将棋の最近のブログ記事

いやあ、流石に難しいと思っていたのだが、ついに藤井四段が歴代一位の連勝記録、28連勝を達成した。以下、毎日新聞ウェブの記事から引用する。

将棋の史上最年少棋士、藤井聡太四段(14)は21日、大阪市福島区の関西将棋会館であった第67期王将戦(毎日新聞社、スポーツニッポン新聞社主催)1次予選で澤田真吾六段(25)に99手で勝ち、神谷広志八段(56)が1987年に達成した歴代1位の連勝記録、28連勝に並んだ。デビュー戦から無敗での達成は初めて。単独トップの29連勝がかかる次戦は26日、東京・将棋会館である竜王戦決勝トーナメントで増田康宏四段(19)と対局する。

藤井四段、25連勝を書いてから、まず6月14日に藤井四段は、C級2組の順位戦で、瀬川五段と指した。今まで藤井四段が指してきた相手に鑑みると藤井四段にかなり分がありそうに思われ、事実終盤の入り口で藤井四段がかなりよさそうだった。すると、抑えの切り札を抱える野球チームのようにここから藤井四段が負けることはかなりありえないねと思った。ところが瀬川五段がすごい頑張りで紛れてきた。私が藤井四段の側もったら勝てないと思った。しかし私なんぞを引き合いに出すのは意味がないのであって、流石藤井四段、そこからきっちり読みを入れて瀬川五段を下した。しかしぎりぎりの勝負だった。

次の藤井四段の対戦は、6月17日の朝日杯将棋オープン戦 一次予選、藤岡隼太アマであった。ここは流石にきっちり藤井四段が勝つだろうと思ったら、じっさいに余裕をもって勝ったようである。

そして、6月21日の王将戦 一次予選、澤田六段戦。ここが藤井四段にとってかなりの難関だと思った。なぜなら澤田六段は王位戦挑戦者決定リーグ紅組で全勝優勝するほどの実力者で、挑戦者決定戦で菅井七段に敗れたものの、トップクラスの棋士であることは間違いない。しかも澤田六段は今月の2日に棋王戦予選で藤井四段に敗れている。流石に後輩棋士に二連敗はしないのではと思ったら、また藤井四段が勝つとは。

ただ、AmebaTV七番勝負の佐藤康光九段戦といい、NHK杯の千田六段といい、終盤まるで手合い違いのように完勝したりしたのを見ると、藤井四段の終盤力がプロの中にあっても図抜けているのは確かのようである。

ともかくここまできたら、6月26日の竜王戦決勝トーナメントで増田康宏四段に勝って、新記録を樹立してほしいものである。

天彦名人対稲葉八段の名人戦が終わってしまったので、今度は棋聖戦にフォーカスすることにした。第2局は斎藤七段の後手番、例によって38手目まで一気に進める。

【図1】 38手目△5二玉まで
持ち駒:△斎藤七段=角



持ち駒:▲羽生棋聖=角
△5二玉をみて、そういえば今期の名人戦第4局でも似たような将棋になったよね、と思い出した。なんか寝技のような、手のつくりにくい不思議な将棋である。ここから、▲8八玉,△6三銀,▲4五歩,△5四歩,▲6九飛,△4二銀,▲4七銀,△6一玉,▲5六歩,△7二玉,▲4六銀と進んだ。

【図2】 50手目△5一飛まで
持ち駒:△斎藤七段=角



持ち駒:▲羽生棋聖=角
△5一飛となっても、探り合いのような手が続く。気が重くなる。以下、▲9八香,△5三銀,▲4七角,△4四歩,▲5五歩,△同歩,▲7五歩と、いよいよ戦端が開かれた。

【図3】 58手目△5六角まで
持ち駒:△斎藤七段=歩



持ち駒:▲羽生棋聖=なし
ここで△5六角は、激指も予想したところで妥当なのだろう。ただ、検討によれば、△7五同歩▲5五銀、△5六角▲同角△同歩▲7四歩△同銀▲4四歩という進行もあったらしい。本譜は△5六角以下、▲同角,△同歩,▲7四歩,△同銀となって、似たような展開である。

【図4】 63手目▲4四歩まで
持ち駒:△斎藤七段=角歩2



持ち駒:▲羽生棋聖=角歩2
さて▲4四歩のところが勝負所である。検討陣によれば、△4四同銀には▲5二歩が急所のたたきで、△5二同飛は▲4一角、△3一飛は▲5四角とそれぞれ角を使った攻めがあるという。で、本譜は▲4四歩以下、△5四銀,▲5九飛,△6三銀左,▲7五歩,△同銀,▲7六歩,△8四銀と進んだ。検討によれば、▲5九飛のところで▲5三歩もあったのでは、という。それにしても▲7五歩,△同銀,▲7六歩,△8四銀の手順は検討陣の意表を突いた。

【図5】 71手目▲4五角まで
持ち駒:△斎藤七段=角歩3



持ち駒:▲羽生棋聖=なし
▲4五角はみるからに好所の角打ちである。後手は△9五歩、△8六歩など様々な手段が考えられるが、斎藤七段は▲5六角と払われるの嫌って、単に△7四角と受けた。以下、▲3四角,△9五歩,▲4三歩成,△3三歩,▲3二と,△3四歩と羽生は角を犠牲にして金を手に入れた。

