泳ぐということなのだから、勝負の肺活量が大きいということを意味する。

息継ぎというと、囲碁の井山六冠は、比較的マイナーな棋戦で負けて、そこで息継ぎして、あとは勝ち続けるということをする。よほど勝負の肺活量が大きいということになる。一流棋士の条件だろう。

戻って、今年の広島カープの成績をみてみると、7月までは好調でこのままぶっちぎりで優勝しそうだったのに、8月に入るとメタメタで、最下位のヤクルトにも苦戦したりして、月間の勝率はなんと5割を下回った。少なくないカープファンが、このままではずるずると2位まで落ちるのではないかと危惧したことだろう。

ところが今にして思うとカープは、8月に充電していたのである。その蓄積を9月に入って一気に放電し、9月の成績が11勝1敗で一気にマジック1に迫った。その勢いがあるので、台風で中止が危惧された9月16日のマツダスタジアムでのヤクルト戦は、分がいいヤクルトが相手なのであっさり優勝を決めると多くの人が思ったことだろう。しかしカープは終盤で逆転されて、逆転の一打も出ないでヤクルトに負けてしまった。これは9月の連勝による放電でリソース不足になったからに違いない。

そう考えると、なかなか優勝が決められないでもたもたした方が、これからのCSでも、また出れたときの日本シリーズも、負けによる充電があって、あっさり優勝を決めたソフトバンクよりも却って有利ということになる。

そういう意味では、去年の日本シリーズ、神っている状態で優勝したカープよりも、ソフトバンクと競って日本シリーズに出てきた日本ハムは、負けによる充電量がカープより多かったのが、勝因ということになる。じっさい、最初に2連勝したあと力なく四連敗したカープは、明らかに何かのリソース不足の様相を呈していたのだった。

あと去年の日本シリーズでも、9月16日のマツダスタジアムでのヤクルト戦でも、打たれても選手を信頼してなかなか交代させようとしない緒方監督の采配に焦れる人もいたと思うが、そうやって選手を信頼して辛抱強く使い、育成にも力を入れる緒方監督のやり方が今年もここまでの成績につながっていると思う。実際、今年のペナントレースの予想では、カープを推す人は必ずしも多くなかった。一方、極端にドライに選手を起用して日本シリーズを勝ち切った日本ハムの今年の成績は、去年と落差がありすぎないか。

だとしても、ともかく早く優勝を決めてよね、とカープ・ファンの私は願うのだった。

今年の6月に29連勝の新記録を達成した藤井四段であるが、7月2日に佐々木勇気六段に連勝を止められてから、必ずしも景気はよくない。

すなわち、7月21日に上州YAMADA杯で三枚堂達也四段に敗れ、8月4日に王将戦予選で菅井七段に敗れ、8月24日に棋王戦挑戦者決定T2回戦で豊島八段に敗れ、9月2日に加古川青流戦で井出四段に敗れ、9月7日に新人王戦準々決勝で佐々木大地四段に敗れて、6敗目を喫した。

なんか藤井四段が絶不調になったようだが、冷静に考えるとまだ勝率は8割2分8厘なのだから相当に勝っているといえる。しかしこれは中原誠十六世名人のもつ8割7分5厘の年間勝率記録を下廻ってしまい、こちらを狙うのはかなり難しくなってきた。

で、私の提案だが、将棋連盟は藤井四段の追っかけはもう止めたらどうだろうか。

将棋連盟が去年の三浦事件で下がりに下がった将棋連盟の評判を、藤井四段フィーバーで挽回しようとしたのは分かる。しかしその目的はもう一応達成され、これ以上追っかけを続けることは、将棋でいうところの指しすぎになる。いや、なによりも、追っかけでこれ以上藤井四段にプレッシャをかけ続けると、藤井四段という天下の逸材をスポイルしてしまう。その損失が将棋連盟の識者は分からないのだろうか。

