科学一般の最近のブログ記事

例えば、アインシュタインの特殊相対性理論と一般相対性理論であるが、もしアインシュタインという人がこの世に現れなかったら、相対性理論なるものはこの世になく、物理学の今の進歩はなかったであろう、とまでは考える人は少ないのではないか。

ただ、アインシュタインがいなくても相対性理論に相当する理論は誰かが考えただろうが、その形式は相当今と違っていただろうと考える意見と、科学的真理は一つなので、誰が相対性理論に想到しても、結局似たような形式になるだろうと考える意見とに大別される。

それと似た議論かもしれないが、例えば円空の彫刻だったかもしれないが、彫刻というものは、形がすでにそこにあり、それに従って切り出すだけなのだ、みたいな議論があり、うーん、なるほどと感心したことが何度もある。

数学者では、フィールズ賞をもらった小平邦彦氏が、そのような意見だったらしい。すなわち、数学的真理というものは、プラトンのイデアのように天界に実在していて、数学者はそれを発見するだけなのだ、というものである。

私も一応プラト二ストなので、小平氏の意見に与してきたが、数学者兼数学史家の高瀬正仁氏の著書を読むうちに、少しずつ意見が変容してきた。すなわち、私の理解によれば、高瀬氏は、岡潔氏の論文や著書などを通じて、数学の理論というのは、それを構築した数学者の個性に大きく影響されるもので、単なる発見とはいえないというものだと思う。

例えば、私が書く程度の極めて初歩的なプログラムは、ある既知のアルゴリズムをC++などの私が馴染んだプログラミング言語で表現するものであり、誰が書いても似たようなものだといえるが、それでさえも実は、あるアルゴリズムを実装するために使用する別のアルゴリズムや、配列の取り方や、メモリ・アロケーションや、変数の局所化など様々な多様性があり、そのことが実行速度や、モジュール性や、ポータビリティなどの要因に影響を与える。

ましてや、数学理論となると、例えばペレリマンによるポアンカレ予想の解決となると、ペレリマンの個性が横溢していないか。岡潔の多変数複素関数論もそうであろう。

こうして私は発見よりもむしろ個性による表現を重視する立場に傾く。では、それは人間があまりに不完全だからそうなのか、神に近づくと個性は解消されて発見主義に近づくのか。私は一種のロマン主義として、逆に神に近づくほど一層個性と多様性が煌めくのだと思いたい。

因果関係

user-pic
0

私は、老後も進化する脳や、絶対ボケない生活などに書いたように、なんとなくであるが、頭を使うとボケを防止できるような気がしている。

それは一見自明のようであるが、最近に知り合いに、頭を使うとボケを防止できるというのは因果関係が逆ではないか、と指摘された。どういうことかというと、頭を使うとボケを防止できるのではなくて、単にボケてないから頭を使うことができるにすぎないのではないか、ということである。

ええっ、そんなことがあるのかと動揺した。そもそもボケてないから頭を使うことができるという命題は、あまりに自明だからである。ただ、そういう因果関係の逆転は、二酸化炭素温暖化説でも聞いた。すなわち、通説は、二酸化炭素が増えると気温が上昇するというものであるが、槌田敦氏らの説では気温が上昇するから二酸化炭素が増えるのだという。最近は後者の説は下火になってしまったが、私は依然としてそれを信じている。

絶対ボケない生活では、認知症専門医であるフレディ松川が、その医師としての経験に基づき、職業的にボケやすい人達が確実にいると述べるが、知り合いは、それは統計的に有意なのかと畳みかける。ただ、そういうなら、頭を使うとボケを防止できるのではなくて、単にボケてないから頭を使うことができるにすぎないという命題も同様に統計的に有意とは思えず、要するに泥仕合になる。

こういう泥仕合を解決するには、もしかして頭を使うと、これこれという脳内ホルモンが出て、脳神経を繋ぎ直すみたいな生理作用が証明されなくてはならないが、そういうことはあるのだろうか。

ともかく、頭を使うこととボケないことの因果関係はわからなくても、私は可能な限り頭を使って生きたいと思う、それが機能快なので。

分子栄養学で言及した、三石巌著「医学常識はウソだらけ」祥伝社黄金文庫の続編として、同じ著者の「脳細胞は甦る」祥伝社黄金文庫を読んでみた。そこで簡単にわたしなりにまとめてみる。すると、当然だが、脳といえども体の一部なので、アミノ酸、ビタミン、ミネラル、スカベンジャーという基本は同じである。