【図6】 79手目▲7五金まで
持ち駒:△斎藤七段=角歩2



持ち駒:▲羽生棋聖=歩
そして羽生はガシッと▲7五金で一見先手がよさそうであるが、本当はまだ難しいようである。以下、△8一飛,▲7四金,△同銀,▲4五角,△6三金打と進んだ。△6三金打には羽生も驚いたようである。

【図7】 85手目▲9五歩まで
持ち駒:△斎藤七段=角歩2



持ち駒:▲羽生棋聖=歩
ここで▲9五歩は相手に手を渡す手だが、検討によると、代えて▲2一ともあったという。以下△9六歩▲5五桂△9七歩成▲同香△同香成▲同玉△9一飛▲8八玉△9九角▲7九玉△9八飛成▲6三桂成△同金▲8八金打でどうか、という。本譜は以下、△9六歩,▲2一と,△8六歩,▲同歩,△9五銀,▲5五桂,△8六銀,▲同銀,△同飛,▲8七歩,△9七歩成,▲同香,△同香成,▲同桂,△9六飛と進んだ。この一連の手順のうちに、少し先手がよくなったようである。ただ、具体的にどの手がよくなかったのか、判断は難しい。

【図8】 101手目▲7五香まで
持ち駒:△斎藤七段=角銀香歩3



持ち駒:▲羽生棋聖=銀歩3
ここで検討陣は▲6三桂成△同金▲8四金が有力といっていたのだが、羽生は単に▲7五香。これも厳しい。以下、△7七歩,▲7四香,△7八歩成,▲同玉,△5四香,▲6三桂成,△同金,▲7三香成,△同玉となり、そろそろ先手勝ちのゴールが見えてきたか。

【図9】 111手目▲8五桂打まで
持ち駒:△斎藤七段=角金銀桂香歩2



持ち駒:▲羽生棋聖=金銀2歩4
そして、8五桂打が決め手である。△6二玉,▲7三金,△同金と進んで、

【図10】 115手目▲5四角まで
持ち駒:△斎藤七段=角金2銀桂香歩2



持ち駒:▲羽生棋聖=銀2香歩4
▲5四角が決め手で、先手の危険を除去しつつ後手に迫っている。△7七歩,▲6八玉,△9七飛成,▲7三桂成,△同玉,▲7四香,△8四玉,▲7五銀,△9四玉となって、

【図11】 投了図 125手目▲8三銀まで
持ち駒:△斎藤七段=角金2銀桂3香歩



持ち駒:▲羽生棋聖=金歩4
▲8三銀で即詰みなので、斎藤七段の投了も仕方ない。

斎藤七段の敗着は【図7】で示した手順にあるのかもしれないが、検討の結果でも、具体的には判らなかったようである。斎藤七段、初陣でまだタイトル戦に慣れていないのだろうか。

十分ありえると思っていたのだが、やはり藤井四段が25連勝した。毎日新聞のウェブ記事をまず引用させて頂く。

昨年12月のデビュー戦から快進撃を続けている将棋の藤井聡太四段(14)が10日、東京・将棋会館で行われた第3期叡王戦段位別予選で、梶浦宏孝四段(21)に続いて、都成(となり)竜馬四段(27)も破り、公式戦連勝記録を25に伸ばした。これにより丸山忠久九段(46)が1994年に達成した24連勝を抜いて、歴代単独2位に躍り出た。

で、具体的にいつ誰に勝ったのだろうと、ウェブを探していたら、さきどりちゃんねるによいまとめの情報があったので、これを利用させて頂いて、改めて以下の表にしてみた。情報、ありがとうございました。

番号日付対戦相手棋戦
12016/12/24加藤一二三九段竜王戦6組
22017/1/26豊川七段棋王戦予選
32017/2/9浦野八段竜王戦6組
42017/2/23浦野八段NHK杯予選
52017/2/23北浜八段NHK杯予選
62017/2/23竹内四段NHK杯予選
72017/3/1有森七段王将戦一次予選
82017/3/10大橋四段新人王戦
92017/3/16所司七段竜王戦6組
102017/3/23大橋四段棋王戦予選
112017/4/4小林裕士七段王将戦一次予選
122017/4/13星野四段竜王戦6組ランキング戦
132017/4/17千田六段NHK杯一回戦
142017/4/26平藤七段棋王戦予選
152017/5/1金井六段竜王戦6組準決勝
162017/5/4横山大樹アマ新人王戦
172017/5/12西川和宏六段王将戦一次予選
182017/5/18竹内四段加古川清流戦
192017/5/25近藤誠也五段竜王戦6組決勝
202017/6/2澤田六段棋王戦予選
212017/6/7都成四段上州YAMADAチャレンジ杯
222017/6/7阪口五段上州YAMADAチャレンジ杯
232017/6/7宮本五段上州YAMADAチャレンジ杯
242017/6/10梶浦四段叡王戦段位別予選
252017/6/10都成四段叡王戦段位別予選