ところで、9月8日、羽生二冠が松尾八段を破って渡辺竜王への挑戦を決めた。これは渡辺竜王に三浦事件のけじめをつけさせるという意味で重要なステップであった。おそらくであるが、羽生にとって、王位や王座の防衛よりも竜王への挑戦を決めることが優先順位が高かったのだろうと推察される。

その渡辺竜王であるが、9月8日、稲葉八段に勝ってA級順位戦の成績を2勝2敗の五分にした。流石になかなかしぶとい。羽生二冠が竜王位を奪還できるかどうか分からないが、今期は羽生二冠は棋士生命をかけて戦うだろう。その理由はいうまでもない。

羽生は忙しい。王位戦第5局で菅井から王位を奪取されたと思ったら、もう中村太地との王座戦第1局である。しかし、中村太地は難敵であると認めざるをえない。なぜなら、四年前の王座戦でも中村太地の挑戦を受けて羽生は大苦戦し、やっと防衛したからである。さて戦型は変則矢倉模様になり、後手番の羽生は最近流行の雁木模様にした。例によって41手目▲6七金右まで進める。

【図1】 41手目▲6七金右まで
持ち駒:△羽生王座=なし



持ち駒:▲中村太地六段=歩
▲6七金右と自陣を整備したものの、△8六歩,▲8八歩と謝らされては、羽生が一本取った。以下、△6四歩,▲2四歩,△同歩,▲4六歩,△同歩,▲同角,△4五歩,▲2四角,△2三歩,▲6八角,△6五歩,▲5五歩,△6三銀,▲5六金,△6六歩,▲同銀,△6七歩と進んだ。

【図2】 61手目▲7九角まで
持ち駒:△羽生王座=歩



持ち駒:▲中村太地六段=歩3
しかし、△6七歩と辛抱させられては、いかにも中村の方が辛そうである。以下、△6四銀,▲7七桂,△7五歩,▲6五歩,△7六歩,▲6四歩,△7七歩成,▲同銀,△6五桂,▲7六銀,△2六角,▲同飛と進んだ。

【図3】 74手目△5七歩まで
持ち駒:△羽生王座=銀歩



持ち駒:▲中村太地六段=角銀歩3
そして△5七歩が詰めろとあっては、見た目には中村が苦しそうである。ここから▲6七金,△5八銀,▲6八玉,△6七銀成,▲同玉,△8七歩成,▲同銀,△7七金,▲6六玉,△8七金と進んだ。

【図4】 85手目▲4四歩まで
持ち駒:△羽生王座=銀歩



持ち駒:▲中村太地六段=角銀2歩4
そして中村がどう受けるのかとみているとなんと、▲4四歩と攻めあった。以下、△8六飛,▲7五玉と進行した。

【図5】 88手目△7二歩まで
持ち駒:△羽生王座=銀



持ち駒:▲中村太地六段=角銀2歩4
そして羽生は△7二歩と受けたが、ここは△6二金がよかったようである。以下▲6七角△5二銀に(1)▲9五銀は、△7四歩▲同玉△6三銀打▲同歩成△同銀▲7五玉△5六飛が行方八段指摘の順で後手が勝つ。最後の△5六飛に▲同角なら、△7四歩▲8四玉△8五金▲8三玉△7二金まででぴったり詰みだ。(2)▲4三歩成も△同銀▲6三銀△7四歩▲同銀成△7七桂成▲6三歩成△6七成桂▲6二と△4二角▲6四成銀△8三銀が予想される進行で先手玉が捕まっていそうという感想戦の内容があった。本譜は、△7二歩以下、▲6七角,△4四銀,▲8七歩,△同飛成,▲7六銀と進行した。しかし激指の指摘では、▲7六銀は疑問手で、▲7八銀の方がいいのだという。

【図6】 94手目△8一龍まで
持ち駒:△羽生王座=銀歩2



持ち駒:▲中村太地六段=金銀歩4
羽生王座は△8一龍と指したが、激指の指摘ではこれも疑問手で、△8四銀,▲7四玉,△8五銀と指すべきだという。ううん、いかにも難しい手順である。△8一龍以下は、▲6三銀,△7七桂成,▲5二銀成,△同玉,▲6三歩成,△同玉,▲5四金,△5二玉,▲6三金打,△4一玉,▲8二歩,△同龍となった。