ただ、脳の場合、脂質が重要であって、特にオメガ3の油がよい。マーガリンやショートニングは避けるべきである。私は以前は、そこを構わず安い食パンを食べていたが、最近では、少し高めでも、ショートニングを使わない食パンを買うようにしている。ミネラルとしては、カルシウムが重要である。

感情としては、怒ったり悲しんだりすると、脳内に活性酸素が増えるので好ましくない。なるべく、感情を穏やかに、にこやかに保つべきである。

あと、脳が機能するためには栄養が必要なので、朝食抜きというのは脳の働きにはよくない。ちなみに私は、以前から朝食はガッツリ食べるようにしているので、朝からかなり思考できる。ただ、もともと頭の能力が大したことないので、成果は出ないがまあ仕方ない。

そういう意味では、ほとんど冗談としか思えない、将棋メシの議論もある程度根拠があるかもしれない。すなわち、何を食べたかでその日の棋力が影響がある、というものである。

その文脈で、脳を活発化する糖質をどう摂るかも説明されるかとう思ったが、その説明はなかった。少なくともチョコレートなど、一時的に思考力を高めると思うのだが。

それと、面白いと思ったのは、ミトコンドリアのエネルギー産生仮説である。すなわち、細胞全体のミトコンドリアのエネルギー生成量のトータルは、母親からの遺伝である程度決まっているが、細胞のミトコンドリアエネルギー能力は、細胞ごとでかなりばらつきがある。粗くというと、脳にミトコンドリアエネルギー能力が大きい細胞が偏ると思考力が高まり、肉体の筋肉にミトコンドリアエネルギー能力が大きい細胞が偏ると運動能力が高まる。それが胚のときどう分布していくかは運というか偶然である。

その仮説を読んで、私は得たりと思った。というのは私の母親はあまりパワフルなタイプではないので、どう転んでも私の細胞全体のミトコンドリアのエネルギー生成量のトータルは高くないが、私はそのなけなしのリソースを脳に集中させているようである。だから、思考が好きで運動神経が極端に鈍い人間になってしまった。だとしても、私のトータルのエネルギーが少ない、エネルギー貧乏なのだから思考力も知れている。世の中には勉強も運動も私よりはるかに卓越した人が沢山いるが、そういう人は基本的なエネルギーのリソースが私よりも豊富なのだろう。それを不公平だと嘆いても仕方がない。世の中というのはそうしたものである。

さらに、三石氏は物理学者なので、まるで理論物理学者のように脳についても仮説をどんどん出す。その仮説が生理学者によって検証されるのを待つという言い方をされる。そのうちの一つで面白いと思ったのは、脳の記憶がDNAに記録される、というものである。これは、DNAへの情報保存に書いたことと関係があるような気がする。

ということで、この本はなかなか示唆に富んでいるが、難解なのでそのうちまた再読することにする。

最近ふと、コレステロールと二酸化炭素はどちらも、人類にとって超重要なのに、低ければ低いほどよいみたいに誤解されているよね、なんとかならないのかと思ってしまった。

まずコレステロールは、細胞壁など人体の構成成分として重要だし、免疫にも本質的なのに、健康診断などで、意図的に低く設定された基準値より少しでも高いと、コレステロールを下げる薬を飲むように言われる。それはどう考えても、製薬会社のためとしかいえない。なぜなら、医師は学会の出張などで製薬会社から手厚く接待されている。それが習慣になると、製薬会社に弓引くようなことが言えなくなる。

それにしても医師は大学の医学部で、当然に生理学の講義を受けるだろう。そこでコレステロールが人体の生理作用に重要だと習うのではないか。また最近では、日本脂質栄養学会のコレステロール擁護論もある。そういうことに医師は一切無視なのだろうか。

私の周辺でも、早死にした知り合いはみんなコレステロールが正常だと言っていた人たちばかりである。それなのにガンや脳出血などで亡くなってしまった。

次に二酸化炭素だが、その効果はコレステロールよりもさらに分かりやすい。なぜなら、二酸化炭素がないと植物の光合成ができない。すると、人間、いや動物が食べるための食物が発育できない。

