社会の最近のブログ記事

私はお笑い好きで、ほとんど惰性だが、もう長く笑点もほとんど見ている。それで歌丸さんの洒脱な司会ぶりに感心してきたのだが、ほぼ二年前に春風亭昇太に司会を譲ったときは流石に疲れてきたのかと推察した。その後も入院しても鉄人のように頑張って退院して復活してきたのだが、ニュースで亡くなったと知って、ううんちょっと早いととても残念に思った。

朝日新聞ディジタルから引用させて戴く。

からりとした口調、伸びた背筋――。2日に81歳で亡くなった落語家・桂歌丸さんの高座姿は、多くの観客の目に焼き付いたままだろう。歌丸さんが会長を務めた落語芸術協会が3日、東京都内で会見を開いた。副会長兼会長代行の三遊亭小遊三さん(71)、テレビ番組「笑点」の司会をバトンタッチした春風亭昇太さん(58)、同門の桂米助さん(70)、一番弟子の桂歌春さん(68)らめいめいが、在りし日の歌丸さんをしのんだ。

ごく最近は流石にテレビ出演がなくなっていたが、その少し前もテレビに出る度に鼻にチューブがついていて、ああ肺というか呼吸系統がよくないのだと思った。それでもしゃべる内容はいい意味で毒舌に満ちていて全くボケた様子もなく、矍鑠としていた。なので、どうみてもあと数年は生きて、三遊亭円楽師匠にも小言をいい続けるのだと期待していた。

私は普段から口癖のように、落語家は元気だ、ボケないと言っているが、それは歌丸師匠を見て言っていたのだった。

しかも、かなりぎりぎりまで落語をやっていたらしい、それも完璧な芸で。そのストイシズムは、尊敬する志村五郎氏を彷彿とさせる。実は私の中では痩せて毒舌の歌丸師匠は、志村五郎氏とちょっとイメージが重なるのだった。

ということで、謹んで歌丸師匠のご冥福をお祈りさせていただくものである。

5月17日、ウェブで検索していて、西城秀樹が急死したというニュースをたまたま見て、えっ、と思った。以下、毎日新聞のメールニュースを引用させて戴く。

「傷だらけのローラ」「YOUNG MAN(Y.M.C.A.)」などのヒット曲で知られる歌手の西城秀樹(さいじょう・ひでき、本名・木本龍雄=きもと・たつお)さんが16日、急性心不全のため横浜市内の病院で死去した。63歳。葬儀の日程は未定、喪主は妻木本美紀(きもと・みき)さん。
広島市出身。中学生のころからバンド活動を始め、16歳のときに「恋する季節」(1972年)でデビュー。73年の「情熱の嵐」がヒットして人気に火が付き、ほぼ同時期にデビューした郷ひろみさん、野口五郎さんとともに「新御三家」と呼ばれた。

あくまでも一般論であるが、自分もそうなのであるが、60歳を越えて生きれば、いつ死んでもnot too earlyと思っている。しかも私は西城秀樹の熱烈なファンというわけでもない。それでも、えっと思ったのは、私とほぼ同年代で、学年は私が一つ上だと思うが、私の青春を彩る歌手の一人だったことは間違いないということと、ほぼ2年前に同窓会コンサートでその雄姿を拝むことができたからである。

雄姿というのは、2003年に脳梗塞で病に伏してから闘病し、そこからなんとか復活したものの2011年に脳梗塞が再発し、リハビリをし、同窓会コンサートでは歩くのがやっとでしゃべるのも不自由という状況で、いったんマイクを握って歌い始めると病気が嘘のように張りがある歌いっぷりで、なんか目がしらが熱くなった。