【図7】 107手目▲4四金まで
持ち駒:△羽生王座=銀2歩4



持ち駒:▲中村太地六段=銀歩3
そして中村太地六段は、▲4四金と銀を取り、△6七成桂,▲6四玉,△6二歩,▲同金と進行した。

【図8】 112手目△8五桂まで
持ち駒:△羽生王座=角銀歩3



持ち駒:▲中村太地六段=銀歩4
ここで△8五桂が、△7三龍をみた幸便の捌きだった。以下、▲5四玉,△4三銀,▲同金,△同金,▲同玉,△7三龍,▲6三銀と羽生は決めに行った。

【図9】 120手目△3二金まで
持ち駒:△羽生王座=角銀歩3



持ち駒:▲中村太地六段=金銀歩4
ここで△3二金は当然のようだが、△3三金もあったらしい。△3二金以下は、▲5四玉,△4三銀,▲6五玉,△7七桂成,▲5二銀打と進んだが。

【図10】 126手目△3一玉まで
持ち駒:△羽生王座=角歩3



持ち駒:▲中村太地六段=金歩4
△3一玉は仕方ないところである。このあと、▲7四金に△9二角が好手だった。▲8三歩,△同角,▲6七銀と進んだ。

【図11】 132手目△5二銀まで
持ち駒:△羽生王座=銀歩4



持ち駒:▲中村太地六段=桂歩3
ところが△5二銀が悪手で、ここは△6七成桂で明快に後手勝ちだったようである。以下、▲8三金,△6四歩,▲5四玉,△6三銀,▲同金,△4三銀,▲4五玉,△6三龍,▲4六玉,△6七成桂,▲2二歩と進んだ。

【図12】 144手目△8三龍まで
持ち駒:△羽生王座=金2銀2歩3



持ち駒:▲中村太地六段=角銀桂歩3
ところが一旦△8三龍と金を取ったのが疑問だった。ここは△4四銀打くらいか。以下、▲2一歩成,△同玉に▲4一銀が中村らしいしがみつきである。ここから△4四銀打,▲3二銀不成,△同銀,▲7一角となった。この▲7一角が粘りある手である。

【図13】 152手目△3三銀打まで
持ち駒:△羽生王座=金2銀歩4



持ち駒:▲中村太地六段=金桂2歩3
△3三銀打,▲2二歩,△同玉,▲2四歩と進んだとき。

【図14】 156手目△3八銀まで
持ち駒:△羽生王座=金2歩5



持ち駒:▲中村太地六段=金桂2歩
△3八銀と詰めろをかけたのだが、ここは一旦は△2四歩と取っておくべきだった。▲2三歩成,△同銀,▲4八歩と一旦受けられて分からなくなった。

【図15】 160手目△6六成桂まで
持ち駒:△羽生王座=金2歩6



持ち駒:▲中村太地六段=金桂2歩
そして△6六成桂が意味不明の悪手だった。以下、▲同金,△4五歩,▲同桂,△同銀,▲同玉と進んだ。

【図16】 166手目△2五歩まで
持ち駒:△羽生王座=金2桂歩4



持ち駒:▲中村太地六段=金銀桂3歩2
羽生は△2五歩から飛車先を止めにいった。▲同飛,△2四歩に中村は飛車取りは構わず▲1五桂と攻め、△4四歩,▲5六玉,△2五歩,▲2三桂成,△同玉,▲2四歩,△1四玉,▲2六桂,△同歩,▲3七桂,△2四銀,▲4四角成,△3三金,▲2二金,△2五金と羽生は懸命に凌いだ。