そもそもが、二酸化炭素に基づく地球温暖化説は地球温暖化理論の曲がり角で述べたように、科学的根拠があやしい。赤祖父俊一の地球温暖化論のような議論もある。

なので、マスコミの議論に踊らされず、いろいろな文献を当たってなるべく自分で考えることが重要なのであった。

人工DNA

user-pic
0

読売新聞の科学欄に、人工DNAをもつ生物の話題が記載されていたので、この記事に基づき、私なりにまとめてみる。

まず、私のブログでクレイグ・ベンターという記事があった。この路線の発展として、人工DNAをもつ酵母や大腸菌などが次々と作られているという。

また、このようにして作られた微生物は、医薬品、バイオ産業などへの応用が期待されている。この延長で、ゲノム計画ライト(GP-W)という国際プロジェクトがある。

GP-Wに参加する、東工大の相澤康則准教授は、ゲノムを合成することで様々な生命現象の理解にもつながるという。GP-Wの計画として、ウイルス感染やガン化しにくく、医療や創薬に利用できる安全な細胞や、従来では作れなかった必要な栄養素をつくれるヒト細胞などの作製がある。

東大の野地博行教授は国の革新的研究開発推進計画で、効率よく増える人工細胞の作製などに取り組んでいる。立教大が開発した試験管内でDNAを増やす技術を活用する。しかし、狙った機能をもつ人工細胞の実現にはまだ道が遠い。人のDNAを人工的に合成するには数百億円かかるとされる。このコストを下げることが一つの目標である。ただ、バイオテロなどの問題もあり、さまざまな課題がある。

この分野の啓蒙書も出てくると思うので、勉強してみることにする。

ゲノム編集

user-pic
0

かなり前に、小林雅一著、「ゲノム編集とは何か」講談社現代新書を買っていて、そのうち読もうと思って、私の悪い癖でそのまま積読になっている。

ところが最近、読売新聞科学欄にゲノム編集に関する記事があったので、これを纏めることでこの分野の入門としてみる。そのあとで「ゲノム編集とは何か」講談社現代新書を読むとする。

まず1970年代に遺伝子組み換え技術が登場した。しかし、この技術は精度が悪くて、品種改良に数十年かかる場合があった。しかし今世紀に入って発明されたゲノム編集技術を、年単位に短縮すると期待されている。特に2012年に発表されたクリスパー・キャス9は、世界中で利用されるようになった。

そもそもゲノム編集技術は、DNAを切るはさみ役の酵素と、はさみを切りたい場所に誘導する酵素の組み合わせである。クリスパー・キャス9の場合、はさみ役の酵素「キャス9」と、それのガイド役としてのRNAを使う。

クリスパー・キャス9を使った実際の品種改良は既に試みられている。つくばにある、農業・食品産業技術総合研究機構のチームは、今春にクリスパー・キャス9を使った稲の試験栽培を始めた。野外栽培であるため、花粉の飛散を防ぐ工夫をした。人口が増えてくると食糧危機の惧れがでてくるので品質改良の効率化は不可欠である。本件の場合、稲の米粒の大きさに関与する遺伝子を壊した。これによって籾の数が増え、米粒も大きくなると期待される。そうして既存の品種と交配させれば米の大量生産につながる。

筑波大のチームは、GABAを従来の15倍含むトマトをつくることに成功した。

東京理科大チームは、ジャガイモのでんぷん成分のアミロースを減らし、粘り気が強い成分を増やすことに成功した。ええと、それがどういう効果があるのかよく分からないのだが。

さて、自明なように、ゲノム編集技術には懸念がある。すなわち、植物細胞は動物細胞と違って固い細胞壁がある。このためゲノム編集技術を使うためには、はさみ酵素を作る遺伝子を細菌に組み込み、この細菌を感染させたりする。その感染によって、植物の細胞内で酵素ができ、目標の遺伝子を壊すことができる。このとき問題なのは、細菌由来の外来遺伝子が細胞に入ってしまうため、遺伝子組み換え生物となってしまう。そこで農業・食品産業技術総合研究機構では、改変後の稲を自家受粉させ、できた種子から外来遺伝子を受け継いでいない分を選んで栽培した、というのだがそういうスクリーニングはどうやってやるのだろう。ともかくこのあたりがゲノム編集技術の課題だろう。