そうやって折角快方に向かっていたのに、脳でなく心臓の方であっけなく亡くなるとは、伏兵だった。でもよく生きた、偉いと思う。以てご冥福を祈らせていただく。

テレビのニュースを観ていて、今年のノーベル文学賞は見送る、とあったので、えっ、どういうこと?と思った。朝日新聞ディジタルの記事から引用させて戴く。

ノーベル文学賞を選考するスウェーデン・アカデミーは4日、今年の同賞の発表を見送り、2019年分と合わせて発表するとの声明を出した。アカデミーは関係者によるレイプ疑惑やその対応をめぐって会員が相次いで辞意を表明するなど混乱し、「機能不全」に陥っていた。1901年から続く文学賞の権威を守るため異例の対応となった。発表の見送りは69年ぶり。

なるほど、ノーベル文学賞見送りの理由は、ノーベル文学賞選考委員のモラルハザードと、それに起因する内紛か。

文学賞では過去にも前年分を同時発表した例はあるが、今回は不祥事を受けての延期。「文学賞の創設以来、最悪の危機」に陥っている。文学賞はノーベル各賞とともに毎年10月上旬に発表され、近年は村上春樹氏の受賞に注目が集まっている。

「文学賞では過去にも前年分を同時発表した例はあるが、」というが、それはどんな理由なのだろう。それが今回のような不祥事でないとすると、戦争などの理由だろうか。

アカデミーは声明で、今年の選考作業は今後も予定通り続けるが、「次の受賞者を発表するまでに、信頼回復する必要がある」とした。ただ、権威が失墜しつつあるなか、現体制による選考を続けることで理解を得られるかは不透明だ。

不祥事の具体的な内容は、以下のとおりである。

アカデミーでは昨年11月、会員を妻に持ち、自らもアカデミーから資金提供を受けて文化施設を運営していた文化界の重鎮の男性にレイプ疑惑が浮上。その後、この男性が発表前に文学賞の受賞者を把握し、外部に漏らしていた疑いも報じられた。男性はすべての疑惑を否定している。
アカデミーの4日の声明では、会員の配偶者である男性に資金が渡っていた利益相反への対応や、情報管理の徹底について、「包括的な改革」を始めたことも明らかにした。ノーベル賞を主催するノーベル財団もこの日、「アカデミーの危機はノーベル賞に悪影響を与えている。(今回の)決定は賞の評判を守る助けになる」との声明を出した。

もともと文学賞と平和賞は、ノーベル賞の中でも、他の自然科学の賞とは異なり、万人が納得するような基準で選考することが極めて困難である。平和賞は一旦措くとして、ノーベル文学賞はその性質からして世界の文学が対象であるべきところ、文学というのはそれが書かれている特定の自然言語の性質に強く依存するところ、選考委員たるスウェーデン人にそれを読解してもらうためには、少なくとも英仏独などの、メジャーな西欧語で書かれるかそれらへの翻訳である必要があるところ、翻訳というのは多くの場合、その翻訳者によって書かれた別の作品とみなすべきだったりすることもあるからである。

なので、選考委員のモラルハザードが発覚する以前から、ノーベル文学賞の選考基準の客観性、妥当性には大いなる疑問があると私は思っており、おそらくそういう意見の人は世間に相当多い。そこにきてこのスキャンダルだから、ノーベル文学賞の権威は地に墜ちたというべきだろう。

私は心ある文学者、作家に、ノーベル文学賞の受賞が伝えられたら、辞退してほしいと思う。例えば、冗談じゃない、そんな賞を貰うほど自分の作品の文学性は低くない、という理由で、である。

これを機会に、ノーベル文学賞、もうええねん、という風潮になればいいと思う。

尾道の観光

user-pic
0

私は広島県の尾道市百島町というところに育ったが、百島町というのは実は瀬戸内海に沢山ある島の一つにすぎなくて、かつて広島県内でも知る人はあまりいなかった。

百島の近隣の島として、田島と横島というのがあり、百島にとってライバルだったが、田島と横島には本土から橋が架かり、すると福山からタクシーでも帰れる。緊急医療的には救急車も来る。