【図17】 投了図 185手目▲1六銀まで
持ち駒:△羽生王座=飛桂3歩3



持ち駒:▲中村太地六段=銀歩3
中村は▲1六銀と攻めたが、なんとここで羽生が投了してしまった。しかしこれは時期尚早で、△2三桂と埋めておけば勝負は全く分からなかった。

ということで、最後は羽生の気力が途切れたというところだろうか。一方、中村太地の粘りは凄まじかった。羽生はこの流れを変えられるだろうか。

棋譜解析

user-pic
0

棋友が、先日対戦した将棋の棋譜を送ってきた。いままでは私がざっと並べて適当にコメントを述べていたのだが、折角私のパソコンに激指14が導入されているので、それを使って解析することにした。

実は激指14の棋譜解析機能は、王位戦第3局などのような記事でも使っている。それでこの際、その手順のようなものをマニュアル風に述べてみる。

プロの棋譜は基本的にウェブからダウンロードできる。それには大抵、プロ棋士の解説やコメントがあり、それも大いに参考させて頂く。ところがメールで送られてきた棋譜はMS-WORDに打ち込まれたもので、そのままでは激指14が処理できないので、棋譜をいったん印刷してそれをみながら、激指14上で、人間対人間の対戦モードで対戦というかたちで棋譜を辿った。

こうして辿ってみるだけでも、なるほどそう指すものなのか、とか、これはどうみても悪手ではないかと感じたりするので、それはノートにメモっておく。また棋譜を辿る途中で、ときどきありえない、あるいはそこに駒が移動できないだろうという明白な誤記を発見することがあるが、私の将棋の常識に照らして、ここはこの手の間違いだよね、と分かる場合はそのまま進めて、あえて棋友に聞かない。こうして最後まで棋譜を辿ったら一応、棋譜を名前をつけて保存する。

そして、激指14のメニューの「解析」→「棋譜解析」を選ぶと、「解析の棋力を指定して下さい。」とプロンプトされるので、迷わず最強である「Pro+」を選ぶ。すると、初手から最終手までの解析が始まるのだが、「Pro+」だと数十分くらい時間がかかったりするので、本を読んだり、コーヒーを飲んだりして待つ。

解析が終わると、個々の手に疑問手、悪手、敗着などのラベルが付けられることがある。その各々の手が何手目かと、どのラベルか、激指14が代わりにそこからどんな手を読んでいるかかが別ウインドウで表示されるので、それをメモする。

そして、ラベルがついた手と、それに対する激指14の読みを手数昇順で、テキストファイルなどで書き留める。そこに私なりのコメントをつけるとともに、棋友から、ここはどうだったかと聞かれている箇所があったなら、そこにラベルがついていない場合、その局面まで局面を進めて、「解析」→「次の一手」を選ぶ。すると激指14は次の一手とそこからの読み、そしてそこでの形勢を示してくれる。なお、「解析」→「次の一手」の場合は、強さを聞いてこないので、あらかじめメニューの「ファイル」→「設定」で「次の一手」の棋力をPro+に設定しておく。なお、面白いのは同じ局面で「次の一手」をさせるとその都度微妙に手の読みと形勢判断が揺れる。このあたり、確率を入れているからだろう。

ともかくこうやってコンテンツ集めて、なけなしの作文力でまとめて棋友に送ったら、そこそこ喜んでもらえたので、とりあえずよかった。自分の棋力があてにならないのでパソコン将棋に頼っているのが情けない、と思わないのが情けないかも。

王位戦第4局で、羽生王位が1勝3敗と追い込まれたときは、流石に防衛は難しいのではないかと感じたが、そこは羽生は歴戦の強者、このまま土俵を割るわけはないと信じた。ところがニュースで菅井七段が王位を奪取したというのを知って、ええっ、と驚いてしまった。そこでその王位を奪取した第5局を辿ってみることにする。