これをみると、2局指したのは、浦野八段、大橋四段、竹内四段、都成四段で、流石にまだ、3局指した棋士はいない。

棋戦では、竜王戦6組関係が6局、NHK杯と棋王戦関係が4局、王将戦予選と上州YAMADAチャレンジ杯が3局、新人王戦と叡王戦段位別予選が2局とかなり重なっている。

個人的には、一日何局も指す短時間棋戦で連勝云々するのはどうか、と思ったこともあるが、逆にいうと短時間だとポカとか取りこぼしの可能性も多いわけで、短時間棋戦が連勝により寄与するということもない。

対戦相手であるが、いわゆる成績に基づくレーティングという意味では、一番手強いのは千田六段であるが、放送されたNHK杯では、藤井四段の完勝だった。その他、北浜八段、澤田六段、近藤誠也五段もトップクラスの強さである。

また、NHK杯をみていると、過去の実績に拘わらず若手の四段が勝つものだというのが相場で、そういう意味で、宮本五段、梶浦四段、大橋四段、都成四段などにきっちり勝つというのも相当大変である。

さらに、非公式戦であるが、ここまでで藤井四段を負かしたのは、豊島将之八段と永瀬拓矢六段だけで、予選を勝ち進んで、このレベルの棋士と日常的に対戦するようになったとき、どのように戦うかが藤井四段の真価だろう。

最後に将棋連盟に言いたいのは、将棋連盟のある棋士が藤井フィーバーを、神風が吹いていると喜んでいる、という話を聞いたが、神風なのか、バルチック艦隊に対する日本海海戦の勝利なのか分からないが、それに浮かれていても、三浦事件など将棋連盟に山積みの問題はびた一文解決されない、ということである。なので、藤井フィーバーを隠れ蓑にしないでいただきたい。

天彦名人対稲葉八段の名人戦は、第3局で、稲葉八段がやや不利な形勢の終盤を、妙手で抜き去って2勝1敗と勝ち越したとき、いけるかもしれないと期待した。そのときの期待感が残っていたので、第4局で天彦名人がタイに持ち直したときも、いやまだまだ稲葉八段がいけるはずだ、なぜなら天彦名人は電王戦の負けが痛手なはずだからと、まだ稲葉八段を推していた。

ところが、第5局、天彦名人が勇気流で勇気凛凛完勝したのをみて、天彦名人に電王戦の負けの引きずりはまったくなく、むしろポナンザから力をもらっているくらいだ、と、気の早い私は心の中で名人戦終了のゴングを鳴らしていた。

なので、盛り下がった気持ちで名人戦第6局を見始めたら、早速天彦名人が序盤から、ややリードの様子である。一気に35手目まで進める。

【図1】 35手目▲2五飛まで
持ち駒:△天彦名人=なし



持ち駒:▲稲葉八段=歩
棋友と話したのだが、本局も相掛かりで、先手の稲葉が飛車先を切り、後手の天彦名人がわざと飛車先を保留した。すると一時代前の価値観では、飛車先を切った稲葉八段の方が有利なはずなのだが、現代ではそのような常識は通用しない。AIの隆盛が、過去の常識を塗り替えることを促進している。本局も、△6四銀がいい味で、▲2五飛は△7五歩を牽制した手なのだが、以下、△5二金,▲4八金と進んだ。

【図2】 38手目△4四歩まで
持ち駒:△天彦名人=なし



持ち駒:▲稲葉八段=歩
そして、△4四歩をみて、先に角を交換しておくんだったかと、稲葉八段は後悔したようである。なぜなら、△4四歩と止められて、先手は自陣の角の捌きに苦慮した。▲6八角,△3一玉,▲7七銀,△5四歩,▲6六銀,△4二角,▲5六歩,△4三金,▲2九飛,△8二飛,▲4六歩,△5三角,▲4七銀と進んだ。後手もちの棋士が多いようだが、村山七段が先手もちというのだから、微妙なのだろう。

【図3】 52手目△3三桂まで
持ち駒:△天彦名人=なし



持ち駒:▲稲葉八段=歩
52手目△3三桂となって随分ゆっくりした展開である。ここから▲2五桂,△同桂,▲同飛,△3三銀と稲葉八段は桂交換した。そのことの是非はともかくとして、本局は天彦名人が、絶妙の桂使いを見せる。△3三銀のあとは▲7七桂,△7三桂,▲2九飛,△2四銀,▲7五歩と進んだ。いよいよ開戦である。

【図4】 62手目△6二桂まで
持ち駒:△天彦名人=なし



持ち駒:▲稲葉八段=桂歩
ここで天彦名人に、絶妙の桂使いの第一弾が出る。それが、△6二桂である。これに対して稲葉八段が、予想された手だが▲6五桂打と攻め、以下△同桂,▲同桂,△4二角,▲7六桂,△8三飛,▲6四桂,△同歩,▲7四歩,△6五歩,▲同銀と進んだ。

【図5】 74手目△5三桂まで
持ち駒:△天彦名人=桂歩



持ち駒:▲稲葉八段=銀歩3
ここで天彦名人は、△5三桂。まさに桂馬の乱舞である。以下、▲7六銀,△7四桂となって、次に△6六桂打の継桂が厳しい。こうなるなら、▲7六銀よりも▲6四銀と踏み込む方がよかったと思われる。以下、△7四桂には▲7五銀打である。で、稲葉八段は△6六桂打を避けて▲7九金であるが、これも手の調子が変である。単に▲7五銀が優ると思われる。ここで△5五歩が名調子。先手は▲7五銀打だが。