百島はそんな利便性からは取り残されて、島民は寂しい思いをしたのだった。そんな百島であるが、島出身のとまりれんという人が作詞作曲した「氷雨」が大ヒットしたのは、静かな島には随分な話題だった。1982年のことである。当時私は既に東京にいたが、母がとまりれんのことを嬉しそうに電話してきたのを思い出す。ちなみに、とまりれんは地元の中学で私の一級先輩で、狭い島のことなのでよく知っていた。もう何十年も会っていないが、今でも会えば互いに微妙に識別できるだろう。

それからしばらく島には話題がなかったが、2001年にお笑いタレントの間寛平が百島にマラソンコースを作って、マラソン大会がテレビ放送されて、結構盛り上がった。

少し時代は下って、エチカの鏡で救急船の船長、旗手正守さんが紹介されて、島のことが全国区で放映された。

このあたりで、昔は全く無名だった百島が、瀬戸内海の島の中ではかなり上位の知名度になったのではないかと推察する。その後も、若い次田医師が百島に赴任し、その医師の独特の明るいキャラによりテレビの取材がやってきたりして、百島はいよいよメジャーになった。

その百島の上位行政区画である尾道市であるが、市技で述べたように、数年前に因島市を合併し、因島で盛んである囲碁を市技にすることで観光地として急速に注目度が高まった。

去年はブラタモリも尾道市にやってきたし、最近では観光客の数がうなぎ登りで、何か催しがあるとホテルの予約がとれないことはざらだという。統計を取ったことはないが、一か月に少なくとも一度は尾道関係の取材番組があるような気がする。

その尾道の知名度に後押しされたのかどうか知らないが、昨年末は、百島を主題にした30分番組があり、私はこれを知らなくて知り合いからメールで教えられて、意表を衝かれた。

それでふと思ったのだが、尾道市は戦争広告代理店で言及したような、広告代理店に町興し戦略についてコンサルティングを受けているのだろうか。それとも市の観光課に、辣腕のアイデアマンがいらっしゃるのだろうか。流石に多分後者のような気がするのだが、なんにしても私は子供の頃を思い出して、あのときの地元の地味な雰囲気と今の盛り上がりを比較して、感慨に耽っている次第である。

よくないことなのであるが、最近の私は、数学や文学に耽溺して、すっかり政治的なことや社会科学全般に興味を失っていて、困ったものである。なのに、新刊書店でつい、音喜多駿著、「東京都の闇を暴く」新潮新書を買って読み始めたのは、最近の豊洲問題のニュースが喧しいので、多少なりとも都政について興味が湧いたからである。

音喜多氏は若手の現職都議であり、「不都合な真実」を開示しているというので期待して読み始めた。

すると、当然だが、都議会で実質的な力を握っているのは、自民党と公明党の議員だという。これは全く意外ではないが、そこに東京都の特殊性があって、それは無党派というか浮動票が多い、ということがある。すると世間的に有名であることが都知事選挙に受かりやすいということで、名が売れた舛添氏を自民・公明が擁立して当選させた。

それで、舛添氏は当選させてもらえた恩義に報いるために、当初は自民・公明のいうことを大人しく聞いてきたのだが、新国立競技場問題で、独自性を出したいと思い発言したことが自民党の猛反発をくらった。それで舛添氏と自民党の間はぎくしゃくしてきたが、一応自分たちが擁立した候補だということで、自民は表だって舛添氏に厳しいことはいわなかった。

しかしその後の舛添氏の高額海外視察問題などが沸騰し、都民やマスコミの騒ぎが大きくなったので、自民は庇い切れなくなり、仕方なく舛添氏の辞任となってしまった。

そして都知事選挙になり、増田、鳥越、小池の三氏が立候補したが、私は都民ではないので選挙権はないものの、増田が当選すればいいと思っていた。鳥越氏は政治音痴で論外だし、小池氏はちょっとエキセントリックかな、と思っていた。ところが、上記の東京の特殊性と知名度を駆使して、小池氏が当選した。