ここまで書いてきて、私なりに思いついたことを記してみる。まず、外来遺伝子が細胞に入ることは問題だと思うが、そもそも自然の作用でなくゲノム編集技術で遺伝子を操作した生物が安全だとどうしていえるのだろうか。

別の観点として、ウイルスのオープンソフト性で述べたことがある。すなわち、ゲノム編集のようなことはウイルスの感染などで自然に普通に起きていないか。まあだからといって、きちんと意図した結果を導くように遺伝子を編集する技術の価値を減じるものではなく、つまらない感想にすぎないが。

DNAへの情報保存というと、なんという当たり前のことをいうのかという反応になるのだろうが、意図する意味は少し違う。言いたいことは、保存したい情報をDNAの断片にエンコードして、読み出すことができるということである。それを記載した短い記事を読売新聞の科学欄でみつけたので、もう少しウェブ上で関連記事を検索してみた。

例えば、ウォールストリートジャーナル日本版にあった2013年1月の次のような記事である。

科学者たちが今回、DNAにエンコード(暗号化)したのは、マーティン・ルーサー・キング牧師の有名な「I Have a Dream(わたしには夢がある)」演説のオーディオクリップ、写真、ワトソン、クリック両博士の「DNAの二重らせん構造」に関する科学論文(1953年)、そしてシェークスピアのソネット(14行詩)154編だ。科学者たちはこれらを99.99%の正確さで再生できた。(中略)
DNAは、あらゆる生物が持つ遺伝子情報を含む分子で、データの貯蔵庫として最も効率的なものの一つだ。それは安定しており、維持可能で濃密だからだ。理論的には1カップのDNAで、高精細度(HDV)ビデオ約1億時間分を何万年にもわたって貯蔵できる。

私が読売新聞の科学欄でみつけたのは、こちらのギズモードの記事関連である。

生きたDNAストレージの可能性。
DNAには、たとえば人間のなら髪の色とか体型とか血液型など、小さな体積に膨大な情報が入っています。そしてその情報は、A(アデニン)、T(チミン)、G(グアニン)、C(シトシン)の4種類の塩基の組み合わせで表現されています。現在の技術では、DNAの中身を読み取るだけじゃなく、書き換えも可能なんです。...っていうことは、DNAをハードディスクみたいに使って、映画とか写真とかiTunesの中身とかを保存することもできるはず。そんなわけで今、DNAストレージなるものの研究が進んでいます。
とはいえ、これまでのDNAストレージの研究で使われるDNAは、たいていは合成されたものだったのです。そこでハーバードメディカルスクールの研究チームは、生きた細菌のDNAに画像データを書き込む実験を行い、こちらのGIF画像を読み書きすることに成功しました。

そうそう、私が疑問に思ったのは、生きた細菌のDNAに情報を書き込むと、がん発生の仕組みや、ノーベル化学賞にかいた遺伝子修復機能によって情報が改変されるのではないか、ということである。このあたりどうなっているのだろうか。そのうち勉強してみる。

医学生理学賞、化学賞、物理学賞と発表があったところで、ノーベル賞候補をフォローしてみる。

まず、医学生理学賞であるが、例えば、毎日新聞のウェブ記事から引用させて戴く。

スウェーデンのカロリンスカ研究所は2日、2017年のノーベル医学生理学賞を、体内時計をコントロールする「時計遺伝子」を発見し、その仕組みを解明した米国の3氏に贈ると発表した。授賞式は12月10日にストックホルムで行われ、賞金900万スウェーデンクローナ(約1億2400万円)が贈られる。
受賞が決まったのは、ジェフリー・ホール米ブランダイス大名誉教授(72)とマイケル・ロスバシュ同大教授(73)、マイケル・ヤング米ロックフェラー大教授(68)。同研究所は「画期的な発見。体内時計は私たちの健康と福祉に影響を及ぼす重要な研究分野に発展した」と評価した。

ここはガチでゲノム編集技術だと思っていたので、そうでないことを知って、なぜか落胆した。私は、どうもゲノム編集技術が受賞したら、その盛り上がりを触媒にして、ゲノム編集技術を勉強しようと思っていたふしがある。