【図6】 80手目△6二桂まで
持ち駒:△天彦名人=桂歩



持ち駒:▲稲葉八段=歩3
優勢を意識する天彦名人は、がっちり△6二桂と繋いでおいて動じない。以下、▲6六歩,△8六歩,▲同歩,△5六歩,▲8五歩と進んだが。

【図7】 86手目△5四金まで
持ち駒:△天彦名人=桂歩2



持ち駒:▲稲葉八段=歩4
△5四金と出られて、稲葉八段は、どうにもならなくなったと感じたという。以下、手順のみ掲げる。▲2五歩,△3三銀,▲8四歩,△6三飛,▲1五歩,△同歩,▲1二歩,△同香,▲1三歩,△同香,▲4五歩,△同桂,▲5六銀,△5七歩,▲同金,△6四桂,▲4三歩,△同金,▲7四銀,△同桂,▲6七銀左,△5六桂,▲同銀,△6六桂,▲4七玉。

【図8】 投了図 112手目△5五銀まで
持ち駒:△天彦名人=銀歩7



持ち駒:▲稲葉八段=桂2歩2
そして、△5五銀で力尽きて稲葉八段は投了となった。

結局、終わってみると、天彦名人の強さ、センスのよさが光った天彦名人だった。来期の挑戦は豊島八段か、渡辺竜王か。制度上、藤井四段が挑戦するのは少なくとも四年はかかってしまう。

棋聖戦第1局が始まった。タイトル戦初登場の斎藤七段が、文字通り百戦錬磨の羽生三冠とどう戦うか見ものである。ところで、斎藤七段といえば、将棋の対話棋書で述べたように、「糸谷&斎藤の現代将棋解体新書」の著者の一人なのであって、現代の流行戦法を信じられないくらい深いところまで研究していると感心した。なので、この将棋もそういう斎藤七段の深い研究がみられると期待した。ところが、私にとってあまりにも見慣れた戦型になってしまい、却って唖然とした。例によって43手目まで一気に進める。

【図1】 43手目▲4五歩まで
持ち駒:△羽生棋聖=なし



持ち駒:▲斎藤七段=なし
唖然とした、というのは昔懐かしの同形矢倉になったからである。いまどきの同形矢倉といえばせめて脇システムだろう。じっさいこの形は、「三浦&阿部健の居飛車研究」でも「糸谷&斎藤の現代将棋解体新書」でも一切言及されていない。そういえば藤森四段の著書でみたような気がするが、なんにしてもいまや、マイナーであろう。ともかく▲4五歩以下は、△同歩,▲同桂,△4四銀,▲4六銀,△6五歩,▲同歩,△7五歩,▲2四歩,△同歩,▲3五歩,△7六歩,▲同金,△6七歩,▲5七角と進んだ。手順中、▲4五歩,△同歩,▲同桂は結構珍しく、普通は▲4五歩,△同歩のあと、▲3五歩というのが拙い私の矢倉の知識である。本譜は先手が出遅れているような感じがしてならない。

【図2】 58手目△7四銀まで
持ち駒:△羽生棋聖=歩2



持ち駒:▲斎藤七段=歩3
果たして、△7四銀となってみると、素人目には攻めている後手がよさそうなのだが、激指しの形勢判断も後手よしである。するとやはり、▲4五歩,△同歩のあと、▲3五歩の方がいいのか。まあ、そんな単純な話ではないだろうが。△7四銀のあとは、▲2三歩,△同金,▲3四歩,△8六歩,▲同銀と進んで、いよいよ先手が出遅れている感じがある。

【図3】 64手目△6五銀まで
持ち駒:△羽生棋聖=歩4



持ち駒:▲斎藤七段=歩4
で、後手は当然の△6五銀だが、▲7七歩がいい辛抱だった。で、羽生は△8五歩とし、これには▲9七銀かと思ったら、なんと▲7五銀と強気である。以下、△7六銀,▲同歩,△6五桂,▲6六角と進んだ。

【図4】 72手目△6八金まで
持ち駒:△羽生棋聖=歩3



持ち駒:▲斎藤七段=銀歩3
△6八金はなんとも強引な手だが、▲同金,△同歩成,▲同飛と進んで、先手は特に悪くないようである。そこから△7七歩,▲同桂となった。

【図5】 78手目△7五角まで
持ち駒:△羽生棋聖=金銀歩2



持ち駒:▲斎藤七段=金銀歩5
羽生はここで△7五角と切ったが、検討陣によると、▲7五同角△7九銀▲同玉△7七桂成に、▲3三銀△同桂▲3一角打△2一玉▲3三歩成で先手勝ちという結論が出ているのだという。本当にそうなのか。それもはっきりしないようである。で、斎藤七段は△7五角に▲同歩とし、△8六歩,▲同歩,△6七歩,▲4四角,△同金,▲3三金,△同桂,▲同歩成,△同金,▲同桂成と進んだ。