さて、都議会は、ある意味永田町以上の伏魔殿だという。なぜなら、自民党議員のドンが牛耳っており、ドンの意向に逆らうと、なにもことが運ばない。また、東京都は財源が豊かで、ドンの力も強い。

そして自民党の議員たちは警視庁などともツーカーの仲で、お互いにかばい合うのだという。下手に警視庁を刺激すると、選挙のとき、ちょっとした選挙違反を咎められてしまう。

そして、小池都知事であるが、現時点で都議会の支持を得ていないので、今後の都政の切り盛りはなかなか困難が予想されるという。なので、小池新党の結成もありえるという。

ともかく問題は、都議会のドンなどが恣意的に都政を牛耳っているという現実を都民のほとんどが知らなかったことで、音喜多氏はその意味で小池氏を応援していきたいという。

一方、都の職員であるが、流石に都庁の職員はレベルが高く、一流大学出身者が多い。国家公務員試験に合格しても都庁の方を選ぶ人もいるという。そんな都庁の職員は高給で恵まれているのであるが、前例主義で保守的、縦割りでなかなかやる気のある若手職員が力を発揮できる状況ではないそうである。

さて、この本に挙げられている東京都の大問題をさいごに列挙する。

  1. 東京五輪問題:きちんと責任者がおらず、財源が東京都に頼りっきりで、組織委員会会長の無責任体質。
  2. 築地・豊洲移転問題:盛土の問題と、安全宣言、など。
  3. 財政の問題:黒字なのに東京都が公債を乱発している。
  4. 都庁職員の天下りの問題
  5. 育児政策の問題:保育園をどうするか
  6. 福祉政策の問題:シルバーパスのこと

以上、粗くまとめてみたが、私は政治問題に疎いので、間違えた要約になっている可能性がある。詳細はこの本を買うか、音喜多氏のブログをご覧戴きたい。

イラン人

user-pic
0

前にも言ったように、私は数学セミナーやTIMEなど、ちょっと気が重くなるような内容の雑誌を購読していて、すぐに読めないので、部屋の隅に積んである。そして気が向いたら少し前のを読んだり、あるいはそのまま捨ててしまうこともよくある。

ところが、なぜか目に付くところに置いてあるTIMEがあって、それは2015年11月16日号である。そのカバータイトルは、"Iran 2025, How its next decade will change the world"であるが私はなぜかカバーの写真に注目してしまう。カバーの写真は、イランの女性なのだが、もしかして高校生くらいの歳ではないのだろうか。そのあまりにエキゾチックな容姿は特に私の注意を引かなかったが、毎日みているうちに、その瞳に吸い込まれそうになってきた。

そんなとき、ウェブで、岩崎葉子著、「『個人主義』大国イラン」平凡社新書というのがベストセラーだと知った。そこで会社の昼休みの時間に、駅の向こうの啓文堂までいって、店員に聞いたら、パソコンで検索してくれて、一冊だけあります、という。その店員と新書コーナーに行ったのだが、どうしてもみつからない。店員が申し分けそうな顔をしているので、そのまま何も買わないで会社に戻った。

それから2週間後くらいに、別の本を買いに啓文堂に行ったとき、やはりないよね、と期待せずに新書コーナーにいったら、今度はちゃんとあった。そして待望ですぐに読み始めた。

さて、著者の岩崎葉子氏は東京外語大のペルシャ語科を卒業して、現在は日本貿易振興機構アジア経済センターに勤務する。ペルシャ語も駆使できるのだが、なぜか経済学の博士号をもつ。そして、テヘランに滞在して、語学力を活かしてフィールドワークによりペルシャのアパレル産業の流通機構を研究している。この本はそういう体験をもとに書かれたものである。