化学賞は、やはり毎日新聞のウェブ記事から引用させて戴く。

スウェーデン王立科学アカデミーは4日、2017年のノーベル化学賞を、生体内の分子を極低温にして高解像度で観察する「クライオ電子顕微鏡」を開発した欧米の3氏に贈ると発表した。授賞式は12月10日にストックホルムで開かれ、賞金900万スウェーデンクローナ(約1億2400万円)が贈られる。自然科学3賞で、日本は14年から3年連続で受賞していたが、今年の受賞はならなかった。
受賞が決まったのはスイス・ローザンヌ大のジャック・デュボシェ名誉教授(75)、米コロンビア大のヨアヒム・フランク教授(77)、英MRC分子生物学研究所プログラムリーダーのリチャード・ヘンダーソン博士(72)。同アカデミーは「生化学の新しい時代を切り開いた」と評価した。

化学賞は、今後のEVな時代への趨勢を背景にして、リチウム・イオン電池の関係者が受賞するかと密かに期待していたので、これもがっかりである。

物理学賞も、やはり毎日新聞のウェブ記事から引用させて戴く。

今年のノーベル物理学賞に「重力波」を初検出した、米国などの国際研究チーム「LIGO(ライゴ)」のリーダー3人が決まったのを受け、重力波観測に挑む茨城県つくば市内の研究者からも祝福の声が上がった。
重力波は、ブラックホールなど質量の非常に大きな物体が動くとき、周りの時間と空間がゆがみ、そのゆがみが波のように伝わる現象で、アインシュタインが約100年前に存在を予言したが、直接的な立証が課題になっていた。

物理学賞は、ある意味ベタなLIGOのチームの重力波が受賞したことが一応の安堵なのだが、心の奥底で素直に喜んでいないのは、まさに重力波に以下のように書いたことによる。

それにしても、「もうひとつの一般相対性理論」を眺めていくと、エネルギー運動量擬テンソルがテンソルでないことがずっと尾を引いていて、重力波の波動方程式を味の悪いものにしている。そんなの、観測ありき、結果ありきで、気にしなくていいのだろうか。また、「重力が弱いものとしてアインシュタイン方程式を近似すると、波動方程式に帰着する。」において、重力場が強いときはどうなのよ、という素朴な疑問もある。

もしかして、重力波はちゃんと存在するのだが、一般相対性理論が未完成なので、そこから重力波を導出するのは無理があって、私が最早生きていないような、いつか遠い将来に場の量子論と重力場を包摂する統一理論(Einheitstheorie)が完成されたときに、そこから、擬テンソル云々のようなトリッキーなことをしなくても重力波が導出されるというストーリーであっても、それでもかまわないのだが。

ついでに文学賞にも触れておく。ここは産経新聞の記事から引用させて戴く。

スウェーデン・アカデミーのダニウス事務局長が5日、今年のノーベル文学賞受賞者の名前を「カズオ・イシグロ」と読み上げた瞬間、詰めかけた世界各国のメディアからどよめきと驚きの声が上がった。イシグロ氏は英国人ながら長崎生まれ。居合わせた日本人記者にコメントを求める海外メディアもあった。
イシグロ氏の名前を予想受賞者の上位に挙げていた有力メディアはなく、昨年の米歌手ボブ・ディラン氏に続いてのサプライズとなったことについて、ダニウス氏は「私たちはそのような点については考慮していない」と苦笑した。

カズオ・イシグロの小説は、ある知り合いから、「わたしを離さないで」ハヤカワ文庫を紹介されて一応買ったが、どうもとっつきにくくてそのままにしてある。私の天邪鬼な性格だと、ノーベル文学賞受賞は一層、興味を遠ざけるかも。じゃ、なんで又吉の火花は読んだの?と自問したら、「お笑い、好っきやから」と中途半端な関西弁で言い訳する自分がいた。いったい、なんやねん。

読売新聞の科学欄に、ノーベル賞候補の記事があったので、私なりに簡単にまとめてみる。

まず物理学賞であるが、今年は流石に重力波を観測したLIGOのチームだろう。もともと去年の段階でもガチの候補だったが、少なくとも一回目のチャンスは見送るという将棋の大山のような方針で、ノーベル賞委員会は去年は授与しなかった。ヒッグス粒子の場合と同じである。

記事には他にも、高温超伝導の法則を発見した理化学研究所の十倉好紀氏、電子を操ることで物質に新しい性質を与える方法を開発した東工大教授の細野秀雄氏も一応候補だとあるが、どうしても本命性で劣るだろう。