【図6】 90手目△3三同玉まで
持ち駒:△羽生棋聖=角金2銀桂歩2



持ち駒:▲斎藤七段=角金銀2桂歩6
△3三同玉と玉が露出し、先手は豊富な持ち駒があるので、なんとかなりそうであるが、プロの直感では後手が残している、というものらしい。以下、△同玉,▲4五桂,△同金,▲3四歩,△4三玉,▲5三金,△同玉,▲6五桂,△4三玉,▲3五桂,△同金,▲4四歩,△3四玉,▲3五銀,△同玉,▲3六歩,△4五玉,▲3四銀,△同玉,▲3五銀と斎藤七段は懸命に追及したが、あと一歩届かなかった。ただ、△4三玉に▲5三金としたところでは、▲3三金,△5二玉,▲5三銀とする手があり、その方が綾があったようであるが、後手よしは動かないようである。なにしろ先手玉は結構危ないかたちである。

【図7】 投了図 110手目△2三玉まで
持ち駒:△羽生棋聖=角金3銀3桂3歩3



持ち駒:▲斎藤七段=角金歩3
結局、△2三玉で後手玉が詰まず、先手は最早受けなしなので、先手の投了もやむなしである。

どこが斎藤七段の敗因かわからないが、【図5】で△7五角に▲同歩としたあたりが分岐点だったようである。次局は斎藤七段が後手番で横歩取りだろうか。

5月30日の夜、囲碁・将棋チャンネルで銀河戦のEブロック、木村八段対戸辺七段戦を観ていてつい、三浦事件とは何だったか、と回想してみた。

なぜ三浦事件を回想したのかというと、Eブロックでは、この二人のうちの勝者が三浦九段と次に当たるからである。局面は戸辺七段が、中飛車からの猛攻で、流石の受け師、木村も受けきれそうにない。すると次は、戸辺対三浦か。

そしてこれは、ネタバレになるが、藤井聡太に書いたように、そこは三浦九段が勝ってついに今期の初日が出たのだった。

で三浦事件であるが、確実に言えることは、三浦九段を追い詰めた人たちはコンピュータ将棋のシンパだったということである。例えば私が普通の将棋道場で、普通のアマ三段くらいの人と指したとすると、流石にまず負けない。今の将棋道場の段位はかなり甘いからである。

ところが形勢が難しいときにその相手がトイレに行き、なぜかしばらく戻ってこず、戻ってくるなり、私が気づかない手でビシッと決められたとすると、私はもしや、コンピュータ将棋を使っているのではと疑う。それはなにより、私が普段からコンピュータ将棋を熱心に使っているからである。あと、将棋道場の三段程度には負けるものか、という過剰な自負心がある。

そして次は過剰な正義感の発露で、事実関係を確かめもしないで本番でコンピュータ将棋を使うなんて、棋士の風上にもおけぬ、スポーツマンのドーピングと同じだ、アマ棋界から追放されるべきだと血が騒ぐかもしれない。

これのアナロジーで三浦事件では、一群の人たちの正義感が騒ぎすぎ、フライングになってしまった。なら、素直に謝るべきところ、意地があるというか、プライドがあるというか、正式に謝罪するということに億劫で、ここまで尾を引いてしまった。

いうまでもないが、将棋連盟の場合、仕切るべき理事会が機能しなかった。機能しないどころか、三浦九段を懲らしめる側に加担してしまった。これでは公平な審判が機能するわけがない。ともかく遅まきながら組織された第三者委員会が、かろうじて三浦九段を救った。

おそらく去年の夏ごろ、暑さもあって三浦九段は体調が悪かったのだろう。それで離席することも結構あった。そこをコンピュータ将棋フリークの、一部の棋士たちに目をつけられてしまったか。なにしろ彼らは、近未来にコンピュータ将棋を使ったカンニングがあるかも、と懸念していた。予測していたともいえる。

ううん、いくら書いてもすっきりしない。何かconspiracyがあったか。それは闇に封印されて、将棋史に汚点を残しつつ、関係者たちは、井伊直虎に出てくる、小野但馬守政次のように、すかした顔で、何事もなかったかのように、普通に将棋を指し続けるのか。

テレビを観ていると、やはり戸辺七段が攻めつぶし、次に三浦九段と当たることになった。三浦九段は、腰の重い木村八段よりも、攻め将棋の戸辺七段の方が与しやすいとおもう。

名人戦は天彦名人と稲葉八段が2勝2敗の星の上では五分となったが、なんとなく天彦名人が追い上げている感じがある。問題は天彦名人は、電王戦の敗戦がどう響いているかである。さて、この将棋は久々に両者得意の横歩取りになった。

【図1】 17手目▲6八玉まで
持ち駒:△稲葉八段=歩2



持ち駒:▲天彦名人=歩3
ところが【図1】をご覧戴きたい。なんとここで単に▲6八玉と上がる手がある。私は見たことがないが、勇気流と呼ばれて、最近高い勝率を上げているという。勇気流というのは、最近進境著しい有望若手、佐々木勇気五段が指し始めたということである。▲6八玉以下は、△2二銀,▲3六歩,△8二飛,▲3七桂,△8八角成,▲同銀と進んだ。