イランというと伝統が活きている国で、京都がそうであるように排他的なイメージがある。ところが、岩崎氏によると、イランの社会は意外に外国人の参入障壁は低いという。もっと意外なのは、イラン人は基本的に群れない。すなわち一人一人が徹底した個人主義で、もし会社に勤務していても、あまり帰属意識をもたない。

要するに、組織的な行動が苦手なのだが、一方で、仲良くなると、まるで韓国の社会のように、プライバシーを平気で披露しあう。そうやって互いに頼り合う。そういう社会では、相手に面倒をかけるより、無沙汰の方が非礼なのだという。

そのプライバシーがないということと、個人主義ということがどうしても私の頭の中でむすびつかなくて、この本を読みながらしばし考え込んでしまった。

要するに、個人個人がばらばらに動いているようでいて、作ったコネは最大限に利用する、ということのようである。そのために日々、いろいろな人々と雑談することが欠かせない。

また、参入障壁が低いということは、イラン人たちは、大したスキルなく、特定の職業に平気で参入してくる。なので、岩崎氏が住まいのマンションの配管工を呼んだとしても、相当運が良くないとまともな配管工はやってこない。そこでかりに使えない配管工だったとしても、特にがっかりしないのがイラン流だという。

しかし、岩崎氏がみているのは、イランの一面にすぎないのではないか、という感も拭えない。そもそもこんな国民ばかりだと原発も核兵器もつくれない。米国に対抗できるわけもない。なので、別の一面をもつ一群の人達がイランの中枢を仕切っているという感じが捨てきれない。

ともかく、こんなやり方だが、イラン人は強かで、複数の仕事を掛け持ちしてリスクをヘッジし、儲かると思えば平気で中国にも出かけていく。日本に出稼ぎに行く者もいたという。ここらあたり、あまり好ましくない犯罪集団としてイラン人が新宿鮫で登場していたのも確かである。

ともかく、この本によって、イラン人というのが私の知らない国民性で、まさに"How its next decade will change the world"に相応しい民族であると知った次第である。

先日、北の湖敏満氏が突然亡くなられたとき、惜しい人を亡くした、現役時代は憎たらしいほど強かったなどの反応が多かった。それはそれで適切な反応だと思うのだが、もっと他にも言うべきことがあるだろう、と私は感じていた。

それは、理事長の資質に書いたことと関係がある。すなわち、理由は忘れたが、北の湖親方が更迭され、そのあとを武庫川親方が継いだ。

その武庫川親方も、例の八百長スキャンダルの責任を取って退任したが、その後2012年に理事長として登場したのが北の湖親方だと知ったとき、私は唖然とした。普通は、理由があって更迭された人を再度登場させない。

問題はそれだけではない。NEWポストセブンの記事によると、北の湖親方は、2012年に理事長として再登板した直後の2月に直腸がんの手術を受けたのを皮切りに入退院を繰り返し、昨年の1月からは本場所も何度も休場。理事長が行なうべき千秋楽の協会挨拶と表彰式での天皇賜杯の授与は、3場所連続で事業部長の八角親方(元横綱・北勝海)が代行していたという。

これは明らかに、北の湖親方の健康状態が職責に耐ええないものであることを示す。亡くなる2日前の11月18日、週刊ポストの記者が北の湖親方に直撃取材したとき、北の湖氏は、中入り後をすぎても車から出て来なかったという。訪問客も理事長の車に乗り込んで話をする状態だった。なのに、北の湖親方は単に、腰を痛めたからだ、とだけ応えたという。

ところがこの2日後に多臓器不全で亡くなるのだから、北の湖親方は実は癌の末期で、余命幾許もない状態であったと思われる。なぜ相撲協会は早目に後任に譲らなかったのだろうか。

そこいくと、日本将棋連盟はずっとましである。毀誉褒貶があった米長前会長であるが、自分が助からない癌だと知ると、早目に後任に谷川九段を指名し(その人事が適切であったかどうか議論はあるところだが)、米長九段が亡くなった時点で既に谷川九段が会長を引き継いでいた。