化学賞では、リチウム・イオン電池を開発した旭化成顧問の吉野彰氏、元ソニー上席常務の西美緒氏、東芝リサーチ・コンサルティングエグゼクティブフェローの水島公一氏が、ひとつの候補である。

それ以外の化学賞の候補として、よりコストが安い太陽電池を開発した、桐蔭横浜大学特任教授の宮坂力氏、炭素原子を狙い通り結びつける手法を開発した、東大名誉教授の向山光昭氏、炭素同士をつなぐ反応で工程を短縮できる触媒を開発した中部大学教授の山本尚氏と微生物化学研究所長の柴田正勝氏などがあがっている。

医学生理学賞では、ガチでゲノム編集技術ではなかろうか。すなわち、ジェニファー・ダウドナとエマニュエル・シャルパンティエが2012に発表した、クリスパー・キャス9である。私はこれに関して、小林雅一著「ゲノム編集とは何か」講談社現代新書をもっているのだが、あいにく途中まで読んで止まっている。この技術には、阪大名誉教授の中田篤男氏と、九大教授の野良純氏らが発見した特殊な遺伝子配列が利用されているが、ノーベル賞は日本人まで及ぶだろうか。

他には、免疫反応のブレーキをかける分子PD-1を見つけた、京大特別教授の本庶佑氏、別のブレーキ役である制御性T細胞を発見した、阪大特任教授の坂口志文氏も候補である。

Googleでたんに、「フラクタルの呪い」とだけ打ち込んで検索すると、私のフラクタルの呪いという記事がかなり上位にリストされる。すると、荒唐無稽な私のこの記事は、それなりに珍しいということになる。もちろん内容の質を保証するものではまったくない。

いかなる意味でもその続きというわけではないのだが、たまたま私がいつも愛読している読売新聞の科学欄に、フラクタルの特集があったので、この記事に基づき私なりにまとめてみる。

まずフラクタルというと、象徴的な人物は、ブノワ・マンデルブロ博士であるが、改めてその経歴をみてみると、1924年生まれ。私の父のことをつい思い出すのだが、うちの父は1929年生まれなので、5歳年上ということになる。こういうのは死んだ親の歳を数えるということになるのだろうか。

戻って、マンデルブロは、子供の頃ポーランドからフランスに移住し、パリ大学で博士号を取得した。なんとなくグロタンディークのことを思い起こす。その後渡米し、IBMの研究員やエール大学の教授などを務めた。フラクタルとはマンデルブロが考えた造語で、ラテン語の、ちぎった、とか壊れたという意味のfractusからきているという。私はつい、fractionやfractureという英単語を思い出すのだが、これもfractusが語源のようである。

さてマンデルブロは1960年に、自己相似性をもつ複雑なかたちをとらえる理論を数学的にまとめた。それがフラクタル理論である。

フラクタル理論は1980年頃から、コンピュータグラフィックスの分野で盛んに応用された。フラクタル理論を使えば、山、川、木、雲などが自然なかたちで描けるからである。レヴィの図形の続きIFSのアトラクタなど、その簡単な例だろう。すなわち、フラクタルを使うと、コンピュータグラフィックスで、少ない情報でリアルな画像を描ける。

他の身近な例として、酒井敏・京大教授は、シェルピンスキのガスケットに似た形を立体的に組み合わせた「フラクタル日よけ」を2006年に開発したという。

また最近最も注目を集めているのが経済理論への応用であるという。例えば高安美佐子・東工大准教授は、企業同士が取引する複雑なネットワークにフラクタル構造が潜んでいることに着目した。そして日本企業の約百万社の売上高のビッグデータから、各取引での細かい流れを推定する理論を考えだしたという。そしてこの理論を使って、2016年の熊本地震直後、全国企業の売り上げが月に約7000億円減ると推定したという。

そういえば今思い出したのだが、私は以下の本をもっているが、悪い癖で積読である。

  1. 「エコノフィジックス」高安秀樹・高安美佐子著、日本経済新聞社 2001年刊
  2. 「禁断の市場」ベノア・B・マンデルブロ、リチャード・L・ハドソン、高安秀樹監訳、東洋経済新報社、2008年刊

そのうち読まなきゃ、とブログには書いておこう。

月別 アーカイブ

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち科学一般カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは社会です。

次のカテゴリは経済です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。