【図2】 24手目△3三銀まで
持ち駒:△稲葉八段=角歩2



持ち駒:▲天彦名人=角歩3
稲葉八段は、△3三銀とあがり、以下、▲8三歩,△同飛,▲8四歩,△8二飛,▲3五飛,△8四飛と、後手は飛車で歩を取った。

【図3】 31手目▲7五角まで
持ち駒:△稲葉八段=角歩4



持ち駒:▲天彦名人=歩
すると▲7五角が嫌なのだが、▲7五角に稲葉は、△8二飛と引いた。これは今まで△2四飛が通例で、△8二飛は新手らしい。天彦名人は、▲5三角成かと思ったら、▲4五桂と溜めて攻めた。

【図4】 34手目△4四角まで
持ち駒:△稲葉八段=歩4



持ち駒:▲天彦名人=歩
ここで△4四角も妥当な手である。ただ、検討の菅井七段は、ここで▲5三桂成でどうですか、と指摘する。後手をもって自信がないようである。結局、△8二飛の新手はあまり評判がよくない。△4四角以下は、▲8四歩,△5二金,▲3三桂成,△同桂,▲3四飛,△5五角,▲4六銀,△6四角,▲6六角と進んだ。

【図5】 44手目△4四歩まで
持ち駒:△稲葉八段=桂歩4



持ち駒:▲天彦名人=歩
ここで△4四歩は、プロ的には筋だが、平凡に△4二金右もあったようである。△4四歩以下は、▲5五銀,△同角,▲同角,△4三金右,▲2四飛,△2二歩,▲8三歩成,△同飛,▲6五角,△8二飛と進んだが。

【図6】 55手目▲2二飛成まで
持ち駒:△稲葉八段=銀桂歩4



持ち駒:▲天彦名人=歩
ずばりと▲2二飛成と踏み込んで、最早先手が有利である。すると、【図5】の4四歩では、△4二金右の方がましだったかもしれない。以下は△同金,▲4三角成,△4二銀,▲3四馬,△4三桂と進んだ。

【図7】 61手目▲4四角まで
持ち駒:△稲葉八段=飛歩4



持ち駒:▲天彦名人=金歩2
そして▲4四角となったところでは、はっきり先手が優勢である。以下は、△3八歩,▲同銀,△3七歩,▲2九銀,△3二金,▲2四歩,△2二歩,▲6六角,△6四歩,▲8四歩,△6五歩,▲7五角,△7二銀,▲7七桂と▲6五桂をみせた。

【図8】 76手目△5二玉まで
持ち駒:△稲葉八段=飛歩



持ち駒:▲天彦名人=金歩
これに対して△5二玉と上がるのは仕方ないところである。しかし天彦名人はあくまでも▲4四馬と5三の地点を追及する。

【図9】 78手目△7四飛まで
持ち駒:△稲葉八段=歩



持ち駒:▲天彦名人=金歩
△7四飛は苦し紛れだが、仕方ないのだろう。以下、▲2六馬,△2四飛,▲2五歩,△8四飛左,▲同角,△同飛と進んだ。

【図10】 85手目▲3七馬まで
持ち駒:△稲葉八段=角歩3



持ち駒:▲天彦名人=飛金歩
▲3七馬で局面は落ち着いたが、稲葉八段は少しは持ち直したのだろうか。ここで△6六歩は、ここしかないところだが、▲8五歩,△3四飛,▲7一飛,△4五角,▲1一飛成,△3一歩,▲6六歩,△3六飛,▲同馬,△同角となって、先手勝勢であろう。

【図11】 97手目▲3八銀まで
持ち駒:△稲葉八段=角歩3



持ち駒:▲天彦名人=飛金香歩
▲3八銀には、△6七歩,▲7九玉,△4五桂,▲5八金,△4六歩と懸命に頑張るが、▲8二飛が厳しくて終わっている。△6八角,▲8九玉,△5七桂成まで進んだものの。

【図12】 投了図 107手目▲6五香まで
持ち駒:△稲葉八段=歩2



持ち駒:▲天彦名人=金歩
▲6五香で稲葉八段の投了となった。以下、指すなら△5五桂だが、▲6八金右が角を補充しながらの詰めろになっており、どうしようもない。

終わってみると、具体的な手の善悪以前に、勇気流を採用した天彦名人の作戦勝ちだった。電王戦のトラウマはまったく窺われない。これは次局での防衛が濃厚か。

5月25日は藤井四段が竜王戦6組の決勝の手合いの日で、これに勝てば19連勝で、竜王戦の本戦トーナメントにも出れるという意味で重要な対局である。しかし、これは結構厳しい戦いで、藤井四段が負ける可能性も結構あるかな、とちょっと思った。

というのは、相手の近藤誠也五段は、最近絶好調で通算勝率が7割を超える実力者だからである。ところが、藤井四段は近藤誠也五段をもあっさり寄り切り、19連勝と竜王戦の本戦トーナメントを決めた。一体どこまで勝ち続けるのだろう。

ところで藤井四段の一番の強みは、詰将棋で鍛えた終盤の強さなのでぎりぎりの寄せ合いにするのかと思ったら、NHK杯の千田六段との将棋をみていても、また近藤誠也五段戦は仕事で観戦できなかったので棋友から教えてもらったのだが、どちらも終盤で紛れのない簡明な勝ちのかたちを作ったようである。