将棋連盟が立派というよりも組織として当然であり、相撲協会が明らかにおかしい。私がもっとおかしいと思うのは、北の湖親方が亡くなったとき、このようなことを誰も指摘しなかったことである。私がそういう記事を見落としただけだろうか。

廃校利用

user-pic
0

折角つくった学校が、人口の減少により通う生徒が少なくなり、効率が悪いので、他の学校に通うようにすることで、廃校になるということは日本全国にあちこちで起こっている。その原因は、過疎化であり少子化である。

私の出身の百島という島では、私が子供の頃、島内に小学校と中学校が一応あった。木造で、どちらも戦争前に建てられたという古い建物だった。

小学校にも中学校にも体育館さえなく、中学校のとき私は卓球部に所属し、授業が終わるとある教室の机を全部廊下に出して、そこに卓球台を出して練習し、終わるとまた元に戻すというなんとも面倒なことを日々繰り返していたが、あれはあれでいい思い出である。

もともと運動の嫌いな私は、卓球より、当時夢中になっていた将棋の方がはるかに面白く、もし将棋部というのがあったら文句なくそちらに入っただろうが、今考えたら、子供のとき結核で、運動が制限されていたことからひ弱な子供だった私は、卓球の部活のおかけで体が丈夫になったので、下手に将棋部がなくてよかったのかもしれない。

さて、孤島のような僻地は、逆差別というか、市の予算がつきやすいようで、小学校も中学校も、私が卒業した後で給食センターができたり、鉄筋コンクリートの建物に建て替えられたりと、島の私の年代は見事に新校舎や設備の恩恵を受けられなかったのだが、私はなぜかそのことを残念と思ったことは一度もない。多分であるが、私の悪い癖で、学校というものが私の中で大きい価値をもたないからだろう。

それにしても無駄ではと思ったのは、既に生徒が激減することがみえていた中学校を鉄筋に建て替えたときである。鉄筋になって程なくして、小学校が、幼稚園と小学校と中学校を統合した設備になり、そちらに生徒が吸収され、中学校の校舎は空き家になってしまった。

そして、何年も中学校の校舎は、次第に荒廃しつつ神社のそばに虚しく佇んでいたのだが、瀬戸内海の犬島や直島のアートサイトの流れを汲んで、広島市立大学芸術学部准教授である柳幸典さんらが、廃校となった中学校の校舎を利用して、アートベース百島を立ち上げた。

帰省した折に一度訪ねてみたのだが、なにかくすぐったいような、申し訳ないような気持ちになった。くすぐったい、というのは、百島という、確実に私の故郷であり、それでいて時代から取り残されたような孤島にそぐわないような現代アートが設置されていることであり、申し訳ないというのは、百島で18歳になるまで育ちながら、百島を盛り上げるような活動が何もできないで、物理的にも精神的にも百島から距離を置いている自分だからである。

私は芸術に全く疎いので、アートベース百島の作品にコメントする資質を欠く。ともかく、私のブログの数少ない読者の誰かが、アートベース百島に興味をもって下さるなら幸いである。

TIMEを読んでいると、時節柄、ヒラリー・クリントンや、ドナルド・トランプなどの大統領候補の記事が頻繁に出てくるが、大統領選挙にいまいち興味がないというか、米国の政治の事情に疎いので、どうも真剣に読む気がしない。

一方で、記事を読みながらいつも感じることがあって、どうして大統領選挙なんかに出ようとするんだろう、ということである。だって、米国大統領選挙戦は、キャンペーンを張ったり、遊説したりして、手間とそれにかかる費用が半端ではない。そして幸い大統領になれたなら、膨大な公務が待っている。息つく暇さえない。静謐にして読書することを無常の楽しみとする私には到底我慢できない。確実に鬱病か神経性胃炎になりそうである。