【図1】 10手目△3二飛まで
持ち駒:△菅井七段=角



持ち駒:▲羽生王位=角
さて、いきなりなんだこれはと驚いたのが、10手目△3二飛である。このかたちは普通、△2二飛で、それは坂田流向飛車と呼ばれる。将棋の序盤はどうしても囲碁よりもバリエーションが少ないが、それでもこんな新型があるんだと驚いた。△3二飛以下は、▲7八玉,△6二玉,▲8八銀,△7二玉,▲7七銀,△3五歩,▲7五歩,△4二銀,▲4八銀,△5四歩,▲5六歩,△5三銀,▲5七銀,△8二玉,▲6八金,△7二銀,▲9六歩,△9四歩,▲6六歩,△3四金と進んだ。なるほど、こうなってみると、後手の構えはなかなかである。

【図2】 31手目▲4六銀まで
持ち駒:△菅井七段=角



持ち駒:▲羽生王位=角
ここで▲4六銀は意外で、普通は▲7六銀と位を支えるのだろう。まあでもこのあたりは一局である。以下は、△3三桂,▲2四歩,△同金,▲8八玉,△4四銀,▲5八金,△2五桂となった。

【図3】 39手目▲7六角まで
持ち駒:△菅井七段=角歩



持ち駒:▲羽生王位=なし
ここで▲7六角は、指してみたい手だが、普通に▲7八金と固めるのもあった。以下、△3六歩,▲同歩,△同飛,▲3七歩,△3三飛,▲5四角,△3四金,▲7八金,△5三銀に羽生王位は▲1八角と引いた。△6四銀が嫌だったのだろうが、▲7六角と引いた方がよかったようである。▲1八角はあまり活用できない。▲1八角以下は、△6四銀,▲6七金右,△7五銀,▲5五歩,△4四歩,▲5四角,△3二歩,▲7六銀,△同銀,▲同角と進んだ。

【図4】 60手目△5六歩まで
持ち駒:△菅井七段=角銀歩



持ち駒:▲羽生王位=銀歩
しかしここで、菅井七段の△5六歩がぴったりの好手だった。ここから▲5六同金,△4五金,▲同銀,△3七桂成,▲2五飛,△4五歩,▲3四歩,△同飛,▲2三飛成,△3六飛,▲4六歩,△3八角,▲6七金打,△2七成桂,▲4三角成と進んだが、△2七成桂が相手の玉から遠ざかるので気づかない好手だった。

【図5】 76手目△6九銀まで
持ち駒:△菅井七段=銀歩3



持ち駒:▲羽生王位=銀歩2
そして△6九銀とひっかけては、最早後手が優勢である。以下、▲3七歩,△7八銀成,▲同玉,△3三飛,▲6一馬,△同銀と羽生王位は相手陣を薄くした。

【図6】 83手目▲2一龍まで
持ち駒:△菅井七段=角金銀歩3



持ち駒:▲羽生王位=金銀2歩
しかし、▲2一龍に△7一金と打って結構しっかりしている。以下、▲7二歩,△同玉,▲4四銀となった。

【図7】 88手目△7六銀まで
持ち駒:△菅井七段=角歩4



持ち駒:▲羽生王位=金銀
しかし、△7六銀が厳しい。▲5八銀と羽生が受けたが、△3四飛,▲4五金,△5七歩,▲同金,△5六歩,▲6七金,△同銀成,▲同玉,△5七歩成,▲同玉,△7八角,▲4七銀打,△5六歩,▲6八玉,△8九角成,▲3八銀,△同成桂,▲3四金と菅井七段の寄せは的確である。

【図8】 投了図 108手目△5七歩成まで
持ち駒:△菅井七段=金銀桂歩



持ち駒:▲羽生王位=飛角金歩3
△5七歩成で詰みなので、羽生王位は投了した。△5七歩成に一番手数が長いのは▲7七玉だが、△9九馬以下詰む。以下の手順は私の棋力には自明ではないが、プロなら一目だろう。

こうして羽生は二冠になってしまった。少なくとも竜王には挑戦してほしいものである。あと、中村太地を迎えての王座戦もあった。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち将棋カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは宗教です。

次のカテゴリは小説です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。