なるほど、将棋というのは取りこぼしが多いゲームで連勝は難しいが、こういう指し方だからここまで連勝できるのだろう。

そんな藤井四段であるが、四段昇段を決めた三段リーグは13勝5敗であり、ぶっちぎりという訳でもない。なのに四段昇段後の公式戦で負けなしの19連勝ということは、その後何か指し方を変えたというか、勉強して強くなったということなのだろう。だとしたら、短期間でぐんぐん強くなったということで、やはり天才というよりない。

ところで囲碁の方でも、「囲碁の未来サミット」での対戦で、AlphaGoは柯潔九段にあっさり中押し勝ちした。これで二連勝である。

こういう藤井四段やAlphaGoの戦いをみているとつい、囲碁も将棋も簡単なゲームのように錯覚しそうになる。

そういえば、5月26日から将棋の名人戦第五局だった。なんか目まぐるしくてつい忘れそうになった。あと、5月25日に将棋連盟のホームページにアクセスしたら異様に重くて、何度もタイムアウトした。きっと藤井四段の人気で、アクセスが殺到していたのだろう。人気は、おそるべしである。

名人戦は、やや分が悪いと予想していた稲葉八段が2勝1敗と先行して、面白くなった。さて、稲葉八段が先手番であるが、後手の天彦名人は、伝家の宝刀の後手番横歩取りをここまで封印しているように思われる。最後の決め手にしたいのだろうか。果たして、本局は、角換腰掛銀模様となった。細かくは綾があるのだろうが、比較的落ち着いた序盤なので、一気に40手目まで進める。

【図1】 40手目△7二玉まで
持ち駒:△天彦名人=角



持ち駒:▲稲葉八段=角
なんと、天彦名人は△7二玉と、右玉にした。最近珍しいかと思ったら、最近の若手は比較的よく指しているらしい。そういえば、思い出したのだが、去年の王位戦第6局、羽生王位は、木村八段に対して角換模様で右玉にして快勝したのだった。
さて本譜は、以下、△7二玉,▲4六角,△5四歩,▲8八玉,△4二金,▲6八金右,△5二金左,▲9八香,△4四歩,▲2四歩,△同歩,▲3五歩,△同歩と進んだ。

【図2】 53手目▲2六飛まで
持ち駒:△天彦名人=角歩2



持ち駒:▲稲葉八段=なし
そして、▲2六飛となったところで封じ手となった。ここで天彦名人は、△3六歩。ここでは予想される手だろう。以下、▲同飛,△3八角,▲2八歩,△3五歩,▲同角,△5五歩,▲2五桂,△同歩,▲3八飛,△5六歩,▲同歩,△8四桂と進んだ。なお△3八角では、△5九角とする手もあったらしくて、それはそれで難解である。

【図3】 67手目▲9九玉まで
持ち駒:△天彦名人=銀歩



持ち駒:▲稲葉八段=角歩2
ここはいろいろ手があるところで、例えば▲4四歩や▲3四歩、▲6七金直などが目につくが、稲葉は、▲9八香と上がった趣旨を継承して、▲9九玉とした。しかしこの手がどうも今一つで、▲3四歩または▲6七金直の方がよかったらしい。▲9九玉以下は、△3四歩,▲4四角,△同銀,▲同歩,△8六歩,▲同歩,△7六桂,▲同銀,△4九角,▲4八飛,△7六角成,▲7七銀,△5四馬,▲5五歩,△5三馬となって、最早後手の模様が少しいい。

【図4】 83手目▲4七飛まで
持ち駒:△天彦名人=銀2歩



持ち駒:▲稲葉八段=角桂歩4
ここでの▲4七飛は、直接的には割り打ちを避けた手だが、はっきりしない手である。以下、△3三桂,▲9五歩,△5六銀,▲4九飛,△4五桂,▲9四歩,△9二歩,▲9五桂と進み、ここで△8四銀と受けたのが、天彦らしい渋い受けだった。以下、▲4六飛,△5七桂成,▲6九金,△6七銀成となった。

【図5】 97手目▲7六銀まで
持ち駒:△天彦名人=なし



持ち駒:▲稲葉八段=角歩5
稲葉は、▲7六銀と上がったが、天彦は、△7八成銀,▲同金,△9五銀,▲同香,△6五歩と嵩にかかって攻めた。稲葉は、▲8七銀打と受けたのだが。

【図6】 104手目△8四桂まで
持ち駒:△天彦名人=金



持ち駒:▲稲葉八段=角銀歩5
ここで△8四桂が厳しい。以下長手数だが進めると、▲6五歩,△7六桂,▲同飛,△7五銀,▲6四桂,△同銀,▲1八角,△6三桂,▲6四歩,△同馬,▲7五飛,△同馬,▲7六銀打,△同馬,▲同銀,△6七銀,▲8七銀打,△7八銀成,▲同銀,△6八成桂,▲8七銀打,△7八成桂,▲同銀,△6八飛,▲8七銀打,△7九銀,▲8八桂,△6六金,▲4五角打,△6四歩,▲7五歩,△同歩,▲4三歩成,△同金,▲7四歩,△7六歩,▲7三歩成。