そう適当に妄想していたら、ある知り合いが、マックス・ウェーバーの「職業としての政治」が面白いと紹介してくれた。特に社会科学に疎い私は、マックス・ウェーバーの「職業としての学問」は読んだことがあるが、これは知らなかった。それで、「職業としての政治」脇圭平訳、岩波文庫を買ってみると、結構薄い本なので、なんとなくほっとした。

しかし、読み始めると、薄い割には私にとってあまり読みやすい本ではない。これはマックス・ウェーバーの講演なので、本当は読みやすいはずで、私が読みにくいと感じるのはきっと、社会科学が苦手だからだろう。

で、以下私なりに感想を書いてみるが、あまりちゃんと読めていないので、せいぜい高校生の感想文程度の内容になりそうである。

それでも、読み進めていて、そうだよねと、まず、にんまりしたのは、「すべての国家は暴力の上に基礎づけられている」という記述である。

最近テレビをみていて、安倍首相の安保関連法案に反対して、子供をもつ母親たちがデモというか集会をしていた。そして、「子供を戦争で死なせない」という意味のメッセージカードを掲げていたような気がする。

それはもちろん理解できる。私だって戦争で死にたくないし、家族の誰も戦争で失いたくない。命題としては確かに善である。

しかし、他国が攻めてきたらどうするのか。自衛隊が戦うから任せるのか。自衛隊の隊員も人の子ではないのか。すると、「子供を戦争で死なせない」という命題に抵触しないのか。

ウェーバーは、「善から善のみが生じるといまだ信じている者がいるとすれば、政治のイロハもわきまえない。」と指摘する。じっさい、「子供を戦争で死なせない」だけではナイーブすぎるので、そこから平和を達成するには政治的権謀術策が必要である。

そして、「すべての国家は暴力の上に基礎づけられている」という命題に戻る。すなわち、国家には軍隊と警察という暴力装置が必須である。戦争はいくら厭だといっても、軍隊をもつ別国家が攻めてくる可能性がある。ちょうど、どんな家にも強盗が入る可能性がゼロでないのと同じである。

ウェーバーは明示的に書いていないかもしれないが、軍隊と警察をもつ国家と、武力をもたないシビリアンの間に折り合いをつけなくてはならない。それこそ、シビリアンの「子供を戦争で死なせない」のである。

そこで政治家の登場である。戻って、ヒラリー・クリントンや、ドナルド・トランプはなぜ政治家になりたいのかというと、権力がほしいのだろう。じっさい、米国大統領になると世界最強の権力を行使できる(個人的にはロシア大統領の方が恣できそうと思われるが)。

ウェーバーは、政治家を、政治によって生きる者と、政治のために生きる者に分けようとする(ただ、この二つのカテゴリは排他的ではない)。

なんにしても、政治家は、国家という魔物、暴力装置を相手にするがゆえに、清濁併せ呑む覚悟が必要である。覚悟といっても、根っからの政治家には、権力というものが、蜜蜂にとっての花弁なのだろう。権力という仇花が咲き誇る丘は傍目には絢爛であるが、多分天国より地獄に近いだろう。

しかし、地獄の料理人に事欠かないのが現世だろう。それほど必要悪という言葉が似合うものはない。

私の実力不足で、「職業としての政治」を読み切れなかったので、適当な言葉で誤魔化してしまった。

新刊本屋をでうろうろしているとき、なんとなく面白そうだと思って買ってみたのが、「絶望の裁判所」瀬木比呂志著、講談社現代新書である。

あまり抵抗なく読めそうなので、買ったあとわざと数週間、満を持して読み始めた。著者の瀬木氏は、元裁判官で、現在は明治大学法科大学院の教授である。すると、よくある元裁判官の暴露話なのかというと、そうでないことはないのだが、どちらかというと組織論、制度論も踏まえて、きちんと書かれているようである。

この本のトピックは結構多岐に亘るが、私になり思い切って要約してみると、最高裁を頂点に裁判官に対する統制というか締め付けがきつくなり、個々の裁判官が裁量を発揮する余地がなくなり、優秀な裁判官がついていけなくて辞めたり、画一的で最高裁の眼鏡に適う金太郎飴のような判決ばかり出ている、という次第である。

瀬木氏は東大在学中に旧司法試験に受かるという秀才で、東大ならばそんなに珍しくないのかもしれないが、それでもエリート候補だったはず。なので、瀬木氏にも多少エリートの自覚はあったはずで、東京高裁の長官などの地位にいずれ就く、みたいな野望はあったはずである。

ところが、瀬木氏に転機が訪れた。普段から裁判官としてやっていくことに違和感はあったのだが、40歳の頃、鬱病にかかり、しばらく休職した。

もともと瀬木氏は、文学や音楽などの素養があって、決して法律一辺倒でない。なので、裁判官よりもむしろ大学での研究者に適性を感じていたのだが、なんとなく裁判官になった。

ところが裁判官になってみると、視野が狭く、一般教養がなく、出世主義で、面白くもなんともない奴ばかりでうんざりしたのだった。それでも頑張って裁判官を続けてきたのだが、いろいろ限界に達して、2012年に学者として、大学に転進したのだった。

裁判官というと確かに、学歴といい、地位といい、世間でもトップクラスのエリートなのだが、あまりにも閉鎖社会で、セクハラ、パワハラ、自殺など、世間水準よりも人数比率が大きい。要するに内に閉じすぎている。

これを解消するには、法曹一元論、すなわち、裁判官を弁護士からもっと登用できるようにする、というものだが、途は遠い。

瀬木氏はまた、裁判員制度がなぜ推進されたかの本当の事情も明かす。それはすなわち、マイナーな存在である刑事系裁判官に主導権を与える趣旨なのだという。というのは、裁判員制度は基本的に刑事事件に適用されるので、それの指導役としての刑事系裁判官の役割も重くなるのである。

こう書いてきたが、私は、稀有といってよい、モラルとモラールの壊れた組織に何年もいたので、瀬木氏の記述に全く驚かない。むしろ、瀬木氏は民間企業にいたことがないので仕方がないと思うのだが、営利企業なら業績がからむので、酷い組織が放置されることはありえないだろうという楽観論を述べられている。

しかし、官庁はビューロクラシーであるがゆえに、組織のたがの緩みがどこかで下げ止まったりする。このあたりの官民比較論は、両方に通じる人が意外に少ないので、難しい。

あと、個人的な意見として、司法というか裁判官といえども、国家が国民を統治する仕組みというか、統制マシーンなので、ある程度無機質になるのは仕方ないのではないだろうか。ただ、無機質が進むと、瀬木氏のような感受性豊かな人は耐えられないのだろう。

確かに、裁判官があまりに画一化されると、1/fノイズみたいな意味の個々人のダイナミズムがなくなり、組織が不活性になってしまう。今はその状態なのだろう。すると結局いい人材も確保できず、裁判官の組織がじり貧になってしまう、それを瀬木氏は憂慮しているのだろう。

どうも通り一遍の感想になってしまったが、それは私が実際の裁判というものをほとんど経験したことがないからだろう。

一方で、瀬木氏は、刑事裁判で、疑わしい十人の人々を無罪にしてしまうより、無罪の一人を間違えて有罪にすることを避けなければならないというが、すると光市母子殺害事件はどうなるのか。無期懲役で、そのうち出所できるということで社会の公正を保てるのか。あればごく例外です、と言って平気な顔をするのか。と、いろいろ難しい。まあ、あのケースはなんとか覆せたのだが。

月別 アーカイブ

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち社会カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは知的財産です。

次のカテゴリは科学一般です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。