【図7】 投了図 142手目△7三同玉まで
持ち駒:△天彦名人=金銀歩3



持ち駒:▲稲葉八段=桂歩4
▲7三歩成を△同玉と取られて、後手玉に寄りはなく、先手は手数は長いが即詰みがあって、うまい受けもないので、稲葉が投了した。

敗因はわからないが、【図3】で▲9九玉としたあたりだろうか。これで2勝2敗の五分だが、前にも書いたが、電王戦FINAL第2局で天彦名人がコンピュータを相手にしなくてはならないことで少し調子が狂うので、微妙に稲葉が有利とみたい。

と、ここまで書いたが、名人戦第4局の記事を書き起こすのが遅れたので、電王戦FINAL第2局をニコ生で観戦することができた。といいつつ、一度ニコ生を追い出されて、なんとか観戦を始められたのは、中盤の終わりというか、終盤の初めくらいで、解説を参考にしつつ形勢をみてみると、どうも既に天彦名人の側が悪かったようで、しばらく席を外して観戦を再開すると、もう決定的に天彦名人が不利で、天彦名人は何度も席を外して苦吟しつつ、次第に悟りきった顔になり、そのまま投了してしまった。

それにしても、ポナンザは異次元の強さで、斎藤七段や深浦九段などの並み居る解説のトップも、天彦名人のどの手が悪かったのか全く分からないとコメントしていた。

これは、アルファ碁などの囲碁AIソフトでも同様なのかもしれないが、どうもAIソフトは、ある局面で見通せる深さと広さが桁違いのようである。それを、生物学的にある限界値をもつ人間の脳がどう克服するのか、もはや克服できないのか、だったら克服できない、という人工知能的というか、数学基礎論的な証明をみたいものである。

天彦名人は、この敗戦による痛手をまったく引きずらないことは難しいだろうが、レジリエントに気持ちを入れ替えて、稲葉八段と番勝負を争って頂きたいものである。

ゴールデンウィークは、私には珍しく9連休にして退屈するかと思ったら、迎賓館のバスツアーに行ったり、パソコンが壊れたり、新しくパソコンを買ってセットアップしたり、その他の用事もあって結構忙しかったので、コンピュータ将棋選手権のことはすっかり忘れてしまっていた。それで、たまたま気づいて結果をみて、ええっと驚いた。絶対王者のはずのponanzaが優勝を逃していた。以下のとおりである。

番号プログラム名1234567SBMD順位
1elmo8○7○6○5○4○3○2○70021151
2Ponanza Chainer7○8○5○6○3○4○61015112
3大合神クジラちゃん6○8○7○4○430744
4読み太5○7○250406
5技巧3○8○7○6○430953
6HoneyWaffle4○7○250207
7NineDayFever070008
8蒼天幻想ナイツ・オブ・タヌキ4○6○7○340425

そうか、名人戦でも、絶対王者かもしれないと思った佐藤天彦名人が稲葉八段に先行されている。名人戦の結果がどうなるかわからないが、佐藤天彦名人が絶対王者でないことは確かのようである。なら、ponanzaが絶対王者でないとして、なにがおかしいことがあるのよ、なにもおかしいことはない、と谷山浩子風に歌いたくなる。

それにしても、新星のようにあらわれて優勝を奪ったelmoの作者は誰だろうとみると、瀧澤 誠さんという方らしい。Googleで瀧澤誠で検索すると、「昭和薬科大学で、薬学生に対して、物理学、情報科学を教えています。専門は原子核理論物理学」という方がヒットして、ボナンザの保木さんが理論化学の研究者なのだから、この方がelmoの作者だとしてもおかしくないね、と思っていたら、ツイッターのアカウントをみて別人だと分かった。

それで、やねうら王のブログをみると、以下のようにあった。

WCSC(世界コンピュータ将棋選手権)決勝日は、elmoの全勝優勝で幕を閉じた。今後数年は無敗を誇るのではないかと言われたPonanza Chainerに予選2日目、決勝日の2回当たり、どちらもelmoが勝利。
その思考エンジンには、やねうら王が(ほぼそのまま)使われているらしく、elmoの評価関数についてはすでに公開されている。導入手順などは次の記事を参考にして欲しい。

そうなのか、elmoはやねうら王ファミリなのか。やねうら王のブログにはさらに次のようにある。

とりあえず、私もドヤ顔で上のツイートしといたけども、実際のところ、やねうら王はAperyや魔女、Stockfishなど多くのオープンソースのソースコードを参考にさせていただいている。それらに関わっている多くの人に感謝している。例えば、今朝のやねうら王のコミットも、Aperyのソースコードを見ていて気づいたところを改良したものだ。

なるほど、すると今回のelmoの勝利は、おもいっきり図式化していうと、伽藍のponanzaに対するバザールの勝利なのか。

だとすると、今後のコンピュータ将棋の発展はいよいよ読めない。それにしても君たちは、人間の名人級の棋士を突き放して、どこまで行ってしまうのだろう。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち将棋カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは宗教です。

次のカテゴリは小説です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。